<   2017年 01月 ( 212 )   > この月の画像一覧

*ほうぼう

*ほうぼう

例句を挙げる。

*ほうぼうに鮃に訛り残りけり 攝津幸彦

*ほうぼうの歩く月夜となりにけり 大石悦子

*ほうぼうの煮こごる姿いかめしき 阿波野青畝

*ほうぼうの班はあをき糶のまへ 向山隆峰

*ほうぼうの髯脚立てて貌そろふ 秋山牧車

*ほうぼうの鰭を師走の街へ立つ 加藤耕子

*ほうぼうの鳴きしや冬の雷鳴りしや 矢部白茅

*ほうぼうを提げ立春の畦通る 中拓夫

*ほうぼう一ぴきの顔と向きあひてまとも 中塚一碧樓

いかめしく*ほうぼう髭を反らしけり 皆川盤水

インフレ兆*ほうぼう割かれて倍大に 北野民夫

味噌焚きの*ほうぼうの眼のあはれかな 木内彰志

朝空焼けて*ほうぼうのみちをゆく 若森京子

根の国のこの*ほうぼうのつらがまへ 有馬朗人

鉤外すとき*ほうぼうの太く啼く 園部雨汀
鰤見ては泣き*ほうぼうを見ては泣き 岸本尚毅 舜
釣れてをる腮の*ほうぼう熊楠忌 岡井省二 鯨と犀
赤貝*たいらぎ鮃*ほうぼう鯨夢 岡井省二 鯨と犀

以上




by 575fudemakase | 2017-01-28 23:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

羽織 の俳句

羽織 の俳句


羽織 

あさくさの灯に誘はるゝ羽織かな 小島登久女
いくさ遠し男も羽織短く着る 草村素子
いつか花に小車と見む茶の羽織 山口素堂
うす羽織きてゐてをろをろ酔ひたり(大正9年) 滝井孝作 折柴句集
うれしさや着たり脱いだり冬羽織 村上鬼城
おきな忌や茶羽織ひもの十文字 飯田蛇笏 山廬集
お羽織屋障子を立てて緩みなき 関森勝夫
かまくらや赤半纏に嬶座の子 櫻井菜緒 『帰雁』
かりに着る女の羽織玉子酒 高濱虚子
かりに著る女の羽織玉子酒 高浜虚子
きてもみよ甚兵(じんべ)が羽織花衣 松尾芭蕉
きてもみよ甚兵が羽織花衣 芭蕉
きてもみよ甚平が羽織花衣 松尾芭蕉
げんげ田の降りきし羽織かつぎゆく 金尾梅の門 古志の歌
さやと脱ぎ落としたり紗の羽織 長谷川かな女 花寂び
そこまで天の川、湯ざめすまじき羽織を借り(黒部) 荻原井泉水
ちちはは経て半纏となるを重ね着ぬ 茂里正治
ぬぎ掛けし羽織が赤く風邪の床 八牧美喜子
はせを忌の古則や茶食茶の羽織 素丸
はつしぐれ濡れて淋しき羽織かな 琴堂 五車反古
はつ時雨濡て淋しき羽織かな 琴堂
はやり来る羽織みじかき卯月かな 立花北枝
はらからに家紋の羽織なつかしや(姉上京) 『定本石橋秀野句文集』
ひとへものもとより羽織などは著ず 単衣 正岡子規
ふはとぬぐ羽織も月の光かな 成美
むささびとなりぬべうなり茶の羽織 山口素堂
わが好きな羽織の冬のはじまりぬ 山田千城
わが羽織児に被かせつ十三夜 林原耒井 蜩
一葉忌母の羽織の裏紋に 田中英子
七日はや羽織の下の帯ほそく 麻田鶴
亡き母の羽織を借りし歌留多かな 岩田由美
元朝の反り身に結ぶ羽織の緒 庄中健吉
光悦忌羽織の紐に風すこし 鈴木鷹夫 千年
八朔や一重羽織も空の色 成美
写真とる羽織の吹かれどほしなる 波多野爽波 鋪道の花
冬羽織ぬげばうしほの匂ひせり 熊田侠邨
初冬の膝に羽織を仮だたみ 阿部みどり女
初午や百姓衆の羽織紐 細川加賀 生身魂
初懐紙羽織の裏に凝られたる 黒田杏子 花下草上
初雪や羅紗の羽織にのしめ鞘 向井去来
半纏に在の一文字浦祭り 原田 茂
半纏の折目ゆかしき祭かな 藺草慶子
半纏の身になじみくる日暮かな 福田甲子雄
半纏を揃へ修二会の竹運ぶ 朝妻 力
半纏木軍荼利夜叉に花こぞる 中戸川朝人
厚ぶすま羽織も急に今年秋 及川貞 榧の實
口切や羽織袴で臼をひく 福村新舟
古羽織着る夜もありぬつゞれさせ 高橋淡路女 梶の葉
合歓咲くや絹裂羽織の裾みじか 尾崎紅葉
哀しからずや白き短き羽織着て 林原耒井 蜩
啓蟄や脱がし羽織を濡縁に 星野立子
啓蟄や脱ぎし羽織を濡縁に 星野立子
四日はや常の羽織を着せられて 遠藤梧逸
夕立に羽織たゝむや柱蔭 比叡 野村泊月
夕萩にまとふ羽織の匂ふかな 阿部みどり女 笹鳴
夜長とも夜寒ともある羽織かな 野村喜舟 小石川
大風に羽織かむりて田螺とる 阿部みどり女 笹鳴
女松の丘や肩すべらして羽織ぬぐ 平井さち子 完流
好者の羽織飛ばせし涼みかな 前田普羅 新訂普羅句集
子守半纏裏山の影足もとに 鍵和田釉子
宗匠の黒き茶羽織花点前 佐久間俊子 『むさし野』
宵の間や羽織わするゝ冬の雨 能一
山吹や写真羽織の白樺派 古沢太穂
山笑ふ藁麦が羽織を着てゐたる 龍岡晋
山繭の香の羽織着て参賀かな 田上さき子
年の市誰を呼ぶらん羽織どの 其角
年の市誰を呼らん羽織どの 榎本其角
扇持たずもとより羽織などは着ず 扇 正岡子規
文筆の女主の羽織かな
日にこげる羽織の香肩をあふれくる 川島彷徨子 榛の木
時しらぬ布子羽織や富士詣 米翁「蘇明山荘句藻」
曾我染の羽織心や虎が雨 安斎桜[カイ]子
望月の照りや羽織の紐むすぶ 渡邊水巴
末枯や羽織又着て句をつくる 龍胆 長谷川かな女
杣が羽織着し日の心鳥渡る 中塚一碧樓
梅の縁短か羽織を著給ひて 大橋杣男
梅雨の雨きのふの羽織ぬぎにけり 木津柳芽 白鷺抄
棺被う見おぼえ新らしき羽織 相原左義長
椿の花粉紬の羽織に 梅林句屑 喜谷六花
歌舞伎座の半纏を着て梅見客 前田普羅
正月の夜を万歳の羽織かな 紫暁
武家紋の羽織でありし法事客 猪俣千代子
母病めり蒲団の上に黒き羽織 大野林火
河岸をゆく羽織たらりと霜日和 飯田蛇笏 雪峡
浜の子の綿入羽織日に羽摶つ 藤木倶子
父方の遠くなりけり羽織着る 田村了咲
田楽や脱ぎし羽織を袖だたみ 高橋淡路女 梶の葉
畦を来て羽織にほふや詣で人 大峯あきら 鳥道
病めば訪はる羽織重ねて臥戸出で 及川貞
病臥なほ壁の羽織の裏あかき 鷲谷七菜子 黄 炎
白梅や羽織の紐の芯の張り 櫛田と志子 『繭玉』
着てたちて羽織のしつけ抜かるなり 山口誓子
着る時の羽織裏鳴る淑気かな 能村登四郎
碁敵や単衣羽織の夕姿 尾崎紅葉
祭半纏干さるる真下猫眠る 石寒太 翔
祭半纏欄干に干す佃島 中島真理
祭半纏着たる童子をさらひたし 品川鈴子
窯主の羽織袴や客を待つ 高濱年尾 年尾句集
立ち止り羽織に枯木影とまり 上野泰 佐介
竹林に入りて遊べる羽織かな 草間時彦 櫻山
籬に鵯来をり羽織を着て立ちぬ 猿橋統流子
素半纏しばる縄帯漆掻 吉川葵山
絵羽織のうしろにはねしうたかるた 高井北杜
絹布著て上に紙衣の羽織かな 紙衣 正岡子規
綱ひきや羽織三つ四つ薪のうへ 茶静
羽子板や羽織着せゐる梅暦 野村喜舟 小石川
羽織きて二十三夜の女かな 高橋淡路女 淡路女百句
羽織だけ着替へし肩の寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
羽織だけ著替へ賀客を迎へけり 星野立子
羽織ぬぐいつも信濃をおもふ頃 及川貞 榧の實
羽織のみ着替へし母が柚子の釜 岡井省二
羽織の鉤とれたるほどの風邪ごゝち 久米正雄 返り花
羽織やるしほなめゆびの左繩 加藤郁乎
羽織着て出かゝる空の時雨かな 高井几董
羽織着て旦冬なる小人形 金沢辰生
羽織着て気分なにがし角張りぬ 金井大松
羽織着て綱もきく夜や川ちどり 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
羽織着て逆髪詣もう寒く 富安風生
羽織着て馬追ふ年の貢かな 白図
羽織着の死者に持越す不幸なし 安東次男 裏山
羽織着よ鞍馬法師も年男 言水
羽織紐結びつ解きついひわけし 吉屋信子
羽織脱ぎ耳たぶ染めて十二月 阿部みどり女 月下美人
老骨をばさと包むや草羽織 芥川龍之介
老骨をばさと包むや革羽織 芥川龍之介 我鬼窟句抄
肩重モや冬着に羽織面倒な 松根東洋城
花かるた湯ざめの羽織うち重ね 清原枴童 枴童句集
花に酔へり羽織着て刀指す女 芭蕉
花冷といふほどでなし羽織著て 高濱年尾 年尾句集
茶羽織の人も汐干の頬かむり 森田峠 避暑散歩
茶羽織を衣桁に残し舂けり 平井さち子 鷹日和
茸の香をしぐれの羽織たゝむ時 安斎櫻[カイ]子
草虱羽織脱がせる河原の陽 稲垣きくの 牡 丹
菊の香に羽織の紐をむすびけり 田中冬二 麦ほこり
菊人形馬上の隊士黄の羽織 高澤良一 石鏡
菊日和羽織をぬいで縁に腰 大橋櫻坡子 雨月
著せられて借りし夜寒の羽織かな 白水郎
裏あかき羽織着てをり産後の日 中山純子 沙羅
襖に母堂の綿入羽織の肩を見せけり 梅林句屑 喜谷六花
西鶴忌いくとせ羽織はおらざる 石川桂郎 四温
身にからむ単羽織もうき世哉 榎本其角
軍配上る時羽織飛び帽子ふる 相撲 正岡子規
軒に下る毛虫の糸や羽織ぬぐ 龍胆 長谷川かな女
避暑に来て短か羽織を仮りに著て
酔ふままに羽織の裏を筆始 荷風
野遊の女がぬぎし羽織かな 野村喜舟 小石川
銀行員ある日は祭半纏きて 鈴木栄子
長き日を羽織着ながら寝たりけり 几董
長日を羽織着ながら寐たりけり 高井几董
長羽織着て寛瀾の二月かな 久保田万太郎 流寓抄
陽炎や羽織脱ぎおく寺の縁 岸本尚毅 鶏頭
雁かへる雨夜汗ばむ羽織かな 岡本松浜 白菊
革羽織とりかくされて火燵かな 中村史邦
革羽織とり隠されて火燵かな 史邦 芭蕉庵小文庫
顔見世に行く羽織とて縫ひ急ぐ 岩本千代
風かほる羽織は襟もつくろはず 芭蕉 芭蕉庵小文庫
風薫る羽織の襟もつくろはず 芭蕉
風薫る羽織は襟もつくろはず 芭蕉「小文庫」
鱈売の長半纏に手鉤かな 籾山梓月
鴬や羽織着よなら一つ紋 尾崎紅葉
鶯に縞の羽織を着たりけり 久米正雄 返り花

羽織 補遺

あさましく草木にまぎれ冬羽織 飯島晴子
おきな忌や茶羽織ひもの十文字 飯田蛇笏 山廬集
お羽織屋残る宇津谷夕凍みぬ 松崎鉄之介
くさめしてたたみ馴れたる薄羽織 飯田龍太
しろじろと母が前掛け羽織の前 中村草田男
はらからに家紋の羽織なつかしや 石橋秀野
わがまとひ鷹の羽ならぬ冬羽織 鷹羽狩行
オーバーを羽織つてむかひあひ更けぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
コート著るうかつに羽織忘れたり 高浜年尾
写真とる羽織の吹かれどほしなる 波多野爽波 鋪道の花
冬の暮黒き羽織に背を隠し 山口誓子
後手を羽織しぼりに組みもして 野見山朱鳥 曼珠沙華
思ふこと羽織重ねてゐる頃よ 細見綾子 桃は八重
恋しや父よ羽織の紐の御飯粒 中村草田男
手に数珠をもち薄羽織きよう嵐めく 荻原井泉水
杣が羽織着し日の心鳥渡る 中川一碧樓
枯れ深き羽織に蠅のゐる遺影 飯田龍太
母病めり蒲団の上に黒き羽織 正岡子規 白幡南町 昭和三十年
河岸をゆく羽織たらりと霜日和 飯田蛇笏 雪峡
男来て羽織紐買ふ寒の入 岡本眸
病床に半纏古りぬ木葉髪 石田波郷
病臥なほ壁の羽織の裏あかき 鷲谷七菜子 黄炎
病閑の熱き冬日に羽織垂れ 飯田龍太
皮羽織から刺子まで韓文化 後藤比奈夫
着て立ちて羽織のしつけ抜かるなり 山口誓子
着る時の羽織裏鳴る淑気かな 能村登四郎
立ち止り羽織に枯木影とまり 上野泰 佐介
立冬かと呟きコート羽織りけり 林翔
竹林に入りて遊べる羽織かな 草間時彦 櫻山
竹馬の羽織かむつてかけりけり 原石鼎 花影
絹布著て上に紙衣の羽織かな 正岡子規 紙衣
綿虫も知る太閤の古羽織 百合山羽公 樂土
羽織からふどしまで絹河豚汁 岡井省二 鯛の鯛
羽織とは安けく羽織る名なるべし 細見綾子 桃は八重
羽織ぬぐいつも信濃をおもふ頃 及川貞 榧の實
羽織のみ着替へし母が柚子の釜 岡井省二 鹿野
羽織紐朱し胸べに林檎剥かれ 野澤節子 未明音
羽織脱ぎなほ著ぶくれし姿かな 高浜年尾
若やぎて見ゆ女史疋田羽織りたり 高浜年尾
西鶴忌いくとせ羽織はおらざる 石川桂郎 四温
軍配上る時羽織飛び帽子ふる 正岡子規 相撲
通勤の羽織はでなる古娘 日野草城
風花に紫さむき羽織かな 日野草城
鬚剃りてふだん羽織や年忘 原石鼎 花影

羽織 続補遺

*むねあはぬ恋や男鹿の草羽織 調和 富士石
これよりして御馬がへしや羽織不二 抱一 屠龍之技
ふはとぬぐ羽織も月のひかりかな 成美 成美家集
むささびとなりぬべうなり茶の羽織 素堂
よの中を紙子羽織や化の皮 馬場存義
八さくや桂のむこの羽織礼 野坡
初雁や我も下り居の布羽織 野坡
初雪や羅紗の羽織にのしめ鞘 去来
夢に見し羽織は綿の入にけり 野水
天然と羽織脱けり花つばき 紫道
家持の馬士の羽織やゆきのはな 蘆本
小性衆の羽織に雪は鷹野哉 吾仲
年の市黄衣にはふすべの革羽織 米翁 染井山荘発句藻
時しらぬ布子羽織や富士詣 米翁 染井山荘発句藻
時雨ても乾く宿有旅羽織 中川乙由
暮の市誰を呼らん羽織殿 其角
正月や牛引女羽織着て 東皐
炉びらきや羽織ですはる乙息子 助然
綿入に羽織で見たる月見かな 臥高
羽織きた女に似たり河豚の形 桜井梅室
羽織着て上に帯する枯野哉 許六
羽織着て出かゝる空の時雨かな 高井几董
羽織着て門の雪掃く女房哉 黒柳召波
老の羽織初雪迄に仕立たり 仙杖
脱ならふ羽織の数や月の雪 助然
長日を羽織着ながら寐たりけり 高井几董
雨冷に羽織を夜の簑ならん 其角
革羽織とりかくされて火燵かな 史邦

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

毛衣 の俳句

毛衣 の俳句

毛衣 

かの男やゝ生臭し裘 高橋淡路女 淡路女百句
けさの冬よき毛衣を得たりけり 蕪村
しろがねの出羽を立ちけり裘 斎藤梅子
すはだかに裘まとふ煖炉かな 西島麦南 人音
どうしてかうボタンのあはぬ裘 如月真菜
なゐの夜のふつと匂ひし裘 大林 勉
ぼろ市に裘着て無頼めき 佐藤素人
むまさうに饂飩すすれり裘 高澤良一 宿好
われになし妻にはありて裘 星野麥丘人
オリエント文化旅せし裘 山田弘子 懐
カンヴァスを抱く裘は緋に映えて 石原八束
ダンサーの裸の上の裘 高浜虚子
一冬の炉に主たり裘 青木月斗
其銀で裘なと得よ和製ユダ 中村草田男
冬やことしよき裘得たりけり 蕪村遺稿 冬
冬待つやこれもかたみの裘 斎藤紫々
冬待つやつはものどもの皮衣 正岡子規
単車降り少年となる裘 木暮つとむ
厚肉買う毛衣の背で順を待つ 赤城さかえ句集
双肩に月光重し裘 橋本榮治 麦生
妻の通夜裘着たる杣頭 三浦勲 『生きる』
寒中の毛衣磨れば火の走る 大須賀乙字
山川のこゑ鋭くなりぬ裘 服部鹿頭矢
巻舌のスペインガイド裘 岩崎照子
師ゆ賜ひし毛衣もはや仕舞ひ頃 溝口青於
弔ひのうしろを通る裘 黛 執
映画館裘匂ひ穢土なるや 山口誓子
母の背や毛衣古りし茶のまどゐ 石川桂郎 含羞
毛衣につつみてぬくし鴨の足 ばせを 芭蕉庵小文庫
毛衣に包みてぬくし鴨の足 芭蕉
毛衣に女の肌を甘やかす 樋笠文
毛衣の品定めする旅車中 高澤良一 宿好
毛衣の四日のをんな鬼子母神 黒田杏子
毛衣の悪女俳句を得手とせり 小松道子
毛衣の男が鳴らす鍵の束 有働亨 汐路
毛衣の試着鏡よ鏡よと 高澤良一 宿好
毛衣の雪白他の子の上ぞ 石塚友二 光塵
毛衣やチェーホフの世へ幕上がり 岡田 貞峰
毛衣や支那浪人の支那話 河野静雲
毛衣を尻まで垂らし杣通る 高濱年尾 年尾句集
毛衣を着ての往来や幾種族 依田明倫
毛衣を脱げば真肌のあらはなり 高浜虚子
毛衣を著ての往来や幾種族 依田明倫
洋人の毛衣臭ふ古画の前 瀧春一 菜園
海は夕焼裘のぼる坂の町 角川源義
父子ならん対の毛衣歯朶を負ふ 大野せいあ
父恋し夏さむざむと裘 川端茅舎
牛売って購ひしこれ裘 真鍋蕗径
犬抱いて猫かぶりたる裘 上谷昌憲
白梅や枕をつつむ裘 会津八一
皮衣ぴたりと女収めけり 小澤克己
着せかける毛衣ほのと脂粉の香 大野南蒼
石山の石に躓く裘 高澤良一 燕音
突堤に毛衣ひとり暮れのこり 綾部仁喜
糶馬のどれが売り手や皮衣 嶋田摩耶子
職替へて増ゆる外出や裘 山岡正典
脱ぎすててこんな重き裘 辻桃子
裘 銃身に似し身をつつむ 桂信子
裘(かはごろも)銃身に似し身をつつむ 桂信子(1914-)
裘(かわごろも)銃身に似し身をつつむ 桂信子 樹影
裘いつのタンポポ吹き立てし 久米正雄 返り花
裘かけて貰うて漁夫病める 松田弟花郎
裘ぬぎすてにけり寒泳ぎ 五十嵐播水 播水句集
裘はるかより濤来つつあり 小野恵美子
裘を湖とひとえの壁に吊る 澁谷道
裘一番星と呟けり 飯島晴子
裘似合ひたまふと見てとりし 後藤夜半 底紅
裘似合ふ大柄スタイリスト 高澤良一 石鏡
裘匂ふ女と相席す 高澤良一 宿好
裘女だてらに腕組みす 高澤良一 宿好
裘星のとどかぬ匂ひせり 栗林千津
裘椅子にあづけしモデルかな 樫村 英
裘浪人者の男ぶり 阿波野青畝
裘湯呑を玉のごとく掌に 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
裘着てむささびのとぶを待つ 安藤尚子
裘着て犬くさき蟹工女 三戸杜秋
裘着る助手席の女かな 井桁蒼水
裘着れば決断力生るる 山田喜代子
裘砂丘案内の女馬子 加藤三七子
裘脱げばいつもの仲間かな 稲畑 汀子
裘裘見て振り返る 高澤良一 宿好
裘銃身に似し身をつつむ 桂信子
軍属といへどをさなし裘 田村了咲
逆撫でもして毛衣をしまふかな 中原道夫
透明なビルに入りけり裘 永島靖子
遠のいてゆく裘径真直ぐ 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
鎌倉の日向をあるく裘 高澤良一 ももすずめ
鏡中にわが髯白し裘 島田五空
闘犬の診療医たり裘 岡本秋雨路
雨止んで毛衣を脱ぐ今年竹 鈴木富美子
頭から見下ろされゐる裘 高澤良一 宿好
顛末のすぐにぬけがら裘 松澤雅世
馬喰の二代目として裘 菅崎磨もる
駄菓子屋の奥の毛衣動きけり 今 去就
鴉囃す毛衣黒くわが行くを 斎藤道子


毛衣 補遺

すはだかに裘まとふ煖炉かな 西島麦南 人音
めぐりあふ空にひきずる裘 飯島晴子
われになし妻にはありて裘 雨滴集 星野麥丘人
其銀で裘なと得よ和製ユダ 中村草田男
冬待つやつはものどもの皮衣 正岡子規 冬近し
指環三つ毛衣を被て人買は 山口青邨
旅の身の自由不自由裘 鷹羽狩行
映画館裘匂ひ穢土なるや 山口誓子
昭和果つかたまつてゆく裘 桂信子 樹影
材出しせる人の裘だらりとす 松崎鉄之介
母の背や毛衣古りし茶のまどゐ 石川桂郎 含羞
毛ごろもは漆黒に人は乳白に 日野草城
毛衣に腹黒き名を雪めけり 其角
毛衣の難波乙女を攫ひたし 佐藤鬼房
毛衣の雪白他の子の上ぞ 石塚友二 光塵
毛衣や頭すくめてとし暮ぬ 五明
毛衣をたたいて撫でて売る男 上田五千石『琥珀』補遺
海は夕焼裘のぼる坂の町 角川源義
蒲の絮付けて因幡のけごろもよ 平畑静塔
裘の男の愛の夜は荒し 松崎鉄之介
裘一番星と呟けり 飯島晴子
裘似合ひたまふと見てとりし 後藤夜半 底紅
裘沖の鵜の眼を感じをり 岡井省二 明野
裘浪人者の男ぶり 阿波野青畝
裘脱げばいつもの仲間かな 稲畑汀子
裘銃身に似し身をつつむ 桂信子 樹影
里人のみな裘大狐 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ジャケツ の俳句

ジャケツ の俳句

ジャケツ 

このジヤケツ着るたび遠き母近し 大島民郎
すれちがいし革ジャケットは緒形拳 中原徳子
まつすぐに日射すジヤケツの妻の胸 藤田湘子 雲の流域
ゆるぎなくジヤケツ二十の躯をつつみ 丸山一実
カーディガン語学教師の胸薄き 櫂未知子
カーディガン青し看護婦と患者われ 黒崎治夫
キリストを着よと手編のジャケツ賜ぶ 田川飛旅子 『使徒の眼』
ジャケットの羽毛ふくれに汝が青春 清水衣子
ジャケツの端のどをつつみて花とひらく 中村草田男
ジャケツ厚し落葉焚きゐし香をこめて 草間時彦
ジャケツ着て出て椋鳥をふり仰ぎ 野澤節子
ジャケツ着て快晴の海想ひけり 林桂 銅の時代
ジヤケツの娘自転車とばし来りけり 上村占魚 球磨
ジヤケツの子鼻梁は吾れに瞳は妻に 大岳水一路
ジヤケツの端のどをつつみて花とひらく 中村草田男
ジヤケツの胸突如仔牛になめられて 飯利勝郎
ジヤケツトの赤着て今日を道化役 上田日差子
ジヤケツ厚し落葉焚きゐし香をこめて 草間時彦
ジヤケツ真赤く縄飛はまだ出来ず 富安風生
ジヤケツ編む日向の鶏に竹さがり 飯田龍太
スケートの憩ひジヤケツの身をほそめ 岸風三楼 往来
ズボンに手ジャケツの漁夫ののぼる岨 橋本鶏二
ラグビーのジャケツちぎれて闘へる 山口誓子
一少女ジヤケツの胸に鍵垂らし 田川飛旅子 花文字
制服がジャケツ締めつけ試験期なり 香西照雄 素心
勝独楽は派手なジャケツの子供かな 上野 泰
勝独楽は派手なジヤケツの子供かな 上野泰 佐介
厚ジャケツ一枚着足す国境 鈴木栄子
受験日の母ジャケツト狭秋し 遠藤寛子
古ジャケツ愛し雑木の影を愛す 大嶽青児
古ジヤケツあたまより着て老はまくす 森川暁水
古ジヤケツ愛し雑木の影を愛す 大嶽青児
妻編みしジャケツを旅の華やぎに 甲斐遊糸 『冠雪』
小鳥来ぬジヤケツの赤き子供らに 岸風三楼 往来
屑買ひは青空仕事紺ジャケツ 香西照雄 対話
平静をよそほふだぶだぶジャケツ着て 上田五千石
愛をもて編みしジャケツのかく痒し 鷹羽狩行
愛をもて編みしジヤケツのかく痒し 鷹羽狩行
楽屋口水の江滝子ジャケツきて 星野立子
毛糸たぐり消えゆくジャケッツいくさ謗り 川口重美
毛糸編む紅のジヤケツの子が紅を 上村占魚 鮎
海をゆく心細さよジャケツ着込む 津田清子 礼 拝
海を航く心細さよジャケツ着込む 津田清子
着ぶくれて赤きジヤケツや舸子の妻 高浜虚子
紅葉且散るカーディガン肩辷りがち 楠本憲吉
紙漉けり手編みジヤケツの袖浅く 千田一路
背の厚き新斧老の黒ジャケツ 香西照雄 素心
花真菰似合うジヤケツト薄紫 島川允子
袖通す他なきジャケツぎっくり腰 高澤良一 寒暑
跫音高し青きジャケツの看護婦は 石田波郷
闘争歌ジヤケツがつゝむ乙女の咽喉 藤田湘子 雲の流域

ジャケツ 補遺

そがひなるジヤケツをとめはやはらかき 日野草城
まつすぐに日射すジヤケツの妻の胸 藤田湘子
ジャケツだけ着て公園の鳰を見に 安住敦
ジャケツ厚し落葉焚き来し香をこめて 草間時彦 中年
ジャケツ着て達磨のやうに坐してをり 上村占魚
ジヤケツの娘自転車とばし来りけり 上村占魚 球磨
ジヤケツの子等何か遊びブルつまらなく 富安風生
ジヤケツ着て吾子の細脛傷はしる 能村登四郎
ラグビーのジャケツちぎれて闘へる 山口誓子
ラグビーの饐ゑしジャケツを着つゝ馴れ 山口誓子
制服がジャケツ締めつけ試験期なり 香西照雄 素心
勝独楽は派手なジヤケツの子供かな 上野泰 佐介
墓地に草生やしはせぬ と ジャケツ老爺 伊丹三樹彦
屑買ひは青空仕事紺ジャケツ 香西照雄 対話
平静をよそほふだぼだぼジャケツ着て 上田五千石『琥珀』補遺
愛をもて編みしジャケツのかく痒し 鷹羽狩行
楽屋口水の江瀧子ジャケツ著て 星野立子
毛糸編む紅のジヤケツの子が紅を 上村占魚 鮎
海をゆく心細さよジヤケツ着込む 津田清子 礼拝
白ジヤケツ鶴の聖女の旅途中 平畑静塔
紺のジャケツの女町川瀬にさやぎ 中村草田男
置き琴にぽろんと触れてジャケツ着る 右城暮石 句集外 昭和三十三年
背の厚き新斧老の黒ジャケツ 香西照雄 素心
菊人形武蔵黄色のジャケツ被る 山口誓子
葡萄酒はロゼでジヤケツは真赤なる 石田勝彦 雙杵
赤ジャケツ着て我が冬を訪ね来よ 右城暮石 句集外 昭和三十八年
跫音高し青きジヤケツの看護婦は 石田波郷
闘争歌ジヤケツがつゝむ乙女の咽喉 藤田湘子
黒き縞は無頼のジヤケツ熱帯魚 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬シャツ の俳句

冬シャツ の俳句

冬シャツ 

冬シャツか死出の衣か知らねども 京極杞陽 くくたち下巻
冬シャツの十字架干しに山日射す 本宮鼎三
冬シャツ乾く運河と熔鑛爐の間 中島斌男
支障なし子と冬シャツを違え着ても 安住 敦
支障なし子と冬シャツを違へ着て 安住敦
支障なし子と冬シャツを違へ着ても 安住 敦
脱ぐ冬シャツ子には父臭からむ 伊丹三樹彦 人中
脱ぐ冬シャツ子には父臭からん 伊丹三樹彦
裏毛シヤツ背にねばりだす麦手入 大熊輝一 土の香
青空市冬シヤツの山崩し選る 奈良文夫
顔入れて冬シャツは家の匂ひする 秋元不死男

冬シャツ 補遺

冬シャツ抱へ非運の妻が会ひにくる 秋元不死男
冬シヤツに緊められこころ沖もとむ 能村登四郎
子の前に冬シャツ脱ぐとおどけをり 加藤秋邨
支障なし子と冬シャツを違へ着ても 安住敦
脱ぐ冬シャツ子には父臭からむ 伊丹三樹彦
顔入れて冬シャツは家の匂ひする 秋元不死男

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の泉 の俳句

冬の泉 の俳句

冬の泉 

あたたかくこゑの響きて冬泉 小島健 木の実
うなづいてから冬泉ひととびに 石寒太 炎環
けぶりつつ蛾の翅泛ぶ冬泉 堀口星眠 営巣期
たえまなき冬の泉の水ゑくぼ 猪瀬幸子
なまよみの甲斐の霊しき冬泉 加倉井秋を
ひとごゑをもつとも怖る冬泉 小菅白藤
わが指紋冬の泉に残しけり 坂本宮尾
ヴィーナスの臍といはむや冬泉 片山由美子 風待月
一鳥のこゑに緊まりし冬泉 つじ加代子
不治なれば為すを成させむ冬泉 平井さち子 鷹日和
中天の日を浸し湧く冬泉 内藤吐天 鳴海抄
乳子泣くや冬の泉の底ゆらぎ 加藤楸邨
冬の泉に映る太陽震えどおし 田川飛旅子 花文字
冬の泉に立ちて四十路のみづみづし 加藤知世子 黄 炎
冬の泉の音に近ずく生きんため 田川飛旅子 花文字
冬の泉の音に近づく生きんため 田川飛旅子
冬の泉鶲映りて羽刷らふ 石田あき子 見舞籠
冬妻(ひよつま)は冬の泉の名や湧ける(冬妻=酒水源泉の名) 中原道夫
冬泉けもののにほひありにけり 加藤三七子
冬泉なま身は香り放つなり 鍵和田釉子
冬泉に一花となりてわれの舞ふ 桂 信子
冬泉のさざ波や海女雑巾さす 加藤知世子 花寂び
冬泉はらりとうつりゆきしもの 加藤三七子
冬泉ひそかに磨く一語あり 川崎慶子
冬泉ひとの言葉を聴いてゐる 石田郷子
冬泉クルスを胸に少女過ぐ 村田白峯
冬泉夕映うつすことながし 柴田白葉女 雨 月
冬泉山の日輪まるまると 茨木和生 遠つ川
冬泉暗しと梯子負ひ歩く 佐藤鬼房 地楡
冬泉毛細根も子らも集ふ 香西照雄 素心
冬泉生きてゐて受く光りかな 村越化石
冬泉砂を忘れて砂躍る 菅原鬨也
冬泉藻のまみどりに湧きやまず 小松世史子
冬泉覗きて老のナルキソス 辻田克巳
切々と冬の泉か脣を吸ふ 中原道夫
切株の渦のとなりの冬泉 青柳志解樹
受話器とる寒泉そこに奏でゐて 木村蕪城 寒泉
吾が影を映す暗さの冬泉 石川文子
墓山へ誰か登りし冬泉 山本洋子
大寺の寒泉の声聞きに来し 有働亨
大束の榊をひたし冬泉 綾部仁喜 樸簡
大理石の隙に噴出て冬泉 毛塚静枝
天馬像基点の距離や冬泉 中戸川朝人 星辰
寂として冬の泉のあたたかし 小池文子
寒泉に一杓を置き一戸あり 木村蕪城 寒泉
寒泉に豆腐浮べて住まひけり 小島百合子
寒泉の底老鱒の死どころ 百合山羽公 寒雁
寒泉の白き一朶や伊賀に入る 橋本鶏二
寒泉の眼に見えて湧く水繊し 橋本鶏二
寒泉や島影に鯉とゞまらず 渡邊水巴 富士
寒泉を南無や南無やと掬びけり 斉藤夏風
山の冬泉の鯉も朦朧と 森 澄雄
廊下の燈寒泉の梅咲きにけり 渡邊水巴 富士
弟子ありて冬の泉の湧くごとし たむらちせい
憑かれ飲む冬の泉は酒に似て 青木重行
手を入れて水の厚しよ冬泉 小川軽舟
手を洗ふ冬の泉に小鳥影 田村一翠
旅人へ苔あをあをと冬泉 加藤耕子
日ざしたるところ湧き出で冬泉 小島健 木の実
日強まり漣押し出す冬の泉 香西照雄 対話
日輪の見えて届かぬ冬泉 右城暮石 上下
暗きもののみを映して冬泉 中嶋秀子
月に澄み日に澄む広野の冬泉 柴田白葉女 雨 月
月光のおとづれを待つ冬泉 館野 豊
木のことば冬の泉に優しかり 脇本星浪
樹の方へ足音消ゆる冬泉 神尾久美子 桐の木
水中に水鮮しき冬泉 正木ゆう子 静かな水
汲みしあと満つるに間あり冬泉 大岳水一路
波郷忌や杜の明るき冬泉 中田樵杖
浄瑠璃のこゑ冬泉に張りのぶる 加藤耕子
湧ける音流るる音の冬泉 深見けん二 日月
漲りて一塵を待つ冬泉 飯島晴子
潺潺と冬泉あり土葬村 小澤實 砧
熊笹を揺らしてゐるは冬泉 山田弘子
生きものの声あげつづけ冬泉 杉 良介
白日忌寒泉韻く如くなり 中島月笠
紐咥へ髪結ひなほす冬泉 岡本眸
繩文の唄のきこゆる冬泉 福田甲子雄
自らに問ふこと多し冬泉 深見けん二 日月
苔青く冬の泉の底うごく 川崎展宏 冬
被爆地や母の音こぼす冬泉 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
鎌倉に夜の足音冬泉 原裕 葦牙
雉子の目のやうな水輪を冬泉 高澤良一 ぱらりとせ
雑兵の如く飯食ふ冬泉 皆川白陀
音につれて水面のゑくぼ冬泉 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
顔寄せて水のゆらぎぬ冬泉 松野苑子
鳥も稀の冬の泉の青水輪 大野林火(1904-84)
鳥深く嘴を沈めぬ冬泉 深見けん二 日月

冬の泉 補遺

つくばひの苔を濡らして寒泉湧く 山口青邨
ひさかたの月下に漁父の羅漢像 佐藤鬼房
三人で囲みて知恵の冬泉 岡本眸
乳子泣くや冬の泉の底ゆらぎ 加藤秋邨
佛心やすずろ湧きゐる寒泉 伊藤白潮
僧形の身に添ふ齢冬泉 能村登四郎
先に在りし子等の去る待ち冬泉 中村草田男
冬の泉に黒猫寄りて長き尾伸ぶ 金子兜太
冬の泉の湧く音立ててありしかな 安住敦
冬の泉冥し遍路の身をさかしま 橋本多佳子
冬の泉日の一炎を置きにけり 石田勝彦 雙杵
冬泉に一花となりてわれの舞ふ 桂信子「草影」以後
冬泉より流寓のこゑすなり 飯田龍太
冬泉妻よばふ声地にこもる 角川源義
冬泉暗しと梯子負ひ歩く 佐藤鬼房
冬泉毛細根も子らも集ふ 香西照雄 素心
外灯の消えず映りし冬泉 右城暮石 句集外 昭和四十年
寒泉に幹々の影ひざまづく 鷹羽狩行
寒泉に花ごしらへの馬酔木あり 山口青邨
寒泉のひびかひ人はしづかにて 山口青邨
寒泉のひびきに市の音遠く 山口青邨
寒泉の底老鱒の死どころ 百合山羽公 寒雁
寒泉の玉を走らせてはひびく 山口青邨
寒泉や一枚のもみぢ沈みゐて 山口青邨
寒泉や定型といふ無尽蔵 藤田湘子 神楽
寒泉や島影に鯉とゞまらず 渡邊水巴 富士
少しづつ夕日の届く冬泉 岸田稚魚
山の冬泉の鯉も朦朧と 森澄雄
山裾の冬の泉に海芋咲く 角川源義
廊下の燈寒泉の梅咲きにけり 渡邊水巴 富士
心底より深空ゆるす冬泉 橋本多佳子
愛滾々冬の泉のごとくあれ 上田五千石『天路』補遺
掬ひたる冬の泉のあたたかく 後藤比奈夫
日強まり漣押し出す冬の泉 香西照雄 対話
日輪の見えて届かぬ冬泉 右城暮石 上下
漲りて一塵を待つ冬泉 飯島晴子
澄み切つて底浮き上がる冬泉 右城暮石 句集外 昭和四十年
猫たちの影次次に冬の泉 金子兜太
猫舐ぶる冬の泉の面輪かな 金子兜太
疑ひを持たず行手の冬泉 廣瀬直人
紐咥へ髪結ひなほす冬泉 岡本眸
終日や寒泉のひびき身ほとりに 山口青邨
膳気山冬の泉と猫湧かす 金子兜太
襲着の佳人に冬の泉鳴る 佐藤鬼房
蹲めば魂すすり泣く冬泉 飯田蛇笏 家郷の霧
遠祖の声して冬の泉かな 有馬朗人 立志
鎌倉に夜の足音冬泉 原裕 葦牙
阿修羅童子冬の泉の守護役に 角川源義
鳥も稀の冬の泉の青水輪 大野林火 青水輪 昭和二十六年
鹿のあと吾が指濡らす冬泉 草間時彦 中年

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

雨氷 の俳句

雨氷 の俳句

雨氷 

かしどりのひとこゑのみに雨氷林 古田紀一
みちのくの出湯溢るる雨氷かな 深尾正夫
もろさもて雨氷の樹々を装へり 谷口和子
下の諏訪祝祭の雨氷解く 飯田蛇笏 雪峡
忽ちに解けし雨氷の雫かな 星野椿
日俘われ雨氷の帽子深く垂る 佐々木有風
春隣る雨氷上をながれけり 石原舟月
暁杭の数本すでに雨氷の季 幡谷東吾
枯萩の髄脈々と雨氷る 臼田亞浪 定本亜浪句集
機音の重く雨氷となりし朝 吉岡 秋青
焼杭の数本すでに雨氷の季 幡谷東吾
生るるとき雨氷に音のある如く 湯川雅
白けた顔の青年吃る雨氷かな 田川飛旅子
細やかな枝細やかな雨氷かな 岡安仁義
落葉松に雨氷名残の綺羅雫 吉村ひさ志
雨氷し樟樫椎のみどり重ね 中戸川朝人
雨氷つづる窓の旅愁はおのづから 宇藤旗児
雨氷とて草の高さに光るもの 稲畑汀子
音もなく雨氷となりて夜の更けし 甲斐 重子
鳥海山の雨氷とならん髪を梳く 小林晋子


雨氷 補遺

下の諏訪祝祭の雨氷解く 飯田蛇笏 雪峡
枯萩の髄脈々と雨氷る 臼田亜郎 定本亜浪句集
雨氷る木賊の風に鳴りにけり 大野林火 月魄集 昭和五十五年

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

樹氷 の俳句

樹氷 の俳句

樹氷 

おうおうと樹氷も並び寒念仏 小島洪資
ぐうぐうと電柱うなる樹氷咲かせ 宮坂静生 青胡桃
この谿の春の樹氷や窓近み 石橋辰之助 山暦
こまやかに咲きことごとく樹氷林 大橋敦子
しき鳴くは樹氷の山に何の鳥 三好達治 路上百句
ひとひらの雲燃え樹氷暮れにけり 望月たかし
まさをなる空へ空へと樹氷林 水野雅子
よぎりゆく影の固さや樹氷林 石田阿畏子
オーロラは天の羽衣樹氷立つ 澤田緑生
ガリガリと四駆で抜ける樹氷林 田原直子
コバルトの湖の覗ける樹氷かな 谷口白葉
メルヘンのこびと出さうな樹氷林 児島倫子
ライターの炎ひとひら樹氷林 高橋正子
リフト一路宙吊り婆に樹氷浮く 秋元不死男
七つ星樹氷の空をありくなる 中川宋淵
両界へつらなりて樹氷せる 大西淳二
人といふこの小さきもの樹氷原 森田桃村
僧兵の古寺を奈落に樹氷咲く 木村仔羊
光の玉樹氷に隕ちつ地に弾く 石橋辰之助 山暦
八方のそれぞれ真昼樹氷林 脇本星浪
初空に樹氷うかべて甲武信岳 小野宏文
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
咲く樹氷雲ひとひらの空のもと 石橋辰之助 山暦
壮語みな傷つき戻る樹氷林 長山遠志
夕日なか樹氷かがやく藻岩山 長沼史子
大いなる金星いでし樹氷かな 加藤三七子
姓転々とかはる生徒髪に樹氷咲かせ 宮坂静生 青胡桃
少年は小鳥の動き樹氷林 茨木和生
山彦をすぐに戻せぬ樹氷林 北見弟花
年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯 太田 蓁樹
心なき吾が木ら樹氷かがやかせ 細谷源二 砂金帯
心なき吾が樹ら樹氷かがやかせ 細谷源二
愛宕山注連にも樹氷及びけり 巽恵津子
敲くべき扇もなくて樹氷界 平畑静塔
敲くべき扉はなくて樹氷界 平畑静塔
日ぞ落ちし樹氷さまよひ息はずむ 石橋辰之助 山暦
明けて来し樹氷の山を遙拝す 茨木和生 倭
暮れてなほ銀色の帆に樹氷群 佐川広治
月を背の樹氷を山の魔像とも 瀬川蟻城
朝はまづ樹氷のもとに温泉を汲む 木村蕪城 寒泉
朝日うけ色のうまれし樹氷林 樹生まさゆき
楡樹氷落葉松樹氷牧夫住み 石井とし夫
極光が結ぶ樹氷の夜明あり 藤浦昭代
樹氷いま育ちざかりや蔵王山 横山庄一
樹氷いま鳴れば一山鈴の音に 長沼三津夫
樹氷に気負ふ数歩風湧く渋峠 住谷不未夫
樹氷の奥で青い化石になっている 齋藤白砂
樹氷ぱりぱり触れてのぼりぬ遠嶺見に 及川貞 夕焼
樹氷また鳥を放てり雪熄むか 大島民郎
樹氷今雫となりぬ雀たち 丸山比呂
樹氷凝る汝は何の木と知れず 山口誓子
樹氷原わが白息の生臭し 渡辺恭子
樹氷持ちかへると童折りて待つ 山口波津女
樹氷林あゆみて過去へゆくごとし 奥坂まや
樹氷林いまだ覚めざる日をかゝげ 高濱年尾 年尾句集
樹氷林にたそがれはなくすぐ暮るゝ 安元しづか
樹氷林にも日溜りのありて佇つ 嶋田摩耶子
樹氷林はぐれ鴉が来て漂ふ 岡田日郎
樹氷林むらさき湧きて日闌けたり 石橋辰之助 山暦
樹氷林めぐりて風が地より起つ 河野南畦
樹氷林ホテルのけぶり纒きて澄む 橋本多佳子
樹氷林咳をするとき身のひかり 寺田京子 日の鷹
樹氷林声なき木霊空に充ち 伊東宏晃
樹氷林満開にして花ならず 井村アイ子
樹氷林無明越年しつゝあり 加藤かけい
樹氷林照り成人を祝ぐ日なり 米谷静二
樹氷林燦浴槽に湯を充たす 前山松花
樹氷林生きて出てくる愚か者 水谷仁志子
樹氷林男追うには呼吸足りぬ 寺田京子 日の鷹
樹氷林男追ふには呼吸足らぬ 寺田京子
樹氷林白を豪華な彩と知る 福田小夜
樹氷林睫毛しぱしぱと日を仰ぐ 石川桂郎 含羞
樹氷林細く鋭く日の流れ 岸田稚魚 筍流し
樹氷林踏みかがやきて一路あり 依田由基人
樹氷林輻(や)のごとき影移りゆき 友岡子郷 風日
樹氷林青き天路に出てしまふ 平畑静塔
樹氷林鳴りてさぬきとあわ領つ 松浦礼子
樹氷林黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
樹氷満ちゐて頂上といふ幽さ 鷲谷七菜子
樹氷照りロッキーの冬揺ぎなし 有働亨 汐路
樹氷笛吹きおんなの老いは背後から 寺田京子 日の鷹
樹氷群黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
櫟山春の樹氷の宝冠す 矢島渚男 延年
母泊めて樹氷とあそぶ火を創る 栗林千津
水晶島樺の樹氷の間に見ゆ 佐藤 哲
氷点を炎ゆ太陽や樹氷林 曽我部介以
烈風に影をみじかく樹氷立つ 望月たかし
百本の樹氷に月の青雫 加藤耕子
真日照るや樹氷に冥き空の色 内藤吐天
眼底に樹氷の像や立ちくらむ 相馬遷子 山国
瞑むれば樹氷林ゆく霧の音 羽部洞然
窓の灯は樹氷を照らし橇をてらす 石橋辰之助 山暦
立ち去らねば樹氷とならむ吾もまた 大橋敦子
美しき朝の始まる樹氷林 北村多打志
耐へがたき真闇樹氷をおしたてる 石橋辰之助 山暦
荒霧を払ふ樹氷が他を統べし 岸田稚魚 筍流し
落つる日の嶺をはしれる樹氷かな 石橋辰之助 山暦
蒼天の傷つくはかなし樹氷林 三嶋隆英
蒼穹に日はうちふるへ樹氷満つ 石橋辰之助 山暦
薄き日へ樹氷のかかぐ白十字 羽部洞然
虫の息でジャコメッティの樹氷たち 田川飛旅子 『山法師』
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亞浪 定本亜浪句集
谿削がれ月明にあり樹氷林 宮下白泉
身の修羅を封じ切つたる樹氷かな 渡辺恭子
身を出づる息ひとすぢや樹氷林 岡田貞峰
雪原の風遠し樹氷晶々と 内藤吐天
雪原の風遠し樹氷晶晶と 内藤吐天
雪原の風遠樹氷晶晶と 内藤吐天
霧氷林樹氷林藍憂愁林 黒田杏子 花下草上
頂へ逆立つ樹氷奥信濃 三栖隆介
風の樹氷浅間の裾野むらさきに 宮坂静生 青胡桃
風鳴れば樹氷日を追ひ日をこぼす 石橋辰之助 山暦
黄昏れて色重ねゆく樹氷林 谷島展子

樹氷 補遺

きたきつねたちまちけぶり樹氷林 鷲谷七菜子 天鼓
さし覗く林間暗き樹氷林 山口誓子
はらはらと脱ぐなり樹氷愛撫され 平畑静塔
カメラK氏の鞄にすこし樹氷落つ 飯田龍太
ブドー酒の樽と赤児に樹氷ゆるむ 橋閒石 風景
ラヂエター鳴りて樹氷の野が暁くる 橋本多佳子
リフト一路宙吊り婆に樹氷浮く 秋元不死男
億兆の微塵即ち樹氷かな 阿波野青畝
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
地の雪を太陽照らす樹氷林 右城暮石 虻峠
心なき吾が木ら樹氷かがやかせ 細谷源二 砂金帯
敲くべき扉はなくて樹氷界 平畑静塔
日当りて霧氷と樹氷分ちたる 稲畑汀子
朝はまづ樹氷のもとに温泉を汲む 木村蕪城 寒泉
樹氷の宙航く身リフトの棒となる 角川源義
樹氷ぱりぱり触れてのぼりぬ遠嶺見に 及川貞 夕焼
樹氷凝る汝は何の木と知れず 山口誓子
樹氷林いまだ覚めざる日をかゝげ 高浜年尾
樹氷林ホテルのけぶり纏きて澄む 橋本多佳子
樹氷林森羅万象ありにけり 阿波野青畝
樹氷林睫毛しぱしぱと日を仰ぐ 石川桂郎 含羞
樹氷林細く鋭く日の流れ 岸田稚魚 筍流し
樹氷満ちゐて頂上といふ幽さ 鷲谷七菜子 一盞
樹氷群れ蒼天星によみがへる 飯田蛇笏 山響集
樹氷群旭ふくめりただかがやき 山口青邨
樹氷群翳といふべきものを持ち 清崎敏郎
眼底に樹氷の像や立ちくらむ 相馬遷子 山国
積雪の嶺樹氷にて天に触る 山口誓子
索道に落ちし樹氷のひびきけり 右城暮石 句集外 昭和五十一年
翼なす樹氷内なる光密に 鷲谷七菜子 銃身
聖の木の樅立木にて樹氷凝る 山口誓子
荒霧を払ふ樹氷が他を統べし 岸田稚魚 筍流し
虎落笛樹氷の林抜けるとき 山口誓子
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亜郎 定本亜浪句集
顔に手に樹氷の散華きりもなし 藤田湘子 神楽

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

浮寝鳥 の俳句

浮寝鳥 の俳句

浮寝鳥 

いくつかは貼絵の遠さ浮寝鳥 狩行
いざこざのなき隔たりに浮寝鳥 高澤良一 ぱらりとせ
いちめんの重油のかなた浮寝鳥 森田峠 避暑散歩
いつもこの杙飯櫃かゝり浮寝鳥 清原枴童 枴童句集
いつも陽の死角にありて浮寝鳥 小澤克己
お手玉の置かれしやうに浮寝鴨 永野絢子
かがやきて珠の如くに浮寝鳥 井早雪子
くるくると堀江の鴨の浮寝かな 支考
くる~と堀江の鴨の浮寝鳥 支考
ここらより川の名変る浮寝鳥 中井啓子
こころ病めば浮寝鳥さへうつろ眸に 稲垣きくの 黄 瀬
こち向く浮く鳥やゝにこち向き浮寝鳥 原石鼎
この旅の思ひ出旅の浮寝鳥 星野立子
この旅の思ひ出波の浮寝鳥 立子
この旅を思い出波の浮寝鳥 星野立子
この湖の哀しみ知らず浮寝鳥 桧垣くみ
こもり沼の浮寝のやうに眠りたし 成田千空
さしのぞく木の間月夜や浮寝鳥 松本たかし
さめてまた一と聲浮寝鳥のこゑ 田中裕明 花間一壺
さゞ波のいたづらめきぬ浮寝鳥 森田峠 避暑散歩
しばらくは塔影に入る浮寝鳥 桂信子 遠い橋
しんかんと山に径ある浮寝鳥 神尾久美子 桐の木
その夢も薄墨いろか浮寝鳥 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
たましいを遊ばせている浮寝鳥 松浦いづみ
つぎはぎの水を台に浮寝鴨 齋藤玄 『狩眼』
つぶらなる氷の上の浮寝鳥 高浜虚子
つり人の竿先遊ぶ浮寝鴨 南部紀江
ともしびに片寄せられて浮寝鳥 片山由美子 天弓
ふる雪に巴をつくる浮寝鳥 内藤吐天 鳴海抄
ほそめゆき瞳の消えしかば浮寝鳥 西本一都 景色
まるき目を時に光らせ浮寝鳥 深見けん二 日月
みな風に向きて静かや浮寝鳥 高橋卯木
めぐる日も仄かに揺れて浮寝鳥 橋本榮治 麦生
やまなみに夕色はしる浮寝鳥 三田きえ子
わが死後もかく散らばるや浮寝鳥 鈴木貞雄
一切を水にまかせて浮寝鳥 岡澤康司
一羽また浮寝の鳥となりに来る 後藤兼志
万緑のなかや浮寝の鳰と鴨 中村祐子
三十六歌仙がほどに浮寝鳥 藤田湘子 てんてん
三日月のみどりしたたる浮寝鳥 野見山朱鳥
上空に使はぬ空気浮寝鳥 正木ゆう子 静かな水
世の中の裏側に浮寝鳥が浮く 加倉井秋を 午後の窓
乳母と児の遊ぶかてとも浮寝鳥 原コウ子
佇つ人に故里遠し浮寝鳥 風生
体内はいつも水音浮寝鳥 大村玉兎
何鳥の浮寝胸のみ目覚めゐつ 齋藤玄 『玄』
佳き男このごろ見ざり浮寝鳥 遠山 陽子
億劫の刻過ぎにけり浮寝鳥 鈴木貞雄
円光を着て漂ひの浮寝鳥 赤井淳子
出汁昆布の箸をつるりと浮寝鳥 山口昭男
初旅のいつか添ひゐる浮寝鳥 吉田鴻司
初老とは四十のをんな浮寝鳥 黒田杏子 木の椅子
初雪の梦や見るらん浮寐鳥 浮寝鳥 正岡子規
吹かれつつ向き変りけり浮寝鳥 山田弘子 初期作品
嘴の中舌はひらめく浮寝かな 吉本伊智朗
塵芥車も怠けたき日か浮寝鳥 鍵和田[ゆう]子 浮標
夜の浪を風くりかへす浮寝かな 松根東洋城
夜をこめて浮寝の鳥の白からむ 林原耒井 蜩
大海に亀をはなちて浮寝かな 中勘助
大琵琶の八十の浦なる浮寝鳥 鈴鹿野風呂
定まれる席あるごとし浮寝鴨 関森勝夫
寝るときはひたすら眠れ浮寝鳥 吉田やまめ
対岸の日向好みて浮寝鳥 長屋せい子
尾道や淦汲む漁夫と浮寝鳥 井上久枝
尿意ほのと浮寝鳥数へゐる 鈴木鷹夫 春の門
居る程の小鴨動かぬ浮寝かな 子鴨 正岡子規
山の影山へしりぞく浮寝鳥 池田幸利
山影を日暮とおもひ浮寝鳥 鷹羽狩行
山火事に漕ぐ舟もなし浮寝鳥 安斎櫻[カイ]子
岩あればしたがひ巡り浮寝鳥 原 コウ子
嵐山春の浮寝のつづきをり 田中裕明 先生から手紙
川中へ吹き寄せられて浮寝鳥 中尾吸江
川波の影胸にあり浮寝鳥 深川淑枝
左石より暮れはじめたる浮寝鳥 亀田虎童子
御幸拝む人散りつくし浮寝鳥 岡本松浜 白菊
御社や庭火に遠き浮寐鳥 浮寝鳥 正岡子規
徳川の夢や見るらん浮寐鳥 浮寝鳥 正岡子規
悔恨の羽毛となりて浮寝せり 三橋鷹女
想あたためてゐるやも知れず浮寝鳥 西嶋あさ子
捩ぢ曲げし首背に預け浮寝鳥 重倉安男
推敲すいくども浮寝鳥の句を 田中裕明 櫻姫譚
撃たれたる夢に愕く浮寝鳥 高橋悦男
放心や眼前の水に浮寝鳥 内藤吐天 鳴海抄
散らばつてをれど一陣浮寝鳥 久保田よしみ
散らばりて同じ向きなる浮寝鳥 坂井多嘉
旅に病む浮寝鳥にも似し寝覚め 稲垣きくの 牡 丹
日と月をいま一空に浮寝鳥 鈴木鷹夫 春の門
日当れば湧きて浮寝の鳥の数 鷲谷七菜子 花寂び
日輪の燃ゆる水面の浮寝鳥 山田弘子 初期作品
日輪はひらりひらりと浮寝鳥 山口青邨
旧軍港浮寝の鳥もなかりけり 高澤良一 宿好
昔々ではじまる川の浮寝鳥 櫛原希伊子
昼の陽の微塵拡がり浮寝鳥 赤尾恵以
晩節の躬に敵もなし浮寝鳥 伊東宏晃
月の出を待てないわたし浮寝鳥 児玉悦子
有明やをしの浮寝のあからさま 内藤鳴雪
朝見れば吹きよせられて浮寝鳥 正岡子規
林間の瀬に吹きよりて浮寝鳥 飯田蛇笏 春蘭
橋渡る人より多し浮寝鳥 尾崎迷堂 孤輪
此処だけは風やはらかし浮寝鳥 川口ツネ子
水ぬるむ鳥の浮寝や昆陽池 会津八一
水の面に夕日のビルや浮寝鳥 関口謙太
水よりもふかく昏れをり浮寝鳥 猪俣千代子 堆 朱
水中の脚覚めてをる浮寝鴨 千原叡子
水噛んで浮寝の鴨となりにけり 岸田稚魚 『花盗人』
水尾ひいて離るる一つ浮寝鳥 高野素十(1893-1976)
水尾ひいて離るゝ一つ浮寝鳥 高野素十
水尾引いて離るる一つ浮寝鳥 高野素十
水尾引いて離るゝ一つ浮寝鳥 高野素十
水広し星もろともに浮寝鳥 松村蒼石 雪
水底の藻の暮れ果てし浮寝鳥 長谷川櫂 天球
水涸れて出る杭長し浮寝鳥 塩谷華園
水皺や風そと通り浮寝鳥 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
水舐めて届く夕日に浮寝鳥 深見けん二
水遠く渚曲りて浮寐鳥 浮寝鳥 正岡子規
水際まで尺の積雪浮寝鳥 古賀まり子
水靄のあそびごころの浮寝鳥 猪俣千代子 秘 色
江戸橋やつい人馴て浮寝鳥 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
江戸橋やつい人馴れて浮寝鳥 一茶
沖かけて深き曇や浮寝鳥 白水郎
波あらば波に従ひ浮寝鳥 稲畑汀子
波かぶり一家の数の浮寝鳥 西村和子 かりそめならず
波寄せてよせても遠き浮寝かな 近藤良郷
波来れば波の高さに浮寝鳥 都筑智子
流さるること愉しくて浮寝鴨 大石悦子 群萌
流されてゐて流されず浮寝鴨 田中由紀子
流されて橋をくゞりぬ浮寝鳥 穴井梨影女
流るるは浮寝鳥とも時間とも 黒川花鳩
流れゆく江東の灯や浮寝鳥 中嶋秀子
浜名湖の没日に染まる浮寝鳥 広瀬千鶴
浮寐鳥平入道の天下かな 浮寝鳥 正岡子規
浮寝していかなる白の冬鴎 森澄雄 浮鴎
浮寝せる盆の月夜の山蛙 田中英子
浮寝とはゆかざる鳥羽のゆりかもめ 高澤良一 燕音
浮寝どり日向の山の青ぶすま 角川源義
浮寝にはすこし間のある日向鳥 高澤良一 さざなみやつこ
浮寝鳥あれば礫の少年期 畑中庸廣
浮寝鳥いつぽんの木に隠れけり 西田美智子
浮寝鳥いま目覚めゐる一羽あり 西山誠
浮寝鳥うすき枕をうら返す 木村虹雨
浮寝鳥うつゝに尾振る一羽あり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
浮寝鳥ことばを待つはさびしかり 伊藤通明
浮寝鳥しづかに水の流れけり 上井みどり
浮寝鳥しばらく吾も流されぬ 鈴木鷹夫 大津絵
浮寝鳥ともに棲まねば諍はず 樋笠文
浮寝鳥ながるる宮の御ン柱 宇佐美魚目 秋収冬蔵
浮寝鳥はりまの國の端にをり 田中裕明 先生から手紙
浮寝鳥ひよいと悔みをいはれけり 吉本伊智朗
浮寝鳥ほどの寧けさ ありやなしや 伊丹三樹彦
浮寝鳥また波が来て夜となる 寺山修司
浮寝鳥までの雨粒神のには 田中裕明 櫻姫譚
浮寝鳥みてをり余生おもひをり 柴田白葉女
浮寝鳥一羽さめゐてゆらぐ水 水原秋櫻子
浮寝鳥一羽のさめて啼きにけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
浮寝鳥世の一隅の斯く寂か 深川正一郎
浮寝鳥予報はづれのぬくさかな 今井直子
浮寝鳥二つ静かにぶつかりぬ 鈴木鷹夫 風の祭
浮寝鳥別別になるうねりかな 瀧井孝作
浮寝鳥十羽十色に夢を見て 小松和子
浮寝鳥同心円を出でざりき 柴田奈美
浮寝鳥城の立體月光に 西島麥南
浮寝鳥夕かたまけて流れけり 西嶋あさ子
浮寝鳥夕日しばらく海にあり 青砥真貴子
浮寝鳥夜ごと時計の螺子を巻く 有住洋子
浮寝鳥夢は渡りの幾山河 吉田文伍
浮寝鳥夢みるときは流さるる 石井 香
浮寝鳥宇治十帖を夢見るや 鈴木鷹夫 千年
浮寝鳥寄り添い見るや同じ夢 守口 薫
浮寝鳥岩に身をうつ夜もあらん 闌更
浮寝鳥揺りし舟燈菰がくる 宮武寒々 朱卓
浮寝鳥数へて十五、六以上 角光雄
浮寝鳥日に遁げられてしまひけり 成瀬櫻桃子 風色
浮寝鳥日向ぼこして樹にもあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
浮寝鳥昼は水かげらふと棲む 松村蒼石
浮寝鳥昼は水かげろうと棲む 松村蒼石
浮寝鳥昼は水かげろふと棲む 松村蒼石 春霰
浮寝鳥晝は水かげろふと住む 松村蒼石 春霰
浮寝鳥月さして水暗みたり 石原舟月
浮寝鳥月の出を待つ沼あかり 田淵定人
浮寝鳥月夜の波を曳きにけり 今井杏太郎
浮寝鳥桜田門の日向かな 瀧井孝作
浮寝鳥橋の下まで夕日さす 角川春樹
浮寝鳥水の流れに逆はず 赤尾恵以
浮寝鳥水の真闇の底知れず 宮下玲華
浮寝鳥沖へ沖へと暮れにけり 永田耕一郎
浮寝鳥波に心を溶しけり 関森勝夫
浮寝鳥洲に汐満ちて夕なり 松村蒼石
浮寝鳥流されさうで流されず 中嶋秀子
浮寝鳥浪にゆられて向き~に 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
浮寝鳥海に入る日が湖照らす 中川忠治
浮寝鳥海風は息ながきかな 耕二
浮寝鳥海風は息長きかな 福永耕二(1938-80)
浮寝鳥潮待つ船の灯に遠く 小川斉東語
浮寝鳥瓢湖に雲の低く垂れ 川合広保
浮寝鳥畳なき家建てにけり 遠山 陽子
浮寝鳥看板こけし茶店かな 清原枴童 枴童句集
浮寝鳥石段の端見えてをり 田中裕明 花間一壺
浮寝鳥芦火明りにながれけり 石原舟月 山鵲
浮寝鳥見えたる国はわたしかな 攝津幸彦
浮寝鳥見てゐて眼あたたまる 鈴木鷹夫 渚通り
浮寝鳥覚まさず通るや通過駅 平井さち子 紅き栞
浮寝鳥覚めたる波をたてにけり 石井とし夫
浮寝鳥覚めて失ふ白ならむ 後藤比奈夫 花匂ひ
浮寝鳥連れがぽつりと呟けり 椎名書子
浮寝鳥醒めて水輪の芯に居り 豊長みのる
浮寝鳥金銀の星待ちてをり 皆川盤水
浮寝鳥隠れかねたる瘠羽かな 松根東洋城
浮寝鴨の濡れ身そのまま夜に入る 桂信子 花寂び 以後
浮寝鴨ベンチに戦禍のニュース読み 関森勝夫
浮寝鴨薄眼入日の金枯葦 桂信子 花寂び 以後
浮寝鴨覚めては羽摶つふたみたび 鈴木貞雄
海とても日溜りはあり浮寝鳥 国松ゆたか
港とは名のみの入江浮寝鳥 大瀬雁来紅
湖心の日山へ移りぬ浮寝鳥 福田蓼汀 秋風挽歌
湖高く飛んでしまひぬ浮寝鳥 吉武月二郎句集
満々と水の惑星浮寝鳥 田中治夢
漁火をはなれ黒雁浮寝かな 佐藤宣子
漂うてゐるはきのふの浮寝鳥 澤田 薫
潮に錆ぶ鉄路の端に浮寝鳥 木村里風子
灯ともして戻る御堂や浮寝鳥 松藤夏山 夏山句集
灯のごとく月を上げたる浮寝鳥 鈴木鷹夫 千年
灯火の窓辺に倚りぬ浮寝鳥 高浜虚子
炬燵寝の更けて浮寝の鳥ごこち 松浦敬親
燦然と波荒るゝなり浮寝鳥 芝不器男
燦爛と波荒るるなり浮寝鳥 芝不器男(1903-30)
燦爛と波荒るゝなり浮寝鳥 芝不器男
爛々と暁の明星浮寝鳥 高浜虚子
牡丹雪浮寝覚めたる鴛鴦二つ 鈴木花蓑
牡丹雪浮寝醒めたる鴛鴦二つ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
猿蓑のいよいよ暮るゝ浮寝鳥 齋藤玄 飛雪
留守なればその足で浮寝鳥を見に 間石
番ひ鴨遠くはとばずまた浮寝 下村梅子
痛み羽をたゝみきれざる浮寝鴨 右城暮石 上下
痩せ杭の彼方に一つ浮寝鳥 高澤良一 宿好
白鳥の浮寝のまはり氷らざり 加藤知世子
白鳥の浮寝の嘴は深く挿す 石田勝彦
睡蓮の葉畳を飛ぶ糸蜻蛉 笹目翠風「浮寝鴨」
究極の球形かとも浮寝鳥 柴田綾子
立つ人の耐へざる風に浮寝鳥 森田峠
筑波嶺のいよいよとがり浮寝鳥 沢木欣一
筑波嶺のいよ~とがり浮寝鳥 沢木欣一 遍歴
素逝忌や浮寝する鴨近江にて 中西碧秋
群りて鳥に過ぎざる浮寝鳥 山口誓子
羽交に嘴さし入れてより浮寝鳥 鈴木貞雄
羽摶きて覚めもやらざる浮寝鳥 高浜虚子
翔たざれば翳の重しよ浮寝鳥 角川照子
翔たば空覆ふなるべし浮寝鳥 森田峠 避暑散歩
耕二忌に見し浮寝鳥凡ならず 和田祥子
舟みちや日当りながら浮寝鴨 今井杏太郎
舟焼きの煙にまぎれ浮寝鳥 石原義輝
舫はれし如く灯影の浮寝鴨 行方克巳
舫はれし如く燈影の浮寝鴨 行方克己 知音
舳かけてくさ~干しぬ浮寝鳥 清原枴童 枴童句集
船の雪陸より深し浮寝鳥 森田 愛子
船神事終りし港浮寝鳥 小西魚水
茄で卵むけば日向に浮寝鳥 桂信子 遠い橋
菜を洗ふ水輪のとどく浮寝鳥 手島 靖一
菜を洗ふ水輪のとゞく浮寝鳥 手島 靖一
裏那智は鉱区の灯のみ浮寝鳥 宮武寒々 朱卓
覚めて又いつからとなく浮寝鳥 深見けん二 日月
読んでゐるときは我なし浮寝鳥 田中裕明 先生から手紙
貯木場の一画占めて浮寝鳥 小松世史子
身じろぎてより膨らみし浮寝鳥 藤岡幸子
辿りつく水がふるさと浮寝鳥 三枝青雲
逆さなる富士に抱かれ浮寝鴨 林昌華
逢ひたしと思ふ心に浮寝鳥 宮尾寿子
過ぎし日は昨日も遠し浮寝鳥 安住敦
遠眼鏡浮寝の鴨を偸み見る 大橋敦子 手 鞠
都落ちして浮寝する都鳥 高橋克郎
鉛筆の芯やはらかし浮寝鳥 西塚洋子
銃眼に見えて番ひの浮寝鴨 出口孤城
鎮火の鐘に更け足る雨や浮寝鳥 宮武寒々 朱卓
降る雪の水くらければ浮寝鳥 小檜山繁子
陵守の眼にいつもある浮寝鳥 比叡 野村泊月
陽の裏の光いづこへ浮寝鳥 高山れおな
雪しろの青きにごりに浮寝鳥 森田 愛子
雪のせて軽くゆれをり浮寝鳥 堀 葦男
雪待つは浮寝鳥めく菩提樹下 神尾久美子 桐の木
雪昏るるひかり束ねし浮寝鳥 原裕 青垣
青海原に浮寝をすれど危ふからず燕よわれらかたみに若し 春日井建
面売の面のうしろの浮寝鳥 中村明子
風神のなまけ日和や浮寝鳥 山本良明
鴛鴦浮寝北極圏のしづけさに 佐藤恭子
鴛鴦浮寝北極圏の静けさに 佐藤恭子
鴨浮寝ときに覚めては向きかふる 高浜年尾
鴨浮寝はぐれし一羽降り来たり 橋本多佳子
鴨浮寝余呉の夕風とがりそめ 田畑美穂女
鴨浮寝家居たのしみゐるごとく 藤崎久を
鴨浮寝更に遠くに数知れず 桑田詠子
鴨浮寝海苔粗朶に汐みちわたり 高濱年尾 年尾句集
麻酔よく効きて浮寝の鴨のごと 大石悦子 聞香
黙といふ錨を下ろす浮寝鳥 竹中美智子

浮寝鳥 補遺

あさくさに歌舞伎見てきし浮寝鳥 能村登四郎
おのずから日移るかたの浮寝鳥 橋閒石 微光
かざし羽の帆になるをしの浮寝かな 桜井梅室
この旅の思ひ出波の浮寝鳥 星野立子
これも覚め~たる浮寝鳥 高野素十
しばらくは塔影に入る浮寝鳥 桂信子 初夏
たちかはる汀のひとに浮寝鳥 百合山羽公 春園
つぎはぎの水を台に浮寝鴨 斎藤玄 狩眼
つばきまたいでて飲食浮寝鳥 岡井省二 五劫集
ともしめば家鴨の浮寝とけにけり 三橋敏雄
ひそかに逢ひひそかに別れ浮寝鳥 鈴木真砂女 紫木蓮
ひねもすの天与のねむり浮寝鳥 鷹羽狩行
ふしあはせなど今更に浮寝鳥 能村登四郎
みささぎの常蔭の水に浮寝鳥 石田勝彦 雙杵
みづうみに船路とだえて浮寝鳥 上田五千石『琥珀』補遺
もの日々に遠く襖の浮寝鳥 橋閒石 卯
三十六歌仙がほどに浮寝鳥 藤田湘子 てんてん
争ひのをさまりもとの浮寝鳥 鷹羽狩行
二重橋下こそ鴨のよき浮寝 高浜年尾
佇つ人に故里遠し浮寝鳥 富安風生
何千羽いても 一羽の浮寝鳥 伊丹三樹彦
全景に雨が斜めや浮寝鳥 岡本眸
内浦になだらかな島や浮寝鳥 河東碧梧桐
出帆や浮寝百羽をさまたげず 鷹羽狩行
初雪の梦や見るらん浮寐鳥 正岡子規 浮寝鳥
初鴨の浮寝に距離の 草紅葉 伊丹三樹彦
千羽鴨浮寝ゆるゆる覚むるもの 平畑静塔
千里来て割込む浮寝鳥の中 鷹羽狩行
双眼鏡当ててまばらや浮寝鴨 右城暮石 句集外 昭和五十六年
吹き晴れて浮寝の鴨の落つかず 清崎敏郎
城の死角鴨ら屯して浮寝 山口青邨
夕日ある風の波間の浮寝鳥 高浜年尾
夥しき寄り藻に晴れて浮寝烏 村山故郷
大河に浮寝の芥浮寝の鴨 山口誓子
太陽の暈をかたむけ浮寝鳥 鷹羽狩行
嬰児より遅き目覚めの浮寝鳥 橋閒石 荒栲
密集し真黒となる浮寝鴨 山口誓子
尻無しの佐屋さざ波に浮寝鳥 阿波野青畝
居なじみて池も濁さず浮寝鳥 桜井梅室
居る程の小鴨動かぬ浮寝かな 正岡子規 子鴨
山中の水をたひらに浮寝鳥 鷹羽狩行
山影を日暮とおもひ浮寝鳥 鷹羽狩行
島といひ国といふ佐渡浮寝鳥 上田五千石 琥珀
年の湯に鳥の浮寝を真似てみる 能村登四郎
弁天の鰐口が鳴る浮寝鳥 山口青邨
影を曳くものら 浮寝の 陸寝の鴨 伊丹三樹彦
御社や庭火に遠き浮寐鳥 正岡子規 浮寝鳥
徳川の夢や見るらん浮寐鳥 正岡子規 浮寝鳥
悔恨の羽毛となりて浮寝せり 三橋鷹女
日つとに浮寝の鴨にかさなりし 岡井省二 夏炉
日当れば湧きて浮寝の鳥の数 鷲谷七菜子 花寂び
日曜のマーチ流るる浮寝鳥 山口青邨
日曜はひらりひらりと浮寝鳥 山口青邨
明ぼのの芥とや見む浮寝鳥 阿波野青畝
春月の濤に重たし浮寝鳥 角川源義
暁の山を越え来てうきね鳥 加藤曉台
朝見れば吹きよせられて浮寐鳥 正岡子規 浮寝鳥
朱の盆の遠目にけふの浮寝鴨 岡井省二 夏炉
林泉の崖は急峻浮寝鳥 山口青邨
林間の瀬に吹きよりて浮寝鳥 飯田蛇笏 春蘭
枯蘆の入日ぬくとし浮寝鳥 三橋鷹女
武蔵野ののつぽ木囲む浮寝鴨 右城暮石 句集外 昭和五十六年
水に映る帝劇に白き浮寝鳥 山口青邨
水に飽くことを知らずに 浮寝鳥 伊丹三樹彦
水噛んで浮寝の鴨となりにけり 岸田稚魚
水天の 何れさみしき 浮寝鳥 伊丹三樹彦
水尾ひいて離るゝ一つ浮寝鳥 高野素十
水広し星もろともに浮寝鳥 松村蒼石 雪
水照りて鳥の浮寝をさまたぐる 上田五千石『風景』補遺
水舐めて届く夕日に浮寝鳥 深見けん二
水遠く渚曲りて浮寐鳥 正岡子規 浮寝鳥
水馴棹こつんと浮寝鳥の岸 鷹羽狩行
江戸橋やつい人馴て浮寝鳥 一茶 七番日記
没すれば母こそ松や浮寝鳥 永田耕衣
沼中に浮寝す雁に近寄れず 右城暮石 天水
波裏の暗さも知りて浮寝鳥 能村登四郎
流れあさる舟皆下りつ浮寝鳥 河東碧梧桐
流れつつ浮寝の鴨の醒むるなし 清崎敏郎
浮寐鳥平入道の天下かな 正岡子規 浮寝鳥
浮寝していかなる白の冬鴎 森澄雄
浮寝して漂ふ鴨を天つつむ 右城暮石 句集外 昭和五十四年
浮寝せる青首鴨の粒揃ひ 右城暮石 句集外 昭和四十七年
浮寝どり日向の山の青ぶすま 角川源義
浮寝百立寝三百鴨日和 鷹羽狩行
浮寝鳥 この世の果を見て来ての 伊丹三樹彦
浮寝鳥 段々消えに 霧の奥 伊丹三樹彦
浮寝鳥 逆さ紅葉を褥とし 伊丹三樹彦
浮寝鳥うつらうつらとくぐる橋 鈴木真砂女 紫木蓮
浮寝鳥おのれを消してゐるつもり 鷹羽狩行
浮寝鳥かの人柱慕うなり 橋閒石 卯
浮寝鳥ほどの寧けさ ありや なしや 伊丹三樹彦
浮寝鳥一羽さめゐてゆらぐ水 水原秋櫻子 葛飾
浮寝鳥川は易きへ流れけり 岡本眸
浮寝鳥意識し合へる浮寝ぶり 津田清子
浮寝鳥数へなほして殖しけり 能村登四郎
浮寝鳥昼花火音すぐ忘れ 飯田龍太
浮寝鳥枯蓮の茎林立に 山口青邨
浮寝鳥波来て尻のあがりけり 石田勝彦 秋興以後
浮寝鳥流されてゆくこころよさ 津田清子
浮寝鳥見てをり春の日となりぬ 森澄雄
浮寝鳥覚めて失ふ白ならむ 後藤比奈夫
浮寝鳥遠白雲を耀かす 後藤比奈夫
浮寝鴨の濡れ身そのまま夜に入る 桂信子 晩春
浮寝鴨よりも白浪数多し 山口誓子
浮寝鴨一文字になるときもあり 山口誓子
浮寝鴨数ふるたびに数増ゆる 右城暮石 虻峠
浮寝鴨浮寝芥と紛らはし 山口誓子
浮寝鴨琵琶湖の到る所にて 右城暮石 一芸
浮寝鴨若きらは水走るなり 石田波郷
浮寝鵯 陸立鴨 稀に連舞鴨 伊丹三樹彦
浮御堂浮寝の鴨に燭消さず 山口誓子
海までの水路に偽砲浮寝鳥 河東碧梧桐
渓流のたひらたひらに浮寝鳥 上田五千石『天路』補遺
湖心の日山へ移りぬ浮寝鳥 福田蓼汀 秋風挽歌
湯気ぐるみ屋台愛され浮寝鳥 岡本眸
瀞長ければ水鳥の浮寝など 鷹羽狩行
猿蓑のいよいよ暮るゝ浮寝鳥 齋藤玄 飛雪
申し訳ほどの鏡台浮寝鳥 波多野爽波
留守なればその足で浮寝鳥を見に 橋閒石 和栲
痛み羽をたゝみきれざる浮寝鴨 右城暮石 上下
白昼を最もとして 浮寝鳥 伊丹三樹彦
白鳥の浮寝の嘴は深く挿す 石田勝彦 百千
相性の合わぬもありて浮寝鳥 橋閒石 微光以後
絶え間なく発つジェット機に浮寝鴨 右城暮石 句集外 昭和四十六年
美しき日となり湖の浮寝鳥 山口青邨
群りて鳥に過ぎざる浮寝鳥 山口誓子
行基さまさまと浮寝す鴨の群 右城暮石 一芸
見えて来し十粒ばかりの浮寝鴨 右城暮石 句集外 昭和五十四年
角まろき手筐ただよふ浮寝鳥 山口青邨
車窓濠になりきて白き浮寝鳥 大野林火 早桃 太白集
通し鴨とほき浮寝の夢に揺れ 上田五千石 天路
過ぎし日はきのふも遠し浮寝鳥 安住敦
遠目には浮寝のさまの鴨の陣 鷹羽狩行
金網の影の中にも浮寝鳥 鷹羽狩行
降る雪の松に浮寝の鴨にふる 水原秋櫻子 蘆刈
難民のごとく包まり浮寝鴨 鷹羽狩行
雪はれて沼息しろし浮寝鳥 角川源義
雪中に しんしんしんと 浮寝鳥 伊丹三樹彦
雪昏るるひかり束ねし浮寝鳥 原裕 青垣
靄の立つところに残り浮寝鳥 鷹羽狩行
頭灯が照らす百羽の浮寝際 鷹羽狩行
餌の足ると餌の足らざると浮寝鳥 鷹羽狩行
鱈ちりや波の浮寝の酔に入り 上田五千石『琥珀』補遺
鴨浮寝ときに覚めては向きかふる 高浜年尾

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:54 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

枯蔦 の俳句

枯蔦 の俳句

枯蔦 

からみつく枯蔦長し牛の角 枯蔦 正岡子規
ひかり吐き終へし閑かさ蔦枯るる なかのまさこ
ふつと蔦枯るる感覚パン焦がす 北村美都子
ゆるやかに幹を縛め蔦枯kゝ 清崎敏郎
ジャズが湧く蔦ことごとく枯れ尽くし 高野ムツオ 鳥柱
一面に枯蔦からむ仏かな 高浜虚子
城垣の昼を深めて蔦枯れる 大野紫陽
大悲閣の碑石の蔦も枯れにけり 西山泊雲 泊雲句集
大木の枯るゝに逢へり蔦蘿 鬼城
御岩屋の錠さび垂るゝ蔦も枯れ 岸風三楼 往来
我は今網状の枯蔦のどの辺り 高野ムツオ 陽炎の家
枯れきりし蔦いさかひの犬に垂れ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯れし幹をめぐりて蔦の芽生かな 大橋櫻坡子 雨月
枯れてのち蔦天辺に這い出せり 高野ムツオ 雲雀の血
枯色に秘めて蔦の芽なりしかな 稲畑汀子
枯蔦が踊りつづけて海へ行く 加藤 晃
枯蔦が這ひ吸盤に類すもの 高澤良一 素抱
枯蔦となりて葛藤顕はるる 田中政子
枯蔦となり一木を捕縛せり 三橋鷹女(1899-1972)
枯蔦に山の残照近づけり 米沢吾亦紅 童顔
枯蔦に日の当るのみ甲子園 岡澤康司
枯蔦のあくまでからむ官舎塀 松村蒼石 雁
枯蔦のぐるり取り巻く御用邸 高澤良一 素抱
枯蔦のしがみついたる巖かな 枯蔦 正岡子規
枯蔦の垂れ端とざす氷かな 西山泊雲 泊雲句集
枯蔦の尖端水にとどかざる 長田等
枯蔦の引けど引かせぬ力あり 鳥居すゞ
枯蔦の毛蔓巻きゐる春日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
枯蔦の系図を横に拡げけり 高澤良一 素抱
枯蔦の網目がかこむネロの首 中村和弘
枯蔦の胃腸病院となりにけり 久米正雄 返り花
枯蔦の込み入る意図を詮索す 高澤良一 素抱
枯蔦の隙間 編物教室の手の類型 伊丹公子 陶器の天使
枯蔦も遠ざかりゆくものを見る 有働亨 汐路
枯蔦や不動に吹雪く瀧の裏 会津八一
枯蔦や家守る形崩さずに 松山清子
枯蔦や明治の倉の赤煉瓦 加藤みさ子
枯蔦や昨日に過ぎしクリスマス 増田龍雨 龍雨句集
枯蔦や石につまづく宇都の山 枯蔦 正岡子規
枯蔦や石の舘の夜の雨 東洋城千句
枯蔦や石の館の夜の雨 松根東洋城
枯蔦や石塀の角廻り込み 高澤良一 素抱
枯蔦や絵馬は古りたる神の杉 寺田寅彦
枯蔦や藍ことに濃き色硝子 久米正雄 返り花
枯蔦や賣家覗く破れ門 枯蔦 正岡子規
枯蔦を引けば鉄鎖となりにけり 澁谷道
枯蔦片々独逸文字と衒気遠し 香西照雄 対話
枯蔦片々独逸文学と衒気遠し 香西照雄
湯の唄をうたひ枯蔦からみあふ 萩原麦草 麦嵐
狂院を緊縛しつつ蔦枯れたり 谷野予志
球場の百の玻璃窓蔦枯るる 小路智壽子
石を抱く力ゆるみて蔦枯るゝ 木村左近
石垣に薩摩の家紋蔦枯るる 城間信子
窓の蔦枯れ~に陽も皺みけり 飯田蛇笏 霊芝
聖堂の北側蔦の枯るる声 佐野まもる
草の戸や蔦の葉枯れし日の移り 室生犀星 魚眠洞發句集
蔦の葉の枯れゆくひかり火の夜空 加藤楸邨
蔦の蔓かくも枯れゐし春夜かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
蔦枯るる先々の葉へ追ひつめて 正木ゆう子
蔦枯るる壁くちづけに髪が邪魔 正木ゆう子 悠
蔦枯るゝ大き巌を縛すまゝ 岸風三樓
蔦枯れて一身かんじがらみなり 三橋鷹女
蔦枯れて一身がんじがらみなる 三橋鷹女
蔦枯れて十字架の十現れる 森田智子
蔦枯れて塀枯色になりにけり 上野小百合
蔦枯れて幹の脈拍整いぬ 赤澤丹雪
蔦枯れて戀のかな橋中絶えぬ 枯蔦 正岡子規
蔦枯れて断崖の肌理あらくなる 柴田白葉女 『月の笛』
蔦枯れて茎の丈夫を日光裡 池田澄子 たましいの話
蔦枯れて蔓の呪縛の残りけり 稲畑汀子
蔦枯れて蔦の爪あと石にのこる 大橋敦子
蔦枯れて蔦の爪あと遺りけり 大橋敦子
蔦枯れて額吹く風や洞の門 会津八一
街裏の捨百度石蔦枯れて 有馬籌子
表札にアラビア文字蔦枯るる 西村和子 かりそめならず
霜枯るるこの山陰や松の蔦 広瀬惟然


枯蔦 補遺

からみつく枯蔦長し牛の角 正岡子規 枯蔦
ゆるやかに幹を縛め蔦枯るゝ 清崎敏郎
大木の枯るゝに逢へり蔦蘿 村上鬼城
枯蔦となり一木を捕縛せり 三橋鷹女
枯蔦のあくまでからむ官舎塀 松村蒼石 雁
枯蔦のしがみついたる巖かな 正岡子規 枯蔦
枯蔦の交叉幾筋何為さん 三橋鷹女
枯蔦の錯綜子への愛ひとすぢ 鷹羽狩行
枯蔦や石につまづく宇都の山 正岡子規 枯蔦
枯蔦や賣家覗く破れ門 正岡子規 枯蔦
枯蔦片々独逸文字と衒気遠し 香西照雄 対話
窓の蔦枯れ~に陽も皺みけり 飯田蛇笏 霊芝
蔦かづら素直に枯れてしまひけり 阿波野青畝
蔦枯て壁をぬりたす菴哉 琴風
蔦枯れし左右の築地やほとけがり 伊丹三樹彦
蔦枯れて一身がんじがらみなり 三橋鷹女
蔦枯れて戀のかな橋中絶えぬ 正岡子規 枯蔦
蔦枯れて緋縅鎧わが夢に 三橋鷹女
蔦枯れて蔓の呪縛の残りけり 稲畑汀子
親の鬱子の鬱蔦の枯れ枯れに 赤尾兜子 玄玄

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング