<   2014年 12月 ( 371 )   > この月の画像一覧

年の暮

年の暮

例句を挙げる。

あけくれや井水貰ひて年の暮 細川加賀
あたゝかき一と夜二た夜も年の暮 石塚友二 光塵
あたゝかき雨も降るなり年の暮 中川宋淵
あたゝかに松の下掃く年のくれ 金尾梅の門 古志の歌
あてにせぬ夫帰りをり年の暮 泊月
いさゝかの金欲しがりぬ年の暮 鬼城
いつどこで替りし下駄か年の暮 松本翠影
いづれもの猫なで声に年の暮 服部嵐雪
いねいねと人にいはれつ年の暮 斉部路通 (1649-1783)
うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子 黄 炎
かの国のかの寺おもふ年の暮 大峯あきら 鳥道
かんざしの目方はかるや年の暮 久保田万太郎 草の丈
がらくたとは新鮮ですね年の暮 柴田美代子
きりばりにきる花形や年の暮 小澤碧童 碧童句集
けんぼうや捨ててもをかれず年の暮 板坂氏 選集「板東太郎」
ささやきや咳気をなぐる年の暮 探志 芭蕉庵小文庫
すつぽんもふぐもきらひで年の暮 久保田万太郎 流寓抄以後
そぞろ神と仲良く迎ふ年の暮 山田みづえ
その人の事にかゝはり年の暮 高濱年尾 年尾句集
そむく時はそむきなるなり年のくれ 服部嵐雪
たらちねのあればぞ悲し年の暮 正岡子規
ちび墨と我とありけり年の暮 幸田露伴 礫川集
つき立の餅に赤子や年の暮 服部嵐雪
としの尾や柳に青う結び行く年の暮 千代尼
ともかくもあなたまかせの年の暮 一茶
ともかくも身一つ赴任年の暮 佐久間潺々
なりにけりなりにけりまで年の暮 松尾芭蕉
はらわたの紆余曲折を年の暮 中原道夫
はんだいの箍こそみがけ年の暮 久保田万太郎 草の丈
ひと寝入りいびきかきけり年の暮 龍岡晋
ふとしたることにあはてゝ年の暮 高浜虚子
ぶらんこに老人のゐる年の暮 角川春樹
またしても人のおちめや年の暮 久保田万太郎 流寓抄
やかましき姑健なり年の暮 夏目漱石 明治三十二年
ゆく馬の背に月凍る年の暮 金尾梅の門 古志の歌
わけもなきこといさかひつ年の暮 高橋淡路女 梶の葉
わたり行く野末といはむ年の暮 齋藤玄 飛雪
わんといへさあいへ犬も年のくれ 一茶
ゐねぶれば誰やら起す年の暮 樗良
エリカといふさびしき花や年の暮 山口青邨
バス停の椅子新しく年のくれ 萩原まさえ
ポケツトの手がたいくつや年の暮 今井杏太郎
一夜さは雨あたたかに年の暮 鈴木しげを
一睡にもの食ふ夢や年の暮 小川軽舟
一舟もなくて沖まで年の暮 辻田克巳
三盒子ことたらはすや年の暮 服部嵐雪
下積の蜜柑ちひさし年の暮 浪化
下駄買うて箪笥の上や年の暮 荷風
不機嫌な町医者混みあふ年の暮 相河美智子
世苦の死の今朝もや年の暮なれば 石塚友二 光塵
世話もなし朧おぼろと年のくれ 京-竹翁 元禄百人一句
世辞笑ひ慣れて商ふ年の暮 水下寿代
中結ひの真田紐かな年の暮 龍岡晋
乞ひに来ぬかけ乞こはし年のくれ 立花北枝
亀菊があふぎもふるし年の暮 斯波園女
人あまた逝かせ微風の年の暮 殿村莵絲子 雨 月
人ごみを避けて川見る年の暮 茂里正治
人を見てたのしめさても年の暮 立花北枝
人間の行く末おもふ年の暮 松瀬青々
仏壇のバーゲンセール年の暮 柏原眠雨
佳き酒と友の便りや年の暮 今泉貞鳳
修理費てふ伏兵に遭ふ年の暮 高澤良一 宿好 
円柱に日は廻り居り年の暮 正雄
出歩きて無用の用や年の暮 山崎房子
分別の底たたきけり年の暮 松尾芭蕉
十五日春やのしこむ年の暮 内藤丈草
千観が馬もかせはし年のくれ 榎本其角
半生は短距離走よ年の暮 岡本多可志
反古さらへ女筆恥かし年の暮 安昌 選集「板東太郎」
反古張の鯨の胴や年の暮 龍岡晋
古法眼(こほうげん)出どころあはれ年の暮 松尾芭蕉
吊橋がつなぐゆききや年の暮 加藤春彦
名も高き茶人も見けり年の暮 召波
喜雨亭に佳き酒にほふ年の暮 秋櫻子
国中や日和つづきの年の暮 鈴木六林男 後座
土に生く身に襤褸ぬくき年の暮 西島麦南 人音
地の穴に紙燃ゆ暗殺の年の暮 沢木欣一 地聲
堂前や日数の矢尻年の暮 露章 選集「板東太郎」
墓ぬらす雨のふるなり年の暮 久保田万太郎 草の丈
墓刻む人兀々と年の暮 岡本松浜 白菊
夜に入りて肥汲み来たり年の暮 龍岡晋
大原女にまたことづてや年の暮 虚子
大年の暮色も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草抄
大阪は売らんかの町年の暮 吉年虹二
大魔術宙に人浮き年の暮 若木一朗
天鵝毛(びろうど)のさいふさがして年の暮 広瀬惟然
妻あるも地獄妻亡し年の暮(十余年病み疲れて逝きし妻の葬儀を了へ) 石原八束 『断腸花』
妻にせし女世に有り年の暮 松瀬青々
妻泪してうつくしき年の暮 杉山岳陽 晩婚
姉が来て義弟の帰る年の暮 松田紀子
婚礼の鯛の御用や年の暮 小澤碧童
子が為に祈る一事の年の暮 石塚友二 光塵
宙に混む紅梅の炎や年の暮 原裕 青垣
客置いて出掛けることも年の暮 稲畑汀子 汀子第二句集
宣伝機傾き飛べる年の暮 右城暮石 上下
宿木に雀睦める年の暮 高澤良一 随笑 
寂しくて道のつながる年のくれ 永田耕衣(1900-97)
寄附掻きの我が家洩らさぬ年の暮 石塚友二 方寸虚実
小傾城行てなぶらん年の暮 榎本其角
小松原海を見に出る年の暮 展宏
小気味よき寒さとなりぬ年の暮 星野立子
小鳥屋は小鳥と居たり年の暮 翔
少年と二人昼湯や年の暮 小澤碧童 碧童句集
屁もひらず沈香もたかず年の暮 一茶
居風呂の底ふみぬくや年の暮 炭 太祇 太祇句選後篇
山々の重なる奥へ年の暮 右城暮石 上下
山へ帰る荷に葱すこし年の暮 右城暮石 声と声
幅ひろのゴムと遊びし年の暮 中村ミサ
年のくれ互にこすき銭づかひ 野坡
年の暮うがひぐすりの毒々し 山口青邨
年の暮おなじ歩みや米車 京-水雲 元禄百人一句
年の暮なまじに月のひかりかな 久保田万太郎 流寓抄
年の暮ひとの墓にも日がさして 原田喬
年の暮ひら~生える親知らず 中川宋淵 詩龕
年の暮やがて人々ちりぢりに 福田蓼汀 山火
年の暮や行燈の針のあなかしこ 幸田露伴 拾遺
年の暮わが家が在れば帰去来(かえりなんいざ) 深川正一郎
年の暮カンパ一口世とつながる 村越化石 山國抄
年の暮ノアの如くに酔ぱらふ 有馬朗人 知命
年の暮人に物遣る蔵もがな 一茶 ■寛政二年庚戊(二十八歳)
年の暮嵯峨の近道習ひけり 炭 太祇 太祇句選
年の暮形見に帯をもらひけり 道芝 久保田万太郎
年の暮故里に身をゆるめたる 細見綾子
年の暮月の暮日のくれにけり 正岡子規
年の暮未払患者また病めり 相馬遷子 山国
年の暮波より海猫の数増ゆる 中拓夫
年の暮疲れなき声テープより 森田智子
年の暮石臼をひく老母かな 太田鴻村 穂国
年の暮金精さまも洗ふとか 飯島晴子
年の暮頸をのばして家鴨帰る 鈴木六林男 谷間の旗
往ね往ねと人にいはれつ年の暮 路通
御破算で願ひましては年の暮 佐土井智津子
忘れゐし袂の銭や年の暮 吉田冬葉
忘れ草菜飯に摘まん年の暮 松尾芭蕉
急須しぼる守僧のをりて年の暮 八木林之介 青霞集
愛されぬ四肢はぶらぶら年の暮 櫂未知子 蒙古斑
懺悔室に突きあたりたる年の暮 石原八束 白夜の旅人
押して来るものに身任せ年の暮 右城暮石 上下
押し来たるものに抗ひ年の暮 中野 弘
拾はれてならぬ句帖や年の暮 長谷川かな女 雨 月
持たぬ人の銭を憎むや年の暮 幸田露伴
捨て売りのひびの薬や年の暮 会津八一
斗枡の艶姑のものなり年の暮 影島智子
旅一座入れ替りけり年の暮 冨田みのる
日の本の人の多さよ年の暮 椎本才麿
日本船日毎入港年の暮 保田白帆子
旧里や臍の緒に泣く年の暮 芭蕉
映画館入りて出て来し年の暮 右城暮石 上下
春正があつらへ来しぬ年の暮 黒柳召波 春泥句集
昼の湯にしづむひとりの年の暮 石原舟月
昼は晴れ夜は月が出て年の暮 細見綾子 黄 炎
書き溜めて連載コラム年の暮 大野雑草子
月雪とのさばりけらし年の暮 芭蕉
望郷のオカリナ駅に年の暮 沢 聰
朝々の初日をろがみ年のくれ 原石鼎 花影以後
朝がての廂の雨や年の暮 山本洋子
朝起もひとつに年はくれにけり年の暮 千代尼
木が二本しづまり返り年の暮 永田耕一郎 雪明
木綿買ふ門の座頭や年の暮 百里 極 月 月別句集「韻塞」
松になく鶯見たる年の暮 会津八一
松の香のうすうす匂ふ年の暮 渡辺恭子
松薪の炎の太し年の暮 辻桃子
板の間に鯛焼かれたる年の暮 萩原麦草 麦嵐
板の間の鳴る一枚や年の暮 小川軽舟
枇杷咲いて鼻の先まで年の暮 石塚友二
柴又や草餅青き年の暮 小澤碧童 碧童句集
梁もひくき枕も年の暮 清水基吉 寒蕭々
梅が枝に誰が絹張し年の暮 讃岐-芳水 元禄百人一句
椅子かつぐひとにつづけり年の暮 田中正一
歯を入れてこめかみ緊る年の暮 猿橋統流子
歳時記にあそぶ独りや年のくれ 松本思桂
母が吾をまたいでゆきぬ年の暮 夏井いつき
母が焚く小さき紙の火年の暮 原田喬
母見舞ふことの残りし年の暮 鈴木しげを
水さしつ熱き浴槽にあり年の暮 岸風三樓
水戸さまの裏の小梅や年の暮 道芝 久保田万太郎
波とがり川へのぼれり年の暮 大野林火
浅草に来て顔剃りぬ年の暮 志摩芳次郎
浮かず沈まず大根流る年の暮 川村紫陽
海にいま着く水のあり年の暮 大串章 百鳥
海苔の艶玉子の照リや年の暮 久保田万太郎 流寓抄
深川へ廻る墓参や年の暮 白水郎句集 大場白水郎
淵は瀬に雪白きよや年の暮 水田正秀
温泉に地元の赤子年の暮 森田智子
湯に入て我身となるや年の暮 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
湯加減をみてゐる声も年の暮 小玉好人
濡れてゐる御所のあたりや年の暮 田中裕明 櫻姫譚
火に捨ててくすりあやしき年の暮 加藤知世子 花 季
火の如き弟子一人欲し年の暮 浜人
灯の鋲の東京タワー年の暮 鷹羽狩行
燐寸すれば路傍を照らす年の暮 萩原麦草 麦嵐
牛蒡一束泉に座る年の暮 原田喬
猪の首の強さよ年の暮 野澤凡兆
獣苑の錦蛇見る年の暮 右城暮石 上下
玉垣の外の石ころ年の暮 波多野爽波 『湯呑』
玻璃窓を鳥ゆがみゆく年の暮 西東三鬼
生き飽きの吾を養ふ年のくれ 栗林千津
病む友の会話にちらと年の暮 山道陽子
病夫に靠るるばかり年の暮 石田あき子 見舞籠
癇癪よ小言よ金よ年の暮 尾崎紅葉
皆拝め二見の七五三を年の暮 松尾芭蕉
皿は皿小鉢は小鉢年の暮 久保田万太郎 流寓抄
盗人に逢うた夜もあり年の暮 芭蕉 俳諧撰集「有磯海」
目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮 照敏
真清水の泡立ちいそぐ年の暮 飯田龍太
眼に残る親の若さよ年の暮 炭 太祇 太祇句選後篇
眼のとどく限り見てゐて年の暮 飯田龍太 遅速
瞑るよりものの見えだす年の暮 中山一路
石仏の音となりけり年の暮 齋藤玄 飛雪
碓(からうす)は年の暮ほど音高し 京-舟露 元禄百人一句
礼服を著て出る用や年の暮 大場白水郎 散木集
竿持す梅に柳に年の暮 井原西鶴
米くるる友どち持ちて年の暮 蝶夢
紙屑を燃やしてゐても年の暮 細見綾子(1907-97)
終りなき主婦の仕事や年の暮 丸谷恵子
継がぬ子の家業手伝ふ年の暮 佐野たけ子
繭つけて晴るゝ一木や年の暮 佐野青陽人 天の川
老残のベレーゆるがず年の暮 小林康治
耕さぬ罪もいくばく年の暮 小林一茶 (1763-1827)
耳のはたで鐘つかれたり年の暮 久保田万太郎 流寓抄
股引や膝から破れて年のくれ 馬仏 極 月 月別句集「韻塞」
肥汲に銭求められ年の暮 小林康治 玄霜
腫物の血を押し出すや年の暮 正岡子規
腹中の反古見分けむ年の暮 山口素堂
膝に来て消ゆる日ざしや年の暮 岸本尚毅 舜
臨時出費あれこれ出てくる年の暮 高澤良一 宿好 
花見酒は盆前に散りけり年の暮 椎本才麿
花餅の糶り立つ飛騨の年の暮 前川伊太郎
若い者ゆつたりとして年の暮 内野 修
落差埋めんと水音優し年の暮 香西照雄 素心
蒲の絮尽きて三河の年の暮 青畝
藁苞を出て鯉およぐ年の暮 魚目
蛤の生けるかひあれ年の暮 芭蕉
見送りし仕事の山や年の暮 高浜虚子
観音を用事でぬける年の暮 上川井梨葉
護国寺の松風ききぬ年の暮 龍岡晋
豆腐屋のおから濛々年の暮 須原和男
貧樂や釣の書をみる年の暮 幸田露伴 拾遺
貧農の歯が無い口も年の暮 飯田蛇笏 霊芝
買ひえたるよきネクタイや年の暮 久保田万太郎 流寓抄以後
買物の妻に出逢ひぬ年の暮 比叡 野村泊月
貸し借りもなき貧しさや年の暮 稲井梨花
赤毛のアンと片手つなぎや年のくれ 栗林千津
起出でゝ手紙かくなり年の暮 増田龍雨 龍雨句集
追ひ鳥も山に帰るか年の暮 内藤丈草
釣堀に突きあたりたり年の暮 星野麦丘人
銭はさむ下部の腰や年の暮 黒柳召波 春泥句集
銭湯のさら湯ひとりに年の暮 木津柳芽
鎌とぐや生駒あたりの年の暮 上島鬼貫
長安大根もらはれてゆく年の暮 原田喬
門さしてまた立ち出づる年の暮 小澤碧童 碧童句集
閏月のそのめも見えず年のくれ年の暮 千代尼
雁行に雲荒れもなし年の暮 渡辺水巴 白日
雨国に巨き下駄売る年の暮 白井新一
雪隠に居眠る人や年の暮 会津八一
頤髯にだまされてゐる年の暮 石原八束 『風信帖』
風流に遇うた夜もあり年の暮 会津八一
風邪の妻の薬を買ひに年の暮 冨田みのる
風邪引きし医師の見えけり年の暮 小澤碧童 碧童句集
餅の出る槌がほしさよ年の暮 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
骨高な馬がひん~年の暮 冬の土宮林菫哉
高層に夜廻りひびく年の暮 小林はる子
鮟鱇も河豚も喰ふなり年の暮 寺田寅彦
鮠の子のかたまりが濃し年の暮 波多野爽波 『骰子』
鰤の尾を提げて立ちけり年の暮 水田正秀
鰤は太り秋刀魚は痩せて年の暮 鈴木真砂女 夕螢
鳥逃げし枝のさゆれや年の暮 久保田万太郎 流寓抄以後
うつくしや年暮れ切りし夜の空 一茶
おしやもじは魂の形や年つまる 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
お奉行の名さへ覚えず年暮れぬ 来山
きれいな空へ無限の階段年つまる 横山衣子
この世あの世妻を隔てし年暮るる 森澄雄
しがらみにかかるもろもろ年暮るる 風生
のれん越に女将のこゑや年詰る 岸田稚魚
ひそかにも服喪のこころ年暮れぬ 飯田蛇笏 春蘭
ふところに微禄大事や年つまる 岸風三樓
ふるさとの鰤の届きて年つまる 渕 千鶴子
わがゆまる音のしづかに年暮るる 日野草城
わがラジオ注連のかけあり年暮るゝ 岸風三楼 往来
をりをりの星と遊びて年暮るる 三苫真澄
クレーン仰ぐみな年つまる男たち 古沢太穂 古沢太穂句集
サラリーマンぞろぞろぞろと年暮るる 清水基吉
スーリアの車輪見し年暮れにけり 阿波野青畝
フェニックス渚銀座に年つまる 角川源義 『西行の日』
ペンだこにつきし白墨年つまる 行方克巳
一憂もなくて傘寿の年暮るる 大橋宵火
三人の子六人となり年暮るる 猿橋統流子
丞相のことば卑しく年暮るゝ 飴山實 『次の花』
乗鞍にかぶさる星座年果つる 加藤岳雄
些かの五欲抱きて年暮るる 今泉貞鳳
京近く湖近く年暮るる 素十
伝言板画鋲残して年つまる 島田芳恵
何かしら遠し遠しと年暮るる 富安風生
余すなく母へ送金年暮るる 皆川白陀
余白多き日記なりけり年暮るる 阿部みどり女
催促のなきが催促年暮るゝ 田村おさむ
八つ手を松に替へて年果つ貸植木 百合山羽公 寒雁
友禅の伏せ糊こねて年つまる 田村愛子
反芻の牛の遠目や年つまる 北見さとる
吾にまだ長き人生年暮るゝ 藤丹青
喪の花輪すぐにたたまれ年つまる 菖蒲あや
地に沁みて夕焼薄し年暮るる 内藤吐天 鳴海抄
墓石まで路傍に売られ年つまる 高井北杜
墨蔵の錠ぬばたまに年つまる 西村和子 かりそめならず
外廊の燈の消されけり年果つる 山口誓子
夢にまで浪音重ね年詰る 伊藤京子
天丼の海老のいい色年詰る 高澤良一 宿好 
奇蹟起こるまで歳晩の石に坐す 伊達甲女
妻逝きて我も病みつつ年暮るる 福井圭児
始末書を二度書きし年暮れにけり 鈴木しげを
嫁る気嫁らぬ気いづれも本気年詰る 毛塚静枝
子に母に心わけつつ年暮るる 伊藤淳子
子の背広買ふ歳晩のまばゆき中 福田甲子雄
家を出てすぐ歳晩の銀座かな 下田実花
家成りし灯に親しめず年暮るる 阿部みどり女
山僧の袈裟繕うて年暮れぬ 尾崎紅葉
市人に我も交りて年暮るゝ 青峰集 島田青峰
師に逢ひし年果つる花火焔樹に 小池文子 巴里蕭条
帯留の珠一つ年暮るるかな 岸本尚毅 選集「氷」
年つまる人の口から猫の声 斎藤玄 雁道
年つまる先師の句碑に薄日さし 三谷貞雄
年つまる夜を心占む古硯 下村ひろし 西陲集
年つまる大器晩成くすぶれり 斉川 妙
年つまる失せ物に時費やして 柏岡恵子
年つまる忌の墓原を掃き納め 原裕 青垣
年つまる思ひに堪へて何もせず 相馬遷子 山河
年つまる日割の家事のひとつ消し 千手 和子
年つまる星がぴしぴし玻璃を打つ 宇咲冬男
年つまる歩道橋下をかいくぐり 山崎 きぬ
年つまる母よりの荷の縄ゆるび 杉本寛
年つまる湯を出て薄き土ふまず 松村蒼石 雪
年つまる灯の交叉して中華街 池田秀水
年つまる煮干しの腸のほろ苦し 窪田華空子
年つまる絎台にわがつながれて 和田 祥子
年つまる闇にことこと菟ゐて 桜井博道
年つまる黒佗助の花一つ 松村蒼石 雁
年つまる鼻先にすぐ雪の山 澄雄
年暮ぬ我に似合ひし松買ん 向井去来

More
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

鋤焼

鋤焼

例句を挙げる。

妻を友も亡くして鋤焼のたぎる音 和田喜七
残躯寒し鋤焼亭の花八ツ手 橋本夢道 『無類の妻』以後
鋤焼がご馳走世代玉子割る 高澤良一 随笑 
鋤焼の香が頭髪の根に残る 山口誓子
鋤焼や笹も日高の熊の肉 木津柳芽
鋤焼や誼といふも今日はじめて 下村槐太
鋤焼を漁り尽くして鍋残る 高澤良一 随笑 
会へばみな句の友牛鍋湯気立てて 山本光坡
教師二人牛鍋欲りて熄むことあり 中村草田男
浅草の師走に遊び牛鍋屋 高澤良一 燕音 
牛鍋てふ店まだありし荷風の忌 斎藤由美
牛鍋に一悶着を持ち込めり 村上古郷
牛鍋に箸ふれ合ひてより親し 石黒澄江子
牛鍋はすぐ出る料理さつと食ふ 児玉忠志
牛鍋は湯気立て父子いさかへる 湯浅藤袴
牛鍋や同級生の二割欠け 武田伸一
牛鍋や妻子の後のわれ独り 石田波郷
牛鍋や子の無きことをうらやまれ 磯部良夫
牛鍋や障子の外の神保町 綾部仁喜 寒木
すき焼の白たきの濤子と分つ 佐川広治
すき焼の豆腐へばかり老の箸 加来ふさえ
すき焼やいつもふらりと帰省の子 永井みえ子
すき焼や屏風絵の川流れゐて 池田秀水
すき焼や浄瑠璃をみて泣いてきて 長谷川櫂 蓬莱
牛鍋を待つ間マフラー横に置き  高澤良一  石鏡
牛鍋を堪能しましたモウと立ち  高澤良一  石鏡
牛鍋屋ぎうとベルトを締めて出づ  高澤良一  石鏡
鋤焼をつつくに淋し頭数  高澤良一  石鏡
鋤焼の煮えてぐつぐつしか言はぬ  高澤良一  石鏡
鋤焼の鉄鍋大方漁り了へ  高澤良一  石鏡

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

横光忌

横光忌

例句を挙げる。

きびきびと冬の朝日や横光忌 清水基吉
チロルより雪の旅信や横光忌 漆畑悦
マロニエの細枝の空や横光忌 米谷静二
同門の酒の手の落ち横光忌 清水基吉
多摩墓地に獨り跼みをり横光忌 石塚友二
多磨墓地に独り跼みをり横光忌 石塚友二 光塵
山鳩は松に籠りぬ横光忌 石田波郷
月蝕の障子閉ざしぬ横光忌 石田あき子 見舞籠
横光忌なりし山より雪の王 宇佐美魚目
横光忌墓前に交す合の酒 清水基吉 寒蕭々
横光忌末弟子となり父となりぬ 清水基吉 寒蕭々
横光忌枯原低く飛べるもの 山田みづえ 忘
横光忌面影褪することあらじ 石塚友二 光塵
横光忌黙契いよゝ頑に 石田波郷
横光忌齢の足袋も幾重ね 石塚友二
横光忌齢ばかりが先師踰ゆ 石塚友二
水の面のひそかなよごれ横光忌 鷲谷七菜子 天鼓
満目の松に病む身ぞ横光忌 石田波郷
片頬にまざと日のあり横光忌 笹倉やよひ
立ち坐り且つ立ち坐り横光忌 石塚友二
紙ナイフの反り美しき横光忌 伊藤京子
落葉松の雨を見て去る横光忌 堀口星眠 営巣期
陰々と夕日語らず横光忌 戸田九作
利一忌のはや七度を徒には経し 石塚友二 光塵
庭のもの燃やす利一忌風もなし 田中午次郎

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:52 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

小晦日

小晦日
 
例句を挙げる。
 
こりこりと何を剥きゐる小晦日 高澤良一 さざなみやつこ
さし来る日かくも斜めや小晦日 岩田由美 夏安
ひもすがらもの煮てひもじ小晦日 川合万里子
ふるさとの女陰に鳥入る小晦日 攝津幸彦
圧力鍋奮闘続く小晦日 高澤良一 宿好
地平線見たくて旅の小晦日 土屋草子
声高な露店の地割り小晦日 川澄祐勝
妻すこし昼を睡りぬ小晦日 星野麦人
子と息を合はせて寝落つ小晦日 石寒太 あるき神
家中のふたり働く小つごもり 黒田杏子 花下草上
小つごもり水を注げば海老鳴いて 小林篤子
小晦日好き帯買ふて帰りけり 永井荷風
小晦日掃除日和となりにけり 高澤良一 暮津
小晦日花提げて行く妻の墓 唐沢信一
小晦日買ひ足すものはメモにして 高澤良一 暮津
川蝦の二合がほどを小晦日 五十嵐賢二
春や来し年や行きけん小晦日 芭蕉
暗闇を手ざはりにゆく小晦日 遠山 陽子
榾足して酒飲んでけふ小晦日 佐川広治
瀧上の水のうつろや小晦日 宮坂静生 春の鹿
用足しつつ用思ひつく小晦日 高澤良一 ぱらりとせ
筆仕舞ふあとははかなし小晦日 赤尾兜子
翌ありとたのむもはかな小晦日 蝶夢
踏台によろけつつ立つ小晦日 高澤良一 ぱらりとせ
鉢物に土を足しやる小晦日 高澤良一 さざなみやつこ
 
以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

角川俳句年鑑の共鳴句(2011-2012)

角川俳句年鑑の共鳴句(2011-2012)

下記をクリックください。作者名は未掲載。原著を参照ください。

2011 年版角川俳句年鑑諸家自選5句共鳴句(高澤良一・抽)
2012 年版角川俳句年鑑諸家自選5句共鳴句(高澤良一・抽)

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:43 | 句評など | Trackback | Comments(0)

根深汁

根深汁

例句を挙げる。

あらためて妻のあること根深汁 市橋一男
うとましく冷えてしまひぬ根深汁 日野草城
ここほれの犬を葬りぬ根深汁 小林輝子
としよりの情あたたかし根深汁 木村蕪城 一位
ひたすらに夫をたよりや根深汁 高橋淡路女 梶の葉
ぶつ切りの太きがよけれ根深汁 光永千鶴子
わがくらしいよいよ素なり根深汁 深川正一郎
一汁の掟きびしや根深汁 村上鬼城
今日母と二人きりなる根深汁 鈴木 康永
仮の世の諍ひ淋し根深汁 西村無二坊
仮名拾ふ子の声寒し根深汁 龍男
体内の数値の乱れ根深汁 森田 智子
合掌の梁黒々と根深汁 初川トミ子
味噌豆のつぶれずまじる根深汁 大熊輝一 土の香
堆書裡の書物くづるる根深汁 山口青邨
夫のこと子のこと旅の根深汁 伊藤玉枝
子を産んで白き指の根深汁 富沢統一郎
山宿や餅を入れたる根深汁 癖三酔句集 岡本癖三酔
後ろより死は覗くらむ根深汁 河原枇杷男 訶梨陀夜
憎むことほとほと疲れ根深汁 木田千女
晩年なほ人に縋らず根深汁 鈴木真砂女 夕螢
根深汁いつかおとなに成りて居し 倉橋尚子
根深汁ぬるしかろんぜられしかな 小林康治 玄霜
根深汁の熱さが救ひ農ぢり貧 大熊輝一 土の香
根深汁一ト日寝込めば世に遠し 安住 敦
根深汁妻の瞳のみは信ずべし 北野民夫
根深汁子はせつかちの血を引かず 佐野笑子
根深汁泪涸れしや星遁げしや 村越化石 山國抄
根深汁熱く煮立てて時化の海女 豊長みのる
根深汁自炊の鍋に余りけり 吾空
根深汁身ほとり未だ子等のこり 皆川君子
歳月が凡に落着く根深汁 清水基吉
母がりの大きな椀の根深汁 川端豊子
母作る少し甘めの根深汁 永川絢子
母病みて一人にあまる根深汁 下田実花
気張らずに素直に生きて根深汁 神坂光生
水垢離や晒布きりりと根深汁 浅賀穀象虫
牛売りし夜の眼くもらす根深汁 清水一梧
猫舌は我のみならず根深汁 佐藤清香
生きたいように生きると決めし根深汁 野間口千佳
生涯の居を得て熱き根深汁 大須賀浅芳
眦に残る忿りや根深汁 石田波郷
罪ひとつ消えるまで吹く根深汁 鷹島牧二
老いてなほ漁師たくまし根深汁 鈴木真砂女 生簀籠
老ぼれて尚飯甘し根深汁 高田蝶衣
老夫婦いたはり合ひて根深汁 高浜虚子
而して齢も深し根深汁 森澄雄
腰強き湯気たちのぼり根深汁 片山由美子 水精 以後
自在鍋吹きこぼしつゝ根深汁 温亭句集 篠原温亭
裏山に風鳴る夜の根深汁 佐藤伊久雄
親むやとまりとまりの根深汁 角田竹冷
貧しさに兄弟多し根深汁 雉子郎句集 石島雉子郎
踏込み炉ありて山家や根深汁 加藤浮氷子
野良に出る朝はかゝせぬ根深汁 山本魚石
鍋蓋の破れしが浮いて根深汁 高浜虚子
雨はれてふたゝび寒し根深汁 草城
雨戸して三人家族根深汁 坂本宮尾
雪国の余生暮らしや根深汁 山本 きつの
風邪の婢いたはれば泣く根深汁 阿部みどり女 笹鳴
葱汁うまし逸話も持たで五十路過ぐ 北野民夫
葱汁に筆硯甚だ多祥なり 田森柳渓
葱汁に辛子振りかけ帰り舟 佐川広治
葱汁の香に立つ宿の古びかな 宮林釜村
葱汁は熱きほどよし啜りけり 久保田万太郎 流寓抄以後
葱汁やたひらぎ過の二三人 安斎桜[カイ]子
葱汁や京の下宿の老書生 正岡子規
葱汁や寺に盲のかゝり人 雉子郎句集 石島雉子郎
葱汁や昔小使のおつさんが居た 永田耕衣 人生
葱汁や知己ことごとく夕べなる 永田耕衣 殺祖
葱汁を模範囚人のごと啜る 石村与志

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

闇汁

闇汁

例句を挙げる。

ざつくりと割れたるものを闇汁に 岸本尚毅 舜
事件あり記者闇汁の席外す 宮武章之
唐がらしぶち込み闇汁終りしと 岡田日郎
夷講に大福餅もまゐりけり 高浜虚子(闇汁に大福餅を投じたりしが句を徴されて)
居心地のよろしき暗さ闇汁会 檜紀代
持ち寄りしもの闇汁に重ならず 茨木和生 往馬
海鳴りの闇汁煮えてきたりけり いさ桜子
蝋燭の燈に闇汁の誰れや彼や 高橋淡路女 梶の葉
閑話休題闇汁に薄き膜 横山千夏
闇汁にさしたる月の懐かしく 長谷川かな女 雨 月
闇汁にひそみて剛の砂糖黍 百合山羽公 寒雁
闇汁に入れたる箸を掴むがあり 柴田佐知子
闇汁に古女房が入れしもの 京極杞陽
闇汁に君が汁鍋恙なきや 会津八一
闇汁に山深き味ありにけり 岡安仁義
闇汁に河豚を入れたること言はず 小田実希次
闇汁に甚だ齢を距てけり 波多野爽波 『湯呑』
闇汁に箸をゆっくり使ひゐる 塩川雄三
闇汁に臍の緒まじりゐたりける 辻田克巳
闇汁に金鍔入れし人や誰 会津八一
闇汁に長き包みを提げて来し 加藤三七子
闇汁のただならぬものつかみけり 柴田ミユキ
闇汁のひとりひとりがまた見ゆる 細川加賀 生身魂
闇汁のほのうす暗に眼がありき 山崎虎行
闇汁のわが入れしものわが掬ひ 草野駝王
闇汁のバナナゆるゆる煮えてきし 辻桃子
闇汁の一間の襖はづしあり 山崎ひさを
闇汁の匂の闇に馴れて来し 森岡五木
闇汁の大きなものをそと戻す 小田沙智子
闇汁の女人のあたりほの明し 細川加賀
闇汁の宿してたのし三日の月 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
闇汁の山のものいや海のもの 長田等
闇汁の岩戸明けたる月見かな 尾崎紅葉
闇汁の最も大きものすくふ 高橋悦男
闇汁の杓子を逃げしものや何 高浜虚子(1874-1959)
闇汁の消しに立つ灯を皆仰ぐ 森田峠 避暑散歩
闇汁の焔サラリーマンの一花 斉藤夏風
闇汁の煮くずれうまき女宿 柴田八重子
闇汁の燈を消して顔もてあます 館岡沙緻
闇汁の窓に比叡の灯宇治の灯と 藪内柴火
闇汁の箸が大きなものつかむ 長浜 勤
闇汁の紅散乱と柘榴かな 会津八一
闇汁の納豆にまじる柘榴かな 会津八一
闇汁の蓋に乗りたり闇の小人 長谷川かな女
闇汁の蓋を上げしは狸かな 龍胆 長谷川かな女
闇汁の足やはらかく踏まれけり 岸風三楼
闇汁の鍋を除けたる大火鉢 高木晴子
闇汁の闇にて火傷いたしけり 辻桃子 ねむ 以後
闇汁の闇に正座の師ありけり 佐藤貴白草
闇汁の闇に眼鏡を外しけり 山崎秋穂
闇汁の闇のつづきに渡し舟 澁谷 道
闇汁の闇のとくるを待つとせん 織部 れつ子
闇汁の闇の底なる火の匂ひ 石寒太 炎環
闇汁の闇の白帆や帆立貝 会津八一
闇汁の闇ふくらめる湯気のぼり 菖蒲あや
闇汁の闇へ葬る鳩の骨 松野自得
闇汁の闇ゆるがして燭運ぶ 上田春水子
闇汁の闇を楽しむ心あり 田中蛇々子
闇汁の闇簡単に完璧に 鳥羽富美子
闇汁へ妻とは別に提げしもの 古賀青霜子
闇汁へ急ぐ西空美しく 柴山 長子
闇汁へ手巾あかりの膝すすむ 亀井糸游
闇汁やさのみならざる外の闇 阿波野青畝
闇汁やランプの笠の秋の蠅 会津八一
闇汁や何の会にも不参せず 鈴木花蓑句集
闇汁や健啖子規の遺風とて 百合山羽公 寒雁
闇汁や僧の提げ来しものは何 加藤其峰
闇汁や先生の坐の空いてをり 橋本榮治 越在
闇汁や其のかの鴨の足の骨 会津八一
闇汁や女子寮の釜使役して 百合山羽公 寒雁
闇汁や息をころして煮えるまで 河本知慧子
闇汁や挟みて鼻の如きもの 秋元不死男
闇汁や箸に絡まる蛸の足 福原紫朗
闇汁や箸逃げしもの音大き 岡部六弥太
闇汁や貨車の連結音聞こゆ 館岡沙緻
闇汁や遊びずきなるこのまどゐ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
闇汁や闇に目の利く木菟男 三溝沙美
闇汁を瞠りとほして達磨の眼 加藤知世子

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

炭焼

炭焼

例句を挙げる。

きのこ図鑑蘭図鑑置き炭を焼く 茨木和生 野迫川
一年の寺の維持費の炭を焼く 西沢破風
冬海へしきりに炭を焼きにけり 小杉余子 余子句選
奥祖谷は阿波の西蔵炭を焼く 小山白楢
妨げず妨げられず炭を焼く 茨木和生 野迫川
展覧の備長炭を焼く煙 坂本 丘川
山すこし片附けるとて炭を焼く 後藤比奈夫
山そこで落ちこんでゐて炭を焼く 藤後左右
山寺の僧の生計の炭を焼く 瀬在苹果
年三日余して宇陀や炭を焼く 森澄雄
愚の如く魯の如き僧炭を焼く 能仁鹿村
楢櫟樫椎炭に焼かれけり 尾崎迷堂 孤輪
炭がまや隣の人が焼に行く 内藤丈草
炭に焼く柞(ははそ)も花の木陰かな 酒堂 俳諧撰集「藤の実」
炭に焼く柞も花の木陰かな 浜田酒堂
炭を焼くたゞそれのみのたつきかな 和田南星
炭を焼くほかにたつきのすべ知らず 小森山風郎
炭を焼く山が冷え込むまへの竈 高澤良一 寒暑 
炭を焼く山のうしろは土佐の国 山岡酔花
炭を焼く煙いちにち梅林へ 宮田正和
炭を焼く男の嚏山をとぶ 只野柯舟
炭を焼く長き煙の元にあり 中村草田男
狐罠かけもし炭も焼けるかな 林夜詩桜
白炭や焼かぬ昔の雪の枝 忠知
眦に傷ある男炭を焼く 森田峠
神峯山寺鳥居のうちに炭を焼く 大橋櫻坡子 雨月
竜神の湯への山々炭を焼く 森田峠 避暑散歩
能勢街道たつた一人で炭を焼く 氷川絢子
薄雪の山に陽さすや炭を焼く 大谷句佛 我は我
貧乏も底のつきたる炭を焼く 平松竃馬
青空はどこへも逃げぬ炭を焼く 平畑静塔
おかき干して炭焼の名は源之丞 川崎展宏
のぞかれし小屋を炭焼いたく恥ぢ 戸田銀汀
ラムプ消す星か炭焼く峯の灯か 及川貞 夕焼
人の居る炭焼小屋をのぞきけり 富安風生
人間をもっとも怖る炭焼夫 右城暮石 上下
初仕事らしき炭焼き煙りかな 井尾望東
前山の炭焼煙ひろがらず 小路紫峽
啓蟄の炭焼が妻みごもれり 西島麦南 人音
寄りゆけば炭焼く人がひとりゐる 山口草堂
山国は炭焼く焔鉄路まで 辰巳秋冬
山見ては風見ては炭焼きにけり 原田照夫
峡盡きて炭焼く峯の空澄めり 及川貞 夕焼
復員のあと炭焼を続け来し 藤田美智子
河鹿鳴く炭焼小屋の夜明哉 寺田寅彦
深山に炭焼き暮るるひとりかな 飯田蛇笏 椿花集
湯のけむり炭焼くけむり無事故村 香西照雄 素心
炭木積み上げて風除け炭焼夫 後藤青峙
炭焼いて子を学校にやりにけり 柑子句集 籾山柑子
炭焼いて都知らずに老いにけり 佐々木あきら
炭焼が兎の罠を掛けに行く 滝沢伊代次
炭焼きし石組もまた廃墟たり 山口誓子
炭焼きし跡に焦げたる竹箒 瀧澤伊代次
炭焼きて孤りが年を惜しまざる 飯田蛇笏 椿花集
炭焼きのともして障子金にせり 大野林火
炭焼きの七つ道具に注連飾る 谷本 圭司
炭焼きの小屋に白粥ふつふつと 辻岡紀川
炭焼きは孤立無援に煙あぐ 末近国成
炭焼くや湯気揚げ椎肥熟しつつ 香西照雄 素心
炭焼くを業とし狭き額汚す 津田清子 礼 拝
炭焼にかへると草鞋きつく緊む 栗生純夫 科野路
炭焼に慣れて餌あさる牝鹿かな 雉子郎句集 石島雉子郎
炭焼に昼餉届けて共にせり 太田土男
炭焼に飼はれて犬の煤け貌 西村しげ子
炭焼の住める山家や緋鯉飼ふ 根岸善雄
炭焼の労に腕貸す棒秤 百合山羽公
炭焼の夜食喰ふらん月夜影 車庸 俳諧撰集「藤の実」
炭焼の女の小さき掛鏡 赤木 範子
炭焼の妻のちひさき鏡かな 船山
炭焼の小屋に白粥ふつふつと 辻岡紀川
炭焼の小屋の柱の懸鏡 清崎敏郎
炭焼の木の混める山遺りしか 高澤良一 燕音 
炭焼の淋しさ甕に水充たし 原田青児
炭焼の炭俵(すご)に伏せある湯呑かな 宮城きよなみ
炭焼の芹摘みに来る那須野かな 西本一都 景色
炭焼の貌の冬ざれ岩よりも 金子兜太
炭焼の顔洗ひ居る流かな 内藤鳴雪
炭焼も神を恐るゝ夜長かな 前田普羅 春寒浅間山
炭焼や朧の清水鼻を見る 榎本其角
炭焼を捨てる若さは既になく 目黒一栄
炭焼夫消えて煙の定まれり 田中照子
狐鳴く山を炭焼下り来る 金子三郎
磯曲にも蜑が炭焼くけむり立つ 佐野まもる 海郷
祖父越えて来しかの山も炭焼くか 高濱年尾 年尾句集
緑陰に炭焼く杣の仮眠小屋 谷法幸
老しづかおのが炭焼く音の中 皆吉爽雨
茶炭焼く見せ窯ひとつ時雨れけり 手塚美佐 昔の香
金縷梅や杣炭焼は祭顔 前田普羅 飛騨紬
鳶啼くや炭焼くけむり樹海より 渡邊水巴 富士

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

炭竃

炭竃

例句を挙げる。

ゆき暮れし峡に炭竃火を吐ける 山口草堂
一廻りしたき炭竃廻られず 茨木和生 丹生
人の気配なき炭竃に下りて行く 右城暮石 声と声
峡中や炭竃清流余花も今 尾崎迷堂 孤輪
木が伐られ炭竈がそのまん中に 八木沢高原
梅の渓炭竈いくつ見ゆるかな 西山泊雲 泊雲句集
樹海よりけぶり立ちけり炭竃 高橋淡路女 梶の葉
炭竃に塗り込めし火や山眠る 松本たかし
炭竃に手負の猪の倒れけり 野沢凡兆(?-1714)
炭竃に日行き月行く峡の空 松本たかし
炭竃に火のまはりたる暮雪かな 石原舟月 山鵲
炭竃に火の入るひとつ男守る 石川桂郎 高蘆
炭竃に燃えつづく火の去年今年 松本たかし
炭竃のある所まで車行く 豊田一兆
炭竃のいたく黄色き煙吐く 鈴木花蓑
炭竃の上に信楽越えの道 伊藤柏翠
炭竃の上に真白に那須ケ岳 岡安迷子
炭竃の大きい方は使はれず 後藤夜半
炭竃の大きな谷に出たりけり 高浜虚子
炭竃の火は山神のゆるしけり 尾崎迷堂 孤輪
炭竃の火を蔵したる静かな 松本たかし
炭竃の蓋をひらけば猿の声 榎本其角
炭竃の路といふなり轍あり 阿波野青畝
炭竃へのぼる一町昼の露 野澤節子 黄 炎
炭竃へ一筋雪の掻かれけり 白水郎句集 大場白水郎
炭竃へ径あり枯木中に見ゆ 高濱年尾 年尾句集
炭竃ほとり木瓜咲き出でぬ寒日和 冬葉第一句集 吉田冬葉
炭竃やむかし光秀領の山 森澄雄
炭竃や三里先キなる川港 尾崎迷堂 孤輪
炭竃や伽藍あるてふ大悲山 尾崎迷堂 孤輪
炭竃や稲妻走る山の腹 森鴎外
炭竃や雪のうへ行く夕けぶり 青蘿
炭竃や鹿の見てゐる夕煙 巴人
炭竃を塗り込めしかばかぎろふ日 後藤夜半
炭竃を見て天界を臨みもし 八木三日女 紅 茸
炭竃五つ並ぶは温かし 石川桂郎 高蘆
炭竈うあ雪のうへ行く夕けぶり 青蘿
炭竈に塗込めし火や山眠る 松本たかし
炭竈に手負の猪の倒れけり 野澤凡兆
炭竈に日行き月行く峡の空 松本たかし
炭竈に結ひなす低き四つ目垣 後藤夜半
炭竈のいたく黄色き煙吐く 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
炭竈のけぶりに陰るせうじ哉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
炭竈のほとぼりうけて昼餉かな 小松砂丘
炭竈の匂ひあたたかに山は雪 内藤吐天
炭竈の口塗りこめて立ち去りぬ 勝又一透
炭竈の大きい方は使はれず 後藤夜半 底紅
炭竈の奥へ奥へと炎群れ 野村洛美
炭竈の奥より声す芹なづな 川崎展宏
炭竈の火に初螢うまれあふ 萩原麦草 麦嵐
炭竈の火を蔵したる静かかな 松本たかし
炭竈の火加減見るや地に伏して 西山泊雲 泊雲句集
炭竈の煙ならぬ雲流れけり 尾崎迷堂 孤輪
炭竈やむかし光秀領の山 森 澄雄
炭竈や柴打ち寄せし花一木 大谷句佛 我は我
炭竈や雪の上行夕煙り 松岡青蘿
炭竈を塗り込めしかばかぎろふ日 後藤夜半
篠がくり炭竈のある那須野かな 西本一都 景色
菊月の役炭竃や休ませて 石川桂郎 高蘆
雪とならん夜を炭竃の焔かな 青木森々
鶸の声炭竃開き日和称へけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく

以上
by 575fudemakase | 2014-12-30 00:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬ざれ

冬ざれ

例句を挙げる。

いのちあるもの皆眠り冬ざるゝ 能美丹詠
いまみえてゐた猫みえず冬ざるゝ 久保田万太郎 流寓抄
いらぬ石かたづけにけり冬ざるる 室生犀星 犀星発句集
おかめ坂過ぎ冬ざれの狸坂 伊藤直介
さふらんの花は紫冬ざるゝ 野村泊月
しらたきと豆腐と買ひて冬ざるゝ 久保田万太郎 流寓抄
はらからの結び目に母冬ざるる 藤原照子
ひざら貝冬ざるる身を張り詰めて 高澤良一 鳩信 
スプーンに船の曲線冬ざるる 大石雄鬼
フェリーより女が降りて冬ざるる 和田耕三郎
一葉忌冬ざれの坂下りけり 安住敦
三階より落ちし靴下冬ざるる 寺井谷子
井戸端に冬ざれてある砥石かな 仲岡楽南
人おのおの負へる齢や冬ざるゝ 大橋敦子
入日、雲に、まぶしけれども冬ざるゝ 久保田万太郎 流寓抄
冬ざるるセザンヌの耳ゴツホの耳 行方克巳
冬ざるるリボンかければ贈り物 波多野爽波 『骰子』
冬ざるる上野鴬団子かな 青木重行
冬ざるる木の實草の實絵筆さへ 高橋睦郎 稽古飲食
冬ざるる箱に海苔巻ぎつしりと 辻桃子
冬ざるる豆柿のあまさとほりけり 犀星
冬ざるる遠くの石を叩きけり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
冬ざるる野積の檜の香衰へず 坂本 玲子
冬ざるる階高きほど水の艶 対馬康子 純情
冬ざるる雲が畑道たがへしか 稲垣きくの 牡 丹
冬ざるる顰(ひそみ)を深く裏浅間 風生
冬ざるゝ音なきひゞき廟に満つ 岩松草泊
冬ざれてうるさき程に鴉鳴く 山下孝子
冬ざれてしかつべらしき座敷哉 尾崎紅葉
冬ざれてたましひ氷るあしたかも 日夏耿之介 婆羅門俳諧
冬ざれて伊那路は情の濃かりけり 草間時彦 櫻山
冬ざれて女子寮煙出しにけり 長谷川双魚 風形
冬ざれて如来の耳のうつくしき 佐野青陽人
冬ざれて枯野へつづく妻の乎か 日野草城
冬ざれて水垢のつく釣瓶かな 柑子句集 籾山柑子
冬ざれて火焔つめたき不動かな 正岡子規
冬ざれて焚く火に凹む大地かな 長谷川かな女 雨 月
冬ざれて石朽つ遣新羅使の墓 文挟夫佐恵 遠い橋
冬ざれて笊売る家の竹匂ふ 『定本石橋秀野句文集』
冬ざれて虎刈りの神屈まりぬ 攝津幸彦
冬ざれて隣家が遠く澄みにけり 山田麗眺子
冬ざれといへどかぢけぬ猫もなし 一雪
冬ざれにつきあたりたる別れかな 清水基吉 寒蕭々
冬ざれに匂へる君を離れ見つ 稲岡長
冬ざれのくちびるを吸ふ別れかな 草城
冬ざれの中に角帽あぶらじみ 誓子
冬ざれの塩田を踏む許得て 山口誓子
冬ざれの墓地のうすれ陽ひくひくと雀が飛んで 人間を彫る 大橋裸木
冬ざれの墓地より街へ下る径 真下ますじ
冬ざれの天道虫は能く歩く 高澤良一 素抱 
冬ざれの天龍河原妹を点ず 大峯あきら
冬ざれの子供が跳んで来るひかり 細川加賀 生身魂
冬ざれの家にガラスの運ばるる 鈴木伸一
冬ざれの宿の斑鳩物語 細川加賀 生身魂
冬ざれの山一椀の熱き白湯 松村蒼石 雪
冬ざれの山家の欠け茶碗に酒なみなみつがれる 人間を彫る 大橋裸木
冬ざれの山家醤油の香を洩らす 鷲谷七菜子 花寂び
冬ざれの庭たわいなく母転ぶ 林明子
冬ざれの掃けば首ぬけ箒かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
冬ざれの断つは恋情のみならず 咲間 匡
冬ざれの新薬師寺を素通りに 岸田稚魚 筍流し
冬ざれの梢駈け行く千切れ雲 手島知韶
冬ざれの機影大きく基地の町 相河美智子
冬ざれの沖の夕焼陸へは来ず 赤城さかえ
冬ざれの深まるばかり風の土手 鶴田佳三
冬ざれの牛に真赤な唐辛子 大貫弘司
冬ざれの独轆轤やをのゝおく ツシマ一笑
冬ざれの猫の描きある杉戸かな 中村吉右衛門
冬ざれの石の残照声届く 高澤晶子 純愛
冬ざれの砂漠に群れて化石売 都筑智子
冬ざれの肩より暮るる畑鴉 高澤良一 鳩信 
冬ざれの肩をとこ山をんな山 猪俣千代子 秘 色
冬ざれの身にはまばゆき万華鏡 文挟夫佐恵 雨 月
冬ざれの身の裡馳せしヨハネ像 河野南畦 湖の森
冬ざれの道に拾ひぬ空ラ財布 高橋淡路女 梶の葉
冬ざれの道をへだてて機ひびく 上村占魚 球磨
冬ざれの野の馬塚と人の墓 殿村莵絲子 遠い橋
冬ざれの野を来て君に何捧ぐ 岩田昌寿 地の塩
冬ざれは韮にかくるゝ鳥ひとつ 蕪村遺稿 冬
冬ざれやあらぬ方向く道路鏡 高間礼子
冬ざれやきたなき川の夕鴉 京-定雅 選集古今句集
冬ざれやことに谷中の銅壺店 杉野諒一
冬ざれやころろと鳴ける檻の鶴 水原秋桜子(1892-1981)
冬ざれやしやがんで私穴になる 峠谷清広
冬ざれやつぎはぎしたる村の橋 松藤夏山 夏山句集
冬ざれやつく~松の肌の老 東洋城千句
冬ざれやひとつ灯がつく過疎の村 鈴木幸子
冬ざれやものを言ひしは籠の鳥 高橋淡路女 梶の葉
冬ざれや両手につつむ旅の顔 草間時彦 櫻山
冬ざれや乾ききったる野の仏 高橋 重男
冬ざれや利根片岸に水寄せて 星野魯仁光
冬ざれや北の家陰の韮を刈る 蕪村 五車反古
冬ざれや北向いて錆ぶ風見鶏 内田園生
冬ざれや十一匹の猫の床 平井照敏 天上大風
冬ざれや卵の中の薄あかり 秋山卓三
冬ざれや堤もあらぬ千曲川 山中杏花
冬ざれや墓に薄るるロシア文字 高橋悦男
冬ざれや壁に挟みし柄なし鎌 井月の句集 井上井月
冬ざれや大戸おろして御師の宿 刑部大木
冬ざれや子供がとんで来るひかり 細川加賀
冬ざれや小鳥のあさる韮畠 蕪村 冬之部 ■ かの曉の霜に跡つけたる晋子が信に背きて、嵐雪が懶に倣ふ
冬ざれや屈葬甕にひび走り 冨田みのる
冬ざれや屋根にかたより雀群る 清之介
冬ざれや岩たゞれたる湧泉のあと 那須辰造 天窓
冬ざれや庭より高くひとの畑 林翔 和紙
冬ざれや廓につづく漁師町 石原舟月 山鵲
冬ざれや復員列車駅に入る 福田清人 麦笛
冬ざれや惑星の絵を地にひさぎ 藺草慶子
冬ざれや房々として実南天 日野草城
冬ざれや手にやはらかき笠間焼 横田和子
冬ざれや手にライターの握り皺 高井北杜
冬ざれや拾ひ足して渚鶴 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
冬ざれや日あし沁み入る水の垢 室生犀星 魚眠洞發句集
冬ざれや机に愛す百舌鳥の贄 広江八重桜
冬ざれや枝にすがりて枸杞の紅 古舘曹人 砂の音
冬ざれや柳の幹のよごれやう 尾崎迷堂 孤輪
冬ざれや歩み遮る何か有れ 林翔 和紙
冬ざれや母港切絵の影となる 対馬康子 吾亦紅
冬ざれや汐木にからむ荒布屑 重利 帆南
冬ざれや沿ひて渡らぬ飛鳥川 稲垣きくの 黄 瀬
冬ざれや溜桶に水底つくも 石川桂郎 四温
冬ざれや父母の拠る灯がわが灯 野澤節子 黄 瀬
冬ざれや狢をつるす軒の下 夏目漱石 明治三十二年
冬ざれや生きて騒げる魚籠の中 鷹羽狩行 六花
冬ざれや画舫揚げある亭の裏 原田青児
冬ざれや石に腰かけ我孤獨 高浜虚子
冬ざれや石段おりて御堂あり 中村草田男
冬ざれや磧の中に見ゆる橋 尾崎迷堂 孤輪
冬ざれや神とし祀る石一つ 比叡 野村泊月
冬ざれや網の目山羊の顔にのみ 山口誓子
冬ざれや翡翠を洗ふ越の海 松永千鶴子
冬ざれや菖蒲田の縁水急ぎ 鈴木しげを
冬ざれや虫のぬけがら風に飛び 和田 祥子
冬ざれや貴船の宮の手水鉢 洛山人
冬ざれや足にこたゆる貝の殻 闌更
冬ざれや道よくなりし鳥羽伏見 藤田耕雪
冬ざれや長者が庭のしかすがに 尾崎紅葉
冬ざれや雨にぬれたる枯葉竹 荷風
冬ざれや青味帯びゐる鷲の嘴 中川宋淵 詩龕
冬ざれや鳩に委したる宮の様 比叡 野村泊月
冬ざれや鶲あそべる百花園 水原秋桜子
冬ざれを統べし巨石とおもひをり 岸田稚魚 筍流し
加茂川は葱洗ふより冬ざれぬ 喜谷六花
古るき井に冬ざれの水ありにけり 癖三酔句集 岡本癖三酔
啄木鳥の孔遺す家冬ざるる 堀口星眠 営巣期
噴水の栓のあらはに冬ざるる 山本歩禅
城址とは名のみの起伏冬ざるる 岡安仁義
夏を愛す水盤の石冬ざれぬ 辰間伯洲
大いなる河をへだてゝ冬ざれし 佐藤 峻峰
大石や二つに割れて冬ざるゝ 鬼城
太秦は冬ざれもよし朱の扉 西山泊雲 泊雲句集
太陽の塔の猫背の冬ざるる 山田弘子
子等去りて芝生俄かに冬ざるゝ 阿部みどり女 笹鳴
小鹿越えしごと冬ざれの野川跳ぶ 樋笠文
山国や冬ざれてゐる畑の土 渡辺水巴 白日
山色を尽しきるとき冬ざるる 稲畑汀子
峡の空一鳶占めて冬ざるる 河野南畦 湖の森
崖をこぼるる雀の冬ざれの空暮れくる 人間を彫る 大橋裸木
工事場の火花の昏く冬ざるる 大西岩夫
常かへりみぬ庭にして冬ざるゝ 相馬遷子 山河
廃線の鉄道官舎冬ざるる 福原紫朗
往来のころく石や冬ざるゝ 内田百間
心臓がまつかに歩きゐる冬ざれ 内田暮情
思ひ出や三田の古町冬ざるる 石川桂郎 四温
新しき墓新しきまま冬ざるる 津村節子
日の差して篝の籠の冬ざるる 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
木彫仏冬ざれ空に眼をつむり 河野南畦 湖の森
椋鳥の嬌声こぼれ冬ざるる 堀口星眠 営巣期
機械街冬ざれの船たかく浮き 細谷源二 鐵
水涸れて橋番小屋の冬ざれぬ 寺田寅彦
水車小屋ありしはここら冬ざれて 松尾緑富
浜茱萸の冬ざれつくし熟れつくし 細木芒角星
涸谿の木霊言霊冬ざるる 佐原トシ
火を焚くや川原にはかに冬ざるる 小島 健
炭焼の貌の冬ざれ岩よりも 金子兜太
熔岩色を重ねて古りて冬ざれて 高濱年尾 年尾句集
田舟皆沼に集る冬ざれて 乙字俳句集 大須賀乙字
男三瓶は古陶のごとく冬ざるる 橋本鶏二
白樺の冬ざれことに発哺の湯 堀口星眠 営巣期
皿一枚こはれ一気に冬ざるる 小泉八重子
目つむりて何処よりの夜ぞ冬ざるる 深谷雄大
眼帯や片目の街の冬ざるる 桂信子 黄 瀬
石切の石の鋭角冬ざるる 門 みのる
笹掻きの音雨に似て冬ざるる 橋本榮治 越在
籠の蟲なきがらとなり冬ざるる 室生犀星
聚まれる冬ざれ小石踏みにけり 松村蒼石 雪
舗道ありなほ冬ざれの田を列ね 楸邨
落雁をくだく口中冬ざるる 石嶌岳
葬儀屋に金銀満開冬ざるる 檜 紀代
蔦の実の数へられつゝ冬ざれて 高濱年尾 年尾句集
見えぬ一病憎み愛しつ冬ざるる 角川源義 『西行の日』
貝殻が見え水中も冬ざるる 狩行
野に在るは首塚ひとつ冬ざるる 松本透水
野の家の冬ざるるものに軍鶏と豚 瀧春一 菜園
野ブドウの蔓を残して冬ざるる 浦野芙美
野生馬の馬身艶なく冬ざるゝ 大橋敦子
防塁の石みな尖り冬ざるる 向野楠葉
陽の消印あり冬ざれの美術館 吉田透思朗
風吹くはこの世彼の世や冬ざるる(急逝の大中祥生を憶ふ) 石原八束 『人とその影』
馬ひいて兵たりし街冬ざるる(沢木欣一と金沢へ) 角川源義 『冬の虹』
鳶の貌まざと翔けつゝ冬ざるゝ(松江大橋畔二句) 『定本石橋秀野句文集』

以上
by 575fudemakase | 2014-12-29 00:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)