<   2016年 10月 ( 215 )   > この月の画像一覧

初茸 の俳句

初茸 の俳句

初茸 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22909803/

初茸 補遺

井戸端や初茸洗ふ二三人 正岡子規 茸
初茸といはれ正しく初茸なり 岸田稚魚 紅葉山
初茸にいかい顔かな大江山 鼠弾
初茸にまぎるゝ庵や松の中 支考
初茸に渋笠ゆかし塚の霜 李由
初茸のあかときいろに萱の苞 古舘曹人 樹下石上
初茸の出さうな山のつづきけり 山口青邨
初茸の婆のうしろに大菩薩峠 古舘曹人 樹下石上
初茸の盆と見えけり野老売 其角
初茸やきのふの雨のしめり道 正岡子規 茸
初茸や塩にも漬ヶず一盛 沾圃
初茸をはさみて焼や茶弁当 許六
松かげや初茸かけて貝ひろひ 支考
松の枝低く初茸ならびつれ 山口青邨
病小提灯初茸つとに訪ねくる 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-10-31 06:58 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

色なき風 の俳句

色なき風 の俳句

色なき風 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262665/

色なき風 補遺

*りうりうと色なき風の水門かな 佐藤鬼房
ユーカリの木肌ざらしに色なき風 松崎鉄之介
五月雨や梅の葉寒き風の色 椎本才麿
冬枯の色なき風の柳かな ト宅
小路より小路へ風の色を追ふ 上田五千石『琥珀』補遺
憂きことに離れ色なき風の中 鈴木真砂女 都鳥
捨て鸚哥色なき風に色ひくは 百合山羽公 樂土
朱蜻蛉浮きては風の色となる 西東三鬼
泉辺は色なき風の湧きどころ 上田五千石『琥珀』補遺
涼しさや風の色さす梅もみぢ 野坡
磐間吹く風の色なき吉野かな 鷲谷七菜子 天鼓
笠あふつ柱すゞしや風の色 中村史邦
籠らばや色なき風の音聞きて 相生垣瓜人 明治草
花野より十二単の風の色 鷹羽狩行
菖かけて見ばや五月の風の色 洒堂
薫るとやとかく奇麗な風の色 椎本才麿
裏口へ色なき風を通しけり 桂信子 花影
風の中に日の色すわる椿かな 川端茅舎
風の日は躁の色かなシクラメン 飯田龍太
鵯もとまりまどふか風の色 惟然

以上
by 575fudemakase | 2016-10-31 06:52 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

山粧ふ の俳句

山粧ふ の俳句

山粧ふ の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22907784/

山粧ふ 補遺

前は海うしろの山の粧はず 鷹羽狩行
杣人の葬りに山の粧へり 鷹羽狩行
江山の粧はずとも奇なりけり 阿波野青畝
炭焼くや粧ふ山を遊ばせて 百合山羽公 樂土
炭焼を入れて粧ふ山ならず 百合山羽公 樂土
粧ふ山千秋楽の牧囲む 平畑静塔
義経の抜けけむ山の粧ひぬ 阿波野青畝

以上
by 575fudemakase | 2016-10-31 06:47 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

秋澄む の俳句

秋澄む の俳句

秋澄む の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275705/

秋澄む 補遺

あきの空澄ば黒きが庭つばき 野坡
あをあをと夕空澄みて残暑かな 日野草城
かへりみて幾山河の秋澄めり 上田五千石『天路』補遺
このみちの楢や櫟や秋澄む日 星野麥丘人
ドラマめく親子の旅に秋澄めり 鈴木真砂女 紫木蓮
出水盛り上げし川砂秋澄めり 右城暮石 天水
北上山系影かさねつつ秋澄めり 能村登四郎
地と水と人をわかちて秋日澄む 飯田蛇笏 家郷の霧
地蔵尊ひとりのゆゑに秋澄んで 森澄雄
好日やわけても杉の空澄む日 石塚友二 曠日
子が無くて夕空澄めり七五三 星野麥丘人
実を仰ぐ榧のその空澄めるかな 及川貞 夕焼
峡尽きて炭焼く峯の空澄めり 及川貞 榧の實
峡盡きて炭焼く峯の空澄めり 及川貞 夕焼
巫の衣袂秋澄む笙の笛 森澄雄
強東風の空澄みきつてゐたりけり 鈴木真砂女 生簀籠
月の空澄みて大根の葉には靄 川端茅舎
栗の木の下行く峡の秋日澄む 村山故郷
植物のたをやかさ去り秋日澄む 飯田蛇笏 家郷の霧
榧の実の空澄めばまた沼に鳥 飯田龍太
淵の上に責蒔いでて空澄めり 水原秋櫻子 霜林
物がよく見えて秋澄む佐久平 岡本眸
白鷺ゆき極月の田居空澄めり 西島麦南 人音
碧眼の秋澄む処女名はオリガ 上田五千石 天路
磯洗ふとどろきに秋澄めりけり 上村占魚
秋澄みたり魚中に浮て底の影 正岡子規 秋澄む
秋澄みてかの山紫この水明よ 上田五千石『琥珀』補遺
秋澄みてなにがしの丘又野川 山口誓子
秋澄むといふこと富士の姿にも 高浜年尾
秋澄むと何くれとなく家に居り 森澄雄
秋澄むと嘴のごとくに砂洲を置き 鷹羽狩行
秋澄むはさみしからむを水すまし 岡本眸
秋澄むやいづちに向くも山の楯 上田五千石『天路』補遺
秋澄むや下りて肩身の狭き鳶 鷹羽狩行
秋澄むや偸安紙魚を飼ふごとし 小林康治 玄霜
秋澄むや湖のひがしにもぐさ山 森澄雄
秋澄むや湯釜の濁りとこしへに 水原秋櫻子 蓬壺
秋澄むや空にちかづく楢櫟 鷲谷七菜子 天鼓
秋澄むや貝鐘響く峰の雲 正岡子規 秋澄む
秋澄む日さし入りがたし黒部川 水原秋櫻子 帰心
秋澄める暁雲といふものの紅 飯田蛇笏 椿花集
秋澄める物のかたちに人の貌 岡本眸
秋澄んで峠路にある六地蔵 森澄雄
秋澄んで銀燃ゆる蜘蛛の糸 石塚友二 光塵
空澄みてまんさく咲くや雪の上 相馬遷子 雪嶺
空澄みて拝むほかなき枯野かな 渡邊水巴 白日
空澄むに大根引のうつろさよ 松村蒼石 雪
空澄むやどこへ行つても水子佛 石田勝彦 雙杵
空澄めば飛んで来て咲くよ曼珠沙華 及川貞 榧の實
空澄めり土にはじけて小豆つぶ 松村蒼石 寒鶯抄
空澄める日や獅子舞の笛も澄む 安住敦
空澄んで親父が死んだ裏藪の梅 中川一碧樓
虹の絵を今日二つ見て秋澄めり 松崎鉄之介
諏訪の湖神意そのまま秋澄めり 能村登四郎
身辺の雑然と秋澄めりけり 岡本眸
道やたら濡れて忍野の秋澄めり 岡本眸
風澄みて棘より枯るる茨かな 松村蒼石 寒鶯抄
風澄むや落花にほそる深山ふぢ 前田普羅 飛騨紬
鯉幟大本営発表に風澄みて 渡邊水巴 富士
黙契のごと秋澄める石と居り 鷲谷七菜子 一盞

以上
by 575fudemakase | 2016-10-31 06:37 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

馬肥ゆる の俳句

馬肥ゆる の俳句

馬肥ゆる の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22898410/

馬肥ゆる 補遺

八海をめぐる駄賃の馬肥ゆる 百合山羽公 樂土以後
力芝むしりて牧馬肥えにけり 阿波野青畝
天高く肥ゆることなき神の馬 鷹羽狩行
新緑に乗らんと牽けば青馬の肥え 飯田蛇笏 家郷の霧
昆明の荷役して馬肥えにけり 阿波野青畝
春草菲々馬肥えていくさを思ふ哉 正岡子規 春の草
汗血馬絶えし沃土に馬肥ゆる 稲畑汀子
秋高く馬肥えにけり佐野の里 正岡子規 秋高し
肥馬の尾の薄払うて垂れにけり 日野草城
肥馬曳き出す停泊の巨船より 飯田龍太
肥馬鉄色米櫃重く抱へ出て 飯田龍太
芋虫のよく肥ゆ馬も又然り 阿波野青畝
若草に見る見る馬の肥にけり 正岡子規 若草
街道の蒲公英馬糞に肥にけり 正岡子規 蒲公英
赤土の雲南省の馬肥ゆる 阿波野青畝
長城を遥か天山馬肥ゆる 松崎鉄之介
馬肥えてかがやき流る最上川 村山故郷
馬肥えてベスビオ怒り忘じけり 阿波野青畝
馬肥えて耕主きげんや客もてなす 星野立子
馬肥えて臙脂の菊を踏みにけり 永田耕衣
馬肥えて財を蓄ふ知恵は持たず 鈴木真砂女 居待月
馬肥えぬ対馬乙女とたけくらべ 阿波野青畝
馬肥ゆるとはみちのくの野なるべし 山口青邨
馬肥ゆるみちのくの旅けふここに 山口青邨
馬肥ゆる天下御免の馬糞して 百合山羽公 樂土
馬肥ゆる稿一枚を銭と換ヘ 上田五千石『風景』補遺
麦は穂に源氏の馬も肥えにけむ 村山故郷

以上
by 575fudemakase | 2016-10-31 06:33 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

秋祭 の俳句

秋祭 の俳句

秋祭 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23262739/

秋祭 補遺

うぶすなは提灯だけの秋祭 飴山實 次の花
かいどりや木綿鹿子の秋まつり 諷竹
かまきりも少きとしの秋祭 百合山羽公 故園
このあたり真間の二丁目秋祭 清崎敏郎
さそはれて行く気となりぬ在祭 上村占魚 球磨
そのあたり斎垣の燈さす秋祭 山口誓子
たのしさは支度にありて秋祭 鷹羽狩行
つたへ古る獅子舞唄や秋祭 水原秋櫻子 重陽
ばらばらに賑つてをり秋祭 深見けん二
ほか~と背あたゝかし秋祭 日野草城
まひるまの静かな家並秋祭 星野立子
みのりたる田に行灯や秋祭 山口青邨
やぶさめの矢取さきがけ秋祭 角川源義
わだとほく魚追ふくらし浦祭 細谷源二 鐵
をちこちのひとに逢ひたる秋祭 桂信子 草影
モーニング服に法彼の秋祭 山口誓子
リゼルといふ娘が女王秋祭 高野素十
一日の秋にぎやかに祭りかな 正岡子規 秋祭
光る水載せて堰板秋まつり 百合山羽公 寒雁
土べたに屏風立けり里祭 卓池
在祭木葉山女を手向とし 飴山實 次の花
地に落ちて紙ひびく凧秋祭 山口誓子
壺ならぶ古玩の店も秋祭 水原秋櫻子 殉教
夕だちや具足に簑の在祭 三宅嘯山
夕日射す木の間人の間秋まつり 廣瀬直人
大いなる里の団子や秋まつり 上村占魚 鮎
天つ日に魚の背を干し浦祭 細谷源二 鐵
天目で新茶くれけり里祭 許六
太鼓タタンと 小狐ココンと 秋祭 伊丹三樹彦
太鼓打つ穂草の辻も秋祭 水原秋櫻子 殉教
女一人まじる楽隊秋祭 高野素十
娘の名リゼル二人や村祭 高野素十
子供御輿来るわが露路も秋祭 山口青邨
小鳴門をながるる渦や秋祭 水原秋櫻子 殉教
山々に深空賜はる秋祭 桂信子 緑夜
山の湯に首浮けて聞く秋祭 村山故郷
山坂に山車がつまづく秋祭 百合山羽公 故園
山川に歩み負けたり秋祭 平畑静塔
山影ににはとり絞めて秋祭 鷹羽狩行
山越えて招き招かれ秋祭 福田蓼汀 山火
山路来てこゝに村あり秋祭 日野草城
川越えて同じ青空秋まつり 百合山羽公 寒雁
巳里祭厠に残る女の香 岸田稚魚 筍流し
幟立ち何にもなくて秋祭 富安風生
提灯を吊す古釘秋祭 中村汀女
新豆腐添へる夕餉や秋祭 水原秋櫻子 餘生
昼からの花火湖畔の秋祭 高浜年尾
昼酒のほかは沢水秋まつり 百合山羽公 樂土
時間もてあます警官秋祭 右城暮石 一芸
晴れの日を乏しく終へし在祭 能村登四郎
暗き燈に民のよろこび秋祭 山口誓子
曠著よりゆふぐれとなる秋祭 山口誓子
朝鵙や神在祭の列につく 角川源義
村會に秋の祭の日のべかな 正岡子規 秋祭
村祭村の愚者桶たたく 細谷源二 砂金帯
村祭鵙取る人の余所心 内藤鳴雪
棒に集る雲の綿菓子秋祭 西東三鬼
樫の木の蔭も古りけり秋祭 前田普羅 春寒浅間山
母に去られし児と居り春の村祭 佐藤鬼房
水郷に斎竹を挿す秋祭 阿波野青畝
浄瑠璃は泣きわめくなり秋祭 阿波野青畝
浦祭祭囃子に波踊り 上野泰 春潮
浦祭鰡のへそ酒ありやなし 百合山羽公 樂土以後
湖へだてあなたこなたの秋祭 福田蓼汀 山火
満汐の向ふの町の秋祭 中村汀女
漁やめて瑠璃の海底秋祭 百合山羽公 寒雁
漂へる蝶々黄なり秋祭 前田普羅 春寒浅間山
濁り江の潮どきかなし秋祭 水原秋櫻子 霜林
牧水忌島のひとつは秋まつり 飯田龍太
狛犬がおどけて笑ふ秋祭 阿波野青畝
病むひとのひげも剃られて秋祭 日野草城
病床にとどく花火は秋まつり 百合山羽公 樂土以後
白面の為朝笑止秋祭 山口誓子
着飾りて畦に佇ちをり秋祭 日野草城
石段のはじめは地べた秋祭 三橋敏雄
神輿挽く美幌の馬も秋祭 阿波野青畝
秋祭すみし田舎の日向かな 日野草城
秋祭そぞろ歩きにやや遠し 水原秋櫻子 蘆雁
秋祭とて沼渡舟旦より 福田蓼汀 山火
秋祭までに毀るるいかのぼり 山口誓子
秋祭やぶさめ母衣のいさましや 角川源義
秋祭リボン古風に来たまへり 平畑静塔
秋祭人語四方の峠より 前田普羅 春寒浅間山
秋祭八岐の大蛇退治けり 安住敦
秋祭夜店が尽きてただの町 山口誓子
秋祭大きく鮨を握りけり 鈴木真砂女 都鳥
秋祭女房烏声にわらふ 平畑静塔
秋祭川には川の蝶遊ぶ(奥多摩) 細見綾子
秋祭暮れても凧を手離さず 山口誓子
秋祭焚火の燠に夜店守る 大野林火 方円集 昭和五十一年
秋祭神楽巫女なる姑嫁 右城暮石 句集外 昭和四十四年
秋祭笛一管に星欠くも 古舘曹人 能登の蛙
秋祭紫の募箔屋町(金沢二句) 細見綾子
秋祭終り用済みの老人たち 能村登四郎
秋祭終る太鼓をどんと打つ 西東三鬼
秋祭蝶々小さくなりにけり 前田普羅 春寒浅間山
秋祭過ぎしは昨日塀の泥 桂信子 草影
秋祭過ぎて杜には燈の気なし 山口誓子
秋祭鬼面をかぶり心も鬼 山口誓子
稚妻みごもるころに秋祭 百合山羽公 故園
群山の幸を余さず秋祭 藤田湘子 神楽
群巒にひとり神なる秋祭 前田普羅 春寒浅間山
老人に石のつらなる秋祭 桂信子 新緑
聳えたつ山の巌に秋祭 百合山羽公 故園
芦の葉を笛とこそ聞け秋祭 阿波野青畝
草かるくなりたる日ざし秋祭 鷲谷七菜子 天鼓
葬りはひとのいとなみ秋祭 石田勝彦 百千
街中にふるさとはあり秋祭 深見けん二
裏山に見世物の燈や秋祭 大野林火 早桃 太白集
裏戸なる如意は閑かや秋祭 日野草城
豆の粉や柚の葉*貰うて里祭 許六
踏み鳴らす貝殻道や秋祭 岡本眸
道ひろく家まばらなり秋祭 富安風生
遠田まで太鼓ひびけと秋祭 山口誓子
里祭笛太鼓どのあたり曳く 石川桂郎 四温
里親の心づくしや秋祭 日野草城
鐘を撞きあふも一会や村祭 鷹羽狩行
門川の皿にせせらぎ秋祭 福田蓼汀 山火
雨の日の金王さまの秋祭 雨滴集 星野麥丘人
雨雲は山を下り来ず秋祭 上田五千石『風景』補遺
雨風のつのる信濃の秋まつり 藤田湘子 途上
青天を引張り四方秋まつり 百合山羽公 樂土以後
鞘に太刀戻らぬ神楽里祭 後藤比奈夫
風のみち鳥のみち野は秋祭 藤田湘子 てんてん
高張の踏切渡る秋祭 山口誓子
髪すねて遂に留守しぬ秋祭 杉田久女
鵙が鳴き柿が輝き秋祭 日野草城
鵲や白秋祭のまへ日和 百合山羽公 樂土以後

以上
by 575fudemakase | 2016-10-29 08:56 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

身に入む の俳句

身に入む の俳句

身に入む の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23275764/

身に入む 補遺

こゑならぬこゑの身に入む水夕べ 上田五千石『風景』補遺
しらしらと山日身に入む昼の酒 上田五千石『風景』補遺
たちいでて身にしみじみと秋日かな 飯田蛇笏 山廬集
つくつくと身に入む月の一人哉 正岡子規 身に入む
はからざる一語身に入むはからざりき 村山故郷
はしなくも身に入む言葉聞きにけり 中村苑子
ひとり居の身に沁み入らす雁の声 鷹羽狩行
ひとり身にしみじみ深し花の傘 岡本眸
プラタヌの拳 まだまだ 身に沁む風 伊丹三樹彦
二三日や身にしむ旅の夢をみる 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
人のなさけが身にしみる火鉢をなでる 種田山頭火 自画像 落穂集
便りして又身に入むといふことを 岡井省二 前後
俳諧の咄身にしむ二人哉 正岡子規 身に入む
別れ霜身にしむ春の名残かな 正岡子規 別れ霜
古戦場と聞けば身に入む夕哉 正岡子規 身に入む
句屏風の二双十二句身に沁めり 松崎鉄之介
土のほとぼり身にしみて思ひ遠きかな 種田山頭火 自画像 層雲集
地獄絵の身にしみじみと秋日かな 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
墨痕のいづれ身に沁むものばかり 上田五千石『天路』補遺
大納言の間の身に入むに堪へむとす 水原秋櫻子 玄魚
學ぶ夜の更けて身に入む昔哉 正岡子規 身に入む
山門の白い提灯身に入みて 阿波野青畝
常臥すも身に入むころとなりにけり 森澄雄
彳むや森深く夜氣肌に入む 正岡子規 身に入む
戦災の身にしむ冬ぞ耐へ生きむ 石塚友二 磯風
散薬が朝に夕べに身に入めり 相生垣瓜人 負暄
水の味も身にしむ秋となる 種田山頭火 自画像 落穂集
水割も身に入む酒となりにけり 草間時彦
法の山すでに身に入む音ばかり 上田五千石 風景
泣き黒子二つも持つは身に入みて 鈴木真砂女 居待月
焚火して身にしめり気の到る待つ 細見綾子
生き堪へて身に沁むばかり藍浴衣 橋本多佳子
町川に立つまくなぎも身にしみて 山口誓子
秋といふ身にしむころのきたりけり 桂信子 草影
笛の音の身に入む旅も終らんと 高浜年尾
艶夢より覚めて身に入むわが齢 鷹羽狩行
虚子がせし縁側散歩身に入みぬ 阿波野青畝
蛇穴に入るや身にしみ透る酒の味 尾崎放哉 小豆島時代
話身に入りし扇をぱち~と 星野立子
身にしたしき冷えも八十八夜かな 森澄雄
身にしみて一つぐらいは傷もよし 能村登四郎
身にしみて人には告げぬ思一つ 富安風生
身にしみて心も水も温むなり 日野草城
身にしみて我より若き死を送る 能村登四郎
身にしみて木囚の墓塚の裾 大野林火 方円集 昭和五十二年
身にしむや師に賜はりし文箱を前 山口青邨
身にしむや海の底ひの都まで 飯田龍太
身にしむや白手套をみるにつけ 飯田蛇笏 雪峡
身にしむや立枯松も鳴り出でゝ 石塚友二 光塵
身にしむや覗けば深き壺の闇 鈴木真砂女 夕螢
身にしれと紙衣の穴をしくれけり 正岡子規 時雨
身に入みてむかしむかしの石子詰 鷹羽狩行
身に入みて塔婆引き抜く声を出す 岡本眸
身に入みて聞くこともなく老いにけり 後藤夜半 底紅
身に入みて蝋燭能と申さるる 阿波野青畝
身に入みて貝殻骨のありどころ 岡本眸
身に入みぬ遺書とも見ゆる散らし書き 後藤比奈夫
身に入むといふこと沁みて齢足す 上田五千石 琥珀
身に入むやあとの一語を口ごもり 鷹羽狩行
身に入むやおのが温みの夜具たたみ 岡本眸
身に入むや千歩ともなき足馴らし 石塚友二 玉縄以後
身に入むや午後三時西門を入る 高野素十
身に入むや名のなき島も松負ひて 石塚友二 磊[カイ]集
身に入むや地底に遺る階の数 岡本眸
身に入むや夢の途上に人と遇ひ 上田五千石『天路』補遺
身に入むや寿貞の身柄二三言 阿波野青畝
身に入むや廃れ銀山穴ばかり 阿波野青畝
身に入むや最も先師に似る羅漢 伊藤白潮
身に入むや林の奥に日当りて 岡本眸
身に入むや棗負のいろばかり増え 飯田龍太
身に入むや泥鰌の桶の泡旺ん 飯島晴子
身に入むや白髪かけたる杉の風 村上鬼城
身に入むや窯とあけくれ窯太郎 鈴木真砂女 夕螢
身に入むや窯は火を待つ口開けて 鈴木真砂女 夕螢
身に入むや臺破るゝ蓮の風 正岡子規 身に入む
身に入むや誰が石塔を刻む音 正岡子規 身に入む
身に入むや赤蝋燭の赤蝋涙 鷹羽狩行
身に入むや通夜の灯として瞬けば 鈴木真砂女 夏帯
身に入むや陶にほつれの茶壺あり 石川桂郎 四温
身に入むる燭まゐらすは何仏 上田五千石『琥珀』補遺
身に沁みてオホーツク海のとどろく夜 加藤秋邨
身に沁みて命惜しみ来長き戦後 岸田稚魚 負け犬
身に沁みて夕映わたる門の石 加藤秋邨
身に沁みて家鴨は鳴けり機音の下 加藤秋邨
身に沁みて死にき遺るは謗らるる 加藤秋邨
身に沁みて礁を越ゆる夜の潮 加藤秋邨
身に沁むや水辺の宿りひとりして 上田五千石『天路』補遺
身に沁むや砂利を鳴らして人は去り 加藤秋邨
身に沁むや職に縋りて疲れをり 小林康治 四季貧窮
身に沁むや風に声出す小松原 鈴木真砂女 都鳥
迅雷の身にしみし夜を父の夢 野澤節子 飛泉
酒といふ身に入む水を摂りにけり 上田五千石『風景』補遺
金箔の仏身にして火を恋ふる 鷹羽狩行
鎌原と聞けば身に入む菜のみどり 岡本眸
青くさきキャムプの匂ひ身にしみつ 山口誓子
飲み逃げの身に入む夜の石畳 石塚友二 光塵
高原の爽気身にしむ登山隊 飯田蛇笏 家郷の霧
魔子といふをんな身に入む文壇史 藤田湘子 神楽

身に入む 続補遺

おもしろもなふて身にしむ神楽哉 北枝
唐音の施餓鬼身にしむ夕哉 百里
我子等が笛も身にしむ神楽哉 桜井梅室
月も身にしむや大根のからき宿 鈴木道彦
浪聞て爰ぞ身にしむ松の風 凉菟
物ごとの身にしむ風やをなご笹 椎本才麿
甲斐歌がみな身にしむぞ夜を寒み 鈴木道彦
秋といふ風は身にしむ薬哉 其角
身にしむはわきあき風の袂哉 高島玄札
身にしむやそよや銀河の白々と 椎本才麿
身にしむや亡妻の櫛を閨に踏む 与謝蕪村
身にしむや宵暁の舟じめり 其角
身にしむや香炉の煙秋の風 斎藤徳元
身に入めや物失したる笹はたき 琴風
霜にちりて光身にしむ牡丹哉 左次

以上
by 575fudemakase | 2016-10-29 08:48 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

夜寒 の俳句

夜寒 の俳句

夜寒 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23239179/

夜寒 補遺

あはれ子の夜寒の床の引けば寄る 中村汀女
いさり火を横にながめたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
いま着きて夜寒の町に降り来り 山口誓子
おかめかぼちや卓上にあり夜は寒き 山口青邨
おしろいの香のあたゝかき夜寒かな 日野草城
おちよろ舟夜寒の潮を漕ぐ灯かも 水原秋櫻子 帰心
おとづれの名刺の白き夜寒かな 日野草城
おのれしたしき朝寒も夜寒さも 森澄雄
おもてから見ゆや夜寒の最合風呂 正岡子規 夜寒
かの札所らしき夜寒の一点灯 阿波野青畝
きつつきに戸をたゝかれし夜寒かな 鈴木真砂女 夏帯
きんつはの行燈暗き夜寒哉 正岡子規 夜寒
くさ飼へば夜寒の老馬ゑまひけり 飯田蛇笏 霊芝
このままに夜寒の雲となりゆくか 下村槐太 天涯
この夜寒座敷童子のゐる気配 鷹羽狩行
こゑごゑをさな夜寒さの湯戻りか 上田五千石 琥珀
さし向ふ夫婦の膳の夜寒哉 正岡子規 夜寒
しばたたく夜寒の翳を睫毛にし 大野林火 白幡南町 昭和二十七年
すれ違ふ夜寒電車の中まる見え 右城暮石 句集外 昭和三十三年
その木いつも夜寒のともし洩れてゐぬ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
そよぐ早稲藤中將眠らしめ 佐藤鬼房
だまされてわるい宿とる夜寒かな 正岡子規 夜寒
ともし火をあてに舟よぶ夜寒哉 正岡子規 夜寒
ともる窓夜寒ごころをほぐし過ぐ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
どの人も耳朶貧しうて電車夜寒 松崎鉄之介
はん鐘の音する夜の寒さかな 正岡子規 夜寒
ひとり見る夜寒の闇に指を立て 加藤秋邨
ほとほとと陰たたくこの夜寒かな 平井照敏 猫町
ほほ笑みの遺影したしき夜寒かな 森澄雄
まだ吊りて夜寒風鈴鳴りにけり 日野草城
まどろめる夜寒の媼に菊の鉢 松村蒼石 寒鶯抄
まなぶたを撫でて寝につく夜寒かな 鷹羽狩行
まんだらの朱色夜寒をいろどりぬ 大野林火 冬雁 昭和二十二年
みちのくの客に夜寒の床のべて 山口青邨
むかし寺のありたる町の夜寒哉 尾崎放哉 大学時代
もの言ひをおもひとどめし夜寒顔 上田五千石『風景』補遺
わりなしや夜寒を眠る通夜の人 正岡子規 夜寒
アパートの鍵や夜寒の障鵯らし 鈴木真砂女 夏帯
サーチライト脱けえぬ敵機夜寒なり 渡邊水巴 富士
ダム放つ谷とどろきも夜寒かな 上田五千石『森林』補遺
バスの灯の過ぎて夜寒の川明り 石塚友二 光塵
ブラジルの朝寒夜寒四日たち 星野立子
一つづゝ波音ふくる夜寒哉 正岡子規 夜寒
一つ家や夜寒*ほうとうすすりあふ 飯田蛇笏 山廬集
一ところ畳のくぼむ夜寒かな 橋閒石 雪
一ところ畳の沈む夜寒かな 橋閒石
一人旅一人つくつく夜寒哉 正岡子規 夜寒
一宿の富士の裾野の夜は寒し 山口青邨
一枚の夜寒が降りし両の肩 橋閒石 朱明
一水の夜寒の音を束ねたり 上田五千石 森林
一茶忌へちかづく夜寒そぞろ寒 上田五千石 風景
丁々と碁を打つ家の夜寒哉 正岡子規 夜寒
三厘の風呂で風邪引く夜寒かな 正岡子規 夜寒
三階の灯を消しに行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
下戸の党膳を徹する夜寒かな 河東碧梧桐
下駄の音脳に響きつ夜寒けれ 石塚友二 方寸虚実
不忍の池をめぐりて夜寒かな 正岡子規 夜寒
丹波夜寒友と寝がたり二三言 大野林火 青水輪 昭和二十六年
二人子よ夜寒の枕寄せねむり 古沢太穂 古沢太穂句集
交番の交代時の夜寒哉 正岡子規 夜寒
人住まぬ戸に灯のうつる夜寒哉 正岡子規 夜寒
今生は償ひの生夜寒くる 能村登四郎
仏壇や夜寒の香のおとろふる 飯田蛇笏 霊芝
仮の世の母の影曳く夜寒かな 佐藤鬼房
伊香保の灯見えて夜寒や榛名山 松本たかし
佛壇のともし火消ゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
俳魔して夜寒の病魔払はせん 河東碧梧桐
傘さしてけやきのしたの宵寒み 大野林火 海門 昭和七年
傾城に袖引かれたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
傾城のぬけがらに寐る夜寒哉 正岡子規 夜寒
傾城の海を背にする夜寒哉 正岡子規 夜寒
僧に似て夜寒布団の白づくめ 大野林火 雪華 昭和三十八年
僧一人竝が岡の夜寒哉 正岡子規 夜寒
僧四人俗大勢に夜寒の灯 星野立子
兄弟のざこね正しき夜寒哉 正岡子規 夜寒
先に寝し子のぬくもり奪ふ夜寒かな 杉田久女
児の父の征旅をしのぶ夜寒かな 飯田蛇笏 春蘭
児の父の遐壊をしのぶ夜寒かな 飯田蛇笏 心像
兒二人竝んで寐たる夜寒哉 正岡子規 夜寒
八雲乙吉跡は夜寒の佃煮屋 百合山羽公 樂土以後
出女が風邪引聲の夜寒かな 正岡子規 夜寒
出女の油をこぼす夜寒かな 正岡子規 夜寒
刄物置いて盗人防ぐ夜寒かな 正岡子規 夜寒
勤行のすんで灯を消す夜寒かな 正岡子規 夜寒
化けさうな行燈に寺の夜寒哉 正岡子規 夜寒
十八人女とりまく夜寒哉 正岡子規 夜寒
千曲川わたりて頓に夜寒かな 阿波野青畝
収穫の南瓜座右にはや夜寒 山口青邨
合宿の齒ぎしりひゞく夜寒哉 正岡子規 夜寒
吉原のにわか過ぎたる夜寒かな 正岡子規 夜寒
吉原の太鼓聞ゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
吉原の踊過ぎたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
名にし負ふ霧の釧路の夜寒の灯 石塚友二 磊[カイ]集
向ひ地のともし消え行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
咳き入りて身のぬくもりし夜寒かな 日野草城
咳に覚め日吉館てふ夜寒宿 能村登四郎
喧嘩せし子の寐入りたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
地震して温泉涸れし町の夜寒哉 正岡子規 夜寒
地震飽きてふらと出でたる夜寒かな 渡邊水巴 白日
埋火をひろぐさながら夜寒星 大野林火 飛花集 昭和四十五年
城の上の星の乱れの夜寒しや 大野林火 方円集 昭和四十九年
堤歩りく提灯高き夜寒かな 尾崎放哉 大学時代
塔周りおよそ夜寒の小家がち 松本たかし
墨染に泪のあとの夜寒哉 正岡子規 夜寒
壁やれてともし火もるゝ夜寒哉 正岡子規 夜寒
壁一重牛の息聞く夜寒哉 正岡子規 夜寒
壁土を鼠食みこぼす夜寒かな 村上鬼城
壁訴訟夜寒の影をつくりつつ 大野林火 海門 昭和八年
夕刊の来て居し夜寒じめりあり 右城暮石 句集外 昭和十三年
夕寒の温泉夜寒の温泉かな 高野素十
夕寒も夜寒も旅はなつかしき 高野素十
夕月の落ちて灯を吹く夜寒かな 正岡子規 夜寒
夕焼にひとたび染みし夜寒浪 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
夜は夜寒昼は萩の葉荒れそめて 細見綾子 桃は八重
夜は寒き片懐手稿をつぐ 山口青邨
夜は寒しいつまでも床に石飾り 山口青邨
夜は寒しそこらにすわる木偶も壷も 山口青邨
夜は寒し古肩掛を膝に掛け 山口青邨
夜を寒み俳書の山の中に坐す 正岡子規 夜寒
夜を寒み猫呼ひてあるく鄰家の女 正岡子規 夜寒
夜を寒み猫呼びありく隣家の女 正岡子規 夜寒
夜を寒み脊骨のいたき机かな 正岡子規 夜寒
夜寒い船泊つ潮凍り泣き 高屋窓秋
夜寒かたまるわれら見下す額の母 大野林火 白幡南町 昭和三十年
夜寒かな堅田の小海老桶にみて 森澄雄
夜寒かな布団の襟を頤で止め 鷹羽狩行
夜寒くゐずやぬかるみばかり横たはる 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
夜寒さに樽天王の勢哉 正岡子規 夜寒
夜寒さに鬣ふるふ馬と逢ひ 山口誓子
夜寒さのひとり笑ひに声が出て 岡本眸
夜寒さのオリオン諸星白く炎ゆ 相馬遷子 雪嶺
夜寒さの声音の低くなりゐたり 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
夜寒さの心ゆくまで鍋磨き 鈴木真砂女 紫木蓮
夜寒さの梁の太きを恃むかな 石川桂郎 四温
夜寒さの樽天王の勢ひ哉 正岡子規 夜寒
夜寒さの海へそろひし廂かな 大野林火 海門 昭和七年以前
夜寒さの肩をもがるゝ如くなり 山口誓子
夜寒さの部屋ぬち映る窓硝子 岡本眸
夜寒さやひきしぼりぬく絹糸の音 杉田久女
夜寒さや人靜まりて海の音 正岡子規 夜寒
夜寒さや四萬は雨降る温泉の灯に 村山故郷
夜寒さや家なき原に灯のともる 正岡子規 夜寒
夜寒さや歌劇見て来て今は寝る 日野草城
夜寒さや籠の文鳥我を呼ぶ 村山故郷
夜寒さや花火遊びも宵の内 村山故郷
夜寒さや語るに落ちし鰥夫同士 能村登四郎
夜寒さや身をちゞむれば眠く成 正岡子規 夜寒
夜寒さや鮎の下りもなくなりし 森澄雄
夜寒さをはるかに越えし夜寒なる 相馬遷子 山河
夜寒さをめぐる星座とひた歩む 相馬遷子 山国
夜寒しくすり湯顔に艶賜ふ 大野林火 雪華 昭和三十八年
夜寒しと言うて命を惜むなり 後藤夜半 底紅
夜寒し海の濡れいろ町に浸み 大野林火 雪華 昭和三十九年
夜寒し逢ふは目礼交はすのみ 大野林火 冬青集 海門以後
夜寒とや座敷わらしのゐる気配 鷹羽狩行
夜寒の千本通り鉢敲き 正岡子規 鉢叩
夜寒の影遠く転げし胡桃にも 伊丹三樹彦
夜寒の戸わが影のまゝ押しひらく 石橋秀野
夜寒の戸熊手をつくる灯のもれぬ 西島麦南 人音
夜寒の戸締めに立ちゆく独言 星野立子
夜寒の海老その網の目をのがれ得ず 鈴木真砂女 夏帯
夜寒の灯かぼそき羽蟲まぐはへる 相馬遷子 雪嶺
夜寒の灯つめたき言葉胸去らず 鷲谷七菜子 黄炎
夜寒の灯穂絮飛びつくしたる芦を 大野林火 飛花集 昭和四十七年
夜寒の燈襖のなかば下照らす 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夜寒の町射的屋は覗くだけで過ぐ 安住敦
夜寒の雨傘にこまやか会議疲れ 古沢太穂 火雲
夜寒はや妻子の寝嵩みな違ふ 小林康治 四季貧窮
夜寒も一人眠れぬときは眠らずに 石田波郷
夜寒よと語るか指が指に触れ 林翔 和紙
夜寒人熊野まんだらの前に寝し 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夜寒僧狐の鳴くを語り去る 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夜寒早や肌さす程に山里は 細見綾子 桃は八重
夜寒星あゆみ移せばはなやぎぬ 松村蒼石 寒鶯抄
夜寒朝寒上海の街眠りをり 山田みづえ 草譜
夜寒朝寒裲襠の子が目を去らず 相馬遷子 雪嶺
夜寒灯に厨すむわれを待つ子かな 杉田久女
夜寒貌時計の針も影を伴れ 大野林火 雪華 昭和三十六年
夜寒逝く肩をすぼむる癖ありし 大野林火 潺潺集 昭和四十年
夜寒道夢泣きの子をなだむ声 大野林火 雪華 昭和三十六年
夜寒馬車鷹揚馭者は美髯公 日野草城
大佛の足もとに寐る夜寒哉 正岡子規 夜寒
大名を藁屋にとめる夜寒哉 正岡子規 夜寒
大家の靜まりかへる夜寒哉 正岡子規 夜寒
大寺に一人宿借る夜寒哉 正岡子規 夜寒
大寺のともし少き夜寒哉 正岡子規 夜寒
大床に鼠のさわぐ夜寒哉 正岡子規 夜寒
大海を前にひかへて夜寒哉 正岡子規 夜寒
天の川二條の空の夜寒しや 正岡子規 天の川
奥山の温泉の夜寒ひとしほに 上村占魚 球磨
女将われ客に夜寒の靴揃ヘ 鈴木真砂女
妙法の太鼓聞こゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
妻病むや夜寒の子らと塩買いに 古沢太穂 古沢太穂句集
姿見に灯うつる夜寒哉 尾崎放哉 大学時代
婀娜をつれ軍靴をはきて夜寒かな 飯田蛇笏 雪峡
子をつれて夜寒の幹を避け通る 大野林火 青水輪 昭和二十三年
客の名の思ひ浮かばぬ夜寒かな 鈴木真砂女 紫木蓮
客の声夜寒の闇を遠ざかる 日野草城
宵寒のうつむき歩み両肩見ゆ 松崎鉄之介
宵寒の背中を吾子のつたひあるく 篠原梵 年々去来の花 皿
宵寒や貧者のとぼす燈の少な 佐藤鬼房
家を出て夜寒の医師となりゆくも 相馬遷子 山国
寂然とをれと艶なる夜寒かな 河東碧梧桐
寝返れば夜寒の簀子音すなり 内藤鳴雪
封切て灯をかきたてる夜寒哉 正岡子規 夜寒
導かれ夜寒の道のよく曲る 大野林火 方円集 昭和五十三年
小便に行けば月出る夜寒哉 正岡子規 夜寒
小坊主のひとり鐘撞く夜寒哉 正岡子規 夜寒
小比丘尼のほころびつゝる夜寒哉 正岡子規 夜寒
小火鉢の灰やはらげる夜寒哉 正岡子規 夜寒
小角力が風呂の下焚く夜寒かな 河東碧梧桐
少女歌劇見戻るに忽と夜寒かな 石塚友二 方寸虚実
尾根おろし来る雨音の澄む夜寒 村山故郷
居風呂に二人入りこむ夜寒かな 河東碧梧桐
屋太鼓の灯の遠ざかる 夜寒の衿 伊丹三樹彦
山の薯つるりと夜寒はじまりぬ 鷲谷七菜子 游影
山もとのともし火動く夜寒哉 正岡子規 夜寒
山小舎の夜寒の音もつひにやむ 上田五千石『天路』補遺
山星夜寒善知鳥の鳴き音聴きに出て 上田五千石『天路』補遺
山案内したる汝と夜寒酒 上村占魚 球磨
山越えや馬も夜寒の胴ぶるひ 内藤鳴雪
山越ゆる長き無蓋車夜寒星 松崎鉄之介
市の城夜寒く松のかたまりて 阿波野青畝
布団しき風呂に出て行く夜寒哉 右城暮石 句集外 昭和五年
帰り路の夜寒くなれる句会かな 杉田久女
平家聞く小姓の顏の夜寒哉 正岡子規 夜寒
幼なゐて何か夜寒のものがたり 山口誓子
庭の灯に人顏映る夜寒哉 正岡子規 夜寒
廊下から海ながめたる夜寒哉 正岡子規 夜寒
廣き間にひとり書讀む夜寒哉 正岡子規 夜寒
影といふ影わが影も夜は寒き 山口青邨
待てば來ず雨の夜寒の薄蒲團 正岡子規 夜寒
御佛と襖隔つる夜寒哉 正岡子規 夜寒
心すこし売つて夜寒の灯に戻る 上田五千石 琥珀
心不全夜寒の雨月物語 佐藤鬼房
思ひの外客ある山の夜寒かな 河東碧梧桐
戸の外に折檻の子の夜寒かな 内藤鳴雪
扇見てふし思ひ出す夜寒哉 正岡子規 夜寒
投げ出せし大足拝す夜寒かな 岸田稚魚 負け犬
折紙の折目正してゆび夜寒 上田五千石『琥珀』補遺
拗ね合うて夜寒更けけり姉妹 日野草城
持ち寄りの菓子や夜寒の旅重ね 鈴木真砂女 夏帯
挑灯の厠へ通ふ夜寒哉 正岡子規 夜寒
採点簿点あふれしめ夜寒の茶 能村登四郎
掻きあはす夜寒の膝や机下 杉田久女
提灯で泥足洗ふ夜寒かな 村上鬼城
提灯で見るや夜寒の九品仏 内藤鳴雪
提灯に顔のぞかるゝ夜寒かな 上村占魚 鮎
提灯の小路へ曲る夜寒かな 正岡子規 夜寒
提灯の小道へ這入る夜寒哉 正岡子規 夜寒
擁きて夜寒の寝息分つなり 小林康治 玄霜
攻窯の火にあたたまる夜寒かな 阿波野青畝
文机にもたれ心の夜寒哉 正岡子規 夜寒
新宅の柱卷きある夜寒哉 正岡子規 夜寒
旅籠屋の居風呂ぬるき夜寒哉 正岡子規 夜寒
旅籠屋の淨手場遠き夜寒哉 正岡子規 夜寒
明日の始発の改札の札駅夜寒 松崎鉄之介
昔々の夜寒の燈まぎるべし 上田五千石『琥珀』補遺
昔のさまに遠吠蜑の里夜寒 中村草田男
星飛んで懐に入る夜寒哉 正岡子規 夜寒
映画見て湖畔の夜寒寝るほかなし 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
晝中の殘暑にかはる夜寒哉 正岡子規 夜寒
暗やみに我門敲く夜寒哉 正岡子規 夜寒
月光に竹群たわむ夜寒かな 村山故郷
有明の海の夜寒を思ひ寝る 高野素十
朝寒く夜寒く人に温泉(いでゆ)あり 松本たかし
朝寒に夜寒に酒は量なし 内藤鳴雪
朝寒の潮来夜寒の鹿島かな 高野素十
木戸の鈴追ひかけて来る夜寒かな 石塚友二 磯風
木曽川に向くや夜寒の門搆へ 正岡子規 夜寒
木犀の香のしづかなる夜寒かな 日野草城
村會のともし火暗き夜寒かな 正岡子規 夜寒
松明に人話し行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
松明に落武者探す夜寒かな 正岡子規 夜寒
松杉や夜寒の空の星ばかり 正岡子規 夜寒
枕辺に眼鏡を外す夜寒かな 山口誓子
柿店の前を過行く夜寒哉 正岡子規 夜寒
梅雨夜寒瞼に翳(さ)すは妻の手か 加藤秋邨
槍の穂の番所に光る夜寒哉 正岡子規 夜寒
横町で巡査に出逢ふ夜寒哉 正岡子規 夜寒
横顔の誰ぞに似たる夜寒かな 橋閒石 和栲
樫の木の中に灯ともる夜寒哉 正岡子規 夜寒
樹に倚れば落葉せんばかり夜寒かな 渡邊水巴 白日
橋なくてさがしあぐねし夜寒かな 石川桂郎 高蘆
機関手の顔高くして夜寒過ぐ 山口誓子
機関車の大快き夜寒かな 山口誓子
機関車を離せし後尾夜寒へ抜け 山口誓子
次の間の灯も消えて夜寒哉 正岡子規 夜寒
此道に石泣くといふ夜寒かな 内藤鳴雪
歩きもす夜寒の子等の枕上 中村汀女
殘暑の龜夜寒の鮭と相知らず 正岡子規 残暑
母ト二人イモウトヲ待ツ夜寒カナ 正岡子規 夜寒
母子はや夜寒の寝嵩跨ぎ越ゆ 小林康治 玄霜
水かけて道の夜寒に紅葉売る 右城暮石 声と声
水飲みに夜寒の枕辺を通る 橋閒石 雪
汽車にねて須磨の風ひく夜寒哉 正岡子規 夜寒
汽車の音の近く聞ゆる夜寒哉 正岡子規 夜寒
汽車夜寒ねむらで読みし「夜明前」加藤秋邨
河夜寒橋みづからの燈に浮かみ 大野林火 雪華 昭和三十九年
油さしに禿時問ふ夜寒哉 正岡子規 夜寒
波音の夜寒となりし聖母像 星野麥丘人 2004年
泣きつつぞ鉛筆削る吾子夜寒 加藤秋邨
泣きなから子の寐入たる夜寒哉 正岡子規 夜寒
泥にのこる雑魚をそのまゝ夜寒哉 右城暮石 句集外 昭和九年
浅草の夜寒ぞよけれ句に集ひ 岡本眸
海の方に何か呼ぶ声夜寒なる 松崎鉄之介
海老活かす厨の隅の夜寒かな 鈴木真砂女 居待月
海老網や夜寒の風の耳に鳴り 鈴木真砂女 夏帯
涙目のごとし入江の夜寒の灯 阿波野青畝
涯のなき夜寒よ海に塵を捨て 鷹羽狩行
渓声と別れてよりの夜寒道 上田五千石 森林

More(←ここをクリック)
by 575fudemakase | 2016-10-29 08:33 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

紅葉 の俳句

紅葉 の俳句

紅葉 の例句 1(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26323123/

紅葉 の例句 2(←ここをクリック)

http://fudemaka57.exblog.jp/26323128/

紅葉 の例句 3(←ここをクリック)

http://fudemaka57.exblog.jp/26323139/

紅葉 の例句 4(←ここをクリック)

http://fudemaka57.exblog.jp/26323144/

紅葉 補遺 1 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26323152/

紅葉 補遺 2 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26323158/

紅葉 続補遺

あふぬくは損なり金はちる紅葉 支考
ありやいかに隅田川辺の冬紅葉 加藤曉台
いためたる木から染けり庭もみぢ 四睡
いつもあり心にうえし花紅葉 桜井梅室
いと高う鴎なく日の紅葉かな 鈴木道彦
いねむりて見せよもみぢの供の躰 土芳
うしろからさびしく成ぬゆふもみぢ 寥松
うす紅葉するよと見ればちりはじめ 加藤曉台
おそろしき鈴鹿もいまや初紅葉 凉菟
かけはしにけふも翌あるもみぢ哉 高井几董
かさ~と紅葉ふむ間に時雨けり 鈴木道彦
かたくまの子猿や柿の下紅葉 凉菟
かつ散て盛まだ来ぬもみぢ哉 露印
かへり来れば水に散しく紅葉哉 井上士朗
きくもみぢ水屋はぢけて流るめり 其角
きては又紅葉の衣もみぢ鳥 角上
けふは別こゝろの波にもみぢ散る 樗良
ことしもまた梅見て桜藤紅葉 西鶴
ことづけて霧にも落る紅葉哉 猿雖
ことはれば鐘もつかする紅葉哉 田川鳳朗
こゝに居て程よき谷のもみぢ哉 成田蒼虬
さくらにも懲ず撞楼にもみぢかな 馬場存義
さして行跡は紅葉ぞ神路山 亀世
さながらに紅葉はぬれて朝月夜高井几董
さびしさの舟賃増う草紅葉 鈴木道彦
さゝげ見て梅の紅葉のかぞへ歌 りん女
しぐるゝや紅葉の上の竹屋しき 鈴木道彦
しほらしや今年はへたる蔦紅葉 尚白
しらぬ人もふりてぞみゆれ柿紅葉 鈴木道彦
しら浪やゆらつく橋の下紅葉 塵生
すさまじや紅葉を染る露の音 鈴木道彦
ちりそめて紅葉にさむし東福寺 凉菟
ちり際はもろき桜の紅葉哉 遅望
ちるちからついて日のたつもみぢ哉 田川鳳朗
つた紅葉下戸を住する扉哉 加藤曉台
とをのくを道のあかりや散紅葉 百里
なぐさみは紅葉かつちる十三夜 馬場存義
なぐれなん紅葉としらば黒木売 西鶴
なつかしき人をかたらん紅葉の芽 百里
なつかしや雪見し後の下もみぢ 加藤曉台
なら坂や駕籠の紅葉もふた表 中川乙由
はへあふて雪の裾の紅葉哉 三宅嘯山
はゝ木々は此木でもなし村紅葉 北枝
ひざ見せてつくばう鹿に紅葉哉 半残
ひもろぎに朝明りさす紅葉かな 卓池
ひよ鳥も来て悲しがるもみぢ哉 夏目成美
ほつこりと紅葉が見ゆる霧の中 芦角
ほの見るや岩にかゝれる蔦もみぢ 高桑闌更
まじはりやもみぢ照そふ小盃 樗良
まつかぜの松葉のごとくちるもみぢ 土芳
みわたせば花も紅葉も若葉哉 馬場存義
むかし色の底に見えつつ花紅葉 鬼貫
むく起や峯の紅葉の朝じめり 李由
むら紅葉檜皮をはしる夕日影 魯九
めづらしや今朝みる雪の下紅葉 加藤曉台
もえてくれ紅葉の枝に小折なし 秋之坊
もみぢせぬ所はあれど夕木玉 松窓乙二
もみぢ皆夕くれないの中の瀧 成田蒼虬
もみぢ葉になぐさむや世をわすれ貝 りん女
もみぢ葉のおもてや谷の数千丈 千川
もみぢ葉よ忌日の後にま一日 北枝
もみぢ見や寺の屏風のやまざくら 三宅嘯山
もみぢ見や雪洩るかたのひろひ道 野坡
やがて散る柿の紅葉も寐間の跡 去来
やくだゝぬ木ともに折ぬ蔦紅葉 寥松
やゝあつて水に生たるもみぢ哉 炭太祇
ゆく先をもてなす蔦のもみぢ哉 紫貞女
ゆく秋や紅葉の寺に我を客 桃隣
ゆふぐれを余所に預けてもみぢ哉 千代尼
よい物の果もさくらの紅葉かな 塵生
よう染る木部屋のうへの紅葉哉 成田蒼虬
よく見ればちる影もちる紅葉哉 田川鳳朗
一とせも居ておもふ間のもみぢ哉 寥松
一もとのひとめに余る紅葉哉 高井几董
一字づゝ発句かゝばやちるもみぢ 井上士朗
三日月や素を後にむめもみぢ 野坡
下リざまに又鐘きくや冬もみぢ 高井几董
下戸にして請とりにくし薄*紅葉 長虹
下紅葉荏の実をはたく匂かな 其角
下葉みな風となり行もみぢかな 完来
世中の品の崩れや散もみぢ 芙雀
乗かけやうつの山行蔦紅葉 中川乙由
五六間蔦のもみぢや松ののし 水颯
亡かげをいたはる冬の紅葉哉 百里
人しらぬ蓼や紅葉にひとゝをり 野水
伏見とや紅葉を床に昼休み 田代松意
伝教のめでたさ見ゆる紅葉哉 鈴木道彦
伶人の鉾ふり出たり夕紅葉 完来
住なれて魚なき国のもみぢかな 夏目成美
何とみても紅葉は松に極りぬ 加藤曉台
何の木ぞ紅葉色こき草の中 高井几董
侘びつつも酒の粕焼く冬紅葉 椎本才麿
傘の名のもみぢに鳴や雨の鹿 支考
傾城を紅葉と照や後の月 吾仲
元日のひかりや竹の濃紅葉 荷兮
先ひと木顔射るばかり初紅葉 蓼太 蓼太句集三編
先一葉ふたかみ山のはつもみぢ 露川
入相の滝に散こむ紅葉かな 許六
八熊やところぐの下もみぢ 呂丸
八重無尽山染上る紅葉かな 北枝
其人の紙のきれめや蔦紅葉 許六
凩のかえせ~ともみぢかな 白雪
出る日の雲のはづれや初紅葉 助然
初紅葉はしうつくしく成にけり 木因
初雪や一返ふりて散紅葉 尚白
初鮭の子も紅葉しぬ此便 三宅嘯山
前びらに思ふ所の紅葉かな 嵐青
十がへりの松の若さや蔦紅葉 中川乙由
十丈の滝や縁どる蘿紅葉 魚日
十分に紅葉の冬と成にけり 加藤曉台
又伊達にとぼけて返る紅葉かな 素丸 素丸発句集
友よぶに声うけのよき紅葉哉 田川鳳朗
口おしや奥の龍田は見ぬ紅葉 許六
口口は常盤の色や花紅葉 りん女
古寺や紅葉も老て幾むかし 桃隣
各別な色とおもへばなを紅葉 芙雀
名月も浮世の綺羅や菊紅葉 吾仲
吹おろすもみぢやまいるいのこ餅 土芳
吹かへす鷲の羽風やつた紅葉 馬場存義
吹さます酒や紅葉の焼過し 黒柳召波
吹上や草の庵からもみぢちる 土芳
吹寄し木の葉より出す紅葉哉 杉風
唐松や紅葉にはねつ池田炭 馬場存義
城外の鐘きこゆらんもみぢやま 支考
塚ぬしの数寄や茶づけに蔦紅葉 露川
夏苅の跡ぞ生合山紅葉 四睡
夕山や紅葉に翌の時雨雲 成田蒼虬
夕日かげ松のあしらふ紅葉かな 正秀
夕暮のすこし夜に入紅葉哉 路健
夕栄や小はる紅葉の寺小路 完来
夕紅葉この川下は薄かりし 白雄 白雄句集
大名のもみぢふみゆく小はるかな 夏目成美
大峯は秘密の山やみぬもみぢ〔ブン〕村
如意輪の思案もしらず散紅葉 諷竹
妻と寐るその夜は鹿に紅葉哉 支考
宮だちやいぶきの中にはつ紅葉 凉菟
家遠く闇にかたげし紅葉かな 桜井梅室
寒ぞらのくらみをのぎくもみぢ哉 怒風
小原木や紅葉でたゝく鹿の尻 其角
小娘も世帯じみけり初紅葉 文鳥
小法師は舞ふすべしらじ山紅葉 寥松
屋根崩す鎌のしり手や柿紅葉 可南女
山づとの紅葉投けり上り口 黒柳召波
山に居て何のこがるゝ下紅葉 兀峰
山はいざ鎧に雨の紅葉哉 蝶羽
山はまだしらぬ屏風の紅葉かな 中川乙由
山ふさぐこなたおもてや初紅葉 其角
山も川も谷もあらしの紅葉哉 松岡青蘿
山姫の染がら流すもみぢ哉 其角
山姫は谷を箪笥のもみぢ哉 馬場存義
山姫も巖に将軍木のもみぢかな 蘆文
山里のへだては栗のもみぢかな許六
山里や烟斜にうすもみぢ 高桑闌更
峯入のふみこがしたる紅葉岩 りん女
差別なく見えて入しかむら紅葉 寥松
年ぎれの柿もこゝろやむら紅葉 凡兆
底すみて魚とれかぬる紅葉哉 夏目成美
引かけた藁取のける紅葉かな 桜井梅室
彩色の中の住居や紅葉山 露川
影落て江はうき草の紅葉かな 蓼太 蓼太句集初編
律院の後淋しきもみぢ哉 三宅嘯山
後ト先に人声遠し柿紅葉 加藤曉台
後屋の塀にすれたり村紅葉 北鯤
御坊そも紅葉の秋か世の秋か 支考
御守屋の水の手よさやちる紅葉 鈴木道彦
御詠哥や紅葉のにしき神祭 西鶴
心あつて樽にもみぢをしかせけり 秋之坊
我からの鼻息見えてゆふ紅葉 夏目成美
我形も常にはあらじ紅葉の火 舎羅
手の筋の日もうつくしき紅葉哉 馬場存義
手折置し紅葉かげろふ障子哉 高井几董
打あげる*かじかの中のもみぢ哉 木導
打過て又秋もよし梅紅葉 桃隣
折~は霧にもあまる紅葉哉 千代尼
持網に白鮠ふるふもみぢ哉 支考
掃分ておくやもみぢと檜皮屑 桜井梅室
散ざまの猶美しき紅葉かな 尚白
散しほの又うつくしき紅葉哉 尚白
散のこる葉を春風のもみぢ哉 松岡青蘿
散はてぬもみぢもあるを冬の梅 高井几董
散行も二度の歎きや梅紅葉 嵐雪
数十里は雲も燃けり紅葉谷 魯町
方~に紅葉のうたや神無月 木導
早咲の得手を桜の紅葉哉 丈草
明六つや紅葉砕けて鐘が崎 露川
明松や紅葉ちりしく年の関 北枝
明王の山も後ロは紅葉哉 破笠
春と秋とひとつに富(とみ)て竹紅葉 鬼貫
是もまた他力や椴の蔦紅葉 露川
時ならぬ客といはれて梅もみぢ 卓池
時雨もみぢ旅寐翫する両亭主 土芳
時雨をばはだしにしてや初紅葉 左次
時雨来よ花も紅葉有磯海 樗良
暁の雲入かはるもみぢかな 素覧
暮さむく紅葉に啼や山がらす 加舎白雄
暮る日をもみぢにたもつ山路かな 馬場存義
月まてやこゝ高岡のむら紅葉 支考
有がたき神やもみぢの折心 土芳
朝紅葉老が手に置ク萩茶碗 野坡
朝虹の輪にかゝりたる紅葉哉 桃妖
木にあまり草にいたりて紅葉哉 完来
木枯のかえせ~と紅葉かな 白雪
木陰から出て日の暮る紅葉哉 千代尼
木隠れや鼠の小社下紅葉 正秀
村紅葉たばこほしたるつゞき哉 牧童
村紅葉ちるや夕日の金ヶ崎 支考
東ずれ梅や桜の七紅葉 支考
松かさもぬらさぬ砂の草紅葉 鈴木道彦
松が枝のちから頼むやつたもみぢ 梢風尼
松風と鳴る半分はもみぢかな 土芳
松風の松葉のごとくちる紅葉 土芳
枕して紅葉見初るうらの山 高桑闌更
林間に仁王も酔ふてもみぢ哉 中川乙由
枯し木に蔦を這せて紅葉哉 杉風
染出しを人には見せぬ紅葉かな 九十 類題発句集
柴いしの紅葉やとしは暮ながら 舎羅
柴の戸や干瓜辛し初紅葉 一笑(金沢)
柴舟に水上ゆかしむらもみぢ 支考
柿の木にもみぢせよとや村雀 魯九
栗の日や椎ももみぢものりこへつ 小西来山
梅が香をたゝみ込マばや紅葉笠 魯九
梅もみぢ帰り花さへ舛づもり 野坡
棹鹿の爪に紅さすもみぢかな 為有
極楽はかゞやくものぞ菊紅葉 支考
橋ありて水無き川や夕紅葉 午心 発句類聚
橋の名になつて折れぬ紅葉哉 田川鳳朗
橋高しもみぢを埋む雨のくも 樗良
欄による美僧凄さよ夕もみぢ 田川鳳朗
此あたり紅葉催す藪のはた 苔蘇
此ごろは昼月のある紅葉かな 桜井梅室
此もみぢ鹿も一かたありぬべし 土芳
此川の越れぬもよし村紅葉 中川乙由
此浦に花も紅葉もいわしかな 支考
此蔦や紅葉はづれてけさの雪 泥足
武士の紅葉にこりず女とは 秋色 玉藻集
氏神の御輿ふりけり梅紅葉 長翠
水くむも浮世がましや夕もみぢ 成美 成美家集
水つかぬ塵のはじめや下紅葉 其角
水よりや染けん岸のした紅葉 松岡青蘿
水鳥の水かき赤し散紅葉 鼠弾
水鼻にくさめなりけり菊紅葉 其角
汐風の吹よわるかたや冬紅葉 加藤曉台
江戸絵図の赤き処は紅葉かな 晩得 哲阿弥句藻
沢菴をやらじと門の紅葉ちる 高井几董
河の紅葉ふみ分て鳴かじか哉 西鶴
油引や紙のまに~紅葉傘 西鶴
波先に風も集るもみぢかな 野紅
浮雲の紅葉に晴る尾上かな 加舎白雄
海山のはなしやみけり夕もみぢ 井上士朗
涼しさや風の色さす梅もみぢ 野坡
澗水の藍染かへて紅葉哉 中川乙由
無陀に成ル明日の趣向や紅葉山 林紅
照そふや日も八滝のはつ紅葉 凉菟
照笠のいらぬ日和に紅葉かな 呂風
熱海から来し人のいふもみぢかな 松窓乙二
爰によるの錦貝とやちる紅葉 凉菟
爰に夜の錦貝とや散もみぢ 凉菟
片照りは紅葉ならばや三名の月 野坡
片腕はみやこに残す紅葉哉 其角
牛あれてはゝその紅葉ちらしけり 長翠
牛ぞ鳴く紅葉踏み分け中の僑 椎本才麿
牛馬の鼻でおしやるもみぢ哉 田川鳳朗
猪の田夫に荒す紅葉かな 中川乙由
琥珀には蟻氷には紅葉哉 黒柳召波
田楽の燼に照りあふ紅葉哉 露川
町庭のこゝろに足るやうす紅葉 炭太祇
畑からおりる小寺の紅葉かな 成田蒼虬
白く候(そろ)紅葉の外は奈良の町 鬼貫
目に耳に楽み得たり鹿紅葉 中川乙由
直の角芽だつ紅葉に代りけり 三宅嘯山
真先に河原さゝげのもみぢ哉 十丈
真砂までてりしく園の紅葉哉 松岡青蘿
眠蔵のあからさまなるもみぢ哉 惟然
石の火や紅葉むしろに箔の番 百里
砂はらや*しんきまじりにうすもみぢ 寥松
砂川に紅葉を流す高雄かな 風国
神垣や小春に近き女もみぢ 馬場存義
神田から秋の錦の紅葉かな 蓼太 蓼太句集三編
神道や直をもみぢのいろは書 貞佐 桑々畔発句集
秋きぬと碪にかける紅葉かな 玄梅
秋の道一日かなしもみぢ谷 田上尼
秋は紅葉眼にはれよ霧はれよ 加舎白雄
秋もはや岩にしぐれて初紅葉 許六
究竟の馬乗の出る紅葉かな 寥松
竹伐て日のさす寺や初紅葉 吾仲
簗守に戻りをちぎるもみぢ哉 田川鳳朗
紅葉々をちらしかけてや残る菊 北枝
紅葉した中を鎮めて榊哉 露川
紅葉して地を縮けり淡路島 三宅嘯山
紅葉して実の有木こそ嬉しけれ 凉菟
紅葉して菴は柚味噌のにほひかな 井上士朗
紅葉して見せけり留主の糸桜 北枝
紅葉しで朝熊の柘と云れけり 其角
紅葉する林ツ漏り来る日影哉 越人
紅葉ちり樒は青し塚の前 濁子
紅葉ちるこのもかのものわすれ花 高井几董
紅葉ちるやねのこのはや石まじり 非群
紅葉ちる九月の神のいそがしや 除風
紅葉ちる山田やありし秋の色 野坡
紅葉ちる秋や米搗船頭ども 支考
紅葉とも花ともいはず秋の風 完来
紅葉にはたがをしへける酒の間 其角
紅葉には何の心ぞ三井の鐘 錦江女
紅葉にも五百枝の影や五十鈴川 中川乙由
紅葉の下部もあらん玄猪かな 其角
紅葉の庭はく音や塀一重 旦藁
紅葉ふむ鹿は昼さへ鳴にけり 鈴木道彦
紅葉もと樹ならずや菩提山 中川乙由
紅葉より赤くてそれも若楓 桜井梅室
紅葉ゝにふんどし赤し峰の猿 北枝
紅葉ゝの尖りもおそれおもふ日ぞ 鈴木道彦
紅葉ゞや雲の下てる高雄山 高桑闌更
紅葉引船もしどろに時雨かな許六
紅葉折音ひと谷にひゞきけり 桜井梅室
紅葉散つて竹の中なる清閑寺 高桑闌更
紅葉散て竹の中なる清閑寺 高桑闌更
紅葉散や髪かれて我けふもあり加藤曉台
紅葉散世をさとりてやわすれがひ りん女
紅葉散山ふところの吹まはし 十丈
紅葉焼人なとがめそ神の留守 支考
紅葉見に山もや酔へる酒機げん 内藤露沾
紅葉見の夜から夜に成にけり 三宅嘯山
紅葉見の連にまかれて巣守哉 正秀
紅葉見やいづれも遠く行したく 寥松
紅葉見や小雨つれなき村はづれ 黒柳召波
紅葉見や打火をうつす染火縄 野坡
紅葉見や村の用意はわらざうり 琴風
紅葉見や猿つくばいの御所女中 野坡
紅葉見や顔ひや~と風渡る 高桑闌更
紅葉踏て攀る寺の禁酒哉 松岡青蘿
織殿の窓に吹こむ紅葉哉 錦江女
肌さむし竹切山のうす紅葉 凡兆
腰かけて紅葉みつらん炭俵 炭太祇
腰押やかゝる岩根の下もみぢ 其角
腹いせに温石あぶるもみぢ哉 建部巣兆
膳居る将碁のはてや散ル紅葉 怒風
舌出して狒々と笑ふや柿紅葉 凉菟
舞人よ紅葉のころは袖のかぜ 夏目成美
船頭も米つく礒のもみぢかな 支考
色かへぬ松のはれ着や蔦紅葉 高井几董
色に出て竹も狂ふや蔦紅葉 千代尼
芝(えび)やもみぢをとづる網の糸 不ト 江戸広小路
花か穂かもみぢ歟蓼の紅ヰは 高井几董
花もみぢ海鼠にも物のこゝろかな 井上士朗
花もみな紅葉にさくか涼船 西鶴
花や紅葉松も常ならず嵐山 樗良
花添た薪にも今もみぢ哉 三宅嘯山
花紅葉佐渡も見えたり浦の秋 支考
花鰹かくこそ秋のうす紅葉 恐友 富士石
菊の後人声待てちる紅葉 土芳
菊の葉や紅葉しかゝる神無月 句空
菊もみぢ然るをあまり日短な 寥松
菊紅葉かざり立てや後の月 半残
菊紅葉鳥辺野としもなかりけり 其角
落葉さへ紅葉の山の高雄かな 樗良
葉の先に心ばせあり初紅葉 りん女
葛城や夜るのもみぢの俄橋 野坡
蒲脚半ふみわけ行や下もみぢ 木導
蒼海や立雲透て下紅葉 仙化
蔦紅葉たぐるくりから峠かな 露川
蔦紅葉まだもつよきは小栗殿 露川
薪樵る山姫見たりむら紅葉 高井几董
薮寺や十夜のにはの菊紅葉 高井几董
薯蕷のつるひき留るもみぢ哉 助然
藪畳半は蔦のもみぢけり 黒柳召波
虹の根の消も果さぬ紅葉哉 四睡
虻蜂のおもひ絶たる紅葉哉 三宅嘯山
蛯錠もともに社のもみぢかな 露川
蟀桜の紅葉皆ちりて 諷竹
蟻の穴出るもみぢの木陰かな 土芳
行あたる谷のとまりや散もみぢ 許六
行ほどにもみぢ色濃しきれわらぢ 一笑(金沢)
行やうで道はあかるし蔦紅葉 卓池
行秋の道~こぼす紅葉かな 中川乙由
行秋の関札高き紅葉哉 越人
裏ちりつ表を散つ紅葉かな 木因
見かへるにあまる名残の紅葉哉 田川鳳朗
見しやそれ奈良か稲荷か鹿紅葉 路通
見たいもの花もみぢより継穂哉 嵐雪
見めぐるやもみぢ静に色まさる 樗良
見るが内に霜置月のもみぢかな 松岡青蘿
見る人の唇かわくもみぢかな 夏目成美
見わたせば紅葉の目あて定らず 早野巴人
見わたせば花火や紅葉両国橋 雖蛾 江戸広小路
親類に尼の多さよ初紅葉 舎羅
谷の戸の翠簾にかゞやく紅葉哉 吾仲
谷川や紅葉の絶間水寒し 樗良
谷水を包んでこぼす紅葉哉 堀麦水
起て行紅葉や鹿の夜着蒲団 桃先
足もとの赤ひ時見よ下紅葉 西鶴
足元に雨吹おこる紅葉かな 桜井梅室
身にそはぬ借着さびしや柿もみぢ 卓池
軒ぞ砂糖もみぢの筵豕子餅 露沾 坂東太郎
逢ぬ日は禿に見する紅葉哉 泥足
遊ぶ日のうしろめたさよ散もみぢ 寥松
道かへて我からぬるゝ紅葉かな 田川鳳朗
道役に紅葉はく也小夜の山 其角
酒あひは庭の紅葉を目当哉 知足
酒さびて螽やく野の草紅葉 其角
酒の名をうたへ浜荻初紅葉 凉菟
酒や時雨のめば紅葉ぬ人もなし 松氷貞徳
醒井に紅葉の酔はなかりけり 中川乙由
釣柿の干兼て染る紅葉かな 建部巣兆
釣柿の干兼ねて染る紅葉かな 巣兆 曾波可里
鉞の刃に分のぼる紅葉かな 木導
鉢の木のもみぢに秋を感じけり 田川鳳朗
銕槌に女や嬲るうちもみぢ 炭太祇
長岡や蔭行我をてる紅葉 高桑闌更
門に入て紅葉かざゝぬ人ぞなき 加舎白雄
門叩狂僧憎し夕もみぢ 加藤曉台
關照や紅葉にかこむ箱根山 小西来山
降にけり紅葉らうへのはつしぐれ 成田蒼虬
雨降て楓の紅葉ちりもなし 諷竹
雨風のすかして来たるもみぢかな 使帆
雲なかば岩を残して紅葉けり 素堂
雲やにほふもみぢ静に杉高し 樗良
霜きえて酒の煙れる紅葉哉 松岡青蘿
霜にぬれてもみぢ葉かづく小雀哉 加藤曉台
霜に酔ふのかしらや初紅葉 支考
青かりし饅頭の葉やもみぢ狩 野坡
青~とうずまく淵や散る紅葉 木導
静なり紅葉の中の松の色 越人
音なしに流れ込んだる紅葉哉 りん女
風流や紅葉の中に散る木の葉 樗良
飛鳥のはねもこがるゝ紅葉哉 支考
香煎は茶にふる霜か朝もみぢ 野坡
鮨鮒やつひは五輪の下紅葉 菅野谷高政
鳴度に紅葉散なり雉子の宮 抱一 軽挙観句藻
鹿鍋の下に焼かるゝ紅葉哉 露川
黄ばまずに散口のたつ紅葉哉 田川鳳朗
黄昏や水にさし出のうす紅葉 高桑闌更
黒雲にくはつと日のさす紅葉哉 木導
鼻紙の間の紅葉や君がため 池西言水

以上
by 575fudemakase | 2016-10-28 19:08 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

紅葉 補遺2

紅葉 補遺2

水葵草の紅葉に数へられ 上田五千石『天路』補遺
水青く石白く兩岸の紅葉哉 正岡子規 紅葉
水青し即ち紅葉あれば尚 上野泰
水音と即かず離れず紅葉狩 後藤比奈夫
水音の紅葉ちる岩の上には観世音 種田山頭火 自画像 落穂集
水鳥の水尾の長しよ紅葉の前 清崎敏郎
汝が髪に散銀杏吾に散紅葉 岡本眸
汝なき桜紅葉に還りける 加藤秋邨
池の面の矮枝(ひくえだ)のびて紅葉せり 伊丹三樹彦
池正しく縮緬波や草紅葉 山口青邨
汽車の窓折々うつる紅葉哉 正岡子規 紅葉
汽車はひく餘生のけむり紅葉狩 百合山羽公 樂土
沈潜し昂揚し錦木紅葉 後藤比奈夫
沖は漁火降る雨の灯に崖もみぢ 及川貞 榧の實
沙羅双樹時を同じく紅葉して 山口誓子
沙羅紅葉来世明るしとぞ思ふ 後藤比奈夫
河内から大和へ出でぬ柿紅葉 正岡子規 紅葉
河馬が子を生みたる池の散紅葉 後藤比奈夫
油紋に散る紅葉 廃閘門淀み 伊丹三樹彦
沼舟の水尾よせ濡るる草紅葉 福田蓼汀 秋風挽歌
法要につぐ観劇のもみぢ狩 飯田蛇笏 雪峡
波郷に立つ武蔵野の欅その紅葉 相馬遷子 雪嶺
泣く乳子をあやす紅葉のまさかりに 平畑静塔
洞門のきはみ紅葉の照りてけり 石橋秀野
洲の砂礫紫帯びぬ谿紅葉 香西照雄 素心
流れゆく紅葉も見ゆれ月の淵 松本たかし
流水鳴る闇出て紅葉かざされて 香西照雄 素心
浮寝鳥 逆さ紅葉を褥とし 伊丹三樹彦
浮島や紅葉合点合点と 阿波野青畝
浮紅葉分けて くつくつ 餌漁り鴨 伊丹三樹彦
海からの晩鴉も納め島紅葉 中村草田男
深吉野の紅葉の坂のわらべ唄 岡井省二 明野
深山はもはや真紅に紅葉せる 平畑静塔
深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩 杉田久女
混み合つて家鴨天国草紅葉 山田みづえ 草譜
混血幼児みな昼寝して照紅葉 及川貞 榧の實
添水桶に沈む紅葉の鋭さよ(詩仙堂) 細見綾子
添水樋に沈む紅葉の鋭さよ 細見綾子 桃は八重
清貧童貞服従の黒衣水草紅葉 金子兜太
渓声に近づき離れ紅葉狩 鷹羽狩行
渓声をきき寝ねんとす紅葉宿 山口青邨
渓流がまたあらはれ来櫨紅葉(白山山麓白峰村) 細見綾子
渓流へ乗りだす枝の紅葉まだ 鷹羽狩行
渓紅葉トロッコ電車軋みゆく 村山故郷
渓紅葉冷え極まれば散りにけり 鷲谷七菜子 游影
渓谷の夕けはしく紅葉焚く 細見綾子
温泉の流煙れる門の夕紅葉 松本たかし
温泉の神の幟も赤しむら紅葉 河東碧梧桐
温泉の香のただよひゐるや夕紅葉 松本たかし
温泉手拭欄を吹き落ち紅葉飛ぶ 松本たかし
温泉煙のかたまり飛べる紅葉冷え 清崎敏郎
湖のある岡の寺、さらに湖のひろく見ゆる紅葉に登り 荻原井泉水
湖をとりまく山の紅葉かな 正岡子規 紅葉
湧く歓語紅葉前線追う旅で 楠本憲吉 方壺集
湯の谿に葡萄紅葉の下に鳴る 木村蕪城 一位
湯地獄の流れに沿ひて草紅葉 鷹羽狩行
湯女今日は母を訪ふとて紅葉晴 高野素十
湯女暗し紅葉の下の径に遇ふ 前田普羅 能登蒼し
湯女顔を蔽ひ紅葉の風に佇つ 高野素十
湯煙の紅葉になびき消えてゆく 上村占魚 球磨
湿原の毛書くはしき菅紅葉 富安風生
満天星の紅葉をかさね石組めり 水原秋櫻子 旅愁
満山紅葉には早しあざやかな照葉ここにあり 荻原井泉水
満目の紅葉の中の四季櫻 星野立子
源氏画の車もかもな夕紅葉 正岡子規 紅葉
溶岩の上溶岩流れしが草紅葉 山口誓子
滝の白さなりぬれにぞぬれし紅葉なり 荻原井泉水
滝を下に間伐りせし谷紅葉かな 河東碧梧桐
滝冷に鍛へられては紅葉す 阿波野青畝
滝迸り紅葉火照りのひまもなし 林翔
滿山の紅葉一條の流れ哉 正岡子規 紅葉
漆紅葉一葉にをれば唇のごと 角川源義
漢人の家庇無し蔦紅葉 阿波野青畝
潅木帯紅葉し尽くし落ち尽くし 山口誓子
潺湲のひびきそこらに草紅葉 山口青邨
澁柿や高尾の紅葉猶早し 正岡子規 柿
澁鮎のさりとて紅葉にもならず 正岡子規 錆鮎
澄むとなく水草紅葉うちながし 上田五千石『天路』補遺
濃き紅葉ひろへばほかの葉が目につく 篠原梵 年々去来の花 中空
濃く淡くひるがへりつつ蔦紅葉 阿波野青畝
濃紅葉と夜を隔てたる句の屏風 中村汀女
濃紅葉と戦ふごとくうち対ふ 富安風生
濃紅葉に喰ひ入る傘は誰人ぞ 阿波野青畝
濃紅葉に教へられつつ薄紅葉 後藤比奈夫
濃紅葉に日のかくれゐる美し々 松本たかし
濃紅葉のほとりなりせば煙濃し 後藤夜半 底紅
濃紅葉のまはりをなにか立ちのぼる 上村占魚 球磨
濃紅葉のランタンの如く垂るる枝 山口青邨
濃紅葉の一木目立ちて景を為す 高浜年尾
濃紅葉の一本ならずめでたさよ 高野素十
濃紅葉の下にふたたび三たび逢ふ 後藤夜半 底紅
濃紅葉の二三本湯女二三人 高野素十
濃紅葉の紛れかかりし暮色かな 清崎敏郎
濃紅葉の走り火が咲く杉生原 能村登四郎
濃紅葉の隙を煙草の輪は天へ 福田蓼汀 山火
濃紅葉や生きてゐしかば刻の中 岡本眸
濃紅葉を古歌のまにまに手向草 富安風生
濡れいろの杉生が抱くもみぢ山 能村登四郎
瀑声のみちびく方へ紅葉狩 上田五千石『天路』補遺
瀧の糸青き紅葉を透きて楚々 川端茅舎
瀧紅葉早瀬紅葉も丹生のもの 上田五千石『天路』補遺
瀬の石に一草も無し紅葉谿 阿波野青畝
火ともせはずんぶり暮るゝ紅葉哉 正岡子規 紅葉
火のごとき草紅葉して凶作田 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
火のつきし早さに漆もみぢかな 鷲谷七菜子 一盞
火の山の裾のやさしさ草紅葉 鷹羽狩行
火の山を負ひ立つ碑なり草紅葉 水原秋櫻子 玄魚
火の水の神の創りし櫨紅葉 鷹羽狩行
火の糧は 青年持ち寄る 紅葉の谷 伊丹三樹彦
火気を禁じて真盛りの紅葉寺 鷹羽狩行
灯ともしの顔に灯うつる紅葉かな 正岡子規 紅葉
炉は方形石もて築く草紅葉 山口青邨
焚くものにもみぢ葉ばかりなる奢 富安風生
焚火あと光琳紅葉まきちらし 川端茅舎
焚火して暮れし紅葉のまた泛ふ 水原秋櫻子 緑雲
無くてならぬ人亡し今日の散紅葉 林翔
無人島みづからのため草紅葉 津田清子
煙たつ軒にふすぼるもみち哉 正岡子規 紅葉
煙立つ紅葉の中の小村かな 正岡子規 紅葉
照り競ふ紅葉を囃す瀬音あり 林翔
照紅葉さきほど時雨したりとか 阿波野青畝
照紅葉人恋ひ寄ると奈落なり 角川源義
熔岩原にもみぢするものあまたあり 高浜年尾
熱泉のほとりの太木もみぢ濃し 上村占魚
燃え残りゐたる紅葉にほと焔 星野立子
燃え殘る伽藍のあとの紅葉かな 正岡子規 紅葉
燃え競ふ二つの竃紅葉狩 福田蓼汀 山火
燦々と夕日紅葉の山葡萄 水原秋櫻子 殉教
爐にくべて紅葉を焚けば鹿の聲 正岡子規 鹿
片側に濃紅葉置きて火山晴 大野林火 潺潺集 昭和四十年
片膝に靴紐むすぶ草紅葉 森澄雄
牛の子を追ひ追ひはいるもみち哉 正岡子規 紅葉
牛小屋の留守に鹿鳴く紅葉哉 正岡子規 紅葉
牛小屋を覗き猿見て紅葉狩 右城暮石 散歩圏
物貰ひ罷りならぬ紅葉の里を通る 鈴懸 種田山頭火
犬吠えて故郷荒れぬ柿紅葉 正岡子規 紅葉
狐舎の径白膠木の紅葉赫と燃ゆ 水原秋櫻子 岩礁
狩りくらす靱の底の紅葉哉 正岡子規 紅葉
猪は去る人は耕す紅葉冷え 金子兜太
猿引の家はもみちとなりにけり 正岡子規 紅葉
猿茶屋に大枝挿せし紅葉かな 河東碧梧桐
玄界に本の栞の紅葉飛ぶ 福田蓼汀 山火
玉垣の朱まで紅葉の朱を強め 山口誓子
玉砂利を掃く長箒散紅葉 山口青邨
瑠璃鳥の瑠璃隠れたる紅葉かな 原石鼎 花影
甘酒はあまきや一木濃き紅葉 山口青邨
生きものの胸で翔つ雉子 草紅葉 伊丹三樹彦
生きる張り路傍の草も紅葉して 鈴木真砂女 夕螢
田の畔は草の紅葉を田螺掘り 森澄雄
由布が嶺の日裏となりし紅葉かな 高浜年尾
男ども布団を運ぶ紅葉宿 山口青邨
町ありく樵夫の髪にもみち哉 正岡子規 紅葉
町へ來て紅葉ふるふや奈良の鹿 正岡子規 鹿
町人に親し欅のうすもみぢ 高浜年尾
画布の中櫨の紅葉のいよゝ濃く 石橋秀野
畑墾く遠き木ぬれの紅葉かな 河東碧梧桐
畑広し蔵立つあたり散る紅葉 河東碧梧桐
畦の櫨老木にして紅葉せり 高野素十
病牀ノ財布モ秋ノ錦カナ 正岡子規 紅葉
痩村と思ひの外の紅葉哉 正岡子規 紅葉
登山隊倒れて憩ふ山毛欅紅葉 水原秋櫻子 玄魚
白日・紅葉煙草廃めたる両手垂らし 中村草田男
白河の關を染めけり夕紅葉 正岡子規 紅葉
白瀧の二筋かゝる紅葉かな 正岡子規 紅葉
白雲の上に岩あり蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
白雲や三千丈の蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
白雲紅葉ともし火見えて日暮れたり 正岡子規 紅葉
白鳥の座る汀の芝紅葉 山口青邨
白鷺の泥にふみこむもみち哉 正岡子規 紅葉
百日祭来て萍も紅葉せり 能村登四郎
盃を止めよ紅葉の散ることよ 高野素十
目ざましき柿の紅葉の草家かな 村上鬼城
目の下やおよそ紅葉の十箇村 正岡子規 紅葉
目の前の櫨がよき子のごと紅葉 後藤比奈夫
目もあやに紅葉ちりかゝる舞の袖 正岡子規 散紅葉
目をつむるとき百雷の谿紅葉 橋閒石 和栲
目法楽して紅葉みち佛みち 伊藤白潮
目立ちしは皆櫨紅葉ならぬなし 高浜年尾
看経を懐にして紅葉山 飴山實 花浴び
眞帆片帆小島小島の紅葉哉 正岡子規 紅葉
眞黒に釣鐘暮れるもみち哉 正岡子規 紅葉
真珠養ふ入江の山の初紅葉 上村占魚
眠る子を父抱き通す紅葉狩 右城暮石 虻峠
眩しさの続く限りの紅葉径 岸田稚魚 紅葉山
眼ある者見よ火口にも草紅葉 山口誓子
石となり神仏むつむ紅葉冷え 鷹羽狩行
石を焚く里に宮居の紅葉かな 河東碧梧桐
石上布留の早紅葉うすくとも 阿波野青畝
石垣に固めし院の紅葉かな 川端茅舎
石壇や一つ一つに散もみち 正岡子規 散紅葉
石寄せて即ちかまど紅葉谷 鷹羽狩行
石山に四五本漆紅葉かな 村上鬼城
石山の石も紅らむ照紅葉 鷹羽狩行
石灰石尽きたる証草紅葉 鷹羽狩行
石炭の尽きし山々紅葉せる 山口誓子
石白き渇れ川蓼が紅葉して 細見綾子
石門に雲の宿かる紅葉哉 正岡子規 紅葉
砂土手や山をかざして櫨紅葉 正岡子規 紅葉
砂浜や草紅葉してところ~ 村上鬼城
研師来るさくら紅葉の信濃より 飯田龍太
砥の如き水にも紅葉明りかな 清崎敏郎
碓氷川やや紅葉妙義やや紅葉 高野素十
碧湖より青天かけて山紅葉 香西照雄 素心
碧潭に紅葉襲ねて夕寒き 日野草城
碧潭や紅葉ちりこみ吐き出す 尾崎放哉 大学時代
磔に寝て朝ごとの蔦紅葉 斎藤玄 雁道
磨崖仏 その顔は消え 紅葉明り 伊丹三樹彦
磨崖仏普腎菩薩はもみぢ映え 山口青邨
磨崖仏蔦紅葉して垂れゐたり(室生、大野寺) 細見綾子
磯しくれ花も紅葉もなかりけり 正岡子規 時雨
祇王桜祇女桜あはれもみぢして 山口青邨
神かくし昔ありたる紅葉山 中村苑子
神の子のあちこちと追ふや散る紅葉 正岡子規 散紅葉
神の座はどの紅葉山妍競ふ 大野林火 飛花集 昭和四十三年
神垣の紅葉流しといふ雨か 高野素十
神懸の紅葉次第に坂急に 高浜年尾
神杉や三百年の蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
神松や三百年のつたもみぢ 正岡子規 蔦紅葉
神橋に紅葉颪の斜めなり 松本たかし
神橋は人も通らす散紅葉 正岡子規 散紅葉
神殿の御格子おろすもみち哉 正岡子規 紅葉もみち<木+色>
神殿はもとより素なり照紅葉 松本たかし
神酒やがて岨ゆきてさめる紅葉かな 飯田蛇笏 山廬集
禁酒菩薩杯を笠に紅葉映 山口青邨
禅寺の澄みし虚空や紅葉狩 上野泰 春潮
禿なる紅葉の下を過ぎるのみ 阿波野青畝
禿頭や尖んがり山や紅葉四五分 金子兜太
秋の山瀧を殘して紅葉哉 正岡子規 秋の山
秋声碑のこる紅葉の燃えてゐし(金沢卯辰山) 細見綾子
稚児落し紅葉の奥と聞きしのみ 阿波野青畝
稲の中に夕日さしこむ紅葉草村上鬼城
稲車 難渋 離宮の遠紅葉 伊丹三樹彦
稻刈て村靜か也柿紅葉 正岡子規 紅葉
穀蔵を出て山明し櫨紅葉 西島麦南 人音
穫入れしものそくばくに紅葉晴 木村蕪城 一位
空に透き紅葉いちまいづつならぶ 長谷川素逝 暦日
空の端が燃え上るほど紅葉して 平井照敏
空は永久の地色藪を背に紅葉 香西照雄 対話
空林や流れのあれば紅葉しづめ 橋本多佳子
窯変に似たる彩あり柿紅葉 右城暮石 散歩圏
竜胆の崖見つかりし紅葉狩 右城暮石 散歩圏
竝松や根はむしられて蔦紅葉 正岡子規 蔦紅葉
端山なる松間の紅葉殊によし 高浜年尾
端山紅葉霧を脱ぎつゝ近づき来 相馬遷子 山河
竹寺の紅葉の火付役は蔦 鷹羽狩行
竹林に一幹かしぐ櫨紅葉 能村登四郎
竹林をそびらに紅葉うきあがり 長谷川素逝 暦日
笠ぬげば笠の上にも紅葉かな 正岡子規 紅葉
笹原に笹のたけなる紅葉かな 正岡子規 紅葉
笹原の稚木漆初紅葉 山口青邨
筧して紅葉の水を流しをり 細見綾子
箒持つて所化二人立つ紅葉哉 正岡子規 紅葉
箱根人参育て紅葉す箱根山 百合山羽公 寒雁
箱根山中早や紅葉焚く煙り立つ(箱根早雲寺宗祇碑、裏山に墓あり) 細見綾子
箱根路は一月早し初もみち 正岡子規 紅葉もみち<木+色>
篝火に十一月の青もみぢ 山口青邨
篠原や日あたる蔦のむらもみぢ 飯田蛇笏 山廬集
簗川に映る紅葉は流れ来ず 平畑静塔
簷の月真近に明けぬ紅葉宿 高野素十
籾殻に京の山相佐渡紅葉 香西照雄 対話
粟の穂の紅葉ぞしたる面白き 阿波野青畝
粥水の如くうすくて紅葉濃し 高野素十
粧ふと言ふべかりけり紅葉濃し 後藤夜半 底紅
紅の夕日を浦の紅葉かな 正岡子規 紅葉
紅紫檀ひと葉のもみぢ見するかな 石川桂郎 高蘆
紅葉あかくせかれて言ひもいづるべき 細見綾子 桃は八重
紅葉あかるく手紙よむによし 尾崎放哉 須磨寺時代
紅葉あり夕日の酒屋月の茶屋 正岡子規 紅葉
紅葉あり寺も社も岡の上 正岡子規 紅葉
紅葉かざし寒山も拾得も石となる 山口青邨
紅葉かつ散つて酒屋に酒ぎつしり 岡本眸
紅葉かつ散り 玄武洞かつ滴る 伊丹三樹彦
紅葉かつ散りてかつ浮き大正池 鷹羽狩行
紅葉かつ散る 山椒魚棲む水の平ら 伊丹三樹彦
紅葉かつ散る 山湖の就眠儀式 いま 伊丹三樹彦
紅葉かつ散るありて焚かるるもあり 鷹羽狩行
紅葉かつ散るまで道路鏡の中 鷹羽狩行
紅葉かつ散る廻廊の日当りに 佐藤鬼房
紅葉かつ黄葉して谷見せしめず 鷹羽狩行
紅葉から二町はなれて夕月夜 正岡子規 夕月
紅葉さげて汽車にのる人集いけり 尾崎放哉 大学時代
紅葉しつくさんとする空青し 細見綾子
紅葉してしばし日の照る谷間かな 村上鬼城
紅葉してひそかに語る森の木々 相馬遷子 雪嶺
紅葉して且つ映ゆるべき水あらず 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉して何とわかねどさまをなし 清崎敏郎
紅葉して兀山一つのこりけり 正岡子規 紅葉
紅葉して囂しきに似し木あり 相生垣瓜人 明治草
紅葉して山の齢は知りがたし 山口誓子
紅葉して島は神なり海は苑 鷹羽狩行
紅葉して庭美しき帚草 森澄雄
紅葉して強日さへぎる誕生日 上田五千石 森林
紅葉して木々も歡娯を盡くしをり 相生垣瓜人 負暄
紅葉して汝は何といふ水草ぞ 鷹羽狩行
紅葉して羅漢の肌のなどさむき 伊丹三樹彦
紅葉して苺畑の小春かな村上鬼城
紅葉して野沢菜うまし信濃路は 水原秋櫻子 蘆雁
紅葉して錦に埋む家二軒 正岡子規 紅葉
紅葉して雲より赤し葡萄園 石塚友二 光塵
紅葉し尽すを今日は目のあたり 細見綾子
紅葉すぎて山は雪待つばかりなり 上村占魚 球磨
紅葉すすむ紅葉せぬ木は鬱陶し 金子兜太
紅葉すと靴濡らすまで湖に寄る 山口誓子
紅葉するまいぞと耐えてゐるごとし 平井照敏
紅葉する木立もなしに山深し 正岡子規 紅葉
紅葉する木紅葉せぬ木や島を去る 高野素十
紅葉する百丈の崖蝶放つ 中村汀女
紅葉する蔦さへ見えず神の松 正岡子規 蔦紅葉
紅葉すれば西日の家も好もしき 村上鬼城
紅葉せし木も沈鬱に傾けり 相生垣瓜人 明治草
紅葉せぬいはほも山もなかりけり 正岡子規 紅葉
紅葉せぬ余木と連理せるもあり 阿波野青畝
紅葉せりつらぬき立てる松の幹 水原秋櫻子 殉教
紅葉せり何もなき地の一樹にて 平畑静塔
紅葉せり松その上に枝を垂れ 水原秋櫻子 蘆刈
紅葉せる中にも沙羅の夕紅葉 水原秋櫻子 玄魚
紅葉せる峰の高みに信の道 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉せる木を隔て行くダム湖畔 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
紅葉せる老い桜をも別きて見し 相生垣瓜人 負暄
紅葉ちる和尚の留守のいろり哉 正岡子規 散紅葉
紅葉ちる常寂光寺よき日和 高野素十
紅葉ちる音ひびくらし厨子の裡 松本たかし
紅葉づれる桂林の山三百段 松崎鉄之介
紅葉と煖炉紅葉のごとくにして一座 荻原井泉水
紅葉にはまだ早き樹々朝日燦 林翔
紅葉には少し早しと谷下る 細見綾子
紅葉にも一日にぎわし京の秋 正岡子規 紅葉
紅葉に来文士は文を以て讃へ 阿波野青畝
紅葉に笑みいし人もすでに昔 金子兜太
紅葉に臓腑を低く谷の人 飯島晴子
紅葉のはげしき山に懸巣鳴く 百合山羽公 寒雁
紅葉の中新居夕日に染みやすく 香西照雄 素心
紅葉の中杉は言ひたき青をもつ 森澄雄
紅葉の二三本見て疲れきる 原裕 青垣
紅葉の宴悪酔すでに一人二人 金子兜太
紅葉の島に近寄り寄らず航く 桂信子 新緑
紅葉の旅伎藝天女の膝下まで(秋篠寺) 細見綾子
紅葉の樹ダムに映れば煉瓦館 山口誓子
紅葉の賀わたしら火鉢あつても無くても 阿波野青畝
紅葉の賀われがさきがけ泣き出せり 大野林火 月魄集 昭和五十五年
紅葉の高原老年の訃はやわらか 金子兜太
紅葉はやさびをり岩の屹立に 佐藤鬼房
紅葉は水に、水は石を流れる 荻原井泉水
紅葉は淡彩、谷は墨色かげりゆく 荻原井泉水
紅葉ひとところ雨だれのしげくなる 大野林火 冬青集 雨夜抄
紅葉ふんで村嬢塩をはこびけり 飯田蛇笏 山廬集
紅葉また散り重なりし音を立て 清崎敏郎
紅葉まだ千鳥掛なる嵐山 鷹羽狩行
紅葉まで道路工事の急がるる 右城暮石 散歩圏
紅葉まんだらその上に白穂高 鷹羽狩行
紅葉みな眩し冷やかなる齢 鷲谷七菜子 銃身
紅葉やがて散り沈むべき水清し(京都貴船) 細見綾子
紅葉やく烟は黒し土鑵子 正岡子規 紅葉
紅葉よし連に見せ度く指さしぬ 星野立子
紅葉よりなほ濃きものを思ひをり 後藤比奈夫
紅葉より瀧ちる谷間谷間かな 正岡子規 紅葉
紅葉より鮮土木用紅ペンキ 山口誓子
紅葉をそつくり山の道路鏡 鷹羽狩行
紅葉を出て腹まで真赤赤い犀 金子兜太
紅葉を掃きゐし青き竹箒 細見綾子
紅葉を疲れの色と知らざるや 平井照敏
紅葉且つ散り東洋城の忌なりけり 安住敦
紅葉且つ散ると神将払子を斜に 安住敦
紅葉且つ散るカルストに鬼の穴 佐藤鬼房
紅葉且つ散る人の心は読み難し 安住敦
紅葉且つ散る古みちは山いためずよ 上田五千石『琥珀』補遺
紅葉且つ散る急流を巌ばさみ 上田五千石 森林
紅葉且つ散る轟音のごとく散る 金子兜太
紅葉且散る散華といえる語とは別に 楠本憲吉 孤客
紅葉中身をよぢりては滝落す 清崎敏郎
紅葉中鯉飼はれゐて落付かず 能村登四郎
紅葉冷えしてあとかたもなき脂粉 上田五千石『森林』補遺
紅葉冷え強くて滝の捻れ落つ 鷹羽狩行
紅葉冷てふは唐黍焼く娘にも 後藤比奈夫
紅葉冷小鼻酸くなる湯の匂ひ 阿波野青畝
紅葉冷紅葉寒とも託ちつつ 清崎敏郎
紅葉出て落ちこむ瀧や霧の中 正岡子規 霧
紅葉原野やつて来ました大村屋 金子兜太
紅葉坂一歩をかけて打ち仰ぎ 高野素十
紅葉坂老を支へて打ち仰ぎ 高野素十
紅葉坂越えむとするに息足らず 岸田稚魚 紅葉山
紅葉客手摺には腰すべからず 阿波野青畝
紅葉寒一戸に字の名をとどめ 上田五千石『森林』補遺
紅葉寒遠嶺の日ざし吾に来ず 細見綾子
紅葉寺三世三千仏の図を 山口青邨
紅葉寺大涅槃図を蔵しけり 安住敦
紅葉寺重文百雪隠を遺す 安住敦
紅葉山いろんな色に落着かず 岸田稚魚 紅葉山
紅葉山かつ散る山と国分ち 上田五千石 天路
紅葉山たらりたらりと人帰る 藤田湘子
紅葉山づかと塞ぎて國境 松本たかし
紅葉山の文庫保ちし人は誰 正岡子規 紅葉
紅葉山右に左に汽車徐行 星野立子
紅葉山月ぞら既に濃くなんぬ 下村槐太 光背
紅葉山火元のごとく燃ゆるところ 松村蒼石 雪
紅葉山燃える燃えると鵯過ぎし 能村登四郎
紅葉山町押しちぢめ立てるかな 高田風人子
紅葉山白馬連峰を左右に断つ 水原秋櫻子 帰心
紅葉山禰宜をろがむは伊勢のかた 木村蕪城 一位
紅葉山越すヘリコプターかたかたと 山口誓子
紅葉山近づきすぎて仰がれず 右城暮石 散歩圏
紅葉山遠くて林檎園に見え 平畑静塔
紅葉山高くそそりて利根細る 松本たかし
紅葉岳雲と青空移り行く 右城暮石 天水
紅葉崖稀に且つ散ることをせり 上田五千石 天路
紅葉折て夕日寒がる女哉 正岡子規 紅葉狩
紅葉折て腕たしかむる男哉 正岡子規 紅葉狩
紅葉折る木魂かへすや鏡石 前田普羅 普羅句集
紅葉拾ってばかり 女の過去憧憬 伊丹三樹彦
紅葉掃く白砂の上を草帚 星野立子
紅葉摺うつや高雄の這入口 河東碧梧桐
紅葉散りて夕日少し苔の道 正岡子規 散紅葉
紅葉散り一幹の照あらはなる 桂信子 草影
紅葉散り果てし明るさ卯辰山(金沢卯辰山) 細見綾子
紅葉散り深大寺蕎麦の床几あり 水原秋櫻子 岩礁
紅葉散る 得たりや応と 巻込む渦 伊丹三樹彦
紅葉散るや夕日少なき杉の森 正岡子規 散紅葉
紅葉散る亀は黄檗山に出て 古舘曹人 砂の音
紅葉散る京は女のよいところ 正岡子規 散紅葉
紅葉散る劇の稽古の雄叫びに 林翔
紅葉散る山の日和や杉の露 正岡子規 散紅葉
紅葉散る岡の日和や除幕式 正岡子規 散紅葉
紅葉散る水は瀬となり瀧と落つ 水原秋櫻子 殉教
紅葉散る玉ころがしの瀬を早み 上田五千石 天路
紅葉日が暮れた山をうごかしたいと思ふ見てゐる 中川一碧樓
紅葉昏る頂きに日はありながら 桂信子 花影
紅葉晴ゆうべのことはなにもいはじ 上村占魚 球磨
紅葉暮れいのちもくれてしまひけり 草間時彦 櫻山

More(←ここをクリック)
by 575fudemakase | 2016-10-28 18:53 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング