<   2016年 09月 ( 244 )   > この月の画像一覧

萩 の俳句

萩 の俳句

萩 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22912467/

萩 補遺 その1 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26236467/

萩 補遺 その2(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26236477/

萩 続補遺

あき霜や萩の中よりわれもこう 寥松
あたりへも寄られぬ萩の盛りかな 序志 類題発句集
あなう~射よげに見ゆる萩の鹿 加藤曉台
いづくにかたふれ臥とも萩の原 曽良
いもが力萩折かねてたちにけり 井上士朗
うら花の朝並つくる野萩かな 寥松
かぜなりやうち返る萩のほの白し 加藤曉台
かなしさのちらりと見ゆる萩の花 夏目成美
かな文字や萩女郎花初尾花 千山 俳諧庭の巻
くれて行秋や三つ葉の萩の色 凡兆
くゞらせて色々にこそ萩の露 嵐雪
けふも折翌もかれのゝ萩の長ヶ 加藤曉台
こぼるゝにつけてわりなし萩の露 鬼貫
こぼるゝは毎日ながら萩のはな 卓池
こゝろへず月に見付し雪の萩 杉風
さほ鹿の飛込萩の乱れ哉 野明
さりながら袖にこぼさじ萩の露 北枝
しげ~と目で物いふや萩の露 丈草
しらぬ火やひとつ消ても萩の声 田川鳳朗
しら萩やいざよひの間を散初る 松岡青蘿
しら萩やなを夕月にうつり際 杉風
しら萩やなを夕月のうつりぎは 杉風
しら萩やまばゆく引て雲の秋 野坡
しら蟾や水打越えし萩のうヘ 加藤曉台
しら露や萩とすゝきが心もち 土芳
しら露や萩と薄がこゝろもち 土芳
それを此茄子の蓋に萩の花 左次
そゝり気のぬけてしみつく萩の雨 路通
たばね萩ちりにくさふに散にけり 桜井梅室
たびぞうきなみだ色あるたをの萩 惟然
たをるなら花やはおしむ萩の露 西鶴
ちる事をわすれし萩の少しづゝ 松窓乙二
つぶ~と兎の糞や萩すゝき 桃先
つぼみとも見えず露あり庭の萩 其角
つよからぬ蹴出しや萩の一戦ぎ 素丸 素丸発句集
とまり鳥何とはぐれて萩の風 千那
ともかくも露まかせ也萩がえだ 芦角
どれからと萩の隣や後の月 建部巣兆
なか~に萩におくれてちる木槿 成田蒼虬
なき虫といはれて萩のひと夜哉 馬場存義
なつかしや土器降りし萩の門 琴風
ねだり込は誰の内儀ぞ萩に鹿 其角
のぞくまでものかく萩の夕かな 井上士朗
はぎが上月にこぼるゝ萩白し 樗良
ひとつ干す枕は寒し萩の露 早野巴人
ふまれてもなをうつくしや萩の花 舟泉
ほろ~と秋風こぼす萩がもと 黒柳召波
ぼた餅やふすゐの床の萩の花 支考
むしの音やこぼれもやらで萩の上 松岡青蘿
むまれつきの露とみるべし萩の枝 路通
もたれあひて一枝うごく軒の萩 加舎白雄
もとあらの萩をしぼるや秋の雨 建部巣兆
もと~へ寐せて起すや椽の萩 田川鳳朗
ものに飽日やちら~と萩の花 成田蒼虬
ゆら~と夕日をうけて山の萩 成田蒼虬
よきほどによごるゝ萩の小庭哉 井上士朗
よき夜とて土間にも居たり萩芒 井上士朗
一さかり萩くれなゐの秋の風 松岡青蘿
一入のさびを染るや萩のはな 吾仲
一夜とめて向ふ柱のこぼれ萩 加藤曉台
一株は月夜しらけて白萩 土芳
一泊り見かはる萩の枕かな 路通
一重とも八重ともなしに萩の花 桃妖
三日月のそつと障らば萩もさけ 車庸
下~もみな居なじみてよめが萩 山店
乱れあふ時節こそあれ萩に風 露川
二分咲て一分こぼしぬ萩の花 桜井梅室
人が人に似タとて餅を萩のはな 支考
俤やけはひすまして萩すゝき 許六
八朔の名に呼かしや萩の花 魯九
六月によき隣あり萩の花 支考
内蔵に月もかたぶく萩の露 鬼貫
冬がれやかゞしのほねも乱れ萩 野坡
分別のうへはわたらじ萩の露 芙雀
初萩の花の雫に新酒かな 沙明
初雁に文や届きて萩の露 寂芝
初風にせり合ふ色や萩薄 舎羅
友とすら夜も書車(ふくるま)の萩の声 鬼貫
古き根や低う咲たる萩少し 三宅嘯山
名ばかりぞ萩に覚る人の顔 四睡
名月やことに虫鳥萩すゝき 羽笠
名月やとらへて過る岡の萩 野坡
名月や煙はひ行く水の上 嵐雪 萩の露
名月や眼にさはる萩すゝき 桃妖
吹かへす萩や小町が歌のさま 諷竹
吹分るひまもあらしの庭の萩 樗良
吹分る中まで萩のさかりかな 松岡青蘿
命なをあふてたよ~萩の花 智月尼
咲とはや萩は日かげに成やすき 成田蒼虬
啼落て萩が枝戻れきり~す 紫貞女
垣越の念仏にしばる萩の花 智月尼
塵と見て露にもぬれそ萩の花 千代尼
夜あけてもはなれかねたり萩と月 井上士朗
夜涼や露置く萩の絵帷子 高井几董
夜着かりに舟から来るや萩の声 桜井梅室
大名を泣せて見ばや萩の供 寒玉 類柑子
大木戸や青水無月の萩桔梗 長翠
宮城野の萩や夏より秋の花 桃隣
宮城野を図にして咲や萩の華 露川
寐処に蜘もたからず露の萩 田川鳳朗
小比丘尼の折て捨行野萩哉 加藤曉台
小男鹿の萩着て寐たる小夜着哉 舎羅
山萩のそへ竹はなしさりながら 池西言水
山萩のばらけ仕回や雨の後 三宅嘯山
山萩の散や日のさす膝のうへ 松窓乙二
山萩や神女のこぼす花の種 尚白
山道も紅はたやさじ萩の花 りん女
工たる庭とも見へじ萩の露 車庸
庭掃が役のほかなりこぼれ萩 桜井梅室
庭鳥におもひ子もあり萩の花 りん女
弓はりに取添て見む萩の花 除風
影みたり萩は輪に成る風狂ひ 野坡
影法師萩のもとまで届うか 除風
御しのびの下山や萩のから衣 高井几董
心ざし置ともかるし萩の露 土芳
心せよ下駄のひゞきも萩の露 曽良
心得てゆけど萩ふむ山路かな 桜井梅室
恋よりもくるしき萩のみだれ哉 樗良
折てやる露のおしさや萩花 諷竹
折取て袖よごしみむ萩の花 万子
折箸に萩垣ほどく月見哉 加藤曉台
抱おこせおのれ月見む萩芒 建部巣兆
押出して雨戸さしけり萩の花 竹瓦 新類題発句集
押花となれり猪の臥野辺の萩 高桑闌更
捨石に花うつ萩のゆふべかな 高桑闌更
掃ば散んひろはゞ消ん萩の露 素龍
支考死ぬと先うごくなり萩の露 野坡
散た枝をしごひて萩を転しけり 三宅嘯山
散にけり咲にけり萩の動くうちに 高桑闌更
散朶をおぎなふ萩のさかり哉 路健
敦盛の骨もか細や萩の枝 牧童
日の影の萩よりしめるゆふべかな 田川鳳朗
日盛を御傘と申せ萩に汗 其角
明くれやおもふに萩は風の花 成田蒼虬
明ぬとて萩を分ゆく聖かな 黒柳召波
暮かたの勢ひをくれや萩の花 芦角
暮ぬらし葉をうち合す雨の萩 寥松
暮るゝ間を絵絹に染ん露の萩 松岡青蘿
曇る日の影もつたてよ萩の露 諷竹
月に酒おのれしのぶの乱萩 加藤曉台
月添てかなしさこぼる萩すゝき 土芳
月露に萩は寐れども風情哉 土芳
有乳山平の元にや萩の玉 千那
朝紅葉老が手に置ク萩茶碗 野坡
朝露のうちにと萩のつかひかな 園女
朝露や市のおぼえの萩のぬし 野坡
木刀やかへす袂に萩の花 北枝
杖曳て旅の華なり萩薄 凉菟
来たときに見た斗なり萩の花 成田蒼虬
松葉などかけし煙草や萩の花 鈴木道彦
果はやき勧進能や萩の原 鈴木道彦
枝ごしに肴をはさむ萩見かな 成田蒼虬
枝に葉に花の付たり雨の萩 高桑闌更
梅牡丹萩おとらずも秋のたつ 加舎白雄
椽に来て鳴むしの音や萩づたひ 支考
椽先やよべに見残すけさの萩 樗良
此ほどの月のやうすや萩薄 諷竹
水の上に打違へ咲野萩かな 寥松
水灌ぐこ萩がぬらすなすび哉 土芳
油断なる萩の茂りや青嵐 鈴木道彦
炉次下駄に雪の音あり萩の露 支考
煮氷やもろく折たる萩の箸 高井几董
片岡の萩や刈ほす稲の端 猿雖
猪の乱るゝ月かみだれ萩 土芳
玄猪とや祖父のうたふ枝折萩 其角
留守の間や鼠もこぼす萩の花 桜井梅室
畳にも萩の匂ふ歟蟻の来る 松窓乙二
登きる峠は萩の花野かな 野紅
白萩の沙にわかれてこぼれけり 三宅嘯山
白萩やふり分髪の薄けはひ 正秀
白露の寄添よしや萩すゝき 路通
盗人の住野にもせよ萩芒 五明
相応に乱るゝ萩の小庭かな 尚白
石垣のほめきをうけて萩の花 成田蒼虬
神崎のむかし模様や萩すゝき 〔ブン〕村
秋もはや萩に薄のちらし哉 支考
秋萩とけふから名付御先哉 支考
秋萩につゞいて見こむ杉戸哉 文鳥
秋風にそよぎたらぬや萩の花 朱廸
秋風や萩のり越えて浪の音 千那
立臼に小根がはへてや萩の花 建部巣兆
箒木は結れて淋し萩の花 野坡
簑もたば伏て見んもの萩と月 長翠
簑虫や萩のたはみの能ほどに 子珊
糸萩のおのれなりなも力かな 小春
紫に身を投出すや萩の露 紀逸 園圃録
紫や江戸の外にも萩の花 たつめ 解夏草
羽箒に粘らぬ雪やこぼれ萩 三宅嘯山
聖霊の出てあそぶにや萩の風 風国
舟よせてになひの水に萩の花 沙明
船こぎて人に馴たし萩の花 りん女
色みえて萩のり越える燃しかな 加藤曉台
花は根にもと荒の萩や土龍 椎本才麿
花三四つ夜のすり火や萩の道 一笑(金沢)
花少し散より萩のさかりかな 成田蒼虬
茨老いすゝき痩せ萩おぼつかな 与謝蕪村
茸狩や野は侍に萩すゝき 許六
草の戸の年のわたりや萩の反 松岡青蘿
草の萩をくや残暑の土ぼこり 北枝
草刈よそれが思ひか萩の露 李由
荻に行も萩にとまるも秋ちかし 中川乙由
荻萩と下葉くらべよ長みじか 凡兆
荻萩に泣あきたれば菊の花 鈴木道彦
菊萩にいつ習ひてや袖の露 支考
菊萩の日記忘るゝなそれの年 凉菟
菊萩の黒野ときけばたびね哉 支考
萩おれし夕をのぞく古井哉 乙訓
萩がきに萩咲そひしいほりかな 加舎白雄
萩が枝やあぶなき月の住所 小西来山
萩が根に月さし入て風ほそし 樗良
萩が根の小家にかへる角力かな 井上士朗
萩さかば鹿のかはりに寐に行む 小西来山
萩さくや折戸に客をくりかへし 柳居 柳居発句集
萩すりや傘すかす昔鞍 其角
萩すゝき同じ茶碗や摂取不捨 馬場存義
萩すゝき山路を出る笠おもし 千子
萩すゝき月はほそきが哀れなる 野坡
萩すゝき菴の朝夕はくらしよし 井上士朗
萩すゝき馬とおもふてくはせ置け 樗良
萩たれて誰ぞに添入る若葉哉 土芳
萩ちらぬ方へ蒔なり雀の餌 松窓乙二
萩と荻同士打にちるも哀也 荊口
萩なんど植てつまなきあるじかな 長翠
萩な刈そ西瓜に枕かす男 其角
萩にしをれ芒によわる西日哉 井上士朗
萩にのぼる雲の下のは木曽山歟 惟然
萩に似た草はあれども女郎花 鈴木道彦
萩に遊ぶ人たそがれて松の月 高井几董
萩のうへいつ鴈ありて泥雫 土芳
萩のこゑ星はかよふに違ひなし 成田蒼虬
萩のつゆはまぐり貝に薬哉 其角
萩の夕星の余波もありげ也 鈴木道彦
萩の戸に男の沓や女沓 琴風
萩の戸やしばし遠慮の翁丸 浪化
萩の花こぼれて庭のさらさ哉 北枝
萩の花一本をればみなうごく 桜井梅室
萩の花咲そろふ日や鶴のこゑ 鼠弾
萩の芽の露もなじまぬ夕哉 路通
萩の葉の小風程あれ野分哉 野紅
萩の葉やいかなる人の指の跡 凡兆
萩の雨ありとはかねて荻の声 井上士朗
萩はらや花身に付て分出る 高桑闌更
萩はらや雨のたまりも散なくし 寥松
萩は野にいざ水むけん豊後川 露川
萩もかな菩薩にて見し上童 其角
萩をこえすゝきをこえて遠きぬた 井上士朗
萩を分けて貰ふぞかたく忘るゝな 鬼貫
萩を見て居れば薄が招きけり 中川乙由
萩原や鉢の子洗ふわすれ水 牧童
萩咲てまねするやうに寐冷かな 水颯
萩咲て便あたらしみやこ人 支考
萩咲て夫婦の小言かくれけり 建部巣兆
萩咲て軒の苧屑の秋かなし 乙訓
萩咲やまぢかき小野に色かさむ 杉風
萩咲や車のへずる宵の宿 里東
萩垣にことしの萩の盛りかな 路通
萩折つ尾花しごきつ小鷹狩 鈴木道彦
萩散てはぎのたぐひはなかりけり 完来
萩桔梗星に貨べく野は成ぬ 加藤曉台
萩桔梗無事で咲けりわれもかう 露川
萩植てひとり見習ふ山路かな 杉風
萩活て置けり人のさはるまで 炭太祇
萩臥や海へながるゝ深谷川 三宅嘯山
萩芒従弟のやうに枯にけり 松窓乙二
萩荻と蚊帳の釣手や秋の風 土芳
萩薄いづれの芝を墓の土 牧童
萩薄んすび分ばやササ*ぼさつ 其角
葉がくれに虫篭見えけり庭の萩 高井几董
薄ぐれは見残すものぞ萩の花 成田蒼虬
薄にも萩にも風の音ばかり 中川乙由
蟷螂や露ひきこぼす萩の杖 北枝
行き~てたふれ伏すとも萩の原 河合曾良
行さきも寐やすき方ぞ萩と月 浪化
行人の影さす萩の垣根哉 成田蒼虬
行燈で小橋見せるや萩の声 桜井梅室
行鹿の萩にうたるゝ野風かな 加舎白雄
袖につく土もやさしや萩の露 鈴木道彦
袖の萩深野を出でゝ振ひけり 完来 発句類聚
見定めた処もなしや萩のはな 鈴木道彦
親にのみ蚊屋つる家ぞ萩いそげ 松窓乙二
誰が染し袖の模様ぞ露の萩 可南女
誰やらと萩とは横に成たがる 諷竹
誹諧の豆の粉かけよ萩の花 露川
起されて起て物うし萩の花 支考
足もとのよきをぞとらんよめが萩 斎藤徳元
足長し鹿の飛出る萩の上 我峰
身をよけて通るばかりの萩見哉 桜井梅室
過去張に定まつてあり萩苅日 田川鳳朗
酔がほや袴着て立萩の淵 野坡
野の冬の序に枯つ庭の萩 田川鳳朗
長持はむかしの家ぞ萩所 支考
長風呂の客を見舞ふや萩のこゑ 桜井梅室
門の萩よそ~しくも声す也 成田蒼虬
隔ればどちらも寂し萩芒 桜井梅室
雨がちにこの比萩は幾風情 土芳
雨さらに風負ふ萩のねなり哉 浪化
雨もよし御泊りあれや萩の人 土芳
露けさや萩折分るもぢれ枝 土芳
露の萩つかむに似たる別かな 桜井梅室
露もみへず風もさわらず萩の花 樗良
露斗見こぼす萩のはしも哉 土芳
露萩もおるゝ斗に轡虫 越人
露萩やむすび捨たる縄すだれ 井上士朗
露霧の間を萩のなびき哉 土芳
順礼を猿の絵に見ん萩の風 洒堂
風あれて萩にうれしきかぎり哉 樗良
風なぐる萩の欠山日のかすり 加藤曉台
駕に乗旅の花より萩すゝき 凉菟
鬢撫し萩の御注連や鏡石 野紅
鬼づらに笠ぬがしけり萩の花 智月尼
魂に玉消ぬ仏に萩の露 鬼貫
魂を招かむ月や萩のうへ 松岡青蘿
鳩の腹ふくれぬ萩のこぼれ哉 許六
鵲や萩も薄も橋の規 野坡
鶏頭に踏れん萩の花の痩 蝶羽

以上
by 575fudemakase | 2016-09-30 05:40 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

萩 補遺2

萩 補遺2

白萩の露ふき落す薄哉 正岡子規 萩
白萩の風にかくるる花すくな 山口青邨
白萩の風を誘ひて咲きそめし 鷹羽狩行
白萩ははね紅萩はうづくまり 星野立子
白萩も宮城野萩もといふ嵐 飴山實 次の花
白萩やかきあげて何さがしをる 飴山實 句集外
白萩や以ての外に露もなし 正岡子規 萩
白萩や夜のあけぎはをりんと澄む 正岡子規 萩
白萩や星一つ消え二つ消え 正岡子規 萩
白萩や極楽さげて茂吉来る 角川源義
白萩や水にちぎれし枝の尖 正岡子規 萩
白萩や紅濃きは野にあるを見む 及川貞 榧の實
白萩より雨の紅萩さみしいよ 三橋鷹女
白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
白萩を遠目にひさぐ指物師 飴山實 句集外
白萩二株の、古株を分かちし咲き競う 荻原井泉水
白萩白露にして台風遠く去る 荻原井泉水
白萩白髪、老醜むしろ伐る 荻原井泉水
白雲や萩の若葉の上を飛ぶ 正岡子規 若葉
白露にぬれて重たし萩の蝶 正岡子規 萩
白露のちるやたまるや萩すすき 正岡子規 萩
白露や大たわみせし萩の枝 星野立子
百花園の萩咲くころと思ひをり 安住敦
盆燈籠の絵の七草の萩は赤くて 荻原井泉水
盗人萩流人送りし岸に枯れ 松崎鉄之介
盗人萩花咲きて実となり急ぐ 右城暮石 天水
目にぬすむ萩壺の萩刈られてなし 加藤秋邨
目をやりし遺愛の萩も花を終ふ 大野林火 方円集 昭和五十二年
目顔して遠くものいふ萩の秋 上田五千石 風景
相似たる月日に庭の萩と椅子 桂信子 花影
真白毛の猫かがやけり萩の風 水原秋櫻子 緑雲
碑にあづけし鋏萩を刈る 後藤比奈夫
神事すみぬすびと萩の道帰る(埼玉県毛呂町、流鏑馬) 細見綾子
神輿の声おこるや萩の走り咲 大野林火 月魄集 昭和五十四年
禅寺の萩を見て来て戯画の萩 後藤比奈夫
秋の指ひたひた造る萩の餅 中村草田男
秋の蜂萩の土塀を西東 飴山實 花浴び
秋もはや墓門の萩の敷りがてに 臼田亜郎 定本亜浪句集
秋声碑一本萩の冬姿(金沢にて) 細見綾子
秋晴るるごとくに座右の萩の筆 後藤比奈夫
秋立つや隣の絲瓜庵の萩 正岡子規 立秋
秋蝶といふ秋蝶が萩好む 安住敦
秘苑はやくれなゐの萩こぼれたり 山口青邨
窓あけてホ句細心や萩晴るる 飯田蛇笏 山廬集
窓の繪や月の画がいたる萩すゝき 正岡子規 月
窯のひび細かきを撫で山の萩 細見綾子
立待の夜を降りいでて萩しろし 水原秋櫻子 重陽
童らは声を惜まず萩すすき 岡本眸
端近の吾をすさめて萩の蝶 阿波野青畝
笠賣の笠ぬらしけり萩の露 正岡子規 萩
筆と墨贈りて萩を焚きにけり 岡井省二 山色
筧からこぼれた水を萩の露 正岡子規 萩
箔燒けて萩の模樣や古色紙 正岡子規 萩
箸使う一家の若さ こぼれ萩 伊丹三樹彦
簾外の萩秋暑く雨の蠅 西島麦南 人音
粉食の身の すたすたと こぼれ萩 伊丹三樹彦
糸萩に斧たはぶれて蟷螂かな 高野素十
糸萩の立ちて木萩の肩博てり 阿波野青畝
糸萩や古代紫世に埋もれ 三橋鷹女
紅の咲き重りして萩の園 鷹羽狩行
紅の花びら立てゝ萩の花 高野素十
紅白の萩伯仲と見えにけり 阿波野青畝
紅萩の濃き日なりしが三日月 細見綾子
紅萩の石道寺みち霽れにけり 鷲谷七菜子 天鼓
紅萩はもの言ふたびに昏れゆくよ 岡本眸
絲萩の露こぼしけり青蛙 正岡子規 萩
綿虫の為にも萩を刈り残す 相生垣瓜人 明治草
総彦忌萩寺はもの枯れそむる 石川桂郎 高蘆
縁に立つわれにもふれて萩ゆるる 山口青邨
縁談や夜の廁を萩打ちて 石田波郷
群萩に泊り隣りは美濃の国 能村登四郎
羽の国に日は落ちてゆく萩の花 山口青邨
翁堂の池に枝垂れて萩の花 森澄雄
老萩の花かりそめに走り梅雨 後藤夜半 底紅
肌荒れのやうにさびしき終り萩 細見綾子 桃は八重
胎蔵界曼陀羅萩の庭つづき 津田清子
胸までも濡らして萩の花屑を 山口青邨
膝抱いて古典は知らず萩の雨 高田風人子
色に出でざりける萩も法の露 阿波野青畝
艸の奥に萩は小花をつけてゐし 右城暮石 句集外 昭和六年
芒伏し萩折れ野分晴れにけり 正岡子規 野分
芒切り芒のために萩を切る 後藤比奈夫
芝ありてこれに萩咲く生駒山 川端茅舎
花かくすことなき萩のしだれかな 鷹羽狩行
花つけてゐしやうに枯れ萩の枝 細見綾子
花と葉と掃きまろばすや萩の寺 鷹羽狩行
花の紅明かしはじめし雨の萩 稲畑汀子
花わづか咲かせし萩を刈りにけり 安住敦
花少し殘れる萩を刈にけり 正岡子規 萩
若萩のそよぎそよぎて十年経ぬ 山口青邨
茘枝熟れ萩咲き時は過ぎゆくも 加藤秋邨
茲十日萩大名と謂ひつべし 阿波野青畝
草や木やわきてぞ雨の萩薄 石塚友二 光塵
草刈るや萩に沈める紺法被 杉田久女
草庵に千句の會や萩の花 正岡子規 正岡子規 萩
草庵に萩咲きしこと散りしこと 安住敦
荒降りに萩若き枝地にはづむ(鎌倉瑞泉寺) 細見綾子
荒鵜の屎水のごとくに萩けがる 飯田蛇笏 春蘭
菊に早き萩にはおそき忌に参ず 鈴木真砂女 夕螢
菊はいまだ萩と尾花の忌日かな 草間時彦
菊焚けば日射し萩刈れば時雨過ぐ 安住敦
萩、土用なかばの風にまずさく 荻原井泉水
萩あかく王子は寝ずに歩くなり 飯島晴子
萩あかり芒あかりの夜の庭 鷹羽狩行
萩いろいろ日いろいろな中にゐる 岡井省二 夏炉
萩か根や露にぬれたる土の色 正岡子規 露
萩がすすきがけふのみち 種田山頭火 草木塔
萩がもと掃かれてありし嫁が来て 能村登四郎
萩が咲いてなるほどそこにかまきりがをる 種田山頭火 草木塔
萩が径へまでたまたま人の来る 種田山頭火 草木塔
萩が枝に蟲籠吊つて聞きにけり 正岡子規 虫の声
萩が根も芒かもとも虫の聲 正岡子規 虫の声
萩が目にあふれて乳を与ふるや(中山純子さんに) 細見綾子
萩ことし観月の日を走り咲 大野林火 方円集 昭和五十年
萩こほす留守の伏處や鹿の妻 正岡子規 鹿
萩こぼす袂のゆきき 今日「在釜」 伊丹三樹彦
萩こぼれこの地下をゆく天竜か 林翔 和紙
萩こぼれ一日の業をわが終へぬ 三橋鷹女
萩こぼれ生計のそとに今ぞ佇てり 三橋鷹女
萩さくや百萬石の大城下 正岡子規 萩
萩さやぐ火の山の裾の鶴溜 小林康治 玄霜
萩すすきもうその頃となりにけり 鷹羽狩行
萩すすき生れし家の位置はかる 角川源義
萩すゝき追分いよゝすさまじく 齋藤玄 飛雪
萩ちりぬ西行も來よ宿かさん 正岡子規 萩
萩ちるは青大将の鼾かな 橋閒石 微光以後
萩ちるや檐に掛けたる青燈籠 正岡子規 萩
萩で無い塵の袋や萩に住む 阿波野青畝
萩と菊あはれ一炬の灰と消え 阿波野青畝
萩なびきなびきとどかず人遠く 山口青邨
萩にしばしわれら身を沈めてあらむ 中川一碧樓
萩にふる雨瀟々と狐舎に降る 水原秋櫻子 岩礁
萩にふれ芒にふるゝ袂かな 鈴木真砂女 卯浪
萩にふれ芒にふれて御用聞 山口青邨
萩によらで蝶の過行く恨哉 正岡子規 萩
萩にゐて巣にも帰らず秋の蜂 村上鬼城
萩に來てはねかへさるゝ雀かな 正岡子規 萩
萩に垣芒ばかりに垣をして 後藤夜半 底紅
萩に寐て月見あげたる男鹿哉 正岡子規 鹿
萩に手をふれて昔の如く訪ふ 深見けん二
萩に立て萩の句記す手帳哉 正岡子規 萩
萩に訪へば飛鳥の御代の仏の座 上村占魚 鮎
萩に風すでに過ぎゐしわが而立 原裕 葦牙
萩に風鳴りこの溜息は気どられず 鈴木真砂女 夕螢
萩のこと訊かれ萩の句こたへけり 雨滴集 星野麥丘人
萩のつゆ歌人国守のたたずまひ 角川源義
萩のつゆ詰うけたまはり蹲跼へば 及川貞 榧の實
萩のへり淡海のへりの観世音 飴山實 花浴び
萩の上に寐ころびうつや鹿の腹 正岡子規 鹿
萩の下掃かれて残る暑さかな 右城暮石 句集外 昭和九年
萩の下砂が境をつくりゐる 右城暮石 句集外 昭和十一年
萩の下葉の汚れたるに蟇の這出でつ 河東碧梧桐
萩の中に猶の白萩あはれなり 正岡子規 萩
萩の中に猶白萩のあはれなり 正岡子規 萩
萩の中わが医師ゆけり点頭す 石田波郷
萩の前真水飲みたる息づかひ 赤尾兜子 玄玄
萩の声中洲の鷺のおちつかず 燕雀 星野麥丘人
萩の夜や高原の秋にあるこゝろ 原石鼎 花影
萩の実に人寄り添へば日が残り 右城暮石 句集外 昭和十四年
萩の実の手にちりぢりとなれば捨つ 山田みづえ 手甲
萩の実をしごきて古刹めぐりかな 飴山實 句集外
萩の寺水引草は継子めき 鈴木真砂女 都鳥
萩の屑ついつい流れてはとまり 上野泰 佐介
萩の嵩落ちこみ灰として果てぬ 阿波野青畝
萩の径ゆき虎杖の径かへす 山口青邨
萩の戸を閉ぢてひとりの閨とせり 能村登四郎
萩の月きりきりすやがて鳴出ぬ 正岡子規 蟋蟀
萩の枝まつすぐにのび花咲きぬ 高野素十
萩の枝花咲かうとてその小葉よ 細見綾子 桃は八重
萩の根を移しつ菊の根を分けつ 正岡子規 摘草
萩の燈の一つ消えたるところかな 原石鼎 花影
萩の画も月の句も一つ袋かな 正岡子規 萩
萩の畫月の句も一つ袋かな 正岡子規 萩
萩の盛りに週末のざんざ降り 廣瀬直人
萩の花あたりに家のなき山辺 右城暮石 句集外 昭和八年
萩の花くねるとなくてうねりけり 正岡子規 萩
萩の花こぼれつぎつゝや修羅落し 渡邊白泉
萩の花しづかなためにふれてみる 篠原梵 年々去来の花 中空
萩の花のこぼれ盡さぬ程に來よ 正岡子規 萩
萩の花らしう女の寄つて見る 右城暮石 句集外 昭和十二年
萩の花二百十日を氣遣ひぬ 正岡子規 萩
萩の花垣と申さば垣ながら 正岡子規 萩
萩の花夜目のほのかにこぼれけり 日野草城
萩の花寐て見るやうなたわみ哉 正岡子規 萩
萩の花心にありで書に対す 高野素十
萩の花思ひ通りにたわみけり 正岡子規 萩
萩の花思ふ通りにたわみけり 正岡子規 萩
萩の花枝をそろへて紫に 高野素十
萩の花枝先きへ風流れ止まぬ 細見綾子 桃は八重
萩の花燉台泥の色となる 加藤秋邨
萩の花紫に又紅に 高野素十
萩の花雀の背にこほれけり 正岡子規 萩
萩の花馬も暮れたり千曲川 森澄雄
萩の葉のこまかきにわが脛入るる 桂信子 月光抄
萩の葉のこま~と雨冷えにけり 日野草城
萩の葉は眠り涼しくなりにけり 細見綾子 桃は八重
萩の葉を一つまとひて小蓑虫 細見綾子
萩の虫蓑を備へて皆あそび 阿波野青畝
萩の蝶とび立ち己レ知らしむる 右城暮石 句集外 昭和十六年
萩の路薄の路と分れけり 正岡子規 萩
萩の辺りまできて光る貝釦 桂信子 初夏
萩の野に風狂の眉しぐれをり 原裕 葦牙
萩の闇花みつるけはひ露のけはひ 日野草城
萩の雨したしげに寄る一つ歌碑 角川源義
萩の雨嬬恋口の見あたらず 石川桂郎 四温
萩の雨狐面出せりその面を 水原秋櫻子 岩礁
萩の雨疲れは熱を呼びにけり 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
萩の露あつめて耳を洗うべし 橋閒石 卯
萩の露ふかくてことば交されず 三橋鷹女
萩の露払ひ払ひて括るなり 安住敦
萩の露疊の上にこぼしけり 正岡子規 萩
萩の風さぞや都は砂ほこり 正岡子規 萩
萩の風ゆたかに刻を過ごしをり 村山故郷
萩の風何か急かるる何ならむ 水原秋櫻子 残鐘
萩の風吹き重なるも萩の寺 岸田稚魚 紅葉山
萩の風女来て舟を洗ひをり 村山故郷
萩の風旅のこころに昼を摂り 上田五千石『天路』補遺
萩の風書燈消えんとしてあかる 正岡子規 萩
萩は刈り水引は刈るこころなし 後藤比奈夫
萩は実にそぞろ二尊院灯をともす 山口青邨
萩は実に山川は色ふかみつゝ 飴山實 花浴び
萩は実に智恵子展望台に立つ 山口青邨
萩は月に芒は風になる夕 正岡子規 萩
萩は白し嵐のあとのこの夕焼 荻原井泉水
萩は骨に薄白髪にならんとす 正岡子規 萩
萩ほつほつ 浅間の煙のちぎれ具合 伊丹三樹彦
萩までの往還にして花野かな 飴山實 句集外
萩むらの孔雀のごとく裾ひいて 山口青邨
萩もまた人やさしやと思ふらん 後藤夜半 底紅
萩もみぢしみを置きそめ冬近し 富安風生
萩も伏し虎杖も伏し雨の中 山口青邨
萩も刈らず鶏頭の骨五六本 山口青邨
萩ゆられ葛ひるかへる夕かな 正岡子規 萩
萩よりも盗人萩を高く活け 稲畑汀子
萩をくる跫音妻と知りゐたり 大野林火 早桃 太白集
萩を刈りはじめ石には替の鎌 波多野爽波
萩を刈ることは手馴れておはしけり 後藤夜半 底紅
萩を刈る一個の固き頭なり 飯島晴子
萩を刈る神将やをら堂下りて 安住敦
萩を刈る風雅といふは悲しかり 後藤比奈夫
萩を吹きあまりし風や豆腐まで 飴山實 辛酉小雪
萩を手に兒山下る一人かな 正岡子規 萩
萩を焚くついで芙蓉も鶏頭も 星野立子
萩を見に行くや彼岸の渡し舟 正岡子規 萩
萩を見る頬杖ついて文机に 山口青邨
萩を題に歌つくらしむ萩の宿 正岡子規 萩
萩一枝石に乗りゐてすがれけり 松本たかし
萩乱れ今朝秋の風渡るなり 石塚友二 磊[カイ]集
萩伏してしろがねの雨流れたり(山梨、恵林寺) 細見綾子
萩伐られ菊枯れ鶏頭倒れけり 正岡子規 枯菊
萩低く薄の風をかぶりけり 正岡子規 萩
萩供養終ひの空の泣きにけり 岸田稚魚
萩刈つていよいよ天を深くせり 安住敦
萩刈つてからりと冴えぬ夕明り 渡邊水巴 白日
萩刈つてやさしき棘を貰ひたり 山田みづえ 木語
萩刈つてゐる狐あめふつてゐる 星野麥丘人
萩刈つて急くべき稿もなかりけり 安住敦
萩刈つて焚くべかりしをよべの雨 石塚友二 磊[カイ]集
萩刈つて身のことごとく吹かれ佇つ 岡本眸
萩刈つて身の衰へは口にせず 安住敦
萩刈つて身辺増やす萩の塵 安住敦
萩刈て百日草のあらは也 正岡子規 萩
萩刈て鷄頭の庭となりにけり 正岡子規 鶏頭
萩刈にをんなも一人加はりぬ 星野麥丘人
萩刈の憩ひをりけり子規の句碑 山口青邨
萩刈られ庭の隅々までも雨 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
萩刈られ掃き寄せられてまだ黄色 細見綾子
萩刈られ雀が遊びゐたりけり 細見綾子
萩刈りしあと惨として雨が降る 山口青邨
萩刈りしこの日指輪を娘に譲り 鈴木真砂女 紫木蓮
萩刈りしばかりに雲のはらはらと 波多野爽波
萩刈りし庭のかなたや枯芒 正岡子規 枯薄
萩刈りし悔などあらばあるべかり 相生垣瓜人 明治草
萩刈りてあたりにふゆる蜆蝶 細見綾子
萩刈りてすこしづつ消す萩明り 後藤比奈夫
萩刈りて夕焼にじむ土となす 大野林火 月魄集 昭和五十六年
萩刈りて好き日なりしと思ひけり 後藤夜半 底紅
萩刈りて焚火にかぶす長々と 細見綾子伎藝天
萩刈りて綿虫隠れなかりけり 相生垣瓜人 明治草
萩刈りて老の手力餘らざる 相生垣瓜人 明治草
萩刈りて芒に秋の夕哉 正岡子規 秋の夕
萩刈りて芒淋しき小庭哉 正岡子規 薄
萩刈りぬ菊に朝日を受くるべく 正岡子規 菊
萩刈ると言ひて手荒き事をせし 相生垣瓜人 明治草
萩刈れば昴俄に近づきし 阿波野青畝
萩剪つて花こぼしたる夕餉前 佐藤鬼房
萩取りし乱れに雨の露を置く 右城暮石 句集外 昭和十二年
萩叢と睦み合ひつつ蓼は蓼 岡本眸
萩叢の中まで月のさしわたり 福田蓼汀 秋風挽歌

More(←ここをクリック)
by 575fudemakase | 2016-09-30 05:35 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

萩 補遺1

萩 補遺1

ああ萩の野空を翔りゐたりし夢 三橋鷹女
あえぎあえぎ登って見るや萩すゝき 正岡子規 萩
あきらかに人の声する雨の萩 飴山實 少長集
あへて焚く日は定めずも萩を刈る 高浜年尾
あやかりて嬉々とわが家の萩までも 後藤比奈夫
あらし白萩、巖に砕け散る白波か 荻原井泉水
あるものの萩鳳仙花初あらし 山口青邨
ある日ひとり萩括ることしてをりぬ 安住敦
ある朝の萩の乱れに彳ちつくす 安住敦
いち早く萩は乱るる風を得つ 大野林火 早桃 太白集
いつまでもかくれてゐたく萩青し 飯島晴子
いつ刈ると問はるる萩を不憫とす 後藤夜半 底紅
いと小さき萩寺さまの花御堂 石塚友二 磊[カイ]集
いふこともなければ萩の花を見て 山口青邨
いま刈りし萩の束ね香かろきかな 星野麥丘人
いもうとが日覆をまくる萩の月 正岡子規 萩
うしろ手に百日草や萩の花 正岡子規 萩
うちそとに月の萩むら門を鎖す 橋本多佳子
うねりたるまゝを小萩のすがた哉 正岡子規 萩
うねりもてしだれをまとめ萩の花 鷹羽狩行
おもひ濃くなりゆくばかり萩を去る 三橋鷹女
かなぶん~の頭に泥や萩の花 高野素十
かの寺の築地の萩も刈る頃ぞ 安住敦
かよひ路にさきすがれたる野萩かな 飯田蛇笏 山廬集
からうじて花はくれなゐ旱萩 阿波野青畝
きのふ古し遺筆に活けてこぼれ萩 渡邊水巴 白日
きりぎしに縋れる萩の命はも 富安風生
けさは夏足袋はいて山萩なども山の湯らし 荻原井泉水
ここに思へ萩黄ばみゆきし日また日を(唐招提寺二句) 細見綾子
こころ帰家穏坐、妻は萩の塵を掃く 荻原井泉水
ことごとく兄の遺愛や萩も咲き 山口青邨
このたびはことにお日和萩供養 岸田稚魚 紅葉山
このひとの塚として萩のうねりかな 荻原井泉水
この寺の萩は鋭く刈られたる 高野素十
この庭の萩に仏心風に仏心 後藤比奈夫
この径を万朶の露の萩阻む 山口青邨
この萩の雨のごとくに垂るゝかな 山口青邨
この萩や雑草園の夏至を告ぐ 阿波野青畝
この萩を刈らむと一歩近づけり 鈴木真砂女 紫木蓮
この蔵に淡麗の酒萩こぼれ 飴山實 花浴び
こぼす露こぼさぬ露や萩と葛 正岡子規 露
こぼるゝとすぐに流れて萩の花 飴山實 花浴び
こぼるゝや萩の枝折戸誰が住みて 正岡子規 萩
こぼれ萩流れつづきてとだえけり 上野泰 佐介
こぼれ萩流紋模様書庫の径 山口青邨
こぼれ萩遍路こぼせし米ならず 山口誓子
こんなところにキリシタン燈籠、萩のさく 荻原井泉水
さきがけて一切経寺萩刈れり 安住敦
さきつ散りつ皆露の萩萩の露 正岡子規 萩
さみだれ萩てふ名のやさし紅紫 細見綾子
さみだれ萩ときどき油断してをりぬ 岡井省二 前後
さみだれ萩咲き続け七月尽 細見綾子
さみどりの白萩となり山の雨 岡井省二 鹿野
さる程に萩も芙蓉も実となんぬ 安住敦
さを鹿の萩のりこゆる嵐かな 正岡子規 鹿
しづかにしづかに地球はめぐり萩の咲き 三橋鷹女
しばしばの小雨を加へ萩の露 阿波野青畝
すりよつてだいても見たり萩の花 正岡子規 萩
せゝらぎの向うのひとも萩見かな 百合山羽公 春園
その萩は白萩なりし裏座敷 山口青邨
そゞろ触れて露のするどさ夜の萩は 日野草城
たそがれや萩の見えぎは一夜庵 森澄雄
たはれめの彦根屏風の絵にも萩 森澄雄
ちぎりとる浴衣の裾の萩すすき 加藤秋邨
ぬひはりの母の姿や萩の縁 細見綾子
ぬれて戻る犬の背にもこぼれ萩 正岡子規 萩
はなしては又抱えけり萩の花 正岡子規 萩
はね返し牛行く萩の小道哉 正岡子規 萩
はやばやと今年の萩の萩帚 後藤比奈夫
はや咲きて萩の一叢星祭 山口青邨
はや燃えよそこなる大き萩の束 岸田稚魚 紅葉山
はや秋や書屋の窓に萩ゆれて 山口青邨
ひきさがる白萩の散り敷くに如かず 飯島晴子
ひとりには少しあまりて萩の風 斎藤玄 雁道
ひと日ひと日をおろそかにせず萩括る 鈴木真砂女 居待月
ひと日臥し庭の真萩もすでに夕ベ 橋本多佳子
ひもすがら萩の点滴庭病むかに 楠本憲吉 方壺集
ふみこんで歸る道なし萩の原 正岡子規 萩
ほつほつと紅まぎれなし風の萩 清崎敏郎
ほろほろと石にこぼれぬ萩の露 正岡子規 萩
ほろほろと露になりけり雨の萩 正岡子規 萩
まじめな夫人萩に椅子出して 中川一碧樓
まじりなきは日の色なるや山萩の 細見綾子 桃は八重
また痢して灯明うよむや萩のぬし 飯田蛇笏 山廬集
また萩がさくかたみの杖は肩より高し 荻原井泉水
まだ四囲の山の名知らず萩桔梗 中村汀女
まどろむやさゝやく如き萩紫苑 杉田久女
みちのくに来し趣の萩と思ふ 阿波野青畝
みちのくは馬の多さよ萩の花 正岡子規 萩
みち~や萩少しづつ咲きそめて 高野素十
みどりごを萩よりたかく差しあげぬ 大野林火 早桃 太白集
めつきり萩の枝のたけだけし台風近づく 荻原井泉水
もつれ添ふ萩の心をたづねけり 阿波野青畝
ものうさや手すりに倚れば萩の花 正岡子規 萩
ものうしや手すりによれは萩の花 正岡子規 萩
もんぺ老女は箒の仕え 萩の宮 伊丹三樹彦
やはらかき齢を抱けり萩すすき 能村登四郎
やや暑く少し涼しく萩盛り 後藤夜半 底紅
やや老けての再会の袖 萩こぼす 伊丹三樹彦
よくものを忘れてやすし萩のころ 岡井省二 五劫集
よく燃ゆることのあはれや萩供養 岸田稚魚
よろづ枯る一萩叢をのみ残し 安住敦
よわりゆく西日に萩の動きそむ 阿波野青畝
りう~として逆立つも露の萩 川端茅舎
りんりんと白萩しろし木戸に錠 三橋鷹女
わが家居百枝の萩にさへぎられ 阿波野青畝
わが庭の藪めけば萩いきいきと 山口青邨
わが影の土にますぐに萩に折れ 星野立子
わが萩を折り焚く柴として括る 阿波野青畝
われ萩にかくるれば月も萩がくれ 山口青邨
ダム工事現場のすがれ萩咲けり 清崎敏郎
テント張りしてあるばかり萩まつり 右城暮石 一芸
トラピスト萩野芒野重ならず 阿波野青畝
ホメロスの原書に手触れ萩涼し 山口青邨
一しぐれ過ぎたる萩を刈りにけり 安住敦
一とくべの萩の炎をもてなしに 稲畑汀子
一とまたぎしたりし情萩動く 阿波野青畝
一列の萩の刈株双林寺 高野素十
一句なかるべからずさりとてはこの萩の原 正岡子規 萩
一日の旅おもしろや萩の原 正岡子規 萩
一本の孤高の萩に天落つ風 山口青邨
一粒の萩咲く旅人の袖にふれ 山口青邨
一粒の露のむすびし萩の色 野澤節子八朶集
一門に一石萩の無縁仏 古舘曹人 能登の蛙
七日月庇の下に萩の上に 正岡子規 萩
三人の旅の心に萩を見る 高野素十
三日月や此頃萩の咲きこぼれ 河東碧梧桐
下タ心さはあれど今日萩やさし 細見綾子 桃は八重
下前村二十六戸が萩を刈る 山口青邨
下向きにさす日が山の萩の花 右城暮石 句集外 昭和十年
下草に萩咲く松の林かな 正岡子規 萩
中山は女人の寺よ萩に磴 後藤比奈夫
久闊銀髪白萩のごとき焼香にて会う 荻原井泉水
九月果つしだれ紅萩瞳にぞ濃く 三橋鷹女
九月萩こよなく愛す古つまを 三橋鷹女
事告げて帰へる萩むら風の中 橋本多佳子
二葉三葉ばかりの塵も旱萩 阿波野青畝
亡き人へ嫉妬いささか萩括る 鈴木真砂女 都鳥
京の萩見てのあしたのわが家の萩 鈴木真砂女 夕螢
人ぬれて萩の下道月細し 正岡子規 萩
人の死につまづくごとし萩芒 古舘曹人 樹下石上
人の顔萩を隔てて昏れそめし 橋閒石 雪
人や待つ萩の枝折戸明けすてゝ 正岡子規 萩
人力車光り置かれて萩の門 上野泰 佐介
人来れば見せし白萩散りはじむ 細見綾子
今も萩の花、町石は見る人もなし 荻原井泉水
今年又養ひ得たり萩桔梗 正岡子規 萩
仏像のまなじりに萩走り咲く(新薬師寺) 細見綾子
伽藍の陽萩も女髪も褪せはじめ 佐藤鬼房
佇みて萩の刈株人を憶ふ 高野素十
低く垂れその上に垂れ萩の花 高野素十
住みなせしところまほろば萩と月 上田五千石『天路』補遺
何もかも萩の咲く日となりにけり 細見綾子 桃は八重
何もかも過ぎたる萩を括るかな 安住敦
俳諧の萩刈ならば手伝はむ 阿波野青畝
倒れ萩を誘う ねんごろに 蝶は虻は 伊丹三樹彦
傘すぼめ萩は散らさじ肩ぬらす 及川貞 榧の實
傾城は屏風の萩に旅寐哉 正岡子規 萩
僧もなし山門閉ぢて萩の花 正岡子規 萩
僧房を借りて人住む萩の花 正岡子規 萩
儚む世とは思はずに萩愛づる 及川貞 榧の實
元興寺の萩黄落す時かけて 細見綾子
先師の萩盛りの頃やわが死ぬ日 大野林火 月魄集 距和五十七年
光悦垣苔厚くして萩のこり 及川貞 夕焼
八十の母手まめさよ萩束ね 杉田久女
八方に根を張る形萩咲けり 右城暮石 句集外 昭和六十年
八達嶺下蜂はるかなる萩を知る 加藤秋邨
其はてが萩と薄の心中かな 正岡子規 萩
冷ゆる三日庭の遠くに萩咲いて 能村登四郎
分けて行く手にきづかはし萩の花 正岡子規 萩
切りし髪ひとの手にあり萩の風 野澤節子 鳳蝶
刈りし萩抱きて一身かくれけり 岸田稚魚
刈り残すものに音たて萩の雨 鷹羽狩行
刈束を寝かせて萩と芒かな 石田勝彦 百千
刈株のいづれも萩や微笑仏 星野麥丘人
刈萩や句碑の面に花眼寄す 石川桂郎 高蘆
初時雨萩寺さまを素通りに 雨滴集 星野麥丘人
初花のしだれを知らぬ紅の萩 鷹羽狩行
初花の萩の初心がおののけり 能村登四郎
初萩と思ひあたりて彳みぬ 後藤夜半 底紅
初萩の一揺れのまだをさまらぬ 鷲谷七菜子 一盞
初萩の夜風となりし茶碗蒸 雨滴集 星野麥丘人
初萩の枝のはしりてみゆるかな 百合山羽公 春園
初萩をうち渡りたる日雷 森澄雄
前庭の萩の大株刈られゐし 細見綾子
副葬品ですか いまなら ベレーと萩 伊丹三樹彦
勤めもどり日のさめかけに萩の花 右城暮石 句集外 昭和五年
北国の一日日和萩を刈る 高野素十
北斎の絵の群青に萩生けん 飴山實 花浴び
十六夜にあり曳馬野の萩の径 百合山羽公 樂土以後
十六夜や酒に間のある萩小鉢 古舘曹人 樹下石上
千代女の後輩として佇つ萩白し 山田みづえ まるめろ
午後は町に出づべき萩を括りをり 安住敦
卓袱台のありしころにも萩に風 桂信子 花影
去りかけの暑さに萩の虫葉かな 右城暮石 句集外 昭和九年
反抗期の子が彳つ故のこぼれ萩 楠本憲吉 孤客
叢萩にかくれがほなるをとめかな 日野草城
古井戸や露に伏したる萩桔梗 尾崎放哉 中学時代
古塚や何を亂れて萩の花 正岡子規 萩
古寺や木魚うつうつ萩のちる 正岡子規 萩
古庭の萩に錢取るお寺かな 正岡子規 萩
古庭の萩に錢取る坊主かな 正岡子規 萩
古椀うかむ池ふく風や萩のつゆ 飯田蛇笏 山廬集
古簑や芒の小雨萩の露 正岡子規 萩
句碑へしたしく萩の咲きそめてゐる 種田山頭火 草木塔
句碑建ちて二十年紅萩は枯れ(金沢尾山神社、我が句碑あり) 細見綾子
台風あと別な白さの萩咲ける 細見綾子
台風を日本の端に萩咲けり 大野林火 月魄集 昭和五十四年
合點ぢや萩のうねりの其事か 正岡子規 萩
同し秋高低に成て萩と葛 正岡子規 萩
名所や小僧案内す萩の庭 正岡子規 萩
名月の一夜に萩の老にけり 正岡子規 名月
名月も共に抱きこむ萩の花 正岡子規 名月
名月や叩かば散らん萩の門 正岡子規 名月
名月や露地行燈の中に萩 森澄雄
名草枯ることにも萩の尾羽あはれ 上田五千石 風景
君が居に小屏風おくる萩の秋 石田波郷
君たちの恋句ばかりの夜の萩 石田波郷
吹きかへす萩の雨戸や露はらはら 正岡子規 露
吹きさます甘酒の湯気や朝の萩 日野草城
吹きまくる萩に男鹿のふしど哉 正岡子規 鹿
吹き落ちて萩にもつるゝ鴉かな 内藤鳴雪
吾子の名の小包とどき萩咲けり 能村登四郎
咲きそめし散りそめし萩日々勤め 高田風人子
咲き満ちしかろさに月の白萩は 岡本眸
咲く萩の丈なすもとに狐舎を置く 水原秋櫻子 岩礁
喜怒うすれ哀楽の情萩に濃し 野見山朱鳥 幻日
喪のものを焚く残り火に萩焚かれ 能村登四郎
喪の庭となす束ねたる萩すすき 能村登四郎
国宝に洩れし神将が萩刈れり 安住敦
土色のかまきり萩の散るあたり 細見綾子
土饅頭萩も芒もなかりけり 正岡子規 萩
地に引くや雀のすがる萩の花 正岡子規 萩
垣の外に萩咲かせけり百花園 正岡子規 萩
埴科に来てゐる萩のさかりかな 森澄雄
堀わりのきはにうつむく萩の花 正岡子規 萩
塀外へあふれ咲く枝や萩の宿 杉田久女
夏の限界茂りし萩に風、秋きたる 荻原井泉水
夏果ての雨棕梠鳴らし萩に降る 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
夏柑や萩に民宿奇兵隊 百合山羽公 樂土以後
夕ぐれや短冊を吹く萩の風 尾崎放哉 大学時代
夕方や萩に豆つく一人に戻る 細見綾子
夕月に萩ある門を叩きけり 正岡子規 夕月
夕月やうちかぶり剪る萩白し 日野草城
夕月やたゝかば散らん萩の門 正岡子規 萩
夕月夜萩ある門を叩きけり 正岡子規 夕月
夕萩に訪れ月の出にも逢ふ 後藤夜半 底紅
夕萩に開け放つ古今伝授の間 能村登四郎
夕風のまつはる萩となりしかな 安住敦
夕風の萩のあらしの島に立つ 山口青邨
夕風の萩や桔梗や心細ソ 草間時彦 櫻山
夜の萩はなやかに酔ひ恥ゐたり 小林康治 玄霜
夜の雨にみだるる萩や狐舎も濡れ 水原秋櫻子 岩礁
夜の雨萩は枝垂れて蓑のごとし 大野林火 冬雁 昭和二十一年
夜の風にこの白萩の乱れやう 桂信子 草影
夜は夜寒昼は萩の葉荒れそめて 細見綾子 桃は八重
夜を起きて萩さわがずにあれと念ふ 石橋秀野
夜祭りはまだ先のこと萩に佇つ 鈴木真砂女 都鳥
夢殿を見て座にもどり萩の花 右城暮石 句集外 昭和九年
大いなる乳牛の顔や萩の上 相馬遷子 雪嶺
大いなる葉よろひ萩の蓑蟲よ 星野立子
大ゆれにゆれてあぶなし萩の花 正岡子規 萩
大名に傘参らせよ萩の花 内藤鳴雪
大師その母見舞われし道の萩さく 荻原井泉水
大庭に亂れぬ萩のまがきかな 正岡子規 萩
大萩を押し吹く風やまのあたり 原石鼎 花影
天平を負ふ肩なるや萩の丈 石塚友二 方寸虚実
太閣の像の古びや萩の花 正岡子規 萩
夫と父母恵子よ庭萩切りて来ぬ 及川貞 夕焼
奥山やうねりならはぬ萩のはな 正岡子規 萩
女の子尿すと跼む萩がくれ 富安風生
女性より信仰うまれ萩の原 平井照敏
女湯も男湯も萩芒かな 阿波野青畝
好日や茸狩あきて萩すゝき 百合山羽公 春園
妻ゆきし萩しづまりぬ道を閉ぢぬ 石田波郷
妻を呼ぶ籠の鶉や庭の萩 正岡子規 萩
嬰を撫でて山萩へゆくひたごころ 斎藤玄 狩眼
子の墓を洗へば足るか萩挿して 及川貞 榧の實
宮城野の面影の萩零れけり 佐藤鬼房
宮城野ノマ萩ノ若葉馬ヤ喰ヒシ 正岡子規 萩
宵闇の萩白かりし一事かな 後藤夜半 底紅
家にあれば寝るころほひを萩と月 上田五千石 琥珀
家墓に刻めぬ姉の名萩咲き続ぐ 香西照雄
寝むとして夜の庭のぞく雨の萩 村山故郷
寺うちの往き来の影も萩のころ 桂信子 草樹
寺苑に犬の足跡乱れ萩の花 右城暮石 句集外 昭和三十一年
尉となるところで揃ひ萩の茎 阿波野青畝
小さき虫とまることにも萩こたヘ 山口青邨
小塵取大塵取の塵も萩 阿波野青畝
小娘の萩に隱れて三日の月 正岡子規 三日月
小康ですごす晩年こぼれ萩 鷹羽狩行
小男鹿の通ひ路狹し萩の風 正岡子規 鹿
少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生
少年囚来て萩の苑にぎやかに 右城暮石 句集外 昭和四十八年
尼をその尼をなつかしみ萩の門 正岡子規 萩
山かけて寺苑しづもる萩あらし 上田五千石『琥珀』補遺
山の上に出て萩原や松少し 松本たかし
山の萩一斉に赤し雷わたる 三橋鷹女
山中や萩も薄も風のなか 桂信子 草影
山萩にふれつゝ来れば座禅石 杉田久女
山萩に淋漓と湖の霧雫 富安風生
山萩のさびしき方へみな歩く 古舘曹人 樹下石上
山萩のしどろに秋を亂れけり 正岡子規 山萩
山萩のほつほつ咲けば雲きたる 水原秋櫻子 磐梯
山萩のまつすぐに立つ性かなし 富安風生
山萩の実の毛ばだつも花野かな(白水阿弥陀堂) 細見綾子
山萩の房々とせし時は過ぐ 細見綾子
山萩の枝にかゝれり捨草鞋 正岡子規 山萩
山萩の馬にくはれてまばらなり 河東碧梧桐
山萩やものすこやかな枝のふり 正岡子規 山萩
山萩を手折りまゐらせ九品仏 伊丹三樹彦
山路はや萩を咲かせてゐる 種田山頭火 草木塔
山門といふべく萩の嵐かな 石橋秀野
山風や盗人萩の狎れやすき 燕雀 星野麥丘人
山駕籠に散りこむ萩の盛哉 正岡子規 萩
嵐が月夜となつて風の名残の白萩 荻原井泉水
嵐に乱れざるはなきものの白萩のみだれよう 荻原井泉水
左ン手に剣神将萩を刈りに立つ 安住敦
師のもとへ横面はしる萩の枝 石川桂郎 含羞
年毎の定めたる日の萩を刈る 高浜年尾
床の間の萩は一日おくれけり 正岡子規 萩
庭の萩の花さくをよすがに夫と妻と 中川一碧樓
庭の萩寐て見るやうにたわみけり 正岡子規 萩
庭の萩莟も持たずあはれ也 正岡子規 萩
庭先や夕風うけて萩涼し 正岡子規 涼し
庭荒れて山に帰りぬ萩茂り 山口青邨
庭荒れて萩の亂れをつくろはず 正岡子規 萩
庭萩にはらりと降りし雀かな 村山故郷
庵の萩賞めてゆきける紙屑屋 後藤夜半 底紅
廊下の灯残す庭萩風にゆれ 山口青邨
彫物の鹿を置きけり萩の庭 正岡子規 萩
彼岸入とて萩の餅波郷氏も 及川貞 夕焼
御陵としらで咲けり萩の花 正岡子規 萩
忙中も忙のみ萩の散りにけり 林翔
忙間に小欠伸いでて萩の午後 能村登四郎
我まゝの猶うつくしき小萩哉 正岡子規 萩
我庵や萩に飯櫃松に竿 正岡子規 萩
我思ふ一期一会の萩と月 阿波野青畝
戸を博つて萩しどけなし風月夜 大野林火 雪華 昭和三十四年
手にとりて放ちし萩の枝長し 富安風生
手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦
手の熱き女と生まれ萩白し 鷲谷七菜子 黄炎
手負猪萩に息つく野分かな 河東碧梧桐
打水や萩より落ちし子かまきり 高野素十
折りとりて花みだれあふ野萩かな 飯田蛇笏 山廬集
折り棄てし萩の毛虫を踏付ぬ 正岡子規 毛虫
抱き起す萩と吹かるゝ野分かな 河東碧梧桐
押分て行けは行かるゝ萩の原 正岡子規 萩
括り萩来馴れし家を通夜に訪ひ 岡本眸
括るべき萩の丈とはなりにけり 安住敦
捨笠や芒の小雨萩の露 正岡子規 薄
掃いてあるに僧の出て萩の葉を掃く 荻原井泉水
提灯にほつ~赤き野萩かな 渡邊水巴 白日
教へ子とゆく本郷や萩咲けり 能村登四郎
教会の内側灯り萩すすき 津田清子 礼拝
散りごろの萩にやさしき雨ひと日 能村登四郎
散萩の万華鏡人の世うつくしく 山口青邨
新じやがを載せて萩から魚売 飴山實 句集外
新井戸にこほれそめけり萩の花 正岡子規 萩
旅に會ふ望や山萩すゝき折り 及川貞 夕焼
旅の疲れ三日はとれず萩の雨 鈴木真砂女 夕螢
旅人の簔着て行くや萩の原 正岡子規 萩
旅心実となる萩に傾けて 鈴木真砂女 居待月
旅終へて萩刈ることに今日の妻 大野林火 飛花集 昭和四十六年
旅衣三日や萩の花に触れ(松山にて) 細見綾子
日々の萩黄落もゆきわたりけり 阿波野青畝
日ざかりの風山萩にたはむれぬ 西島麦南 人音
日とよぶに儚きひかり萩にあり 能村登四郎
日に仕へ月に仕へし萩を刈る 後藤比奈夫
日や萩に雨や芙蓉にかく優し 安住敦
日本をしばし離るゝ萩すすき 細見綾子
明き寺や取り亂したる萩の花 正岡子規 萩
明日刈らむ萩を乱していなびかり 大野林火 方円集 昭和五十二年
昼の虫萩寺さまはお出掛けに 岸田稚魚 紅葉山
晴々と萩憐むや天竜寺 河東碧梧桐
暁深く萩おのづからみだれけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
暗かりし高野夜明けて萩の花 右城暮石 句集外 昭和三十七年
暮れはやき灯に躍りいづ萩一枝 加藤秋邨
書庫の裏萩が咲いたりしてをりぬ 山口青邨
月うす~萩も芒もうす~と 高野素十
月さむくあそべる人や萩の宿 飯田蛇笏 霊芝
月と萩萩と萩摶つ終夜 阿波野青畝
月なくて宮城野萩と寝て候 能村登四郎
月に出でゝ萩の枝折戸押す女 正岡子規 萩
月のゆらぎいでたる萩の花白くゆらぐなり 荻原井泉水
月の夜すがら裏瀬萩零る人知らず 日野草城
月の客或時は又萩の客 高野素十
月の萩月の芒と戯画ながら 後藤比奈夫
月孤なり然れども萩万朶なり 阿波野青畝
月明に高張たちぬ萩のつゆ 飯田蛇笏 霊芝
月明に高張りたちぬ萩のつゆ 飯田蛇笏 山廬集
月明の手のひら萩の一枝のせ 高野素十
朝月の萩むらを立つ雀かな 日野草城
朝朝の萩より言葉はじまりき 加藤秋邨
朝涼しはらりはらりと萩動く 正岡子規 涼し
朝顏の鉢竝べたり萩の前 正岡子規 朝顔
朝飯や日のあたりたる萩芒 正岡子規 萩
末枯の萩に風出ぬ昼さがり 日野草城
杖によりて立ち上りけり萩の花 正岡子規 萩
束の間に黒姫隠る萩の雨 角川源義
来世の話を聞くや萩の雨 細見綾子
来合せて萩に恋めくおとめかな 日野草城
来客や萩の中より声が先 阿波野青畝
東に夕焼雲や萩の園 原石鼎 花影
松の露必ず萩にやどりたる 阿波野青畝
松の風古萩の花すゞろにて 飯田蛇笏 霊芝
松深く萩の径の尽きずある 河東碧梧桐
林出てすぐ萩隠る密猟者 林翔 和紙
林火忌の湖北に萩と吹かれけり 松崎鉄之介
枝折れて野分のあとの萩淋し 正岡子規 萩
枯れてしまうて萩もすすきも濡れてゐる 種田山頭火 草木塔
枯れてより日の経つてゐる萩を見し 細見綾子 桃は八重
枯れにけり牡丹と言はず萩と言はず 安住敦
枯れ残るものに萩あり刈りにけり 安住敦
枯れ黄ばむけしきに萩の盛りかな 原石鼎 花影
枯菊を焚き萩を焚き自愛かな 福田蓼汀 山火
染めかへの毛糸一竿萩に乾す 上村占魚
根分して萩のこころに近づきぬ 後藤夜半 底紅
歩きつつ芙蓉は萩にかくれけり 上野泰 佐介
歩はいつも萩叢の闇濃き方へ 星野麥丘人
死の唇に初萩ほどの紅さされ 能村登四郎
母屋の猫鈴つけて来し萩日和 村山故郷
毎年のことそれなりに萩供養 岸田稚魚 紅葉山
水にも散りて積む白萩のまさかり 荻原井泉水
水の上に萩うづ高くこぼれけり 正岡子規 萩
水の上の萩の塵みる日ざしぬる 岡井省二 夏炉
水溜り乾かずなりぬ萩咲いて 臼田亜浪 旅人 抄
水無月の萩の風呼ぶ日なりけり 鈴木真砂女 夕螢
水無月や萩も芒も風の草 正岡子規 水無月
水煙のほかはさかりの萩隠れ 上田五千石『琥珀』補遺
水照るや枯れつゝ萩のうすみどり 渡邊水巴 富士
水神の石の扉や走り萩 雨滴集 星野麥丘人
水門に萩を吸ひこむ流れ哉 正岡子規 萩
水音は音無川や萩咲いて 山口青邨
池中や石も吹かるる萩芙蓉 石川桂郎 含羞
法隆寺の子規忌の雨の萩思ふ 細見綾子
泣く時は泣くべし萩が咲けば秋 山口青邨
泳ぎ子に萩咲きそめぬ山の池 松本たかし
活版の誤植や萩に荻交る 正岡子規 萩
流木のがぼりと消えてこぼれ萩 加藤秋邨
浅間山萩咲きてより日日静か 福田蓼汀 山火
浜風をはらみて萩の名残りかな 鷹羽狩行
涙川塞くまでに萩零れたり 橋閒石 卯
深更の一咳萩に月高し 日野草城
温泉の道や通ひなれたる萩桔梗 正岡子規 萩
湯の山や時なし酒の萩桔梗 石川桂郎 高蘆
滑川水なめらかにこぼれ萩 上野泰 春潮
瀧行場山萩は今咲くところ(大岩不動尊) 細見綾子
瀬音やややはらぎ岩に萩も咲き 福田蓼汀 山火
火の勢芒は芒萩は萩 阿波野青畝
火入式すませし禰宜と萩に逢ふ 能村登四郎
灯きえんとして小窓にそよぐ萩の影 正岡子規 萩
灯のかげの萩を攀ぢをりきり~す 高野素十
烏帽子荘女将が活けし籠の萩(宇奈月温泉) 細見綾子
無器用に着たるパジャマや萩の白 桂信子 草影
無造作に僧出て萩を刈られけり 弟子 星野麥丘人
無雑作に僧出て萩を刈られけり 星野麥丘人
父の夢見し日の萩を刈る気なし 後藤比奈夫
猪や臥せし鹿や亂せし萩の花 正岡子規 萩
猪垣の裾の山萩咲きはじむ(故郷の丹波青垣町にて) 細見綾子
猫が子を銜へて運ぶ萩の下 村山故郷
猫そばに呉須愛で庭の萩をめづ 及川貞 榧の實
獣見し匂さめたり雨の萩 渡邊水巴 白日
玉砂利の女の音を萩に引く 古舘曹人 能登の蛙
生きていれば逢えることの旅で萩さく 荻原井泉水
生涯を凡に暮らせず萩括る 鈴木真砂女 都鳥
産土の萩の盛りを酌むべかり 佐藤鬼房
疎開の子弾くオルガンや萩の寺 山口青邨
病めば夫の汲む茶に萩の雨止まず 及川貞 榧の實
病める身は時間金持萩に読む 石田波郷
病人に今年の萩の乏しくて 安住敦
病巣のごと萩暗しわが雄島 佐藤鬼房
病波郷遠し萩叢日を聚め 原裕 葦牙
白き萩消えて繃帯の山がある 三橋鷹女
白よりも紅永らへて萩日和 鷹羽狩行
白煙の中の青煙萩を焚く 石田勝彦 雙杵
白萩にあらず虎杖の花に風 山口青邨
白萩に尻さはられつ畑を打つ 飴山實 辛酉小雪
白萩のしきりに露をこほしけり 正岡子規 萩
白萩のつぼみ法然院の閑 鷹羽狩行
白萩のつめたく夕日こぼしけり 上村占魚 鮎
白萩のみだれ雨ひく土昏し 臼田亜郎 定本亜浪句集
白萩の夕日にそまり高らかに 山口青邨
白萩の夜や落鮎を焼きけぶらす 細見綾子
白萩の揺れかはりたる一枝かな 加藤秋邨
白萩の散ち放題ははしたなし 鈴木真砂女
白萩の散り放題ははしたなし 鈴木真砂女 居待月
白萩の散るは夕日のこぼるなり 細見綾子
白萩の枝をながれて咲きそめし 阿波野青畝
白萩の生ひに生ひたる落花かな 日野草城
白萩の白を大きな色と思ふ 後藤比奈夫
白萩の白を惜しまず水の上 鷹羽狩行
白萩の盛りいく日過ぎをらむ 廣瀬直人
白萩の花未だしと言へど青き 右城暮石 句集外 昭和二十二年
白萩の葉よりとびたる虫は何 原石鼎 花影
白萩の触るるたび散る待ちて散る 細見綾子
白萩の走りの花の五六粒 飴山實 花浴び
白萩の雨をこぼして束ねけり 杉田久女

以上
by 575fudemakase | 2016-09-30 05:15 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

蜉蝣 の俳句

蜉蝣 の俳句

蜉蝣 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22842370/

蜉蝣 補遺

あたらしき夜はなしうすばかげろふ来る 藤田湘子
いのち透けうすばかげろふ透けにけり 後藤比奈夫
うすはかげろふ産みゆくその身切に曲げ 加藤秋邨
うすばかげろふむかし女は泣いて耐へし 鈴木真砂女 夕螢
うすばかげろふ灯をはなれゆく紋白く 山口青邨
かげろふがかたまつてをるだるま歌 岡井省二 鯛の鯛
かげろふと字にかくやうにかげろへる 富安風生
かげろふにあぐる手の色あやしみぬ 飯島晴子
かげろふにありて家鴨の曲り処 斎藤玄 雁道
かげろふにうかび地平を縦隊が 長谷川素逝 砲車
かげろふにそそぐ御神酒や地鎮祭 鷹羽狩行
かげろふにたちまつろはれゐたること 岡井省二 夏炉
かげろふにほとけの形みてゐたり 上田五千石『琥珀』補遺
かげろふに仙紙三反抱へゆく 岡井省二 猩々
かげろふに平手打してまはりけり 飯島晴子
かげろふに房総行の長電車 山田みづえ まるめろ
かげろふに砂浜揺るる生きたけれ 山口誓子
かげろふに糞ころがしのオブジエかな 岡井省二 鯛の鯛
かげろふに足とられてや野にころぶ 石川桂郎 四温
かげろふに辿りつくことなかるべし 山田みづえ まるめろ
かげろふに遠巻かれつつ磯づたふ 篠原梵 年々去来の花 雨
かげろふに顔色ひくを覚えけり 飯島晴子
かげろふのちる茶問屋をきりまはす 飯島晴子
かげろふのはや立ちそめて沖の石 佐藤鬼房
かげろふのひもすがら炎ゆ独鈷の湯 阿波野青畝
かげろふのゆれうつりつつ麦熟れぬ 飯田蛇笏 春蘭
かげろふの中に来りて遊びけり 山口誓子
かげろふの中やこれより衣川 佐藤鬼房
かげろふの古び百歩にかへりみる 上田五千石『琥珀』補遺
かげろふの坂下りて来る大あたま 飯島晴子
かげろふの後生車となりにけり 佐藤鬼房
かげろふの激しさ砂洲をなさしめず 山口誓子
かげろふの濃くからみたる眼玉なり 飯島晴子
かげろふの独り舞台の石舞台 山田みづえ 手甲
かげろふの甲斐はなつかし発句の大人 石橋秀野
かげろふの身を玉章(たまづさ)と矯はめ矯はみ 中村草田男
かげろふの音かと見れば芦燃す 下村槐太 天涯
かげろふは焦土ばかりや西行忌 岸田稚魚 雁渡し
かげろふやわが足踏んで子の歩み 岡本眸
かげろふやペンを持たざる小半日 鷹羽狩行
かげろふや上古の瓮の音をきけば 飯田蛇笏 春蘭
かげろふや刻かけて来る乳母車 鷹羽狩行
かげろふや彼方へ行かむと上眼する 中村草田男
かげろふや掬ひ起せば皆死ぬる 三橋敏雄
かげろふや歩き出すとき軽く咳 岡本眸
かげろふや水うすければ風の意に 岡本眸
かげろふや禁酒地蔵の笠は猪口 鷹羽狩行
かげろふや舟継ぎて航く小舟越 角川源義
かげろふや頭に乗せ運ぶ板硝子 岡本眸
かげろふや魚屋の水花舗の水 岡本眸
かげろふをはらひかねゐる身空かな 上田五千石『風景』補遺
かげろふをまたしても消す犬ふぐり 下村槐太 天涯
かげろふを海女の太脚ふみしづめ 橋本多佳子
かげろふを石より立たす石で打ち 鷹羽狩行
かげろふを舐めゆく牛の影法師 阿波野青畝
かげろふを見て風邪の身のなぐさまず 山口誓子
かげろふを踏むよヨットの帆布踏み 鷹羽狩行
かげろふ崖枯蔓の実の殻亙る 下村槐太 天涯
かげろふ浜愛することを隠すなし 山口誓子
かげろふ疎林屈葬の穴掘られたる 鷲谷七菜子 銃身
かげろふ童女一人消え狐面 佐藤鬼房
かげろふ背戸はねつるべはねゐる先も 松崎鉄之介
さしぐむや水かげろふに茜さし 中村苑子
すじかひにかげろふ門の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
はらはらと薄翅蜉蝣飛び移る 右城暮石 句集外 昭和五十二年
ひとところかげろふ絶壁下の渚 佐藤鬼房
みどりごをつつみに来るよかげろふは 斎藤玄 雁道
ゆくところかげろふ立てり袖光る 大野林火 青水輪 昭和二十三年
ゆく先の水かげろふに桃の花 森澄雄
一丈のかげろふ塩田に働きて 橋本多佳子
一夜羽音のくさかげろふと雨男 佐藤鬼房
人去りてしばしかげろふめをと神 鷲谷七菜子 花寂び
倉壁高しかげろふ届かずあららかに 中村草田男
僧行きて草かげろふをたたしめぬ 星野麥丘人
優曇華はくさかげろふの卵に過ぎず 日野草城
刻もかげろふ太陽ひとつ海わたり 鷲谷七菜子 銃身
厨辺の冬かげろふや妻の前 小林康治 四季貧窮
吹き払ふうすばかげろふ聖書読む 阿波野青畝
命短かき蜉蝣の翅脈透く 津田清子 礼拝
塩田のかげろふ黒し蝶いそぐ 西東三鬼
墓山のかげろふ中に詣でけり 飯田蛇笏 霊芝
夜の腕にかげろふ触れし梅雨入かな 石田波郷
夜気重しうすばかげろふさすらふか 藤田湘子 てんてん
大寒のかげろふレール少女跳ね 佐藤鬼房
失語いくたびかかげろふ牆見つつ 下村槐太 天涯
妹ふたりある術なさをかげろふか 下村槐太 天涯
小葭切まれに聞えて砂防壁 佐藤鬼房
屋根石にかげろふ立つも詩貧し 佐藤鬼房
山小屋に覚めてくさかげろふをりぬ 雨滴集 星野麥丘人
幹のぼる水かげろふや榛の花 山田みづえ 木語
幻の縁に蜉蝣とまりをり 斎藤玄 狩眼
待つまでもなくかげろふの水面来る 石川桂郎 高蘆
捨て水も容れてかげろふ日本海 能村登四郎
新しき枕木置場かげろふたつ 佐藤鬼房
新刊の書に草蜉蝣の影淡し 橋閒石 雪
日和得て秋をかげろふ三輪の宮 上田五千石『琥珀』補遺
春の雪消えたるにすぐ蜉蝣飛ぶ 右城暮石 句集外 昭和十八年
春障子水かげろふのはたと消え 飯島晴子
昼の指一節にとまり草かげろふ 中村草田男
曉鵯に波かげろふの堂廂 角川源義
月に飛び月の色なり草かげろふ 中村草田男
柱廊に草蜉蝣の吹かれおり 橋閒石 卯
毒ありてうすばかげろふ透きとほる 山口誓子
泉川うすばかげろふ交み飛び 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
泳ぎ子の衣にかげろふのきてとまる 大野林火 冬雁 昭和二十二年
浜砂を盗むかげろふはげしきとき 山口誓子
海女あがり来るかげろふがとびつけり 橋本多佳子
漂流の地図をたどれば草蜉蝣 佐藤鬼房
火の山のかげろふをとぶこだまかな 野見山朱鳥 荊冠
火を焚けばすぐかげろふに立ちまじる 山口誓子
煮えきらぬことかげろふの如くをり 上田五千石『琥珀』補遺
父よ父よとうすばかげろふ来て激つ 中村苑子
物干にかげろふ秋の夕日哉 正岡子規 秋の夕日
生れたるかげろふの身の置きどころ 後藤比奈夫
産みし乳産まざる乳海女かげろふ 橋本多佳子
病後虚しかげろふ埠頭倉庫裏 佐藤鬼房
病快しかげろふ砂を手に握る 山口誓子
目のうらに雪かげろふの径曲る 角川源義
目覚めをり草蜉蝣とひとつ灯に 鷲谷七菜子 黄炎
相聞の標たどり来し蜉蝣か 飯島晴子
睡蓮の葉裏かげろふ鳥翔たす 角川源義
種蒔いて水かげろふの中にをり 森澄雄
稲刈や秋のかげろふ笠の端に 飯田蛇笏 山廬集
緑蔭やうすはかげろふ漣を追ふ 飯田蛇笏 霊芝
罰の如ストマイつんぼ草蜉蝣 石田波郷
船歌や水かげろふの岩の洞 角川源義
船霊の在りしあたりの水かげろふ 佐藤鬼房
艀若く水かげろふにあやつられ 能村登四郎
花摘めばかげろふ袖の念珠かな 西島麦南 人音
草かげろふのごとく居て良夜かな 飯田龍太
草かげろふ動かぬ竹の窓にこそ 石川桂郎 四温
草かげろふ吹かれ曲りし翅のまま 中村草田男
草木瓜にかげろふたつや埴輪より 飯田蛇笏 春蘭
草蜉蝣影しつかりと生れけり 有馬朗人 立志
草蜉蝣開拓農の燈に緑 大野林火 雪華 昭和三十四年
荒金(あらがね)の煖炉かげろふ茂吉の死 平畑静塔
薄羽かげろふ翅も乱さず死せるかな 石田波郷
藺を刈るやうすはかげろふ笠につく 飯田蛇笏 山廬集
蜉蝣な捕りそはかなきものと人の子に 石塚友二 方寸虚実
蜉蝣にかこつけて野にこもるなり 飯島晴子
蜉蝣に灯のいろはなほ暑くるし 下村槐太 光背
蜉蝣に燈のいろはなほ暑くるし 下村槐太 天涯
蜉蝣のやさしさこころときめきて 山口誓子
蜉蝣は日かげりの影湯坪跡 佐藤鬼房
蜉蝣むらがる橋燈に来て影を得る 金子兜太
蜉蝣や人のみを楽の縛むる 中村草田男
蜉蝣や鵜の瀬に深きひとところ 石川桂郎 高蘆
蜉蝣死す長肢いかなる役をせし 津田清子 礼拝
行くほどにかげろふ深き山路かな 飯田蛇笏 霊芝
衣にまとふ秋のかげろふ尼の耕 飯田蛇笏 家郷の霧
見過すほかなし蜉蝣の愛しさは 岡本眸
触るるまで薄翅蜉蝣飛び立たず 右城暮石 天水
謡きこえかげろふ来る夜決意成る 中村草田男
足もとのかげろふの上歩きゆく 岡井省二 猩々
跳ぶ幼女水かげろふの向岸 佐藤鬼房
遠くても長身かげろふの道を来る 篠原梵 年々去来の花 中空
野祠やかげろふ上る二三尺 飯田蛇笏 霊芝
鏡の面蜉蝣の居て落着かず 岡本眸
鏡面に薄羽かげろふ垂れとまり 中村草田男
鶯のあと雉子が来て日の閑か 佐藤鬼房

蜉蝣 続補遺

かくばかりかげろふも胸をさすもの歟 加藤曉台
かげろふと頻にくるふ心哉 其角
かげろふにたが起ふしや耳の鳴 乙訓
かげろふにほの有明の月高し 加藤曉台
かげろふにゆらるゝけしのひとへかな 加藤曉台
かげろふに中さしもなしふだん鶴 紫道
かげろふに壁ひるがたのにほひかな 介我
かげろふに寐ても動クや虎の耳 其角
かげろふに小首かたむく烏哉 三宅嘯山
かげろふに打ひらきたる鳰の海 壺中
かげろふに虚空のうごく朝日哉 桃妖
かげろふに長活したる野猫哉 呂風
かげろふに隣の茶さへ澄に鳧 丈草
かげろふのたつや手まりの土ぼこり 許六
かげろふのまだしたゝるしけしの花 蘆文
かげろふのみだれや酒の二日酔 魯九
かげろふの中来てくらむ戸口かな 加藤曉台
かげろふの反魂香や鸚鵡石 露川
かげろふの夕日にいたきつぶり哉 舟泉
かげろふの巻よみかゝる夜寒かな 田川鳳朗
かげろふの蜉蝣を育る晴間かな 加藤曉台
かげろふの身に付添ふや不動坂 玄梅
かげろふの風無心なぞ梢ども 惟然
かげろふは眠る狐の魂なる歟 高桑闌更
かげろふやいせの御祓捨てある 夏目成美
かげろふやつぶりと落しかたつぶり 井上士朗
かげろふやほろ~落つる岸の砂 服部土芳
かげろふやほろ~落る岸の砂 土芳
かげろふや一掴づゝすさだはら 加舎白雄
かげろふや今も思ひのよめが畑 四睡
かげろふや今を出がけの茶弁当 許六
かげろふや卵の虫の巣を出る 加藤曉台
かげろふや古田をあまる水の上 蓼太 蓼太句集二編
かげろふや土もこなさぬあらおこし 百歳
かげろふや夜べの網干す川の岸 炭太祇
かげろふや小磯の貝も吹たてず 其角
かげろふや巖に腰の掛ぢから 配力
かげろふや巣立雀の具足羽 車庸
かげろふや己がつばさを池の水 園女
かげろふや我より先に我の影 許六
かげろふや昼より前はあくのかず 基継
かげろふや月にあつむるゆふあらし 寥松
かげろふや松は煙の縁も有リ 桃先
かげろふや泥脚かはくくわい堀 高井几董
かげろふや消へてはもゆる波の隙 高桑闌更
かげろふや燃てはしさる物のひま 黒柳召波
かげろふや王城の塵一つゝみ 尚白
かげろふや石の野面に文字の箔 路通
かげろふや破風の瓦の如意宝珠 許六
かげろふや糟に酔たる人の振 野坡
かげろふや苔につきそふ墓めぐり 浪化
かげろふや誰鼻血たる石の上 洒堂
かげろふや身をなたぐるゝ海の上 野紅
かげろふや遠目はなせば帆掛ぶね 十丈
かげろふや障子かげろふ金屏風 介我
かげろふや馬の眼のとろ~と 傘下
かげろふや鳥の出入竹の筒 野紅
かげろふをたよりに上る雲雀哉 許六
かげろふを子守にしたる戸口哉 魯九
かげろふを手に取ほどや柴の庵 松岡青蘿
かげろふを掻出す鶏の距かな 黒柳召波
中将のをもかげろふや松の鷺 露川
宮の嗅(かざ)秋立森のかげろふや 鬼貫
手折置し紅葉かげろふ障子哉 高井几董
李夫人■かげろふの抱つけばわがころも哉 越人
照りつゞく日やかげろふの芝移 史邦
痩皃の夜のかげろふときへにけり 樗良
白壁や浪にかげろふ数十丁 露川
秋の日や障子かげろふうろこがた 許六
秬の葉や檐にかげろふ玉祭 洒堂
笠のはやかげろふ加賀の女市 正秀
西東どのかげろふに法の糸 許六
鼻の先目にかげろふや小六月 使帆

以上
by 575fudemakase | 2016-09-30 03:53 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

真菰の花 の俳句

真菰の花 の俳句

真菰の花 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22895519/

真菰の花 補遺

水郷の月夜なりけり花真菰 森澄雄
花として芦の花も真菰の花もまことに秋 荻原井泉水
花真菰ばかりがけふのまなかひに 岡井省二 夏炉

以上
by 575fudemakase | 2016-09-30 03:50 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

富士薊 の俳句

富士薊 の俳句

富士薊 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22897296/

富士薊 補遺

らくがきに句碑は汚れし富士薊 富安風生
富士薊するどき班もち萌え出でぬ 山口青邨
富士薊触れざる指を刺しにけり 富安風生
富士薊触れんとしたるのみに刺す 富安風生
富士見えず富士薊見て山登る 阿波野青畝
水平を湖は保てず富士薊 上田五千石『琥珀』補遺
溶岩と火山灰育ち手強き富士薊 百合山羽公 樂土

以上
by 575fudemakase | 2016-09-30 03:48 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

鳥頭 の俳句

鳥頭 の俳句

鳥頭 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22898234/

鳥頭 補遺

すでにふかく眠る男ら鳥かぶと 飯島晴子
とりかぶとこの紫を毒といふ 山口青邨
とりかぶと狂言の世を遠ざかる 平井照敏 猫町
とりかぶと部落出口の供養塔 松崎鉄之介
ふるさとに見る初めての鳥兜 右城暮石 散歩圏
もしほうと鳥兜頭にかぶるなら 岡井省二 猩々
ヌプリとは蝦夷なる高嶺とりかぶと 阿波野青畝
北国はとりかぶとなど美しく 山口青邨
十歩入り憩ひし山の鳥かぶと 高野素十
咲き残りをりてくれしは鳥兜 清崎敏郎
天上は空つぽならず鳥兜 岡井省二 鯨と犀
天塩路や霰に残るとりかぶと 齋藤玄 飛雪
山齢を襞にし刻む鳥兜 上田五千石『風景』補遺
岬まで濤は地に伏しとりかぶと 古舘曹人 砂の音
幾人か敵あるもよし鳥かぶと 能村登四郎
末枯の野の紫はとりかぶと 山口青邨
梅花離々鳥頭子書屋成りにけり 水原秋櫻子 蓬壺
歩かねば行けぬ山なり鳥兜 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
湖の辺の古潭陋屋とりかぶと 松崎鉄之介
白樺の大露に咲く鳥兜 飯田蛇笏 心像
白露や花を尽さぬ鳥かぶと 橋本多佳子
笹原に昼間の露や鳥かぶと 細見綾子
紫の花の乱やとりかぶと 惟然
茸狩に来て鳥兜咲くところ 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
荒寥と熊の湯ちかき鳥かぶと 水原秋櫻子 玄魚
鳥かぶと咲く所へも村の道 右城暮石 散歩圏
鳥兜ある現地まで遂に来し 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
鳥兜下見に行きてありたると 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
鳥兜図鑑に照らし相違なし 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
鳥兜花尽さぬに我等去る 橋本多佳子
鳥兜見るため用意軽四輪 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
鳥兜谿をとんでは芹生の子 飴山實 花浴び

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 23:33 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

鰯 の俳句

鰯 の俳句

鰯 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23195742/

【参考】潤目鰯 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23361786/

鰯 補遺

あかつきの潤目鰯に糶の短かさよ 古舘曹人 樹下石上
あとの闇しづまりかへる鰯引 山口誓子
うすうすと七星かかぐ鰯船 山口誓子
おもしろと鰯引けり盆の月 含粘
きのふ泣いてけふは笑つて鰯引く 鈴木真砂女 紫木蓮
このしろのまぎれはせずに鰯網 山口誓子
この先は大景ばかり鰯引 阿波野青畝
すみしのち浪は寄りつゝ鰯引 山口誓子
すゞしさや折ッて見せたる生鰯 臥高
にぎやかに鰯引く也九十九里 正岡子規 鰯引く
ふるさとや東風寒き日の鰯売り 鈴木真砂女 夏帯
ぺしやんこに轢かれ鰯の真新し 右城暮石 句集外 昭和四十七年
むめへ来て干鰯をねらふからす哉 馬場存義
カンテラに鰯かゝやく夜店哉 正岡子規 鰯
一本の鰆提げ立つ鰯舟 後藤夜半 底紅
七浦の夕雲赤し鰯引 正岡子規 鰯引く
三錢の鰯包むや竹の皮 正岡子規 鰯
乳房掠める北から流れてきた鰯 金子兜太
五軒家や門竝はいる鰯賣 正岡子規 鰯
今取りし鰯をわけてもらひけり 正岡子規 鰯
八朔や鰯の皃のめづらしき 建部巣兆
凩や鰯乏しき鰯網 正岡子規 凩
初霜や砂に鰯の反かえり 支考
十ヶ村鰮くはぬは寺ばかり 正岡子規 鰯
十家内こぞつて出ぬ鰯網 正岡子規 鰯
口の中汚れきつたり鰯喰ふ 草間時彦 櫻山
名月や鰯もうかぶ海の上 正岡子規 名月
呼売りのしこ鰯かなもう見えず 加藤秋邨
夕榮や鰯の網に人だかり 正岡子規 鰯
夕燒や鰯の網に人だかり 正岡子規 鰯
夕餉すみて濱の散歩や鰯網 正岡子規 鰯
大漁のこぼれ鰯は波が引く 鈴木真砂女 紫木蓮
大漁の鰯拾ふて戻りけり 正岡子規 鰯
大漁や鰯こぼるゝ濱の道 正岡子規 鰯
太刀魚も干してもとより鰯干す 後藤夜半 底紅
安房へ來て鰯に飽きし脚氣哉 正岡子規 鰯
安房へ來て鰯をくはぬ脚氣哉 正岡子規 鰯
小鰯にけふ頃日のさむさかな 舎羅
小鰯の乾く寸秒五月祭 赤尾兜子 玄玄
小鰯や布施に積たる寺の門 三宅嘯山
尾の焦げてうるめ鰯の痩せたる眼 稲畑汀子
岩にはり付けた鰯がかはいて居る 尾崎放哉 須磨寺時代
干鰯には鼻こそつまめ郭公 琴風
干鰯にぶき海光路次にさす 大野林火 海門 昭和十二年
干鰯血の気さすなり日向ぼこ 阿波野青畝
年の夜のぶりや鰯や三の膳 去来
弱る鰯一尾膨るる潮泳ぐ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
忘るなよ梅に鴬田に鰯 尚白
押しよせて網の底なる鰯哉 正岡子規 鰯
捨鰯浜に夕日の裏日本 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
掬ひ出す舟の鰯の無尽蔵 右城暮石 虻峠
早馬を駆るや鰯の海道を 山口誓子
星とぶに食して鰯の酢漬かな 岡井省二 大日
星一つ焚く火の上に鰯引 山口誓子
暮色濃く鰯焼く香の豊かなる 山口誓子
曳き声に鴉翔たせぬ鰯網 石塚友二 光塵
東西に砂丘冷たき鰯曳 百合山羽公 寒雁
歩板にも鰯のあぶら滲みつきて 後藤比奈夫
汐焚くと鰯ひくとや頂磨の蜑 河東碧梧桐
波の列右へ右へ鰯干す人に 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
浜に盛らる鰯がけふの手間賃か 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
浮樽や小嶋ものせて鰯引 正岡子規 鰯引く
浮樽や小鳥ものせて鰯引 正岡子規 鰯引く
海光の一村鰯干しにけり 日野草城
海原をちゞめよせたり鰯曳 正岡子規 鰯引く
淡水に鰯を飼へる夢に覚む 右城暮石 句集外 昭和二十三年
潤目鰯寄す未明のいづこにか死神 佐藤鬼房
潮の香の中の鰯を干す匂ひ 後藤比奈夫
火の色の透りそめたる潤目鰯かな 日野草城
炎天に鰯いきいき売りすすむ 古沢太穂 古沢太穂句集
焼いてしまひし柊に挿す鰯 後藤比奈夫
熊笹に鰯曇りのつゞきけり 前田普羅 能登蒼し
皿の上うるめ鰯の眼の並ぶ 稲畑汀子
目をぬすみ小鰯ひろふ貧女哉 正岡子規 鰯
真鰯がはひり柴漬驚ける 百合山羽公 樂土
磯山や鰯干したる秋日和 正岡子規 秋日和
磯畑や干鰯を出でゝ揚雲雀 正岡子規 揚雲雀
秋風や炭になりゆく鰯の尾 三橋敏雄
空缶もこぼれ鰯もぺしやんこに 右城暮石 虻峠
笹鳴や鰯配給みかん配給 星野立子
網あけて鰯ちらばる濱邊哉 正岡子規 鰯引く
群泳の鰯壁なす人丸忌 上田五千石 天路
胃液の苦さ鰯を食えど青立刈れど 金子兜太
茄子を鰯に代へみんなうまがつてゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
落日は 鰯のごとく なまぐさく 富澤赤黄男
蓬莱の人はともあれさび鰯 凉菟
西日して薄紫の干鰯 杉田久女
覗き行く夕餉の家や鰯賣 正岡子規 鰯
警報を傳ふる村や鰯引 正岡子規 鰯引く
轉地する安房の濱地や鰯引 正岡子規 鰯引く
酷寒の真鰯つまむ街娼か 佐藤鬼房
障子貼る鰯干場を目の下に 鈴木真砂女 生簀籠
雑草のごとく鰯の香ぐはしき 右城暮石 句集外 昭和十六年
魚好きもつとも鰯好みけり 鈴木真砂女 紫木蓮
鯊釣りや鰯の寄りしまだら潮 村山故郷
鰮干す磯靜か也遠鴎 正岡子規 鰯
鰯ひく數に加はるわらは哉 正岡子規 鰯引く
鰯ほす寺の門辺や喪の秋 完来
鰯ほす有礒につゞく早稲田哉 句空
鰯やくかざも伏見の時雨哉 臥高
鰯分つ上樣日和暮れんとす 正岡子規 鰯
鰯売る坂逆光に照り出さる 角川源義
鰯干す匂の中に蒲団干す 後藤比奈夫
鰯干す大漁とおぼしきかがやきに 山口青邨
鰯干す宮も藁屋も温かし 前田普羅 能登蒼し
鰯引き見て居るわれや影法師 原石鼎 花影
鰯引く外浦に出るや芒山 河東碧梧桐
鰯引く腰にねばりのあるかぎり 鈴木真砂女 紫木蓮
鰯汲む夜は妻子も脛ぬらす 佐藤鬼房
鰯焼く煙芙蓉を犯しけり 日野草城
鰯焼く隣同士や木槿垣 正岡子規 鰯
鰯百包みて桐の一葉かな 凉葉
鰯網暮れて一燈を点じけり 山口誓子
鰯網船かたむけて敷き競へり 原石鼎 花影
鰯網鰯の中の小鯛哉 正岡子規 鰯
鰯舟こぎわかれつゝ波がくれ 百合山羽公 春園
鰯船かがやく水尾を残しけり 桂信子 草影
鰯船火の粉散らして闇すすむ 山口誓子
鰯船鰯汲み出す無尽蔵 右城暮石 句集外 昭和三十三年
鰯裂くに指先二本安房育ち 鈴木真砂女 紫木蓮
鰯逃ぐ藍色が見え来て目覚む 右城暮石 句集外 昭和二十三年
麻蒔や俵の口とく宇和鰯 示蜂

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 23:29 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

竹伐る の俳句

竹伐る の俳句

竹伐る の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22895234/

竹伐る 補遺

あげ候あげ候へと竹伐会 松崎鉄之介
くらがりに竹伐る音をはばたかす 上田五千石『琥珀』補遺
ささら折れ見せし竹あり伐り出しぬ 阿波野青畝
さんまたを足す竹伐るも薄暑かな 石川桂郎 四温
たひらかに伐口のこし竹を伐る 阿波野青畝
一日や竹伐る響竹山に 松本たかし
七夕の竹伐る僧の匂ふなり 中村苑子
七夕の竹青天を乱し伐る 原裕 葦牙
七夕竹伐りしと裏戸よりの声 能村登四郎
七夕竹伐るこゑ丁と発しけり 藤田湘子
三鬼忌の竹青ければ伐りにけり 星野麥丘人 2003年
伐りし竹ねかせてありて少し坂 波多野爽波
伐りし竹積んで餅箱その上に 波多野爽波
伐りし竹青さまさりて横たはる 右城暮石 上下
伐りたての竹曳き出せば空騒ぐ 上田五千石『琥珀』補遺
伐り伏せの竹四五本の余寒かな 上田五千石 森林
伐り出しの竹に積む雪利休の忌 岡井省二 明野
伐る一々月に飛沫きぬ水辺竹 日野草城
伐る竹を障りの尼のきて仰ぐ 赤尾兜子 歳華集
伐竹をまたぎかねゐる尼と逢ふ 阿波野青畝
凪かさねたる冬竹の伐られけり 能村登四郎
前山の竹伐る音に主客かな 松本たかし
名月や笛になるべき竹伐らん 正岡子規 名月
境坏の響惜まず竹を伐る 阿波野青畝
寺深く竹伐音や夕時雨 黒柳召波
少年の顔に竹伐る音はしる 飯田龍太
山やかちりかちりと竹を伐る 臼田亜郎 定本亜浪句集
山車庫のうしろ二日の竹伐れり 岡井省二 明野
悉く竹の伐られしことも亦 高野素十
憩ひをり竹伐鉈を帯びしまま 清崎敏郎
林なす竹伐り払ひ零落す 上田五千石 天路
注連張つて竹伐ることをしてをりぬ 燕雀 星野麥丘人
涼しさにわれも鞍馬の竹伐らん 正岡子規 涼し
猟男らの焚火竹伐るまんまんと 岡井省二 明野
琅かんの響惜まず竹を伐る 阿波野青畝
病羽公竹伐護符を力とす 百合山羽公 樂土以後
真珠養ふ棚の太竹伐りそろへ 上村占魚
竹すこし伐り過ぎたりし気病かな 能村登四郎
竹を伐て稻妻近き夜となりぬ 正岡子規 稲妻
竹を伐り倒す音枝払ふ音 右城暮石 句集外 昭和三十四年
竹を伐る人にやむなし雪解雨 前田普羅 能登蒼し
竹を伐る山から駅の時計見る 山口青邨
竹を伐る農婦へ西日痛烈に 佐藤鬼房
竹を伐る音いま竹を離れたる 後藤比奈夫
竹を伐る音としばらくして悟る 伊藤白潮
竹を伐る音に空気の乾きをり 後藤比奈夫
竹を伐る音竹藪の中にあり 後藤比奈夫
竹伐つてからみしものを引きはなす 右城暮石 天水
竹伐つてすこしは冬の日を入るる 能村登四郎
竹伐つてほめくてのひら実朝忌 星野麥丘人
竹伐つて伊賀の落陽とどめたる 上田五千石『天路』補遺
竹伐つて意外女の出て来たる 能村登四郎
竹伐つて曳きずる裸跣足にて 右城暮石 句集外 昭和二十三年
竹伐つて涙珠のしづくふるひけり 上田五千石『風景』補遺
竹伐つて稻妻近くなる夜かな 正岡子規 稲妻
竹伐つて竹の白露うちかぶる 日野草城
竹伐つて薬石の時近づけり 石川桂郎 高蘆
竹伐つて蚊の声遠き夕べかな 白雄 白雄句集
竹伐て日のさす寺や初紅葉 吾仲
竹伐の外には見えず菊の主 丈草
竹伐の眇の方の眼に話す 飯島晴子
竹伐や丹波の占もきく近江 西鶴
竹伐や僧形は白または黒 楠本憲吉 孤客
竹伐や盗人の腕もずんど切 富安風生
竹伐られ蔓といふ蔓おちつかず 阿波野青畝
竹伐りしきのふの道を通りけり 雨滴集 星野麥丘人
竹伐りし谺消えたる風の山 鷲谷七菜子 花寂び
竹伐りし顔がでてくる椹野川 飴山實 少長集
竹伐りの必ず通る濡佛 藤田湘子
竹伐りも弟子二三年勤めねば 高野素十
竹伐り置く唐招提寺門前に 西東三鬼
竹伐ると真言ひびく冬の山 森澄雄
竹伐るや丸子の里に犬の数 古舘曹人 樹下石上
竹伐るや去来忌の空さわがせて 飴山實 花浴び
竹伐るや小雨がちなる千早村 下村槐太 天涯
竹伐るや平城山に雲遼かなり 星野麥丘人
竹伐る音谿の向ふに捨湯川 松崎鉄之介
竹伐れば藪揺れて青う澄む空よ 種田山頭火 自画像 層雲集
竹山の竹伐りはじむ秋の風 松本たかし
竹林に竹伐り入りし梅雨の靄 能村登四郎
等高位なる節見つけ竹を伐る 阿波野青畝
翁さびて竹伐る能もなかりけり 上田五千石 天路
舞殿に倚りて竹伐る声を聞く 岡井省二 有時
落人村竹伐る音の間遠かな 松崎鉄之介
道傍の竹伐られたる寒露かな 雨滴集 星野麥丘人
鉈の峰いちいち節へ竹を伐る 阿波野青畝
韻かねばならぬ音もて竹を伐る 後藤比奈夫

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 23:25 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

鰍 の俳句

鰍 の俳句

鰍 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22894734/

鰍 補遺

*鮴鰍むかしは水も匂へりき 石塚友二 玉縄抄
あやまりてぎゞうおさゆる*かじか哉 嵐蘭
ある日ある朝抱卵の鰍たち 飯田龍太
かじかなく夕やさがす虫ぐすり 越人
かじかなく闇に米かす誰やらん 羽笠
かじか笛月がうす眼をあけにけり 野澤節子 八朶集
すさまじや鰍釣りゐて釣嫌ひ 斎藤玄 雁道
そうざいの鰍あらふや後の月 寥松
つたひ来し石の下より啼*鰍 高桑闌更
串*かじか百舌鳥のさしたる類ひ哉 五明
声かはす*鰍隔る早瀬哉 高桑闌更
夏帯しどけなく解いたような流のかじかを鳴く 荻原井泉水
岩ばなや*かじかも翌の声そゝげ 鈴木道彦
川音につれて鳴出すかじか哉 凉菟
打あげる*かじかの中のもみぢ哉 木導
掬ひたる鰍少しも動ぜざる 右城暮石 散歩圏
棹もちて走るはみんな鰍捕 原石鼎 花影
水ぬるむむかし山羊の眼鰍の眼 飯田龍太
江の秋鰍魚といふは香しき 高野素十
牡丹に未開の真紅かじか領 原裕 青垣
石おこす人をやうらむ*鰍鳴 加舎白雄
音に啼やかじかも水のあはれ秋 馬場存義
鰍の首飛ばし流氷寄する風 斎藤玄 狩眼
鰯雲大瀬に仰ぎ鰍獲り 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2016-09-29 23:22 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング