<   2016年 05月 ( 138 )   > この月の画像一覧

暑さ の俳句

暑さ の俳句

暑し の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22814062/


暑さ 補遺(1) (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25829282/

暑さ 補遺 (2) (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25829286/


暑さ 続補遺

*なまじひに兀長持の暑さかな 如行
あさの間は空にしられぬ暑さ哉 千代尼
あの山もけふの暑さの行方かな 上島鬼貫
あら野行く我が影もなき暑さ哉 川上不白
いけながら炭火の消る暑さ哉 望月宋屋
いとゆふのくづれて礒の暑哉 除風
いら~と暑いに見やれ雲が出た 路通
うき恋にもつるゝ雲の暑かな 助然
うぐひすも藪にたまるか此暑さ 諷竹
うろ~と肥た因果に暑かな 路通
おうた子に髪なぶらるゝ暑さ哉 欺波園女
おか崎をならふ二階の暑さかな 馬場存義
おほた子に髪なぶらるゝ暑サ哉 園女
かみなりの曇らで暑し梧の花 史邦
このごろの暑さいなする野分哉 使帆
この山の迯うはしらずこの暑さ 沙明
この風におとし付たる暑かな 兀峰
すつぺりと兀たる山の暑さ哉 桃先
ため~てはなしくらべの暑哉 りん女
たゞ暑し籬によれば髪の落 木節
つばくらの石にはらばふ暑かな 寥松
なんとけふの暑さはと石の塵を吹く 上島鬼貫
のこりとはいはれぬほどの暑さかな 游刀
ひか~と暑しものみる額つき 野坡
ひとり寝も隣だきとて暑さ哉 陽和
ふか~と何に游がん此暑 路通
へつらへるこゝろぞ暑き夏ばかま 越人
ほくち搗臼のわれのく暑サ哉 高桑闌更
むら雨の十賊に通る暑さ哉 嵐雪
むら雨の木賊にとほる暑さ哉 其角
めでたきも女は髪の暑サ哉 炭太祇
をか崎をならふ二階の暑さかな 存義 古来庵発句集
一*しゅの沈む曇りの暑さかな 百里
一町に二人と見えぬ暑さかな 九河 伊達衣
世の外に身をゆるめゐる暑かな 炭太祇
世を横に歩むも暑し平家蟹 露川
乗物に衣冠正しき暑かな 三宅嘯山
二本目の扇をおろす暑さ哉 嵐青
二本目の扇子を下す暑さかな 嵐蘭 類題発句集
人に又暑い顔あり端涼み 其角
人前も取て暑がる月夜哉 朱拙
人声の暑さを醒すうちわ哉 土芳
供がたの鞘の暑さや岡の松 其角
刃物共磨て仕舞へば暑さかな 露川
初鴈の声や暑さの行どまり 露川
取葺の内の暑さや棒づかひ 乙訓
古さとや暑きもの売る塩鯨 寥松
古蔵に日のさす家の暑さ哉 吾仲
坊主子の日南を通る暑かな 三宅嘯山
夕がほによばれてつらき暑さ哉 羽紅女
夜の空暑きものとは見ざりけり 寥松
夜は猶霊棚臭き暑サ哉 介我
大名に笠きらひある暑さかな 朱拙
大津絵のゑどりも暑し甲武者 史邦
大犬の身をなやしたる暑さかな 許六
婚礼は午の剋なる暑さ哉 馬場存義
実にもとは請て寐冷の暑かな 正秀
小夜中に蝉ひとこゑの暑さ哉 其角
尚暑し秋も定めずさわぐ雲 桜井梅室
尚暑し雲の峯たつ江戸の町 三宅嘯山
山焼て峯の松見る暑哉 魚日
岩肌のへげて取レたる暑さ哉 素覧
川と暑や浦の苫屋の軸うつり 其角
布子着て夏よりは暑し桃の花 支考
常夏に手してやりたる暑哉 紫道
庵覗く紙帳は暑月涼し 角上
引はなす児手柏の暑さかな 露川
引汐に動かぬ舟の暑サかな 百里
影ぼしのあたまふまゆる暑さ哉 鼠弾
手せんじの後見にたつ暑さ故 丈草
振袖の乳にふとられ暑哉 朱拙
掛香に田舎若衆の暑かな 毛〔ガン〕
掛鯛の煤は流れて暑さ哉 望月宋屋
揖音も裸ときけば暑サ哉 白雪
摘跡のくもの巣暑き茶の木哉 正秀
撫て見る石の暑さや星うつり 除風
日のうちはけふも暑うて一葉哉 牧童
日の出より暑きうしほの光かな 卓池
日の前の浮雲暑き蔭りかな 加舎白雄
日の岡やこがれて暑き牛の舌 正秀
日の暑さ盥の底の*うんかかな 凡兆
日盛にほつと鍛冶屋の暑サ哉 沾圃
是ほどの三味線暑し膝の上 小西来山
昼皃に暑のはしる野中哉 寂芝
昼皃の砂踏崩す暑さかな 支考
暑かりし咄のみきく納涼かな 桜井梅室
暑がるも祇園まつりの愛相哉 田川鳳朗
暑き夜のくらきを引や牛車 三宅嘯山
暑き夜や井戸に水なき夏の月 荻子
暑き手に拝領したる氷哉 許六
暑き日のうさを白川夜ぶね哉 露川
暑き日も是までと見る荻の声 卓池
暑き日も樅の木の間の夕日かな 素堂
暑き日やはづしたる戸の置所 猿雖
暑き日や人なき鳥羽の作道 寥松
暑き日や咄に念の入らでよし 路通
暑き日や撫子つまむ山のかげ 松岡青蘿
暑き日や目をふるかたの烏賊の骨 夏目成美
暑き日や神農慕ふ道の草 桃隣
暑き日や葉虫みだるゝ軒の竹 田川鳳朗
暑き日や蛇ぶらさがる蔵の間 東皐
暑き日や蝶鳥落て石黄ミ高桑闌更
暑き日や降レばふるぞと云ながら 高桑闌更
暑き日や馬屋のなかの糠俵 怒風
暑き瀬を漕で嬉しや星祭 露川
暑ければ雲のいやしき山の上 松窓乙二
暑さから此たのしみや松の陰 亀世
暑さへなをなさけなるしぐれかな 三浦樗良
暑ひ中にかさと音せし一葉哉 三宅嘯山
暑日や人はつとめて世をへたき 完来
暑日や御嶽まうでのさばき髪 高井几董
暑日や産婦も見えて半屏風 黒柳召波
暑日を猫の水呑御女郎 白雪
暑来て京の水際立にけり 三宅嘯山
暑気也近付覗く頬被リ 越人
暑涼し庵はよしともあしゝとも 野坡
暑雲の外爆に奪るゝ人の声 嵐雪
暖簾の顔にまつはる暑さ哉 〔ブン〕村
暮がたはうちなやされし暑さ哉 沙明
暮すてゝ其日~の暑かな 田川鳳朗
朝寐しておのれ悔しき暑さ哉 炭太祇
朝比奈の楽屋へ入し暑哉 其角
木枕に耳のさはりて暑き也 炭太祇
朱折敷に鱸をあふぐ暑さ哉 鼠弾
李盛る見世のほこりの暑哉 万乎
松かげを出ぬけて暑き月夜哉 水颯
松の木に暑サ隔て夕涼ミ 荻子
松の木のあはひや暑き山の兀 浪化
松陰に旅人帯とく暑かな 炭太祇
柳見え清水みえたる暑かな 吏登 吏登句集
桐の葉に埃のたまる暑さ哉 孤屋
梢には暑ひ声有氷室やま 中川乙由
森の蝉すゞしきこゑや暑き声 乙訓
槇の戸やはや行灯の暑くろし 許六
歌が尾も馬上の吟の暑かな 園女
正客や暑さぞまさる床柱 雪色 坂東太郎
此ごろは暮ても昼の暑さ哉 吏全
此ほどの暑さをふるへ帋合羽 除風
此界に暑し~との眠かや 加舎白雄
死ぬ時の稽古して居る暑さかな 買明 靫随筆
水ひとつ百日紅の暑にぞ 芦角
水仙の干セ加減見る暑さかな 嵐青
水書の偏を失ふ暑さかな 望月宋屋
水気付たのむ峠の暑かな 正秀
汐痩に岩の小まつの暑哉 助然
汐風にもまれて松の暑さ哉 探志
油気にのこる暑さや雨障子 兀峰
海を出て砂踏蜑が暑かな 露印
清水をばむすべば解る暑サ哉 越人
無造作に小僧ねて居る暑さかな 鞍風 其便
焼鎌を背に暑し田草取 其角
照こんだ暑みをはらむ青田かな 十丈
照付てひかりも暑し海の上 嵐雪
照君に暑さくはゝる別かな 牧童
猶暑し簀干しの魚にはこび雨 白雄 白雄句集
猶暑し簀干の魚にはこび雨 加舎白雄
珍客に下座をまいらす暑さ哉 望月宋屋
瓜喰てしばしわすれし暑さ哉 許六
田の草の道にへばりて暑さかな 諷竹
病で死ぬ人を感ずる暑哉 炭太祇
目も暑しわかれ行山かへる山 露川
相撲取り見るに暑さや帯の幅 介我
真中に膳すゑて有る暑かな 成田蒼虬
石も木も眼にひかる暑さかな 向井去来
石切の火をきり出す暑かな 正秀
石切の目のくさりたる暑かな 木導
石壇を下ればもとの暑さかな 中川乙由
礒際は湖水のにゆる暑かな 正秀
祭~もひとつに成る暑さ哉 尚白
積あげて暑さいやます畳かな 卓袋
窓に望む菅草暑し夕附日 土芳
立声の尚暑くろし瓜の蝿 三宅嘯山
笠ぬげば我名とはるゝ暑さ哉 吏全
粟の葉の雨日や暑き雁の声 野紅
糸ぐちのみだれて暑き手もと哉 加藤曉台
編笠の緒のとけかぬる暑かな 牧童
編笠を横に座頭の暑さかな 如行
美濃かけて真桑も見えず暑サ哉 去来
羽織さげて駕を出る暑哉 杉風
肥肉は損の先んずる暑哉 〔ブン〕村
背戸道の隣もほしき暑かな 荻人
脱てもおなじ暑さを蝉の声 丈草
腰掛し石を飛のく暑さ哉 正秀
舟暑し覗かれのぞく闇の顔 其角
茨ゆふ垣もしまらぬ暑かな 素覧
茶あぶりの水呑に出る暑かな 正秀
茶の下を客もすけたる暑哉 正秀
茶を火とる小家の内の暑かな 岱水
草の戸や暑を月に取かへす 我峰
草刈の草にむさるゝ暑さ哉 正秀
草暑し仏のかげをふみしより 長翠
草暑し仏のかげを踏あたり 長翠
萱草の花や暑さを取乱す 凉菟
萱草は随分暑き花の色 荷兮
葉がくれを こけ出て瓜の暑さかな 向井去来
葉がくれをこけ出て瓜の暑さ哉 去来
蓮の葉の裏迄しらむ暑さ哉 望月宋屋
蕗の葉を引さいてみる暑かな 松窓乙二
藪医者のどこ迄ふとる暑かな 朱廸
蚊遺火の隣は暑しつるめさう 史邦
蚤蠅も相手に成し暑さ哉 野径
蛇皮面のにがり切つたる暑哉 史邦
蛛の巣は暑きものなり夏木立 上島鬼貫
蜂の羽のつよりて暑し蓮の花 毛〔ガン〕
蝉の音の松を出ぬける暑さ哉 吾仲
蝋かけの欄干暑し星ハ北 其角
行く馬の跡さへ暑きほこりかな 杉風 別座鋪
行雲の切レにいきする暑さ哉 浪化
行馬の跡さへ暑きほこり哉 杉風
裸身にぬれ網かつぐ暑さ哉 牧童
角力とりの独り暑がる座敷哉 三宅嘯山
触るもの暫くすれば皆暑し 三宅嘯山
跡先に斑猫暑き山路かな 露川
身うごきもならず箔屋の暑さ哉 野紅
車引橋をかぞへる暑さかな 来川 江戸名物鹿子
遅麦に黒穂のおほき暑哉 寥松
酒蔵に蝿の声きく暑かな 炭太祇
鈴掛をかけぬばかりの暑哉 史邦
長き日の脊中に暑しおそ桜 高井几董
間を替て裾延し立暑サ哉 子珊
雲厚き夜を戻り来し暑かな 三宅嘯山
雷は庭の暑さを踏崩し 秋之坊
霄月夜門に添乳の暑かな 早野巴人
青雲に底のしれざる暑さかな 浪化
風暑し茶の殻くさき縫枕 ト宅
飛石にとかきの光る暑かな 炭太祇
飯時を子にすねらるゝ暑哉 田川鳳朗
饂飩屋は人に喰れて暑さ哉 許六
香盤(こうばん)の煙も暑き庵かな 上島鬼貫
香附子のたけ見渡して暑さ哉 紫白女
馬士のいふ日の六月の暑さ哉 白雪
魂棚に暑き葎のはしら哉 曽良
鯰さえあふのけに寐る暑さ哉 野径
鴬のうしろ見らるゝ暑かな 松窓乙二
鷺すらもむれては暑くみゆるなり 鈴木道彦
鹿あそぶ岩かど暑し松のこゑ 助然
麓から峠を見やる暑さかな 野紅
麦の穂に風は戻りて暑さ哉 林紅
黒ぬりの箱の曇て暑さ哉 木因

以上
by 575fudemakase | 2016-05-23 08:51 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

暑さ 補遺(2)

暑さ 補遺(2)

朝暑し復々線の踏切越す 右城暮石 声と声
朝暑し波打際を歩きても 右城暮石 句集外 昭和五十七年
朝顔の一輪咲きし熱さかな 正岡子規 暑
木曾の果泊るときめて蝉暑し 角川源義
末の世の暑さなるべし異様なり 相生垣瓜人 負暄
本当の暑さの待つてゐる暑さ 稲畑汀子
杉穂先煙りて暑さ来向ふよ 細見綾子 桃は八重
村人の老いて通れば花暑し 廣瀬直人
村医者の洋服着たる暑哉 正岡子規 暑
杜甫よ李白よ吾も中原の暑を詠めり 松崎鉄之介
束髪に結ひ直したる暑哉 正岡子規 暑
来迎ふ暑火襷つよき壺を据う 能村登四郎
東京の暑を去る顔の並び佇つ 飯田龍太
東京近し家立暑く密になりゆく 篠原梵 年々去来の花 皿
松の間を亭主の奪ふ熱哉 正岡子規 暑
松は何と竹は何とわが暑さ哉 正岡子規 暑
松よりも暑し芒の乱れ髪 正岡子規 暑
松島の事はかりいふあつさ哉 正岡子規 暑
松陰はどこも銭出すあつさかな 正岡子規 暑
枇杷葉湯昔は暑気のやさしかり 後藤比奈夫
林火忌のぶり返したる暑さかな 松崎鉄之介
林火忌の暑さ執念めきにけり 松崎鉄之介
柿の葉の暑さ蓑虫生れをり 右城暮石 句集外 昭和七年
栗の木の下の濯ぎ場夕暑し 廣瀬直人
校正の朱筆や机辺暑をきざす 山口誓子
桃青む硝子戸越しの川暑し 飯田龍太
梅雨暑き大学食堂子はあらず 角川源義
梢わたる風さへ暑く祖母病めり 佐藤鬼房
梧桐の敷布にはえて暑気中り 飯田蛇笏 春蘭
梧桐は敷布にはえて暑気中り 飯田蛇笏 心像
棕櫚の掌に新月暑き歓語かな 角川源義
椰子の実の裸で出たる熱哉 正岡子規 暑
榾になる木にも蝉なくあつさ哉 正岡子規 暑
槇の葉の黝まさりつつ暑気に堪ふ 大野林火 早桃 太白集
樹の幹に隠れて既に暾は暑き 山口誓子
檻ねぶる肉食獣に暑を兆す 鷹羽狩行
此のあたり土蔵の多きあつさ哉 正岡子規 暑
此の暑さ生き残るものの暑さを言う 荻原井泉水
此頃は昼寝も出来ぬあつさ哉 正岡子規 暑
歯朶などの青きうつゝにゐて暑さ 右城暮石 句集外 昭和十七年
歳古く山川暑気に耐へにけり 飯田蛇笏 家郷の霧
死は突風暑き夜空を駆けゆくか 廣瀬直人 帰路
殿浦へ溽暑の舟のあそび漕ぎ 能村登四郎
毒溜めて生き貯炭場に暑く住む 佐藤鬼房
気の遠くなるほど暑き土器の罅 廣瀬直人
水かけて子をいつくしむ熱さかな 正岡子規 暑
水の出の細き暑さとなりにけり 鈴木真砂女 夏帯
水上バス東京暑くなりしかな 村山故郷
水張りしものさへ暑き日なりけり 後藤比奈夫
水槽すがりの子に 魚眼のくるっくるっ 暑休 伊丹三樹彦
水深く流れつづける暑き空 廣瀬直人 帰路
水郷の暑を寺妻に見送らる 飯田蛇笏 家郷の霧
氷売る声聞きて家のあつさ哉 正岡子規 暑
汐引いて泥に日の照る熱さかな 正岡子規 暑
汐止めの橋暑かりき蓮如の忌 岡井省二 有時
池暑し我が幽体の足音達 鷹羽狩行
沖の帆に暑き日けふも過ぎむとす 山口誓子
沙熱し獅子ものあさる真昼中 正岡子規 暑
河岸沿ひに暑往寒来鵜飼宿 飯田蛇笏 山響集
河暑し暑き群集に友を見ず 西東三鬼
河暑し油と友の顔流る 西東三鬼
油画の彩色多きあつさ哉 正岡子規 暑
波つぎつぎ流行歌うしろより暑し 岸田稚魚 雁渡し
波暑し男女蛾と湧き蝶と群れ 飯田龍太
洋犬の耳を垂れたるあつさ哉 正岡子規 暑
流るるごと広島語る暑さかな 山田みづえ 草譜
流人帖病死と朱書せる暑さ 大野林火 海門 昭和十一年
流鏑馬の落馬を期待暑き市民 佐藤鬼房
浅草の靴屋暑兆す髪油 細見綾子
浅草の鰻をたべて暑かりし 臼田亜郎 定本亜浪句集
浜庇未まはりし熱さ哉 正岡子規 暑
海士が家に干魚の臭ふあつさ哉 正岡子規 暑
海士は皆海へいでたるあつさ哉 正岡子規 暑
海暑き日には閾の上にをる 山口誓子
海暑くなる石蕗の葉のうす埃 岡本眸
海祝ふ微雨蒸し暑き埠頭にて 佐藤鬼房
海黝ろむ艙庫は暑き日を抱けり 飯田蛇笏 霊芝
涼しさも暑さもなべて寂かなり 相生垣瓜人 微茫集
淫慾の夜気*いんうんとして暑し 日野草城
深庇蝶ぶらさがる暑さかな 下村槐太 天涯
清書のちゞみあがりし熱さ哉 正岡子規 暑
湯釜磨ぐ音人見えず暑き隣かな 種田山頭火 自画像 層雲集
溽暑ことごとく集めて盆地かな 鷹羽狩行
溽暑し国会賢愚混沌と 日野草城
溽暑し泰山木は咲けり匂ふ 日野草城
溽暑にて病の篤き土門挙 佐藤鬼房
溽暑はや淀みゐし血のさとりをり 能村登四郎
漂流記読みて暑さを忘れけり 相生垣瓜人 明治草抄
漆かく裸男のあつさ哉 正岡子規 暑
潦倒を言はむ溽暑を亦言はむ 相生垣瓜人 負暄
濁世熱し和尚赤裸々所化白裸々 正岡子規 暑
濁暑なり清裸を以て処らむとす 相生垣瓜人 明治草抄
濁暑なり清裸を以て處らむとす 相生垣瓜人 明治草
炎ふくふいごの風のあつさ哉 正岡子規 暑
点け放つ鶏舎の灯溽暑なり 飯島晴子
焼鳥の串まつすぐに暑気払ひ 鷹羽狩行
煙突みな暑を終う高さ遺骸ただ 古沢太穂 捲かるる鴎
煙草捨て唾吐き暑き射手となる 西東三鬼
熊蝉の遠声こひしまた暑し 百合山羽公 寒雁
熱いかと問へども杣のこたへなし 正岡子規 暑
熱い日は思ひ出だせよふしの山 正岡子規 暑
熱き夜の寝られぬよその咄かな 正岡子規 暑
熱くとも雨になゝりそ大井河 正岡子規 暑
熱さ哉八百八町家ばかり 正岡子規 暑
燕の巣に雀住みつき暑苦し 西東三鬼
牛の尾の力も弱るあつさ哉 正岡子規 暑
牛喘ぐ大臣の門のあつさ哉 正岡子規 暑
牛肉の鍋おろしたる熱さ哉 正岡子規 暑
牛肉の鍋にはりつく熱さ哉 正岡子規 暑
牛部屋に西日さしこむ熱さ哉 正岡子規 暑
犬の子の草に寝ねたる熱さ哉 正岡子規 暑
犬の身の香函つくれり暑き硫気 中村草田男
犬は暑に喘ぐ黒斑の舌を出し 山口誓子
犬洗ひやりて忘暑の犬とわれ 及川貞 榧の實
献立を書き替へ日々の暑に耐へて 鈴木真砂女 夕螢
猶熱し骨と皮とになりてさへ 正岡子規 暑
猿島は「水飲めません」蝉暑し 百合山羽公 樂土以後
獄にきく水槽便所が暑夜の堰 秋元不死男
玉巻の芭蕉ゆるみし暑さ哉 正岡子規 芭蕉の巻葉
玉汝亭主人の曰く暑気払ひ 高野素十
玻璃暑し為すことあまたある机 飴山實 おりいぶ
甘藍を抱き暑をゆけば憎まれず 飯田龍太
生きてあるこの暑さ不死男忌とこそ 上田五千石 風景
生きてをらんならんといふもあつい事 正岡子規 暑
生き甲斐ことし最高の暑さとする 荻原井泉水
生まぐさき羅漢に出会ふ溽暑かな 佐藤鬼房
生命ふと惜しや朝日子暑き日の 下村槐太 天涯
甲虫ら頑健けふの暑気に堪ふ 山口誓子
男許り中に女のあつさかな 正岡子規 暑
町住の暑さもすでに西鶴忌 後藤夜半 底紅
町暑う暮れてやんがて屋根の月 日野草城
町暑し蕎麦屋下宿屋君か家 正岡子規 暑
異人ならばパン焼竈の暑と云はむ 山口誓子
病む僧の成田暑しといふ便り 高野素十
病者とわれ悩みを異にして暑し 相馬遷子 雪嶺
病誓子いかに青嶺の雲暑し 飯田龍太
痰吐けば血のまじりたる暑哉 正岡子規 暑
癒えてなほゆかた着る暑の残りをり 及川貞 榧の實
登山道瓦礫に明けて早や暑し 下村槐太 光背
白熊を見るむし暑き木蔭なり 廣瀬直人 帰路
白砂のきらきらとする熱さ哉 正岡子規 暑
白粥のうす塩味や暑気中り 日野草城
百合匂へども門前の声暑し 飯田龍太
皆既蝕よみがへりゆく月暑し 阿波野青畝
盆暑し盆涼しわが居りどころ 石田勝彦 秋興以後
目つむりて落ち込むやうに暑に負けし 星野立子
目やるたび暑き日を容れ茗荷叢 佐藤鬼房
盲眼を見ひらきて 母 暑に耐える 伊丹三樹彦
看板の裏が二階や暑気中り 岡本眸
真昼時弁当部屋のあつさ哉 正岡子規 暑
真白に石灰やきのあつさ哉 正岡子規 暑
真黒に蟻の集りたる暑さかな 正岡子規 暑
眼前に人出て暑し浜の町 原石鼎 花影
着物干す営所の庭の暑さ哉 正岡子規 暑
石の牛の木陰にあへくあつさ哉 正岡子規 暑
石の牛もあへきそふなるあつさ哉 正岡子規 暑
石原に片足つゝのあつさ哉 正岡子規 暑
砂つきし暑き肌にて閨勤む 岸田稚魚 負け犬
砂原や脳巓暑く眼眩む 正岡子規 暑
砂掬ふことが遊びや暑をきざす 山口誓子
砲塁の壁の禿げたる暑さがな 阿波野青畝
破れ垣の隣見えすく熱哉 正岡子規 暑
破れ尽す鶯籠のあつさ哉 正岡子規 暑
神の日だ暑いことだと云ふ詩あり 相生垣瓜人 明治草
禅門に帰依せしかこの暑さなり 藤田湘子 神楽
税吏の捲毛暑し問いつめられいたり 楠本憲吉 孤客
稲に日のすこし暑くて念仏講 鷲谷七菜子 花寂び
空手に拭ふ涙三日や暑気下し 中村草田男
空暑し密に仔馬の息づかひ 飯田龍太
空熱し鳶は隠れてしまひけり 正岡子規 暑
窓よりのひるの暑さのうごくなし 長谷川素逝 暦日
窓際の暑さに耐へて病みにけり 野見山朱鳥 曼珠沙華
立ちつ居つ三百人の暑さかな 正岡子規 暑
立ちよれば焔のあつし閻魔堂 正岡子規 暑
立錐の餘地なし暑きマスコミよ 石塚友二 曠日
端書ばかり書いてばかりの暑さかな 寒食 星野麥丘人
竹の根の蝉となりたる暑さかな 内藤鳴雪
笛吹川や黍の破幢暑を戻す 角川源義
笹の葉の少しよれたる熱さ哉 正岡子規 暑
筆耕や一穂の灯に暑き宵 飯田蛇笏 山廬集
箒目の幾日たてねば暑気埃 石塚友二 方寸虚実
粥あます熱暑地獄のつづきけり 佐藤鬼房
粥腹に暑き衾の黄金虫 角川源義
紫のさむる茄子のあつさ哉 正岡子規 暑
紫蘇ほして蝶よりつかぬ暑さ哉 正岡子規 紫蘇
紫陽花に晴るれば暑き四国かな 高田風人子
紫陽花に草紙干す時暑さかな 飯田蛇笏 山廬集
縁とは一つの位牌暑き日に 高野素十
縄も居ぬ離れ小島の暑哉 正岡子規 暑
縋りたき母の胸痩せ暑気下し 小林康治 四季貧窮
縫ふ肩をゆすりてすねる子暑さかな 杉田久女
纒足しラマ仏仰ぐ暑さかな 阿波野青畝
翌檜の暑さ溜めたる姿かな 草間時彦
老いし故且つ暑き故病むならむ 相生垣瓜人 負暄
老い果てし故の暑さとあきらめし 相生垣瓜人 負暄
老人に割り當てられし毒暑かな 相生垣瓜人 負暄
老柳のもとに落つ日の暑からず 高浜年尾
老猫の耳透く暑さ兆しけり 及川貞 夕焼
耐へ難き今年の暑さ林火忌来る 松崎鉄之介
耳噛んで踊るや暑き死の太鼓 西東三鬼
肅山のお相手暑し昼一斗 正岡子規 暑
腋の下白く農婦も暑に負けし 百合山羽公 故園
腐り居る暑中見舞の卵かな 正岡子規 暑中見舞
腕で頬ぬぐひて暑き日なりけり 鷹羽狩行
腰太し暑し天理のひのきしん 右城暮石 上下
腹痛に寝られぬ夜半の熱さ哉 正岡子規 暑
臥す犬の羽摶くごとく暑気払ふ 山口誓子
自転車を下りて暑のなき稲憂ふ 山口誓子
舟をのぼると葛の葉の暑い日の日かげるころ 荻原井泉水
航空燈台暑し草山尨然と 渡邊水巴 白日
船員等河港暑くしてたのしまず 山口誓子
船暑し干潟へおろす米俵 飯田蛇笏 山廬集
船暑し明石大門の灯のたむろ 角川源義
船暑し淡路黝く海に坐す 角川源義
船煙暑き大日輪隠る 山口誓子
船腹の鉄のふくらみ暑き埠頭 山口誓子
船頭の山に上りしあつさかな 正岡子規 暑
艸の中に廣葉柏の暑き日や 右城暮石 句集外 昭和十年
芙蓉咲きぬけふの暑さは易からむ 及川貞 榧の實
芝山の裾野の暑気やねむの花 飯田蛇笏 山廬集
芦刈の小唄も出ぬ暑さ哉 正岡子規 暑
花嫁は帯のくづるゝあつさ哉 正岡子規 暑
花暑し蹠ほてる靴の中 日野草城
花茣蓙のまん中くぼみ暑百日 能村登四郎
茗荷の子瘠せたり天地暑くして 山口青邨
茨一枝泣女に暑き葬の列 角川源義
茶を買ふや麻布も暑くなりにけり 石田波郷
草刈の木陰にはいるあつさ哉 正岡子規 暑
草暑しなんぞ抱擁解かぬ神 上田五千石『琥珀』補遺
草木立ち暑き夕日の動くのみ 中村草田男
荒神の蛇縄暑しや岬の松 角川源義
荷馬車なほ行き交ふ暑き夜の北京 鷹羽狩行
菜園の暑気鬱としてふまれけり 飯田蛇笏 春蘭
菱舟の昼餉時なり潟暑し 高野素十
落ち蝉の砂に羽摶つ尚暑し 河東碧梧桐
葛も暑し提督ねむる砲身墓 小林康治 玄霜
葬や半日暑き独活畠 岸田稚魚
蒸し暑き夜を露光る下葉かな 渡邊水巴 白日
蒸暑きものに襤褸の鰊網 能村登四郎
蒸暑き枝にかゝれる袂あり 飯島晴子
蒸暑き雲逃れ来し燕たち 廣瀬直人
蒸暑くして顛落の北斗星 山口誓子
蓮咲くや旭まだ頬に暑からず 杉田久女
薄き身を寝がへりうちて暑気中り 福田蓼汀 山火
薄くらき奥に米つくあつさ哉 正岡子規 暑
薄曇り木陰も同じあつさ哉 正岡子規 暑
薪割るや朝より暑き桐畠 石田波郷
藻塩焼く白装の黙暑からん 佐藤鬼房
藻塩煮に暑き雑踏ゆかりなし 佐藤鬼房
虐暑なり身を焼かるるに似たらむか 相生垣瓜人 負暄
虐暑をも毒暑をも経て来りけり 相生垣瓜人 微茫集
處(を)らむとす暑気と涼気のその間に 相生垣瓜人 負暄
虹彩の歪みて暑き原爆忌 佐藤鬼房
蛍火や松十方に暑を岐つ 飯田龍太
蜂の縞見るに暑さは清きもの 右城暮石 句集外 昭和十四年
蜉蝣に灯のいろはなほ暑くるし 下村槐太 光背
蜉蝣に燈のいろはなほ暑くるし 下村槐太 天涯
蝉のこゑ暑き入院ははじめてか 石田波郷
蝉暑し作家先づ知る作の瑕 下村槐太 天涯
蝉暑し岬の風神休日か 角川源義
蝉暑し颱風二つ天気図に 日野草城
血を黒く胆汁を黄に暑に負けし 山口青邨
行く所あるごと暑き家を出づ 相生垣瓜人 微茫集
行先の原渺々とあつさ哉 正岡子規 暑
行列の町に入りこむあつさ哉 正岡子規 暑
街頭に法華の扁鼓暑を払ふ 山口誓子
衝立に隠れて暑き食事かな 村上鬼城
袋の中に桃ひとつづつ暑き空 廣瀬直人 帰路
袴暑し金を集めて街ゆけば 石田波郷
裂き織の筬の音せり暑をはじき 佐藤鬼房
裸身の壁にひつゝくあつさ哉 正岡子規 暑
襁褓の隙空母仮泊の暑い海 飴山實 おりいぶ
西日暑し芭蕉はあれど黄花草 中川一碧樓
視力日々に衰へてゆく暑さかな 上村占魚 鮎
視外の顔暑くねむたき市電の座 石塚友二 方寸虚実
親しめず粗なる暑さの多くして 相生垣瓜人 微茫集
観音に人波のうつあつさ哉 正岡子規 暑
触れて暑し岩より立てる松の幹 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
貧交や壮語躓く暑気下し 小林康治 玄霜
赤坊の暑くるしげや少女抱き 右城暮石 句集外 昭和三十年
赤急須ずらすや暑気に中りゐて 佐藤鬼房
赤痢搬ぶ路まだ暑気のさめずあり 飯田蛇笏 霊芝
足もとを鴉に発たれ溽暑かな 飯島晴子
路はたに蛇の死たる熱さ哉 正岡子規 暑
路中に蛇の死たる熱かな 正岡子規 暑
路地暑し咋夜の自動車歌かなで 角川源義
蹌踉と糧なき犬に街暑し 赤尾兜子 稚年記
身に巣食ふ仇とたゝかふ暑き夜を 石塚友二 方寸虚実
身のほどの浪費して妻暑に対す 藤田湘子 神楽
車屋が語るまことのあつさ哉 正岡子規 暑
輝る星のはなればなれに暑を離る 飯田龍太
迫り出しの山雲の端も暑を醸す 上田五千石『風景』補遺
送り火や蒸し暑き夜を去りたまふ 渡邊水巴 白日
逃げて行くことも出来ずに熱哉 正岡子規 暑
遊足を穢土の暑さへ観世音 林翔
過愛の子切る犬の耳の血暑さ纒く 赤尾兜子 歳華集
道々に瓜の皮ちるあつさ哉 正岡子規 暑
遠方の雲に暑を置き青さんま 飯田龍太
遠母の便り久しや暑気下し 小林康治 玄霜
遠雷の暑き夜を来るものの影 佐藤鬼房
遠雷の雨にもならぬ熱さ哉 正岡子規 暑
遽かの暑美人の汗に眼をとどむ 日野草城
部屋通るホース赤くて暑を兆す 秋元不死男
鄙の家に赤き花さく暑哉 正岡子規 暑
酒匂川中洲よもぎの暑のはじめ(小田原) 細見綾子
酒壜に暑気の纏はる煙色 石川桂郎 含羞
酢のものに口中締めて暑に抗す 鈴木真砂女 居待月
重く暑し鉄打つ瞼みひらけど 佐藤鬼房
金串の熱きをもつて暑気払ひ 鷹羽狩行
金銀の襖にあつき地獄哉 正岡子規 暑
鉄の街鉄うちかさね夜も暑き 細谷源二 鐵
鉄橋の暑気の遠さに療者佇つ 飯田龍太
鉱山の暑き日となり昼按摩 山口青邨
銀漢や僧衣の裾の闇暑し 小林康治 玄霜
銃暑し顔うつこだま金色に 西東三鬼
銅鑼暑く雑魚寝の上に鳴り了る 伊丹三樹彦
錦繍に身を包みたる熱哉 正岡子規 暑
錫杖のさはれば熱し一休み 正岡子規 暑
鍬たてゝあたり人なき熱さ哉 正岡子規 暑
鏡みるすがしをとめや暑気中り 飯田蛇笏 霊芝
長安の月暑しとも涼しとも 阿波野青畝
門番のひとり寝かねるあつさ哉 正岡子規 暑
闇暑く昨日を今日を忘れさす 津田清子
闇暑しことに隣家をおもふとき 飯田龍太
阿蘭陀の駱駝渡りし熱さかな 正岡子規 暑
陋巷の婦女の暑がる膚白し 日野草城
陽の傷の色かはせみか山暑し 飯田龍太
隣村の雲に鳶湧き恋暑し 飯田龍太
雀等も嘴開け暑き昼過ごす 右城暮石 句集外 昭和三十年
集魚燈掲ぐる舟は朝暑し 水原秋櫻子 残鐘
雨なくえ閏五月のあつさかな 正岡子規 暑
雨ほろほろあとのあつさよ砂河原 正岡子規 暑
雨後暑く樹々に風たち桃李咲く 飯田蛇笏 椿花集
雨折々あつさをなぶる山家哉 正岡子規 暑
雨晴れて又あらたまる熱さかな 正岡子規 暑
雨降つてうれしくもあり寝正月 佐藤鬼房
雨雲の峯になり行くあつさ哉 正岡子規 暑
雲晴れてあつし雲出て猶熱し 正岡子規 暑
雲暑く揺れてにほへる山椒の木 飯田龍太
露けき日林をいでてすぐ暑し 水原秋櫻子 霜林
青みどろえりにかわきて初夏暑き 山口誓子
青栗に暑き疾風の過ぎしのみ 飯田龍太
青桐の真直ぐな幹暑さ来る 細見綾子 雉子
青森暑し昆虫展のお嬢さん 佐藤鬼房
青萱を植ゑて園囿暑気広し 飯田蛇笏 椿花集
青鉾の菅や八十八夜の暑 角川源義
静中動あり竹の一枝暑さ極まる 荻原井泉水
面摶つ風の暑さの骨にしむ 上村占魚
順礼の松に上りし熱さ哉 正岡子規 暑
順礼の馬子拝みたるあつさ哉 正岡子規 暑
須磨寺に取りつく迄の暑哉 正岡子規 暑
頚飾(ネクタイ)を寝室に解く暑き夜なり 山口誓子
頭暑し沖なき海の動かぬ船 西東三鬼
頭陀一つこれさへ暑き浮世哉 正岡子規 暑
額の暑や花影引具し谷戸奥に 角川源義
風暑し鶏毟りたる窪だまり 鷲谷七菜子 花寂び
風蘭のほの甘き香の暑気見舞 百合山羽公 樂土以後
飛脚一人暑さの中をかけり行 正岡子規 暑
食べものの名をならべては暑に耐うる 大野林火 月魄集 距和五十七年
食べろといふもの食べて暑百日 能村登四郎
飯食へば暑くなるなり法師蝉 石田波郷
飯食を以て第一暑に対す 高野素十
飲茶粥箸のねばりし暑さかな 阿波野青畝
馬の息人の息市の暑さ哉 正岡子規 暑
馬の鼻ぷるんと鳴らす暑さかな 阿波野青畝
馬兵に終戦の日は暑かりし 角川源義
馬蝿の傘をはなれぬ熱さ哉 正岡子規 暑
馬車店先ふさぐあつさ哉 正岡子規 暑
駅暑しいつまで続く女の辞儀 伊丹三樹彦
駅暑しさがしさがされしてうろうろ 阿波野青畝
駅暑し市民黄服を着て叫ぶ 西東三鬼
駅柵の道ゆく黍の暑さはや 山口誓子
骨の音させて溽暑の立居なる 大野林火 飛花集 昭和四十五年
高国の飛騨も暑しや黍赭毛 山口誓子
高楼に見てさへあつし砂煙 正岡子規 暑
髪暑く下手な字を書くこころばえ 永田耕衣
鬼貫忌裸になればなほ暑し 三橋敏雄
魚貝喰ひ暑気を新たにしたりける(横浜) 細見綾子
鯔とんでふるさとの日のまだ暑き 岡井省二 五劫集
鳥の本一冊置いて暑に対す 藤田湘子
鳴りしきる電話の鈴の暑哉 正岡子規 暑
鳶なくや木の葉そよかぬ熱さ哉 正岡子規 暑
鶏一羽むしりて暑き日のゆふべ 鷹羽狩行
鷺涼し最上くだりの舟暑く 阿波野青畝
鼻へ舌入れゆく牛の暑さがな 阿波野青畝
齢して五十の姉や暑気中り 石塚友二 光塵
龍舌の花の棹立つ暑さかな 百合山羽公 春園

以上g
by 575fudemakase | 2016-05-23 08:43 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

暑さ 補遺(1)

暑さ 補遺(1)

SNOOPY暑い暑いと日南水 阿波野青畝
「暑くなりました」百軒百度集金人 林翔
あきら忌の暑き神戸へ来りけり 日野草城
あつき名や天竺牡丹日でり草 正岡子規 暑
あつき夜や汽車の響きの遠曇り 正岡子規 暑
あつき日や硯の中の砂ほこり 正岡子規 暑
あつき日や肌もぬがれぬ女客 正岡子規 暑
あつき日や運座はじまる四畳半 正岡子規 暑
あつさをはさきひろけゝりさるすへり 正岡子規 暑
あつさをは忘るゝ忘れ草すゞし 正岡子規 暑
あつしともの給はぬなり石地蔵 正岡子規 暑
あら壁に西日のほてるあつさかな 正岡子規 暑
あら熱し波を見んとて立ち出づる 正岡子規 暑
いさかひを楽しむ子等か暑き夜も 相馬遷子 山国
いささかの暑気払ひ梵鐘を撞く 鷹羽狩行
いちめんに菱採舟や潟暑し 高野素十
いつとなく暑き川原の飛沫見ゆ 廣瀬直人 帰路
いらいらと暑しや雨のむらかわき 正岡子規 暑
うすうすの暑さくらさに古書漁る 上田五千石『琥珀』補遺
うたかたが粘る鰻の暑さかな 阿波野青畝
うち臥して侘めかしけり暑気あたり 村上鬼城
うなぎのぼりの暑さの蕎麦をすすりけり 鈴木真砂女 紫木蓮
うぶすなの天神祭とは暑し 後藤夜半 底紅
おろす子の泣声あつし石の上 正岡子規 暑
おん墓はひと日の暑さとどめたり 山田みづえ 手甲
お七見たく来り暑さの中にゐる(文学座伊達娘恋緋鹿子) 細見綾子
お仕着の暑気払ひにて候ぞ 石塚友二 玉縄抄
お百草板なつかしき暑気下し 石川桂郎 高蘆
かく暑くして神々の撒きし星 鷹羽狩行
かたつむり太湖周辺暑にかすみ 松崎鉄之介
きさらぎは海老寝のほかに寝やうなし 佐藤鬼房
きようの暑さも片影のちようちよう 荻原井泉水
ぎす暑し青三方原歩かれず 百合山羽公 寒雁
くたびれを養ひかぬる暑さかな 正岡子規 暑
ぐるりからいとしがらるゝ熱さ哉 正岡子規 暑
けふの日も事なかりけり蝉暑し 種田山頭火 自画像 層雲集
けふの暑ささめ行く門に桔梗花 右城暮石 句集外 昭和八年
けふの暑さはたばこやにたばこがない 種田山頭火 草木塔
けふの暑に地獄も釜の蓋を開け 鷹羽狩行
けふをこそ限りなるべきあつさ哉 正岡子規 暑
けふ疲れ妻にいふただ街の暑さ 大野林火 雪華 昭和三十六年
ことごとく団扇破れし熱さ哉 正岡子規 暑
この中の一つ櫓の木夕暑し 鷲谷七菜子 一盞
この熱さある時死ねと思ひけり 正岡子規 暑
この稚子に五月の清暑復来る 山口誓子
これはこれはこれはことしの熱さかな 正岡子規 暑
これやこの厚底靴に溽暑くる 林翔
ごろ寝して猫め汝も暑気窶 石塚友二 光塵
さはるもの蒲団木枕皆あつし 正岡子規 暑
さまさまに工夫して見る暑哉 正岡子規 暑
しかめたるはしたの顔の暑さ哉 正岡子規 暑
しぐれむ日何時とは知らず林泉暑し 相生垣瓜人 微茫集
したたかに暑を残したる藜かな 能村登四郎
しやもの毛のぬけてものうき熱哉 正岡子規 暑
しろがねの暑気ゆるみなし吉男死後 岡本眸
すはすはと大地のわれる暑哉 正岡子規 暑
その夜暑し思ひ詰めては死に到る 大野林火 月魄集 距和五十七年
ただひとつ待つことありて暑に堪ふる 相馬遷子 雪嶺
ただ暑き蚊帳なり月の歪みたる 加藤秋邨
たどりゆく患者居住区蝉暑し 草間時彦 中年
たのしみごとふたつも持ちて暑に耐うる 大野林火 飛花集 昭和四十八年
たゞあつし起てもゐてもころんでも 正岡子規 暑
なまじひに生き残りたる暑哉 正岡子規 暑
につぽんのもつとも暑き日の別れ 山口青邨
ぬり直す仁王の色のあつさ哉 正岡子規 暑
ぬれ足に河原をありく熱さ哉 正岡子規 暑
のがれ得ぬ暑気の中にてきりぎりす 山口誓子
のしかゝる如き暑さに立ち向ふ 星野立子
のら犬の流しに寝たるあつさ哉 正岡子規 暑
はたごやに下手の絵を張る暑哉 正岡子規 暑
はつ猟や暑さおどろく不猟端山 飯田蛇笏 山廬集
はや暑きもののひとつに山鴉 飯田龍太
はれて暑い石仏がにらんでおはす 種田山頭火 自画像 落穂集
ひめむかしよもぎ旧道の暑さかな 平井照敏 猫町
ひゞわれて苔なき庭の熱さ哉 正岡子規 暑
ふるさとは暑苦しい墓だけは残つてゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
みちのくの仙台はあつき処哉 正岡子規 暑
みちのくも町あれは町の暑さ哉 正岡子規 暑
みづうみの熔岩の若者淡く暑し 廣瀬直人 帰路
みまかりし師をなほ頼り暑につどふ 岡本眸
むし暑き日の太宰忌の髪膚かな 岸田稚魚 筍流し
むし暑く馬のにほひの貨車でゆく 長谷川素逝 砲車
むし熱し鼠でも出よかりて見ん 正岡子規 暑
やうやくに暑さおとろふ立鏡 中村汀女
やせ馬の尻ならべたるあつさ哉 正岡子規 暑
やや暑き日差しとなりぬ川下り 石塚友二 玉縄以後
やや暑く塗箸揃ふ竹の影 飯田龍太
やや暑く少し涼しく萩盛り 後藤夜半 底紅
やや暑し弾痕に続く石畳 香西照雄 対話
やや暑し駅出て銚子唐子町 星野麥丘人
やるせなき夕立前のあつさ哉 正岡子規 暑
ゆげむりの慈覺大師の露暑し 阿波野青畝
らつきよ壺のぞきなどして暑さ急 細見綾子
わが村は暑気涼気谷欅より 飯田龍太
われを愛す女の額暑のきざす 岸田稚魚 雁渡し
われ暑ければかたきも暑し暑にはまけじ 長谷川素逝 砲車
われ鐘をかゝへて寝たる熱さ哉 正岡子規 暑
イルクーツクの暑き真昼を銃声す 松崎鉄之介
オンネの子寝呆けて人に来る暑き 臼田亜郎 定本亜浪句集
グラヂオラスヘたへたと坐す膝暑し 角川源義
ゴンドラを乗り捨て暑き山の駅 雨滴集 星野麥丘人
スコア000の白熱の中1の暑さなり 荻原井泉水
スラムの夜暑き抱寝ぞおそろしき 三橋敏雄
ダム厚く暑し水没者という語あり 西東三鬼
フレームはあまりに暑し異花珍種 阿波野青畝
ブリキ屋が来て露の日を暑がりぬ 岡本眸
一しきり雀のへりし熱さ哉 正岡子規 暑
一日の暑さうすらぎ葱きざむ 細見綾子 桃は八重
一日の暑をなほ残し太鼓橋 鷹羽狩行
一枚の簾に除けて見る暑かな 中村汀女
七卿を匿まひ障子暑からむ 阿波野青畝
上客に内処見らるゝあつさ哉 正岡子規 暑
上田の暑さ言訳にいふ雨っ晴 大野林火 方円集 昭和五十三年
上野から見下す町のあつさ哉 正岡子規 暑
下町や埃を巻いて馬暑し 正岡子規 暑
世にも暑にも寡黙をもつて抗しけり 安住敦
世のなか平和、人生平凡なる暑中御見舞もよし 荻原井泉水
乙鳥の朝から翔る暑さかな 渡邊水巴 白日
乱気流暑くなる日のあぶらちやん 亭午 星野麥丘人
亀いつか石すべりおつやや暑く 山口青邨
二月堂行法味噌きて暑気払ふ 百合山羽公 樂土以後
二歳児のおとうとが泣く暑い火薬庫 佐藤鬼房
二階にも住まれぬ町の暑哉 正岡子規 暑
井戸堀の浮世へ出たるあつさ哉 正岡子規 暑
人くさく人に混れり暑気払 石塚友二 光塵
人にまかす身とは思へど熱さ哉 正岡子規 暑
人の死へ暑さは登り坂なりし(秋元不死男さん逝去) 細見綾子
人吉盆地暑さこもれる雲せめぐ 能村登四郎
今年はと毎年いうてさて熱し 正岡子規 暑
今年竹はや暑がりの目を置ける 石川桂郎 高蘆
今日の暑は蛇巻きの鐘の火照りほど 山口誓子
今日も又まどろみつづけ暑に耐ふる 阿波野青畝
今日殊に暑しといひて烏啼く 星野立子
仲見世の人形焼ももう暑き 山口青邨
休日の塵用暑き雨衡きて 石塚友二 方寸虚実
体力の無き老人の暑さかな 相生垣瓜人 負暄
何の木と見わけのつかぬ熱哉 正岡子規 暑
侮れぬ暑湿の労と云ふがあり 相生垣瓜人 明治草抄
倉敷は暑しタヒチの女ゐて 後藤比奈夫
借家の天井低き暑哉 正岡子規 暑
健保請求事務書類暑く積まれたり 相馬遷子 雪嶺
傾城にいつわりのなき熱さ哉 正岡子規 暑
傾城に可愛がらるゝ暑さ哉 正岡子規 暑
傾城の寝顔にあつしほつれ髪 正岡子規 暑
傾城は誠にあつき者なりけり 正岡子規 暑
僧形の銅が立ちゐて能登暑し 山口誓子
光暑げに眼下鬱たる最上川 森澄雄
入相を今か今かとあつさ哉 正岡子規 暑
円空の真贋問答夏暑き 山口青邨
出立の飯いそぎたるあつさ哉 正岡子規 暑
初めての暑さ初めて夕涼し 後藤夜半 底紅
初産の髪みだしたる暑さ哉 正岡子規 暑
前後熱さ涼しさ半分づゝ 正岡子規 暑
労咳に眉生えつゞく暑さかな 石橋秀野
動かざる風見の鶏の暑さかな 平井照敏 猫町
動かれぬ遊女の罪のあつさ哉 正岡子規 暑
午睡さめて尻に夕日の暑さかな 内藤鳴雪
卓上のぎす啼き暑くなり来る 臼田亜郎 定本亜浪句集
南京の人とのりあふ暑さ哉 正岡子規 暑
南瓜の大きくなりし暑かな 正岡子規 暑
南緯二度雨期の太陽暑からず 高野素十
博奕うつ間のほの暗き暑かな 正岡子規 暑
去りかけの暑さに萩の虫葉かな 右城暮石 句集外 昭和九年
又しても百日紅の暑さ哉 正岡子規 百日紅
友の葬暑にけぶらへる山幾重 松崎鉄之介
友来たるもつとも暑き夕べかな 永田耕衣
口重に過せし暑気も過ぎにけり 能村登四郎
古妻の遠まなざしや暑気中り 日野草城
叱るごとく子を呼び暑きスラム暮れる 古沢太穂 三十代
吊り橋に朝の暾ありて暑からず 右城暮石 句集外 昭和三十四年
吊革に首を吊らねば暑き闇 佐藤鬼房
向日葵の顔のかさなる暑さかな 百合山羽公 春園
向日葵日に向いたままの暑き日、日はかたむく 荻原井泉水
君逝きて暑さ限りを尽すかな(西垣脩さん突如として長逝さる) 細見綾子
吹く風の皆ほこりもつ熱さ哉 正岡子規 暑
吹殻の石にちりつく熱さ哉 正岡子規 暑
味噌さげて熱き姿や夕まぐれ 正岡子規 暑
咳暑し四十なれども好々爺 川端茅舎
咳暑し時の向うに星ともり 鷲谷七菜子 黄炎
咳暑し茅舎小便又漏らす 川端茅舎
唖蝉や鳴かざるものは暑くるし 加藤秋邨
唾したる高欄や暑気なほのこる 飯田蛇笏 雪峡
喪の家の裏口暑く人笑ふ 岡本眸
喪の服に手帛挿しはさみあさ暑し 山口誓子
喪主黒き幅蝠傘かしげ坂却暑 伊丹三樹彦
囚人の鎖ひきずるあつさ哉 正岡子規 暑
団十郎見得を切つたる暑さかな 有馬朗人 立志
在ることのひるの暑さの畳かな 長谷川素逝 暦日
地底より暑さは去らず久葉は実に 上村占魚
地蔵堂拭いてます 暑休入り少女の朝 伊丹三樹彦
地震して昼寝さめたり蒸暑き 正岡子規 昼寝
地震て大地のさける暑かな 正岡子規 暑
坂の午後暑し戦車のなかなか過ぎず 加藤秋邨
坐りゐてこの暑さ又修業なり 星野立子
垂るる手にありし重さや暑気中り 鷹羽狩行
堪ふる事いまは暑のみや終戦日 及川貞 夕焼
塀穴より出できし猫の暑気中り 桂信子 草影
塗りかへて暑き色也仁王門 正岡子規 暑
墓暑し山草に子を集めつつ 飯田龍太
壁暑しダリュウを脚の辺に臥たり 伊丹三樹彦
壺中をば知らず釜中の暑さかな 相生垣瓜人 負暄
夏の日の暑からざりし憩ひかな 高野素十
夏深く暑気さし交はす山の嵩 飯田蛇笏 椿花集
夕べ暑かりし造船木屑の香 佐藤鬼房
夕まくれ馬叱る町のあつさ哉 正岡子規 暑
夕暑し匙落ちし音なかりせば 山口誓子
夕顔の花にさめたる暑哉 正岡子規 夕顔
夕顔や髻上げて夜の暑さ 後藤夜半 底紅
外は今暑きさなかよ葭屏風 星野立子
外人の男女暑を巻く遊覧車 飯田龍太
夜に月のありしことなど忘れし暑 右城暮石 句集外 昭和三十四年
夜は暑く看護婦をよぶ声あちこち 長谷川素逝 砲車
夜も暑くねられずと壁に穴あくる 長谷川素逝 砲車
夜も暑く啼魚先生いまは亡き 日野草城
夜も暑く雲に灯のさす紫禁城 加藤秋邨
夜も暑し鳴るたび鞭に戻る獅子 鷹羽狩行
夜日に故郷の土の白さよ暑さ厚く 中村草田男
大いなる暑さに揺られ通しなる 相生垣瓜人 微茫集
大仏の身動きもせぬ暑かな 正岡子規 暑
大仏を見つめかねたる暑哉 正岡子規 暑
大名になじみの多き熱さ哉 正岡子規 暑
大名の窓に首出す暑さかな 正岡子規 暑
大安も仏滅も他も皆暑し 相生垣瓜人 負暄
大巖寺道暑し少年蛇をうてり 富安風生
大津絵の鬼ふと暑くふと涼し 後藤比奈夫
大袈裟に暑かりし日も終るなり 相生垣瓜人 微茫集
大輪の朝顔に暑のさかりなる 細見綾子
大阪の暑気や生き貝箸の先 細見綾子
大阪の最中鉄橋暑をきざす 伊丹三樹彦
天地人別けても人は暑からむ 相生垣瓜人 負暄
天暑し孔雀が啼いてオペラめく 西東三鬼
天暑し悲しみの場汗滂沱 山口青邨
天竺の手紙届きし熱さ哉 正岡子規 暑
奈良の坂暑しドラムを練習す 西東三鬼
女に軽蔑さる今日は暑からむ 岸田稚魚 雁渡し
女むれて油の匂ふ暑さかな 正岡子規 暑
女らとをれば俄かに暑かりき 雨滴集 星野麥丘人
女乞食借り児遊ばせ暑き道路 右城暮石 句集外 昭和三十五年
妄想をはびこらしめて暑を凌ぐ 日野草城
妻を叱りてぞ暑き陽に出で行く 尾崎放哉 大正時代
姥祀る幟を見過ぐ暑き市電 佐藤鬼房
姫杉の真赤に枯れしあつさ哉 正岡子規 暑
子に暑さ鉛筆の先き鋭くす 細見綾子
子規に借口「西日暑いのなんのてて」 中村草田男
存分の山雨もて暑を残さざり 上田五千石『琥珀』補遺
宵も暑くて低空に鉾立てり 山口誓子
宵闇の暑さ雀も枝移る 伊丹三樹彦
宿引きに袂のかるゝあつさ哉 正岡子規 暑
富士五合目の日のさして暑からず 高浜年尾
寓意あるものを暑しと見てをりぬ 後藤比奈夫
寝かへれば汗のひつゝくあつさ哉 正岡子規 暑
寝台車暑き真昼の青森に 佐藤鬼房
寮炊事場に母子ら大声暑き日没る 古沢太穂 古沢太穂句集
寺よりの女性群乗りバス暑し 中村草田男
小天狗の前に息つく熱さかな 正岡子規 暑
小格子にほこりのたまる暑哉 正岡子規 暑
小蒸汽の機械をのぞく暑哉 正岡子規 暑
小蟻共暑さにめげず螫しに来ぬ 相生垣瓜人 負暄
小豆煮て俄かにきざす暑に耐へぬ 水原秋櫻子 霜林
尼の香の一筋暑し京都行 石田波郷
屋上に男女の社員出て暑し 廣瀬直人 帰路
屋根葺の日陰へまはるあつさ哉 正岡子規 暑
屋根葺の草履であがる熱哉 正岡子規 暑
屎虫になりたや塩を咬む暑さ 佐藤鬼房
展墓日暑し玉虫袖をあゆむかな 飯田蛇笏 霊芝
山がかる人の住家に暑気透る 飯田蛇笏 椿花集
山も暑し電線たるみつつ越ゆる 津田清子 礼拝
山をぬく火の水にかつ熱さ哉 正岡子規 暑
山大きく貌尊くて暑のきたる 岡井省二 五劫集
山暑くなる拡声機鳴りはじむ 右城暮石 句集外 昭和二十九年
山暑くなる田の夫婦忘れられ 廣瀬直人 帰路
山暑し麻疹ごゑして雉子鳴き 飯田龍太
山腹のいづこも暑し黒葡萄 廣瀬直人 帰路
岐阜を出て美濃を真昼の暑哉 正岡子規 暑
峠越す暑さの水を打ちにけり 鈴木真砂女 卯浪
川のべよ暑きこの川の上はいづこべ 中川一碧樓
市中の暑さ中りて男かな 阿波野青畝
市暑し家鴨らは足くくられて 阿波野青畝
市民らに岩暑き夏空の星 飯田龍太
帚木を植ゑてひそかに暑に耐へて 中村汀女
師の忌すぎすぐに妻の忌暑七月 能村登四郎
帯締めつゝ呟くけふも暑からんと 鈴木真砂女 夏帯
干し鰤の一片を噛み暑に耐ふる 細見綾子 存問
平内のぐるりに暑し小平内 正岡子規 暑
幾曲りまがりてあつし二本松 正岡子規 暑
庇無き湯の花小舎や露暑し 阿波野青畝
底紅の花の暑さの醒めはじむ 後藤夜半 底紅
店さきを赤馬通り暑をきざす 下村槐太 天涯
店先に車夫汗くさき熱哉 正岡子規 暑
庭にあそべ今年は暑き盆なれど 角川源義
庭石を草のうめたるあつさ哉 正岡子規 暑
廃園の木賊に日照雨して暑し 木村蕪城 寒泉
影暑くなりし佐原を発ちにけり 篠原梵 年々去来の花 皿
彼岸までの暑さにおろす簾かな 鈴木真砂女 卯浪
後頭にあさより暑き日があたる 山口誓子
御鏡の間は常に鎖す暑きけふも 山口誓子
心の臓大事大事と暑気払ひ 燕雀 星野麥丘人
心地よき腹の痛みや暑気くだし 原石鼎 花影
快き暑さも曾てありしかど 相生垣瓜人 微茫集
思うゆえに我ありと言う暑さなり 荻原井泉水
思惟を許さぬほどの暑さもがなと思ふ 細見綾子 桃は八重
恋しさも暑さもつのれば口開けて 中村草田男
息きつて発句もできぬあつさ哉 正岡子規 暑
息くさき人の近よるあつさ哉 正岡子規 暑
悪き朱に塗られて暑し仁王門 正岡子規 暑
想へば暑くありけむ昭和天皇も 藤田湘子 神楽
憲兵の赤羅紗さめる暑さかな 正岡子規 暑
我は下り上りの車熱さうな 正岡子規 暑
我宿は女ばかりのあつさ哉 正岡子規 暑
我部屋は茶代も出さぬ熱さ哉 正岡子規 暑
扇風機外れるやいなや暑さよどむ<再び上海> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
手ぬぐひに追ひかけられる暑さかな 渡邊白泉
手の平にひたひをささへ暑に耐ふる 阿波野青畝
手をつける天水桶のあつさ哉 正岡子規 暑
手弱女の目のなまめきや暑気下し 飯田蛇笏 山廬集
手荷物にふんどしさがるあつさ哉 正岡子規 暑
折々の談笑ありて暑からず 高野素十
捕虜吾に牛の交るは暑苦し 佐藤鬼房
掛茶屋のほこりに座るあつさ哉 正岡子規 暑
握飯焼きにほはせて暑に負けじ 能村登四郎
文月や田伏の暑き仮り厠 飯田蛇笏 山廬集
新聞にほつくの熱さを見る日哉 正岡子規 暑
新道は人も通らぬあつさ哉 正岡子規 暑
施錠して水神暑く居給へり 佐藤鬼房
旅の日のいつまで暑き彼岸花 臼田亜郎 定本亜浪句集
旅暑し宗祇戻しといふ村に 阿波野青畝
旅疲れ言はず暑さのことを言ふ 稲畑汀子
旅立の事ばかりいふあつさ哉 正岡子規 暑
旅立をのべて都のあつさ哉 正岡子規 暑
日々わたる踏切も暑をきざしけり 山口誓子
日かげなき暑さに堪へて歩むなり 臼田亜郎 定本亜浪句集
日は衰ふるきはの暑さや白玉を 森澄雄
日本海側も豊作にて暑し 右城暮石 天水
日照草けふをさかりのあつさ哉 正岡子規 暑
昧(くら)きより今日暑かりし婢かな 中村草田男
昼の暑さが雲に残りて赤い色 細見綾子
昼時に酒しひらるゝあつさ哉 正岡子規 暑
昼顔の花に皺見るあつさ哉 正岡子規 暑
昼顔はしぼむ間もなきあつさ哉 正岡子規 暑
時計の燐燃えて眼ざむる真夜暑く 山口青邨
晨朝の降三世燭暑からず 阿波野青畝
晴れもせず曇りもはてぬ熱哉 正岡子規 暑
暁暑しラヂオは顔を逼ひ廻る 石塚友二 方寸虚実
暑いこと言はぬ挨拶してみたく 稲畑汀子
暑いとは言わぬことにしている暑さなり 荻原井泉水
暑いほどの日がさくらにもりあがる雲 荻原井泉水
暑い日の空白、白い蝶一つ通る 荻原井泉水
暑い日をまことにいそぐ旅人なり 種田山頭火 草木塔
暑かつたなとまず言う君のすずしいころ 荻原井泉水
暑からん我に不断の松の風 正岡子規 暑
暑かりし日の暮れ方の金亀子 右城暮石 上下
暑き地に描きし線意味永く持つ 山口誓子
暑き壁なせり接岸連絡船 佐藤鬼房
暑き夜に夜発ちしてゐし曲馬団 鷹羽狩行
暑き夜のわが呻き声わが聴ける 日野草城
暑き夜の月はすすまず若き集ひ 山口誓子
暑き夜の水ほとばしる病食器 飯田龍太
暑き夜の汀を波が乗り出して 鷹羽狩行
暑き夜の波は漂着する如し 山口誓子
暑き夜の酒こぼしたる小胸かな 石田波郷
暑き夜も寝ねて尸すべき刻至る 相生垣瓜人 微茫集
暑き夜や夢見つゝ夢作りつゝ 相馬遷子 山河
暑き夜を籠の鶉の眠らざる 正岡子規 暑
暑き子等足らはぬ飯をいそぎ食ぶ 日野草城
暑き故ものをきちんと並べをる 細見綾子 冬薔薇
暑き斜陽殊に薬の看板に 橋閒石 雪
暑き日がのぼる湯殿の山姥に 佐藤鬼房
暑き日がはじまる鶏の脚の毳 鷹羽狩行
暑き日に猛獣篇を愛読す 相生垣瓜人 明治草
暑き日のあれやこの浦の帰り舟 中川一碧樓
暑き日のこれまた熱き団子汁 有馬朗人 非稀
暑き日のたそがれ迫る二重橋 飯田龍太
暑き日のたゞ五分間十分間 高野素十
暑き日のなくえぞにうの花盛り 高野素十
暑き日のゲートル解けてまた結ぶ 山口誓子
暑き日の下界灌漑水ひかる 鷹羽狩行
暑き日の仔犬の舌の薄きこと 中村草田男
暑き日の夕や花に灌ぎけり 正岡子規 暑
暑き日の昼寝は少し死ぬに似て 山田みづえ 木語
暑き日の暑きところに四月堂 高野素十
暑き日の熱きが奢りジャスミン茶 鷹羽狩行
暑き日の証下界に光るもの 山口誓子
暑き日の鉱山見ゆる不浄門 飯田蛇笏 霊芝
暑き日はなりに着よなど小うるさき 石塚友二 玉縄以後
暑き日もはや雲の峯つくりえず 古沢太穂 古沢太穂句集
暑き日やだしぬけことの火雷 村上鬼城
暑き日やをどり出でたる竹煮草 山田みづえ 木語
暑き日や古竹燃してはぬる音 村上鬼城
暑き日や梅干し暗き壷の底 細見綾子
暑き日や池を堀らんと思ひけり 正岡子規 暑
暑き日や立ち居に裂ける古袴 村上鬼城
暑き日や簾編む音ばさり~ 村上鬼城
暑き日や舟燈台を傾げしむ 石川桂郎 高蘆
暑き日や買ひしすももの甘酸つぱ(大国魂神社すもも祭三句) 細見綾子
暑き日や雑仕が着たる古烏帽子 村上鬼城
暑き日や鰌汁して身をいとふ 村上鬼城
暑き日を入れ渺茫と沖の照り 佐藤鬼房
暑き日を山路に見る田の蛙 右城暮石 句集外 昭和十二年
暑き朝の鋸音や縁家に泊り 中川一碧樓

More
by 575fudemakase | 2016-05-23 08:40 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

ナイター の俳句

ナイター の俳句

ナイター の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22672524/


ナイター 補遺

たぬき寝の負ナイターをきけるらし 水原秋櫻子 蘆雁
ナイターに入りし蝙蝠飛びはじめ 清崎敏郎
ナイターのいみじき奇蹟現じけり 水原秋櫻子 殉教
ナイターのかちまけ知らず蚊遺香 水原秋櫻子 餘生
ナイターのここが勝負や蚊喰鳥 水原秋櫻子 蘆雁
ナイターのやぶれかぶれや稲びかり 水原秋櫻子 殉教
ナイターのカーブうつくし打者陶酔死す 山口青邨
ナイターの光彩の裡夜学了ふ 能村登四郎
ナイターの光芒大河へだてけり 水原秋櫻子 旅愁
ナイターの強燭を我が胸に享く 右城暮石 上下
ナイターの直球は直刀打者斃る 山口青邨
ナイターの負癖月も出渋るか 水原秋櫻子 旅愁
ナイターの遠空染めて雨月なり 水原秋櫻子 殉教
ナイターの雨意たのしまず八重櫻 水原秋櫻子 餘生
ナイターやツキのはじめのはたた神 水原秋櫻子 晩華
ナイターや灯も一点の螢籠 水原秋櫻子 蘆雁
ナイターや論議尽きねど運尽きて 水原秋櫻子 蘆雁
ナイターや遅月赤きとりこぼし 水原秋櫻子 旅愁
ナイターを秋元不死男と見しことも 山口青邨
ナイターを見下ろす坂の八重櫻 水原秋櫻子 蘆雁
ナイター映ゆ夜学子充つる一電車 能村登四郎
星くらくナイター勝を拾ひけり 水原秋櫻子 晩華
月明にナイターの燭大伽藍 右城暮石 句集外 昭和四十六年
消燈サイレン月のナイターなほつづく 角川源義
相逢へばナイターの空垂れ来る 山田みづえ 忘
轡虫ナイターもつれ果て知らず 水原秋櫻子 餘生
運河よりナイターの灯へ蚊喰鳥 水原秋櫻子 蘆雁
遠空にナイター明り亀乾く 秋元不死男
除草機を押すナイターの余光負ひ 伊丹三樹彦
雨もよひなるナイターの灯りけり 清崎敏郎

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 14:49 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

菊挿す の俳句

菊挿す の俳句

あるだけの残菊挿して留守にせり 半田稜
おのが名の菊挿して堪ふる日のありぬ 稲垣きくの 牡 丹
しかと土押さへて菊芽団子挿し 藤野山水
それ~に名札を立てて菊芽挿す 服部のぎく
不確かな世とや十まり菊芽挿す 伊藤白潮
入院日決まりし父の菊を挿す 矢口由起枝
冬菊挿す妻の言中の人幾人 石田 波郷
剰し挿すコップの小菊身に親し 篠田悌二郎 風雪前
大土間に菊の挿し芽の鉢並ぶ 岡田日郎
定年は人生途上寒菊挿し 古舘曹人 能登の蛙
寒菊を洗ひて挿すやもとの甕 栗生純夫 科野路
嵯峨菊のひ弱さうなる挿芽かな 山田弘子 螢川
挿し芽してつきたる菊と聞かさるゝ 高澤良一 鳩信
挿菊の湿り香の根は黄泉にあり 松浦敬親(麻)
決断は急がず菊挿す話など 福本竹峰
父の忌や掴み挿したる冬小菊 山田みづえ 忘
父子はも夏菊挿すとわれを呼ぶ 三橋鷹女
片づけて秋明菊を挿しにけり 黒田杏子 一木一草
菊さし芽する砂箱を僧作る 田村木国
菊の芽を挿して月日のはじまれり 小田切文子
菊挿しつ恋に溺るゝ恥やある 石塚友二 方寸虚実
菊挿してさみだれを耳底に 松本鳳山
菊挿してわたしの母語の土の匂い 堀之内長一
菊挿して待つとにあらず誰がために 稲垣きくの 牡 丹
菊挿して父の愚直に近づけり 宮田正和「積殖」
菊挿して父また老ゆる日昏かな 宮田正和
菊挿して雨音つよき夜となりぬ 篠崎玉枝「雉俳句集」
菊挿すや光の中の雨の粒 細谷喨々
菊挿すや大川端へ用足しに 加藤郁乎「江戸桜」
菊芽挿し風に馴らすといふことも 内田准思
菊芽挿す*かがいの山に住み古りて 田島早苗
蒔絵師に冬の小菊を誰か挿す 黒田杏子 水の扉
要領のおぼつかなくて菊挿芽 高澤良一 素抱
道林寺さん合さい袋の菊挿芽呉るる 梅林句屑 喜谷六花
野をこぞり菊挿す八ケ嶽の大斜面 木村蕪城 寒泉

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 14:47 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

利久梅 の俳句

利久梅 の俳句

利久梅松風に白かげりけり 大熊輝一 土の香
利久梅水仕にたちて女流ゐず 上田五千石『風景』補遺
利休梅その下蔭の好もしき 後藤夜半 底紅
利休梅五十はつねの齢ならず 石田波郷「酒中花」
利休梅死の齢まだ見えて来ず 矢島渚男
利休梅活けたり梅の軸かけて 山口青邨
利休梅病惰をつひの性としぬ 石田波郷
白をもて人にたてつく利休梅 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 14:45 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

柾の花 の俳句

柾の花 の俳句

催合井戸残るに定家葛咲く 詫摩まつ子 『卒寿』
名を知りて定家葛のその下に 山崎あきら
定家かづら山気少しく動きけり 永方裕子
定家かづら貧乏かづら相揺るる 渡邊千枝子
尼寺の定家葛の夜なりけり 大石悦子 聞香
掛花や定家葛は実を流し 飴山實 句集外
旅衣定家葛の種つけて 飴山實 句集外
木の闇に定家葛は花ねぢれ 飴山實 句集外
水の上定家葛の種吹かれ 飴山實 句集外
水奔るその上の定家葛かな 岡井省二 夏炉
虚空より定家葛の花かをる 長谷川櫂「虚空」
講中の賑はふ定家葛かな 岡井省二 山色
離々離々と定家葛の花もつれ 矢島渚男 梟

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 14:44 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

穀象 の俳句

穀象 の俳句

穀象 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22672250/


穀象 補遺

ひとり米櫃穀象に隙みせず 石川桂郎 高蘆
四散する穀象群を俯瞰せり 相生垣瓜人 明治草
戯れに倒す穀象歩けるを 山口誓子
数百と数ふ穀象くらがりへ 西東三鬼
水に浮き穀象なほも生き残る 山口誓子
生きのこりゐし穀象の歩み出す 山口誓子
穀象が出て大日を畏めり 山口誓子
穀象に大小ありてああ急ぐ 西東三鬼
穀象に非ず穀つぶしとののしられ 山口青邨
穀象のあはれ膝攀づ甲斐なしや 小林康治 四季貧窮
穀象のゆくへに朝の障子かな 加藤秋邨
穀象のゐたれど米を尊めり 山口誓子
穀象のゐる米すこし踏み通る 山口誓子
穀象の一匹だにもふりむかず 西東三鬼
穀象の死の尋常に米に死す 山口誓子
穀象の群を天より見るごとく 西東三鬼
穀象の逃ぐる板の間むずがゆし 西東三鬼
穀象やむかしむかしの隠し米 鷹羽狩行
穀象を九天高く手の上に 西東三鬼
穀象を喝す英霊二千かな 齋藤玄 飛雪
穀象を殺すや憎むにもあらで 山口誓子
穀象を水に篩ひて不憫とせず 山口誓子
穀象を篩ふことにもこころ紛る 山口誓子
穀象を虚空蔵とききゐたりけり 平井照敏 猫町
穀象を虫と思はずうち目守る 山口誓子
穀象を見たこともなき嫁貰ふ 後藤比奈夫
穀象等障子があれば匐ひのぼる 山口誓子
米を出し穀象いつの日にもゐて 山口誓子
米食ふは穀象穀つぶしとは人 山口青邨
草の戸の米食ふ穀象本食ふ紙魚 山口青邨
蛾や金ぶん穀象もくる底なし月夜 金子兜太
首振つて穀象泳ぐ合の米 小林康治 四季貧窮

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 14:29 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

麦飯 の俳句

麦飯 の俳句

麦飯 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22636662/


麦飯 補遺

二人なれば麦飯こばむいはれなし 雨滴集 星野麥丘人
喪ごころや麦飯の冷え箸にして 上田五千石『風景』補遺
東京に麦飯うまし秋の風 石田波郷
菊さくや米飯麥飯粟の飯 政岡子規 菊
風呂吹は熱く麥飯はつめたく 政岡子規 風呂吹
麦飯が腹いつぱいの日向ぼつこり 種田山頭火 自画像 落穂集
麦飯に何も申さじ夏の月 村上鬼城
麦飯に拳に金の西日射す 西東三鬼
麦飯に痩せもせぬなり古男 村上鬼城
麦飯のいつまでも熱き大暑かな 村上鬼城
麦飯の一ぜん清し川の空 飯島晴子
麦飯の裡にも涼のあらむとす 相生垣瓜人 微茫集
麦飯の香も馴れてうまし春の朝 村山故郷
麦飯や切に手力備へむと 齋藤玄 飛雪
麦飯や小豆や脚気夏痩す 政岡子規 夏痩
麦飯をぼろ~食ひて涼しけれ 前田普羅 普羅句集
麦飯匂へばしきりに故郷なつかしく 種田山頭火 自画像 落穂集

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 14:26 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

麦藁 の俳句

麦藁 の俳句

麦藁 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22641469/


麦藁 補遺

うきうきと麦藁帽の軽さかな 右城暮石 句集外 昭和六十一年
おもしろし麦藁細工猿となる 山口青邨
すでに褪せぬ妻とわれとの麦藁帽 石田波郷
ひかり頒けつつ兄妹の麦藁帽 楠本憲吉 楠本憲吉集
わが真子の麦藁帽子なれば飛ぶ 佐藤鬼房
カレーズに麦藁帽を映しけり 松崎鉄之介
ビヤホール麦藁帽はどこに置くか 藤田湘子 てんてん
ルノワールなら花付けましを麦稈帽 林翔
二階より見下す麦藁帽の吾子を 草間時彦 中年
内庭や鶏の子群るゝ麦の稈 政岡子規 麦藁
坂登り切れず麦藁帽の婆 石塚友二 玉縄以後
墓標に麦藁帽子鳥びとここに眠る 伊丹三樹彦
天秤棒しなふ麦藁帽あみだ 鷹羽狩行
岩飛んで麦藁帽の物売女 深見けん二
島女麦藁帽の中の顔 清崎敏郎
広きへ行かん鉢窪ふかき麦藁帽 中村草田男
月見草 麦藁帽で誰か 来ぬか 伊丹三樹彦
根から百姓麦藁帽の顔笑ふ 伊丹三樹彦
梨出荷大き麦藁帽に青空 大野林火 雪華 昭和三十四年
歪みたることを麦藁籠として 後藤夜半 底紅
潮あびる裸の上の藁帽子 政岡子規 麦稈帽
琵琶湖遊覧船麦藁帽を飛ばしけり 安住敦
疾風 北京 抱き麦藁帽にも紅星が 伊丹三樹彦
白雲湧き薄荷とり入れに麦藁帽 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
真似をして麦藁籠の編み上る 後藤夜半 底紅
積み上げし麦藁陰や立咄 政岡子規 麦藁
積み上げし麦藁陰や里の恋 政岡子規 麦藁
立ち編みて麦藁籠となりゆけり 山口誓子
箱をかやす麦藁の虎雛の首 政岡子規 雛
糸の雛麦藁の雛あはれなり 後藤夜半 底紅
老の頭借りし麦藁帽をのせ 山口青邨
花火師の麦藁帽のあちこちす 中村汀女
若き日は怒濤と過ぎつ麦稈帽 林翔
虹立つや麦藁帽の庇より 中村汀女
踏まれたる麦藁籤の口が開く 阿波野青畝
里の子の麦藁笛や青葉山 椎本才麿
金魚売り蘇鉄にかけし麦わら帽(伊良湖崎二句) 細見綾子
鍔広の麦藁帽の修道尼 高浜年尾
離宮内にて麦藁を焚く猛火 山口誓子
麦わらの帽子に杉の落は哉 政岡子規 麦稈帽
麦わらの蛇を受くる人ぼつぼつと 飯島晴子
麦わらも冬は木の葉を護りけり 政岡子規 麦藁
麦わらも千年の松のまもり哉 政岡子規 麦藁
麦稈の匂い不意に子を載す肩車 赤尾兜子 歳華集
麦稈の夜も炎え美禰が湯を借りに 伊丹三樹彦
麦稈大束樹てあり道の踏応 中村草田男
麦藁がなくて麦藁蜻蛉くる 百合山羽公 樂土
麦藁で牛を吹く人野の廣さ 永田耕衣
麦藁と仕事着ぐさき梅雨になる 右城暮石 句集外 昭和十三年
麦藁と麦藁蜻蛉しめしあひ 百合山羽公 樂土以後
麦藁のたばよせかけし葵哉 政岡子規 花葵
麦藁の家してやらん雨蛙 智月尼
麦藁の帽子のなかになにをおもふ 平井照敏 猫町
麦藁の感触留守の君が家は 佐藤鬼房
麦藁の籠に盛りたるゆすら哉 政岡子規 ゆすらの実
麦藁の色の麦藁帽幼な 後藤夜半 底紅
麦藁の花環もをかし収穫祭 山口青邨
麦藁の馬吹きゐざる風少し 富安風生
麦藁は麦はく庭の箒きかな 鬼貫
麦藁もそこらちろばふ庵哉 路通
麦藁や地蔵の膝にちらしかけ 政岡子規 麦藁
麦藁をかつぐ男の遙かなり 高野素十
麦藁をきのふ積みしが蛇の衣 河東碧梧桐
麦藁を以て築きし農夫の塔 山口誓子
麦藁を染めバラ色に空色に 後藤夜半 底紅
麦藁を横切つて根は寂しき人 永田耕衣
麦藁を犇とくゝれば昼螢 百合山羽公 故園
麦藁帽ただよふ海の紺のなか 角川源義
麦藁帽だけが似合つて はびこる葦 伊丹三樹彦
麦藁帽乗せて農家の石燈籠 中村草田男
麦藁帽手にやはらかく夏果てぬ 山田みづえ 忘
麦藁帽杭に被せて汗拭ふ 右城暮石 句集外 昭和四十九年
麦藁帽膝に乗せ行く湖西線 右城暮石 虻峠
麦藁帽被り働き易くなる 後藤比奈夫
麦藁帽載せて牛頭なほ余る 伊丹三樹彦
麦藁帽農夫の眼尻いつも笑ふ 細見綾子
麦藁籠虫入れぬ間の涼しさよ 百合山羽公 樂土以後
麦藁蛇さへ恐ろしし駆けて過ぐ 安住敦
麦藁蛇しばらく雨のいそがしき 岸田稚魚 筍流し
麦藁蛇買ひ来てこれも書架に置く 安住敦

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 14:24 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング