<   2015年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

除夜の俳句

除夜の俳句

除夜の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23372271/

除夜 補遺

あたたかく人と別るる年の夜 山田みづえ まるめろ
あたゝまる時や夢見る除夜の雪 句空
いと遠き除夜の鐘あり療養所 石田波郷
うしと見し年もかぞえて除夜の豆 諷竹
うつくしき僧の娘二人除夜の爐に 飯田蛇笏 家郷の霧
おもしろう松風吹けよ除夜の闇 松岡青蘿
おろかなる犬吠えてをり除夜の鐘 山口青邨
ききわびて終の栖の除夜の鐘 石田波郷
きこえをり北のはたての除夜の鐘 日野草城
くれなゐにひびきもつれぬ除夜の鐘 永田耕衣
この鐘が大本山の除夜の鐘 高野素十
これだけの一家につもる除夜の雪 橋閒石 無刻
ざらつく髯湾より除夜の汽笛して 佐藤鬼房
しづかなる雨の夜もあり年の暮 山口青邨
しばらくは粉雪が頬に除夜詣 村山故郷
すこしくは肥えたるこころ除夜詣 能村登四郎
するすると除夜になりたる雁もどき 橋閒石 和栲
ちかみちをして藪沿ひの除夜詣 能村登四郎
どう聞て見ても恋なし除夜の鐘 松窓乙二
ひしと握る煩悩一つ除夜の鐘 林翔
ひとひとりこころにありて除夜を過ぐ 桂信子 女身
ふたり子の手洗ひ了る月の除夜 能村登四郎
まだ脱けぬ 前歯 ぐらぐら 除夜の鐘 伊丹三樹彦
まぼろしと繋ぐ手濡れて除夜詣 岡本眸
みづからを捲かむと除夜の大時計 鷹羽狩行
みほとけに一盞献ず除夜の燭 木村蕪城 一位
もののけに小童ねむる除夜の爐火 飯田蛇笏 白嶽
ゆかしやと見れば見えけり除夜の梅 樗良
よそびととうとまるる身を除夜の炉に 木村蕪城 一位
わが家のいづこか除夜の釘をうつ 山口誓子
われひとりきくやラヂオの除夜の鐘 日野草城
をとめ等の奏づるジャズに除夜咲まし 山口誓子
ジャズ・バンドはしやぎて除夜も深まれる 山口誓子
ポケツトに魑魅を眠らせ除夜詣 佐藤鬼房
モノクロの昔を今に除夜映画 林翔
ラヂオの除夜正光寺さん生の鐘 日野草城
一島の闇ひらけば閉づる除夜の鐘 赤尾兜子 玄玄
一撞も一禮も雪除夜の鐘 岡井省二 前後
一樹一眼敏くゐるらし除夜の森 山田みづえ 手甲
一穂の除夜のみあかし枕上 木村蕪城 一位
下駄ひゞき六区の除夜の過ぎんとす 西東三鬼
人について吹しづまりぬ除夜の風 梅室
仮住の身に一穂の除夜の燭 木村蕪城 一位
住よしへ寐に行除夜の烏哉 早野巴人
住馴て尊き除夜の日枝おろし 望月宋屋
何も蒔かぬ田をめぐり来る除夜の川 廣瀬直人 帰路
何事をいふてをがむぞ除夜詣 完来
保美の除夜電照菊の灯が占むる 阿波野青畝
俳諧の帳面閉ぢよ除夜の鐘 村上鬼城
倉庫番除夜飄々と眠りたし 佐藤鬼房
元日は除夜のあしたの名也けり 政岡子規 元日
切らざりし二十の爪と除夜眠る 西東三鬼
匂ひしは夢にや見たる除夜の梅 松岡青蘿
南天を挿す除夜十時十一時 山口誓子
厨より水捨つる女や除夜の鐘 原石鼎 花影
古る年の夜月がはなつ四温光 飯田蛇笏 雪峡
吉原を通れば除夜の大皷哉 政岡子規 除夜
吾をみとる妻も聞きをり除夜の鐘 上野泰
増上寺近くに住みて除夜の鐘 高浜年尾
外套にあふれ除夜祭(ジルベスター)の裳の裾が 山口青邨
大いなる月よごれ居る除夜の鐘 原石鼎 花影
大山の天狗が撞くか除夜の鐘 阿波野青畝
大年の夜に入りてさかる護符焚く火 能村登四郎
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太
大星の龕燈年の初めの夜 山口誓子
大楠の上の黄星が除夜のいろ 飯田龍太
大極にものあり除夜の不二の山 政岡子規 除夜
大王崎荒磯の海老を除夜に煮る 水原秋櫻子 蘆雁
天狼星ましろく除夜にともりけり 山口誓子
太綱の闇に入りたる除夜詣 桂信子「草影」以後
妻はまだ何かしてをり除夜の鐘 日野草城
家々の灯に締め出され除夜の星 鷹羽狩行
寝る前に叩いて除夜の白枕 能村登四郎
山伏や出立そろはぬ除夜の闇 正秀
山国の闇うごき出す除夜の鐘 鷹羽狩行
岳人の行方の深き除夜の鐘 平畑静塔
帰り入る家それぞれや年の夜 三橋敏雄
年の夜に聞き納むべきバツハあり 相生垣瓜人 負暄
年の夜のしら~明て人珎し 如行
年の夜のぶりや鰯や三の膳 去来
年の夜のわが言なべて独り言 岡本眸
年の夜の吾子に逢はむと鉦を打つ 角川源義
年の夜の夢に入りたる山の雨 森澄雄
年の夜の家にしあるは妻一人 石塚友二 玉縄以後
年の夜の昇降機より看護婦ら 星野麥丘人
年の夜の潺緩の音の溝踰ゆる 能村登四郎
年の夜の炭火絢爛と燃やしぬる 村山故郷
年の夜の焚火豪華にバタヤ達 岸田稚魚 負け犬
年の夜の病妻の灯か貯炭山がくれ 小林康治 玄霜
年の夜の盃一つおかれけり 石橋秀野
年の夜の聞くに堪へざる鄭声や 相生垣瓜人 明治草抄
年の夜の葉牡丹を活けをはりたる 清崎敏郎
年の夜の豆腐も焼て鳴ちどり 水颯
年の夜の鼾我を折レ貧乏神 越人
年の夜は高キ釣瓶の雫哉 夕兆
年の夜もあかしがたやら須磨心 鬼貫
年の夜も鵲わたすとやなりぬ 蝶羽
年の夜やいざ莟せん寝入ばな 露川
年の夜やいり物くふて詩會あり 政岡子規 年の夜
年の夜やもの枯れやまぬ風の音 渡邊水巴 白日
年の夜や人に手足の十ばかり 去来
年の夜や吉野見て来た檜笠 杜国
年の夜や君が八千代を風呂の曲 史邦
年の夜や地震ゆり出すあすの春 政岡子規 年の夜
年の夜や夢にも酒の限らるる 石川桂郎 四温
年の夜や山科までは一里半 高野素十
年の夜や引むすびたる繦守リ 惟然
年の夜や更行方の有あかし 李由
年の夜や橋杭堂をと見て行し 木因
年の夜や独り生きたる髪冷えて 鷲谷七菜子 黄炎
年の夜や王子へいそぐ小提灯 抱一 軽挙観句藻
年の夜を河内通ひやまめ男 内藤鳴雪
年の夜計器ら水と艫いつ浄水場 古沢太穂 火雲
床柱拭く手見えゐる除夜旧家 鷲谷七菜子 花寂び
強燭にさらす半身除夜詣 岡本眸
恍として撞くらむ除夜の鐘聞こゆ 相生垣瓜人 明治草抄
愚かなる犬が除夜にも鳴きをれり 相生垣瓜人 明治草
手の爪はみづから剪りぬ年の夜 日野草城
折て来て灯で見る除夜の柳哉 蒼虬
按摩として若い女と除夜の鐘を聞く 荻原井泉水
掛乞の二度來る除夜となりにけり 政岡子規 掛乞
放心にひまなくもゆる除夜の爐火 飯田蛇笏 白嶽
故人みな齢とどまり除夜の鐘 三橋敏雄
故友亡きこと除夜時かけて肯ふも 石田波郷
星さわぐ国の不安の除夜過ぎぬ 西東三鬼
星のため月は削られ除夜の鐘 平畑静塔
星空に居る大富士や除夜の駅 松本たかし
時計屋の余鳴共鳴除夜十二時 伊丹三樹彦
時雨月をり~除夜の鐘照らす 高浜年尾
晴れきつて除夜の桜の幹揃ふ 廣瀬直人
暗きより暗きにもどる除夜詣 能村登四郎
更闌けてかがり瞬く除夜の爐火 飯田蛇笏 家郷の霧
月明かく夢見る如き除夜なりき 相生垣瓜人 微茫集
木の家に住みて大きな除夜が来る 鷹羽狩行
板塀のまだ濡れてゐる除夜詣 岡本眸
枕頭に除夜の金庫を置きて眠る 伊丹三樹彦
枯蔓のかげす櫺子の除夜の月 臼田亜浪 旅人 抄
柚子の香は生れ在所の除夜のいろ 飯田龍太
桝の豆ほどに混み混み除夜詣 平畑静塔
橋よりの眺めの中の除夜の景 能村登四郎
欅に靄人肌のごとき除夜迎ふ 森澄雄
欠伸ひとつ場にゐて妻が除夜を逾ゆ 森澄雄
歌反古を焚き居る除夜の火桶哉 政岡子規 除夜
正念場とて綱つかむ除夜の鐘 阿波野青畝
死ぬさへもかなはぬと知れ除夜の月 佐藤鬼房
死者も聞け生者も聞けと除夜の鐘 相生垣瓜人 負暄
水捨てて土を目覚ます除夜月夜 上田五千石『森林』補遺
水撒きし舗道にうつれ除夜の星 山口誓子
水甕に水も充てけり除夜の鐘 中村草田男
沈思をもせずして除夜に早寝せり 相生垣瓜人 負暄
流れての底さへにほふ年の夜ぞ 鬼貫
海底や地底の除夜は如何ならむ 相生垣瓜人 微茫集
海老跳ねし厨の音か除夜の鐘 水原秋櫻子 蘆雁
深沈も蕭々も否除夜の雨 星野麥丘人
港から笛山からは鐘の除夜 鷹羽狩行
港内の太笛除夜の意を籠めて 山口誓子
漆黒の除夜のみ曾て記憶せり 相生垣瓜人 微茫集
灯の街の一角崩れ除夜の海 飯田龍太
灯りて除夜詣には間のありて 深見けん二
炉を掻いて火種いけをく年の夜 飴山實 句集外
煉鉄の火はすゞしけれ年の夜 齋藤玄 飛雪
煩悩の数のまた増え除夜詣 後藤比奈夫
熱湯を浴槽に入れいつまでも除夜 山口誓子
燈影をはゞみてもゆる除夜の炉火 飯田蛇笏 霊芝
独語する除夜や最後の蜜柑剥く 上田五千石『田園』補遺
猫が鶏殺すを除夜の月照らす 西東三鬼
甘きもの頻りにほしく除夜の鐘 原石鼎 花影以後
町ぐるみ除夜船笛の太柱 野澤節子 存身
病室に湯気立てにけり除夜の鐘 石田波郷
百人の為には咲ず除夜の梅 木因
百姓の大戸や除夜の楽もれて 百合山羽公 故園
百方に餓鬼うづくまる除夜の鐘 石田波郷
眠らんと除夜の子が捲くオルゴール 石田波郷
睡る子の除夜の濡髪顎に揺れ 飯田龍太
神戸美し除夜の汽笛の鳴り交ふとき 後藤比奈夫
積雪に月さしわたる年の夜 飯田蛇笏 山響集
立てかけてある年の夜の箒かな 岸田稚魚
箒目に水打つ除夜の麹蔵 能村登四郎
粗食村節穴ともす除夜の鐘 平畑静塔
美濃紙や一重ほのめく除夜の梅 車庸
群巌の影おしたてて除夜の月 上村占魚
翼美し白鳥座除夜に顕ち 鷹羽狩行
而うして一書閉ぢたり除夜の閑 阿波野青畝
耳福とす黄鐘調や除夜を撞く 阿波野青畝
聞き覚えある声の過ぎ除夜詣 鷹羽狩行
胴炭も置き心よし除夜の鐘 川上不白
臍といふ哲人のゐる除夜の湯に 能村登四郎
臘涙の冷えゆく除夜の闇に寝る 西東三鬼
臥床あり除夜のホテルの屋根裏に 山口誓子
行く年の夜の雨更けて風さへや 「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
見舞妻去りしより除夜いよよ急 石田波郷
谺して嵯峨野は除夜の鐘づくし 鷹羽狩行
足裏に除夜の枯野の真つ平ら 飯田龍太
踊りつゝ異国の旗の下の除夜 山口誓子
踊子も冷たきものを飲める除夜 山口誓子
踊子や除夜の淑女を眼に偸む 山口誓子
追々に狐集まる除夜の鐘 政岡子規 除夜
酔うて何かつぶやきし吾も除夜も更けぬ 草間時彦
金で買へぬ幸もあり除夜詣 鈴木真砂女 都鳥
金銅の観音なりし除夜詣 森澄雄
鉄骨に熔接の火花年の夜も 山口青邨
銭金の除夜月光に身を泛べ 能村登四郎
鐘が鳴る除夜の後悔なにもなし 飯田蛇笏 家郷の霧
鐘撞いて焚火ともにす除夜の僧 森澄雄
鐘由来何はともあれ除夜を撞く 阿波野青畝
鐘聞かぬこといくとせぞ除夜の星 鷹羽狩行
闇でだに知つたら除夜は白月夜 木因
闘魚たたかふ水美しき除夜の隅 秋元不死男
除夜いまだ「静かなるドン」読みすすむ 佐藤鬼房
除夜かゝぐ馭者の大きな五角星 山口誓子
除夜たのしわが踊手は歯をかくさず 山口誓子
除夜たのしワルツに青きひかりさす 山口誓子
除夜となりゆくや静臥をつゞけ来て 山口誓子
除夜ながら老には老の宵惑ひ 相生垣瓜人 負暄
除夜なれば重苦しくぞ過ぎて行く 相生垣瓜人 明治草
除夜にしてかすとり酒は溢るるよ 石川桂郎 含羞
除夜の妻ベツドの下にはや眠れり 石田波郷
除夜の妻白鳥のごと湯浴みをり 森澄雄
除夜の子に石垣上の灯が強し 飯田龍太
除夜の星幾光年を輝りきそふ 西島麦南 人音
除夜の月手ひらけば手の温み失せ 佐藤鬼房
除夜の月機械に注連を張りおわる 飴山實 おりいぶ
除夜の気と云ふものならむ迫るなり 相生垣瓜人 明治草抄
除夜の湯に有難くなりそこねたる 佐藤鬼房
除夜の湯に浮くやわが身の塵あくた 鷹羽狩行
除夜の火は金の砂子を撒いてをり 阿波野青畝
除夜の灯のどこも人住む野山かな 渡邊水巴 白日
除夜の灯やまちつとにして油さす 梅室
除夜の燈を魚焼くけむり来てつつむ 篠原梵 年々去来の花 雨
除夜の畳拭くやいのちのしみばかり 渡邊水巴 白日
除夜の胸陥没部位は肋無し 石田波郷
除夜の酒亡師と酌みてゐたりけり 草間時彦 櫻山
除夜の鐘「二つ音」床を巡り競ふ 中村草田男
除夜の鐘きき堪へぬらし夫寝ねぬ 及川貞 夕焼
除夜の鐘その第一打撞きにけり 高浜年尾
除夜の鐘の前か後かに雨をきけり 加藤秋邨
除夜の鐘また忘恩を重ねしよ 鷹羽狩行
除夜の鐘もうすぐに鳴るとき寝落つ 日野草城
除夜の鐘もはや余韻をつくろはず 鷹羽狩行
除夜の鐘わが凶つ歳いま滅ぶ 日野草城
除夜の鐘先づはわが世にひびきけり 百合山羽公 樂土以後
除夜の鐘吾身の奈落より聞ゆ 山口誓子
除夜の鐘大切なこの歳を病み 橋本多佳子
除夜の鐘幾谷こゆる雪の闇 飯田蛇笏 春蘭
除夜の鐘撞きに来てゐる鳥羽の僧 高浜年尾
除夜の鐘撞き出づる東寺西寺かな 村上鬼城
除夜の鐘母のいのちも年越えき 能村登四郎
除夜の鐘産月へ時ながれ出す 鷹羽狩行
除夜の鐘眼前居る妻もう居ぬ母 中村草田男
除夜の鐘聞きて眠れずなりにけり 相生垣瓜人 負暄
除夜の鐘色は匂へと鳴るらしも 相生垣瓜人 明治草
除夜の鐘金輪際の暗みより 平畑静塔
除夜の鐘雲辺寺より天伝ふ 百合山羽公 寒雁
除夜の鐘頭の奥の奥で了る 篠原梵 年々去来の花 中空
除夜の鐘龕の一*ちゅう睡りけり 飯田蛇笏 霊芝
除夜ふけて湯沸しの蓋もちあがる 橋閒石 虚 『和栲』以後
除夜ふけて隣も水を流す音 橋閒石 微光
除夜もネオン地下理髪師の名をともす 山口誓子
除夜われも頭を石鹸だらけにする 山口誓子
除夜撞いてこの寺の僧髯長者 森澄雄
除夜明りして榛の野のあたり見ゆ 岡井省二 有時
除夜更けて女の衣袂ひた急ぐ 石田波郷
除夜更けて時ゆるまする鳩時計 森澄雄
除夜浴身しやぼんの泡を流しやまず 橋本多佳子
除夜炬燵親子四人に隙間なし 能村登四郎
除夜烈風夢かなはざる年ぞ吹け 能村登四郎
除夜眠れぬ仏人の猫露人の犬 西東三鬼
除夜神楽尉のゑまひは腰かがめ 佐藤鬼房
除夜祭の一瞬の闇黙祷す 山口青邨
除夜祭の舞姫と別る雪の街 山口青邨
除夜誰も居らぬ工事場旋風巻く 佐藤鬼房
除夜零時過ぎてこころの華やぐも 山口誓子
除日より除夜へうつすら夕茜 林翔
音たてて時ながれだす除夜の鐘 鷹羽狩行
食道が引き攣る年の夜なりけり 佐藤鬼房
餅は飲ミ盃ハ嗅グ除夜の天 越人
高層に地階に除夜の理髪師あり 山口誓子
鳴り出して嵯峨野は除夜の鐘どころ 鷹羽狩行
鳴り終る一瞬の息除夜の鐘 山口青邨
鼻唄やみんな厨に除夜の月 平畑静塔
齢脱ぐこころに待てる除夜の鐘 上田五千石『琥珀』補遺

以上j
by 575fudemakase | 2015-12-31 15:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬景色の俳句

冬景色の俳句

いつまでもペンキの匂う冬景色 二村典子
どこからも煙突が見え冬景色 真田白雨
わが死おもへば誰かが笑ふ冬景色 栗林千津
一日で橋を架け替ふ冬景色 能村研三 鷹の木
一本の茶杓が緊める冬景色 中嶋秀子
冬げしき足は業火を踏んでおり 大口元通
冬景色なり何人で見てゐても 田中裕明 櫻姫譚
冬景色はなやかならず親しめり 柴田白葉女 雨 月
冬景色奥山大臼歯の如く 川崎展宏
冬景色死後も変らぬもの何ぞ 藤田湘子 てんてん
冬景色殊にビュッフェの垂直線 高澤良一 宿好
右側に恋人の居る冬景色 ともたけりつ子
夕暮を惜しむ隙なし冬げしき 支考
大川を鰡遡る冬景色 斉藤夏風
宙の木の鳥に名を告ぐ冬景色 宇多喜代子
川中に川一すぢや冬げしき 暁台
帆かけぶねあれやかた田の冬げしき 榎本其角
帆かけ舟あれや堅田の冬げしき 其角
後ろ手に閉ざして向かふ冬景色 佐藤美恵子
掌にとれば崩れはじめる冬景色 内田正美
松青きほか唐崎の冬景色 辻田克巳
椀中に豆腐崩れる冬景色 和田悟朗
残響の尋ね人欄冬景色 坂間恒子
気おごりて日輪をみる冬景色 飯田蛇笏 春蘭
水明りして見覚の冬景色 湊 淑子
濤音に近づくわれも冬景色 黒田杏子 水の扉
百年千年夢見て青き冬景色 寺井谷子
空腹のはじめ火の色冬景色 飯田龍太
脳天まで貫くいのち冬景色 各務麗至
語らざる色をもちより冬景色 藤崎久を
近景に巨岩を配す冬景色 高澤良一 鳩信
鶏のふくらんでゆく冬景色 永末恵子 発色

以上g
by 575fudemakase | 2015-12-30 21:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

クリスマスの俳句

クリスマスの俳句

クリスマスの例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23372441/


クリスマス 補遺

あつあつの舌平目わがクリスマス 鷹羽狩行
ある窓の聖樹の影も港町 福田蓼汀 秋風挽歌
いと暗き聖夜の燭を灯したり 清崎敏郎
おのれ摶ちつつ勢ふ聖夜の噴水は 岡本眸
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
きざはしによべの聖樹の星ひろふ 能村登四郎
くすりやの聖樹見てより道闇く 山口青邨
くるるくるイブ・モンタンの枯葉めき 林翔
ここに酸素湧く泉ありクリスマス 石田波郷
ことのはは終りぬ聖樹灯りけり 中村草田男
この出逢ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
この子供臭さへ 聖夜劇開幕 伊丹三樹彦
この町に墓地を買ひけりクリスマス 阿波野青畝
この聖樹銀の大鐘ばかり吊る 山口誓子
ごうごうと風呂沸く降誕祭前夜 石川桂郎 含羞
ずり落ちず聖樹に積みし綿雪は 山口誓子
ちさき憎み聖夜の卓の耳飾 鷲谷七菜子 黄炎
なつかしの夕日を待てり大聖樹 平畑静塔
なふぉ声せり聖夜の宙に架線工 伊丹三樹彦
ひと待てば聖夜の玻璃に意地もなし 桂信子 女身
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男
ましろなる神父の髯やクリスマス 富安風生
まだ日隔くに聖樹を灯し病む人ら 古沢太穂 古沢太穂句集
やがて盗らるべき銀食器聖夜劇 山口誓子
やはらかく聖樹の雪を包み売る 後藤比奈夫
よく啖ふ甥が来てをりクリスマス近し 草間時彦 中年
らふそくの燃えゆくはたのしクリスマス 山口青邨
わがことの入院日なるクリスマス 石塚友二 玉縄以後
わがクリスマスグラビアを焚けばすむ 平畑静塔
わが家路聖夜の土管掘り起され 鷹羽狩行
わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス 山口誓子
をさな子も深雪を帰るクリスマス 日野草城
イブの空鴉が渡る銀座かな 鈴木真砂女 紫木蓮
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫
イヴの燭黄色の皮膚つつしみて 平畑静塔
カード漁りの 眼差は祖母 聖歌月 伊丹三樹彦
クリスマスちちははあまた天に帰し 伊丹三樹彦
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子
クリスマスに小き會堂のあはれなる  正岡子規 クリスマス
クリスマスの鐘のひゞける月夜かな 日野草城
クリスマスの靴磨きゐる牧師かな 日野草城
クリスマスまで七面鳥は飽食す 阿波野青畝
クリスマスゆき交ひて船相照らす 加藤楸邨
クリスマスイブ更け心の襞も更け 楠本憲吉 方壺集
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴの七厘焚きけぶらす 右城暮石 句集外 昭和三十二年
クリスマスイヴの月よと妻言へり 星野麥丘人
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
クリスマスイヴや丸太の足場外す 右城暮石 句集外 昭和二十六年
クリスマスイヴ同體に組む喧嘩 三橋敏雄
クリスマスイヴ好きな人ふたりあり 後藤比奈夫
クリスマスカロルとめねば繰返す 後藤比奈夫
クリスマスカードの加奈陀花の国 阿波野青畝
クリスマスカードの慕ひゐる祖国 後藤比奈夫
クリスマスカードを送り来て孤独 後藤比奈夫
クリスマスカード消印までも読む 後藤夜半 底紅
クリスマスカード雪の絵のみならず 後藤比奈夫
クリスマスケーキこの荷厄介なもの 桂信子 晩春
クリスマスケーキのビルが灯つてる 日野草城
クリスマスケーキの薔薇は砂糖です 日野草城
クリスマスケーキ蝋燭の垣をなす 阿波野青畝
クリスマスツリーに関はりなき身なり 桂信子 草影
クリスマスツリーの昼の埃かな 清崎敏郎
クリスマスツリーぶらさがる何々ぞ 日野草城
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー寒波を欲しがれり 百合山羽公 樂土
クリスマストリイともるわれらが貧しき町 山口誓子
クリスマスリース港のヨットにも 燕雀 星野麥丘人
クリスマスリース金星現れにけり 燕雀 星野麥丘人
クリスマス・イヴのひとりの麺麭を焦がしたり 安住敦
クリスマス・イヴの暁ちかく妻を得しわが部屋 安住敦
クリスマス・イヴの酔ひ呆けし妻をとどけらる 安住敦
クリスマス・イヴの麺麭を啖らひて寝てしまふ 安住敦
クリスマス・イヴ屋根裏につねのごと 伊丹三樹彦
クリスマス・イヴ架線夫はまだ降りず 伊丹三樹彦
クリスマス・ツリーの雪を別に買ふ 鷹羽狩行
クリスマス七寮に満つ患者等に 石田波郷
クリスマス佛は薄目し給へり 相生垣瓜人 負暄
クリスマス個展おのれの絵で飾る 古舘曹人 能登の蛙
クリスマス冬木の肌の照るをせめて 細見綾子
クリスマス前夜の鐘をもたいなく 三橋鷹女
クリスマス劇長男の羊飼 上野泰
クリスマス地に来ちちはは舟を漕ぐ 秋元不死男
クリスマス地下に京橋日本橋 鷹羽狩行
クリスマス地平に基地の灯が赤し 飴山實 おりいぶ
クリスマス塀に破片の硝子植ゑ 鷹羽狩行
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂信子 月光抄
クリスマス指美しき囚徒をり 飯田龍太
クリスマス敵を忘ぜず街ゆけば 赤尾兜子 稚年記
クリスマス無きが如くに奈良ひつそり 右城暮石 句集外 昭和三十四年
クリスマス硝子越しなる馬打たる 秋元不死男
クリスマス肋除られて打臥すも 石田波郷
クリスマス胡桃の樹肌あたたかに 三橋鷹女
クリスマス臥す掌へ吾子の柔ら頬 伊丹三樹彦
クリスマス藷一片を夜食とす 西東三鬼
クリスマス貸間三畳の奇蹟なし 西東三鬼
クリスマス近し東の博士たり 山口青邨
クリスマス近し氷川丸磨き立て 山口青邨
クリスマス近づく寮の歌稽古 杉田久女
クリスマス近づく金の沓を買ふ 山口青邨
クリスマス近づく雪のこよひまた 山口青邨
クリスマス道あばかれて何もなし 岡本眸
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭 右城暮石 声と声
ゴムの葉をくもらせ聖夜餐の湯気 鷹羽狩行
サンタみな揃ひのピンク新世紀 後藤比奈夫
サンタクロースの話そらさざるを得ず 石川桂郎 含羞
サーカスの灯があふるるよクリスマス 山口青邨
ジヤコビンの赤き蝋燭クリスマス 山口青邨
タンネンの葉に蝋涙聖夜も更け 山口青邨
ネオン明滅滅の間燃えて聖夜の星 加藤楸邨
ネグリジェの裾ひらひらとクリスマス 桂信子 草影
ハムの切口の渦巻くクリスマス 鷹羽狩行
ビラ配るサンタク口-ス吾に触る 阿波野青畝
フライパンなめる火の舌 聖夜さかん 伊丹三樹彦
ホテルの聖樹梢には金の星 山口誓子
ホテルの聖樹覗きし鈴に玉は無し 山口誓子
ホテル広場電飾のみの大聖樹 山口誓子
マンホールより首・肩起す聖夜かと 赤尾兜子 蛇
モナリザにをばさんが似るクリスマス 山口青邨
レストラン綿で聖樹の雪増やす 山口誓子
ヴェール被てすぐに天使や聖夜劇 津田清子 礼拝
一人来てストーブ焚くやクリスマス 前田普羅 普羅句集
一会員イギリス巻やクリスマス 山口青邨
一匹の羊と枯葉クリスマス 原裕 葦牙
一時間ありクリスマスショツピング 星野立子
一隅は子のものの書架クリスマス 鷹羽狩行
上京の即日人に聖夜に会ふ 古舘曹人 能登の蛙
不況の聖夜雪がすぐ載る厨芥車 飴山實 おりいぶ
中国の茶の淹れらるるクリスマス 後藤夜半 底紅
五七忌の師へ急ぐなり降誕祭 石川桂郎 高蘆
人に福耳本に福紙クリスマス 鷹羽狩行
人の後に吾子悴まず聖歌隊 能村登四郎
休止符を見て口閉ぢぬクリスマス 藤田湘子 神楽
何処の鐘聖夜聖刻告げゐるは 阿波野青畝
倖せな父子と見られて聖樹に酌む 能村登四郎
八人の子供むつましクリスマaス  正岡子規 クリスマス
六つの華聖樹の雪の結晶は 山口誓子
冬菊や隣へ慰間聖歌隊 石田波郷
冬薔薇の棘に余韻の聖歌なほ 鷹羽狩行
冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ 山頭火
切炭の 切口は華 クリスマス 伊丹三樹彦
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子 てんてん
前途永き妻に加護あれ降誕祭 中村草田男
剥製に寸の止り木聖夜明け 鷹羽狩行
剥製に戻る海亀聖夜明け 鷹羽狩行
剥製の鳥のテロの眼クリスマス 鷹羽狩行
剰りたる雪を聖樹の下に置く 山口誓子
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二 曠日
勤め持つ女等たのしクリスマス 右城暮石 声と声
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
千の患者に千の聖果や枯木中 石田波郷
卵一つポケツトの手にクリスマス 西東三鬼
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄炎
喪の聖歌三度び外套措きて起つ 伊丹三樹彦
囁きて聖夜にあつまるもの貧し 古舘曹人 樹下石上
地に浮浪クリスマス・イヴあはれ更く 伊丹三樹彦
地下街に来ると答へしクリスマス 右城暮石 散歩圏
地下迷路きて選る飾りなき聖樹 鷹羽狩行
城内にひゞける鐘はクリスマス 日野草城
基督に肖る気なき聖樹かな 藤田湘子 てんてん
塔空にいくつもささりクリスマス 山口青邨
塩鮭のからき涙やクリスマス 石田波郷
壁の余地クリスマスカード貼りつけて 阿波野青畝
壇降りて神父も聖夜劇の衆 伊丹三樹彦
夏爐焚き公教聖歌の樂流る 及川貞 夕焼
外人は高き鼻もちクリスマス 高田風人子
外套にふれクリスマスツリーかな 清崎敏郎
大き鐘聖樹のバランスを破る 山口誓子
大の字の星を聖樹の先端に 山口誓子
大テント種切サンタヘたりこむ 平畑静塔
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
大阪を生駒距てゝクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十四年
天井に風船眠りクリスマス 福田蓼汀 山火
天界を篩はれしもの聖樹星 鷹羽狩行
天網に星付きはじむクリスマス 鷹羽狩行
太筒の亀山蝋燭聖夜の燈 山口誓子
太陽の通る天窓下に聖樹 鷹羽狩行
夫人の手つめたかりけりクリスマス 日野草城
奈良県になき地下街よクリスマス 右城暮石 上下
女学生の黒き靴下聖夜ゆく 桂信子 女身
女羊は乳房膨らしクリスマス 阿波野青畝
子が呉れし加朱の鉛筆クリスマス 伊丹三樹彦
子の仮面みれば降誕祭近し 木村蕪城 寒泉
子供がちにクリスマスの人集ひけり  正岡子規 クリスマス
学士会聖樹をともす吾等粗餐 山口青邨
孫の聖夜紙雛めきて紙天使 中村草田男
孫やいま小田原の辺かクリスマス 石塚友二 玉縄以後
安否まづ嗅ぎ合ふ白狗聖樹の下 香西照雄 素心
宙を飛ぶ長靴を買ふクリスマス 有馬朗人 知命
室咲きのクリスマス・クイン傲りけり 角川源義
家々の聖夜を道の石だらけ 橋閒石 無刻
寄生木の実は霧の精 聖歌季節 伊丹三樹彦
寒暮来て階梯険しき聖歌楼 山口誓子
寝ねし子が咳して聖夜しづもるよ 森澄雄
寝惜しむ子聖夜は許す絵蝋燭 能村登四郎
寡作なる弟子よりクリスマス・カード 鷹羽狩行
小鳥焼きくきくきと噛むクリスマス 秋元不死男
少年のさゝぐる花燭クリスマス 百合山羽公 春園
少年工学帽かむりクリスマス 秋元不死男
屋上より樹頭見下ろすクリスマス 津田清子 礼拝
屑買女は風呂桶が欲しクリスマス 百合山羽公 寒雁
層見せて聖夜の菓子を切り頒つ 橋本多佳子
年の花の家集賜はる降誕祭 角川源義
床碑は踏ませ 聖歌隊席灯す高さ 伊丹三樹彦
待人のサンタは忘れものはせじ 平畑静塔
恋人ヘピアノ軽打の クリスマス 伊丹三樹彦
息吹くサンタ満持す闇の百貨店 伊丹三樹彦
息安く仰臥してをりクリスマス 石田波郷
我が家にも銀紙の屑クリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十二年
戦後の聖夜ゲルマン白き禿顱頂 中村草田男
扉のひまに厨房見ゆるクリスマス 山口誓子
手で造る雪ふんだんにクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十四年
手燭澄む聖歌乙女の眼鏡の中 伊丹三樹彦
扮したる羊が倒れクリスマス 阿波野青畝
抱かめと寄りそふ精神科の聖樹 平畑静塔
担送車覆ひてありぬクリスマス 星野麥丘人
指弾して聖樹の銀の鐘鳴らず 山口誓子
提灯に浮び黒凍む聖歌隊 大野林火 飛花集 昭和四十六年
揺椅子にまどろみながしクリスマス 松崎鉄之介
教会の朝の鐘なるクリスマス 山口青邨
新しく家族となりて聖果切る 上田五千石 田園
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
日が上るまで精神科の盲聖樹 平畑静塔
日曜は明日 聖歌への声溜める 伊丹三樹彦
明星が点る聖樹のてつぺんに 山口誓子
明滅の灯の鞠吊つてクリスマス 山口青邨
星満ちて地にはこぼれずクリスマス 相馬遷子 雪嶺
昼間よりなどか聖樹はけばけばし 平畑静塔
時をりに夜風は強し聖樹市 中村汀女
最も低し聖夜末子の切る十字 中村草田男
會堂に國旗立てたりクリスマス  正岡子規 クリスマス
服黒き聖歌隊に吾子入るるなり 能村登四郎
木の匙と硝子の器クリスマス 鷹羽狩行
木叢より懸巣出て鳴くクリスマス 飯田龍太
札幌のはや聖夜めく灯と別れ 鷹羽狩行
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄
東の星の光やクリスマス 日野草城
枕許サンタにB鉛筆ねがふ 平畑静塔
果舗楽器店隣り合ふクリスマス 右城暮石 句集外 昭和四十五年
枸杞の実の川原に残るクリスマス 松崎鉄之介
柊がサラダにありし聖夜餐 山口誓子
柔かき海の半球クリスマス 三橋敏雄
梱包に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
梱苞に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
棺に入るるクリスマスのチョコレートも  大野林火 海門 昭和七年
楽屋より私語のつつぬけ聖夜劇 鷹羽狩行
樅を伐るなど真似ごとばかりクリスマス 加藤楸邨
樹間染め隣病舎の聖樹の灯 石田波郷
橄欖(オリーブ)油にほはすのみに聖夜の妻 能村登四郎
歌ひくく吾子ら聖夜の星つくる 能村登四郎
歩み得し十歩確かにクリスマス 水原秋櫻子 蘆雁以後
母に掴まり出番待つ聖夜劇 鷹羽狩行
汗の雀斑少年聖歌隊解かれ 橋本多佳子
汽缶焚いて創る聖夜の汗の塩 上田五千石『田園』補遺
流しに一つ束子ころがる聖夜にて 森澄雄
浮浪寝し宙を聖夜の黄金の橇 伊丹三樹彦
湯にかよふシベリア廊下聖樹たつ 角川源義
満天に不幸きらめく降誕祭 西東三鬼
溝跳んで星影ちらすクリスマス 秋元不死男
灯ともれるシヨーウインドウのクリスマス 日野草城
灯の橋をくぐる灯の船クリスマス 鷹羽狩行
灯を吐いて降誕祭の厨□ 日野草城
点眼に額みどりめくクリスマス 秋元不死男
焼跡に煙突遺りクリスマス 伊丹三樹彦
煉炭に炎の小僧聖夜の楽 伊丹三樹彦
煖炉に立つ大雪を積む聖樹 山口誓子
煙突は 湯屋だけの町 クリスマス 伊丹三樹彦
燈ばかりの聖樹ホテルの前に立つ 山口誓子
燐寸ともし闇の溝跳ぶクリスマス 秋元不死男
燭の火の根元の青きクリスマス 秋元不死男
燭持ちて聖夜を唱ふ顎照らす 山口誓子
狩人のサンタ袋を空にせず 平畑静塔
玄関に洋傘聖夜じみて立つ 鷹羽狩行
玻璃のうち曇らせ聖樹外にひさぐ 木村蕪城 寒泉
甘藷蒸して大いに啖ふクリスマス 西東三鬼
生産の灯の帯纏いた聖夜の湾 伊丹三樹彦
画も愉し狐一族のクリスマス  水原秋櫻子 蘆雁
病室にイブの見舞のはなやげる 石田波郷
病床を脱けゆきし者よクリスマス 石田波郷
病院の聖樹金銀モール垂る 山口誓子
病院の足場組むクリスマス前夜 橋閒石 無刻
療園の雑草青きクリスマス 橋閒石
白き寒き一紙片掌に喪の聖歌 伊丹三樹彦
皿拭は皿を拭くことクリスマス 山口青邨
目の力ぬいて目を閉ぢ聖夜ミサ 鷹羽狩行
目刺みな眼をくもらせてクリスマス 秋元不死男
盲導鈴降誕祭へ道つなぐ  大野林火 飛花集 昭和四十六年
睨み鯛めきゐしクリスマスケーキ 後藤比奈夫
神よ来て子を助けませクリスマス 石塚友二 光塵
禁制の夜のコーヒ飲むクリスマス 右城暮石 声と声
稼ぐ帆のはや沖に出てクリスマス 秋元不死男
立ち通す聖樹が精神科のすくひ 平畑静塔
粧ひて胸うすき者よクリスマス 石田波郷
精神科広間に聖樹常夜燈 平畑静塔
精神科聖樹に語るにも独語 平畑静塔
紅き燈に聖樹の雪が紅くなる 山口誓子
紅つけしコップを拭ひ聖夜餐 鷹羽狩行
紅苺聖樹に点る紅電球 山口誓子
素はだしの男聖樹に寄らむとす 平畑静塔
絨毯に坐る子供らクリスマス 百合山羽公 春園
網棚のクリスマスケーキやや斜め 草間時彦
綻びし梅の絵クリスマスカード 後藤比奈夫
繊維まで見える聖樹の綿の雪 山口誓子
翼燈の点滅森を過ぐ聖夜 秋元不死男
聖夜ここに道路工事の函ランプ 鷹羽狩行
聖夜ただ吾子あまた子にみとりの母 古沢太穂 古沢太穂句集
聖夜てんでんに第九の音合せ 鷹羽狩行
聖夜とやヒロシマ環礁実験図 中村草田男
聖夜なり懸瀑に音なかりせば 鷹羽狩行
聖夜にてぎんぎらぎんの音地獄 能村登四郎
聖夜に読む光の中に燭を点じ 香西照雄
聖夜の伴に洗ひ熊などよからんか 桂信子「草影」以後
聖夜の芥犬去りしあと人跼む 岸田稚魚 負け犬
聖夜の階のぼる灯の無きフロア過ぎ 岡本眸
聖夜の風出でて野の灯を吹き消しゆく 岸田稚魚 負け犬
聖夜はや紅をおびゆく星得たり 阿波野青畝
聖夜ひとり覚む子に星は十字なせ 林翔
聖夜またたく漁り火の消ゆるころ 鷹羽狩行
聖夜わがましろき胸を診られ臥す 鷲谷七菜子 黄炎
聖夜ミサ首筋やはらかく祈る 鷹羽狩行
聖夜休まず看護婦の白き勤め 鷹羽狩行
聖夜劇がらくた舞台裏に積み 鷹羽狩行
聖夜劇イエス幼き膝を閉ぢ 鷹羽狩行
聖夜劇モーゼの杖は子に倍す 石田勝彦 雙杵
聖夜劇丈より高き杖を抱き 鷹羽狩行
聖夜劇外套のまま離れ観る 伊丹三樹彦
聖夜劇牢名主のごと半跏して 角川源義
聖夜唱ふ胎児は降下しつづけて 鷹羽狩行
聖夜天眼に沁む雪をもたらせり 上田五千石 田園
聖夜弥撒ヴエールをつけし母とゐる 津田清子
聖夜更けぬ一酔顔へ女の愛 伊丹三樹彦
聖夜更け書斎の筒に羽根のペン 鷹羽狩行
聖夜更け眠る子へ菓子買ひに出づ 伊丹三樹彦
聖夜眠れり頸やはらかき幼な子は 森澄雄
聖夜讃歌吾が息をもて吾る 橋本多佳子
聖夜近くクリーニング屋灯を投げて 阿波野青畝
聖夜過ぐダストシユートに風の音 岡本眸
聖夜霧笛去りゆくはユダかヨハネか 平井照敏 天上大風
聖夜餐スープ平らに搬び来し 山口誓子
聖夜餐太き朱蝋が点火待つ 山口誓子
聖夜鼠穴をキリスト許し給ふ 鷹羽狩行
聖樹うち眺む都会の駅に降り 伊丹三樹彦
聖樹こそ遠く惨なる定点に 平畑静塔
聖樹とて癩画の樅信徒囲む  大野林火 飛花集 昭和四十六年
聖樹ともり大丸の窗冬ぐもる 飯田蛇笏 雪峡
聖樹にて五角の星を光らせる 山口誓子
聖樹にて樅の木のみがまことのもの 山口誓子
聖樹にて終始点れる燈はあらず 山口誓子
聖樹にて雪青くなり紅くなり 山口誓子
聖樹にて鳴ることもなき銀の鐘 山口誓子
聖樹には大き過ぎたる星と鐘 山口誓子
聖樹には綿をこんもり積もらしめ 山口誓子
聖樹に燈最も篤信祖母ぎみは 及川貞 夕焼
聖樹に触れ一気に離る担送車 能村登四郎
聖樹の燈中に点滅せぬ燈あり 山口誓子
聖樹の燈梢に点る北極星 山口誓子
聖樹の燈紅き燈のみがあればよし 山口誓子
聖樹の燈雪を冠りて点滅す 山口誓子
聖樹の燈騒然として点滅す 山口誓子
聖樹の鐘穴をこちらに向ける鐘 山口誓子
聖樹の雪落ちしを別の葉に載せる 山口誓子
聖樹までやつと自力の車椅子 鷹羽狩行
聖樹より垂れる扁たき銀の星 山口誓子
聖樹より垂れゐる小さき教会堂 山口誓子
聖樹寒し職安の列はや散りて 岸田稚魚 負け犬
聖樹灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏 霊芝
聖樹点滅窓に陸の灯港の灯 福田蓼汀 秋風挽歌
聖樹選ぶその空間を描きつつ 鷹羽狩行
聖樹除きしあとひろびろと椅子卓子 津田清子 礼拝
聖歌おのずから高調 指環交す 伊丹三樹彦
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子 礼拝
聖歌五百四十六番聖体すすむ 山口青邨
聖歌反響 反響 はだし少女もいる 伊丹三樹彦
聖歌従唱すかくしに迂闊の数珠 伊丹三樹彦
聖歌隊並みて素木の階きしむ 能村登四郎
聖歌隊解かれて処女柿噛る 津田清子 礼拝
聖歌隊解散 松葉杖の音も 伊丹三樹彦
聖誕快楽 冷房ホテルに聖樹点り 伊丹三樹彦
胡桃など割つてひとりゐクリスマス 山口青邨
胡桃割りて妻と足るなり降誕祭 星野麥丘人
腕時計柱時計も聖夜告ぐ 阿波野青畝
臘八のあとにかしましくりすます  正岡子規 クリスマス
臥生活のラヂオを聴けばクリスマス 日野草城
船員にクリスマスの窓ともりけり  大野林火 海門 昭和七年
船笛のこだまが冷ます聖夜餐 鷹羽狩行
花のなき壺はトルソに似て聖夜 鷹羽狩行
花よりもサラダを燦と聖夜餐 鷹羽狩行
花型に蝋涙たまるクリスマス  大野林火 飛花集 昭和四十六年
花舗の裏暗し聖夜の川流れ 岡本眸
花車歩道をひいてクリスマス 山口青邨
菊の間に聖樹とならむ鉢の樅 能村登四郎
虚を衝いて着くものクリスマスカード 後藤比奈夫
蛸壷の日にあたたまるクリスマス 上田五千石『田園』補遺
蝋涙を畳のへりにクリスマス 石田勝彦 百千
蝋燭のほのほ重たく聖夜劇 鷹羽狩行
螺旋階のぼる聖樹を見下しに 鷹羽狩行
街は聖夜靴屋はなほも靴つくる 有馬朗人 母国拾遺
街は聖歌ばかり メタセコの枯れ円錐 伊丹三樹彦
街中に枯木そばだつクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十一年
表裏なくかがやく精神科の聖樹 平畑静塔
裏町の泥かゞやけりクリスマス 桂信子 月光抄
裲襠を飾るホテルのクリスマス 山口誓子
裸木の雨露にも虹影 聖歌月 伊丹三樹彦
西行きの列車がら空きクリスマス 右城暮石 声と声
見せまじき涙娘と会ふクリスマス 稲畑汀子
見てならぬ裡見ゆ聖樹の鐘傾ぎ 山口誓子
試歩の杖聖樹に凭せたるは誰ぞ 鷹羽狩行
貧厨にランプかざしつクリスマス 伊丹三樹彦
贈られし金敷き臥すもクリスマス 石田波郷
贈り物の數を盡してクリスマス 正岡子規 クリスマス
赤が黄を黄が青を呼ぶ灯の聖樹 鷹羽狩行
赤き実を囲む棘の葉クリスマス 鷹羽狩行
赤鉛筆のぞく聖夜の教師の胸 能村登四郎
跳ぶさまで止る聖夜の赤木馬 秋元不死男
車椅子なき者は立ち聖夜唱ふ 鷹羽狩行
車椅子遊びしてゐて聖夜更け 鷹羽狩行
軍章の形聖樹の銀の星 山口誓子
通行を遮断聖夜の道路工 鷹羽狩行
遥か来し聖夜の星座澄める国 稲畑汀子
遮断機がふらふら降り来 聖夜の果 伊丹三樹彦
部屋靴の花のごとくにクリスマス 山口青邨
金銀の聖樹駐在所に飾る 山口誓子
鈴懸の鈴も聖夜の灯が照らす 鷹羽狩行
鉄板の地下に働く聖夜の灯 鷹羽狩行
鉄蓋を除けてしんそこ聖夜なり 鷹羽狩行
銀の箔聖夜の塵に拾ひけり 阿波野青畝
銀の紐聖樹に銀の鐘を吊る 山口誓子
銀紙の聖鐘巨きあはれ軽く聖夜 山口青邨
銭湯に漁夫の冷え肌クリスマス 秋元不死男
鐘なる間庭をありくや降誕祭 前田普羅 普羅句集
長い間会堂を暗に聖夜劇 山口誓子
長崎に雪めづらしやクリスマス 富安風生
長椅子に仮眠聖夜を涜したり 鷹羽狩行
降る雪の紙呆気なし聖夜劇 伊丹三樹彦
降誕祭(ワイナハト)待つ燭こよひともすなり 山口青邨
降誕祭いちにんのをんな離れがたき 安住敦
降誕祭むかしの銀貨(コイン)見せられぬ 星野麥丘人
降誕祭むかしの銀貨見せられぬ 雨滴集 星野麥丘人
降誕祭シャンツェ蒼き夜を刷けり 飯田蛇笏 山響集
降誕祭ブロツコリー食し信厚し 森澄雄
降誕祭母の祈を父は知れど 石川桂郎 含羞
降誕祭町にふる雪わが家にも 安住敦
降誕祭睫毛は母の胸こする 中村草田男
降誕祭讃へて神を二人称 津田清子
降誕祭顔見ぬ人へも公平に 香西照雄 素心
陳氏来て家去れといふクリスマス 西東三鬼
隣りあひ聖鐘を吊りレストラン聖夜 山口青邨
隣人の戸の音戸越しに降誕祭 中村草田男
雪かかり星かがやける聖樹かな 山口青邨
雪かゝる聖樹の憲に驢馬の鈴 飯田蛇笏 霊芝
雪の戸の堅きを押しぬクリスマス  水原秋櫻子 葛飾
雪を積む聖樹の銀の吊鐘も 山口誓子
雪嶺を今年まだ見ずクリスマス 右城暮石 上下
雪晴れて蝦夷の聖夜をただよへり 角川源義
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
雪道や降誕祭の窓明り 杉田久女
雪降りて蕪村忌にしてクリスマス 富安風生
零下青き道あり癩に聖夜来ぬ  大野林火 飛花集 昭和四十六年
雷雨去り聖歌しづかなりつづく 橋本多佳子
雷鳴の丘の裸木クリスマス 西東三鬼
電源に聖樹を点すコード挿す 山口誓子
電源を切りて聖樹の灯をも消す 津田清子 礼拝
青菜つづく地平に基地の降誕祭 飴山實 おりいぶ
靴よりも馴鹿(となかい)小さし豆聖樹 百合山羽公 樂土以後
靴下がくの字に吊られクリスマス 阿波野青畝
風が打つ荒壁ともり子の聖樹 佐藤鬼房
風船をくれるを待てり聖樹蔭 能村登四郎
風音も劇中のもの聖夜劇 鷹羽狩行
食後の真水聖夜の吾子等祈り初む 中村草田男
馬小屋の一頭で満ちクリスマス 鷹羽狩行
馬画き厩めきけりクリスマス 阿波野青畝
馴鹿はものおもふ顔クリスマス 後藤比奈夫
高熱の指に聖樹の雪つまむ 鷹羽狩行
鳩の肩そろへて待てりクリスマス 飯島晴子
黒き靴黒く磨きてクリスマス 鷹羽狩行
黒人の掌の桃色にクリスマス 西東三鬼
黒人兵一倭婦を抱きクリスマス 伊丹三樹彦
鼠色の母かばいゆく クリスマス 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2015-12-24 00:02 | Trackback | Comments(0)

冬籠 の俳句

冬籠 の俳句

冬籠の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23343375/

冬籠 補遺

「永眠の壺」をかたへに冬ごもり 上田五千石 天路
あたたかく風なき日にも冬籠 森澄雄
あぢきなや三重の病に冬こもり 正岡子規 冬籠
あるときは鯤の鰭割く冬ごもり 橋閒石 卯
いにし世の冬ごもりけむ床柱 伊丹三樹彦
いのち生く為病院の冬籠 石塚友二 玉縄以後
うす日まださす戸をしめて冬籠る 大野林火 方円集 昭和四十九年
おきものゝ雉子うつくしや冬ごもり 百合山羽公 春園
おのれをもうとんじをりし冬籠 森澄雄
お六櫛鞘に納り冬籠 後藤比奈夫
かがやける障子の穴や冬ごもり 日野草城
かの世より届きし本と冬籠り 長谷川櫂 虚空
かゆといふ名を覺えたか冬籠 正岡子規 冬籠
かゆといふ物をすゝりて冬籠り 正岡子規 冬籠
がぶ~と白湯呑みなれて冬籠 前田普羅 普羅句集
きずがそのままあかぎれとなり冬籠る 山頭火
きのふより今日を大事に冬籠 後藤夜半 底紅
こけし作りて冬ごもり長からず 鷹羽狩行
この潮にひと雨来れば冬ごもり 岡本眸
さもあらん小諸百句や冬ごもり 阿波野青畝
じやがたらの友の便りや冬籠 日野草城
たくあんをかくやに刻め冬籠 森澄雄
ともかうもなくて病氣の冬籠 正岡子規 冬籠
どぼ~と筧の音や冬籠 日野草城
なかなかに病むを力の冬こもり 正岡子規 冬籠
なぞなぞを解て見せけり冬籠 正岡子規 冬籠
はやばやと冬ごもりなり樹胎仏 鷹羽狩行
ひつそりと冬籠るなり一軒家 正岡子規 冬籠
ひとりごとの端聞きとられ冬ごもり 加藤楸邨
ふろしきに芋の皮あり冬籠 正岡子規 冬籠
みちのくの土の馬置き冬籠 福田蓼汀 山火
めつむれば山河きらめく冬籠 大野林火 月魄集 昭和五十五年
もたれよる柱ぬくもる冬籠 正岡子規 冬籠
ものうくて二食になりぬ冬籠 河東碧梧桐
もろもろの楽器音無く冬籠る 正岡子規 冬籠
わが中の洞窟に棲み冬籠 野見山朱鳥 運命
わが老をいたはりてわが冬籠 後藤夜半 底紅
われに来る夢美しき冬籠 森澄雄
ガラス窓に上野も見えて冬籠 正岡子規 冬籠
ガラス窓に鳥籠見ゆる冬こもり 正岡子規 冬籠
シヤガールの蒼きをんなと冬籠り 鍵和田釉子
ニュートンも錬金術師冬籠る 有馬朗人 立志
一客の乱せし心冬籠 後藤比奈夫
一家みな病母につかへ冬ごもり 西島麦南 人音
一村は冬こもりたるけしきかな 正岡子規 冬籠
一村は留守のやうなり冬籠 正岡子規 冬籠
一村は青菜つくりて冬籠 正岡子規 冬籠
一柱に敷居集る冬ごもり 岡本眸
一町は山のどん底に冬こもり 正岡子規 冬籠
一町は山をにらんで冬こもり 正岡子規 冬籠
一箱の林檎ゆゝしや冬籠 正岡子規 冬籠
三味線や里ゆたかなる冬籠 正岡子規 冬籠
三月に南米にゆく冬籠 上野泰
不二のぞくすきまの風や冬籠 正岡子規 冬籠
不器用な男結びも冬ごもり 橋閒石 微光
不盡見ゆる北窓さして冬籠 正岡子規 冬籠
不自由なやうで氣まゝや冬籠 正岡子規 冬籠
中腰で問う 聞く 母の冬ごもり 伊丹三樹彦
主持の小さくなりて冬籠 正岡子規 冬籠
二夫婦二かたまりに冬こもり 正岡子規 冬籠
五器皿を見れば味噌あり冬籠 正岡子規 冬籠
人々の心にあまえ冬籠 星野立子
人も來ぬ根岸の奥よ冬籠 正岡子規 冬籠
人形に愛憎すこし冬籠 後藤夜半 底紅
人形の髪梳り冬籠 後藤夜半 底紅
人来れば雨戸を開けて冬籠 右城暮石 虻峠
人病んでせんかたなさの冬こもり 正岡子規 冬籠
人間の海鼠となりて冬籠 寺田寅彦
今を総てと亀虫と冬籠るなり 金子兜太
今去りし屑屋の素性冬籠 上野泰 春潮
今日の客娘盛りの冬籠 後藤夜半 底紅
今日一日ミサイル飛ばず冬ごもり 三橋敏雄
何となく冬籠り居れば三味の聲 正岡子規 冬籠
何にもかも文にゆだねぬ冬籠り 飯田蛇笏 山廬集
何事もあきらめて居る冬籠 正岡子規 冬籠
何故か昨日なつかし冬籠 星野立子
侃々も諤々も聞かず冬籠 正岡子規 冬籠
信州の人に訪はれぬ冬籠 正岡子規 冬籠
先生の筆見飽きたり冬籠 正岡子規 冬籠
光り動いて竈馬蚰蜒冬籠 金子兜太
兵糧のごとくに書あり冬籠 後藤比奈夫
冬こもりうちむらさきをもらひけり 正岡子規 冬籠
冬こもりをの子一人まうけゝる 正岡子規 冬籠
冬こもり世間の音を聞いて居る 正岡子規 冬籠
冬こもり入相の鐘野から來る 正岡子規 冬籠
冬こもり命うちこむ巨燵哉 正岡子規 冬籠
冬こもり小ぜにをかりて笑はるゝ 正岡子規 冬籠
冬こもり折ゝ猫の啼いて來る 正岡子規 冬籠
冬こもり日記に夢をかきつくる 正岡子規 冬籠
冬こもり晝の布團のすぢかひに 正岡子規 冬籠
冬こもり煙のもるゝ壁の穴 正岡子規 冬籠
冬こもり達磨は我をにらむ哉 正岡子規 冬籠
冬こもり金平本の二三册 正岡子規 冬籠
冬こもり顏も洗はず書に對す 正岡子規 冬籠
冬こもるゆかりの人や西の對 正岡子規 冬籠
冬こもる人の多さよ上根岸 正岡子規 冬籠
冬こもる灯のかすかなり西の對 正岡子規 冬籠
冬ごもりおのが髪もて耳おほひ 岡本眸
冬ごもりかさごをりをり食ぶること 岡井省二 五劫集
冬ごもりそのまゝ年を越さんかな 高濱年尾
冬ごもりぬけてあくがれごころかな 野沢節子 八朶集以後
冬ごもりの袂ぐさこんなにも 種田山頭火 自画像 落穂集
冬ごもりらしくて声も殺しゐる 能村登四郎
冬ごもり七曜めぐること早し 日野草城
冬ごもり人来れば笑ふことありて 大野林火 海門 昭和七年
冬ごもり咳にこもるとおなじかな 大野林火 方円集 昭和五十一年
冬ごもり妻の鼻息をうかがひて 日野草城
冬ごもり寐間着の柄が気に入りて 日野草城
冬ごもり小鳥に人の名をつけて 片山由美子 水精
冬ごもり日に一日の句を溜めて 安住敦
冬ごもり明日には明日の幸あらむ 村山古郷
冬ごもり春さり来たり古歌の如 相生垣瓜人 負暄
冬ごもり朝より朱きペン使ひ 岡本眸
冬ごもり猫額の田を打ち重ね 岡本眸
冬ごもり甘くなるもの軒に吊り 鷹羽狩行
冬ごもり男ばかりの庵かな 正岡子規 冬籠
冬ごもり窮鳥のごとなにごとも 雨滴集 星野麥丘人
冬ごもり腰痛神が居据わりて 村山古郷
冬ごもり障子ひらけば庭の景 日野草城
冬ごもり顧みすれば故人がち 阿波野青畝
冬ごもり風呂に薬を入れにけり 阿波野青畝
冬ごもり鶏は卵を生みつゞけ 鈴木真砂女
冬ごもるみちのく人に出湯あまた 上村占魚
冬ごもる口に糊して罰されず 上田五千石『風景』補遺
冬ごもる大藁庇ふかく垂れ 長谷川素逝 村
冬ごもる子女の一間を通りけり 前田普羅 普羅句集
冬ごもる簷端を雨にとはれけり 杉田久女
冬や今年われ古里にこもりけり 正岡子規 冬籠
冬や今年今年や冬とこもりけり 正岡子規 冬籠
冬籠あるじ寐ながら人に逢ふ 正岡子規 冬籠
冬籠してゐて映画見てはをり 後藤比奈夫
冬籠して疎くをりさとくをり 後藤夜半 底紅
冬籠なるれば廣し四疊半 正岡子規 冬籠
冬籠ひとりの智慧はひとり分 燕雀 星野麥丘人
冬籠りすべしといふもその一つ 高野素汁
冬籠りならず地下宮殿を守る 鷹羽狩行
冬籠りの中に蕎麦刈りすなりけり 右城暮石 句集外 大正十五年
冬籠りほつほつかぢる芋の皮 正岡子規 冬籠
冬籠り三味線折て爐にくべん 正岡子規 冬籠
冬籠り人富士石に向ひ坐す 正岡子規 冬籠
冬籠り倉にもちこむ巨燵哉 正岡子規 冬籠
冬籠り内なる声と応答し 上田五千石 風景
冬籠り日向臭くもなりにけり 相生垣瓜人 負暄
冬籠り琴に鼠の足のあと 正岡子規 冬籠
冬籠り長生きせんと思ひけり 正岡子規 冬籠
冬籠る今戸の家や色ガラス 正岡子規 冬籠
冬籠る家や鰯を燒く匂ひ 正岡子規 冬籠
冬籠る挨拶のごとひとに告げ 大野林火 飛花集 昭和四十四年
冬籠る燈色の天井旅人に 香西照雄 素心
冬籠る父の座右の書を借りて 上野泰 佐介
冬籠る眼に浮ぶもの盲化石 大野林火 方円集 昭和五十二年
冬籠る部屋や盥の浮寐鳥 正岡子規 冬籠
冬籠れば余生飽きしを嘆きに来 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
冬籠わづかに海の端使ひ 岡本眸
冬籠ハイネ冬物語などを読む 山口青邨
冬籠伴侶の如く文机 上野泰 春潮
冬籠佛壇の花枯れにけり 正岡子規 冬籠
冬籠傘立に杖立ちしまま 大野林火 月魄集 距和五十七年
冬籠切にすすめんかと思ふ 高野素汁
冬籠初狂言の稿成りぬ 内藤鳴雪
冬籠和尚は物をのたまはす 正岡子規 冬籠
冬籠四斗樽の底を叩きけり 正岡子規 冬籠
冬籠壁に歌あり發句あり 正岡子規 冬籠
冬籠夜着の袖より窓の月 正岡子規 冬籠
冬籠子猫に情をかけにけり 鈴木真砂女
冬籠宝達の葛夜のものに 大野林火 方円集 昭和五十年
冬籠家は落葉にうもれけり 正岡子規 冬籠
冬籠家動かさん謀りごと 上野泰 春潮
冬籠日あたりに臥てただ夫婦 飯田蛇笏 山廬集
冬籠日記に梦を書きつける 正岡子規 冬籠
冬籠書掻き探す藥かな 正岡子規 冬籠
冬籠書籍に竝ぶ藥かな 正岡子規 冬籠
冬籠書齋の掃除無用なり 正岡子規 冬籠
冬籠本は黄表紙人は鬚 正岡子規 冬籠
冬籠机辺雑然日々に日々に 上野泰 佐介
冬籠柱にもたれ世を觀ず 正岡子規 冬籠
冬籠正坐の猫を乗せて正坐 香西照雄 素心
冬籠湯に入る我の垢を見よ 正岡子規 冬籠
冬籠無事を楽しむことを日々 大野林火 方円集 昭和五十年
冬籠片手に重き広辞林 上野泰
冬籠物くはぬ日はよもあらじ 正岡子規 冬籠
冬籠盥になるゝ小鴨哉 正岡子規 冬籠
冬籠立つたまま本読む少女 金子兜太
冬籠第五句集へ志 上野泰
冬籠背筋正して鯉の陣 香西照雄 素心
冬籠花鳥風月侍らしめ 上野泰 春潮
冬籠茶釜の光る茶間哉 正岡子規 冬籠
冬籠萬巻の書を守るごとし 山田みづえ 忘
冬籠裸體晝をかく頼みなき 正岡子規 冬籠
冬籠見ざる聞かざるこの二つ 星野麥丘人 2003年
冬籠貧乏神と共にかな 村山古郷
冬籠足らぬがままに足るままに 上野泰 佐介
冬籠身に蓄むことの何々ぞ 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
冬籠鑄形にたまる埃哉 正岡子規 冬籠
冬籠隣の夫婦いさかひす 正岡子規 冬籠
冬籠隣もしらぬ味噌の味 正岡子規 冬籠
冬籠雲多きみちのくより戻り 大野林火 月魄集 昭和五十五年
凧の笙雨の小鼓冬籠 上野泰
切抜かれ新聞惨と冬ごもり 鷹羽狩行
前掛といふもの愛し冬ごもり 安住敦
十年の耳ご掻きけり冬籠 正岡子規 冬籠
十津川を出でし柚餅子と冬籠 後藤比奈夫
午過ぎに棒振るならひ冬籠 尾崎放哉 大学時代
去ねいねは路通のことや冬籠 亭午 星野麥丘人
叡山を隔つ障子や冬籠 日野草城
古猫のむささび面す冬籠 百合山羽公 樂土以後
句選びは種子採りに似て冬ごもり 鷹羽狩行
君にとてくはすものなし冬籠 正岡子規 冬籠
君味噌くれ我豆やらん冬こもり 正岡子規 冬籠
吹きならふ煙の龍や冬こもり 正岡子規 冬籠
吾妹子と夢に逢ひけり冬籠 日野草城
咲き呆け壷の菜の花冬籠 山口青邨
咲き絶えし薔薇の心や冬籠 正岡子規 冬籠
咳喰虫あらば飼ひたし冬籠り 林翔
唐の春奈良の秋見て冬籠 正岡子規 冬籠
唐の書や大和の書や冬籠 正岡子規 冬籠
唐紙の白雲形や冬籠 正岡子規 冬籠
商人の坐敷に僧の冬こもり 正岡子規 冬籠
善く笑ふ夫婦ぐらしや冬籠 正岡子規 冬籠
善く笑ふ男が來たり冬籠 正岡子規 冬籠
夕方にも一度ゆあみ冬籠 高濱年尾
夢に舞ふ能美しや冬籠 松本たかし
夢に見し人に文書く冬籠 大野林火 方円集 昭和五十二年
大和糊少なくなりぬ冬籠 上野泰 春潮
大木の中に草家の冬籠 正岡子規 冬籠
大津畫の鬼に見あきぬ冬籠 正岡子規 冬籠
大磯によき人見たり冬籠 正岡子規 冬籠
大空と大海の辺に冬籠る 原石鼎 花影以後
天と地の判らぬ色紙冬ごもり 草間時彦
天地を我に引き寄せ冬籠 上野泰
夫唱婦随婦唱夫随や冬籠 高野素汁
女神の裸体の像や冬籠 正岡子規 冬籠
妻なきを鼠笑ふか冬ごもり 正岡子規 冬籠
子をなぶり子になぶられて冬籠 正岡子規 冬籠
子を持てばなめづる情に冬ごもり 飯田蛇笏 山廬集
家の犬庭駆け廻り冬籠 上野泰 春潮
宿替の蕎麥を貰ふや冬籠 正岡子規 冬籠
小説のわが身辺に冬籠 稲畑汀子
小障子の隅に日あたる冬籠 正岡子規 冬籠
屋根低き宿うれしさよ冬籠 正岡子規 冬籠
屑はらふ手力はあり冬籠 石田勝彦 百千
屑籠に抛る紙屑冬籠 上野泰 春潮
屑籠に抛れば入り冬籠 上野泰
山に入る人便りなし冬籠 正岡子規 冬籠
山も見ず海も見ず船に冬こもり 正岡子規 冬籠
山陰や暗きになれて冬籠 正岡子規 冬籠
座布団の直下南米冬籠 上野泰
庭石も庭木も凡に冬籠 村山古郷
庵ぬしが夜々の手酌や冬籠 日野草城
引潮となりし波音冬籠 上野泰
心徹り気の昂りたる冬ごもり 飯田蛇笏 家郷の霧
心消し心灯して冬籠 後藤夜半 底紅
思ひやるおのが前世や冬籠 正岡子規 冬籠
急霰にあけし障子や冬籠 日野草城
愚直なるおのれに会へり冬籠 上田五千石『琥珀』補遺
戀せじと冬籠り居れば蜘の絲 正岡子規 冬籠
戸の外に言葉洩らさず冬ごもり 鈴木真砂女 夏帯
戸を叩く女の聲や冬籠 正岡子規 冬籠
手をちゞめ足をちゝめて冬籠 正岡子規 冬籠
抽斗に翅をもつ種冬ごもり 鷹羽狩行
拔け穴もありて蛙の冬籠 正岡子規 冬籠
掻き立てし火の粉のよぎる冬籠 岩田由美 夏安
故郷に肺を養ふ冬こもり 正岡子規 冬籠
新妻と八重垣結うて冬籠 日野草城
新宅は神も祭らで冬籠 正岡子規 冬籠
新聞の反故の山や冬こもり 正岡子規 冬籠
新聞は停止せられぬ冬籠 正岡子規 冬籠
日あたりのよき部屋一つ冬籠 正岡子規 冬籠
日のさせば浮くその塵と冬ごもり 鷹羽狩行
日の当る紙屑籠や冬ごもり 日野草城
日当りて北山近し冬籠 日野草城
日当れば火桶もいらず冬籠 星野立子
早寝して夢いろいろや冬ごもり 日野草城
昔さるべき女ありけり冬籠 正岡子規 冬籠
春のもの少し飾りて冬籠 後藤比奈夫
昼の闇得し猫の眼と冬ごもり 中村草田男
書きなれて書きよき筆や冬籠 正岡子規
書を積みし机二つや冬籠り 内藤鳴雪
書燈夜更けて鶏鳴くや冬籠 正岡子規 冬籠
朝々の新聞も見ず冬籠 正岡子規 冬籠
本の山硯の海や冬こもり 正岡子規 冬籠
朽ちし胸空寂として冬ごもり 日野草城
来信へ直ぐに返信冬籠 上野泰 春潮
松すねて門鎖せり人冬籠る 正岡子規 冬籠
枯菊や煙も上げず冬ごもり 日野草城
案を拍て鼠驚くや冬籠 正岡子規 冬籠
椽側へ出て汽車見るや冬籠 正岡子規 冬籠
欠伸して鴨居歪みぬ冬籠 上野泰
次の間へ漏れてゐる灯や冬籠 日野草城
此下に冬籠の蟇眠るらん 正岡子規 冬籠
死にぎはの恍惚おもふ冬籠 森澄雄
母に客我にも客や冬籠 星野立子
河豚くはぬ人や芳野の冬籠 正岡子規 冬籠
泥深き小田や田螺の冬籠 正岡子規 冬籠
湖魚の飴煮は飽かず冬ごもり 水原秋櫻子 蘆雁
湯治場や冬籠りたる人の聲 正岡子規 冬籠
漏刻の筧を恃む冬籠り 津田清子
火と話し水と話して冬ごもり 岡本眸
火曜日は手紙のつく日冬籠 高野素汁
火襷の備前を置けり冬籠 森澄雄
炭二俵壁にもたせて冬こもり 正岡子規 冬籠
煮えたぎる白湯へ白湯注ぎ冬ごもり 鷹羽狩行
熊に似て熊の皮著る穴の冬 正岡子規 冬籠
熊飾り雑草園主人冬籠 山口青邨
燕喜舘貌主これより冬籠 高野素汁
爪もろく剪るに甲斐なし冬籠 飯田蛇笏
爲朝を呼んで來て共に冬籠れ 正岡子規 冬籠
牛喰へと勸むる人や冬籠 正岡子規 冬籠
物差で背を掻く楽し冬籠 上野泰
猫が鼠まぼるを些事とす冬籠 中村草田男
献立表仔細を極め冬ごもり 水原秋櫻子 蘆雁
猿の害防ぐすべなし冬籠 右城暮石 散歩圏
琴の音の聞えてゆかし冬籠 正岡子規 冬籠
用あれば手を叩けてふ冬籠 後藤比奈夫
用のある時立ち上り冬籠 上野泰 佐介
病床やおもちや併へて冬籠 正岡子規 冬籠
痰はきに痰のたまるや冬籠 正岡子規 冬籠
癌の文字トーチカに似て冬籠り 金子 潤
白菜鍋朝より仕込む冬ごもり 水原秋櫻子 蘆雁
盆栽に梅の花あり冬こもり 正岡子規 冬籠
盗まれし牛の訴訟や冬籠 河東碧梧桐
相寄りしいのちかなしも冬ごもり 安住敦
看病の我をとりまく冬籠 正岡子規 冬籠
眼がつねに涙にうるみ冬籠 大野林火 冬雁 昭和二十二年
砂村や狐も鳴かず冬籠り 正岡子規 冬籠
砂糖水もらひ蜜蜂冬ごもり 津田清子
硝子戸の枠真新らし冬籠 右城暮石 上下
礎を起せば蟻の冬ごもり 正岡子規 冬籠
神の代はかくやありけん冬籠 正岡子規 冬籠
窓の扉にバラを描けり冬ごもり 山口青邨
笛一つ釘にかけたり冬籠 正岡子規 冬籠
筆多き硯の箱や冬籠 正岡子規 冬籠
箒さはる琴のそら音や冬籠り 正岡子規 冬籠
簔笠の古びくらべん冬籠 正岡子規 冬籠
紅団扇おとろへもせず冬籠 阿波野青畝
紐ほどくごとく朱を入れ冬籠 岡本眸
縁に出て見るも気晴らし冬籠 高濱年尾
縁側に俵二俵や冬籠 村上鬼城
繍工の足も縫ふ夢冬籠 河東碧梧桐
繪襖の彩色兀ぬ冬籠 正岡子規 冬籠
羽子板の句を案じつつ冬籠 後藤夜半 底紅
老い二人双六におどけ冬籠 山田みづえ 忘
老が齒や海雲すゝりて冬籠 正岡子規 冬籠
老僧の爪の長さよ冬籠 正岡子規 冬籠
耳うとき嫗が雑仕や冬籠り 内藤鳴雪
耳糞の蜂になるまで冬籠 正岡子規 冬籠
聲高に書讀む人よ冬籠 正岡子規 冬籠
肺を病んで讀書に耽る冬籠 正岡子規 冬籠
背に触れて妻が通りぬ冬籠 石田波郷
背の痛きこと気がかりや冬籠 星野立子
能の村上座下座に冬ごもり 角川源義
舟に寝て荷物の間や冬ごもり 去来
芳紀まさに古稀の媼が冬籠 佐藤鬼房
菓子の名の飛騨のかたりべ冬籠 後藤比奈夫
蕪村の蕪太祗の炭や冬籠 正岡子規 冬籠
薔薇の画の額の下なる冬籠 村山古郷
薪をわるいもうと一人冬籠 正岡子規 冬籠
蜘の巣の中につゝくり冬こもり 正岡子規 冬籠
蜜柑剥く爪先黄なり冬籠 正岡子規 冬籠

続き
by 575fudemakase | 2015-12-23 15:19 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬至の俳句

冬至の俳句

冬至の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23361960/


冬至 補遺

あやまたず沈む冬至の日を見たり 後藤夜半 底紅
ありたけの日受を村の冬至哉 正岡子規 冬至
いそがしき冬至の妻のうしろ影 日野草城
いつの間に冬至過ぎたる日射かな 桂信子 花影
おがくづに海老活かさるゝ冬至かな 鈴木真砂女
おづおづと夕日沈める冬至かな 鈴木真砂女 紫木蓮
かたはらを過ぎゆく冬至クリスマス 相馬遷子 山河
くらがりに茶の匂ひ立つ冬至かな 日野草城
けふ冬至餘生こたびはいかならむ 水原秋櫻子 蘆雁以後
さむざむと日輪あそぶ冬至かな 飯田蛇笏 白嶽
すべりくる日射ばかりや冬至梅 山口青邨
とかくして雨の冬至の暮れ了んぬ 村山古郷
とりわけて何事もなし冬至粥 佐藤鬼房
ひときれの冬至南瓜に恙あらじ 上村占魚
へつつひに冬至の柚子がのつてをる 富安風生
へろへろと相模冬至の夕日かな 山田みづえ まるめろ
みちのくより冬至の朝の訃報なる 松崎鉄之介
ゆるるは竹のみ冬至の日のつくる影 山口青邨
わが作る南瓜ころがる冬至のため 山口青邨
わが作る末成南瓜冬至のため 山口青邨
わらしべで冬至の靨括りたし 橋閒石
グラタンの熟しと食ぶる冬至かな 阿波野青畝
一つある石を見すてず冬至の日 山口青邨
一菜は冬至南瓜や患者粥 百合山羽公 樂土以後
一輪を加へて二輪冬至梅 富安風生
一陽来復キューピー人形手をひろげ 村山古郷
一陽来復病む戸病む窓明け放て 安住敦
万年青の実赤しと思ふ冬至かな 山口青邨
下伊那の水あたたかに冬至梅 木村蕪城 一位
事務の灯の常のごとくに冬至かな 日野草城
人はいさ我に冬至の熟柿あり 相生垣瓜人 負暄
何か言ふ冬至の鵙も消えにけり 百合山羽公 樂土
佛壇に水仙活けし冬至哉 正岡子規 冬至
佛壇の菓子うつくしき冬至哉 正岡子規 冬至
六波羅へぼたん見にゆく冬至かな 飯田蛇笏
冬至けふ息安かれと祈るかな 石田波郷
冬至といふ底ぬけに明るい日 能村登四郎
冬至とてなすこともなく日暮れけり 石川桂郎 高蘆
冬至とて怪しき物は食べざらむ 相生垣瓜人 明治草
冬至なり一番星に喜色あり 相生垣瓜人 負暄
冬至なり是に陰雨が荷擔せり 相生垣瓜人 負暄
冬至には多くの雲と田を見たり 相生垣瓜人 明治草
冬至にも見ざりし夏至の暗さなり 相生垣瓜人 微茫集
冬至にも除目にも来し蘆辺なり 相生垣瓜人 微茫集
冬至ぬくし世にあらぬ子の誕生日 上村占魚
冬至の日きれい植木屋木の上に 山口青邨
冬至の日しみじみ親し膝に来る 富安風生
冬至の日どかどか障子わたりゆく 山口青邨
冬至の日低し亀石うづくまる 阿波野青畝
冬至の日低めて多武峰高し 阿波野青畝
冬至の日入江にかこふ海の村 上田五千石『田園』補遺
冬至の日宝石筺に納めばや 山口青邨
冬至の日富士もろともに燃え落つる 石田波郷
冬至の日縞あるごとくゆれにけり 阿波野青畝
冬至の月空林にをり黄熟し 森澄雄
冬至の燈あたため憩ふ鉄工たち 佐藤鬼房
冬至までひと日ひと日の日暮かな 草間時彦
冬至まで十日ほどなる昼湯かな 石塚友二 玉縄以後
冬至南瓜の風呂敷としてふくだめる 能村登四郎
冬至柚子手に一年は一ページ 岡本眸
冬至梅暖炉の側でふくらみぬ 山口青邨
冬至梅蕾微塵に暮れゆけり 百合山羽公 樂土
冬至湯におのが膩(あぶら)とみてかすか 能村登四郎
冬至湯に大きな柚子が二つ浮く 細見綾子
冬至湯の柚の香憑きたる思ひごと 飯田龍太
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 普羅句集
冬至湯や五欲何捨て何残す 林翔
冬至粥いかなる春の遠からじぞ 中村草田男
冬至粥二つうづらの卵かな 星野麥丘人 2001年
冬至粥加餐養生と啜りけり 村山古郷
冬至翁ルーペに紐をつけにけり 阿波野青畝
冬至風呂出て陽気なるはだへかな 岸田稚魚 紅葉山
切餅を二つ冬至の屋敷神 星野麥丘人
十能の火の赫々と冬至かな 阿波野青畝
午後凪ぎて繞る山脈冬至きぬ 飯田蛇笏 白嶽
午過ぎの埃立ちたる冬至かな 岸田稚魚 紅葉山
卒然と冬至の南瓜座右を去る 山口青邨
南瓜喰ひ冬至糸瓜を眺めかな 百合山羽公 樂土以後
卷烟草くゆり盡せし冬至哉 正岡子規 冬至
厨になほ妻の物音冬至風呂 岸田稚魚 紅葉山
向きあえる男の冥利冬至の壺 橋閒石 荒栲
四まいの障子いつぱい冬至の日 長谷川素逝 暦日
地軸にも冬至の油差されしや 橋閒石 微光
夕空のころ眠りゐし冬至かな 藤田湘子 神楽
夕風の谷戸かくれなき冬至かな 石川桂郎 四温
大漁旗冬至の浜をかざりけり 阿波野青畝
妻のこゑ日向にありぬ冬至過ぎ 岸田稚魚 紅葉山
子午線の上に今あり冬至の日 高野素汁
子地獄の吹きさらさるる冬至風呂 飯田蛇笏 山響集
家を出てすぐ暮いろの冬至空 岸田稚魚 紅葉山
家を出てすぐ暮色の冬至空 岸田稚魚
富士ひと日見えてゐたりし冬至かな 森澄雄
小屋牛に干菜を食はす冬至かな 森澄雄
小走りに妻の出て行く冬至かな 日野草城
山国の虚空日わたる冬至かな 飯田蛇笏
山妻は冬至の南瓜煮る仕度 山口青邨
山川に無駄な淵ある冬至かな 藤田湘子
帆もなくて冬至の海の日影かな 飯田蛇笏 霊芝
影より出て日向急げる冬至かな 岸田稚魚 紅葉山
御籤吉冬至のお庭あたたかに 山口青邨
忽忙として靄薄き冬至かな 廣瀬直人
掃き出す座敷の塵も冬至かな 森澄雄
数幹の竹に冬至の日はきれい 山口青邨
方十里茜に入りし冬至かな 藤田湘子
日々の日々なりし明日冬至 高野素汁
日のみくら機影のわたる冬至かな 飯田蛇笏 雪峡
日むやみに冬至南瓜を抱へては 岡井省二 猩々
日一分一分ちゞまる冬至かな 正岡子規 冬至
日月は冬至へ進み箸茶碗 藤田湘子 てんてん
日短かと言ふつぶやきに冬至あり 森澄雄
日輪へ冬至の埃のぼりけり 岸田稚魚 雁渡し
日輪へ冬至の埃昇りけり 岸田稚魚 負け犬
明くるより暮れ急ぎをる冬至かな 相生垣瓜人 負暄
暮れてゐる冬至の顔の往来かな 日野草城
曙の尾長鳥来てゐる冬至かな 石田波郷
朝遅し冬至蒟蒻炒りたまご 亭午 星野麥丘人
木に日雀きてゐるこゑの冬至の湯 岡井省二 山色
木の端の身を沈めたり冬至風呂 橋閒石
松の葉が刻む朝日も冬至かな 林翔
松風に神馬のいななき冬至梅 飯田蛇笏 春蘭
柚の香してこどものとほる冬至かな 飴山實 花浴び
柿の骨冬至の酒となりにけり 小林康治 玄霜
梅の枝の冬至の鳩もすぐ去んぬ 石田波郷
梅干の核口中に冬至粥 阿波野青畝
樹に家にこもる冬至の花火音 飯田龍太
檜葉の根に赤き日のさす冬至哉 渡邊白泉
歳時記に聞きて冬至のはかりごと 松本たかし
母在りき冬至もつとも耀きて 三橋鷹女
比叡かつ冬至南瓜を畏みぬ 岡井省二 前後
水の音ちかく冬至の蝶かがやく 橋閒石
水ふくみて鶴日を仰ぐ冬至かな 渡邊水巴 富士
水差して鉄瓶懈き冬至かな 藤田湘子 てんてん
波の上に遠き日を置く冬至かな 桂信子 草影
濤音をあひまあひまの冬至風呂 飯島晴子
無頭魚に冬至の空の鉛色 佐藤鬼房
物ごころつきて冬至のおだやかさ 後藤夜半 底紅
物干の影に測りし冬至哉 正岡子規 冬至
猪肉を煮る味噌焦げて冬至なり 細見綾子
病まず来て母一椀の冬至粥 星野麥丘人
病室のバルコンに出て冬至かな 石田波郷
石段の昼の日あをみ冬至なる 岡井省二 五劫集
磯祠冬至南瓜のあげてあり 飯島晴子
祗王寺の柚子間にあひし冬至かな 安住敦
穢土浄土火を吹きほてる冬至顔 角川源義
空海の夢に色ある冬至かな 橋閒石
笑ひごゑ皆遠くにて冬至かな 岸田稚魚 紅葉山
組紐を買ひきし妻の冬至かな 星野麥丘人
結跏してこころ手に置く冬至かな 森澄雄
美しき竃を見たる冬至かな 百合山羽公 春園
苫低く裏に日のさす冬至かな 正岡子規 冬至
落日は地平へしかと冬至かな 林翔
落款や冬至もとよりしづかにて 岡井省二 夏炉
蕎麦打つて冬至のつどひありにけり 燕雀 星野麥丘人
藁しべも円周率も冬至かな 橋閒石 微光
藁敷いて冬至の午の花時計 亭午 星野麥丘人
藪の窓冬至南瓜は顔のごと(白山山麓白峰村) 細見綾子
藷粥を炊いて冬至や妻病めば 星野麥丘人
蛇の髭に橙高き冬至かな 百合山羽公 樂土
行路難しや養生の冬至粥 佐藤鬼房
見栄えいまひとつの冬至南瓜かな 鷹羽狩行
起きぬけに鰭うごかすや冬至人 橋閒石 微光
軽食の日々にあかるき冬至来る 能村登四郎
遠空の雲の下透く冬至かな 右城暮石 天水
遠耳が利いて冬至の日を逐ふか 佐藤鬼房
酒断つて「冬至ふゆなかふゆはじめ」 星野麥丘人
采女橋渡りて冬至暮れにけり 星野麥丘人
雑草の葉叢に遠き冬至空 飯田龍太
雨ぐせの冬至なりけり湯につかる 佐藤鬼房
頑固さの冬至南爪のごときひと 鷹羽狩行
頬杖を解く冬至粥食はんため 佐藤鬼房
風日々に冬至となりし日の黄なり 臼田亜浪 定本亜浪句集
風邪の子に忙しく暮れし冬至かな 高野素汁
風雲の少しく遊ぶ冬至かな 石田波郷
食うべつつ冬至南瓜の疎々し 相生垣瓜人 明治草
飾りおく冬至の南瓜今は切る 山口青邨
鯛の目をせせりてつつく冬至かな 平畑静塔

冬至 続補遺

あたゝかな冬至の門や大経師 江森月居
うれしくも虱にさはる冬至かな 成美 はら~傘
くらき夜のはり合になる冬至哉 鈴木道彦
よそながら冬至と聞や草の庵 黒柳召波
一飛に冬至となりぬ舩と礒 桜井梅室
上加茂へふと参りたき冬至哉 成田蒼虬
丹頂の朝日戴く冬至かな 吐月 発句類聚
井の蛙冬至を腹に覚けん 三宅嘯山
人やしる冬至の前のとし忘 素堂
冬至とて畳の墨を拭せけり 夏目成美
冬至など知つてたまかな小里かな 鈴木道彦
冬至なりふたりのわつぱはや戻れ 夏目成美
冬至より来るもいまだ雪の空 北枝
冬至より短くなりぬ年月日 尚白
利にうときすね人酔り冬至酒 加藤曉台
夕食の上に梅見る冬至哉 林紅
天文の博士ほのめく冬至かな 黒柳召波
孫晨も寐処かえん冬至かな 鈴木道彦
弘く説く花のひもんや冬至梅 晩得 哲阿弥句藻
待て居て忘れてゐるや冬至の日 田川鳳朗
待らんに行ばや我も冬至の日 支考
復の卦を机にひらく冬至哉 三宅嘯山
手細工の咎立て見る冬至哉 三宅嘯山
新壁に匂をうつせ冬至梅 夕兆
日は冬至埋れ蛙も目覚なむ 加藤曉台
昼の昼夜の夜しる冬至哉 乙訓
書物屋の禊しさうな冬至哉 寥松
書記典主故園に遊ぶ冬至哉 与謝蕪村
本草の徳も数へり冬至の日 蓼太 発句題叢
梅にけふ魂すはる冬至かな 素丸 素丸発句集
機台に日のさし廻る冬至哉 寥松
猫の子の狂ひ出たる冬至哉 介我
町家中冬至の梅のさかりかな 芙雀
百姓に浴ほどこす冬至哉 黒柳召波
皆江戸へ冬至り咲花の儒者 越人
禅院の子も菓子貰ふ冬至哉 黒柳召波
行水のゆくにまかせて冬至かな 田川鳳朗
野ゝ中に土御門家や冬至の日 炭太祇
門前の小家もあそぶ冬至哉 野沢凡兆
降物のふりもそろはぬ冬至哉 此筋
陰陽師歩にとられ行冬至哉 炭太祇
雨ながら朔旦冬至たゞならね 黒柳召波
飯喰ふて暇にしてみる冬至哉 炭太祇
鴬のあかりむきたる冬至かな 朱拙
鴬のうしろ影見し冬至哉 高井几董
鶯の尾の働きや冬至から 中川乙由
鶯の来て吃りけり冬至梅 喬志 新類題発句集
黍くふて鶏黄なる冬至かな 寥松

以上

by 575fudemakase | 2015-12-22 00:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

柚子湯の俳句

柚子湯の俳句

柚子湯の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23361978/


柚子湯 補遺

あそび女の柚子風呂に音立てずゐる 鷲谷七菜子 游影
うつせみの生身をかしき柚子湯かな 上田五千石 天路
これ柚釜これ柚子湯にと分けてもぐ 鷹羽狩行
ちちははの慰めあひし柚子湯かな 廣瀬直人
ながらへてみれば柚子風呂もおもしろき 飴山實 句集外
なつかしや柚子湯は熱く青文身 石川桂郎 含羞
まどろみて待つや柚子湯にゐるひとを 日野草城
やはやはとはだへを洗ふ柚子湯かな 日野草城
丑三つを柚子湯漬りにまかせける 斎藤玄 狩眼
京都より戻りし夜の柚子湯かな 村山古郷
今年誰も病気せざりし柚子湯かな 高田風人子
冬至湯におのが膩(あぶら)とみてかすか 能村登四郎
冬至湯に大きな柚子が二つ浮く 細見綾子
冬至湯の柚の香憑きたる思ひごと 飯田龍太
冬至湯の煙あがるや家の内 前田普羅 普羅句集
冬至湯や五欲何捨て何残す 林翔
冬至風呂出て陽気なるはだへかな 岸田稚魚 紅葉山
厨になほ妻の物音冬至風呂 岸田稚魚 紅葉山
吾子はをみな柚子湯の柚子を胸に抱き 山口青邨
天窓に日のあるうちの柚子湯かな 鷹羽狩行
妻も子も柚子湯ぼてりのよき眠り 日野草城
子地獄の吹きさらさるる冬至風呂 飯田蛇笏 山響集
宵すぎて俄かに淋し柚子湯かな 村山古郷
少し早めに帰る柚子湯に入るため 岸田稚魚 紅葉山
山垣にかくれごころの柚子湯かな 上田五千石『琥珀』補遺
山妻に柚子湯の榾の仕へけり 百合山羽公 樂土以後
廃業といふ鉄湯の柚子湯かな 百合山羽公 樂土以後
木の端の身を沈めたり冬至風呂 橋閒石
柚子浮きし柚子風呂あふれしめにけり 細見綾子
柚子湯かな沈めば頤に柚子の玉 石塚友二 玉縄抄
柚子湯して妻とあそべるおもひかな 石川桂郎 含羞
柚子湯に漂わす いっぽん胸白毛 伊丹三樹彦
柚子湯の指 至る 兵時の火傷痕 伊丹三樹彦
柚子湯の柚子胸辺ただよへばなまめかし 山口青邨
柚子湯の柚手術せし胸に遊ばしむ 村山古郷
柚子湯の香しばらく恋はれゐるごとし 岡本眸
柚子湯や日がさしこんでだぶり~ 村上鬼城
柚子湯出し顔つやつやと古女房 日野草城
柚子湯出て夫の遺影の前通る 岡本眸
柚子湯出て慈母観音のごとく立つ 上田五千石 田園
柚子湯出て町一ト廻りしたりけり 中村苑子
柚子湯出て身伸ばし歩む夜道かな 杉田久女
柚子湯出て闇を遠しと思ひをり 鷲谷七菜子 天鼓
柚子湯沁む無数の傷のあるごとく 岡本眸
柚子湯熱くしてのむ子婚近し 細見綾子
柚子湯熱し貧窮の身に浸み透り 西東三鬼
柚子風呂にはひりしは吾れ一人のみ 細見綾子
柚子風呂に妻をりて音小止みなし 飴山実
柚子風呂に聖痕のなき胸ひたす 有馬朗人 天為
柚子風呂に赤子を沈め北がみへ 三橋鷹女
柚湯出て髪やはらかく爪堅し 相馬遷子 山河
武蔵野や柚子湯を貰ふ宵ながら 石川桂郎 含羞
残る日の柚子湯がわけばすぐ失せぬ 水原秋櫻子 重陽
溢れ出て玉のひびきの柚子湯かな 鷹羽狩行
濤音をあひまあひまの冬至風呂 飯島晴子
燠赤し柚湯に仕へ終るまで 百合山羽公 寒雁
生涯の傷をいたはる柚子湯かな 村山古郷
病体を拭いてもらひぬ柚子湯もて 日野草城
病棟より柚子湯の蒸気噴いてをり 石田波郷
痩古郷柚子湯の湯気をまとひ出づ 村山古郷
白々と女沈める柚子湯かな 日野草城
稿脱けて遅き柚子湯に徒弟らと 能村登四郎
籠の中柚子湯の柚子とほうれん草 山口青邨
詰る日もどん詰りなる柚子湯かな 石塚友二 玉縄以後
身に触るるひいふうみいよ柚子湯かな 林翔
追ひ焚きの湯気あげそめし柚子湯かな 鷹羽狩行
金溜まることに縁なき柚子湯かな 鈴木真砂女
顔白く午後の柚子湯に入り来たる 岡本眸

以上
by 575fudemakase | 2015-12-22 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ねずみもちのこと

ねずみもちのこと


ねずみもちの実を見る胡散臭さうに     川崎展宏

(略)冬になって黒紫色に熟する実は、鼠の糞によく似ている。この実を鵯などがついばむ。強靱な樹木で、緑地帯や生垣などに多く植えられる。(青柳志解樹)(講談社版の「日本大歳時記」)

先ず ねずみもちの表記については以下の通りである。

――――――――――――――――――――――――――
〔難読・難解語など〕
ねずみもち【鼠黐・女貞】: モクセイ科の常緑低木。関東地方以南に自生。庭木や生垣として栽植。葉は卵形、表面に光沢がある。
初夏、枝端に円錐花序えんすいかじょを出し小花を密生。花冠は
白色で漏斗ろうと状。紫黒色の核果は漢方生薬の和女貞で、
滋養強壮薬。材は器具用。都市部ではトウネズミモチが多い。
タマツバキ。ネズモチ。冬になって黒紫色に熟する実は、鼠の糞
によく似ていて、鵯などが赤い実がなくなる頃からついばむ。
実は別名ネズミノフン、ネズミノコマクラと呼ばれる。
———————————————————————————

さらに wikipediaに依ると

公害に強いことから、公園緑化樹などに利用される。よく目にする生け垣の利用は、国産の近縁種ネズミモチが殆どである。
果実は女貞子(じょていし)という生薬で、強壮作用があるとされる。
近年、鳥に依る糞の被害も拡大し、問題視されている。急速に日本各地に広がりだしているため、侵略的外来樹木としても注意が必要である。

ネズミモチとの区別
トウネズミモチの場合、葉裏を光に透かしてみると葉脈の主脈も側脈も透けて見えるが、ネズミモチの方は、主脈が見えるものの側脈は見えないので判別できる。また、果実はともに楕円形であるが、トウネズミモチの方が球形に近く、ネズミモチはやや細長い。また、総じてネズミモチの方が樹高が低い。

とある。

更に、ネズミモチと トウネズミモチの差違については下記の記述がある。(別のサイト)

●ネズミモチ(鼠黐)● モクセイ科 
学名:Ligustrum japonicum
別名:タマツバキ(珠椿)・テラツバキ
ネズミノフン(鼠の糞)・ネズミノコマクラ(鼠の小枕)
  
果実をネズミのフンに見立て、木がモチノキに似ているから、ネズミモチというとか?
暖地の山野にはえ、高さが2~3mほどにもなる常緑木。
幹は直立し灰色で粒状の皮目がある。
よく分枝するので生け垣にも使われるが、最近は中国産のトウネズミモチをよく見かける。
葉は柄があり、対生し厚くて光沢があり、両端がほぼ等しくとがる。長さ4~8㎝ぐらい。

初夏に白い小さな花が房状につきます。花びらは4枚。
果実は楕円形(ネズミのフンのよう?)で長さ1㎝ほど、黒紫色に熟す。

ネズミモチの果実は『神農本草経』上本に収載され、
「中を補い、五臓を安んじ、精神を養い、百病を除く。
 久しく服することすこやかに肥え、実を軽くして老いず。」とその効能を述べています。
昔から保険強壮薬として用いられていたようです。
民間療法では、葉を熱湯で柔らかくし、腫れ物につける。
また、口内炎には葉のつき汁を口に含んでいるといいそうです。

●トウネズミモチ(唐鼠黐)● モクセイ科 
学名:Ligustrum lucidum

明治の初期に中国から伝えられた常緑高木です。
なんでも、東北地方にはトウネズミモチが普通に見られると聞いたことがあります。

ネズミモチより、葉も花序も全体の姿も大きいです。花が咲く時期も1ヶ月程遅く、花も実もびっしりとつけています。
一番の決め手は,トウネズミモチの葉は葉脈が透けて見えることです。
葉柄が赤く、果実が球形で黒紫色に熟す。

トウネズミモチの漢名は女貞(ジョテイ)という。
『和名抄』には「女貞(ジョテイ)、和名、太豆乃木(たづのき)」とある。
果実を乾燥したものの生薬名は女貞子(ジョテイシ)といい、強壮・強精に効果があるそうです。

――――――――――――――――――――――――――

さて私がこどもの頃、そこらの路地で遭遇したのは トウネズミモチならぬ ネズミモチの方。昭和時代の家の垣根はこのネズミモチか槙か柾の生垣が多かったように記憶している。
梅雨どきの清楚な白花、初冬の乳白色を帯びた黒い実、詩歌の対象は専らこっちのネズミモチの方。

小生はねずみもちのフアンであるから、第一句集名もひらかな表記で「ねずみのこまくら」とした。

ネズミモチの実には、いかにも汚ならしい「鼠の糞」という命名と「鼠の小枕」というメルヘンチックな優雅な命名がある。
しかも、それが同居しているという命名の妙がある。
こんな命名の仕方は、他の何処にあろう。

以下にネズミモチの花と実の例句を挙げる。

女貞の実

かくれ耶蘇ねずみもちの実父に似し 森澄雄
くくくく鳩 くくくく女 ねずみもち 高田波動子
ねずみもちくすみ初めたる実に夕日 高澤良一 さざなみやつこ
ねずみもちの実の青々と気多大社 井上玉枝
ねずみもちの実の黒い子の冬愛せ 梅林句屑 喜谷六花
ねずみもちの実を見る胡散臭さうに 川崎展宏
女貞てふ字がをかしその実また 後藤比奈夫
女貞の実よふるさともさびれたる 森澄雄
掃き了へて夕凍みねずみもちの実に 高澤良一 ねずみのこまくら
鼻先に埃くさき香女貞 高澤良一 素抱
女貞雨しょぼしょぼと至りけり 高澤良一 鳩信
この黝きをねずみの糞とはよう云ふた 高澤良一 随笑  

女貞の花

ねずみもちの花散りて地を浄めけり 松崎鉄之介
ねずみもち咲く辺を妻の往き来せり 高澤良一 ねずみのこまくら
ねずみもち咲けり小さな妻の顔 油布五線
ねずみもち花のまはりのまだ昏れず 高澤良一 さざなみやつこ
古きよき時代の垣花ねずみもち 高澤良一 素抱
女貞の花や失せたる隣組 原田南海子
女貞咲かせこの家地味も地味 高澤良一 鳩信
女貞咲きけり母を帰さねば 永方裕子
女貞花しょぼしょぼ雨となりにけり 高澤良一 寒暑
女貞花つめたき風のながれけり 古舘曹人 樹下石上
女貞花咲くや女の意地もろく 林乃婦子
女貞花雫零して飛び地の墓地 高澤良一 素抱
女貞雨に乏しくなりし花 高澤良一 ももすずめ
征桓立交り咲くねずみもち 高澤良一 ももすずめ
海峡の潮とまりゐて女貞花 横山白虹
父の忌や実となつてゐし女貞 森澄雄
葛飾の溜池ねずみもち散りて浮く 細見綾子
調停所出て大河や女貞花 宮武寒々 朱卓
郵便は一通女貞花の昼 高澤良一 暮津
降る雨が仏くもらす女貞花 茨木和生 遠つ川

以上
by 575fudemakase | 2015-12-21 06:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

事始 松迎 の俳句

事始 松迎 の俳句

事始 の俳句

いささかの塵もめでたや事始 森川曉水
うかとしてまた驚くや事始 松瀬青々
コーヒーを挽き薫らすも事始 辻田克巳
メモをして一行目から事始 松本あや子
上がりはな畳かをれる事始 小林貴子
事初いでや猪名野のしらうつぼ 鬼貫
事始てふ故事知りて京育ち 粟津松彩子
事始なりし病衣を改めて 田畑美穂女
事始なりし荒神帚まで 後藤比奈夫
事始め「風林火山」の図上戦 阿部王峰
事始めなる祗園町通りけり 村山古郷
事始め川のむかうへ紙買ひに 細見綾子
事始め川のむかふへ紙買ひに 細見綾子
事始年に和らを入にけり 嘯山
事始忘れし恩のおもはるる 松瀬青々
事始料紙すこしく残り暮れ 岡井省二 山色
事始榾積み上げし神の杜 並松生代女
事始頼まれて書く熨斗袋 長沢晴雪
京なれやまして祇園の事始 水野白川
人の世に義理の閾や事始 植田朱門亭
先づ犬を洗ふことより事始 中島 桂
初ひ女房大根洗ひ積み事始め 及川貞 夕焼
君と共に發句話さん事始 正岡子規 初句会
寸志送金ひそかなるわが事始め 及川貞 夕焼
山盛り蜜柑潰えて家塾事始 林翔 和紙
帯みたいな路地から舞妓 事始 池田政子
新しく赤き火を焚く事始め 大島龍子
木兎の耳学問や事始 土芳
朱と墨を恃む篆刻事始 上津原太希子
永遠に京紅はあり事始 岡井省二 猩々
溝川の音をつよむる事始 飯島晴子
物堅き義理の世界や事始 岡田抜山
生きものを水から炊きし事始 久保純夫
畑に来て鍬一振りも事始 野口年江
疾く起きて水打つ廓事始 石橋雄月
盛り塩の白の目を引く事始 山下美典
笹鳴けり機は仕舞ひて事始め 及川貞 夕焼
紅型師朱をたつぷりと事始 大城幸子
胡鬼売の声し初めけり事始 亜笛
能杖を買や宗祇の事はじめ 嘯山
自在鉤つややかなりし事はじめ 平川 苞
花嫁の衣裳合せを事始 行廣すみ女
花街に京舞を守り事始 井上芳江
芸界になじみいくとせ事始 稀音家三登美
蓑編んで届けてくれぬ事始 瀧澤伊代次
藁馬を曳いて真田の事始 竹中龍青 『蚕影』
貝寄風によりけむ蘭学事始 岡井省二
路地の日の格子戸に洩る事始 守谷順子
軸赤き小筆買ひけり事始 小林篤子
難波女に何からとはん事はじめ 園女
難波女や何からとはん事はじめ 園女 俳諧撰集玉藻集

松迎 の俳句

この風に覚えのありぬ松迎 飯島晴子
ダムとなる谷よりの松迎へけり 中戸川朝人
千曲には遡る波松迎 土屋未知
口笛に雇れ行や松ばやし 桃後
大峯の見えてかがやく松迎 茨木和生 野迫川
岩跳んで流れを越せり松迎 茨木和生 三輪崎
新しき鉈一丁の松迎へ 滝沢伊代次
松迎滝の上にと出て来たる 式地須磨
松迎目当ての松のあるといふ 飯島晴子
男の手白く大きく松迎 飯島晴子
葛城に微醺の翁松迎ふ 佐野美智
青空の山へ入りけり松迎 星野麥丘人 2003年
音曲や声のはつはな松ばやし 重頼
鵯のこゑにも谺松迎ヘ 森澄雄

以上
by 575fudemakase | 2015-12-20 05:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

2015年 12月 ねずみのこまくら句会の諸句(コメント付)

2015年 12月 ねずみのこまくら句会の諸句(コメント付)

予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

23子福者の破れ障子や笑い声
子福者はこぶくしゃと読むらしい。私には耳新しい言葉である。

26北狐一本道をもどりけり
何か象徴的意味合をも感じる

29豚丼食ふ東大食堂時雨なか
豚丼なんて近頃の流行の外食。それが東大食堂なんぞに侵入して…。外は
時雨。何と無くアンバランスなのだが…

30村の子の冬夕焼けの富士へ跳ね
縄飛びか何かしているのですかネ?

36杖に慣れ通院に馴れ日短し
慣れ馴れのリフレインで繋いだ

42鍋鶴の着地の脚を出しにけり
一瞬、飛行機の着陸時を想像した。

44萱の穂の痩せれば沼の光りけり
「痩せれば」がいい。

46雪富士の全容母郷の家並尽き
所詮、屋並など言っても、原野の一部を占めるもの。であるから「家並尽き」
が納得できる。鳥瞰図的構図。

48花八つ手石蹴りの子のもう居らず
還らぬ青春のうた。日暮れ迄遊んだ日々。

50眠る間は星空に浮く冬山家
冬山家全体が宙に漂っているような錯覚。

53暖冬や虫食ひ野菜虫のもの
今月一番の一句と推したい。巡礼に御報謝の世界である。

54紅葉山日照雨雫も染むばかり
61冬牡丹お七の寺はこのあたり
お七の寺とは 東京 文京区白山の円乗寺。冬牡丹 とお七の寺とを結ぶのは
「炎上」の一語であろう。

63年の瀬や時の流れのまっしぐら
70膝病むで妻と相身互ひの冬
相身互ひの語源は「武士は相身互ひ」からであろう。意は「同じ立場」「同じ境遇」。技は句またがり

72寒蜆洗ひ黒曜石の艶
75弁才窟入口出口石蕗の花
弁才窟は弁財天を祀って在る岩屋で海浜に多い。石蕗もよくそんな所に咲く

82赤門通り銀杏紅葉の張り付ける
銀杏紅葉は銀杏黄葉と書いた方がいい。色の配置の句だ。「赤」と「黄」

88柿の木に柿の実すずめ鳴きやまず
何処か童話の世界を思わせる。

90餅搗き大会火の番役として参加
96上げ潮の音が夜寒の刻刻む
105大文字あらはに見せて山眠る
108花柊こぼれて苔の隙間かな
110絵馬を見る我が背に落葉触れにけり
私は勝手に「触れにけり」のところ、「触れゆけり」と読み替えて戴いた

116青竹を伐り出してゐる年用意
123大焚火暮ゆく富士へ爆ぜにけり
近景か遠景か?無論作者は富士山麓にお住いの方。仰ぎ見ての一句。

124皇帝ダリヤ南極船を見送れり
126義士の日や安兵衛仇討碑にも触れ
128逢はねども欠かさぬ賀状五十年
131畑仕事いまだそこそこ暮早し
132蓮根掘りマシンガンめく水噴きて
136年忘れ匂ひこもごも追込み席
「追込み席」に目が止まった。どうゆう所で使う言葉なのだろう?
作者にお聞きしたい。

137冬耕の鍬ぴかぴかに洗ひけり
138リハビリはもうあと一歩帰り花
145粧ひの山の端一日踏んで来し
146白鳥のその水影の白きこと
白鳥の白きこと影にまで及んでいるといったところ。

148えんどうの手笹を鳴らす空つ風
「手笹」という言葉遣いに注目した。辞書には見当たらぬように思えるが…。
推測だが、手笹はえんどうの蔓が絡みやすいように仕立てた篠竹の類いを叙したものか?

152神南備山のしぐれに道の細りけり
正統派の叙述である。

155老いの身に漠たる不安冬の街
さて「冬の街」がどこまで効いているか定かではないが、気になった句である。

156ウィンドに映して笑む子冬帽子
「冬帽子」のところ「耳袋」もあると思った。

157六甲の風にハーブの穂絮飛ぶ
162とつとつと小津語る人夕時雨
165線刻のほとけの裳裾いちゃう散る
169訪ひたくて訪ひし安達太良鷹渡る
一読、「安達太良」のところ、「半島」と読み替えていた。
著名な鷹の渡りのスポットをネットで調べてみると、関東以西が図示されている。知多半島当たりが代表格であろう。

170バス降りて冬満月との家路かな
「との」の遣い方に親しみが湧く

172マスクして江ノ電車掌指呼のなし
一寸元気の無いところ見逃さなかった。

174旻天へ奏でる雲中菩薩かな
「旻天」はビンテンと読む。秋の空を指す言葉。
宇治平等院の菩薩様を詠んだものらしい。

177雪虫やいつもひとりの野良通ひ
181山眠るわたしも眠るひとりの家
「ひとりの家」と言えば岡本眸のさる句に思い至った。

182鳴き交はす白鳥に覚む湖の宿
190鎌鼬水木しげるは幽界へ
191生きてゐしかば一束の冬菜干す
「生きてゐしかば」と言えば、草田男の例の句を思い出す。但し、ここでは、「住成してをれば」ぐらいの軽い気持ちであろう。

194落葉呑みこみし大鯉ぺと吐きぬ
これは痛快である。私の好みでもある。擬態語の遣い方もここに極まる。

199巻繊汁亡き夫の椀大ぶりよ
毎朝の仏ごと。夫唱婦随であったか?

202報恩講吹き寄せを盛る蒔絵椀
203北風をゆき遠吠え誘ふ急救車
「遠吠え」の比喩さして無理とも思えぬ

204月光裡暗きピアノの帆が進む
内容的には既にあるかもしれぬが、取り敢えず挙げておく。

205綿虫を吹きて忘るる野良疲れ
209小春日のお歯黒獅子に噛まれさふ
「お歯黒獅子」を調べて見ると、確かに歯ぐきまで真っ黒に塗りたくられていた。東京は築地の渡御祭か?

以上
by 575fudemakase | 2015-12-19 05:33 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

寒椿の俳句

寒椿の俳句

寒椿の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22989496/

寒椿 補遺

いまここが天国地獄寒椿 平井照敏
おろかさのかぎりをつくし冬椿 三橋鷹女
かつて見えし女神はかくる冬椿 山口青邨
くれなゐにほころびて寒椿となる 日野草城
くれなゐのまつたき花の寒椿 日野草城
ことごとに人待つ心寒椿 中村汀女
さみしさの往き来の翅音冬椿 斎藤玄 狩眼
ひとりゐる椿の弟子や冬椿 石田波郷
ふるさとの町に坂無し冬椿 鈴木真砂女
みほとけに重ね着はなく 寒椿 伊丹三樹彦
わが頭内外淡し冬椿 藤田湘子 てんてん
一枝に花一つきり冬椿 三橋鷹女
丹念に病む櫛拭ふ寒椿 岡本眸
人恋ふることも身の塵寒椿 上田五千石『森林』補遺
今は寄る船なき浦の冬椿 福田蓼汀 山火
今生の色いつはらず寒椿 飯田龍太
其まゝに巴の尼や寒椿 正岡子規 寒椿
冬椿あをき葉照りの部落婚 能村登四郎
冬椿しんとこころに昔見え 鷲谷七菜子 天鼓
冬椿ちんどんやの楽たのしけれ 石田波郷
冬椿一輪にして機嫌よく 斎藤玄 雁道
冬椿一輪囮飛べど行けず 大野林火 飛花集 昭和四十七年
冬椿下向き漁婦のいそぎ足 大野林火 青水輪 昭和二十五年
冬椿乏しき花を落しけり 日野草城
冬椿九鬼水軍のかくれ島 右城暮石 句集外 昭和四十八年
冬椿光(て)り誠実に過剰ありや 香西照雄
冬椿光り誠実に過剰ありや 香西照雄 対話
冬椿咲き休みゐて日脚伸ぶ 松本たかし
冬椿天地無情にありにけり 三橋鷹女
冬椿岬の井にきく「をがさべり」 能村登四郎
冬椿島帰り来る病教師 角川源義
冬椿極楽寺坂徒行けば 石塚友二 磯風
冬椿母を老いしめしは誰ぞ 上田五千石 森林
冬椿猪首にさくぞ面白き 正岡子規 寒椿
冬椿白砂に幹をうづめ咲く 大野林火 雪華 昭和三十四年
冬椿竹叢着負ふ水の上 石塚友二 方寸虚実
冬椿落ちたる音もなかりけり 鷲谷七菜子 天鼓
冬椿逃げも隠れも出来ぬ齢 鈴木真砂女
冬椿金銅仏と石仏と 燕雀 星野麥丘人
冬椿風の日向によく揺れて 高濱年尾
冬椿首きり地蔵に煙草供く 角川源義
凩にふとる莟や寒椿 正岡子規 凩
北窓の破れにすくや寒椿 正岡子規 寒椿
同窓会に妻ゆかずをり冬椿 能村登四郎
名もかへで巴の尼や寒椿 正岡子規 寒椿
咲き張らでうつろふ花や冬椿 日野草城
園丁の晝煙草寒椿かな 村山古郷
夕月やひそかに咲ける寒椿 日野草城
大揺らぎして落ちにけり冬椿 石田勝彦 百千
女狐の夢が孕みし冬椿 橋閒石
妻よりも吾が疾く起きて冬椿 石田波郷
寒梅や小窓とびこす走り炭 正岡子規 寒椿
寒椿いのち惜しむに歳足らず 上田五千石『天路』補遺
寒椿おまんまおしんこおまんじゆう 金子兜太
寒椿おもひときどき世に還る 森澄雄
寒椿きのふの友をけふの敵 上田五千石『天路』補遺
寒椿けふもの書けて命延ぶ 大野林火 飛花集 昭和四十五年
寒椿しかも真白に母校なる 古舘曹人 能登の蛙
寒椿つひに一日のふところ手 石田波郷
寒椿に閉ぢ住む窓のありにけり 杉田久女
寒椿の紅凛々と死をおもふ 鈴木真砂女 夏帯
寒椿ひさしき蕾ゆるびけり 西島麦南 人音
寒椿ふるさと塚にまみえんや 角川源義
寒椿やたらに咲く日PTA 鍵和田秞子
寒椿わが生れし日の燭として 岡本眸
寒椿一日それの声をまつ 森澄雄
寒椿今年は咲かぬやうすなり 正岡子規 寒椿
寒椿力を入れて赤を咲く 正岡子規 寒椿
寒椿包みに闇のひとつひとつ 斎藤玄 雁道
寒椿口中メスの疵だらけ 安住敦
寒椿咲きたることの終りけり 富安風生
寒椿嘘いひつづけ帰りし人 村山古郷
寒椿少しく紅を吐きにけり 山口青邨
寒椿師を悼む句を褒められぬ 草間時彦 櫻山
寒椿怠らざりし日も昏るる 石田波郷
寒椿持てば浅草オペラ湧く 秋元不死男
寒椿挿したき壺も割れにけり 桂信子 花影
寒椿散り了へていま完成す 加藤楸邨
寒椿散るもねんごろ 犀星墓 伊丹三樹彦
寒椿日輪まことたくて 川端茅舎
寒椿昔言葉に母者人 森澄雄
寒椿昨日の花は遠ざかり 加藤楸邨
寒椿月の照る夜は葉に隠る 及川貞 榧の實
寒椿残照の雲とどまらず 鍵和田秞子
寒椿水面映りの数へられ 深見けん二 日月
寒椿溲瓶を愛づるあろじかな 川端茅舎
寒椿独りのかたへ澄みにけり 斎藤玄 狩眼
寒椿石に這へるよ枯山水 山口青邨
寒椿童女桃子が生まれし日 村山古郷
寒椿細字嫌ひで押し通す 鍵和田秞子
寒椿線香の鞘はしりける 川端茅舎
寒椿花もとばさず揺れ動く 飯田龍太
寒椿茗子先生ゐずなりぬ 上田五千石『天路』補遺
寒椿落ちたるほかに塵もなし 篠田悌二郎
寒椿落ちて火の線残りけり 加藤楸邨
寒椿落て氷るや手水鉢 正岡子規 寒椿
寒椿谷より羽撃つ大鴉 石橋秀野
寒椿踊らんとして坐りなほす 平井照敏 猫町
寒椿鍋つやつやに磨いてゐるか 川崎展宏
寒椿鬼の岩屋の古墳出づ 角川源義
寒椿黒き佛に手向けばや 正岡子規 寒椿
寝不足が肩に来てゐる冬椿 岡本眸
尼にこころ読まれてをりぬ寒椿 鷹羽狩行
崑崙の黒こそ匂へ冬椿 上田五千石 琥珀
川田順亡し相生の寒椿 鷹羽狩行
年中の明家なりけり冬椿 正岡子規 寒椿
当りきし朝日の色や寒椿 星野立子
得心の泡生む茶筅 寒椿 伊丹三樹彦
急坂の動悸をすぐに冬椿 橋閒石 無刻
息切のして見上げをる寒椿 右城暮石 句集外 昭和六十三年
折り取つて日向に赤し寒椿 渡邊水巴 白日
捷報を待つ日々きびし寒椿 伊丹三樹彦
摂心や北鎌倉の冬椿 星野麥丘人
故宰相ここにゐましき寒椿 村山古郷
数珠鳴りに秘仏出現 寒椿 伊丹三樹彦
新らしき家のふゑけり寒椿 正岡子規 寒椿
新建の紅めでたかり寒椿 石川桂郎 四温
旅鞄久しく提げず寒椿 鷹羽狩行
曇り日の私淑の色の寒椿 鷹羽狩行
朝の眼に朝のくれなゐの寒椿 日野草城
朝は日を存分に吸ひ冬椿 星野麥丘人
枯苔に一つ落ちをり冬椿 日野草城
樫いぐね神馬(じめ)宿五代冬椿 松崎鉄之介
死顔は見ずに戻りぬ冬椿 廣瀬直人
汐入りの池あたたかし寒椿 中村汀女
漏れ薬罐しばらく使ふ冬椿 飯島晴子
灰すてる小庭の隅や寒椿 正岡子規 寒椿
父も夫も師もあらぬ世の寒椿 桂信子 晩春
片々と雲の一瞥寒椿 廣瀬直人
生まれくる子の名定まり冬椿 橋閒石
産むゆめも死ぬゆめも見つ寒椿 正木ゆう子 静かな水
畑にも雑魚干場にも冬椿 深見けん二
石段の数忘れめや冬椿 山口青邨
碧梧桐忌の冬椿紅つばき 星野麥丘人
神武寺の裏道険し冬椿 水原秋櫻子 南風
竹藪に散りて仕舞ひぬ冬椿 前田普羅 普羅句集
老父ゐて老姉老妹冬椿 星野立子
花咲いておのれをてらす寒椿 飯田龍太
花活に一輪赤し冬椿 正岡子規 寒椿
茶を淹れて黒薩摩あり冬椿 石田波郷
落ちたるは徒に拾ひて寒椿 斎藤玄 雁道
落ちてゆくときも一途に寒椿 加藤楸邨
葉ごもりに花ひらきをり冬椿 日野草城
藪鼻の風の光刃寒椿 百合山羽公 寒雁
蘂ごもる息長虻よ冬椿 石田波郷
虚子刀自の一輪挿しの寒椿 上野泰
観音の肩暖むる寒椿 橋閒石
負ひきれぬ海の昏さよ冬椿 鷲谷七菜子 銃身
貧交永かりし寒椿傷みだす 上田五千石『田園』補遺
逗留や二輪久しき寒椿 富安風生
達磨忌やにつとも笑まぬ寒椿 正岡子規 達磨忌
酒つくる神の咲かせし冬椿 大野林火 飛花集 昭和四十七年
鎌倉の冬椿こそ懐しき 高濱年尾
閑に得しものの多さよ寒椿 鷹羽狩行
雪晴れて大破の屋根や寒椿 西島麦南 人音
霜焦の花ばかりなり冬椿 日野草城
飲食に倦むときのあり寒椿 森 澄雄
鶴とほく翔けて返らず冬椿 水原秋櫻子 緑雲
齢にも艶といふもの寒椿 後藤比奈夫

寒椿 補遺続

うつくしく交る中や冬椿 鬼貫
うまそうな色につぼむや冬椿 蘆本
さりとては跡に実もなし冬椿 露川
しら雪も降や冬梅冬椿 諷竹
まいらせて目もと拝まん冬椿 土芳
人皃を見ぬ岩陰や冬椿 りん女
冬椿はなはのこらぬこゝろかな 土芳
冬椿みな白かれとおもひけり 鳳朗
冬椿仏の花と見てかなし 土芳
冬椿反は残らぬ心かな 土芳
冬椿梅は憚かる手向かな 土芳
咲たやら折たあとあり寒椿 蒼虬
国替の駄荷の押へや寒椿 怒風
屏こぼつ跡の寒や冬椿 游刀
水瓶や場かたまらぬ冬椿 洒堂
水際も手向になれよ冬椿 林紅
火とぼして幾日になりぬ冬椿 一笑(金沢)
石壇や一汗かきて冬椿 露川
竪にする古きまくらや寒椿 野坡
遊ぶ日は菜売になしや冬椿 乙二

以上
by 575fudemakase | 2015-12-18 00:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング