<   2015年 03月 ( 193 )   > この月の画像一覧

帰雁

帰雁

例句を挙げる。

あがり膳は勝手に帰る雁なりけり 立允 選集「板東太郎」
いちにちに一便の船雁帰る 石原義輝
うしろにも少し歩いて帰雁の日 大西静城
うちあおぐ帰雁に何か借りがある 森黄波子
けふもなほ田家の客や雁帰る 百合山羽公 故園
こいさんゆけどゆけど頭上に帰る雁 八木三日女
しばらくは橋立に沿ふ帰雁かな 南 うみを
はだら雪伊吹の襞を雁帰る 久米正雄 返り花
はるばると来しごと坂に帰雁聞く 稲垣法城子
まさをなる夜空を負ひし帰雁かな 藤井青咲
みちのくの帰雁に夜風悲しとも 高木晴子 晴居
みちのくはわがふるさとよ帰る雁 山口青邨
乗合と賭はすまじよ帰雁啼く 久米正雄 返り花
五百崎や御舟をがんで帰る雁 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
仰ぎみし帰雁のつばさゆるやかに 高濱年尾 年尾句集
仰臥さびし天はおほかた帰雁など 斎藤空華 空華句集
伊豆沼を平らに残し雁帰る 伊藤雅樹
傘の中帰雁ゆたかに日本海 古舘曹人 能登の蛙
僧の死や草木色添へ鳴く帰雁 月舟俳句集 原月舟
光りしは雁の童子か雁帰る 山田みづえ 手甲
入相の鐘に消えゆく帰雁かな 小坂 灯村
凍雪踏みもしまひとなりし帰雁かな 金尾梅の門 古志の歌
別に動く事務の筆舌雁帰る 北野民夫
剣山に水盛り上がる帰雁かな 佐々木六戈 百韻反故 初學
千両箱を見て出し街を雁帰る 長谷川かな女 花寂び
吾の上父母の上雁帰る 村中[トウ]子
壁ちかくねまりて聞けり帰る雁 『定本石橋秀野句文集』
声立てぬ赤子の欠伸雁帰る 秋元不死男
夕帰雁蔵に安南渡海絵馬 伊藤いと子
夜毎敷く霰こまかに雁帰る 金尾梅の門 古志の歌
大学生おほかた貧し雁帰る 草田男
大山の全き日なり雁帰る 田村木国
大峰に雨来し宵の帰雁かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
大風の凪ぎし夜鳴くは帰雁かな 碧梧桐
家居がちに帰雁の頃となりゐたり 村越化石
屋根石の苔土掃くや帰る雁 室生犀星 魚眠洞發句集
山寺や障子の外を帰る雁 高浜虚子
岬の畑打ちて日々見る帰雁かな 尾崎迷堂 孤輪
岬黒み来し風前の帰雁かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
師のこゑも帰雁の声も沓けしや 吉田笑
帰る雁きかぬ夜がちに成にけり 炭 太祇 太祇句選後篇
帰る雁きこゆる夜の机かな 大峯あきら
帰る雁七艘ならぶ船の上 正岡子規
帰る雁人は家まで歩くなり 鈴木八駛郎
帰る雁幽かなるかな小手かざす 高浜虚子
帰る雁後陣はいまだ泥まぶれ 水田正秀
帰る雁江東版の記者とあり 正雄
帰る雁沖白う夜は風寒し 古白遺稿 藤野古白
帰る雁湯屋あくころの路地の空 矢島房利
帰る雁物思ふ夜の燭暗し 田村西男
帰る雁田ごとの月の曇る夜に 蕪村
帰る雁田は皆水を張り切りぬ 癖三酔句集 岡本癖三酔
帰る雁空の青さを遠くして 村沢夏風
帰る雁見し夜の壺に花満たす 菖蒲あや あ や
帰る雁見ゆるあをあを空流れ 木附沢麦青
帰る雁雲にも深き峡のあり 岡田貞峰
帰雁いま舳倉へ棹の延びてゆく 辻口静夫
帰雁とどまらず愛惜の刻もまた 佐藤 国夫
帰雁のあとの空へふわふわ子供の声 磯貝碧蹄館 握手
帰雁の窓煙草を吸へば智恵も出む 北野民夫
帰雁東風農夫ら土を篩ひをり 佐藤 国夫
帰雁見えなくなりまた青空また山並 安斎櫻[カイ]子
帰雁見る屈葬に似てひざをだき 有馬朗人 知命
帰雁鳴き尽きず曠野の尽きざりし 依田明倫
幾列か帰る雁見て日の暮るる 江中真弓
往診に病む身を駈るや雁帰る 相馬遷子 山国
思ふさま寝てはこして帰雁 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
患ひし者なきさまぞ帰る雁 高田蝶衣
惜別の一声こぼし雁帰る 桑原光代
愁ひ人頭をあげよ帰る雁 比叡 野村泊月
持ち寄りて一升足らず帰る雁 永井龍男
撓みくる帰雁の下の無明かな 齋藤玄 飛雪
旅人に並木はづるゝ帰雁かな 尾崎迷堂 孤輪
旅人の仰いでをりし雁帰る 中澤 なみ子
日々に病人づくや雁帰る 久保田万太郎 流寓抄以後
日と海の懐に入り雁帰る 阿部みどり女
暮れもせず猪木も帰る雁帰る 坪内稔典
書肆いでゝ雁帰る日の雨にあふ 長谷川双魚 風形
木簡に残る税の字雁帰る 佐藤サチ
本郷は横丁ばかり雁帰る 上田日差子
樽前山は月の高座雁帰る 古舘曹人 砂の音
死にせれば雨夜帰雁の声の数 千代田葛彦 旅人木
死ぬために天上帰る雁ならめ 三谷昭 獣身
残肴に青き菜のあり帰雁啼く 久米正雄 返り花
沼に浮く日のまどかさを雁帰る 金尾梅の門 古志の歌
泥くさき男女に帰雁水くさし 橋石 和栲
海道に渡海の津々や雁帰る 尾崎迷堂 孤輪
混沌の国から国へ雁帰る 浜名礼次郎
湧きに湧く帰雁の空の暗みたる 依田明倫
灯台に上ればはるかなる帰雁 清崎敏郎
烈風の沼の濁りや帰る雁 新井英子
燈台の闇や帰雁の南より 蘇山人俳句集 羅蘇山人
燐寸しめり帰雁の閑に一藁屋 古舘曹人 能登の蛙
燭の火をーつずつ消し帰雁を消す 中島斌雄
父はみな「工人ヨゼフ」帰雁ひそか 中村草田男
田圃中路の乾きて帰る雁 廣江八重櫻
町なかの夜の池ひかる帰雁かな 米沢吾亦紅 童顔
町の夜の帰雁の声を惜みける 下村槐太 光背
病室は真四角で帰る雁きこゆ 佐野良太
痛ければ胸抱き帰る雁に逢ふ 岸風三樓
痛み症に母雨といふ帰る雁 富田木歩
癌が先しんがりにわれ雁帰る 牧石剛明
白き山北を塞げり雁帰る 松村蒼石 春霰
眉上げて帰雁のこゑに打たれけり 野々村紫
眼うらの山河は濡れて帰る雁 江中真弓
眼の中も春深くして帰る雁 沼尻巳津子
眼をとぢてまぶたつめたし帰る雁 黒木 野雨
石狩の夜は沼明り雁帰る 新田充穂
砂風の橋を落ち行く帰雁哉 内田百間
空に水尾引くかに月の帰雁かな 倉田晴生
糞船の上騒がしき帰雁かな 西山泊雲 泊雲句集
紀のはての白濤ばかり雁帰る 米沢吾亦紅 童顔
納屋二階住みかたむきて帰雁哉 冬葉第一句集 吉田冬葉
線香の煙野に立つ帰雁かな 大村てつお
織り習ひも爪根染む頃帰る雁 安斎櫻[カイ]子
美しき帰雁の空もつかの間に 星野立子
聲幾重帰雁に夜空ありにけり 依田明倫
船室の枕ちひさし雁帰る 奥坂まや
花よりも団子やありて帰る雁 貞徳
苗代を先づあてにして帰る雁 ぶん村 二 月 月別句集「韻塞」
落ちかかる月をめぐりて帰る雁 飯田蛇笏 雪峡
落日のあとの湖照る帰雁かな 石田久美子
蒙古風に船出ずといふや雁帰る 楠目橙黄子 橙圃
蝶となる芋蟲と帰る雁と哉 内田百間
行く雲も帰雁の声も胸の上 斎藤空華(1918-50)
遠ざかる帰雁の声や男鹿岬 荻原都美子
野の煙帰雁の空を汚しけり 辻口静夫
鏡蔽へばまこと雨あり帰雁鳴く 久米正雄 返り花
長江は帰雁の空の下に在り 深川正一郎
雁帰りまたすゝみたる眼鏡の度 菖蒲あや あ や
雁帰りゆくしほどきの日和かな 猪俣千代子 秘 色
雁帰ることも十年の尋ね人 石塚友二 光塵
雁帰るころやしづまる二月堂 青々
雁帰るたつきは吾も人も苦し 岸風三楼 往来
雁帰るとぼそ明りにめざめをり 金尾梅の門
雁帰るまでに田の塊たたかねば 村上一葉子
雁帰るキユーポラのある町空を 原田青児
雁帰る一羽や遅れ定年期 岸風三樓
雁帰る三好達治の三国町(越前三国「川喜」にて) 石原八束 『風信帖』
雁帰る下に時化をり三国港 伊藤柏翠
雁帰る亡き夫の反故焚きをれば 石田あき子
雁帰る人の訣れも多き頃 藤浦昭代
雁帰る別れの池を旋回し 足立 玉翠
雁帰る卒然明き六区の灯 石塚友二 方寸虚実
雁帰る古き和服を見てをれば 佐野とし
雁帰る声がみとりの夜ごもりに 吉川 春藻
雁帰る大空濁り放しかな 深川正一郎
雁帰る幕を揚げてもおろしても 間石
雁帰る心の綻びそのままに 浦木やす子
雁帰る明るさに径つづきをり 原裕 葦牙
雁帰る月の光を背に浴びて 阿部月山子
雁帰る月夜と思ひ覚めてをり 八牧美喜子
雁帰る父の山また母の川 斎藤慎爾(1939-)
雁帰る神田もいまはビルの町 山本歩禅
雁帰る空あり彼方ありにけり 星野高士(1952-)
雁帰る翼下は暮れてゐたりけり 奥田智久
雁帰る野鍛冶老いても大男 百合山羽公 寒雁
雁帰る頃や女院の塔籠り 雉子郎句集 石島雉子郎
雁帰る黒服潮のしめり帯び 金子兜太
雛の餅きのふは帰る雁を見て 百合山羽公 故園
雨だれや暁がたに帰る雁 鬼貫
雨雲湧く帰雁ぐんぐんぐんぐんと 加藤瑠璃子
雪の嶺うつろに照れり雁帰る 相馬遷子 雪嶺
雪の斑の澄む甲斐駒へ雁帰る 堀口星眠 火山灰の道
非は常に男が負ひぬ帰る雁 加藤楸邨
順礼と打ちまじり行く帰雁かな 服部嵐雪
額に手を当てをり帰雁曇かな 皆川白陀
額よせてかたりもぞすれ帰雁なく 久保田万太郎 流寓抄
風紋のたわむ限りを雁帰る 鍵和田釉子
飯粒で封じる手紙雁帰る 有馬朗人
馬曳いて海道行けば帰雁かな 尾崎迷堂 孤輪
高爐さかんしづかにしづかに雁帰る 加藤知世子
高階にあり眼前を雁帰る 相馬遷子 雪嶺
高館に声を落して雁帰る 菅原野火男
とりかねる夫の機嫌雁かへる 鈴木真砂女 生簀籠
ひとりゐの膝こぶいたく雁かへる 角川源義
スープの匙雁ゆく海を曳航せり 八木三日女
傘の中帰雁ゆたかに日本海 古舘曹人 能登の蛙
姉沼も雁ゆくころか葱しなぶ 橘川まもる
帰る雁行くゆく海波高みけり 飯田蛇笏 椿花集
東京の雁ゆく空となりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
生れざりせばと思ふとき雁かへる 鈴木真砂女 生簀籠
砂丘越え雁行に逢ふ浪の際 大野林火
空瓶の首も砂丘に雁かへる 百合山羽公 寒雁
胸の上に雁ゆきし空残りけり 石田波郷
菜の花に田家没して雁かへる 百合山羽公 故園
酪農に雁ゆく夜空曇りけり 西島麦南 人音
阿蘇噴いて汽車と葬列雁行す 石原八束 空の渚
雁かへる夜半の雨音いたるとき 貞
雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草 麦嵐
雁かへる雨夜汗ばむ羽織かな 岡本松浜 白菊
雁ゆかせ津軽よされの高調子 高澤良一 燕音
雁ゆきし空の名残りと氷りけり 小林康治 『華髪』
雁ゆきてしばらく山河ただよふも 上田五千石(1933-97)
雁ゆきてしまひし光つづきたる 小林康治 『叢林』
雁ゆきてしまひし足のさむさかな 関戸靖子
雁ゆきてべつとりあをき春の嶺 飯田蛇笏
雁ゆきてまた夕空を滴らす 藤田湘子
雁ゆきて物干竿の露の列 榎本冬一郎 眼光
雁ゆくかた何もなし雁見て帰る 磯貝碧蹄館 握手
雁ゆくと夜のあめつち声をのむ 軽部烏頭子
雁ゆくと立てば鳴りつぐ現場椅子 米沢吾亦紅 童顔
雁ゆくやキッチン・ドリンカーの姉に 中烏健二(1953-)
雁ゆくや古き映画の二本立テ 敦
雁ゆくや押入れの闇そのままに 糸大八
雁ゆくや月照る海と月ありて 山口波津女 良人
雁ゆくや殉教の碑へ声落し 三谷和子
雁ゆくや母の文また読みかへす 山口波津女 良人
雁行くやひとたび捨てし虫を掌に 栗林千津
雁行くや厨ゆたかに湯を捨つる 久米正雄 返り花
雁行くや堅田にのこる御文章 大峯あきら
雁行くや月に片照る石舞台 羽田岳水
雁行くや白粉塗つて旅はじまる 栗林千津
雁行くを見る空壜を鳴らすとき 対馬康子 純情
雁行て門田も遠くおもはるゝ 蕪村 春之部 ■ ある人のもとにて
雁行な小菜もほち(ち)や~ほけ立に 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
雁行に雲荒れもなし年の暮 渡辺水巴 白日
雁行のとゝのひし天の寒さかな 渡邊水巴
雁行の声落ちにけり冬座敷 渡辺水巴 白日
雁行やノートを破り伝言す 対馬康子 純情
雁行や仰ぐ操り人形も 平井照敏 天上大風
雁行や初秋の雪の降る地平 対馬康子 吾亦紅
雁行や向かい合わせの木のベンチ 対馬康子 吾亦紅
革命歌屋上にわき雁かへる 加藤楸邨
高潮の雁行月にしづみけり 飯田蛇笏
雁引くや荒布色なる島の子ら 高澤良一 ねずみのこまくら

以上
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:51 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

引鶴

引鶴

例句を挙げる。


さりげなく田を蹴りて鶴引きはじむ 正木ゆう子
やまなみは空への渚鶴引けり 大岳水一路
万の鴨鶴引く声にしづまれり 辺見京子
引鶴として天涯の瑠璃に帰す 有馬草々子
引鶴にやらずの雨となりにけり 稲荷島人
引鶴に今はりつめし空のあり 奥田花珠子
引鶴に天草があり壱岐があり 佐藤艸魚
引鶴に道士は杖を挙ぐるかな 野村喜舟
引鶴に里人けふも手をかざす 高浜年尾
引鶴のこゑ海彦へ山彦へ 福島笠寺
引鶴の天のととのふ真昼かな 原裕 『出雲』
引鶴の天地を引きてゆきにけり 平井照敏(1931-)
引鶴の径ひかりたる多賀城趾 宮坂静生
引鶴の棹出漁の水尾と並む 大岳水一路
引鶴の横に流るるときかなし 原裕 出雲
引鶴の漂ひ漂ひ暁が来ぬ 徳永山冬子
引鶴の白こめかみに残りけり 北光星
引鶴の第一陣のありてより 遠入 たつみ
引鶴の輪のつぎつぎに消ゆ眩し 上井正司
引鶴の雲居の声の落ち来る 大橋桜坡子
引鶴の骨身をたたく羽摶ちかな 山上樹実雄
引鶴の高きをきはめつくしけり 大岳水一路
引鶴やと暮か暮や日和下駄 加藤郁乎 佳気颪
引鶴や海は祈りの色ふかめ 橋本榮治 越在
引鶴や笏をかざして日を仰ぐ 高田蝶衣
引鶴や肩落しつつ藁塚古ぶ 大岳水一路
引鶴や荼毘の火の粉の無尽蔵 黒田杏子 一木一草
引鶴や隠れもあへぬ流人の谷 長谷川かな女 花寂び
引鶴や鳥居さびしき由比ヶ浜 内藤鳴雪
引鶴を見て来しといふ人来り 高野素十
数加へつつ引鶴の舞ひはじむ 森重昭
日も月も鶴引きし空満たし得ず 西川織子
旬日に鶴引く雲を厚くせり 中戸川朝人
朝月のつめたさに鶴引きにけり 岩永佐保
殉教の島引鶴を迎へ澄む 大岳水一路
母ならむ鶴引く頃の黒箪笥 栗林千津
目しひ耳しひ引鶴の天はあり 小川双々子
硯なほ氷のごとし鶴引きし 宇佐見魚目
荒崎の風荒ぶ日は鶴引かず 小原菁々子
菊や今朝人魚のせこし引鶴 露治 選集「板東太郎」
鶴のこゑ空にみなぎり鶴引けり 林徹
鶴守の一つ齢とる鶴引きて 八染藍子
鶴守りの一つ齢とる鶴引きて 八染藍子
鶴引いて大白鳥座磨滅せる 赤松[ケイ]子
鶴引いて鶴守老を重ねたる 三村純也
鶴引きしあと旬日の春の雪 冨田みのる
鶴引きしあと聖鐘の鳴りわたる 朝倉和江
鶴引きし野山に春の雲一朶 冨田みのる
鶴引くとかぎろひ顔に野をもどる 赤松[ケイ]子
鶴引くと旅は男の子も手をつなぐ 赤松[けい]子 白毫
鶴引くやかさと壺中の母の空 小檜山繁子
鶴引くやひとこゑ雲に預けては 邊見京子
鶴引くや丹頂雲を破りつゝ 東洋城千句
鶴引くや村人のいふ定刻に 木船君枝
鶴引くや水にくまなき空の碧 大岳水一路
鶴引くを見しと妻言ふ鷺ならむ 金箱戈止夫
鶴引く日近し病み鶴落著かず 原三猿子
鶴引けり火急を告ぐるかに引けり 三田きえ子
天深し嬉し重しと鶴帰る 池田 澄子
帰る鶴雲居の声となりにけり 合田ミユキ
水の章空の章へと鶴帰る 能村研三 海神
生命綿ぐんぐん伸ばし鶴帰る 酒井鷺風
藁塚解いて撒くをはなむけ鶴帰る 赤松[けい]子 白毫
野仕事にもどる鶴守鶴帰る 井沢正江 一身
鶴帰りそこらに遊ぶ水豊か 山口青邨
鶴帰りまだ濡れている村の空 たまきみのる
鶴帰るみちの天草嶺をきざむ 皆吉爽雨 泉声
鶴帰るらし村中の落着かず 結城一雄
鶴帰る冷めたき雲を呼び集め 五所平之助
鶴帰る泪こぼしつつ帰る 糸山由紀子
鶴帰る空のにおいに子をかかぐ 対馬康子 吾亦紅

以上
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:43 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あけぼのや山静かなる鷽の琴 高田蝶衣
かへまけて小さき鷽を袂かな 樋口得川
かへ~て遂によき鷽得ざりけり 安藤橡面坊
しづけさに堪へず鷽鳴く雪の谷 手島 靖一
インク消もちひし文や鷽の鳥 石川桂郎 四温
乙子神社へおりゆく雨の鷽伴れて 山田みづえ
倒木のまた道堰くや鷽の声 小澤満佐子
声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て 加藤楸邨
売り切れて鷽の木彫ぞおもしろき 石田波郷
屋根に来てかゞやく鷽や紙つくり 水原秋櫻子
山墓の一つがふえて雨の鷽 斎藤小夜
山酔ひの睡魔うつつに鷽のこゑ 小西 藤満
嶺せまる大きしじまに鷽のこゑ 松本たかし
御風呂屋を覗きも得ずよ鷽の鳥 石川桂郎 高蘆
旅の果子恋の鷽の鳴きにけり 杉山岳陽
日表にかかりし山路鷽鳴けり 久田 澄子
早起きの鷽が琴弾く父の山 黒田杏子
朝の紅茶鷽の口笛聞きながら 尾田秀三郎
木の芽雨どこかで鷽が啼いてゐる 田中冬二 麦ほこり
木の芽食む鷽の胸紅数しれず 皆吉爽雨 泉声
梅固き一つの鷽を捨てにけり 古舘曹人 砂の音
照鷽は籠に照り春のしぐれ止む 皆吉爽雨 泉声
照鷽や吉備の乙女ら弓しぼる 神蔵器
照鷽や春山となる櫟山 森澄雄
照鷽や杉の暮色のとどこほり 鈴木太郎
生絹めく山路の雨に鷽鳴けり 井沢正江 湖の伝説
神楽笛飄と天ゆく鷽守り 野沢節子
空腹や人に遭はねば鷽の径 石川桂郎
籠の鷽消え入る如く鳴きにけり 犬塚春径
紙漉くや鷽は来てゐし淵の上 藤田湘子
胸染めて鷽はしづかに雪解待つ 小林黒石礁
花芽啄み荒す鷽には手をやくと 松尾緑富
通草みな採れざる高さ鷽のこゑ 沢 聰
雨のこる森のあけぼの鷽の声 神田 岩魚
雨鷽に雨気づかひつ種播ける 田中冬二 麦ほこり
雪おとす樹々も静まり鷽渡る 前田普羅 飛騨紬
雪おろす人の面を鷽わたる 前田普羅 飛騨紬
雪山の鷽が来てをり春祭 加藤岳雄
雲崩なき凡日籠の鷽鳴けり 殿村莵絲子
鷽と見つ梅もどきこぼれざりけり 林原耒井 蜩
鷽のはみこぼす花芽と知らざりし 桑田青虎
鷽のゐていつせいに雪解けはじむ 千代田葛彦 旅人木
鷽の喉こゑ溜め雪解はじまれり 小林黒石礁
鷽の声きゝそめてより山路かな 式之
鷽の声雪しまくときなほ幽か 山谷春潮
鷽の来てあけぼのゝ庭に胸赤し 水原秋桜子
鷽の来る空やはらかし姫胡桃 堀口星眠 営巣期
鷽の空快気の思ひ深くあり 平井さち子
鷽の群雪来し朝の峡にをり 山谷春潮
鷽の雄の群れ竹箒横倒し 星野紗一
鷽下りて雪沁む苔を啄める 黒木夜雨
鷽啼くと夜明けさみしき独りごと 稲垣きくの 黄 瀬
鷽納め碧き月日を惜しみけり 古館曹人
鷽鳴くやわざ老ゆるなき筆づくり 内山 亜川
鷽鳴くや山頂きに真昼の日 相馬遷子
鷽鳴くや霧のいたゞき夜と別る 山谷 春潮
鷽鳴くや麓の村の照り曇り 和田明子
黒鷽の嫌はれつゝも飼はれをり 岡田耿陽

以上
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:39 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雲雀

雲雀

例句を挙げる。

*ようらくのうごくや空になく雲雀 日夏耿之介 婆羅門俳諧
「雲雀運輸」とは優しき社名飛ぶ師走 田川飛旅子 『使徒の眼』以後
あがるよと落つるよとのみ初雲雀 皆吉爽雨
ある折はうそにも落ちて雲雀かな 千代尼
いつよりの雲雀棲みつく耳の奥 岩上明美
いとまあり土筆つみとり雲雀ききぬ 太田鴻村 穂国
うたひめの車通りぬ揚雲雀 寺田寅彦
うちふるふ羽見え雨に鳴くひばり 白岩 三郎
うつくしや雲雀の鳴し迹の空 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
うつむきてゆきもどる日々雲雀鳴く 桂信子 黄 瀬
うらうらと雲雀上がりて西の京 筑紫磐井 野干
うらゝかや帽子の中に雲雀の巣 比叡 野村泊月
うらゝにて雲雀はしれる墳の前 水原秋櫻子
おお雲雀 定形否とよ非定型 沼尻巳津子
おだやかに過ぎし一と日や夕ひばり 成瀬桜桃子 風色
おもひでの雲雀来て鳴く髪の中 加藤郁乎
おりよ~野火が付いたぞ鳴雲雀 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
かざす手の血の色ぞよき啼く雲雀 臼田亞浪 定本亜浪句集
かたく巻く卒業証書遠ひばり 木下夕爾
かたちなき雲雀に耳を欹てつ 中田剛 珠樹
かたはらに萬力日浴び雲雀籠 八木林之介 青霞集
かたまつて野の花白く夏ひばり 木下夕爾
かちで行く野崎参りや揚雲雀 長野蘇南
かつぎゆく雲雀の籠は空なりき 高野素十
かへりみる空のひかりは夕雲雀 羽公(秋篠寺帰路)
から臼に落て消たる雲雀哉 正岡子規
きこえしはずの寒雲雀ききすましてゐる 川島彷徨子 榛の木
きのふにもいまごろありし雲雀かな 久保田万太郎 草の丈
くさめして見失うたる雲雀かな 横井也有 (1702-1783)
くちづけの深さをおもひいづるとき雪雀よ雲雀そらを憎めよ 水原紫苑
くづほるるまでを雲雀の声の棹 栗生純夫 科野路
くもることわすれし空の雲雀かな 久保田万太郎
くろき物ひとつは空の雲雀かな 李由 二 月 月別句集「韻塞」
こけしの目雲雀の空にやさしかり 長島生一
この旅も半ばは雨の夏雲雀 田中裕明 花間一壺
こゝにして諏訪口かすむ雲雀かな 麦南(山廬後山展望)
しののめの星まだありぬ揚雲雀 篠原鳳作
しのゝめをこらへかねたる雲雀かな 伊勢-いち 俳諧撰集玉藻集
しばらくはなか空とよみ揚雲雀 齋藤愼爾
しら雲を滝へけ落す雲雀かな 万里女
しん~とゆりの咲けり鳴雲雀 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
すさまじや曠野の雨を揚雲雀 野村喜舟 小石川
せつせつにゴッホの郷や夏雲雀 小池文子 巴里蕭条
そちこちす人に雲雀のまた揚る 高野素十
その声を視野にとらへし揚雲雀 林 香翠
たましひの遊び上手や揚雲雀 河口仁志
ちい~と絶え入る声や練雲雀 子規句集 虚子・碧梧桐選
ちりちりと雲雀のこゑや膝立てて 中田剛 珠樹以後
てのひらの匂い雲雀の巣の匂い 坪内稔典
てふてふは寝てもすますに雲雀かな 千代尼
とほめきて雲の端になく夏ひばり 飯田蛇笏
なきがらに雲雀うたふと思ふのみ 岸本尚毅 舜
なく雲雀松風立ちて落ちにけむ 秋櫻子 (唐招提寺)
のぼりゆく雲雀や息のとめくらべ 宗田安正
はした女の漕ぎ出し舟や揚雲雀 増田龍雨 龍雨句集
はなのさく草は巣にせであげ雲雀 松岡青蘿
ひきゝりなく川原雲雀の揚りけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
ひとつやの屋根剥ぐしごと初ひばり 竹中宏
ひねもすを雲雀があがり青畳 細川加賀 生身魂
ひばり落つ御陵に飛鳥めぐり終ふ 皆吉爽雨 泉声
ひばり落つ歓喜に法華滅罪寺 赤松[ケイ]子
ひばり野に父なる額うち割られ 佐藤鬼房 地楡
ひばり野やあはせる袖に日が落つる 多佳子
ひばり鳴く夕日の墓に顔があり 石原舟月
ひら仮名でもの言う母や夕雲雀 高橋富久江
ふしどから遠く雲雀は空に鳴く 太田鴻村 穂国
ふたたびの短き虹や岩ひばり 太田 蓁樹
ふたつみつ夜に入りそうな雲雀かな 千代尼
ぶたうの枝整へてをり雲雀東風 笠原和恵
まが玉を捨て雲雀野をつゝ走る 八木三日女 赤い地図
まづ草を響かせてより夏雲雀 依光陽子
まひ出でて青葉と光る雲雀かな 高橋馬相 秋山越
まほろばの天地往き交ふ雲雀どち 千原叡子
まぼろしの宮跡大垣雲雀場ぐ 丘本風彦
まりそれてふと見附たる雲雀哉 小林一茶
みぞるるや朝の餌につく籠雲雀 松村蒼石 寒鶯抄
むさしのや野屎(のはこ)の伽に鳴雲雀 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
めざめたる膚つめたき雲雀かな 中田剛 珠樹以後
めつむれば雲雀の声のかがやきだす 鈴木貞雄
ゆく径の夕日に消えて鳴く雲雀 金尾梅の門 古志の歌
よぢれつつのぼる心のかたちかと見るままに消えし一羽の雲雀 藤井常世
わが睫毛まばゆく雲雀見むとする 鷲谷七菜子 黄 炎
わが背丈以上は空や初雲雀 草田男
わが門の雲雀鳴く野につづきけり 福永みち子
オートバイ荒野の雲雀弾き出す 上田五千石(1933-97)
ザヴェリオの墓を高見に海雲雀 石原八束 空の渚
シベリアの野の揚雲雀高からず 田村萱山
一塊の雲より落ちし雲雀かな 椎橋清翠
一握の砂こぼしきくは雲雀かな 太田鴻村 穂国
一日一日麦あからみて啼く雲雀 松尾芭蕉
一瞬のわれは襤褸や揚雲雀 中尾寿美子
一舎(ひとやどり)おくれし笠よ啼雲雀 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
一陣の雲雀破れず小松原 齋藤玄 飛雪
三輪山のいよいよまろき雲雀かな 細川加賀 生身魂
上空の雲雀かすかに揺らぎもす 中田剛 珠樹
不図友に山路の雲雀語りかけ 飯田蛇笏 椿花集
不断念佛ひる揚ひばり夜を蛙 中戸川朝人
久かたやこなれこなれと初雲雀 向井去来
事務声のみゆききの電線揚雲雀 香西照雄 対話
二つ啼くひとつは見出すひばり哉 横井也有 蘿葉集
井戸深く亡父母湧けり揚雲雀 河原枇杷男 定本烏宙論
仇野や烟の末の夕雲雀 鈍太郎
仰ぐ間の雲雀の天の廻るなり 大峯あきら
伝誦の国ゆ雲雀の揚がりけり 和田悟朗 法隆寺伝承
便船や雲雀の声も塩ぐもり 史邦 俳諧撰集「有磯海」
信念のもえ出づるとき揚雲雀 原石鼎
入海の藍の上鳴く雲雀かな 尾崎迷堂 孤輪
初ひばり声がひかりとなる砂丘 鷹松 月女
初ひばり父かろがろと死んでみせ 坂巻純子
初ひばり瞳を澄ましゐる厩の馬 下田稔
初ひばり胸の奥處といふ言葉 細見綾子
初ひばり農地は昼もうるほひて 飯田蛇笏 春蘭
初心にも高慢のあり初雲雀 原子公平
初雲雀かなしきまでにあがりけり 渡辺立男
初雲雀まだ醒めきらぬ土のいろ 北川久美
初雲雀海坂の紺胸高に 千代田葛彦 旅人木
初雲雀湖の底まで凪ぎにけり 原 光栄
初雲雀空の緞帳あがりけり 朝倉和江
初雲雀空をみじかく墜ちにけり 西本一都
初雲雀胸のハンカチ翔つごとし 上田日差子
初雲雀鳴くや常なる散歩圏 徳永山冬子
剥ぎかけし積藁屑や揚雲雀 楠目橙黄子 橙圃
副葬のひとつに選ぶ揚雲雀 柳川大亀
千万の蛙の中や夕雲雀 石塚友二 光塵
千手観音どの御手ならん揚雲雀 川崎展宏
千萬の蛙の中や夕雲雀 石塚友二
午後よりは眠し雲雀も浪音も 阿部みどり女
半日は空にあそぶや舞雲雀 正岡子規
半紙すく川上清しなく雲雀 広瀬惟然
南国の日に蕩らされぬ揚雲雀 後藤綾子
原中やものにもつかず啼く雲雀 松尾芭蕉
原中や物にもつかず啼く雲雀 松尾芭蕉
原城址のぞむ句碑建つ雲雀野に 朝倉和江
吹上る埃(ほこり)のなかの雲雀かな 星笑 古句を観る(柴田宵曲)
吹上る埃のなかの雲雀かな 星笑
嘆きつつ中洲の雲雀棒立ちに 栗生純夫 科野路

More
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:35 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

Gパンもあつた昨日の燕飛ぶ 坪内稔典
「燕」てふ列車走れり燕の世 高澤良一 宿好
あそぶともゆくともしらぬ燕かな 去来
いちはやくかうぢや乙鳥孵りたり 岸田稚魚 筍流し
いつやらもこの日のごとく燕とぶ 上村占魚 鮎
おしなべて懈怠の山河燕来る 飯田蛇笏 椿花集
かづきめに燕に浪はうすぐもり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
かづきめの息吹に燕鳴きかよふ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
かづきめはさかたち燕ひるがへり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
かはらざるものに川あり夏燕 上村占魚
こけし屋に頭を揃へたる雛燕 皆川盤水
ここからは歩いてゆかう初燕 高澤良一 素抱
さきがけて燕の巣立つ童話祭 穐好須磨子
つきあたる*迄一いきに燕哉 正岡子規
つばめつばめ泥の好きなる燕かな 細見綾子
つばめ~泥が好きなる燕かな 細見綾子 花寂び
つれだちて黒髪にほふ初燕 松村蒼石 寒鶯抄
とはに我を透き抜けていく夏燕 寺田澄史
ながれたる果の羽ばたき初燕 皆吉爽雨
なけなしの青を削つてゆく燕 櫂未知子 蒙古斑
なつかしく斜塔を回る燕なり 和田悟朗 法隆寺伝承
にごつた空 どこかの家に 白燕がきている 吉岡禅寺洞
のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり 斎藤茂吉
はつ燕右左に阿吽の渦 橋本夢道 無類の妻
ひらり高う嫩葉食みしか乙鳥 渡邊水巴
ふためいて金の間を出る燕かな 蕪村遺稿 春
ふらんどにすり違ひけりむら乙鳥 一茶 ■文政七年甲甲(六十二歳)
ふるさとの夕は長し燕 今井千鶴子
ほそぼそと塵焚く門の燕かな 内藤丈草
ほそ~と塵焚く門の燕哉 丈草
まなうらにひかる一矢や燕来ぬ 穐好樹菟男
まろまろと茶山燕は飛びならひ 野澤節子 黄 炎
みちのくは春をとばして燕来る 阿部みどり女
むらさきのこゑを山辺に夏燕 飯田蛇笏 椿花集
むら燕牛の胯ぐら潜リけり 高井几董
もう燕がくるころ ひとりごというて わたしのぶしようひげ 吉岡禅寺洞
やすらふや胸に微光の初燕 下田稔
ようこそと宿の燕がとんぼ切る 高澤良一 随笑
アメリカンクラッカー高鳴る街や初燕 鳥居おさむ
エルグレコ住みし家あり湧く燕 松村 越子
オリーブの空まつしぐら初燕 壺井 久子
コロツセオ燕の空を容れにけり 八木林之介 青霞集
サイロ仰ぎ牛殖やすべし燕来ぬ 太田土男
スペードのジャック海燕きりかえし 八木三日女
一番に乙鳥のくゞるちのわ哉 小林一茶
一部屋に事足る暮し燕くる 村井光子
丘飛ぶは橘寺の燕かも 水原秋櫻子
並ぶ本たてよこななめ燕来る 小宅容義
久里浜は燕の黒の似合ふ町 高澤良一 素抱
乙鳥(つばくろ)や小路名(こじな)の多き京の町 井上井月(1822-86)
乙鳥(つばめ)来てあゆみそめるや舟の脚 千代尼
乙鳥にきそのみそ搗始りぬ 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
乙鳥に乙鳥いろの人参小屋 高澤良一 ぱらりとせ
乙鳥に焦土の麦は花こぼす 石原舟月
乙鳥の朝から翔る暑さかな 渡辺水巴 白日
乙鳥の胸のまろみも日の出前 成田千空 地霊
乙鳥はまぶしき鳥となりにけリ 中村草田男
乙鳥はや自転車盗られたる空を 小川双々子
乙鳥は金看板をよごすかな 野村喜舟 小石川
乙鳥も所持物おなじ旅なれや 安東次男
乙鳥や人の物いふ上になく 一茶 ■年次不詳
乙鳥や小屋の〔博〕奕をべちやくちやと 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
乙鳥や小手ふところに質屋出づ 清水基吉 寒蕭々
乙鳥や小路名多き京の町 井月の句集 井上井月
乙鳥や本町石町油町 野村喜舟 小石川
乙鳥や赤い暖簾の松坂屋 夏目漱石 明治二十九年
乙鳥や轍の小魚つかみゆく 高井几董
乙鳥や雪に撓みし梁の上 高井几董
乙鳥来る日を吉日の味噌煮欣 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
乙鳥飛び海道筋の大社 高澤良一 随笑
乳いろの空にあそびて乙鳥 中田剛 珠樹
二度炊きへ藁をひとくべ燕来る 柳川大亀
二番子の育ち盛りの夏燕 高橋利雄
京橋に燕や来しと佇てりけり 石塚友二
人の死とひきかえに田の夏燕 宇多喜代子 象
人混みの背の雨乾く燕の駅 中拓夫 愛鷹
今来たと皃を並べる乙鳥哉 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
仏舎利に近く仔燕孵りたり 津田清子
仔燕に往生極楽院の天 山田みづえ
仔燕の羽づくろひをる簷の雨 石塚友二
仔燕啼け隙間だらけの鋳物工場 榎本冬一郎 眼光
仰臥の窓同じ燕が返す待つ 黒木野雨
伊勢手毬針返すよう夏燕 鱸久子
佳きことの数ほど燕来てゐたり 高嶋富子
停車場の前に泊りて乙鳥哉 内田百間
傘にねぐらかさうやぬれ燕 榎本其角
傘ひらくときや燕の掠めける 宮津昭彦
傘もたぬわれにとび交ふぬれ燕 高橋淡路女 淡路女百句
働くに余すいくとせ燕来る 鈴木真砂女 夕螢
先づ江津を訪ふ旅人に燕とぶ 高濱年尾
入海を船の出入りの燕かな 野村喜舟 小石川
其の上(かみ)の金の荷揚げ路燕抜け 高澤良一 寒暑
其角忌や燕出そめし芝の浦 増田龍雨
出女の声の中飛ぶ燕かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
出航の排水燕ひるがへり 右城暮石 声と声
出雲崎燕街道貫けり 高澤良一 寒暑
列柱を燕とび交ひ鑑真忌 藤野基一
初燕はや水を恋ひ水を打ち 大久保橙青
初燕まだ人見知り遠翔くる 伊藤京子
初燕まづ村中を飛んでみる 林真砂江
初燕まぶしきことを畏れつつ 中田剛 竟日
初燕わが町ながら鮮らしく 長谷川かな女 花寂び
初燕不器男生家を掠めけり 宮津昭彦
初燕五感のもどる青畳 つじ加代子
初燕仰ぐ黒人黒瞳秀で 香西照雄 対話
初燕内子の雨に降られけり 高澤良一 寒暑
初燕圃にひるがへり復活祭 古賀まり子 洗 禮
初燕大空に見し月夜かな 神尾久美子 桐の木以後
初燕川筋を鋭き一羽かな 矢内枇杜詩
初燕撒く水坂を流れけり 石川桂郎 含羞
初燕数行のみの子の旅信 尾崎光尋
初燕旅の三飯あますなし 清水基吉 寒蕭々
初燕日田の古町恋うて来し 稲畑汀子
初燕日記の昨日あらざりき 米沢吾亦紅 童顔
初燕木々また朝をよろこべり 飯田龍太 遅速
初燕横浜は坂多きかな 古賀まり子
初燕田を焼く煙今日もあり 米沢吾亦紅 童顔
初燕納税通知封のまゝ 米沢吾亦紅 童顔
初燕見し沼風のなかに見し 蒲原 ひろし
別当の法衣の重さ飛ぶ燕 狹川青史
利根運河燕一直線に飛ぶ 岩崎照子
双燕のもつれたかみて槻の風 飯田蛇笏 椿花集
双燕の啼き交ふあふち花ざかり 飯田蛇笏 椿花集
取り壊すビルの空翔け初燕 三村純也
口中に入れ歯遊ばす燕来と 田川飛旅子
古川のいぶせき駅や夏燕 青木重行
古里は未だ屋号や軒燕 松本正弘
同じ日の一つとてなし初燕 高澤良一 素抱
名物の無事よろこべる燕かな 久保田万太郎 流寓抄
呱々の聲胸のりだして燕が見る 中島斌男
喪の家の飲食見えて夏燕 山口みちこ
噴き出して鉱泉赫し夏燕 毛塚静枝
土に嘴百羽の燕白さ失す 栗生純夫 科野路
土濡れて大和青垣燕来る 伊藤敬子
土皿の舞ひゆくやうに飛ぶ燕 比叡 野村泊月
土砂降の夜の梁の燕かな 清原枴童 枴童句集
土砂降りの夜の梁の燕かな 清原枴童
土臭き洲をひるがへり海燕 原裕 青垣
地にすみれ空に燕儘にあれ 石塚友二 光塵
地にとまる燕山の町覚めず 福田蓼汀 秋風挽歌
城を出て町の燕となりゆけり 上田五千石 琥珀
城壁に影とび交す夏燕 高木晴子 花 季
夏燕あな高翔くる木曾路かな 西本一都 景色
夏燕いまは見えざる国境 対馬康子 純情
夏燕だけが渡れて早瀬なる 稲畑汀子
夏燕なれば一気に揚子江 鷹羽狩行
夏燕もつとも低きとき光り 岡田史乃
夏燕光り逆ふ瀬風かな 長谷川かな女 雨 月
夏燕壱号議案通りけり 橋本榮治 越在
夏燕夕べ目の玉かゆしかゆし 小川千賀
夏燕夭折は男のみならず 宇多喜代子 象
夏燕小家貫き見ゆ水田かな 東洋城千句
夏燕木場の引潮惨として 山口誓子
夏燕水影と刺し違へさう 西村和子 かりそめならず
夏燕波瀾の生というべき死 金子兜太
夏燕生存年齢のしるし 宇多喜代子 象
夏燕硝石にほふ海の崖 中村草田男
夏燕祇園坂下灯れども 長谷川かな女 牡 丹
夏燕羅馬の丘に言葉ふらす 小池文子 巴里蕭条
夏燕街のネオンにひるがへる 林 康子
夏燕雁木が町をせばめをり 高木晴子 花 季
夏燕雨後の翼を強く張り 島田みつ子
夕燕いづこの父も子を抱かむ 伊丹三樹彦 人中
夕燕我には翌のあてはなき 一茶 ■文化四年丁卯(四十五歳)
夕燕羅馬に鐘の小さき買ふ 小池文子 巴里蕭条
夜燕はものやはらげに羽ばたきぬ 阿波野青畝
夢殿に今年の燕来てゐたり 米澤吾亦紅
大佛の肩かすめゆく乙鳥哉 会津八一
大学の石畳にも燕来ぬ 香西照雄 対話
大津絵に糞落しゆく燕かな 蕪村
大潮の日と聞く燕ふりあふぎ 高澤良一 ぱらりとせ
大皿の数の足らへる燕かな 大木あまり 火球
大門を燕入り来る開山忌 塩川雄三
天網を繕っている夏燕 山口 剛
天金の書を繙くや初燕 山川安人
天駆くる燕を見る御苑かな 森田峠
契(ちぎり)おく燕と遊ばん庭の猫 園女 俳諧撰集玉藻集
妻がけふ絣のもんぺ燕来る 皆川白陀
妻留守の一人の昼餉燕来る 相良 九馬
妻癒えたり今年わが家も燕来る 有働亨 汐路
嬌聲に関せず生くや飛ぶ燕 中塚一碧樓
子とあるく左右を燕ゆきかへる 篠原梵 雨
子供等にアラーの神の初燕 有馬朗人 天為
孤児たちに映画くる日や燕の天 古沢太穂 古沢太穂句集
孫文像の眼ナ先かすめ初燕 伊藤いと子
孵りたる燕も喉の赤くなんぬ(羽前上ノ山斎藤茂吉先生生家) 上村占魚 『石の犬』
家ぬちを濡羽の燕暴れけり 夏石番矢 猟常記
家もたぬ燕かやさし顔の様 斯波園女
富士をこえみづうみをうつはつ燕 飯田蛇笏 雪峡
少年を怒らす朝の初燕 長谷川かな女 花寂び
居合抜けば燕ひらりと身をかはす 夏目漱石 明治二十九年
屑繭を煮るや燕も二番雛 石塚友二
履ひろふ其手のさきを燕哉 幸田露伴 竹芝集
山ぬける燕がさむく鳴きさりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山のいろかはりて伊賀や燕来る 橋本鶏二 年輪
山の町かげり濃くなる初燕 桂信子
山の端に乙鳥をかへす入日かな 其角
山みつゝ燕に眼うつしたり 上村占魚 鮎
山国の雨したたかに夏燕 瀧 春一
山本山御茶処や初乙鳥 龍岡晋
山燕遠くは飛ばずパンうまし 林原耒井 蜩
山羊がゐて牛ゐて燕昼の月 京極杞陽 くくたち下巻
山見えて燕の歩く無人駅 平林孝子
山里は梅さく頃の燕哉 正岡子規
峡燕上昇煙雨かい潜り 高澤良一 素抱
峡燕群れていちにち暮れにけり 高澤良一 随笑
島の教会まつすぐに燕来し 長田等
嵐山うつる大堰の濡れ燕 皿井旭川
川中や島田金谷の燕 子規句集 虚子・碧梧桐選
巣籠りの妻より痩せて飛ぶ燕 前田普羅 春寒浅間山
巣籠りの燕に見呆け日焼顔 前田普羅 春寒浅間山
帯締めのきりりと決まり夏燕 丸喜久枝
帳合の内儀美しと鳴く燕 野村喜舟
常(とこ)乙女めく夫人去り燕来し 竹下しづの女句文集 昭和十年
干拓にのこるさゞなみ燕来ぬ 米沢吾亦紅 童顔
幼くて燕の貌や扁平に 中田剛 珠樹以後
広重の絵のもぐさ屋に燕来る 田中英子
店さきや印ほる耳に飛ぶ燕 会津八一
弔うに燕一羽の口の泥 和田悟朗
御僧に別れ拙僧燕 田中裕明 先生から手紙
忌明けの玻璃拭ふ娘に燕来ぬ 松村蒼石 寒鶯抄
思ふ事ただ一筋に乙鳥かな 夏目漱石 明治二十八年
愚直なるべし愚直なるべし初燕 宇多喜代子 象
戦ひのあとに少き燕かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
指に巻く髪の弾力燕来る 猪俣千代子
採石の一山白し夏燕 下村ひろし 西陲集
撰果場へ燕出で入る舎人村 猿橋統流子
改築の門を喜び燕来る 西浦末寿
断崖の硫黄剥落して燕 古舘曹人 能登の蛙
新ら畳辷り易くて乙鳥来る 長谷川かな女 花寂び
新宿もここらはさびし夕燕 山口青邨
旅の衆朝が来たよと峡燕 高澤良一 随笑
旅人われ急ぐ燕とすれ違ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
日々明るくて燕に子を賜ふ 飯田龍太
日の出起きして身強めや燕とぶ 森川暁水 黴
日の炎截りし乙鳥の濡羽色 栗生純夫 科野路
日光の向ふ上りに燕かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
日暮れ飛び燕まぎれるなまこ壁 宮津昭彦
日本をふるさととせし初燕 岡安仁義
日本変らず代書の軒の燕さヘ 香西照雄 対話
日運ぶ燕草履袋が壁に咲いた 磯貝碧蹄館 握手
春雨やよその燕のぬれてくる 正岡子規
昼月や雲かいくぐる山燕 飯田蛇笏 山廬集
暁けて来るくらさ愉しく燕とゐる 橋本多佳子
暗き森うしろに燕きたる家 百合山羽公 故園
暮れて明るき空かぎりなし夏燕 重田暮笛
曹洞の門に入りし燕かな 山本洋子
月山の暮天うつくし雛燕 皆川盤水
月山水田毎に引きて燕来る 岸 のふ
月花を軒へ寝にくる燕哉 五雲
朝の日矢燕の巣立つ消防署 伊藤いと子
朝市に燕がこぼす飛騨の土 小澤満佐子
朝戸出のしろき空なる初燕 五十崎古郷句集
朝燕ひらりひらりと壁炉冷ゆ 林原耒井 蜩
朝燕ホームの端に水光り 館岡沙緻
朝燕麦穂の露の真白なる 西山泊雲 泊雲句集
朝顔の瑠璃に愕く燕かな 原石鼎
木の芽の香燕々われに飜へる 前田普羅 春寒浅間山
木曾川の光る瀬を打つ夏燕 佐藤漾人
未知旧知ひかりとどまる新ら燕 原裕 青垣
本売つて燕くるまで食ひつなぐ 岩田昌寿 地の塩
村中の水光らせて燕来る 石井紀美子
村深し燕つるむ門むしろ 高井几董
来ることの嬉しき燕来たりけり 石田 郷子
来るとはや往来数ある燕かな 炭 太祇 太祇句選
来る筈の燕にひらく艇庫の扉 津田渓魚
松の形よき日本へ燕来る 右城暮石 上下
枇杷古葉落ちつくす雨の燕かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
柳にはふかでおのれあらしの夕燕 服部嵐雪
柳屋の紅買ひに入る燕かな 野村喜舟 小石川
格子赤しひるがへる燕の喉赤し 岩田昌寿 地の塩
梨棚を渡りては失せ飛ぶ燕 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
棒状に燕来る日の海の紺 千田一路
棒鱈の荷も片づきぬ初燕 石井露月
樹々翔る燕迅し苔の花 雑草 長谷川零餘子
橋立をよろこび飛べる燕かな 森田峠
機織や燕きたるといそしめり 秋櫻子
檐燕眠り山並みさだかなり 林原耒井 蜩
檐燕覗く炉棚に刻む「時」 林原耒井 蜩
櫂そろふ一艇を抜き朝燕 荒井正隆
欠航や雨の燕の飛ぶばかり 五十嵐播水 埠頭
正装の燕も彌撒をさづかりに 朝倉和江
死ぬときが医師の停年燕来る 後藤綾子
死んで何せう夜の薔薇窓に燕の糞 塚本邦雄 甘露
死期近き患者もともに燕待つ 古賀まり子 洗 禮
母の日と知る燕麦の穂のひかり 福永 耕二
水に連れて流るるやうな燕かな 椎本才麿
水の匂ひゆたかなる日の燕来ぬ 河合凱夫 藤の実
水尾白き航路に燕ひるがへる 馬詰 敏恵
水流の厚きを摶つて梅雨燕 上田五千石
水門をいくたびくぐる初燕 三好達治 路上百句
江上の燕は緩くボート迅し 高浜虚子
沈みたる艦船の数海燕 三橋敏雄 畳の上
油屋の荷の緒をぬける燕哉 幸田露伴 谷中集
沼の香のただよひそめて燕来る 木村蕪城 一位
泥運ぶ燕律儀に栢山村 高澤良一 鳩信
流燕や掬ひて時のすぐこぼれ 林翔 和紙
流燕や調律ピアノ若返り 林翔 和紙
浅草や乙鳥とぶ日の借木履 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
浅間山頂一草もなし燕舞ふ 岡田日郎
浮御堂浮いて燕を通しけり 石田勝彦
浴衣いでし町や燕ながれたり 渡邊水巴 富士
海あかり代田あかりを夕燕 猪俣千代子 秘 色
海づらの虹をけしたる燕かな 榎本其角
海ひらけはや斬りむすぶ燕の矢 高井北杜
海燕ただ荒岩の碑なりけり 成田千空 地霊
海燕われも旅ゆき霧にあふ 橋本多佳子
海苔麁朶に遊ぶ漁村の燕かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
海越えし夏燕ありそれつきり 櫂未知子 貴族
湖みえてつねのいろなり乙鳥 中田剛 珠樹
満ちくる潮の迅さたしかさ海燕 柴田白葉女 『冬泉』
滝に乙鳥突き当らんとしては返る 夏目漱石 明治三十年
滝壺へ落つるが如き燕かな 比叡 野村泊月
潰えたる朱ヶの廂や乙鳥 篠原鳳作
瀬全き水となり伊吹落つ燕 河東碧梧桐
火事に汲みし井の二日涸れ飛ぶ燕 宮林菫哉
火屑追ふ島の燕に夜の浪 西村公鳳
火山灰はげし燕は低く~飛ぶ 小城古鐘
炎天に燕湧き翔ち伊良湖岬 比叡 野村泊月
炎天より幼な燕の聲したたる 相馬遷子 雪嶺
無人燈台燕くるときも知る 百合山羽公 寒雁
無医村に今日医者がくる燕くる 白岩絹子
焼跡を雨にさまよふ燕かな 美清
照り込んで琵琶潮は見えず夏燕 佐野青陽人 天の川
煮豆屋も墓地も町内燕来る 岡本 眸
燈台の旗は紺色夏燕 高木晴子
燕(つばくら)にしばし預ける舎(やどり)かな 園女 俳諧撰集玉藻集
燕(つばくら)の雁に問うてや鳰まはり 内藤丈草
燕(つばくろ)のかへり道ありほら(洞)の雨 服部嵐雪
燕、燕 友らたちまち散って行く 坪内稔典
燕かと思ふ早さの過ぎにけり 青葉三角草
燕が切る空の十字はみづみづし 福永耕二
燕きて不順の天に従へり 百合山羽公 寒雁
燕きて家人の声にさゝやけり 百合山羽公 故園
燕きて羽を休めし日も暮れぬ 百合山羽公 故園
燕きて腹這へる児を見おろせり 百合山羽公 故園
燕きて飛んで山毛欅の手かたかたと 和知喜八 同齢
燕くる前の風切る古鴉 百合山羽公 寒雁
燕くる畑毛温泉湯はぬるめ 高澤良一 随笑
燕くゞる軒に日当る水辺かな 雑草 長谷川零餘子
燕つぎつぎ戻り山靄とざしけり 林原耒井 蜩
燕てふ鳥匕首を携ふる 中田剛 珠樹以後
燕とびかはす七里の渡しかな 久保田万太郎 流寓抄
燕とびかふ空しみじみと家出かな 山頭火
燕とび喪服の婦人鮓購へり 宮武寒々 朱卓
燕とぶ日よ宿題を児に課さず 樋笠文
燕とべり二万五千の霊こゝに 久保田万太郎 流寓抄
燕に借らるゝ簷はありしかな 石塚友二 光塵
燕に地を歩きたさ縁下りぬ 木歩句集 富田木歩
燕に海の光りの映りけり 増田龍雨 龍雨句集
燕に雨はななめに降るものか 成瀬正俊
燕に馬酔木の花の了る雨 西本一都
燕に驚かされて爐をふさぐ 会津八一
燕に麻の葉模様かぎりなし 西本一都 景色
燕のうしろも向かぬ別れかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
燕のかへる日柳ちる日かな 知十
燕のゆきちがひたる啼きにけり 後藤夜半
燕のゆるく飛び居る何の意ぞ 高浜虚子
燕のターン日の出を船から船へ告ぐ 磯貝碧蹄館 握手
燕の下腹さはる早苗かな 胡布 五 月 月別句集「韻塞」
燕の乗りかためたる柳かな 水田正秀
燕の喉赤し母恋ふことも倦む 寺山修司 未刊行初期作品
燕の恋蒼空の毬と逐ぐ 石塚友二 方寸虚実
燕の糞かはけり村のイエスの肩 寺山修司 未刊行初期作品
燕の糞掃きて湯宿の番頭さん 高澤良一 随笑
燕の飛びとどまりし白さかな 松本たかし
燕は子となり親となりし朝 上村占魚 鮎
燕は砥部の陶土はこびけり 龍岡晋
燕ほどの自由もなくてビル勤め 菖蒲あや あ や
燕みな海に送りぬ曼珠沙華 森澄雄 浮鴎
燕もかはく色なし五月雨 榎本其角
燕もさはにあそべり布流し 飴山實 辛酉小雪
燕も喪服皆何事か成せし人なり 福田蓼汀 秋風挽歌
燕も御寺の鼓かへりうて 榎本其角
燕やつばめ返しを徐ろに 松本長
燕やぬれ足並ぶ橋の上 古白遺稿 藤野古白
燕や人なき山のつゆすずし 会津八一
燕や出船の水尾にひたとそひ 五十嵐播水 埠頭
燕や合掌を解く地蔵岩 田川飛旅子
燕や嘉屋じるしの鬢だらひ 龍岡晋
燕や天ノ鈿女の臍をみせ 龍岡晋
燕や子の曳き歩りく炭俵 木歩句集 富田木歩
燕や川を越えれば子の新居 大久保白村
燕や忽ちふえし渓の空 比叡 野村泊月
燕や懸想して見る牛車 長谷川かな女 雨 月
燕や泥をべたりと紙の上 森鴎外
燕や流のこりし家二軒 高井几董
燕や淋しき町に淋しき坂 野村喜舟 小石川
燕や渦が揉み出す夕茜 古舘曹人 樹下石上
燕や烈風に打つ白き腹 茅舎
燕や短剣つけし御陵守 五十嵐播水 播水句集
燕や石段欠けて舟着場 大橋櫻坡子 雨月
燕や菟道の古みちこのあたり 五十嵐播水 播水句集
燕や谷に橋架け温泉里なる 尾崎迷堂 孤輪
燕や赤士道のはねあがり 素牛 俳諧撰集「藤の実」
燕や軒つくし来て草の原 尾崎迷堂 孤輪
燕や酒蔵つづく灘伊丹 正岡子規
燕や酢の看板を抜けて行く 也有
燕や馬の草鞋の落し物 野村喜舟 小石川
燕ゆきかひ女土工が朝の仕事へ 不滅の愛 小澤武二
燕ゆき藤は実莢を垂らしけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
燕よ往(い)んだ古巣をたばひ置く 水田正秀
燕らも仰ぐものある雪解の峡 桜井博道 海上
燕をよびし汐干の人出かな 増田龍雨 龍雨句集
燕を見てをり旅に出て見たく 星野立子
燕一閃大阪は橋多きかな 田中英子
燕世の皺となり日雇群る 岩田昌寿 地の塩
燕乏し椅子擦れ光る汝が我が服 成田千空 地霊
燕二羽電線の如並び飛び 上野泰 春潮
燕低う入り来し土間の廣さかな 中村楽天句集 中村楽天
燕反転吾子の生歯のまぎれなし 椎橋清翠
燕啼て夜蛇をうつ小家哉 蕪村 春之部 ■ 懷舊
燕子とぶ機窓の実梅紅さしぬ 西島麥南 金剛纂
燕子とぶ水荘の合歓花もちぬ 西島麥南 金剛纂
燕子の親待つてなく口の形 小宮豊隆
燕岳の日が落ちてきてあたたかし 曹人
燕待つ三和土の瘤に茶碾臼 古舘曹人 樹下石上
燕旅の蹠のかなしさよ 小林康治 四季貧窮
燕来し一羽の空のあるばかり 皆吉爽雨
燕来し川を莞爾と思ひけり 松山足羽
燕来し道きらきらと残りけり 川村五子
燕来て*えりもつばさを張らむとす 耕二
燕来てなき人問ん此彼岸 炭 太祇 太祇句選
燕来て八ケ岳北壁も斑雪なす 相馬遷子 山国
燕来て声も翼も紛れなし 右城暮石
燕来て天心ことに利鎌の羽 皆吉爽雨 泉声
燕来て山家に鳴けば春祭 水原秋桜子
燕来て火の見の奥のふた部落 馬場移公子
燕来て瓦のうすき伏見かな 飴山實 少長集
燕来て空に楽譜のあるごとし 橋本榮治 麦生
燕来て草に影置く人夫小屋 古賀まり子 洗 禮
燕来て長女きらりと光りけり 野田誠

More
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:34 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

*ひつじ穂を啄みに雉出てゐたり 茨木和生 丹生
あさましや谺も同じ雉の声 半捨
ありありと何に畳むるや朝雉子は 細見綾子
いきほひもさすがに神の雉子かな 史邦 芭蕉庵小文庫
うき恋や狐つらるる雉の美目 浜田酒堂
うつくしき男もちたる雉子かな 炭 太祇 太祇句選後篇
うつくしき顔かく雉子の距(けづめ)かな 其角
うらうらと雉子歩まんか汝の忌日 高澤良一 随笑
うら山に雉子啼いてゐる金閣寺 萩原麦草 麦嵐
かうあろと雉子も啼きけり塚の霜 広瀬惟然
かさこそと雉子落葉に餌をあさる 寺田寅彦
かさゝぎ飛び雉子たち凍つる日なりけり 久保田万太郎 草の丈
かなしさや子路(しろ)がそこつの雉子の声 中村史邦
くれなゐの瞼をとぢぬ撃たれ雉子 橋本鶏二
くれなゐや夕日もへたつ雉子の声 立花北枝
この空を蛇ひつさげて雉子とぶと 高野素十
しぐるるや手斧で彫れる雉子車 野見山朱鳥
すめらぎの城壁の冬日雉子いでず 渡邊水巴 富士
たびびとを愕かせたる雉子のこゑ 松村蒼石
ちちははのとほくに老ゆる雉のこゑ 黒田杏子
ちゝはゝのしきりにこひし雉の声 芭蕉
つげてくるる最(もう)とまれとや雉子の声 広瀬惟然
つつくりと雉子づくなるや木瓜の花 露川 俳諧撰集「有磯海」
つよき香の雉子食ふいのち延ばすとて 橋本多佳子
つんぼうの耳に地震や雉子の声 内藤丈草
とぎ澄ます耳に雪ふり裏山をわたれる雉子の天斬るこゑも 大滝貞一
とりちらす檜(くれ)木の中や雉の声 広瀬惟然
なれも其子を尋るか雉の声 榎本其角
はるかにも秘苑の雉子の聞えけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
ひえびえと吉野葛餅雉子鳴く 飯田龍太 春の道
ひとりゆけば雉子たつ墓の冬日かな 龍岡晋
ふり向かぬ父の背雉子を抱いて蹤く 金子皆子
ほろほろと朝露はらふ雉子かな 肖柏法師
ほんたうに雉子見し夜は雪になる 西野文代
まだ打たぬ山畑つづき雉子歩む 伊藤京子
まほろばの大和はとほし雉子のこゑ 春樹
むくと起て雉追ふ犬や寶でら 蕪村 春之部 ■ 小原にて
もののふの旅に何鳴く明けの雉子 作者不知 選集古今句集
もみづれるそこに雉子の尾が見えて 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
ゆた/\と畝へだて来る雉子かな 炭 太祇 太祇句選
わが句碑に山鳥あるき雉子あるく 西本一都 景色
わが雉子を消して雉子啼く火掻棒 小檜山繁子
カーメルの雉翅ひろげ菊の鉢 伊藤敬子
トンネルを出し汽車雉子を飛び立たす 右城暮石 上下
一しほの声さぞあらん南部雉 服部嵐雪
一声は閻羅が咳か寒の雉子 北原白秋
一夜寝た妻に尾やひく雉の声 横井也有 蘿葉集
一条の鮮血のごと雉子のこゑ 木附沢麦青
七月の日の出雉鳩鳴きつゞき 高橋馬相 秋山越
万愚節矮鶏抱卵の雉子孵り 小西藤満
三井寺の鐘にくるゝに雉子の声 高井几董
世やかなし眦かつと雉鳴くか 江ほむら
久遠寺へ閑な渡しや雉子の声 飯田蛇笏 霊芝
乳呑子の耳の早さや雉子の声 りん女 古句を観る(柴田宵曲)
二声は同じ雉なり草の中 古白遺稿 藤野古白
五箇山の豆腐硬しと夕雉子 四條五郎
人うとし雉をとがむる犬の声 榎本其角
仔の牛を放てる野辺や雉子鳴けり 秋櫻子
佐保姫の裾にかくるゝ雉子哉 松瀬青々
何の葉の影ぞねぢむく雉子のてり 内藤丈草
俘虜のごとく王者のごとく雉子白し 大串章
先キよりの居りし雉子や桐畑 尾崎迷堂 孤輪
光堂よりの数歩に雉子啼けり 細見綾子 黄 炎
再燃の芥火雉子も一鳴きす 村越化石 山國抄
冬枯に赤きは雉子の眼のほとり 松瀬青々
冬構に迷ひ入りたる雉を飼ふ 右城暮石 声と声
冴え返る包丁雉子を贅とせり 野沢節子
出逢ひたる雉に従ふ雌を見ず 森田峠
分別を崩して鳴くや雉子の声 立花北枝
切藁のみるみるたまる夕雉子 神尾久美子 桐の木以後
初猟の雉子うち返し見せくれし 後藤夜半 底紅
初雪の市にうらばや雉子兎 水田正秀
刻々と雉子歩むただ青の中 中村草田男
剥製の雉子に風ふく半夏生 南部憲吉
加行僧に水源林の雉子の声 田中英子
加賀どの〔ゝ〕御先をついと雉哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
加賀どのゝ御先をついと雉哉 小林一茶
南暗く雉も少女もいつか玉(いし) 金子兜太 早春展墓
古草に雉子のからくれなゐ潜む 村越化石
吊したる雉子に遅き日脚かな 石井露月
名月や何に驚く雉の声 京-示右 俳諧撰集「藤の実」
吾にかつてなかりし空ぞ雉子翔ける 木津柳芽 白鷺抄
四五寸の葎に雉の見えずなりぬ 正岡子規
坊と呼んで雉子の子呉れぬ誰ならん 比叡 野村泊月
城山に雉子出でけり小六月 山店 芭蕉庵小文庫
城山の竹むらに啼く雉子かな 飯田蛇笏 山廬集
夏草に五月の雉子のたまごかな 飯田蛇笏
夏草のぼうぼう雉子飼ひならす 松村蒼石 雪
夕濤の窟にとどろく雉子の声 古舘曹人 樹下石上
夕立に吹きちる物や竹の皮 伊賀-沢雉 俳諧撰集「有磯海」
夕雉の走り留や鳰の海 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
夕雉子いつまで明き乗鞍ぞ 岡田貞峰
夕雉子すずし兵らの飯も了へぬ 下村槐太 光背
夜の雉子望郷の宴張られたり 村越化石
夜明けとて雪蹴る雉子の一声欲る 中山純子 沙羅
夢の中より鳴きいでて朝の雉子 馬場移公子
夢を出て雉子はげしく鳴きにけり ほんだゆき
大原や雉子なくあとの小糠雨 巌谷小波
大峯や桜の底の雉の声 李由 二 月 月別句集「韻塞」
大峰の法の灯や雉子の声 山梔子
大雉子の羽音をさらふ雪解風 三宅 句生
天から来たやう雪國から雉子の鳥届きたり 中塚一碧樓
天日を冠として雉歩く 原田喬
天領の空かがやかす雉の綺羅 遠藤正子
太き梁に一夜かけたり射たれし雉子 細見綾子 花寂び
太古より墜ちたる雉子歩むなり 和田悟朗 法隆寺伝承
女の雉子のあはれ枯るるにまぎれたり 吉野義子
子をおもふ声とやけはし夜の雉子 松岡青蘿
子をつれて岩にふりむく雉子かな 膳所-魚光 俳諧撰集「有磯海」
孵す雉子*たら芽つむ子と見かはしぬ 飯田蛇笏 春蘭
宇治川をばたばたわたる雉のあり 阿波野青畝
宮様の放ちし雉子の高く翔ぶ 東原 芦風
家々や雉子としもなく赤豆飯 移竹
寐にくいかすぐろの薄啼く雉子(きぎす) 立花北枝
寒林をでて雉子撃ちの貌ふたつ 村上しゆら
寒林をとよもして雉おどろけり 相馬遷子 雪嶺
寝返れば未明しはぶく森の雉子 堀口星眠 営巣期
寺の湯に音つつしめば雉子鳴けり 大野林火
小春山雉子を追い出し上着脱ぐ 長谷川かな女 牡 丹
尾をかはす雉の番や台の上 子規句集 虚子・碧梧桐選
山とだに云へば比叡や雉子の声 尾崎迷堂 孤輪
山の幅啼きひろげたり雉子の声 広瀬惟然
山吹の雨ふるひ立つ雉子かな 菅原師竹句集
山寺や雉子も磐もまれ~に 尾崎迷堂 孤輪
山寺や雪隠も雉の啼所 一茶 ■文化五年戊辰(四十六歳)
山川の岸拍つ波や雉子飛ぶ 露月句集 石井露月
山水の色染みやすく雉子の聲 古舘曹人 砂の音
山畑に頬朱くして雉子走る 飯村周子
山百合の群落雉の子が育つ 松村蒼石 雪
山百合や雉子に喰はれて咲きもせず 雑草 長谷川零餘子
山道や人去て雉あらはるゝ 正岡子規
山陰も畠となりてなく雉子 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)

More
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:30 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

蛇穴を出づ

蛇穴を出づ

例句を挙げる。

わが庵を守る蛇穴を出でにけり 千々里
チャルメラに誘はれて蛇穴を出づ 辻田克巳
石をきつて火食を知りぬ蛇穴を出る
石原に蛇穴を出し茨かな 江部鴨村
蛇穴をいでて唐招提寺あり 小松 虹路
蛇穴をいでて耕す日に新た 飯田蛇笏 山廬集
蛇穴をぶつきら棒に出でにけり 柑子句集 籾山柑子
蛇穴を仰臥漫録闇を出づ 長山あや
蛇穴を出づるに蹠こそばゆき 櫛原希伊子
蛇穴を出づる喪の足袋脱ぎ了へて 橋本榮治 越在
蛇穴を出づる小事にかまけゐて 橋本榮治 越在
蛇穴を出づる頃ほひ道成寺 森田峠 逆瀬川以後
蛇穴を出づ古里に知己すこし 松村蒼石 雁
蛇穴を出づ大寺に生を享け 佐野美智
蛇穴を出づ浮世絵の摺り手順 田口風子
蛇穴を出づ漆黒の尾を連れて 村本恭三
蛇穴を出づ焦げ臭きところより 岸田稚魚 『紅葉山』
蛇穴を出づ近隣の小火騒 大塚あつし
蛇穴を出てだしぬけに人と逢ひ 鶴川田郷
蛇穴を出てまだ尾まで思ひ出せず 加倉井秋を 『武蔵野抄』
蛇穴を出てより火山灰にまみれけり 中村安朗
蛇穴を出てより蛇の貌となる 広岡蜻蛉子
蛇穴を出てをり道の曲りをり 木下野生
蛇穴を出てコーヒーを買いに行く 村上哲史
蛇穴を出てサフランの茂りかな 癖三酔句集 岡本癖三酔
蛇穴を出て人間を恐れけり 正岡子規
蛇穴を出て今年はや轢かれたり 竹中 宏
蛇穴を出て何をすね木に登る 蔦三郎
蛇穴を出て俳人といふのに会ふ 藤岡筑邨
蛇穴を出て北天に北斗かな 高橋将夫
蛇穴を出て夕暮の欅の木 小澤實
蛇穴を出て斯く人の名の重さ 田中裕明 櫻姫譚
蛇穴を出て水音をききにけり 三橋鷹女
蛇穴を出て洗礼の石礫 田中三樹彦
蛇穴を出て洞然と滝の音 辻桃子
蛇穴を出て白昼を泳ぎけり 有山八洲彦
蛇穴を出て百姓のいとまかな 橋本鶏二 年輪
蛇穴を出て神木の枝の先 黒田杏子 一木一草
蛇穴を出て繊き身を見られけり 萩原麦草 麦嵐
蛇穴を出て見れば周の天下なり 高濱虚子
蛇穴を出て身を隠す術を知り 千本木 早苗
蛇穴を出て野に光るもの揃ふ 美柑みつはる
蛇穴を出でけり君は娶りける 会津八一
蛇穴を出でしばかりに仏の前 吉田紫乃
蛇穴を出でてうつとりしてゐたり 仙田洋子 雲は王冠以後
蛇穴を出でて嘆きをまだ知らず 仙田洋子 橋のあなたに
蛇穴を出でて最初に舌を出し 稲畑廣太郎
蛇穴を出でて鳥獣戯画の寺 藤原照子
蛇穴を出でよよき棒喫はせん 会津八一
蛇穴を出でゝ斯民救はれず 福田井村
蛇穴を出でゝ石垣の春の水 河東碧梧桐
蛇穴を出るあとゆっくりと母が 森田緑郎
蛇穴を出るよりのたりくたりかな 正岡子規
蛇穴を出る俺たちに明日はない 糸大八
蛇穴を出る流行に遅れじと 今瀬剛一
蛇穴を出る野に遺賢なかりけり 正岡子規
蛇穴を出れば飛行機日和也 幸田露伴 江東集

以上
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:28 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

三月尽

三月尽

例句を挙げる。


あり暮らす三月尽の草戸哉 松瀬青々
ポストまで通ふ日多し三月尽 馬場利春
三月尽人それぞれの旅鞄 大橋通男
三月尽兄妹いつまで倶にあらむ 石田波郷
三月尽校塔松と空ざまに 石田波郷
三月尽船ゆつくりと夕闇を 大井雅人
三月盡遊學ずれの子が戻る 相馬遷子 雪嶺
不尽のねに三月尽の青さ哉 三月尽 正岡子規
勤続疲労腰にじんじん三月尽 須貝一青
地に鳴るは三月尽の夜のあられ 飯田蛇笏 雪峡
定年の夫の背凛と三月尽 小山玲
桜日記三月尽と書き納む 三月尽 正岡子規
街川に水輪増やして三月尽 下山宏子

以上
by 575fudemakase | 2015-03-31 00:27 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

*はまなすや字名にのこる鰊群来 澤田緑生
そのかみの鰊曇を娘は知らず 関口禎子
たやさゞる竜神の灯や鰊漁 野本淡月
ぢぢばばら鰊曇を今もかな 千葉 仁
つるされし鰊はぜんぶめをつらぬき 細谷源二 砂金帯
どんよりと利尻の富士や鰊群来 山口誓子
はまなすや字名にのこる鰊来群 澤田緑生
ひたすらに食うて淋しき鰊かな 岸本尚毅 舜
ふる里の鰊漬あり年忘れ 阿部みどり女
わだつみの果まで鰊曇かな 広中白骨
ビスマーク好みし鯡吾も食ふ 山口青邨
ロンドンの図書館の裏鰊売り 星野恒彦
三田尻の塩を切りけり初鰊 豊水
串刺しの冬のはじめの鰊購ふ 佐川広治
主婦のよろこび鰊干す針金があつて 細谷源二
八方の渦率て巌や鰊群来 古館曹人
切妻の涼しき鰊御殿かな 西本一都 景色
刎ね橋の上りしままや鰊来る 殿村菟絲子
十六夜の鰊番屋の浮き立てり 毛塚静枝
咽喉にたつ鰊の骨や西東忌 石田あき子
咽喉に立つ鰊の骨や西東忌 石田あき子
唐太の天ぞ重れたり鰊群来 山口誓子 凍港
喪が終り顔なき鰊夜も干す 寺田京子
土用風鯡の虫を這はせけり 金尾梅の門 古志の歌
夜に入りてなほ厚群来や鯡凪 小原野花
大荒れの連絡船に鰊漁夫 西本一都
夫買ひし少し赤目の鰊焼く 佐野笑子
女ゐて鰊番屋の戸によれる 清崎敏郎
妻も吾もみちのくびとや鰊食ふ 山口青邨
実はまなす鰊大尽夢に来む(歌棄鰊御殿) 角川源義 『神々の宴』
小振りなる厚岸ものや初鰊 竹田豊吉
手習や鰊煮る火をかたはらに 岩田昌寿 地の塩
新しき鰊箱積み上げし浜 佐藤 多太子
日毎食ふ鰊や蝦夷に住みつくか 相馬遷子
暖潮の寄せかはりたる鰊かな 野本淡月
東西に峨々たる岬鰊群来 高野閑洞
板間冷え鰊番屋の漁夫寝床 高澤良一 素抱
樹々の芽のほぐるる鰊曇りかな 富山放浪
樺太の海を犯して鰊追ふ 水見句丈
気象旗の時化を告げをり鰊群来 続木元房
汲んでゐる鰊を盗む鴎かな 石田雨圃子
沖買の船も来てゐて鰊群来 小原野花
波音や不漁鰊場の犬が吠ゆ 清崎敏郎
漁あらば鰊曇といふべきか 森田峠 三角屋根
火恋し鰊御殿に波を聴き 愛澤豊嗣
父は鰊場ただ着ぶくれて遊びをり 能村登四郎
番屋より乱れ飛ぶ灯や鰊群来 白幡千草
笹正宗鰊山椒にすすみけり 高澤良一 素抱
紅つけて朝市の女鰊売る 八巻絹子
絶壁の忍路(おしょろ)の浜の鰊小屋 国松ゆたか
置かれある身欠鰊や虫の宿 岸本尚毅 舜
群来鰊海染めて恋果てにけり 河合未光
膝つゝむ古き筵や鰊割き 石田雨圃子
薫風の御宿鰊御殿前 石塚友二
覆面の瞳の鰊の他は何も見ず 岸田稚魚
覆面の瞳鰊の他は何も見ず 岸田稚魚
資金また借りもし鰊船待機 水見悠々子
釜伏せて山に海猫舞ふ鰊港 鳥居おさむ
銀色の鰊を買いに旅芸人 筑網敦子
雪嶺や昼夜の膳に鱈鰊 岸本尚毅 舜
韃靼に帰る鳥あり鰊群来 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
鬚剃りて幼さもどる鰊漁夫 吉田牡蠣彦
鰊かな狼煙上げたき昼下がり 櫂未知子 蒙古斑
鰊そばうまい分だけ我は死す 永田耕衣 自人
鰊冷えと云ひ習はしのあるとかや 高木晴子 晴居
鰊凪よと今は職なき老いし蜑 河府雪於
鰊寄る流霞の消えて余寒かな 乙字俳句集 大須賀乙字
鰊干す障子の内の訛声 瀧澤伊代次
鰊御殿天井高き目借時 館岡沙緻
鰊来ず百花一時の春も尽き 福田蓼汀
鰊来る地上のビルに汚職の髭 金子兜太
鰊汲む胴付長靴の胸濡らし 岩岡吐雲
鰊焼くけむり故郷の匂ひ来る 谷 和子
鰊焼く吟遊詩人ならずして 櫂未知子 貴族
鰊焼く昼の部はねし楽屋裏 金田流星
鰊燃ゆ平凡な日の夕厨 田川飛旅子
鰊番屋空を抱き込む枯すすき 角川春樹
鰊群来たちはだかれる濱びとら 高濱年尾
鰊群来深山鴉も鰊場へ 野西幸来
鰊群来近し飛鴎の声艶に 外崎喜石
鴎は矢に浮氷の中の鰊箱 古舘曹人 能登の蛙

以上
by 575fudemakase | 2015-03-30 00:26 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

鳥帰る

鳥帰る

例句を挙げる。

この国の桜を見ずや鳥帰る 森澄雄 空艪
それぞれに喉照つて鳥帰るなり 岡井省二
ねむる鍬精切れし鎌鳥帰る 百合山羽公 寒雁
トーチカを残す海峡鳥帰る 杉本寛
ビーナスの影は闘士よ鳥帰る 大木あまり 山の夢
人に見ゆる高さをもつて鳥帰る 加倉井秋を 午後の窓
何も残さず何も持たずに鳥帰る 川崎陽子
先頭は空に溶けゐて鳥帰る 猪俣千代子
光より湧きて光へ鳥帰る 水田むつみ
北窓にありあまる空鳥帰る 原田喬
南蛮船渡来の潮路鳥帰る 下村ひろし 西陲集
啼き交はし木の鳥竹の鳥帰る 梅沢墨水
地震なき地へ高々と鳥帰る 五十嵐哲也
墳丘のやさしきくびれ鳥帰る 猪俣千代子
夕立後じつくりと濡て鳥帰る 北原白秋
大空へつづく島畑鳥帰る 千手和子
大阪や煙の中を鳥帰る 青木月斗
如意輪の一指の天を鳥帰る 野見山ひふみ
宿帳にのこる齢や鳥帰る 北見さとる
山々の松なぎ倒し鳥帰る 対馬康子 純情
山の端の雲入れ替り鳥帰る 浦山輝代
山荘に馬柵二重なり鳥帰る 皆吉爽雨
帰らんとわれはいづくへ鳥帰る 森澄雄
帰り着き死ねばうれしと鳥帰る 松瀬青々
心音の乱るる日なり鳥帰る 福田蓼汀 秋風挽歌
旨さうな鳥だつたのに鳥帰る 櫂未知子 蒙古斑
時の鐘鳴りつぐ天を鳥帰る 高橋悦男
時鳥帰り支度の我に鳴く 石井邦子
暁といふ短さを鳥帰る 大川つとむ
檐近き夕映空や鳥帰る 寺田寅彦
正装のリボンは十字鳥帰る 対馬康子 純情
気晴らしに出て来し浜や鳥帰る 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
水煙の塔の天路を鳥帰る 野見山朱鳥
汐木焚く火に煙なし鳥帰る 青木重行
江の北に雲なき日也鳥帰る 松瀬青々
汽車見えて鳥帰る野の警報機 町田しげき
淡路消すかすみは青し鳥帰る 赤松[ケイ]子
湖青し雪の山々鳥帰る 子規句集 虚子・碧梧桐選
滅びたる山河とがめず鳥帰る 秋山卓三
漂泊といふこと人に鳥帰る 稲岡長
父ありし昨日の空や鳥帰る 橋本榮治 麦生
猪垣に日のありながら鳥帰る 山尾 玉藻
磯近き出湯に浸れば鳥帰る 大網信行
筑波嶺は天の道標鳥帰る 小川斉東語
繃帯は自愛のしるし鳥帰る 磯貝碧蹄館
自転車を路地に洗へば鳥帰る 依光陽子
葬すみ後のうつろに鳥帰る 福田蓼汀 秋風挽歌
街燈は高きにともり鳥帰る 桂信子 緑夜
親友のとなりに坐り鳥帰る 桑原三郎 晝夜
頬杖の杖をはづして鳥帰る 伊藤敦子
鳥帰りたる夜の雨をききゐたり 塙告冬
鳥帰り汁甘くなる鬼うどん 大木あまり 山の夢
鳥帰るいつもの道にゐて仰ぐ 岸田稚魚 『紅葉山』
鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦(1907-88)
鳥帰るいづこの窓も真顔見え 今井聖
鳥帰るかんでんがんの空のみち 西村公鳳
鳥帰るきのふは華燭けふは喪の 稲垣きくの 黄 瀬
鳥帰るこんにやく村の夕空を 飯田龍太(1920-)
鳥帰るたれか宜候(ようそろう)呼ばわり 渋谷道
鳥帰るところどころに寺の塔 森澄雄 四遠
鳥帰るなべてかそけきものの列 小室善弘
鳥帰るなり整然と椅子机 石田郷子
鳥帰るはや逡巡の歳ならず 荒井正隆
鳥帰るひとにはひとの暮らし向き 加藤朱
鳥帰るクラムチャウダー海の卓 対馬康子 吾亦紅
鳥帰るゴルフ帰りの男女らに 飯田龍太
鳥帰るテレビに故人映りつつ 岸本尚毅 鶏頭
鳥帰る一羽は天の裏門より 河原枇杷男 流灌頂
鳥帰る三河の涯や五平餅 古舘曹人 砂の音
鳥帰る人の世は靴すり減らし 清水径子
鳥帰る今日でなければならぬかに 今橋真理子
鳥帰る北上川を見てあれば 倉田 紘文
鳥帰る夢のあとさき田が濡れて 藤田三郎
鳥帰る捨つと決めたる手紙束 西村和子 かりそめならず
鳥帰る日本さんざん遊ばれて 高山れおな
鳥帰る未完の笛を掌に残し 藤沢紗智子
鳥帰る東京に人流れつく 和田耕三郎
鳥帰る桜田門を掃き終り 斉藤夏風
鳥帰る水と空とのけぢめ失せ 沢木欣一
鳥帰る水際はものの影ふえて 松村武雄
鳥帰る沖つもれ日は炬のごとし 皆吉爽雨
鳥帰る沖に父の帆一つあり 中拓夫
鳥帰る渡り大工のわが上を 北光星
鳥帰る無辺の光追ひながら 佐藤鬼房(1919-2002)
鳥帰る父の血を享くさみしさも 岸洋子
鳥帰る看取り二十日の仏かな 溝口昭二
鳥帰る石器の出でしローム層 福田蓼汀 秋風挽歌
鳥帰る空に掟のあるごとく 寺島ただし
鳥帰る空の一角伸びてゆく 山田弘子
鳥帰る空や大きな雫垂れ 池田義弘
鳥帰る約束ごとのあるやうに 新津静香
鳥帰る終の住みかなど要らぬ 伊藤昌子
鳥帰る絶やさぬものに地上の火 対馬康子 純情
鳥帰る羅馬に続く橋の上 伊藤いと子
鳥帰る老は出口のなき淵か 飯田龍太
鳥帰る藁しべいろに田をつなぎ 岡本眸
鳥帰る誰に告ぐべきおもひとや 坂本宮尾
鳥帰る赤い針山窓際に 佐藤和夫
鳥帰る近江に白き皿重ね 柿本多映
鳥帰る野中に楡と水たまり 鈴木貞雄
鳥帰る野菜の花の咲くころを 岡本高明
鳥帰る陳腐な日々の待つ屋根ヘ 櫂未知子 貴族
鳥帰る雁木の上の石の数 文挾夫佐恵
鳥帰る電気自動車走る世も 高澤良一 随笑
鳥帰る高さにあれば寺ひかる 鳥居おさむ
鳥帰る魔女の箒も帰りけり 石田郷子
鳥帰る鳩は鳩胸つき合せ 百合山羽公
鳥帰る龍馬の像をすれすれに 岩井久美恵
うすうすと鳥引く夕を常世とも 吉本和子
一隅を暗くして鳥引きにけり 石田勝彦
墓標杉鳥引く空を蔽ひけり 鷲谷七菜子 游影
小鳥引く木曾路は細き人の道 大串章
小鳥引く畑の中の古戦場 古舘曹人 砂の音
小鳥引く頃の薬を竝べては 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
山陰や誰呼子鳥引板の音 蕪村 秋之部 ■ 武者繪賛
引鳥のつぎ~消ゆるうつろかな 野村喜舟 小石川
引鳥の中にまじるや田螺取り 支老 芭蕉庵小文庫
牧の道小鳥引きたる羽か拾ふ 皆吉爽雨
裏日本に西日は永し小鳥引く 松村蒼石
遠くまで雨の引鳥見ゆるかな 石嶌岳
鏡中に鳥引く空のゆがみけり 八木林之介 青霞集
鳥引いてあえかに曇りそめしかな 清水基吉 寒蕭々
鳥引きにけり整然と遺書の文字 篠崎圭介
鳥引くや雪まだ残る越の里 中村昭一
鳥引くを子らと見て立つ二月堂 堀口星眠 営巣期
米山のはづれに海や鳥かへる 上村占魚
胸中の湖あたためて鳥かへる 木村敏男
裏富士に天の一太刀鳥かへる 赤松[ケイ]子
鳥かへる風雨の夜の時計かな 原田喬
鳥雲にインターネット日和かな 高澤良一 ぱらりとせ
鳥雲に年金のこと生活(たつき)のこと 高澤良一 宿好
鳥雲に直武描きし人體圖 高澤良一 宿好
「解体新書」挿絵画家小野田直武
足型に三種類あり鳥雲に 高澤良一 寒暑
鳥雲に性懲りもなく戦すか 高澤良一 素抱
鳥雲に人は葬り葬られ 高澤良一 素抱
些少の借り皆持ち合はせ鳥雲に 高澤良一 石鏡

以上
by 575fudemakase | 2015-03-30 00:24 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング