<   2015年 02月 ( 93 )   > この月の画像一覧

梅見

梅見

例句を挙げる。

ことしもまた梅見て桜藤紅葉 井原西鶴
さむしろを畠に敷て梅見かな 蕪村
さらさらと衣を鳴らして梅見哉 夏目漱石 明治三十二年
はこべらに梅見の酒をこぼしたり 河合佳代子
ふところにサンドウィッチの梅見かな 野村喜舟 小石川
また今年けはしくなりぬ梅見坂 原 柯城
めッきりと園主老いたる梅見かな 久保田万太郎 流寓抄
入口があれば出口のなき梅見 岡田史乃
六阿弥陀梅見つゝ道はかどらず 佐久間龍花
出直しの死を選ぶべし梅見頃 佐藤鬼房 朝の日
厭な戦争に生きのびて来た妻とは二度の梅見 橋本夢道 無禮なる妻抄
吉野なる山ふところの梅見かな 大石悦子 群萌
境内の刈芝を踏む梅見かな 河東碧梧桐
墓参了へ梅見の酒を妻もすこし 奈良文夫
大ポット据ゑて梅見の一家族 八幡より子
寝正月さめてふと思ふ梅見月 原石鼎 花影以後
小寒き日つづき~て梅見月 原石鼎 花影以後
山城の風まだ寒き梅見かな 津田仙子
山裾に梅見て足を休めけり 雑草 長谷川零餘子
年寄のうつけ涙や梅見酒 青木重行
庭の梅よりはじまりし梅見かな 深見けん二 日月
影踏まぬ弟子ら眉濃き梅見翁 林翔
御秘蔵に墨をすらせて梅見哉 榎本其角
日の当る床几をえらび梅見茶屋 山田光子
早まりし梅見の案内悔まれて 浅井青陽子
晴れさうでまた雨こぼれ梅見橋 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
梅見つつ渓の氷に到りけり 木津柳芽 白鷺抄
梅見ての余生などとはとんでもない 高澤良一 宿好
梅見とて家を出て来しことたのし 細見綾子
梅見にゆく小トンネルの闇を抜け 津田清子 礼 拝
梅見ばや竹の細枝鶴の脛 中勘助
梅見婆はしよれる裾の派手模様 星野立子
梅見客熱海の見番うち過ぎて 高澤良一 随笑
梅見時過ぎれば過疎の宮となり 高木 織衣
梅見舟涼炉煽りて散る火かな 野村喜舟 小石川
梅見茶屋俄か仕立であることも 藤木呂九艸
梅見酒をんなも酔うてしまひけり 大石悦子 群萌
歌舞伎座の半纏を着て梅見客 前田普羅
気のはらぬ入相(いりあひ)聞きて梅見かな 斯波園女
水戸納豆よく売れてゐる梅見かな 山田案山子
涸川や渡らで遠き梅見人 雑草 長谷川零餘子
淡白や金縷梅見にゆく山住まい 森下草城子
漁村から岬へのぼる梅見かな 野村喜舟 小石川
石仏の傾き野梅見るまなざし 長谷川かな女 花 季
紅白の梅見えてくる氷かな 岸田稚魚 『雪涅槃』
結局はおもひおもひの梅見かな 近藤史子
耳遠の人と梅見の山歩き 藤田あけ烏 赤松
良く吠ゆる犬に梅見の人行来 奥田 草秋
葭小屋に声かけてゆく梅見かな 山本洋子
谿々に梅見ざるこそ恨みなれ 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
道服と吾妻コートの梅見哉 夏目漱石 明治三十二年
里芋を芋刺し梅見団子かな 矢島渚男 延年
野の人となる一本の野梅見て 手塚美佐 昔の香 以後
野梅見る谷間の石を一つづつ 関森勝夫
鉄斎の齢に及ばず 梅見の歩 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
青ぞらのいつみえそめし梅見かな 久保田万太郎 草の丈
青空のいつみえそめし梅見かな 久保田万太郎
風すこし出できぬ梅見切り上げむ 高澤良一 さざなみやっこ
飛石の高さを足して梅見客 高澤良一 素抱
髪乱す梅見の風の強かりし 町春草
鳶鳴いて鎌倉山の梅見頃 武原はん
観梅におもむく一団前を行く 高澤良一 素抱
観梅のわれのみマント翻へしゆく 岡本圭岳
観梅の常陸の雪に泊てにけり 西島麦南 人音
観梅の舟に持ち込む手炉いくつ 西山泊雲 泊雲句集
観梅は日のある内に巨福山 高澤良一 素抱
観梅や「匂い十里」の昔よし 丘本風彦
観梅やよく日の当る谷の中 渋沢渋亭
観梅や地図に名もなき川耀ふ 松本三千夫
観梅や富貴に勝る共白髪 川村紫陽
観梅や小川の涸れを見などして 藤田あけ烏 赤松
梅を見て廻る歩幅となりゐたり 高澤良一 さざなみやつこ
通りすがりの人の云へる
癌といふ爆弾抱え谷戸梅見 高澤良一 石鏡
梅を見に人出ぬうちの瑞泉寺 高澤良一 暮津

以上
by 575fudemakase | 2015-02-28 00:51 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

えり挿す

えり挿す

例句を挙げる。

*えりの遺句今日も*えり挿す湖ならむ 及川貞 夕焼
*えりを挿す力のかひな見ゆるかな 高濱年尾 年尾句集
*えりを挿す声の届かぬ遠さかな 西村和子 かりそめならず
*えりを挿す夫婦に夕日濃かりけり 角川春樹
*えりを挿す漣の行方に雁の影 石原八束
*えりを挿す竹生通ひの船波に 宇野犂子
*えりを挿す舟のゆきゝを窓に置き 中川砂骨
*えりを挿す舟を遥かに夕茜 武嶋一雄
*えり挿して一湾の春定まりぬ 伊藤いと子
*えり挿して元に戻りし景色かな 山崎みのる
*えり挿して四方より梅雨の迫るらし 林翔 和紙
*えり挿して湖の憂色はじまれり 能村登四郎
*えり挿して近江の春のいまよりぞ 高田美恵女
*えり挿しの一人が舟の位置を守る 中澤文邦
*えり挿しの力に舳刎ね上り 高野素十
*えり挿しの山見ては向き改むる 北川英子
*えり挿しの戻り舟なり比良颪 中井文人
*えり挿しの漕ぎ出してすぐ霞みけり 鷲谷七菜子 花寂び 以後
*えり挿しの背後雪嶺威を解かず 丸山哲郎
*えり挿しの舟にも小さき注連飾り 佐川広治
*えり挿しも終りしといふかすみけり 高濱年尾 年尾句集
*えり挿しや菰の古江に舟入れて 高野素十
*えり挿すと堅田はひかり燦めく地 宮坂静生
*えり挿すや遠つらなりに鳰のむれ 五十嵐播水
*えり挿すや陸の雪景日に穢れ 西島麦南
*えり挿につきて近江の蝶あはれ 萩原麦草 麦嵐
*えり挿にはや灯りし比叡かな 岸風三楼 往来
*えり挿の夕影波に折れ曲り 岸風三楼 往来
*えり竿を挿す大揺れの舟に立ち 津田清子
*えりを挿す力のかひな見ゆるかな 高浜年尾
*えりを挿す漣の行方に雁の影 石原八束
*えり挿しの漕ぎ出してすぐ霞みけり 鷲谷七菜子
えり挿しの漕ぎ出してすぐ霞みけり 鷲谷七菜子 游影
この湖は話の宝庫*えりを挿す 柴田美代子
万葉の比良の大わだ*えりを挿す 小田尚輝
両袖へ*えり挿す舟の漕ぎわかれ 久米幸叢
八講の名残りの湖に*えり挿せる 荒川あつし
打よする連銭波や*えりを挿す 西山泊雲
日の波にとりまかれゐて*えりを挿す 石井とし夫
更級の八百屋彦八*えり挿して 宮坂静生 樹下
比叡山今日しまきをる*えりを挿す 中井余花朗
湖の待ちをる*えりを挿しはじむ 後藤比奈夫
湖底の泥知りつくし*えりを挿す 今村窓外
湖神の荒ぶる隙へ*えりを挿す 北川英子
熱きもの食べて*えり挿しすぐ湖へ 山口波津女
眺めやる*えり挿す舟とわかるまで 池内たけし
竹積んで*えり挿す舟と覚えたり 高濱年尾 年尾句集
篁の闇を負ひ来て*えりを挿す 曽根原幾子
編みためて大きな*えりを挿すらしや 石井とし夫
老いてなほ沼生き甲斐に*えりを挿す 石井とし夫
衰へし眼もて*えり挿しみて来たり 皆川盤水
連翹や昨日は雨に*えり挿して 藤田湘子
遠き*えり挿し終りたる色と見し 中森皎月
門先を漕ぎ出でしより*えりを挿す 石井とし夫
無明より無明へ漕げる*えり場かな 宮武寒々
*えり簀竹尻に撓めて編みにけり 稲継あきを
*えり簀編むその棕梠繩に手を痛め 高濱年尾 年尾句集
*えり簀編む大風除の聳えたり 高濱年尾 年尾句集
*えり簀編眩ゆき沖を手にかばふ 米沢吾亦紅
古*えり簀焚く火明りに氷魚を選る 木村蕪城 寒泉
合掌の手のかたちして遠*えり簀 関戸靖子
唐崎の茶屋の女房も*えり簀編み 大坪野呂子
夕波の*えり簀をくぐるひとうねり 岡本 眸
横櫛をさす女房の*えり簀編み 高野素十
湖あれを窓に*えり簀を編みゐたり 高濱年尾 年尾句集
頬被とれば媼や*えり簀編む 中山碧城

以上
by 575fudemakase | 2015-02-28 00:48 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

獺の祭

獺の祭

例句を挙げる。


いたずらに老いてしまひし獺祭忌 富田直治
うち晴れし淋しさみずや獺祭忌 道芝 久保田万太郎
うち晴れし耕しさみずや獺祭忌 久保田万太郎
この町に興る俳諧獺祭忌 田室澄江
こほろぎの一つ音愛す獺祭忌 下村ひろし
その名のこりその名のこして獺祭忌 京極杞陽
ともし灯にしたしみそめて獺祭忌 阿波野青畝
とんと本読まぬこの頃獺祭忌 高澤良一 寒暑
まつすぐに線を引いたら獺祭忌 河瀬芳子
スリッパの廊下に溜まる獺祭忌 潮田幸司 銀化
一睡一夢首の骨鳴る獺祭忌 栗林千津
七粒の薬にたよる獺祭忌 黒田櫻の園
乾かざるままに筆巻く獺祭忌 ふけとしこ 鎌の刃
今もある須磨療養所獺祭忌 橋本蝸角
仏塔の影川原まで獺祭 松岡道代
俳諧の雑誌の数や獺祭忌 楠目橙黄子 橙圃
倍生きて凡なる吾や獺祭忌 堀口俊一
健啖の吾ならなくに獺祭忌 相生垣瓜人
先摘みをせし蕨束獺祭忌 茨木和生 丹生
其の人になりたる読後獺祭忌 三橋敏雄
写生説厳然と生き獺祭忌 大橋敦子 手 鞠
凝る露に日輪やどる獺祭忌 松本幹雄
割れ墨の束ねを買ひぬ獺祭忌 ふけとしこ 鎌の刃
南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男
厨妻なれど句が好き獺祭忌 里見芳子
古草藉けば獺の祭は過ぎけらし 石田波郷
句修行の三十路に入りぬ獺祭忌 水原秋桜子
吾に来し子の古机獺祭忌 石田あき子 見舞籠
吾れも又幾何に没頭獺祭忌 梅津素之
売果翁を途上に訪ふや獺祭忌 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
夢いくつ並べて消えて獺祭 斎藤 翠
夫唱婦随俳諧一途獺祭忌 滝川名末
夫婦して見せ合ふ句帳獺祭忌 池上不二子
妹のそののち知らず獺祭忌 行方克巳
妻もまたときに句敵獺祭忌 八木斌月
姫松にくもれる空や獺祭忌 林 徹
季語少し覚えしばかり獺祭忌 和田八重子
孫弟子と自らゆるす獺祭忌 楠目橙黄子 橙圃
寺の子の覗いてゆきし獺祭忌 小林 いまよ
川甚の青き提燈獺祭忌 田中冬二 冬霞
川石に鱗の乾ぶ獺祭 棚山波朗
掌より掌へますほの小貝獺祭忌 伊藤敬子
描くこと書くことうれし獺祭忌 大石香代子
文庫本竹の里歌獺祭忌 行方克巳
文弱を責めなむ風の獺祭忌 河野多希女 両手は湖
新聞に遅る牛乳獺祭忌 高萩篠生
晩年も書生つぽき顔獺祭忌 右城暮石 上下
書を跨ぎ跨ぎ仮住み獺祭忌 奈良文夫
月並の句をな恐れそ獺祭忌 茨木和生 往馬
枝豆がしんから青い獺祭忌 阿部みどり女 『光陰』
柿二つ一つは渋き獺祭忌 中谷孝雄
横顔の像を知るのみ獺祭忌 稲田壺青
水墨に加ふる彩や獺祭忌 岩崎照子
水底に月ある獺の祭かな 伊佐山春愁
水霜や獺祭書屋主人考 藤田あけ烏 赤松
浦々の潮のみどりや獺祭忌 大峯あきら 宇宙塵
父も又早世の人獺祭忌 稲畑廣太郎
献詠の披講こだます獺祭忌 坂泰子
獺の祭に恥ぢよ魚の店 蝶夢
獺の祭の噂絶えにけり 矢島渚男 延年
獺の祭も過ぎぬ朧月 朧月 正岡子規
獺の祭を流す大雨かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
獺の祭を画く意匠かな 獺祭魚 正岡子規
獺の祭嬰へ並べし玩具かな 浅井節子
獺の祭戀に終りがありとせば 河野多希女
獺の祭提灯が橋渡りけり 成瀬桜桃子
獺の祭提灯だけ橋渡りけり 成瀬桜桃子 風色
獺の祭見て来よ瀬田の奥 芭蕉
獺の祭鳰の浦風生臭し 永見徳代
獺祭や到来山女魚並べ焼く 鈴木節子
獺祭や枕上には常に辞書 松浦敬親
獺祭古江に馴れし家二軒 佐藤紅緑
獺祭忌わがふるさとも伊予の国 轡田幸子
獺祭忌一日長く過しけり 九鬼あきゑ
獺祭忌天気どんどん悪くなる 高澤良一 随笑
獺祭忌忘じをりたる愚かさよ 石塚友二
獺祭忌悪人虚子を敬ひて 深見けん二
獺祭忌明月さまとあはれけり 小原菁々子
獺祭忌漁火ひとつ明るくて 千田一路
獺祭忌発句にもある著作権 高澤良一 宿好
獺祭忌紙切る鋏街に買ふ 沢木欣一
獺祭忌蓋し気骨の明治人 秋山ひろ志
獺祭忌雨の田端に降り立ちぬ 小川あやめ
獺祭忌雨夜のバスにゆられけり 近藤一鴻
獺祭忌鳴雪以下も祀りけり 高浜虚子
獺祭忌鳴雪以下も祭りけり
獺祭横目に艇庫開きかな 柴崎甲武信
獺祭金の尾がしら金の川 佐藤宣子
畏友てふ言葉思ひし獺祭忌 日原傳
病虚吼奥に黙いて獺祭忌 岸風三楼 往来
病虚吼奥に黙ゐて獺祭忌 岸風三樓
病院のかへりをあそび獺祭忌 大石悦子 百花
硝子戸に露凝り居れり獺祭忌 田中冬二 行人
絶筆の気息をたどる獺祭忌 橋田憲明
老い五人に減りし句会や獺祭忌 宮武章之
老の身をはこびて楽し獺祭忌 吉田烏衣
老妻と内妻二人獺祭 水上黒介
而して淡泊平易獺祭忌 川崎展宏
肺活量十分なりし獺祭忌 橋本さち子
胸張つて我は虚子門獺祭忌 沢井山帰来
腰強きとろろの飯や獺祭忌 渡辺二三雄
茶器どもを獺の祭の並べ方 獺祭魚 正岡子規
草々の丈切りそろへ獺祭忌 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
蓼の花に雨ほろほろと獺祭忌 田中冬二 麦ほこり
虚吼の座かしこなりしが獺祭忌 岸風三楼 往来
虚子が目をむいて怒りし獺祭忌 筑紫磐井 花鳥諷詠
行平に煮えたる粥や獺祭忌 石田あき子
見たし聞きたし食うて生きたし獺祭忌 池之小町
言ひ伝へさま~なりし獺祭 高浜年尾
話し置くこと我にあり獺祭忌 深川正一郎
遅々としてわが俳諧や獺祭忌 山口誓子
野菊など折り来て挿さん獺祭忌 五十崎古郷句集
鍋物に焦げつく葱や獺祭忌 石川桂郎 四温
門葉の乱れもすこし獺祭忌 高浜虚子
食思をも掻きたつべきか獺祭忌 相生垣瓜人
鳥に告げたし父の忌は獺祭忌 櫂未知子 蒙古斑
鳳眼の子規が自画像獺祭忌 山口青邨
鶏頭に一日執着す獺祭忌 石田波郷


以上
by 575fudemakase | 2015-02-28 00:46 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

実朝忌

実朝忌

例句を挙げる。

いくさ敗れなほしみじみと実朝忌 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
いたづらに長寿願はず実朝忌 下村梅子
がうがうと谷戸に風ある実朝忌 高須禎子
きざはしに風流れ落つ実朝忌 中村喜美子
しらべよき歌を妬むや実朝忌 阿波野青畝(1899-1992)
その時も鳩は翔ちけむ実朝忌 山口青邨
てのひらにくれなゐの塵実朝忌 永島靖子
ほの白き昼の月あり実朝忌 上野 百人
みどり藻の高波の跡実朝忌 中拓夫
ティッシユペーパーごそりと抜ける実朝忌 大石雄鬼
伊豆の海の浪の巻穂や実朝忌 野村喜舟
伐られたる樹の叫ぶあり実朝忌 永井龍男
低山に入日はづめる実朝忌 岸田稚魚
信号を信じて渡る実朝忌 佐伯昭市
傘を持つ手のつめたくて実朝忌 大井雅人
初島は沖の小島よ実朝忌 遠藤韮城
口衝いていづる和歌あり実朝忌 後藤夜半
名をかへて流るる川や実朝忌 進藤一考
大挙して実朝の忌の沖つ波 高澤良一 さざなみやっこ 
大銀杏芽吹かんとして実朝忌 大気 十潮
子を失ひし母われ今日を実朝忌 及川貞 榧の實
実朝の忌の浪音を聴きに来し 大野崇文
実朝の忌の磴をわがひとりくだる 藤岡筑邨
実朝の忌を江ノ電の横揺れに 早乙女 健
実朝忌あし跡のみの百千鳥 小檜山繁子
実朝忌くるぶしに来る池の冷え 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
実朝忌つばさあるもの声こぼす 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
実朝忌なりしかなほも積む雪に 長谷川かな女 雨 月
実朝忌われに文盲の母ひとり 菊地一雄
実朝忌伊豆の山脈あらけなく 原裕 青垣
実朝忌外箱失せし愛書かな 能村研三 鷹の木
実朝忌孤雲日を載せみんなみに 福田蓼汀 山火
実朝忌床に散乱する白波 杉野一博
実朝忌柵をなほしにでたるまま 中田剛 竟日
実朝忌椿の花は落ち易く 高橋淡路女 淡路女百句
実朝忌波の上なる女下駄 川崎展宏
実朝忌海みて鴨を食ひをはる 鈴木太郎
実朝忌海より空の曇りくる 久米正雄 返り花
実朝忌牛の不機嫌通りける 斎藤玄
実朝忌由井の浪音今も高し 高浜虚子
実朝忌由比のおぼろのはじまれり 石原舟月
実朝忌知らぬ鎌倉美しく 遠藤加寿子
富士の辺に烽火の入日実朝忌 井沢正江 晩蝉
屋根を飛ぶ潮けむり見よ実朝忌 森田峠 避暑散歩
山椿撰び折り来て実朝忌 松本たかし
庭に色あるは山茱萸実朝忌 及川貞 榧の實
庭掃除して梅椿実朝忌 星野立子
引く浪に貝殻鳴りて実朝忌 秋元不死男
我が椿いたむる雪や実朝忌 松本たかし
日の崖の砂さらさらと実朝忌 戸川稲村
日もすがら松吹く風や実朝忌 下村梅子
日洩れきし谷を急ぎて実朝忌 石田波郷
日矢やさし松は年経し実朝忌 清水基吉 寒蕭々
晩学を恥づるにあらず実朝忌 下村梅子
暁天の纖き月あり実朝忌 大橋桜坡子
松に降る雪ほたほたと実朝忌 冨田みのる
松の上に狂ひ風あり実朝忌 清水基吉
松籟の武蔵ぶりかな実朝忌 石田波郷(1913-69)
桜貝踏みつつ実朝忌とおもふ 須川洋子
死なざりしかば相逢ふも実朝忌 石田波郷
波どどと春ととのはず実朝忌 山岸治子
流鏑馬の射手に外人実朝忌 八幡より子
浪がしらあるひは撓ひ実朝忌 齋藤玄 飛雪
浪がしらあるひは撓む実朝忌 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
海光に髪を刈らしむ実朝忌 田川飛旅子 花文字
海坂の暮るるに間あり実朝忌 鷹羽狩行(1930-)
濤こだま実朝忌まだ先の日ぞ 友岡子郷 風日
病む窓に伊豆の海あり実朝忌 木村蕪城 一位
白くあがる波を遠目に実朝忌 平井照敏
白昼の炎にいろのなし実朝忌 鷲谷七菜子 天鼓
白木瓜の庭美しき実朝忌 小原菁々子
積む雪の仄かに匂ふ実朝忌 下山宏子
竹伐つてほめくてのひら実朝忌 星野麦丘人
紅梅の空は蘇芳や実朝忌 久米正雄 返り花
紅顔の人等つどへり実朝忌 山口青邨
絵巻見て伊豆の海見て実朝忌 大島民郎
美しく舌のふれ合う実朝忌 渡辺誠一郎
舶来の時計が欲しき実朝忌 攝津幸彦
菜の花の茎めでたかれ実朝忌 横光利一
誰が歌も世に遺れかし実朝忌 林昌華
軍人の帽子もかゝり実朝忌 河野静雲 閻魔
鎌倉に住みしことあり実朝忌 高濱年尾
鎌倉に実朝忌あり美しき 高浜虚子
鎌倉は四方の砲音に実朝忌 久米正雄 返り花
鎌倉ゆき電車でひげ剃る実朝忌 竹中宏 句集未収録
鎌倉右大臣実朝の忌なりけり 尾崎迷堂(1891-1970)
闇深く海鳴りつづく実朝忌 本玉秀夫
雨水の顔を流るる実朝忌 長谷川櫂 天球
雨雲にこもれる月や実朝忌 高橋馬相 秋山越
雪となる雨を見てをり実朝忌 角川春樹
雪吊のもとどり荒び実朝忌 鍵和田釉子
雪嶺に雪あらたなり実朝忌 相馬遷子 山河
雲のごとく咲ける野梅や実朝忌 河野静雲
面売の婆に見知りや実朝忌 青木重行
頼家もはかなかりしが実朝忌 水原秋櫻子
頼朝のこと思ひつつ実朝忌 岸本尚毅
魂匣の流れ着くなり実朝忌 冨田拓也
鳶の舞ふ鎌倉山や実朝忌 石井桐陰
鵙の瞳の黒眼がちなり実朝忌 大木あまり 火のいろに
鵯鳴くは大椿木よ実朝忌 永井龍男
黒き泡眼の中を飛び実朝忌 田川飛旅子 『邯鄲』
沖はるかに火口の雪や金槐忌 伊丹さち子

以上
by 575fudemakase | 2015-02-27 00:43 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

二月尽

二月尽

例句を挙げる。

いま割れしばかりの岩ぞ二月尽 飯田龍太
いま消えし樅に雪飛ぶ二月尽 相馬遷子 山国
かごめかごめ振り向く鬼に二月尽 柴田奈美
かん性のひとり働き二月尽 鈴木 榮子
くちびるにくちびる残り二月尽 谷口桂子
ちらちらと空を梅ちり二月尽 原 石鼎
なぎの木とききて仰ぎぬ二月尽 稲垣きくの 黄 瀬
ひとさしの舞のあはれや二月尽 福田蓼汀 山火
ほどほどに手足を使ひ二月尽 長谷川双魚 風形
ますぐなる幹に雨沁む二月尽 福永耕二
みちのくにはん女の訃報二月尽 粟野孤舟
よべの雨に家々ぬれて二月盡 内田百間
カレンダーの巻癖とれて二月尽 種市清子
コピーの海に棲む 目無し魚 二月尽 伊丹公子 山珊瑚
二三日葬りに使ひ二月尽 伊藤敬子
二月尽利休の心温ねけり 阿波野青畝
二月尽大きな石から村はじまる 成田千空 地霊
二月尽天城山葵に涙して 細見綾子 黄 瀬
二月尽手を垂れてゆくをとこ見ゆ 柴田白葉女 『冬泉』
二月尽明日の糧さへあやふしや 清水基吉 寒蕭々
二月尽母待つ家がときに憂し 鈴木栄子
二月尽江差追分なら聞こう 池禎章
二月尽父の酔眼遥かなる 金行康子
二月尽片なびく古葦の秀は 松村蒼石 雁
二月尽男女異なる時計見て 斉藤四四生
二月尽百姓の豚飽かず肥え 百合山羽公 故園
二月尽臙脂は妻の好むいろ 友岡子郷 風日
二月尽風より殖ゆる鳥のかず 原裕 新治
二月盡片なびく古葦の秀は 松村蒼石 雁
二月盡鳥居のあたりあたたかし 田中裕明 櫻姫譚
亭人とまむしの咄二月尽 宮坂静生 樹下
光りつつ鳥影よぎる二月尽 小沢明美
冷凍庫に入れ置くものや二月尽 鈴木真砂女 夕螢
刺青のゑのぐ溶きけり二月尽 今岡直孝
千両の実のつかれ見し二月盡 池邊美保子
厨芥車滴り長し二月尽 沢木欣一 雪白
古傷を医師に問はれし二月尽 大室易子
啄木の花を下さい二月尽 鷲田 環
塵芥車滴り長し二月尽 沢木欣一
天空に未生の星や二月尽 福田葉子
嬰児の一髪なびき二月尽 和田悟朗
宿り木を風が梳きゆく二月尽 鈴木一子
寝話しの親子兄妹二月尽 瀧春一 菜園
山わかつ日裏日表二月尽 福田蓼汀 秋風挽歌
干しあはびあまさあはれさ二月尽 細見綾子 黄 瀬
往診の医師の白衣や二月尽 加藤澄子
忽忙やいのちさいなむ二月尽 溝口青於
怒濤には男のにほひ二月尽 鍵和田[ゆう]子 浮標
手を遣りし先に首筋二月盡 高澤良一 石鏡
托鉢も日向を選るや二月尽 角川春樹 夢殿
折鶴の紙にもどらぬ二月尽 友松照子
書庫の径菜畑の径二月尽 山口青邨
月ケ瀬の梅干しを喰み二月尽 細見綾子 黄 炎
木々の枝に雲かげひらく二月尽 柴田白葉女
木々の瘤空にきらめく二月尽 原裕 青垣
束の間のかげらふ立てば二月尽 森澄雄
東北(とうぼく)謡ひそびれて朱の二月盡 塚本邦雄 甘露
橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄 *シャコ
湿原は鶴の涯なる二月盡 古舘曹人 砂の音
瀬の岩へ踏んで銭鳴る二月尽 秋元不死男
瀬頭に息あはせをり二月尽 佐藤鬼房 潮海
灰十字額に受けて二月尽 笠原達山
犬の耳臭くなりたり二月尽 龍岡晋
生きものを見ぬ石庭の二月尽 福田蓼汀 秋風挽歌
男にもある更年期二月尽 森松 清
白菜を切りてぞ頒つ二月尽 林原耒井 蜩
白鷺は榛の宿水に二月盡 松村蒼石 露
真直なる幹に雨沁む二月尽 福永耕二
石の鹿灯袋を駈け二月尽 伊藤敬子
竹幹に定まるひかり二月尽 永方裕子
老友の睦むあはれや二月尽 福田蓼汀 秋風挽歌
肩の荷を下ろす捺印二月尽 小田ひろ
背なを斬ることばの刃二月尽 熊谷愛子
荒波をかすめ来し風二月尽 印南頼子
菜をひたす水のあかるさ二月尽 井上雪
鍬の柄に艶よみがへる二月尽 福永耕二
鏡中に余る小住ひ二月尽 松山足羽
雪原の靄に日が溶け二月盡 相馬遷子 雪嶺
雪除けて紅梅仰ぐ二月盡 横光利一
雲の中鳴く鳥ありて二月尽 米沢吾亦紅
霰餅炒る炎の強き二月尽 金久美智子
風邪の眼に雪嶺ゆらぐ二月尽 相馬遷子 山国
高階に雲かげひらく二月尽 柴田白葉女 花寂び 以後
鳶の乗る空気重たき二月尽 正木浩一

以上
by 575fudemakase | 2015-02-27 00:40 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

芝焼く

芝焼く

例句を挙げる。

あたらしき火を僧持ちて芝を焼く 萩原麦草 麦嵐
わが思ふところより芝焼きはじむ 山口波津女 良人
人の目にうつる自分や芝を焼く 田中裕明 先生から手紙
僧も出て焼かるゝ芝や二尊院 五十嵐播水 播水句集
境内の芝を焼く日や春の雪 比叡 野村泊月
夫とわれあそべる如し芝焼けば 石田あき子 見舞籠
庭芝を焼く少しづつたのしみに 池内たけし
放生の火と思ひつつ芝を焼く 筑紫磐井 未定稿Σ
枯芝を焼きたくて焼くてのひらほど 西東三鬼
海からの風ある芝を焼きにけり 鈴木真砂女 生簀籠
海見る芝に坐とるや焼菌 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
焼く芝に影躍り動く焔かな 楠目橙黄子 橙圃
焼けてゆく芝火時には琥珀色 星野立子
焼芝の月に遊べる鹿の子かな 青峰集 島田青峰
焼芝の針の如くに蓬かな 松藤夏山 夏山句集
焼芝や昨日の灰の掬はるゝ 飯田蛇笏 霊芝
独りかな百六十坪の芝焼きぬ 石川文子
立ち上がる力潜めり芝焼く火 柴田奈美
紅梅がさきに開きし芝を焼く 永井龍男
芝を焼く事に始まる起工かな 稲畑廣太郎
芝を焼く焔小さく走りけり 高橋淡路女 梶の葉
芝を焼く煙のあがる産着縫ふ 加倉井秋を 『胡桃』
芝を焼く美しき火の燐寸かな 中村汀女
芝焼いてもぐらの土の相隣る 高野素十
芝焼いて夫と遊べるごとくなり 石田あさ子
芝焼いて女の余生にぎやかに 古舘曹人 樹下石上
芝焼いて後刻といへる都合あり ながさく清江
芝焼いて文人気質なしとせず 石井とし夫
芝焼いて曇日紅き火に仕ふ 野澤節子 黄 瀬
芝焼いて転任洩れの駅長か 亀井糸游
芝焼いて転勤者の子ら故郷なし 近藤一鴻
芝焼きし夜は雨音に睡り落つ 石垣希余子
芝焼きて父を焼きたる火を想ふ 福永耕二
芝焼きのふたつの炎抱き合へる 石川文子
芝焼くやその日その日をいのちとし 鈴木真砂女 夕螢
芝焼くやどこかで地虫鳴く声す 河野南畦 湖の森
芝焼くや松ぼつくりの燃えはじむ 岸本尚毅 鶏頭
芝焼くや池泉の水を醒ましつつ 宇咲冬男
芝焼くや醜き虫の躍り出づ 高野素十
芝焼くるまゝやふらこゝ垂れてあり 青峰集 島田青峰
芝焼くる幽かなる火にしたがひぬ 五十崎古郷句集
芝焼く火つまづける時向き変り 中井余花朗
芝焼く火ひろがりて妻隔てけり 石田波郷
芝焼く火見つつ心の定まらず 高野素十
芝焼けば落葉も燃えつ日暮るるよ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
芝焼のふみ消されたるけむりかな 飯田蛇笏 山廬集
芝焼の真新しさに触れにけり 中里カヨ
芝焼を仕切る消防喇叭長 真山 尹
芹や摘まん芝を焼かん君来たり 松本たかし
道芝のくすぶつて居る焼野かな 碧梧桐
風なき日芝焼き尽すゴルフ場 平田想白
鬱々と芝焼く父を子等知るや 石川桂郎 含羞
黒々と日向の芝の焼けて行く 高浜虚子
なまなまと芝火のつのる障子かな 古舘曹人 樹下石上
ひとたびは吹き拡がりし芝火かな 高野 素十
実朝の歌碑の裾にて芝火止む 神蔵 器
小さき火のうつろひ早き芝火かな 大橋敦子 手 鞠
焼けてゆく芝火時には琥珀色 星野立子
芝火掃き拡げ掃き消し竹帚 村上杏史
芝火消ゆしづかに踵かへすとき 阿部みどり女
芝火燃え落葉ひつくりかへり燃え 上野泰 佐介
蕁に襲ひかゝれる芝火かな 石塚友二 光塵
走りゆく芝火の彼方枝垂梅 松本たかし
足もとに来る芝火を踏み越えぬ 松本たかし
足もとに芝火の迫る榻にあり 内藤吐天 鳴海抄
金色の寸に満たぬ火芝火もゆ 大橋敦子 手 鞠
青笹に移りて芝火きよらかに 石原舟月 山鵲
黒髪に芝火のにほひ伊豆の女中 鷹羽狩行 誕生

以上
by 575fudemakase | 2015-02-26 00:39 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

山焼く

山焼く

例句を挙げる。

あかあかと山焼のさま金屏に 武藤紀子
あそび女に今宵も山の焼くるなり 清原枴童 枴童句集
お山焼いたゞきの火となりにけり 森田峠
お山焼きしばし待つ間の焚火かな 森田敬之介
お山焼ただじめじめとしてゐたり 佐々木元嗣
お山焼はるばる煙くさきかな 岸本尚毅 舜
お山焼大仏殿もただならね 長谷川櫂 虚空
お山焼山の裏にも消防夫 奥野敏子
お山焼日のべとなりし春疾風 高岡智照尼
お山焼果てしばかりの闇匂ふ 稲畑汀子 春光
お山焼火の奢りいて咎まれず 磯野充伯
お山焼火は頂を皆目指す 磯野充伯
お山焼築地塀割る松が照り 藤田三郎
お山焼見し目に繊き月ありぬ 稲畑汀子 春光
お山焼見し窓闇に置き変ふる 稲畑汀子 春光
ごうごうと山焼く末の世を焼くか 野澤節子
たっぷりと日を浴み山焼き前の萱 高澤良一 ぱらりとせ
にこにこと「焼き甲斐のある山」といふ 櫂未知子 蒙古斑以後
ひとり寝る山を焼く火を見て戻り 鈴木六林男
みちのくの町暗くして山焼くる 遠藤梧逸
一の庄屋が火を鑽る習ひ山を焼く 四明句集 中川四明
一社二寺司る火やお山焼 大橋敦子 匂 玉
三笠山焼けつつ月の上りけり 小城古鐘
中天の月の昏さよお山焼 船木朴堂
人が焼く天の山火を奪ふもの 水原秋櫻子
人も火も風も走りて山を焼く 神宮きよい
人を忘れさする一瞬よ山焼くる火に 細見綾子
伊豆の山焼くるを見つゝ船に寝る 内藤吐天
出て見れば南の山を焼きにけり 正岡子規
初山のけふも人焼く遠けむり 西島麦南
北上の岸辺に立てば山焼くる 遠藤梧逸
双塔を嵌めて遠見のお山焼 石黒まさを
吾もはためきて山焼く台上に 上野さち子
夕づゝの焦げんとすなるお山焼 由井艶子
夕餉の座おしだまり山焼けてゐる 金尾梅の門 古志の歌
大佛殿山焼の雲を負ひにけり 服部鹿頭矢
天平の火色となりぬお山焼 原 好郎
天界に焦すものなきお山焼 高石敏子
太陽の坩堝真上に山を焼く 高澤良一 ぱらりとせ
奈良の闇焼きたる山の闇加ふ 野澤節子 『駿河蘭』
奈良山焼雨にひるみしまま終る 宮岡計次
奈良離る山焼の火の消えぬ間に 右城暮石 上下
如月 ひとつ皓歯山焼くことを始めるか 宇多喜代子
宵々の窓ほのあかし山焼く火 夏目漱石 明治二十九年
寧楽山を焼く天平の火となりて 長沼冨久子
山を焼き七堂伽藍焼く火かな 行方 克巳
山を焼くプロメテウスの火を放ち 日比野さき枝
山を焼く煙くすりと挙がりけり 高澤良一 ぱらりとせ
山を焼く音の漣火の漣 高澤良一 ぱらりとせ
山を焼く音の火も見え煙も来る 宮津昭彦
山少し焼くるに昼餉食ひ居たり 露月句集 石井露月
山焼いてきし眼にて吾を見る 出口 善子
山焼いて大和に真の闇の冷え 吉田靖子
山焼いて来し同窓生と酌める 中拓夫
山焼いて来し眼もて吾を見る 出口善子
山焼いて雨欲すれば雨のあり 喜谷六花
山焼かれなむ銃床に降る花粉 仁平勝 東京物語
山焼きし匂ひがぬつと奈良の町 高畑浩平
山焼きし夜は玄界のとどろけり 三谷 和子
山焼きし火の匂ひせり頭陀袋 瀧澤伊代次
山焼きてより一片の雲もなし 中戸川朝人 星辰
山焼きて下りくる顔のゆるびけり 白岩 三郎
山焼きて仏けぶらす大和かな 西川 織子
山焼きの付け火ちょんちょん小走りに 高澤良一 ぱらりとせ
山焼きの灰のわらわら頬を打つ 高澤良一 ぱらりとせ
山焼きの烟むらさきに捲きのぼる 石原八束 空の渚
山焼きの焔をさかおとす迅風かな(阿蘇にて三句) 石原八束 『空の渚』
山焼きの煤溜めて畝石まじり 中戸川朝人
山焼きの赤き火を見るこけしの目 加納染人
山焼きや無線合図に火を放つ 前橋春菜
山焼くとばかりに空のほの赤き 正岡子規
山焼くと裾の祠に禰宜まをす 大島牛後
山焼くやたむろ移りに鹿の影 内田 雅子
山焼くや今宵爛たる飼鷲の眼 久米正雄 返り花
山焼くや秩父山の子鼻たれ子 月笠
山焼くや窓でながめて庭へ出て 古白遺稿 藤野古白
山焼くる明りにまろき池塘かな 河野静雲 閻魔
山焼くる木の間明りに鹿と居る 土生静児
山焼く火うつりてはやき雲のあり 片岡 青苑
山焼く火かなしきまでに乙女の瞳 星野麦丘人
山焼く火すすみしあとに火のさざなみ 宮津昭彦
山焼く火夕ぐれ急ぐマントの子 角川源義
山焼く火将軍塚を囲みけり 宮下邦夫
山焼く火桑の真闇に衰へぬ 水原秋桜子
山焼く火檜原に来ればまのあたり 秋櫻子
山焼く火見れば母焼く煙とも 福田蓼汀
山焼けば狐のすなる飛火かな 河東碧梧桐
山焼けば鬼形の雲の天に在り 水原秋櫻子
山焼に始まる阿蘇の牧仕事 武藤和子
山焼に来よと賀状の隅にあり 柏 禎
山焼に煤けごころを払ひけり 高澤良一 ぱらりとせ
山焼に雑木林にたかぶりぬ 阿部みどり女
山焼のかの世を現じやまぬ火よ 井沢正江
山焼のしだいにかげる空の沖 石原八束 空の渚
山焼のすみたる月のまどかなる 岸風三楼 往来
山焼のなぐれ煙や塔の尖 内田百間
山焼のはじまる闇をよぎる鹿 津川たけを
山焼のはじまる鹿を呼びにけり 岸風三樓
山焼のはじめの焔注連囲ひ 渋谷 澪
山焼のはじめは雲を見てゐたり 小泉八重子
山焼のはや衰へしところかな 岸風三楼 往来
山焼の人出を前に土産店 久保五峰
山焼の夜叉の火影のはしるかな 大橋敦子 匂 玉
山焼の明りに下る夜舟哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
山焼の柱に映つる庵かな 青々
山焼の火が山形りにとゞこほる 右城暮石 上下
山焼の火が我が顔も照らし出す 右城暮石 上下
山焼の火の連れ来たる恋心 藤田弥生
山焼の火種に下ろす藁の束 千須和蟻昼
山焼の火種引きずり走りけり 梶尾黙魚
山焼の灰かぶり来し仔馬かな 内藤吐天
山焼の炎に叫び翔ちゆくもの 黒谷忠
山焼の炎の降る旅程身は一つ 原裕 葦牙
山焼の焔は嶺を匐へり日輪も 石原八束 空の渚
山焼の煙の上の根なし雲 高浜虚子
山焼の煙は雲と逢ひにけり 小澤實
山焼の煤溜めて畝石まじり 中戸川朝人 星辰
山焼の燧袋も古りにけり 石井露月
山焼の眼の玉ふたつ燃え残り 徳弘純 麦のほとり 以後
山焼の茶屋に書きたる手紙かな 長谷川零余子
山焼の闇を押しゆく炎かな 湯浅千加江
山焼の雄心たもつ幾日あり 沼尻巳津子
山焼の雨に終れば鯛蕪 角川春樹 夢殿
山焼の音谺せり大阿蘇に 高木あけみ
山焼の香に買ふ寧楽のみやげ墨 松島 利夫
山焼の麓に暗き伽藍かな 多田桜朶
山焼やかへり見すれば月すでに 岸風三楼 往来
山焼やほのかにたてる一ツ鹿 白雄
山焼や夜はうつくしきしなの川 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
山焼や旅に暮れける西の京 和田祥子
山焼や火の刈萱を撒き散らし 長谷川櫂 天球
山焼や火焔太鼓の響きせり 武井与始子
山焼や礫のごとく鳥翔り 林八重子
山焼や賽の河原へ火のびたり 誓子
峰の松に迫る火の瀬やお山焼 山田弘子 初期作品
島山を焼く二すぢの煙かな 五十嵐播水 播水句集
弥勒寺の棟の左の山焼くる 河野静雲 閻魔
応天門炎ゆると見たり山を焼く 有馬朗人 知命
戎壇院辺りは静かお山焼 橋本 道子
手をゆるくつなぎのぼれり山焼く火 高澤良一 ぱらりとせ
文藝は遠し山焼く火に育ち 寺山修司 花粉航海
旅は阿蘇山焼く頃とさそはるる 汀子
星空のひろがる明日の山焼かん 宮中千秋
昨日焼きし山の匂ひや橋の上 土橋朴人
月の面へ飛びつく火の粉お山焼 山田弘子 懐
東大寺方より火の手お山焼 岩崎三栄
松に倚り山焼見るや人も来ず 西山泊雲 泊雲句集
満月のうかと出でたるお山焼 今井妙子
火の変化風に従ふお山焼 稲畑汀子 春光
火を放つ前のやすらぎ山を焼く 岡田史乃
火を追うてのぼる高張お山焼 下村非文
焔(ほむら)焔(ほむら)を呑んで大きく山焼く火 高澤良一 ぱらりとせ
焼きそめし山ふところの火の宝珠 皆吉爽雨
焼山にどつと隣の山火煤 中戸川朝人 星辰
焼山に月の出かかる母郷かな 高澤良一 ねずみのこまくら
焼山の夕暮淋し知らぬ鳥 高浜虚子
焼山の段だら縞に日の新た 高澤良一 ぱらりとせ
焼山の灰のほろりと道よぎる 高澤良一 ぱらりとせ
焼山の焦げ目曼陀羅日表に 高澤良一 ぱらりとせ
焼山の闇濡らす雨駅を籠め 宮津昭彦
焼山は心腹の友さながらに 高澤良一 ぱらりとせ
焼山や嵩其まゝに歯朶の容 西山泊雲 泊雲句集
焼山を嗅ぐ父祖のごと獣のごと 大串章
焼山を襲ふごと過ぐ雲の影 青野爽
燃えしぶる山焼の火を叱咤して 塩川雄三
瘤爺の山焼く火をぞ放ちけり 野村喜舟
神の火に万葉の山焼けるかな 田原憲治
竃の火燃えてをり山焼けてをり 楠目橙黄子 橙圃
蝦夷に渡る蝦夷山も亦た焼くる夜に 河東碧梧桐
襟立てて遠くに奈良のお山焼 倉田 健一
賀茂郡河津の庄に山焼く火 石塚友二
足もとに鹿の来てゐしお山焼 岸風三樓
通り魔に遇ひし面持ち焼山は 高澤良一 ぱらりとせ
遠つ世の火色ひろげしお山焼 山田弘子 こぶし坂
闇よりも濃し山焼を了へし山 橋本美代子
雨ふるやうすうす焼くる山のなり 龍之介
雨空にほつかりと山焼くるなり 臼田亞浪 定本亜浪句集
青丹よし奈良は影絵のお山焼 貞吉直子
鴟尾光るうちは山焼始らず 吉村宵雨
鹿の目に地異天変のお山焼 三嶋隆英
あかあかと山火の裾の阿修羅像 中田剛 珠樹以後
おとろへしとき妻をだく山火かな 萩原麦草 麦嵐
かへりみる馬酔木がくれの山火かな 小山火麓
くるくると飛んで山火や水の上 岸本尚毅 選集「氷」
さかんなる山火に弟を呼ぶ子あり 石橋辰之助 山暦
ちろちろと舗道はしるよ山火の灰 軽部烏帽子 [しどみ]の花
ときめきてかの嶺も起てる山火かな 井沢正江 晩蝉
なまくらの山火道端焦がしをり 高澤良一 ぱらりとせ
ひとの世の在りしはむかし山火燃ゆ 野見山朱鳥
ふるさとに稀れにある日の山火かな 深川正一郎
わがゆめにありしがごとき山火とも 青畝
をのゝきて人にとまりぬ山火の灰 軽部烏帽子 [しどみ]の花
カルストの死色にかげる山火かな 石原八束 空の渚
一つ夜をたがひに燃ゆる山火かな 萩原麦草 麦嵐
一臂もて山火にひかるさるすべり 古舘曹人 砂の音
世の隅にいのち預けて山火の夜 村越化石 山國抄
人並に蛙もはやす山火哉 一茶
伊豆の夜はほつ~燃ゆる山火かな 萩原麦草 麦嵐
冬の山火伏の行者渉りけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
勢子のいま心ゆるしてゐる山火 稲畑汀子
千木屋根に月照り山火いまは消ゆ 木村蕪城 一位
南の山火の闇のありにけり 小菅佳子
夢深く山火の音を曳き寄せて 黒田杏子 花下草上
大阪の妓がひとり見る山火かな 角川春樹
山火あり大胆不敵なるごとし 加藤かけい
山火いま刻々寝釈迦焙らるる 豊長みのる
山火いま月のしたびを尾根に出づ 栗生純夫 科野路
山火今追慕の火色燃え立たす 稲畑汀子 春光
山火曇り我が居る檜原澄み徹る 林原耒井 蜩
山火果つ白きは蓬の灰ならむ 高澤良一 ぱらりとせ
山火果て万葉の闇深くなる 下里美恵子
山火炎ゆ乾坤の闇ゆるぎなく 竹下しづの女 [はやて]
山火炎ゆ嘗て幼の吾に炎えにし 竹下しづの女句文集 昭和十一年
山火点けて人馳けにけり闇の中 成瀬桜桃子 風色
山火燃ゆ乾坤の闇ゆるぎなく 竹下しづの女
山火爆ぜ爆ぜては山を呑む勢ひ 高澤良一 ぱらりとせ
山火眼に花火を口に受けましよう 八木三日女 赤い地図
山火見てゐたりし舟の流されて 岸本尚毅 選集「氷」
山火見てをれば寝ねよと母の声 今井つる女
山火見て二つのこころたたかはす 原裕 『新治』
山火見て立つ嫂を淋しとも 清原枴童 枴童句集
山火見ゆ母に正気の刹那あり 市川葉
山火見るために据ゑられ一つ巌 原裕 『新治』
山火見るや醜女からだを起しては 萩原麦草 麦嵐
川に垂る足のさみしき山火かな 中戸川朝人 星辰
幾山も山火を見つつ越えて来ぬ 下村梅子
悪食の鯉よく撓ひ山火かな 鳥居美智子
悲しみの色とはこれか山火見る 深川正一郎
散乱の机上を照らす山火かな 原裕 『王城句帖』
旅の夜を起きて山火のなほ見ゆる 臼田亜浪 旅人
日を歪め山火の灰がしんしんと 軽部烏帽子 [しどみ]の花
暗き夜や伊豆の山火を漁火と 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
歯朶裏の底燃えくぐり山火かな 西山泊雲 泊雲
母の頬にはるけく動く山火かな 汀女
気紛れな山火すすっと山の肩 高澤良一 ぱらりとせ
溶岩原に向かふ山火の急先鋒 高澤良一 ぱらりとせ
火の鳥が翔ちて山火の鎮まりぬ 手塚美佐 昔の香 以後
火の鳥となりて羽摶く山火かな 豊長みのる
焼山にどつと隣の山火煤 中戸川朝人 星辰
熊穴を出づ山火注意の旗なびき 坂尻惺
燃えさしに山火の火力そこそこや 高澤良一 ぱらりとせ
父もゐて焼くなる山火指す子あり 石橋辰之助 山暦
牛小屋は暮れつゝ山火いろめきぬ 五十崎古郷句集
白面の月のただよふ山火かな 白岩 三郎
真日を降る山火の灰ぞ眉をかすめ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
神へ焔の山火大胆不敵なり 豊長みのる
窓とほく更けし山火にちさくねる 辰之助
紅葉山火元のごとく燃ゆるところ 松村蒼石 雪
網代守る夜々の山火の江に映る 臼田亜浪
逆らへる山火は二人して叩く 岩岡中正
遠き世の山火ぞ映ゆる埴輪の眼 蓼汀
野に野火が山に山火が走るかな 下村梅子
野火山火いちにち狂ふ神の国 豊長みのる
野火山火柩に古きものはなし 神尾久美子 桐の木
阿蘇五岳覚ます山火のあがりけり 増田 富子
阿蘇谷へ逆落しくる山火かな 江口竹亭
頂の山火かくさず鹿の杜 古舘曹人 砂の音
馬籠とは方違ひなる山火かな 森田峠 避暑散歩

以上
by 575fudemakase | 2015-02-26 00:37 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

野焼く

野焼く

例句を挙げる。

あかあかと野を焼くダヴイデひそむ野を 有馬朗人 天為
あたゝかや野焼過ぎなる雨となり 小杉余子 余子句選
あつまれば昔のやうに野焼かな 田中裕明 先生から手紙
いづちの野焼かる次ぎ次ぎ影鴉 村越化石
かがやきて野焼のあとの蜘蛛の糸 中戸川朝人
かぎりなき野の一ところ焼いてをり 楠目橙黄子 橙圃
かの松のもとに野焼の人数かな 高濱年尾 年尾句集
しののめに小雨降り出す野焼きかな 蕪村
すず懸の空のけむれる野焼かな 藤田あけ烏 赤松
な焼きそと詠まれたる野を焼きにけり 加藤三七子
ひと焼きし顔に野焼きの火が動く 角川春樹
ひばりひばり明日は焼かるる野と思へ 櫂未知子 蒙古斑以後
ふるさとに寄らで過ぎけり野を焼ける 福田蓼汀 山火
まひる野へ安住感を焼きに行く 穴井太 土語
みちのくに雄心亢る野焼かな 齋藤玄 飛雪
ペン置くや暮れて野焼の火の残る 石川桂郎 四温
一國をつくる思ひに野焼くかな 松瀬青々
久米の子ら更衣の野を焼ける見ゆ 後藤夜半 翠黛
人ときて野焼のあとの石熱し 寺田京子
人声のあたゝかく野を焼きにけり 大石悦子
何を焼く青一色の野にけむり 右城暮石 声と声
前世にてながめし野焼かもしれぬ 岸田雨童
半鐘を打つて野焼の始まれり 太田土男
厄除けの礼焼いてゐる枯野かな 角川春樹 夢殿
古き世の火の色動く野焼かな 飯田蛇笏
古き世の火色ぞ動く野焼かな 飯田蛇笏
古を里人知らず野を焼ける 福田蓼汀 山火
唾つけて鏝ためす窓野を焼けり 宮武寒々 朱卓
喝采の音たててくる野焼かな 永田英子
国盗りのさまにひろがり野焼きの炎 三島敏恵
夕つづに阿蘇の外山の野焼かな 楠目橙黄子 橙圃
大火聚の金色しばし野焼かな 松瀬青々
奥宇陀の神々語る野焼かな 大峯あきら 宇宙塵
子らゐたり野焼く煙があがりたり 徳永山冬子
子供等は野を焼く卿等何を焼く 山口青邨
安土より火の手のあがる野焼かな 後藤兼志
完璧に富士見ゆる日の野焼かな 藤沢樹村
師への道野焼の跡のなまなまし 石田波郷
御僧のさらばと別る野焼かな 田中裕明 櫻姫譚
携帯の電話片手に野焼かな 神郡 貢
摂津野の空のにごりに麦を焼く 鈴鹿野風呂 浜木綿
景勝を一皮剥げり野焼して 百合山羽公
曇天へ煙直ぐなる野焼かな 楠目橙黄子 橙圃
朝野焼くけむり端山をへだてけり 五十崎古郷句集
松明を舟より投げし野焼かな 岸本尚毅 選集「氷」
水車場を風上に野を焼きにけり 野村喜舟 小石川
水辺にくすぶり止めぬ野焼の火 右城暮石 上下
水辺草ほのぼのもゆる野焼かな 飯田蛇笏 山廬集
激しければ透明となる野焼の火 向山文子
焔迫れば草薙ぐ鎌よ野焼守 杉田久女
焼きて来し野をかへりみる暮の靄 細見綾子 花寂び
燃えやすく消えやすく野焼昼ごゝろ 右城暮石 声と声
男ゐて沈みゆく日に野を焼けり 茂里正治
白木綿のむかしながらに野を焼ける 西村公鳳
盃洗に浮くを野焼の穢と思ひ 波多野爽波 『一筆』以後
目覚めたる鬼の加はる野焼かな 小泉八重子
稚魚放つや野焼堤を駈け出しぬ 石川文子
突然に上りて野焼きけむりなる 石井とし夫
立春の野を焼かばやと頬かむり 下村梅子
紺絣野を焼きし香の沁みゐなり 戸川稲村
聲高に野焼がへりの勢子らしき 石川星水女
花あしび野焼きの煤のかかりたる 伊東 奈美
茫々と野焼を待てり鵜殿葭 能村登四郎 菊塵
草の骨野焼のあとに焦げながら 上村占魚 鮎
荒れ野焼くあなたが先に火を付けた 櫂未知子 貴族
菜種がら焼や野風のほととぎす 内藤丈草
落日や焼きつくされし野をもどる 金尾梅の門 古志の歌
遠目には浮足立つて野焼人 大石悦子 聞香
里人の野焼いて野梅枯らしけり 仲岡楽南
野とともに焼る地蔵のしきみかな 蕪村
野にさきがけ療園の枯芝生焼く 右城暮石 上下
野は北へ牛ほどの藁焼き焦がし 成田千空 地霊
野は焼きて地の胸ひろく成にけり 松瀬青々
野は焼きて雲に雪もつ月夜哉 松岡青蘿
野を焼いてさんたんたるもの走るかな 岸本マチ子
野を焼いて今日新たなる雨降れり 白泉
野を焼いて夕月のあるゆかりかな 岡井省二
野を焼いて大空の端汚したる 石倉啓補
野を焼いて太陽一つ殖えしごと 後藤立夫
野を焼いて帰れば燈下母やさし 高浜虚子
野を焼いて戦闘帽の似合ふかな 藤田あけ烏 赤松
野を焼いて斑鳩の塔遠くしぬ 山田弘子 こぶし坂
野を焼いて来てごくごくと水飲める 石井とし夫
野を焼いて残れる雪に及びけり 温亭句集 篠原温亭
野を焼いて渤海の波近うせり 伊藤いと子
野を焼いて灰になるまで男かな 篠崎青童
野を焼いて班鳩の塔遠くしぬ 山田弘子
野を焼いて神話の端を焦しおり 石井直子
野を焼いて赤土をまた掘りおこす 日原傳
野を焼いて鴫は戻らずなつたやう 高橋睦郎 舊句帖
野を焼きし匂ひかそけき能褒野かな 鍵和田[のり]子
野を焼きし夜のぬめぬめと妻の髪 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
野を焼きし野良着の匂ひ妻と脱ぐ 中島双風
野を焼きてふんだんに振る唐辛子 岩淵喜代子 硝子の仲間
野を焼きて離れ離れの家にあり 中村汀女
野を焼くに火を付けさせて貰ひけり 松瀬青々
野を焼くやいかなる火にもまされとて 細谷源二 砂金帯
野を焼くやしづかに空をうつす水 田中裕明 先生から手紙
野を焼くやぽつんぽつんと雨到る 村上鬼城
野を焼くや棚曇して二三日 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
野を焼くや機の手許に花模様 古舘曹人 砂の音
野を焼くや焔の中にある太古 野村喜舟 小石川
野を焼くや道標焦る官有地 夏目漱石 明治二十九年
野を焼くや魔法使ひの杖をもて 西村和子 夏帽子
野を焼く火いつか芥火となりし門 久米正雄 返り花
野を焼く火水と出合ひて猛りけり 藤田あけ烏 赤松
野を焼く火身近に墓は暮れつつあり 村沢夏風
野を焼けと阿蘇の火振の神祭 後藤比奈夫 花びら柚子
野を焼けばすこし香だてる夕の雲 柴田白葉女 花寂び 以後
野を焼けば焔一枚立ちすすむ 山口青邨
野を焼けば焼けるなり間の抜けるほど 夏目漱石 明治二十九年
野を焼けば貴人偶々過にけり 露月句集 石井露月
野を焼や小町が髑髏不言 高井几董
野兎ねらう焼け木の鷹に雪解かな 飯田蛇笏 霊芝
野焼あとの霜濡れけむる草千里 石原八束 空の渚
野焼あとはだれにさびし草千里 石原八束 空の渚
野焼きの火鉄路ぎはにてつながれる 木村里風子
野焼く日這ひ亀拾ふ童かな 乙字俳句集 大須賀乙字
野焼く火の手に燃え上り易きかな 右城暮石 声と声
野焼く煙太陽もまた一火焔 田中灯京
野焼してわが放蕩の紐の数 吉田透思朗
野焼のごとく死者の煙のごとからず 斎藤玄 雁道
野焼の火夕日の色に燃えさかる 阿部みどり女
野焼の火手に燃えあがりやすきかな 右城暮石
野焼の火炎生みては風を呼ぶ 西村和江
野焼の炎日の寒ければ走らずに 角川照子
野焼の焔むら嶺に澄みて快速車 石原八束 空の渚
野焼後の遠嶺は肩を寄せ合へり 館岡沙緻
野牛蒡の実の火玉飛ぶ野焼かな 菅原師竹句集
野社の際まで草を焼きにけり 松田枯蝉
金時山の形おぼえぬ野を焼く夜 長谷川かな女 花 季
阿蘇野焼太き火種にはじまりし 藤崎久を
阿蘇野焼焔は白日の空に舞ひ 石原八束 空の渚
面白くもなき場所残す野焼かな 櫂未知子 蒙古斑
風中の卑弥呼の国は野を焼けり 松本旭
飛火野は今も野守のをりて焼く 後藤夜半
馬に火を見する行事の野焼かな 菅原師竹句集
夕野火のうさぎの耳のやうな炎よ 高澤良一 ぱらりとせ

以上
by 575fudemakase | 2015-02-25 00:35 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

茂吉忌

茂吉忌

例句を挙げる。

えむぼたん一つ怠けて茂吉の忌 平畑静塔
かたくなに残る鴨あり茂吉の忌 長谷川史郊
しろがねにねむる蔵王や茂吉の忌 井沢馬砂人
ひたすらに積る雪なり茂吉の忌 相馬遷子 山河
みちのくの友茂吉忌を了へて来る 森田峠 避暑散歩
みどり増す星や茂吉忌の前後 高橋道人
一椀の雪あかりして茂吉の忌 大木あまり 火球
古利根の逆白波や茂吉の忌 森田公司
国訛まねて母恋ふ茂吉の忌 新倉和子
山の雨靴下に浸む茂吉の忌 林 徹
山鳩の一声の鞭茂吉の忌 国光勢津子
支那街に皮卵買へり茂吉の忌 下村ひろし 西陲集
春雪を夕日に擲げて茂吉の忌 火村卓造
櫟の葉手に砕きゐつ茂吉の忌 橋本鶏二
深空より茂吉忌二月二十五日 飯田龍太
潤ひてまた乾く頭や茂吉の忌 藤田湘子 てんてん
濡れ靴に新聞を詰め茂吉の忌 皆川盤水
火にあそぶ火の粉茂吉の忌も日暮 藤田湘子
燈を消して白き山あり茂吉の忌 平畑静塔
癇癪を起して茂吉忌なりけり 藤田湘子 てんてん
目つむれば最上の波や茂吉の忌 森田峠 三角屋根
脳傷むまで酷使せし茂吉の忌 相馬遷子 山河
茂吉の忌茂吉狂ひも減りしかな 藤田湘子(1926-)
茂吉忌に雪沓履いて集ひけり 宇都木水晶花
茂吉忌のオランダ坂に蝶生る 下村ひろし 西陲集
茂吉忌の一荷ぎつしり金目鯛 神尾久美子
茂吉忌の万年筆の太さかな 大牧 広
茂吉忌の光背を持つ春田打ち 鳥居おさむ
茂吉忌の夜半の疾風雨呼べり 火村卓造
茂吉忌の山を離れし川のおと 鈴木榧夫
茂吉忌の川波立ちてゐたりけり 小黒黎子
茂吉忌の暮れてとどちく遠雪崩 鷲谷七菜子 花寂び
茂吉忌の枕の寒くありにけり 増成栗人
茂吉忌の枯れて平らな畦伸びる 中拓夫
茂吉忌の目刺より抜き藁熱し 鷹羽狩行
茂吉忌の豆餅狐色に焼け 富田直治
茂吉忌の逆白波の河口かな 佐藤信三
茂吉忌の鉄橋に立ち生きてあり 平井照敏
茂吉忌の雑木林に雲ひとつ 衣川次郎
茂吉忌の雪代あふれゐたりけり 石鍋みさ代
茂吉忌の雲裏山の冷えを呼ぶ 田中光枝
茂吉忌の馬酔木初花うすみどり 石田あき子 見舞籠
茂吉忌や光りて遠き池と梅 林翔 和紙
茂吉忌や春子のひだのひんやりと 大木あまり 火球
茂吉忌や歌を志向の日もありし 山田弘子 螢川
茂吉忌や灯を消し近む山とあり 加畑吉男
茂吉忌や蝦夷に老いゆく吾思ふ 阿部慧月
茂吉忌や長崎を去る雪の歌 原田星村
茂吉忌や雪の轍を水流れ 中拓夫 愛鷹
茂吉忌や雪間を拡げ最上川 児玉代三
茂吉忌を言ふ医に胸を診せゐたり 中戸川朝人 星辰
茂吉選にわが一首あり茂吉の忌 池上浩山人
草川を染めて日の没る茂吉の忌 丸山哲郎
詩に寄す心の甘え茂吉の忌 中村喜美子
通されて書架に目のゆく茂吉の忌 西宮陽子
雪を呑み日を呑む海や茂吉の忌 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
雪握り雪を泣かしむ茂吉の忌 八牧美喜子
音立てて日輪燃ゆる茂吉の忌 相馬遷子 雪嶺
屹立の裸の山や赤光忌 林 徹

以上
by 575fudemakase | 2015-02-25 00:22 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

麦踏

麦踏

例句を挙げる。

あたゝかき正月なれば麦踏まん 北里 信子
あちこちに噴く温泉煙や麦を踏む 小原菁々子
ある時はものおもふまじと麦を踏む 及川貞 榧の實
うしろ手におのれなぐさめ麦を踏む 山上樹実雄
うつむきて基地といふ地の麦踏めり 椎橋清翠
うまや路や麦の黒穂の踏まれたる 定本芝不器男句集
きさらぎの麦踏みのぼる向ひ風 中拓夫 愛鷹
しば~のなゐのあとなる麦踏めり 銀漢 吉岡禅寺洞
すべもなき心まぎらせ麦踏みに 小原菁々子
そそくさと麦踏み石を斫りにゆく 西本一都 景色
たびびとのごとく出て来て麦を踏む 行方克巳
つひの葉も吹きちる朝の麦踏める 金尾梅の門 古志の歌
ともに踏みて光る麦の芽好敵手 伊藤京子
わだかまりあるかに麦を踏む二人 片山由美子 水精
ジャズ近き麦踏いよよ独りの貌 加藤知世子 花寂び
ユダの不信吾にもありや麦を踏む 後藤一朗
三日はや麦踏む人のあるはあり 長谷川素逝 村
二あし三あし麦を踏みたる初詣 廣江八重櫻
光る山傘さして少年麦を踏む 田川飛旅子
凧を子にゆだねて麦を踏みはじむ 佐野美智
出ばやな籬の野べの麦踏に 加舎白雄
切支丹の裔なり痩せし麦踏めり 成瀬桜桃子 風色
北風に言葉うばはれ麦踏めり 楸邨
古り果てゝ夫婦ともなし麦を踏む 五十嵐播水 播水句集
向き合へば蟹の麦踏話し合ふ 樋口伊佐美
喪にこもるいとまの麦を踏みにけり 植村通草
囚人らの遠くより麦踏を見る 松村蒼石 雁
夕さむし麦踏に声かけてより 馬場移公子
夕ざれや麦踏む音の山畑 中島月笠 月笠句集
夕焼の奈落が見たし麦踏めり 中拓夫
姥捨の麦踏むうしろすがたかな 小原啄葉
子は母の影に入りては麦を踏む 馬場移公子
宅地並課税の畑に麦を踏む 瀬上 實
小さき闇ふところに父麦踏めり 大西健司
少しづつ鴉に麦を踏みちかづく 大熊輝一 土の香
岳雪のあざやかなるに麦を踏む 冬葉第一句集 吉田冬葉
島人の海に向ひて麦を踏む 合原 泉
幼な顔ときどきに上げ麦踏めり 後藤夜半(1895-1976)
後ろ手の麦踏の黙引返す 笠原古畦
御嶽の見ゆる高さの麦を踏む 服部鹿頭矢
手負鳩森につくまで麦踏まず 大熊輝一 土の香
折り返すとき背をのばし麦を踏む 上木輝子
昼月に刻をあづけて麦踏めり 宮津昭彦
来世がありて麦踏む岬の果 佐野美智
梅が香や関りもなく麦は踏み 野村喜舟 小石川
歩み来し人麦踏をはじめけり 高野素十(1893-1976)
殉教の島に老いゆく麦を踏む 酒井泡一
海荒れて麦を踏みゐる伊良湖かな 岡田耿陽
海見ては麦踏の黙まぎらはす 平野 伸子
瀬戸の島の山の背の畑麦踏める 及川貞 榧の實
灯台の日蔭の麦を踏みにけり 篠原鳳作
牟婁の児ら汽車見送りつ麦を踏む 宮武寒々 朱卓
石を切る山の光りて麦を踏む 安藤 節
神官の足袋はかぬ日は麦を踏む 後藤智子
空港になるかならぬか麦を踏む 松山足羽
老いの足小刻み麦と光踏み 西東三鬼
考へてをりしは蹠麦を踏む 後藤比奈夫 祇園守
落磐の怖れを秘めし麦を踏む 西本一都 景色
藪風を聞いてはかへし麦踏めり 銀漢 吉岡禅寺洞
蜑が妻二日の凪に麦踏めり 水原秋桜子
衰へは足より来ると麦踏みに 山本紅園
裏に清流この家の人等麦踏みへ 金子兜太
親にそむこう心麦踏みてやわらげり 大越吾亦紅
警報機のみの踏切麦の秋 長田久子
貝塚のまはりの麦を踏みてをり 飴山實 少長集
踏みし麦醜草のごと立ちなほる 加藤武城
踏む麦にこもれる滝のひびきかな 西本一都 景色
車窓に見る麦踏のうごき一足を 宮津昭彦
道問へば麦踏む二人こも~に 皆吉爽雨
鎮まりし火の山負ひて麦を踏む 白澤良子
長風呂で目眩の童児麦を踏む 猪原丸申
際立つて雪帯のかゞやけば麦を踏む 乙字俳句集 大須賀乙字
霜踏んでひびくこみちの麦の伸び 原田種茅 径
風の日の麦踏遂にをらずなりぬ 高浜虚子
麦の芽をもう踏みたくてたまらない 櫂未知子 貴族
麦ひと日踏みて遠方力満つ 長谷川双魚 風形
麦を踏むけはしき眼何を憎む 加藤楸邨
麦を踏む住宅街の残り畑 土屋孝子
麦を踏む体重は地へぬけてゆく 津田清子 礼 拝
麦を踏む友に暮光の丘があり 大井雅人 龍岡村
麦を踏む姿に母を憶ひけり 稲葉清次
麦を踏む子の悲しみを父は知らず 加藤秋邨 寒雷
麦を踏む比良八荒へ身を晒し 清水志郎
麦を踏む父子嘆(なげき)を異にせり 加藤秋邨 寒雷
麦を踏む犬の杉作したがへて 木田千女
麦を踏む脳裏に錆びた家紋と鋤 大井雅人 龍岡村
麦を踏む腿や軍袴の羅紗厚し 榎本冬一郎 眼光
麦を踏む體重は地へぬけてゆく 津田清子
麦刈や踏めば砕くる土煙 西山泊雲 泊雲句集
麦踏て三々五々の野梅かな 椎本才麿
麦踏にあらで玉葱の芽を踏める 西本一都 景色
麦踏にさつと移りし暮色かな 吉武月二郎句集
麦踏に足の湯とるや三日の月 西山泊雲 泊雲句集
麦踏のいつしかゐなくなりて月 加藤楸邨
麦踏のうしろ手凍え入日かな 中島月笠 月笠句集
麦踏のこちら向いてもただひとり 後藤夜半 翠黛
麦踏のたつた一人にみな雪嶺 加藤楸邨
麦踏のでてゐる畑の曇り来し 相馬 黄枝
麦踏のはなればなれの湖北かな 鷹羽狩行
麦踏のふと棒立ちのもの思ひ 橋詰沙尋
麦踏のゆきき野佛のふところを 田中菅子
麦踏のリズムに飽きて鴉啼く 影島智子
麦踏の一つの姿手を腰に 高濱年尾 年尾句集
麦踏の出てゐる島の畑かな 高野素十
麦踏の去りたるあとのどつと暮れ 馬場新樹路
麦踏の壮者彼や野路の景 石塚友二 方寸虚実
麦踏の夕影連れて去りゆけり 徳永山冬子
麦踏の影いつしかや廻りけり 村上鬼城
麦踏の影たゆみなく午過ぎぬ 西島麦南 人音
麦踏の影のび来ては崖に落ち 村松紅花
麦踏の忙しき影をともなへる 高橋淡路女 淡路女百句
麦踏の手をどうするか見てゐたる 茨木和生 倭
麦踏の曳く影の截り別れつつ 原田種茅 径
麦踏の最後の夕日をふみゆけり 間立素秋
麦踏の母の居そめて父も又 阿波野青畝
麦踏の海向くときは姑憎む 田川飛旅子
麦踏の男が見えて女の声 野澤節子 黄 炎
麦踏の返すそびらに神の山 荒井正隆
麦踏の遠き背後をわが通る 鈴木六林男 谷間の旗
麦踏の遠目のうちに未だあり 中村汀女
麦踏の頭巾の外の風強き 原田種茅 径
麦踏はいつも遠くの方にゐる 加倉井秋を 『胡桃』
麦踏はたゝら~と踏まざりけり 尾崎迷堂 孤輪
麦踏みしあとしめりゐる夕かな 佐野青陽人 天の川
麦踏みしばかりの乱れありにけり 目野六丘子
麦踏みて綾なす畑となりにけり 山本 孟辰
麦踏みて足裏やさしくなりにけり 沢田まさみ
麦踏みに出てゆき人ともどり来し 長谷川素逝 村
麦踏みのうしろ手解かぬ立話 荒井幸子
麦踏みのひとり手を挙ぐ詩友なり 能村登四郎
麦踏みのまたはるかなるものめざす 鷹羽狩行(1930-)
麦踏みの大足がゆき遍路みち 原裕 『出雲』
麦踏みの富士のぼりきる長さとも 大木あまり 山の夢
麦踏みの影のび来ては崖に落ち 村松紅花
麦踏みの後ろ手解けば了るなり 田川飛旅子
麦踏みの父はいちにちふりむかず 岬雪夫
麦踏みの眼のかがやくは汽車来るため 鈴木六林男
麦踏みの胸の厚さを見たりけり 柴田白葉女 花寂び 以後
麦踏みの踏みとまりたる昼の月 本田あふひ
麦踏みは夕陽の宙をゆくごとし 飯野燦雨
麦踏むと天皇制が立ち上がり 久保純夫 熊野集
麦踏むや伸び来し影の十字架負ひ 小西 藤満
麦踏むや同齢妻と歩も揃ひ 大熊輝一 土の香
麦踏むや夕星一つ見ゆるまで 阿部みどり女
麦踏むや旧正月の近き村 大谷句佛 我は我
麦踏むや母の足裏踏む如し 堤あきを
麦踏むや海は日を呑み終りたる 森田峠 避暑散歩
麦踏むや笑ふ別れに挟まれて 香西照雄 対話
麦踏も終へぬ夜明の通り雨 中拓夫 愛鷹
麦踏やひむがしにある月太く 五十崎古郷句集
麦踏やみんな独りになつてゆく 田川飛旅子
麦踏やむき振替へて向ひ風 西山泊雲 泊雲句集
麦踏や寒さに堪へて小刻みに 西山泊雲 泊雲句集
麦踏や小刻み小出しの愛に似て 香西照雄 対話
麦踏や山皺ごとに靄こめて 高田蝶衣
麦踏や角を正しく屋敷林 辻桃子
麦踏や顔傾けて風に堪ゆ 西山泊雲 泊雲句集
麦踏をして蕩々とゆきにけり 古舘曹人 樹下石上
麦踏をひとり見しのみ十円区 秋元不死男
麦踏を今朝雪嶺となり囲む 佐野美智
麦踏を噴湯のけむりへだつなり 幕内 千恵
麦踏を見つめておれりそれで足る 高澤晶子 復活
麦踏んでゐるうちに気も晴れ~す 星野立子
麦踏んで今なほ土に親しめり 高杉千代子
麦踏んで帰る焼野のかまいたち 中拓夫 愛鷹
麦踏んで麦の青さに吹かれをり 加古宗也

以上
by 575fudemakase | 2015-02-24 00:20 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング