<   2016年 08月 ( 377 )   > この月の画像一覧

八月 の俳句

八月 の俳句

八月の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/24749209/

八月 補遺

うつくしき旭哉八月十五日 正岡子規 八月
かかる八月熱いもの食べ空を鞭 古沢太穂 火雲
こごもると乳房八月の翳つくる 角川源義
とめどなく八月盡の瀧の音 百合山羽公 樂土
ながれ藻と捨て櫓が睦ぶ八月潮 能村登四郎
なみだ落つ秋八月の日を額に 三橋鷹女
をがたまの八月の芽のめでたさよ 高野素十
サシバ去る旧八月の高嶺越え 飯田龍太
一団は八月大名かき氷 百合山羽公 樂土以後
下駄履いて八月大名らしくなる 伊藤白潮
井戸に汐さして八月終りけり 鈴木真砂女 居待月
先生死に木の白い椿八月九日 中川一碧樓
八月として置かれたり鸚鵡貝 岡井省二 鯨と犀
八月と日の彩違ふ九月かな 右城暮石 散歩圏
八月なり和布の根まで潜水す 岡井省二 大日
八月のうぐひす幽し嶽の雲 渡邊水巴 富士
八月のかすかに海を去る匂ひ 廣瀬直人
八月のこの真盛りの竹のこゑ 野澤節子 八朶集以後
八月の一日桃を奉る 高野素十
八月の一粒栗の木や仰ぐ 石川桂郎 高蘆
八月の体液さむく箔うつか 橋閒石 卯
八月の停雲白し彩霞峰 日野草城
八月の十七日やはつあらし 寥松
八月の吉野に飛ぶや青鷹 森澄雄
八月の太白低し海の上 正岡子規 八月
八月の影ながながと穴師越ゆ 山田みづえ 木語
八月の村あきらかに汐濁リ 岡井省二 猩々
八月の梅落ち李むらさきに 山口青邨
八月の榧の木蔭も若狭かな 石川桂郎 高蘆
八月の樫鬱として父の匂ひ 能村登四郎
八月の櫻落葉を掃けるかな 富安風生
八月の気温上騰すわが無為に 日野草城
八月の水ゆたかなる古城の地 飯田龍太
八月の沖に重なるこころの喪 野澤節子 八朶集以後
八月の海に指輪を失せし人 村山故郷
八月の海人の塩焼く煙かな 岡井省二 鯛の鯛
八月の海坂なりし飛白かな 岡井省二 鯨と犀
八月の炉あり祭のもの煮ゆる 木村蕪城 一位
八月の無人灯台海猫寄せて 星野麥丘人
八月の無人燈台海猫寄せて 雨滴集 星野麥丘人
八月の田螺ならもう鳴くまいか 岡井省二 鯛の鯛
八月の磧にて火をつくりをり 岡井省二 鯛の鯛
八月の禽の真紅の胴震 飯島晴子
八月の竹かざりたき朝かな 尚白
八月の筍あさる垣根かな 正岡子規 八月
八月の終りきれいな魚の骨 桂信子 花影
八月の終りのながきてがみかな 雨滴集 星野麥丘人
八月の終るに白し土不踏 伊藤白潮
八月の緋のそらの山祭るなり 三橋敏雄
八月の蝉風の吹く高さにて 廣瀬直人 帰路
八月の蝶飛ぶ木曾の木立哉 正岡子規 八月
八月の野にからつぽの神楽殿 廣瀬直人
八月の雨あらあらし白馬村 雨滴集 星野麥丘人
八月の雨に蕎麦咲く高地かな 杉田久女
八月の雨のさびしき蚕神 岡井省二 有時
八月の雨の肋を探りゐる 佐藤鬼房
八月の鯰のひげとなりゐたる 岡井省二 鯛の鯛
八月の鶏頭の葉は茹でてみむ 岡井省二 鯨と犀
八月もうら崩して啼千鳥 松窓乙ニ
八月も曖昧の裡に過ぎ去れり 相生垣瓜人 負暄
八月も落葉松淡し小会堂(チャペル) 中村草田男
八月やひと山売りのへぼ胡瓜 鈴木真砂女 夏帯
八月や人無き茶屋の青楓 正岡子規 八月
八月や兄の帽子が遠ざかる 桂信子 花影
八月や北鎌倉の草の丈 燕雀 星野麥丘人
八月や吹き散つて濃き合歓の紅 鷲谷七菜子 天鼓
八月や夜目には見えぬ海の紺 鈴木真砂女 夏帯
八月や孔雀の声の凶々し 飯島晴子
八月や山にちらばる蟇 岡井省二 夏炉
八月や干して寝巻の花模様 森澄雄
八月や晝だけ晴れて晝の月 正岡子規 八月
八月や木来韻ぐ「人情碑」中村草田男
八月や杣が掛けたる太竹瓮 岡井省二 明野
八月や松嶋へ行く人問はん 正岡子規 八月
八月や樓下に滿つる汐の音 正岡子規 八月
八月や潮のさばきの山かづら 去来
八月や牡蠣田の芦に雨ますぐ 下村槐太 天涯
八月や老刀自の眉青々と 伊丹三樹彦
八月や草の向うに友の顔 廣瀬直人 帰路
八月や闇に集る真人間 桂信子 草影
八月や霧吹いて彫る墓の文字 星野麥丘人 2004年
八月や風もたのまぬ浪のたつ 鈴木道彦
八月や馬首かがやきて陽が睡る 飯田龍太
八月を里に出てくる山の雷 伊藤白潮
八月を雄の月となす磧 岡井省二 鹿野
八月を風に淡路の船がゝり 正岡子規 八月
八月上浣夕爾忌あとは常の通り 安住敦
八月十五日のこぶし膝の上 鷹羽狩行
八月十五日春画上半の映画ビラ 中村草田男
八月大名明智鉄道走らせて 百合山羽公 樂土以後
八月尽処刑場跡に降る雨は 飯田龍太
八月尽己を食ひ次ぎ己ひもじ 中村草田男
八月尽昔に似たる梨の疵 百合山羽公 寒雁
八月尽湖恩讐の外にあり 飯田龍太
八月尽蟹を踊らすテレビ見て 百合山羽公 寒雁
八月尽黝い川面にある幻影 楠本憲吉 方壺集
八月暁紅しじみ殻落つむしろに覚め 古沢太穂 古沢太穂句集
八月暁紅若き寝息の同志四囲 古沢太穂 古沢太穂句集
冠雲や八月の死者顔の布 平井照敏 天上大風
匂ひさびし八月の雪子と食めば 能村登四郎
南に海八月の稲を刈る 岡井省二 明野
喪を出づる八月梅のわくら葉に 三橋鷹女
子等とまたながき八月きりぎりす 百合山羽公 故園
山の日と八月青き栗のいが 長谷川素逝 暦日
島原に閏八月七日かな 燕雀 星野麥丘人
帆のごとく男まぎれず八月野 能村登四郎
日光月光八月の円柱(エンタシス) 岡井省二 鯛の鯛
機関銃夕ぐれもゆる八月の 西東三鬼
水見舞ふ八月尽としたゝめし 飴山實 句集外
水飲んで眠い襤褸の八月は 佐藤鬼房
永かりし八月庭を貧しくす 松村蒼石 雪
生れ月我が八月の餘所餘所し 相生垣瓜人 負暄
真珠筏八月明星飽くまで黄 中村草田男
礁打つ浪に八月傷むかな 秋元不死男
竜飛にあり八月二十二日なり 星野立子
紫陽花に八月の山たかからず 飯田蛇笏 山廬集
紫陽花に八月の山高からず 飯田蛇笏 霊芝
纜をどこまでも透く八月潮 能村登四郎
芥川八月の銭獲て戻る 渡邊白泉
荒鵜のしずかさは八月の潮に巌 荻原井泉水
蕣やけさは八月十五日 松窓乙二
蝉鳴くや八月望のうすぐもり 水原秋櫻子 殉教
赤木魚八月の黴白く吹き 山口青邨
迷路炎症の八月死者生者 佐藤鬼房
遠雷にながき八月も閉ぢにけり 能村登四郎
陰暦八月虹うち仰ぐ晩稲守 飯田蛇笏 霊芝
雲海は泰し八月十五日 阿波野青畝
霧晴れて八月の嶺々やはらかし 能村登四郎
高波に舞ふ八月のかもめどり 廣瀬直人 帰路
鬼燈が朱く八月余日なし 山口誓子

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 22:33 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

立秋 の俳句

立秋 の俳句

立秋 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/24768248/

立秋 補遺

あぎとより秋に入りけり薬山 岡井省二 鹿野
あて人の留守に秋來る都かな 正岡子規 立秋
あらくさのなにがな吹かれ秋に入る 岸田稚魚
あら駒の足落ちついて秋の立つ 正岡子規 立秋
うぐひすや翌立秋の嶽の雲 渡邊水巴 富士
うたた寝に触る太柱秋立てり 角川源義
かはたれの人影に秋立ちにけり 角川源義
かんかんと立秋以後の風の日々 石塚友二 磊[カイ]集
きのふ秋立ちし簾の影を置く 後藤夜半 底紅
けさの秋きのふの物を取られけり 正岡子規 今朝の秋
けさの秋硯に筆のすべり哉 正岡子規 今朝の秋
けさりんと体のしまりや秋の立つ 正岡子規 立秋
けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎 花影
けさ秋の木槿くさむらより咲けり 及川貞 榧の實
けさ秋の草の匂ひの観世音 鷲谷七菜子 游影
けさ秋や母にさばしる鶉豆 齋藤玄 飛雪
けさ秋風焦土の民らただ急ぐ 石田波郷
さそり座も夜々傾きて秋に入り 及川貞 夕焼
さまざまの雲ゆきあひて秋に入る 桂信子「草影」以後
したたかに雨浴びて島秋に入る 飯田龍太
したたかに雨浴びて海秋に入る 飯田龍太
すゞかけに秋立つ皇子の輦かな 飯田蛇笏 霊芝
たのめにし秋に入りつつ脚気病む 松本たかし
ちかちかと光りつつ秋来たりけり 山口青邨
どこやらに星の笑ひや今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
のゝしりし人静まりてけさの秋 正岡子規 今朝の秋
はるかなるものの靡きて秋立ちぬ 岸田稚魚
ひよんの笛はやばやと秋立ちしかな 百合山羽公 樂土以後
ひゝやりとすきまの風や秋のたつ 正岡子規 立秋
ふみつけた蟹の死骸やけさの秋 正岡子規 今朝の秋
みんみん蝉立秋吟じいでにけり 水原秋櫻子 帰心
むく起や身ふるひ一つ今朝の秋 正岡子規 立秋
ややかたき茄子や秋立つ能登の市 加藤秋邨
よびかけてくる八ケ岳秋立つよ 及川貞 夕焼
わがふるる庭前の竹けさの秋 山口青邨
ナース等の背筋ますぐに秋立ちぬ 林翔
一菜に熱き一汁今朝の秋 鷹羽狩行
亡き友の妻子にあひに秋立つ日 安住敦
今日の秋をあら何ともなの蝉の鳴きやうや 正岡子規 立秋
今朝の秋大岩を蝶たちゆきて 及川貞 夕焼
今朝の秋家にあるごと起チ居せむ 角川源義
今朝の秋扇のかなめ外れたり 正岡子規 今朝の秋
今朝の秋手紙を待てば手紙来る 福田蓼汀 山火
今朝の秋手里の馬を相しけり 河東碧梧桐
今朝の秋柔き箒の動くまま 桂信子 草影
今朝の秋腫物はものゝこそはゆき 正岡子規 今朝の秋
今朝秋のおのづと正座してゐたり 能村登四郎
今朝秋の梁も高きに噛み合へる 能村登四郎
今朝秋の波折は低く雷さかる 角川源義
今朝秋の湯けむり流れ大鏡 杉田久女
今朝秋の訥々として老の知恵 能村登四郎
今朝秋の露なき芭蕉憂しと見し 川端茅舎
今朝秋や母に代りて佛守る 星野立子
今朝秋や燠かきよせて干魚やく 石橋秀野
今朝秋や白蚊帳ごしに佐渡淡く 林翔 和紙
今朝秋や笏をいだけば袖ながし 飯田蛇笏 山廬集
今朝秋や蜘蛛が巣かけし肥柄杓 前田普羅 普羅句集
今朝秋や蝶来て落ちし百合の瓣 及川貞 夕焼
今朝秋や見入る鏡に親の顔 村上鬼城
今朝秋や露をふるひて藪からし 小林康治 玄霜
今朝秋や高々出たる鱗雲 村上鬼城
仏飯の対の白さよ今朝の秋 鷹羽狩行
來る秋や昔に近き須磨の浦 正岡子規 立秋
傘持のひんと立たりけさの秋 正岡子規 今朝の秋
傘雨忌もて夏来夕爾忌もて秋来 安住敦
傾きて浅間くもり居り今朝の秋 及川貞 夕焼
働けり立秋の二字胸に彫り 相馬遷子 雪嶺
兄の墓ゆすぶり恋へり秋来ぬと 三橋鷹女
八重葎そよぐと見しやけさの秋 正岡子規 今朝の秋
刻みあげし佛に對す今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
劍賣て牛買ふ人や今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
匙をめで重湯甘ましと今朝の秋 飯田蛇笏 山響集
匙買つて逗留秋に入りにけり 岡本眸
命とりの病は持たず今朝の秋 鈴木真砂女 紫木蓮
喪こもりの既に秋立ちゐたりけり 松崎鉄之介
囁かれ呟かれけり秋立つと 相生垣瓜人 微茫集
団欒へ秋立つまでとかへり来し 篠原梵 年々去来の花 皿
墓草をとるしづこころ秋に入る 飯田蛇笏 雪峡
夜明から秋立つことかそのことか 正岡子規 立秋
大岩の肌晒されて秋に入る(奥多摩) 細見綾子
大雷雨真夜に秋来るおもひかな 及川貞 夕焼
太陽のBODYゆら~と今朝の秋 原石鼎 花影以後
夾竹桃白きがはやく秋に入る 百合山羽公 樂土
女ばかり住みて柳の今朝の秋 細見綾子 桃は八重
妃殿下の御文とどきぬ今朝の秋 星野立子
妻健か内火の浅間秋に入る 中村草田男
孫三人浴衣そろへて秋立つ日 及川貞 夕焼
宝珠不壊蘇鉄の花の秋に入る 松本たかし
家猫に秋立つ障子つくろはず 石橋秀野
富士の雲変り易くて秋に入る 高浜年尾
寺の扉の谷に響くや今朝の秋 原石鼎 花影
小ろうそくの一燈秋に入るしるし(大岩不動尊) 細見綾子
小浅間の親雲小雲秋立つよ 角川源義
山国に来て二日目に秋立ちし(丹波四句) 細見綾子
山際の雲に青空今朝の秋 右城暮石 一芸
山鳩のねむれか覚めよか秋立ちぬ 森澄雄
川半ばまで立秋の山の影 桂信子 初夏
帰郷一茶に秋来て灯籠流しかな 金子兜太
平熱や秋立つ影の淡水魚 橋閒石 卯
幽けくも由々しくも秋立ちにけり 相生垣瓜人 負暄
幾條の風を見たらむ今朝の秋 相生垣瓜人 負暄
微々の秋眇々の秋立ちにけり 相生垣瓜人 明治草
微笑仏秋立つひかりくちびるに 鷲谷七菜子 一盞
急ぐ雲急がぬ雲に秋立てり(箱根二句) 細見綾子
愛憎を母に放ちて秋に入る 桂信子 月光抄
扇面の山水もまた秋に入る 上田五千石『風景』補遺
手をのせし胸の薄さや今朝の秋 鈴木真砂女 生簀籠
折からの富士の笠雲秋立つ日 高浜年尾
撫子も木賊の丈も秋に入る 中村汀女
教へ子に逝かれてやがて秋に入る 林翔
新薬師寺に吾がふく汗も立秋か 細見綾子
旅の秋立つや最上の船の中 正岡子規 立秋
旅人や秋立つ船の最上川 正岡子規 立秋
日南暑し朝を裸で今朝の秋 右城暮石 声と声
明石海峡朝ぐもりして今朝の秋 日野草城
月の蚊帳に影法師吹かれ秋来たり 渡邊水巴 白日
月の面にいぶく青炎秋に入る 飯田蛇笏 雪峡
木瓜の実は茶色にまろし秋立ちぬ 渡邊水巴 富士
杉の道秋立つ朴の広青葉 松村蒼石 雪
桐の葉を叩き落さん今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
棕櫚の葉の手をひろけたりけさの秋 正岡子規 今朝の秋
母の顔へ灯がいつぱいや秋立ちぬ 岸田稚魚 筍流し
水かへてくもる水差けさの秋 鷹羽狩行
法師蝉立秋告げてまた鳴かず 水原秋櫻子 餘生
洟かんで耳鼻相通ず今朝の秋 飯田蛇笏 山廬集
洪水の林の星斗秋に入る 飯田蛇笏 霊芝
浅間山の煙出て見よ今朝の秋 村上鬼城
渓流に雲のただよふ今朝の秋 飯田蛇笏 椿花集
渺茫たる立秋の天へ雲脂(ふけ)とばす 加藤秋邨
湖のひつそりとして今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
湯を浴びる音白樺に秋来り 大野林火 雪華 昭和三十八年
湯庫しの湯気のかすかに今朝の秋 鷹羽狩行
潟風の網戸も秋に入りにけり 石田勝彦 百千
火を熾す妻の背にきて秋立つか 森澄雄
煮ざかなに立秋の箸なまぐさき 日野草城
父母を抱き立秋のちまた灼くるごとし 角川源義
猛り鵜にすでに秋立つ水なりけり 鈴木真砂女 夏帯
病み細るすねをいだきぬ今朝の秋 高浜年尾
病むことも秋立つことも旅のうち 岡本眸
病床の団扇使へば秋立てり 百合山羽公 樂土以後
病顔を鶏によせ秋立ちぬ 飯島晴子
白き布身に添ふ如し今朝の秋 右城暮石 声と声
白き花赤き花秋立にけり 正岡子規 立秋
白桃も淋漓と秋に入りにけり 相生垣瓜人 明治草抄
白粥の白をすくひぬ秋立つ日 桂信子 草影
白雲に秋立つてまだ地は暑し 正岡子規 立秋
砂濱や波さらさらと秋立ちぬ 正岡子規 立秋
硯師や秋に入りたる昼蚊遣 石田勝彦 百千
禪寺に秋立つ壁の破れ哉 正岡子規 立秋
秋たつやけふより不二は庵の物 正岡子規 立秋
秋たつや雨晴れて出る月の冴 正岡子規 立秋
秋たつや雨晴れに出る月の冴 正岡子規 立秋
秋たつや風のなき日を海の音 正岡子規 立秋
秋たつや鶉の聲の一二寸 正岡子規 立秋
秋なんど立たずもがもな草の庵 正岡子規 立秋
秋に入る天体の環あるごとく 飯田蛇笏 雪峡
秋に入る性根のいろの花の数 飯田龍太
秋に入る片眼達磨とちちろ虫 飯田龍太
秋に入る白きベッドに老の萎え 飯田蛇笏 家郷の霧
秋に入る砂地に浅く根もつもの 細見綾子
秋に入る貴石磨きの家の窓 飯田龍太
秋に入る鳥獣魚介して吾も 上村占魚
秋の立つ朝や種竹を庵の客 正岡子規 立秋
秋やけさ身ふるひしたるむら雀 正岡子規 今朝の秋
秋來ぬと柱の拂子動きけり 正岡子規 立秋
秋来ぬとこころにおきし起居かな 三橋鷹女
秋来ぬとサファイァ色の小鰺買ふ 杉田久女
秋来ぬと埴輪らのかげやはらかく 伊丹三樹彦
秋来ぬと耳には定か山の音 鷹羽狩行
秋来らむ芭蕉に雨のしばしばす 臼田亜郎 定本亜浪句集
秋来るとみづひき咲けり女の眸に 三橋鷹女
秋来ると町屋根越しの白マスト 野澤節子 花季
秋来ると鼠がしのび泣けり壁 赤尾兜子 蛇
秋来れば畳の縁も傷みけり 山口誓子
秋立ちしその夜の友の佳句一つ 日野草城
秋立ちし日のピアノ音佳き隣人 伊丹三樹彦
秋立ちて三日の没日とどこほる 上田五千石『風景』補遺
秋立ちて二日のこゑの牛蛙 百合山羽公 樂土
秋立ちぬしらたまのベルきよらかに 日野草城
秋立ちぬ一本立の馬刀葉椎 森澄雄
秋立ちぬ夕日あたる木あたらぬ木 中村苑子
秋立ちぬ砂丘に手突き指埋まり 林翔 和紙
秋立ちぬ細幹に立つ楢林 大野林火 雪華 昭和三十八年
秋立ちぬ翠巒の翠今朝殊に 日野草城
秋立ちぬ酒の肴の薑(はじかみ)も 森澄雄
秋立つかやゝ撫子のしどろなる 正岡子規 立秋
秋立つとさやかに人の目ざめけり 正岡子規 立秋
秋立つとそよや嵐が吹いて來る 正岡子規 立秋
秋立つとひとり上野の森に對す 正岡子規 立秋
秋立つと乳のかごとを聴く夜かな 日野草城
秋立つと人の申しぬ笹の音 正岡子規 立秋
秋立つと仏こひしき深大寺 石橋秀野
秋立つと何を雀の早合點 正岡子規 立秋
秋立つと咲く雑草園女郎花 山口青邨
秋立つと夏ぎらひの人申しけり 正岡子規 立秋
秋立つと守護する渓の水の彩 飯田蛇笏 椿花集
秋立つと心の窓に点りし灯 後藤比奈夫
秋立つと朴の葉裏を返す風(箱根二句) 細見綾子
秋立つと知らずや人の水鏡 正岡子規 立秋
秋立つと蝉吟澄めり駿河台 水原秋櫻子 蘆雁
秋立つやこつこつと越す跨線橋 大野林火 雪華 昭和三十三年
秋立つやことし故人に林之助 燕雀 星野麥丘人
秋立つやどちらを見ても人の國 正岡子規 立秋
秋立つやほろりと落ちし蝉の殻 正岡子規 立秋
秋立つや一片耿々の志 日野草城
秋立つや今日も今日とて弁当もち 星野立子
秋立つや出羽商人のもやひ船 正岡子規 立秋
秋立つや寝顔愛しき夜の妻 石塚友二 光塵
秋立つや師の水茎を御魂代 林翔
秋立つや恙の胸を少しひらく 岸田稚魚 紅葉山
秋立つや拭へばくもる塗の盆 上田五千石『天路』補遺
秋立つや日にただよひつ鷺消えぬ 角川源義
秋立つや昔に近き須磨の浦 正岡子規 立秋
秋立つや木隠れ沢に日のこもり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
秋立つや波は波へと戻りゆく 斎藤玄 雁道
秋立つや瓜も茄子も老の數 正岡子規 立秋
秋立つや皆在ることに泪して 永田耕衣
秋立つや納涼の舟も月見ふね 正岡子規 立秋
秋立つや納涼月見と化る舟 正岡子規 立秋
秋立つや芒穂に出る蛇たまり 正岡子規 立秋
秋立つや若狭鰈を売りに来し(丹波四句) 細見綾子
秋立つや草を刈りゐる草の中 村山故郷
秋立つや藪からし呑む南瓜蔓 百合山羽公 樂土
秋立つや観念の墨磨つてをり 桂信子 草影
秋立つや豆腐のほしき齢なる 桂信子「草影」以後
秋立つや達磨の尻のくさりより 正岡子規 立秋
秋立つや鐘をつかんとのけぞれる 桂信子 草樹
秋立つや隣にはまだ赤き花 正岡子規 立秋
秋立つや隣の絲瓜庵の萩 正岡子規 立秋
秋立つや黍ばかりなる山畑 清崎敏郎
秋立つ日烏に魚を取られけり 正岡子規 立秋
秋立つ風 魚板の残り巣藁にも 伊丹三樹彦
秋立てば反魂草が山に咲く 山口青邨
秋立てば淋し立ねばあつくるし 正岡子規 立秋
秋立てりけり鉛筆を削ぎそろへ 上田五千石『風景』補遺
秋立てり日の色どこかちがふかも(中村草田男さん長逝二句) 細見綾子
秋立てる港の音の中にゐる 岡本眸
秋立てる雲の穴目の藍に描く 臼田亜郎 定本亜浪句集
穂高岳秋立つ空の紺青に 及川貞 夕焼
積乱雲高し秋立つ空の色 村山故郷
立つといふ米をよそひて今朝の秋 鷹羽狩行
立秋と云へり浮説に似たらむか 相生垣瓜人 負暄
立秋に寄する烏の声の如 相生垣瓜人 明治草
立秋のふんどし白き主かな 日野草城
立秋のみづうみに入る滝しぶき 飯田龍太
立秋の声を聞かずに逝きたまふ(中村草田男さん長逝二句) 細見綾子
立秋の夜気好もしく出かけけり 高浜年尾
立秋の大鮎を贈られにけり 阿波野青畝
立秋の好もしや月望なれば 高浜年尾
立秋の廂みせたる杣家かな 飯田蛇笏 山廬集
立秋の日除ふかぶかおろしけり 鈴木真砂女 生簀籠
立秋の月杉山より杉山ヘ 大野林火 月魄集 昭和五十四年
立秋の朝影を置きそめし域 稲畑汀子
立秋の朝日のなかの筆硯 鷲谷七菜子 天鼓
立秋の欅高枝にヘッセ死す 森澄雄
立秋の水にかげ殖ゆ杉檜 原裕 青垣
立秋の燕が雨後の道に下り(丹波四句) 細見綾子
立秋の父なき朝餉今済みし 高田風人子
立秋の第三日目の秋の風 高野素十
立秋の草のするどきみどりかな 鷲谷七菜子 花寂び
立秋の蝉鳴きながら畠越ゆ 廣瀬直人 帰路
立秋の雁来紅の背丈かな 百合山羽公 樂土以後
立秋の雨に青杉ぬれて照る 上村占魚
立秋の雨はや一過朝鏡 中村汀女
立秋の雨山国をふりぬらす(丹波四句) 細見綾子
立秋の高野の山へ来て泊る 日野草城
立秋はきのふや比叡の今朝の雪 村山故郷
立秋は昨日に豆の葉の涼し 細見綾子 桃は八重
立秋も處暑も空語に過ぎざりき 相生垣瓜人 負暄
立秋やレマン湖上の老旅人 阿波野青畝
立秋や何かを思ひ立たねばと 桂信子「草影」以後
立秋や腹ととのふる吉野葛 水原秋櫻子 餘生
立秋や赤子背負ひて田に染まる 廣瀬直人
立秋や雲の上ゆく雲とほく 鈴木真砂女 生簀籠
立秋や顔鮮しき水照り浴び 飯田龍太
立秋よ女の声の駅弁売り 細見綾子
箱庭の橋落ちこみぬけさの秋 正岡子規 今朝の秋
美しきもののさみしさよ秋来たり 三橋鷹女
老僧が拂子動かず今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
腕組んでしまへば秋の来てゐたり 岸田稚魚 紅葉山
茉莉花の名残の花を今朝の秋 山口青邨
草も木も竹も動くやけさの秋 正岡子規 今朝の秋
草花を畫く日課や秋に入る 正岡子規 立秋
萩乱れ今朝秋の風渡るなり 石塚友二 磊[カイ]集
落日と燈の色おなじ今朝の秋 右城暮石 句集外 昭和十六年
葉騒ぎと笹ずれむつみ今朝の秋 鷹羽狩行
蓮広葉芭蕉広葉も今朝の秋 松本たかし
螢の乳つけし蓬が秋に入る 細見綾子 桃は八重
蟻の穴沸々として秋立てる 百合山羽公 故園
衣骭に袖腕に秋の立ちにけり 正岡子規 立秋
裸なれし身にも秋来ぬ夜の風 臼田亜郎 定本亜浪句集
西吹くと水士のいふ也けさの秋 正岡子規 今朝の秋
見てあれど何から秋が立つぞとも 正岡子規 立秋
見てあれど何から秋のたつぞとも 正岡子規 立秋
見て居れば見えて秋來る二本杉 正岡子規 立秋
親しみてゐし草叢も秋に入る 相生垣瓜人 負暄
親よりも白き羊や今朝の秋 村上鬼城
記憶にも今日の秋空桐立たむ(十月下旬、沢木欣一氏出征のため寒雷送別会、水戸大洗に行く) 細見綾子
諏訪の水ハタと落ちたり秋立つて 河東碧梧桐
赤飯の熱きふき喰ぶ今朝の秋(越後浦佐簗) 細見綾子
起出れば秋立つ山の八方に 松本たかし
足もとに洗顔の濡れ今朝の秋 鷹羽狩行
路次の日に出す鉢植や今朝の秋 鈴木真砂女 卯浪
身もそぞろ秋立つ風のよぎるさへ 桂信子 草影
返信に立秋の水白しとのみ 橋閒石 和栲
逃げごころ追はれごころに秋立てり 上田五千石『琥珀』補遺
遠方に気がかりのある今朝の秋 能村登四郎
酢をつくる僧はなひるよけさの秋 正岡子規 今朝の秋
野牡丹は一日の花秋立てり 角川源義
釜敷に飯のこぼれや今朝の秋 原石鼎 花影
鏡屋の鏡に今朝の秋立ちぬ 尾崎放哉 大学時代
長病癒えで秋立ち秋なかば 日野草城
雨後の道誰も踏まねば秋来る 細見綾子
雲すでに冷やかの秋立ちにけり 上田五千石『風景』補遺
雲白くわが子が嫁ぐ秋来り 相馬遷子 雪嶺
雷雲のかたへの深空秋に入る 飯田龍太
青嶺星秋立つ雲にさゞめける 西島麦南 人音
靴に踏む街路樹の影秋に入る 橋閒石 雪
風鈴のちろちろと秋の立にけり 正岡子規 立秋
風鈴の秋に入るなる音を出せり 岸田稚魚 紅葉山
餅船のうしろ淋しやけさの秋 正岡子規 今朝の秋
骸骨に何やらひゞく今朝の秋 正岡子規  今朝の秋
魚板うてば四山相応ず今朝の秋 西島麥南 金剛纂
鶴一つ立つたる秋の姿哉 正岡子規 立秋
鷹消えしままの青嶺も秋に入る 飯田龍太
黒き目の秋に入りたる鯉の数 森澄雄

立秋 続補遺

いかづちのそら言は何今朝の秋 馬場存義
いつさんに秋来る音歟あらし吹 寥松
おもふにも過て涼しや今朝の秋 鈴木道彦
かたびらの尻はづかしや今朝の秋 尚白
けさの秋ばせをに墨を点しけり 完来 発句類聚
これこそと何も見初めず今朝の秋 千代尼
さゞ波のかげ戸によせて今朝の秋 成田蒼虬
すゞしさのめでたかり鳧今朝の秋 炭太祇
せんだんの実に秋立や老の肌 露川
そよりともせいで秋立つ事かいの 鬼貫
たしか秋来にけりそこの縄簾 吾仲
たび人に追こされけり今朝の秋 成田蒼虬
つれなしや秋立ころのあぶら旱 加舎白雄
とく起て鼻ひる僧や今朝の秋 高桑闌更
なに事かしなのぶりなる今朝の秋 建部巣兆
ぬか味噌の軽みに来たり今朝の秋 路青
はやまりて葎引しぞ今朝の秋 成田蒼虬
ばせを葉やひろごり果て今朝の秋 牧童
ばせを葉や小つまを返す今朝の秋 りん女
みよしのはいかに秋立貝の音 破笠
もの言ぬ柱によりて今朝の秋 成田蒼虬
よめぶりの動き出けり今朝の秋 落梧
わきびらも見ず加茂へ来てけさの秋 成田蒼虬
一筋の糸よりかなし今朝の秋 支考
上りつく年の峠や今朝の秋 三宅嘯山
上弦のちらりと見えて秋立ぬ 許六
今朝の秋あれ石山の雲がまヘ 千那
今朝の秋ふとんさがして起にけり 羽笠
今朝の秋まづかりに遣る宇治拾遺 成田蒼虬
今朝の秋を遊びありくや水すまし 黒柳召波
今朝の秋軒の半鐘声ふとし 乙訓
今朝秋と知らで門掃く男かな 馬場存義
今朝秋にうつりしときく暑かな 田川鳳朗
今朝秋の腹に酒なしものゝ味 高井几董
今朝秋も神の供して立にけり 馬場存義
八雲立つ京に秋立つ富士にたつ 鬼貫
凌霄の花吹消して今朝の秋 中川乙由
印肉のかはき心や今朝の秋 許六
吸がらの道にけむるや今朝の秋 成田蒼虬
士用より朝顔咲て今朝の秋 松岡青蘿
夏痩のふし~高しけさの秋 松岡青蘿
宮の嗅(かざ)秋立森のかげろふや 鬼貫
射干や秋立風のかんな屑 露川
小筵や敷合せより今朝の秋 椎本才麿
小筵や敷合より今朝の秋 才丸 坂東太郎
手拭に先ヅ力あり今朝の秋 林紅
旅皃を日の出にむけて今朝の秋 四睡
是沙汰ぞ風の吹やうに今朝の秋 西鶴
朝皃をながめて居たり今朝の秋 許六
桐の葉のさかひや見せて今日の秋 りん女
桐の葉の楔ぬけてや今朝の秋 露川
横雲のちぎれてとぶや今朝の秋 北枝
水なしの継橋越ぬ今朝の秋 黒柳召波
水漬を母しかりけり今朝の秋 三宅嘯山
水無月のからき目を見て今朝の秋 馬場存義
浪ひとつ岸打こしぬ今朝の秋 露印
深爪にかぜのさはるや今朝秋 木因
牛の背に今朝秋たつや草の花 中川乙由
猫のかぐはしらもひかれ今朝の秋 建部巣兆
瓢箪になる花~や今朝の秋 嵐青
白鷺のみの毛の露や今朝の秋 りん女
秋来ても啼や笹屋の閑古鳥 長翠
秋来ても色には出ず芋の蔓 西鶴
秋来ぬとはま風かよふ青田かな 北枝
秋来ぬと桔梗刈萱売に鳧 風国
秋来ぬと目にさや豆のふとり哉 大伴大江丸
秋来ぬと音する今朝や刻み瓜 野坡
秋来ぬと鼻に告るや草の風 望月宋屋
秋立つや店にころびし土人形 高桑闌更
秋立つや身はならはしのよその窓 小林一茶
秋立てちらりとしたり念仏水 非群
秋立て干瓜辛き雨気かな 及肩
秋立といへばや今朝は瓜の老 浪化
秋立と戸に釘打てしる日かな 完来
秋立やきせるの煙連子もる 東皐
秋立やきのふの花の青ふくべ 吾仲
秋立やしばし枕に鮒子息 釣壺
秋立やまとまりかねて少しづゝ 田川鳳朗
秋立や堪忍のなる庵の水 成田蒼虬
秋立や富士を後ろに旅帰り 鬼貫
秋立や店にころびし土人形 高桑闌更
秋立や竹の中にも蝉の声 素覧
秋立や花の初音のわすれ草 鬼貫
秋立や音なし河の夜のしらみ 魯九
秋立や風はとし寄ことし竹 中川乙由
秋立や風幾たびも聞直し 千代尼
秋立や鳴子付ゆく担桶の棒 露川
秋立日雨の降けり萱が軒 加舎白雄
立秋のくらがり出る寐皃かな 尾頭
立秋のふりを直すや雲のさび 吏全
立秋の冥慮や杉のいちじるし 芙雀
立秋の酢でくふさかな何~ぞ 完来
立秋や又半年に疵が附ク 白雪
立秋や涼しかれとて灯も置ず 成田蒼虬
立秋や白髪もはへぬ身の古び 来山
立秋や立小*便に急度見て 白雪
粟ぬかや庭に片よる今朝の秋 露川
縄をなふ手もとすゞしや今朝の秋 樗良
耳かきの竹の葉風や今朝の秋 幽山 江戸広小路
芭蕉葉や大手広げる今朝の秋 中川乙由
草よ木よ今朝秋たつと人の言 加舎白雄
蚊屋の浪かほにぬるゝや今朝の秋 千代尼
蚤ふるふ袖行合ぬ今朝の秋 松岡青蘿
起~の鏡するどし今朝の秋 高井几董
越後路は百里にかなし今日の秋 支考
鉈いれるはやしの音や今朝の秋 怒風
隣から門掃れけり今朝の秋 卓池
青鷺の骨を鳴けり今朝の秋 角上
青鷺の骨を鳴也けさの秋 千那
須田町のはつものうれし今朝の秋 許六
香久山に干ものは何今朝の秋 中川乙由
馬鹿づらに白き髭見ゆけさの秋 高井几董
鴬の浅茅がくれや今朝の秋 加藤曉台
鹿よりや秋立山の牛のこゑ 露川

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:25 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

玉蜀黍 の花 の俳句

玉蜀黍 の花 の俳句

玉蜀黍の花

なんばんの花に雨ふる山近み 轡田進
なんばんの花のだらりと海ねばる 梶井枯骨
なんばんの花やますぐに雨の降り 福島壺春
なんばんの花傾けてゆきし風 山西雅子
もろこしの花の月夜に住む家かな 鬼城
もろこしの花の金粉遠囃子 永方裕子
もろこしの花咲くつひの栖かな 風生
もろこしの雄花に広葉打ちかぶり 高浜虚子
もろこしの雄花に黄葉打ちかぶり 高浜虚子
ジプシーの家なんばんの花がくれ 岩崎照子
南蛮の花綴りあふれ夜空かな 八木林之助
南蛮の花綴りあふ夜空かな 八木林之助
唐黍の花かがやけり一の関 長谷川明子
唐黍の花の咲きゐる遺跡かな 茂上かの女
唐黍の花の黄いろき魂迎ヘ 萩原麦草 麦嵐
唐黍の雑れそめたる外寝かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
島原のときなし雨や花なんばん 鮫島春潮子
花なんばん国栖の雀のぶら下り 大峯あきら

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:16 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

土用凪 の俳句

土用凪 の俳句

土用凪 

引き賣りのけふは店守る土用凪 中原道夫
夕餉して居どこにまよふ土用凪 石塚友二
牛のゐる四肢の下ぬれ土用凪 能村登四郎
夕餉して居どこにまよふ土用凪 石塚 友二
坂道を矮鶏ころげくる土用凪 梶原 宇良
土用凪桂大樹の立つ庭も 八木林之介 青霞集
一つ葉も鳥獣界も土用凪 宇佐美魚目 秋収冬蔵
土用凪こころたちまち病む母ヘ 原裕 新治
山をひらひらおもひだす土用凪 松澤昭 父ら
耳鳴りの又つのる日や土用凪 小沢満佐子
岩をうがちて生簀つくるや土用凪 武田鶯塘(南柯)
音止みし建設現場土用凪 調一子(遠矢)


土用凪 補遺 

このあたり珊瑚艶なり土用凪 阿波野青畝
海空に額ひとつ現れ土用凪 岡井省二 鯛の鯛
牛のゐる四肢の下濡れ土用凪 能村登四郎
石積んで石を余さず土用凪 廣瀬直人
銭亀を畦に拾ひし土用凪 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:14 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

麻 の俳句

麻 の俳句

麻 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153906/

麻 補遺

いつとなく古りし麻姑の手春めく夜 飯田龍太
いろひたくなりて麻の葉いろひけり 岡井省二 鯨と犀
このあたり人素直也麻の畑 正岡子規 麻
すぱりすぱり麻刈るわざの面白き 正岡子規 麻
その顔の汗のべし見や麻畠 森澄雄
たたずめる女人に箆麻に月明り 下村槐太 光背
にこにこと麻の実のまへにたたずみぬ 岡井省二 夏炉
ひもじく並べ野老と天麻(おにのやがら)かな 岡井省二 鯨と犀
ほう~と麻を蒔きたき面てなり 岡井省二 鯨と犀
もの思ふ終りに麻の葉波あり 岡井省二 明野
一麻袋にて足る背戸の芋掘れり 伊丹三樹彦
三人で麻の服着て見つめあふ 飯島晴子
丘の中に麻あり汝もひそみたり 金子兜太
人顔の麻の花なり咲いた咲いた 金子兜太
六月は我が麻姑の手も荒々し 相生垣瓜人 負暄
刈り残す麻に二十日の月出づる 正岡子規 麻
刈麻に夕日さしこむ小庭かな 正岡子規 麻
刈麻やどの小娘の恋衣 正岡子規 麻
前の歯に麻の実噛んで湖の音 岡井省二 山色
向ひ山麻刈る音のとどきけり 及川貞 夕焼
吹き分けて麻の実すこしくれにけり 加藤秋邨
命緒の麻の白きを雪に売る 大野林火 飛花集 昭和四十五年
啓蟄や讃美歌つまる麻袋 橋閒石 卯
城門を出て坂道や麻の月 日野草城
墓参りのときのみに着る麻絣 細見綾子
夏山ヤ岩アラハレテ乱麻皴 正岡子規 夏山
夏引その乱れや二十八天下 正岡子規 夏麻引く
夏近き近江の空や麻の雨 村上鬼城
夕暮やかならず麻の一嵐 正岡子規 麻
夕立や雀のさわぐ麻畠 正岡子規 麻
多勢にて青麻引のいそがるる 平畑静塔
大寺に麻の衣の僧一人 後藤夜半 底紅
大麻や青煤笹を一と祓ひ 後藤夜半 底紅
子らに衣を麻の実拾おう苦菜摘もう 金子兜太
孫の手と麻姑といづれぞ寒日和 飯田龍太
家照つてゐる六月の麻畑 岡井省二 鹿野
山の端に麻釜すずしくのぞくかな 松崎鉄之介
広葉もてうなづき合へり麻大黄 前田普羅 春寒浅間山
形見て鰻焼く待つ麻のれん 石川桂郎 高蘆
我が右の麻座布団のあまりあり 阿波野青畝
手のとどくごとき白雲麻畑に 大野林火 冬雁 昭和二十一年
手毬かゞる麻の葉のほかはなき母よ 中川一碧樓
掌に麻の實恒河の波の見ゆ 岡井省二 猩々
掌に麻の實音を発したる 岡井省二 前後
敗戦の嘗て其日の箆麻の花 三橋敏雄
敢えて男嫌なる麻嵐かな 橋閒石 卯
散らばりし麻坐布団に戻りけり 右城暮石 声と声
日の入りや麻刈るあとの通り雨 正岡子規 麻
明易き人の出入や麻暖簾 前田普羅 普羅句集
星合のこよひは麻のそよぎかな 阿波野青畝
更級にとなりて月の麻績の里 木村蕪城 一位
月明し廃墟このあたり麻茂る 日野草城
棄猫のないて麻畑月夜かな 日野草城
極月の枯蓖麻は引き抜かれけり 岸田稚魚 雁渡し
水明り焔明りの麻畠 廣瀬直人
沖縄の珊瑚をつけし麻の服 細見綾子
海の藻のつきゐるさゞえ麻袋 細見綾子
淡海見ゆ近江今津の麻畠 森澄雄
渺々と麻刈るあとの雲の峰 正岡子規 麻
湖昏れてゆく麻の葉の音なりし 岡井省二 五劫集
炎天の日ざしのふかく麻に澄む 大野林火 冬雁 昭和二十一年
瓢亭や此処に待たしむ麻蒲団 阿波野青畝
白麻にちちひつそりと少女かな 日野草城
白麻に湯通しすみし遠忌かな 能村登四郎
白麻のやや着くづれて人親し 能村登四郎
白麻をたたむが旅のはじめかな 加藤秋邨
石垣を朝の日おりる麻畠 岡井省二 明野
秋風に鳴る岩のあり麻姑杣女 佐藤鬼房
空たれて炭地区の径蓖麻枯るる 飯田蛇笏 雪峡
筆ならず麻姑の手なりし夜の秋 岡井省二 鯛の鯛
索道の石炭落す麻畠 山口誓子
花袋忌の風わたりきし麻畠 燕雀 星野麥丘人
蓖麻かれず耕地あらたに靄のたつ 飯田蛇笏 春蘭
蓖麻の実のねむるよりはつしぐれ 飯田蛇笏 春蘭
蓖麻の実の眠むるより初しぐれ 飯田蛇笏 霊芝
蓖麻は実に巷をゆきて糞す馬 下村槐太 天涯
谿沿ひの一村三里麻の花 松崎鉄之介
送梅雨蓖麻はびこりて実をつづる 飯田蛇笏 白嶽
野老掘り天麻(おにのやがら)も掘りにけり 岡井省二 鯛の鯛
釜中より青丹ゆがきの麻が出る 平畑静塔
露けしや晩年麻のごとくにて 平井照敏 天上大風
青嶺垣麻八尺の丈そろふ 及川貞 夕焼
青麻(チンマ)のび淮陰の昼深かりき 加藤秋邨
青麻の夕ベの祓美しき 高野素十
青麻を地より抜くなり剥がすなり 平畑静塔
飾独楽麻紐白く房は紅 山口青邨
饗庭(あへば)野に麻干して顎のこりけり 岡井省二 夏炉
麻につるゝ山家の雨の脚直し 正岡子規 麻
麻に出て大暑の星を仰ぎけり 日野草城
麻のしげりいのちををしみ 中川一碧樓
麻のれん「ぎをん権兵衛」とは何屋 百合山羽公 樂土以後
麻の実や繋がれて馬白かりき 星野麥丘人
麻の実を身近きものの如く見る 後藤夜半 底紅
麻の服風はまだらに吹くをおぼゆ 篠原梵 年々去来の花 皿
麻の生地の今朝山鳩を聞かざりき 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
麻の花黄白に咲き霧の民 金子兜太
麻の葉ににこにことゐるだけのこと 岡井省二 夏炉
麻の葉のきりこみふかく涼徹す 大野林火 冬雁 昭和二十一年
麻の葉も神坐す山と青きかな 右城暮石 句集外 昭和十六年
麻の葉を流したりしな湖の宵 岡井省二 有時
麻ひたす其処より濁る沢の水 前田普羅 春寒浅間山
麻を着て家居楽しや布袋草 森澄雄
麻を着て草長け人をなつかしむ 細見綾子
麻三反家五軒子供八九人 正岡子規 麻
麻刈って谿さっぱりと水の音 及川貞 夕焼
麻刈つて大石垣の日ざしかな 岡井省二 山色
麻刈つて渺たる月の渡しかな 飯田蛇笏 山廬集
麻刈の吾にわからぬ言葉かな 正岡子規 麻
麻刈の髭うすうすと若かりけり 橋閒石 卯
麻刈られ土の軟弱日に晒す 野澤節子 鳳蝶
麻刈りしあとを斜めに横切りぬ 草間時彦 櫻山
麻刈りて大きな水車まはるなり 阿波野青畝
麻刈りて屏風に淋し山の影 正岡子規 麻
麻刈りて鳥海山に雲もなし 正岡子規 麻
麻刈りに楕円真赤な日がのぼる 佐藤鬼房
麻大黄おのれがこぼす花の音 前田普羅 春寒浅間山
麻姑の手のすこしつめたき四温かな 飯田龍太
麻姑の手を執りつつ春を惜しみけり 相生垣瓜人 負暄
麻干して麓村とはよき名なり 高野素十
麻干すやいらくさにまだ朝の露 平畑静塔
麻暖簾古き家紋を垂らしたり 村山故郷
麻服に着換へて仏蘭西租界ゆく<上海> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
麻服のおのが白さに眩み行く 篠原梵 年々去来の花 皿
麻服の旅のゆふべの風と波 岡本眸
麻服の皺ともかくも親切に 飯島晴子
麻服の皺や中年ぎりぎりに 岡本眸
麻畑の十四五本は青く透く 大野林火 冬雁 昭和二十一年
麻畑の雀とび月ありにけり 岡井省二 山色
麻畑百姓ありて欠びかな 内藤鳴雪
麻畑長けて音なきところあり 三橋敏雄
麻畠綾に乱るゝ門近きや(松田布兌子居) 細見綾子
麻畠綾に乱るゝ間近きや 細見綾子 桃は八重
麻畠金剛の嶮ここに尽く 福田蓼汀 山火
麻立つてゐる邊に濁りすくひけり 岡井省二 鯨と犀
麻綱のごときわが腕春山の雪のはて 赤尾兜子 歳華集
麻縄を身に纏きつけて春山行く 右城暮石 句集外 昭和三十九年
麻茂り伏屋の軒を見せじとす 富安風生
麻蒲団一枚折るは何の意ぞ 阿波野青畝
麻蚊帳に足うつくしく重ね病む 杉田久女
麻衾暁ごうごうの雨被る 橋本多佳子
麻衾暁の手足を裹み余さず 橋本多佳子
麻衾暁紅を眼に覚めにけり 大野林火 雪華 昭和三十七年
麻負うて一にん来る夕日かな 日野草城
麻負ひて里の乙女等雷一つ 星野立子
麻車出る麻畑の無一物 平畑静塔

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:12 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

草市 の俳句

草市 の俳句

草市の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153880/

草市 補遺

いさゝかの草市たちし灯かな 渡邊水巴 白日
しかしかと賣れても行かず草の市 正岡子規 草市
その中を通りしばかり草の市 飴山實 花浴び
ならぶ橋一つほのめく盆の市 水原秋櫻子 緑雲
なんの絮灯籠売のゐしところ 飴山實 辛酉小雪
まぼろしを売ちらかすや草の市 田川鳳朗
先匂ふ真菰むしろや草の市 加舎白雄
哀見よ草売るばかり盆の市 由水 類題発句集
四足の瓜も茄子も草の市 正岡子規 草市
夕べ出てをとこも買ふや草の市 三橋鷹女
妻知らぬ孫を連れをり草の市 森澄雄
往き来見え草市の灯へ橋ひとつ 桂信子 新緑
日影して孔雀いろなる盆の市 飯田蛇笏 霊芝
暈召して月おとなしや草の市 日野草城
水かけしものに雨来る草の市 深見けん二
湯もどりの妻に逢ひけり草の市 日野草城
白き手に選る種々や草の市 日野草城
盆市の一夜をへだつ月の雨 飯田蛇笏 霊芝
草の値におどろく人も草の市 飴山實 花浴び
草の市より戻りたる頃ならん 清崎敏郎
草の市をとこをみなの出て買ふも 三橋鷹女
草の市價安くてあはれなり 正岡子規 草市
草市にして鶏頭は血ぬらるる 後藤比奈夫
草市につきし一荷は鶏頭花 高野素十
草市にねぎる心のあはれなり 正岡子規 草市
草市にもとめて軽きものばかり 稲畑汀子
草市に買ひたるもののどれも軽し 安住敦
草市のあとかたもなき月夜かな 渡邊水巴 白日
草市のあとや麻木に露の玉 正岡子規 草市
草市のくさぐさの中の蓮の花 山口青邨
草市のへへののもへじのランプかな 山口青邨
草市のものさはさはとひさがるる 上田五千石『琥珀』補遺
草市のものに音たて日照雨 鷹羽狩行
草市のゆきずりの人みな白く 佐藤鬼房
草市の中を葬禮通りけり 正岡子規 草市
草市の人妻の頬に白きもの 飯田蛇笏 霊芝
草市の夜風吹き行く袂かな 村山故郷
草市の残りのものに雨の粒 飴山實 花浴び
草市の灯青き雨となりにけり 村山故郷
草市の燈を白服に享けて過ぐ 大野林火 早桃 太白集
草市の立ちたるよべの塵すこし 後藤夜半 翠黛
草市の草しほみたる日向哉 正岡子規 草市
草市の草葉つめたく手に触りぬ 三橋鷹女
草市の蓮にたまる埃かな 正岡子規 草市
草市の通りはづれて湖に出し 森澄雄
草市へ行きしが雨にあひにけむ 水原秋櫻子 秋櫻子句集
草市もきのふとなりし雨匂ふ 大野林火 海門 昭和九年
草市やおくれ先だつ履の音 寥松 八朶園句纂
草市や人の身に置く朝の露 完来 発句類聚
草市や人まばらなる宵の雨 正岡子規 草市
草市や柳の下の燈籠店 正岡子規 草市
草市や湖のほとりのふたところ 石田勝彦 秋興以後
草市や燈籠白き夕まくれ 正岡子規 草市
草市や真菰匂ひし辻いづこ 水原秋櫻子 蘆雁
草市や着ものばかりの遠き世の 林翔 和紙
草市や軽羅をまとふ鄙乙女 相馬遷子 山国
草市や風にとらるる灯をならべ 水原秋櫻子 秋苑
草市をお花市とは美しき 高野素十
草市を過ぎ身の軽くなりにけり 鷹羽狩行
草市ノ草ノ匂ヒヤ廣小路 正岡子規 草市
草市ヤ雨ニ濡レタル蓮ノ花 正岡子規 草市
蓮の葉は頭にかぶれ草の市 石田勝彦 秋興
賣れ殘るものは露なり艸の市 正岡子規 草市
賣れ殘るもの露けしや草の市 正岡子規 草市
賣れ殘る菰は露なり草の市 正岡子規 草市
近々と人の顔ある草の市 岡本眸
逸伝に蓮の葉売の僧や有 千那
青りんご売はさびしや盆の市 三橋鷹女
香の分る肴の市や草の花 三宅嘯山

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:09 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

生身魂 の俳句

生身魂 の俳句

生身魂 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153883/

生身魂 補遺

うつし絵の父娘みめよき生身魂 石橋秀野
くらがりに藻の匂ひして生身魂 中村苑子
それぞれに妻子を持てり生身魂 平井照敏 天上大風
はしやぎおり髪の毛茂る生身魂 金子兜太
ひととなり玲瓏として生身魂 飴山實 句集外
ふたことめには「先代」と生身魂 鷹羽狩行
一張羅甚平ぐるみ生身魂 百合山羽公 樂土以後
亡き母のものがたりして生身魂 阿波野青畝
体内に水車小屋あり生御魂 佐藤鬼房
割箸に紅生姜あと生身魂 鷹羽狩行
古里にふたりそろひて生身魂 阿波野青畝
命ありけり能無しの生身魂 阿波野青畝
太く白く庇なす眉生身魂 上田五千石『琥珀』補遺
奥の間に声おとろへず生身魂 鷲谷七菜子 游影
家の子に鳩も数へて生身魂 上田五千石『琥珀』補遺
帯の間にあれこれはさみ生身魂 鷹羽狩行
年寄りて信心かたし生身魂 飯田蛇笏 山廬集
戦傷をもはや隠さず生身魂 鷹羽狩行
斗酒の膝くづすことなく生身魂 鷹羽狩行
日がくれて踊りに出たり生身玉 正岡子規 踊
松風や生盆のわがはげあたま 三橋敏雄
榧の樹をひと廻りして生身魂 岡井省二 鯛の鯛
焦げをほのかにしらたまの蓮の飯 鷹羽狩行
瓜畑に水気失せたる生身魂 森澄雄
生盆や実の乳の木のなりどころ 岡井省二 明野
生盆や物故なされし露伴翁 阿波野青畝
生盆や隠口村のかくれ川 角川源義
生身玉其又親も達者なり 正岡子規 生見玉
生身魂いざなひ入るる萱の家 廣瀬直人
生身魂おしろい塗つて紅さして 鈴木真砂女 紫木蓮
生身魂きざす涙を笑ひ草 阿波野青畝
生身魂こころしづかに端居かな 阿波野青畝
生身魂たまぬけのごとかかへられ 上田五千石『琥珀』補遺
生身魂ちゝはゝいますごときかな 川端茅舎
生身魂とは人ごとでなかりしよ 能村登四郎
生身魂には盆菓子の紅と白 後藤比奈夫
生身魂ねずみ花火も好まるる 百合山羽公 樂土以後
生身魂ぽかりすえつと好みけり 星野麥丘人 2002年
生身魂七十と申し達者也 正岡子規 生見玉
生身魂中国孤児といふニュース 阿波野青畝
生身魂代り大文字見る旅は 百合山羽公 樂土
生身魂代経し孔雀の羽根一つ 中村草田男
生身魂俳句は判りたまひけり 後藤比奈夫
生身魂引つ込めておく手足かな 飯島晴子
生身魂我は芋にて祭られん 正岡子規 生見玉
生身魂生涯言はぬこと一つ 鈴木真砂女 都鳥
生身魂石垣の日の色を来て 飯島晴子
生身魂食後をほうと息つけり 能村登四郎
白桃をたまひてわれも生身魂 森澄雄
眉に白もはやわれらも生身魂 森澄雄
笹漬の小鯛酢にせよ生身魂 飴山實 次の花
耳の奥に心摶つてをり生身魂 岡井省二 鯛の鯛
腎臓を一つうしなひ生身魂 阿波野青畝
膝叩いては受け応へ生身魂 鷹羽狩行
見るべきは見て来しといふ生身魂 能村登四郎
鯛頭左へ据ゑよ生身魂 中村草田男

生身魂 続補遺

さる人は皇城にあり生身魂 舎羅
ひとゝせやまだ朝夕の生身魂 完来
みどり子に竹筒負せて生身魂 炭太祇
わざくれて蓮の葉かぶる生身魂 桜井梅室
受がたき身を悦べや生身魂 百里
塩魚の塩こぼれけり蓮の飯 加舎白雄
山伏の貝すさまじや生身魂 朱廸
松の葉につゝむ心を蓮の飯 支考
此舟を雄島にかけて生身魂 路通
死なで帰る此夕暮に蓮の飯 高桑闌更
涼風に蓮の飯喰ふ別哉 史邦
淵明が隣あつめや生身玉 其角
燈篭にならでめでたし生身魂 支考
鯛つらん浦島が子の生身玉 岱水

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:06 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

桐一葉 の俳句

桐一葉 の俳句

桐一葉 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153888/

桐一葉 補遺

あなかちに枯れるてもなし桐一葉 正岡子規 桐一葉
この奥は廃村とあり桐一葉 松崎鉄之介
しんとある鵜塚のほとり 桐一葉 伊丹三樹彦
その点、この時、桐一葉手をあげて己れを放つ 荻原井泉水
つくねんと坐し居れば桐の一葉落つ 正岡子規 桐一葉
ぬす人のはいつた朝や桐一葉 正岡子規 桐一葉
ひろがつたまゝで落るや桐一葉 正岡子規 桐一葉
もろ手垂れ遠に落つ一葉見る日あり 渡邊白泉
キヤフエーの裏にして工場の裏桐一葉 山口青邨
一葉ちるはじめもなくて桐林 正岡子規 桐一葉
一葉散るきのふが千秋楽の劇場の前 日野草城
一葉落ち実話といふが多すぎる 加藤秋邨
一葉落ち志またよび起す 赤尾兜子 玄玄
一葉落ち旅情愕く蝦夷の雨 林翔 和紙
一葉落つころげてからと鳴りにけり 岡井省二 五劫集
一葉落つ借りたる古書をふところに 石川桂郎 四温
一葉落つ古着屋町の日の匂 林翔 和紙
一葉落つ車馬織るごとき道の辺に 村山故郷
一通の桐一葉をば卒読す 相生垣瓜人 負暄
一雨は過ぎて靜かに桐一葉 正岡子規 桐一葉
乾かして焚つけにする桐一葉 日野草城
乾きたる砂のけうらや桐一葉 日野草城
井のそこに沈み入りけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
人聲や桐の葉がくれ灯のともる 正岡子規 桐一葉
介山の墓を探すに桐一葉 松崎鉄之介
会ふ人のありて上野に桐一葉 古舘曹人 樹下石上
吹かれやすき行旅のそびら一葉落つ 鷲谷七菜子 花寂び
地に落ちても水に落ちても桐一葉 山口青邨
塵取に押し込む桐の廣葉かな 正岡子規 桐一葉
夏痩の骨にひゞくや桐一葉 正岡子規 桐一葉
夜の湖の暗きを流れ桐一葉 波多野爽波
大内に秋の一葉や桐の紋 正岡子規 桐一葉
大空をあふちて桐の一葉かな 村上鬼城
子に尿さす桐の一葉落ちて来る 細見綾子
学堂に充つ*いごの声桐一葉 日野草城
密やかに投げ入れられし桐一葉 相生垣瓜人 負暄
床の軸は桐一葉唐子の若書よ 山口青邨
床の軸虚子桐一葉人の訃を 山口青邨
我に落ちて夕淋しき桐の一葉哉 正岡子規 桐一葉
我に落ちて淋しき桐の一葉かな 正岡子規 桐一葉
我膝に一葉落ちたる團扇哉 正岡子規 捨団扇
手応へのあるかろさかな桐一葉 鷹羽狩行
指揮棒の真綿ぐるみや桐一葉 波多野爽波
捕鼠器ひたし沈むる水や桐一葉 飯田蛇笏 山廬集
掃きすすむ塀の近くの桐一葉 上村占魚 球磨
掛物はこれ虚子の句の桐一葉 山口青邨
新吉に打ち落されし桐一葉 渡邊白泉
日の古びまぎれもなくて桐一葉 上田五千石『琥珀』補遺
早し遲し二木の桐の一葉哉 正岡子規 桐一葉
晝人なし棋盤に桐の影動く 正岡子規 桐一葉
曙や一葉浮いたる手水鉢 正岡子規 桐一葉
桐の木に家あらはるゝ小路哉 正岡子規 桐の秋
桐の木に葉もなき秋の半かな 正岡子規 桐の秋
桐の木に雀とまりて一葉かな 正岡子規 桐一葉
桐の葉のいまだ落ざる小庭哉 正岡子規 桐一葉
桐の葉の四五枚許り動きけり 正岡子規 桐一葉
桐の葉の落ちても居らず庭の芝 正岡子規 桐一葉
桐の葉を叩き落さん今朝の秋 正岡子規 今朝の秋
桐も落ちず風そよめかす許り也 正岡子規 桐一葉
桐一ははしごの段にかゝりけり 正岡子規 桐一葉
桐一葉 化粧地蔵は格子扉籠め 伊丹三樹彦
桐一葉あたかも落つる虚子山廬 山口青邨
桐一葉いまだ梢の葉なりけり 平畑静塔
桐一葉いま己が穢を了らむと 飯島晴子
桐一葉さはりきし葉や揺れあへり 阿波野青畝
桐一葉のりて流水ゆるきかな 清崎敏郎
桐一葉ひとさし指はポケツトに 渡邊白泉
桐一葉一葉やついに不二の山 正岡子規 桐一葉
桐一葉一葉一葉の空仰ぎけり 種田山頭火 自画像 層雲集
桐一葉何をかいてもはぢきけり 正岡子規 桐一葉
桐一葉刻の翳りと受けとめし 上田五千石『天路』補遺
桐一葉咫尺すおとの真暗がり 飯田蛇笏 白嶽
桐一葉地にとどまらぬ風の中 稲畑汀子
桐一葉城址の水の乏しき井 上村占魚 鮎
桐一葉夕焼すでに地を離れ 岡本眸
桐一葉夜更けてひらく講のあり 飯田龍太
桐一葉尼の頭にかゝりけり 正岡子規 桐一葉
桐一葉影が来かけて人往にぬ 中村草田男
桐一葉影よりも音残しけり 鷲谷七菜子 游影
桐一葉心もとなきひゝき哉 正岡子規 桐一葉
桐一葉拾ふてもとる小供かな 正岡子規 桐一葉
桐一葉月光むせぶごとくなり 飯田蛇笏 春蘭
桐一葉板の間住みに拾ひ末て 中村草田男
桐一葉湯女病む閨は西日満つ 飯田蛇笏 山響集
桐一葉猫抜き足で過ぎしあと 村山故郷
桐一葉猿も夕日を惜しみをり 村山故郷
桐一葉知遇をたのむ芸ならず 上田五千石 天路
桐一葉笠にかぶるや石地藏 正岡子規 桐一葉
桐一葉菅江真澄の道に逢ふ 松崎鉄之介
桐一葉落ちても秋の未だ青し 正岡子規 桐一葉
桐一葉落ちて心に横たはる 渡邊白泉
桐一葉落ちて猫背を整しけり 岡本眸
桐一葉落て鳴きやむいとゞ哉 正岡子規 桐一葉
桐一葉谷の静寂を深めけり 稲畑汀子
桐一葉遥か遥かを知人過ぐ 中村草田男
桐一葉電柱きはやかに夜空 波多野爽波
桐一葉面をあげて落ちにけり 藤田湘子 てんてん
桐一葉音たゆみなき鍛冶の音 中村草田男
桐二木時をちがへて一葉かな 正岡子規 桐一葉
桐落ちて庵の障子の破れ哉 正岡子規 桐一葉
桐落ちて椶櫚緑なる小庭哉 正岡子規 桐一葉
業平は何とか見たる桐一葉 正岡子規 桐一葉
歯のゆるぎ易く老いたり桐一葉 阿波野青畝
物として拾ひし桐の一葉かな 藤田湘子 てんてん
白雲絢爛たる日や桐一葉 村山故郷
石上の梦をたゝくや桐一葉 正岡子規 桐一葉
稻妻にひらりと桐の一葉哉 正岡子規 稲妻
窓際の透きたる景や一葉落つ 桂信子 草影
老の胸驚き易く一葉落つ 富安風生
胃洗うて病院桐の秋濶し 飯田蛇笏 山廬集
落ちたるは蟲ばみし桐の一葉哉 正岡子規 桐一葉
落ちてから庭をはいれば桐一葉 正岡子規 桐一葉
落ちてから庭をはひけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
虚子の軸桐一葉掛け思ふこと 山口青邨
螺線(ねじ)まいて崖落つ時の一葉疾し 杉田久女
見てをればつひに落ちけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
軒ありく猫の一声桐一葉 村山故郷
軸は虚子の桐一葉甘藷ふかしをり 山口青邨
送火の灰の上なり桐一葉 正岡子規 送り火
週末の放課直前の一葉落つ 能村登四郎
重けれは落つるならひそ桐一葉 正岡子規 桐一葉
金持は悟りのわろし桐一葉 正岡子規 桐一葉
鎌きりを石にふせるや桐一葉 正岡子規 桐一葉
鎮魂の これ桐一葉 寝墓の上 伊丹三樹彦
陶工の背の老いやすき桐一葉 岡本眸
隣からそれて落ちけり桐一葉 正岡子規 桐一葉
静かなる午前を了へぬ桐一葉 加藤秋邨
静かなる日の比叡かな桐一葉 村山故郷
風吹けばさかんに落つる桐一葉 日野草城
飼ひ犬に話かくれば一葉落つ 石川桂郎 高蘆

桐一葉 続補遺

かけて待伊与簾もかろし桐の秋 其角
けしからぬ桐の一葉や笙の声 其角
されば秋桐の一葉のめげる哉 杉風
たばこよりはかなき桐の一葉哉 支考
なにと見む桐の一葉に蝉の殻 加舎白雄
一葉散る咄ひとはちる風の上 嵐雪
一葉落いくらもおちて月夜かな 嵐雪
井の柳きのふを桐の一葉哉 其角
改名をせいろうふだや一葉散る 沢庄 百羽かき
文月の返しに落る一葉哉 千代尼
書ものもなくて捨けり桐一葉 田川鳳朗
桐の芽の遅し一葉の秋に似ず 鈴木道彦
桐の葉のさかひや見せて今日の秋 りん女
桐の葉の二日にふた葉落にけり 桜井梅室
桐の葉の心にちかし軒の秋 支考
桐の葉の楔ぬけてや今朝の秋 露川
桐一葉うらも表も青かりし 成田蒼虬
水無月の桐の一葉と思ふべし 野水
渡る瀬にあらしの桐の一葉哉 加舎白雄
秋きぬと目に見せる桐の一葉哉 中川乙由
菴の戸へ拾ひ入たり桐一葉 井上士朗
落ちて後風さわぐなり桐一葉 午心 発句類聚
褌の竿を落けり桐一葉 黒柳召波
鐘の声かねの声桐の一葉落つ 白雄 白雄句集
鰯百包みて桐の一葉かな 凉葉

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:05 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

星月夜 の俳句

星月夜 の俳句

星月夜 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26153892/

星月夜 補遺

あかつきの道目醒めよと秋の星 飯田龍太
ありがたし湯の神蔵王星月夜 山口青邨
いくたびも仔狐の来る星月夜 山田みづえ まるめろ
いま鳴くは夜蝉ならずや星月夜 水原秋櫻子 蘆雁
え枯れは神慮なりけり星月夜 阿波野青畝
おほぞらや渦巻きそめし星月夜 高屋窓秋
おもひ侘ぶ小面とあり星月夜 佐藤鬼房
ことごとく出て相触れず星月夜 鷹羽狩行
これはまた天の花かな星月夜 鷹羽狩行
その蟇に手触れてかなし星月夜 水原秋櫻子 玄魚
ちちははの国に寝惜しみ星月夜(山形三句) 鷹羽狩行
ちよぼちよぼと黒きは村か星月夜 正岡子規 星月夜
つゆけくて倉のはざまの星月夜 伊丹三樹彦
ともし火の一つも見えず星月夜 正岡子規 星月夜
どの辻も胡弓流しの星月夜 野澤節子 存身
なんばんの葉の星明りかさといふ 長谷川素逝 村
はい松に古雪添へり星月夜 水原秋櫻子 蓬壺
またの汐枯れ樹肌撫づ淋し星月夜 種田山頭火 自画像 層雲集
みちのくの旅に星月夜を重ね 鷹羽狩行
ゆく秋の水音もなき星あかり(友人戦死の報) 飯田龍太
ゆさゆさと星座きしきしと星月夜 高屋窓秋
ゆさゆさと森ひしめくは星月夜 高屋窓秋
ゆさゆさと米さはさはと星月夜 高屋窓秋
わが暗渠時に音して星月夜 佐藤鬼房
サッタ王子を泣くほど思ふ星月夜 佐藤鬼房
マスト航く真ただ中の星月夜 野澤節子 八朶集以後
三井寺や湖水の上の星月夜 正岡子規 星月夜
三尺の庭へ出て見つ星月夜 正岡子規 星月夜
三輪山は玉と鎮みぬ星月夜 阿波野青畝
五芒星六芒星と星月夜 岡井省二 大日
井戸堀の星や見るらん秋の空 正岡子規 秋の空
人生の重きときあり星月夜 稲畑汀子
今宵よりいくさなし空は秋の星 村山故郷
今日わが家一人と気づく星月夜 稲畑汀子
何もなき畠をありく星月夜 正岡子規 星月夜
凩や眞砂をふらす星月夜 正岡子規 凩
別山を下り来る灯あり星月夜 水原秋櫻子 蓬壺
古庭に白菊白し星月夜 正岡子規 星月夜
吊したる箒に秋の星ちかく 波多野爽波
吾庭や椎の覆へる星月夜 河東碧梧桐
地震あとの崖もまた星月夜 岡井省二 大日
坂町の外れに住みて星月夜 高田風人子
墨磨つて水に色やる星月夜 上田五千石『琥珀』補遺
夕ぞらの色の中から秋の星 三橋敏雄
夜の秋の星ながれつぐ金華山 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
夜風ふと匂ふ潮の香星月夜 稲畑汀子
大佛か眞黒なるは星月夜 正岡子規 星月夜
大佛の眼光るや星月夜 正岡子規 星月夜
夫はものを羽織りて出でぬ星月夜 及川貞 夕焼
奈落なるアルペンルート星月夜 阿波野青畝
宮崎の端山奥山星月夜 松本たかし
富士の夜は俄かに凍つる星明り 村山故郷
寺高し窓をあくれば星月夜 正岡子規 星月夜
山畑の闇より湧いて秋の星 飯田龍太
島数を船尾に送り星月夜 上田五千石『天路』補遺
常臥しの今宵見上げて星月夜 森澄雄
干瓢をどうつきだしに星月夜 斎藤玄 雁道
思ひはぐるる星月夜森の心澄む 種田山頭火 自画像 層雲集
戸口迄送つて出れば星月夜 正岡子規 星月夜
押しあふてこぼるゝ空や星月夜 正岡子規 星月夜
掌の上の薬壷が星月夜 岡井省二 大日
星明り 睡蓮は閉じ 沙羅は散り 伊丹三樹彦
星明り夜涼きびしき雲寄せぬ 村山故郷
星映す海のべた凪星月夜 三橋敏雄
星月夜 別れの握手の温味を いま 伊丹三樹彦
星月夜おびえさめつゝ種痘うむ 石橋秀野
星月夜かぐろく鳴るは狐川 角川源義
星月夜こけし人待つ鬢長く 山口青邨
星月夜こころ漂ふ藻のごとし 飯田龍太
星月夜つめたき鼻の触れ合ひし 日野草城
星月夜とべば間に合ふ電車捨つ 上村占魚
星月夜ひとり五階に寐る夜哉 正岡子規 星月夜
星月夜ひとり五階の上に寐る 正岡子規 星月夜
星月夜われらは富士の蚤しらみ 平畑静塔
星月夜一つも星の飛ばぬかな 正岡子規 星月夜
星月夜今宵はかなく祈りけり 松村蒼石 雪
星月夜原の一本杉高し 正岡子規 星月夜
星月夜吾娘の未来を信じたく 稲畑汀子
星月夜回廊辿るには暗し 伊丹三樹彦
星月夜星を見に行く岡の茶屋 正岡子規 星月夜
星月夜狼火にあらぬ稲妻す 河東碧梧桐
星月夜白き市門のあらびあ海 角川源義
星月夜精霊をわがほとりにし 佐藤鬼房
星月夜薄身の富士となりて立つ 岸田稚魚 筍流し
星月夜青星を子の魂とせん 福田蓼汀 秋風挽歌
星月夜馬の油を身に塗つて 岡井省二 大日
春風や井戸は昔しの星月夜 正岡子規 春風
暗けれど渓の帯空星月夜 福田蓼汀 秋風挽歌
更けぬれば軍をおもうて星月夜 飯田蛇笏 白嶽
月蝕のけふにこそ見れ星月夜 正岡子規 星月夜
月隠す山高ければ星月夜 水原秋櫻子 緑雲
木に倚れは木の葉まばらに星月夜 正岡子規 星月夜
木に倚れば枝葉まばらに星月夜 正岡子規 星月夜
杉の穂に垂れて明るし秋の星 日野草城
杉の香の高尾の護符や星月夜 水原秋櫻子 餘生
柁取に海の名問ふや星月夜 正岡子規 星月夜
横町や萬燈は過きて星月夜 正岡子規 星月夜
樹々顫ひ蛾の飛ぶ綾に星あかり 高屋窓秋
次の間に牛の覚めゐる星月夜 伊藤白潮
此頃や樫の梢の星月夜 正岡子規 星月夜
水鉢の氷を碎く星月夜 正岡子規 氷
波のまや砂には金の星あかり 高屋窓秋
洪水の勢ひや空は星月夜 正岡子規 星月夜
流木の胴がかなしむ星月夜 津田清子
海老網にかゝる雑魚どち星月夜 鈴木真砂女 夏帯
海髪を踏む銑なりけり星月夜 阿波野青畝
湯畑が友の通ひ路星月夜 松崎鉄之介
漁師町手とどくばかり秋の星(能登ヘ) 細見綾子
火を焚きて火の粉は火の子星月夜 鷹羽狩行
火種借りて杉垣づたひ星月夜 渡邊水巴 白日
灯ともして鰤洗ふ人や星月夜 正岡子規 鰤
無伴奏チェロ麦秋の星月夜 日野草城
煮南瓜の大いに余り星月夜 波多野爽波
犬吠ゆる里は麓に星月夜 正岡子規 星月夜
犬吠ゆる麓は低し星月夜 正岡子規 星月夜
玻璃盞の相触れて鳴る星月夜 日野草城
瓦燈口あかき見ゆるや星月夜 河東碧梧桐
病室の窓の四角の星月夜 稲畑汀子
白樺もわが灯の中の星月夜 藤田湘子 途上
白露や原一ぱいの星月夜 正岡子規 星月夜
相語る星ちら~や星月夜 日野草城
砂塵失せゐし敦煌の星月夜 稲畑汀子
砂山をのぼりくだりや星月夜 日野草城
禪寺の門を出づれば星月夜 正岡子規 星月夜
秋の星わが禁煙の舌きよし 相馬遷子 雪嶺
秋の星厳しき真夜を夫は逝けり 桂信子 月光抄
秋の星子も関取も夢のなか 飯田龍太
秋の星遠くしづみぬ桑畑 飯田蛇笏 霊芝
稲秋の星を低くし湖の国 森澄雄
立枯れは喬木ばかり星月夜 阿波野青畝
背に浴ぶる光いかばかり星月夜 林翔
舟過る水の光や星月夜 正岡子規 星月夜
芭蕉庵大川かけて星月夜 山口青邨
芭蕉葉に水打つてより星月夜 森澄雄
若者みな去ににはかにねむき星月夜 中村草田男
苫一重外は渺々として星月夜 正岡子規 星月夜
草木映りて澪の長さや星月夜 渡邊水巴 白日
荷が触れて追越しゆけり星月夜 岡本眸
萬燈の過ぎ行くあとを星月夜 正岡子規 星月夜
薩?(さった)王子を泣くほど思ふ星月夜 佐藤鬼房
薬雑多に飲みすぎており星月夜 赤尾兜子 歳華集
行く秋の闇にもならず星月夜 正岡子規 星月夜
行止道の破屋や秋の星 佐藤鬼房
詠めばかの星もわがもの星月夜 鷹羽狩行
赤き灯の高く見えけり星月夜 正岡子規 星月夜
近江路や瀬田迄來ても星月夜 正岡子規 星月夜
野へ陣地大きくふくれ星月夜 松崎鉄之介
銭湯の煙薄々星月夜 高田風人子
鎌倉は井あり梅あり星月夜 正岡子規 星月夜
雪ながら氷る小道や星月夜 正岡子規 雪
雲あひの真砂の星や秋の空 飯田蛇笏 山廬集
電線なき電柱佇てる星月夜 右城暮石 句集外 昭和二十八年
青樓のともし火赤し星月夜 正岡子規 星月夜
風船もつ子をもたぬ子が撲つ星月夜 金子兜太
首出すや夜舟の窓の星月夜 正岡子規 星月夜
鯉はねて足もとゆらぐ星月夜 相馬遷子 雪嶺
鶴の羽をこほるゝ露や星月夜 正岡子規 星月夜
黒部川ひびくばかりや星月夜 阿波野青畝

星月夜 続補遺

あの砧あちら岩瀬か星月夜 支考
うまく眠る鷺や柳を星月夜 早野巴人
ものいはぬ神輿うつしや星月夜 田川鳳朗
初秋や水まさ白き星月夜 三宅嘯山
初雪や雪にもならで星月夜 早野巴人
山枯て狼の目や星月夜 除風
帆柱によこたふ露や星あかり 除風
年たつや家中の礼は星月夜 其角
御火焚や鎌倉山は星月夜 田川鳳朗
星月夜そらの高さよ大さよ 尚白
星月夜明日のあつさを含けり 蘆本
火燵出て古郷戀し星月夜 池西言水
灯籠の星月夜也冬木立 凉菟
田のすじに水鶏なく也星月夜 凉菟
秋くれぬ絵島が礒も星あかり 句空
竹の子や身の毛ぞよだつ星明り 桜井吏登
茶の花や径わけたる星月夜 亀世
鳥叫びや海へ吹込む星明り 田川鳳朗

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 14:02 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

土用凪 の俳句

土用凪 の俳句

土用凪 

引き賣りのけふは店守る土用凪 中原道夫
夕餉して居どこにまよふ土用凪 石塚友二
牛のゐる四肢の下ぬれ土用凪 能村登四郎
夕餉して居どこにまよふ土用凪 石塚 友二
坂道を矮鶏ころげくる土用凪 梶原 宇良
土用凪桂大樹の立つ庭も 八木林之介 青霞集
一つ葉も鳥獣界も土用凪 宇佐美魚目 秋収冬蔵
土用凪こころたちまち病む母ヘ 原裕 新治
山をひらひらおもひだす土用凪 松澤昭 父ら
耳鳴りの又つのる日や土用凪 小沢満佐子
岩をうがちて生簀つくるや土用凪 武田鶯塘(南柯)
音止みし建設現場土用凪 調一子(遠矢)


土用凪 補遺 

このあたり珊瑚艶なり土用凪 阿波野青畝
海空に額ひとつ現れ土用凪 岡井省二 鯛の鯛
牛のゐる四肢の下濡れ土用凪 能村登四郎
石積んで石を余さず土用凪 廣瀬直人
銭亀を畦に拾ひし土用凪 能村登四郎

以上
by 575fudemakase | 2016-08-31 13:51 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング