<   2015年 04月 ( 373 )   > この月の画像一覧

四月尽

四月尽

例句を挙げる。

あまき音のチェロが壁越し四月尽 秋元不死男
こけし買ふ数の恋しき四月尽 石田波郷
こんこんと眠る流木四月尽 秋澤猛
わが書屋わが掃き坐り四月尽 亀井糸游
喜捨もせしズックを脱げり四月尽 山口風樹
四月尽く抽斗深く真珠秘め 菖蒲あや あ や
四月尽ふり向かざるに樹が匂ふ 神尾久美子 桐の木
四月尽兄妹門にあそびけり 安住敦
四月尽易きにながれゐたりしか 恩賀とみ子
四月尽朱の箸流れくることも 飯田龍太
四月尽父祖の業火に上り窯 古舘曹人 能登の蛙
夜具の下畳つめたき四月尽 橋本多佳子
夢に浮く身風呂にしずむ身四月尽 江里昭彦(1950-)
娶る子に渡す臍の緒四月尽 池田博子
子を思ふ四月尽なるくさのたけ 松村蒼石 寒鶯抄
山形は百花のさかり四月尽 河野静雲
怠け懈けて雲ぞ真白き四月尽 相馬遷子 山国
海にでて松籟あをし四月尽 石原舟月
田をすこし残すおごりも四月尽 松村蒼石 雁
病みがちの足袋を離せず四月尽 猪俣千代子 堆 朱
白雲へ杉まつすぐに四月尽 寺井治
翻訳劇の舞台が底に四月尽 高田律子
肩の骨外れたままに四月尽 宇多喜代子
草ひきし泥手のままの四月尽 細見綾子
虎杖をむかし手折りぬ四月尽 石田波郷
詰襟のやうやく馴染み四月尽 兼安昭子
香具師の手妻の電光石火四月盡 塚本邦雄 甘露

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:42 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

弥生尽

弥生尽

例句を挙げる。

あり暮らす三月尽の草戸哉 松瀬青々
おこたりし返事かく日や弥生尽 高井几董
おんじきの器を土に弥生尽 飯田蛇笏 春蘭
けふはまだ誰にも逢はず弥生尽 久保田万太郎 流寓抄
さゝがにの壁に凝る夜や弥生尽 芝不器男
たけて紅の菓子あり弥生尽 水原秋櫻子
ときならぬ畳替して弥生尽 松村蒼石
クレオンの顔まんまるや弥生尽 村上麓人
ポストまで通ふ日多し三月尽 馬場利春
三月尽兄妹いつまで倶にあらむ 石田波郷
三月尽校塔松と空ざまに 石田波郷
三月尽船ゆつくりと夕闇を 大井雅人
三月盡遊學ずれの子が戻る 相馬遷子 雪嶺
倚り馴れし柱も焼けぬ弥生尽 桂信子 黄 瀬
光陰の七分咲き弥生尽 落合冬至
刃ごたへの堅き葱はも弥生尽 鈴木真砂女 夕螢
友情に悔を残さず弥生尽く 阿部みどり女
反りかへる木の葉鰈や弥生尽 前田普羅
地に鳴るは三月尽の夜のあられ 飯田蛇笏 雪峡
塩鰤も弥生尽なる片身かな 野村喜舟 小石川
夕鶴の十羽はほのと弥生盡霊 古舘曹人 砂の音
夜に入りて雨となりけり弥生尽 井月の句集 井上井月
弥生尽のぞきて暗き花鳥の間 有馬籌子
弥生尽むらさき帯びし招魂祭 近藤 弘
弥生尽烏賊が墨吐くはしりもと 石橋秀野
弥生尽追ひ着せられて羽織るもの 能村登四郎
弥生尽齢五十の膝の接ぎ 米沢吾亦紅 童顔
彗星や古寺繕われ弥生尽 和田悟朗 法隆寺伝承
朝より主人出あるき弥生尽 西山泊雲 泊雲句集
朱の袍を召せる華族に弥生尽く 長谷川かな女 雨 月
松よりも海の碧さや弥生尽 碧雲居句集 大谷碧雲居
林中に菓子ひらく香や弥生尽 堀口星眠 火山灰の道
浪かげに生るゝ芥弥生尽 銀漢 吉岡禅寺洞
煮ころがしの慈姑にがしや弥生尽 青木重行
珈琲を挽く香の厨弥生尽 大野雑草子
簾吊つて寮めく家や弥生尽 木歩句集 富田木歩
絨緞織りのうなじ幼き弥生尽 岡田久慧
臈たけて紅の菓子あり弥生盡 水原秋櫻子
葉ふるひし木々に屋根浮く弥生尽 木歩句集 富田木歩
藤壺にをんな浮出る弥生尽 河野多希女 こころの鷹
街川に水輪増やして三月尽 下山宏子
谷杉に凪ぎ雲迅さや弥生尽 飯田蛇笏 山廬集
鯛ばかり描かされていて三月尽く 長谷川かな女 花 季

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:39 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

夏近し

夏近し

例句を挙げる。

かき揚のからりと揚がり夏隣 岸田稚魚
つぎくるゝ茶のすぐ冷えて夏近し 久保田万太郎 流寓抄以後
ひとりづつ既決箱へと夏隣 櫂未知子 蒙古斑
まながひを離れぬ蝶や夏隣 道芝 久保田万太郎
まな板を橋と掴みて夏近し 依光陽子
ペリカンの嘴幅広し夏近し 森山英子
三味習ふ磯家の夜や夏近し 中島月笠 月笠句集
五分保つ苗代水も夏近し 広江八重桜
供花の水こまめに替へて夏隣 矢口由起枝
劉生の道の画ばかり夏近し 高澤良一 随笑
回転ドア軽々と出る夏近し 堀 政尋
夏近う蛙の殖える門田かな 会津八一
夏近き吊手拭のそよぎかな 内藤鳴雪
夏近き島に女の籠る家 宇多喜代子 象
夏近き泡盛といふ花が咲く 渡辺波空
夏近き禁裡の雲に啼く鴉 飯田蛇笏 霊芝
夏近き近江の空や麻の雨 村上鬼城
夏近き雨が降るなり土管口 菖蒲あや 路 地
夏近くある雨後の木のささくれに 中田剛 竟日
夏近く良平の絵の佐渡航路 高澤良一 寒暑
夏近く葎のしづくこぼれけり 松瀬青々
夏近しその口たばへ花の風 松尾芭蕉
夏近しまなかひつくる蝶一つ 久保田万太郎 草の丈
夏近し不死男の海に子を遺らむ 石川桂郎
夏近し二の腕軽く機を織り 安達実生子
夏近し夢の切れ目が生き活きと 河野南畦
夏近し家を囲める幹の影 片山由美子 水精
夏近し朝顔形の白き雲 京極杞陽 くくたち上巻
夏近し橋より見えて橋二つ 大岳水一路
夏近し澗水に散る竹の花 廣江八重櫻
夏近し澗水に浮く刎釣瓶 雑草 長谷川零餘子
夏近し焼くるとよりは烹ゆる肉 久保田万太郎 流寓抄
夏近し父の着尺の縞こまか 永田耕衣 奪鈔
夏近し真白に蔵を塗り替へて 松本美簾
夏近し眠らず夜の大欅 松澤昭 神立
夏近し短めに切る吾子の髪 村中千穂子
夏近し荵に水をやりしより 高浜虚子
夏近し講道館に灯の入りて 石田あき子 見舞籠
夏近し野球部のみな丸坊主 橋本榮治
夏近し雲取山に雲湧けば 轡田進
夏近し黒髪切って身重の娘 佐藤 耶重
夏近や廚修理も水の排泄 松根東洋城
夏隣る丁字の花に占も見る 内田百間
夏隣る幾むらさめや楢林 西島麦南 人音
夏隣る早瀬の石を家づとに 瀧春一 菜園
夏隣る浅蜊の舌の餌痺れに 内田百間
夏隣妻の廚に日のなごり 木津柳芽 白鷺抄
夜々遅く水使ふ音夏近し 石田阿畏子
大き夏近づく幹を抱きやれば 村越化石
小包の紐切る音も夏近し 高澤良一 ももすずめ
山の子の声みどりなる夏隣 小坂優美子
我郷や三山二水夏近し 長野十二星
手紙かくや蔦に灯を置く夏隣 碧雲居句集 大谷碧雲居
旅人の墓に飯供(お)き夏近し 角川源義 『口ダンの首』
旧藩邸木の香水の香夏近し 柴田白葉女 花寂び 以後
暮れて来て植う草花や夏隣 金尾梅の門 古志の歌
校庭に犬吠ゆるなり夏近く 内田百間
桟橋に散る船虫や夏近し 柑子句集 籾山柑子
椎の木のもと鋤き込むや夏隣 岸田稚魚
樹の上の星の感触夏隣 小澤克己
樹上より子の脚二本夏隣 林 翔
母の挿木生きし広葉や夏隣 碧雲居句集 大谷碧雲居
気怠さのミルク飲み干し夏近き 藤原たかを
水つかふ音耳もとに夏近し 柴田白葉女 花寂び 以後
海沿ひに自転車つらね夏隣 岡部名保子
海近く住み潮の香に夏近し 稲畑汀子 汀子句集
烏賊干して焼津の港夏近し 田中冬二 俳句拾遺
煮るものに大湖の蝦や夏近し 飯田蛇笏 霊芝
物の香の立つや厨の夏隣 巌谷小波
甲州や悉く夏近き山 古屋夢拙
白鳥に撒く餌ひかりて夏近し 久保田万太郎 流寓抄
百島の一島そこに夏近し 松根東洋城
皿程の青桐の葉や夏近し 稿本虚子句集 高濱虚子・今村一聲編
盛そばの浅き器や夏隣 八幡より子
盤石をぬく燈台や夏近し 原石鼎
竹林を抽く大欅夏近し 細田寿郎
米の在り処みその置場よ夏隣 稲垣きくの 牡 丹
老幹を雨光り落つ夏隣 岡本 眸
芹の茎夏近き風に倒れたり 癖三酔句集 岡本癖三酔
茶畑の月夜にはかに夏隣 小巻豆城
草冷えの手足づたひに夏隣り 原子公平
菜の花の咲き咲き伸びて夏近く 会津八一
葡萄作りは皆若者よ夏近し 瀧 春一
蝶に舌花に蜜あり夏隣 藤田湘子
襖絵の風神雷神夏近し 藤井寿江子
解夏近し詩偈亦百を数へけり 喜谷六花
跳ね上る鯉の掛軸夏隣 大森松枝
轢死またひとりの歴史夏隣 櫂未知子 貴族
辣韮の露彩なして夏近き 飯田蛇笏 霊芝
遠き声音近き言葉や夏近づく 成田千空 地霊
鉄塔の列を正して夏近し 大月 智恵子
長安に落雷早し夏隣 渡辺波空
須磨寺に水経をこそ夏隣 山田みづえ
顔も膝も蔦の羅漢や夏近き 渡辺水巴 白日
夏ちかき晩餐の花器水満てり 石原舟月 山鵲
夏ちかき樗のかげの搾乳舎 西島麥南 金剛纂
夏ちかき禁裡の雲に啼く鴉 飯田蛇笏
夏ちかし髪膚の寝汗拭ひ得ず 石橋秀野
神々を咫尺の俳話夏ちかむ 宮武寒々 朱卓
草ひけばお指(よび)に風や夏ちかし 『定本石橋秀野句文集』
甘藻場に甲烏賊の寄る夏近し 高澤良一 石鏡

以上あ
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:32 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

荷風忌

荷風忌

例句を挙げる。

木場丸太浮きつぱなしに荷風の忌 小島千架子
牛鍋てふ店まだありし荷風の忌 斎藤由美
独り身の自由が淋し荷風の忌 山田具代
荷風の忌墨東の川すぐ濁る 福島勲
荷風忌の踊り子がガムを噛む楽屋 伊藤黄雀
荷風忌の近しひそかに潮上げて 片山由美子 風待月
荷風忌の雲の移り気見てゐたり 吉川高詩
荷風忌や精養軒のオムライス 佐藤紫城
荷風忌や賛否臆せずカレー煮て 赤松[けい]子 白毫
荷風忌や雨よりも日にあやめ褪せ 成瀬桜桃子 風色
荷風忌を駱駝に乗りて遊びけり 有馬朗人

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:30 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春竜胆

春竜胆

例句を挙げる。

尾根に出るところ日当り春竜胆 岡田日郎
日が差して春竜胆の牧となる 伊原正江
春りんだう入日はなやぎてもさみし 安住敦
春りんだう咲く草むらの空高し 石原八束
春りんだう奔流のごと霧去りぬ 米谷静二
春りんだう消ぬかに隠れ耶蘇の墓 大橋敦子
春竜胆ひらかな書きの筆ほどに 山田弘子
春竜胆咲くくさむらの空小さし 石原八束
春竜胆山国育ちは山が好き 青柳照葉
春竜胆森の雫の如く咲く 岩本尚子
蚕飼村夕風見えて春竜胆 柴田白葉女
裾野路や薄紫の春りんだう 瀬戸口民帆

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:29 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春の蚊

春の蚊

例句を挙げる。

あはあはし春蚊よりわが生きざまは 朝倉和江
いきものは春の蚊なりし来るらしき 小池文子 巴里蕭条
しばらくは耳に春の蚊熊野道 斉藤夏風
たゝみ居る衣よりたちし春蚊かな 森千代子
ともしびにうすみどりなる春蚊かな 山口青邨
ともしびの色定まりて春蚊出づ 波多野爽波 鋪道の花
ひつそりと春の蚊を打つ水の音 森田正実
ぷーんと来る春の蚊にしてあな近き 高澤良一 寒暑
みどり児の手を出し眠る春蚊出づ 伊東とみ子
もの云ふはめんだう春蚊ふつと吹く 長谷川かな女 雨 月
ゆく春の蚊のスタンドに影ひける 臼田亞浪 定本亜浪句集
よだれかけ乳くさければ春蚊出づ 上田五千石 田園
わが袖のどこかに失せし春蚊かな 加倉井秋を 午後の窓
不忍の池より春の蚊の来たる 今井杏太郎
仏像のてのひらにして春蚊の死 鷲谷七菜子 黄 炎
何か曳き春の蚊飛べり三鬼亡し 秋元不死男
何もかもゆるしてをりぬ春蚊かな 松山足羽
何もかも春蚊も親し草の庵 富安風生
先生のあたりはづれや春蚊出づ 横山昌子
写楽の絵見てゐる春の蚊きいて 北原白秋
初蚊遣けふ箸初の浩宮 石田あき子 見舞籠
初蚊遣香や変らず青き渦 百合山羽公 寒雁
坐しゐたり鴫立庵の春の蚊に 町田しげき
声のみの春の蚊措きて文なさず 石川桂郎 四温
声明の黙より春の蚊がひとつ 中岡毅雄
夕日かなし春の蚊柱だけに差す 加倉井秋を 午後の窓
夕空を昇らむために春蚊生まれ 木村勇
大伽藍ぬけたる安房の初蚊なり 辻桃子
女のこと思ひ出さする春蚊かな 右城暮石 声と声
建長寺さまの東司や春蚊いづ 小沢謙三
御代の春蚊屋は萌黄にきはまりぬ 越人
患者らの血に太りたる春蚊打つ 三宅年子
愛憎の誰彼とほし初蚊遣 伊藤孝一
文机の脚を離れぬ春蚊かな 石川桂郎 高蘆
春の蚊がとまり白墨まみれの手 日原傳
春の蚊が墜ちし海図の最深部 内藤吐天 鳴海抄
春の蚊だ竹林に風呂立ててゐる 北原白秋
春の蚊のいておぞましや亭を去る 高濱虚子
春の蚊のうすうすとして灯に寄りぬ 水谷 たつ子
春の蚊のこゑなき肋痛むなり 石田波郷
春の蚊のとまりて敷布のべられし 中島月笠 月笠句集
春の蚊のひとたび過ぎし眉の上 日野草城
春の蚊のゐておぞましや亭を去る 高浜虚子
春の蚊のゐる手さぐりに吊り束子 石川桂郎 高蘆
春の蚊の乞食(ほいと)の葱にまとはるも 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
春の蚊の低きへ飛びて見失ふ 右城暮石 声と声
春の蚊の噂ほどなる声曳きて 野沢節子
春の蚊の寄つて来るのは寂しいか 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
春の蚊の尻ほそぼそと影のあり 吉武月二郎句集
春の蚊の文福茶釜より出でて 横山たかし
春の蚊の燈のほとり過ぎ顧みず 山口誓子
春の蚊の畳に低くそひうせし 上村占魚 球磨
春の蚊の絮の如くに吹かれきし 古賀 秀女
春の蚊の翅がうごいて紅らみぬ 今井杏太郎
春の蚊の翅のみどりに辞書の中 中拓夫
春の蚊の翅も乱さず打たれけり 加藤あき江
春の蚊の聞き誤りし声やらん 高濱年尾 年尾句集
春の蚊の肢折れやすく子を嫁かす 角川源義 『秋燕』
春の蚊の腹のみどりに辞書の中 中拓夫 愛鷹
春の蚊の酒肴の上をとびにけり 大橋櫻坡子 雨月
春の蚊は人になじまず去り行けり 高濱年尾 年尾句集
春の蚊ふつとたたいた 北原白秋
春の蚊やまみえてくらき翁像 深見けん二
春の蚊や一つとまりし雛の顔 正岡子規
春の蚊や乞食の葱にまとはるも 佐々木六戈
春の蚊や深酒せぬに二日酔 近藤一鴻
春の蚊や牡丹の覆けふ除りし 清原枴童 枴童句集
春の蚊や着物の膝をはなれゆく 三橋敏雄 まぼろしの鱶
春の蚊や職うしなひしことは言はず 安住敦
春の蚊や舞の由来に大柱 古館曹人
春の蚊よ竹林に風呂焚きつけて 北原白秋
春の蚊を真つ先に打つ女かな 仙田洋子 雲は王冠
春の蚊を遊ばせてゐる一と間かな 細川加賀 『玉虫』
春蚊たつ花鳥の袂曳く辺より 大橋敦子
春蚊とてめぐるをしばし許しけり 植田露路
春蚊とび子恋は安らぎに似たり 細川加賀
春蚊出づ擁きて世に遅るゝや 小林康治 玄霜
春蚊出づ暗きに文書裁断器 山崎ひさを
春蚊出てゆふべやさしきもののかげ 向田貴子
春蚊出て久女の墓に音生まる 北見さとる
春蚊出て早鐘の音をまとひけり 北見さとる
春蚊浮く夜や山ちかく移り住み 高井北杜
春蚊生る良寛の背の黒松に 堀 古蝶
春蚊生れて一隅水のひゞきけり 山上樹実雄
春蚊生れ闇も綾目をなせりけり 福永耕二
春蚊鳴く耳のうしろの暗きより 小林康治
松の幹によるべなくとぶ春蚊かな 雑草 長谷川零餘子
死をのがれたるか春蚊に鳴き寄らる 山口波津女 良人
浅草の鐘鳴り春の蚊一匹 石橋秀野
漂へる春蚊に昏き伎楽面 有馬籌子
独り病めば春蚊ささやく鼻の上 細川加賀
畳目にまぎれて春の蚊なりけり 岡本眸
病む母の息あはあはと春蚊いづ 恩田秀子
眼鏡の度上げねば初蚊見失ふ 高澤良一 素抱
紅茶土瓶の湯気の夜の春の蚊 北原白秋
脚垂れてきて金刀比羅の春蚊かな 古舘曹人 樹下石上
襟掛けてをれば出初めし春蚊かな 下田実花
西方に飢えし国あり春蚊鳴く 和田耕三郎
観音の腰のあたりに春蚊出づ 森澄雄(1919-)
酒匂ふ神楽控へに春蚊出て 荒井正隆
金泥の菩薩刺さんと春の蚊が 古川水魚
雨二夜春の蚊過ぎぬまのあたり 中村汀女
電灯に近づき春蚊見えずなる 鷹羽狩行
顔の上草のにほひの初蚊鳴く 野沢節子

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:26 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

髢草

髢草

例句を挙げる。

かがんぼの脚踏み外す髢草 高澤良一 ぱらりとせ
かもじ草揺るるは岬の男坂 河野南畦
かもじ草童女に紅き未来あれ 由利ゆきえ
かもじ草道もせに春深みたり 桑尾黒潮子
久女の墓ひそとありけり髢草 前田和子
思ひ出の道みな細しかもじ草 秋元不死男
萌え出でて雪間~の髢草 片岡奈王
見し夢を忘れかねつつ髢草 中尾寿美子
髢草すげなき仕草うらまるる 岡本 伸
髢草みな結ばれし恐山 堀 文子
髢草をとこには手を汚させぬ 津高里永子
髢草何故か知らんが覚えをり 高澤良一 素抱
髢草編みてはもどらざるあはれ 西本一都 景色
髢草論語忘れてしまひけり 小田中柑子
髢草鬢よ髱よと結ひしこと 大橋とも江

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:26 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

いかめしき声や日すがら花の虻 松岡青蘿
いまもかの逍遥の歌花圃の虻 谷野予志
えごの花虻のお尻の大きこと 高澤良一 寒暑
おのれ揺り揺れておどろく菊の虻 篠田悌二郎 風雪前
お花畑雨も疾走虻も疾走 高澤良一 宿好
くらがり峠音たてて虻ついてくる 江中真弓
こでまりやその八重毬の虻の昼 木津柳芽 白鷺抄
こゑ断つて虻が牡丹にもぐり入る 橋本多佳子
たんねんに八手の花を虻舐めて 山口青邨
つつじに虻図体あづけ蜜吸へり 高澤良一 随笑
つと離れ虻は牡丹の真上なる 高濱年尾
とむらひ酒したたか酔ひて虻たたく 細見綾子
とゞまりて牡丹の虻の宙にあり 高濱年尾
どくだみに悪魔の会話虻とべり 片山桃史 北方兵團
どこにでも虻来て涅槃騒がしき 佐々木六戈 百韻反故 初學
なかぞらに虻のかなしさ子の熟睡 橋本多佳子
はやくちことば余りこぼれる花の虻 山中葛子
ひかりより生れて虻や眉の上 藤田湘子
ぶんぶんとむかしの音を春の虻 平井照敏
べこ虻は炭酸ガス好き車中にゐる 高澤良一 素抱
ぼうたんに風あり虻を寄らしめず 高浜虚子
まんさくのよぢるる花に虻生まる 八木林之介 青霞集
もがきゐし虻飛び去りし落花かな 比叡 野村泊月
よしの出て虻のはなれぬ袂哉 宋屋
よぼよぼの虻を看とらぬ地球哉 永田耕衣 殺佛
わが庭のどこ歩きても石蕗と虻 星野立子
をさなごに虻放ちやる葱坊主 角川春樹 夢殿
アネモネの花くつがへしをるは虻 高野素十
カラ~の野糞日向や虻唸る 内田百間
コスモスの縁(へり)を掴みて虻沈む 高澤良一 さざなみやっこ
コスモスの虻花うつりばかりして 大橋敦子 手 鞠
ビ口ードの虻ビ口ードの白藤に 星野立子
ホバリングする虻に貌突き出して 高澤良一 宿好
一とわたり石蕗の虻にも目を移し 後藤夜半 底紅
一匹の離れて舞へり冬の虻 平田 節子
一日よ虻とは知らず飛んでゐる 桑原三郎 晝夜
一身に虻引受けて樹下の牛 右城暮石(1899-1995)
仁王永久に青春の貌山の虻 大峯あきら
何となく虻は清潔姿よし 京極杞陽 くくたち上巻
傘ほせばぽつんとつきし小虻かな 中勘助
八瀬の草大原の草虻多し 癖三酔句集 岡本癖三酔
初花にはや賢しらの虻来をり 大橋敦子 手 鞠
前生といふ言葉ふと虻の顔 川崎展宏
勁さうな虻を引き寄せ富士薊 大橋敦子
句集もて虻と闘ふふしどかな 島村元句集
向日葵をめぐりて虻の止らず 深見けん二
唇噛んで阿修羅は若し朝の虻 山田孝子
善光寺雲上殿の迷ひ虻 宮坂静生
墓の虻生きおる兄妹たちの声 寺田京子
夏山の白日虻の黄は失せぬ 石橋辰之助 山暦
夏雲のくづれわたれり虻ねむる 石橋辰之助 山暦
夕冷えに死ぬげんげんの眠り虻 太田鴻村 穂国
大いなる輪を描きけり虻の空 高野 素十
大仏の鼻の穴より虻一つ 正岡子規
大佛の日なたを虻の叩きけり 内田百間
大根のやたらと辛し虻の昼 石川桂郎 高蘆
大根馬日向の虻をさそひけり 川口 哲郎
大空にものうき虻の舞ひ隠る 阿波野青畝
大空に唸れる虻を探しけり 松本たかし(1906-56)
大空に飛び据る虻の光りかな 楠目橙黄子 橙圃
大虻に蹴られてちりぬ黄楊の花 小野蕪子
大虻の消え失せなんと澄みにけり 上野泰
大虻の飛び澄み細りゆきにけり 上野泰 春潮
大虻や椿の蕊に泰然と 野村喜舟 小石川
天蓋のしだれ桜や虻びより 角川春樹 夢殿
太陽と虻を引き寄せ石蕗の花 本岡歌子
夫の菊虻来蝶来て猫跳んで 及川貞 夕焼
妻に子がありひらがな書き飛ぶ花虻あり 磯貝碧蹄館 握手
宙でまた会えばや虻の俯かむ 永田耕衣 殺祖
宙の虻しづかに脚を擦りにけり 鈴木貞雄
家中を経巡る孫は春の虻 高澤良一 素抱
小春日や生毛まみれの虻とあり 野澤節子 黄 瀬
尻軽な花菜の虻とおもへりき 高澤良一 素抱
山の虻一点を打つ露の中 宇佐美魚目 秋収冬蔵
山は草風寝さそふ程な虻日和 乙字俳句集 大須賀乙字
山深く人語をかたる虻ありき 高橋睦郎 荒童鈔
山茶花を散らしに虻が来てゐたり 永井龍男
山藤のうすむらさきにじゃれる虻 高澤良一 素抱
山虻の眼に透る茨かな 室生犀星
山虻の眼の透る茨かな 室生犀星 魚眠洞發句集
山虻や人待てとび待てとび 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
山行けば虻に残暑の一ト盛り 幸田露伴
山道の案内顔や虻がとぶ 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
工場地帯へ虻が先ゆく運河わたる 古沢太穂 古沢太穂句集
干してある蒲団に菊の虻とまる 上野泰 佐介
年ゆくや出エジプト記に虻唸り 小檜山繁子
庇より高くは飛ばず菊の虻 上野泰 佐介
廣庭に虻が陰食ふ日向かな 内田百間
弁当にとびくる虻を叱しけり 岸風三樓
御詠歌を誦す花虻や宙天に 辻桃子 ねむ 以後
手に当る虻流れ行く春の風 本田あふひ
手澤本綴絲弛む虻日和 内田百間
押し黙り見居り花菜の虻の所作 高澤良一 素抱
提げ歩く供華に虻来る菊日和 大橋敦子 手 鞠
換気扇虻突つ込んでゆきにけり 奥坂まや
斯う斯うと虻の案内や不二詣 一茶
新しき家はや虻の八つ当り 鷹羽狩行(1930-)
方向をくるりと転じ虻の尻 高澤良一 宿好
日のレールに虻が生まれるふるさとなり 寺田京子 日の鷹
日をのせて花野や虻の逆鱗も 古舘曹人 能登の蛙
日矢厚し点から点へ虻飛んで 北野民夫
早起の虻が来てをり花南瓜 大橋桜坡子
春の空いきなり虻の流れけり 大串章 百鳥
春雨や浪あげて居る虻が島 前田普羅 新訂普羅句集
昼の虻吸ひこまれゆく土佐水木 高澤良一 寒暑
昼花火虻が花粉に眼を汚し 宇佐美魚目 秋収冬蔵
時に風時に虻来て揺るゝ藤 坊城中子
朝ひとゝき園には虻もよせしめず 上村占魚 鮎
朝戸出や虻を追ふにも蹄の音 香西照雄 素心
本願寺詣でに虻が紛れ込む 佐藤信子
杏花の虻微塵を落し居りにけり 野村喜舟 小石川
村に牛一頭虻が人につく 西村公鳳
枇杷の花虻より弱き黄なりけり 野村喜舟 小石川
栗駒を指す辺霞みぬ虻の声 阿部みどり女
桃の虻皆光り飛び茶褐色 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
梅の蕊虻が足踏みして移る 佐藤華秋
梅の虻つめたき空に舞ひあがり 岸本尚毅 舜
棚経や闖入の虻大自在 矢島渚男 船のやうに
椿落ちて虻鳴き出づる曇りかな 定本芝不器男句集
次から次虻来てつつじ旺んにす 高澤良一 寒暑
死ぬや虻死ぬよろこびは仰向けに 河原枇杷男
死者の家昨日の小菊に昨日の虻 林翔 和紙
残る虻人形を刺し続けゐる 小泉八重子
残る虻土着の土を打ちかへす 成田千空 地霊
殺されに虻ましぐらに来る西日 村越化石 山國抄
母の背に居る高さ虻の来る高さ 中村草田男
母牛と仔牛一体虻払ふ 橋本美代子
永き日や太鼓のうらの虻の音 浪化 (1671-1703)
浮く虻や鞴の舌の不浄鳴り 内田百間
海棠や虻の瞼の重き時 浜田酒堂
満天星の花には止りづらき虻 木暮つとむ
澄む虻を避けて通りし若葉かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
濯ぎもの干すやまつはる虻一つ 左右木圭子
父癒えぬ日向いづこも虻散らし 野澤節子 黄 瀬
牛の眼を金の虻すぎ五月来ぬ 岸風三樓
牛の虻マリア地蔵にまつはれり 辻桃子
牛の虻摶てば血を噴くをみなへし 篠田悌二郎
牡丹の虻に習ひて小さき虫 後藤夜半 底紅
牡丹より牡丹へ虻の花狂ひ 辻田克巳
牡丹花に虻が生きたるまま暮るる 耕衣
牡丹蕊分け入りし虻ころげをり 矢島渚男 天衣
物うさの筆たど~し虻の声 青峰集 島田青峰
狢藻も降りと尾振れり虻の鳴く 内田百間
甘茶仏濡れては虻をさそひけり 堀口星眠 営巣期
田舎にて老母も虻も茶褐色 永田耕衣 驢鳴集
白山茶花虻つきてより潤ヘり 野澤節子 黄 炎
相撲取の腹に着きけり虻の声 木導 七 月 月別句集「韻塞」
眉よせて虻打ち払ふ袂かな 比叡 野村泊月
眼のまはりに虻つけて牛こちら向く 田川飛旅子
着茣蓙してまつわる虻をうとみをり 石田良作
石段に虻の溺れし紙コップ 柴野八洲子
石蕗が呼ぶ虻も鎌倉日和かな 石塚友二
石蕗に日の当るを待ちて虻来る 西井猶存
石蕗に虻とまりて影のなかりけり 星野立子
石蕗に虻来る日よ四辺澄みわたり 星野立子
石蕗の花虻をはぢきてゐたりけり 大橋敦子
石蕗の虻つとたちふつと昃りぬ 成瀬正とし 星月夜
石蕗蕾む虻の翅音にあやされて 高澤良一 宿好
秋の虻コツンと肩に島日和 中村明子
空中に虻とどまれり恋人来 小澤實(1956-)
窓あけて虻を追ひ出す野のうねり 富澤赤黄男
窓を隔てゝ虻の語るや小半日 尾崎紅葉
綯ひ繩の毛焼き火パツと虻に照る 内田百間
綿埃つけて虻去る窓うらゝ 高田蝶衣
耳につく虻の声のみ単衣裁つ 藤木清子
耳に蹤く虻はらふ手に翅触りぬ 篠原梵 雨
肉牛といふ尾が一日虻を追ふ 加藤瑠璃子
胡麻の花に虻むらがりて農夫の死 細見綾子
臼ふみの足豆けづる虻日和 冬葉第一句集 吉田冬葉
舞すくむ虻や地にそふ影久し 加舎白雄
花にあそぶ虻なくらひそ友雀 芭蕉
花に虻教師の愛は均等に 樋笠文
花に遊ぶ虻な喰ひそ友雀 芭蕉
花一つ一つ虻もつ葵哉 正岡子規
花紫蘇を虻の摶つ音卒中死 豊長みのる
花菜の虻花粉運んで黄昏まで 高澤良一 素抱
花菜の虻頭の中で鳴ってをり 高澤良一 素抱
花虻にかぼちやの花の中ぬくき 辻桃子
花虻に抜け穴のある寺土塀 伊藤白潮
花虻に抱へられたる蕊唸る 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
花虻の尻の無防備めでたけれ 野本京
花虻の禽に啖はるゝ刻しづか 角川春樹 夢殿
花虻の翅音真昼の静けさに 穂坂日出子
花虻の蜜つけて飛ぶ霽れ間かな 横光利一
花虻の音聞く限りきかん坊 高澤良一 素抱
花虻やポーカーフェースくすぐられ 仙田洋子 橋のあなたに
花虻や追憶ばかり相続す 山田みづえ 忘
茶の花にひそみて虻のあからさま 高浜年尾
草ひけば目のそばへ来て虻のはね 宇佐美魚目 天地存問
草枕虻を押へて寝覚けり 路通
荒壁に虻狂ひをる西日かな 富田木歩
菊に来る虻や猪鍋待ちながら 岸本尚毅 選集「氷」
菊の虻つまづきながら歩きをり 上野泰 春潮
菊の虻暫く我に飛び澄めり 上野泰 春潮
菊の虻翅を光となして澄む 深見けん二
菊の虻花の桟敷を渉り 上野泰 佐介
菊の虻蕊を抱へて廻りけり 鈴木花蓑句集 鈴木花蓑
菊の飾窓虻摶つことをくりかへす 原田種茅 径
菊人形虻の飛び交ふ千早攻め 高澤良一 さざなみやっこ
菊日和虻の饗宴蜂の饗宴 高浜虚子
菊枯れてけふ麗日の虻多し 篠田悌二郎 風雪前
菊根分して虻の輪の中にあり 岡本湯雨
菜の花に虻は呪文を切るごとし 高澤良一 ぱらりとせ
落ちさまに*虻(あぶ)を伏せたる椿哉 漱石
落椿這ひづる虻や夕日影 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
葉ざくらや宙に翅澄む虻いくつ 篠田悌二郎
藤の虻ときどき空を流れけり 藤田湘子
藤の虻一つ一つが戦士とも 森田峠 逆瀬川以後
藤浪や虻の群りすさまじく 野村喜舟 小石川
虻うなる破船廃舸の蔭日向 成田千空 地霊
虻が来て動かしてゐる花菜かな 細見綾子 花寂び
虻が来て老兵が来て墓笑ふ 熊谷愛子
虻が来て萩が静かに賑はひぬ 細見綾子
虻が飛ぶ虻飛ぶ虻の字の不思議 上杉順子
虻せはし肉うちふるふ洗ひ馬 飯田蛇笏 春蘭
虻ついと宙の凹みに落ちにけり 小川軽舟
虻つれて水辺をまはる老婆の午後 桂信子 黄 瀬
虻として飛ぶ充実の淋しけれ 清水径子
虻とぶよ主義にならざる鼻唄に 寺山修司 未刊行初期作品
虻とんで小春くづるゝけしきなし 三好雷洋子
虻とんで老子のことば繰返す 黒田杏子
虻と虻ここも組討げんげ揺れ 阿波野青畝
虻のねて音なき杏月夜かな 中勘助
虻のゐて狭庭のどこか光りをる 内藤吐天 鳴海抄
虻の下靴履く吾子の髪かがやき 石田波郷
虻の子黒天鵞縅を纏うたり 富安風生
虻の宙光背のごと翅のひびき 石川桂郎 含羞
虻の影障子にとまる小春かな 也有
虻の王黒天鵞絨を纏ふたり 富安風生
虻の目の巨きくわれをみつめをり 辻桃子
虻の眼の爛々として宙にあり 今井杏太郎
虻の輪の南瓜の花をはなれざる 本田閑秀
虻はまだ蝿はまだなり厩出し 森田峠
虻はまだ蠅はまだなる厩出し 森田峠 避暑散歩
虻ひとつ蘂より落ちてひかりけり 角川春樹 夢殿
虻よんで倦むこと知らず石蕗の花 山口誓子
虻よ虻世にうとましき名なりけり 正岡子規
虻ゐねば蝿がゐるなり花八手 川村凡平
虻をうち蜂とたゝかひ一日かな 銀漢 吉岡禅寺洞
虻をのがれず復活祭の花抱え 平畑静塔
虻を叩けば虻ゐなくなる寂し 佐々木六戈
虻を手にうちころしをり没日の中 加藤楸邨
虻一つぶつかり落ちし天幕かな 高濱年尾
虻一つ居て行き過ぎし茶店かな 長谷川零余子
虻一つ紫苑離れし高さかな 清崎敏郎
虻一つ翔てば総だち花八手 斎藤雨意
虻一つ金光を點ず庭真晝 内藤吐天
虻一匹一唸りして消えにけり 稲畑廣太郎
虻一匹迷い込みたる音薄暑 高澤良一 寒暑
虻出よせうじの破の五月晴 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
虻去つてしばらく水車思ひけり 平井照敏 天上大風
虻去るとはつかに石蕗の独り言 高澤良一 宿好
虻叩き叩きつダンスパーティーを 折井眞琴
虻宙にとどまり牡丹句碑生まる 館岡沙緻
虻宙にとどまるときの羽音かな 稲畑汀子
虻忙し世の中忙し葱坊主 山内 年日子
虻愚か打たるるまではつきまとう 荒巻 大愚
虻打つや田舟卸しも日を見ると 内田百間
虻来りわが耳鳴りと闘へり 広谷一風亭
虻澄みてつゝと移りて又澄みぬ 高浜虚子
虻澄めり真日夏山をふかむとき 石橋辰之助 山暦
虻生れすなはち翅音立てにけり 安住 敦
虻生れて晴れて教師も昼餉待つ 中村草田男
虻石蕗に来る赤とんぼ松に来る 星野立子
虻翔けて静臥の宙を切りまくる 山口誓子
虻落ちてもがけば丁字香るなり 高濱虚子
虻藤に入りてひがしもにしもなし 大木あまり 山の夢
虻蛾蜂それぞれ花を得つゝあり 星野立子
虻蜂のとまりそこなふけしの花 水田正秀
虻蜂蚊彼岸櫻に聚まれる 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
虻酔うて南瓜の花を出でにけり 小澤實
虻飛んで栗の花散る小道哉 寺田寅彦
虻鳴いて入るに穴なき障子哉 山本洒石
虻鳴くや芥火消ゆる灰の上 廣江八重櫻
虻鳴くや野川の芥の樋に溜り 内田百間
蜂の巣に虻のとびよる落葉かな 九湖
螢袋はっと大きな虻を吐く 大橋敦子 匂 玉
裏道は虻が吸ひゐる胡麻の花 細見綾子 花寂び
襟乾かぬ干衣入るゝ虻ぐもり 冬葉第一句集 吉田冬葉
語り婆遠野の虻をつれて来し 小原啄葉
課題制不可なる所以虻鳴ける 内田百間
買手つく菊の苗より虻立たせ 高澤良一 ぱらりとせ
身体健康心健康石蕗に虻 星野立子
近衛兵の帽子ぐらつと虻払ふ 須川洋子
途中から虻に恋しき方のある 清水径子
這入りたる虻にふくるゝ花擬宝珠 高浜虚子
部屋に虻閉ぢ込められし気配かな 稲畑汀子
酒飲めば虻来て耳に鐘撞くや 菅原師竹句集
釈尊降誕あま茶貰ひの虻可愛ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
野茨に虻とる雨雀かへり見す 飯田蛇笏 山廬集
釣鐘を蹴落さんと虻の飛びめぐる 正岡子規
長き停車林檎の花ゆ虻が来る 大野林火
雨に揺れ虻にゆれけりうつぼ草 堀口星眠
雨後の木瓜虻を集めて鳴れりけり 永井龍男
雲起る石の間やうなり虻 宇佐美魚目 秋収冬蔵
雷のごと大虻の過ぎにけり 上野泰 佐介
霞む日や虻の眼底火の如し 内藤吐天 鳴海抄
霧を来し虻浄らなりお花畑 加藤草杖
頬の虻歩みつ打てり書に帰らん 金子兜太
顔洗ふ虻の寐覚や花の露 滝川愚仏
風立てばとまり直して菊の虻 西山昌子
飛んでくる虻真っ黒け二輪草 高澤良一 随笑
飴売の虻に追はるゝ野路かな 古白遺稿 藤野古白
馬が虻に乗つて出かける秋の山 室生犀星 犀星發句集
馬虻の氷室口までつき来り 臼田亞浪 定本亜浪句集
馬虻の真一文字に通し土間 鳥居美智子
馬虻はわりなき馬子を剌しにけり 阿波野青畝
高地にて両眉に虻垂れるかな 安井浩司 汝と我
鳴いてとんでまだ虻の腹ほそきなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
鶏の何きゝ耳や虻の昼 西山泊雲 泊雲句集

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:22 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

あたゝかやしきりにひかる蜂の翅 久保田万太郎 流寓抄
あはててはいけない柿を滑る蜂 高澤良一 鳩信
あらゝかにとび去りにけり花の蜂 高橋淡路女 梶の葉
あるほどの養蜂箱の陽炎へる 西村和子 夏帽子
あれは夏蜂の武蔵に螫されし日 高澤良一 素抱
うなり落つ蜂や大地を怒り這ふ 高浜虚子
えんやさと唐鍬かつぐ地蜂捕 飯田蛇笏 春蘭
おそひ来し熊蜂顔を打つや落つ 加藤知世子 花 季
お茶筅に蜂の来てゐる野点かな 渡辺貞女
かはるがはる蜂吐き出して釣鐘草 島村 元
かはる~蜂吐き出して釣鐘草 島村元句集
からつぽの蜂の巣の下深睡り 中山純子 沙羅
かりかりと蟷螂蜂の皃を食む 山口誓子
かり~と蟷螂蜂の貌を食む 山口誓子
くるくると蜂まはし喰ふ女郎ぐも 加藤知世子
こうこうと風吹き衰へし蜂の飛ぶ日暮 雲の音 芹田鳳車
ここが一石路の友の安宿、赤ん坊茸蜂の子肴で飲む 橋本夢道 良妻愚母
ことしまだ蜂の来らず花ぐもり 久保田万太郎 流寓抄以後
この頃は蜂を怖れて居るわが子 京極杞陽 くくたち上巻
こもりくの蜂にさゝれないと桜 高井几董
ころぶすや蜂腰(すがるごし)なる夏痩女 芝不器男(1903-30)
ころ~と蜂ふとりをるさつきかな 阿部みどり女 笹鳴
さはらねば赤蜂美しき故郷 永田耕衣 驢鳴集
さんしゆゆの葉裏に蜂の小さな巣 高澤良一 ももすずめ
すずめ蜂患部のごとき巣を作る 高澤良一 随笑
ちやぼ桧葉に飛ぶ蜂の輪のいびつかな 島村はじめ
ちやぼ檜葉に舞ふ蜂の輪のいびつかな 島村元句集
つくばひに蜂のきてのむ土用晴れ 三好達治 俳句拾遺
てのひらに蜂を歩ませ歓喜仏 三橋鷹女(1899-1972)
なきがらの蜂に黄の縞黒の縞 橋本多佳子
なぐり吹く山風ぐらし蜂の縞 成田千空 地霊
はなびらを押し曲げてゐる蜂の脚 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
ひ と り ゐ て 蜂 に さ さ れ た 山頭火
ひたすらに熊蜂藤にありて去らず 高濱年尾 年尾句集
ひなげしの蜂来れば揺れ去ればゆれ 式部野蓼
ぶんぶんとにらみをきかす蜂一匹 三宅李佳
ぶんぶんと蜂の来てゐるもちの花 佐藤 芙陽
まつさきに風土記の蜂が膝掴む 田中水桜
まろび寝の瞳は蜂を追ひ吾子を追ひ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
やま人と蜂戦へるけなげかな 原石鼎
われを刺しし蜂のほかにも蜂とべり 山口波津女 良人
われ蜂となり向日葵の中にゐる 野見山朱鳥(1917-70)
をうをうと蜂と戦ふや小百姓 村上鬼城
をう~と蜂と戦ふや小百姓 村上鬼城
をとこへし縞明かな蜂きたる 八木林之介 青霞集
アカシヤの花のくだちのなほ蜂の寄せをる 小澤碧童 碧童句集
アカシヤや庵生が愛づる喧嘩蜂 竹下しづの女句文集 昭和十一年
クローバや蜂が羽音を縮め来て 深見けん二
シヤベル持ちて足長蜂と励み合ふ 石田あき子 見舞籠
ダンディーな蜂が薔薇より這ひ出でし 山本歩禅
バオバブの根よりあらはる蜂の王 如月真菜
フレームの蜂の遊べる紅き花 寺岡捷子
ポタージュを蜂嗅ぎつけぬカフェテラス 高澤良一 燕音
マリアの母はつねにうつむき蜂二匹 夏石番矢
一匹の蜂に逢ひたり砂丘行く 高木晴子 晴居
三伏の蜂やわが家に入りびたり 百合山羽公 寒雁
下刈に蜂の巣多し蜂多し 穴井 研石
丹波の山地蜂つまみて日に透かす 中山純子 茜
乳臭き児に来る蜂を追ひ払ふ 右城暮石 上下
井戸枠に疲れし蜂の三四かな 三好達治 路上百句
人ねむり蜂あるきゐる皿の縁 木下夕爾
人の目を螫したる蜂の怒哉 正岡子規
人刺して足長蜂(あしなが)帰る荒涼へ 金子兜太 旅次抄録
人追ふて蜂もどりけり花の上 炭 太祇 太祇句選
仕舞せて勝手は寝せる月見かな 山蜂 俳諧撰集「有磯海」
低く来る蜂おそろしき夏炉かな 岸本尚毅 舜
信徒八方土蜂は窩窟砦とし 河野多希女 納め髪
倒れたる紫苑に蝶も蜂も来る 上田 幸子
光る蜂青野の汽車に伴走す 伊丹三樹彦 人中
八つ手ちかき干蒲団蜂蠅とゐる 川島彷徨子 榛の木
六尺の人追ふ蜂のこゝろかな 闌更
六足四羽きらきらと蜂湧きにけり 平井照敏 天上大風
凌宵花や蜂の巣見ゆる倉の屋根 四丁句集第一巻 鵜沢四丁
出舟や蜂うち払ふみなれ棹 蕪村
分銅のごと熊蜂の揺れてくる 京極杞陽 くくたち上巻
剥落の飛天をたちし蜂ひかる 宮津昭彦
十五夜の蜂の子飯をもてなさる 瀧澤伊代次
午の牡丹雀の如き蜂のくる 久米正雄 返り花
危ふさよ蟷螂蜂をねらひよる 寺田寅彦
口笛吹けば蜂居ずなりぬ塀長閑 西山泊雲 泊雲句集
古稀自祝土蜂を追うて眼の灼けて 中島斌雄
台風の蜂の巣おもて蜂の満つ 新津香芽代
名月は蜂もおよばぬ梢かな 服部嵐雪
名月や更て来日の蜂高き 松岡青蘿
吹かれきし野分の蜂にさゝれたり 星野立子
吹かれ来し野分の蜂にさゝれけり 立子
吹きあがる蜂の嗔りが夏空へ 中田剛 珠樹以後
呪われてあり少女の顔へ蝶や蜂や 金子兜太
喜佐谷を守りて蜂の大きな巣 佐藤鬼房
喰ひ合うて蜂死んで居る落葉哉 寺田寅彦
土曜日の王国われを刺す蜂いて 寺山修司(1935-83)
土船や蜂うち払ふみなれ棹 蕪村遺稿 春
土蜂のいま荒息す額の花 殿村莵絲子 花寂び 以後
土蜂の恋の唸りの青鞍馬 殿村菟絲子 『樹下』
土蜂の羽音うららか数しれず 阿部みどり女
土蜂や夕日の弱き頃をとび 山口誓子
土蜂や農夫は土に葡匐する 竹下しづの女句文集 昭和十一年
地に円を描きある中に蜂とまる 波多野爽波 鋪道の花
地明かりや静かに蜂のいのち這う 三谷昭 獣身
地蜂がさかしくなつて垣添ひの竜のひげ 梅林句屑 喜谷六花
地蜂とぶ無名無告の塚いくつ 成田千空 地霊
地蜂出て石一枚をわたり終ふ 馬場移公子
地蜂匐ひあるはとぶかげ薄暑きぬ 飯田蛇笏 春蘭
地蜂炒る四方木屋に朝はじまれり 福田甲子雄
地蜂翅すぼめて穴へかくれけり 青葉三角草
地蜂追い飽くまで行きて森の底 安井信朗
塊に蜂歩み居て地震かな 月舟俳句集 原月舟
声立て居代る蜂や花の蝶 炭 太祇 太祇句選
声継ぎて山裾駆ける地蜂取り 村山智一
夏の蜂石燈籠にとまりけり 原石鼎 花影以後
夕闇や蜂の巣もやす水辺垣 西島麦南 人音
夕露に蜂這入たる垣根哉 炭 太祇 太祇句選
夜の山茶花蜂のこりゐて叩かれし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
大破して蜂の巣懸けし鐘楼かな 尾崎紅葉
大霜や土は一面蜂の巣めき 渡辺恭子
天心の田舎に蜂の還るかな 永田耕衣 闌位
天高し老蜂に又痩蝶に 相生垣瓜人 明治草抄
夫がき蜂がくすたこらさつとすさるべし 加藤知世子
夫に吾灸花には熊ん蜂 依光陽子
子供の目にも黒門涼し蜂須賀邸 石川桂郎 四温
宙に飛びとゞまりて蜂蜂を待つ 右城暮石 上下
実山椒の蜂の分封(こわかれ)過ぎ 北原白秋
実椿や立つるによわき蜂の針 野坡
密蜂の緻密な翅音妻の上に 中山純子 沙羅
密蜂や咲いてゐたりし櫨の花 木津柳芽 白鷺抄
寒山か拾得か蜂に螫されしは 夏目漱石 漱石俳句集
少年が蜂の巣を知る胡桃の木 細見綾子 花寂び
山の蜂かえりまつかな鳳仙花 和知喜八 同齢
山の蜂見て混浴の二青年 高澤良一 素抱
山の蟻蜂と争ふもの離さず 中戸川朝人
山茶花の花をつかみて雀蜂 岸本尚毅 鶏頭
山蜂の脚垂れ澄めり滝ひゞき 米沢吾亦紅 童顔
山蜂や木丸殿の雨のゝき 蕪村遺稿 春
山頂の蜂飢えまひるのなみがしら 坪内稔典
巣の中に蜂のかぶとの動き見ゆ 高濱虚子
巣の蜂のみな出払つて港かな 大木あまり 火球
巣の蜂の晩夏ひたすらなる何ぞ 篠田悌二郎 風雪前
巣の蜂は耳順経たるや未だしや 板垣鋭太郎
巣の蜂怒らせし竿を捨てたり 河東碧梧桐
巣を抱いて動かぬ蜂や雨の中 坂本春甕
巣を蜂のしたゝり出づる信濃かな 須原和男
師の軒を恋ふ徳利蜂来たらずや 石川桂郎 四温
干物に木の葉のごとく蜂落ちし 阿部みどり女
年あゆむ大蜂の巣のある家に 大峯あきら 鳥道
幹かんで蜂の巣づくる一ト日かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
幹にまた蜂きたること盆の風 中田剛 竟日
庇出て颱風圏の蜂となる 蓬田紀枝子
弱る蜂陽あびる妻の手は荒れて 大井雅人 龍岡村
徳利蜂巣の徳利ざま蔦結ぶ 石川桂郎 高蘆
患者食相似て蜂の一巡す 中嶋秀子
戸袋へ足長蜂と戸が入る 大石雄鬼
手がたきや桜は花に近衛よう(様) 一蜂 選集「板東太郎」
手の薔薇に蜂来れば我王の如し 中村草田男(1901-83)
打水の一塊となり蜂溺る 右城暮石 声と声
打水や土につきたる蜂の尻 芝不器男
指輪ぬいて蜂の毒吸ふ朱唇かな 杉田久女
掘り出せる八重九重の地蜂の巣 星野恒彦
掛稲の下を這ひつつ唸る蜂 岸本尚毅 舜
散る薔薇に下り立ちて蜂吹かれけり 渡辺水巴 白日
文化祭紋章の蜂青天に 平畑静塔
新聞紙燃え上がらせて蜂焼く火 右城暮石 声と声
新藁のつかず放れぬ蜂二つ 長谷川かな女 花寂び
新酒よし蜂の子も可ならずとせず 富安風生
旅人のごとく足長蜂の行く 村松紅花
日が射して蜂を待つかの石蕗の花 阿部みどり女
日が短くなるぞ足長蜂帰れ 百合山羽公 寒雁
日ざかりの蜂人の香をめぐりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
日の出待つ蜂の子すでに凛々しくて 蓬田紀枝子
日影行苑の胡蝶やのらでつち 一蜂 選集「板東太郎」
日旺ンなる蜂の巣を焼きにけり 安住敦
日輪をこぼるる蜂の芥子にあり 篠原鳳作(1905-36)
日静か落ちいちじくに群るる蜂 細見綾子 黄 瀬
春水や黎明飛べる蜂の王 碧雲居句集 大谷碧雲居
春潮や働き蜂は余恋なく 永井龍男
春立や蜂のはひゐる土の割れ 室生犀星 犀星発句集
春雨や蜂の巣つたふ屋根の漏り 芭蕉
昼月や蜂飼に貸す遊び畑 影島智子
暗がりに盆提灯と蜂の巣と 大木あまり 火球
曠野かな朝より蜂の針光る 徳弘純 麦のほとり
更衣爬虫のいろに蜂腰(すがるごし) 蛇笏
朝刊に日いつぱいや蜂あゆむ 橋本多佳子
朝涼し巣を離れ飛ぶ蜂一つ 宋淵
朝虹の葉むらをいづる瓜の蜂 石原舟月 山鵲
木の桶がからつと乾き蜂通る 中嶋秀子
木ばさみの白刃に蜂のいかりかな 白雄
木洩れ日のつよきを赤き蜂占めて 野澤節子 黄 瀬
杉の葉に長く蜂をり怠ける日 田川飛旅子
枇杷の花同色の蜂を呼び集め 瀧 春一
柑園に蜂飼ふ春のをとめあり 西島麦南 人音
柑橘へ花圃の蜂群うつりけり 川島彷徨子 榛の木
柿色に降り注ぐ日に蜂降れり 高澤良一 鳩信
梨の花蜂のしづかににぎはへる 深見けん二
植ゑるより金蜂花に紅椿 飯田蛇笏 春蘭
樹空掠めて脚あぐる蜂の快活よ 中島月笠 月笠句集
橋越えてきて貌あかい雀蜂 和知喜八 同齢
機のまねきまそほの薄乱れけり 一蜂 選集「板東太郎」
残菊の蜂はしづかに立ち行けり 山城青桐子
殺されている熊蜂も雨の中 武田伸一
母の日わが働き蜂に似てさみし 石田あき子 見舞籠
気弱さの蜂にも簷をとられけり 高橋榛城
水に来し蜂足長く下りにけり 温亭句集 篠原温亭
水打つてのがれし蜂や花吹雪 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
水道の奥婿がねとはん水浴びせ 一蜂 選集「板東太郎」
泥蜂の一つづつ穴出ては飛ぶ 市原あつし
洗ひ飯蜂の機嫌を悪くせり 中拓夫
流し来る蜂腰乙女や風の盆 金箱戈止夫
海は養蜂園からの眺めもまた、花ぐもり(熱海) 荻原井泉水
涅槃したまふ中空を飛び交ふ蜂 中田剛 珠樹以後
混浴のアダムがイヴに蜂指さし 高澤良一 素抱
混浴の蜂の来る湯に今一度 高澤良一 素抱
温室の中に蜂の巣あるらしく 山田静雄
満ち潮の一湾に聳つ雲の蜂 田中英子
満天星の花より蜂の大きけれ 阿部みどり女
満月の巣を空にして蜂飛び居る 長谷川かな女 花 季
濁流を一直線に熊ん蜂 沢木欣一 往還
濃山吹蝶蜂よぎるものは消ゆ 青邨
濃度増す鹹水槽に蜂溺れ 津田清子 礼 拝
瀧の水青空へ蜂吹きはらひ 中田剛 珠樹以後
灯心よあいたいの隈を朧月 一蜂 選集「板東太郎」
炎天を避けきし蜂の逐ひ難し 百合山羽公 寒雁
烈風の*しどみはなれぬ地蜂かな 西島麦南 人音
無数の線でつながる働き蜂の唄 乾鉄片子
無為多忙陽の重さもつ蜂とまる 桜井博道 海上
焼かれたる巣に一匹の蜂もどる 右城暮石 声と声
熊ん蜂夏期大学の窓に入る 篠原鳳作
熊ん蜂狂い藤房明日は果つ 西東三鬼
熊ン蜂羽音腹立ちまぎれなる 行方克巳
熊蜂とべど沼の青色を抜けきれず 金子兜太 少年/生長
熊蜂のうなり飛び去る棒のごと 高濱虚子
熊蜂のふし穴のぞく日和哉 正岡子規
熊蜂の光礫の出入りかな 都筑智子
熊蜂の巣もあると言ふ庭広し 松崎亭村
熊蜂の忿々たるは醜ならず 相生垣瓜人 明治草抄
熊蜂の百が夢中になつてゐる 中畑耕一
熊蜂の近づく水の震へかな 依光陽子
熊蜂をくぐりて城へ登りけり 北山秀明
熊蜂宙に飛びとどまれり海の壁 田川飛旅子 花文字
熊蜂脚垂れて来た書斎あかるい 北原白秋
爽やかに大き蜂の巣転居前 田中裕明 櫻姫譚
牡丹経しこと蜂の身に残らざる 津田清子 礼 拝
牡丹芳御坊主蜂にさゝれたり 高井几董
牡丹蕊深く分け出づる蜂の名残り哉 松尾芭蕉
牡丹蘂ふかく分出る蜂の名残哉 芭蕉
牡丹蘂深く分け出づる蜂の名残りかな 芭蕉
狂はずにわが眼前の熊ん蜂 嶋田麻紀
狂ひても母乳は白し蜂光る 平畑静塔(1905-97)
独活枯るるところ最後の蜂羽音 村越化石 山國抄
甘干へ東山から雀蜂 飴山實 『花浴び』
生ひたちてすぐにいかつき蜂となる 百合山羽公 故園
田のへりの水に蜂鳴く小春かな 石鼎
画用紙ひろぐやすぐ胴太の蜂とまる 杉本寛
番蜂の巣をめぐりをる風日かな 乙字俳句集 大須賀乙字
痴蜂狂蝶も山吹の雨となる夕 青峰集 島田青峰
登りつつ子を叱る声蜂が湧く 加藤知世子
白壁に蜂つきあたりつつ入日 桂信子 黄 瀬
白山茶花地獄絵のごと蜂群るゝ 高木雨路
白河の関の躑躅に熊ん蜂 岸本尚毅 選集「氷」
白藤や黒き漆の蜂一つ 後藤夜半 底紅
百姓昼寝熊蜂梁を打つて去る 飯田龍太
盃の中に咲かせん壺すみれ 伊賀-示蜂 俳諧撰集「有磯海」
盆花を手折るや蜂のいとなめる 飯田蛇笏 霊芝
石楠花に馬酔木に蜂のつく日かな 原石鼎
石火矢を飛ばすや蜂の怒りなる 尾崎迷堂 孤輪
石蕗咲きて蜂来ることも遠からず 阿部みどり女
砂山に蜂唸りサンテグジュペリ忌 大串章 百鳥
磔像へ蜂ゆきかよひ夏となる 下村槐太 光背
禅僧の一喝蜂も男女も散る 加藤知世子 花 季
穴もぐる蜂びびびびと大旱 村越化石 山國抄
穴蜂の穴より遠くへは行かず 草本 美沙
窓近き目覚めに蜂の全き屍 桂信子 花寂び 以後
立ち読みの絵本に蜂の影去らず 皆吉司
端近く蜂のぶらつく残暑かな 青畝
篁や蜂の羽音をかくさざる 石川桂郎 四温
簷めぐる蜂に雲峰かゞやける 金尾梅の門 古志の歌
簾突く強蜂三方原の蜂 百合山羽公 寒雁
紙袋の蜂の巣誰か流したる 泉斜汀
紫陽花のすがれをめぐる蜂の顔 加藤知世子 花 季
絵馬の蜂牡丹の蜂に混りけり 永田耕衣 真風
縄電車蜂一匹に脱線す 柊 愁生
縞蜂の飛び交ふ中の裸かな 細見綾子
縫箔屋嫉しや花に四方の山 一蜂 選集「板東太郎」
繃帯のおびただしさを蜂歩く 林田紀音夫
羊とも牛とも見えて雲の蜂 井月の句集 井上井月
美酒に蜂の翅音に酔へりけり 石川桂郎 含羞
羽蟻飛ぶ廂に蜂の明巣かな 倉田萩郎
老蜂の窓より入りて出でゆかず 桂信子 黄 炎
老農夫熊蜂叱り飛ばしけり 大串 章
肢さげて蜂来る昼の小燈籠 高井北杜
肺病みし頃きし養蜂園あらず 川島彷徨子 榛の木
胎内に蜂の巣許す仁王像 加藤よし子
胡麻の花を破りて蜂の臀かな 西山泊雲 泊雲
胡麻花を破りて蜂の臂かな 西山泊雲 泊雲句集
脚長き蜂こぼれ来る木椅子かな 上野さち子
腹に蜜重くして蜂敵と遇ふ 津田清子 礼 拝
腹立て水呑蜂や手水鉢 炭 太祇 太祇句選
花ぎぼしゆ蜂を大きく下げて揺る 長谷川かな女 花 季
花ちらす五加木の蜂や垣づたひ 西島麦南
花の風山蜂高くわたるかな 飯田蛇笏
花は/蜂吹く/八人童子の/嵐かな 林桂 銀の蝉
花よりも大きな蜂や花の中 西村 きぬこ
花八つ手蜂さむ~と飛べるのみ 飯田蛇笏 霊芝
花冷や翅なきごとく蜂あゆむ 林翔 和紙
花圃の蜂土を歩みてひかりあり 石原舟月 山鵲
花御堂蜂はらひはらひ作りしよ 中山純子
花柿へ高く上りぬ合歓の蜂 月舟俳句集 原月舟
花粉まみれの蜂の脚蜂の貌 田中三樹彦
花粉負ひ蹉く蜂でありにけり 岡澤康司
花芯ふかく溺るる蜂を見て飽かず 木下夕爾
花蜂のまつさかさまにぶらさがる 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
花蜂の腹に蜜透く流離かな 三橋敏雄 畳の上
花蜜柑壮者の蜂を征かしむよ 角川源義 『神々の宴』
花蜜柑日暮れいつせいに蜂帰る 中拓夫
花黄楊や蜂おとなしく食ひこぼし 島村はじめ
若草に養蜂箱をどかと置く 酒井土子
茶の花に地蜂焼く炎のふれにけり 西島麦南 人音
茶屋の昼柱時計を蜂が打つ 桂信子 遠い橋
茸汁替ふ蜂の子は蓋伏せて 及川貞
草むらへ傾く軒や蜂の箱 高田蝶衣
草原や蜂を恐るる狐の子 正岡子規

More
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:14 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

黄金週間

黄金週間

例句を挙げる。

ゴールデンウィークの穴蔵にゐる 大野朱香
ゴールデンウィーク寝巻で屋根の上にゐる 如月真菜
ゴールデンウィーク寝間着のままで屋根にゐる 如月 真菜
ゴールデンウィーク籠りて何すべく 高澤良一 素抱
ジャムの渦に終りぬ黄金週間は 高野ムツオ 鳥柱
ジャムの渦に終わりぬ黄金週間は 高野ムツオ
チーズケーキつるんと黄金週間 松本 翠
厨出ては入りてはゴールデンウィーク了ふ 寺岡捷子
子を看護り黄金週間須臾に過ぐ 轡田 進
寝袋をかつぎ黄金週間へ 滝沢伊代次
砂丘より足跡ゴールデンウィーク 檜 紀代
靴きゆんと鳴らして黄金週間了る 清水衣子
黄金週間てふ語嘗ての響きなし 高澤良一 随笑
黄金週間テレビニュースも疲れたり 五島誓太郎
黄金週間ヘリコプターが先づ飛んで 鈴木栄子
黄金週間何処へも行かず楢の雨 本宮銑太郎
黄金週間啼かぬ鴉の枝に来て 鈴木真砂女 夕螢
黄金週間天道虫の自転せり 日原傳
黄金週間岩の平らに家族寄り 池田秀水
黄金週間残んの金ンとなりにけり 藤本草四郎
黄金週間緑雨に濡らす旅鞄 大江博子
黄金週間草のうねりのモトクロス 遠藤秀子

以上
by 575fudemakase | 2015-04-30 00:11 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング