<   2016年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

寒卵の俳句

寒卵の俳句

寒卵の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22943244/


寒卵 補遺

あかときはむかしのくらさ寒卵 上田五千石 琥珀
あけくれのみとりに届き寒卵 高浜年尾
いつまでも在る病人の寒卵 佐藤鬼房
こころもち寒卵とておもかりき 飯田蛇笏 山響集
ひとすぢの柔毛はなさず寒卵 鷹羽狩行
一日の栄えや寒卵粥に割る 細見綾子
不機嫌の二つ割つたる寒卵 鈴木真砂女 都鳥
信じたし黄をぼつてりと寒卵 能村登四郎
凭れ合ひ動かずにあり寒卵 上野泰
又割りし寒卵妻躬らに 山口誓子
咳く力ありてなほ生く寒卵 鷹羽狩行
地玉子とありそのすべて寒玉子 波多野爽波
塗椀に割つて重しよ寒卵 石川桂郎 高蘆
塩ささやく寒玉子なる茹玉子 中村草田男
夜すがらのあらしもやみて寒卵 山口誓子
大つぶの寒卵おく襤褸の上 飯田蛇笏 霊芝
奴隷の自由という語寒卵皿に澄み 金子兜太
寒卵ありやと覗く鶏寄り来 上野泰 佐介
寒卵いくつ嚥み足る自殺狂 秋元不死男
寒卵かゝらじとする輪島箸 前田普羅 能登蒼し
寒卵きのふ産みたる上に置く 鷹羽狩行
寒卵くんのみ世故をささやけり 飯田蛇笏 山響集
寒卵ことこと煮えて成仏す 百合山羽公 寒雁
寒卵ころげとどまり白き魍魎 山口青邨
寒卵そが重みもて静まる 細見綾子
寒卵どの曲線もかへりくる 加藤秋邨
寒卵のみくだす感極まりて 加藤秋邨
寒卵の無限同型がふとさびし 加藤秋邨
寒卵もろ手に追はれ来しごとし 飯田龍太
寒卵わが壮年期陥没し 相馬遷子 雪嶺
寒卵わが晩年も母が欲し 野澤節子 花季
寒卵われのみに割る妻の胼 日野草城
寒卵われを生みたるものに母 鷹羽狩行
寒卵コツと割る聖女学院 秋元不死男
寒卵一つ割つたりひゞきけり 原石鼎 花影以後
寒卵二つ置きたり相寄らず 細見綾子 冬薔薇
寒卵刻一刻の雪明り 飯田龍太
寒卵割られて二つ抗へり 鷹羽狩行
寒卵割りて啜るや湖あをし 加藤秋邨
寒卵割ることとして耳に当つる 加藤秋邨
寒卵割れて海より日が昇る 佐藤鬼房
寒卵地球をくらく抱きけり 平井照敏 猫町
寒卵大粒なれば母思ふ 燕雀 星野麥丘人
寒卵寝るのもいやになりにけり 飯島晴子
寒卵影あるごとくなきごとく 飴山實 句集外
寒卵戛然と割る女かな 村山故郷
寒卵歴々とあるパツクかな 藤田湘子
寒卵歴史に疲れざらんとす 中村草田男
寒卵産み落したる常のごと 高浜年尾
寒卵相寄りいのち灯しあふ 上田五千石 風景
寒卵真白の雛に孵るらん 日野草城
寒卵矮鶏は一節歌ひけり 百合山羽公 樂土
寒卵積まれて同じかたち無し 伊丹三樹彦
寒卵累々たりや黒き市民 西東三鬼
寒卵置きし所に所得る 細見綾子
寒卵置くところなしあるきをり 加藤秋邨
寒卵置けばころがる飯噴く方 能村登四郎
寒卵薔薇色させる朝ありぬ 石田波郷
寒卵見に幾度も厨に来る 山口誓子
寒卵赤絵の鶏がかなしみぬ 加藤秋邨
寒玉子ともかくも灯を明うせよ 中村汀女
寒玉子ともに大都の端に住み 中村汀女
寒玉子ゆだりゆらげる湯村の湯 阿波野青畝
寒玉子一つと云はず二つ摂る 高浜年尾
寒玉子一つ走りし板間かな 阿波野青畝
寒玉子即ち破つて朝餉かな 阿波野青畝
寒玉子古き水屋の愛さるる 後藤比奈夫
寒玉子狂ひもせずに朝が来て 岡本眸
寒玉子鶏舎に入りて持ちて主婦 星野立子
手のひらに 予言の重さ 寒卵 伊丹三樹彦
旅にして幼なごころや寒玉子 岡本眸
昧噌汁におとすいやしさ寒卵 草間時彦
朝の日の鶏舎にあまねし寒玉子 星野立子
朝の餉の目玉と呼ばれ寒玉子 阿波野青畝
朝はたれもしづかなこゑに寒卵 野澤節子 未明音
東京は暗し右手に寒卵 藤田湘子
栄養補給とて寒卵一つづつ 日野草城
歎きに餌やる忘れて居しに寒卵 中村草田男
波音に朝のちからや寒玉子 岡本眸
湯村には慈覺大師と寒玉子 阿波野青畝
湯煙りを笊が親しむ寒卵 秋元不死男
烏骨鶏産みしと呉れし寒卵 右城暮石 句集外 昭和六十一年
燈をつけるしぐさ寒玉子等に見られ 細谷源二 砂金帯
獄は口開け寒卵売通す 斎藤玄 狩眼
獄を出し手にしづまるは寒卵 秋元不死男
生きものの影くろぐろと寒卵 鷹羽狩行
生まれては割られてはあり寒卵 百合山羽公 樂土
産めばまろぶ仕掛かなしや寒卵 山口青邨
皓々乎たる寒卵闇市に 日野草城
看護婦の掌の窪小さし寒卵 石田波郷
神童とよばれし昔寒卵 平井照敏 天上大風
籠青し翳かさねたる寒卵 草間時彦 中年
紙箱の持ち重りする寒卵 右城暮石 句集外 昭和四十五年
絞り布も盛り寒卵二タ色に 香西照雄 対話
若鶏の初めて産みし寒卵 右城暮石 散歩圏
赤玉といへりセピヤの寒卵 細見綾子
載くや孵すことなき寒卵 三橋敏雄
閑談のふところにして寒卵 飯田蛇笏 霊芝
露地の綿にくるまり寒卵燃えしぶる 赤尾兜子 蛇
青き空のせてころがる寒卵 鷹羽狩行
鶏鳴は忘れて久し寒卵 百合山羽公 樂土

以上
by 575fudemakase | 2016-01-31 00:08 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の星 の俳句

冬の星 の俳句

冬の星 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22937735/


冬の星 補遺

いくたびも震ふ大地や寒昴 桂信子 花影
いとかすかなる寒星もありにけり 清崎敏郎
いまも若し寒の星数眼に狩れば 上田五千石『天路』補遺
かぞへゐるうちに殖えくる冬の星 上田五千石 田園
かの山を西に落すや冬銀河 山口青邨
きしきしと磨滅の音の 冬の星 富澤赤黄男
きらきらと溝の寒星家近づく 右城暮石 句集外 昭和二十八年
さいはひは寒星の座を指し得たり 山口誓子
ちかぢかと命を燃やす寒の星 相馬遷子 雪嶺
なやらひの荒星畠にこぞりけり 石田勝彦 雙杵
ひとりごといふ母思ふ冬銀河 大野林火 冬青集 雨夜抄
ゆびさして寒星一つづつ生かす 上田五千石 田園
スバルけぶらせて寒星すべて揃ふ 山口誓子
一寒星燃えて玻璃戸に炬のごとし 相馬遷子 山国
三寒の尽くる夜半の星づくし 上田五千石『琥珀』補遺
三寒の星を小粒に櫟原 石田勝彦 雙杵
主在せる天のさびしさ冬の星 大野林火 海門 昭和十三年
亡きものはなし冬の星鎖をなせど 飯田龍太
再びは生れ来ぬ世か冬銀河 細見綾子 牡丹
冠着山寒星余すなく出でて 大野林火 雪華 昭和三十五年
冬の夜の星らんらんと犬啼ける 村山故郷
冬の星ぎつしり郵便局の前 山口誓子
冬の星らんらんたるを怖れけり 富安風生
冬の星仰ぎて通夜の聖堂に 稲畑汀子
冬の星全天に満ち癒えゆくか 野見山朱鳥 愁絶
冬の星地震のあとに燃えさかる 渡邊水巴 富士
冬の星屍室の夜空ふけにけり 飯田蛇笏 春蘭
冬の星汗青都顧みず 村山故郷
冬の星足もとに犬来て息す 廣瀬直人 帰路
冬銀河姥子はひとり来べき宿 及川貞 夕焼
冬銀河暗闇を水流れをり 桂信子 草影
冬銀河澄むばかりなり告白以後 楠本憲吉 隠花植物
冬銀河紙で切りたる指うづく 平井照敏 天上大風
冬銀河青春容赦なく流れ 上田五千石 田園
凍星と仰ぐはるけき星となり 鷹羽狩行
凍星に叱り来し子の瞳を憶ふ 橋閒石 雪
凍星のわれをゆるさぬ光かな 鈴木真砂女 卯浪
凍星の大きくあれや瞬けや 星野麥丘人
凍星の掃くほどあると言ひにけり 石田勝彦 百千
凍星の月のはなれて光るかな 鈴木真砂女 卯浪
凍星やきびしかりしは誓子選 鷹羽狩行
凍星や瞳と呼べば星鎮む 赤尾兜子 歳華集
凍星を往き来に被る 伊丹三樹彦 外厨
凍豆腐諏訪の凍星われも知る 後藤比奈夫
取り落す計報荒星冴え返る 鷲谷七菜子 銃身
吹き晴れてくらき大地と寒の星 篠原梵 年々去来の花 雨
咳けば襁褓の彼方星冴えぬ 佐藤鬼房
地にひびくばかり輝やき寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
地吹雪に天狼呆け失せにけり 阿波野青畝
塵芥の捨場寒星かゞやけり 右城暮石 上下
夕星の二つ寒の星春の星 山口青邨
大日や年の天狼海の上 岡井省二 大日
天上に師も弟子もゐて寒昴 能村登四郎
天濁りそめぬ寒星あまた出で 山口誓子
天狼のひかりをこぼす夜番の柝 山口誓子
天狼の夜々の空あり臘八会 森澄雄
天狼の趾かそれとも枯野の燈か 山口誓子
天狼はてっさの皿の地平かな 岡井省二 大日
天鳴りて寒星青き火を散らす 相馬遷子 山国
寒の星みな立つ天の北の壁 山口誓子
寒の星一点ひびく基地の上 西東三鬼
寒の星忘れゐし「死」にゆきあたる 桂信子 月光抄
寒の星恃むものなく竹揺るる 廣瀬直人 帰路
寒の星昂けぶるに眼をこらす 橋本多佳子
寒星ぎっしり 酒倉抜ける路地はいまも 伊丹三樹彦
寒星となりまたたきの増しつつあり 松崎鉄之介
寒星にどの夜もどこかに雲白し 篠原梵 年々去来の花 雨
寒星に伍しオリオンの陵高し 鷹羽狩行
寒星に向けて懐中燈照らす 右城暮石 句集外 昭和二十八年
寒星に矢を当て亡父の怒り買ふ 三橋鷹女
寒星に石炭掬ひやまざるも 山口誓子
寒星に精気漲る午後の汐 上田五千石『田園』補遺
寒星のひかりにめざめ貨車の闇 橋本多佳子
寒星のひとつを引きてわが燈火 岡本眸
寒星のもがりの唄となりにけり 燕雀 星野麥丘人
寒星の中やけなげな一つ星 西東三鬼
寒星の充実感やうなじ凝る 上田五千石『田園』補遺
寒星の光量となる海の上 岡本眸
寒星の天の中空はなやかに 山口誓子
寒星の数を琴の音爪追ひに 中村草田男
寒星の満つる夜下足あづかれる 右城暮石 句集外 昭和二十六年
寒星の爛たる眼全天に 相馬遷子 山河
寒星の真只中にいま息す 相馬遷子 雪嶺
寒星の語り尽くして夜の白み 鷹羽狩行
寒星の辷るたちまち汝あり 西東三鬼
寒星はたゞ天に寄る海の上 山口誓子
寒星ひとつ燃えてほろびぬ海知るのみ 橋本多佳子
寒星やいのちの壺の身にいくつ 鷹羽狩行
寒星やとぼそ洩る燈のおのづから 山口誓子
寒星やひとりとなれば零落す 上田五千石 天路
寒星や仰げばすでに声は無き 相馬遷子 山国
寒星や地に物故せし聖者の数 飯田蛇笏 家郷の霧
寒星や暮色が海を押しせばめ 林翔 和紙
寒星や湖を囲みて生活の灯 鷹羽狩行
寒星や神の算盤ただひそか 中村草田男
寒星や粗にして光鋭きことも 岡本眸
寒星や身一つながら誰が楯 上田五千石 天路
寒星や辞したる家の施錠音 岡本眸
寒星や遠くまで来て投函す 山口誓子
寒星をいただく足の揃ひけり 石田勝彦 秋興以後
寒星をいつも火星を見をさめに 篠原梵 年々去来の花 雨
寒星をぶち撒きし下浮浪がり 平畑静塔
寒星を一掻きしたる杖の先 鷹羽狩行
寒星を満載無蓋貨車停る 鷹羽狩行
寒星を見に出かならず充ち帰る 山口誓子
寒星を跨ぐすなはち潦 伊丹三樹彦
寒星を近々と地のぬかるめり 右城暮石 声と声
寒星を頭巾眉深くして眺む 山口誓子
寒星下売る風船に息吹き込む 西東三鬼
寒星何ものかを滴らしおり戦犯忌 楠本憲吉 方壺集
寒星母座振りはなさるる星も無く 中村草田男
寒星騒然国のエゴなどどこにありや 香西照雄 対話
寒昴よりも鋭くわが星ジュピター 楠本憲吉 方壺集
寒昴問責おのが身にもどる 伊丹三樹彦
寒昴死後に詩名を顕すも 上田五千石 田園
寒昴泣きて眼を慰めよ 鷹羽狩行
寒昴猟夫その犬といふ順序に 山口誓子
寒昴眼鏡摧けしその夜も 赤尾兜子 玄玄
寒昴知恵のごとくに固まりて 鷹羽狩行
山に寒星廁の穴に顔うつ向く 金子兜太
島杳し噴煙まぎる冬銀河 角川源義
庇合に一つ見ゆるや冬の星 日野草城
強震の夜の寒星を密にせし 山口誓子
恋愛の窓に大きな冬の星 日野草城
手を洗ひ寒星の座に対ひけり 山口誓子
投函の後ぞ寒星夥し 山口誓子
捨鉱車寒星映す水溜めて 岸田稚魚 負け犬
文楽や志ん生やいま冬銀河 岡本眸
旅の寝に湖北荒星つゆけしや 鷲谷七菜子 銃身
日記ふと小説めきて冬の星 鷲谷七菜子 黄炎
星冱てて人のこころに溺れけり 松村蒼石 雪
星冴えて篝火白き砦哉 政岡子規 冴
月光のあまねくわたり寒の星 松村蒼石 寒鶯抄
歓楽の灯を地にしきて冬星座 飯田蛇笏 家郷の霧
水に浮くもの透かし見ぬ寒昴 石川桂郎 四温
水仙の夜は荒星のつぶて打ち 岡本眸
水森凍星われを誘ひ出す 佐藤鬼房
江に深く落ちし寒星見て通る 山口誓子
江上に寒星すべてうつし得ず 山口誓子
汽笛呼びかく夜の島よ寒星よ 山口誓子
泉居てこの山裾に荒星呼ぶ 金子兜太
海峡や冬の荒星一撒きに 岡本眸
濁世いつまで寒昴ひとつまみ 鷹羽狩行
火の匂ひより出てあそぶ寒の星 飯田龍太
煙草喫みたし寒昴けぶりゐて 上田五千石『田園』補遺
犇と寒星晩年などを想はめや 山田みづえ 忘
犬吠えて氷湖天狼を真上にす 福田蓼汀 秋風挽歌
玻璃越しに寒星も身を震はせつ 相馬遷子 山河
生かされてわれ在り寒の星の下 林翔
町角に寒星の天向きを変ふ 山口誓子
目は涙の蔵かも知れず寒の星 鷹羽狩行
空からの枯野へ夕日寒星も 高屋窓秋
空ふかく凍星月を待ちにけり 松村蒼石 寒鶯抄
空林に入りて寒星ふりかぶる 山口誓子
粟穂稗穂寒星りんと鳴りにけり 山田みづえ 手甲
群鴎に暮れ寒星の乱れなく 中村草田男
耳遠き妻へ声張り寒昴 林翔
膝の冷え宿痾となるか寒昴 星野麥丘人
自転車を漕ぐ寒星の宙の中 相馬遷子 雪嶺
茫と見え又ひとつづつ寒昴 山口誓子
荒星に授けられたる秋思とも 藤田湘子
荒星のいま大寒に入るひかり 相馬遷子 雪嶺
荒星を雪崩の上に溢れしめ 鷹羽狩行
荒梅雨のその荒星が祭らるる 相生垣瓜人 明治草抄
解剖や眼*かの中の寒昴 岡井省二 大日
誘われて荒星覗く旅にあり 金子兜太
語らぬはいたはることや冬の星 中村汀女
身に起る水の増減冬銀河 野見山朱鳥 愁絶
遂に合はざる二つの道か星冱る 橋閒石 雪
陸羽線また寒星の崩れ場過ぐ 鷹羽狩行
雪すこしこぼれしのちの寒昴 森澄雄
霊柩と行く提燈に冬の星 山口誓子
頬杖の何を見てゐる冬銀河 加藤秋邨
風呂の窓には寒星妻の焚く火音 飯田龍太
鳴り出づるごとく出揃ひ寒の星 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-01-30 00:05 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

蕪蒸と蕪汁 の俳句

蕪蒸と蕪汁 の俳句

▼蕪蒸

例句を挙げる。

叡山に雲たむろなす蕪蒸し 加藤耕子
喪服脱ぎ喪ごころふかむ蕪蒸し 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
四人とはほほゑみの数蕪蒸 都筑智子
大寺の庇が見えて蕪蒸 大石悦子 聞香
大徳に子がゐるといふ蕪蒸 大石悦子 聞香
天上に吊らるる星よ蕪蒸 宮坂静生 春の鹿
小人我閑居シテ蕪蒸 後藤兼志
少年の眼鏡くもらす蕪蒸 松本桂子
瀬の音の時雨に似たる蕪蒸 角川春樹
無事は是貴人といへり蕪蒸 森澄雄 游方
蕪蒸さだめ嘆けばかぎりなし 神尾久美子
蕪蒸し憲吉うつしの赤絵碗 大東晶子
蕪蒸若狭は小橋よりしぐれ 橋本榮治 麦生
還暦といふほろ苦き蕪蒸し 根岸善雄
閑談のひとときなりし蕪蒸 浅井青陽子
雪の夜のむかしのごとく蕪蒸 黒田杏子 花下草上
霙るゝや一つづゝ出す蕪蒸し 龍胆 長谷川かな女
いつのまに曇りし空やかぶらむし 草間時彦

蕪蒸 補遺

山墓を巡りきし夜の蕪蒸 上田五千石『琥珀』補遺
数へ日の波音とほき蕪蒸 鷲谷七菜子 游影
旅にして今宵大尽蕪蒸 森澄雄
無事は是貴人といへり蕪蒸 森澄雄
相伴に僧が所望の蕪蒸 松崎鉄之介
負ふものに柱一本蕪むし 石田勝彦 秋興
刺しとほす細みの箸やかぶら蒸し 阿波野青畝
箱膳に斎の正座やかぶらむし 亭午 星野麥丘人

▼蕪汁

例句を挙げる。

うき宿の朝な朝なや蕪汁 松瀬青々
こぼす子はいつも同じ子蕪汁 平位登代子
にんげんの不幸が愉し蕪汁 増田まさみ
ふるさとのまどゐうれしき蕪汁 牧野 豊陽
一宿を和尚と共に蕪汁 大塚松籟
俳諧に老いて好もし蕪汁 高浜虚子
向学のまつすぐ古稀へ蕪汁 赤松[ケイ]子
奥人の大飯食ふや蕪汁 大須賀乙字
婢を御してかしこき妻や蕪汁 飯田蛇笏
床あげやかさねて啜る蕪汁 富田潮児
母すこやか蕪汁大き鍋に満つ 目迫秩父
炉話に煮こぼれてゐる蕪汁 高濱虚子
煮ゆるとき蕪汁とぞ匂ひける 虚子
白河に風がうがうと蕪汁 福原十王
真珠棚打つ潮鳴りや蕪汁 稲瀬奈加枝
砂のある飯に馴れけり蕪汁 菅原師竹
織機を祝ふ日のあり蕪汁 広江八重桜
花冷えや京の旅籠の蕪汁 田中冬二 行人
草山に夜の風きて蕪汁 大木あまり
蕪汁ではれやれ何の菜のなさ 広瀬惟然
蕪汁に世辞なき人を愛しけり 高田蝶衣
蕪汁に僧眼を病んでおはしけり 大橋櫻坡子 雨月
蕪汁に敗残の党集ひけり 雉子郎句集 石島雉子郎
蕪汁に足ること知りて憂ひなし 高橋淡路女 梶の葉
蕪汁みちのくぶりに人親し 山口青邨
賽の目の豆腐は白し蕪汁 川島奇北
雨毎につのる寒さや蕪汁 皿井旭川
ひとり居も馴れゝば楽しかぶら汁 永井荷風

蕪汁 補遺

ひとり身の身を温むる蕪汁 森澄雄
婢を御してかしこき妻の蕪汁 飯田蛇笏 山廬集
年の暮もまためでたしよ蕪汁 森澄雄
御僧に蕪汁あつし三回忌 杉田久女
留錫のお物好みや蕪汁 河東碧梧桐
蕪汁みちのくぶりに人親し 山口青邨
子夫婦に容喙無用かぶら汁 安住敦

以上
by 575fudemakase | 2016-01-29 00:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

蕪の俳句

蕪の俳句



例句を挙げる。

あたたかき月のひかりに浸る蕪 中田剛 珠樹
おく霜の一味付けし蕪かな 一茶
きしきし洗ふ雪映えの蕪年をはる 鷲谷七菜子 雨 月
くくりたる藁の切つ先赤蕪 原田喬
とし玉の蕪菜かろげや黒木うり 蝶夢
どれもどれも寂しう光る小蕪かな 渡辺水巴
ひとり居の蕪の白きを刻みけり 平野仲一
ふと訛出て天王寺蕪買ふ 千賀静子
まだ濡れてゐる夕市の紅蕪 新田祐久
みぞれきし笠かたむけて蕪とる 金尾梅の門 古志の歌
みほとけの近江の甘き蕪かな 藤田純男
むまさうな蕪(かぶらな)に似て円相圖 高澤良一 随笑
やまがたの王様蕪ひかるがに 室生犀星 犀星発句集
一息という刃をつかう蕪真白 宇多喜代子
佗助を挿すとて据ゑぬ蕪徳利 水原秋桜子
俤や目鼻かきたる赤蕪 会津八一
冬川や蕪流れて暮かゝり 加舎白雄
冬蕪の真つ白な尻積みあげゆく 太穂
千鳥来るや紅濃うす島蕪のあり 久米正雄 返り花
土を出て蕪一個として存す 中村汀女
塀の泥水仙咲ける蕪畑(昭和4年) 滝井孝作 折柴句集
大切なものでもなくて大蕪 倉本 岬
大根・蕪その葉も洗ひ死ぬるまで 成田千空 地霊
大蕪の首根ひつさげ艶ばなし 熊谷愛子
大蕪売つてこころのゆたけしや 斉藤夏風
大釜に煮ゆる蕪や寒施行 大竹孤悠
大鍋に煮くづれ甘きかぶらかな 碧梧桐
大霜に萎えし葉もてる蕪かな 雑草 長谷川零餘子
天才を産せし村の蕪かな 長谷川太虚
太陽に黒点出来し蕪かな 原石鼎
姉川の入日みだして蕪洗ふ 川勝 春
嫁がせて何となくゐる蕪畑 関戸靖子
小蕪妻が土あたためて得しならむ 古館曹人
小蕪干す谷にもつとも白きもの 古舘曹人 樹下石上
小蕪煮て母の思ひ出とめどなし 岡田 和子
届きけり霰ちる日の蕪寿し 飴山實 辛酉小雪
山焼の雨に終れば鯛蕪 角川春樹 夢殿
山見えて蕪の歩く無人駅 平林孝子
嵯峨豆腐の奢りに蕪抜いて来る 長谷川かな女 花寂び
巣燕やつられて買へる蕪の紅 石川桂郎 高蘆
幸木ほの紫のかけ蕪 呼子無花果
想軽く一句成りたる蕪かな 尾崎迷堂 孤輪
抜き残す赤蕪いくつ余寒哉 芥川龍之介
掘起す蕪の根そゝくしくれ哉 吟江
日中や佛出てゐし蕪畑 関戸靖子
春の雪茹でて蕪のすきとほり 長谷川櫂
春月や畑の蕪盗まれし 高野素十
春近し赤蕪の絵をたまはりて 龍胆 長谷川かな女
春雨や人住みて煙壁を洩る 蕪材 五車反古
月の出の魂消しことに蕪かな 田中裕明 花間一壺
月光の降るにまかせて大蕪 中田剛 珠樹以後
朝市の味見くさぐさ赤蕪(かぶら) 高澤良一 素抱
朝市の真ん中赤き蕪売り 佐川広治
朝市の飛騨の蕪のあかあかと 山田 静穂
朝餉なる小蕪がにほふやゝ寒く 及川貞 榧の實
木曽駒に雪きて蕪もろ手抜き 下田 稔
板の間に置きよろげたる蕪かな 近藤不彩
桟橋をふさぎて洗ふ近江蕪 和田祥子
梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ 鈴木真砂女 生簀籠
母の忌はかならず晴れる蕪畑 澁谷道
水切りてキューピーの頭の赤蕪 高澤良一 ぱらりとせ
水飼ひの赤蕪芽吹き小鉢皿 石川桂郎 高蘆
洗はれていといとけなき紅蕪 鷹羽狩行
洗ひても洗ひても赤蕪かな 大串章
洗ひ流してしまふ小蕪のかたつむり 上野さち子
濁り江に出荷のための蕪洗ふ 森田峠 避暑散歩
牛のための赤蕪育つせつに赤く 林火
玉座あり緋蕪洗ふ流れあり 大峯あきら 鳥道
田舟過ぐうねりに洗ふ近江蕪 田中佐知子
画室成る蕪を贈つて祝ひけり 正岡子規
留守の間につゐ煮てゐる蕪菜哉 馬光 (訪隠者不遇)
白玉の蕪を包丁始めかな 山下喜代子
笹みどり鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎
笹緑鰤まくれなゐ蕪白 高橋睦郎 金澤百句
籠に盛るかぶらや雪の羽黒道 池田義弘
紅葉連山赤蕪掘りが働ける 和知喜八 同齢
紅蕪うす日に干して湖の町 西村公鳳
紅蕪ふるさとに土ゆたかなり 小林紀代子
緋かぶらや手織木綿の湖国人 山本古瓢
緋かぶらをさげて伊賀より来りける 細見綾子
緋の蕪の三河島菜に誇つて曰く 子規 (根岸の草庵に故郷の緋蕪をおくられて)
緋の蕪干し千那寺を守りけり 花岡明美
緋蕪も飛騨の炭火も赤きころ 石原八束 仮幻の花
緋蕪一つ育つ子の畑万愚節 大橋敦子
緋蕪菁を買ふ乳母車かたへにし 石原八束
置きし如ぬけ出て蕪の白さよし 高田蝶衣
聖護院蕪売らるるを見てゐたり 村山古郷
肥桶より出して呉れたる蕪かな 野村泊月
能登どこも緋蕪畑を畑境 不破幸夫
臘八や今朝雑炊の蕪の味 惟然
茶の花や投入れて行く干かぶら 立花北枝
荒蕪拓く鍬も焚火にひきよせて 津田清子 礼 拝
菜のはなや畑まぶりの大蕪 毛がん 二 月 月別句集「韻塞」
葉の大なるを曳けば痩せたる蕪哉 徳田秋声
葉を切つて趣もなき蕪かな 喜谷六花
蕪こそ肥えて美人に似たりけれ 松瀬青々
蕪さげて山陽の墓の前通る 廣江八重櫻
蕪さげて見上げてゐたる年の空 廣江八重櫻
蕪の禅画禅味の風吹かす 高澤良一 随笑
蕪はこぶ女盛りの紺絣 つじ加代子
蕪まろく煮て透きとほるばかりなり 秋櫻子
蕪一つ畝にころげて茎立てる 西山泊雲 泊雲句集
蕪四角に切り朝からの均衡 山崎愛子
蕪大根時羞の奠を具へけり 寺田寅彦
蕪大根良夜の双葉あげにけり 銀漢 吉岡禅寺洞
蕪干して夕方の鶏うごかざる 岸本尚毅 鶏頭
蕪干して軒の歪みの見ゆるかな 死洒
蕪干せば冬の日低うなりにけり 松瀬青々
蕪洗ふ男がひとり湖の縁 関戸靖子
蕪洗ふ諸手に水をきしませて 岡部名保子
蕪洗ふ鞍馬の水の早さかな 赤塚五行
蕪甘く煮えて任地の住み心地 田中英子
蕪畑の一つは赤し大かぶら 駒走 松恵
蕪白く沢庵黄なり春夕 会津八一
蕪白し遅れし鳥の旅立ちに 田口満代子
蕪白し順縁に母送らねば 秩父
蕪白菜なかの一個の朴氏かな 高橋たねを
蕪肥えて而も山厨の肉に富む 尾崎紅葉
蕪蒔く唐人といふ名の小里 岩佐千代
蕪赤き里隣る砂利を上ぐる村 河東碧梧桐
袋から童子のごとく赤蕪 原田喬
触らねば生涯寂し板間蕪 永田耕衣 人生
誰かしる今朝雑炊の蕪の味 惟然
負ふものに柱一本蕪むし 石田勝彦 秋興
賽の神へ畝深くたて蕪畑 吉田紫乃
赤蕪の百貫の艶近江より 大石悦子
赤蕪の羞らひもなき赤さかな 片山由美子 水精
赤蕪は峠越えくる風の色 和知喜八
赤蕪を一つ逸しぬ水迅く 青邨
赤蕪を吊る粗壁に荒莚 角川春樹
赤蕪を噛みて春逝く香と知れり 秋光 泉児
赤蕪笊うす濡れて二日経つ 伊藤敬子
辛口や蕪飴色に煮冷まして 石川桂郎 四温
近江路や飾すれ~に干蕪 大谷句佛 我は我
酢かぶらをまへに坐りて父の眉 中田剛 竟日
里人や深泥ケ池に蕪洗ひ 尾崎迷堂 孤輪
野の池に蕪を洗ひ居るに遭へり 尾崎迷堂 孤輪
野蕪女来よ花鳥かなしき絵燈籠 西本一都 景色
長安の夢のつづきの赤蕪 原田喬
長蕪の青首曲る小春かな 不句襍成 細谷不句
降るものに根をそそぎたる蕪かな 千代尼
雨音に蕪溺れてひとりぐらし 秋元不死男
雪がこひ真白な蕪をかかへて出づ 加藤楸邨
雪はげしかり劉生のかぶらの絵 中田剛 竟日
雪掘りて雪の甘みの葱蕪 細谷鳩舎
雪晴の伊賀の古町蕪売 橋本鶏二 年輪
霜月や京の小蕪の美しき 角川春樹
露の世や小蕪は人なつかしげ 清水径子
露の蕪抜いておどろく声洩らす 楸邨
風の日の水さびさびと赤蕪 長谷川久々子
風まぜに蕪ひく野の霙かな 信徳
風を帰し妻の手籠の緋蕪かな 黒川憲三
飛騨一之宮抜きたての赤蕪 金子青銅
餅つく頃蕪は土出て肌並べ 香西照雄 素心
餅焼けて蕪酢づけは箸やすめ 及川貞
馬の背や緋蕪のぞかすお霜月 石橋秀野
高々と田園まさに蕪哉 淡々 (独学愚蒙声)
鷹峯雲放ちたる蕪かな 小川軽舟
鷹狩の道にひきたる蕪哉 蕉笠
すずなすずしろよく笑ふ姉妹かな 森山夕樹
すずなと言ひすずしろといひ祝ひけり 梅子
乗鞍に雪光る日や蕪引 瀧井孝作
寂光院までの古みち蕪引く 鍛治桂子
寒菊や蕪引たる裏の畑 五城
小蕪干す谷にもつとも白きもの 古舘曹人 樹下石上
手の力そゆる根はなし蕪引 千代女
故郷や蕪引く頃墓参 子規句集 虚子・碧梧桐選
日のさせばもどる鶫や蕪引 金子 潮
晴るゝ日の阿倍野の道や蕪引 佐藤肋骨
緋の蕪干し千那寺を守りけり 花岡明美
若菜籠すずなすずしろ秀いでけり 山田みづえ
蕪干して夕方の鶏うごかざる 岸本尚毅 鶏頭
蕪干して軒の歪みの見ゆるかな 死洒
蕪干せば冬の日低うなりにけり 松瀬青々
蕪引河南の路に似たるかな 数藤五城
街道を西へ歩けば蕪引き 山本洋子
聖護院かぶらな漬の送りどき 高澤良一 ぱらりとせ

蕪 補遺

うすいあかりに置かれ小蕪白菜と小供の帽子 中川一碧樓
きしきし洗ふ雪映えの蕪年をはる 鷲谷七菜子 銃身
しろき日に蕪をのせてゆきし舟 渡邊白泉
ただよへる犬の屍と緋の蕪と 山口青邨
どれも~寂しう光る小蕪かな 渡邊水巴 白日
ひとかどの蕪畑となりにけり 飯島晴子
ふるさとは緋蕪漬けて霰どき 松村蒼石 寒鶯抄
めつきり寒うなりました蕪を下さつた 種田山頭火 自画像 落穂集
よつ引てひようとぞ放す大蕪 政岡子規 蕪引く
一燈に二人はさびし蕪鮓 古舘曹人 樹下石上
修忌の蕪参らする葱も一束ね 河東碧梧桐
俳陣のうしろに据る蕪かな 河東碧梧桐
冬されの厨に赤き蕪かな 政岡子規 冬ざれ
冬蕪の真っ白な尻積みあげゆく 古沢太穂 三十代
初夏の手籠に満てし紅蕪 飯田蛇笏 白嶽
初空の下なる蕪畠かな 三橋鷹女
加賀はもう雪ありと来し蕪鮨 能村登四郎
助宗鱈と小蕪のやうな暮し向き 佐藤鬼房
土を出て蕪一個として存す 中村汀女
大根の刀蕪の矢の根かな 政岡子規 大根
大根の鶴蕪の龜や酒九獻 政岡子規 大根
大根引くあとや蕪引く拍子ぬけ 政岡子規 大根引
大蕪がごろごろ山頂に雄牛 金子兜太
大蕪を蹴とばす夫婦喧嘩かな 金子兜太
大露の籠に卒爾の紅蕪 飯田龍太
太陽に黒点出来し蕪かな 原石鼎 花影
女どもの赤き蕪を引いて居る 政岡子規 蕪引く
妻病めり切口乾く葱蕪 草間時彦 中年
小蕪干す谷にもつとも白きもの 古舘曹人 樹下石上
届きけり霰ちる日の蕪寿し 飴山實 辛酉小雪
山妻は雪間の蕪を得て帰る 山口青邨
巣燕やつられて買へる蕪の紅 石川桂郎 高蘆
恋猫の近道したり荒蕪の地 山口誓子
故郷や蕪引く頃墓參 政岡子規 蕪引く
数へ日となりし戸口の大蕪 森澄雄
春月や畑の蕪盗まれし 高野素十
春風に荒蕪といふを悲しまん 高野素十
曳山ごとき赤蕪を買ひにけり 岡井省二 猩々
朝餉なる小蕪がにほふやゝ寒く 及川貞 夕焼
梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ 鈴木真砂女 生簀籠
権現の森に一畝大蕪 佐藤鬼房
機町の裏すぐ荒蕪きりぎりす 富安風生
此頃は蕪引くらん天王寺 政岡子規 蕪引く
歳月の人うつくしき蕪かな 永田耕衣
気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
水飼ひの赤蕪芽吹き小鉢皿 石川桂郎 高蘆
洗はれていといとけなき紅蕪 鷹羽狩行
洗ひゐる蕪に師走の遊糸たつ 飯田龍太
洗ひ上げ蕪若しと思ひけり 細見綾子
渡舟呼ぶ蕪菜僅か携へて 佐藤鬼房
煮くづれし蕪を小鉢にみぞれけり 草間時彦
牛のための赤蕪育つせつに赤く 大野林火 雪華 昭和三十四年
画室成る蕪を贈って祝ひけり 政岡子規 蕪
畑人の手力蕪を引き抜けり 水原秋櫻子 晩華
祈るとき霰荒蕪の短山 赤尾兜子 歳華集
禅門の老師へ送る蕪とか 藤田湘子 神楽
秋冷にふれて小蕪の肌白し 鈴木真砂女 居待月
紅蕪仏ごころを幾重にも 飯島晴子
緋の蕪にはかなき霜の命かな 政岡子規 霜
緋の蕪の三河嶋菜に誇つて日く 政岡子規 蕪
緋の蕪や膳のまはりも春けしき 政岡子規 春
緋の蕪尽きて紅梅の散らんとす 政岡子規 紅梅
緋蕪のうヘ銀河系影したり 岡井省二 鯛の鯛
緋蕪漬けてくに人は腰遊ばずに 古沢太穂 捲かるる鴎
聖護院蕪売らるるを見てゐたり 村山故郷
背戸へ出て蕪洗ふ人や川向ひ 政岡子規 蕪
芭蕉忌の酢漬の冷や近江蕪 森澄雄
花圃よりも荒蕪却つて秋高し 富安風生
荒蕪拓く鍬も焚火にひきよせて 津田清子 礼拝
葱蕪大根年譜など要らず 岡井省二 鯨と犀
蒼茫の野に大蕪菁掘り出され 上田五千石 天路
蕪あり千枚漬の倉暗く 阿波野青畝
蕪まろく煮て透きとほるばかりなり 水原秋櫻子 餘生
蕪作る大百姓や聖村 河東碧梧桐
蕪大根二葉に出でて秋の空 村山故郷
蕪引く妻もあるらん大根引 政岡子規 大根引
蕪引て緋の蕪ばかり殘りけり 政岡子規 蕪引く
蕪洗ふ喪中の髪を一と束ね 岡本眸
蕪煮るや古りに古りたる落し蓋 草間時彦
蕪肥えたり蕪村生れし村の土 政岡子規 蕪
蕪鮓賜ふ日より心の急ぎけり 赤尾兜子 玄玄
蕪鮨の鰤すさまじき氷かな 加藤秋邨
行年や蕪流るる鞍馬川 岡井省二 明野
触らねば生涯寂し板間蕪 永田耕衣 人生
赤蕪の土を拂へば翁かな 岡井省二 鯨と犀
赤蕪の土を拂へば高野かな 岡井省二 鯨と犀
赤蕪を一つ逸しぬ水迅く 山口青邨
辛口や蕪飴色に煮冷まして 石川桂郎 四温
退院の日を選びゐて蕪鮨 角川源義
銀泥を煙らして飛ぶ夏烏 佐藤鬼房
闇を出る婆はたくさん蕪持ち 飯島晴子
雀迯げぬ吹矢はそれて干蕪 政岡子規 干蕪
雨音に蕪溺れてひとりぐらし 秋元不死男
鞍づけの蕪が落ちそな馬が行く 河東碧梧桐
餅つく頃蕪は土出て肌並べ 香西照雄 素心
馬の背や緋蕪のぞかすお霜月 石橋秀野
馴鮓の蕪に雪の匂ひせり 松崎鉄之介
かぶらの赤さがうまさが春が来た 種田山頭火 草木塔
白さ圓さ京のかぶらの冬に住みつく 荻原井泉水
緋かぶらをさげて伊賀より来りける 細見綾子
聖護院かぶらが重き主婦二人 草間時彦
荒漬けの仕舞ひのかぶら納まりし 岸田稚魚 筍流し


以上
by 575fudemakase | 2016-01-28 00:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

鮟鱇と鮟鱇鍋 の俳句

鮟鱇と鮟鱇鍋 の俳句

▼鮟鱇

例句を挙げる。

あらたまの火を呑んで鮟鱇老いせぬや 中勘助
あんかう(鮟鱇)や孕み女の釣るし斬り 夏目漱石(1867-1916)
おほき孤独が鮟鱇にぶら下がる 辻美奈子
ききわけの無き鮟鱇を鍋にかな 櫂未知子 蒙古斑
とめどなき大鮟鱇の涎かな 岡田耿陽
ぬめりとる出刃を砥にあて鮟鱇割く 辻口八重子
ひたひに灯りを感じる鮟鱇をたべる 中塚一碧樓
イエスより軽く鮟鱇を吊りさげる 有馬朗人 母国
エリックサティ鮟鱇の肝食ひをれば 大石悦子
フォークもて食ふ鮟鱇や漱石忌 日原傳
一喝に似て鮟鱇を糶りおとす 今瀬剛一
人中に鮟鱇吊られしたゝれり 小林康治
人中の鮟鱇と我れを罵りぬ 四明句集 中川四明
冬日中鮟鱇吊られ罪あるごと 小林康治 四季貧窮
出刃を呑むぞと鮟鱇は笑ひけり 阿波野青畝(1899-1992)
口紅ぬり鮟鱇食べしとは見えず 鈴木貞雄
吊されて老鮟鱇の無念かな 有永実
吊し切る鮟鱇の腹すでになし 鈴木勇之助
吊るされし鮟鱇何か着せてやれ 鈴木鷹夫
夕鯵をまつ間わびしき鮟鱇かな 井上井月
大年の一匹糶の鮟鱇かな 西本一都 景色
大鮟鱇触つてみれば女体かな 矢島渚男(1935-)
寒波来鮟鱇肝を値打とし 鈴木真砂女 夕螢
息止めて見る鮟鱇の吊し切り 小俣由とり
惨憺たる鮟鱇の顔今日終る 岸田稚魚 筍流し
手鈎傷眉間に鮟鱇糶られけり 奈良文夫
昼行燈鮟鱇向きを変へにけり 高澤良一 ぱらりとせ
晴天の鮟鱇といふわだかまり 今瀬剛一
水揚げの鮟鱇ビロード光りせり 高澤良一 寒暑
沓鮟鱇馬にて海を渡す事 椎本才麿
泪目のまゝ鮟鱇の割かれけり 佐々木 鳴子
潮錆の空へ鮟鱇吊られけり 神山果泉
煮こごりにも裏鮟鱇を裏返し 橋本美代子
生家とは鮟鱇の口ほどの闇 鳥居真理子
目の前でする鮟鱇の吊し切り 金沢瓢舎
真つ先に肝を抜かれて吊り鮟鱇 福田貴志
競られゐて暑き鮟鱇飛魚は涼し 野澤節子 黄 炎
築地明石町鮟鱇吊られあり 石嶌岳
紐になり了る鮟鱇の吊し切り 田川飛旅子 『使徒の眼』以後
素通りを許さぬ貌の鮟鱇買ふ 立石 京
能登の海鮟鱇あげて浪平ら 前田普羅 能登蒼し
自転車につむ鮟鱇の尾が見えて 岸本尚毅 舜
自転車の荷台に鮟鱇積み帰る 高澤良一 寒暑
舟釣瓶ぶつかけられし鮟鱇かな 阿波野青畝
貧てふ文字鮟鱇のごと吊したし 小林康治 四季貧窮
貪婪の鮟鱇といひそれを食ふ 北澤瑞史
身のうちに鮟鱇がゐる口あけて 奧坂まや(1950-)
身を削がれゆく鮟鱇の眼ありけり 牧野寥々
選り好みしても鮟鱇同じ貌 山岡成光
風に背を押され鮟鱇買ひにけり 小坂優美子
馴染店入れば鮟鱇勧められる 梁取 久子
鮟鱇がふぐに恋する小泥海 中勘助
鮟鱇が吊るされ河岸に雪降れり 伊藤みちを
鮟鱇と一対一の一句なり 鈴木真砂女
鮟鱇と汝が愚魯と吊さんか 永井龍男
鮟鱇に似て口ひらく無為の日々 木下夕爾(1914-65)
鮟鱇に刃を入れてのち自在なり 原けんじ
鮟鱇に力いつぱい出刃包丁 鈴木真砂女
鮟鱇に右往左往の厨妻 阿部底下
鮟鱇に大手ひろげて枯るるかな 斎藤玄 雁道
鮟鱇に巷の影のぶら下がる 上谷昌憲
鮟鱇に目のあり二つちよぼとあり 藤田あけ烏 赤松
鮟鱇のあぎとの残る鈎を見き 八木林之助
鮟鱇のあんぐり湾の形せり 小島ノブヨシ
鮟鱇のがまんの口を今降す 今関幸代
鮟鱇のごとく胃袋は何んでも食いたがる 橋本夢道 無礼なる妻
鮟鱇のさかさまに日は闌けにけり 谷川護物
鮟鱇のどこからが顎どこが貌 水谷芳子
鮟鱇のどろりと箱を溢れけり 吉澤利枝
鮟鱇のふさぎこんだる面がまへ 市川栄次
鮟鱇のむらぎもを食ひ独りなり 本宮銑太郎
鮟鱇のよだれの先がとまりけり 阿波野青畝(1899-1992)
鮟鱇のロが裂けても言へぬなり 安住敦
鮟鱇の仰向ざまに糶られけり 大庭雄三
鮟鱇の切られ切られて骨透明 羽部洞然
鮟鱇の削がれつくして凍てにける 小林康治 四季貧窮
鮟鱇の口して義歯の型とらる 田川飛旅子 『山法師』
鮟鱇の口だけ裏の木に残る 中拓夫
鮟鱇の口にはら~しぐれけり 藤井紫影
鮟鱇の口ばかりなり流しもと 高浜虚子
鮟鱇の口より落ちし氷かな 山西雅子
鮟鱇の口巨大迷路のはじまりとも 白石司子
鮟鱇の吊られ大愚の口開けて 日置草崖
鮟鱇の吊られ日輪尚赫し 杉本寛
鮟鱇の土曜の町に吊られけり 成井 侃
鮟鱇の大口あいて笑ふ哉 寺田寅彦
鮟鱇の屈託の肝抜かれけり 村中[トウ]子
鮟鱇の強つくばりの口許よ 高澤良一 随笑
鮟鱇の愚にして咎はなかりけり 村上鬼城
鮟鱇の掟のごとく吊さるる 高橋ツトミ
鮟鱇の昨日の骨と今日の骨 すずきりつこ
鮟鱇の正体もなく糶られけり 高浜胡鈴子
鮟鱇の毀れし貌が競(せ)られけり 高澤良一 宿好
鮟鱇の泣き寝入りして買はれけり 堀口星眠 営巣期
鮟鱇の津波を起しさうな口 八牧美喜子
鮟鱇の海底の地震見たる貌 八牧美喜子
鮟鱇の涎の糸の地べたまで 十玉幸男
鮟鱇の涎汚れの土間辷り 日向正雅
鮟鱇の煮え隣の男の肘がさはる 梅林句屑 喜谷六花
鮟鱇の煮ゆる間侍り女将たり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の糶り落されしぬかり顔 白井爽風
鮟鱇の罪業深く吊されぬ 栗原米作
鮟鱇の聖者のごとく吊られけり 三谷 和子
鮟鱇の肝うかみ出し鮟鱇鍋 高濱虚子
鮟鱇の肝の四角の揺れてをり 山尾玉藻
鮟鱇の肝一樽や春の雪 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の肝喰つてまた逢ふ日まで 朝倉和江
鮟鱇の肝蒸し上る雪催 鈴木真砂女
鮟鱇の肝食べ頭怠る日 下田稔
鮟鱇の胆溢れゐる鉄の皿 二宮一知
鮟鱇の腸の潮水あふれけり 石脇みはる
鮟鱇の腸より天主立ちあがる 平井照敏 天上大風
鮟鱇の腸をたべたる深眠り 池田弥生
鮟鱇の腹たぶたぶと曳かれゆく 角川照子
鮟鱇の腹に納まる壺おもへ 中田剛 珠樹以後
鮟鱇の裏返されて糶られをり 山崎美白
鮟鱇の襤褸の中の骨太し 能村登四郎
鮟鱇の貌ほめあげて売られけり 那須淳男
鮟鱇の面構えして世を渡る 大月桃流
鮟鱇の面皮剥がれし眼かな 矢島渚男 梟
鮟鱇の顎の残る鉤を見き 八木林之介 青霞集
鮟鱇の顔俎板にのりきらず 能登裕峰
鮟鱇の飼はれてひげを静かにふる 永田耕一郎 氷紋
鮟鱇の首切られ且つ腹裂かれ 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の骨ねぶりゐる男かな 瀧澤伊代次
鮟鱇の骨のみいまだ吊られ居り 石井松江
鮟鱇の骨の干さるる酒房裏 松本悦子
鮟鱇の骨まで凍ててぶち切らる 加藤秋邨
鮟鱇の髭もて持たれ値ぎらるる 加藤秋邨 まぼろしの鹿
鮟鱇はゆるき外套着用す 安田千枝子
鮟鱇は海の蒼さを思ひをり 佐川広治
鮟鱇もわが身の業も煮ゆるかな 久保田万太郎(1889-1963)
鮟鱇も河豚も喰ふなり年の暮 寺田寅彦
鮟鱇やかげ膳据ゑて猪口一つ 飯田蛇笏 山廬集
鮟鱇や口をひらけハ肝を見る 松瀬青々
鮟鱇や小光が鍋にちんちろり 夏目漱石 明治四十一年
鮟鱇や店に生きゐて日暮れなる 中川宋淵
鮟鱇や木の葉のような大伯母来 上原勝子
鮟鱇や沓のとなへも二葉より 秋色 俳諧撰集玉藻集
鮟鱇や疾風のごとく夜が来て 小金まさ魚
鮟鱇や長安市上酒家の軒 妻木 松瀬青々
鮟鱇や鼠小僧を泊めし家 龍胆 長谷川かな女
鮟鱇をさくや裸灯低く吊り 赤沼薫
鮟鱇をねほりはほりとさはりけり 作山 大祐
鮟鱇をふりさけ見れば厨かな 其角
鮟鱇を一尾といふも愚かなり 相生垣瓜人
鮟鱇を吊して水を荒使ひ 堀之内和子
鮟鱇を吊りいそぐなり年の内 萩原麦草 麦嵐
鮟鱇を吊りざぶざぶと海暮るる 中 拓夫
鮟鱇を吊りまた銭の笊吊るよ 富岡掬池路
鮟鱇を喰らひ地獄に堕ちんかな 小澤實
鮟鱇を煮て面白き話せん 清水基吉
鮟鱇を煮るにも痩せて書淫の手(某氏を訪ふ) 石川桂郎
鮟鱇を腑におとしたるところなり 西村純吉
鮟鱇・銀河系よりぶらさがる 白澤良子
鮟鱇煮え巧言令色鮮矣仁 高澤良一 ぱらりとせ
鮟鱇煮て旧悪のごと職擲てり 小林康治 玄霜
鮟鱇煮る妻のたかぶり声なさず 杉山葱子
あんかうは癖のなき魚箸伸ばす 高澤良一 寒暑
あんかうや孕み女の釣るし斬り 夏目漱石 明治二十八年


鮟鱇 補遺

あんかうに一膳めしの行燈哉 政岡子規 鮟鱇
この一片この一塊鮟鱇の奈辺なる 上田五千石『天路』補遺
なりはひの日々鮟鱇と顔合はせ 鈴木真砂女 都鳥
ひたひに灯りを感じる鮟鱇をたべる 中川一碧樓
わたつみのこゑ鍋の鮟鱇食ふときも 森澄雄
イエスより軽く鮟鱇を吊りさげる 有馬朗人 母国
何くそと鮟鱇ぶつた切つてけり 阿波野青畝
冬日中鮟鱇吊られ罪あるごと 小林康治 四季貧窮
出刃を呑むぞと鮟鱇は笑ひけり 阿波野青畝
十字架を負ひ鮟鱇の骨垂れる 有馬朗人 母国
君を呼ぶ内證話や鮟鱇汁 政岡子規 鮟鱇
唇ゆがめつつ鮟鱇の片身そぐ 能村登四郎
寒き夜や家に歸れば鮟鱇汁 政岡子規 寒し
寒波来鮟鱇肝を値打とし 鈴木真砂女 夕螢
小鍋立借問す河豚か鮟鱇か 政岡子規 河豚
惨憺たる鮟鱇の顔今日終る 岸田稚魚 筍流し
昼月櫛形鮟鱇の肉吊し斬り 三橋鷹女
朝市の鮟鱇よべの肴なり 百合山羽公 樂土
橋の上で打切る鮟鱇底響く 中村草田男
洋前菜鮟鱇の胆でありけるよ 水原秋櫻子 蘆雁以後
糶り残るこの鮟鱇の面構へ 鈴木真砂女 紫木蓮
能登の海鮟鱇あげて浪平ら 前田普羅 能登蒼し
舟釣瓶ぶつかけられし鮟鱇かな 阿波野青畝
蓋取ツテ消息いかんにあんこ鍋 政岡子規 鮟鱇
行きまどふ鮟鱇の腹並びをり 飯島晴子
角のない牛といはれて鮟鱇提ぐ 大野林火 飛花集 昭和四十四年
貧てふ文字鮟鱇のごと吊したし 小林康治 四季貧窮
賣れ殘る鮟鱇買へと勸めけり 政岡子規 鮟鱇
雪嶺に消えし夕映鮟鱇割く 岡井省二 明野
風邪引の夜著打ちかぶり鮟鱇汁 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇ありと答へて鍋の仕度かな 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇と一対一の一句なり 鈴木真砂女 紫木蓮
鮟鱇に力いつぱい出刃庖丁 鈴木真砂女 都鳥
鮟鱇に喉ありて腸があり 岡井省二 前後
鮟鱇に大手ひろげて枯るるかな 斎藤玄 雁道
鮟鱇のあるかなき目の凍てにけり 百合山羽公 樂土以後
鮟鱇のよだれの中に小海老かな 阿波野青畝
鮟鱇のよだれの先がとまりけり 阿波野青畝
鮟鱇の七つ道具のどれに箸を 大野林火 飛花集 昭和四十四年
鮟鱇の削がれつくして凍てにける 小林康治 四季貧窮
鮟鱇の口あけて居る霰かな 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇の口から下がる臓腑かな 内藤鳴雪
鮟鱇の口が裂けても言へぬなり 安住敦
鮟鱇の吊るし切りとはいたましや 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇の子といふものを食はされぬ 星野麥丘人
鮟鱇の尾先地を擦る野の夕日 佐藤鬼房
鮟鱇の愚にして咎はなかりけり 村上鬼城
鮟鱇の涎出すぎてすべりけり 阿波野青畝
鮟鱇の煮ゆる間侍り女将たり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の肝がくちびるこのみけり 岡井省二 鯨と犀
鮟鱇の肝は食はずよ年忘 安住敦
鮟鱇の肝一樽や春の雪 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の肝蒸し上る雪催 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇の腸より天主立ちあがる 平井照敏 天上大風
鮟鱇の襤褸の中の骨太し 能村登四郎
鮟鱇の鉤より降りる時来たり 能村登四郎
鮟鱇の首切られ且つ腹裂かれ 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる 加藤秋邨
鮟鱇の髭もて持たれ値ぎらるる 加藤秋邨
鮟鱇は舌にて圧して食しにけり 岡井省二 鯛の鯛
鮟鱇やかげ膳据ゑて猪口一つ 飯田蛇笏 山廬集
鮟鱇や大聖歓喜自在天 岡井省二 鯛の鯛
鮟鱇を吊し魚屋夕景色 山口青邨
鮟鱇を吊せし下の魚かな 山口青邨
鮟鱇を煮るにも痩せて書淫の手 石川桂郎 含羞
鮟鱇を見つつわが顎撫でてをり 加藤秋邨
鮟鱇煮て旧悪のごと職擲てり 小林康治 玄霜

▼鮟鱇鍋

例句を挙げる。

たつぷりと海を見て来し鮟鱇鍋 山崎ひさを
ひとりごちひとり荒べる鮟鱇鍋 森澄雄
ほかの部屋大いに笑ふ鮟鱇鍋 深川正一郎
よく煮えて煮こぼれてゐて鮟鱇鍋 島村茂雄
デカルトを説き饒舌の鮟鱇鍋 新関一杜
世話物に出さうな夫婦鮟鱇鍋 中火臣
人並になりし五十の鮟鱇鍋 長谷川かな女 雨 月
十能に飯の引火や鮟鱇鍋 柑子句集 籾山柑子
夜は夜の神田ありけり鮟鱇鍋 清水双水
山鳥の尾の長酒や鮟鱇鍋 柑子句集 籾山柑子
帰る如来し江東や鮟鱇鍋 石田波郷
悪名もいまはむかしの鮟鱇鍋 鈴本真砂女
月を見て入りけり鮟鱇鍋の店 川崎展宏
東京は日暮の早し鮟鱇鍋 茂里正治
水洟や鮟鱇鍋の夜としぬ 森澄雄
沖の灯と見えて星出づ鮟鱇鍋 中拓夫
漆黒の怒濤ひびけり鮟鱇鍋 酒井みゆき
灯の下に鮟鱇鍋のありて煮ゆ 行方克巳
炭はねて眉根を打ちぬ鮟鱇鍋 中田余瓶
百年をまとめて忘れ鮟鱇鍋 須原和男
義士ふたり討入まへの鮟鱇鍋 秋山巳之流
肝いかゞいかゞと仲居鮟鱇鍋 森田峠 逆瀬川以後
葬りて鮟鱇鍋をつつきをり 仙田洋子 橋のあなたに
酒しみし卓のひかりや鮟鱇鍋 片山鶏頭子
酔うて寝るそれが船方鮟鱇鍋 加賀山たけし
隣席は男ばかりや鮟鱇鍋 栗山よし子
鮟鱇の肝うかみ出し鮟鱇鍋 高濱虚子
鮟鱇鍋かうなるまでを語り草 今泉貞鳳
鮟鱇鍋せんと大きな机かな 岸本尚毅 舜
鮟鱇鍋にんげんの闇あたたまり 河村四響
鮟鱇鍋はらからといふよき言葉 鈴本真砂女
鮟鱇鍋世に容れられずして久し 久米はじめ
鮟鱇鍋人の大金懐に 橋本花風
鮟鱇鍋人の運命をはかりゐる 清崎敏郎
鮟鱇鍋共に突つきて世に出でず 渡辺志水
鮟鱇鍋夜汽車を灯す海の音 伊藤淳子
鮟鱇鍋息子夫婦とつつき合ふ 長村雄作
鮟鱇鍋戸の開けたてに風入りぬ 館岡沙緻
鮟鱇鍋昨日といへど遙かかな 角川春樹
鮟鱇鍋箸もぐらぐら煮ゆるなり 高浜虚子
鮟鱇鍋老舗しづかに客満ちて 佐久間木耳郎
鮟鱇鍋腑分けのごとき箸遣ひ 関森勝夫
鮟鱇鍋舌あざやかにあやつれり 小林康治
鮟鱇鍋諫めて父をかなします 大石悦子 群萌
鮟鱇鍋路地に年月重ねたり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇鍋酔の壮語を楯として 小林康治 玄霜
鮟鱇鍋酔顔やさしと言はれをり 奈良文夫
鮟鱇鍋風の勿来を降りてきて 古舘曹人 樹下石上
鮟鱇鍋騙されまじくよばれゐる 山野邊としを
あんこう鍋皆いつぱしの顔もてり 荒井正隆
あんこう鍋神田は路地の二階にて 藤岡筑邨


鮟鱇鍋 補遺

いつしかを自に溺れゐつ鮟鱇鍋 山田みづえ 忘
ひとりごちひとり荒べる鮟鱇鍋 森澄雄
何もかも水に流して鮟鱇鍋 鈴木真砂女 居待月
傾城を買ひに往く夜や鮟鱇鍋 政岡子規 鮟鱇
六人に女一人や鮟鱇鍋 星野麥丘人
句作りは二の次にして鮟鱇鍋 村山故郷
年忘れ鮟鱇鍋の箸敵 百合山羽公 樂土以後
悪名もいまはむかしの鮟鱇鍋 鈴木真砂女 夏帯
父の血を受けて気短鮟鱇鍋 鈴木真砂女 居待月
老妻の火を吹く顏や鮟鱇鍋 政岡子規 鮟鱇
遺産なければ遺言もなし鮟鱇鍋 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇鍋かしこき人も食うべけり 亭午 星野麥丘人
鮟鱇鍋はらからといふよき言葉 鈴木真砂女 居待月
鮟鱇鍋七つ道具の四つ五つ 百合山羽公 樂土以後
鮟鱇鍋人の運命をはかりゐる 清崎敏郎
鮟鱇鍋女房に酒をすゝめけり 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇鍋河豚の苦説もなかりけり 政岡子規 鮟鱇
鮟鱇鍋浚つて鍋の残りけり 百合山羽公 樂土以後
鮟鱇鍋話し上手が一人ゐて 鈴木真砂女 紫木蓮
鮟鱇鍋路地に年月重ねたり 鈴木真砂女 夕螢
鮟鱇鍋酔の壮語を楯として 小林康治 玄霜
鮟鱇鍋風の勿来を降りてきて 古舘曹人 樹下石上

以上
by 575fudemakase | 2016-01-27 00:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

初氷の俳句

初氷の俳句

初氷

例句を挙げる。

きのふより母訪ふこころ初氷 神尾久美子 桐の木
けたたまし百舌鳥に目覚しが初氷 荻原井泉水
つくばひの柄杓を噛みし初氷 間地みよ子
ひそひそと何の満ちくる初氷 鷲谷七菜子 游影
一塵を許さざる地の初氷 石田勝彦 秋興
二上山の雀いろどき初氷 後藤綾子
人送るための早起き初氷 奥田智久
兎より覚めたる一戸初氷 神尾久美子 桐の木以後
出来上るその日普請や初氷 井月の句集 井上井月
初氷つついて人の通りゐし 司城 容子
初氷やす女が鼠かじりけり 龍岡晋
初氷何こぼしけん石の間 蕪村
初氷何して過ぎし昨日かな 中村汀女
初氷割りて登校下校かな 稲畑廣太郎
初氷回想つねに一破片 本田秋風嶺
初氷夜も青空の衰へず 岡本眸
初氷尾を大切に尾長跳ぶ 堀口星眠 営巣期
初氷島のなかとも思はれず 飯島晴子
初氷朝日まぶしく夫送る 岳間沢敏子
初氷木立よそよそしくありぬ 大久保石漱
初氷煙草くささの中也集 竹中宏 饕餮
初氷紅き毛絲を織り込めし 久米正雄 返り花
初氷許由此の朝掬(きく)すれば 黒柳召波 春泥句集
初氷踏みにブーツを穿いて来し 後藤夜半 底紅
初氷面皮のごとく剥したる 稲垣きくの 牡 丹
初氷鳩の紅脚よく動く 川村五子
又水にもどるもはやし初氷 超雪 選集古今句集
塩田に残る筋目や初氷 谷渡末枝
夕やけや唐紅の初氷 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
妻として来て初氷割りにけり 杉山岳陽 晩婚
少年の息のかかりし初氷 岸田稚魚 『萩供養』
手にとりて畳平の初氷 高澤良一 素抱
手へしたむ髪のあぶらや初氷 太祇
手際よく雨戸繰る子や初氷 菊池志乃
抜け羽が降りてくるなり初氷 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
朝暾の垣根に赤し初氷 瀧井孝作
桶底の豆腐真白し初氷 草皆五沼
汀よりさし入るひかり初氷 鷲谷七菜子 花寂び 以後
炭の屑掃きある谷の初氷 宇佐美魚目 秋収冬蔵
田雀の翔つてあとなし初氷 石田勝彦 秋興
白樺の無垢の林立初氷 大岳水一路
糸で明くからくりの目や初氷 宇佐美魚目 天地存問
織り上げし紬一反初氷 神尾久美子 桐の木
耳たぶは果実のごとし初氷 大木あまり 火球
芹焼や裾輪の田井の初氷 松尾芭蕉
菊菜摘む指先にふれ初氷 篠原 晶
被死ましし磐余の初氷 後藤綾子
起さるる来翰よ初氷よと 皆吉爽雨
遅刻教師に八方まぶし初氷 福永耕二
鉢もののまた一つ枯れ初氷 宇佐美魚目 秋収冬蔵
雀らの会話はじまる初氷 平坂万桑
鴨撃ちの通りしあとの初氷 長谷川かな女

初氷 補遺

うすうすとうつる朝日や初氷 政岡子規 初氷
おとろへのおもてになじむ初氷 飯島晴子
きのふ或る男を嗤ひ初氷 藤田湘子 神楽
とする間に水にかくれつ初氷 炭 太祇
ひそひそと何の満ちくる初氷 鷲谷七菜子 游影
ひとしれず親の山より初氷 飯島晴子
ケーキ屋の前に張りたる初氷 岸田稚魚 紅葉山
一塵を許さざる地の初氷 石田勝彦 秋興
一觜の鷺の力やはつごほり 三宅嘯山
今朝は先消てみするや初氷 炭 太祇
分枚に鳴らずのピアノ初氷 鷹羽狩行
初氷さらにも松のひびき合ひ 岸田稚魚
初氷とても生傷まぬがれず 岡本眸
初氷北斗封じて小田寝かす 秋元不死男
初氷厚き色なし氷りけり 岸田稚魚 紅葉山
初氷嗾けられてをりにけり 飯島晴子
初氷夜も青空の衰へず 岡本眸
初氷島のなかとも思はれず 飯島晴子
初氷毬ころがつて来たりけり 岸田稚魚 紅葉山
初氷許由此朝掬すれば 黒柳召波
初氷踏みにブーツを穿いて来し 後藤夜半 底紅
少年のこゑのいらだち初氷 岸田稚魚 紅葉山
少年の息のかかりし初氷 岸田稚魚
後頭に錐の感触初氷 佐藤鬼房
慌しき日の始まりの初氷 岸田稚魚 紅葉山
手へしたむ髪のあぶらや初氷 炭 太祇
支那鉢の黄龍映し初氷 山口青邨
散紅葉交へて離々と初氷 川端茅舎
松籟の耳に憑きたる初氷 岸田稚魚 紅葉山
汀よりさし入るひかり初氷 鷲谷七菜子 游影
煙突は煙弾ませ初氷 石田波郷
田雀の翔つてあとなし初氷 石田勝彦 秋興
田鼠のはしる音あり初氷 政岡子規 初氷
石垣をにじむ水なり初氷 平井照敏
神の池しづまりかへる初氷 山口青邨
神の池まことにしづか初氷 山口青邨
神鶏の朱のうつくしき初氷 鷹羽狩行
糊米や水すみかねて初ごほり 許六
絵をみるや袖の雫の初氷 此筋
諏訪の神の狐と現じ初氷 政岡子規 初氷
赤き実を秘めつくばひの初氷 鷹羽狩行
隠沼の草折しるく初氷 山口青邨
隠沼の雲もうつさず初氷 山口青邨
馬渡るかたや湖水の初氷 政岡子規 初氷
鴨の胸けさ押したたむ初氷 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-01-26 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

初霜の俳句

初霜の俳句

初霜

例句を挙げる。

さめざめと初霜きゆる佳き日なり 松村蒼石 春霰
ちから芝初霜かぶりたかぶりぬ 前田普羅
やはらかに青草充ちて初霜す 松村蒼石 雪
わが名づく赤子つよかれ初霜に 長谷川かな女 花寂び
一つ葉に初霜の消え残りたる 高浜虚子
一刻の炊ぎのけむり初霜消 原石鼎 花影以後
人影す堆の初霜あたゝかに 西島麦南
初霜にとぢこめられし山の音 吉年虹二
初霜に櫛目を正す朝の日箭 有馬籌子
初霜に焚く櫻葉の匂ひかな 松瀬青々
初霜に胸埋め嵯峨の石仏は 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
初霜に覆ひかかるや闇の星 千川 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜のありし纜解きにけり 秋山英子
初霜のありたる無人駅ホーム 有永 千里
初霜のありとしもなき波郷の墓 飯島晴子
初霜のことし大霜でありにけり 原石鼎 花影以後
初霜のぬれて日和や譜に朱うつ 原石鼎 花影以後
初霜のまとめられたる無縁墓 鷲谷七菜子 花寂び 以後
初霜のデッキ味噌汁匂ひ来し 鴨下秀峰
初霜の坂口の竹明りかな 梶千秋
初霜の奈良田の宿の十三夜 田中冬二 俳句拾遺
初霜の朝市にゐる迷ひ犬 藤本朋子
初霜の来し上州と聞きしより 稲畑汀子
初霜の柿や天地を貫けり 瀧井孝作
初霜の沙汰や頃日葱蕪 笠斎
初霜の消え束の間の野の光 河野美奇
初霜の石を崩して堰普請 及川仙石
初霜の置く石の臼茎の石 青木重行
初霜の金柑残る葉越しかな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
初霜の金柑見ゆる葉越しかな 芥川龍之介 澄江堂句抄
初霜の降りて暦日過たず 浜渦美好
初霜の降る音聞いてゐる玻璃戸 梶尾黙魚
初霜は裏羊蹄の翳に踏む 古舘曹人 能登の蛙
初霜やあはれはまろぶざくろの実 久保田万太郎 流寓抄以後
初霜やいよよ百目柿の甘からん 依光陽子
初霜やうす紅の鳩の脚 四明句集 中川四明
初霜やけさおとなしき鹿島灘 藤田あけ烏 赤松
初霜やさすが都の竹箒 炭 太祇 太祇句選後篇
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城(1901-56)
初霜やむらさきがちの佐久の鯉 皆川盤水
初霜ややさしくなりぬ山の色 神原栄二
初霜やわが母なれど面冴え 中村汀女
初霜やわづらふ鶴を遠く見る 蕪 村
初霜やガラス隔てて吾子と会ふ 高橋悦男
初霜や七夜の朝の樽ざかな 荊口 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜や余白なき日を繰り返し 大島民郎
初霜や勝手のちがふ酒の燗 中村史邦
初霜や唐招提寺志す 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初霜や小笹が下のえびかづら 素牛 俳諧撰集「藤の実」
初霜や嵩減り枯れて箒草 西山泊雲 泊雲句集
初霜や川上は墓地のあるところ 辺見じゅん
初霜や底より湧いて鯉の色 広瀬直人
初霜や復旧までの仮の橋 枡田国市
初霜や掌にしたゝらす髪油 青木喜久
初霜や斧を打ちこむ樹の根つこ 秋元不死男
初霜や火事跡といふ黒きもの 鷹羽狩行
初霜や烏を懼すからす羽に 高井几董
初霜や片脚立ちに神の鶏 鈴木花重
初霜や物干竿の節の上 永井荷風
初霜や犬溺する橋のもと 寺田寅彦
初霜や甘藍緊まり極まれば 林原耒井 蜩
初霜や矮鶏諍ふ神の庭 牧野暁行
初霜や稲扱きの歯に降りにけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
初霜や粉な屋の驢馬の耳機嫌 四明句集 中川四明
初霜や素焼の土器に御饌の塩 玉貫甲子郎
初霜や茎の歯ぎれも去年迄 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
初霜や茶椀を握る掌 秋来
初霜や菊冷え初むる腰の綿 松尾芭蕉
初霜や落葉の上の青笹に 泉鏡花
初霜や藁燃えて居る土手の上 寺田寅彦
初霜や藪に隣れる住み心 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
初霜や障子にこもる陽の翅音 篠田悦子
初霜や雀居並ふ疎籬斜め 尾崎紅葉
初霜や麦の芽二寸ばかりなり 寺田寅彦
初霜や麦まく土のうら表 北枝 霜 月 月別句集「韻塞」
初霜や黄葉ほろ~と垣枳殻 西山泊雲 泊雲句集
初霜を鴉のわたる佛國寺 三好達治 路上百句
初霜消花の咲く木の葉の上に 原石鼎 花影以後
初霜越えて逃れにゆく祈りにゆく 平畑静塔
医師去つて初霜の香の残りけり 野澤節子 黄 瀬
子をふちどる朝日の赤さ初霜す 大熊輝一
桑焦がすほどの初霜には非ず 荒川あつし
沼べりに初霜コメデアン死んで 栗林千津
縄切れに置く初霜やいろは蔵 野村喜舟
縫ひ進む糸か初霜むすぶ音か 永井龍男
踏んで見もして初霜の解けやすき 篠崎 杏二
雁来ればすぐ初霜や伊賀盆地 橋本鶏二

初霜 補遺

はつしもに何とおよるぞ船の中 其角
はつしもや飯の湯あまき朝日和 三浦樗良
はつ霜にむかしを招く花すゝき 智月尼
はつ霜に明てや菴の菊見舞 井上士朗
はつ霜に行や北斗の星の前 百歳
はつ霜の泥によごれつ草の蛇 除風
はつ霜の置や菜の葉のよはり口 許六
はつ霜や名乗くはゝる菊ばたけ 去来
はつ霜や犬の土かく爪の跡 北鯤
はつ霜や芦折違ふ浜づゝみ 支考
はつ霜や衾にこもる鐘の声 野坡
はつ霜や野わたしに乗馬の息 高井几董
はつ霜を鼻に付たる狗子哉 一笑(金沢)
やはらかに青草充ちて初霜す 松村蒼石 雪
一刻の炊ぎのけむり初霜消 原石鼎 花影以後
初霜に何とおよるぞ舟の中 宝井其角
初霜に木の葉撥捜し百舌鳥の啼 高桑闌更
初霜に横たへて積む葡萄杭 廣瀬直人
初霜に気違ひ茄子の傲るなり 相生垣瓜人 明治草
初霜に流るゝ馬の尿かな 日野草城
初霜に温泉けぶり立ちて菊黄なり 水原秋櫻子 磐梯
初霜に覆ひかゝるや闇の星 千川
初霜に負けて倒れし菊の花 政岡子規 初霜
初霜のありしと告げてゐる大地 稲畑汀子
初霜のありたる土の濡れてをり 稲畑汀子
初霜のあるかなきかを掃きにけり 鷹羽狩行
初霜のことし大霜でありにけり 原石鼎 花影以後
初霜のぬれて日和や譜に朱うつ 原石鼎 花影以後
初霜の大霜なるに驚けり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
初霜の来しときりきリ拭掃除 高田風人子
初霜は裏羊蹄の翳に踏む 古舘曹人 能登の蛙
初霜やうかゞひ上ゲし鹿の足 野坡
初霜やきのふ蒔きたる紅粉花の種 山口青邨
初霜やさすが都の竹箒 炭 太祇
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城
初霜やほほづきいろにほほづきは 山口青邨
初霜ややねから落る瓦まで 許六
初霜や七夜の朝の樽ざかな 荊口
初霜や三とせにかはる今朝の松 嵐青
初霜や人馬に消ゆる谷の径 飯田蛇笏 家郷の霧
初霜や何に冬瓜の花ひとつ 早野巴人
初霜や兒の手柏のふたおもて 政岡子規 初霜
初霜や勝手のちがふ酒の燗 史邦
初霜や味なきものゝ残る畑 四睡
初霜や寒き茄子の咲おさめ 桃妖
初霜や小笹が下のえびかづら 惟然
初霜や朝日を含む本願寺 政岡子規 初霜
初霜や朝餉のあとの茶のかをり 日野草城
初霜や束ねよせたる菊の花 政岡子規 初霜
初霜や梢も老の一はれ着 野坡
初霜や楮仕付しあら起し 卓池
初霜や水は煙て仕舞顔 朱拙
初霜や湖に青藻の靄がくれ 飯田蛇笏 山廬集
初霜や烏を懼すからす羽に 高井几董
初霜や田の土とりて竈をぬる 建部巣兆
初霜や石まろければ頂に 山口青邨
初霜や砂に鰯の反かえり 支考
初霜や紫の玉みやげとし 細見綾子
初霜や肌八方に人の棘 飯田龍太
初霜や肌自き烏賊耀を待つ 阿波野青畝
初霜や茎の歯ぎれも去年迄 小林一茶
初霜や茶薗かやはら朝ぼらけ 野坡
初霜や藪の小社に小豆めし 除風
初霜や見しらぬ枝の逆おとし 舎羅
初霜や鏡にうつる鬢の上 政岡子規 初霜
初霜や鐘楼の道の履の跡 許六
初霜や鶏頭紅を極めたる 森澄雄
初霜や黒木いたゞく懐手 露川う
初霜をいたゞき連れて黒木売 内藤鳴雪
初霜をかしらの花や老の杖 十丈
初霜を尖にみるや秋のすゑ 紫白女
初霜を見に出る さいわい 墓地がある 伊丹三樹彦
初霜を身におきたらん如く老ゆ 山口青邨
初霜消花の咲く木の葉の上に 原石鼎 花影以後
医師去つて初霜の香の残りけり 野澤節子 未明音
千枚漬はつ霜ごろのぬめり出て 能村登四郎
昔日ニ休ス初霜ワガ実存 永田耕衣
登校の子に初霜の牧場口 飯田龍太
百花園初霜の門ひらきけり 鈴木真砂女 都鳥
逝く人に初霜をおく桐畑 飯島晴子

以上
by 575fudemakase | 2016-01-25 00:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

山茱萸の芽 花の俳句

山茱萸の芽 花の俳句

例句を挙げる。

このところ霞む記憶と山茱萸と 高澤良一 随笑
さきがけはいつも孤独の山茱萸黄 岩岡中正
しのびあふけものありけり花さんしゅゆ 田波富布
どうかうもなく山茱萸の醜(しこ)もみぢ 高澤良一 鳩信
どうでもよいやうに山茱萸なりにけり 高澤良一 素抱
のほほんとして山茱萸の花ほとり 高澤良一 寒暑
会ふよりも訣るる齢山茱萸に 後藤比奈夫 花びら柚子
余寒なほ山茱萸の粗衣なぶる風 高澤良一 素抱
土佐みづき山茱萸も咲きて黄をきそふ 水原秋櫻子
夫の死後山茱萸は来て拝む花 殿村菟絲子 『樹下』
居候然たり花了ふ山茱萸は 高澤良一 寒暑
山茱萸(ぐみ)のかざしや重きふじ颪 服部嵐雪
山茱萸が咲いて初陣めける日よ 高澤良一 素抱
山茱萸が咲きぬ陽気もよくなりぬ 高澤良一 鳩信
山茱萸が眼ひらくやうに今に咲く 細見綾子 花寂び
山茱萸といふ字を教ふたなごころ 西村和子 かりそめならず
山茱萸と云へば和菓子の黄味しぐれ 高澤良一 寒暑
山茱萸と知りてはなるる月の中 加藤楸邨
山茱萸にきれいな日向ありにけり 大木あまり 雲の塔
山茱萸にけぶるや雨も黄となんぬ 水原秋櫻子
山茱萸にことしの花や常楽会 榎本野影
山茱萸に大戸をおろすごと逝きぬ 栗林千津
山茱萸に日はとどまれり休め窯 宮下翠舟
山茱萸に日はまだ粗き洗濯物 高澤良一 素抱
山茱萸に明るき言葉こぼし合ふ 鍵和田[ゆう]子
山茱萸に碓氷ふるみち曇りけり 堀口星眠 営巣期
山茱萸に雀斑眩しく移公子癒ゆ 石田あき子 見舞籠
山茱萸のきらめく日とは言ひ難し 古舘曹人 能登の蛙
山茱萸のそらいちめんに嵐かな 古館曹人
山茱萸のどこさびしきや黄はさびし 及川貞 榧の實
山茱萸の一昨昨日より咲けるとや 高澤良一 さざなみやっこ
山茱萸の一老木の花明り 菊池麻風
山茱萸の向ふ側より差し込む旭 高澤良一 ぱらりとせ
山茱萸の咲きつづる谷猿の恋 堀口星眠 営巣期
山茱萸の咲き満ち五体に疼きなし 星野紗一
山茱萸の夜明を阻む雨くらし 水原秋櫻子
山茱萸の弾けてぽっと夕日中 高澤良一 宿好
山茱萸の日暮れ惜しまむ片田舎 高澤良一 素抱
山茱萸の昼の深さの花明り 伊藤芙美子
山茱萸の枝に提燈かけてあり 田中冬二 行人
山茱萸の無頼を通し来て浅春 高澤良一 素抱
山茱萸の盛りの枝の錯落す 富安風生
山茱萸の直ぐなる先に星生まれ 廣瀬直人
山茱萸の窶れ夕日にあはれまる 高澤良一 素抱
山茱萸の花ちちよりのメッセージ 栗林千津
山茱萸の花にぞろりと佇める 深見けん二
山茱萸の花に披きて細字読む 後藤夜半
山茱萸の花のこぞりて黄を凝らす 塩川雄三
山茱萸の花の数ほど雫ため 今井つる女
山茱萸の花やあたりは彩なき木 宮津昭彦
山茱萸の花やしみじみと加齢 金子皆子
山茱萸の花完結のなく続く 後藤夜半 底紅
山茱萸の花影あそぶ弥陀の膝 水野すみ子
山茱萸の蕾のはなればなれなる 高濱年尾
山茱萸の貴い黄いろ海があり 駒 志津子
山茱萸の道も三日を経にけるや 田中裕明 花間一壺
山茱萸の銀河系めくひろがりに 鳥居おさむ
山茱萸の黄が開け放つ朝なりき 高澤良一 素抱
山茱萸の黄にむらありて鄙曇 高澤良一 ももすずめ
山茱萸の黄に染み紫煙ゆらとある 太田鴻村 穂国
山茱萸の黄の点描や朝の椅子 水野すみ子
山茱萸の黄はおほひ得ず春の雪 及川貞 榧の實
山茱萸の黄み朝が来て日が昇る 高澤良一 宿好
山茱萸の黄や町古く人親し 大野林火
山茱萸の黄を春色の出入口 後藤比奈夫
山茱萸の黄を解きしより雨がちに 新川智恵子
山茱萸は咲きまんさくは綻びぬ 鈴木貞雄
山茱萸やどこか幽かに点滴す 篠田悌二郎
山茱萸やひと日がつまる西の島 古舘曹人 樹下石上
山茱萸やまばたくたびに花ふえて 森澄雄
山茱萸や合格の子の手の火照り 原田天秋
山茱萸や地震の翳りや紬織る 加藤知世子 花寂び
山茱萸や山国のものみな素顔 黒川憲三
山茱萸や日は月いろに扇状地 古舘曹人 樹下石上
山茱萸や近衛家遺品寂びにけり 那須乙郎
山茱萸や首欠けてなほ子を抱く像 藤岡筑邨
山茱萸咲く笙・篳篥の樂あらな 高澤良一 素抱
帝王学山茱萸明り取り込んで 高澤良一 素抱
庭に色あるは山茱萸実朝忌 及川貞 榧の實
日に痴れし山茱萸日々の眺めとし 高澤良一 寒暑
旭の黄み山茱萸の黄み睦まじく 高澤良一 宿好
枯色に山茱萸の黄の新しや 高木晴子
法起寺の山茱萸恋ほしと思ふころ 大橋敦子 勾 玉以後
渋さとは恰好よさとは山茱萸咲く 高澤良一 素抱
王道は山茱萸の黄を貫きて 高澤良一 素抱
秋の情ふかし山茱萸折り持てば 岸風三楼 往来
空青く山茱萸が咲き風生忌 浅野敏夫
窶れもう取り繕へぬ花さんしゆゆ 高澤良一 素抱
綻び出す庭山茱萸に雨の滋味 高澤良一 宿好
老師すこやか鎌倉山の山茱萸に 及川貞 榧の實
花さんしゆゆ三河も奥の風生る村 井桁衣子
花さんしゆゆ日差しに斑のありにけり 高澤良一 さざなみやっこ
花つけてとっても寒き日の山茱萸 高澤良一 宿好
莟解くさんしゆゆ雨を心待ち 高澤良一 ももすずめ
闇の山茱萸/山姫/ 憑きの/山岡頭巾 林桂 銀の蝉
雲来しと雲の行きしと山茱萸黄 後藤比奈夫
風の日の山茱萸よりも日の弱気 高澤良一 素抱
魂おくる山茱萸はいま花籠 金子皆子
パッパッとさんしゅゆの黄を振撒ける 高澤良一 ももすずめ
さんしゆゆの鶸色に母屋没しけり 高澤良一 ももすずめ
さんしゆゆの葉裏に蜂の小さな巣 高澤良一 ももすずめ
花山茱萸いり玉子めき夕日中 高澤良一 さざなみやつこ
さんしゅゆの炒り卵咲き朝の日に 高澤良一 随笑
さんしゆゆの持ち味曇れば曇る形(なり) 高澤良一 素抱
さんしゆゆの花了ふ翳がよぎるごと 高澤良一 素抱
さんしゆゆの黄を振り撒くは善意に似て 高澤良一 素抱
さんしゆゆ見て思ひ当たるは鉦のいろ 高澤良一 素抱
さんしゆゆの彩させる芽の暮れかかり 高澤良一 石鏡

山茱萸の芽、花 補遺

さんしゆゆの花にたとへてわが盛り 森澄雄
さんしゆゆの花のこまかさ相ふれず 長谷川素逝 暦日
さんしゆゆの花をことしは君かざす 山口青邨
さんしゆゆの花歯刷子を口にして 亭午 星野麥丘人
さんしゆゆの花鎌倉に呼び出され 燕雀 星野麥丘人
さんしゆゆの黄の俄なり涅槃西風 石田波郷
ふさはしき山茱萸の花涅槃にて 森澄雄
みそつ歯で山茱萸噛んで幼姉妹 中村草田男
人よりも山茱萸の黄の古びたる 後藤比奈夫
仏飯を盛る山茱萸の雨あかり 能村登四郎
会ふよりも訣るる齢山茱萸に 後藤比奈夫
土佐みづき山茱萸も咲きて黄をきそふ 水原秋櫻子 磐梯
壷は流す白緑の釉山茱萸活け 山口青邨
山茱萸が咲いて佛の鳴りものよ 岡井省二 山色
山茱萸が眼ひらくやうに今に咲く 細見綾子
山茱萸と日輪うかぶ雨の中 水原秋櫻子 餘生
山茱萸と知りてはなるる月の中 加藤秋邨
山茱萸にけぶるや雨も黄となんぬ 水原秋櫻子 古鏡
山茱萸に復活祭のくる掲示 後藤比奈夫
山茱萸に疾風雲立つその暗さ 水原秋櫻子 帰心
山茱萸に迫りし大雨外れにけり 水原秋櫻子 蘆雁
山茱萸のきらめく日とは言ひ難し 古舘曹人 能登の蛙
山茱萸のずはえが根から出て花す 右城暮石 句集外 昭和十二年
山茱萸のどこさびしきや黄はさびし 及川貞 榧の實
山茱萸の咲くより夜々の靄ふかき 岡本眸
山茱萸の空に肩先並べけり 飯島晴子
山茱萸の簪なりける崖の上 石塚友二 玉縄抄
山茱萸の花けふよりは湖の人 岡井省二 有時
山茱萸の花にぞろりと佇める 深見けん二
山茱萸の花の黄色は濃かりけり(当麻寺三句) 細見綾子
山茱萸の花や水鳥遊べるに 山口青邨
山茱萸の花完結のなく続く 後藤夜半 底紅
山茱萸の花粉拭き取る畳かな 波多野爽波
山茱萸の花老に今日老に明日 後藤比奈夫
山茱萸の風にゆれあふ実を擇りぬ 飯田蛇笏 山響集
山茱萸の黄はおほひ得ず春の雪 及川貞 榧の實
山茱萸の黄や町古く人親し 大野林火 雪華 昭和三十六年
山茱萸の黄を春色の出入口 後藤比奈夫
山茱萸の黄を長考の黄となせる 後藤比奈夫
山茱萸は取り木の土に花つけて 右城暮石 句集外 昭和十六年
山茱萸は禅門貝母浄土門 後藤比奈夫
山茱萸は蕾でさへもまぶしさよ 細見綾子
山茱萸やひと日がつまる西の島 古舘曹人 樹下石上
山茱萸やまばたくたびに花ふえて 森澄雄
山茱萸や人に伝へぬ京泊り 上田五千石『琥珀』補遺
山茱萸や師情あるとき胸くるし 能村登四郎
山茱萸や日は月いろに扇状地 古舘曹人 樹下石上
山茱萸をいまの齢のよしとする 山口誓子
山茱萸を仏花にもして当麻寺(当麻寺三句) 細見綾子
山茱萸を活けて終日雨を聴く 山口青邨
山茱萸を見て得し風邪は悔もなし 水原秋櫻子 餘生
山茱萸越しに露天湯の見ゆる部屋 能村登四郎
峠より折り来しばかり山茱萸よ 山口青邨
庭に色あるは山茱萸実朝忌 及川貞 榧の實
日照雨降り山茱萸のみに降る如し 水原秋櫻子 緑雲
梅月夜なりし山茱萸月夜とも 後藤比奈夫
生命なり白梅山茱萸に埋れる 金子兜太
空青くして山茱萸の黄金咲き 鷹羽狩行
老師すこやか鎌倉山の山茱萸に 及川貞 榧の實
老歩遅々山茱萸の雨に傘さして 水原秋櫻子 蘆雁
貧相な山茱萸これはこれで好き 飯島晴子
連翹の黄は見習はず山茱萸黄 後藤比奈夫
門二つ山茱萸の雨木瓜の雨 水原秋櫻子 殉教
雲来しと雲の行きしと山茱萸黄 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-01-24 00:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

金縷梅の俳句

金縷梅の俳句

金縷梅

例句を挙げる。

きのふ今日まんさくの黄に適ふ空 山田弘子
まんさくが赤く黄色く咲きにけり 林紀之助
まんさくと見て陶窯へ磴高し 石川桂郎 四温
まんさくにみちのくを恋ふ師弟かな 森田峠 避暑散歩
まんさくに三人連れの二人寄る 小西久子
まんさくに四通八達風のみち 高澤良一 さざなみやっこ
まんさくに夕べのいろや小海線 大嶽青児
まんさくに山の明るさ貰ひけり 船水ゆき
まんさくに昼の風向きかはりけり 高澤良一 さざなみやっこ
まんさくに水激しくて村しづか 飯田龍太
まんさくに滝のねむりのさめにけり 加藤楸邨
まんさくに風めざめけり雑木山 行方寅次郎
まんさくのすつかり咲いてしまひけり 片山由美子
まんさくのぬくもりほどでよろしいの 直江裕子
まんさくのよぢるる花に虻生まる 八木林之介 青霞集
まんさくのカイゼル髯の風そろと 高澤良一 ももすずめ
まんさくの一枝余さず山日和 宇佐美ふき子
まんさくの咲いてころころ水の音 赤松子
まんさくの咲きて冷たさ幹にあり 太田土男
まんさくの枯葉落さず咲きにけり 長崎小夜子
まんさくの淡き雪嶺にかざし見て 阿部みどり女
まんさくの花びら縒を解きたる 仁尾正文
まんさくの花咲く下は川普請 田中冬二 俳句拾遺
まんさくの花瀬しぶきにこぼれずや 森田峠
まんさくの貴船の奥へ下校の子 山本洋子
まんさくの隙間だらけの花愛す 高澤良一 素抱
まんさくの黄のなみなみと暮れにけり 古館曹人
まんさくはまだ餅を負い田を越えて 和知喜八 同齢
まんさくは印度舞踊の手のかたち 穂苅富美子
まんさくは煙りのごとし近よりても 細見綾子 黄 瀬
まんさくは薄日の力溜めて咲く 柴田白葉女 『月の笛』
まんさくは鬼の振りむいてゆきし花 岩淵喜代子
まんさくも挿しまゐらせて針供養 荒井正隆
まんさくやおぼここけしの眼の潤み 姉崎 昭
まんさくやかへりみて誰も居らぬ路 瀧春一 菜園
まんさくやこどもの涙うすみどり 星野麥丘人
まんさくやひたすら濡るゝ崖の傷 草間時彦
まんさくやまた雪となる吉野越 笹井武志
まんさくややうやくペンが箸が持て 奥谷郁代
まんさくや一重瞼のいとこたち 柚木紀子
まんさくや人のかたちは火のかたち 森田緑郎
まんさくや前生の暗ン臍の緒に 小檜山繁子
まんさくや岩松採りの巌くさび 西本一都 景色
まんさくや峡人はまだ外に出でず 森澄雄 花眼
まんさくや日照雨いつしか土砂降りに 岡田日郎
まんさくや春の寒さの別れ際 籾山梓月
まんさくや昼をほとびて雪の山 上田五千石 琥珀
まんさくや極楽寺坂なだらかに 吉田未灰
まんさくや水いそがしきひとところ 岸田稚魚 筍流し
まんさくや油土塀は昏れてゐて 中川禮子
まんさくや町よりつゞく雪の嶺 相馬遷子 山河
まんさくや竹曳く牛のあそびをる 関戸靖子
まんさくや笑みて歯欠けの山童 上田五千石 琥珀
まんさくや谺返しに水の音 岸野千鶴子
まんさくや赤子のやうな日が昇り 鷲谷七菜子 天鼓
まんさくや雪に変はりし山の雨 つじ加代子
まんさくや麓をさらに長歩き 猪俣千代子 秘 色
まんさく咲きしか想いは簡単になる 金子皆子
吉兆の糸を繰り出す花まんさく 佐藤美恵子
好日の古刹金縷梅明かりかな 立川猿子
山茱萸は咲きまんさくは綻びぬ 鈴木貞雄
曳馬野にこのごろ減りし花まんさく 伊藤敬子
淡白や金縷梅見にゆく山住まい 森下草城子
紅まんさく霧のしたびに火を蔵す 栗生純夫 科野路
言葉ほぐるるごと金縷梅の花ひらく 鈴木貞雄
金縷梅に毫も匂ひのなかりけり 飯島晴子
金縷梅の折口白し墓地を行く 阿部みどり女 『陽炎』
金縷梅の花咲く下の川普請 田中冬二 行人
金縷梅の黄色は中華菓子のいろ 高澤良一 素抱
金縷梅やのつたりと出て雲氷る 中拓夫
金縷梅やふくらみはやき女のこゑ 小松崎爽青
金縷梅や太きウエスト笑ひ合ふ 鍵和田[ゆう]子
金縷梅や帽を目深に中学生 川崎展宏
金縷梅や杣炭焼は祭顔 前田普羅 飛騨紬
金縷梅や留守居のごとき昼餉して 手塚美佐
金縷梅や職得て髪を短くす 伊藤いと子
雪崩あとの岩青し金縷梅の花つけて 内藤吐天
雪嶺の襞しんしん蒼し金縷梅咲く 加藤知世子
雪撓ひしてゐて金縷梅咲きにけり 加藤知世子
風の空まんさく人を立たしむる 阿部みどり女
桃・満作咲きてとんとん拍子の春 高澤良一 寒暑
満作の花ろうたげな気息かな 高澤良一 寒暑
満作の昼素通りの郵便夫 高澤良一 寒暑
満作の小出しに咲ける臆病花 高澤良一 寒暑
支那満作風に緩みの見えにけり 高澤良一 素抱
満作はお天道様のおかげ咲き 高澤良一 素抱
ヒトラーの雄辯満作前にして 高澤良一 素抱
満作の鉤十字( ハーケンクロイツ )靡かせて 高澤良一 素抱
万作は微風を糧として漫ろ 高澤良一 石鏡

金縷梅 補遺

いのち確かなりまんさくの黄の縷々と 安住敦
こころもとなくまんさくの咲き満てる 岸田稚魚 紅葉山
すずめ蜂まんさく黄葉にぶら下る 金子兜太
まんさくと見て陶窯へ磴高し 石川桂郎 四温
まんさくに朝日こぼれて峠口 鷲谷七菜子 游影
まんさくに水激しくて村静か 飯田龍太
まんさくのあたり終りがはじまりぬ 岡井省二 猩々
まんさくのいのちの黄はもびびと震ふ 安住敦
まんさくのこのにほひこそ人思ふ 山口青邨
まんさくのはげしき枯を嘆くべし 安住敦
まんさくの全き枯を三嘆す 安住敦
まんさくの咲き初めとも終りとも 右城暮石 句集外 昭和五十七年
まんさくの咲くと狩場も雪褪せぬ 百合山羽公 春園
まんさくの坂に名があり忘れけり 燕雀 星野麥丘人
まんさくの大枝を置く革椅子に 飯島晴子
まんさくの春の枯葉となりにけり 安住敦
まんさくの最も枯れし枯れざまよ 安住敦
まんさくの月下に咲くを眩しとす 安住敦
まんさくの枯れにぞ枯れし真近にて 安住敦
まんさくの花と照りつゝ雪路あり 百合山羽公 春園
まんさくの花にぎやかやあいの風 飴山實 次の花
まんさくの花に峠は雪昃を 百合山羽公 春園
まんさくの花咲く馬の墓どころ 阿波野青畝
まんさくの谷知つてゐる乙女たち 岡井省二 山色
まんさくの開きて十指十方に 上田五千石『琥珀』補遺
まんさくの黄のなみなみと暮れにけり 古舘曹人 樹下石上
まんさくは去年の古葉をもちて咲く 山口青邨
まんさくは煙のごとし近かよりても 細見綾子
まんさくやこどもの涙うすみどり 星野麥丘人
まんさくや光自在に水岐れ 鷲谷七菜子 游影
まんさくや奥嶺の雪の全きに 能村登四郎
まんさくや小雪となりし朝の雨 水原秋櫻子 餘生
まんさくや山の時間はひと跨ぎ 石田勝彦 百千
まんさくや山を下りくる児がひとり 星野麥丘人
まんさくや峡人はまだ外に出でず 森澄雄
まんさくや昼をほとびて雪の山 上田五千石 琥珀
まんさくや水いそがしきひとところ 岸田稚魚 筍流し
まんさくや町よりつゞく雪の嶺 相馬遷子 山河
まんさくや硯作りの谷の家 森澄雄
まんさくや秘仏を訪ふも足ならし 上田五千石『天路』補遺
まんさくや笑みて歯欠けの山童 上田五千石 琥珀
まんさくや赤子のやうな日が昇り 鷲谷七菜子
まんさくや雪に流して水の巾 上田五千石『琥珀』補遺
まんさくや鯉重なりて山泉 森澄雄
まんさくをへだての花として逢へり 上田五千石 琥珀
まんさくを埋め畢んぬと雪止みぬ 阿波野青畝
まんさく黄葉頭にしみる頭にしみる 金子兜太
もたらせるまんさく山にあるままに 山口青邨
人伝てにかさこそかさこそと金縷梅 金子兜太
出でし月まんさくよりも黄なりけり 阿波野青畝
多島海なり陸前の秋深む 佐藤鬼房
客土掘りまんさくの黄にちかきかな 大野林火 方円集 昭和五十一年
春寒料峭満作縷々とありにけり 安住敦
梅林に来てまんさくの花よろこぶ 細見綾子
残雪やまんさく花の枝を垂るゝ 百合山羽公 春園
空澄みてまんさく咲くや雪の上 相馬遷子 雪嶺
終猟や春のまんさく咲ける谿 百合山羽公 春園
谷間谷間に満作が咲く荒凡夫 金子兜太
金縷梅に毫も匂ひのなかりけり 飯島晴子
金縷梅の切り枝立てて洗面所 右城暮石 天水
金縷梅や夕日面に娘の通る 森澄雄い
金縷梅や杣炭焼は祭顔 前田普羅 飛騨紬
金縷梅や登校うながす母の声 岡本眸
金縷梅や硯作りの肩力 森澄雄
雪のみちまんさくの黄が見えしこと 阿波野青畝

以上
by 575fudemakase | 2016-01-23 00:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

初観音 初大師 初天神 初不動 の俳句

初観音 初大師 初天神 初不動 の俳句

▼初観音

例句を挙げる。

あねいもと初観音へ手を結ぶ 西尾桃子
ぬかるみに筵敷きつめ初観音 野瀬美智子
ふだらくの初観音へ川蒸汽 川端茅舎
ふだらくの海鳴りきこゆ初観音 青木綾子
仲見世や初観音の雪の傘 増田龍雨 龍雨句集
僧の蝋燭のみの無飾や初観音 松波陽光城
初観音人形焼を買ふ列に 瀧春一
初観音午後の風音つのりけり 林 明子
初観音大提灯の下歩む 大脇芳子
初観音庫裡に入る人鯉もてり 則近文子
初観音晴天の藍無尽蔵 小川原嘘帥
初観音木彫の御手の荒れ給ふ 萩原幸子
初観音梅のかげさす茶店かな 織田烏不関
初観音母の匂ひの飴買へば 大沢ひろし
初観音灯のおぼおぼと櫛買へり 中村ひろ子
初観音痩身にして千手仏 柳田隅子
初観音紅梅焼のにほひかな 川端茅舎
初観音雪の六波羅蜜寺まで 黒田杏子 花下草上
初観音韋駄天堂も詣でけり 増田龍雨 龍雨句集
千灯の吾が一灯や初観音 湖城公子
大道絵奔馬を白く初観音 上井正司
御符受ける人波揺れて初観音 稲葉みどり
木堂の見えて進めず初観音 牛円竹代
母が血をわれに分けし日初観音 赤松子
法悦の婆うち揃ひ初観音 仁田籌子
礎石見て初観音へこゝろざし 泉刺花
紅玉の目を嵌むる鳩初観音 中原鈴代
美麗なる楊貴妃の像初観音 辰巳光子
裸身なる初観音を拝しけり 岸 風三楼
近道にちんや横町初観音 中 火臣
通り魔ぞ初観音の少女掏摸 静 良夜
風荒れて初観音の湖国かな 永井由紀子
鳩が呑むみ手洗あふれ初観音 神尾嘉津子

ふだらくの初観音へ川蒸汽 川端茅舎
初観音あへて後生を願はねど 上村占魚
初観音紅梅焼のにほひかな 川端茅舎

▼初大師

例句を挙げる。

あけ方に一ト雨ありし初大師 亀井シゲコ
かつ日射しかつ風しけり初大師 徳永山冬子
たゞ頼めその密教の初大師 高畠明皎々
まぎれなき羅宇屋に遇へり初大師 平野露子
モスリンの紐売る境内初大師 川崎慶子
一木に一貌晴れて初大師 宇佐美魚目 天地存問
二十年缺かさぬ老や初大師 青木月斗
京の冷え足よりのぼり初大師 平岩とし子
人の影ふみてあたたか初大師 平川光子
人波に妻を奪はれ初大師 星野一夫
信心の眼帯外す初大師 西川章夫
凍て埃り裏街道は初大師 石原舟月
初大師だらだら坂に椿咲き 柴田白葉女
初大師だらだら坂に紅椿 柴田白葉女 花寂び 以後
初大師なほ後厄をねがひけり 籾山梓月
初大師なり紺足袋の男など 神尾久美子 桐の木以後
初大師一本杉にある日ざし 前野雅生
初大師学生服の似合ふ僧 松山哲夫
初大師山に十度の差ありけり 樋口伊佐美
初大師昼近き日のうらゝかに 今村雨峡
初大師松に風ある日和かな 久保しづく
初大師様へと婆の畦づたひ 岸 風三楼
初大師歌口赤き笛を買ひ 青木文恵
初大師火渡りを待つ人の群 佐藤花子
初大師焼鯊提げて戻りけり 川村黄雨
初大師百僧侍る燭あかり 宇都木水晶花
初大師街を水平に鴎とぶ 中拓夫
初大師警備本部は釈迦堂に 合田丁字路
初大師連れだちながらはぐれけり 大野彰子
初大師遠嶺より享く日のぬくし 吉岡道夫
初大師釦落してもどりけり 原 しま女
初大師雪踏み固めおきにけり 舘野翔鶴
初大師雪降りたらぬ寒さかな 白水郎句集 大場白水郎
初大師香煙寺領に収まらず 大塚とめ子
剃りあとの頬をなでては初大師 吉田鴻司
南無大師遍照と声初大師 橋本鶏二
厄年の祈り一途や初大師 鈴木美代子
参道の凍ゆるみなし初大師 近藤不彩
境内に露店の迷路初大師 岡 良子
大寒に入る日毎年初大師 星野立子
子が提げて達磨納めに初大師 佐々木麦童
山門の根深畑や初大師 村上鬼城
川崎に残れる葦や初大師 野口里井
平凡に妻と連れ立ち初大師 橋本花風
弘法の真白の脚絆初大師 山岡てる子
後園の梅少し咲き初大師 長谷川かな女 雨 月
御影堂は風につつまれ初大師 井上楽丈
恙なき身を人波に初大師 木都老正盛
投餅の道まで飛んで初大師 稗田 時子
抱きし子に香煙すくひ初大師 伊保ひろし
早咲きの梅さかりなり初大師 川上梨屋
有為の身の息災祈る初大師 大野雑草子
水をもて火をもて浄め初大師 福田蓼汀
灯の入りし大提灯や初大師 池田義雄
焼印のひと文字買ひて初大師 毛利 令
穴守へのろのろ舟や初大師 長谷川かな女
茶屋裏に海苔簀一枚初大師 米本畦午
藁塚の道あたたかし初大師 間立素秋
身を切らむばかりの風や初大師 岡崎元子
輪塔に風さゆる日や初大師 逸見紀山
道に売る咳止め飴や初大師 中 火臣
達磨屋の奥まで達磨初大師 千布昌子
金龍が吐くみたらしも初大師 大竹孤悠
錫杖の笠より高く初大師 菰田三叉
降る雪の中の香煙初大師 今川 青風
靴音の消ゆる黒土初大師 鍵和田[ゆう]子 浮標
風あれど空は好晴初大師 高木石子
香煙に降りこむ雪や初大師 五十嵐播水
香煙をすくつて胎に初大師 田川飛旅子
高野槙買うて帰るも初大師 森白象
麦の芽に筑波颪や初大師 三宅孤軒
初弘法埃かむりしものも売る 水澤一舟
初弘法塀の限りに植木市 奥村木久枝
初弘法塔をけぶらす雨となり 梶山千鶴子
売れさうもなきもの並べ初弘法 片山由美子 天弓
施主の名の滲みし幟初弘法 鵜飼紫生
翻へる善女の群や初弘法 大石悦子

とある店の素うどんうまし初大師 村山故郷
めでたさも迷子を告ぐる初大師 森澄雄
初大師東寺に雪のなかりけり 百合山羽公 樂土以後
初大師降りしとみればやみし雪 鈴木真砂女 紫木蓮
天丼屋混みゐる昼や初大師 村山故郷
明治生まれの内股歩き初大師 鈴木真砂女 紫木蓮
袖を乞ふかたゐのわかき初大師 飴山實 花浴び

▼初天神

例句を挙げる。

お初天神菊づくしなる春灯 西本一都 景色
その神楽天神花をかざす由 後藤夜半 底紅
ふるさとの初天神に詣でけり 橋本花風
わらべうた路地よりきこえ宵天神 宮下翠舟
一日の日射さぬままに宵天神 舘岡沙緻
亀戸の湯屋のけむりや初天神 加藤松薫
今生に父母なく子なく初天神 菖蒲あや
初天神友みな遠くなりしかな 星野麦丘人
初天神太鼓橋より通りやんせ 百瀬ひろし
初天神妻が真綿を買ひにけり 草間時彦
初天神学問の絵馬恋の絵馬 結城一雄
初天神易者の見台遠巻きに 脇坂啓子
初天神百のともし火またたけり 芝山喜久子
初天神石の牛にもコイン置く 渡辺満千子
初天神絹の匂ひの女かな 柴崎七重
初天神裏に十枚ほど枯田 堀古蝶
初天神隅田渡りてなほ遠し 高橋淡路女 淡路女百句
初天神黒き運河を越えて来ぬ 村山古郷
受験の子あれば心に初天神 轡田 進
命濃き天神花の翳さるる 後藤夜半 底紅
宵天神晩学の願ねむごろに 草村素子
寒一と日初天神といふ日あり 後藤夜半 底紅
巫女の袖触れし天神花を享く 後藤比奈夫
強風に打ち合ふ絵馬や初天神 沖山政子
御鏡に振る鈴うつり初天神 中田余瓶
我も又初天神の人となり 工藤 隆子
日おもてに雀群れたり初天神 柴田白葉女
春日傘お初天神通り抜け 前内木耳
末社にも初天神の人等かな 青山 友枝
杖ついて初天神へ一長者 三木彦兵衛
束ねたるまま古書を買ふ初天神 久松久子
消えがての日陰の雪や初天神 土方花酔
湯の道も初天神の人通り 岡本松浜 白菊
甘酒がバケツに二拝初天神 辻桃子
畑姥も初天神の蜜柑売 大谷句仏
紅すこし初天神といひて濃く 上村占魚
鈴の緒がひねもす振られ初天神 品川鈴子
雪風や宵天神の橋長く 青水月斗
願ひ事二つありけり初天神 薦田伸子
大島紬でんと着込みて初天神 高澤良一 暮津
菅公にゆかりの諸々初天神 高澤良一 暮津
太鼓橋こぞりわたれる初天神 高澤良一 暮津
控えゐる巫女一並び天神花 高澤良一 暮津
初天神戻りの藤いろ紙袋 高澤良一 暮津

初天神にぎにぎ男坂女坂 山口青邨
初天神拝み三四郎池に来ぬ 山口青邨
初天神暁かけて詣で来し 安住敦
初天神黒き運河を越えて来ぬ 村山故郷
寒一と日初天神といふ日あり 後藤夜半 底紅
文運を初天神にして思ふ 百合山羽公 樂土以後
東京は初雪が降り初天神 山口青邨
磴たかきがゆゑに登りて初天神 安住敦

▼初不動

例句を挙げる。

いづこなる水の声々初不動 玉置 仙蒋
ざわめきの瀬音をなせり初不動 吉村秋川
たわたわと降りくる鳩や初不動 山口青邨
ぬかるみにうるむ灯のあり初不動 八木林之助
人の囲を覗けば蛇や初不動 小森白芒子
信心に末法はなし初不動 山口笙堂
初不動ひねもす山のよく晴れて 田口秀子
初不動帰りの厚き肉啖ふ 菖蒲あや
初不動梅咲くとしもなかりけり 道芝 久保田万太郎
初不動浪花ことばで水を掛け 中村芳子
初不動火攻めの御幣躍りけり 泉並末香
初不動煙の中に厄払ふ 中野美智子
初不動田に荒鐘の風吹いて 田村奎三
初不動百円で買ふ香の束 布野想夕
初不動門前町の鰻の香 片山桃弓
初不動雑魚の佃煮売つてをり 宮田 要
前髪にちらつく雪や初不動 石田波郷
劫火浴びられしことあり初不動 瀬木清子
北空へ片寄る雲や初不動 福川悠子
参詣の早くも群聚初不動 高浜虚子
咽喉もとを焼く甘酒の初不動 遠山弘子
堂裏に小滝二すぢ初不動 吉川草莱
大護摩のはじまるしじま初不動 井口蛇渓
奪ひ買ふ火伏のうちは初不動 早坂さき
宝満山おろし音なす初不動 中村文平
山裾へ参道細る初不動 北原木犀
山鳴りも二日を経たり初不動 飯野燦雨
引く鈴に山籟つのる初不動 北光丘
打つ鐘の一山制す初不動 小川てる子
掌を合はすことが幸せ初不動 堀米 康
支那服の女易者や初不動 加納朝子
日だまりに祈祷を待てり初不動 川口 修
日の出見し洲崎の戻り初不動 中野三允
朝護摩供早や群参の初不動 松田空如
正月の末の寒さや初不動 道芝 久保田万太郎
母懐ふ老の感傷初不動 富安風生
漬物の店の賑はふ初不動 村上辰良
火事めきて大香炉の初不動 長谷川督江
灯る頃雪となりたり初不動 堀 文子
狛犬の光る眼と合ひ初不動 室田東洋女
瓔珞に護摩火かゞやき初不動 和田花青
稚子抱ける母の祈りや初不動 斎藤竹水
綿菓子のほそりて帰る初不動 井口詞音子
綿菓子の貌のほどにも初不動 山口青邨
綿飴の吹き飛んで来る初不動 笹川星二
護摩の火を揺るがす太鼓初不動 長屋秋蝉洞
豆煎りの炭が焔となる初不動 伊藤いと子
辰巳妓のきほひは今も初不動 真鍋蟻十
辰巳風吹いて深川初不動 竹内大琴子
長男も我も酉年初不動 増田平才奈
風止みて冱てやはらぎぬ初不動 田島群峰
風車田かぜ冷たき初不動 国光勢津子
駒下駄の橋わたりくる初不動 角川春樹

佃煮の漆光りや初不動 岡本眸
御目黒ければ尊体もまた初不動 山口青邨
横張の鼻の雄雄しき初不動 上村占魚
海照ふ崖曲辿り初不動 上村占魚
綿菓子の貌のほどにも初不動 山口青邨

以上
b
by 575fudemakase | 2016-01-22 09:22 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング