<   2017年 01月 ( 212 )   > この月の画像一覧

ずわい蟹 の俳句

ずわい蟹 の俳句
ずわい蟹 

あふむきで値切られている越前蟹 栢尾さく子
お歳暮を開けて毛蟹が畏る 和泉伸好
ずわい蟹いま燦々と切られをり 飴山實
ずわい蟹ひたすら食らふ閑かさよ 斉木 永久
ずわい蟹両腕組んで豪のもの 高澤良一 ぱらりとせ
ずわい蟹包むローカル新聞紙 駒木根淳子
ずわい蟹肢折りしやぶる岬人 高島筍雄
ずわい蟹肩肘張つて届きけり 三宅郷子
ずわい蟹能登朝市の雨急なり 皆川盤水
ずわい蟹茹でる灯靄の人だかり 坂本其水
ずわい蟹食ふ狼藉をつくしけり 白岩三郎
ずわい蟹食ふ狼藉を尽しけり 白岩三郎
ずわい蟹食ぶる器用と不器用と 椎橋清翠
たらば蟹ずばと包丁入れにけり 高澤良一 さざなみやつこ
ゆきゆきて花咲蟹に触(さや)りけり 阿部完市 軽のやまめ
ゆつくりと来てずわい蟹裏返す 梶山千鶴子
キリストの鬚生やしたる毛蟹売り 寺田京子
一塊の氷となつて毛蟹かな 長谷川櫂 天球
久闊の教へ子は古稀松葉蟹 高橋せをち
冬の靄毛蟹を藁で縛りをり 長谷川櫂 天球
刃を入るる越前蟹の寒さかな 永井龍男
友生きているかぎり来る松葉蟹 伊佐利子
口に雪詰めて毛蟹の売られけり 大木あまり 火球
垂れこめて雪か飛沫か鱈場蟹船 山田尚良
売約の足括られし松葉蟹 村瀬美智子
多喜二忌の毛蟹抛られ糶られけり 菖蒲あや あ や
大皿に越前蟹の畏まる 檜紀代
大皿に越前蟹の畏る 檜紀代
大笊に選り分けられし鱈場蟹 林周平
大膳に越前蟹の雌雄かな 磯野充伯
大輪の越前蟹を笹の上 鷹羽狩行
店赤くなる程松葉蟹ならべ 山下美典
新樹光花咲蟹とはおもしろや 角川源義
月光に波の穂の散るずわい蟹 井上弘美
朝市や湯気にあらはる鱈場蟹 沼澤 石次
松葉蟹うまし一献さらによし 大橋敦子
松葉蟹せせり精進落しとや 西尾照子
松葉蟹たべてピカソの話など 早川信一
松葉蟹の殻の始末も食べ上手 浅井青二
松葉蟹海恋ふ色に届きけり 田中美彦
松葉蟹男の膝を巡るなり 宇多喜代子
松葉蟹眼を立て日本海暗む 三好潤子
松葉蟹雪一尺の地に括る 松瀬青々
毛蟹さえ小刀ほどの氷河抱き 渋谷道
毛蟹まだ息ある爪の春の雪 吉田紫乃
毛蟹啖ふ何問はれてもうはのそら 山田みづえ 木語
毛蟹喰ふ生涯かけし詩は無惨 福田蓼汀 秋風挽歌
毛蟹食べ雪国の夜のみづみづし 古賀まり子 緑の野以後
沖へ去る雪天ずわい蟹売られ 豊山千蔭
流氷来る海を見てをり毛蟹売 古賀まり子 緑の野以後
海の色捨て切つて紅ずわい蟹 森川敬三
深海の松葉蟹とて甘かりし 星野 椿
盤台の椹平葉に松葉蟹 水原春郎
空輪待つ花咲蟹の身じろがず 平賀扶人
糶声の気合一本ずわい蟹 長谷川史郊
花咲蟹すすりて旅の顔よごす 高井北杜
花咲蟹茄でて真紅を越えにけり 吉田紫乃
茄であげし毛蟹に燈波打てり 上村占魚 『萩山』
荒海の能登より届く松葉蟹 星野椿
行儀よく並ぶ高値の松葉蟹 由木みのる
越前蟹みな仰向けに糶られたる 田上さき子
越前蟹糶のうしろの夜の面 文挟夫佐恵
酒やれば風が募りて松葉蟹 高澤良一 鳩信
鉤打ちて花咲蟹と女云ふ 井桁蒼水
鋏挙ぐ毛蟹とどきて寒見舞 矢ヶ崎雅雲
雪催毛蟹茹でねば紅生れず 鈴木真砂女 夕螢
雪夜思ふ花咲蟹の濃き脂肪 小檜山繁子
鱈場蟹おのが甲羅で煮られをり 長谷川櫂 蓬莱
鱈場蟹北方領土守る子より 木下慈子
鱈場蟹売れる露人に人殺到 小林道子 『下萌』
黒山の中のだみ声毛蟹糶る 佐藤俊子 『雪の本丸』


ずわい蟹 補遺

ずわい蟹いま燦々と切られをり 飴山實 句集外
ずわい蟹とろとろ甘し旅遠し 岡本眸
ずわい蟹の鋏噛み割り流人めく 上田五千石『琥珀』補遺
大輪の越前蟹を笹の上 鷹羽狩行
怒濤越前 蟹喰い散らす男の旅 伊丹三樹彦
新樹光花咲蟹とはおもしろや 角川源義
松葉蟹出て沈黙の座となりぬ 稲畑汀子
松葉蟹食はんと芭蕉忘れをり 加藤秋邨
毛蟹むしることに一途や夕霙 鈴木真砂女 夏帯
毛蟹啖ふ何問はれてもうはのそら 山田みづえ 木語
毛蟹喰ふ生涯かけし詩は無惨 福田蓼汀 秋風挽歌
毛蟹食えば雪降りウイマム以後の民 古沢太穂 火雲
波まろぶ花咲蟹の大はさみ 角川源義
添へられし一信もなし能登毛蟹 能村登四郎
皆言葉なくひたすらに毛蟹食ぶ 能村登四郎
短日の顔昏れきつて毛蟹売 岡本眸
雪の駅花咲蟹を持つ客ら 阿波野青畝
雪催毛蟹茹でねば紅生れず 鈴木真砂女 夕螢
食われた毛蟹のごとき散乱不漁の群 金子兜太

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

海豚 の俳句

海豚 の俳句

海豚 

いるかとぶ秋を晴れたる潮路にて 臼田亞浪 定本亜浪句集
いるか啼く春をほのかにさくらかな 三好達治 俳句拾遺
しばらくは船と遊びて海豚去る 松川洋酔
ぴっちりと水着着込めばいるかの胴 高澤良一 暮津
一湾の燦爛として海豚狩 和田祥子
全身の夕焼を見よと海豚跳ぶ 福永耕二
噴煙を知らねば海豚群れ遊ぶ 篠原鳳作
噴煙を知らねば海豚群れ遊ぶ 篠原鳳作 海の旅
土用波海豚の芸も休ませて 瀧 春一
夏の月海豚の芸はをはりけり 龍岡晋
夏の月海豚の芸は了りけり 龍岡晋
夏雲やいるか光りて宙に飛ぶ 池田順子
太刀魚を飲む海豚いざ饗宴へ 橋口 等
妻の胴髪を流して海豚と群る 藤後左右
川奈の娘孕み海豚を跨ぎゆく 萩原麦草 麦嵐
怖々と海豚をなでて子供の日 野村多賀子
悴みし海豚のごとき眼をみたり 稲垣きくの 黄 瀬
捕はれし海豚哺乳の終りしか 萩原麦草 麦嵐
春晝のはるか夢みしいるかかな 三好達治 俳句拾遺
曳網に海豚つれ啼き浜の秋 茂恵一郎
木枯の止みし夜空を海豚たち 高野ムツオ 雲雀の血
沖に海豚荒磯にげんのしようこの花 西本一都 景色
海豚とは知らせてをらず薬喰 茨木和生 往馬
海豚とぽりとぽりと春の海暮るゝ 幸田露伴 拾遺
海豚みな戻りし浪や梅雨の月 佐野青陽人 天の川
海豚みな背びれを富士へ向けてをり 川崎展宏
海豚シヨーおぼろの沖へ伸び上る 井崎佳子
海豚哭くまつくらがりの港かな 岡田耿陽
海豚囲ふ船守颪吹きにけり 萩原麦草
海豚観し少年海豚泳ぎせり 品川鈴子
海豚跳ぶ六月の海砥のごとし 石塚 友二
海豚蹤きイルカ離るる船遊び 菅沼琴子(蘭)
海豚身をくねりぬ中尉妻思へり 藤後左右
海豚追ふ舳先に勢古の仁王立ち 平松三平
涼しさや海豚のあそぶ波がしら 桜木俊晃
白南風や大河の海豚啼き渡る 芥川龍之介
紀の国の夜明の海豚狩に遇ふ 太田嗟
耶蘇島は海豚跳ぶ灘霞む沖 小原菁々子
芸終へて海豚の帰る大西日 原田青児
跳ねあがる海豚涙目文化の日 中拓夫
追ひ込みし海豚にせまき安良里港 佐藤砂地夫
防風の花ぞさきゐぬ海豚の碑 銀漢 吉岡禅寺洞
雲の峰浪穂に海豚没しけり 高田蝶衣
青東風や海豚のあそぶ沖の礁 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
鯆(いるか)には心ゆるすな網代守 立花北枝
鰯網にかゝりて海豚哭きにけり 萩原麦草 麦嵐
鳥羽湾に潮吹く海豚風光る 小田川俊子



海豚 補遺

いるかとぶ秋を晴れたる潮路にて 臼田亜郎 定本亜浪句集
けだものゝごとくいるかを雪泥に 百合山羽公 春園
一湾や海豚群れたる赤黒く 岡井省二 鯛の鯛
傷つけるいるかの尾鰭雪泥に 百合山羽公 春園
少女髪を靡かせ唄ふ海豚の海 橋閒石 無刻
少年髭を意識の果に海豚の骨 橋閒石 風景
楽人を渡す海豚の乳垂れつつ 橋閒石 風景
楽人を渡す海豚は乳垂れつつ 橋閒石
水族館鯱も海豚も夜長なり 鈴木真砂女 紫木蓮
海女にまつはり海豚が声を出さんばかり 右城暮石 句集外 昭和三十五年
海豚にふかき銛の創見ゆしぶり梅雨 能村登四郎
海豚ショー横隔膜を傷めたる 佐藤鬼房
湾内にいるか泳がす裁きの声 橋閒石 荒栲
灯れる坂の鳴海や彼岸海豚 岡井省二 山色
病院船海豚に花は棄てらるる 平畑静塔
絵葉書の青きいるかや秋の声 有馬朗人 耳順
芸をする海豚水より脱け出せり 右城暮石 句集外 昭和四十八年
見にきたる市の海豚の雪泥に 百合山羽公 春園
銀の海豚さはやか童女を負ひ戻りぬ 中村草田男
雪泥にいるかの尾鰭裂くところ 百合山羽公 春園
雪泥にいるかの巨き脊をかへす 百合山羽公 春園
雪泥に屠るいるかをみて去らず 百合山羽公 春園

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

足温め の俳句

足温め の俳句

足温め 

ガラス戸は外がしづかで足焙 下村槐太 光背
山棲みの媼翁の足温め 寺田 コウ
文案のすぐに浮かばず足温器 谷 迪子
易きことより片付くる足炉かな 中村君沙
狐鳴き夜々籠る吾に足温器 村越化石 山國抄
足温器いよいよまろし工女の背 西谷義雄
足温器忍ばせ使ひをりにけり 濠給黎
足焙わが学問をつゞかしむ 三村純也
足焙旅ごころまたそこよりす 大野林火
踊子の足炉して待つ出番かな 古川芋蔓
雨漏太鼓冬の夜の足温め合う 田川飛旅子 花文字


足温め 補遺

ガラス戸は外がしづかで足焙 下村槐太 天涯
足焙旅ごころまたそこよりす 大野林火 方円集 昭和五十一年

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:11 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

吸入器 の俳句

吸入器 の俳句

吸入器

例句を挙げる。

くた~に疲れて戻り吸入器 大塚千々二
すでに子の目の濡れて待つ吸入器 白岩三郎
どの顔も少し呆けて吸入器 大槻右城
まながひに雲ぞ春めく吸入器 吉岡禅寺洞
仙人の飢えたる如く吸入器 栗田 直美
冬の日の障子白さや吸入器 碧雲居句集 大谷碧雲居
医の家の機械細(くわ)しき吸入器 山口誓子 黄旗
吸入器入歯はづせし口くぼめ 吉川 喜美子
吸入器噴く何も彼も遠きかな 橋本多佳子
吸入器地獄のごとく激すなり 山口誓子
吸入器扉あけて罐(かま)の火を焚けり 山口誓子 黄旗
吸入器東風自ら曇りけり 久米正雄 返り花
吸入器槐多亡き夜を激すなり 小川枸杞子
吸入器激しガラスの筒曇る 田川飛旅子 花文字
吸入器白し窓には白き朝 依田明倫
妖精の衣ひろがる吸入器 大石雄鬼
妹より気弱な兄や吸入器 清水基吉
暖かき言葉のごとき吸入器 岡田史乃
考えてをる顔ならず吸入器 阿波野青畝
買ひしまゝ使はずにある吸入器 森田峠 避暑散歩

吸入器 補遺

ころころと鳴り出す釜や吸入器 山口青邨
余寒の児吸入かけておとなしき 飯田蛇笏 山廬集
医の家の機械細しき吸入器 山口誓子
吸入に目つむれば父母かたはらに 岡本眸
吸入に起きあがりけり風邪の床 石橋秀野
吸入の妻が口開け阿呆らしや 山口青邨
吸入の痰まろやかにひびきけり 阿波野青畝
吸入の露を置きたる睫かな 山口青邨
吸入の顎拭き孤独きはまりぬ 岡本眸
吸入器この医家午の麺麭を焼く 山口誓子
吸入器なほ噴きつゝも消えてゐる 山口誓子
吸入器噴く何も彼も遠きかな 橋本多佳子
吸入器地獄のごとく激すなり 山口誓子
吸入器扉あけて罐の火を焚けり 山口誓子
吸入器看護婦の手にしづめらる 山口誓子
吸入器雲母を窓に火を焚けり 山口誓子
白布掛け魯迅先生の吸入器 山田みづえ 草譜
美きひとの後吸入をせんとする 山口誓子
開いた口ふさがらぬかに吸入す 阿波野青畝

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 08:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

竈猫 の俳句

竈猫 の俳句

竃猫

例句を挙げる。

しろたへの鞠のごとくに竈猫 飯田蛇笏 霊芝
ガンジーの死を知る寺の竈猫 萩原麦草 麦嵐
丸まりて顔のなくなり竃猫 山田不染
主人散歩のそりのそりと竃猫 山口青邨
何もかも知ってをるなり竈猫 富安風生
大きすぎし顔を汚して竃猫 長谷川かな女 花 季
廚戸に柿の葉ふれば竈猫 西島麥南
忽焉在り忽焉在らず竃猫 三宅清三郎
新嫁の来るとも知らず竃猫 赤星水竹居
毛を焼かれ這ひ出しきたる竈猫 瀧澤伊代次
浜征くにだまりこくりて竃猫 萩原麦草 麦嵐
炬燵猫をんなの疳にさはりけり 鈴木しげを
竃猫妊りをりてふてぶてし 大橋敦子 手 鞠
竃猫打たれて居りし灰ぼこり 中村汀女
竃猫火をかくすもの火に焼けしよ 中村草田男
竃猫父はごろごろ寝て暮らす 熊澤さとし
竃猫貧富も知らず眠りをり 村山古郷
竈猫みごもりをりてふてぶてし 大橋敦子
荒神は瞬きたまひ竈猫 飯田蛇笏 霊芝
薄目あけ人嫌ひなり炬燵猫 松本たかし
閨事に眼をつむりたる炬燵猫 瀧澤伊代次
かまど猫嫁の不機嫌知つてをり 長尾鳥影
かまど猫家猫いよいよ去りがたし 鈴木渥志
かまど猫真顔というもありにけり こしのゆみこ
もめごとに聞き耳を立てかまど猫 宮野 寸青
在りやうも寂光の中かまど猫 倉橋羊村
煌々とせり場を歩くかじけ猫 古舘曹人 樹下石上


竈猫 補遺

しろたへの鞠のごとくに竈猫 飯田蛇笏 霊芝
二匹居て互に妬む竈猫 阿波野青畝
何もかも知つてをるなり竈猫 富安風生
煌々とせり場を歩くかじけ猫 古舘曹人 樹下石上
竈猫けふ美しきリボン結う 山口青邨
竈猫へつつい神の顔をして 村山故郷
竈猫人の話を聞いてをる 富安風生
竈猫代官屋敷守りけり 阿波野青畝
竈猫富貴も知らず眠りをり 村山故郷
竈猫火をかくすもの火に焼けしよ 中村草田男
荒神は瞬きたまひ竈猫 飯田蛇笏 霊芝
銀猫も竈猫となつて老ゆ
鳴くことのありてやさしや竈猫 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 08:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

綿入 の俳句

綿入 の俳句

綿入

例句を挙げる。

あたらしき綿入着たる夜寒哉 月居
こしかたや重ね着る皆綿入れて 長谷川かな女 花寂び
わが病みし日の綿入を受験子に 堀口星眠 樹の雫
兵服も綿入れ北緯四十度 品川鈴子
日あたつて来ぬ綿入の膝の上 臼田亞浪 定本亜浪句集
洟たれ児立てり綿入盲縞 西村公鳳
淋しくて綿入れのこと教はれり 清水径子
綿入いくつも重ねてをる母の写真ができた 梅林句屑 喜谷六花
綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢(1947-)
綿入に坐り馴れたる此間かな 温亭句集 篠原温亭
綿入に干栗はさみ到きけり 室生犀星 犀星発句集
綿入の借着おかしき夜伽かな 尾崎紅葉
綿入の内側よごれ婆ねむる 中山純子 沙羅
綿入の絣大きく遊びけり 金尾梅の門 古志の歌
綿入の袖口揃ふ火鉢かな 温亭句集 篠原温亭
綿入は明治のころの盲縞 森婆羅
綿入や妬心もなくて妻哀れ 村上鬼城
綿入や姑となりたる昨日今日 高橋淡路女 淡路女百句
綿入や山祗祀る山の子ら 金尾梅の門 古志の歌
綿入や気たけき妻の着よそほふ 飯田蛇笏 山廬集
綿入や産小屋二代さかのぼる 斎藤夏風
綿入や賓頭盧抱けば山遠し 古舘曹人 樹下石上
綿入れの肩に重しと姑老いし 佐藤 佳津
綿入れの背のふつくらと日向ぼこ 田中冬二 冬霞
綿入れを被てゐる水子地蔵かな 谷口和子
綿入を着て忽ちに十日たち 佐久間 道子
綿入を着れば忌日の近々と 龍胆 長谷川かな女
綿入を脱げば妄想の鳥肌なり 川端茅舎
膝を正しく坐すこれきりの純綿の綿入か 安斎櫻[カイ]子
菊ざけに薄綿入のほめきかな 井原西鶴
襖に母堂の綿入羽織の肩を見せけり 梅林句屑 喜谷六花
託児所の*保母椅子にをる綿入よごるる 梅林句屑 喜谷六花
酒くさきふる綿入も名残哉 会津八一
鏡中に母を灯して綿入れ縫う 浜 芳女
うたゝねの裾におきけりかし小袖 服部嵐雪
けし咲くや雛の小袖の虫払ひ 可南 俳諧撰集玉藻集
しぐるるやもみ(紅)の小袖を吹きかへし 去来 俳諧撰集「有磯海」
しぐるるや津和野人形の紙小袖 山田弘子 螢川
むめが香に濃き花色の小袖かな 許六 正 月 月別句集「韻塞」
よろよろと出て街道の布子婆 谷野予志
一院の小袖の寄進嵯峨念仏 森孝子
丁子かく祖母が布子や初霰 中勘助
世事肚に畳んで忘じ宿布子 杉本零
亡き人の小袖も今や土用干 芭蕉
初釜にまがる小袖の梅小紋 今井つる女
卯の花に布子の膝の光哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
友禅のをんなのごとき小袖着て嬰児は瓶の底にしづみぬ 木下利玄
古布子ねまきになりて久しけれ 高浜虚子
古布子ふき出る綿もなかりけり 高濱年尾 年尾句集
古布子新しきごと畳まれぬ 前田普羅
古布子花に対して羞ちて出でず 尾崎紅葉
古布子著のみ著のまゝ鹿島立 高浜虚子
壬生の舞小袖が蝶を放ちけり 山田弘子 こぶし坂
夕霧の閨かもしらず貸小袖 松瀬青々
好ましき色とり~や貸小袖 井月の句集 井上井月
小廊下や布子の児等が目白押し 西山泊雲 泊雲句集
小袖いま盛りでありし菊人形 田中祥子
布子なと着て海鳴りをきゝに来よ 金尾梅の門 古志の歌
布子売回国どのよころもがへ 炭 太祇 太祇句選後篇
布子着てうれし顔なる十夜哉 高井几董
布子着てむかし顔なり達磨市 篠原巴石
布子著て庭に居る児や花八ツ手 西山泊雲 泊雲句集
布子著て淋しき顔や神送り 去来
御忌戻り小袖たたむや京の宿 水落露石
指あてて耳のつめたき御忌小袖 古舘曹人
散はなによき人がらや黒小袖 松岡青蘿
暖かに着て罪深し御忌小袖 草 阜
棲こ猿こ布子とかへん木の実酒 中勘助
櫂あたる布子の肩やつゞくりぬ 西山泊雲 泊雲句集
無き人の小袖も今や土用干 芭蕉
熊突や爪かけられし古布子 松根東洋城
猿引は猿の小袖を砧哉 松尾芭蕉
百姓となりすましたる布子かな 飯田蛇笏 霊芝
縫ひあげし御忌の小袖を肩にかけ 櫛橋梅子
繰り言をもつて貫く布子召す 赤松子
罪ふかき小袖の下の紙衣かな 管鳥
老いてだに嬉し正月小袖かな 信徳
老人のとかくに未練古布子 丹治蕪人
肌寒の小袖羽掻ひにひとりの夜 石塚友二 方寸虚実
肩に置く小袖露けし狂ひては 都筑智子
肩光る布子ぞ父の臭ひなる 阿波野青畝
草の戸や晴れがましくも貸小袖 高橋淡路女 梶の葉
藤葛籠そこさへ匂ふ小袖かな 西 鶴
裄丈も身にそひしこの古布子 高浜虚子
触れて見れど唯つめたさの小袖哉 寺田寅彦
訴へを直に聴くなり節布子 許六 極 月 月別句集「韻塞」
誰が布施の昔小袖や壬生念仏 召波
貸小袖またたき交す星の数 廣瀬町子
貸小袖袖を引切るおもひかな 泉鏡花
野に干せる四五歳の子の布子かな 高野素十
音羽屋の浅葱小袖も二月かな 作田 幸子
綿入に行方不明の本やあーい 高澤良一 ぱらりとせ
角力好き患者綿子にくるまれて 高澤良一 ぱらりとせ

綿入 補遺

いつこくの田植布子と覚えたり 飯島晴子
うそ寒や綿入着たる小大名 正岡子規 うそ寒
これもうし菊に晴着の黒小袖 正岡子規 菊
すれちがふ田植布子といふべしや 飯島晴子
ちる紅葉綿入を来て瀧見哉 正岡子規 散紅葉
つと入に小袖をかざす寐顔哉 正岡子規 つと入
むくろじの幹に触れける御忌小袖 岡井省二 鯛の鯛
一年の事今にある綿衣かな 正岡子規 綿子
三十路たつわぎもが春の小袖かな 西島麦南 人音
下総の布子子供の頃のわれ 高野素十
交錯の日曜広場春小袖 山口青邨
何を見んとて二ン月の小袖見し 岡井省二 前後
元日や曙染の振小袖 正岡子規 元日
入相や花見小袖の一衣桁 正岡子規 花見
古布子ふき出る綿もなかりけり 高浜年尾
古布子新しきごと畳まれぬ 前田普羅 普羅句集
大仏の小袖かはゆきさくらかな 正岡子規 桜
小袖たたむ花茣蓙しきて女の間 山口青邨
小袖の入褞袍の人や島の春 山口青邨
小雨して小袖に菊の香をしたむ 正岡子規 菊
布子着て好々爺にはなりにくし 後藤比奈夫
年の鬼綿子の肩のそびえたる 百合山羽公 春園
御忌小袖とて裏庭の鯉を見に 岡井省二 山色
日あたつて来ぬ綿入の膝の上 臼田亜郎 定本亜浪句集
春なれて姫の夜を縫ふ小袖かな 飯田蛇笏 山廬集
春寒や一枚布子ひき被ぎ 石橋秀野
春寒や母のなりしを絹小袖 尾崎放哉 大学時代
春小袖すでに折節ありにけり 岡井省二 鯛の鯛
春小袖はかなきいのち欺かるゝ 村山故郷
春小袖生きてゐる間の紐の数 中村苑子
木犀の夕小袖にたきものす 正岡子規 木犀
泥眼にきと見て露の出し小袖 富安風生
浮世哉菊に晴レ着の黒小袖 正岡子規 菊
無患子の幹にふれてや御忌小袖 岡井省二 大日
焼く土手の上にぬぎたる布子かな 中村汀女
片見替りといふ秋草の小袖かな 能村登四郎
猿曳や猿に着せたる晴小袖 正岡子規 猿曳
環七を歩道橋下に春小袖 山口青邨
生き恥を重ね古りたる布子かな 石塚友二 磊[カイ]集
病みてかく綿子ぐるみとなりにけり 小林康治 四季貧窮
百姓となりすましたる布子かな 飯田蛇笏 霊芝
砂叺負ひて布子の衿紅く 富安風生
簷にぶらさげたる鴨と初小袖 岡井省二 鯨と犀
紀元節小諸に住みて綿子著て 星野立子
綻びて布子の綿の見ゆるかな 後藤比奈夫
綿入のポンチヨ著るかといふ電話 後藤比奈夫
綿入の肩あて尚も鄙ひたり 河東碧梧桐
綿入の袂探りそなじみ金 正岡子規 綿子
綿入の裾まで板の塀詰まる 永田耕衣
綿入や妬心もなくて妻哀れ 村上鬼城
綿入や気たけき妻の着よそほふ 飯田蛇笏 山廬集
綿入や賓頭盧抱けば山遠し 古舘曹人 樹下石上
綿入を着てかまくらの母の役 後藤比奈夫
綿入を脱げば妄想の鳥肌なり 川端茅舎
綿子被て四十一とはなりにける 石塚友二 磯風
綿衣黄也村醫者と見えて供一人 正岡子規 綿子
繍球花をたが織りそめて紅小袖 正岡子規 小粉団
老が家に干さるる小袖蓬原 鷲谷七菜子 游影
肌寒の小袖羽掻ひにひとりの夜 石塚友二 方寸虚実
肩光る布子ぞ父の臭ひなる 阿波野青畝
若草に薄桃色の小袖哉 正岡子規 若草
葛籠なる小袖思ふや野分の夜 前田普羅 普羅句集
蒲団綿入たのしむごとし妻と母 能村登四郎
虫干しや小袖長絹水ごろも 能村登四郎
虫干の小袖に蝶のとまりけり 正岡子規 土用干
蝶のように綿入れの手振り吾子育つ 金子兜太
袖狭きも知らず奥人綿子かな 河東碧梧桐
見仏の問法の時の綿子かな 河東碧梧桐
貯炭場に綿入れ赤し鉱区萌え 飴山實 おりいぶ
野に干せる四五歳の子の布子かな 高野素十
頸あらはに薩摩飛白の綿子哉 正岡子規 綿子

綿入 続補遺

うたゝねの裾におきけりかし小袖 嵐雪
かすみ来てまぎれにけらしふる小袖 夏目成美
しぐるゝやもみの小袖を吹かへし 去来
しらなみのかへして涼しふる小袖 寥松
すゝはきやあをのけに干下小袖 りん女
せき俵もかちん布子ででかしけり りん女
たちばなやむかし小袖の売に出る 夏目成美
とも泣や其人がらの節小袖 野坡
むめが香に濃花色の小袖哉 許六
ものゝふの小袖みじかき九月かな 左次
やかましき火燵あたりの小袖哉 林紅
やがて脱布子に春の光かな 三宅嘯山
五月雨やうき世揃はぬ大布子 百里
化粧のみ菊の小袖や簾越 三宅嘯山
卯の花の雪にもそゝげ古布子 晩得 哲阿弥句藻
口切の朝蠧はふ小袖かな 一笑(金沢)
古小袖人には恥ずうめの花 五明
小座頭に小袖の出来る九日哉 土芳
小袖ほす尼なつかしや窓の花 去来
小袖着せて俤匂へ梅がつま 其角
小袖着た鳥のあそびや花の中 吾仲
布子からかたびらへ飛坊主かな 雪芝
布子売回国どのよころもがへ 炭太祇
布子着てうれし顔なる十夜哉 高井几董
布子着て淋しき顔や神送 去来
年~や梅ぼしくさきかし小袖 建部巣兆
引ちぎる紙子はもとの綿子哉 丈草
散はなによき人がらや黒小袖 松岡青蘿
時しらぬ布子羽織や富士詣 米翁 染井山荘発句藻
梅が香や姿もかはる小袖時 紫白女
水仙の葉は綿入と見ゆるかな 桜井梅室
水無月の布子や富士の砂ふるひ 許六
無人の小袖引ツぱる魂参リ 路健
煤払やあをのきに干ス下小袖 りん女
燕や小袖をあらふ橋の下 紫白女
狭布子のひとへ夢の時雨の五月庵 杉風
留主がちの夜を守妻の綿子哉 黒柳召波
着すぐれぬ伯母の小袖や土用干 高井几董
稲の香にむかし小袖や村かぶき 東皐
節小袖十三*年の寒さかな 許六
節小袖十三年の寒かな 許六
糊水の艶走るなる綿子哉 三宅嘯山
綿入つ抜つ年経るころも哉 田川鳳朗
綿入に羽織で見たる月見かな 臥高
綿入も帷子も着て月見哉 嵐青
綿子にははなれて寒き涅槃哉 荻子
綿子見て時代を呵る翁かな 三宅嘯山
腕余る妹が布子の夜寒かな 東皐
花に行我襟垢の青布子 臥高
花鳥や実もと思ひ染小袖 凉菟
芳野出て布子売おし杜国
菊ざけに薄綿入のほめきかな 西鶴
菊に着る小袖も裾に籬かな 林紅
藤葛籠そこさへ匂ふ小袖かな 西鶴
蛤の煮汁かゝるや春小袖 高井几董
衣配猿の小袖もゑらばれぬ 梅人 栞集
訴を直に聴也節布子 許六
誰ための祭りか嫁のかし小袖 早野巴人
都辺や小袖に消ゆる春の雪 高桑闌更
陽炎や春の汗干下小袖 松岡青蘿
雪の夜や布子かぶれば足の先 千川
麻ひめのをしへ成らん貸小袖 加藤曉台

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 05:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

衾 の俳句

衾 の俳句


例句を挙げる。

ありあれば鴛鴦の衾に恨かな 大塚羽山
あをみたる古潭の蕗に衾雪 飯田蛇笏 春蘭
いたつきや庵春さむき白衾 西島麥南 金剛纂
いま眠りに入らむ衾のなかの双手 松村蒼石 雁
うそ寒くふぐり匿ふ衾の中 小林康治 玄霜
かしらへやかけん裾へや古衾 蕪村 冬之部 ■ 東山の梺に住どころ卜したる一音法師に申遺す
すさまじや夫婦の部屋の茣蓙衾 上野さち子
そのかみの伊吹颪や紙衾 斎藤梅子
とかくして命あればぞ革衾 高浜虚子
みちのくや疲れ田つつむ衾雪 平井さち子
わが衾明けつつ霜の積りゐぬ 西村公鳳
一日を心に描く衾かな 池内友次郎
下京の一客となる麻衾 上野さち子
並び寝の我より低き彼の衾 栗生純夫 科野路
久闊や風邪の衾を出でゝ逢ふ 清原枴童 枴童句集
二児あればある煩ひや黴衾 石塚友二 光塵
亡父亡母深夜衾に入れば見ゆ 高室呉龍
亡骸をうづめて寒き衾かな 山本洋子
人吉の雨にわびしき衾かな 阿波野青畝
今日を明日へ衾の睫毛あはせけり 川口重美
体おもくねぬくもりたる春衾 飯田蛇笏 雪峡
兎角して命あればぞ革衾 高浜虚子
冬衾生き身の温さ抗へり 内藤吐天 鳴海抄
冬衾終の日までは花鳥被て 野澤節子 『駿河蘭』
初夢のはかなくたのし古衾 高橋淡路女 梶の葉
古衾寝覚寝覚に句をかゝん 山口鶯子
古衾悪魔に黒髪掴まれぬ 藤木清子
啓蟄の衾あまらずわけあひぬ 清水基吉 寒蕭々
四ッに折て行李にあまる衾かな 高井几董
夜夕立ひやゝかに衾かぶりけり 金尾梅の門 古志の歌
太刀のせてあはれさかへる衾かな 蛇笏
寒菊の花の衾に寝まりまし 石塚友二 光塵
嵩低き病まれし母の衾かな 中嶋 昌子
巡礼や笈の衾を取り出し 尾崎迷堂 孤輪
年々の同じ衾に宿下り 松村蒼石 露
幾夜かは胸凍ばれたり旅衾 松村巨湫
廓ただよべの衾を欄に干す 後藤夜半
旅の夜の大足投げし衾かな 萩原麦草 麦嵐
旅衾温もれば想ふ河鹿の音 林原耒井 蜩
旅衾狐狸の裾野も思ひ寝る 百合山羽公 寒雁
春暁やうちかづきたる古衾 後藤夜半 翠黛
朝日影衾にとどききりぎりす 下村槐太 天涯
木犀や屋根にひろげしよき衾 石橋秀野
枯蓮や寐つかぬ鴛の古衾 斑象
止利仏師衾裾を刳り春の宵 和田悟朗 法隆寺伝承
水鳥や蘆もうもれて雪衾 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
浮くぶ瀬に鴛鴦の衾も見えにけり 樋口得川
消燈後も市井の明さ冬衾 渡辺幻魚
減らしたる衾の上も夜のおぼろ 皆吉爽雨
温石や衾に母のかをりして 小林康治 四季貧窮
独寝も肌やあはする紐衾 梅盛
着てたてば夜るのふ衾もなかりけり 内藤丈草
矢衾の豆腐かなしき針供養 金子伊昔紅
祖母をたのみの子等が厚衾 松村蒼石 露
稚き仏ぞ被まし菊衾 石塚友二 光塵
絵を見ての倉敷どまり厚衾 北野民夫
繕うてやっとさげたる衾かな 杉風 俳諧撰集「有磯海」
肩衾母にならひて着る夜かな 金子翠羽
脱ぎ給ふ御衣(ぎょい)は天下の衾かな 服部嵐雪
脱給ふ御衣は天下の衾哉 服部嵐雪
著てたてば夜の衾もなかりけり 丈草
蕗をとる二足三足衾雪 飯田蛇笏 春蘭
薄衾頤のせて待つものもなし 森澄雄
藪柑子の彩る落葉衾かな 高田蝶衣
虚実なく臥す冬衾さびしむも 野澤節子 黄 瀬
蜉蝣と一つ衾や避暑の宿 大石悦子 聞香
行悩む身も世も露の粗衾 石塚友二 光塵
衾から皃出してよぶ菜うり哉 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
衾なほつめたく年の明けにけり 鷲谷七菜子
衾の肩抱けば柔か母死なせじ 中村金鈴
衾ふんで霜の宿せうきり/\す 加舎白雄
衾中命冱てつゝせぐくまり 高浜虚子
衾被て木魚の眠る深雪かな 鈴木貞雄
起されてたゝむ衾や去年ことし 素山
足袋脱いで旅寝の衾短かり 萩原麦草 麦嵐
身に付かぬ所はかたきふすま(衾)かな 立花北枝
身の衾海のおもての夜寒かな 椎本才麿
郡内の衾重さよ紅薊 島村元句集
降る雪に老母の衾うごきけり 永田耕衣 與奪鈔
隼を見したかぶりの夜の衾 蕪城
雨漏や風邪の衾の裾あたり 清原枴童 枴童句集
霜葉の明日にまどろむ旅衾 百合山羽公 寒雁
頭へやかけん裾へや古衾 蕪村
風邪衾かすかに重し吾子が踏む 能村登四郎 咀嚼音
鶴を聴く衾のすこし魚臭し 古館曹人
鼠よけに燈ともして寝る衾かな 吉田冬葉

衾 補遺

いま眠りに入らむ衾のなかの双手 松村蒼石 雁
うそ寒くふぐり匿ふ衾の中 小林康治 玄霜
すいつちよん旅の衾をなぐさめよ 阿波野青畝
たくぶすま白き衾を被て火照る 日野草城
ひきかぶる衾みじかし寒の宿 石田波郷
ひとの家の衾颱風に寝がへりぬ 大野林火 早桃 太白集
ふるさとや衾のすその後の月 角川源義
トラックに積もれる雪の厚衾 山口誓子
三日はや赤子ねむれる紅衾 飯田龍太
二児あればある煩ひや黴衾 石塚友二 光塵
人吉の雨にわびしき衾かな 阿波野青畝
元日に追付かれけり破衾 正岡子規 元日
元旦に追つかれけり破衾 正岡子規 元旦
冬衾母の睡りを訪ふばかり 石田勝彦 雙杵
冬衾終の日までは花鳥被て 野澤節子 八朶集以後
初夢のおどろ衾に寝がへりて 石橋秀野
夜衾にはるか名指しの海ひとつ 三橋敏雄
天竺の案内をせよ古衾 正岡子規 衾
太刀のせて嵩さのへりたる衾かな 飯田蛇笏 心像
姨捨の酒にほとぼる旅衾 百合山羽公 樂土
宝船うすくのしたる衾かな 阿波野青畝
寒菊の花の衾に寝まりまし 石塚友二 光塵
寒雀心弱き日衾出ず 石田波郷
寝待月うすき衾に射しそめし 阿波野青畝
巨燵なき衾や足ののべ心 正岡子規 炬燵塞ぐ
帰り来しわが家も同じ梅雨衾 大野林火 月魄集 距和五十七年
帰省子にみちのくぶりの掛衾 山口青邨
幼年の日の人買と蠶衾 佐藤鬼房
御姿は夢見たまへる衾かな 正岡子規 衾
旅衾狐狸の裾野も思ひ寝る 百合山羽公 寒雁
旅衾神楽の鬼を見ずじまひ 百合山羽公 樂土
旅衾露の蚊を撲ちくさめ落つ 角川源義
日脚伸ぶ見えて衾のぶだう山 岡井省二 山色
暮れがての衾まつはる野分かな 岸田稚魚 雁渡し
月さしてゐて明易の衾なる 大野林火 月魄集 昭和五十六年
朝日影衾にとどききりぎりす 下村槐太 天涯
木犀や屋根にひろげしよき衾 石橋秀野
梅雨めくや衾ぬぎゐし肩の冷え 鷲谷七菜子 黄炎
槍衾ああら笑止や槍鶏頭 山口青邨
残りゐてなほ衾雪なせりけり 清崎敏郎
母子の寝の寒夜の衾ふみ過ぎつ 飯田龍太
清浄と仄かにぬくし古衾 川端茅舎
温石や衾に母のかをりして 小林康治 四季貧窮
湯煙の上撫でてゆく衾雪 清崎敏郎
稚き仏ぞ被まし菊衾 石塚友二 光塵
粥腹に暑き衾の黄金虫 角川源義
縮緬の紫さめし衾かな 正岡子規 衾
繕ひて幾夜の冬や紙衾 内藤鳴雪
葉衾を立て夜はかばふ牡丹青莟 山口青邨
蕗のたう牡丹枯葉のふすまの下 細見綾子
蕗をとる二足三足衾雪 飯田蛇笏 心像
薄きかと思ふ十三夜の衾 能村登四郎
虚実なく臥す冬衾さびしむも 野澤節子 未明音
蟋蟀がわれの衾に夜を明かす 山口誓子
行悩む身も世も露の祖衾 石塚友二 光塵
行悩む身も世も露の粗衾 石塚友二 光塵
衾なほつめたく年の明けにけり 鷲谷七菜子 黄炎
衾はね出でて行きしは雪をんな 能村登四郎
衾引けば独語の息の顔蔽ふ 岸田稚魚 雁渡し
衾雪睡りのあとの肌澄み 飯田龍太
諸共に丸めて我身古衾 川端茅舎
足袋脱ぐ妻ひとりの衾踏み立ちて 石田波郷
辻君の衾枯れたる木陰哉 正岡子規 冬枯
逝く年の衾ながらや母の眉 石田勝彦 雙杵
遅月の照らす衾やひき被り 石田波郷
酷寒の我に家あり衾あり 星野立子
降る雪に老母の衾うごきけり 永田耕衣
隼を見したかぶりの夜の衾 木村蕪城 寒泉
雛の間にのべて衾の貧しかり 能村登四郎
霜葉の明日にまどろむ旅衾 百合山羽公 寒雁
露寒の夜の衾となりにけり 石塚友二 玉縄以後
風倒の稲の衾に寝てみたし 山口誓子
風邪衾かすかに重し吾子が踏む 能村登四郎
鳥影の中の屑散る風邪衾 斎藤玄 狩眼
麻衾暁ごうごうの雨被る 橋本多佳子
麻衾暁の手足を裹み余さず 橋本多佳子
麻衾暁紅を眼に覚めにけり 大野林火 雪華 昭和三十七年


衾 続補遺

*かげぼしと身の間に経る衾かな 寥松
あらさびし衾にはいるきりゞりす 寥松
うき名たつ夢に汗かく衾哉 旦藁
おもたさの衾ほどあり雪の傘 桜井梅室
かぶり着てあたまもしれじあつ衾 野水
こつ~と咳する人や帋衾 高桑闌更
さるにても輪回きたなし文衾 加藤曉台
すかし得た子を奥の間の衾かな 三宅嘯山
すさまじや市の衾の風たまひ 加舎白雄
つぎはぎて弥寒し厚衾 尚白
はつ霜や衾にこもる鐘の声 野坡
ものうさよいづくの泥ぞ此衾 如行
何事も寝入る迄也紙衾 小春
元朝やよつにたゝみし帋衾 成田蒼虬
冬籠る衾の上やちり椿 除風
初雪の工夫にしづむ衾かな 桃妖
四ッに折て行李にあまる衾かな 高井几董
声たえぬ寐言よしなや古衾 尚白
夜を頼む名ぞかづらきのかみ衾 勝興 続山の井
夢やぶれ衾破れて君見えず 露印
帋衾昼は衣桁の覆かな 尚白
引かぶるよし野のおくの衾かな 夏目成美
引冠る衾の草やさよ千鳥 釣壺
後妻の起るや古き衾より 三宅嘯山
我に易からね衾もたゝむもの 寥松
旅居して余寒をしらぬ衾かな 馬場存義
猫が来て重リにかゝる衾哉 嵐青
畳めは我が手のあとぞ紙衾 曽良
百足はふ音すさまじや帋衾 桜井梅室
着てたてる衾ほさばや花の陰 魯九
笹に音あり衾にさはる夜もすがら 井上士朗
節季候よおれが衾はどうはやす 鈴木道彦
紙衾寐覚煙草もむつかしや 五明
紙衾梅にゆかりのあるをとこ 成田蒼虬
脱給ふ御衣は天下の衾哉 嵐雪
花の雪衾かぶりし夜に似たり 松窓乙二
衾ふんで霜の宿せうきり~す 加舎白雄
衾干す軒も主やら隣やら 鈴木道彦
身の衾海のおもての夜寒かな 椎本才麿
身ひとつのさうざうしさよ紙衾 蓼太 七柏集
雨もりを聞によろしき衾哉 支考
露なみだつゝみやぶるな此衾 路通
鴛の衾に二日やいとかな 黒柳召波
鴨の毛や鴛の衾の道ふさげ 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 05:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の水 の俳句

冬の水 の俳句

冬の水

例句を挙げる。

*どに入りて千々にぬけ行く冬の水 前田普羅
うつる灯のしづかに深く冬の水 高濱年尾
おもひしづむごとくながるる冬の水 石原舟月
これよりは冬の水押す紅葉かな 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
ぽつとりと浮く日輪や冬の水 高橋淡路女 梶の葉
エプロンは冬の水仕に濡れやすき 波多野爽波 鋪道の花
冬の水*ごりの生簀にまはりをる 高濱年尾 年尾句集
冬の水うましといへばなかれけり 水内 鬼灯
冬の水かゝりて重き水車かな 野村泊月
冬の水すこし掬む手にさからへり 飯田蛇笏 春蘭
冬の水もて仏塔の燈に応ふ 古舘曹人 能登の蛙
冬の水わが身をながれ細りけり 高屋窓秋
冬の水一枝の影も欺かず 中村草田男(1901-83)
冬の水人間臭の棕梠のもと 沢木欣一
冬の水佇み見たる美しき 後藤夜半
冬の水切株を割る力欲し 岩田昌寿 地の塩
冬の水呑んで動かす喉佛 老川敏彦
冬の水堰ある音をたてるかな 野村喜舟 小石川
冬の水明け方は夢あまたみて 徳弘純 非望
冬の水暮れては流す都電の灯 石塚友二 光塵
冬の水曾比のゆくかげはやからず 飯田蛇笏 春蘭
冬の水水輪生まるゝこともなく 佐々木 小夜
冬の水泪びかりに岩間落つ(霧積温泉) 上村占魚 『萩山』
冬の水浮む虫さへなかりけり 高浜虚子
冬の水熱ある口にやはらかき 林翔 和紙
冬の水牛の四角き顔映る 林徹
冬の水緋鯉打つべく落ちにけり 落合水尾
冬の水美し近づきて影置かむ 日野晏子
冬の水著莪の葉むらの青照りに 瀧春一
冬の水飲むももいろの鹿の舌 下里美恵子
冬の水鳳凰堂を映しをり 高木良多
呼び出して叱りつけたる冬の水 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
啄めばちりちり鳴らむ冬の水 夏井いつき
山影の彩があるかに冬の水 古舘曹人 砂の音
日当れる底の暗さや冬の水 鷲巣ふじ子
日輪の上を流るる冬の水 高野素十
時々に枝の雫や冬の水 宮野 寸青
暗きより暗きへ冬の水の音 石塚友二
暮るるものみなばらばらに冬の水 松村蒼石 雁
最澄の山を出てくる冬の水 伊藤通明
杉山を負ひ戸々富めり冬の水 露月句集 石井露月
楮晒す小屋を流れぬ冬の水 長谷川かな女 雨 月
正面に獏ゐて冬の水動く 佐藤麻績
浮みたる煤が走りし冬の水 高橋すゝむ
眼を閉ぢて母の眼流る冬の水 磯貝碧蹄館
紙漉の跡ひそひそと冬の水 殿村莵絲子
芹そだつ冬の水吾が旅の影 及川貞 夕焼
間断なく石を慰む冬の水 磯貝碧蹄館
館失せ泉石のこす冬の水 有働亨 汐路
とくとくと岩根くり抜き冬水の聲新し 橋本夢道
冬水に瀕死の金魚華麗なり 篠田悌二郎
冬水に船名わかず映りけり 大橋櫻坡子 雨月
冬水のたぎつにすこしはげまさる 谷野予志
冬水のほとりの草の青かりし 中尾白雨 中尾白雨句集
冬水の涸れてつなげる淵ふたつ 水原秋桜子
冬水の行方浅葱の扉なす空 安東次男 裏山
冬水の韻きにそひて墓畔ゆく 飯田蛇笏 椿花集
冬水は美しコップに父を映す 中山純子 茜
冬水や一つの渦にめぐり居り 前田普羅 飛騨紬
冬水や南天挿して生簀箱 楠目橙黄子 橙圃
冬水や古瀬かはらず一と筋に 飯田蛇笏 霊芝
冬水や日なた影玉うつりつつ 飯田蛇笏 山廬集
木場の冬水漬くものより昏れそむる 文挟夫佐恵 黄 瀬
看護婦らこゞむほとりに冬水湧く 岩田昌寿 地の塩
顔暗く佇てば冬水急ぎをり 野口清
けぶりつつ蛾の翅泛ぶ冬泉 堀口星眠 営巣期
なまよみの甲斐の霊しき冬泉 加倉井秋を
一鳥のこゑに緊まりし冬泉 つじ加代子
中天の日を浸し湧く冬泉 内藤吐天 鳴海抄
冬泉けもののにほひありにけり 加藤三七子
冬泉なま身は香り放つなり 鍵和田釉子
冬泉のさざ波や海女雑巾さす 加藤知世子 花寂び
冬泉ひとの言葉を聴いてゐる 石田郷子
冬泉夕映うつすことながし 柴田白葉女 雨 月
冬泉暗しと梯子負ひ歩く 佐藤鬼房 地楡
冬泉毛細根も子らも集ふ 香西照雄 素心
冬泉生きてゐて受く光りかな 村越化石
冬泉藻のまみどりに湧きやまず 小松世史子
切株の渦のとなりの冬泉 青柳志解樹
受話器とる寒泉そこに奏でゐて 木村蕪城 寒泉
吾が影を映す暗さの冬泉 石川文子
墓山へ誰か登りし冬泉 山本洋子
大寺の寒泉の声聞きに来し 有働亨
大理石の隙に噴出て冬泉 毛塚静枝
寒泉に一杓を置き一戸あり 木村蕪城 寒泉
寒泉の底老鱒の死どころ 百合山羽公 寒雁
寒泉の白き一朶や伊賀に入る 橋本鶏二
寒泉や島影に鯉とゞまらず 渡邊水巴 富士
寒泉を南無や南無やと掬びけり 斉藤夏風
山の冬泉の鯉も朦朧と 森 澄雄
廊下の燈寒泉の梅咲きにけり 渡邊水巴 富士
手を入れて水の厚しよ冬泉 小川軽舟
旅人へ苔あをあをと冬泉 加藤耕子
日輪の見えて届かぬ冬泉 右城暮石 上下
月に澄み日に澄む広野の冬泉 柴田白葉女 雨 月
月光のおとづれを待つ冬泉 館野 豊
樹の方へ足音消ゆる冬泉 神尾久美子 桐の木
汲みしあと満つるに間あり冬泉 大岳水一路
波郷忌や杜の明るき冬泉 中田樵杖
浄瑠璃のこゑ冬泉に張りのぶる 加藤耕子
漲りて一塵を待つ冬泉 飯島晴子
潺潺と冬泉あり土葬村 小澤實 砧
生きものの声あげつづけ冬泉 杉 良介
白日忌寒泉韻く如くなり 中島月笠
紐咥へ髪結ひなほす冬泉 岡本眸
繩文の唄のきこゆる冬泉 福田甲子雄
鎌倉に夜の足音冬泉 原裕 葦牙
雉子の目のやうな水輪を冬泉 高澤良一 ぱらりとせ
雑兵の如く飯食ふ冬泉 皆川白陀
冬の洗面真水を顔に打ちつけて 高澤良一 暮津

冬の水 補遺

くろき鱒きそへり冬の水湧くに 水原秋櫻子 磐梯
さやぐ冬水眼前が即到達地 中村草田男
せせらげるところせせらぎ冬の水 清崎敏郎
つひに厚さなき洲の端や冬の水 中村草田男
ひろがらず消えたる冬の水輪かな 能村登四郎
もう冬の水や都塵の積むままに 大野林火 方円集 昭和五十年
わが影を沈めて冬の水去りぬ 鷹羽狩行
エプロンは冬の水仕に濡れやすき 波多野爽波 鋪道の花
一とつかみ冬水に置く枯松葉 中村草田男
克明に提燈うつる冬の水 山口誓子
写すもの空のみに冬の水堅し 橋閒石 雪
冬の日河原の水が見えて幾らからくな風景 中川一碧樓
冬の村無韻の水瀬つらぬきて 飯田龍太
冬の水くぼめて小さき煤泛ぶ 高野素十
冬の水すこし掬む手にさからへり 飯田蛇笏 白嶽
冬の水ときに平らかならざるも 上田五千石『田園』補遺
冬の水にごりても空うつすかな 松崎鉄之介
冬の水ふくらめり八百比丘尼井戸 能村登四郎
冬の水もて仏塔の燈に応ふ 古舘曹人 能登の蛙
冬の水わが身をながれ細りけり 高屋窓秋
冬の水一枝の影も欺かず 中村草田男
冬の水充たさば泛ぶ玻璃の瑕 能村登四郎
冬の水克明に天きざみたり 平井照敏
冬の水晴れたり水皺にぎやかに 日野草城
冬の水暮れては流す都電の灯 石塚友二 光塵
冬の水曾比のゆくかげはやからず 飯田蛇笏 春蘭
冬の水月を浮べて老艶に 大野林火 方円集 昭和五十三年
冬の水水車を外づれ豊かなり 松本たかし
冬の水滝と呼ばれておほけなき日野草城
冬の水点々素々と枯山に 高屋窓秋
冬の水熱ある口にやはらかき 林翔 和紙
冬の水音なく岩を濡らしけり 桂信子 花影
冬水といはん人々斯く集ひ 高野素十
冬水といはん人々皆居らず 高野素十
冬水に架りて太し石の橋 高野素十
冬水に沈む町影塔を欠く 中村草田男
冬水に鴉溺れず岸にあり 飯田蛇笏 家郷の霧
冬水のなめらかにして日に抗す 飯田蛇笏 家郷の霧
冬水の意にしたがひて行人ら 飯田蛇笏 家郷の霧
冬水の流るゝことの急なりし 高野素十
冬水の韻きにそひて墓畔ゆく 飯田蛇笏 椿花集
冬水や一つの渦にめぐり居り 前田普羅 飛騨紬
冬水や古瀬かはらず一と筋に 飯田蛇笏 霊芝
冬水や日なた影玉うつりつつ 飯田蛇笏 山廬集
冬水をはやめてゐたり芦鳴りて 大野林火 青水輪 昭和二十三年
実存の空充てりけり冬の水 永田耕衣
宮城はうつつ受影は永久の冬の水 中村草田男
山影の彩があるかに冬の水 古舘曹人 砂の音
岩滑る冬水一重漆黒に 中村草田男
年月の沈みを冬の水細く(詩仙堂二句) 細見綾子
怺ふとは身を正すこと冬の水 岡本眸
新樽に冬の水張り杉匂ふ 能村登四郎
日当れば岩沈みゐし冬の水 清崎敏郎
日没以後の月は自照や冬の水 中村草田男
日輪の上を流るる冬の水 高野素十
明るさへ気を変へてをり冬の水 岡本眸
昔人のあてを貴船の冬水に(京都貴船) 細見綾子
暗きより暗きへ冬の水の音 石塚友二 曠日
暮るるものみなばらばらに冬の水 松村蒼石 雁
流れねばならぬと流れ冬の水 岡本眸
潜きたるものに瑕つき冬の水 後藤比奈夫
瀧川の冬水迅くながれけり 飯田蛇笏 山響集
空きれいとも冬の水きれいとも 後藤比奈夫
紙船の二舷圧されて冬の水 中村草田男
舞台より舞台へ冬の水あかるし 橋閒石 荒栲
芹そだつ冬の水吾が旅の影 及川貞 夕焼
葦枯れて虹の触れざる冬の水 野澤節子 未明音
藻は黒く立ち鯉は浅葱冬の水 山口青邨
身のうちを何か退きゆく冬の水 岡本眸
階洗ふ最上階に冬の水 岡本眸
雲堕ちて泥靜まりぬ冬の水 正岡子規 冬の水
髪一筋おろそかならず冬の水 岡本眸
鳰鳥のおののきが生む冬水輪 能村登四郎

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 04:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

霧氷 の俳句

霧氷 の俳句

霧氷

例句を挙げる。

いつ触れし霧氷の一枝髪にあり 山岸 治子
しづかなる浅間浮べぬ霧氷林 相馬遷子 雪嶺
ひと夜さを咲耶姫来て霧氷山 松本千鶴子
やゝ太くなりたる枝の霧氷かな 下前 早田水
クリスタルハートの男女霧氷林 八木三日女 赤い地図
フルートの指の優しさ春霧氷 文挟夫佐恵 雨 月
一山の裾の裾まで霧氷して 山田弘子
一草も霧氷八時に世が始まる 古館曹人
分水嶺未生の春の霧氷顕つ 文挟夫佐恵 雨 月
初霧氷ならむ蔵王の粧ふは 百合山羽公
動きをり霧氷の底の青きもの 加藤知世子 花 季
口中に刃ものの匂ひ霧氷林 坂巻純子
咲くといふ言葉のありし霧氷かな 橋本博
噴煙のある火口壁霧氷濃し 平野 竹圃
夕映に一禽去らず霧氷林 大森三保子
大日輪霧氷を折りて手にかざす 山口誓子
家亡びつつあり霧氷花ひらく 有馬朗人 母国
寒凝つて霧氷日に散る音きこゆ 相馬遷子 山河
嶺の霧氷どこより消ゆるどこでもよし 加倉井秋を 『欸乃』
待つことのときに静かに霧氷林 伊藤敬子
御来迎霧氷一片だに散らず 岡田貞峰
抽んでし氷湖の芦に霧氷かな 奥田智久
旭光に枝張る霧氷白珊瑚 福田蓼汀
明くるまで月光宿る霧氷林 田村恵子
昏睡の父に庭木の霧氷咲く 相馬遷子 山河
暁光の落葉松林霧氷咲き 水原春郎
暮れなんとして雁坂の霧氷光 宇咲冬男
月光の草にも霧氷咲きゐたり 朝倉和江
朝寝して霧氷は天にもどりけり 大島民郎
朝焼の雲の触れゆく霧氷林 山田弘子
朝餉終ふ間にあとかたもなき霧氷 篠田悌二郎
此処よりは雲の流域山毛欅霧氷 伊藤いと子
水楢の霧氷を散らし四十雀 小松崎爽青
水漬く樺霧氷の岳と夜明けたり 白澤よし子
浅間嶺に忘れ霧氷や紅玉婚 西本一都
清冽に日の言葉あり霧氷咲く 岸秋渓子
火の山に日の当り来し霧氷かな 溝口紫浪
烈風の日矢薙ぎゆくや霧氷林 小林碧郎
牧かこむ鉄条網も霧氷かな 山本歩禅
由布が嶺の霧氷手にとる如く見ゆ 高濱年尾 年尾句集
眠れねば白狐いざなふ霧氷林 野澤節子
神々の衣ずれ天に霧氷ちる 太田 昌子
禽けもの睡るくらさの霧氷林 堀口星眠 営巣期
空青くなりてふたりの霧氷林 仙田洋子 雲は王冠
立ちまじる樅のみくらし霧氷林 根岸 善雄
紫水晶輝りに春暁嶺の霧氷 文挟夫佐恵 雨 月
肩揺りあげ鷲が占めたる霧氷の座 鷲谷七菜子 銃身
草霧氷由布の日高く高くあり 中村田人
荒岳に滾つ湯地獄霧氷咲く 石原八束
輝けば消ゆる他なき野の霧氷 加倉井秋を 『真名井』
轟々と霧氷の天を星渡る 野中亮介
醜草となりて霧氷の解けにけり 稲畑汀子
野の星に朝の輝き霧氷散る 中野東峰
限りなき薄羽降らせて霧氷林 金箱戈止夫
霧氷ならざるは吾のみ佇みぬ 稲畑汀子(1931-)
霧氷の森人容れるたび星殖やす 加倉井秋を 『真名井』
霧氷の森鉈研ぎ覚す水硬し 進藤忠治
霧氷咲き微塵のひかり天に満つ 相馬遷子 山國
霧氷咲き町の空なる太初の日 相馬遷子 雪嶺
霧氷咲き笠雲かかる忍野富士 伊東宏晃
霧氷咲くカムイ夢みるときありて 成瀬桜桃子 風色
霧氷咲く石鎚山に年移りをり 吉野義子
霧氷林あらたまの日を捧げたり 藤田湘子
霧氷林さまよひゆかば果つるべし 野澤節子 『存身』
霧氷林ぬけて焼岳より来しと 福島吹斗
霧氷林三日月紐の如く飛び 岡部六弥太
霧氷林全容見せて来し朝日 小林草吾
霧氷林嬰児が泣きて華やげり 大類孝子
霧氷林日を得て沼の瑠璃極む 角川源義
霧氷林満月青き暈をもつ 栗原政子
霧氷林無色無音の時の中 川崎俊子
霧氷林獣の跡の途切れをり 浦田 宏
霧氷林透きとほる吾かと思ふ 前田野生子
霧氷林鳥の声無きことをふと 佐藤艸魚
霧氷林鳴らす尾越の風の鞭 渡会昌広
霧氷界翔ちたる鳥の色を追う 大山安太郎
霧氷解け貧しき草に戻りけり 工藤いはほ
靄こめてさ揺らぎもなき霧氷林 一田美恵子
風向きに霧氷の育つ道標 加藤ひろみ
髭草の一葉~も霧氷かな 松藤夏山 夏山句集
おうおうと樹氷も並び寒念仏 小島洪資
この谿の春の樹氷や窓近み 石橋辰之助 山暦
しき鳴くは樹氷の山に何の鳥 三好達治 路上百句
ひとひらの雲燃え樹氷暮れにけり 望月たかし
よぎりゆく影の固さや樹氷林 石田阿畏子
オーロラは天の羽衣樹氷立つ 澤田緑生
コバルトの湖の覗ける樹氷かな 谷口白葉
七つ星樹氷の空をありくなり 中川宋淵
両界へつらなりて樹氷せる 大西淳二
人といふこの小さきもの樹氷原 森田桃村
光の玉樹氷に隕ちつ地に弾く 石橋辰之助 山暦
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
咲く樹氷雲ひとひらの空のもと 石橋辰之助 山暦
大いなる金星いでし樹氷かな 加藤三七子
年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯 太田 蓁樹
心なき吾が木ら樹氷かがやかせ 細谷源二 砂金帯
敲くべき扉はなくて樹氷界 平畑静塔
日ぞ落ちし樹氷さまよひ息はずむ 石橋辰之助 山暦
暮れてなほ銀色の帆に樹氷群 佐川広治
月を背の樹氷を山の魔像とも 瀬川蟻城
朝はまづ樹氷のもとに温泉を汲む 木村蕪城 寒泉
朝日うけ色のうまれし樹氷林 樹生まさゆき
楡樹氷落葉松樹氷牧夫住み 石井とし夫
極光が結ぶ樹氷の夜明あり 藤浦昭代
樹氷いま鳴れば一山鈴の音に 長沼三津夫
樹氷の奥で青い化石になっている 齋藤白砂
樹氷ぱりぱり触れてのぼりぬ遠嶺見に 及川貞 夕焼
樹氷また鳥を放てり雪熄むか 大島民郎
樹氷今雫となりぬ雀たち 丸山比呂
樹氷凝る汝は何の木と知れじ 山口誓子
樹氷原わが白息の生臭し 渡辺恭子
樹氷持ちかへると童折りて待つ 山口波津女
樹氷林いまだ覚めざる日をかゝげ 高濱年尾 年尾句集
樹氷林にたそがれはなくすぐ暮るゝ 安元しづか
樹氷林にも日溜りのありて佇つ 嶋田摩耶子
樹氷林はぐれ鴉が来て漂ふ 岡田日郎
樹氷林むらさき湧きて日闌けたり 石橋辰之助 山暦
樹氷林めぐりて風が地より起つ 河野南畦
樹氷林咳をするとき身のひかり 寺田京子 日の鷹
樹氷林声なき木霊空に充ち 伊東宏晃
樹氷林照り成人を祝ぐ日なり 米谷静二
樹氷林生きて出てくる愚か者 水谷仁志子
樹氷林男追ふには呼吸足らぬ 寺田京子
樹氷林白を豪華な彩と知る 福田小夜
樹氷林睫毛しぱしぱと日を仰ぐ 石川桂郎 含羞
樹氷林細く鋭く日の流れ 岸田稚魚 筍流し
樹氷林踏みかがやきて一路あり 依田由基人
樹氷林青き天路に出てしまふ 平畑静塔
樹氷林黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
樹氷照りロッキーの冬揺ぎなし 有働亨 汐路
樹氷笛吹きおんなの老いは背後から 寺田京子 日の鷹
樹氷群黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
母泊めて樹氷とあそぶ火を創る 栗林千津
烈風に影をみじかく樹氷立つ 望月たかし
百本の樹氷に月の青雫 加藤耕子
真日照るや樹氷に冥き空の色 内藤吐天
眼底に樹氷の像や立ちくらむ 相馬遷子 山国
瞑むれば樹氷林ゆく霧の音 羽部洞然
窓の灯は樹氷を照らし橇をてらす 石橋辰之助 山暦
立ち去らねば樹氷とならむ吾もまた 大橋敦子
美しき朝の始まる樹氷林 北村多打志
耐へがたき真闇樹氷をおしたてる 石橋辰之助 山暦
荒霧を払ふ樹氷が他を統べし 岸田稚魚 筍流し
落つる日の嶺をはしれる樹氷かな 石橋辰之助 山暦
蒼穹に日はうちふるへ樹氷満つ 石橋辰之助 山暦
薄き日へ樹氷のかかぐ白十字 羽部洞然
虫の息でジャコメッティの樹氷たち 田川飛旅子 『山法師』
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亞浪 定本亜浪句集
谿削がれ月明にあり樹氷林 宮下白泉
身の修羅を封じ切つたる樹氷かな 渡辺恭子
身を出づる息ひとすぢや樹氷林 岡田貞峰
雪原の風遠し樹氷晶々と 内藤吐天
風鳴れば樹氷日を追ひ日をこぼす 石橋辰之助 山暦
夕詣り灯ともりそめし木花かな 岡井省二


霧氷 補遺

しづかなる浅間浮べぬ霧氷林 相馬遷子 雪嶺
たましひの白炎しをる霧氷攀づ 野見山朱鳥 運命
つぶら実の霧氷に透くは夜叉柄杓 加藤秋邨
ほどけゆく霧氷一色ならざりし 稲畑汀子
一狐来て霧氷の牧をよこぎりし 阿波野青畝
切れ切れの日の幡なびく霧氷林 上村占魚
初霧氷ならむ蔵王の粧ふは 百合山羽公 樂土以後
剣越えして出会ひたる霧氷林 右城暮石 散歩圏
声白き霧氷となれりさやうなら 平井照敏 猫町
夕づつに霧氷の翳のあるごとし 阿波野青畝
夕づつを引離したる霧氷かな 阿波野青畝
夜を凝りし霧氷に朝の来てをりし 稲畑汀子
大日輪霧氷を折りて手にかざす 山口誓子
家亡びつゝあり霧氷花ひらく 有馬朗人 母国
寒凝つて霧氷日に散る音きこゆ 相馬遷子 山河
山の影ほど満開の霧氷林 鷹羽狩行
思惟白く霧氷に底の底なき飢 高屋窓秋
日のありど霧氷くづるる音杳し 角川源義
日の楽となりて雫の霧氷林 鷲谷七菜子 銃身
日の霧氷貧しき言葉とざしたる 稲畑汀子
日当りて霧氷と樹氷分ちたる 稲畑汀子
昏睡の父に庭木の霧氷咲く 相馬遷子 山河
朝の日に動く霧氷の光かな 稲畑汀子
歌手は着る霧氷の如くきらびやか 山口青邨
沿線の木々は霧氷を咲かすため 鷹羽狩行
消えてゆく霧氷に音の無かりけり 稲畑汀子
燦爛たる霧氷の原に麺麭を食ふ 山口誓子
珊瑚より白き霧氷よ明日を賭す 有馬朗人 母国
由布が嶺の霧氷手にとる如く見ゆ 高浜年尾
確かめてみたく霧氷に近づきぬ 稲畑汀子
肩揺りあげ鷲が占めたる霧氷の座 鷲谷七菜子 銃身
醜草となりて霧氷の解けにけり 稲畑汀子
霧氷して銀の荊冠美しや 阿波野青畝
霧氷ならざるは吾のみ佇みぬ 稲畑汀子
霧氷原ふちどるものは霧氷林 鷹羽狩行
霧氷咲き微座のひかり天に満つ 相馬遷子 山国
霧氷咲き町の空なる太初の日 相馬遷子 雪嶺
霧氷容れ双眼鏡の万華鏡 鷹羽狩行
霧氷林あらたまの日を捧げたり 藤田湘子 神楽
霧氷林さまよひゆかば果つるべし 野澤節子 存身
霧氷林をんな汚れしごとく佇つ 鈴木真砂女 都鳥
霧氷林日を得て沼の瑠璃極む 角川源義
霧氷見しかがやきに旅了りけり 能村登四郎
魂かへれ霧氷の山に越年す 角川源義

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 04:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

霙 の俳句

霙 の俳句


例句を挙げる。

あはれめや霙にぬれし恋衣 尾崎紅葉
いとまする傘へ霙となりにけり 渡辺一水
おおむねは平な村の霙かな 山口 伸
けふ豊か霙のち雪そして愛 矢島渚男
さいはての如し霙るゝあやめの芽 殿村莵絲子 牡 丹
さらさらと烹よや霙の小豆粥 鳳朗
しばらくの霙に濡れし林かな 中村汀女
しみじみと子は肌につく霙かな 秋色 俳諧撰集玉藻集
それ鷹の鈴振り廻る雪雨(霙)かな 正秀 俳諧撰集「藤の実」
てのひらの未来読まるる夜の霙 福永 耕二
ぬれ雪と津軽人云ふ霙降る 佐藤一村
はららごの色に出にける霙かな 岸田稚魚 『萩供養』
はる~の原や小狐霙空 幸田露伴 礫川集
ふるさとは霙の中に人の声 裕計
べむべむと串海鼠(くしこ)もにえず霙かな 中村史邦
みぞれるといふこゑありて霙れけり 高澤良一 燕音
よろよろと枯れたる蓮に霙れけり 日野草城
わが腹にひびく夜霙眠りたし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ガスの穂を手風で立たす霙かな 不死男
ペガサスの朱馬走りけり初霙 八十島稔 柘榴
ラグビー場四辺を枯らし霙ける 岸風三楼 往来
一掴みほど漁師町霙降る 坂井建
下腹部の大きな蟹に霙降る 田中信克
乞食の骨正月や霙降る 大釜菰堂
人麻呂の鴨山かけて降る霙 石川魚子
傘に獺が来る霙かな 野村喜舟
再手術霙れは雪に癌病棟 飯野蓮歩
南天の実や霙雲野の果に 野舎
古障子霙るゝ音のきこえけり 虚子
垣霙医師の車の小さゝよ 久米正雄 返り花
墓の文字幾たび消しに来る霙 福田甲子雄
夕立の立つ頃ほひも霙降る 森田峠 三角屋根
夕霙みんな焦土を帰るなり 下村槐太 天涯
夕霙何ぞしたしき出雲崎 塚本邦雄 甘露
夕霙光琳笹を鳴らし過ぐ 高澤良一 ねずみのこまくら
夕霙明日の芝居のたのしみに 阿部みどり女 笹鳴
夕霙読書の脚を踏み温め 川口重美
夜に入れば笹に霙るゝ音ばかり 上村占魚 鮎
大丈夫と言ってしまいし霙かな 池田澄子
奥穂高尾根路をみせつ霙やむ 松村蒼石
嫁取の城崎にして霙かな 田中裕明 花間一壺
子規の句碑が霙童子となりにけり 江里昭彦
宵火事の消えて霙となりにけり 繞石
屋根過ぐは霙と覚め鼻つまりゐぬ 原田種茅 径
山茶花にあるは霙の降る日かな 碧梧桐
崖あらふ雨より霙うつくしき 中田剛 珠樹
嶺の雪町は霙れて暮れにけり 青峰集 島田青峰
市人に霙今日もや年迫る 青峰集 島田青峰
彼岸会や霙まじりの蘆の雨 庄司圭吾
志野ならめ霙の街にひそめるは 相生垣瓜人 微茫集
慈善鍋に霙れて街の往来かな 青峰集 島田青峰
旅人に運河波立ち降る霙 有働亨 汐路
日々霙れそめて車も蔵ひけり 成瀬光
日は月の淡さとなりて霙れけり 後藤洋子
曇りゐしが霙れて暮るゝ町往来 青峰集 島田青峰
松建ての片町すみし霙かな 大谷句佛 我は我
梔子の実にある朱や霙降る 龍男
梵妻をちらと見かけし霙かな 波多野爽波 『湯呑』
母御前に霙しづくのきりもなし 田中裕明 櫻姫譚
水仙の野に北海の霙かな 有働亨 汐路
水仙を霙のひまに切りにけり 虚子
淋しさの底ぬけてふるみぞれ(霙)かな 内藤丈草
火の拳そらの子宮に霙ふり 徳弘純 非望
灯ともしの鐘の霙るる善光寺 西本一都 景色
焼ものは霙るゝ街に漁るもの 相生垣瓜人 微茫集
焼灼の傷あと失せよ霙ぐせ 河野南畦 『焼灼後』
燈台の灯のまたたきて霙ふる 畔津 とみ
燻べらるる鬼の叫喚霙降る 林十九楼
疲れてはほとほと蒼き夕霙 能村登四郎
白袴薩摩飛白に霙れけり 久米正雄 返り花
石船の石に流るる霙かな 会津八一
石蕗の葉に雪片を見る霙かな 高浜虚子
硝子戸に日影うすれしが霙れ来し 青峰集 島田青峰
筆とらず読まず机に霙さく 上村占魚
箔打の息顫へゐる夕霙 加藤 汀
簪鳴るや霙れて蒼き加茂を背に 久米正雄 返り花
紙漉の天気都合や初霙 井月の句集 井上井月
縺れつつ墓より霙れはじめたり 中田剛 竟日
羽摶つごと霙へ一歩まぎれけり 湘子
聴きすます霙襖の奥の声 加藤楸邨
腕章につけし喇叭も霙るゝよ 久米正雄 返り花
腹裂きし猪を吊せば霙くる 茂里正治
舟がゝりなき島山や夕霙 雉子郎句集 石島雉子郎
花も葉もすべてつめたき霙かな 中田剛 珠樹
茨の実赤く夕ベ霙れてゐる 人間を彫る 大橋裸木
茶の間まだ帰宅そろはず霙降る 亀井糸游
草根を洗げるはやも霙めく 金尾梅の門 古志の歌
葬の一膳飯や霙降る 広江八重桜
葱掘りのくづほるゝごと霙れけり 金尾梅の門 古志の歌
薄明の霙を過ぐる鶏の足 栗林千津
藁塚二三峡田霙るる菅沼も シヤツと雑草 栗林一石路
見るたびに干足袋うごく霙なか 谷野予志
貯炭場へきりもみ霙るあやめの芽 殿村莵絲子 牡 丹
赤貝の大根おろしの霙かな 久米正雄 返り花
退官や霙燦たる思ひにて 有働亨 汐路
退宮の夜の霙降る常の街 有働亨 汐路
逢坂にあびてひさしき霙かな 中田剛 珠樹
逢坂の草の葉あらき霙かな 中田剛 珠樹
連祷の夕ベ霙るる致命祭 山下青芝
野守の頬かすめし月の霙かな 宮武寒々 朱卓
鉱山暮るゝことの早くて霙れけり 岸風三楼 往来
銀ねずの霙の雫能登の(あて) 西村公鳳
長尻の客もたたれし霙かな 中村史邦
門に積む菜に降り溜まる霙かな 松本たかし
門樒実を割りそめし霙かな 金尾梅の門 古志の歌
離郷残響霙の尋ね人われは 汎 馨子
雨いつか霙となりし街を行く 加藤 温子
雨が霙に変つて都鳥流るる 長谷川かな女 花寂び
雨白しやがて霙になるらしく 安藤あきら
雲の奥見せてその奥より霙 李桃丘子
霙(みぞ)るるや鶏覗くとまり時 平交 俳諧撰集「有磯海」
霙うつわが少年の日の学舎 堀口星眠
霙くるマンハッタンの聖樹の灯 仙田洋子 雲は王冠
霙してしばらく磧きらきらと 中田剛 珠樹
霙して海老吹寄る汀かな 召波
霙せり蝉折といふ笛ありて 中田剛 珠樹以後
霙たまるふしぎにたつやうすあかり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
霙にも雪にもならず唯の雨 高澤良一 宿好
霙に洗ふ小鍋噴井は地の温み 中島斌男
霙はしる波のうねりの明るき夜 原田種茅 径
霙ふる京をとほくに浪のいろ 中田剛 珠樹以後
霙ふる裏山かけて竹ばやし 上村占魚 鮎
霙まつ柴の庵のけぶりかな 井上井月
霙るるに供華売るそこは船着場 木村蕪城 寒泉
霙るるや京の織屋の軒深き 野田 史子
霙るるや夜の影駅に忘れきし 石原八束 空の渚
霙るるや大手袋の国旗売り 永井龍男
霙るるや子をかばひゆく軒づたひ 星野立子
霙るるや小蟹の味のこまかさに たかし
霙るるや手をあてがへる鯉の腹 中田剛 珠樹以後
霙るるや手術済む犬引取りに 山田節子
霙るるや暁の列車を切りはなす 斎藤佳代子
霙るるや木戸の輪飾り外すにも 永井東門居
霙るるや燈華やかなればなほ 臼田亞浪 定本亜浪句集
霙るるや狸がかぶるぱつちよ笠 龍岡晋
霙るるや猟夫踏み来る水辺萱 金子 潮
霙るるや私の川いや深く 池田澄子
霙るるや触るれば熱き瀬戸火鉢 風生
霙るるや野兎藪に息ひそめ 沢 聰
霙るるや鞍掛橋の鴨南蠻 龍岡晋
霙るるや鬼の念仏傘を背負ひ 龍岡晋
霙るる前大根引の終りけり 松村蒼石 雁
霙るる底港づくりに田が廃る 木村蕪城 寒泉
霙るる槇最後のおもひ逢ひにゆく 鈴木しづ子
霙るる田鳶や鼠を鷲掴み 家田小風
霙るる阿蘇行かねば行けずと水噴きをり 加藤知世子 花寂び
霙るる露路を笑み交し往き来するなり 人間を彫る 大橋裸木
霙るゝと告ぐる下足を貰ひ出づ 汀女
霙るゝや一つづゝ出す蕪蒸し 龍胆 長谷川かな女
霙るゝや垢離すみて粥にあたゝまる 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
霙るゝや子をかばひゆく軒づたひ 星野立子
霙るゝや砂深々と踏むしばし 泰山俳句集 中村泰山、岩谷山梔子編
霙るゝや砦のやうな崖二階 柑子句集 籾山柑子
霙るゝや籬の方へ下駄の跡 西山泊雲 泊雲句集
霙るゝや粥ともつかぬ飯の出来 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
霙れきて睫毛につきし水の粒 中田剛 珠樹
霙れけり人より貰ふ銭の額 鈴木しづ子
霙れして早もくれたる町繁華 青峰集 島田青峰
霙れそむ波の穂光ゲの夜に消ゆる 石原八束 空の渚
霙れつつ暮れの号鼓の四辺かな 永井龍男
霙れつつ縺れつつなほ泥酔へ 耕二
霙れつつ鯛焼の火を落しをり 水原秋櫻子
霙れゆくは草鞋の音か夜のしらむ 金尾梅の門 古志の歌
霙れ空泉のいろに雲剥がれ 石原八束 空の渚
霙吸ふ笹根切つては耕せり 中島斌男
霙打つ天心の墓供華もなし 鈴木トシ子
霙打つ家路見てゐる男靴 谷口桂子
霙来し父の背に子よよぢのぼれ 大岳水一路
霙来て飢ゑは沈める湖に似し 金箱戈止夫
霙着て冬の案山子となりつくす 新谷ひろし
霙空やゝに明るし輸血あと 相馬遷子 山河
霙聴き魂なき母と一夜寝ぬ 蓼汀
霙降る千木高き辺はなほ激し 田中時江
霙降る宿のしまりや蓑の夜着 丈草 霜 月 月別句集「韻塞」
霙降る幾裏山や昭和終ふ 金箱戈止夫
霙降る改装駅の木のホーム 土田日露支
霙降る池の緋鯉は沈みけり 今成無事庵
青き鴨もはらに鳴ける霙かな 篠田悌二郎
静かなるもの耳に降り霙降る 本多静江
鞄ごとあづけし霙傘ゆかし 田中裕明 櫻姫譚
音たてて支那粥すする霙かな 龍岡晋
頭巾くれし妹がりゆく夜霙ふる 高井几董
風まぜに蕪ひく野の霙かな 信徳
馬の尾を引ずつて行霙かな 蝶夢
高橋阿伝夜刃譚(たかはしおでんやしゃものがたり)霙る夜に 高澤良一 さざなみやっこ
魚の腸に鴉釣らるな霙かな 廣江八重櫻
鮭簗を解きしみちのく霙れけり 伊東宏晃
鳥肌を立つる砂丘や霙打つ 林逸茂
鵺の額かゝる霙の峰の堂 泉鏡花
鶴翼をかざせばはしる霙かな 富澤赤黄男
とほき日の母が帯解く音きこゆ北陸本線みぞれ降りをり 辺見じゅん
みぞれ中君を待たしたよふぐ鍋へ 橋本夢道 『無類の妻』以後
みぞれ声こころにしみるこよひかも 飯田蛇笏 椿花集
みぞれ過ぐ音の抜けゆく真夜の壷 加藤耕子
みぞれ降る砂丘羽毛を得てひかる 原 和子
みぞれ雪涙にかぎりありにけり 多佳子
五日はや働着なり夕みぞれ 及川貞 榧の實
夕みぞれ干満珠寺のむかしかな 久保田万太郎 流寓抄
朝みぞれ夕みぞれとてさやぐ木よ 細谷源二 砂金帯
柴納屋へ山禽寝に来夕みぞれ 高田蝶衣
足どりも乗馬の果や雪みぞれ 中村史邦
雪みぞれ降にまぎれて年暮ぬ 吟江
音たてゝ又霰降るみぞれ降る 高木晴子 晴居
みぞるるやはせ川好み小鍋立 大場白水郎 散木集
みぞるるや加賀の女の加賀ことば 山本健吉
みぞるるや十年矮鶏の番古り 石川桂郎 高蘆
みぞるるや地辷りつのる千枚田 堀田正久
みぞるるや朝の餌につく籠雲雀 松村蒼石 寒鶯抄
みぞるるや雑炊に身はあたたまる 飯田蛇笏 山廬集
みぞるるや髪は喪のいろ梳きに梳く 八牧美喜子
みぞるゝとたちまち暗し恐山 五所平之助
みぞるゝやたゞ一めんの日本海 久保田万太郎 流寓抄
みぞるゝやとぎれ~に葬の人 雉子郎句集 石島雉子郎
みぞるゝや切身の赤き魚の棚 守水老遺稿 寺野守水老
みぞるゝや尚四五枚の枝紅葉 比叡 野村泊月
みぞるゝや弔旗コーヒー店をかくし 岸風三楼 往来
みぞるゝや戸ざすに白き夜の芝 渡辺水巴 白日
みぞるゝや町の夕行く乳の牛 幸田露伴 江東集
みぞるゝや留守の裏戸の炭二俵 比叡 野村泊月
みぞるゝや茶屋に灯りし吊燈籠 阿部みどり女 笹鳴
みぞるゝや雑炊に身はあたたまる 蛇笏
霙(みぞ)るるや鶏覗くとまり時 平交 俳諧撰集「有磯海」
植込みにしゃらんしゃらんと初みぞれ 高澤良一 暮津

霙 補遺

「巴里祭」出て古町の夜の霙 伊丹三樹彦
いつぺんに霙の顔となりにけり 岸田稚魚 紅葉山
うつくしき霙ふる也電氣燈 正岡子規 霙
おしころす母が嗚咽の夕みぞれ 橋閒石 卯
おもひ見るや我屍にふるみぞれ 原石鼎 花影
およろこびの旗を立てみぞれするさへ 種田山頭火 自画像 落穂集
かゝる日は汨羅の鬼に霙かな 日野草城
ことしもこんやぎりのみぞれとなつた 種田山頭火 草木塔
この街のみぞれの汽車の遠はしり 細谷源二 砂金帯
しばらくの霙に濡れし林かな 中村汀女
つゝぬけのやうな寒さがみぞれあと 右城暮石 句集外 昭和十一年
ときに醜白鳥の沼霙れ居て 佐藤鬼房
はららごの色に出にける霙かな 岸田稚魚
ひともとの松恋ひをれば霙来ぬ 三橋鷹女
みそるゝやふけて水田の薄明り 正岡子規 霙
みぞるゝやふけて冬田の薄明り 正岡子規 霙
みぞるゝや水道橋の薪舟 正岡子規 霙
みぞれきて戦の国の雛若し 渡邊水巴 富士
みぞれとはやさしき名なり積るかも 渡邊水巴 富士
みぞれともならで越路のしくれ哉 正岡子規 時雨
みぞれ声こころにしみるこよひかも 飯田蛇笏 椿花集
みぞれ降るかすかに痛みはじまれる 野見山朱鳥 愁絶
みちのくの上田下田のみぞれけり 角川源義
ゆるやかに死ぬ海の鳥雪霙 佐藤鬼房
よろ~と枯れたる蓮に霙れけり 日野草城
五日はや働着なり夕みぞれ 及川貞 榧の實
人もなし黒木の鳥居霙ふる 正岡子規 霙
今日一日はものいふこともなかつた霙 種田山頭火 自画像 落穂集
伊予霙海渡らねば帰られず 山口誓子
会ひ別れ霙の闇の跫音追ふ 佐藤鬼房
傘の柄の雨や霙となりにけり 石塚友二 磊[カイ]集
初霙大きい顔に授けられ 飯島晴子
半分はみぞれて行くや唐子山 正岡子規 霙
原稿を更けて書き畢ふみぞれ雪 山口誓子
吹きまはす浦風に霰霙かな 河東碧梧桐
坂東の霙の水が顔流る 三橋敏雄
夕霙みんな焦土をかへるなり 下村槐太 光背
夕霙みんな焦土を帰るなり 下村槐太 天涯
夜に入れば笹に霙るゝ音ばかり 上村占魚 鮎
大原のみぞれの夜も常の笑み 飯田龍太
大和美しみぞれ耕馬を眼にせずば 橋本多佳子
大船の階子をあげる霙かな 正岡子規 霙
如何にして拝めば止みし霙かな 永田耕衣 人生
妻と行く霙店には鯛二つ 香西照雄
宝塔に檜の風のみぞれかな 河東碧梧桐
富士の空はみぞれてやまず夜もすがら 村山故郷
寝ねて不良の肩のやさしく牢霙る 秋元不死男
山下りて雪は霙と變りけり 正岡子規 霙
山茶花にあるは霙の降る日かな 河東碧梧桐
山鳩も噂も遠くみぞれけり 三橋鷹女
島を刷く時雨がみぞれ日の出前 佐藤鬼房
帰るとき霙山人赤犬たち 金子兜太
志野ならめ霙の街にひそめるは 相生垣瓜人 微茫集
旅絵師に会ひしむかしのみぞれ雪 佐藤鬼房
昨夜寄りし店まだ覚めず朝霙 岡本眸
朝みぞれ夕みぞれとてさやぐ木よ 細谷源二 砂金帯
松の内海日に荒れて霙れけり 杉田久女
棕梠の葉にばさりばさりとみぞれけり 正岡子規 霙
棕櫚の葉のばさりばさりとみぞれけり 正岡子規 霙
樫の木に雀の這入る霙かな 村上鬼城
毛蟹むしることに一途や夕霙 鈴木真砂女 夏帯
沢蟹を伏せたる籠もみぞれゐる 飯田龍太
涸れ沼の泥にみぞるゝ夕かな 正岡子規 霙
渋民去る雨から霙さらに雪 上田五千石『田園』補遺
湯屋いづるとき傘のみぞれかな 飯田蛇笏 山廬集
湯屋出づるとき傘のみぞれかな 飯田蛇笏 霊芝
焼ものは霙るゝ街に漁るもの 相生垣瓜人 微茫集
焼子酔ひ馬車ひきが酔ひ霙ふる 佐藤鬼房
煮くづれし蕪を小鉢にみぞれけり 草間時彦
燈の数の町をなさざる夕霙 岡本眸
片町や霙捨てつゝ雲とほる 飴山實
牛の舌厚く鮮し霙降る 草間時彦 中年
獺の橋杭つたふミぞれ哉 正岡子規 霙
生徒等もわれもひもじ硝子を霙うつ 篠原梵 年々去来の花 皿
画餅われ索(さく)霙(みだれ)をば満喫す 永田耕衣
番子唄かへりみる扉の霙かな 角川源義
疲れてはほとほと蒼き夕霙 能村登四郎
病む今日の終り戸を打つみぞれ雪 佐藤鬼房
穢の溝を惜しくも祓う霙かな 永田耕衣 人生
筆とらず読まず机に霙きく 上村占魚 鮎
紅梅に霙のかゝる余寒かな 正岡子規 余寒
羽摶つごと霙へ一歩まぎれけり 藤田湘子
蟹提げて人霙れ来る三國かな 松本たかし
街それて傘のみぞれの重くなる 大野林火 早桃 太白集
谿ふかく篁あふつ霙かな 加藤秋邨
門に積む菜に降り溜まる霙かな 松本たかし
門前の霙に来たり郵便夫 日野草城
雛の眼の黒きことみぞれ深まりぬ 渡邊水巴 富士
雨のみか霙も連れて来りけり 加藤秋邨
雪がみぞれとなり思ひうかべてゐる顔 種田山頭火 自画像 落穂集
霙うつ夜見の砂丘の汽笛かな 加藤秋邨
霙にもならで師走の大雨かな 正岡子規 師走
霙にもなりぬべらなり宵の雨 正岡子規 霙
霙ふるまたよからずや珈琲喫む 山口青邨
霙ふる裏山かけて竹ばやし 上村占魚 鮎
霙めく夜道そこ駈け乞食酒 石塚友二 光塵
霙るるに供華売るそこは船着場 木村蕪城 寒泉
霙るるや三月十日幾昔 石塚友二 玉縄以後
霙るるや小蟹の味のこまかさに 松本たかし
霙るるや燈華やかなればなほ 臼田亜郎 定本亜浪句集
霙るるや芦ひらひらと波来り 大野林火 冬青集 雨夜抄
霙るるや襖の文字の古俳諧 山口青邨
霙るる前大根引の終りけり 松村蒼石 雁
霙るる底港づくりに田が廃る 木村蕪城 寒泉
霙るゝや子をかばひゆく軒づたひ 星野立子
霙れつつ終漁の宴唄ひづむ 佐藤鬼房
霙れつつ鯛焼の火を落しをり 水原秋櫻子 餘生
霙れるそのうなぢヘメスを刺させい 中川一碧樓
霙打つ暗き海より獲れし蟹 松本たかし
霙来て思ひ出ふたつつながりぬ 加藤秋邨
霙来る形身のいろの夜空より 飯田龍太
霙空やゝに明るし輸血あと 相馬遷子 山河
霙酢といふ酢加減も夏の果 後藤比奈夫
霙降る足裏のみが扉に吸われ 佐藤鬼房
露人の歌みぞれは雪に変りつつ 西東三鬼
駅裏の山いつまでも霙降る 飯田龍太
鴎啼き日日の霙に濡るる町 松本たかし

霙 続補遺

いぬころの眼をあぶながるみぞれ哉 寥松
かれの塚もてなせけふのあさ霙 曽良
さら~と烹よや霙の小豆粥 田川鳳朗
しみ~と子は肌へつくみぞれ哉 秋色
はつゆきやみぞれで仕廻笹の音 木因
ふくろふの腹立なほる霙かな 寥松
ふれみぞれ柊の花の七日市 其角
べむ~と串海鼠もにへず霙哉 史邦
みぞれつらし鍋さげて行道ながら 鈴木道彦
みぞれてもしら~つもる穂垣哉 加舎白雄
みぞれとは時雨に花の咲た時 支考
みぞれにはさせる句もなし山の坊 松窓乙二
みぞれにも身はかまへたり池の鷺 其角
みぞれふる庭の間や友雀 昌房
みぞれ降る音や朝飯の出来る迄 臥高
もう仕廻へ朝水汲の一みぞれ 千川
やかましきあるじは聞ぬ霙かな 尚白
ゆで汁のけぶる垣根やみぞれふる 小林一茶
傘さしてやるや鰒さく夕霙 田川鳳朗
傘持た指のほどけぬみぞれ哉 三宅嘯山
口おしくみぞれにぬるゝ女馬かな 加舎白雄
句撰やみぞれ降よのみぞれ酒 丈草
墓の肌さぞ此ごろの雪みぞれ 牧童
大根の髭むしる夜はみぞれかな 風国
川越のふどしをしぼるみぞれ哉 毛〔ガン〕
日のさして雨になり行霙哉 三宅嘯山
暮にけり霙降日の物いらち 三宅嘯山
東むく霙や寒しはなれ鷹 乙訓
松杉にすくひあげたるみぞれ哉 去来
此笠はいくつのとしの雪みぞれ 木節
水風呂の夜になる初のみぞれかな 浪化
淋しさの底ぬけてふるみぞれかな 丈草
淋しさの底ぬけて降るみぞれかな 内藤丈草
潮ぐもりみぞれの色を潟の雪 加舎白雄
灯かゝげてみぞれに凄き局かな 三宅嘯山
節米やみぞれ拍子に笹の音 洒堂
米搗の灯を消す比や雪みぞれ 土芳
荒神の松も買れぬみぞれかな 松窓乙二
莚戸やみぞれ一時人こもる 加舎白雄
菜にそゝぐこゝろもある歟朝みぞれ 鈴木道彦
袖褄に付て離れぬみぞれかな 三宅嘯山
誓文は霙と解つ年忘 亀洞
足どりも乗馬の果や雪みぞれ 史邦
酒の名のみぞれは宵の寒さ哉 沙明
重々しみぞれの中の鳥の声 三宅嘯山
長尻の客もたゝれしみぞれ哉 史邦
門口をさぐり当たるみぞれ哉 凉菟
雨に散る花やみぞれにかへるかと 杉風
霙して海老吹寄る汀かな 黒柳召波
霙降宿のしまりや簑の夜着 丈草
霙降日や魚棚の海老の色 臥高
頭巾くれし妹がりゆく夜霙ふる 高井几董
鰤ばかり霙にそばへたる重し 挙白
鴬は雨にして鳴みぞれ哉 桃隣

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 04:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング