<   2017年 01月 ( 212 )   > この月の画像一覧

冬の雨 の俳句

冬の雨 の俳句

冬の雨

例句を挙げる。

あさましく柚子落ちてあり冬の雨 原石鼎
いつまでも下る千生瓢冬の雨 青邨
さまざまの夢の続きに冬の雨 嶋田麻紀
しづけさの音となりゆく冬の雨 鈴木 元
たまさかに据風呂焚くや冬の雨 夏目漱石 明治三十二年
つきあたり寺の土塀や冬の雨 京極杞陽
にはとりの鶏冠しづくや冬の雨 石田郷子
ぶつつかる風の断片冬の雨 塙告冬
われが住む下より棺冬の雨 山口青邨(1892-1988)
フラミンゴ苺クリーム冬の雨 小堤香珠
三越で番傘買ひぬ冬の雨 大場白水郎 散木集
両国に古りし下駄屋や冬の雨 一透
久方の銀座で遇ひぬ冬の雨 石川文子
今やらぬ浄瑠璃読むや冬の雨 小杉余子 余子句選
仮植ゑの庭木ぬらすや冬の雨 大場白水郎 散木集
伐株の桑に菌や冬の雨 西山泊雲 泊雲句集
俥屋の使いはしりや冬の雨 星野立子
傘ささぬ子の現れし冬の雨 波多野爽波 鋪道の花
傘鳴らす冬の雨わたしも帰ってゆく 金子弘子
元号のふわりと替る冬の雨 寺井谷子
冬の雨お神楽あがりゐたりけり 田村木国
冬の雨こはるるものは毀つべし 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬の雨さぶしからめと人の言ふ 細見綾子 花寂び
冬の雨しぐれのあとを継夜哉 召波
冬の雨なほ母たのむ夢に覚め 中村汀女
冬の雨ぬれ深むいささかの草々 室生犀星 犀星発句集
冬の雨ひねもす暗き小家かな 星野麦人
冬の雨ぼたんの土を濡らすなり 鈴木しげを
冬の雨まなぢりながく灯に坐る 藤木清子
冬の雨やんでゐしまた降るならむ 波多野爽波 鋪道の花
冬の雨わたくしはまだ全裸です 小川双々子
冬の雨コオモリの軸夜を光る 大井雅人 龍岡村
冬の雨パンつけて傘返しけり 室生犀星 犀星発句集
冬の雨メトロの駅を出でにけり 栃木絵津子
冬の雨夕あかるみて止みにける 綾子
冬の雨如来の闇に近づきぬ 高須ちゑ
冬の雨嫁がぬひとの眉こゆし 藤木清子
冬の雨山毛欅一幹にいさぎよし 倉橋羊村
冬の雨岳寂光に雪降れり 沢木欣一
冬の雨崎のかたちの中に降る 篠原梵 雨
冬の雨嶽寂光に雪降れり 沢木欣一 雪白
冬の雨柚の木の刺の雫かな 蕪村
冬の雨椅子ひとつ神を喚びてをり 平井照敏 天上大風
冬の雨檜葉垣に見え初めにけり 良太
冬の雨滲みて届く喪のはがき 佐藤のぶ女
冬の雨田の刈株にくろく降る 川島彷徨子 榛の木
冬の雨田の面を青くしたりけり 圭史
冬の雨癒えし寝息にさそわれ寝る 古沢太穂 古沢太穂句集
冬の雨看護婦の話きいてゐる 藤木清子
冬の雨石を濡らせり情柔はく 松村蒼石 雪
冬の雨磐梯みせずふりにけり 久保田万太郎 草の丈
冬の雨花屋の全身呼吸かな 津田このみ
冬の雨越後鍛冶町銹色に 草村素子
冬の雨飼ふうろくづの玻璃くもる 柳芽
冬の雨鳥居をくぐると道曲り 新谷ひろし
勉強は一つ机や冬の雨 永井龍男
口開けて笑う羅漢に冬の雨 宇咲冬男
呼込んで豆腐買ひ居る冬の雨 温亭句集 篠原温亭
図書館にいてもいいけど冬の雨 高澤晶子 純愛
土に帰る藁の匂ひの冬の雨 影島智子
地釜より泡盛かほる冬の雨 飴山實 辛酉小雪
垣よりに若き小草や冬の雨 炭 太祇 太祇句選
垣越しの一中節や冬の雨 荷風
大輪のばら散りやすし冬の雨 西野まさよし
夫の燈妻の燈いろを頒てる冬の雨 柴田白葉女 雨 月
奴隷小屋ありし大地に冬の雨 仙田洋子 雲は王冠
妻が添ふ厠通ひや冬の雨 吉武月二郎句集
宵の間や羽織わするゝ冬の雨 能一
宵やみのすぐれて暗し冬の雨 太祇
帰る人泊つ人冬の雨の駅 稲畑汀子
思ひ来し湖北の灯なし冬の雨 五十嵐播水
惜みても余りある死や冬の雨 安原葉
戸一枚だけの灯もらす冬の雨 田中午次郎
戸締まりをすれば静かや冬の雨 高島 みどり
手入れ後の庭よそよそし冬の雨 佐藤啓子
持蓮華を片付けてをる冬の雨 山西雅子
捨犬の首輪の跡や冬の雨 松添博子
掃除しに上る二階や冬の雨 波多野爽波 鋪道の花
明かき方向いて髪結ふ冬の雨 温亭
末黄ばむ竹屋の竹や冬の雨 宵曲
来し人に手紙たのむや冬の雨 五十嵐播水 埠頭
枯木透いて屋根段々や冬の雨 阿部みどり女 笹鳴
染糸を炉上にほすや冬の雨 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
欅高し根笹を濡らす冬の雨 渡邊水巴 富士
武蔵野を横に降る也冬の雨 夏目漱石 明治二十九年
水漬きつゝ木賊は青し冬の雨 汀女
水音の野中にくれて冬の雨 支朗
永遠の待合室や冬の雨 高野ムツオ
油絵のたゞ青きのみ冬の雨 山口青邨
灰色の午後風そひぬ冬の雨 高木晴子
炭切りの跡は掃かれて冬の雨 永井龍男
煙突の煙棒のごと冬の雨 高浜虚子
煤たてて明治のらんぷ冬の雨 仙蓼
燭の焔は立ち蕭々と冬の雨 山口青邨
申訳なき忘れごと冬の雨 市川東子房
異国にて相寄る心冬の雨 村木記代
白樺のあれば明るく冬の雨 金箱戈止夫
真暗な海を見てゐる冬の雨 塚田正子
砂丘越え来て冬の雨路に降る 木村蕪城 寒泉
砂山のくまなく濡れぬ冬の雨 細川加賀 生身魂
磯馴松の実を青くしぬ冬の雨 長谷川かな女 花寂び
空の鳥籠篠つく冬の雨となる 成田千空 地霊
簑ぬいで温泉に入る人や冬の雨 楠目橙黄子 橙圃
紡績の笛が鳴るなり冬の雨 夏目漱石 明治二十九年
聳え立つ燈台冬の雨寄せず 金子麒麟草
荷もなうて柳やかろき冬の雨 亀世
葬列に駅長帽も冬の雨 亀井糸游
蓙帽子に子の名大きく冬の雨 佐野良太 樫
藁ぬれて山茶花残る冬の雨 室生犀星 魚眠洞發句集
藪の中暗くなりつゝ冬の雨 高濱年尾 年尾句集
蘭の香やここはどこの冬の雨 澁谷道
言ひつのる顔に鼻あり冬の雨 行方克巳
野菜庫ヘコックの傘や冬の雨 楠目橙黄子 橙圃
金沢に来て菓子買ふや冬の雨 細見綾子 天然の風
降りてきし地階も冬の雨感ず 秩父
霄やみのすぐれてくらし冬の雨 炭 太祇 太祇句選後篇
面白し雪にやならん冬の雨 芭蕪
音やみていまだも降れり冬の雨 日野草城
風のよな籾磨る音や冬の雨 菅原師竹句集
黒松に冬の雨ふる仁王門 柴田白葉女 花寂び 以後
冬雨が早める日暮「逃げる」なよ 鈴木六林男 第三突堤
冬雨に濡れし耳拭く拭きやめられず 川口重美
冬雨に濡れて歩くや孕み妻 吉武月二郎句集
冬雨に炬燵櫓をはたくかな 室生犀星 犀星発句集
冬雨の一と日一と日を息抜かず 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ 種田山頭火 草木塔
冬雨やうらなふことを好むさが 鈴木しづ子
冬雨や恋を包める黄八丈 長谷川かな女 花寂び
冬雨や道にさばしる*鞴の火 梅史
冬雨をふるうまで浴びし八つ手葉の陽がさせば境涯のごとくしずもる 浜田陽子
子なき友いま冬雨の紐ながし 龍太
屍の虫に冬雨の視線干す 蓬田紀枝子
湯の町や冬雨あがる宵の靄 西島麦南 人音
冬雨といふ物音の今四辺 高澤良一 石鏡
冬の雨明け方一度降ったきり 高澤良一 石鏡

冬の雨 補遺

あさましく柚子落ちてあり冬の雨 原石鼎 花影
いちぢくのすがれたる実に冬の雨 山口青邨
いつまでも下る千生瓢(せんなり)冬の雨 山口青邨
いろいろの時雨は過ぎて冬の雨 正岡子規 冬の雨
さむ~と濡れし甍や冬の雨 日野草城
ならべおく朱欒檸檬外は冬の雨 山口青邨
われが住む下より棺冬の雨 山口青邨
一トまはりする勝鬘の冬の雨 右城暮石 句集外 昭和八年
一日の海あらしめず冬の雨 右城暮石 句集外 昭和二十三年
亡き戦友の大津綿織冬の雨 松崎鉄之介
傘ささぬ子の現れし冬の雨 波多野爽波 鋪道の花
傘に冬雨強き城の下 飯田龍太
八窓無窓いづれに座すも冬の雨 大野林火 方円集 昭和四十九年
冬の雨あはれ帽子の羽は雉子 山口青邨
冬の雨うしろを見ても冬の雨 橋閒石 雪
冬の雨さぶしからめと人の言ふ 細見綾子 桃は八重
冬の雨しろがね葭に降るばかり 雨滴集 星野麥丘人
冬の雨なほ母たのむ夢に覚め 中村汀女
冬の雨やむけしき見せ美しき 星野立子
冬の雨やんでゐしまた降るならむ 波多野爽波 鋪道の花
冬の雨伏せられて屋根つづきおり 飴山實 おりいぶ
冬の雨夕あかるみて止みにける 細見綾子
冬の雨屋上苑にしみとほる 右城暮石 句集外 昭和六十三年
冬の雨崎のかたちの中に降る 篠原梵 年々去来の花 雨
冬の雨心の中に降るものあり 細見綾子 牡丹
冬の雨椅子ひとつ神を喚びてをり 平井照敏 天上大風
冬の雨癒えし寝息にさそわれ寝る 古沢太穂 古沢太穂句集
冬の雨石を濡らせり情柔はく 松村蒼石 雪
冬の雨移民の肩に浮標に降る 伊丹三樹彦
冬の雨米つきの裸あはれなり 正岡子規 冬の雨
冬の雨聖書に赤い栞して 星野麥丘人 2003年
冬の雨軒に来てゐる旅寝かな 鈴木真砂女 都鳥
冬雨に五位鷺の肩ふてぶてし 飯島晴子
冬雨のはげしさ何をもたらすや 飯田龍太
冬雨のやどり木又しても仰ぐ 飯島晴子
冬雨の小鳥木の瘤出て鳴けり 飯田龍太
冬雨の石階をのぼるサンタマリヤ 種田山頭火 草木塔
冬雨の祷りて叶ひし岩洗ふ 中村草田男
冬雨や万竿青き竹の庵 村上鬼城
冬雨や襖に映る佛の灯 中村汀女
古き土と思はざらめや冬の雨(唐招提寺) 細見綾子
古濠やだらりだらりと冬の雨 正岡子規 冬の雨
古濠やぢやらりぢやらりと冬の雨 正岡子規 冬の雨
地下街を出て雨降れり冬の雨 右城暮石 句集外 昭和二十三年
地釜より泡盛かほる冬の雨 飴山實 辛酉小雪
塵芥箱に仏花はみ出す冬の雨 岡本眸
大木の表ぬれけり冬の雨 村上鬼城
大正の館を濡らす冬の雨 桂信子「草影」以後
奈良ホテル深く灯ともり冬の雨 鷲谷七菜子 一盞
子なき友いま冬雨の紐ながし 飯田龍太
店の灯にさめざめと降る冬の雨 山口青邨
廢朝や馬も通らず寒の雨 正岡子規 冬の雨
手違ひの多くて暮るる冬の雨 松本たかし
披露宴待つ冬雨の水輪かな 廣瀬直人
掃除しに上る二階や冬の雨 波多野爽波 鋪道の花
握りゐし硬貨の温み冬の雨 橋閒石 雪
日本の学校よ冬雨にぬれ 細見綾子
時雨とも冬の雨とも善光寺 星野麥丘人
更闌けてしみゝに降るや冬の雨 日野草城
杉苔の寒き緑や冬の雨 日野草城
枯木みな鳶をとまらせ冬の雨 山口青邨
欅高し根笹を濡らす冬の雨 渡邊水巴 富士
気付かずに祷りてゐたり冬の雨 平井照敏
水漬きつつ木賊は青し冬の雨 中村汀女
油絵のただ青きのみ冬の雨 山口青邨
流涕のわが顔さらす冬の雨 山口青邨
海埋められ貝殻冬の雨溜めて 松崎鉄之介
湯の町や冬雨あがる宵の靄 西島麦南 人音
濡れ帰る我も人の子冬の雨 高田風人子
燭の焔は立ち蕭々と冬の雨 山口青邨
犀星碑の両袖ぬらす冬の雨(金沢にて) 細見綾子
猶(いう)と豫(よ)の獣が見える冬の雨 佐藤鬼房
甕の芹影さざめかし冬の雨 山口青邨
生垣の杉錆びはてぬ冬の雨 日野草城
白鷺の田に下り揃ふ冬の雨 村山故郷
真鋼なす白光冬の雨にあり 大野林火 早桃 太白集
砂丘越え来て冬の雨路に降る 木村蕪城 寒泉
立ち枯るるものに玉露冬の雨 山口青邨
笠ケ岳わが窓にして冬の雨 山口青邨
米つきの裸あはれや冬の雨 正岡子規 冬の雨
紅粉花の苗二葉四葉と冬の雨 山口青邨
聲氷る庭の小鳥や寒の雨 正岡子規 冬の雨
芹生ふる甕いま冬の雨そそぐ 山口青邨
蜂の巣の彩おもしろし冬の雨 山口青邨
角灯を柱に高く冬の雨 山口青邨
解除地この広さ何うつ冬の雨 古沢太穂 火雲
近づいて冬雨ひびく山の家 飯田龍太
都府楼趾淋しき冬の雨が降る 星野立子
酔へばいろ~の声が聞こえる冬雨 種田山頭火 自画像 落穂集
金沢に来て菓子買ふや冬の雨 細見綾子
鉄に冬雨いくたび 一つの金に来し 古沢太穂 三十代
鋸のにぶき響や冬の雨 日野草城
青桐の幹を流涕冬の雨 富安風生
音やみていまだも降れり冬の雨 日野草城
音痴にも第九は沁みる冬の雨 佐藤鬼房
餅を焼く手順の香らし冬の雨 永田耕衣
鰡釣の紺の合羽や冬の雨 山口青邨
鰡釣舟漕ぎ現れぬ冬の雨 山口青邨
鶏頭の紅の襤褸に冬の雨 山口青邨

冬の雨 続補遺

うづみ火も冬の雨夜の蛍かな 鼠弾
冬の雨いろ~のものをしづめ降る 寥松
冬の雨しぐれのあとを継夜哉 黒柳召波
刈人もなき伏芦に冬の雨 鈴木道彦
啄木鳥柱につくや冬の雨 五明
垣よりに若き小草や冬の雨 炭太祇
寝入ずに友待夜半や冬の雨 りん女
小鳥飛野合のむらや冬の雨 長翠
相傘に虎渓の友や冬の雨 野坡
耳の底に水鶏鳴也冬の雨 露川
荷もなうて柳やかろき冬の雨 亀世
赤松の幹のぬれけり冬の雨 寥松
霄やみのすぐれてくらし冬の雨 炭太祇

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 04:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

フレーム の俳句

フレーム の俳句

フレーム

例句を挙げる。

フレームに入りて囁き通しなり 宮坂静生 春の鹿
フレームに机椅子あり農学部 大橋純子
フレームに色を零してゐる苺 山田弘子 螢川
フレームに苗のみどりのこもりはじむ 川本臥風
フレームに蘭を育てて彫金師 水野征男
フレームに音楽欲しと思ひけり 岩崎照子
フレームのため息のごと曇りをり 前田野生子
フレームの一歩の花の香に噎せる 河野美奇
フレームの中小さき鉢大きな芽 今井千鶴子
フレームの光の先の波頭 藤永誠一
フレームの小さき花の匂ひけり 小路紫峡
フレームの花のくれなゐしづかにも 清原枴童
フレームの蜂の遊べる紅き花 寺岡捷子
フレームや万の蕾の紅兆し 山崎ひさを
フレームや黒潮の玻璃めぐらすか 加藤三七子
フレームをはみ出してゐる蕾かな 星野椿
フレームを出て来し鉢を飾る窓 稲畑汀子
夜をこめて保美のフレーム輝けり 恩智景子
白鳥を見てフレームに立寄れり 中戸川朝人 残心
空青しフレームの玻璃したたりて 金子麒麟草
うぶ毛ありて温室の花呼吸しぬ 長谷川かな女 雨 月
さかしらな*たらの芽にして温室育ち ふけとしこ 鎌の刃
ゲリラのために温室の肋骨覆ひを脱り 竹中宏 句集未収録
ゴムホースうねりて次の温室ヘ 森田峠
チューリップ青天へ温室の窓ひらく 黒木 野雨
メロン守昼の休を温室にゐず 田村了咲
傷兵の食膳にふれ温室の花 横山白虹
光点は大温室や岬晴 櫛原希伊子
初空のひかり盈ちつゝ温室のみち 飯田蛇笏 霊芝
壺の花温室恋ふと見ゆ夜半の冬 林原耒井 蜩
夜の温室のうるむ光や冬苺 広沢道代
大温室全開バナナに風入れて 高澤良一 ぱらりとせ
大甕が立つ温室の中の土 平畑静塔
妄想の湧くに任せて温室内 右城暮石 上下
宴席へ運ぶ温室花や芝落花 楠目橙黄子 橙圃
寒明くる繊月温室にあふがれぬ 西島麦南 人音
形見ともなく手入れせし温室の蘭 稲畑汀子 汀子第二句集
晩稲台風来るか温室村低く 平井さち子 鷹日和
水遣って客間に運ぶ温室の蘭 稲畑汀子
注射針憎し温室花眼に沁みる 柴田白葉女 遠い橋
海光に千鳥鳴きつぐ温室の前 岡本まち子
海近しサロメは赤き温室の蘭 野見山朱鳥
温室せまし洋蘭玻璃にふれ咲きて 田中 七草
温室にトマト熟れたる朧かな 岸本尚毅 舜
温室に写生学生入り浸る 右城暮石 上下
温室に掻きて妖しき冬の汗 大屋達治 龍宮
温室に時が許せばなほゐたし 山口波津女
温室に檄文貼られ農学部 山本 源
温室に水したたるや猫の恋 日原傳
温室に置く事務机事務用品 右城暮石 声と声
温室に飼はるる鯉やはたた神 中村まゆみ
温室ぬくし女王の如きアマリリス 杉田久女
温室のうつぼかづらは虫を得ず 山本歩禅
温室のくもる玻璃越し香具師の動作 右城暮石 声と声
温室のまはり遅日の子等あそぶ 長谷川かな女 雨 月
温室のもの運び出す大日覆 後藤夜半 底紅
温室のメロンに灯す晴夜かな 飯田蛇笏 霊芝
温室の世話も結局主婦の用 稲畑汀子
温室の中にひゞかせ釘を打つ 右城暮石 上下
温室の中に蜂の巣あるらしく 山田静雄
温室の中の温室食虫花 保尾胖子
温室の内外暗き夜になる 右城暮石 声と声
温室の内翳らせて低空機 右城暮石 上下
温室の天暗くして芭蕉の葉 清嶋静恵
温室の戸にすさまじき夜露かな 雉子郎句集 石島雉子郎
温室の灯るうしろの黄泉の国 有馬朗人 耳順
温室の花を照らすや冬の月 広江八重桜
温室の花仰臥のほかの日は知らず 柏木真紀女
温室の花病室賑やかなるがよし 相馬遷子 山河
温室の花粉に窓の曇りたる 近澤 杉車
温室の花色失ひて来る痛み 朝倉和江
温室の花買ひぬ信濃の深雪中 及川貞 夕焼
温室の花食ふことなくば如何によき 相馬遷子 山河
温室の葡萄の放恣われ愛す 川島彷徨子 榛の木
温室の蕾ふくらむガラス越し 竹内鈴子
温室の行き詰りなほ別室あり 右城暮石 上下
温室は蘭ばかりやがて雪消えん 橋石 和栲
温室べなる水の凍光苣枯るゝ 飯田蛇笏 霊芝
温室や紫広葉紅広葉 歌原蒼苔
温室をかこむキャベツの畠かな 篠原鳳作
温室を出でて椿が正面に 岸本尚毅 鶏頭
温室を出る夕景のフオークソング 穴井太 土語
温室一歩曇る眼鏡に蘭百種 大津希水
温室仕事冬日二つを戴きつ 羽部洞然
温室出でて緑雨浴びたき旅人木 大島民郎
温室呆けするほどに入り浸りたし 右城暮石 上下
温室咲きのフリージヤに埋め奉り 竹下しづの女 [はやて]
温室咲を卓上に人の世に貧富 石塚友二 方寸虚実
温室村海に日迎へ海に送る 大野林火
温室耀りて産土神つつむ苺村 大熊輝一 土の香
温室花を摘む温室花に身を沈め 森岡花雷
温室越しに初日蕾の赤殖やす 大熊輝一 土の香
温床の紙りんりんと風の村 北 光星
湯の赤子出すごと温室の花抱く 大熊輝一 土の香
潮風や輪飾ゆらぐ温室の口 新井英子
白魚や温室つくりの胡瓜の花と 田中冬二 俳句拾遺
百合讃ふ温室の百合みな聴けり 橋本美代子
皇太子蘭の温室(むろ)出し酔ひごころ 筑紫磐井 婆伽梵
空見つつ温室の塵身にまとふ 原裕 葦牙
羽音もたぬ蝶の音階 満つ 温室 伊丹公子 アーギライト
花さはに温室より届く成人祭 塩谷はつ枝
花室や戸口に二つ上草履 岡本松濱
花温室がはじく海光粉なす蝶 林翔 和紙
花温室に漁具ものめきて寒の内 飯田蛇笏 霊芝
花温室に聖日懶情なるにもあらず 飯田蛇笏 霊芝
花温室のつづれる丘にエリカ咲く 広沢 道代
花温室の年立つ雨もふりやみぬ 飯田蛇笏 霊芝
花満ちて花温室くもるあらせいとう 伊丹さち子
蘭の香の温室にまはりて年賀かな 大熊輝一 土の香
足しげく訪ふ花温室やシクラメン 遠藤 はつ
軽く病み衣ずれ添へり温室の花 鍵和田[ゆう]子 未来図
郭公や温室より移すレタス苗 久田 澄子
重陽や温室の七棟灯ともりて 加藤 草杖
雪解けて大温室は水の音 長谷川櫂 蓬莱
霜柱の針の山中蘭の温室 殿村莵絲子 花寂び 以後
鞦韆やみなひらきある温室の窓 大橋櫻坡子 雨月


フレーム 補遺

うす靄の日に温室の娘は働けり 飯田蛇笏 山響集
アネモネや伊豆の安良里の温室そだち 水原秋櫻子 蘆雁
ウインドに雪ほたほたと温室苺 大野林火 早桃 太白集
カーネーション入江も温室も春深し 水原秋櫻子 蘆雁
サボテン咲きフレームは沙漠梅雨上る 山口青邨
パパイアの雄花いづれぞ温室の中 杉田久女
フレームの其処南洋に在るごとし 阿波野青畝
フレームの四壁音立て雪雫 右城暮石 句集外 昭和五十九年
フレームの外の日溜冬すみれ 山口青邨
フレームはあまりに暑し異花珍種 阿波野青畝
フレームは白枠葡萄青籠る 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
何か苗育つフレーム霰ふる 山口青邨
冬苑の温室より上のあはれなし 山口誓子
初空のひかり盈ちつゝ温室のみち 飯田蛇笏 霊芝
別れ霜温室花月の光りさす 飯田蛇笏 山響集
喪主の娘に花期の近づく温床胡瓜 飯田龍太
地下の花舗温室の白百合路にあふれ 橋本多佳子
外の音断つ温室の中がよし 右城暮石 句集外 昭和四十四年
夜の雪フレームに花覚めつづけ 大野林火 雪華 昭和三十七年
妄想の湧くに任せて温室内 右城暮石 上下
媾曳に適せず温室すぐに去る 右城暮石 句集外 昭和三十六年
寒明くる繊月温室にあふがれぬ 西島麦南 人音
形見ともなく手入れせし温室の蘭 稲畑汀子
早春の霜温室の外トの草 右城暮石 句集外 昭和十三年
星青き夜を温室のメロン熟る 橋閒石 雪
暈をきて温室村の春の月 清崎敏郎
暾あまねし温室を出て寄る藁焚火 飯田蛇笏 山響集
月夜にも引く温室の白カーテン 平畑静塔
杜国らの低声過ぎて温室灯る 上田五千石『琥珀』補遺
枯園や遠目の温室のあをあをと 日野草城
柳萌え温室の花より淡かりき 飯田蛇笏 白嶽
椅子が欲し温室を行き戻りして 右城暮石 虻峠
海いづる日もくれなゐや温室苺 水原秋櫻子 緑雲
海近しサロメは赤き温室の蘭 野見山朱鳥 幻日
温室いでて強東風待てり遊蝶花 水原秋櫻子 殉教
温室とぢて天禮幽に霜冴ゆる 飯田蛇笏 白嶽
温室にながらへて枯蟷螂 鷹羽狩行
温室にビニール張りし苺畑 山口誓子
温室に入る交渉をみんな待つ 右城暮石 句集外 昭和二十四年
温室に写生学生入り浸る 右城暮石 上下
温室に名の佗助の半開き 平畑静塔
温室に咲き佗助のわびしがる 平畑静塔
温室に安楽の名の大しやぼてん 平畑静塔
温室に無料入室の雑役婦 右城暮石 句集外 昭和三十五年
温室に置く事務机事務用品 右城暮石 声と声
温室に見て高温の雲の峯 鷹羽狩行
温室ぬくし女王の如きアマリリス 杉田久女
温室のくもる玻璃越し香具師の動作 右城暮石 声と声
温室のもの運び出す大日覆 後藤夜半 底紅
温室のパパヤ雄花の花盛り 高野素十
温室のメロンに灯す晴夜かな 飯田蛇笏 霊芝
温室の一本通路引き返す 右城暮石 句集外 昭和三十九年
温室の中にひゞかせ釘を打つ 右城暮石 上下
温室の内外暗き夜になる 右城暮石 声と声
温室の内翳らせて低空機 右城暮石 上下
温室の基調としての緑色 後藤比奈夫
温室の廃れに堪へず秋晴へ 山口誓子
温室の廃れ囲みて下萌ゆる 鷹羽狩行
温室の戸を緑のぞくよ深雪晴 大野林火 雪華 昭和三十七年
温室の机上しがなく用ひらる 平畑静塔
温室の水滴水を打つ音す 右城暮石 句集外 昭和四十年
温室の滴り緑したたれり 右城暮石 句集外 昭和四十九年
温室の熱帯樹身を屈め行く 右城暮石 天水
温室の畝に叢生カーネーション 平畑静塔
温室の筏かづらの落花踏む 高野素十
温室の花さかなでに懐中灯 鷹羽狩行
温室の花のごとくに春電車 平井照敏
温室の花天井はガラス張り 平畑静塔
温室の花守ひげそりて顔まどか 平畑静塔
温室の花病室賑やかなるがよし 相馬遷子 山河
温室の花買ひぬ信濃の深雪中 及川貞 夕焼
温室の花食ふことなくば如何によき 相馬遷子 山河
温室の茄子まことに美しき 高野素十
温室の蘭雪景の不二を聳えしむ 加藤秋邨
温室の行き詰りなほ別室あり 右城暮石 上下
温室の門藁胴の蘇鉄立つ 平畑静塔
温室はメロンを作る夏の雨 山口青邨
温室は蘭ばかりやがて雪消えん 橋閒石 和栲
温室へ出入り二日またぎの深雪晴 大野林火 雪華 昭和三十七年
温室べなる水の凍光苣枯るゝ 飯田蛇笏 霊芝
温室を隠れ場所とす高校生 右城暮石 句集外 昭和四十四年
温室を高校生男女足早に 右城暮石 句集外 昭和三十三年
温室内枯蔓枯葉一つなし 右城暮石 句集外 昭和三十五年
温室呆けするほどに入り浸りたし 右城暮石 上下
温室咲きの花荷見せ合ひ見せ合ひ行く 右城暮石 句集外 昭和三十三年
温室咲にゆづりし日向とりもどす 水原秋櫻子 緑雲
温室咲を卓上に人の世に貧富 石塚友二 方寸虚実
温室村晴るれば波の青しぶき 大野林火 飛花集 昭和四十八年
温室村海に日迎へ海に送る 大野林火 雪華 昭和三十四年
温室灯りゐて古年の闇深き 飯田蛇笏 山響集
温室訪ふやゴムの日向をたのしみに 杉田久女
温室訪へばゴムは芽ほどき嫩葉照り 杉田久女
白足袋をはき温室の花に遇ふ 平畑静塔
目なしサボテン温室に伸び放題 津田清子
空見つつ温室の塵身にまとふ 原裕 葦牙
紅粉花の苗育つフレーム春の雪 山口青邨
老犬の目のさめやすく温室の花 鷹羽狩行
色眼鏡にて温室の色を消す 平畑静塔
花よりも温室守に日の刺戟 平畑静塔
花卉温室あをぞら融けて霑へり 大野林火 雪華 昭和三十八年
花温室がはじく海光粉なす蝶 林翔 和紙
花温室に漁具ものめきて寒の内 飯田蛇笏 霊芝
花温室に聖日懶情なるにもあらず 飯田蛇笏 霊芝
花温室の如し机辺に薔薇カトレア 水原秋櫻子 緑雲
花温室の年立つ雨もふりやみぬ 飯田蛇笏 霊芝
花温室の新月くらみ年うつる 飯田蛇笏 春蘭
花温室二時日輪は虧けはじめけり 飯田蛇笏 山響集
草の芽が吹く温室の地べたより 平畑静塔
菜種梅雨トマト温室青みどろ 百合山羽公 寒雁
行春や温室はうつろの遊蝶花 水原秋櫻子 蘆雁
釘を打つ音温室の中にゐて 右城暮石 句集外 昭和四十三年
雪凪ぎし曙温室の花蕾む 橋閒石 雪
静かな富士に温室の蘭花ひらく 飯田龍太

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 04:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

雁木 の俳句

雁木 の俳句

雁木

例句を挙げる。

*はたはたや雪となり来し雁木市 森総彦
いちにちの日和の消ゆる雁木かな 綾部仁喜 寒木
ゆきかひのさざめきさびし雁木道 上林天童
前をゆく雁木の女湯屋に入る 永松 西瓜
土雛の並びそめたる雁木町 小島千架子
夏燕雁木が町をせばめをり 高木晴子 花 季
夕蝉の雁木の町やかへりみる 友岡子郷 遠方
市すぎし雁木となりてさびしけれ 上村占魚
干ずいき雁木に掛けし瞽女の宿 西本一都 景色
廃れ唄雁木の下を流れをり 文挟夫佐恵 遠い橋
日の当る方の雁木の子守道 相馬沙緻
昼灯す郵便局や雁木中 黒沼 草生
暮れかかる雁木たどるや十日町 老川敏彦
朝市に人ら跼めり雁木道 新井悠二
杖と音雁木を潜り花を潜り 栗生純夫 科野路
来る人に灯影ふとある雁木かな 高野素十
柿食ふや雁木の外の冬日和 内藤吐天 鳴海抄
母が家も雁木伝ひや春祭 小林康治 四季貧窮
深雪晴雁木表に馬具吊られ 松崎鉄之助
灯一つともる雁木を行きぬけし 高野素十
片側のはや暮れてゐし雁木町 安原葉
琴の糸紡ぐ雁木の湖の村 大岳水一路
看板の糖尿病に雁木かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
瞽女のやど雁木づたひの小暗がり 西本一都
瞽女のやど雁木のはしに菖蒲葺く 西本一都
瞽女唄の雁木洩るるはやるせなし 西本一都
石のせし雁木につゞくアーケード 南雲つよし
肩ふれて雁木の下をすれ違ふ 中嶋斉公
襁褓など干して雁木も町端れ 稲垣束ね
足音の追ひかけてくる雁木かな 及川仙石
軒並めて塗師指物師雁木道 和田敏子
酒買ひにかけ込む雁木通りかな 小林樹巴
銀行も雁木の一戸町雪解 皆吉爽雨 泉声
陽が差して雁木の下に水たまり 長山順子
雁木(がき)に来て火事の炎をひく雪女 石原八束 仮幻の花
雁木から登校の子ら湧くごとし 中村たかし
雁木にも梅雨漏りのして瞽女の宿 西本一都 景色
雁木ぬちついばみにくる山の鳥 下田稔
雁木のごと寄する白波花うばら 野原いくえ
雁木ふかく暗き秋蒔種もの屋 篠田悌二郎
雁木まではみ出し八百屋大根積む 榎本栄子
雁木みち潜るポストに逢はんため 古賀光利
雁木みち越の灯のいろあたたかし 清水節子
雁木ゆくこゝも旧家と思ひつゝ 淡谷鉄蔵
雁木下青竹貯めて桶屋なり 新村寒花
雁木中人こみ合ふて暗き店 及川仙石
雁木出て橋わたる間に雪まみれ 春山他石
雁木市角巻の眼の切長に 星野麦丘人
雁木行く足音に夜の更けにけり 金島たゞし
雁木街に御風たづねて露けしや 角川源義 『冬の虹』
雁木道地酒万歳楽買うて 堀 古蝶
鳥帰る雁木の上の石の数 文挾夫佐恵


雁木 補遺

塩蒸しの竈の前の雁木かな 阿波野青畝
来る人に灯影ふとある雁木かな 高野素十
母が家も雁木伝ひや春祭 小林康治 四季貧窮
浜焼の灰のほとほる雁木かな 阿波野青畝
深雪晴雁木表に馬具吊られ 松崎鉄之介
潮引きし雁木に遊ぶ細螺かな 松崎鉄之介
灯一つともる雁木を行きぬけし 高野素十
種売れる店の小暗し雁木道 松崎鉄之介
笹だんご買ひに戻るや雁木道 松崎鉄之介
見えずとも佐渡を恋ひたる雁木かな 阿波野青畝
雁木にも春はたんぽぽ鏤めて 後藤比奈夫
雁木より佐渡が島根の晴れにけり 阿波野青畝
雁木より雁木に抜けて入湯す 阿波野青畝
雁木中大きな犬の濡れて行く 高野素十
雁木街に御風たづねて露けしや 角川源義

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 04:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

藪巻 の俳句

藪巻 の俳句

藪巻

例句を挙げる。

山門の大藪巻は蘇鉄らし 西沢破風
薮巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
薮巻や晴を見に行く日本海 森 澄雄
藪巻きや藪の中なる作水村 今井九十九
藪巻となりてもリラは姿美し 古賀まり子
藪巻に雪まじり雨比叡より 高澤良一 燕音
藪巻のひとつひとつに風の鳴る 法師浜櫻白
藪巻のふところがくれ栗鼠あそぶ 掛札常山
藪巻のをはりの縄に雨雫 向山隆峰
藪巻の影立ちすくむ風の中 山崎秋穂
藪巻の新しければ発つごとし 岡本眸
藪巻の松千本や法隆寺 細川加賀 生身魂
藪巻の棒一本の突ん抜けて 村上三良
藪巻の縄の緊りしひとところ 池田秀水
藪巻の道ひろびろとなりにけり 古川芋蔓
藪巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
藪巻やののさまと日を指差して 茨木和生 三輪崎
藪巻やま直ぐなる松傾ぐ松 池田秀水
藪巻や今年逢ひたる人の数 原裕 『出雲』
藪巻や子よりも母の寒かろに 金箱戈止夫
藪巻や定年近く家整う 富岡せい
藪巻や思はぬみちに植木畑 石川桂郎 四温
藪巻や旅に馴染みし一茶房 岡本眸
藪巻や晴を見にゆく日本海 森澄雄
藪巻や柿の木畑も一と構 小杉余子
藪巻や死は送られぬきらきらと 岡井省二
藪巻や母より少しもの知りて 山田みづえ
藪巻や目隠し鬼をひとくくり 二村典子
藪巻や農納めして峡の家 高橋悦男
藪巻や雲にかさなる嶽晴れて 三輪不撓
藪巻をほどいてゐたる鹿の中 岡井省二
藪巻を柑子の金のこぼれけり 大石悦子 百花
藪巻を覗きたる鼻濡れにけり 大石悦子 聞香
藪巻を解く日近づく松の晴 河合多美子
ほそ幹に繃帯ほどの菰巻かれ 南 典二
南国の志摩菰巻かぬ蘇鉄立つ 山口波津女
松は菰巻かれはべりぬ浮見堂 片山由美子 天弓
聞えさうなる菰巻きの息づかひ 国保泰子
菰巻いてものなつかしき四辺かな 綾部仁喜 寒木
菰巻いて松は翁となりにけり 大石悦子 聞香
菰巻かず大王崎の大蘇鉄 奥谷郁代
菰巻にされ大蘇鉄王者の風 富田木荘
菰巻のまだ新しき勿来関 伊藤伊那男
菰巻の桜花束吉野駅 茨木和生 遠つ川
菰巻の植樹若葉す新設校 田中照子
菰巻の樒がとどく十夜寺 福島せいぎ
菰巻をしてことごとく傾ぎけり 藤本美和子
菰巻をほどきたる松歩きけり 綾部仁喜 樸簡
菰巻を枝にもらへる松の古り 綾部仁喜 寒木


藪巻 補遺

いやがれる枝をからめて藪巻きす 右城暮石 句集外 昭和六十二年
このあたり痛む藪巻してありぬ 石田勝彦 百千
平和論竹巻き締めて南瓜育つ 飴山實 おりいぶ
杜の端の藪巻が飛ぶ力溜め 佐藤鬼房
注連に非ず菰巻きつける池の松 阿波野青畝
竹巻けども胸熱き蛇舌吐けり 中村草田男
菩提寺の藪巻の裾濡れてゐる 佐藤鬼房
菰巻の蘇鉄の群は龍の族 山口誓子
菰巻の蘇鉄筋肉隆々と 山口誓子
菰巻やいよいよ跼む松の腰 石田勝彦 秋興以後
菰巻や莟そろへてかきつばた 卓池
藪巻となりたる松や日本海 森澄雄
藪巻のあたりもつとも陽炎へり 佐藤鬼房
藪巻の一つ一つに迎へられ 石田勝彦 秋興以後
藪巻の新しければ翔つごとし 岡本眸
藪巻の腰たしかなる神の松 石田勝彦 雙杵
藪巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
藪巻や夜の浅ければ雲あそび 岡本眸
藪巻や工の道も埴寂びて 上田五千石『天路』補遺
藪巻や思はぬみちに植木畑 石川桂郎 四温
藪巻や晴を見にゆく日本海 森澄雄
藪巻や死は送られぬきらきらと 岡井省二 明野
藪巻や美童攫はれたるはなし 能村登四郎
藪巻をほどいてゐたる鹿の中 岡井省二 山色
霜除を見て通りけり藪巻も 星野麥丘人

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

雪囲 の俳句

雪囲 の俳句

雪囲

例句を挙げる。

かの鳥の来ぬ日なからむ雪囲 田中裕明 櫻姫譚
その中の早咲ほめよ雪囲 田中裕明 櫻姫譚
ともかくも取り壊したり雪囲 児玉輝代
どの家も出口一つや雪囲 漾ひとし
ながながと駅にはじまる雪囲 二唐空々
ふた親のやりとりが洩る雪囲ひ 柳川大亀
みちのくの温き日つづく雪囲 奥田七橋
みちのくや墓もとりこむ雪囲む 桜木俊晃
むめが香や雪囲ひとる軒の晴越中 夕里 俳諧撰集「有磯海」
一切を断つ禅寺の雪囲ひ 津崎和子
一邑に怒濤かぶさる雪囲 和田祥子
丁寧にこんなに小さき雪囲 稲畑汀子
三時過ぎて雪囲ひある部屋暗し 上村占魚 球磨
人と馬ひとつ戸口や雪囲 三宅句生
分校の作業といひぬ雪囲 山形理
四五軒の荒磯住ひの雪囲 伊藤柏翠
大雪が押す禅堂の雪囲ひ 山口誓子 不動
安宿の埋れてならぬ雪囲ひ 文挟夫佐恵 遠い橋
家裏に舟つなぎあり雪囲 大峯あきら 鳥道
屏風岩刳りたる湯壺雪囲ふ 中戸川朝人 星辰
山祗の出入の扉あり雪囲 前田普羅 新訂普羅句集
庭木みな粗略ならざる雪囲 松尾緑富
御社雪囲ひして雪かくな 高野素十
念入りに雪囲ひして人住まず 林 民子
敵のごとく北窓に海雪囲 竹鼻瑙璃男
斎館の荒縄ふとき雪囲ひ 佐川広治
新しき丸太の匂ふ雪囲 榎本栄子
杉かこみゐる斎館も雪囲 森田峠 逆瀬川
村八分されしごとくに雪囲ひ 鈴木酔子
梁のいよいよ黒し雪囲 片山由美子 天弓
沖遠く能登の灯の見ゆ雪囲 大森三保子
浪の花飛んで来る日の雪囲 後藤比奈夫
漁歌絶えて久し一寺の雪囲 宇佐美魚目 秋収冬蔵
牛吼をする犬のをる雪囲ひ 河東碧梧桐
狛犬に木三本づつの雪囲ひ 川崎展宏
狛犬も邪鬼と睦むや雪囲して 文挟夫佐恵 遠い橋
稲架の棒すぐ雪囲ひ棒雲幾重 大野林火
結びたる縄つんと立ち雪囲 小玉核子
縄の玉一人に一つ雪囲 林 正之
荒海や雪囲(しょがき)のかげのかごめ歌 石原八束 雪稜線
荒縄を男結びに雪囲 棚山波朗
荒縄を腰に作務僧雪囲 八十島吾朗
藁が来て親方が来て雪囲ひ 太田寛郎
藁砧置きあるままに雪囲 竹腰八柏
見ればある風の震へや雪囲 岩田由美 夏安
貧農家雪囲ひして明るさよ 吉見春子
赤き実のままの一位を雪囲ひ 鷹羽狩行
越後路の軒つき合す雪囲 松本たかし
鐘楼より一山の雪囲解く 皆吉爽雨
長縄は放りて捌き雪囲 嶋田摩耶子
雪つけてまだ疲れなき雪囲 中戸川朝人
雪に生き抜きてその墓も雪囲 能村登四郎
雪中にかわき現れ雪囲 八木林之介 青霞集
雪囲い解くや風巻く父の家 伊藤登久子
雪囲い解く寺山に入るかな 岡村千恵子
雪囲う肴町過ぎ日本海 石川 幸
雪囲しかけてありし雨の庭 安原葉
雪囲してひろびろと雛の宿 黒田杏子 花下草上
雪囲して三百の僧住めり 伊藤柏翠
雪囲して城趾に住める家 高浜虚子
雪囲して売る魚何々ぞ 中村汀女
雪囲して新しき門構 高濱年尾 年尾句集
雪囲して月早き村社あり 大峯あきら 鳥道
雪囲しばらく人の出入あり 田中裕明 櫻姫譚
雪囲そこそこにして旅にあり 宮木 きわ子
雪囲にもいろいろとあるものよ 清崎敏郎
雪囲ひしてある内を出でず住む 池内たけし
雪囲ひして居り明日は出稼に 米田一穂
雪囲ひして火を焚くや濤の前 角川春樹
雪囲ひせる講中のひとのこゑ 猪俣千代子 秘 色
雪囲ひとれば微笑の女人仏 秋澤猛
雪囲ひはじまる寺の鐘を撞く 坂内佳禰
雪囲ひ仏も籠る刻が来る 猿橋統流子
雪囲ひ千の雲水蔵したる 中村一志
雪囲ひ妻の支へる高梯子 羽吹利夫
雪囲ひ子を先立てて訪ふ生家 黒坂紫陽子
雪囲ひ済ませし村に雪降り出す 森田かずを
雪囲ひ済ませて夫と星仰ぐ 大高千代
雪囲ひ温泉女に眄しつつ結ふ 岸田稚魚
雪囲ひ結び目固く海の前 館岡沙緻
雪囲ひ解きて一山一寺かな 庄司圭吾
雪囲ひ解くや小荷物解くに似て 池上樵人
雪囲ひ解く裏口の空のいろ 伊藤敬子
雪囲ひ雪支へして人棲まず 茨木和生 野迫川
雪囲ふ昏みしんしん湯の滾り 野澤節子
雪囲ふ暗みの仏拝みけり 三宅句生
雪囲ふ終の住処の戸洩る灯よ 村上しゅら
雪囲よりとぎ汁の流れ出づ 辻 桃子
雪囲より稱光寺の和尚さま(佐渡宿根木) 岸田稚魚 『萩供養』
雪囲仏の間より解きはじむ 小林輝子
雪囲出でゆくほどの酔なりし 田中裕明 櫻姫譚
雪囲出来て雪待つ心かな 但野静耕
雪囲取りたる鯉の散らばらず 茨木和生 丹生
雪囲夏もそのまま鳥甲 山口青邨
雪囲大きく明りとり小さし 村上三良
雪囲解いて明るき目覚かな 石井蕾児
雪囲解かぬ一戸へ花吹雪 大島民郎
雪囲解かれし枝のはねかへる 太田貞雄
雪囲解きゐる祭支度かな 茨木和生 倭
雪囲解き嬶座明るくなりにけり 宮田静江
雪囲解き家らしく人らしく 三上一寒
雪囲解き月山を振り仰ぐ 松本 旭
雪囲解き海近し山近し 三村 純也
雪囲除れし仏間に日本海 木村蕪城 寒泉
青き葉の見えて柚子なり雪囲 宇佐美魚目 天地存問
飯粒の流れ出でけり雪囲 山本洋子
鮫捌く小出刃鈍けき雪囲 呂木
鴎散るや諸仏一切雪囲 斉藤夏風
あをあをと木賊の夢が墓囲ふ 石寒太 炎環
墓囲ひ化粧結びを垂らしけり 中戸川朝人 尋声
墓囲ひ居れば鴉の鳴きにけり 竹田凍光
墓囲ふいつもどこかに風の音 佐藤明日香
墓囲ふ父祖に紙子を着するごと 大串 章
墓囲ふ藁にしぐるる暮色かな 門前弓弦子
墓山に藁舁きゆくは墓囲ふ 細川加賀 生身魂
春までの無沙汰を告げて墓囲ふ 宮田茂夫
波の花雪垣を出でぬ雀どち 中戸川朝人 残心
潮騒に墓囲ふ音消されけり 荻原都美子
父の匂ひする父の墓囲ひけり 宇野玉葉
独り言黄泉へ聞かせて墓囲ふ 相馬沙緻
畳の目雪垣解きし日矢遊ぶ 草間時彦
白鳥のため雪除に身をおとす 古舘曹人 能登の蛙
童女来る弥撒のべールを雪除けに 下村ひろし
網走へ一里の標墓囲ふ 藤原美峰
萱編めり離村を前の墓囲 三嶋隆英
雪垣にはりつき酔へるものの唄 佐藤鬼房
雪垣にもたしかけある蘆の束 高浜虚子
雪垣に乗る日明るく柚子実る 西村公鳳
雪垣の一隅パセリ青みけり 樋笠文
雪垣をとりし鳥海久し振り 多田菜花
雪垣をのけて明るき雪解かな 正岡子規
雪垣を組みしばかりに雀来る 井上雪
雪垣解きし家のまる見え祭来る 谷内茂
雪除けて紅梅仰ぐ二月盡 横光利一
雪除の裾泌み出づる厨水 西山泊雲 泊雲
雪除を泌み出るけむり色ヶ浜 大峯あきら
雪除を編むも作務なり永平寺 赤坂静住
馬が大事の雪垣ならめ雀群る 成田千空 地霊


雪囲 補遺

いくたびも天窓の雪除けにゆく 飴山實 おりいぶ
かた岡や雪垣とれて蝶が舞ふ 寥松
かりそめのかりそめながら雪垣に 高野素十
三時過ぎて雪囲ひある部屋暗し 上村占魚 球磨
入口と寺の貼り紙雪囲ひ 右城暮石 句集外 昭和六十二年
卒塔婆もて雪除となす奥の院 山口誓子
吾が知るは雪囲ひせる寺ならず 山口誓子
大垂れといふ雪囲ひ畏こしや 高野素十
大屋根に届けり寺の雪囲 右城暮石 句集外 昭和五十一年
大雪が押す禅堂の雪囲ひ 山口誓子
山祇の出入りの扉あり雪囲 前田普羅 普羅句集
御社雪囲ひして雪すくな 高野素十
月の出や屋根かたむけて雪構 小林康治 四季貧窮
灯ともりて物音もなし雪構 清崎敏郎
牛吼をする犬のをる雪囲ひ 河東碧梧桐
猿防ぐことも一つに雪囲ひ 右城暮石 天水
畳の目雪垣解きし日矢遊ぶ 草間時彦 中年
白鳥のため雪除に身をおとす 古舘曹人 能登の蛙
稲架の棒すぐ雪囲ひ棒雲幾重 大野林火 雪華 昭和三十六年
蝉の花咲や梢の雪囲ひ 早野巴人
赤き実のままの一位を雪囲ひ 鷹羽狩行
長け水仙ばかり 徒雪囲いばかり 伊丹三樹彦
雪がこひするやいなやにみそさゞい 浪化
雪がこひ牛の首出て一鳴す 加藤秋邨
雪に生き抜きてその墓も雪囲 能村登四郎
雪囲いまだ解かず麒麟高く 山口青邨
雪囲とおぼしく雪をかぶりたる 清崎敏郎
雪囲にもいろいろとあるものよ 清崎敏郎
雪囲ひしてよりの日日燕喜館 高野素十
雪囲ひして大蘇鉄いよいよ奇 高野素十
雪囲ひ洩る灯ちらちら故郷恋ふか 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
雪囲ひ温泉女に眄しつつ結ふ 岸田稚魚 負け犬
雪囲ひ解きし梯子の置かれあり 桂信子 花影
雪囲ひ解く屈強の男たち 桂信子 花影
雪囲傷めず解かず武家の格 上田五千石『琥珀』補遺
雪囲夏もそのまま鳥甲 山口青邨
雪囲枝々犇と寄り添はせ 林翔
雪囲除れし仏間に日本海 木村蕪城 寒泉
雪垣にはりつき酔へるものの唄 佐藤鬼房
雪垣に月明の雪濤の如く 松本たかし
雪垣の遠しとも又淋しとも 高野素十
雪垣も人手に安し庵移り 魯九
雪垣や梅ひらく程切明て 尚白
雪垣をのけて明るき雪解かな 正岡子規 雪解
雪降つてより雪除の柵造り 山口誓子
雪除けの身を泳がせて立ち直る 右城暮石 散歩圏
雪除に青菜のぞかす峡ぐらし 上田五千石『田園』補遺
雪除やしづまりかへる武家屋敷 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

敷松葉 の俳句

敷松葉 の俳句

敷松葉

例句を挙げる。

あらあらと見えて疎ならず敷松葉 清崎敏郎
おとなりの一中節や敷松葉 永井荷風
ころがりて来し毬止まる敷松葉 副島いみ子
つくばひに充たせる水や敷松葉 増田龍雨 龍雨句集
ふく風の極月めきや敷松葉 道芝 久保田万太郎
むかうの戸開けし人あり敷松葉 星野立子
やがて立入禁止となりしか敷松葉 山中葛子
よく見れば時雨れてゐるや敷松葉 安田蚊杖
上京や雨の中なる敷松葉 鷲谷七菜子
加ふるに風強き日の敷松葉 稲畑汀子
北向の庭にさす日や敷松葉 永井荷風
地下足袋の鞐ほつるる敷松葉 橋本榮治 越在
塀外の浮世はせはし敷松葉 阿部みどり女 笹鳴
墓小さくして敷松葉してありぬ 星野麦丘人
天台の一庭園の敷松葉 掘 みのる
山茶花の散りて幾日や敷松葉 松宇家集 伊藤松宇
庭石の裾のしめりや敷松葉 高浜虚子
御降や濡れ色つくす敷松葉 大場白水郎 散木集
捨石や霜に朽にし敷松葉 松寸 選集「板東太郎」
敷松葉してどの部屋も静かなり 下田実花
敷松葉して方丈の大障子 中田黄葉子
敷松葉して松かさも散らしあり 皆吉爽雨
敷松葉らくな日和といひにけり 岡井省二
敷松葉上ぐるに東風の強きかな 増田龍雨 龍雨句集
敷松葉光琳笹を配したる 山田弘子 こぶし坂
敷松葉匂ひて雨の躙り口 星野椿
敷松葉噴井はいつも溢れをり 星野立子
敷松葉母が意気地のとこしなへ 齋藤玄 飛雪
敷松葉石悉く由ありげ 篠塚しげる
敷松葉節分さむき日なりけり 久保田万太郎 流寓抄
敷松葉雪をまじへし雨となり 久保田万太郎 流寓抄以後
料亭の昼深閑と敷松葉 藤松遊子
日のぬくみ重ねて露地の敷松葉 山崎治子
木戸を押す今日の客あり敷松葉 富安風生
木賊むら箒いれ居り敷松葉 保田ゆり女
水豊かにて敷松葉浮松葉 辻田克己
波の音ときどき高き敷松葉 川崎展宏
石蕗の葉の青々と敷松葉かな 古川芋蔓
祖父在りて抱かれし頃の敷松葉 都筑智子
神の池風が揃へし敷松葉 香下 寿外
腰窓の障子灯る敷松葉 富安風生
門入りて玄関見えず敷松葉 高田風人子
離れ家の障子灯さる敷松葉 山田節子
霜除る菊の小庭や敷松葉 井月の句集 井上井月、下鳥勲編
クレッシェンド、デクレッシェンドの散松葉 高澤良一 さざなみやつこ

敷松葉 補遺

あらあらと見えて疎ならず敷松葉 清崎敏郎
お降りの音に出でにけり敷松葉 鷹羽狩行
まろまろと雪の残れる敷松葉 富安風生
上京や雨の中なる敷松葉 鷲谷七菜子 天鼓
代代の船場住居や敷松葉 松本たかし
庭師ゐて松葉敷きゐる門を過ぐ 山口青邨
敷松葉もたげて笹の小ささよ 山口青邨
敷松葉より遠望す都かな 波多野爽波
敷松葉らくな日和といひにけり 岡井省二 山色
敷松葉宗家金春宗右衛門 高野素十
敷松葉少林庵はそば処 燕雀 星野麥丘人
敷松葉母が意気地のとこしなへ 齋藤玄 飛雪
敷松葉足らぬままなり一夜庵 阿波野青畝
異なる赤さの馬車留め ローマの敷松葉 伊丹三樹彦
草履の緒すこしきつめや敷松葉 亭午 星野麥丘人
菊の根に降りこぼれ敷く松葉かな 杉田久女
近隣の猫集まれり敷松葉 安住敦
門の松こぼれおのづから敷松葉 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

紙漉 の俳句

紙漉 の俳句

紙漉

例句を挙げる。

あはき灯の紙漉工房秋時雨 緑川 啓子
かりがねの夜を均して紙漉ける 北澤瑞史
きさらぎや獣くさき紙漉村 丸山嵐人
そうめんが川に沈める紙漉村 細見綾子 伎藝天
をちこちに夜紙漉とて灯るのみ 阿波野青畝
一と朝の紙漉き家族の蜆殻 加倉井秋を 『真名井』
一枚を念ずるごとく紙漉けり 山口誓子 方位
三椏や紙漉村は渓沿ひに 鈴木良花
冬をはる尾長が紙漉く小屋に来て 皆川盤水
凍解の水をまた練り紙漉ける 百合山羽公 寒雁
初晴れの蔀戸を揚ぐ紙漉場 立半青紹
卯花や塵紙漉が垣の隙 昌夏 選集「板東太郎」
口寒く紙漉女紙を使ひをり 萩原麦草 麦嵐
吹き込みしよべの雪凍て紙漉場 桑田青虎
墓山より鳥のつぶての紙漉村 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
夕ぐれておのが紙漉く音とゐる 長谷川素逝
大いなる日めくり紙漉女の上に 辻桃子
女の月日白き紙漉き重ねては 津田清子
妊りて紙漉く乳房冷々と 井筒紀久枝
娘と嫁の紙漉きし嵩ほゞ同じ 大橋敦子 母子草
婆・嫁・乙女の黙が深まり紙漉きだす 加藤知世子 花寂び
嬰かたはらにうなづきて紙漉けり 長谷川双魚 風形
山水の切れず凍らず紙漉ける 百合山羽公 寒雁
山裾や落花引き込み紙漉女 河野南畦 湖の森
廃されず老母の坐る紙漉場 百合山羽公 寒雁
廃屋と思ひしが紙漉く音す 今瀬剛一
手織縞着て新茶汲む紙漉婆 長谷川かな女 花 季
日々水に顔をさらして紙漉女 直江るみ子
日当ればすぐに嬉しき紙漉女 橋本多佳子
明け方の山近づけて紙漉けり 佐々木六戈 百韻反故 初學
春水のかなでそめつゝ紙漉けり 高濱年尾 年尾句集
春風や紙漉く水に玉襷 野村喜舟 小石川
曇り日の水の粘りや紙漉女 宮坂静生 樹下
杉に降る雪さらさらと紙漉場 西村公鳳
枇杷咲いて紙漉一戸一乙女 赤松[ケイ]子
枯木星ひとつぶ紙漉村眠る 迫田白庭子
死金を一壺に蓄めて紙漉婆 近藤一鴻
残菊や日ざし乏しき紙漉場 成瀬桜桃子 風色
水ぎわの光を揺らす紙漉女 武藤あい子
汚れたる灯の一つ垂れ紙漉場 大橋敦子 母子草
泡を吹き塵をつまみぬ紙漉女 湯浅五生
灯がひとつ紙漉く谷の夕紅葉 栗田やすし
焚火して紙漉村の川辺なる 所 山花
百漉けば百の祈りや紙漉女 林翔
秋の日のつるべ落しや紙漉村 鈴木真砂女 夕螢
秋澄むや紙漉く里の水の音 稲垣一雄
秋祭すめば女は紙漉きに 藤後左右
紅梅のしんじつ紅き紙漉村 馬場移公子
紙ふせの風のしめれる夜紙漉 中戸川朝人 残心
紙漉いてふぬけの爪よ日向ぼこ 田中英子
紙漉いて九官鳥も可愛いがり 京極杞陽
紙漉いて村に雪ばんばを殖やす 長谷川双魚 風形
紙漉きし昔の家の窓低し 森田峠 避暑散歩
紙漉きし水まだ敏く銀河の尾 中戸川朝人 残心
紙漉きのこの婆死ねば一人減る 大野林火
紙漉きのにほひ来る日や返り花 内田百間
紙漉きのひととゆびきりきれるまで 渋谷道
紙漉きの乾きし土間に手毬つく 長田等
紙漉きの家の雪庇の落ちんとす 山口誓子 一隅
紙漉きの山ふところに久女の碑 杉浦小冬
紙漉きの干し場に咲ける福寿草 田中冬二 俳句拾遺
紙漉きの廃れし沢に花楮 黒岩保行
紙漉きの母よりうすきものありや 齋藤愼爾
紙漉きの水音さむく暮れにけり 田中冬二 麦ほこり
紙漉きの紙とならざる滴りよ 塩川雄三
紙漉きの若水汲んでゐたりけり 坂内佳禰
紙漉きの薄紙かさぬ雪の界 大野林火
紙漉きの言葉の端も地の處女 津田清子
紙漉き女黙せり何か怺へをり 津田清子
紙漉くは寂しき故によく喋る 桜井一尾
紙漉くやましろの光ゆりおこし 平井照敏 天上大風
紙漉くや天の羽衣より薄く 有馬朗人(1930-)
紙漉くや小学校と谷距て 沢木欣一
紙漉くや橙のまたしぐれをり 大峯あきら 鳥道
紙漉くや水あるところ氷張り 大橋敦子
紙漉くや水いちまいを転ばして 白岩 三郎
紙漉くや水のつかれをあやしつつ 筒井しのぶ
紙漉くや水泳選手出でし家 大島民郎
紙漉くや汚れし雪をまだ置きて 百合山羽公 寒雁
紙漉くや薄氷掬ふごとくにも 高橋睦郎 金澤百句
紙漉くや雪の無言の伝はりて 細見綾子 黄 炎
紙漉くや鷽は来てゐし淵の上 藤田湘子
紙漉くを雁の羽音のごとく聴く 冨田みのる
紙漉く唄のよなあらぬよな末枯れに 内田百間 新輯百鬼園俳句帖
紙漉く家白鷲流るごと渡る 西村公鳳
紙漉く日近づく大き井を湛ふ 栗生純夫 科野路
紙漉く村一葦の水の貫けり 加倉井秋を
紙漉く灯月の庇の奥にかな 川村紫陽
紙漉に撃ちのこされし雉子鳴けり 米沢吾亦紅 童顔
紙漉に英霊門標古りにけり 米沢吾亦紅 童顔
紙漉のいのち梳きこむ紙のいろ 中村敏子
紙漉のこの婆死ねば一人減る 大野林火(1904-84)
紙漉のはじまる山の重なれり 前田普羅
紙漉の児等の紙漉あそびかな 吉田 立冬子
紙漉の天気都合や初霙 井月の句集 井上井月
紙漉の娘と浮舟のことなどを 橋本 薫
紙漉の寡黙もらせば八女訛り 赤松[けい]子 白毫
紙漉の手鏡己れのみ映す 津田清子 二人称
紙漉の村より賀状和紙白し 山崎和賀流
紙漉の梅の日向は猫歩く 森澄雄
紙漉の槽に匠の息太し 大川輝子
紙漉の止みて夜に入る沢の音 島田 尚子
紙漉の濡れ手そのまま娶るべし 辻田克巳
紙漉の神技手技里に雪 文挟夫佐恵
紙漉の舟の上なる鏡餅 市川三三
紙漉の荒れも見せざる男指 ふけとしこ 鎌の刃
紙漉の裾より寒さひろがりぬ 石田あき子
紙漉の跡ひそひそと冬の水 殿村莵絲子
紙漉の里なれば濃し川の紺 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
紙漉は枯野に住みて日和かな 渡辺水巴 白日
紙漉もやめて遠退く冬山家 百合山羽公 寒雁
紙漉やとぷとぷ水の裏返る 山田弘子 初期作品
紙漉や日あたれば又石叩き 大峯あきら 鳥道
紙漉や水を平らにあやしつつ 嶋田麻紀
紙漉を三日休めば水逸る 行方克己 昆虫記
紙漉を天職として村を出ず 清宮文江
紙漉を見て彳めば暮早き 風生
紙漉を見にきて鼻を赤くせる 瀧澤伊代次
紙漉唄ありて青嶺の富める村 神尾久美子 桐の木
紙漉場物込み合ひて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙に成れざる氷浮く 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙漉く音の濡れてゐし 福井貞子
紙漉場高野の冷えのつづきにて 山口波津女
紙漉女しづかに立居振舞へり 佐藤美恵子
紙漉女と語る水音絶間なし 橋本多佳子
紙漉女に「黄蜀葵糊」(ぬべし)ぬめぬめ凍てざるもの 橋本多佳子
紙漉女ねむれる髪に水ながれ 北さとり
紙漉女冬万灯をゆくごとし 栗林千津
紙漉女冬百日の手炉ひとつ 石田波郷
紙漉女水のかがやきなりしかな 影島智子
紙漉女水の暮色をしたたらす ほんだゆき
紙漉女浮ぶ一穢も見のがさず 山口白甫
紙漉女稼ぎを問はれ恥ぢらひぬ 細見綾子 黄 炎
紙漉女襟巻のことを私話めけり 萩原麦草 麦嵐
紙漉川おはぐろとんぼ早や出でし 細見綾子 天然の風
紙漉村嫁に出さぬをしきたりに 影島智子
薄氷か紙の水子か紙漉場 百合山羽公 寒雁
藤垂れて紙漉くひとりふたり見ゆ 相生垣瓜人 微茫集
藪の中紙漉く家のありといふ 田中冬二 行人
跡つぐ子槽を並べて夜紙漉 大野林火
阿武隈山なみ黒く赫くて紙漉く家 瀧 春一
雪しろや紙漉村の畦もつれ 西本一都 景色
雪を来て紙漉く人と立話 高橋睦郎 金澤百句
雪解風紙漉小屋をゆさぶりぬ 森重昭
雲残る田に紙漉きし水落とす 栗田やすし
露暁の灯に手もつれて紙漉けり 森川暁水 淀
頬照りて若き紙漉き雪解川(内山村) 橋本榮治 越在
風邪声を紙漉く水に俯向ける 殿村莵絲子 遠い橋
風鳴りに眼を休めをり紙漉女 猪俣千代子 堆 朱
鳶飛んで木の雪落す紙漉き場 細見綾子 黄 炎
かきまはすことより紙を漉き始む 関森勝夫
すたれゆく業を守りて紙を漉く 藤丸東雲子
たゞ一戸たゞ一槽や紙を漉く 森田峠 逆瀬川以後
ちり紙に漉込るゝな風のてふ 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
ひと槽は鯉紙を漉く長簀かな 西本一都 景色
まだ水の重みの紙を漉き重ね 今瀬剛一
一峡に充ちし一姓紙を漉く 林十九楼
一枚の紙を漉く間の照り昃り 江川虹村
一枚の雲の如くに紙を漉く 井桁白陶
一画家の望みに叶ふ紙を漉く 森田峠 逆瀬川以後
万緑や波をつくりて紙を漉く 近藤静輔
五箇山は雪解のさなか紙を漉く 石原 緑
勘といひ根気てふもの紙を漉く 板場武郎
勘といふ決め手素早き紙を漉く 関口ふさの
同じ紙三世も漉きて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
名人は概ね無口紙を漉く 鎌倉園月
嗣ぐ子あり漆漉く紙すき続け 田中英子
国栖人はさくらの色の紙を漉く 加藤三七子
天井を汚すなりはひ紙を漉く 森田峠 避暑散歩
如月の漉く紙水にうつりけり 萩原麦草 麦嵐
子に託す一縷の望み紙を漉く 小川翠畝
山茶花や羽衣いろに紙を漉く 伊藤敬子
峡より峡に嫁ぎて同じ紙を漉く 橋本多佳子
崖下に沈む一戸や紙を漉く 鳴沢富女
手温めへ紙を漉く手のふるへつつ 皆吉爽雨
掻棒に水を覚まして紙を漉く 大森井栖女
揺らしては紙に漉きこむ桜かな 長谷川櫂 蓬莱
新しき波を育てて紙を漉く 稲田 眸子
書き初めの紙は石見の手漉紙 田中冬二 冬霞
朝顔や塵紙を漉く一つ家 正岡子規
枯野宿陸奥紙は漉けるかな 野村喜舟 小石川
楮剥ぐ指より湯気の逃げてゆく 毛利提河
水責の道具揃ひて紙を漉く 後藤夜半
漉きあげし紙まだ水の光もつ 金藤優子
漉きなほす紙の臭や冬の蝿 内田百間
漉き紙のほの暗き水かさねたり 矢島渚男 采薇
漉き紙の仮の世界に雪降れり 和田悟朗
漉き紙の屑焚き西行忌なりけり 迫田白庭子
漉き舟にをどる日射や紙を漉く 西川かずを
漉く紙のほの暗き水かさねたり 矢島渚男
漉く紙のまだ紙でなく水でなく 正木ゆう子 静かな水
漉槽のさざなみを汲み紙となす 大石悦子 群萌
白といふしづかな色の紙を漉く 大崎ナツミ
白菊はそびらの明り紙を漉く 加藤知世子 花 季
目のくばり止りし紙の漉き上る 後藤夜半 底紅
目の疎き父にかはりて紙を漉く 後藤夜半 底紅
粗壁に裸灯淡し紙を漉く 山田和子
粗壁を貫く筧紙を漉く 谷口雲崖
紙を漉くにおい草木に父母埋まり 井沢子光
紙を漉くひたひたと泣く暇も無し 今瀬剛一
紙を漉く一人一人の音ちがふ 大西不葉
紙を漉く匂ひの村となつてゐし 江口久子
紙を漉く四角に水を掬ひては 柊 愁生
紙を漉く国栖の翁の昔より 田畑比古
紙を漉く女の業に寒明くる 長谷川かな女 雨 月
紙を漉く強くたしかに世襲の手 高橋悦男
紙を漉く技も曾っての武蔵紙 高澤良一 ぱらりとせ
紙を漉く明治と同じ雪明り 長田等
紙を漉く水を平らになだめつつ 吉田 素直
紙を漉く灯のちらばりて村をなす 森田峠 避暑散歩
紙を漉く簀の面に浮きてくる白さ 小田切ふみ子
紙を漉く背山の墓に日の当り 中戸川朝人 残心
紙を漉く静かな業の為人 森田峠 避暑散歩
紙を漉く音たぼたぼと暮れにけり 小倉英男
紙を漉く音を正しく繰返す 橋田憲明
紙一枚漉く間に老ゆる女かな 小泉八重子
翠巒や風を漉き込む吉野紙 倉田勝栄(けごん)
老いぬれど手馴仕事と紙を漉く 岡崎多佳女
而も誇らず天衣無縫の紙を漉く 加藤かけい
荒ら使ふ水の光りに紙を漉く 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
薄き紙はげしく練りし水に漉く 百合山羽公 寒雁
谿を出ぬ一生や紙を漉く女 長谷川素逝
谿空に錆びし日輪紙を漉く 長谷川素逝
貫ける太梁一つ紙を漉く 深見けん二
身のしなひややに失ふ紙を漉く 赤松[けい]子 白毫
雁やひと日漉きたる紙の量 鈴木真砂女 夕螢
雪匂ふ鳥の子紙の漉雫 影島智子
雪国のひかりを紙に漉き込める 三森鉄治
風の音なき日は淋し紙を漉く 原田青児
風鳴るや雪の匂の紙を漉く 丸山美奈子


紙漉 補遺

*はまなすの白きを咲かす紙漉場 松崎鉄之介
いち早く冷えよぶ紙を漉きかさね 能村登四郎
うら若くあからひく手を紙漉女(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子
かこはれて日差し散乱紙干場 松崎鉄之介
これでよし紙を漉きゐし手をとどむ 山口誓子
さうめんが川に沈める紙漉村(京都府黒谷) 細見綾子
しやぶしやぶと手をうごかして紙漉ける 阿波野青畝
じろじろと見られ通しに紙を干す 右城暮石 句集外 昭和四十四年
その姉もその姉も紙を漉き嫁ぎ 高野素十
ぢぢさまは日向極楽紙干して 平畑静塔
みせばやの花を土瓶に紙漉場 山口青邨
われら見るも去るも黙々紙を漉く 大野林火 雪華 昭和四十年
をちこちに夜紙漉とて灯るのみ 阿波野青畝
ロボットの腕は腕とし紙漉ける 百合山羽公 樂土以後
一枚を念ずるごとく紙漉けり 山口誓子
何代も土を隠さず紙漉場 山口誓子
働く血透きて紙漉くをとめの指 橋本多佳子
凍解の水をまた練り紙漉ける 百合山羽公 寒雁
十一や紙漉村に瀬音のみ 松崎鉄之介
土砂降りの紙漉場より水流れ 橋本多佳子
夕立や紙漉隣麻つくる 野坡
外に漏るゝ音なし秋を紙漉く業 右城暮石 句集外 昭和十七年
夜泣子に紙漉く音のざぶ・ざぶり 大野林火 飛花集 昭和四十六年
大峰のそこには雪の紙を干す 山口誓子
天井に竿をどらしめ紙漉けり 阿波野青畝
天日を仰いで紙を干しにけり 石田勝彦 秋興以後
子とは無縁の 紙漉き加減 手風呂加減 伊丹三樹彦
家々へ木橋土橋よ紙漉き村 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
山々は星をかぶりて夜紙漉 大野林火 飛花集 昭和四十六年
山水の切れず凍らず紙漉ける 百合山羽公 寒雁
山里は紙漉く宿の牡丹かな 村山故郷
干し板の罅目貼りして紙を干す 右城暮石 虻峠
廃されず老母の坐る紙漉場 百合山羽公 寒雁
憂ひあれば憂ひのつやに夜紙漉 大野林火 飛花集 昭和四十六年
手打ちそば味噌汁仕立て紙漉き村(埼玉県小川町三句) 細見綾子
日ればすぐに嬉しき紙漉女 橋本多佳子
日輪はともるものなり紙漉場 平畑静塔
朝顔や塵紙を漉く一つ家 正岡子規 朝顔
村にただ一軒一人紙を漉く 右城暮石 句集外 昭和四十七年
松竹梅紙漉にあり竹の動 平畑静塔
梅匂ふなぞへなぞへを紙干場 大野林火 月魄集 距和五十七年
楮蒸す湯気あげてをり雪の嶺へ 右城暮石 句集外 昭和九年
榛の木の根株をゑぐる雪代川(富山県八尾紙漉き) 細見綾子
正面に太陽を呼び紙を干す 山口誓子
残雪のとける日数よ紙漉女(埼玉県小川村五句) 細見綾子
水責めの道具揃ひて紙を漉く 後藤夜半 底紅
滴る流る紙漉き場水多し 山口誓子
炉火榾を 持ち寄り 在家の紙漉唄 伊丹三樹彦
玉ねぎを結ひて吊せり紙漉く家(埼玉県小川町) 細見綾子
生ま紙に重石をかけて春を待つ(小出紙漉を見る) 細見綾子
白梅高みに 滅びの業の紙漉く村 伊丹三樹彦
百漉けば百の祈りや紙漉女 林翔
目の疎き父にかはりて紙を漉く 後藤夜半 底紅
石州を讃ふでもなく紙漉ける 後藤比奈夫
秋の日のつるべ落しや紙漉村 鈴木真砂女 夕螢
秋櫻子誓子の色紙紙漉き場 右城暮石 虻峠
秋深く紙漉工場胡麻を干す 山口青邨
立春の日ざしも入れて紙を漉く 能村登四郎
竹落葉浮きて流るる紙漉川(京都府黒谷二句) 細見綾子
簀桁揺り揺りて紙漉終りなし 松崎鉄之介
紙を干すたび三十三才山の空 岡井省二 明野
紙を干す富士新雪と相照らひ 山口青邨
紙を干す山家のわざも菊日和 水原秋櫻子 霜林
紙を漉く水音こそは秋の音 鈴木真砂女 夕螢
紙を漉く術雨中の朽屋にて 平畑静塔
紙干して白を忘るることもなし 後藤比奈夫
紙干しに出るたび雪の飛騨山脈(富山県八尾紙漉き二句) 細見綾子
紙干しの純白結界 茄子咲く村 伊丹三樹彦
紙干し場までにて道のすべて消ゆ 右城暮石 上下
紙干すは国栖の翁のおふくろか 阿波野青畝
紙干すや丹波の山がぬとありぬ 藤田湘子
紙干せる川越道の花柘榴 角川源義
紙干場人影とてもとりのぞく 平畑静塔
紙漉いて彼岸の雨に仕へゐる 岡井省二 明野
紙漉きが洟かむを見つつ囲み立つ 石田波郷
紙漉きごもりの ぴたぴた 雨音とは別の 伊丹三樹彦
紙漉きて一と畝の葱一と畝の菊(埼玉県小川町三句) 細見綾子
紙漉きて峡をいでざる人に盆(京都府黒谷三句) 細見綾子
紙漉きて棒立ちの脚若き脚 山口誓子
紙漉きのこの婆死ねば一人減る 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
紙漉きのたつきに竹の葉が散れり(京都府黒谷二句) 細見綾子
紙漉きの家の雪庇の落ちんとす 山口誓子
紙漉きの寒の水見る約束す 細見綾子
紙漉きの恋に咲きけり鳳仙花 河東碧梧桐
紙漉きの薄紙かさぬ雪の界 大野林火 雪華 昭和三十五年
紙漉きを見に来て炭の火色ほむ(埼玉県小川村五句) 細見綾子
紙漉きを見ん見る吾も夙く起きて 山口誓子
紙漉き村川の氷れる時に来つ(埼玉県小川村五句) 細見綾子
紙漉くに 潔癖な眉 合歓明かり 伊丹三樹彦
紙漉くはこころ漉くこと松の芯 鷹羽狩行
紙漉くも干すも夫婦っきり 晩蝉 伊丹三樹彦
紙漉くやましろの光ゆりおこし 平井照敏 天上大風
紙漉くや天の羽衣より薄く 有馬朗人 天為
紙漉くや山を焼く声近ぢかと 岡井省二 明野
紙漉くや杉にまじはる山ざくら 森澄雄
紙漉くや汚れし雪をまだ置きて 百合山羽公 寒雁
紙漉くや玉芍薬を窓にして(京都府黒谷) 細見綾子
紙漉くや雪の無言の伝はりて(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子
紙漉くや鷽は来てゐし淵の上 藤田湘子 途上
紙漉ける限り意固地の寒にあり 上田五千石『琥珀』補遺
紙漉のぬれ胸乳張る刻が来て 橋本多佳子
紙漉の家の調度の紙箪笥 山口青邨
紙漉の手鏡己れのみ映す 津田清子
紙漉の梅の日向は猫歩く 森澄雄
紙漉の瀬まくらはなせ月の宿 秋色 のぼり鶴
紙漉の額のしろさよ梅日和 石田波郷
紙漉は枯野に住みて日和かな 渡邊水巴 白日
紙漉もひとりとなれば身を正す 赤尾兜子 玄玄
紙漉もやめて遠退く冬山家 百合山羽公 寒雁
紙漉や初雪ちらりちらり降る 正岡子規 初雪
紙漉場何の数字の正正正 山口誓子
紙漉場汚すよ紙になり損ね 清崎敏郎
紙漉場物込み合ひて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙に成れざる氷浮く 百合山羽公 寒雁
紙漉場荒れてもみづる帚草 松崎鉄之介
紙漉場遅れし時計時刻む 津田清子
紙漉女と語る水音絶間なし 橋本多佳子
紙漉女に「黄蜀葵糊(ぬべし)」ぬめぬめ凍てざるもの 橋本多佳子
紙漉女に春告ぐ瀬音佐梨川(小出紙漉を見る) 細見綾子
紙漉女の背の影細し大連翹 赤尾兜子 玄玄
紙漉女盆のあぶらげ笊に買ふ(京都府黒谷三句) 細見綾子
紙漉女稼ぎを問はれ恥ぢらひぬ(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子
紙漉女老いて蕎麦打つ手元かな(埼玉県小川町三句) 細見綾子
紙漉村おはぐろとんぼ早や出でし(京都府黒谷) 細見綾子
紙漉村意外に富めり鯉のぼり 百合山羽公 樂土
紙漉村洗ひ干されし盆浴衣(京都府黒谷三句) 細見綾子
紙漉漕(すきぶね)を掻きかく吹雪衰へず 佐藤鬼房
紙漉谷とんぼは川に遊びゐし(丹波黒谷) 細見綾子
老いてなお紙漉くやがて雪ならん 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
老いの顎うなづきうなづき紙を漉く 橋本多佳子
芍薬赤芽紙漉村の地のしめり 松崎鉄之介
若き日の如くまぶしき紙干場 橋本多佳子
葛咲いて紙漉谷をおほふかな 細見綾子
葛咲けり紙漉川をのぼり来て(丹波黒谷二句) 細見綾子
薄氷か紙の水子か紙漉場 百合山羽公 寒雁
藤垂れて紙漉くひとりふたり見ゆ 相生垣瓜人 微茫集
蝶の影紙漉く槽は波立ちて 水原秋櫻子 玄魚
裏山に雪ある冷えに紙漉ける 能村登四郎
誰が袖の匂ひぞこめし紙を漉く 有馬朗人 天為
貰ける太梁一つ紙を漉く 深見けん二
跡つぐ子槽を並べて夜紙漉 大野林火 飛花集 昭和四十六年
遠燈点くはつとして紙漉場点く 橋本多佳子
雪つぶて投げ入れにけり佐梨川(小出紙漉を見る) 細見綾子
雪嶺が雪嶺を負ひ紙漉き老ゆ 橋本多佳子
雪嶺のかがやき集め紙乾く(富山県八尾紙漉き二句) 細見綾子
雪水を誘ひ入れし紙漉場(小出紙漉を見る) 細見綾子
雪雫影し音して紙漉き場 右城暮石 句集外 昭和四十一年
雲厚し紙漉衆はせぐくまる 平畑静塔
青壷の吉野川見ゆ紙漉場 山口誓子
顎に力をとめ紙漉く脚張つて 橋本多佳子
鳴く鼠制しつ夜紙漉きつづけ 大野林火 飛花集 昭和四十六年
鳶飛んで木の雪落す紙漉き場(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

霜除 の俳句

霜除 の俳句

霜除

例句を挙げる。

すべて為せしごとく霜除の藁結ぶ 加倉井秋を 午後の窓
たそがれの霜除に来し霰かな 大峯あきら 宇宙塵
わが作る霜除の藁ばさとばさと 皆吉爽雨 泉声
伊達結びして霜除の何やらむ 富安風生
夏みかんに霜除け笹し河豚の宿 田中冬二 若葉雨
大寺や霜除しつる芭蕉林 村上鬼城
大雑把にも霜除の積りかや 白石天留翁
挿しいそぐ霜除笹や風夕べ 太田 蓁樹
春近し霜除笹のささやけば 鈴木青園
月光に霜除も花も埋るかな 中島月笠 月笠句集
枯櫟霜除したる木に隣る 銀漢 吉岡禅寺洞
武蔵野の霜除の笹ところどころ 清家桂三郎
独霜除を作る冬の鵙がだまつて働く 梅林句屑 喜谷六花
結ひ上げし霜除の藁匂ひけり 倉田静子
霜除けて拾ひし珠や掌に赤く 長谷川かな女
霜除けの笹の小揺れに初雀 田中冬二 俳句拾遺
霜除けの藁に痩穂の付きしまま 斉藤葉子
霜除けを解くもの鹿火屋にもありぬ 茨木和生
霜除すあるじがのこせし牡丹に 阿部みどり女 笹鳴
霜除すなほ玉を巻く芭蕉より 篠田悌二郎
霜除す芭蕉大人童子かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
霜除としたり僧衣のやうなもの 吉本伊智朗
霜除にさや~と来ては粉雪やみぬ 青峰集 島田青峰
霜除にちらり~と凧の影 池内たけし
霜除にぬれさぎ白き障子かな 増田龍雨 龍雨句集
霜除に眼鏡を忘れ一夜過ぐ 山口青邨
霜除に翌朝霜を見たりけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
霜除に菜の花黄なりお正月 村上鬼城
霜除に霜なき朝の寒さかな 高浜虚子
霜除の*ほう鬆(ほうしょう)と春立ちにけり 茅舎
霜除のぽくぽくふくれ大蘇鉄 石崎 晋象
霜除の下離々として野は葛飾 山口青邨
霜除の中に蕾みし冬牡丹 鈴木花蓑句集
霜除の中の草木や雪の中 温亭句集 篠原温亭
霜除の中の跼んでをりにけり 後藤立夫
霜除の家に赤子の生れけり 上野泰子
霜除の影のあゆめる障子かな 大橋櫻坡子 雨月
霜除の影引く影のさま~に 萩原寿水
霜除の畝とりどりに薬草園 長屋せい子
霜除の縄なが~と解かれけり 銀漢 吉岡禅寺洞
霜除の縄の結びめきく~と 高浜虚子
霜除の藁かぐはしや鴬巣駅 草間時彦 櫻山
霜除の藁かこふ暗みぬくからむ 野沢節子
霜除の藁が日を溜め母遠し 石田波郷
霜除の藁に降る雨だけ見えず 後藤比奈夫
霜除の藁結ひしたのしさあまる 加倉井秋を 午後の窓
霜除の蜜柑山わが見舞ふのみ 百合山羽公 寒雁
霜除の門の芭蕉に及びけり 黒田杏子 花下草上
霜除の雪ふはふはと日にとべり 阿部みどり女
霜除はみな牡丹や中尊寺 宮下麗葉
霜除は納豆の苞や牡丹の芽 渡辺水巴 白日
霜除やこころにくくも蝶の影 阿波野青畝
霜除や三重丸の日を天に 田中芥子
霜除や下駄の鼻緒の朱も失せて 田中裕明 山信
霜除や大和三山暮れつつあり はりまだいすけ
霜除や日表の洋館日裏の和館 島村はじめ
霜除や月より冴ゆるオリオン座 渡辺水巴
霜除や月を率き行くオリオン座 渡辺水巴 白日
霜除や月を率てゆくオリオン座 渡辺水巴
霜除る菊の小庭や敷松葉 井月の句集 井上井月、下鳥勲編
霜除をしてゐるらしや針仕事 阿部みどり女 笹鳴
霜除をして高きもの低きもの 本郷昭雄
霜除をとりし牡丹のうひ~し 高浜虚子
霜除をとればぱらぱら落つ葉かな 高野素十
霜除を外して去りぬ甘利山 斉藤夏風
霜除を怪しみ鶏のついばめる 白岩 三郎
霜除を終へたる木々の夜を迎ふ 銀漢 吉岡禅寺洞
霜除を見しのみ道をいそぐのみ 阿部みどり女
霜除を解かざる寺に忌を修す 森田峠
風吹いて大霜除に水の玉 田中裕明 花間一壺
黄水仙に尚霜除のありにけり 長谷川零余子
おほかたの星そろひけり霜囲 大峯あきら 宇宙塵
万葉の木々育苗の霜囲 茨木和生 倭
喪の庭の手つかずにあり霜囲 山田弘子 螢川
庵主の好きなものから霜囲ひ 後藤比奈夫
役に立つとも思はれぬ霜覆 稲畑汀子
時といふものに目かくし霜囲 上野 泰
男霜女霜とや霜囲ひ 青山 冬至
藁担ぎ来て甘藷穴の霜覆 根岸善雄
裏山に風の荒れゐる霜囲 ほんだゆき
霜囲ひしたる二三も見かけたる 清崎敏郎
霜囲ひしてあり庭の花三種 伊藤観魚
霜囲時には外し日を入るゝ 浅井青陽子
葉ぼたんの霜よけ住吉さまの母子 昆 みき

霜除 補遺

おちぶれて霜も防がぬ牡丹哉 正岡子規 霜除
たらちねの遺愛の蜜柑霜よけす 正岡子規 霜除
ていねいに霜囲ひして何ならん 清崎敏郎
丁寧に霜よけしたる蘇鐡かな 正岡子規 霜除
何の木そ霜よけしたる塀の内 正岡子規 霜除
初日うらうら霜除の下紅粉花そだつ 山口青邨
大寺や霜除しつる芭蕉林 村上鬼城
小松菜に霜よけしたる畠かな 正岡子規 霜除
尼寺の藁あたらしき霜覆 亭午 星野麥丘人
庵主の好きなものから霜囲ひ 後藤比奈夫
時といふものに目かくし霜囲 上野泰
暮六つの何とわかねど霜囲ひ 清崎敏郎
牡丹ありし處なるべし霜掩ひ 正岡子規 霜除
牡丹の芽に霜囲花に苞 後藤比奈夫
神前の橘の木に霜よけす 正岡子規 霜除
移し植ゑて霜よけしたる芭蕉哉 正岡子規 霜除
舶來の大事の木なり霜掩ひ 正岡子規 霜除
藁密に並べて何の霜囲 右城暮石 散歩圏
蘇鉄にも厚手当や霜覆 桃隣
金魚囲ふ霜除よりも懇ろに 百合山羽公 樂土以後
霜よけの俵破れし霰かな 正岡子規 霰
霜よけの出来たる庭をひとめぐり 上村占魚 球磨
霜よけの垣の北側残る雪 正岡子規 残雪
霜よけの笹に風吹く畠哉 正岡子規 霜除
霜よけや牡丹の花の一つ咲く 正岡子規 霜除
霜囲しありし故に覗かるる 後藤比奈夫
霜囲してある裾に萌ゆるもの 清崎敏郎
霜囲ひしたる二三も見かけたる 清崎敏郎
霜囲めをとのごとくそれは牡丹 山口青邨
霜掩ひ蘇鐵は泣かずなりにけり 正岡子規 霜除
霜早き根岸の庭や霜掩ひ 正岡子規 霜除
霜枯菊霜除藁を肯ぜず 阿波野青畝
霜覆ひしてあるものをたしかめし 中村汀女
霜除けすまだ実の成らぬ文旦も 右城暮石 散歩圏
霜除と思ふ風除とも思ふ 後藤比奈夫
霜除に大きな足が来てとまる 岡本眸
霜除に眼鏡を忘れ一夜過ぐ 山口青邨
霜除に触れむとすなる半旗かな 阿波野青畝
霜除の下離々として野は葛飾 山口青邨
霜除の夜の暗さを思ひ遺る 岡本眸
霜除の花笠の如く何囲ふ 山口青邨
霜除の藁かぐはしや鴬巣駅 草間時彦 櫻山
霜除の藁に降る雨だけ見えず 後藤比奈夫
霜除の藁の表情ゆるびし日 後藤比奈夫
霜除の藁苞に指入れ覗く 高浜年尾
霜除の蜜柑山わが見舞ふのみ 百合山羽公 寒雁
霜除の逞とび出し地虫かな 阿波野青畝
霜除は納豆の苞や牡丹の芽 渡邊水巴 白日
霜除へ草履引つかけ怠け者 波多野爽波
霜除やいとけなき菜のかたまりて 山口青邨
霜除やこころにくくも蝶の影 阿波野青畝
霜除や月を率き行くオリオン座 渡邊水巴 白日
霜除をとればぱら~落つ葉かな 高野素十
霜除を出て金屏に寒牡丹 松本たかし
霜除を被せるものと巻くものと 後藤比奈夫
霜除を見て通りけり藪巻も 星野麥丘人
風吹けばはためきさうな霜除も 後藤比奈夫

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

霜夜 の俳句

霜夜 の俳句

霜夜

例句を挙げる。

うかうかと生て霜夜の蟋蟀 二柳
かむさりてたみくさ~の霜夜かな 白水郎句集 大場白水郎
かり~と星くづ落す霜夜かな 高木晴子 花 季
きざ柿のしぶのもどれる霜夜かな 犀星
きびしさや寒の霜夜の石の冴え 北原白秋
ころころと虫もむらつく霜夜かな 種文 芭蕉庵小文庫
さし向ひ噺の消ゆる霜夜哉 瓢子
さま~の音走りすぐ霜夜かな 横田弥一
しんしんと大蔵経に霜夜満つ 有馬朗人
そこのみの霜夜灯に製図引く 永井龍男
なぜ死にしと吾子叱りゐる霜夜かな 岡部六弥太
なべ炭の燃ゆる霜夜や生姜酒 水田正秀
ひだるさに馴れてよく寝る霜夜かな 惟然
ひとつづつ霜夜の星のみがかれて 相馬遷子 雪嶺
ほんのりと茶の花くもる霜夜かな 正岡子規
ぼのくぼに雁落かかる霜夜かな 斉部路通 (1649-1783)
ぼのくぼに雁落かゝる霜夜かな 路通
もうひとり子欲しと誘ふ霜夜妻 中条角次郎
もう~と霜夜に烟る煙出し 鬼城
オリオンが移る樹海の霜夜かな 渡邊水巴 富士
カスタネツトなほ耳にあり霜夜なる 文挟夫佐恵 黄 瀬
ナホトカに帰る霜夜の船の銅鑼 福田甲子雄
一いろも動く物なき霜夜かな 野水
一人住み灯して更けて霜夜なる 上野章子
不忍の鴨寝静まる霜夜かな 正岡子規
乞食の犬抱いて寝る霜夜かな 許六
予後の身の霜夜に庇ふ足の冷え 深谷雄大
人抱けば人ひびきける霜夜かな 小澤實 砧
仏壇に句稿あづくる霜夜かな 佐野青陽人 天の川
何もなき壁や霜夜の影法師 寺田寅彦
先生の銭かぞへゐる霜夜かな 寺田寅彦(1878-1935)
兵の児を炉にだく霜夜いかにせん 飯田蛇笏 春蘭
出城みな落ちて霜夜のかがり哉 中勘助
動悸収まらず霜夜の白みたる 桑田青虎
名を捨てて踏む下総の霜夜かな 高柳重信
土掘るや工夫霜夜の肩そろへ 細谷源二 鐵
地つづきに死火山のあり霜夜寝る 宮津昭彦
夢さめて血気萎えたる霜夜かな 石塚友二 光塵
大根の辛子のきゝし霜夜かな 角川春樹
妻と来て霜夜をランプなれど寝ん 杉山岳陽 晩婚
妻も病み霜夜の足の寝て揃ふ 小林康治 玄霜
妻身寄す霜夜鶏鳴遠し遠し 川口重美
妻連れて霜夜を来たり風刺すとも 杉山岳陽 晩婚
子鼠の井戸に落ちたる霜夜かな 寺田寅彦
屑籠に反古音立つる霜夜かな 矢田邦子
山守の月夜野守の霜夜しかの聲 蕪村遺稿 秋
師の枕霜夜の富士へやゝ遠し 佐野青陽人 天の川
幸うすき人と霜夜の一つ屋根 林翔 和紙
待ちくるるいとど霜夜の七つ八つ 立花北枝
念仏より欠伸たふとき霜夜かな 野澤凡兆
我骨のふとんにさはる霜夜かな 蕪村遺稿 冬
戞然とくわりんの落つる霜夜かな 中勘助
手さぐりてインク匂へる霜夜かな(停電連夜の慣ひとなる) 『定本石橋秀野句文集』
手さぐりに水甕さがす霜夜かな 福田甲子雄
星一つ見えて寐られぬ霜夜哉 夏目漱石 明治二十八年
昨日別れし人のおもはる霜夜かな 上村占魚 鮎
月こごし霜夜の琴のるんと鳴り 太田鴻村 穂国
月山のふもとしんしん霜夜にて動かぬ闇を村とよぶなり 馬場あき子
月輪に万霊こもる霜夜かな 渡辺水巴 白日
朱の椀にすこし飯盛る霜夜哉 露月句集 石井露月
朴の月霜夜ごころにくもりけり 原石鼎
柊の花に明け行く霜夜かな ぶん村 霜 月 月別句集「韻塞」
柵越へて馬の逃げ出す霜夜かな 土肥あき子
棒立ちの霜夜の時間ちちははよ 小檜山繁子
水風呂に垢の落ちたる霜夜かな 許六 霜 月 月別句集「韻塞」
海遠く霜夜の溲瓶鳴つており 井上純郎
灯火のすはりて氷る霜夜かな 松岡青蘿 (せいら)(1740-1791)
炭燃えてひとなつかしき霜夜かな 太田鴻村 穂国
煙たえて香爐の冷める霜夜かな 飯田蛇笏
熊坂が長刀あぶる霜夜かな 湖十
燈もたよりも消る霜夜かな 松岡青蘿
燦として霜夜の星や江の五更 古山鶴年
物かは殿霜夜恨みん鐘の 調泉 選集「板東太郎」
犬の子の鳴くに目さめし霜夜かな 森鴎外
狐なく霜夜にいづこ煤はらひ 炭 太祇 太祇句選後篇
玻璃の外ソウルの霜夜ならむかな 河野美奇
産月の牛甘えをる霜夜かな 平賀扶人
病む母に霜夜の市電閃光す 丸山哲郎
病めば霜夜の言葉あたたか犬・猫に 沖田佐久子
眩しみてひらく霜夜の来迎図 鷲谷七菜子 花寂び
磧ゆくわれに霜夜の神楽かな 飯田蛇笏 山廬集
篝焚く函谷関の霜夜かな 寺田寅彦
籠鳥の目灯幕ふかに霜夜かな 乙字俳句集 大須賀乙字
米の椀にすこし飯盛る霜夜哉(妙心寺) 石井露月
米堤ぐる霜夜もラムネたぎらし飲む 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
籾摺機がうがうと噴き霜夜なり 佐藤 国夫
紙をもて明りを包む霜夜かな 長谷川櫂
細月の傾きをりぬ霜夜なる 高木晴子
織殿の霜夜も更けぬ女声 黒柳召波 春泥句集
羊煮て兵を労ふ霜夜かな 黒柳召波 春泥句集
老い巧者難儀と晴子告る霜夜 後藤綾子
耳敏くなりし霜夜のつづきけり 永井龍男
肺炎の児に蚊帳くゞる霜夜かな 渡辺水巴 白日
腹の子の風邪引くといふ霜夜かな 野見山朱鳥
臘涙の一滴花となる霜夜 千代田葛彦
苫撫て見るや霜夜の山かつら 山扇
菜畠の霜夜は早し鹿の聲 蕪村 秋之部 ■ 雨中の鹿といふ題を得て
葬儀社に鉋の音す霜夜かな 渡辺水巴 白日
薄綿はのばし兼ねたる霜夜かな 龍之介 (伯母の言葉を)
藪蔭に棄子のさけぶ霜夜哉 寺田寅彦
蚤出でて霜夜を擾すことをせり 相生垣瓜人 微茫集
蝋涙の一滴花となる霜夜 千代田葛彦
言ひそびれし半句を見つめ霜夜かな 谷口桂子
誤診かも知れず霜夜の道かへる 小坂蛍泉
質すべき一語霜夜の書庫に入る 篠塚しげる
質草も枯尽したる霜夜かな 尾崎紅葉
赤貧にたへて髪梳く霜夜かな 飯田蛇笏 山廬集
蹇が霜夜の妻を哭かしゐて 小林康治 玄霜
辻堂に狐の寝たる霜夜かな 正岡子規
遠き燈ほどつぶらに呼べる霜夜帰る 宮津昭彦
酒さめてしゝむら冷ゆる霜夜かな 西島麥南 金剛纂
酒臭きは人けもの臭きは猫霜夜 殿村莵絲子 牡 丹
金柑を星のごと煮る霜夜かな 黒田杏子
鐘の音の腰にこたゆる霜夜かな 諸九尼
障子際に帯おいて寝る霜夜かな 綾子
電話なき霜夜の部屋の広さかな 谷口桂子
霜ふるや病舎も獄も霜夜の塀 古沢太穂 古沢太穂句集
霜夜てふ言葉のありて恋しけれ 細見綾子 花寂び
霜夜なる帰り来る子の遅ければ 池内たけし
霜夜にて胡桃楸邨栗波郷 小檜山繁子
霜夜ぬくく君をいだきて寝るごとし 飯田蛇笏 椿花集
霜夜の寝床がどこかにあらう 種田山頭火 草木塔
霜夜の砦火の海となり落城す 町田しげき
霜夜の鐘六つ無病に寝覚哉 井原西鶴
霜夜ひとり買ひきし塩を壺にうつす 石橋秀野
霜夜ふかしひびく鍵音咎をこめ 赤尾兜子
霜夜また明けてのばせし命かな 橋本榮治 越在
霜夜みどりご主に似姿の熟睡や 大高弘達
霜夜子は泣く父母よりはるかなるものを呼び 加藤楸邨(1905-93)
霜夜寝て四方走り居る汽車のこと 石塚友二 方寸虚実
霜夜来し髪のしめりの愛しけれ 林火
霜夜来て何考ふる煙草の輪 森澄雄
霜夜来て泣きてそのまま寺に棲む 大串章
霜夜経て移り住む家の楢櫟 杉山岳陽 晩婚
霜夜読む洋書の大きな花文字より 田川飛旅子 『花文字』
霜夜逢へばいとしくて胸もとのさま 中塚一碧樓
霜夜野犬杭を打ち込むごとく啼く 森澄雄
靴音はをんならしくも霜夜なる 室生犀星 犀星発句集
鞴火のころげあるきて霜夜かな 飯田蛇笏 霊芝
音のして家引き締まる霜夜かな 瀧澤伊代次
髪なびき/霜夜/夜ごとの/夢枕 折笠美秋 火傅書
鼠に胸渡らるゝ霜夜かな 石塚友二
鼬また来しか霜夜の鶏騒ぐ 鈴木友清
龍の丈ほどの帯解く霜夜かな 池上貴誉子

霜夜 補遺

『胸形変』読む霜夜のあかり低くして 中村苑子
あきらめに似てもの縫えり霜夜妻 楠本憲吉 孤客
いちまいの枯葉を肩に霜夜来ぬ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
うす月を雁なきたつる霜夜かな 原石鼎 花影
うたれ雉子を灯によせて見る霜夜かな 原石鼎 花影
おのが声に覚めてその後の霜の夜や 安住敦
かきぶねしつかりかけて霜夜だ 尾崎放哉 須磨寺時代
かへりみて母なし霜夜焼栗買ひ 能村登四郎
ここに坐しき霜夜征きたりき今は亡し 加藤秋邨
ことりともいはぬ霜夜のしづけさよ 日野草城
ただ漠と体動かし霜夜を寝る 金子兜太
ひとつづつ霜夜の星のみがかれて 相馬遷子 雪嶺
ひとりごとそのままこごる霜夜かな 日野草城
ほどほどに飲むべき酒の霜夜かな 石塚友二 磊[カイ]集
ほんのりと茶の花くもる霜夜哉 正岡子規 霜夜
まのあたり家焼け落つる霜夜かな 村山故郷
オリオンが移る樹海の霜夜かな 渡邊水巴 富士
グノー聴けば波郷を憶ふ霜夜かな 林翔
一*たきの残り香ながき霜夜かな 日野草城
不忍の鴨寐靜まる霜夜かな 正岡子規
九つか霜夜の鐘に泣く女 正岡子規 霜夜
二杯目の甘酒あつき霜夜かな 日野草城
人責むるおもひ一途に霜夜かな 飯田蛇笏 家郷の霧
伝中の茂吉老いゆく霜の夜を 相馬遷子 山河
保線夫の霜夜の声に稿急ぐ 伊丹三樹彦
兵の児を炉にだく霜夜いかにせん 飯田蛇笏 春蘭
兵の児を爐にだく霜夜いかにせん 飯田蛇笏 心像
別霜夜干のものゝ濃紫 石橋秀野
咳をして月かげけむる霜夜かな 日野草城
唇あつればなほ夢もちて霜夜の額 岸田稚魚 負け犬
土掘るや工夫霜夜の肩そろへ 細谷源二 鐵
夢さめて血気萎えたる霜夜かな 石塚友二 光塵
大勢に一人別るる霜夜かな 松本たかし
大根に簑着せて寝ぬ霜夜かな 村上鬼城
天邪鬼肘をつきをる霜夜かな 阿波野青畝
妻も病み霜夜の足の寝て揃ふ 小林康治 玄霜
寝すがたの低く失意の母に霜夜 松崎鉄之介
寺の子に鴨の羽ほしき霜夜かな 原石鼎 花影
尿せしわらべを叱る霜夜哉 正岡子規 霜夜
川音三たび変り霜夜の橋終りぬ 大野林火 雪華 昭和三十九年
幸うすき人と霜夜の一つ屋根 林翔 和紙
手さぐりてインク匂へる霜夜かな 石橋秀野
昨日別れし人のおもはる霜夜かな 上村占魚 鮎
月輪に万霊こもる霜夜かな 渡邊水巴 白日
朴の月霜夜ごころにくもりけり 原石鼎 花影
朴の月霜夜ごころに曇りけり 原石鼎 花影
枕辺の灯のなつかしき霜夜かな 日野草城
橋渡る音や霜夜の御所車 正岡子規 霜夜
死後も犬霜夜の穴に全身黒 西東三鬼
湯の沸ける音のあるのみ霜夜にて 森澄雄
炭火山とついで主す霜夜かな 村山故郷
焙じ茶の汲む間もかをる霜夜かな 日野草城
煙たえて香炉の冷える霜夜かな 飯田蛇笏 春蘭
煙たえて香爐の冷える霜夜かな 飯田蛇笏 山響集
牛の子の鼻いき白し霜夜哉 正岡子規 霜夜
牛の子の鼻息白き霜夜哉 正岡子規 霜夜
牛小屋に牛のつぐなる霜夜哉 正岡子規 霜夜
犬の子を狸はぐゝむ霜夜かな 正岡子規 霜夜
玻璃に星ちりばめ霜夜瓦斯は出ず 藤田湘子 途上
町裏や霜夜の川の波立てず 大野林火 海門 昭和七年以前
眩しみてひらく霜夜の来迎図 鷲谷七菜子 花寂び
瞑りて胃ぶくろみゆる霜夜かな 日野草城
磧ゆくわれに霜夜の神楽かな 飯田蛇笏 山廬集
祷り手に組んで霜夜の眠り待つ 平井照敏 猫町
耳底に母の石臼霜降る夜 石塚友二 曠日
肅々と馬に鞭うつ霜夜かな 正岡子規 霜夜
肺炎の児に蚊帳くゞる霜夜かな 渡邊水巴 白日
胡桃割つてみつみつの声霜夜にて 森澄雄
腹の子の風邪引くといふ霜夜かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
苫の霜夜の間にちりし紅葉哉 正岡子規 散紅葉
葬儀社に鉋の音す霜夜かな 渡邊水巴 白日
蚤出でて霜夜を擾すことをせり 相生垣瓜人 微茫集
親牛の子牛をねぶる霜夜哉 正岡子規 霜夜
赤貧にたへて髪梳く霜夜かな 飯田蛇笏 山廬集
蹇が霜夜の妻を哭かしゐて 小林康治 玄霜
農日記永し霜夜の汽笛ゆく 飯田龍太
辻堂に狐の寐たる霜夜かな 正岡子規 霜夜
遅月のかゞやきつゝも霜夜かな 高浜年尾
酒さめてしゝむら冷ゆる霜夜かな 西島麥南 金剛纂
酔うて寝て漏刻も知らず霜夜かな 村山故郷
酪農の灯る霜夜となりにけり 阿波野青畝
醉蟹の壺を伺ふ霜夜かな 正岡子規 霜夜
金岡の馬靜まりし霜夜哉 正岡子規 霜夜
鉛筆の香に酔ふ眸して子の霜夜 渡邊白泉
鐘つきの衣かたしく霜夜哉 正岡子規 霜夜
陶物のあをき色もてる霜夜かな 大野林火 冬青集 雨夜抄
障子際に帯おいて寝る霜夜かな 細見綾子 桃は八重
霜の夜の子猫話をつづけたり 平井照敏
霜の夜の寝酒の量を過したる 安住敦
霜の夜の眠りが捕ふ遠き汽車 野澤節子 未明音
霜の夜の花火七彩きのこ雲 角川源義
霜の夜や赤子に似たる猫の声 正岡子規 霜
霜ふるや病舎も獄も霜夜の塀 古沢太穂 古沢太穂句集
霜夜そのふるさとびとを呼びて亡し 加藤秋邨
霜夜てふ言葉のありて恋しけれ 細見綾子 桃は八重
霜夜なり胸の火のわが*あら蝦夷(えみし) 佐藤鬼房
霜夜にてゆゑなく紙縒ほぐしゐる 佐藤鬼房
霜夜ぬくく君をいだきて寝るごとし 飯田蛇笏 椿花集
霜夜のネオン火のごと埋立てられてすぐ 大野林火 雪華 昭和三十九年
霜夜の寝床がどこかにあらう 種田山頭火 草木塔
霜夜の寝床が見つからない 種田山頭火 自画像 落穂集
霜夜ひとり買ひきし塩を壺にうつす 石橋秀野
霜夜ひとり餅焼き焦す出征歌 加藤秋邨
霜夜ふかしひびく鍵音咎をこめ 赤尾兜子 歳華集
霜夜もどりし馬にさし出す灯かな 右城暮石 句集外 昭和八年
霜夜わが傍にねしもの息安し 森澄雄
霜夜二人子熟睡してはや寝息なし 森澄雄
霜夜北斗をつらぬく煙われ強かれ 加藤秋邨
霜夜厨に柄杓うつぶせ妻病めり 森澄雄
霜夜妻子の寐息ひとつになり離る 篠原梵 年々去来の花 皿
霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤秋邨
霜夜寝て四方走り居る汽車のこと 石塚友二 方寸虚実
霜夜待つ丹田に吾子生るるを 森澄雄
霜夜托す健やかなれの唯一語 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
霜夜来し髪のしめりの愛しけれ 大野林火 海門 昭和七年以前
霜夜来てかくしより出す鰹節 加藤秋邨
霜夜死の眸が我を見定む息溜めては 加藤秋邨
霜夜睦む子工作の絃鳴らし 佐藤鬼房
霜夜覚めゐしを家人にけどられしや 安住敦
霜夜逢へばいとしくて胸もとのさま 中川一碧樓
鞴火のころげあるきて霜夜かな 飯田蛇笏 霊芝
鶴鳴く霜夜の障子ま白くて寝る 尾崎放哉 須磨寺時代

霜夜 続補遺

あたゝまる心で寐入霜夜哉 牧童
あたゝめた碁石湯気たつ霜夜哉 三宅嘯山
うなり出す三斗の釜も霜夜哉 夏目成美
から凍に瓦の破る霜夜かな 許六
しろがねに蛤をめせ霜夜の鐘 杉風
その声は霜夜に似たり時鳥 成田蒼虬
なべ炭の燃る霜夜や生姜酒 正秀
ならはせや霜夜を鼾く薦かぶり 高桑闌更
はるもまだ柳はげしき霜夜かな 完来
ひだるさに馴てよく寐る霜夜哉 惟然
ひだるさに馴れてよく寝る霜夜哉 広瀬惟然
ぼのくぼに雁落かゝる霜夜かな 路通
ぼのくぼに雁落ちかゝる霜夜かな 斎部路通
また一つ着れば着寒の霜夜哉 傘下
よく聞けば大豆がらをふむ霜夜哉 岱水
一いろも動く物なき霜夜かな 野水
下びえのあがればおるゝ霜夜哉 尚白
主従のそばねりかゝる霜夜かな 卯七
傾城の母親おもふ霜夜かな 許六
六地蔵並んで冴る霜夜かな 三宅嘯山
六月をおもひ出すほど霜夜哉 使帆
半鐘の音さへ渡る霜夜かな 木導
埋火に酒あたゝめる霜夜哉 桃隣
山犬を馬が嗅出す霜夜哉 其角
帯とひて寐たれば氷る霜夜哉 許六
待くるゝいとゞ霜夜の七つ六つ 北枝
念仏より欠たふとき霜夜哉 凡兆
打もたれ枯野に明す霜夜哉 凉菟
撫て見て夜着に覚ゆる霜夜かな 三宅嘯山
星影の海にさは~霜夜哉 怒風
月落て風地に篭る霜夜かな 長翠
柊の花に明行霜夜かな 〔ブン〕村
沙汰なしに柿の霜夜や後の月 馬場存義
灯のほち~と鳴る霜夜哉 三宅嘯山
灯も花さき実のる霜夜かな 桜井梅室
燈もたよりも消る霜夜かな 松岡青蘿
狐なく霜夜にいづこ煤はらひ 炭太祇
瓢の音霜夜は妙を出しけり 田川鳳朗
眼の花のとし~ふえる霜夜哉 桜井梅室
竹の葉のさは~霜の夜風かな 紫道
筆の寿も遺ひ尽せる霜夜哉 寥松
納豆やら隣にたゝく霜夜かな 句空
織殿の霜夜も更ぬ女声 黒柳召波
羊煮て兵を労ふ霜夜哉 黒柳召波
臨済の録に目見出す霜夜かな 尚白
菜の味のつくとはきけど霜夜哉 秋之坊
藤だなに小桶のせたる霜夜哉 寥松
行燈に藥罐釣りたる霜夜哉 加藤曉台
雉も啼犬も霜夜の山辺哉 井上士朗
霜の夜に吹にはかなし水鶏笛 土芳
霜の夜に吹もはかなし水鶏笛 土芳
霜の夜や何とて夏は寝兼たる 凉葉
霜の夜や大たか小だか薄がさね 木節
霜の夜や木に離れたる猿の声 林紅
霜の夜や木綿合羽をつき通す 許六
霜の夜や琵琶の海さへ音を出さず 乙訓
霜の夜や鴫の羽がき尚さむし 樗良
霜夜の戸ひきよせて誰帰りしか 寥松
霜夜の鐘六つ無病に寝覚哉 西鶴
鳴る河に狐のまよふ霜夜哉 浪化
鶯舁はかるきを悔む霜夜かな 野坡

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:25 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬凪 の俳句

冬凪 の俳句

冬凪

例句を挙げる。

わが車窓板張りに寒凪の海 林原耒井 蜩
世を捨てしごと冬凪の波止に釣る 上崎暮潮
伊吹峨々と眉に迫りて冬凪げり 高木蒼梧
光る海光らぬ熔岩と冬凪げり 下村ひろし 西陲集
冬凪いでゐても欠航なりし霧 稲畑汀子
冬凪ぎて勅語ひゞきし御空なる 渡邊水巴 富士
冬凪ぎて砂に小貝の美しく 吉屋信子
冬凪ぎて黄泉比良坂どの撓ぞ 宮津昭彦
冬凪ぎにまゐる一人や山神社 飯田蛇笏 霊芝
冬凪ぎの山国目覚め黒き猫 五十嵐春草
冬凪げる湖心に遇ひし雁の列 相馬遷子 山国
冬凪げる瀬戸よ比売宮ふしをがみ 杉田久女
冬凪といふと雖も浪の音 高浜虚子
冬凪に六万五千トンの航く 稲畑廣太郎
冬凪に冥き沖あり河豚干さる 高本松栄
冬凪に老の美貌をしげしげと 大塚去村
冬凪のおろかに晴るる芯にゐて 平井照敏 天上大風
冬凪のさざ波天に連なりぬ 工藤久平
冬凪のしづけさ空の鳶にまで 永田耕一郎 雪明
冬凪のつひにしづめる日なりけり 久保田万太郎 流寓抄
冬凪の伊豆見通しにつばき御所 荒井正隆
冬凪の倒れくるもの本その他 永末恵子 発色
冬凪の松傾くに貯木守る 木村蕪城 寒泉
冬凪の檸檬色づくほのかなり 水原秋櫻子
冬凪の波こそ愛せあはうどり 大木あまり 火球
冬凪の波止に荷下ろす旅一座 伊東白楊
冬凪の海の上まで鳥羽市内 右城暮石 上下
冬凪の海岸の家の若き人の死 梅林句屑 喜谷六花
冬凪の海岸道路出来つゝあり 高濱年尾 年尾句集
冬凪の海引き潮か満ち潮か 鈴木半風子
冬凪の漁舟きらめくもの積めり 米澤吾亦紅
冬凪の虚子先生の浜に来し 後藤比奈夫
冬凪の表面張力妻の恋 高橋彩子
冬凪の馬体たびたび現はると 中田剛 珠樹以後
冬凪の魚油浮く潮に堂の影 下村ひろし 西陲集
冬凪は余りに淋し菊を切る 宮崎 寒水
冬凪やうしろ手に待つ島渡舟 塙 三千男
冬凪やひたと延べあふ岬二つ 井沢正江
冬凪やめし白ければまた涙 宇佐美魚目 秋収冬蔵
冬凪や一木の齢ここに澄む 赤尾兜子
冬凪や埠頭倉庫は荷の満てる 五十嵐播水 埠頭
冬凪や岩のくぼみに小蟹這ふ 河本好恵
冬凪や橋の上から鯊釣って 鈴木真砂女
冬凪や比枝の杉間の琵琶巨細 東洋城千句
冬凪や水に映れる船の文字 加藤霞村
冬凪や沖の巨船の向き変る 久米谷和子
冬凪や漁師ばかりの理髪館 水野李村
冬凪や煙のごとき雑木山 高須茂
冬凪や置きたるごとく桜島 轡田 進
冬凪や老いても太き祖父の腕 安部亜紀
冬凪や身透きし烏賊を干しならべ 北野民夫
冬凪や鉄塊として貨車憩ふ 木下夕爾
大御空敵機それしか冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
寒凪ぎのせきれいつぐむ谷の石 中勘助
寒凪ぎの高鳥見ゆる峠かな 乙字俳句集 大須賀乙字
寒凪ぐや比叡頂きはとんがり帽 及川貞
寒凪といへども枕ひびきけり 黒田杏子
寒凪のたまたまかすみわたりけり 久保田万太郎 流寓抄
寒凪のひと日の起居のぞかばや 金尾梅の門 古志の歌
寒凪の初場所日和つヾきけり 久保田万太郎 流寓抄
寒凪の夕月早く葱掘れる 金尾梅の門 古志の歌
寒凪の夜の濤一つ轟きぬ 川端茅舎
寒凪の孤舟となりて鯛を釣る 佐野まもる 海郷
寒凪の微塵もたゝぬ家居かな 金尾梅の門 古志の歌
寒凪の担架の空の屋根ばかり 太田鴻村 穂国
寒凪の水にやすらふ羽虫かな 渡辺水巴 白日
寒凪の沖の小島ゆ雲に伏す 田中水桜
寒凪の海へ寒河の光りゆく 百合山羽公 寒雁
寒凪の海を動かす澪つくし 百合山羽公 寒雁
寒凪の渦をゆたかに押しながす 佐野まもる 海郷
寒凪の筬の音追ふ筬の音 殿村莵絲子 雨 月
寒凪の網そそぐ音江におこる 木村蕪城 寒泉
寒凪の落木もろく踏まれけり 西島麦南 人音
寒凪の鴎かたむき水尾に下る 米沢吾亦紅 童顔
寒凪やなかなか消えぬ汽車の尻 飴山實 少長集
寒凪やはるかな鳥のやうにひとり 清水径子
寒凪やタブの影おく海鼠の江 前田普羅 能登蒼し
寒凪や亀甲厚き松の瘤 百合山羽公 寒雁
寒凪や伊根の舟屋は魚籠を干し 秋田安穂
寒凪や歩いて行けさう初島は 和田 祥子
寒凪や水平線に船生れし 東 容子
寒凪や浅からぬ遠ちの友来る日 及川貞 榧の實
寒凪や積木のごとき山の墓 岡本高明
寒凪や薩摩切子も海のいろ 大立しづ
寒凪や重なる伊豆の島ふたつ 三溝沙美
寒凪や銀河こぼるゝなまこの江 前田普羅 能登蒼し
忘却の冬凪身もだえ詑ぶ者無し 香西照雄 対話
戦場に続く海なり冬凪げる 水原春郎
柿の木のしだれ照る実の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
残照といへど寒凪の起重機にのみ 米沢吾亦紅 童顔
猫柳寒凪ぎに似し日嫋々 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
男は次郎長の清水の海の冬凪 中塚一碧樓
聖堂を芯に一湾冬凪げり 下村ひろし 西陲集
荒野深く実生の松の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
農の閑愛書ひたすら冬凪す 飯田蛇笏 春蘭
返照におちょろ船かも冬凪ぎて 及川貞 夕焼

冬凪 補遺

佐渡曇る冬凪趺坐のミイラ仏 角川源義
冬凪いで骨壷のこと筆のこと 岡井省二 有時
冬凪ぎて勅語ひゞきし御空なる 渡邊水巴 富士
冬凪ぎて龍馬着袴の後姿 山口誓子
冬凪ぎにまゐる一人や山神社 飯田蛇笏 霊芝
冬凪げる和布刈の磴に下りたてり 杉田久女
冬凪げる湖心に遇ひし雁の列 相馬遷子 山国
冬凪に写せし写真五六枚 右城暮石 句集外 昭和二十四年
冬凪に連ねて巌のロザリオよ 上田五千石 天路
冬凪に適ひて市場言葉かな 飯田龍太
冬凪のおろかに晴るる芯にゐて 平井照敏 天上大風
冬凪のまさにちりめん波なりし 清崎敏郎
冬凪の七里沖縄直ぐそこに 山口誓子
冬凪の兵粮山は烏山 佐藤鬼房
冬凪の小島丸ごと買ひたしや 右城暮石 虻峠
冬凪の松傾くに貯木守る 木村蕪城 寒泉
冬凪の櫓の音きこゆ懺悔台 水原秋櫻子 蓬壺
冬凪の波打際をしやがみ聴く 三橋敏雄
冬凪の海おもひをり人泊めて 飯島晴子
冬凪の海の上まで鳥羽市内 右城暮石 上下
冬凪の海補陀落の天へ充つ 右城暮石 句集外 昭和五十四年
冬凪の畦のそこらに剪りしとや 山口青邨
冬凪の虚子先生の浜に来し 後藤比奈夫
冬凪の雌山は裾をひろげたり 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
冬凪の鳥ゐて墓石風化せり 橋閒石 朱明
冬凪やいくにち繋がるソ連船 阿波野青畝
冬凪や地にありありと俵痕 能村登四郎
冬凪や島のみどりはどれも松 上村占魚
冬凪や橋の上から鯊釣つて 鈴木真砂女 居待月
冬凪や櫂へらへらと島渡舟 富安風生
冬凪や浦は蒲公英咲くところ 高屋窓秋
冬凪や網干す人も顔なじみ 鈴木真砂女 夏帯
冬凪や越前岬まで行かず 星野麥丘人
冬凪を家一ぱいにして咳す 右城暮石 句集外 昭和二十四年
大御空敵機それしか冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
孫三人竿三本持たせ冬凪あたたかし 荻原井泉水
寒凪に魚貝そろひしちらし鮨 水原秋櫻子 緑雲
寒凪の夜の濤一つ轟きぬ 川端茅舎
寒凪の島の一日暮るる刻 岸田稚魚 紅葉山
寒凪の日も人を焼く黒けむり 日野草城
寒凪の日暮夫婦に方位盤 佐藤鬼房
寒凪の水にやすらふ羽虫かな 渡邊水巴 白日
寒凪の海へ寒河の光りゆく 百合山羽公 寒雁
寒凪の海を動かす澪つくし 百合山羽公 寒雁
寒凪の海を普賢と思ひをり 岡井省二 鹿野
寒凪の網そそぐ音江におこる 木村蕪城 寒泉
寒凪の落木もろく踏まれけり 西島麦南 人音
寒凪やなかなか消えぬ汽車の尻 飴山實 少長集
寒凪やタブの影おく海鼠の江 前田普羅 能登蒼し
寒凪や亀甲厚き松の瘤 百合山羽公 寒雁
寒凪や初更の煙まつすぐに 石橋秀野
寒凪や妻に送られかの舟も 高田風人子
寒凪や浅からぬ遠ちの友来る日 及川貞 榧の實
寒凪や礁に乾く蜑草履 富安風生
寒凪や舞ひ澄む鳶の眼にはつと 川端茅舎
寒凪や草にこぼれし青ペンキ 岡本眸
寒凪や銀河こぼるゝなまこの江 前田普羅 能登蒼し
師の賜ひたる寒凪を見て飽かず 岡本眸
忘却の冬凪身もだえ詑ぶ者無し 香西照雄 対話
柿の木のしだれ照る実の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
父の忌日が来る冬凪潮のうごき 中川一碧樓
男は次郎長の清水の海の冬凪 中川一碧樓
胸中にあり冬凪の街の河 右城暮石 句集外 昭和二十三年
荒海に大冬凪の二三日 阿波野青畝
荒野深く実生の松の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
農の閑愛書ひたすら冬凪す 飯田蛇笏 春蘭
農閑の愛書ひたすら冬凪す 飯田蛇笏 心像
返照におちょろ船かも冬凪ぎて 及川貞 夕焼

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:21 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング