<   2016年 03月 ( 104 )   > この月の画像一覧

水草生ふ の俳句

水草生ふ の俳句

水草生ふ (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23625840/


水草生ふ 補遺

おもひでのあれば水草かくは生ふ 三橋鷹女
くづほるることなつかしや水草生ふ 森澄雄
この沼も小さくなりぬ水草生ふ 山口青邨
すたすたとくだりてゆける水草生ふ 石田勝彦 秋興以後
なまよみの甲斐の山辺に水草生ふ 飯田龍太
はや靡くことをおぼえて水草生ふ 鷹羽狩行
ひるがへるへら鮒どもに水草生ふ 阿波野青畝
ふるさとの目覚めはわかし水草生ふ 森澄雄
ふるさとや靡き揃ひて水草生ふ 鷹羽狩行
ふる里に母あり水草生ひ競ひ 三橋鷹女
ゆふぐれのしづかな雨や水草生ふ 日野草城
よんどころなく水草の生ひ出でし 上田五千石『天路』補遺
人去りてまた来るなし水草生ふ 日野草城
人気なき部落水草の生ひにけり 相馬遷子 山国
古沼の鯰が主か水草生ふ 山口青邨
君が居は濠のめぐりて水草生ふ 水原秋櫻子 霜林
地盤沈下水草生ふる沼となり 高野素十
城ある町亡き友の町水草生ふ 大野林火 青水輪 昭和二十五年
天行のすこやかならず水草生ふ 藤田湘子 てんてん
嫋々といふことこれぞ水草生ふ 上田五千石『琥珀』補遺
子の所帯まだ見にゆかず水草生ふ 安住敦
寂光の滲みて水草の冬を生ふ 上田五千石『天路』補遺
寧楽のあかるさ白雲に水草生ひ 鷲谷七菜子 一盞
寿のことば考へてをり水草生ふ 山口青邨
常寂(とこさび)の御池針生ふ水草かな 川端茅舎
新宿は呼ぶよ野川に水草生ひ 山口青邨
校倉を開くる日ありて水草生ふ 山口誓子
水そよ~池の水草生ひそめぬ 内藤鳴雪
水中のいよよなめらか水草生ふ 鷹羽狩行
水草のむらさきなびきして生ふる 上田五千石『琥珀』補遺
水草の生ひなばとなん僧の云ふ 高野素十
水草の生ひ並びたる二葉かな 高野素十
水草の生ひ出でし葉に水の乗り 高野素十
水草の生ひ重ねたる二葉かな 高野素十
水草の生ふる放生川とかや 高野素十
水草生ひたればながびくうれひかも 上田五千石 天路
水草生ひふるさとの沼は青きかな 三橋鷹女
水草生ひものの芽そろふとも寒し 上田五千石『天路』補遺
水草生ひ初めて流れをはやめたる 上田五千石『風景』補遺
水草生ひ夕風映ゆる頃ポストヘ 大野林火 雪華 昭和三十五年
水草生ふからくれなゐの一枚よ 山口青邨
水草生ふこの川をもて故郷とす 山口青邨
水草生ふこの江のわれにどこまでも 山口青邨
水草生ふころの窶れや鳰の首 藤田湘子 てんてん
水草生ふどこかに蔵す古代裂 山口青邨
水草生ふなほくろがねの葉を巻きて 山口青邨
水草生ふひとにわかれて江に来れば 日野草城
水草生ふわが影映る耳もあり 山口青邨
水草生ふわが詩も青の時代経し 上田五千石 琥珀
水草生ふ夜は三日月も暈を被て 山口青邨
水草生ふ川越夜舟すでに遠し 松崎鉄之介
水草生ふ後朝のうた昔より 藤田湘子
水草生ふ放浪の画架組むところ 上田五千石 田園
水草生ふ月にかはりて日が照らす 山口青邨
水草生ふ水の三島にゆかり消え 上田五千石『天路』補遺
水草生ふ水の中にも眼のゆきて 鷹羽狩行
水草生ふ水の中までくもらせて 鷹羽狩行
水草生ふ水深きことかなしまず 山口青邨
水草生ふ水面を雨の叩くなり 高浜年尾
水草生ふ池や引き口落し口 石川桂郎 四温
水草生ふ玄室の秘む棺二つ 大野林火 雪華 昭和四十年
水草生ふ畦に憩ひて薬売 大野林火 飛花集 昭和四十六年
水草生ふ砂洲は先端より乾き 鷹羽狩行
水草生ふ稿責がんじ搦めにて 飯田龍太
水草生ふ笑靨のごとき渦流れ 山口青邨
水草生ふ絶えてひさしき伊勢詣で 飯田龍太
水草生ふ若狭乙女の手濯ぎに 上田五千石『天路』補遺
水草生ふ血沈の紅ゆらゆらと 山口青邨
水草生ふ諾否濁して日々を消し 上田五千石『天路』補遺
水草生ふ驚ろくばかり月日過ぐ 星野立子
淀城に生ふる水草を雨の打つ 阿波野青畝
生ひそめし水草の波梳き来たり 杉田久女
生ふる日をみづからえらび水草生ふ 鷹羽狩行
白鳳の仏おはしぬ水草生ふ 橋閒石 朱明
落日の暈大いなり水草生ふ 清崎敏郎
藻草生ふ翁ゆかりの小池とて 上田五千石『天路』補遺
蟹の骸蟇の骸に水草生ふ 山口青邨
血の色の葉の二三枚水草生ふ 山口青邨
負ふものを負ひて水草の生ふあたり 石田勝彦 秋興
跳ぶ妻のどこ受けとめむ水草生ふ 秋元不死男
釣竿のぴかりぴかりと水草生ふ 松本たかし
鎌倉や門川あれば水草生ひ 鷹羽狩行
風なきにさざなみ絶えず水草生ふ 鷹羽狩行

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:32 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

茅花 の俳句

茅花 の俳句

茅花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23625822/


茅花 補遺

あれにけりつばなまじりの一ノ坪 政岡子規 茅花
いとけなき茅花を食めば浮雲忌 飴山實 次の花
いまだ穂の茅花を割つて海を見る 岡井省二 鯨と犀
おそろしきまでに穂に出るつばなかな 政岡子規 茅花
おそろしき迄穂に出る茅花哉 政岡子規 茅花
げんげ茅花河原ひねもす空曇らず 村山故郷
ことごとく茅花は呆けぬ君ヶ浜 寒食 星野麥丘人
なぐさみや茅花あつめて枕にす 松窓乙二
もの言へば茅花のそよぐやうに言ふ 加藤秋邨
一夜塚孫は茅花をおがみけり 尚白
三日月のほのかに白し茅花の穂 政岡子規 茅花
丘の上へ茅花光らせ風あつまる<大場鎮> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
乞へば茅花すべて与へて去にし子よ 中村汀女
介山忌茅花に雨の上りたる 雨滴集 星野麥丘人
俊寛忌われも茅花を摘んでみる 星野麥丘人
兵の碑の角まだ確か 茅花光る 伊丹三樹彦
古墳見て白き茅花のなびくのみ 松村蒼石 雁
地にあれば茅花鳥毛鑑別けがたし 山口誓子
多島海の頂か膝に茅花したがえ 赤尾兜子 歳華集
夜あらしや光堰す茅花原 加藤曉台
妻の帯たぐりたぐるも茅花の風 橋閒石 荒栲
安楽死なら今 海風 丘 茅花 伊丹三樹彦
寂しさや萬の茅花に手招かれ 永田耕衣
小鳥等が餌も有げなり茅花原 松窓乙二
川霧に日の出て咲ける茅花かな 村上鬼城
待ちあぐみ茅花つんつん抜き散らし 中村苑子
指揮者なき風の茅花の乱調子 林翔
摘草やげんげんの束茅花の束 政岡子規 摘草
放鞄おけばつういと茅花かな 富安風生
早乙女や茅花のわたをふきもどる 下村槐太 天涯
松むしり遠き茅花の野にきこゆ 百合山羽公 春園
牛みがく老人 風の茅花の中 伊丹三樹彦
狂ひても女 茅花を髪に挿し 三橋鷹女
狐の尾の如き茅花の穂なりけり(九十九里浜) 細見綾子
目を落すとは一大事毛絲編 佐藤鬼房
石塀の裏へ回りても茅花 橋閒石 無刻
稚児練りに一村総出 茅花なびく伊丹三樹彦
空港に降りし実感茅花の穂 右城暮石 一芸
笹舟の舫ひていでぬ茅花かな 飴山實 次の花
老い易くして少年の茅花笛 森澄雄
腸も老いしや茅花倒し行く 永田耕衣
茅花さく家を傾城のなれのはて 政岡子規 茅花
茅花しろし自殺文人世に絶えず 山口誓子
茅花とぶ天邪鬼には見えねども 亭午 星野麥丘人
茅花とぶ女のこゑの大胆に 雨滴集 星野麥丘人
茅花の日沈めば帰るよりほかなし 橋閒石 雪
茅花の穂蛭の血止めに今もすや 細見綾子
茅花噛む能登は入日も古びしや 橋閒石 卯
茅花茅花みな語らふよ風呼んで 林翔
茅花茎撰てしばしはるの残 土芳
茅花野に狐となりてたぶらかす 鈴木真砂女 紫木蓮
茅花野や女等寄るは*かがひめく 藤田湘子 神楽
茅花長けここ葛飾の水辺尽く 松崎鉄之介
落城のしるべとやせん茅花かな 飴山實 句集外
行手より振り向けば茅花さらに靡く 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
足裏も明るさうなる茅花道 永田耕衣
遊女老いて茅花まじりの垣根哉 政岡子規 芽花
野の窪み水うちふくみ茅花生 白雄
銀の茅花より虻金色に 星野立子
雲遠し呆け茅花の辺に坐せば 安住敦
顔あげて茅花の中の鹿の子かな 百合山羽公 春園
馬鹿貝や茅花に降りし雨三日 齋藤玄 飛雪
魚さげて茅花月夜に吹れたり 長翠
鹿の子の茅花にかくれゆきにけり 百合山羽公 春園

以上c
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:30 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

蓬 の俳句

蓬 の俳句

蓬 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23624442/


蓬 補遺

*えり竹をがらがら落す蓬かな 石田勝彦 百千
あるときは飛雪の景の孤蓬かな 阿波野青畝
おくればせに蓬摘む也彼岸過 政岡子規 彼岸
かへるさの日照雨に濡れし蓬籠 西島麦南 人音
けふ蓬は摘まずあるく川べのひろいところもある 中川一碧樓
こんもりと男山あり蓬摘 日野草城
さながらに河原蓬は木となりぬ 中村草田男
しやうつかのばばが蓬を摘んでゐる 山口青邨
そこらまで蓬を摘みに庵の妻 後藤夜半 翠黛
ただにただ空あをかりし蓬餅 森澄雄
たてまつる八十路の母に蓬もち 及川貞 夕焼
たらちねや蓬の花剪り足洗ふ 松村蒼石 雪
つみためて臼尻に撰る蓬かな 飯田蛇笏 山廬集
とうに過ぎここに過ぎをり蓬の木 岡井省二 夏炉
なにげなき餅草摘の身拵 斎藤玄 雁道
ねはんだんご今年はじめて蓬の香 細見綾子
はるばると蓬のさがる故人の手 飯島晴子
ひざまづき蓬の中に摘みにけり 高野素十
ふるさとの海は鳴る海蓬餅 藤田湘子
へだたりて蓬の籠と芹の籠 石田勝彦 秋興以後
まさぐる終焉手に残りしは苦蓬 中村苑子
やはらかき蓬ぞと摘む庵ほとり(吉野山二句) 細見綾子
やはらかく手に持ちかへて蓬餅 右城暮石 散歩圏
よき蓬出るやうに畦焼きもして(故里人) 細見綾子
よく茂りましたと妻の言ふは蓬 後藤比奈夫
わが摘める蓬ぞ濃ゆき蓬餅 山口青邨
わが蓬頭を擲るなしか今日もこの葱畑をゆく 中川一碧樓
アイヌ等が焼く蓬生の火ぞ濃しや 細谷源二 砂金帯
一会いま中ほどを折る蓬の木 永田耕衣
三遷の母のはるかへ蓬摘み 鷹羽狩行
上馬引澤といふ蓬が長けしけふの太陽 中川一碧樓
何ほども蓬摘めずに一歳妻 鷹羽狩行
俎の蓬を刻みたるみどり 山口誓子
光明遍照子がひとり蓬摘んでおり 荻原井泉水
八ツ口のあるはかなしき蓬原 石川桂郎 含羞
冷ゆる雲蓬々として峰わたり 日野草城
初ものの蓬天ぷらにすと言へり 細見綾子
初蓬遠くの人が来て摘める 百合山羽公 樂土
双鶴の紋の重箱蓬餅 山口青邨
古手籠いまはみちたり銀蓬 山口青邨
咲く花を見下しの土間蓬餅 草間時彦 櫻山
善人の顔して蓬摘みにけり 鈴木真砂女 都鳥
四月まで雪がありしといふ蓬 細見綾子
園児らの眉ひらけゆく蓬道 原裕 葦牙
墨東に食ふこと稀や蓬餅 藤田湘子 てんてん
天晴るや蓬々として破芭蕉 日野草城
太腿らしくなりつつ末子蓬動会 中村草田男
婆殿の忌日忘れそ蓬餅 政岡子規 草餅
孤蓬庵大山蓮花一花活く 松崎鉄之介
学校へ行かぬ子達か蓬摘 政岡子規 蓬
安楽死乞はれ蓬野踏みしめをり 岡井省二 明野
寂しさが音になるなり蓬籠 斎藤玄 狩眼
寒蓬つみてつくりし蓬餅 細見綾子
寒餅に蓬の香ありめでて焼く 水原秋櫻子 餘生
寒餅や日溜り蓬搗きまぜて 水原秋櫻子 餘生
寒餅や雪に摘みけむ蓬の香 水原秋櫻子 蘆雁
寸鉄をもちひず蓬摘み了る 上田五千石『風景』補遺
尉姥日和で 蓬摘む途次で 伊丹三樹彦
尋ねよる蓬か宿や草の餅 政岡子規 草餅
山々に別々の空蓬籠 岡井省二 有時
山蓬見下ろす谷に道祖神 中村草田男
川上に鉄橋の弧や蓬摘 鷹羽狩行
巻き舌のつひ出て青し蓬餅 石川桂郎 含羞
布団綿はみだす蓬野は豪雨 橋閒石 無刻
帆に遠く赤子をおろす蓬かな 飴山實 少長集
帰省子に朝一臼の蓬餅 松村蒼石 雁
常滑や蓬萌やして休窯日 鈴木真砂女 居待月
年経たる小町のにほひ蓬原 鷲谷七菜子 天鼓
庭先へ廻りて一つ草の餅 草間時彦 櫻山
我寝釈迦かも脇腹も蓬かな 永田耕衣
手造りのしかも味噌餡柏餅 草間時彦 櫻山
指先の傷やきのふの蓬摘み 能村登四郎
掌中の珠とまろめて蓬餅 富安風生
故郷や母がいまさば蓬餅 政岡子規 草餅
故里の短かき蓬摘まんかな(丹波) 細見綾子
旅人のわれに目をこせ蓬摘み 前田普羅 能登蒼し
旅人や馬から落す草の餅 政岡子規 草餅
日ざかりやおのが影追ふ蓬原 飯田蛇笏 山廬集
日の下に真水のくぼみ蓬山 桂信子 緑夜
日照雨して薄暑の蓬しゞに生ふ 西島麦南 人音
旧東海道なり蓬摘みの籠 鷹羽狩行
春の砂蓬に少しかけてやる 細見綾子 桃は八重
春雨や蓬の宿の白拍子 内藤鳴雪
春雷やうす日来てゐる蓬原 原石鼎 花影
昼酒の臭ひ消す青蓬噛み 右城暮石 句集外 昭和三十四年
昼顔や蓬の中の花一つ 内藤鳴雪
時鳥聞きし蓬を天麩羅に 岡井省二 山色
晩年や触りに戻る蓬の木 永田耕衣
晴れの日のうらうら蓬餅濃しや 大野林火 飛花集 昭和四十六年
月の出の苦蓬わが旅なかば 佐藤鬼房
月越しの咳抜けにけり蓬餅 水原秋櫻子 餘生
杉花粉まじりてゐるか蓬胼 右城暮石 一芸
東国や車中蓬の匂して 橋閒石 卯
東征の伯(つま)吹く風か髪は蓬 金子兜太
枯草にまじる蓬の初日かな 渡邊水巴 白日
柔らかき蓬礎石の根に生ず 細見綾子
桜餅草餅春も半かな 政岡子規 草餅
死ぬるほど蓬負ひけり唇の塩 斎藤玄 狩眼
母に教ふ蓬々と立つ雲の虹 大野林火 青水輪 昭和二十五年
母の忌も十まりひとつ蓬長く 上田五千石 琥珀
母や亡し坐つてたぶる蓬餅 燕雀 星野麥丘人
毛虫焼く油煙蓬々たましひ抜け 大野林火 雪華 昭和三十五年
池の日をしばらくゆいて蓬かな 岡井省二 五劫集
河内(ハノイ)とは佳き名の街の蓬餅 有馬朗人 立志
泊瀬びとが岨に摘みけむ蓬餅 水原秋櫻子 蘆雁
泣ける子を泣けるがまゝに蓬摘む 上村占魚 鮎
流域や餡はみだせる蓬餅 橋閒石 和栲
淋代の夏磯蓬長けにけり 古舘曹人 樹下石上
温泉煙に濡れて雪間の蓬草 富安風生
湖西線とほりしあとの蓬かな 鷲谷七菜子 一盞
灸にする餅にする蓬摘みにけり 政岡子規 蓬
牡丹まで行くに昔の蓬かな 永田耕衣 人生
獄への道習志野蓬萌えはじむ 能村登四郎
疲れし背骨蓬の床がいたはるよ 中村草田男
痛む腑は飛べよ蓬の青も満ち 斎藤玄 狩眼
白毫光蓬の萌ゆる匂ひ差し 永田耕衣
白玉を抱き直立す雪餅草 右城暮石 散歩圏
皺くちやの聲纖かりし蓬選り 飯田龍太
真蓬の恋の一神ぞ老いたれ 永田耕衣
短夜や蓬が上の廿日月 内藤鳴雪
短夜や蓬が宿の恋車 政岡子規 短夜
石をもてちゝはゝ祀る蓬餅 飴山實 花浴び
磯草の中の蓬に膝ついて 石田勝彦 秋興以後
秋の風ほうほうと蓬塔に向く 加藤秋邨
秋風の門に蓬廬と扁したり 日野草城
空井戸の蓬の茂り宇陀郡 桂信子 緑夜
籠の蓬抑へおさへてまだ摘める 鷲谷七菜子 一盞
粕汁の一椀蓬壺うかびけり 水原秋櫻子 蓬壺
老が家に干さるる小袖蓬原 鷲谷七菜子 游影
脳髄に詰まつて休む蓬かな 永田耕衣
腰までも伸びし蓬を引く苦労 後藤比奈夫
腹中に蓬餅の香 菖蒲園 伊丹三樹彦
舟伏せしその辺蓬萌えてをり 清崎敏郎
花つけて蓬はよけれ昼の経 岡井省二 有時
芹蓬摘めよと与ふ子に刃物 石川桂郎 含羞
草の芽のまづさ走りし蓬かな 石塚友二 曠日
草焼や蓬のいぶる匂ひして 細見綾子
草蓬あまりにかろく骨置かる 加藤秋邨
草餅のこゝは蓬の名所かな 政岡子規 草餅
草餅は蓬黄粉は豆にして 政岡子規 草餅
草餅や蓬か原の葭簀店 政岡子規 草餅
草餅をつくるわが摘むは銀蓬 山口青邨
荷馬夫らが屍を焼く蓬野や 細谷源二 砂金帯
蓬々と杉菜生ふるは地の果か 三橋鷹女
蓬々の白髪洗ひて端居かな 村山故郷
蓬かつ蓬とならん裸心恋 永田耕衣
蓬に日の出の鶴のめでたさよ 後藤比奈夫
蓬の香残る風呂敷書を包む 橋閒石 雪
蓬まで蓬まで来て老いざらむ 永田耕衣
蓬もゆる去年の径あり*あさざ簗 前田普羅 能登蒼し
蓬を剪る人に海山残るかな 永田耕衣
蓬地獄衰老の恋返るそこまで 永田耕衣
蓬摘みほとけ忘れてゐたりけり 鷲谷七菜子 天鼓
蓬摘み土着する地の冷えにも触れ 能村登四郎
蓬摘み尾上にかゝり能登蒼し 前田普羅 能登蒼し
蓬摘み春日を摘みしこと言はず 後藤比奈夫
蓬摘み膝ついて知る地の弾み 能村登四郎
蓬摘むそのほかは世を忘れをり 飴山實 句集外
蓬摘むときに母胎の二つ折れ 鷹羽狩行
蓬摘むを鶫逃げ~して浜ヘ 右城暮石 句集外 昭和十一年
蓬摘む一円光のなかにゐて 桂信子 緑夜
蓬摘む人は古墳と答ふのみ 橋閒石 雪
蓬摘む子ら立たしむる揚雲雀 中村苑子
蓬摘む真似を男も戀ひつせり 永田耕衣
蓬摘む蓬ヶ島の遺習にて 百合山羽公 樂土
蓬濃し蓬ヶ島の海青し 百合山羽公 樂土
蓬灼け雉子は卵生みおとす 松村蒼石 雪
蓬生に二日つづきし黄沙かな 岡井省二 明野
蓬生に水のひとすぢ杼(ひ)のごとし 石田勝彦 雙杵
蓬生に猶うつくしや露の玉 政岡子規 露
蓬生に蛍みだるゝ夜風哉 政岡子規 蛍
蓬生の中にくねりて梅一木 政岡子規 梅
蓬生の乱れは父母の乱れかな 永田耕衣
蓬生の雨明るくて冷たしや 松村蒼石 雁
蓬生はこのましき名よ虫の聲 政岡子規 虫の声
蓬生はこのもしき名よ虫の聲 政岡子規 虫の声
蓬生ふ*くろ土温くく踏まれけり 飯田蛇笏 白嶽
蓬生ふところにをりぬ仏生会 岸田稚魚 紅葉山
蓬生ふ地の冷えに目をしばたたく 藤田湘子
蓬生や我頬はしる露の玉 政岡子規 露
蓬生や白毫光のいざよへる 永田耕衣
蓬生や蝶吹き返す夕嵐 政岡子規 蝶
蓬生や霜に崩るゝ古築地 政岡子規 霜
蓬生や露をわけ出る蟇 政岡子規 蟇
蓬生を飛んで出でけり時鳥 政岡子規 時鳥
蓬草餅にもならで伸びにけり 政岡子規 草餅
蓬菖蒲菊作る家の門口に 政岡子規 菖蒲
蓬萌えそめし燈台暮しかな 清崎敏郎
蓬萌え韋駄天の道塞ぎたり 橋閒石 卯
蓬萌ゆ人生の素の如きかな 藤田湘子 てんてん
蓬萌ゆ社の鈴がたまに鳴り 鷲谷七菜子 一盞
蓬葉の繊かくて母消えられぬ 飯島晴子
蓬路や尉が降る降る昼の雨 永田耕衣
蓬野の香気あつめし蝮の眼 橋閒石 無刻
蓬野を踏み捨てん老懶や疾し 永田耕衣
蓬長け波音人を安からしむ 右城暮石 句集外 昭和十三年
蓬餅さくらの花柄添へてあり 大野林火 方円集 昭和五十二年
蓬餅母といふもの妻にはなし 安住敦
蓬餅淡し一握の蓬なれば 山口青邨
蓬餅食ぶ門川のこゑのうへ 岡井省二 明野
螢の乳つけし蓬が秋に入る 細見綾子 桃は八重
行く春やほうほうとして蓬原 政岡子規 行く春
西行の腓が過ぐる蓬籠 岡井省二 五劫集
西行も名物あがれ草の餅 政岡子規 草餅
西行忌手草に揉みし蓬の香 森澄雄
見てすぐる土手の土筆や蓬摘 政岡子規 土筆
身の匂ひ蓬に負けず恋少女 加藤秋邨
道ばたや漁村の娘蓬摘む 政岡子規 蓬
鄙なれば蓬草餅まゐらする 政岡子規 草餅
鄙はものゝ蓬の餅も四角なる 政岡子規 草餅
里人は土筆も食わず蓬摘 政岡子規 土筆
野のみとり搗込にけり草の餅 政岡子規 草餅
雑念に痩せ行く顔や蓬道 永田耕衣
雛様をなぐさめ顔の蓬餅 政岡子規 草餅
雪嶺や甲斐の蓬はしろがねに 石田勝彦 百千
風呂敷をとけば風あり草の餅 政岡子規 草餅
風呂敷を袋にむすび蓬摘む 上村占魚 球磨
飛行機雲艶なる日かな蓬伸び 百合山羽公 寒雁
飛鳥仏の鼻梁も青し青し蓬 金子兜太
餅草の大きく伸びて野の日美し 村山故郷
餅草も雀がくれとなりしはや 森澄雄
餅草や茹でて放ちて水まさを 飴山實 花浴び
餅蓬も雪交り摘みし首途かな 河東碧梧桐
鶏叫びも蓬高さや蛇の衣 河東碧梧桐

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:27 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

野蒜 の俳句

野蒜 の俳句

野蒜 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612548/

野蒜 補遺

いのしゝのやぶほりかへすのびるかな一 野明
さりげなき別れの野蒜摘みゐたり 木村蕪城 寒泉
つひに老い野蒜の門をあけておく 飯島晴子
びんらんの野蒜を愛し一本杉 三橋鷹女
みちのくのひとはかなしや野蒜掘る 山口青邨
やうやくに日が手にとどく野蒜かな 古舘曹人 樹下石上
ゆく雲の幅だけ翳る野蒜摘 能村登四郎
わらんべはすでに一握の野蒜掘る 山口青邨
何もかも野蒜田螺も地獄茄で 高野素十
何掘ると訊くより野蒜さし出しぬ 星野麥丘人
千鈞の王を釣り上ぐ野蒜掘る 山口青邨
名を知りて野蒜を人にをしへけり 右城暮石 句集外 昭和七年
国分寺跡へのびるを摘みながら 細見綾子
摘みたきもの空にもありて野蒜摘 能村登四郎
樋水ます雨に花さく野蒜かな 飯田蛇笏 春蘭
汗ばみて指美しや野蒜籠 石橋秀野
白珠や道も生野の若野蒜 上田五千石『天路』補遺
籠いつぱい野蒜を摘みて才女ならず 鈴木真砂女 夕螢
耳鳴りのうしろ従きくる烏の子 佐藤鬼房
郭公や庭後に摘みし野蒜和 水原秋櫻子 緑雲
野蒜つむ擬宝珠つむただ生きむため 加藤秋邨
野蒜など摘みわが素顔茫々たり 橋閒石 卯
野蒜など生ふる山科こゝに住む 高野素十
野蒜出て須磨子の墓へ夕畷 古舘曹人 樹下石上
野蒜噛み月日いよいよ飛ぶごとし 岡本眸
野蒜噛む旧約悪しき予言満ち 有馬朗人 知命
野蒜噛む是又花鳥諷詠詩 阿波野青畝
野蒜掘り芹摘み己れ遊ばしむ 石塚友二 光塵
野蒜掘るあしたのことは考へず 鈴木真砂女 紫木蓮
野蒜掘る繊々と上ぐ大き球 山口青邨
野蒜掘れば強きにほひや暮の春 松本たかし
野蒜掘ルその根な添そ菫草 仙化
野蒜摘み八岐に別れゆきし日も 赤尾兜子 歳華集
野蒜摘む野に雲垂れぬ湖かけて 木村蕪城 寒泉
野蒜生ふ少年啄木歌つくる 山口青邨
野蒜野に出でて壮気を培はな 上田五千石 天路
雪を削ぐ山風いたし野蒜摘み 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:24 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

芹 の俳句

芹 の俳句

芹 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612542/


芹 補遺

*えり壺に子鮎浮き死す芹の根も 右城暮石 句集外 昭和五十三年
うつむけば曇る眼裏芹の水 上田五千石『田園』補遺
うれしくも芹生ひけらし井戸の端 政岡子規 芹
おのが聲に逢ひては芹をなでゆけり 岡井省二 猩々
おやごころ子ごろろ芹も見つゝ行く 高野素十
かけつける裾八つ裂きに芹の花 飯島晴子
この岡に根芹つむ妹名のらさね 政岡子規 芹
この岡に田芹つむ妹名のらさね 政岡子規 芹
しやぼんの泡流す芹田へゆく水に 細見綾子
すみつきし村に啼く鳥芹の水 百合山羽公 故園
せせらぎつつ揺れつつ芹の生ひにけり 松本たかし
せんぐりせんぐり摘んでゐたりな芹なづな 岡井省二 鯛の鯛
たくましき根をしてゐたり芹薺 細見綾子
つやつやと老女らあそぶ芹と雲 橋閒石 荒栲
てのひらの國の夢柄芹薺 永田耕衣
てのひらの旋風を見ずや芹薺 永田耕衣
とつぜんに齢とる芹に照らされて 飯島晴子
どこまでも芹の青さをたどりけり 平井照敏 猫町
ななくさの日に一くさの芹を祝ぐ 阿波野青畝
ぬけがらの仏うるわし芹伸びる 橋閒石 荒栲
はや~と青々と一籠の芹 高野素十
はればれと焼野の匂ふ芹小鉢 野澤節子 八朶集
ひと粒の小梅が染めし芹の粥 能村登四郎
ふりむけば鳥語明るし野芹つむ 角川源義
ふるさとやゆふべ芹つむ人もなく 橋閒石 朱明
へだたりて蓬の籠と芹の籠 石田勝彦 秋興以後
ほっかり粥雪より摘まれたる芹と 古沢太穂 火雲
ほのぼのと芹つむ火宅こそよけれ 橋閒石 微光
ぼろぼろの芹摘んでくるたましひたち 飯島晴子
みぞそばも芹も夏草水を覆ふ 高野素十
みちのくに光堂あり芹を摘む 山口青邨
もの思ふゆゑに世にある芹なづな 上田五千石 琥珀
やや遠く田芹を摘んでをるらしき 清崎敏郎
ゆふがたのてぶりの芹を洗ひをり 岡井省二 山色
わが柩羽毛となつて芹を越えよ 橋閒石 荒栲
わが死後の斑女が掬ふ芹の水 佐藤鬼房
ガード下野芹一叢花ざかり 佐藤鬼房
一作者芹焼食うて而して 高野素十
一握の芹の香けふをはかなくす 藤田湘子 てんてん
一籠の蜆にまじる根芹哉 政岡子規 芹
七種のきのふとなりし芹なづな 高野素十
七種のはじめの芹ぞめでたけれ 高野素十
七種の芹奉り太祝詞 高野素十
七草の芹の紅葉のうつくしく 山口青邨
七草の芹むらさきに生ふるなり 山口青邨
七草の芹生ふ谷戸に深く入りぬ 山口青邨
万葉の植物園の芹を見る 高野素十
三輪山の松籟に芹摘む人よ 大野林火 飛花集 昭和四十四年
二十戸の家々つなぐ溝の芹(月夜野村) 細見綾子
今年まだ摘まねどきこゆ芹の水 三橋敏雄
光るなよ芹摘婆の手のナイフ 飯島晴子
初雛や丹の椀とれば芹にほふ 及川貞 榧の實
刻まれて母のにほひや芹なづな 鷹羽狩行
十一面観世音寺出て芹の水 森澄雄
古川や昔女の根芹摘む 政岡子規 芹
古沢や泥にひゝつく芹なずな 政岡子規 芹
古沢や泥にまみるゝ芹薺 政岡子規 芹
君在りて我生く芹籠に満てり 橋閒石 無刻
四つばひにあるは根芹を力草 政岡子規 力草
垂乳根も面影びとや根白草 石田勝彦 雙杵
夢枕短かき芹を待たせつつ 永田耕衣
大名の芹つむ女見そめけり 政岡子規 芹
子ら芹をつかのま摘んでかへりゆく 上村占魚 球磨
寂しさや悪友もなく芹食めば 能村登四郎
小田の芹鍋を瑞々しく盛りぬ 阿波野青畝
山月も長けてありけり芹の原 永田耕衣
川底に日がとゞき芹芽ぶきけり 細見綾子 桃は八重
川芹の短かき事に世を忘る 永田耕衣
左右には芹の流れや化粧坂 松本たかし
年の瀬や田芹を汁に浮かせたり 細見綾子
引きすてし芹泛く雪の泉かな 飯田蛇笏 心像
摘みためし芹に日の香と水の香と 飯田龍太
摘む大芹北朝の宴ありしところ 赤尾兜子 歳華集
故山我を芹つむ我を忘れしや 橋閒石 和栲
日(ひい)ここにあるうち芹とあそびけり 岡井省二 前後
日影して胸ふとき鶏や芹の水 飯田蛇笏 山廬集
早春のおとなりから芹のおひたしを一皿 種田山頭火 草木塔
東国のこゝにも女芹洗ふ 高野素十
根ッ杭を打ち飛ばしけり芹の中 村上鬼城
桃畑溝跳んで芹摘みにけり(山梨県一の宮) 細見綾子
梅の丘を削りて芹の田を埋む 川端茅舎
椀の芹芬々として衰へず 日野草城
榾籠の上に置かるる芹の笊 高野素十
橋ひとつ越え摘み足りし芹なづな 鷹羽狩行
橋落ちて亡父母近き野芹かな 永田耕衣
母いつも夕景のなか根白草 岡本眸
母の味かなし田芹の酢味噌和 山口青邨
母の忌の目の中にほふ三葉芹 秋元不死男
毒芹といふ名がありて著し 高野素十
毒芹の花も大河が浸しける 林翔 和紙
比古を識る芹生女の粽結ふ 高野素十
水嵩の増しくる如く芹洗ふ 石川桂郎 含羞
水浅く石語をつなぐ芹の花 上田五千石 森林
水芹に雪ちる山井溢れけり 飯田蛇笏 白嶽
水鳥のつゝき出したる根芹哉 政岡子規 芹
氷る芹田生き残るもの苦患満つ 佐藤鬼房
法隆寺からの小溝か芹の花 飴山實
泥に置く鷺の足跡芹の花 木村蕪城 寒泉
泥川を芹生ひ隠すうれしさよ 政岡子規 芹
泥膾肥え根芹こはゞる彼岸かな 政岡子規 彼岸
海鳴りの一夜暁けたり芹なづな 鷲谷七菜子 一盞
深芹の袖とて無けれ翁づれ 永田耕衣
渓風のほたる火見する芹生かな 飯田蛇笏 山廬集
湖の芹の生ふるを見て待たん 高野素十
漕ぎ寄せし舟より渡す芹の籠 石田勝彦 秋興
澤芹にあり袖の香を感じをり 岡井省二 猩々
火を盗みたる末裔か芹摘むは 橋閒石 卯
生きてゐるうちには芹の花ちらつき 飯島晴子
田の中や芹摘みて去る足の跡 政岡子規 芹
田芹の座ゑがけるごとくまつたひら 山口青邨
田鮒や 芹や 中年いよよ道草がち 伊丹三樹彦
痩土の三河は曇り三葉芹 古舘曹人 砂の音
短かくて見わけがたかり田芹つむ 細見綾子
秋篠や芹の小川も仏恋ひ 後藤比奈夫
空つゆの芹咲く渓に蝶下る 松村蒼石 寒鶯抄
籠のまま 家鴨洗われ 芹の水 伊丹三樹彦
継橋知れず野芹を摘んで戻りけり 政岡子規 芹
聲明土踏みゆくに芹の川 岡井省二 大日
股ずれの起ち居裏手に芹を伸ばし 橋閒石 無刻
花咲いて芹が芹ではなくなりぬ 後藤比奈夫
芹さましあへず霰大空よりす 原石鼎 花影
芹すゝぐ一枚岩のありにけり 杉田久女
芹つみに出しわが子等の窓に見ゆ 高野素十
芹といつぱ微浅葉緑千万億 永田耕衣
芹なづな五形その野に心敷く 岡井省二 有時
芹なづな小屋は「さすが」と名乗るパブ 平畑静塔
芹なづな毎年貰ふえにしかな 細見綾子
芹なづな洗ひしまゝの雫かな 細見綾子
芹なづな海より暮るゝ国ざかひ 石橋秀野
芹のびて神山颪す峡田みち 飯田蛇笏 春蘭
芹の中より毒芹の猛々し 高野素十
芹の根も棄てざりし妻と若かりき 加藤秋邨
芹の根をいつも痛々しく思ふ 後藤比奈夫
芹の水せせらぐところ観世音 山口青邨
芹の水まことに細く流れをり 山口青邨
芹の水丹生の荒瀬に合はむとす 阿波野青畝
芹の水人住んで斯く濁したる 石塚友二 曠日
芹の水橋ゆく影のとだえして 上田五千石『天路』補遺
芹の水濁らすもの居て澄み来る 尾崎放哉 小浜時代
芹の水照るに珂心忘れた鶏 波多野爽波
芹の水生きて途方に暮れいたり 橋閒石
芹の水言葉となれば濁るなり 橋閒石 微光
芹の田に水溜りゐる峠かな 阿波野青畝
芹の花ばかりを飛んで沼の蝶 細見綾子
芹の花弥生期歪みいしは田か 古沢太穂 捲かるる鴎以後
芹の芽や小溝も朝の色に出て 小林康治 四季貧窮
芹の谷からゆるやかに雨の靄 廣瀬直人
芹の香に二日の月を想いけり 橋閒石 卯
芹の香に水の息吹のうすみどり 飯田龍太
芹の香のたまゆら人を疎むかな 橋閒石 卯
芹の香のまづたちてきし鴨の鍋 森澄雄
芹の香の朝粥で足り京泊り 能村登四郎
芹ほつほつ形見もしつけ糸のまま 橋閒石 荒栲
芹よりも明日葉匂ひ売られけり 石塚友二 玉縄抄
芹をおく座にあたゝかくゐたりけり 右城暮石 句集外 昭和十年
芹を摘みなどして英詩ほのぼのと 橋閒石 和栲
芹を摘む淋しがりやに畦の道 廣瀬直人
芹匂ふ嗅ぎつつ女体とりもどす 加藤秋邨
芹叢のところ~に蓮浮葉 高野素十
芹和へて春旬日を早めしむ 安住敦
芹噛んで苦みひろがる寂しさも 能村登四郎
芹坪は澄みの早くて湧き湛ふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
芹売に出して見せたる小判哉 政岡子規 芹
芹屑も水もみづから流れゆき 鷹羽狩行
芹川の芹を埋めて雪積る 大野林火 月魄集 昭和五十五年
芹引くや転べる多摩の大蜆 三橋敏雄
芹摘に人なしさみしともさみし 斎藤玄 雁道
芹摘の年々の籠ことし又 山口青邨
芹摘まなくさぐさ胸に秘めなして 石塚友二 磯風
芹摘みし籠のかたちを忘れたる 中村汀女
芹摘みて濡れし袂をいたはれり(埼玉県高麗村二句) 細見綾子
芹摘むは余生の閑と申すべく 中村苑子
芹摘むや水車廃れし跡と知り 石川桂郎 四温
芹摘むや淋しけれどもたゞ一人 杉田久女
芹摘む母もの濯ぐ妻晴れわたり 石川桂郎 含羞
芹摘む母烏のあそぶ遠田にて 石川桂郎 含羞
芹摘んで我孫子の雪に降られけり 石塚友二 光塵
芹断つて一厨かをる朝まだき 日野草城
芹束に日や朝市も終りどき 岡本眸
芹汁や朱ヶ古りたれどめをと膳 飯田蛇笏 山廬集
芹汁を熱くして飲む雛の日 細見綾子
芹洗ふ井水に雪の降りそそぐ 石川桂郎 四温
芹洗ふ指の摘み傷もろともに 鷹羽狩行
芹洗ふ流れ三尺ゆきて澄む 藤田湘子
芹滴むに風よりひくくかがまりて 細見綾子
芹焼いて香を走らする雪夜かな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
芹生えし泥溝の流れや菖蒲の芽 政岡子規 芹
芹生ひて家鴨の足の赤さかな 政岡子規 芹
芹生ひて断雲青きところかな 加藤秋邨
芹生ふる一水走り畑傾ぎ 福田蓼汀 秋風挽歌
芹田来て口鉄砲に鳥翔たす 伊藤白潮
芹目高乏しき水のぬるみけり 政岡子規 芹
芹短かき田の潰えこそ故里よ 細見綾子
芹繁り~と祝詞奏さるる 高野素十
芹蓬摘めよと与ふ子に刃物 石川桂郎 含羞
芹薺けふ暮るる北の根雲が去なず 中川一碧樓
芹薺根のたくましき七草粥 細見綾子
芹薺汽車道越えて三河島 政岡子規 芹
芹近く日近くゆき和服かな 岡井省二 猩々
芹鳴るや饅頭四五個思い出づ 永田耕衣
芽芹ぞとほうれん草にまぜてけり(はらから) 細見綾子
苗代の濁り流れて芹の花 政岡子規 苗代
菖蒲田の畦草萌ゆる芹も生ふ 山口青邨
蓴生ひ芹立ち蝌蚪は形を了ふ 石塚友二 磯風
薄氷のとぢたる芹を見出たり 石川桂郎 四温
西行忌ゆきつつ芹を摘むことも 森澄雄
誰か芹を呉るる頃なり鳥雲に 相馬遷子 山河
貴船とはちがふ芹生の粽結ふ 高野素十
足の裏で芹野の小石持佛売れと 永田耕衣
身延には芹のみといふ言葉あり 高野素十
軽鬱放ち先づ蹴りゆけり三葉芹 赤尾兜子 玄玄
迷い来てもつとも澄めり芹の水 橋閒石 荒栲
野芹どつさり心どつさり貰ひけり 鈴木真砂女 紫木蓮
野芹摘む一梟雄を瞼にし 佐藤鬼房
野芹短く栽培芹は丈長く 鈴木真砂女 夕螢
野蒜掘り芹摘み己れ遊ばしむ 石塚友二 光塵
降り行きて短かき芹を撫でにけり 永田耕衣
隠れ住む芹生の里や田螺和 政岡子規 田螺
雨に友あり八百屋に芹を求めける 政岡子規 芹
雨の余呉この真青さの芹捨田 古沢太穂 捲かるる鴎
雪ちつて芹生の涵る藪泉 飯田蛇笏 心像
雪の比良雪の潮芹をつむ 高野素十
雪水がひた~と田の芽芹かな 細見綾子 桃は八重
雪積むや芹の生ふれば芹にまで 大野林火 月魄集 昭和五十四年
雪間生ふ芹とて苦味はしりけり 能村登四郎
雲水がひた~と田の芹芦かな 細見綾子
雲足や雲に消え入る芹の老婆 三橋鷹女
青天や芹短かしと言ひ捨つる 永田耕衣
音もなくうしろ通るな芹なづな 岡井省二 鯛の鯛
風の出て滝壺のこゑ芹のこゑ 古舘曹人 樹下石上
食すすむ薬代の芹山と積み 相馬遷子 雪嶺
高麗村や芹つんで水濁らしむ(埼玉県高麗村二句) 細見綾子
鮮人の母も芹滴み夕仕度 細見綾子
鳥は雀芹は短かき故揃ひて 永田耕衣
鳥兜谿をとんでは芹生の子 飴山實 花浴び
鳥居くぐれば神の川神の芹 鷹羽狩行
鴨鍋の芹のひと青からはじめ 岡井省二 明野
鶏舎(とや)のおどろき静まりつあり雪間芹 能村登四郎

芹 続補遺

あふれ越野沢や芹の二番生 高井几董
いそのかみ古ゑぼし着て芹洗ふ 完来
うぐひすやすゞなすゞしろ芹の露 完来
うすらひやわづかに咲る芹の花 其角
これ見よと霜の田芹を菴の窓 井上士朗
しろ水の押わけて行根芹哉 山店
たんぽゝや芹生小原のまがひ道 牧童
つむ物にして芹の花珍しき 一笑(金沢)
つむ芹の残りおゝさよあちら側 鈴木道彦
とはれたら消もしぬべし芹の花 露川
はるかぜや日陰の芹も打けぶり 鈴木道彦
やまぶきや牛だまされて芹生まで 夏目成美
よきにほひ芹と付たる名なるべし 荷兮
よきものゝ足もとにある根芹哉 知足
わすられぬ詞つゞきや芹薺 桜井梅室
わらすべにゆはれ次第や芹薺 智月尼
フサ~と風のあたらぬ根芹かな 吏全
久しうて詞かはすや芹なづな 寥松
十銭を得て芹売の帰りけり 小春
奇麗なる馳走にあふや三葉芹 杜若
宗川も氷ると聞に今朝の芹 鈴木道彦
後厄芹の羮めづらなり 三宅嘯山
我事と鯲のにげし根芹哉 丈草
我事と鯲の逃げし根芹哉 内藤丈草
我影の白髪をつまむ田井の芹 松岡青蘿
手にとればさのみよごれぬ田芹哉 挙白
摘草の芹は除る歟祖師の膳 望月宋屋
旅すればそれさへ嬉し畑芹 松窓乙二
明月に都は芹のもやしかた 建部巣兆
松千とせ芹の白根やなが~し りん女
梅が香や様子のよさに芹を摘 建部巣兆
水に濺ぐ根芹や鶴のきれい好 三宅嘯山
浅沢や雪かた~の芹の花 松岡青蘿
芹すゞなよてにふとつた後帯 遅望
芹つみに出るや在郷の霊昭女 白雪
芹とる翁碧潭に望んでこハいかに 杉風
芹なづな笠着た人も雪のかげ 土芳
芹の葉に溜てはこぼす夕立かな 桜井梅室
芹の香や古人を慕水の末 此筋
芹の香や摘あらしたる道の泥 炭太祇
芹川のあたりは深し春の水 松岡青蘿
芹提て出たりな鷺の住家より 松窓乙二
芹摘とてこけて酒なき瓢哉 旦藁
芹摘や向ひへ廻る鶴の跡 十丈
芹摘や御歩行一はなこねて行 野径
芹摘や雪間ほりゆく峰の下駄 野坡
芹焼や主手づから火ふき竹 三宅嘯山
芹焼や朝精進のさへかへり 許六
芹生にて芹田持たし春の雨 建部巣兆
芹薺事かはりたる有どころ 桜井梅室
芹薺踏よごしたる雪の泥 惟然
若水を滝にそゝぐや根白草 中川乙由
蓬摘日も此道や芹なづな 中川乙由
蛭肥て芹ふしたちぬ日向水 加藤曉台
行鴈も一夜の夢や芹の花  露川
誰人ぞ芹をさげこむ竹の門 加藤曉台
青柳や芹生の里のせりの中 与謝蕪村
飛~に芹の葉伸や鳴かはず 高井几董
養老の咄はやさん芹薺 中川乙由
髪あらふ鷺芹とかす沢辺哉 其角
鴬ははなし飼なり芹なづな 中川乙由

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:21 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

酸葉 の俳句

酸葉 の俳句

すかんぽ の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22459277/


酸葉 補遺

いたどりもすかんぽもみな友二草 雨滴集 星野麥丘人
このみちをのぼる虎杖もすかんぽも噛まず 中川一碧樓
すかんぽの淡さや旅に会ひ別れ 岡本眸
すかんぽの畦に休むやかきつばた 細見綾子
すかんぽの畦に植田の雨が降る 清崎敏郎
すかんぽの葉にも岬の日あまねし 清崎敏郎
すかんぽの見る間に刈られゆきにけり 星野立子
すかんぽの道に萌えしはちさく濃し 香西照雄 素心
すかんぽもあざみも長けて吉野川(徳島へ) 細見綾子
すかんぽもはこべも応へてはくれぬ 星野麥丘人 2001年
すかんぽも出でしといひて青き踏む 細見綾子
すかんぽも少年の日の砂洲もなし 鷹羽狩行
すかんぽやいくさに遠き箱根やま 及川貞 榧の實
すかんぽや千体佛の間より 星野立子
すかんぽや堂守放哉島に死す 角川源義
すかんぽや墓いたづらに大いなる 清崎敏郎
すかんぽや峠の雨の降りに降り 水原秋櫻子 餘生
すかんぽや時の敗北を唾液で和し 上田五千石『田園』補遺
すかんぽや死ぬまでまとふからび声 角川源義
すかんぽや海へのがるるはやて雲 角川源義
すかんぽや誰もいはざる緑雨の忌 雨滴集 星野麥丘人
すかんぽや踏切すたれ村廃れ 鷹羽狩行
すかんぽや音も昔の箱電車 鷹羽狩行
すかんぽを噛みて姫神山仰ぐ 松崎鉄之介
すかんぽを噛みて尽きせぬ話かな 後藤比奈夫
すかんぽを噛み過去は過去今は今 後藤比奈夫
すかんぽを礁にかけて噛めば酸し 清崎敏郎
すかんぽ噛み遥かなる恋堪へがたき 伊丹三樹彦
すかんぽ噛んで昔待ちしを今日も待つ 加藤秋邨
八ケ岳酸模を噛めば見ゆるなり 石田勝彦 雙杵
春は徂くすかんぽの茎すでに伸び 福田蓼汀 山火
春もはやすかんぽ長けし畦ばかり 水原秋櫻子 緑雲
枯草の中やすいすい土筆 政岡子規 土筆
淋しさのあるとき惨め酸模噛み 岡本眸
潮先のたぎちそめたる酸葉かな 石田勝彦 秋興
親なしに山すかんぽのあまかつし 角川源義
酸模噛む心置かむに雲遠く 岡本眸
酸葉噛んで故山悉くはろかなり 石塚友二 曠日
酸葉噛んで礑と齢をかなしめる 石塚友二 磯風
鞠子宿すかんぽを折りとろろ待つ 細見綾子
高館に長きすかんぽ折りたるよ(平泉) 細見綾子

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:19 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

虎杖 の俳句

虎杖 の俳句

虎杖の花 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22818944/


虎杖 補遺

いたどりの一節(よ)の紅に旅曇る 橋本多佳子
いたどりの丈なす墓地にその墓も 上村占魚
いたどりの山河中原中也かな 飴山實 句集外
いたどりの朱走る芽や癪の神 能村登四郎
いたどりの花を活けたり加賀料理(金沢) 細見綾子
いたどりの花万傾や月の下 山口青邨
いたどりの花月光につめたしや 山口青邨
いたどりの葉の斑ざしたる蛇籠かな 飯田蛇笏 山廬集
いたどりの赫き芽桜守の道 細見綾子
いたどりの酸さを渋さを弟に教せ 橋本多佳子
いたどりの風垣なせり宗谷湾 松崎鉄之介
いたどりは芽吹き遠野に馬ほろぶ 能村登四郎
いたどりもすかんぽもみな友二草 雨滴集 星野麥丘人
いたどりや天狗曇の雲しめり 卓池
いたどりや春萌のぼる不二の山 土芳
いたどりや海のぞく貌疾風打つ 角川源義
いたどりや着きてしなのゝ日が暮るゝ 及川貞 榧の實
いづこにもいたどりの紅木曽に泊つ 橋本多佳子
いぬいたどりを僕たちの仲間とす朝日がさす 中川一碧樓
このみちをのぼる虎杖もすかんぽも噛まず 中川一碧樓
これこそは美爪術したりさいたづま 阿波野青畝
さえかへる鴉の声やさいたづま 除風
ぜんまいとり虎杖をとり桜山(兵庫県武田尾の桜山六句) 細見綾子
ぽんと音更に又音さいたづま 阿波野青畝
まじりゐて蛇虎杖の白子かな 右城暮石 散歩圏
ゼリイおく虎杖の葉のとびし風 富安風生
万緑に虎杖は白加へけり 林翔
分け入って谷は虎杖ばかりなり 政岡子規 虎杖
去年今年枯虎杖を踏む音も 飯田龍太
取りて来し虎杖を捨つ浪ぎはに 細見綾子
吹かれゐる山虎杖の花みどり 山口青邨
土筆を得ず虎杖を得て帰る 政岡子規 土筆
夏草といへどおほかた虎杖や 清崎敏郎
山陰に虎杖森の如くなり 政岡子規 虎杖
幼な日の酸味かなしき虎杖よ 中村苑子
抱き起こしたる虎杖の露まみれ 岡本眸
日当らぬ山路虎杖岩煙草 星野立子
春もやゝ酢め立にけりさいたづま 三宅嘯山
木置場の坪も虎杖林かな 河東碧梧桐
未生以前の虎杖の花こぼれつぐ 佐藤鬼房
柴の荷の如し蕨も虎杖も 阿波野青畝
潅木視せし虎杖がさらに長け 山口誓子
瀧筋の虎杖も藪なせりけり 石塚友二 玉縄以後
焼石に虎杖角を出しけり 河東碧梧桐
熔岩生ひの低虎杖につぶて雨 上田五千石『風景』補遺
石狩の光る奔流いたどり長け 松崎鉄之介
硫気噴き虎杖の芽の臙脂濃き 富安風生
紅班ある虎杖思ふのみに酸し 山口誓子
苅籠やわけて虎杖いさぎよき 飯田蛇笏 山廬集
草むらや虎杖の葉の老けそめて 飯田蛇笏 山廬集
萌えしばかり窟濡戸の虎杖は 佐藤鬼房
萩の径ゆき虎杖の径かへす 山口青邨
蕗の原虎杖の林いゆくなり 山口青邨
虎杖(どんがい)にまじりて歌はつくるまじ 齋藤玄 飛雪
虎杖がかぶさり青き水ねぢれ(玉川上水) 細見綾子
虎杖と蕗とせめぎて山深し 山口青邨
虎杖に似し故折つて瓶に挿す 永田耕衣
虎杖に捨灰ここの主病む 佐藤鬼房
虎杖に樋の水はやし雨の中 飯田蛇笏 霊芝
虎杖に真向くだる天の川 加藤秋邨
虎杖に紅の斑にじむ古戦場 鷹羽狩行
虎杖に蜘蛛の網に日の静かなる 原石鼎 花影
虎杖のぽんと折るると折れざると 永田耕衣
虎杖の丈けてユーカラ古譚かな 能村登四郎
虎杖の大葉恐ろし北国は 山口誓子
虎杖の柝れ口うるむ山河かな 永田耕衣
虎杖の梅雨づぶぬれを顧みる 小林康治 玄霜
虎杖の短き茎も酸に充ち 山口誓子
虎杖の花そこなはずけものみち 鷹羽狩行
虎杖の花に天上天下かな 富安風生
虎杖の花の散りこむマンホ-ル 岡本眸
虎杖の花の蜂起に道仏 上田五千石『琥珀』補遺
虎杖の花やほつきを並べおき 加藤秋邨
虎杖の花指さるるに思ひあり 石川桂郎 四温
虎杖の芽の群がりに野猿出づ 松村蒼石 雪
虎杖の萌えでし笑ひ仏かな 岡井省二 鹿野
虎杖の藪もありけり諫鼓鳥 桜井梅室
虎杖の軒に出てをる芸者かな 富安風生
虎杖の酢も涸るる秋五十年 三橋敏雄
虎杖の長けて紅の斑失はず 鷹羽狩行
虎杖は城塁の花石の花 山口誓子
虎杖やみちの古びは紆余に出て 上田五千石『天路』補遺
虎杖やガンピ林の一部落 河東碧梧桐
虎杖や四方顕ちに小狂雲子 永田耕衣
虎杖や干されどほしの父のシャツ 廣瀬直人
虎杖や木登りの子のとみに減り 鷹羽狩行
虎杖や狩勝峠汽車徐行 星野立子
虎杖や蝦夷用水の辺に茂り 高浜年尾
虎杖や裏戸に銹びし野鼠の罠 能村登四郎
虎杖をむかし手折りぬ四月尽 石田波郷
虎杖を啣へて沙弥や墓掃除 川端茅舎
虎杖を折つて互ひの名を知らず 永田耕衣
虎杖を柴垣のごと風除に 山口青邨
虎杖を越ゆる飛沫が雨を呼ぶ 廣瀬直人
虎杖モ蕨モ伸ビヌ山ノ様 政岡子規 虎杖
虎杖甲乙活けて甲のみ崩折れつ 永田耕衣
行幸待ついたどりの藪蕗の原 山口青邨
赤き芽はいたどりかさなくば何ぞ 上村占魚
鉄路添ひいたどり赤芽夕氷し 松崎鉄之介
長城の左右いたどりも蜿蜒と<八達嶺> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
雑草の虎杖皇居にも繁る 山口誓子
黄花虎杖咲くラバも雲海の上 村山故郷

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:17 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

はこべ の俳句

はこべ の俳句

はこべ の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612177/


はこべ 補遺

*はこべもう霜の真白に葉を揃へ 右城暮石 句集外 昭和十三年
*はこべ蒲公英原爆以後の子も遊べり 藤田湘子 途上
*はこべ鮮し躓き入りし四五歩の間 藤田湘子 途上
いちはやく萌えしはこべは踏むまじく 清崎敏郎
すかんぽもはこべも応へてはくれぬ 星野麥丘人 2001年
ななくさのはこべのみ萌え葛飾野 能村登四郎
はこべらに物干す影の吹かれ飛び 野澤節子 未明音
はこべらのいしふみ古りし社日かな 星野麥丘人 2005年
はこべらの中に埋まり雀の子 細見綾子
はこべらの花にいよ~雪こまか 高野素十
はこべらはかたまつて萌え離々と萌え 清崎敏郎
はこべらは遊行の寺の雨落に 飴山實 句集外
はこべらやたてがみ薄き雨の馬 鷹羽狩行
はこべらや亡骸を掘る如くなり 藤田湘子 途上
はこべらや川岸の名の澱町 中村汀女
はこべらや日の当りゐる素焼甕 燕雀 星野麥丘人
はこべらや旧里にとどむ恨なし 赤尾兜子 玄玄
はこべらや春二重なす妻の顎 石田波郷
はこべらや焦土のいろの雀ども 石田波郷
はこべらや片空碧く暮れなづむ 角川源義
はこべらや犬も来てゐる草野球 村山故郷
はこべらや病手枕のうきしづみ 斎藤玄 狩眼
はこべらや雪嶺は午後うつとりす 森澄雄
はこべらを小鳥にやりし手で物食ふ 山口誓子
はこべ咲くにも頷く男 知命の髭 伊丹三樹彦
はこべ見て垣行くなりし家の花 細見綾子 桃は八重
むなしき冬を庭にはこべのあるあらぬ(青々先生逝去) 細見綾子
むなしき冬を庭にはこべのあるありぬ 細見綾子 桃は八重
やはらかきはこべと水と鴨帰る 百合山羽公 故園
わすれんやはこべらを食ひあまさぬ日 加藤秋邨
カナリヤの餌に束ねたるはこべ哉 政岡子規 はこべ
一粒の花ははこべや草青む 山口青邨
七草のはこべら莟もちてかなし 山口青邨
下萌のそこらはこべらいぬふぐり 山口青邨
何かありし跡輪になつてはこべ萌ゆ 右城暮石 声と声
冬*はこべ養子を田舎医にたよりをり 能村登四郎
冬の草青しはこべらとたんぽゝと 山口青邨
冬はこべ風のとどまるところなし 石田勝彦 百千
四五日をすぎしはこべの黄みかな 右城暮石 句集外 昭和九年
園の雨はこべ最もみどりなる 富安風生
引き抜かれきたる*はこべとしか見えず 後藤比奈夫
心づけばいつもひとりやはこべ萌ゆ 藤田湘子
栄達に遠しはこべら道に咲き 安住敦
水ためてある田の土にはこべの實 右城暮石 句集外 昭和九年
沖の眼を*はこべに戻す安らぎに 古舘曹人 能登の蛙
灰棄てに出る 朝あさの はこべ天国 伊丹三樹彦
無花果の盛りあげ泥に花はこべ 右城暮石 句集外 昭和九年
牡丹にあたりのはこべ延ぶがまゝ 杉田久女
牡丹にあたりのはこべ抜きすてし 杉田久女
稚牛の蹄血を透く冬はこべ 能村登四郎
筑紫野ははこべ花咲く睦月かな 杉田久女
粥草のなずなはこべら庭の内 山口青邨
草紅葉したりはこべに至るまで 清崎敏郎
萌え出でしはこべを試食して見たし 右城暮石 散歩圏
萌ゆるものもとよりはこべのみならず 清崎敏郎
落枝の下びつしりと冬はこべ 石田勝彦 秋興
薺咲く はこべ咲く この懸命事 伊丹三樹彦
衣古りてもはこべに跼みかゞやくや 岸田稚魚 雁渡し
雨享けて墓のはこべは血より濃し 古舘曹人 砂の音

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:14 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

土筆 の俳句

土筆 の俳句

土筆 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612170/

土筆 補遺

あなにやし土筆は睡深かりけり 橋閒石 卯
いたずらに摘みし土筆の頭数 上田五千石『琥珀』補遺
いたづらに土筆尋ぬる杉菜哉 政岡子規 杉菜
いにしへの道に短きつくし出づ(山の辺の道) 細見綾子
うち交る草も見覚え土筆籠 中村汀女
おつくうの文を書き得し土筆和 上田五千石 天路
お彼岸や心の丈に土筆摘み 森澄雄
かのほとべ思ひて土筆野に眠れ 佐藤鬼房
かの陰(ほと)べ思ひて土筆野に眠れ 佐藤鬼房
きさらぎの野の土掻けばつくづくし 木村蕪城 一位
こめかみに土筆が萌えて児が摘めり 三橋鷹女
これこそは寒の土筆よ小吸物 及川貞 夕焼
せせらぎや駈けだしさうに土筆生ふ 秋元不死男
そのさまの摘み残されしつくしんぼ 清崎敏郎
その端に土筆一束花むしろ 能村登四郎
たけ高し棘の中の土筆 政岡子規 土筆
つくしんぼはうしこと呼ぶふるさとは 森澄雄
つくし恋しや真実は死のほかになし 佐藤鬼房
つくし生ふ貨車の車輪ゆ夕日洩れ 松崎鉄之介
つくし野やまたたく過ぎし白魚どき 古舘曹人 樹下石上
つくつくしゆるしてくれよ杖のとが 政岡子規 土筆
つくつくし櫻の園といふところ 石田勝彦 秋興
つくづくしターヂ・マハールに塔ありき 福田蓼汀 山火
つくづくし悲し疑ひ無き事も 川端茅舎
つくづくし愁ひの丈を摘めとこそ 石田勝彦 百千
つくづくし散歩の道の伸び縮み 鷹羽狩行
つくづくし母と摘みしもこれほどに 岸田稚魚 紅葉山
つくづくし筆一本の遅筆の父 中村草田男
つくづくし野天の下の孫から影 中村草田男
つくづくし頭緻密に背丈も得よ 香西照雄 対話
つみもせすすわつて見るやつくつくし 政岡子規 土筆
つれづれや病床に土筆の袴取る 政岡子規 土筆
なんとなくふごがおいてあるのでつくし 荻原井泉水
ねころんでつくしんぼうを見てをりぬ 岸田稚魚 紅葉山
はじめから軽き帰りの土筆籠 鷹羽狩行
ひよろひよろとまことに高き土筆かな 山口青邨
ふむまいそ小道にすみれつくつくし 政岡子規 土筆
ふむまいとすみれをよけてつくつくし 政岡子規 土筆
ふむまいとよけた方にもつくつくし 政岡子規 土筆
ほうけたるつくし陽炎になりもせん 政岡子規 土筆
ほうけたるまゝ也つくし蕗の薹 政岡子規 土筆
ほくほくとつくしのならふ焼野哉 政岡子規 土筆
まだ我の言葉にならず土筆生ふ 藤田湘子 てんてん
まゝごとの飯もおさいも土筆かな 星野立子
みささぎや日南めでたき土筆 飯田蛇笏 山廬集
みほとけの産湯の中につくづくし 百合山羽公 春園
ものおもふほとりみるみる土筆原 鷲谷七菜子 天鼓
よく見ればあとさき多きつくし哉 政岡子規 土筆
わが机妻が占めをり土筆むく 富安風生
わけもなく機嫌直らず土筆飯 飯島晴子
ゐごつそう土佐の土筆の痩土筆 津田清子
一つ長く一つ短しつくづくし 政岡子規 土筆
一ところばかりではなく土筆摘む 高浜年尾
一もとのつくしに飛ぶや野の小川 政岡子規 土筆
一寸の土のつくしを母の掌に 野澤節子 存身
一握の土筆山妻煮るにほひ 山口青邨
一握りとはこれほどのつくしんぼ 清崎敏郎
一本と乞へば一本土筆くれぬ 中村汀女
二三本土筆生えけり池の端 政岡子規 土筆
二三本毛氈の上の土筆かな 山口青邨
人来ねば土筆長けゆくばかりかな 水原秋櫻子 葛飾
人降りて座席に土筆こぼれゐる 橋閒石 雪
仏を話す土筆の袴剥きながら 政岡子規 土筆
仏果とは粉噴いてゐる土筆かな 能村登四郎
伏兵の鉄砲倒すつくし哉 政岡子規 土筆
余生とや土筆野にわれありて莫し 佐藤鬼房
俄かなる仏心の萌えつくづくし 能村登四郎
傷心の世や土筆野の陽光や 中村苑子
剥く土筆ベルナデツタの墓のもの 阿波野青畝
労農系むかしのシンパ土筆摘む 佐藤鬼房
卵黄に掻きまぜられし土筆 阿波野青畝
口腹に足る筈もなきつくし摘む 上田五千石『琥珀』補遺
吹降りや土筆法師の荒修行 藤田湘子 てんてん
善導の土筆土筆の来迎寺 森澄雄
喧嘩した小共のあとやつくつくし 政岡子規 土筆
四男てふどうでもよい子土筆生ふ 能村登四郎
土をでしばかりの土筆鍋に煮る 百合山羽公 故園
土偶のわが片棒なりや土筆萌ゆ 佐藤鬼房
土工の衣かぶさり土筆まつ暗がり 津田清子
土筆かなし摘み残されて狐色 星野立子
土筆たんぽゝ大人この春の三千句 中川一碧樓
土筆つみゐし子が一人白魚塚 星野立子
土筆つむ男あり安土城趾に来て 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
土筆なつかし一銭玉の生きゐし日 加藤秋邨
土筆なと摘まな三月戦災忌 上田五千石 琥珀
土筆のかたち光陰過ぐる矢のかたち 中村草田男
土筆の子末黒汚れの袴穿き 後藤比奈夫
土筆の茎人肌いろに透きとほり 能村登四郎
土筆の頭遠くに人も円光負ふ 橋本多佳子
土筆はかま取り取る友の摘み届け 及川貞 夕焼
土筆まだ八十歳の花粉かな 永田耕衣 物質
土筆みな浮く桶の水深ぶかと 阿波野青畝
土筆より航跡一本湾に出づ 大野林火 雪華 昭和三十五年
土筆を得ず虎杖を得て帰る 政岡子規 土筆
土筆一本ひかりとことこ鴉の子 加藤秋邨
土筆一本咥へてゆけば毛馬少女 加藤秋邨
土筆一束コップに挿して句を作る 山口青邨
土筆二本休暇賜はる妻の手に 林翔 和紙
土筆伸び揃ひ雨降り雨溜り 廣瀬直人
土筆伸ぶ白毫寺道は遠けれど 水原秋櫻子 緑雲
土筆出て遊び遍路と申すべし 森澄雄
土筆出て高空に風光悦忌 森澄雄
土筆土割り小学生の浄き脚 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
土筆多き土手に日暮るゝ恨かな 政岡子規 土筆
土筆折る音たまりける体かな 飯島晴子
土筆摘むことも知らずに逝きしかと 岡本眸
土筆摘む僅かに土に汚れし手 高浜年尾
土筆摘む童男老女山の端に 飯田龍太
土筆摘めばあるあれば摘んでゐる 荻原井泉水
土筆添へて夕餉の箸のはじまりぬ 及川貞 夕焼
土筆煮て「野道」の著者に見舞はるる 石田波郷
土筆煮て降りこめられて居りにけり 岡本眸
土筆煮て飯くふ夜の台所 政岡子規 土筆
土筆犬ふぐり石炭殼の山 佐藤鬼房
土筆生ふ麻酔の夢の滑稽な 斎藤玄 雁道
土筆蕨見てゆく都介野(つげの)来迎寺 森澄雄
土筆見て巡査かんがへ引返す 加藤秋邨
土筆野中の石碑字消えたり 政岡子規 土筆
土筆闌け墓前おもひのまま明るし 松村蒼石 雪
土筆食ふ摘みたる人に見られつつ 西東三鬼
土筆食べ土竜のこゑも聞きたしよ 藤田湘子 てんてん
土筆飯ならば少々神妙に 飯島晴子
土筆飯よりつまみとる塵一つ 阿波野青畝
塞の神めぐり土筆の一世界 森澄雄
墓一塊土筆長けなばかくれなむ 山口青邨
墓原の杉菜に交る土筆かな 政岡子規 土筆
墓守と土筆を摘めばなつかしき 原裕 青垣
墓山の土筆摘まれず長けにけり 伊丹三樹彦
夕月に日はにぎはしやつくづくし 岸田稚魚 負け犬
大無間山に雪あり土筆いづ 百合山羽公 寒雁
女ばかり土筆摘み居る野は浅し 政岡子規 土筆
子のたちしあとの淋しさ土筆摘む 杉田久女
子供らの野原であそべない土筆 三橋鷹女
子規居士に土筆の事も従へり 相生垣瓜人 明治草
宗鑑の村の土産に土筆かな 岡井省二 山色
家を出でゝ土筆摘むのも何年目 政岡子規 土筆
寒のつくし法悦は舌頭に乗り 川端茅舎
寒の野につくしつみますおんすがた 川端茅舎
寒の野のつくしをかほどつまれたり 川端茅舎
尼の膝土筆と袴二夕分けす 阿波野青畝
山の風行きて戻らず土筆摘み 飯田龍太
山人戦後も左側通行つくづくし 中村草田男
岩の間の土筆汝も台頭す 鷹羽狩行
手のとゞくだけは短しつくづくし 政岡子規 土筆
手をつけば土筆ぞくぞく大地面 橋本多佳子
指弾して然りつくしの青頭 飯島晴子
振りかへり消ゆる土筆もありにけり 中村汀女
摘まれ来し土筆の孫のやうなもの 後藤比奈夫
摘みためし土筆意外に重かりし 星野立子
摘みためて土筆長短手握りあへぬ 野澤節子 未明音
摘みとるに粉とぶつくしなれど摘む 篠原梵 年々去来の花 中空
摘草やふさいだ目にもつくつくし 政岡子規 摘草
摘草や土筆全くのびにけり 山口青邨
日に少しよひつゝ土筆摘んでをり 星野立子
日は闌けて一寸きざみ土筆の子 中村苑子
日天子寒のつくしのかなしさに 川端茅舎
春めくか病衣ひとしく土筆色 百合山羽公 樂土以後
杉菜多キ堤ニ出タリ土筆狩 政岡子規 土筆
村の噂土筆の袴とりながら 富安風生
村人もあきれるばかり土筆出し 右城暮石 散歩圏
東京へ来てすみれ見よつくし見よ 後藤比奈夫
枯草の中やすいすい土筆 政岡子規 土筆
枯萱の色に出でたるつくしかな 政岡子規 土筆
母が煮てくれし土筆よ蕗味噌よ 安住敦
水きよく誰が摘みすてし土筆かな 西島麦南 人音
水ぐんで土筆むらがり春の虹 日野草城
江戸川のおえふも老いぬ土筆摘 藤田湘子 神楽
河内野や土筆摘みては風呂敷に 森澄雄
法華寺に見ざりし土筆隅寺に 森澄雄
津の人のかへりみぬ土筆ここだ摘む 篠原梵 年々去来の花 皿
浜鳥居影置く土手の土筆摘む 松崎鉄之介
海しらぬ子にこの土ありつくづくし 飯田蛇笏 山廬集
煦煦としてつくしんぼにも影法師 森澄雄
父なくて母のまはりにつくづくし 岸田稚魚 筍流し
玉垣は土筆 配流の陵よ 伊丹三樹彦
産屋見て土筆手に手に戻り来し 右城暮石 散歩圏
田母木の下列を乱すは土筆の子 香西照雄 素心
町近き野辺に乏しき土筆 政岡子規 土筆
畦いたく欠けし彼方に土筆籠 水原秋櫻子 緑雲
畦道や曲り曲りの土筆 政岡子規 土筆
疾風に籠目つぶれて土筆籠 鷹羽狩行
病子規の摘みたかりけむ土筆摘む 相生垣瓜人 明治草抄
病床を三里はなれて土筆取 政岡子規 土筆
痛む歯のために土筆を煮て呉れし 右城暮石 句集外 昭和四十六年
白紙に土筆の花粉うすみどり 後藤夜半 底紅
白紙に置きて土筆のこぼすもの 後藤比奈夫
白魚と土筆ならべり競ふ如 水原秋櫻子 蘆雁以後
百八つほども摘みたる土筆かな 岡井省二 鯨と犀
皆朱膳土筆早蕨莢豌豆 阿波野青畝
看病や土筆摘むのも何年目 政岡子規 土筆
知らぬ間につくしんぼうに囲まるる 岸田稚魚 紅葉山
砂原に頭ばかりの土筆哉 政岡子規 土筆
砂原やほうしこ抜けばとなゝがら 政岡子規 土筆
突然死望むところよ土筆野に 鈴木真砂女 紫木蓮
窪に来て首かしげたる土筆に逢ふ 能村登四郎
竹籠の若菜にまじる土筆哉 政岡子規 土筆
笑う子に土筆のごとく寝床起つ 赤尾兜子 歳華集
箸が出たがるおん母の煮し土筆 大野林火 方円集 昭和五十三年
節多く頭がちなる土筆哉 政岡子規 土筆
籠さげて土筆つみつみ関屋まで 政岡子規 土筆
約束の寒の土筆を煮て下さい 川端茅舎
緑青の粉をこぼしつつ土筆ぶり 中村草田男
胼の手を恥らふ心つくしかな 河東碧梧桐
腰据ゑて土筆の袴除りをるよ 石塚友二 磊[カイ]集
芝ひたす水きよらかに土筆萌ゆ 飯田蛇笏 白嶽
花粉まふ土筆とみれば雨がふる 飯田蛇笏 春蘭
萱深く土筆あるべき目利かな 政岡子規 土筆
蒲公英に描きそへたる土筆哉 政岡子規 蒲公英
薬の日なりし土筆の砂糖漬 後藤比奈夫
虚子庵は松山ぶりに土筆煮る 山口青邨
蜂の子の如くに寒のつくづくし 川端茅舎
蝶の影二つとなりし土筆かな 原石鼎 花影
行かばわれ筆の花散る処まで 政岡子規 散桜
行き先をしばし忘れて土筆摘む 右城暮石 句集外 昭和五十三年
街並のけぶる遠さよ土筆腐る 佐藤鬼房
袴高くはきて土筆の長けにけり 山口青邨
見えてゐる湖の寺まで土筆摘む 岡井省二 夏炉
見てすぐる土手の土筆や蓬摘 政岡子規 土筆
見て行くや小道小道の土筆 政岡子規 土筆
親子らしならぶつくしの長短 政岡子規 土筆
赤馬が跳ね信心の土筆煮え 橋閒石 荒栲
軽く壊し軽く家建てつくづくし 中村草田男
迷ひ子のすてゝて行きけりつくづくし 政岡子規 土筆
通勤に見て散策に摘む土筆 鷹羽狩行
道のべにたまたま土筆一つかな 政岡子規 土筆
里人は土筆も食わず蓬摘 政岡子規 土筆
釣れぬ日の魚籠に摘みため土筆籠 鷹羽狩行
鉄橋の影を恐るる土筆摘み 鷹羽狩行
鉄橋は籠目の遠さ土筆摘み 鷹羽狩行
雛の菓子蕨土筆と減りにけり 後藤夜半 底紅
雲をふむ確かさに居てつくし煮る 橋閒石 和栲
頭の焦げし土筆野富士にいつ会はん 細見綾子
頭の黒きつくし野におく旅かばん 細見綾子
風強くつくしんぼうは揺れてゐる 山口青邨
麻生田にいまだ短し土筆 政岡子規 土筆
龍の角落ちて土筆の生ひにける 水原秋櫻子 帰心

土筆 続補遺

いとけなや土筆見付て気のくすり 来丸 友あぐら
うごくとは土筆も雷の初メ哉 池西言水
すご~と摘やつまずや土筆 其角
ちぎれても隠居の藁座土筆 千奈
によき~と尼も土筆も彼岸哉 許六
人待たん道筋おほし土筆 長虹
余の草にそだてらるゝか土筆 車庸
出女のあはれにたけて土筆 荻子
土筆いつをさかりにほうけたる 芦角
土筆たけて桜にかはる心かな 秋色 瓜作
土筆つむやさかづき持ながら 傘下
土筆戦書下せる野原かな 三宅嘯山
土筆経木のかゝる河辺哉 黒柳召波
土筆風の小松もうらやまず 松窓乙二
嬉しさを握りすてたり土筆 配力
寺まいりつゞく袴や土筆 りん女
延過て余り詮なし土筆 凉菟
心あての土筆の外や蕗のたう 牧童
捨て行頭陀の絵筆や土筆 〔ブン〕村
春なれや筆捨山に土筆 中川乙由
柴石にうつろふかげや土筆 配力
梅土筆とらへた宿を庵の年 鈴木道彦
水くきの花と申さん土筆 東皐
無駄あしを引かぬ桜や土筆 野坡
聞からにしりぬ杉菜は土筆 白雄
舎利拾ふ為には摘ジ土筆 沾圃
道~も只は通さじ土筆 中川乙由
酔た手につみばえなさや土筆 鈴木道彦
野鼠の是を喰らん土筆 其角

以上x
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:12 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

菫 の俳句

菫 の俳句

菫 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612860/


菫 補遺 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25599902/


菫 続補遺 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25599908/

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 20:07 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング