<   2015年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

侘助の俳句

侘助の俳句

例句を挙げる。

すぐくらくなる佗助の日暮かな 草間時彦
もつるるは白侘助の心の緒 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
インタビュー受く侘助を活けにけり 堀恭子
佗助が咲けばこの年かへりみる 森澄雄
佗助と呼ばれ利久に叶ひけり 新井 博
佗助にいつもの稽古はじめけり 車谷弘 佗助
佗助に色を奪らるる女かな 齋藤玄 『狩眼』
佗助に風のふらつとでてきたる 松澤昭 宅居
佗助のいまひとたびのさかりかな 中村若沙
佗助のしづ枝暮れゐる龍安寺 石原八束
佗助のひとつの花の日数かな 阿波野青畝
佗助のひとひら胸奥さまよえり 秋本重子
佗助のむくろとなりて氷かな 齋藤玄 『無畔』
佗助の一輪咲きて暮れ残る 住田歌子
佗助の下向き咲くも癒えず死なず 松本万作
佗助の冥き首すじ走兎図に 荻原久美子
佗助の咲きかはりたる別の花 富安風生
佗助の咲きてアパート人住まず 佐野たけ子
佗助の咲くいささかの悔に似し 伊藤敬子
佗助の咲けば雪欲し月が欲し 糸山由紀子
佗助の大樹の花に倚り悼む(馬詰柿木博士長逝) 石原八束 『風霜記』
佗助の奥なる人へ魚板打つ 加賀美子麓
佗助の実にならぬ花咲きつづく 伊藤たけ
佗助の形をとりてあらはなり 斎藤玄 雁道
佗助の木叢ふくらむ盛りかな 猪俣千代子 秘 色
佗助の群がる日なり草城忌 石田波郷
佗助の自足の花とおもひみる 高澤良一 宿好 
佗助の花の底ひの月日かな 角川照子
佗助の花びらが葉に巻きついて 岸本尚毅 舜
佗助の花了りたるころの凪 長谷川双魚 風形
佗助の莟の先に止まる雪 松本たかし
佗助の落つる音こそ幽かなれ 相生垣瓜人
佗助の落花薄日と共に掃く 湯本明子
佗助の葉がくれに侘ぶ五六輪 中谷孝雄
佗助の記憶の庭も時雨さび 岸風三楼 往来
佗助はここらあたりの真闇かな 石田勝彦 秋興
佗助は一輪ざしに似合ふもの 高浜年尾
佗助やちちの紬をははが着て 塩谷はつ枝
佗助やなげくばかりをたのしみに 油布五線
佗助やわが身過ぎたる夢のかず 濱田俊輔
佗助や一行のみの子の旅信 近藤一鴻
佗助や備前徳利に一つ咲く 今泉貞鳳
佗助や夢の切れ目を雪降れり 小檜山繁子
佗助や子に散髪の母ひとり 小坂順子
佗助や心の奥処口にせず 浦井文江
佗助や心写らぬ内視鏡 清水晴子
佗助や昨日につづく海の荒れ 中村孝一
佗助や昨日は今日の昔なる 佐藤漾人
佗助や朝はトーストハイカラに 遠藤梧逸
佗助や洛も北なる庭づくり 村山古郷
佗助や無口で若き窯主 小池和子
佗助や神も悪魔もかく白し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
佗助や笹目佐介と結ぶ道 上野 泰
佗助や葬式まんじゅう大ぶりに 吉田朱鷺
佗助や詩書堆く家貧し 池田風比古
佗助や障子の内の話し声 高濱虚子
佗助をもたらし活けて通ひ妻 石田波郷
佗助を剪らむにまなこ猛くして 齋藤玄 『狩眼』
佗助を剪るとて客と共にいづ 水原秋櫻子
佗助を挿すとて据ゑぬ蕪徳利 水原秋桜子
佗助を骨色にまで寒の暮 斎藤玄 雁道
佗助一枝賜ひし風の夜の往診 野澤節子 花 季
侘助に斜めの日差しとどきけり 大西 土水
侘助に風立つゆふべもの食べに 鍵和田釉子
侘助の二つの花の一つ落つ 都甲 君子
侘助の群がる日なり草城忌 石田波郷
侘助の花の俯き加減かな 星野 高士
侘助は一輪ざしに似合うもの 高浜年尾
侘助も其下草の蓼も末 小澤碧童 碧童句集
侘助や独りの刻の真白に 加藤知世子
侘助や褪せし葉書の男文字 谷口桂子
侘助や運命は人のつくるもの 原田青児
侘助を剪らむにまなこ猛くして 斎藤玄
利久忌の山内松と佗助と 皆吉爽雨
年つまる黒佗助の花一つ 松村蒼石 雁
抱一の植ゑし佗助今に尚 阿部みどり女 笹鳴
梱包の婚の荷侘助花ざかり 和知喜八 同齢
病む妻の佗助の番するでなし 齋藤玄 『雁道』
白侘助遺言二十七行半 塚本邦雄 甘露
竹林を逃げし日ざしの侘助に 上村占魚 『石の犬』
箒手に佗助咲くと呼びにけり 吉屋信子
考ふる手に佗助の手がふれる 加藤郁乎 球体感覚
苗木市雨の白佗助を買ふ 金田咲子 全身 以後
賜わりし佗助太郎冠者という 大野岬歩
わびすけにみぞれそそぎて幹白し 室生犀星
わびすけのくちびるとけて師走なる 室生犀星 犀星発句集
わびすけの畳にこぼれひぐれけり 加藤楸邨
わびすけやおくりむかへる女客 室生とみ子
わびすけをかへりゆく風ひとりきり 小川双々子

侘助 補遺

わびすけの一花を置きし紙濡るる 加藤楸邨
わびすけの畳にこぼれひぐれけり 加藤楸邨
侘助と云へど僅かに華やげり 相生垣瓜人 負暄
侘助に微笑いつまで対きあへば 星野麥丘人
侘助に惹かるる旅を思ひ見し 相生垣瓜人 負暄
侘助のその全木を歎賞す 相生垣瓜人 負暄
侘助のその名に寧ろこだはれり 相生垣瓜人 負暄
侘助のために一輪しか挿さず 後藤比奈夫
侘助のひとつの花の日数かな 阿波野青畝
侘助のやがて侘ぶべき蕾かも 相生垣瓜人 負暄
侘助の加はりをれる俳句会 相生垣瓜人 負暄
侘助の在り侘びたらむ月日かも 相生垣瓜人 負暄
侘助の小粒に咲きて年暮るる 森澄雄
侘助の群がる日なり草城忌 石田波郷
侘助の老い木の蔭に立ち寄れり 相生垣瓜人 負暄
侘助の落つる音こそ幽かなれ 相生垣瓜人 負暄
侘助や洛も北なる庭づくり 村山古郷
侘助や障子の内の話し声 高浜虚子
侘助を床しがりつつ生けにけり 相生垣瓜人 負暄
侘助を招じ来りて茶を喫めり 相生垣瓜人 負暄
侘助を生けて起居をば共にせり 相生垣瓜人 負暄
先人が侘助をして侘びしめし 相生垣瓜人 負暄
兼好忌白侘助を切ることに 星野麥丘人
老侘助有楽椿と言ふもよし 百合山羽公 樂土以後

以上
by 575fudemakase | 2015-11-30 05:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

室咲の俳句

室咲の俳句

例句を挙げる。

うつしゑの永久に若かり室の花 阿部みどり女
つゝしむは暖衣飽食室の花 開田華羽
ひたすらに虫媒一つ室の花 亀井糸游
むらさきのうすむらさきの室の花 久垣 大輔
やはらかに反れる花びら室の花 清崎敏郎
カタコトとスチームが来る室の花 富安風生
予後見えて室咲花を了りをり 下村ひろし 西陲集
井の水を打ちて室咲き百合出荷 杉本寛
加湿器に室咲の花潤ふよ 石川桂郎 四温
厨房に母のためなる室の花 上田日差子
妻のほか人なき日日の室の花 上村占魚
室の花余業に画廊開きたる 久米正雄 返り花
室の花喪服とは美しきもの 大熊左利
室の花挿して自祝のこゝろあり 大橋敦子 手 鞠
室の花日のあたりきし沖の方 永田耕一郎 海絣
室の花晩年といふ檻の中 根本喜代子
室の花水すひ餘し枯れにけり 阿部みどり女
室の花汗ばむほどの譎詐かな 久米正雄 返り花
室の花溢れグラバー園はあり 正木 都
室の花病耐へたまふ国遠し 小池文子 巴里蕭条
室の花胎児に聞かすシューベルト 安養寺美人
室の花駘蕩として患者あり 久米正雄 返り花
室の花黒んぼ人形笑ひけり 仙田洋子 橋のあなたに
室咲きにして赤巨大アマリリス 高澤良一 鳩信 
室咲きに氷水(ひみず)を重ぬ寒の入り 深谷雄大
室咲きの地味でゐて興そそる花 高澤良一 寒暑 
室咲きの栄光といふ蘭の花 渕野 なぎさ
室咲きの桃に糀のほこりかな ヒコネ-梨期 三 月 月別句集「韻塞」
室咲きの桃蛸壷に海荒るる 梅木酔歩
室咲きの花のいとしく美しく 久保田万太郎 流寓抄
室咲きの菜の花活けて乙字の忌 鈴鹿野風呂
室咲きや午前十時は主婦の刻 石川文子
室咲きや灯を入れ端は落着かず 永井龍男
室咲と並びて縁にものを縫ふ 及川貞 夕焼
室咲に苺の花もあるあはれ 水原秋櫻子
室咲のあしもと寒きダンサー達 岩田昌寿 地の塩
室咲の散りたる花も葉の上に 波多野爽波 鋪道の花
室咲の百万本の薔薇君に 稲畑廣太郎
室咲の花の工みの呆けそめ 後藤夜半 底紅
室咲の花淡くして日も薄し 水原秋櫻子
室咲の菜の花活けて乙字の忌 鈴鹿野風呂
室咲の西洋花や春寒し 永井荷風
室咲の豆科ばかりのはかなさよ 石塚友二 光塵
室咲やどれも冷めゐる患者食 仲村美智子
室咲やナースコールの用ひ方 原 裕
室咲やパリの香水栓かたく 鏡山不由
室咲や一誌出さうずはかりごと 松本たかし
室咲や午後は机辺に塵うかび 岸風三楼 往来
室咲や古き調度に埋もれ住む 島田みつ子
室咲や髪乾くまで書く便り 橋本瑞枝
室花に眠りひたすら世に隔つ 野澤節子
室花の眠れるごとく世に隔つ 野澤節子
室花の精に曇りて大玻璃戸 山本歩禅
室花の色はみ出して花舖はあり 山本歩禅
掲示みな仮名の振られて室の花 後藤比奈夫
暗き方は海に雪ふる室の花 篠田悌二郎
暴力がしづかに育つ室の花 鈴木伸一
湯浴する嬰児のこぶし室の花 渡辺白峰
無戸室の跡を標して棉の花 吉田亜司
片仮名の名はすぐ忘れ室の花 松本泰志
病床に夜明けはうれし室の花 太田育子
病衣着てただの老人室の花 早川教子
眠れぬに室花夜もこもり香や 野澤節子
祝ぎごとも悲しみごとも室の花 石田勝彦 秋興
窓かけをしぼり日当る室の花 左右木韋城
紅唇の濡るるがごとく室の花 富安風生
繚乱の室咲の花揺るるなし 谷知由季子
花了へし鉢の室咲き地に返す 朝倉和江
虹唇の濡るるがごとく室の花 富安風生
見舞はるる蝟集の蕾室の花 浦野芳南
鍵盤にをどる十指や室の花 大星たかし

室咲 補遺

やはらかに反れる花びら室の花 清崎敏郎
わづかなる雨の二度ほど室の花 岡本眸
冴え~と顔に来るもの室の花 細見綾子 桃は八重
凩ののぞくがらすや室の花  正岡子規 凩
凩や暖室の花紅に  正岡子規 凩
加湿器に室咲の花潤ふよ 石川桂郎 四温
匂いなき室の花あり旅一夜 磯 直道
口にして身の幸逃げず室の花 上田五千石 天路
咲かされてゐる室咲のさかりかな 上田五千石 琥珀
子と遇いし酒場の室咲忘じ難し 楠本憲吉 方壺集
室の花きびしき部屋にまだ馴れず 星野立子
室の花貌の大きな魚を飼ひ 桂信子 樹影
室咲きに兵の白衣が座臥横臥 伊丹三樹彦
室咲きに水やることも旅支度 片山由美子  雨の歌
室咲きのクリスマス・クイン傲りけり 角川源義
室咲きやほとほと甘い女流論 鷹羽狩行
室咲でなささうにしばり呉るる桃 右城暮石 句集外 昭和十一年
室咲と並びて縁にものを縫ふ 及川貞 夕焼
室咲のプリムラここに雨の音 山口青邨
室咲の供華ばかりなる喪にこもる 松崎鉄之介
室咲の巨花そも神を畏れざる 山口青邨
室咲の散りたる花も葉の上に 波多野爽波 鋪道の花
室咲の芬々たるも濁世かな 上田五千石 天路
室咲の花の工みの呆けそめ 後藤夜半 底紅
室咲の花も暖炉の口も燃ゆ 山口青邨
室咲の花買ふセールスマンの死ヘ 有馬朗人 母国拾遺
室咲の豆科ばかりのはかなさよ 石塚友二 光塵
室咲やこゑのくもりに甘え出て 上田五千石『天路』補遺
室咲や一誌出さうずはかりごと 松本たかし
室咲や上手に病めと諭さるる 岡本眸
室咲や姪来て何かして呉れる 岡本眸
室咲や寝間着に替へて又書出す 岡本眸
室咲や詩書積む中に花ひとつ 水原秋櫻子 残鐘
室咲を抱きあてどなき瓦礫中   友岡子郷
室咲を見せ合ひつどふ附添婦 水原秋櫻子 餘生
室咲束ねる辺に子のあくび花のよな 大熊輝一 土の香
山吹の室咲見せよ卜師 正岡子規 室咲
掲示みな仮名の振られて室の花 後藤比奈夫
暗き方は海に雪ふる室の花 篠田悌二郎
灯ともるを待ちゐしごとく室の花 片山由美子  風待月
無戸室の跡を標して綿の花 吉田亜司
祝ぎごとも悲しみごとも室の花 石田勝彦 秋興
約までのわづかを眠る室の花 岡本眸
紅唇の濡るるがごとく室の花 富安風生
見舞花どれも室咲雪のあと 石田波郷

以上
by 575fudemakase | 2015-11-29 03:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

シクラメンの俳句

シクラメンの俳句

例句を挙げる。

いとけなき蕾かくれてシクラメン 行方克巳
うつくしきうなじ蕾のシクラメン 片山由美子 水精
お転婆な花片を持つシクラメン 田川飛旅子 『植樹祭』
なんと透明な林シクラメン投げる 前田保子
ひと言でいえばいいひとシクラメン 石口光子
アトリエに赤は目立たずシクラメン 脇収子
シクラメンうたふごとくに並びをり 西村和子 夏帽子
シクラメンおぼろ哀しきしろさかな 久保田万太郎 流寓抄
シクラメンかかへて未婚にはあらず 西村和子 夏帽子
シクラメンこの子この子と犬のこと 川村紫陽
シクラメンたばこを消して立つ女 京極杞陽 くくたち上巻
シクラメンの火に火の踊り奴隷船 磯貝碧蹄館
シクラメンはシクラメンのみかなしけれ 中村汀女
シクラメンぼかしてポートレート撮る 高澤良一 燕音 
シクラメンをみなの恋の篝とも 小元 洋子
シクラメン人を許さば宥されむ 日野晏子
シクラメン何支うべくこぞリ咲く 楠本憲吉
シクラメン咲き病牀の眸澄める 石原舟月
シクラメン四五日臥して世を忘る 古賀まり子
シクラメン声の明かるき電話口 浅見咲香衣
シクラメン妻を映画に誘ひける 楡井 秀孝
シクラメン工区夜を湧く煙赫し 桜井博道 海上
シクラメン手のほどこしやうもなく萎れ 高澤良一 さざなみやっこ 
シクラメン手品のやうに花咲かす 樋笠文
シクラメン日向ひなたと追ひて置く 田口登志
シクラメン村の床屋は碁会所に 尾崎道草
シクラメン死は早朝に鳴り響く 夏石番矢
シクラメン澄むことなくて胃を病む眼 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
シクラメン炎立つくらさの中にあり 渡邊千枝子
シクラメン父で終りし写真館 倉田弘子
シクラメン白馥郁と忌日過ぐ 古賀まり子
シクラメン真白く佳き事ありさうな 菖蒲あや
シクラメン石は武装のためにあり 対馬康子 純情
シクラメン笑ひ地獄の最中なり 桜井博道 海上
シクラメン置いて脱兎のごと去りぬ 鈴木栄子
シクラメン翻り咲き吾子歩む 岡田 貞峰
シクラメン花のうれひを葉にわかち 久保田万太郎 草の丈
シクラメン花の裳をかゝげ初む 竹下しづの女 [はやて]
シクラメン花の重みの夜に入りつ 林原耒井 蜩
シクラメン莟を絶すこと知らず 角田勝川
シクラメン虚飾のことば風に乗る 鷲谷七菜子
シクラメン鏡は姥たちの古巣 栗林千津
シクラメン雪のまどべにしづかなり 久保田万太郎 草の丈
シクラメン風吹き過ぎる街の角 飯田龍太
パラフィン紙燃え出しさうよシクラメン 岩崎照子
ベレー帽などもう古風シクラメン 山本歩禅
一鉢の影一体やシクラメン 小林草吾
八方に聞耳立ててシクラメン 菊池麻風
出荷きまる万の炎のシクラメン 西村和江
告白に聞き耳立つるシクラメン 児玉 寛幸
咲き余る瓣のよぢれやシクラメン 林原耒井 蜩
咳き入るや涙にくもるシクラメン 臼田亜浪 旅人
咳入るや涙にくもるシクラメン 臼田亞浪 定本亜浪句集
夜汽車待ちおり一鉢のシクラメン 対馬康子 純情
奔放な花びら放ちシクラメン 澤木欣一
子の部屋に恋の予感のシクラメン 氏家さち子
客を得てカーテンしぼるシクラメン 林原耒井 蜩
市に来て何時もある花シクラメン 小橋やうゐ
心音のことに響く夜シクラメン 石山惠子
性格が八百屋お七でシクラメン 京極杞陽(きよう)(1908-81)
恋文は短きがよしシクラメン 成瀬桜桃子 風色
悠希来て二日明るきシクラメン 小松崎爽青
悲しみが今喜びにシクラメン 森田峠
所詮人独りで病みてシクラメン 嶋田摩耶子
抜けてゆく風邪に豪華なシクラメン 安藤恵子
旗捲きしごとく蕾やシクラメン 大橋敦子
日当りが佳すぎても駄目シクラメン 高澤良一 ももすずめ 
浴室に人の影さすシクラメン 横山白虹
焔の形でやうやく古ぶシクラメン 田川飛旅子
燃えつきし焔の形シクラメン 田川飛旅子
燃ゆるてふ白のあるなりシクラメン 芳野年茂恵
片づけし部屋とりすましシクラメン 嶋田摩耶子
玄関の淋しければとシクラメン 高澤良一 燕音 
生き死にの手術のあとやシクラメン 石田小坡
盗み見る妻の日記やシクラメン 五十嵐播水 播水句集
看護婦となりて帰郷やシクラメン 工藤 芳久
磨硝子ごしの紅白シクラメン 山中弘通
算数は2と3シクラメン飽きし 長谷川かな女 花 季
紀伊国屋書店にて待つシクラメン 高澤晶子
紅をたてによこにとシクラメン 京極杞陽
花びらにチョークの粉やシクラメン 山下 渓水
花好きに悪人なけれシクラメン 西本一都 景色
赤置いて白華やげりシクラメン 今橋眞理子
足しげく訪ふ花温室やシクラメン 遠藤 はつ
迎春や蕾あげたるシクラメン 池田秀水
部屋のことすべて鏡にシクラメン 中村汀女
靴脱に主客の靴とシクラメン 富安風生
靴脱石に主客の靴とシクラメン 富安風生
食卓の下の日溜りシクラメン 西村和子 夏帽子

シクラメン 補遺

おしゃべりな影撒いて雲シクラメン 楠本憲吉 孤客
こだはらず妻はふとりぬシクラメン 草間時彦
この部屋にそろそろ飽きてシクラメン 片山由美子 風待月
さびしさや一瓣そむくシクラメン 上田五千石『田園』補遺
シクラメンたのしやシーツ取りかへ日 角川源義
シクラメンの一鉢も母と子の一月 古沢太穂 火雲
シクラメンはシクラメンのみかなしけれ 中村汀女
シクラメン人を恋ふ夜の眉蒼し 鈴木真砂女 夏帯
シクラメン何処に置いても人恋ふる  鍵和田釉子
シクラメン何支うべくこぞり咲く 楠本憲吉 方壺集
シクラメン子がゐて話先へ先へ 岡本眸
シクラメン月余咲きつぎ母の遺影 松崎鉄之介
シクラメン楽興のごとこぞり咲く 楠本憲吉 孤客
シクラメン脱兎の人をまぼろしに 角川源義
シクラメン花のうれひを葉にわかち 久保田万太郎
シクラメン虚飾のことば風に乗る 鷲谷七菜子 黄炎
シクラメン風吹き過ぎる街の角 飯田龍太
人体図見て佇つシクラメン抱ヘ 岡本眸
受験苦や咲く間のながきシクラメン 三橋鷹女
咳入るや涙にくもるシクラメン 臼田亜浪 定本亜浪句集
夜の影をもちたる卓のシクラメン 清崎敏郎
夫死後の電話料増えシクラメン 岡本眸
恋文は短かきがよしシクラメン 成瀬櫻桃子 風色
愛は苦のシクラメンの花ねぢれ咲き 成瀬櫻桃子 素心
日の縁に咲けよ~とシクラメン 星野立子
更けて灯の重たくなりしシクラメン 岡本眸
満開の傷つきあひてシクラメン 鷹羽狩行
火の穂捧ぐるはシクラメン遺作展 上田五千石『田園』補遺
煖炉はさみ老人と猫シクラメン 松崎鉄之介
病室に出窓 必ず シクラメン 伊丹三樹彦
看護婦に歳のさまざまシクラメン 飯田龍太
知つてゐて口に出ぬ名よシクラメン 星野立子
職辞めて胸辺のゆるみシクラメン  鍵和田釉子
花びらに夜の影置きシクラメン 清崎敏郎
風の日は躁の色かなシクラメン 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2015-11-28 02:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枇杷の花 の 俳句

枇杷の花 の 俳句

例句を挙げる。

あたたかな夜風が顔に枇杷の花 岸本尚毅 鶏頭
あらそひの古文書ばかり枇杷の花 大島民郎
くちそそぐ花枇杷鬱として匂ひ 橋本多佳子
このあたり黄泉比良坂枇杷咲けり 加藤三七子
このさきの齢のいろや枇杷の花 北見さとる
この家には犬が居る筈枇杷の花 高澤良一 随笑 
しばらくは存ふるらし枇杷の花 六本和子
つまりたる背戸の日影や枇杷の花 野径 俳諧撰集「藤の実」
ふるさとに墓のみ待てり枇杷の花 福田蓼汀 山火
また少し耳遠くなり枇杷の花 西山誠
また空を噴煙とほる枇杷の花 大岳水一路
むく犬はどこに眼ありや枇杷の花 中村草田男
わが刻を今日はわが待つ枇杷の花 林 翔
チエロ弾くに似合ふは三十路枇杷の花 和田耕三郎
一人とはもう減らぬこと枇杷の花 阿部正調
二階にはあまり上らず枇杷咲けり 舘野たみを
亡夫より亡父の匂ひ枇杷の花 中嶋秀子
人の声して暮れすさみ来よ枇杷の花 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
仏壇の小さき戸じまり枇杷の花 檜紀代
他人ごとを空に放つて枇杷の花 天野素子
何処までを幸とや言はむ枇杷の花 長屋せい子
佳き子たちみな佳き妻に枇杷の花 林翔 和紙
修善寺物語あり枇杷の花 池内たけし
初日さすや古葉の中の枇杷の花 碧雲居句集 大谷碧雲居
医師もどり喪章をはづす枇杷の花 大島民郎
午後すでに海暗澹と枇杷の花 大村昌徳
又の日を思ひ枇杷咲く牟婁を去る 高橋淡路女 淡路女百句
君が詠む山河切々枇杷の花 古賀まり子 緑の野
吟行のわれら老いたり枇杷の花 高澤良一 さざなみやっこ 
咲き満ちてどこか不機嫌枇杷の花 小檜山繁子
善人と歩く日向の枇杷の花 寺井谷子
土の上にある日花枇杷にある日 長谷川素逝 暦日
声のなき言葉湧きつぎ枇杷の花 加藤知世子 花 季
妻激して口蒼し枇杷の花にたつ 飯田蛇笏 山廬集
定かなり得難き人と枇杷の花 高澤良一 寒暑 
実を底に持ちてたのもし枇杷の花 上島鬼貫
客俳人主俳人枇杷の花 遠入たつみ
寂けさに疲れもぞする枇杷の花 相生垣瓜人 微茫集
寒き日にきつとがましや枇杷の花 広瀬惟然
少年の窓やはらかき枇杷の花 攝津幸彦
崩え果てし夢また育つ枇杷の花 久保田晴朗
帰化人の住居淋しき枇杷の花 撲天楼
帰国子に買ふ日本地図枇杷の花 武田光子
弓かかへきてさきがけの枇杷の花 中田剛 珠樹
役者絵の花押にほふや枇杷の花 北川みよ子
故郷に墓のみ待てり枇杷の花 福田蓼汀
新薬の効き目追ひ追ひ枇杷の花 高澤良一 さざなみやっこ 
旅に獲し言葉一つや枇杷の花 石田波郷
旅一と日短きことよ枇杷の花 阿部みどり女 笹鳴
日ざし来て仏偲べと枇杷の花 永井龍男
日に幾度郵便局へ枇杷の花 藤田あけ烏 赤松
日を経ては褒貶遠し枇杷の花 大島民郎
日影なき花枇杷の風枯れきしや 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
昼からの余りある日や枇杷の花 高澤良一 ぱらりとせ 
時雨れてもしぐれても枇杷の花同じ 河合未光
晩年の帰る地もなし枇杷の花 皆川白陀
月まどか島の坂みち枇杷咲いて 及川貞 榧の實
月蝕の戸を閉め庭の枇杷の花 長谷川かな女 牡 丹
本郷の学生寮の枇杷咲けり 高澤良一 鳩信 
来る年の身もたのもしや枇杷の花 上島鬼貫
枇杷の花くりやの石に日がさして 古沢太穂
枇杷の花しきりにおつる日なりけり 石原舟月 山鵲
枇杷の花しくしく氷雨下りけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
枇杷の花そこはかとして癒ゆる傷 高澤良一 鳩信 
枇杷の花たつた一人の発明家 皆吉司
枇杷の花ちぢれる家を越にけり 室生犀星
枇杷の花ちる光陰の水明り ほんだゆき
枇杷の花とり懐さるゝ土蔵かな 上村占魚 鮎
枇杷の花ひまなく薄日ぬすみけり 松村蒼石 雁
枇杷の花までたちあがる焔あり 山西雅子
枇杷の花らしからぬこの純白は 夏井いつき
枇杷の花われらかうしてまた会へて 高澤良一 ぱらりとせ 
枇杷の花チョッキを吊すドアの裏 田川飛旅子 花文字
枇杷の花五瓣揃ひしものを見し 米田ゆき子
枇杷の花休息もまたわがつとめ 古賀まり子 緑の野以後
枇杷の花侘しき夕日とどめをり 椎橋清翠
枇杷の花同色の蜂を呼び集め 瀧 春一
枇杷の花唇あつき独逸語教師 二村典子
枇杷の花四十路の坂が迫り来ぬ 五十崎古郷句集
枇杷の花大やうにして淋しけれ 高浜虚子
枇杷の花妻のみに母残りけり 本宮銑太郎
枇杷の花家守る妻にのみ咲ける 原田種茅 径
枇杷の花宿のくらさに気がつまる 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
枇杷の花少年肘をあげて泣く 島田まつ子
枇杷の花尼の消息誰も知らず 岡田扶佐子
枇杷の花散るや微熱が去るやうに 東浦六代
枇杷の花族の目鼻の子が並ぶ 小松崎爽青
枇杷の花日あたることをわすれたる 長谷川素逝 暦日
枇杷の花日輪薄目してゐたり 神蔵 器
枇杷の花暮れて忘れし文を出す 塩谷はつ枝
枇杷の花枢送りしあとを掃く 庄田春子
枇杷の花母とこゑ和すことふえて 上田日差子
枇杷の花母に会ひしを妻に秘む 永野鼎衣
枇杷の花母娘と住みてなまめしき 室生犀星 犀星発句集
枇杷の花海に陰謀あるごとし 高澤良一 さざなみやっこ 
枇杷の花海荒るゝ日は船遠く 今井杏太郎
枇杷の花犬も主も微恙あり 堀口星眠 青葉木菟
枇杷の花老顔鏡の中にあり 瀧井孝作
枇杷の花胸厚き教師病むという 岡本政雄
枇杷の花薄日さす寺の古疊 四丁句集第一巻 鵜沢四丁
枇杷の花虻より弱き黄なりけり 野村喜舟 小石川
枇杷の花霰はげしく降る中に 野村喜舟
枇杷の花風の乾きにからびけり 広江八重桜
枇杷咲いて揚舟乾く輪中邑 石野冬青
枇杷咲いて湊まづしくありにけり 目迫秩父
枇杷咲いて紙漉一戸一乙女 赤松[ケイ]子
枇杷咲いて草屋はいまも鄙の塔 古舘曹人 砂の音
枇杷咲いて長き留守なる館かな 松本たかし
枇杷咲いて鼻の先まで年の暮 石塚友二
枇杷咲きぬ朝歩蒼惶晩歩縷々 林翔 和紙
枇杷咲きぬ病忘れし日とてなく 福田蓼汀 山火
枇杷咲きぬ面影知らぬ生母の忌 林 翔
枇杷咲くか裏庭とんと用のなく 大橋敦子
枇杷咲くと平一門の墓乾ぶ 有働 亨
枇杷咲くやくろずむ梁の聖母像 原 俊子
枇杷咲くやしのび足なる疲労感 岡本まち子
枇杷咲くや下船の列のすぐに尽き 西村和子 かりそめならず
枇杷咲くや村長耶蘇とうとまれて 大谷句佛 我は我
枇杷咲くや百姓馬の毛を刈りぬ 仲岡楽南
枇杷咲くや足の踏み場のみな古墳 百合山羽公
枇杷咲けり人小さく乗る藁ふとん 長谷川かな女 雨 月
枇杷咲けり街音ここも止む間なし 中村汀女
棲みついてここがふるさと枇杷の花 笹本千賀子
椽(たるき)には木練釣りけり枇杷の花 加州-ノ松 俳諧撰集「藤の実」
横顔はさみしきさがの枇杷の花 小池文子 巴里蕭条
死ぬやうに思ふ病や枇杷咲けり 塩谷鵜平
母と経し月日長かり枇杷の花 樋笠文
母を見て旅心なし枇杷の花 碧雲居句集 大谷碧雲居
水汲みに僧が出てきぬ枇杷の花 星野麥丘人
水汲みを寒むがりぬ枇杷咲き初めて 乙字俳句集 大須賀乙字
淋しさもその淡さほど枇杷の花 斎藤道子
無住寺に人来る日あり枇杷の花 大峯あきら
煤煙に又も暗さや枇杷の花 阿部みどり女 笹鳴
熔岩のみち急に落ち枇杷咲くところ 高濱年尾 年尾句集
父母も夫も在はすお寺や枇杷の花 龍胆 長谷川かな女
父祖の地を終のすみかに枇杷の花 後藤澄子
生花に事欠く頃や枇杷の花 賀瑞
男合羽の女ゆく岬枇杷の花 武政 郁
病む妻に嘘いくつ言ふ枇杷の花 能村登四郎
病む窓に日の来ずなりぬ枇杷の花 大下紫水
白壁にひたと影置く枇杷の花 阿部みどり女
皆人の匂ひはいはじ枇杷の花 上島鬼貫
皆忘れて仕舞ふこの頃枇杷の花 高澤良一 素抱 
硝子戸に月のぬくもり枇杷の花 矢島渚男 采薇
笹鳴の渡りすぎけり枇杷の花 室生犀星 犀星発句集
箒目は人住むあかし枇杷の花 大岳水一路
翔つ鳥の火山灰を飛ばせり枇杷の花 大岳麗子
胸に飼ふこの日の無音枇杷の花 栗林千津
腹背に貧乏神や枇杷の花 橋本夢道 無類の妻
舟宿のうらに猿出づ枇杷の花 浜 明史
舟還る熔岩の入江や枇杷の花 野上 水穂
芭蕉生家花枇杷を揺る風もなし 大島美代子
花枇杷につゞく曇りや炭を切る 十黄第一句集 小田島十黄
花枇杷に不良兄弟ひそみいる 長谷川かな女 花 季
花枇杷に手拭落す温泉宿かな 龍胆 長谷川かな女
花枇杷に暗く灯せり歓喜天 岸川素粒子
花枇杷に色勝つ鳥の遊びけり 前田普羅
花枇杷の無音を言へり病んでをり 栗林千津
花枇杷の真下かわかぬ忌なりけり 鳥居美智子
花枇杷は口重き花わが窓に 渡邊千枝子
花枇杷やどやと人通る門の暮 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
花枇杷や一日暗き庭の隅 岡田耿陽
花枇杷や昼の月魄いまいづこ 芝不器男
花枇杷や月のぼるまで村の闇 大峯あきら 鳥道
花枇杷や病む放浪に金散じ 八牧美喜子
花枇杷や盛衰もなき老医師 隈柿三
花枇杷や石つむに似てひと日果つ 小島千架子
花枇杷や職業欄に主婦と書く 矢口由起枝
荒城の石打つ雨や枇杷の花 石塚友二 光塵
菅浦は家ひとならび枇杷の花 細川加賀 生身魂
葉の上に花粉こぼせる枇杷の花白き花弁をのぞかせてをり 松坂弘
薫物のもれてやにほふ枇杷の花 史邦 芭蕉庵小文庫
藪の家や冬を質さば枇杷の花 尾崎迷堂 孤輪
蜂のみの知る香放てり枇杷の花 右城暮石 上下
誰か来さうな空が曇つてゐる枇杷の花 種田山頭火 草木塔
贋作に歳月の艶枇杷の花 中戸川朝人
軒裏の蜂の古巣や枇杷の花 会津八一
遠母の一消息や枇杷の花 細川加賀 『傷痕』
里人は信長贔屓枇杷の花 藤本時枝
降灰の島畑くらき枇杷の花 下村ひろし 西陲集
雨までは淡くも日あれ枇杷の花 渡辺水巴 白日
雪嶺より来る風に耐へ枇杷の花 福田甲子雄
願かけの絵馬の古びて枇杷の花 下間ノリ
風の音空にかたまり枇杷咲けり 滝川 壺風
飼ふとなく棲みつきし犬や枇杷の花 冬葉第一句集 吉田冬葉
養生のその後は如何に枇杷の花 高澤良一 燕音 
駅構内0番地なる枇杷咲けり 西村和子 夏帽子
野暮ったき枇杷の咲き出す頃もよき  高澤良一  宿好
有難味薄るゝ旗日枇杷の咲く  高澤良一  石鏡
度忘れは人ごとでなし枇杷の花  高澤良一  石鏡

枇杷の花  補遺

おのが葉を暗くかぶりぬ枇杷の花 山口青邨
かわかわと翼たたまれ枇杷の花 橋閒石 無刻
くちそそぐ花枇杷鬱として匂ひ 橋本多佳子
さはるべき雲さへ持たず枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
さゝなける丘もにほひて枇杷咲けり 百合山羽公 春園
はきだめの臭き中より枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
ひそかなるもの木にもあり枇杷の花 山口青邨
ふるさとに墓のみ待てり枇杷の花 福田蓼汀 山火
みごもりの睡り寧かれ枇杷の花 能村登四郎
むく犬はどこに眼ありや枇杷の花 中村草田男
わが刻を今日はわが持つ枇杷の花 林翔 和紙
三代も人の世淡し枇杷の花 上田五千石『琥珀』補遺
世に遅れ人に隠れて枇杷の花 山口青邨
丘上の牛が声だす枇杷の花 飯田龍太
乾拭の顔に日当る枇杷の花 波多野爽波
佳き子たちみな佳き妻に枇杷の花 林翔 和紙
冬うらら雑草園は枇杷も咲く 山口青邨
北庭や日影乏しき枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
十露盤塾裏は枯藪枇杷の花 山口青邨
午後といふゆるみの刻の枇杷の花 能村登四郎
咲いて散りし北の家陰の枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
咲て散りし家のうしろの枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
土の上にある日花枇杷にある日 長谷川素逝 暦日
声出して黒木積む子や枇杷の花 飴山實 花浴び
夜見の国まるごと見えて枇杷の花 佐藤鬼房
好日の虻溺れきる 枇杷の花 伊丹三樹彦
妻激して口蒼し枇杷の花にたつ 飯田蛇笏 山廬集
嫂に遠くなりけり枇杷の花 燕雀 星野麥丘人
家の子とけさたつ丘の枇杷咲きぬ 百合山羽公 春園
家売つて行く人ありぬ枇杷の花 星野麥丘人
寂けさに疲れもぞする枇杷の花 相生垣瓜人 微茫集
山水の曲折しぶく枇杷の花 上田五千石 森林
山門や妙な處に枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
岩窟に薪を貯ふ枇杷の花 清崎敏郎
旅に獲し言葉一つや枇杷の花 石田波郷
日は天にまろくあたたか枇杷の花 山口青邨
昼夜を分かたず枇杷の花浮ぶ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
晴れてすぐ崩れて午後へ枇杷の花 岡本眸
月まどか島の坂みち枇杷咲いて 及川貞 榧の實
枇杷が咲く金の指輪の指細り 三橋鷹女
枇杷の花この日しづかにしてゐたき 右城暮石 句集外 昭和十四年
枇杷の花さくころの忌の三つほど 岸田稚魚
枇杷の花しくしく氷雨下りけり 臼田亜浪 定本亜浪句集
枇杷の花しんしんと降り大男 飯島晴子
枇杷の花となりは法華滅罪寺 亭午 星野麥丘人
枇杷の花とり懐さるゝ土蔵かな 上村占魚 鮎
枇杷の花はつきりしないのが勝か 飯島晴子
枇杷の花はや咲く隠耶蘇部落 山口青邨
枇杷の花ひまなく薄日ぬすみけり 松村蒼石 雁
枇杷の花人は心を洗はるる 後藤比奈夫
枇杷の花匂へると寄る匂ひけり 飯島晴子
枇杷の花夕日さしこめばあはれ見ゆ 山口青邨
枇杷の花夜はそくばくの星かかげ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
枇杷の花幽かにつもるわが臥処 飯島晴子
枇杷の花散りて石蕗今を盛なり 正岡子規 石蕗の花
枇杷の花日あたることをわすれたる 長谷川素逝 暦日
枇杷の花暁けそむるより憩らはず 石田波郷
枇杷の花海の光の山に来て 山口青邨
枇杷の花窓に学会小さき会 山口青邨
枇杷の花軸の茶色を尚思ふ 細見綾子
枇杷の花遺影に辞して帰る時 細見綾子
枇杷の花雑草園はいまさびし 山口青邨
枇杷咲いてこそりともせぬ一ト日かな 村上鬼城
枇杷咲いて海照り昇り来るごとし 高濱年尾
枇杷咲いて草屋はいまも鄙の塔 古舘曹人 砂の音
枇杷咲いて鼻の先まで年の暮 石塚友二 曠日
枇杷咲きたり渋茶をのみて甘み残る(金沢にて) 細見綾子
枇杷咲きぬ朝歩蒼惶晩歩縷々 林翔 和紙
枇杷咲きぬ病忘れし日とてなく 福田蓼汀 山火
枇杷咲きぬ魚てふ魚は乾物のみ 橋閒石 雪
枇杷咲くや寺は鐘うつ飯時分 正岡子規 枇杷の花
枇杷咲くや足の踏み場のみな古墳 百合山羽公 樂土
植込のうしろの方や枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
歳月の屋根のなだれを枇杷咲けり(松島瑞巌寺) 細見綾子
水汲みに僧が出てきぬ枇杷の花 星野麥丘人
火雲湧き熔岩にすがるる枇杷の花 角川源義
炊事道具を池につけあり枇杷の花 右城暮石 句集外 昭和八年
熔岩のみち急に落ち枇杷咲くところ 高濱年尾
物にはかに乏しくなりぬ枇杷の花 松崎鉄之介
病む妻に嘘いくついふ枇杷の花 能村登四郎
病床に身を乗り出せば枇杷の花 石田波郷
職業の分らぬ家や枇杷の花  正岡子規 枇杷の花
花枇杷に帚捨てつるにはあらず 阿波野青畝
花枇杷に色勝つ鳥の遊びけり 前田普羅 普羅句集
花枇杷や砂丘をひらき家と墓 角川源義
荒城の石打つ雨や枇杷の花 石塚友二 光塵
葉の形チ見ても寒さよ枇杷の花 右城暮石 句集外 昭和十三年
蔵ひらく音のしてゐる枇杷の花 鷲谷七菜子 花寂び
蕗茗荷荒れて久しく枇杷が咲く 細見綾子
蜂のみの知る香放てり枇杷の花 右城暮石 上下
衣食足り血の足らぬとよ枇杷の花 藤田湘子 てんてん
裏庭は日ざし離れぬ枇杷の花 石田波郷
誰か来さうな空が曇つてゐる枇杷の花 種田山頭火 草木塔
遠ざけし人恋ふ枇杷の咲きてより 鷲谷七菜子 黄炎
鉄橋の影が白洲に枇杷の花 飯田龍太
雨までは淡くも日あれ枇杷の花 渡邊水巴 白日
養生の食かろく枇杷咲き出しぬ 岡本眸

以上
by 575fudemakase | 2015-11-27 04:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

初冬の俳句

初冬の俳句

昨日(11月25日)は昼夜の温度差が10度もあった。
こうなると初冬到来の実感がひしひしである。

例句を挙げる。

あたたかく生きて初冬の夏帽子(中村草田男氏) 細見綾子
あたたかな冬のはじめや樫に雨 藤田あけ烏 赤松
かつて母の癒えし初冬の海痛し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
きよらかに川がありけり冬はじめ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ことば迅き少女の沼に冬はじめ 柚木紀子
こもりくに箜篌(くど)の音聴けり冬はじめ 鈴木しげを
しのび寄るひかりと影と初冬かな 中山純子 沙羅
すがれたる菊に初冬の塀高し 阿部みどり女 笹鳴
つまさきの初冬の木の葉父母在さず 阿部みどり女
つまみ菜の汁かんばしや冬はじめ 松瀬青々
はつ冬の丹波木綿を重く着る 中山純子
はつ冬や太白といふさつまいも 久保田万太郎 草の丈
はつ冬や我が子持ちそむ筆硯 飯田蛇笏 山廬集
はつ冬や戸ざし寄せたる芳野殿 黒柳召波 春泥句集
はつ冬や空へ吹かるゝ蜘のいと 召波
はつ冬や萬年青の銘の翁丸 久保田万太郎 流寓抄以後
ひと筋の潮目や越の冬はじめ 六本和子
をさめの子初冬生れきし目鼻だち 中山純子 沙 羅以後
ガス灯透き初冬へのびる握手の手 和田悟朗
コアラは初冬のユーカリの葉をよく噛んで 高澤良一 鳩信
ハミングに黒人霊歌冬はじめ 井沢正江 湖の伝説
ペレストロイカ ミルク初冬の喉に白し 国 しげ彦
一刹那初冬の鳶の影浴びぬ 高澤良一 宿好
一木を断つと初冬の天に告ぐ 川島喜由
三ケ月は*かりんの匂ひ冬はじめ 斉藤 節
丹後峰山鏡を隠す冬はじめ 宇多喜代子 象
今戸焼の狸腹を出し冬浅く 長谷川かな女 花寂び
佐久鯉や初冬をたぎる八岳の水 栗生純夫 科野路
八つ手打つ雨に初冬の韻きあり 高澤良一 燕音
冬のはじめ歳のをはりの綱の束 竹中宏 句集未収録
冬はじめ捨つべきものを捨て始む 三浦美知子
冬はじめ男のシャツを買ひ足して 斉藤淳子
冬はじめ雲の行方を子がたづね 上田日差子
冬浅き畳にひろぐ肌着類 高澤良一 随笑
冬浅し曲りてもまた海鼠壁 芝山吉宣
冷静に生き曖昧に初冬に亡く 竹中宏 句集未収録
出没のすばやき洩瓶冬はじめ 赤松[ケイ]子
初冬てふ言葉重たくありにけり 小川竜雄
初冬と詠みてさびしさゆゑ知らず 富安風生
初冬なほ紅葉に遊ぶ人等かな 高濱年尾
初冬の「吉原」と云ふ小著読む 長谷川かな女 花寂び
初冬のけはひにあそぶ竹と月 原裕 青垣
初冬のこゝろにたもつ色や何 原コウ子
初冬のすでに膝まで没しきて 平井照敏 天上大風
初冬のつくりごと書く筆軽し 龍胆 長谷川かな女
初冬のなまじ日を得し波淋し 西村和子 窓
初冬のわが影を置く水の上 朔多 恭
初冬の一ひらの雲いゆき鳴る 篠原梵 雨
初冬の二階堂より長谷へ晴れ 長谷川かな女 牡 丹
初冬の人かたまりて来りけり 細川加賀 生身魂
初冬の大塵取に塵少し 阿部みどり女 笹鳴
初冬の好日欅一樹立ち 松村蒼石 雁
初冬の尾花にきらふ夕日かな 古白遺稿 藤野古白
初冬の庭に筧や二尊院 五十嵐播水 播水句集
初冬の引堀靄を育てをり 有働亨 汐路
初冬の徐々と来木々に人に町に 星野立子
初冬の旅朝焼の紅濃ゆく 柴原保佳
初冬の月痕まざと奥黒部 有働亨 汐路
初冬の月裏門にかかりけり 正岡子規
初冬の柿猶保つ谷の家 青嵐
初冬の水平線のかなたかな 角谷幸子
初冬の浄土びかりす熊野灘 福田甲子雄
初冬の海を鏡に子の読書 原和子
初冬の炉櫨の実買ひのおとなひぬ 西島麦南 人音
初冬の狐の聲ときこえたり 泉鏡花
初冬の眼しぶくてみちのくは 榎本愛子
初冬の竹緑なり詩仙堂 鳴雪俳句集 内藤鳴雪、松浦爲王編
初冬の粟殻積むや櫨のもと 西島麦南 人音
初冬の膝に羽織を仮だたみ 阿部みどり女
初冬の苔うすうすと鐘の下 岸本尚毅 鶏頭
初冬の苔枯れ寂びぬ光悦寺 龍胆 長谷川かな女
初冬の萩も芒もたばねけり 正岡子規
初冬の袖垣青き露天風呂 越智協子
初冬の道伸びゆけば善光寺 廣瀬直人
初冬の鋪道の石は欠けしまま 今泉貞鳳
初冬の門広し兵の執る箒 楠目橙黄子 橙圃
初冬の障子に近く心足る 椎橋清翠
初冬の雲に芒の小諸城 高田蝶衣
初冬の雲灰色に沖の方 桑村竹子
初冬の音ともならず嵯峨の雨 石塚友二
初冬は遠語部の涙壷 栗林千津
初冬やあざやかなるはももの芯 山口青邨
初冬やこの子薄著にしつけむと 河野扶美
初冬やこゝに移して椅子に倚る 松藤夏山 夏山句集
初冬やどこに立ちても見ゆる滝 星野立子
初冬やぴんと張りたる袖たもと 橋本鶏二 年輪
初冬やシャベルの先の擦り切れて 山口誓子
初冬や仮普請して早住めり 高浜虚子
初冬や僧堂めぐる水速し 井上雪
初冬や兵庫の魚荷何々ぞ 黒柳召波 春泥句集
初冬や利根の田舎の汽船着場 小杉余子 余子句選
初冬や南蛮といふ辛きもの 野村喜舟 小石川
初冬や吉田の里に移り住み 山田三子
初冬や向上の一路まだ開かず 夏目漱石 明治二十九年
初冬や少し熱しと野天風呂 高橋淡路女 梶の葉
初冬や山の鴉は紫に 野村喜舟 小石川
初冬や川添ひ行くに水は樹は 尾崎迷堂 孤輪
初冬や年忌の汁に顔うつり 大峯あきら
初冬や庭に加ふる海の石 神尾久美子 桐の木
初冬や庭木にかわく藁の音 室生犀星
初冬や御所のかはらけ焼く在所 四明句集 中川四明
初冬や心肥えたる般若経 野村喜舟 小石川
初冬や悠紀主基の宮の木香高く 四明句集 中川四明
初冬や日和になりし京はづれ 蕪村 冬之部 ■ 人人高尾の山ぶみして一枝の丹楓を贈れれり、頃ハ神無月十日まり、老葉霜にたえず、やがてはらはらと打ちりたる、ことにあハれふかし
初冬や日影藪漏る寺の椽 古白遺稿 藤野古白
初冬や本めいせんの旅衣 松瀬青々
初冬や涙のごとき雲流れ 岸秋渓子
初冬や渋谷の人出よそよそし 湯川雅
初冬や灯明りに拝む厨子の像 滝井孝作 浮寝鳥
初冬や石油で洗ふ絵の具筆 栗林千津
初冬や空へ吹かるゝ蜘の絲 召波
初冬や竜胆の葉の薄もみぢ 松本たかし
初冬や童はつゝそでをぴんと張り 阿部みどり女 笹鳴
初冬や竹伐る山の鉈の音 夏目漱石
初冬や蘭に培ふ乾き砂 四明句集 中川四明
初冬や行李の底の木綿縞 細見綾子 花寂び
初冬や訪はんとおもふ人来り 蕪村
初冬や訪はんと思ふ人来ます 與謝蕪村
初冬や貧しき御器も買ひ足して 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
初冬や野の朝はまだ草の露 尾崎迷堂 孤輪
初冬や野葡萄熟す藪の中 寺田寅彦
初冬や障子にうつるものゝかげ 小澤碧童 碧童句集
初冬や障子のうちの晴曇 増田龍雨 龍雨句集
初冬や青きは鳥の麦畠 野村喜舟 小石川
初冬や髭剃りたての男振 尾崎紅葉
初冬や鳥屋が近き鶏の声 小澤碧童 碧童句集
初冬や鶲は崖を鳴きこぼれ 野村喜舟 小石川
初冬晴九輸の尖の尖まで塔 川島千枝
前垂の手織木綿の冬始まる 草間時彦 櫻山
句碑の面にしばしとどまる初冬の日 細見綾子 黄 炎
只の顔して冬のはじめのほとの神 森澄雄
吾娘と来て初冬の湯に寛げり 深川正一郎
哀しき眸わづか初冬の灯に笑めり 石塚友二 方寸虚実
地下鉄に冬のはじめのねずみの眼 桜井博道 海上
城を仰ぎ川を眺めて冬はじめ 河野友人
山よりも低く初冬の虹立ちて 阿部静江
山房に鳩の籠り音冬初め 深谷雄大
山頂に羽虫とぶ日の冬はじめ 篠田悌二郎
師と歩む初冬青空眼に尽きず 野澤節子 黄 炎
帯ほどの浅き流れに初冬の日 阿部みどり女
建売りの看板目立つ冬はじめ 天野美代子
惜別や初冬のひかり地に人に 赤城さかえ句集
我が影の遠く初冬の砂丘かな 池田 歌子
托鉢の駅頭に立つ冬初め 西村和江
掌をあてて言ふ木の名前冬はじめ 石田郷子
暁紅の海が息づく冬はじめ 佐藤鬼房
朝凪の帆のももいろに冬はじめ 柴田白葉女
木曾の旅終へし夫に初冬かな 長谷川かな女 雨 月
木村雨山の坐り姿の初冬なる 細見綾子 黄 炎
柳川の初冬の朝の舟だまり 星野立子
櫨をとる子の舟泛ぶ初冬かな 飯田蛇笏 春蘭
母の彳つ高さを冬のはじめとす 長谷川双魚 『ひとつとや』
流木にボールトのある冬のはじめ 加倉井秋を 『隠愛』
浅草の初冬ひからぬものは見ず 寺田京子 日の鷹
浪々のふるさとみちも初冬かな 飯田蛇笏 霊芝
淋しさもぬくさも冬のはじめ哉 正岡子規
渡り鳥渡りつくせり初冬蚕 栗生純夫 科野路
湯にゆくと初冬の星座ふりかぶる 石橋秀野
火を焚きし人より暮るる冬はじめ 高島つよし
瓜人先生帽子ひよろりと冬はじめ 山田みづえ
生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
百幹の松に初冬の縄ごろも 小宮山勇
石棺の蓋濡れ色に冬浅し 河原芦月
福助の面テ起こせる冬はじめ 高澤良一 ぱらりとせ
稚魚さへや鰭美しき冬はじめ 布施伊夜子
粥煮ゆるやさしき音の冬はじめ 和田祥子
紺絣冬の初めの音立てぬ 原田喬
紺足袋の女も冬の初めかな 大谷句佛 我は我
肘突きの成りし五彩や冬初 小澤碧童 碧童句集
芝踏めば土の応へや冬初め 小川軽舟
苫舟も初冬らしきけぶりかな 井上井月
萩からげて初冬の庭となりにけり 阿部みどり女 笹鳴
落柿舎の初冬の水を呑めとこそ 青木重行
蛍光灯唄ふごと点き冬浅し 藤田湘子
裁ち屑の彩に手をつき冬はじめ 長谷川双魚 風形
記憶とはおぼつかなくも美保初冬 高木晴子 花 季
赤楽のおもみも冬のはじめかな 鷲谷七菜子
身のうちにひとつの火種冬はじめ 丸山哲郎
連立ちてパリの初冬に身繕ひ 沼尻巳津子
週刊誌手に初冬の海の駅 原田喬
長き冬始まる農夫馬車をかる 高木晴子 花 季
雲動き初冬の日ざしこぼしけり 稲畑汀子
頭刈つてさぶし鐘つく初冬なり 中山純子 沙羅
飛行雲ほうけ流るる初冬かな 三好 菊枝
鯉の尾の弾みずしんと冬はじめ 星野紗一
鵜の礁に鵜がきていつも冬初め 永井一穂
鵯の青の法師の冬始め 八木林之介 青霞集
鶏むしる面けむたき冬はじめ 八重津苳二
麹の香初冬の宵を早めけり 高澤良一 燕音

初冬 補遺

あたたかく生きて初冬の夏帽子(中村草田男氏) 細見綾子
つみこまれ送られどこへゆく初冬 平井照敏
ときに青冴え追分の冬はじめ 佐藤鬼房
ほのかなるほゝゑみに会ふ初冬かな 細見綾子
みちのく初冬川の蒼額(あおぬか)人の無言(しじま) 金子兜太
伎芸天ほの初冬の光格子より 山口青邨
内海型の顔の鴎よ初冬の神戸 金子兜太
冬はじめ投函の六時真暗に 山口誓子
冬はじめ水瓶さげし指しなひ 細見綾子
冬はじめ青むらさきに七つ森 山田みづえ まるめろ
冬始まる楝の森はひとり過ぐ 安住敦
冬浅き数日机上なにも置かず 橋閒石
冬浅き湯の山椿花もたず 橋閒石
冬浅き空へ赫土山尖る 橋閒石 雪
冬浅し伊豆韮山のどこもここも 星野麥丘人
初冬なり詞華に山茶花咲くことも 金子兜太
初冬なる石垣島のもづくの香 細見綾子
初冬に何の句もなき一日かな 正岡子規 初冬
初冬のきたなき読書扇かな 前田普羅 普羅句集
初冬のけはひにあそぶ竹と月 原裕 青垣
初冬のすでに羽子うつ音すなり 原石鼎 花影
初冬のすでに膝まで没しきて 平井照敏 天上大風
初冬のともしび恋ふる松林 廣瀬直人 帰路
初冬のひつじ田みどり衰へず 高濱年尾
初冬のふたたび赤きカンナかな 三橋鷹女
初冬の一ひらの雲いゆき鳴る 篠原梵 年々去来の花 雨
初冬の初の字ここにしておもふ 細見綾子
初冬の単機こえゆく白根嶽 飯田龍太
初冬の友の忌きのふけふに過ぎ 村山古郷
初冬の好日欅一樹立ち 松村蒼石 雁
初冬の安楽椅子に埋もるる 日野草城
初冬の家ならびけり須磨の里 正岡子規 初冬
初冬の家成つて壁いまだつかず 正岡子規 初冬
初冬の富山に来たり恩師の地 村山古郷
初冬の屋根に生ひける草知らぬ 伊丹三樹彦
初冬の山の子が帯ぶ紅きもの 橋閒石
初冬の嶺澄みて世の讐意去る(木の宮山荘にて) 飯田龍太
初冬の徐徐と来木木に人に町に 星野立子
初冬の新宅の壁はまだつかず 正岡子規 初冬
初冬の日向に生ふる鶏頭かな 村上鬼城
初冬の月裏門にかゝりけり 正岡子規 冬の月
初冬の栗林抜け小買物 細見綾子
初冬の植木に交り芙蓉の実 右城暮石 句集外 昭和三年
初冬の水黒し見てをれば動く 橋閒石 朱明
初冬の浪花女の黒襟や 村山古郷
初冬の浮葉銹びたり浄瑠璃寺 石塚友二 磊[カイ]集
初冬の海向いて居る鳥居かな 内藤鳴雪
初冬の炉櫨の実買ひのおとなひぬ 西島麦南 人音
初冬の空の蒼さを瞼にす 橋閒石 雪
初冬の空や天守の屋根の反り 村山古郷
初冬の竹緑なり詩仙堂 内藤鳴雪
初冬の粟殻積むや櫨のもと 西島麦南 人音
初冬の糺へ歸る禰宜一人 正岡子規 初冬
初冬の萩も芒もたばねけり 正岡子規 初冬
初冬の葉は枯れながら菊の花 正岡子規 初冬
初冬の蘇鉄は庭の王者かな 尾崎放哉 大学時代
初冬の錦帯橋に瀬音聞く 高濱年尾
初冬の音ともならず嵯峨の雨 石塚友二 磊[カイ]集
初冬の髭おとしたる道化かな 橋閒石 微光以後
初冬の鴉飛ぶなり二見潟 正岡子規 初冬
初冬の黒き皮剥くバナゝかな 正岡子規 初冬
初冬やあざやかなるはものの芯 山口青邨
初冬やどこに立ちても見ゆる滝 星野立子
初冬やシャベルの先の擦り切れて 山口誓子
初冬やジャム煮る鍋を買ひに来る 細見綾子
初冬や一ト臼搗きし夜明前 村山古郷
初冬や元伊勢に敷く伊勢の砂 阿波野青畝
初冬や地ひびきのして夜の雷 細見綾子
初冬や地を荒き時過ぎゆくも 高屋窓秋
初冬や垂るる実赤く飛ぶ絮白く 山口青邨
初冬や夕月かかる御霊屋に 川端茅舎
初冬や大竹藪に陽こもりて 日野草城
初冬や太藺大弓なしてみどり 山口青邨
初冬や妻の遊びの茶碗蒸 草間時彦
初冬や引きずり上げる葦の束 廣瀬直人
初冬や手ざはり寒き革表紙 日野草城
初冬や濡縁におく畑のもの 山口青邨
初冬や竹の中なる柚一と木 川端茅舎
初冬や竹を浸せる瀬の荒び 村山古郷
初冬や竹富島の黒真珠 細見綾子
初冬や緋染紺屋の朝砧 村上鬼城
初冬や肩を打つたる加持の数珠 鷲谷七菜子 天鼓
初冬や行李の底の木綿縞 細見綾子
初冬を吉祥天の朱唇かな 細見綾子
前垂の手織木綿の冬始まる 草間時彦
力芝よきむらさきの冬はじめ 森澄雄
句碑の面にしばしとどまる初冬の日(能登曽々木に塩田句碑除幕) 細見綾子
哀しき眸わづか初冬の灯に笑めり 石塚友二 方寸虚実
培へば蚊帳吊は黄に冬はじめ 右城暮石 句集外 昭和十五年
大根を煮つゝそゞろに冬はじめ 山口誓子
幹をもて木々は寄り合ふ冬はじめ 林翔
幼子の爪切る音も初冬かな 飯田龍太
店にして林檎の艶や冬はじめ 森澄雄
手のひらに赤みのさして初冬かな 細見綾子
擂粉木の頭の白さ冬はじめ 鷹羽狩行
晩秋を初冬ヘ八ケ岳晴れて 細見綾子 虹立つ
智光曼荼羅のこれる金の初冬かな(奈良元興寺) 細見綾子
暗がりに卵たくはへ冬はじめ 鷹羽狩行
暾あたりて初冬の凪ぐ槻の膚 飯田蛇笏 家郷の霧
木に倚りて木の数かぞふ冬はじめ 岡本眸
木地師ゐて木の粉を散らす冬初め 桂信子 花影
木村雨山の坐り姿の初冬なる(加賀友禅無形文化財木村雨山さん) 細見綾子
東京を過ぎ去る旅の初冬かな 飯田龍太
柳川の初冬の朝の舟だまり 星野立子
桐畑に桐の木を挽く冬はじめ 岡本眸
櫨をとる子の舟泛ぶ初冬かな 飯田蛇笏 白嶽
水に透き初冬のさかなみな細身 桂信子 花影
波の端の咲きひろごれる冬はじめ 岡本眸
浪々のふるさとみちも初冬かな 飯田蛇笏
浪立つ冬初め膳所は低く湖のべ 中塚一碧楼
淋しさもぬくさも冬のはじめ哉 正岡子規 冬
湯にゆくと初冬の星座ふりかぶる 石橋秀野
漁師町初冬青首大根干す(出雲崎) 細見綾子
爪人先生帽子ひよろりと冬はじめ 山田みづえ 草譜
犬の子と人の子と初冬の道 高田風人子
玄室に女人のこゑや冬浅し 星野麥丘人
秋声碑の土塀初冬の松の影(金沢卯辰山) 細見綾子
老婆からにほひが流れ冬浅し 藤田湘子
藪の穂のさやぎひそかや冬はじめ 日野草城
赤富士のえんじ濃きまで初冬よ 細見綾子
足袋穿きて小鉤もかけず冬浅し 山口青邨
踏み石に苔青々と初冬なる 細見綾子
連歌師の碑や初冬の日ちりばめて(箱根早雲寺宗祇の碑、裏山に墓あり) 細見綾子
過ぎしかの日を瞼にし初冬なり 三橋鷹女
青鏃研ぐ素寒貧冬のはじめ 佐藤鬼房
風邪ひいて葛ねつて喰ふ初冬かな 細見綾子
高架潜りすぐ初冬の坂へかかる 橋閒石 雪
鯉おのが髭に親しみ冬はじめ 鷹羽狩行
鴨の子のひく波ひかる初冬かな 飯田龍太
鵯騒ぐ初冬の山深からず 橋閒石
鶺鴒の飛びゐる畑の冬初め 右城暮石 句集外 昭和四年
黒真珠しばし初冬の日の揺らぐ 細見綾子
鼓笛隊往く初冬の空は瑠璃 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2015-11-26 07:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬紅葉

冬紅葉

例句を挙げる。

いち日の旅いち日の冬紅葉 宇咲冬男
うしほ照り冬もみぢして岬あり 及川貞 榧の實
うたかたの間に古稀となり冬紅葉 清原 花子
かなわないものを重ねて冬紅葉 二村典子
くぼまりに蘆刈りをるや冬もみぢ 木津 柳芽
くらがりへ覚める水音冬紅葉 板橋美智代
さむざむとしかはあれども冬紅葉 富安風生
たましいのひとつが透けて冬紅葉 津根元 潮
ちぎれては雲の数ふゆ冬紅葉 大岳水一路
としごろの娘の懐手冬紅葉 後藤夜半
なお燃ゆる色を尽して冬紅葉 稲畑汀子
なきがらや言葉のやうに冬紅葉 中山純子
なほ燃ゆる色を尽して冬紅葉 稲畑汀子 汀子第二句集
ぬるき湯に長湯してをり冬紅葉 有働亨
ふた七日なほ紅たもつ冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
ほとりあふ湯の神湯元冬もみぢ 皆吉爽雨 泉声
もえながらまばらとなりぬ冬紅葉 原石鼎 花影以後
一すじの道冬紅葉濃かりけり 及川貞 夕焼
一と日づつ一と日づつ冬紅葉かな 後藤比奈夫 花びら柚子
一の鳥居からが遠くて冬紅葉 矢野典子
一人にも動くゴンドラ冬紅葉 岡田順子
一人居る茶屋の手摺や冬紅葉 野村泊月
一切経炎上したる冬紅葉 加倉井秋を
一文字の俗名に添ふ冬紅葉 佐藤美恵子
一日づつ一日づつ冬紅葉かな 後藤比奈夫
一時より豆腐売りだす冬紅葉 龍岡晋
一筆で描ききる滝冬紅葉 橋本榮治 麦生
下リざまに又鐘きくや冬もみぢ 高井几董
中陰の満ちて湖魚焼く冬もみぢ 宮武寒々 朱卓
主婦であり且つこの道や冬紅葉 及川貞 夕焼
人を見て梢離れゆく冬もみぢ 松村蒼石
佗び寂びの極みの朽ちや冬紅葉 林 翔
余生とはかく美しき冬紅葉 高木晴子 花 季
侘びつつも酒の粕焼く冬紅葉 椎本才麿
先生の下駄履いてみる冬紅葉 斉藤夏風
冬もみぢうらを覗けば突き当る 宇都宮滴水
冬もみぢ大ぜい仰ぎ去りしあと 皆吉爽雨
冬もみぢ晩年すでに始るか 安住敦
冬もみぢ湖畔のホテル飼鳥狎るる 宮武寒々 朱卓
冬紅葉あらぬかたより日のさせる 久保田万太郎 流寓抄以後
冬紅葉いろはにほへど水の上 渡辺恭子
冬紅葉およそ夕日になづみけり 松村蒼石 雁
冬紅葉かけす移りて色動く 田中英子
冬紅葉かむり放哉とはなれず 青木重行
冬紅葉くらきばかりに鹿匂ふ 田中裕明 花間一壺
冬紅葉ここに坐れと石のかほ 日原傅
冬紅葉しづかに人を歩ましむ 富安風生
冬紅葉すでに落つるはなく濃しや 及川貞
冬紅葉にはかに暮れてしまひけり 清崎敏郎
冬紅葉わが林住期やや長し 橋本薫
冬紅葉一葉一葉と散り惜しむ 細見綾子 存問
冬紅葉俗塵払ふ麓寺 高澤良一 燕音
冬紅葉倒れんほどに凭りしかな 龍胆 長谷川かな女
冬紅葉冬のひかりをあつめけり 久保田万太郎 流寓抄
冬紅葉夫婦の文字の似ることよ 朝倉和江
冬紅葉宇治平等院日を残し 浅沼澄暎
冬紅葉山にしずまるわが生涯 秋庭俊彦 果樹
冬紅葉山ふところの配所かな 瀧澤伊代次
冬紅葉山門の朱にかよひ見ゆ 皆吉爽雨 泉声
冬紅葉師の忌に逢うてまた別る 大野林火
冬紅葉擁かれつ蹤きつ女の身 石田波郷
冬紅葉散りて数葉雪のうへ 高澤良一 寒暑
冬紅葉日陰日陰へ水はしり 能村登四郎
冬紅葉木彫の鹿も日を恋へる 堀口星眠 営巣期
冬紅葉気軽に人を宥しけり 鈴木真砂女 夕螢
冬紅葉海の十六夜照りにけり 水原秋櫻子
冬紅葉湖を真下の乳薬師 塩澤美津女
冬紅葉濃し紫になりたるも 平野桑陰
冬紅葉照りながらへてさながらに 日野草城
冬紅葉燃えしぶれるも美しく 西本一都 景色
冬紅葉甲斐にのこれる歌の宮 福田蓼汀 山火
冬紅葉甲斐深き山うかびたり 水原秋櫻子
冬紅葉瞬けばまた石の痩 殿村莵絲子
冬紅葉神の燈早くともりけり 高橋淡路女 梶の葉
冬紅葉空を風行く処刑松 大櫛静波
冬紅葉空気銃提げなまけもの 福田蓼汀 山火
冬紅葉糸切つて歯を確かむる 鍵和田釉子
冬紅葉胎内仏の闇を出て 杉原昌子
冬紅葉薫きものあはせして遊ぶ 加藤三七子
冬紅葉見るに散らざり地には敷き 及川貞 夕焼
冬紅葉身の置き処捨て処 曽根新五郎
冬紅葉身軽な旅に出たりけり 鈴木真砂女 生簀籠
冬紅葉長門の国に船着きぬ 山口誓子
冬紅葉雲ふかくゐて暮るるなり 上条筑子
冬紅葉高みを人の歩きをり 清崎敏郎
句碑の背の小松がくれの冬紅葉 高木晴子 花 季
向つ山のこゑよく透る冬紅葉 山田孝浩
坂登り詰めたる色に冬紅葉 江川由紀子
夕方の雨静かなり冬紅葉 高濱年尾
夕映に何の水輪や冬紅葉 渡辺水巴 白日
大仏のうしろに暗き冬紅葉 京極杞陽 くくたち下巻
大仏へ道ひろらなり冬紅葉 有働亨 汐路
大勢の中に我あり冬紅葉 星野立子
大文字山の火種の冬紅葉 徳渕富枝
奥入瀬の一瀑濁り冬もみぢ 松村蒼石 露
好きで来しひとりの京都冬紅葉 石井とし夫
妙味とは蕎麦のことなり冬紅葉 鈴木しげを
寺清浄朝日清浄冬紅葉 高田風人子
尾根移り落ちゆく日あり冬紅葉 島田みつ子
岩山の捧ぐる土の冬紅葉 中島斌男
峰伝ふましらの叫び冬紅葉 中原一樹
幾尾根の冬紅葉抜け奈良山に 稲岡長
庭一歩産ぶ声きけり冬紅葉 長谷川かな女 花寂び
弱まりし日にもときめく冬紅葉 西村和子 かりそめならず
息とめて今日保ちをり冬紅葉 篠田悌二郎
悪法も法ちりちりと冬紅葉 辻田克巳
手庇の中の紅冬紅葉 阿部みどり女 『石蕗』
手話の子の鞄地に置く冬紅葉 阿部寿雄
拝観を許さぬ寺の冬紅葉 西沢破風
散りがてに粧ひがてに冬紅葉 後藤夜半 底紅
日おもてにあればはなやか冬紅葉 日野草城
日の当る山がきまりて冬紅葉 鷲谷七菜子 游影
日は松にはじけて白し冬紅葉 渡邊水巴 富士
日表へ峠越ゆれば冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
木洩日の薄きは淋し冬紅葉 高木晴子 晴居
朱よりもはげしき黄あり冬紅葉 井沢正江 晩蝉
松蔭の教へしところ冬紅葉 高澤良一 宿好
枝異にして残りをり冬紅葉 高浜年尾
染寺の僧へ文しぬ冬紅葉 赤松[けい]子 白毫
歳月は水にもありて冬紅葉 宮原双馨
水奔りゆくかげくらし冬紅葉 久保田万太郎 流寓抄以後
水源のこゝにはじまる冬紅葉 久本澄子
水音の引き立ててゐる冬紅葉 後藤比奈夫 金泥
沈む日を子に拝ませぬ冬紅葉 長谷川かな女 雨 月
法然院一期の色の冬紅葉 青木重行
法臘は十三にして冬紅葉 瀬戸内寂聴
波郷忌やたまゆら燃ゆる冬紅葉 下村ひろし 西陲集
温泉げむりに橋ほのぬくし冬紅葉 西本一都 景色
狩りぐさに定家かづらの冬紅葉 藤田あけ烏 赤松
生れし家にわれの物なし冬紅葉 高橋富久江
痩空也見し目をぬくめ冬紅葉 加古宗也
相舅の位牌まじはり冬紅葉 鳥居美智子
真向ひて山の明暗冬紅葉 関野八千代
真白き神の餅買ふ冬紅葉 大橋櫻坡子
石人も石獣も冬紅葉中 高浜年尾
石山の石皚々と冬紅葉 高澤良一 燕音
祗王寺や細枝触れ合ふ冬紅葉 羽部洞然
組曲を弾ず琴あり冬もみぢ 長谷川かな女 花寂び
網のまま鯉を担げり冬紅葉 大岳水一路
美しく老ゆるも死ぬも冬紅葉 松井草一路
自動車と駕と麓に冬紅葉 高浜虚子
舟あれど乗る心なし冬紅葉 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
赤ん坊の頭の上は冬紅葉 岸本尚毅 舜
赤寺は魚板も赤し冬紅葉 福田蓼汀
足るを知る齢いつしか冬紅葉 小林 三郎
辛口の集ひけるかな冬紅葉 齋藤玄 飛雪
遅れつゝ伊豆の山々冬紅葉 白石 時子
遠滝のひかり微塵に冬もみぢ 森藤千鶴
野の時間いまが沸点冬紅葉 藤井冨美子
金網にボールがはまり冬紅葉 川崎展宏
鎌倉のこの谷戸知らず冬紅葉 星野立子
雨浸までひかりながるる冬紅葉 松村蒼石
雪にさへ高尾ゆかりの冬紅葉 高澤良一 寒暑
霊前の日曜なりし冬紅葉 佐野青陽人 天の川
露の世をともに過ごさん冬紅葉 岩田由美
静なる時も散り来る冬紅葉 高木晴子
音暮れて牛は磨り噛む冬紅葉 中島斌男
須勢理毘売恋せし色か冬紅葉 加藤三七子
飴湯呑む城主の館冬もみぢ 秋山花笠
鮫狩りにゆきたる友や冬紅葉 皆吉司
鯉の背を打つ滝やさし冬紅葉 鈴木真砂女
一荘や冬の紅葉を誰も見ずに 尾崎迷堂 孤輪
日を恋ひて冬の紅葉となりにけり 後藤夜半 底紅
香久山の冬の紅葉は火種ほど 鍵和田[ゆう]子
かなしみも冬の紅葉もあつめ焚く 仙田洋子

冬紅葉 補遺

あつき温泉をいでがたくをり冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
いたゞきし斎に温もり冬紅葉 星野立子
うつくしきものみなひそか冬紅葉 山口青邨
かま風呂に入るまなうらの冬紅葉 後藤比奈夫
ここも亦冬紅葉して墓どころ 高野素汁
このあたり段だら模様冬紅葉 岸田稚魚 紅葉山
さへづりのしみゝにぬくし冬紅葉 日野草城
なほ燃ゆる色を尽して冬紅葉 稲畑汀子
はげそめてやゝ寒げ也冬紅葉 正岡子規 冬
ひきこもり病にあらず冬紅葉 山口青邨
ふた七日なほ紅たもつ冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
もえながらまばらとなりぬ冬紅葉 原石鼎 花影以後
一すじの道冬紅葉濃かりけり 及川貞 夕焼
一と日づつ一と日づつ冬紅葉かな 後藤比奈夫
一枚の瓦を寄進冬紅葉 高野素汁
主婦であり且つこの道や冬紅葉 及川貞 夕焼
人迎ふ言葉温めて冬紅葉 岡本眸
冬もみぢ晩年すでに始るか 安住敦
冬もみぢ端山の草木禽啼かず 飯田蛇笏 山響集
冬紅葉およそ夕日になづみけり 松村蒼石 雁
冬紅葉しづかに人を歩ましむ 富安風生
冬紅葉にはかに暮れてしまひけり 清崎敏郎
冬紅葉一円相にちりつもる 川端茅舎
冬紅葉一壇林として存す 高野素汁
冬紅葉一葉一葉と散り惜しむ(金沢郊外、湯涌温泉にて) 細見綾子
冬紅葉仏心もまた濃かりけり 後藤比奈夫
冬紅葉全く散るを肯ぜず 阿波野青畝
冬紅葉南風吹く日にどつとちる 川端茅舎
冬紅葉堂塔谷に沈み居り 川端茅舎
冬紅葉布留の宮とも云ふとかや 高野素汁
冬紅葉師の忌に逢うてまた別る 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
冬紅葉怺ふる色を重ねたる 後藤比奈夫
冬紅葉恬然として我は見る 高野素汁
冬紅葉擁かれつ蹤きつ女の身 石田波郷
冬紅葉故国はかくも天霧らふ 山口誓子
冬紅葉日陰日陰へ水はしり 能村登四郎
冬紅葉末子にうすき父の縁 上田五千石『田園』補遺
冬紅葉楠家菩提のために濃し 後藤比奈夫
冬紅葉気軽に人を宥しけり 鈴木真砂女 夕螢
冬紅葉気随言はせて貰ひけり 飯島晴子
冬紅葉水仕いよいよあはれなり 森澄雄
冬紅葉海の十六夜照りにけり 水原秋櫻子 帰心
冬紅葉潭を出でては水迅み 森澄雄
冬紅葉濃しや峡田の行きどまり 水原秋櫻子 磐梯
冬紅葉焚くに寄りゆくおのづから 水原秋櫻子 緑雲
冬紅葉照りながらへてさながらに 日野草城
冬紅葉燃ゆる彼方の仏かな 細見綾子
冬紅葉父をも顧みざりけり 石田波郷
冬紅葉甲斐にのこれる歌の宮 福田蓼汀 山火
冬紅葉甲斐深き山うかびたり 水原秋櫻子 玄魚
冬紅葉界隈としてわがありき 岡井省二 前後
冬紅葉目を惹く京の寺社めぐり 高濱年尾
冬紅葉空気銃提げなまけもの 福田蓼汀 山火
冬紅葉美しければ又思ふ 高野素汁
冬紅葉美しといひ旅めきぬ 星野立子
冬紅葉見るに散らざり地には敷き 及川貞 夕焼
冬紅葉見事や大樹なればなほ 高濱年尾
冬紅葉誓子は老を詠はざる 藤田湘子
冬紅葉身軽な旅に出たりけり 鈴木真砂女 生簀籠
冬紅葉長門の国に船着きぬ 山口誓子
千年経て御佛います冬紅葉 水原秋櫻子 殉教
命とは神意とは冬紅葉かな 岡本眸
城砦綴りし葛の冬もみぢ 能村登四郎
夕映に何の水輪や冬紅葉 渡邊水巴 白日
夜半照りし月はいづこに冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
大勢の中に我あり冬紅葉 星野立子
女子大にむさし野の森冬紅葉 山口青邨
女子大はきよらかにして冬紅葉 山口青邨
山に落つ夕日とらへて冬紅葉 稲畑汀子
岬山の谷深ければ冬紅葉 鷹羽狩行
強飯の粘ることかな冬紅葉 石田波郷
御仏のこもります山冬紅葉 山口青邨
扁額に無形寂寥冬紅葉 森澄雄
手をとればやさしさ通ふ冬紅葉 上田五千石『琥珀』補遺
撞き終る捨て鐘一つ冬紅葉 松本たかし
攀ぢり来し白息洩らす冬紅葉 能村登四郎
散りがてに粧ひがてに冬紅葉 後藤夜半 底紅
日おもてにあればはなやか冬紅葉 日野草城
日に透きし色透かぬ色冬紅葉 清崎敏郎
日に透きて散るけはひなし冬紅葉 清崎敏郎
日の当る山がきまりて冬紅葉 鷲谷七菜子 游影
日は松にはじけて白し冬紅葉 渡邊水巴 富士
日を透かし一枚一枚冬もみぢ 山口青邨
日当れば日当る寒さ冬紅葉 後藤比奈夫
日表へ峠越ゆれば冬紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
時流れをり師恩あり冬紅葉 廣瀬直人
暮れてまた夕映すなり冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
曇れども越の山見ゆ冬紅葉 水原秋櫻子 緑雲
曲るたび日当たる谷の冬もみぢ 鷹羽狩行
書庫の壁ひとつらの蔦冬紅葉 山口青邨
木の暗の明るむところ冬紅葉 鷹羽狩行
枝々のはなはだ細し冬紅葉 清崎敏郎
気を張れば病を忘れ冬紅葉 星野立子
水底の紅葉水面の冬もみぢ 岡本眸
水神のためいつまでも冬紅葉 鷹羽狩行
水音の引き立ててゐる冬紅葉 後藤比奈夫
深大寺蕎麦は灰色冬紅葉 後藤比奈夫
濡れ僅か城廓の冬紅葉谷 佐藤鬼房
父憶ふ心は同じ冬紅葉 星野立子
猫間障子一枚冬紅葉を見する 山口青邨
田の中に古墳稲荷山冬紅葉 山口青邨
病人に月日経ちやすし冬紅葉 鈴木真砂女 卯浪
砂町の波郷死なすな冬紅葉 渡邊白泉
磴半ば明るきところ冬紅葉 高濱年尾
竹林の中あでやかに冬紅葉 山口青邨
芝生踏み来て睡蓮の冬紅葉(新宿御苑にて) 細見綾子
芭蕉似は弱きはらわた冬紅葉 佐藤鬼房
荒海に崖なすや冬紅葉 村山古郷
蔵王また修験道なり冬紅葉 森澄雄
虚子に喜寿艶また年尾にも冬紅葉 山口青邨
足を病む妻や祈りの冬紅葉 山口青邨
辛口の集ひけるかな冬紅葉 齋藤玄 飛雪
近松は長門の生まれ冬紅葉 森澄雄
鐘つきに僧馳けりくる冬紅葉 飯島晴子
隠棲といはずしづかに冬紅葉 山口青邨
雨そそぐ髻塚や冬紅葉 山口青邨
頽齢の恋おそろしや冬紅葉 佐藤鬼房
食ひしばるごと逆光の冬紅葉 林翔
高く上る煙草のけむり冬紅葉 山口青邨
鯉の背を打つ滝やさし冬紅葉 鈴木真砂女 卯浪

以上
by 575fudemakase | 2015-11-24 04:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

落葉の例句

落葉の例句


落葉 1
http://fudemaka57.exblog.jp/25112426/

落葉 2
http://fudemaka57.exblog.jp/25112418/

落葉 3
http://fudemaka57.exblog.jp/25112407/


銀杏落葉
http://fudemaka57.exblog.jp/23327082/

朴落葉
http://fudemaka57.exblog.jp/23327064/


柿落葉
http://fudemaka57.exblog.jp/22922943/

木の葉
http://fudemaka57.exblog.jp/23321215/


以上
by 575fudemakase | 2015-11-23 04:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

落葉 1

落葉 1

例句を挙げる。

*ぶな落葉*ぶなの下径隠しけり 小川軽舟
あかぎれの膏薬つつむ落葉かな 木導 十 月 月別句集「韻塞」
あさましき桃の落葉よ菊畠 蕪村 秋之部 ■ 菊に古笠を覆たる畫に
あたふた用足して落葉の山家へ戻る 人間を彫る 大橋裸木
あふむいて眺る翌日(あす)の落葉かな 也有
あまたとは限りあること椎落葉 対馬康子 吾亦紅
あるといはれたポストゐた落葉ためてゐた シヤツと雑草 栗林一石路
いくとせも落葉を踏まずかたみわけ 長谷川双魚 風形
いく落葉それ程袖もほころびず 荷兮 (逢芭蕉)
いただいて落葉の泛ける共同湯 高澤良一 燕音
いちじくの大き落葉が墓を打つ 中嶋秀子
いちめんの落葉や納屋は傾きて 森田峠
いち早く落葉する木の高さかな 柑子句集 籾山柑子
いつきても門の落葉の同じほど 波多野爽波 鋪道の花
いつせいに落葉駈けゆき吾も去る 千代田葛彦 旅人木
いつまでも樟落葉掃く音つづく 山口青邨
いつも誰かが 起きてて灯してて 落葉の家 伊丹三樹彦 樹冠
いづこより降りくる落葉かとあふぐ 八幡城太郎
いとせめて葬の路に落葉すな 原田種茅 径
いまは床屋となりたる友の落葉の詩 寺山修司(1935-83)
いろは坂よりもかみそり坂落葉 辻本青塔
うこぎ摘ム蝸牛もろき落葉かな 言水
うで玉子むきつゝ来るや落葉道 比叡 野村泊月
うは目見る戸越の空の落葉雨 石塚友二 方寸虚実
うろくづと見ゆるは風の落葉舞ふ 山本歩禅
おのがじし落葉をかさねかくれ蓑 山下 輝畝
おのが影離して水の落葉かな 目黒十一
お札所の楠の落葉の終りたる 近石 ひろ子
お酉さま戻りの道の落葉風 高澤良一 燕音
かがり火の中へ空しき落葉かな 来山
かくれ家を訪ひゆく道の落葉かな 比叡 野村泊月
かさこそと或は小鳥や垣落葉 西山泊雲 泊雲句集
かさこそと雉子落葉に餌をあさる 寺田寅彦
かさこそよまたかさこそよ椎落葉 とみ子
かさなりて栗の落葉のみな長し 長谷川素逝 暦日
かすめ掃く苔の上なる落葉かな 比叡 野村泊月
かそけさの落葉の音の枝をつたふ 長谷川素逝 暦日
かた足の虫とびまけてをり落葉降る 冬の土宮林菫哉
からかさに来てはそれ行く落葉かな 水田正秀
からかさ干して落葉ふらして居る 尾崎放哉
からからと落葉走り出すこと賛成 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
からまつの落葉うながす霧の音 吉澤 卯一
からまつの落葉よ霧のごと降るは 稲垣きくの 黄 瀬
から~と明り障了へ落葉哉 吟江
から~と落葉追ひ来て追ひ越しぬ 星野立子
かんすげのかぶる落葉を滑りけり 前田普羅 新訂普羅句集
きりもなく掃きてかき寄す樫落葉 福田寿子
くすぶりてゐしが一気に火の落葉 檜紀代(1937-)
けさはけさの落葉はじまる石畳 下村ひろし 西陲集
けもの来て何噛みくだく夜の落葉 野澤節子 黄 瀬
こつそりと絵馬掛けてきし落葉径 今橋真理子
ことごとく日向に反つて梅落葉 石田郷子
ことごとく落葉せり追ひつめられぬ 藤田湘子 途上
この一本落葉はげしくなりにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
この下の友よ落葉の落ちつかず 猿橋統流子
この冬の巌しからむと夜の落葉 橋本榮治 麦生
この国の落葉は早し住みつきて 林原耒井 蜩
この山の落葉に肥ゆる二輪草 高澤良一 随笑
この岸のまだあたたかき落葉かな 永末恵子
この杜の野博打遠し落葉鳴る 影島智子
この枯木この落葉いま波郷亡し 石塚友二
この町の落葉ふかきに住むを恥づ 久保田万太郎 草の丈
この落葉どこまで行かば神隠し 神崎忠
この落葉氷室の神の踏みたまふ 後藤夜半
この道の欅の落葉はじまりぬ 風生
この道を行くほかはなき落葉かな 金箱戈止夫
こぼれ餌に鴉来てあり宮落葉 四明句集 中川四明
こまごまと落葉してをり滝の岩 波多野爽波 鋪道の花
こまごまと落葉相打つ景色かな 池内友次郎 結婚まで
ころがりてまことに粗なる落葉籠 飯田蛇笏
ころがりて柚子のあかるき落葉かな 金尾梅の門 古志の歌
ごうごうと楡の落葉の降るといふ 高野素十
ごつそりと落葉とりまく一家かな 久米正雄 返り花
さかんなる落葉にあへることうれし 山口青邨
さきの落葉吹かれてあらず後の月 中島月笠 月笠句集
さざ浪や落葉衣のしぼり染 藤戸女 俳諧撰集玉藻集
さだかなる遠嶺の高さ落葉踏む 橋本鶏二
さびしさの手ふれてぬくき落葉あり 鷲谷七菜子 黄 炎
しぐれ来とチーク落葉の鳴りいづる 千代田葛彦 旅人木
しだれざくら総身落葉したりけり 草間時彦 櫻山
しづかさをひいて落葉の音つたふ 長谷川素逝 暦日
しづかなる落葉に耳をうたれけり 京極杞陽 くくたち下巻
しづかなる音のただ降る椎落葉 長谷川素逝 暦日
しづけさに耳のこりたる落葉山 岩渕晃三
しをり戸にさそはれ入りぬ落葉ふみ 高木晴子 晴居
すさまじき落葉に上げし面てかな 高濱年尾 年尾句集
すずかけの落葉と人にかこまるる 細見綾子 雉子
すずかけ落葉ネオンパと赤くパと青く 富安風生
すつかり落葉した月夜の銅像である 人間を彫る 大橋裸木
その夜から落葉始まる赤子は「あー」 対馬康子 愛国
その性の音性の色落葉ふむ 日置草崖
その木の影あるその木の落葉掃く 加倉井秋を
それぐの落葉に打たれながら居る 高木晴子 晴居
それぞれの落葉に打たれながら居る 高木晴子
それでよろしい落葉を掃く 種田山頭火 草木塔
それ~の落葉に打たれながら居る 高木晴子 晴子句集
たかがわの庵の落葉と言へぬ嵩 宮脇長寿
ただひとり落葉を踏みて*たらつみに 飯田蛇笏 椿花集
ただ佇つてゐて椎の落葉かな 加倉井秋を 午後の窓
たつつけのみな神にして落葉かき 原石鼎 花影以後
たまさかに色付く物や柚の落葉 亀柳 俳諧撰集「藤の実」
たまさかの落葉の音のあるばかり 長谷川素逝 暦日
ちちははが居るまぼろしの夕落葉 柴田白葉女
つかのまにくもり果てたる落葉かな 久保田万太郎 草の丈
つくづくと落葉つもりて象潟や 鷲谷七菜子
てのひらに月光掬ふ落葉かな 石嶌岳
とげがたき愛慾かなし落葉ふむ 中尾白雨 中尾白雨句集
とまらんと欲りつ落葉の駆けてをり 上野泰
どうがんじさま時雨来て落葉して 草間時彦 櫻山
なつかしき昴にまみえ落葉踏む 山本歩禅
なにはやも落葉の門の灯りけり 久保田万太郎 草の丈
なほ暮れて落葉おのおの土の上 長谷川素逝 暦日
なほ赤き落葉のあれば捨てにけり 渡部州麻子
になひ来し落葉をあけて行きにけり 阿部みどり女
にはとりに桜落葉の早さかな 岸本尚毅 舜
ねんねこに母子温くしや夕落葉 中村汀女
はつきりと椎の落葉の音一つ 風生
はつゆきや落葉拾へば穴が明く 千代尼
はつ東風やわが身めぐりの槻落葉 矢沢尾上
はるかなる落葉の径を犬ゆけり 比叡 野村泊月
ばさと落ち天狗の団扇めく落葉 高澤良一 燕音
ひつそりと蒔餌の白き落葉哉 小澤碧童 碧童句集
ひとしきり落葉男を清潔に 野澤節子 黄 炎
ひとつ枝に飛花落葉や冬ざくら 與謝蕪村
ひとり聞く落葉の音は山の声 狹川 青史
ひと・くるま旅としもなき落葉なり 林原耒井 蜩
ひと生きて落葉の嵩の悔を積む 稲垣きくの 牡 丹
ひらひらと樫の落葉や藪表 西山泊雲
ひらひらと落葉に是々も非々もなく 伊東 伸堂
ひら~と樫の落葉や藪表 西山泊雲 泊雲句集
ふきまろぶ落葉にしかと大地あり 長谷川素逝 暦日
ふたたびす香港夜景落葉坂 中村汀女
ふとき幹落葉の土をぬいてたつ 長谷川素逝 暦日
ふりいでし雨ぬれそめし落葉かな 久保田万太郎 草の丈
ふるみちのとぎれし落葉日和かな 鷲谷七菜子 花寂び
ふる落葉父のことばを踏むごとし 高橋沐石
ほれ~と日を抱く庭の落葉かな 吏登
まどにゐてつめたき落葉みしことか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
まみどりの落葉も雨に風鶴忌 八木林之介 青霞集
まろびゆく落葉の音の揃はざる 高澤良一 随笑
みづうみの空をまさぐり夜の落葉 堀口星眠 営巣期
みづからの幹打ち落葉ひるがへる 朝倉和江
みの虫のさかりの枝の落葉かな 水田正秀
みよしのの筏の水の落葉かな 五十嵐播水 播水句集
むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋櫻子
むさし野を得たり落葉の降るを得たり 長谷川かな女 花寂び
むつつりとデリシヤス落葉踏み入りぬ 古舘曹人 能登の蛙
むら落葉鶏ころす人わかし 加舎白雄
もの恋ふる身を落葉に染めんとす 林原耒井 蜩
ゆく年や落葉にまじるうすみどり 鴻司
ゆつくりと落葉受験期始まりぬ 橋本榮治 逆旅
よき落葉道ありて靴埋めたる 細見綾子 黄 炎
よく晴れし落葉の火には余燼なく 大原鬼陵
よびかけられてふりかへつたが落葉林 山頭火
よべの蟲がけろりと歩く落葉かな 渡邊水巴
わがかげのすこしくふるふ落葉風 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わがための珈琲濃くす夜の落葉 福永耕二
わが庭の落葉のさまも見尽くさず 徳永山冬子
わが懐ひ落葉の音も乱すなよ 高浜虚子
わるさ火の地を焼けて行く落葉哉 鳴雪俳句鈔 内藤鳴雪
われに来る落葉と見えて遠く去る 那須 乙郎
われ勝ちに欅落葉の駈け出せり 高澤良一 さざなみやっこ
アナグマに落葉臭さと尿くささ 高澤良一 鳩信
エトランゼ神戸の落葉踏みをれば 山崎みのる
サラダ食む落葉の地下と思ひをり 鳥居おさむ
セーヌ流れわが靴音に落葉降る 深見けん二
ニコライの鐘の愉しき落葉かな 石田波郷(1913-69)
パリもまたかくやと夜の落葉踏む 森田峠 避暑散歩
ピアノ鳴るうかれ落葉の風に舞ふ 上村占魚 鮎
フランスの落葉踏みたる靴穿いて 永井良
フランス画展落葉の苑の黄の太陽 柴田白葉女 花寂び 以後
プラタナス落葉は風の形して 小笠原須美子
プラタナス落葉セニヨリーター達毛皮 嶋田摩耶子
プールサイド雨の落葉のわっさわっさ 高澤良一 鳩信
ベビー帽に落葉をのせて帰り来ぬ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
ホースより水の出て居る落葉かな 比叡 野村泊月
ママの時計ボクのと違う落葉季 高澤晶子 純愛
ユリの木の皆落葉して木偶の坊 高澤良一 燕音
ラストシーンめきし欅の落葉道 楠元公平
一しまき庇の落葉さらへけり 野村泊月
一つづつ落葉に裏のついてゐし 後藤比奈夫 紅加茂
一ともとの落葉する木に二三軒 前田普羅 新訂普羅句集
一二枚落葉挾める葉水仙 高澤良一 ももすずめ
一勺の酒そゝぐべき落葉かな(鳴雪翁墓前) 石井露月
一寸の水三寸の落葉哉 寺田寅彦
一斉に落葉する日の滑り台 鎌田初子
一日のはじまる落葉はじまりぬ 加倉井秋を
一日の樟の落葉の恐しき 平田寒月
一月の落葉も掃て神迎 蝶 夢
一本喬き欅も四方の樹も落葉 近藤一鴻
一枚の橡の広葉の落葉濡れ 上村占魚 球磨
一枚の落葉となりて昏睡す 野見山朱鳥(1917-70)
一枚の落葉の相(すがた)ありにけり 阿部みどり女 『微風』
一枚の落葉盃日をすくふ 阿部みどり女 『光陰』
一歩一歩憂き世とともに落葉踏む 仙田洋子 橋のあなたに
一眼に落葉一眼に泪溜め 安住敦
一窪の村門徒なる落葉かな 柑子句集 籾山柑子
一處落葉つもりぬ吉野山 石井露月
万両にかかる落葉の払はるる 高浜年尾
万両にかゝる落葉の払はるゝ 高濱年尾 年尾句集
三十の髪の衰へ椎落葉 栗原米作
三尺の庭に上野の落葉かな 正岡子規
三日見ねば総落葉してやすけしや 角川源義 『西行の日』
三汀未亡人落葉を掃きてゐたりけり 皆川白陀
下りて行く人に従ふ落葉道 阿部みどり女 笹鳴
下タ溝へ掃き落されし落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
下草にのりて明るき沙羅落葉 高木晴子 花 季
不眠症に落葉が魚になっている 西川徹郎 無灯艦隊
与謝に来て余生の夢の落葉かな 石原八束 『仮幻』以後
丑三つや物の怪ならず舞ふ落葉 穴吹義教
丘の上落葉吹き入る窓のあり 林原耒井 蜩
中天に舞はせて磴の落葉掃く 上野泰 佐介
中窪き径わび行落葉かな 炭 太祇 太祇句選
丸の内夜のすずかけ落葉かな 成瀬正とし 星月夜
乏しきを常とす落葉干し溜めて 伊東月草
乗物をしづかに居る落葉かな 蕪村遺稿 冬
乾き反つて何かいはんとする落葉 小林清之介
乾季の街落葉もろとも急かれゐつ 石塚友二
二の丸町三の丸町落葉飛ぶ 猿橋統流子
二三日掃かざる庭の椎落葉 高浜虚子
二三枚落葉を敷きて穴施行 後藤暮汀
二三疋落葉に遊ぶ雀かな 村上鬼城
二千年言い易くして落葉期 和田悟朗
二度までは箒とりたる落葉哉 高井几董
二度迄は箒とりたる落葉哉 几董 (草庵)
二杯目の珈琲苦し夜の落葉 橋本榮治 逆旅
二百五十の回忌木因落葉中 近藤一鴻
亡き妻の笑ひに似たる落葉風 石原八束 『断腸花』
亡妻の笑ひに似たる落葉風 石原八束 断腸花
亡父の草履母に余れり落葉掃く 吉野義子
亦も肩をすくめて 失語の 落葉のパリ 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 神戸・長崎・欧羅巴
人なくて舗道の落葉追ふひと葉 池内友次郎 結婚まで
人の死も落葉も或る日突然に 橋本風車
人の踏む桜落葉の日斑かな 阿部みどり女 笹鳴
人の踏む落葉のくぼみ思ひ臥す 秩父
人の香を断ちたる径の落葉かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
人待てばおろかに嵩む樟落葉 福永耕二
人待てば鏡冴ゆなり青落葉 横光利一
人日の寝坊日雇落葉かく 岩田昌寿 地の塩
人生の央ばゆくわれ落葉ふむ 岩崎照子
人疎し落葉のくぼむ森の道 炭 太祇 太祇句選後篇
今日はけふのさよならをいふ落葉の木々 千代田葛彦 旅人木
今日もまだ掃かうともせぬ落葉かな 比叡 野村泊月
今落葉だらけの家居楽しまむ 稲畑汀子
仏縁や同じ落葉を踏み彳つも 栗生純夫 科野路
仲見世歩む我れや落葉の降るを見し 高橋淡路女 梶の葉
休講の掲示見て去る落葉蹴り 佐伯哲草
何となく午前が終り椎落葉 加倉井秋を 『真名井』
何時の日か還らん郷の椎落葉 有富光英
余命もてころがる落葉追う落葉 櫛見充男
使はれぬ非常階段椎落葉 大西一冬
侏儒たち月夜の落葉ふむならし 金尾梅の門(1900-80)
侏儒らの踊り落葉の転ぶ夜は 河野南畦 湖の森
修験者の歩幅の磴や橡落葉 鶴丸白路
俸給の薄さよ落葉と舞はせたし 林翔 和紙
個は全や落葉の道の大曲り 西東三鬼
借家のあるじとなつて落葉掃かう箒を持つ 人間を彫る 大橋裸木
倶利伽羅の奈落へ落葉急ぐ木々 入村玲子
停電の闇に眼をあげ落葉きく 臼田亞浪 定本亜浪句集
傍に連れ子の如く落葉籠 西村和子 かりそめならず
傷兵と犬居てしろし落葉昏る 細谷源二 鐵
先生の見てゐる落葉掃きにけり(深大寺) 細川加賀 『生身魂』
光といふあまねきものを濡れ落葉 鷲谷七菜子 花寂び 以後
光より人あらはれぬ山毛欅落葉 鷲谷七菜子 花寂び 以後
光る冬芽法林に法の落葉せわし 赤城さかえ
全山の落葉を運ぶ埋立地 対馬康子 純情
八月の桜落葉を掃けるかな 富安風生
共同湯屋根の落葉の分厚かり 高澤良一 燕音
其後は住む人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
内海の権にちらりと落葉哉 几圭
再会はあるまい落葉拾い合う 八木 實
冬ぬくし落葉の山を犬くづし 原田青児
冬の海久能の落葉掃きおろす 前田普羅 新訂普羅句集
冬の草落葉かむりてかつ青し 高橋淡路女 梶の葉
冬ばらに落葉乏しくなりにけり 阿部みどり女 笹鳴
冬木ま直ぐおのが落葉の中に立つ 大野岬歩
凍る日の落葉はたえまなく降れる 高木晴子 晴居
凍落葉銀閣寺出て煙草喫ふ 百合山羽公 寒雁
凍鶴を見る人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
出づるより日は匂ふもの落葉季は 斎藤空華 空華句集
出征のあと突風に落葉敷きぬ 渡邊水巴 富士
出銑を見てきてやさし落葉の渦 桜井博道 海上
切通し落葉朽葉を踏み付けに 高澤良一 宿好
初はなや花の辺の落葉かき 暁台
初霜や落葉の上の青笹に 泉鏡花
刻々と土の落葉の暮るるのみ 長谷川素逝 暦日
割烹着絶えず何処か落葉降る 猪俣千代子 堆 朱
力石落葉の中に据りけり 野村喜舟 小石川
動きしは落葉山女魚か渓暮れゆく 篠田悌二郎
動物園ユーラシア区の落葉季 高澤良一 さざなみやっこ
匂ふ落葉光は行方さだまらぬ 鷲谷七菜子 雨 月
十三夜水の落葉に降る木の葉 中島月笠 月笠句集
十三夜蔦の落葉の緑かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
十六夜の落葉は白く浅間立つ 堀口星眠 火山灰の道
十月の落葉は青くあたらしく 阿部みどり女
千木見ればとぶ落葉あり秋祭 皆吉爽雨 泉声
半旗揚げ落葉少し早まりぬ 対馬康子 純情
半月の斧と落葉と水車番 依田明倫

続き(←ここをクリックすれば残部が表示されます)
by 575fudemakase | 2015-11-22 19:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

落葉 2

落葉 2

例句を挙げる。

幹睦みゐて聴き合へり夜の落葉 櫛原希伊子
幼な貌の我と歩きたき落葉かな 渡邊水巴
幼子の死に雲ふかし落葉降る 飯田蛇笏 椿花集
幽明へ落葉ぞひびく霧の夜は 佐野良太 樫
床の間に活けあるものの落葉かな 大塚草廬
床几の下へ掃きこまれたる落葉かな 西山泊雲 泊雲句集
庚申塔うち過ぎ落葉深き道 高澤良一 燕音
座布団の宮の落葉をなつかしむ 阿部みどり女 笹鳴
座禅後の五十路や凛と落葉踏む 加藤知世子 花寂び
庭の椎一日濃やかに落葉哉 西山泊雲
庭の雪落葉ににじむ余寒哉 瀧井孝作
弔ひに落葉臭さを持ち込みぬ 高澤良一 随笑
強がりの子の背の尖る落葉道 上田日差子
強風の落葉礎石を跳び越えて 津田清子 二人称
影かさね落葉がぬくし栗・櫟 櫛原希伊子
影さしてわが影に入る落葉あり 中山 良章
影ふかむ落葉する木もせざる樹も 福田甲子雄
待ちうけて経かく風の落葉かな 内藤丈草
待ち人の足音遠き落葉かな 蕪村
待つ朝の鏡にうつす青落葉 横光利一
待人の足音遠き落葉哉 蕪村 冬之部 ■ 大魯が病の復常をいのる
後山の夕焼刻を落葉鳴る 飯田蛇笏 椿花集
御手の上に落葉たまりぬ立仏 正岡子規
御火葬塚落葉の嵩に足とられ 毛塚静枝
微風さや~落葉とばさず小だたみに 西山泊雲 泊雲句集
心平の詩のぎんどろ落葉かな 猪狩久子
心弱くなりゐる母を泣かしめて夜の時雨か落葉を踏むは 北沢郁子
心頭に飛花落葉や秋の風 尾崎迷堂 孤輪
志士の碑に華はなかりし落葉かな 五十嵐播水 埠頭
忘れらる日に舞ふ落葉暗き落葉 千代田葛彦 旅人木
忽としてはやて過ぎ去りし落葉かな 青峰集 島田青峰
思ひごと音となりをり落葉季 殿村菟絲子 『菟絲』
思ひ出や桜落葉の香を踏めば 西村和子 かりそめならず
悔ゆる事のあきらかに落葉道歩く 人間を彫る 大橋裸木
想ひつむることの一つに落葉ふる 岸風三楼 往来
愛の羽を翳しすずかけ落葉ゆく 宮武寒々 朱卓
懐古園里人の来て落葉掃く 伊東宏晃
懺悔するもの蹠見せ落葉す 中戸川朝人
我庭は礫の如き落葉かな 京極杞陽
我庵は榎許りの落葉かな 樗良
我馬の伏家の落葉踏鳴らす 露月句集 石井露月
戸のひまの落葉明るく茶をしぼる 金尾梅の門 古志の歌
戸を立てし吾が家を見たり夕落葉 永井龍男
所化衆や落葉掃き終へぞろ~と 河野静雲 閻魔
手がかりのすぐ消え渓の落葉はや 福田蓼汀 秋風挽歌
手が見えて父が落葉の山歩く 飯田龍太
手ざはりも紙子の音の落葉かな 許六
手で払ふ祠の屋根の落葉かな 比叡 野村泊月
手にとる皆礫の重き落葉しぬ 安斎櫻[カイ]子
手に染む空の青さ 葡萄いちはやく落葉した 吉岡禅寺洞
手に落葉この世のものでなきかろさ 中嶋秀子
手をとらむとりて落葉の地に伏せむ 石原八束 『高野谿』
手袋に息つつみ立つ夜の落葉 堀口星眠 火山灰の道
打ち返しある山畑の落葉かな 渡辺水巴 白日
捨てて置く箒埋めて落葉かな 正岡子規
掃いてある落葉の道がみちびきぬ 中村汀女
掃かである寂光院の落葉かな 比叡 野村泊月
掃きおろす牛の背中の落葉かな 如行 十 月 月別句集「韻塞」
掃きとるや落葉にまじる石の音 高橋淡路女 梶の葉
掃きゆきて牡丹落葉まじりたる 蓬田紀枝子
掃きよせて時雨の音を聴く落葉 井上井月
掃き了へて落葉をとむる箒かな 飯田蛇笏 椿花集
掃き寄せしまゝに日を経る落葉かな 比叡 野村泊月
掃き寄せし落葉を衛士の火に託す 辻本斐山
掃き寄せて落葉親しや良弁忌 福井艸公
掃き集め常盤木落葉ばかりなる 高浜年尾
掃くすべのなき落葉掃きゐたりけり 久保田万太郎 草の丈
掃く手だてなくて落葉の中に住む 山下絹子
掃けば飛ぶ落葉始末に悪き日や 高澤良一 さざなみやっこ
掃けるが終には掃ず落葉かな 炭 太祇 太祇句選後篇
掃落す落葉の下の筑後川 高濱年尾 年尾句集
掌をのせて吾が机なり落葉聴く 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
提灯をふりて別れや落葉道 清原枴童 枴童句集
放ち馬尾髪落葉にみなとゞく 中島斌男
放哉の井かな蓋して落葉載る 津田清子 二人称
放哉庵落葉がたまる外厠 品川鈴子
教会の辻に落葉の手風琴 加藤耕子
教室 出てからたずねることが二三人さくら落葉 荻原井泉水
散りしいて落葉は壁の一かけら 対馬康子 純情
散るといひ降るといひけふ舞ふ落葉 清水忠彦
散るまゝに吹かるゝまゝに庭落葉 相馬遷子 山河
散る柳桃の落葉と分つかな 坂本四方太
散華なす落葉に灯る舞楽殿 鈴木公二
敷きつめし落葉一樹の影を置き 今橋眞理子
敷落葉三坪は人の墓地ならむ 小泉八重子
文化の日欅の落葉道うづめ 相馬遷子 山国
文机に落葉聖書にうす埃 石川桂郎 含羞
新しき箒に落葉従へり 上野泰 佐介
新しき落葉も水漬きをりにけり 西村和子 窓
新宿に落葉一枚ふみし音 皆吉司
新月や掃きわすれたる萩落葉 飯田蛇笏
旅人は休まずありく落葉の香 前田普羅 飛騨紬
日々静思すれば落葉のたまりけり 高田蝶衣
日あたりてひたしづもりの落葉かな 清原枴童 枴童句集
日にけにや身めぐり反古の落葉なす 林原耒井 蜩
日にまどろむ幹にぶつかる落葉あり 高澤良一 さざなみやっこ
日に悲し落葉たゞよふ汐ざかひ 加舎白雄
日のさして水に落葉の良弁忌 佐々木元嗣
日の中の落葉降るさま見つゝ歩す 高木晴子 花 季
日の影の枯枝に配る落葉哉 高井几董
日の筋や落葉つらうつ夕眺 暁台
日の落葉月の落葉と渓を埋め 岡田日郎
日は雲の絶間より鵙の啼く落葉 渡邊水巴 富士
日光山大落葉籠漆塗り 西本一都 景色
日向ぼこしてゐる前に落葉舞ひ 高濱年尾 年尾句集
日向ぼこのあとの寒さの落葉かな 林原耒井 蜩
日当れば落葉にまがふ山の蝶 福田蓼汀 秋風挽歌
日時計は落葉に埋もれ時刻む 高澤良一 素抱
日本遠し落葉の下に泉生き 有働亨 汐路
日溜りへ婆らかたまるから落葉 内田啓
日輪の吹きちらばりし落葉かな 橋本鶏二
日輪の疼きどほしに落葉舞ふ 井沢正江 湖の伝説
旧友に逢へるかも落葉降る道を 渡邊水巴 富士
旧年の闇ためてゐる落葉山 中山一路
明けゆくや見過ぐる山の落葉籠 金尾梅の門 古志の歌
明日は発つこころ落葉を手に拾ふ 長谷川素逝 砲車
明暗に錨しぬ落葉の港 林原耒井 蜩
星たちの泪に濡れし落葉かな 堀口星眠 営巣期
星は夜夜対話し木木は落葉する 池内友次郎
昨日より深き音して落葉踏む 中村菊一郎
昭和塾出でて孔子木落葉かな 青木重行
昼の音楽人より速く落葉飛ぶ 田川飛旅子 花文字
昼月の山へ落葉掃き寄せてゐる 人間を彫る 大橋裸木
昼点す給食室や椎落葉 高田洋子
昼間から錠さす門の落葉哉 永井荷風
時じくの落葉や欅高きより 石塚友二
時折は落葉が当る木馬の背 高澤良一 寒暑
時雨るゝや落葉の上の音立てゝ 野村喜舟 小石川
時雨忌をまたこの落葉道歩く 朱鳥
晴れた日の落葉している木の匂い 高橋信之
暗き眼に落葉明りの浄土変 安住敦
暗室の外も暗きかな落葉樹 和田悟朗
暮るる日や落葉まじりの玄圃梨 吉田冬葉
暮れてゆく落葉おのおのおのが位置 長谷川素逝 暦日
暮れて聴く落葉に雨の一葉忌 千代田葛彦
曇り日の落葉掃ききれぬ一人である 尾崎放哉
曲水の涸れし歳月落葉積む 文挟夫佐恵 遠い橋
更年期近づきつつや夜の落葉 菖蒲あや
書きとむる落葉日記の二三行 山口青邨
書庫を守る鍵鳴り落葉乾き反る 木下夕爾
月が照る家路は畦も落葉かな 及川貞
月さして昼のまゝなる落葉かな 五十嵐播水 播水句集
月と水の中を隔つる落葉哉 亀友
月光の幽さ落葉はまぼろしか 柴田白葉女
月光は天へ帰らず降る落葉 野見山朱鳥
月暈の半円ささげ総落葉 栗生純夫 科野路
有馬川今年の落葉流れ行く 前田普羅 新訂普羅句集
朝々の釣瓶に上がる落葉かな 横井也有 蘿葉集
朝月夜踏めば落葉の匂ひある 中川宋淵 遍界録 古雲抄
朝涼やさくら落葉の二三枚 岸風三楼 往来
朝濡るる落葉の径はひとり行かな 長谷川素逝 砲車
木に置て見たより多き落葉哉 横井也有 蘿葉集
木の実どき落葉どき過ぎ落人村 高澤良一 燕音
木の実交り落葉打あげし汀かな 西山泊雲 泊雲句集
木の実落つ音の落葉にせつかちに 長谷川素逝 暦日
木の葉山女てふ落葉(らくよう)のしきりなる 中戸川朝人
木兎の目たゝきしげき落葉かな 乙由
木洩日が人を落葉を包みをり 高木晴子 花 季
木菟の目たゝきしげき落葉哉 乙由
木隠れに妻ひらひらす落葉期 大槻紀奴夫
本郷の落葉のいろの電車来る 伝田愛子
朽ちてゆく匂ひ醸して落葉道 山下美典
朽ち落葉積み水攻めの城の跡 柴田白葉女 花寂び 以後
杣みちや剣抜き落葉暮れ残す 石川桂郎 高蘆
来し方はかく捨つべきか総落葉 栗生純夫 科野路
来し方も行手も落葉人へだつ 佐野美智
東京にあかき落葉とわが四十路 宮津昭彦
東京も鈴懸落葉勤めをり 久米正雄 返り花
東大の句碑をたづぬる落葉踏み 伊藤敬子
板屋根の泥になるまで楢落葉 前田普羅 飛騨紬
林中に落葉をかぶる茶の木かな 高橋淡路女 梶の葉
林道の細長落葉丸落葉 高澤良一 燕音
林間に風呂たく迄の落葉哉 横井也有 蘿葉集
林間の風に落葉の二三転 高澤良一 燕音
枝々が醸す夕靄落葉後 林翔 和紙
枝縫ひてしだれざくらの落葉かな 草間時彦 櫻山
枯れ澄みて落葉もあらず黒部川 前田普羅 新訂普羅句集
枯枝を笄ざしや落葉籠 銀漢 吉岡禅寺洞
枯菊や桃の落葉に埋もるゝ 西山泊雲
枯蔓の網の中なる落葉かな 加賀谷凡秋
枳殻垣の落葉しつくせし青さかな 西山泊雲 泊雲句集
柊の落葉の棘の未来あり 田川飛旅子 花文字
柏落葉厭ふべきものに顔ひぬ 草間時彦 櫻山
柔かき落葉ばかりと思ひ過ぐ 高木晴子 花 季
柳落葉堀の水面の空に浮く 手島知韶
柴漬のありとも見えぬ落葉かな 西田巴子
柵に梅の落葉や紙屋川 西山泊雲 泊雲句集
栗落葉土龍の穴に刺さりゐる 岸本尚毅 舜
栗鼠跳ねて深山落葉の音覚ます 鷲谷七菜子 花寂び
栞りたる落葉の遠き日へ帰る 塙告冬
格子出づけさの落葉のふきたまり 久保田万太郎 流寓抄
桐の木の風にかまはぬ落葉かな 野澤凡兆
桐の葉のもろくも遅き落葉かな 野澤凡兆
桐落葉乾ける土を叩くなり 上村占魚 球磨
桜落葉かそけき音を惜しまざる 山田みづえ 草譜以後
桜落葉して界隈を錆びつかす 高澤良一 随笑
桜落葉と一言仰ぎ農俳人 阿部みどり女
桜落葉に朝より弱き日ざしかな 青峰集 島田青峰
桜落葉踏みたくて靴脱ぎにけり 関戸靖子
梅落葉散るにまかせて始末せず 高澤良一 燕音
梢なほ淋しからざる落葉かな 高濱年尾 年尾句集
森が生む落葉踏む音森が消す 田村了咲
椋の木に尾長鳥来て居る落葉かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
椋拾ふ子に落葉掃く嫗かな 高浜虚子
椋落葉黄菊すがれとなりにけり 飯田蛇笏 霊芝
植物園いつもどこかで落葉降る 品川鈴子
椎の実や落葉の上に落ちし音 阿部みどり女 笹鳴
椎落葉いつまでも地にまぎれ得ず 加倉井秋を 午後の窓
椎落葉たまるところを得てたまる 加倉井秋を 午後の窓
椎落葉古城に登るすがり綱 鈴木正代
椎落葉夜はふかき翳横顔に 近藤実
椎落葉白鳳仏は手をあげて 鈴木太郎
楊梅のだうしたことか赤落葉 高澤良一 素抱
楓(フウ)の木とおもふが疑問早落葉 高澤良一 随笑
楡落葉やさしき音をたてにけり 小林康治 『華髪』
楢楓落葉して地のゆたかさよ 馬場移公子
楢落葉いざなふごとく降りにけり 岸風三楼 往来
楢落葉かたみにかろき音重ね 角川照子
楢落葉跫音寄せ合ひ葬りけり 鳥居美智子
極まれば決まる型あり椎落葉 三浦美知子
極月のどこの社も落葉かな 増田龍雨 龍雨句集
様見えて土になりゐる落葉かな 東洋城千句
槻落葉かの烈しさを忘れまじ 栗生純夫 科野路
槻落葉渦巻くほどに*あがりけり 石原八束 『仮幻』以後
樟落葉踏みつつ思惟の歩を延ばす 藤原たかを
横濱は縣廳前の落葉の景 高澤良一 随笑
樫落葉からから吹かれ鎌倉みち 中戸川朝人
樫落葉厩舎の床の乾き反り 加藤高秋
樫落葉厩舎乾きて馬臭なし 加藤高秋
樫落葉天には住めぬさび色に 豊田都峰
樫落葉妻居ぬ一日永かりき 石田 波郷
樫落葉実生の樫の溺れけり 栗生純夫 科野路
樹に倚れば落葉せんばかり夜寒かな 渡辺水巴 白日
橿鳥と見しを落葉の降りかくす 秋櫻子
櫂の如き椰子の葉柄落ちて冬 大岳水一路
櫛型の落葉よ晩年まで華やか 丸山佳子
欄干の朱にも触れたる落葉かな 今泉貞鳳
欅の脇欅落葉の袋詰 高澤良一 鳩信
欅落葉詰めたる袋立たせおく 宮津昭彦
欅落葉軽く肩打つ化石句碑 高澤良一 随笑
此所早く落葉被りぬ秋の宮 阿部みどり女 笹鳴
歩み止めば音何もなし落葉かな 阿部みどり女 笹鳴
歯朶に手をかけて上れり落葉沢 高澤良一 燕音
母と子に落葉の焔すぐ尽きぬ 橋本多佳子
母子めく声呼び応へ落葉山 野村泊月
母恋しければ落葉をかむり掃く 龍胆 長谷川かな女
母許へ落葉千枚踏み戻る 寺井谷子
母郷遠しラストシーンに落葉舞ひ 大串章 朝の舟
気前よく欅は落葉降らすなり 高澤良一 燕音
水が享く夕深空や落葉して 鷲谷七菜子 雨 月
水のうへに置く霜流す落葉かな 千代尼
水の上の落葉も見えて凪月夜 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
水ゆたか落葉ゆたかや渡岸寺 草間時彦 櫻山
水底や落葉動かすものゝあり 西山泊雲 泊雲句集
水底を這うて流るゝ落葉かな 島田刀根夫
水無月の木蔭によれば落葉かな 渡辺水巴 白日
水面の落葉も日差し受けながら 高澤良一 ぱらりとせ
汐いつか満ちし静けさ江の落葉 臼田亞浪 定本亜浪句集
池落葉浚ひつくして二月かな 白水郎句集 大場白水郎
沈丁の葉も常盤木の落葉かな 野村喜舟
沓につく霜の落葉や朝まだき 白雄
沢山の落葉を押して掃いてをり 上野泰
波郷忌や落葉の上の落葉籠 八木林之介 青霞集
泰山木落葉木片降る如く 高澤良一 鳩信
洗米のこぼれてをりて落葉かな 京極杞陽
海にふる光りの飛沫落葉にも 石原八束
海のこゑ寝墓は落葉ためやすし 渡邊千枝子
海照りて落葉幻想消えゆけり 柴田白葉女
渓埋めし水禍の岩に落葉はや 福田蓼汀 秋風挽歌
渓橋に落葉しそめし碑のみゆる 飯田蛇笏 椿花集
渓籟に応へて桜落葉かな 西本一都 景色
渡りつく鳥と落葉とみなぎらふ 皆吉爽雨 泉声
湖のからまつ落葉のほそきみち 柴田白葉女 『冬泉』
湖底まで続く落葉の径のあり 斎藤梅子
湖畔落葉の金銀童謡馬車の鈴 柴田白葉女 雨 月
湖荒れて石山寺の落葉かな 柑子句集 籾山柑子
湧き水の輪にのり遊ぶ落葉かな 梶野きぬえ
湯滾れば落葉はげしき会津領 佐川広治
湯船にも落葉吹き込み山の国 草間時彦 櫻山
湾寒く葉柄ながき落葉踏む 大岳水一路
満九十歳落葉茶の花生まれ月 伊藤信吉
満月に落葉を終る欅あり 大峯あきら
源流はここらとおもふ落葉沢 高澤良一 燕音
源義忌の落葉の燃ゆる音すなり 佐川広治

続き(←ここをクリックすれば残部が表示されます)
by 575fudemakase | 2015-11-22 19:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

落葉 3

落葉 3

例句を挙げる。

落葉して肌触れむ幹ばかりなり 千代田葛彦 旅人木
落葉して腸寒し猿の声 立花北枝
落葉して若き白樺羞明す 内藤吐天 鳴海抄
落葉して落葉は遠き音となる 柴田白葉女 『冬泉』
落葉して蔓高々と懸りけり 前田普羅 新訂普羅句集
落葉して道ラ・マンチャヘつづきをり 文挟夫佐恵
落葉して遠くなりけり臼の音 蕪村
落葉して遽に羅漢の裏寒し 小林康治 玄霜
落葉して雨のロンドンの夜が重し 猿橋統流子
落葉し盡くして深大寺小学校 八木林之介 青霞集
落葉すがり葉鳴り交はししが雪となり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
落葉すやこの頃灯す虚空蔵 芝不器男
落葉すやしづかに庫裡の甕の水 飯田蛇笏 山廬集
落葉すや喪家の門の鯨幕 野村喜舟
落葉すや木曾の塗師の門ひろく 臼田亞浪 定本亜浪句集
落葉すや神憑く三つの影法師 飯田蛇笏 霊芝
落葉するおとにさめゐるまぶたかな 飴山實 少長集
落葉するかされど人心巨木のごと 橋本夢道 無禮なる妻抄
落葉する杜分けて駛る電車かな 青峰集 島田青峰
落葉する音と落葉を踏む音と 岡田順子
落葉せり幹のまはりの明るさは 朝倉和江
落葉せり碧天はいつも青年にて 有働亨 汐路
落葉せる西行櫻稚児櫻 会津八一
落葉たく尼の厳しき目と合ひぬ 柏木 冨三
落葉たく煙の中のきのふけふ 瀧井孝作
落葉たちまち五輪の小さき皇女の墓 柴田白葉女 花寂び 以後
落葉ため森は透きつつ浮きあがる 西垣脩
落葉つかみなげし中のその子 梅林句屑 喜谷六花
落葉つくして日の沁み渡る柞山 原田愛子
落葉としよりは子守する シヤツと雑草 栗林一石路
落葉となる髪アポロンのまぶしい楽器 八木三日女 赤い地図
落葉とびはや頬赤き佐久乙女 林翔 和紙
落葉とびひとも落葉に似ていそぐ 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とびひと落日を負ひゆける 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とびゆくひと影をきそひたる 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とび夕月しるく浮ぶとき 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とび尽せし山のいま対峙 村越化石 山國抄
落葉とび街夕景のせまるとき 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉とぶ玻璃戸がら~閉めて病む 中尾白雨 中尾白雨句集
落葉と吾風吹き上げて坂長し 香西照雄 対話
落葉なか犬の嗅覚のがすなし 林原耒井 蜩
落葉につれベレーたのしき草田男像 古沢太穂 古沢太穂句集
落葉には熊手ステーキにはフォーク 高澤良一 宿好
落葉に偲ぶ学の鉄鎖の重かりしよ 草田男
落葉に白き納め忘れのミルク瓶 有働亨 汐路
落葉に門をひらけば烏かな 立花北枝
落葉ぬくく男娼館の屋根に堆む 文挟夫佐恵 黄 瀬
落葉の、水仙の芽かよ 種田山頭火 草木塔
落葉のあと夜の物音のひそみをり 鷲谷七菜子 黄 炎
落葉のおびただしきは火事の跡 対馬康子 吾亦紅
落葉のせ大仏をのせ大地かな 上野 泰
落葉の下で釘になつた蚯蚓 三橋鷹女
落葉の下に棲むこほろぎは長く生く 津田清子 礼 拝
落葉の中で顔が笑つた シヤツと雑草 栗林一石路
落葉の中に弟の墓のやや高み シヤツと雑草 栗林一石路
落葉の中踏み当つ走り根の撓み 高澤良一 素抱
落葉の夜歌仙これより恋の部へ 飯田龍太 遅速
落葉の家出づるも入るも坂がかる 猪俣千代子 堆 朱
落葉の日の暮の子が厠に居つた 人間を彫る 大橋裸木
落葉の明るさに立つ牛が食みかへしてゐる 人間を彫る 大橋裸木
落葉の灰風に壊れて仕舞ひけり 高澤良一 ぱらりとせ
落葉の群れ宙に追ひぬく雨一粒 内藤吐天 鳴海抄
落葉の舞ふ歩道に坐せりチター弾き 毛塚静枝
落葉の香病床日記生きて読む 古賀まり子 緑の野
落葉の香睡りを奪ふもの胸に 朝倉和江
落葉の香胸に貯めゆく化粧坂 手島靖一
落葉の黄回想とほきてのひらに 鷲谷七菜子 黄 炎
落葉はげし孤高のこゝろさびし過ぐ 斎藤空華 空華句集
落葉はげし目つぶりて又目ひらきて 及川貞
落葉はや幕除かれし句碑に降る 長谷川かな女
落葉ひら~風のゆくへに従ひぬ 上村占魚 鮎
落葉ふかしけりけりゆきて心たのし 長谷川素逝 砲車
落葉ふみ子の将来を語りゆく 柴田白葉女 遠い橋
落葉ふみ憎きかの眸を欲りもする 稲垣きくの 牡 丹
落葉ふみ誰にもわかる句を詠まな 富安風生
落葉ふむ分れし道のまた会へり 高野素十
落葉ふむ少女に赤きリボンあり 岸風三楼 往来
落葉ふむ淋しきときは深く踏む 清水節子
落葉ふむ音うつむいて聞ゆなり 皆吉爽雨
落葉ふむ音なき落葉肩に受け 及川貞 夕焼
落葉ふむ音のよぎりしひとりらし 高濱年尾 年尾句集
落葉ふむ音はうしろへ残るもの 皆吉爽雨
落葉ふりつむたましひの白夜には 和泉香津子
落葉ふりひとあやまちを繰りかへす 藤木清子
落葉ふり人との距離は眼にみえず 稲垣きくの 牡 丹
落葉ふり人も仔犬も陽に甘ゆ 片山桃史 北方兵團
落葉ふるかそけさやわが残る生 朱鳥
落葉ふるなり峠の茶屋にたべる餅に シヤツと雑草 栗林一石路
落葉ふる奥ふかく御仏を観る 種田山頭火 草木塔
落葉ふんで人道念を全うす 飯田蛇笏 霊芝
落葉へらへら顔をゆがめて笑ふ事 尾崎放哉
落葉ほどの顔が暮るるよ盲仏 桜井博道 海上
落葉まで風の物とや持歩行 千代尼
落葉まひ靴磨より紙幣とぶ 爽雨
落葉みな万骨となり山眠る 楠本憲吉
落葉めく手套や若き恋ひとつ 橋本榮治 麦生
落葉もて机塚埋めん合点じゃ 高澤良一 鳩信
落葉やんで鶏の眼に海うつるらし 達治
落葉やゝ静まりて歩を移しけり 比叡 野村泊月
落葉を風が追ひかける日の暮となつた 人間を彫る 大橋裸木
落葉一枚頭に載せてちちんぷい 高澤良一 宿好
落葉中チラと目の行くところかな 京極杞陽 くくたち上巻
落葉中拾ひしはわが魂かな 林原耒井 蜩
落葉中水鳥やどす水ありぬ 林原耒井 蜩
落葉中石のごとくに踞る 近藤一鴻
落葉中紫式部実をこぼす 高濱年尾
落葉中静かな言葉出でにけり 加藤楸邨
落葉乾く日ざしの中に母の声 古賀まり子 降誕歌
落葉光る三時間後に日本発つ 田川飛旅子 花文字
落葉凪ぎ芝居囃子の谷底へ 太田鴻村 穂国
落葉厭ふひとに俳諧なかりけり 阿部みどり女 月下美人
落葉吹く蔵間ひ猫のぬけてゆく 臼田亜浪 旅人
落葉喰ひ沼に五尺の鮒棲むと 岡田日郎
落葉地にとどくや時間ゆるみけり 加藤秋邨 まぼろしの鹿
落葉地に着きたり瞳ただよはす 千代田葛彦 旅人木
落葉坂四十のわが上り坂 辻田克巳
落葉夕ベの柱時計脊伸びしてねじ巻く 人間を彫る 大橋裸木
落葉夜々我が灯一つとなすも夜々 栗生純夫 科野路
落葉存分浴びきたりし夜肉を煮る 大野林火
落葉季くもり硝子の敏感に 猪俣千代子 堆 朱
落葉季の連嶺天の翳のごと 豊田都峰
落葉宿ひと夜を人の生きてをり 中島月笠
落葉寒灯がはつきりと點いてきぬ 八木林之介 青霞集
落葉尽き寄生木の群天を占む 林翔 和紙
落葉尽き幹のみの高さ残りけり 斎藤空華 空華句集
落葉尽き風の戸惑ふ裏屋島 伊沢健存
落葉山一つ燃えゐて秋社 阿部みどり女 笹鳴
落葉山踏み迷ひ来てまだ小鹿 西村和子 かりそめならず
落葉嶽児は日溜に遊ばせて 西山泊雲 泊雲句集
落葉径われにかかはりなく細る 吉野義子
落葉径小さき流行の犬つれて 高澤良一 さざなみやっこ
落葉急ぐ秘宝はつねに小さきもの 古舘曹人 能登の蛙
落葉急堂守とても人を恋ふ 北見さとる
落葉手にとり霊長目人間(ひと)科人間(ひと) 高澤良一 鳩信
落葉拾うて棄てて別れたきり 尾崎放哉
落葉拾ふかすかな音も愛のひびき 河野多希女 彫刻の森
落葉掃いてそこここにある実生かな 五十嵐播水 播水句集
落葉掃いてゐれば平時と変りなき 阿部みどり女
落葉掃かれある子の墓をたゞ掃きぬ 及川貞 榧の實
落葉掃きくらゐはせよと山姥が 佐々木六戈 百韻反故 初學
落葉掃きためて夜空に近く住む 椎橋清翠
落葉掃き尽くし暖流にゐるごとし 能村研三 海神
落葉掃き居る人の後ろの往来を知らず 尾崎放哉
落葉掃き木洩日は掃き終らざり 小檜山繁子
落葉掃くおのれを探しゐるごとく 照敏
落葉掃くこときりもなや山寺は 坊城中子
落葉掃くことめんだうな目つきして 高澤良一 随笑
落葉掃くことをたのしみ茶店守り 高濱年尾 年尾句集
落葉掃くその又後を人が行く 星野 高士
落葉掃くや担架係の二小法師 河野静雲 閻魔
落葉掃く中にころがる霰かな 柑子句集 籾山柑子
落葉掃く京の暮色をまとひつゝ 清水忠彦
落葉掃く京都の朝の音として 蔦三郎
落葉掃く僧に加勢の近所の子 小林景峰
落葉掃く夕べのはやき報恩講 徳本映水
落葉掃く廟の中庭よりの天 都筑智子
落葉掃く心漸く湧きにけり 林原耒井 蜩
落葉掃く或は真白のさゞんくわも 林原耒井 蜩
落葉掃く日暮れの母も琥珀かな 小檜山繁子
落葉掃く母ありてかく青き空 野澤節子 黄 炎
落葉掃く漢あらはれ王の森 佐藤宣子
落葉掃く父なきあとの母の日々 深見けん二
落葉掃く箒百本修学院 滝青佳
落葉掃く聖書の終りしか知らず 対馬康子 愛国
落葉掃く路地の奥まで猫日和 坂本真理子
落葉掃く音に覚めゐて夢を出ず 三橋 迪子
落葉掃く音のいづこや光堂 酒井みゆき
落葉掃く音の日向にうつりけり 高瀬竟二
落葉掃く音の軽さの移りゆく 小林草吾
落葉掃く音をたのしみゐたりけり 荒井正隆
落葉掃く音軽やかに重たげに 曽我玉枝
落葉掃けばころころ木の実 尾崎放哉
落葉掃了へて今川焼買ひに 川端茅舎
落葉摘く音絶えしよりけぶり揚る 原田種茅 径
落葉散りつくして猫の通りけり 澤里英雄
落葉敷いて大地の思念はじまりぬ 長谷川素逝 暦日
落葉敷きつめて尾長の無言劇 堀口星眠 営巣期
落葉敷き城おごそかに朱がにじむ 古館曹人
落葉敷き漆黒の熊眼がうるむ 沢 聰
落葉敷く中の黒猫霧がくる 石原八束 空の渚
落葉敷く闇の地下より話声 福田蓼汀 秋風挽歌
落葉旋風訣れは人を毛深くす 熊谷愛子
落葉日に日に少くなりて朝の舗道 高澤良一 鳩信
落葉日和となりし川辺の乙女たち 川島彷徨子 榛の木
落葉旺んに見返るべくもあらぬかな 中島月笠 月笠句集
落葉明り地蔵も病む眼持ち給ふ 河野多希女 月沙漠
落葉曼陀羅法鼓は力づよく打つ 柴田白葉女 雨 月
落葉月夜淋しくて母寝てしまふ 古賀まり子 緑の野
落葉月夜目ざまし時計不意に鳴る 綾子
落葉期の海のさみしさ帆にみてり 細谷源二 鐵
落葉木の路に近きは撫でらるゝ 林原耒井 蜩
落葉木をふりおとして青空をはく 尾崎放哉
落葉木晴れつづき家出娘が戻る 人間を彫る 大橋裸木
落葉歌唱して霧らふ身をすかす 石原八束 空の渚
落葉沢動くは一縷の水なりけり 高澤良一 燕音
落葉浴ぶやりのこすことなきやうに 野澤節子
落葉深きは温みもふかし仏道 毛塚静枝
落葉溜めて心ゆたけし掌にも受け 林原耒井 蜩
落葉溜めて生あるものに鴨足草 篠原温亭
落葉皆道祖神に走りけり 野村喜舟 小石川
落葉積むやなど山マ水の馳せやまず 尾崎迷堂 孤輪
落葉積む鮑石流觴曲水址 石原八束 風信帖
落葉空にかゞやく菊の日和かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
落葉籠うもれんばかり降る落葉 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
落葉籠まだからつぽに憩ひけり 石田郷子
落葉籠まだ消えやらぬ紅埋め 渡辺恭子
落葉籠二つ落葉の上にあり 鈴木しげを
落葉籠信玄餅は売切れて 八木林之介 青霞集
落葉籠児にも負はして先立たせ 比叡 野村泊月
落葉籠子らの遊びは匂ふやう 栗林千津
落葉籠底の腐つてをりしかな 茨木和生 野迫川
落葉籠日雀の声も入れて来し 原 ちあき
落葉籠熊手も入れて担ぎけり 温亭句集 篠原温亭
落葉籠百年そこにあるごとく 大串章
落葉聴く豊頬陶土観世音 水原秋櫻子
落葉舞ふしきりの峡の空晴れて 高濱年尾 年尾句集
落葉被いで咲くデージーよなでしこよ 林原耒井 蜩
落葉被て人目に隠る泣き羅漢 八牧美喜子
落葉被て被爆石獣病む如し 下村ひろし 西陲集
落葉見し人や落葉の底の人 沾徳 (悼芭蕉)
落葉詰まる竈それぞれ残したり 井上雪
落葉谷光を運ぶ水ひそむ 高井北杜
落葉踏みさだかに二人音違ふ 殿村菟絲子 『路傍』
落葉踏みつまらなき顔してあらむ 稲垣きくの 牡 丹
落葉踏みどこまで行くやチヤツプリン 藤岡筑邨
落葉踏み三四郎池子とめぐる 江戸綏子
落葉踏み句碑を残して帰りけり 勝又一透
落葉踏み坂なりに猫ふり返る 飛旅子
落葉踏み天を鏡と思ひけり 村越化石
落葉踏み逆ふ心今はなく 深見けん二
落葉踏み霜蹴り虚仮の後思案 石原八束 『仮幻』
落葉踏むうしろの音も一人なる 山崎ひさを
落葉踏むかそけさ百済ぼとけまで 細見綾子 天然の風以後

続き(←ここをクリックすれば残部が表示されます)
by 575fudemakase | 2015-11-22 19:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング