<   2017年 03月 ( 171 )   > この月の画像一覧

初護摩 の俳句

初護摩 の俳句

初護摩 

初護摩のほむらに気合い読経僧 澁沢美代子
数珠で嬰撫でて初護摩終りけり 川澄祐勝
初護摩の炎に厄を投じけり 歌川雅秋子
丹田にひびく初護摩太鼓かな 豊田喜久子
初護摩の法螺に一天ひきしまり 山口峰玉
初護摩や五臓六腑で聞く太鼓 今村 岱
初護摩や我に流るる原始の血 松岡博水
初護摩や親子相打つ大太鼓 山城やえ
初護摩の菩提寺太鼓とどろけり 寺崎美江女
月山に初護摩太鼓轟けり 菅原庄山子
むささびに鳴る初護摩の大太鼓 大島民郎
初護摩やつづれ錦で身を包み 川澄祐勝
初護摩の出を待つ僧の焚火かな 岡村羊羽
初護摩を焚く上堂の太鼓鳴る 立木大泉
初護摩の障子明りに合掌す 沢村春子
初護摩の十二神将けぶらしぬ 松本菊子
初護摩の煙信者を包みけり 小川立冬
初護摩の法螺一山を貫けり 中島ふゆみ
初護摩の法鼓五臓をゆさぶれり 斎藤智恵雄
フラツシユを浴び初護摩の大僧正 中村菊雄
初護摩の爆ず火明りに躬を正す 井桁汀風子
初護摩の猛る炎に合掌す 定形早春
座主の焚く初護摩雪の峰の寺 中尾吸江
わが焚いて浴びて初護摩大煙 後藤薫風
初護摩のほのほゆらめく杉の幹 羽田岳水
初護摩の焔生きたり金色仏 高島筍雄
むささびに鳴る初護摩の大太鼓 大島民郎
初護摩の煙の中に滝仰ぐ 中村桑摘
初護摩や衣の塵を吹き飛ばし 古舘曹人
初護摩の火を僧の手のわしづかみ 井沢正江
蘇民受く初護摩火の粉天井まで 大野林火
初護摩の火の子滅法とどまらず 殿村莵絲子
初護摩札いのち惜しめと送り呉る 西山 誠
初護摩の火の子滅法とどまらず 殿村菟絲子
初護摩やマイクを通る火のひびき 成田郁子
初護摩札いのち惜しめと送り呉る 西山 誠
初護摩の焔生きたり金色仏 高島筍雄
初護摩の火の粉滅法とどまらず 殿村莵絲子 雨 月
初護摩の火を僧の手のわしづかみ 井沢正江 以後

初護摩 補遺

初護摩の闇生む堂の凍てにけり 松崎鉄之介
蘇民受く初護摩火の粉天井まで 大野林火 飛花集 昭和四十五年

以上

by 575fudemakase | 2017-03-27 16:45 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

二日 の俳句

二日 の俳句

二日

二日暮れ今年も二日たちにけり 富安風生
黒髪の国の二日を黙し征く 平畑静塔
鷺もゐて伊根の舟屋の二日凪 有田芳子
鶴あゆむ二日の畦のうすみどり 米谷静二
鵜の潜く波みて昏れし二日かな 稲垣きくの 黄 瀬
鳩がとぶ二日の空の浅黄色 阿部みどり女
鳥の影しばしば二日を籠りゐる 阿部みどり女
髪に浮く二日のうすき埃かな 鈴木真砂女 生簀籠
餅腹の汚さゆるせ二日酒 石川桂郎
飛ぶ寅の想得てたのし二日の子 原裕 『青垣』
風花の峡の小村の二日かな 松本たかし
風はたとやめば二日の壇の浦 白倉久子
鞆の津や既に二日の船出ある 松根東洋城
青空へもぐら顔出す二日かな 沢木欣一
電気ストーブ冴えざえ二日明けにけり 永井龍男
雪籠り二日朝夜と昔なし 石川桂郎 高蘆
雪煙あがる二日の岩手富士 山本一史
雪掻きて二日の店を開けにけり 榎本栄子
雪が来て二日の山のすがた見ゆ 中拓夫
雨去りし松に二日の日ざしかな 阪田昭風』
障子撫でる風の時折二日かな 阿部みどり女
鉄棒に少年二人二日の朝 佐藤鬼房
金魚浮び出でし二日の日はさゝね 林原耒井 蜩
酔漢の宵寝を覚す二日かな 石塚友二 光塵
遠山の枯生光れる二日かな 本郷迂象
迷ひ犬歩く二日の高速路 船坂ちか子
辞書ひきに立つや二日の雪催 斉藤夏風
足袋裏のかすかなる穢の二日かな 能村登四郎
越ヶ谷に鴨を見に来る二日かな 池内たけし
赤ん坊に指先噛ます二日かな 加藤かな文
調教馬二日の馬場をひた走る 佐藤信子
誰が踏みし雪ぞ二日の妻の墓 水野柿葉
試筆する二日の友に来りけり 五十嵐播水 播水句集
裏白の葉が乾反りつつくもりのまま正月二日寒く暮れにき 松村英一
行末はまたこの二人二日の夜 篠田悌二郎
蝶いでゝあそぶ高嶺の二日かな 渡邊水巴 富士
蜑が妻二日の凪に麦踏めり 水原秋桜子
虔みて写仏二日の大机 つじ加代子
蘆垣に日のさしぬける二日かな 久保田万太郎 流寓抄
蓮根の穴も二日の午後三時 橋間石
蓬髪にしみつく雪の二日かな 佐藤鬼房
華に先二日ちかよる二日かな 松岡青蘿
菩提樹に雪降りし香の二日かな 西村公鳳
荒海のけふ荒れてゐる二日かな 鈴木真砂女 生簀籠
若き等の駅にあふれて二日かな 新田千津子
若き日の映画も見たりして二日 大牧 広
船神のかざりしづかに二日の夜 伊東月草
腹の上に猫のせてゐる二日かな 行方克己 昆虫記
老人は烏なりけり二日の橋 橋石 和栲
義仲寺にときをりひとの来て二日 片山由美子 天弓
群れて白き羊追わるる二日かな 五十嵐研三
縫初めの二日も暮るる松の風 石原舟月
笹鳴の背戸にきてゐし二日かな 森澄雄
笹鳴の二日はや過ぎたりしこと 高濱年尾 年尾句集
笹鳴に対す二日の主かな 高浜虚子
竹の幹二日の夕日射しにけり 加藤三七子
立てかけし櫂に二日の天が澄む 木村蕪城 寒泉
窯元の賀状届きぬ二日かな 宮田正和
窓開けて二日の風を入れにけり 角川春樹
社務所より刀匠の出づ二日かな 鵜飼みち子
磨る墨の香にしまりたる二日かな 梅里全子 『祝矢』
磨る墨の吸ひつきのよき二日かな 澤田佳久
碁の音の次第に高き二日かな 平野無石
知覧にきて泣いて帰りぬ二日かな 村井国男
真直ぐに二日の空の飛行雲 林 瑠美
病院に妻の戻れる二日かな 高村寿山
留守を訪ひ留守を訪はれし二日かな 五十嵐播水
町中を鴉の荒らす二日かな 小島千架子
生海鼠干す伊良古が崎の二日凪
猫と灰いづれが温き二日かな 柿本多映
独楽打ちの子も見ず正月二日かな 小原菁々子
狩の犬一声鳴きし二日かな 日原傳
牡丹剪つて二日の酔のさめにけり 正岡子規
熱の子に白粥煮ゆる二日かな 永島理江子
焚火の炎上げて二日の富士見ゆる 石田郷子
火を焚きて遊び心の二日はや 雨宮きぬよ
濯ぎ場にすこし雪ある二日かな 沖崎一考
濤音の山の奥より多摩二日 宮坂静生 春の鹿
海鼠あれば二日正月事足んぬ 田中田士英
海牛の二日の波にたゆたへり 高澤良一 ももすずめ
浮島や鴫を二日の景として 佐藤鬼房
河口まで海を見にゆく二日かな 水田光雄
沖かけて波一つなき二日かな 久保田万太郎
永久の喪の母ごころけふ二日 及川貞 夕焼
水浴びの鳩や二日の弥陀の前 服部鹿頭矢
水のごと一日二日三日過ぐ 神蔵器
気の置けぬ二日の客や姪甥等 五十嵐播水 播水句集
毛氈に据ゑて二日の硯かな 中村祐子
歯朶に風二日夜更けて客のあり 小松崎爽青
正月の二日は遊ぶはじめかな 信徳
檀一雄逝きし二日の夜風かな 細川加賀
橙に雨柔らかき二日かな 浅賀渡洋
棒のやうに二日の酒気につらぬかれ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句
枯草のもう赤い芽の一月二日一月三日 栗林一石路
松風に流れ二日の石たたき 大峯あきら 宇宙塵
東京に闇の戻りし二日かな 戸恒東人
杉玉に用水の鳴る二日かな 高澤良一 随笑
月さえて二日に成りぬ雪仏 蒼[きう]
月さえて二日に成ぬ雪仏 蒼[きう]
月かともいはん間もなき二日かな 杉 風
書初の二日にあらぬ日なりけり 青木重行
暮れ際の雲を見てゐる二日かな 高澤良一 暮津
春立つて二日霞のいこま山 大江丸
春なれて二日の門の楽しけれ 柳女
日も富士も白き光の二日かな 渡邊水巴 富士
日の端の硯の海の二日かな 本庄登志彦
文鎮に海の日のさす二日かな 畠山譲二
放埓の二日となりし酢牡蠣かな 古舘曹人 樹下石上
戸の隙に二日の潮が流れをり 五十地 建
怒ることできてしまひし二日かな 中村春逸
念仏寺雨降る石の二日かな 村上しゆら
志寿太夫の高き声佳き二日かな 都筑智子
引くときも二日の波の岩を越ゆ 田島魚十
庵の春二日の夜より更けにけり 樗堂
庭隅の幹に日のある二日かな 桂信子 遠い橋
常のごと二日の客の裏戸より 高浜虚子
師の影を踏んで二日の女弟子 岡田久慧
師のもとにまかりてやすき二日かな 石塚友二 光塵
峡の空二日の星の吹き溜り 滝 佳杖
岩手山雪けむり立つ二日かな 沼澤 石次
山牛蒡鶲も二日三日かな 加藤楸邨
山彦も山を出ることなき二日 鷹羽狩行
山寺に書見の灯ある二日かな 山本洋子
屑籠に二日の日差し移りけり 高澤良一 宿好
小鼓の朱の緒を締むる二日かな 市川つね子
富士川の水みどりなる二日かな 室積波那女
家訓とてなくて集まる二日かな 深見けん二
客去れば早も日暮るる二日かな 小川匠太郎
客のあと硯開きぬわが二日 石塚友二
子連夫婦来て帰りたる二日かな 安住敦
子らとまる電話かかりし二日かな 五十嵐播水 埠頭
子の来るを待ちてそぞろの二日かな 佐々木克明
子が駆けて二日いろどる宇治堤 小松初枝
嫁になる娘が来てくれし二日かな 藤実艸宇
夫すでに書斎に入りし二日かな 池上不二子
大仏を蔵する鴟尾の二日かな 角川春樹 夢殿
大き聖書置かれ二日の説教台 古賀まり子
大き田に人の出てゐる二日かな 露崎士郎
夢殿や二日の夢に竜の髭 角川春樹 夢殿
夕暮れの湖に日矢入る二日かな 伊藤敬子
夕影の二日の富士や見給はず 小池文子 巴里蕭条
土筆摘みて二日の指に草のいろ 伊藤敬子
噴いてきし飯の匂ひの二日かな 大南テイ子
咥え来し木の葉みどりに二日の猫 北原志満子
別嬪な鳥が来てゐる二日の木 高澤良一 さざなみやつこ
初東風や二日に吹けば月も有り 一草
冬深し二日の糧の米二合 佐原トシ
元旦の鯛焼き返す二日かな 角川春樹
元日二日京のすみずみ霞みけり 蕪村
元日二日ことに三日の日和かな 高橋淡路女
元日も二日も暮れてしまひけり 元日 正岡子規
元日は嬉し二日は面白し 丈左
元日の大雪なりし二日かな 高浜虚子
元日と二日に頒ち鯛を食ぶ 村越化石
傘寿越すことを二日の暮れつ方 皆吉爽雨
二日路は筑波にそふて日ぞ長き 日永 正岡子規
二日見る雪の迎や手代ども 高井几董
二日暮れ今年も二日たちにけり 富安風生
二日暮るゝ客に音して厨かな 楠目橙黄子 橙圃
二日早や米寿の母のご高説 斉藤 仁
二日早や朝空汚すけぶりかな 古市爽石
二日三日四日病む鳥声のほかはなく 石川桂郎 高蘆
二日三日と太陽にとびつくか 松澤昭 面白
二日より深雪に飛ばす鉄火かな 齋藤玄 飛雪
二日より三日の客の多かりし 芦川 巣洲
二日もう吾子を叱つてしまひけり 白根純子
二日めは妻のくにぶり雑煮椀 椙本千代子
二日また孔子の仁の如き日を 梅沢総人
二日はや魚干す入江軒深し 北村典子
二日はや風のとらへし夕日かな 高橋潤
二日はや青三日月に塵もなし 原コウ子
二日はや雪のけはひの翌檜 三田きえ子
二日はや雀色時人恋し 志摩芳次郎
二日はや鑿研ぐ阿波の人形師 溝渕匠史
二日はや酸茎を噛んで恋もなし 嶋田麻紀
二日はや血をもて汚す診療衣 下村ひろし 西陲集
二日はや能登行商の雪合羽 新田祐久
二日はや絵皿の唐児寂しいか 森早恵子
二日はや秘仏にかへる薬師仏 北澤瑞史
二日はや猪撃ちとめて担ぎこし 大口元通
二日はや物憂かりける壁畳 石塚友二 光塵
二日はや烏賊干してゐる日御碕 宮崎 和
二日はや死病の人の牀に侍す 相馬遷子
二日はや死と詩が忍び足でくる 楠本憲吉
二日はや日課となりし湿布貼る 丹野邦子
二日はや工事場廻る警備員 松尾千代子
二日はや妻の煮るもの妻臭し 萩原麦草 麦嵐
二日はやあふるゝ客の我が家の炉 穴井 梨影女
二日の燈とびとびに崎荒るるなり 宮津昭彦
二日の炉松笠黒う燃え了る 萩原麦草 麦嵐
二日にもぬかりはせじな花の春 芭蕉
二日にもなほ寝積まん糠枕 道彦
二日には箒のさきや福寿草 太祇
二日には箒のさきやふく寿草 炭 太祇 太祇句選後篇
二日には原稿依頼殺到す 稲畑廣太郎
二日とて約せしことの早や二三 高浜年尾
二日から甲羅干しせる池の亀 高澤良一 暮津
二日かな矢切の渡し急がざる 渡辺恭子
亀の首二日の空へ差し伸べて 高澤良一 暮津
乾坤に卵立ちたり二日の夜 今井竜蝦
一葉づつ拭ふ二日の壺椿 長谷川かな女
一葉づつ拭ふ二日の壷椿 長谷川かな女
一月二日葉蘭は雪を白うしぬ 萩原麦草 麦嵐
一月二日奇石瑞草を見る 新年 正岡子規
一月二日写真館出て逐電す 的野 雄
一月二日はうちのふきのとが出ている 荻原井泉水
一夜経しものに二日の潦 辻
一トときのあられにくらき二日かな 久保田万太郎 流寓抄
一と葉ずつ拭う二日の壺椿 長谷川かな女 花 季
ピーナッツつるりとむける二日かな 高澤良一 さざなみやつこ
パンちぎる膝に二日の夕陽あて 岩田昌寿 地の塩
ゆるやかにとぶ鳥見えて二日かな 永田耕一郎
やうやくに空温まる二日かな 松村蒼石
もの音のみな遠くして二日かな 木村風師
もしやとてあふぐ二日の初月夜 素 堂
みどり子の匂ふ二日の日向かな 大峯あきら 宇宙塵
ほのぼのと殺生石の二日かな 上田五千石
ふりかけて雪すぐやみし二日かな 久保田万太郎 流寓抄以後
ひつそりと村の二日のつねのごと 長谷川素逝 村
ひえびえと二日の夢に銀の檣 友岡子郷
ぬかづいて曰く正月二日なり 夏目漱石 明治三十二年
とかくして二日となりぬ初暦 小杉余子
つねのごと烏賊売りの来て二日かな 鈴木真砂女
つねのごと烏賊売の来て二日かな 鈴木真砂女
つぎ~に船の出でゆく二日かな 五十嵐播水 埠頭
たま~や二日に出でし穴居妻 萩原麦草 麦嵐
すぐそばの母なつかしき二日かな 前田典子
ざくざくと歩く二日の雑木山 飯田晴
さわぐ笹二日の日射し入りみだれ 桂信子 花寂び 以後
これもちとおこしに来たる二日かな 服部嵐雪
けふ晴れて二日の雨に月育つ 西村正子
くれかかる二日の壁があるばかり 桂 信子
くたびれしものに二日の身を通す 小原禎子
かまくらの不二つまらなき二日かな 久保田万太郎
うら山を石ころげおつ二日の夜 萩原麦草 麦嵐
うらじろの葉の反り返り二日かな 佐藤信子
いさぎよし二日早暁の往診は 相馬遷子 山国
いくらかは窶れしと知る二日かな 龍岡晋
ありなしの塵うつくしき二日かな 山元志津香
あたゝかき昨日につづく二日かな 土永竜仙子
*ひび立てて海のゆるがぬ二日かな きちせあや

二日 補遺

黒髪の国の二日を黙し征く 平畑静塔
鴬の糞踏石に二日なる 山口青邨
鳥の色うごく二日の葱畠 橋閒石 朱明
髪に浮く二日のうすき埃かな 鈴木真砂女
餅腹の汚さゆるせ二日酒 石川桂郎 含羞
飴を口に二日編初の妻とゐる 日野草城
飛ぶ寅の想得てたのし二日の子 原裕 青垣
風立ちて二日の夜の南かな 松崎鉄之介
鉄棒に少年二人二日の朝 佐藤鬼房
酔漢の宵寝を覚す二日かな 石塚友二 光塵
遠松風二日の景の曇りそむ 桂信子 花影
足袋裏のかすかなる穢の二日かな 能村登四郎
衣紋着し客と鴛鴦飼ふ二日かな 原石鼎 花影
蓮根の穴も二日の午後三時 橋閒石
蓬髪にしみつく雪の二日かな 佐藤鬼房
荒海のけふ荒れてゐる二日かな 鈴木真砂女
老人は烏なりけり二日の橋 橋閒石 和栲
繭玉に一縷の風もなき二日 鷹羽狩行
編笠に二日の旅の孤客かな 村上鬼城
筆の穂を噛めば二日も暮れにけり 燕雀 星野麥丘人
笹鳴の背戸にきてゐし二日かな 森澄雄
童らの木霊はじめや二日山 飴山實
立てかけし櫂に二日の天が澄む 木村蕪城 寒泉
町中に御陵を拝す二日かな 村山故郷
浮島や鴫を二日の景として 佐藤鬼房
流木の波間に遊ぶ二日かな 鈴木真砂女 紫木蓮
永久の喪の母ごころけふ二日 及川貞 夕焼
水仙に 二日の入日と 夕月と 伊丹三樹彦
正月二日あたらしい肥桶かついで 種田山頭火 草木塔
榛原の榛の木縫へば二日の駅 橋閒石
日も富士も白き光の二日かな 渡邊水巴 富士
戸締りをいささか早く二日かな 鷹羽狩行
忌と書いて門鎖し籠る二日かな 飯島晴子
庭隅の幹に日のある二日かな 桂信子 初夏
庭川と見えてし利根の二日かな 平畑静塔
師のもとにまかりてやすき二日かな 石塚友二 光塵
巫の白衣くもる二日かな 飯島晴子
山彦も山を出ることなき二日 鷹羽狩行
寂庵の二日の門を過ぎにけり 村山故郷
客のあと硯開きぬわが二日 石塚友二 磊[カイ]集
子連夫婦来て帰りたる二日かな 安住敦
子の家に酔ふとあらねど二日かな 村山故郷
女礼者つづいて来たり二日かな 森澄雄
夜に入りて二日の客や二人来る 村山故郷
埠頭昃らせて二日の雲無聊 橋閒石朱明
元日や餅二日餅三日餅 尾崎放哉 大学時代
元日も二日も暮れてしまひけり 正岡子規 元日
二日鼎談句もなく別る根深汁 村山故郷
二日雪坂の荷馬の糞粗し 佐藤鬼房
二日雪となりし燈下にカルタ並ぶ 大野林火 早桃 太白集
二日雀三日雀と来てくれし 藤田湘子 神楽
二日路は筑波にそふて日ぞ長き 正岡子規 日永
二日暮れ今年も二日たちにけり 富安風生うう
二日早や豹の女に腕絡まれ 楠本憲吉 方壺集
二日早や人恋う酒を過しおり 楠本憲吉 方壺集
二日より深雪に飛ばす鉄火かな 齋藤玄 飛雪
二日はや風邪をたまひて葛湯かな 森澄雄
二日はや羽音残して伝書鳩 鷹羽狩行
二日はや物憂かりける壁畳 石塚友二 光塵
二日はや死病の人の牀に侍す 相馬遷子 山国
二日はや死と詩が忍び足でくる 楠本憲吉 方壺集
二日はや旅立ちゆきぬ檀一雄 山田みづえ 手甲
二日はや元日といふ過去を負ふ 富安風生
二日はや一茶の墓へ雪踏まれ 松崎鉄之介
二日はやくも不審火の噂など 飯田龍太
二日はやうどん見るがに灣はあり 岡井省二 猩々
二日の陽水漬くは田舟たる證 佐藤鬼房
二日の日沈みつゝあり烏とび 星野立子
二日にも夕心をぞ顧みし 相生垣瓜人 負暄
一月二日奇石瑞草を見る 正岡子規 新年
カナリヤを鳴かせてゐたる二日かな 亭午 星野麥丘人
やまのべのみちをゆきたる二日かな 高野素十
ほのぼのと殺生石の二日かな 上田五千石 森林
ひつそりと雀田にゐる二日かな 鷲谷七菜子 一盞
ひつそりと村の二日のつねのごと 長谷川素逝 村
つねのごと烏賊売の来て二日かな 鈴木真砂女
さわぐ笹二日の日射し入りみだれ 桂信子 晩春
うづたかし二日の磯に蜑が糞 平畑静塔
いさぎよし二日早暁の往診は 相馬遷子 山国

二日 続補遺

生海鼠干伊良古が崎の二日凪 加藤曉台
正月もまだ二日路ぞ老の坂 支考
元日も二日になりつ三日の月 五明
元日はかくて二日の待れける 桜井梅室
二日には高枕せんひむろもり 三宅嘯山
二日には箒のさきやふく寿草 炭太祇

以上


by 575fudemakase | 2017-03-27 16:38 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

歌留多 の俳句

歌留多 の俳句

歌留多

例句を挙げる。

うばはれし紺の裏おく歌留多かな 皆吉爽雨
うんすん歌留多一枚足りぬ蔵の中 宮部鱒太
おはこまで人に取られて歌留多の夜 清水忠彦
お手つきに恋の歌留多を繰り返す 稲畑汀子
こころにもあらでながらへ歌留多読む 上田五千石 琥珀
しのぶ恋こがるる恋や歌留多よむ 杉山 喜代子
そのかみの恋のはじめの歌留多かな 細川加賀 『玉虫』以後
そのはしに婢もとれる歌留多かな 五十嵐播水 播水句集
たはやすく恋歌揃へ歌留多とり 辻桃子
とられたくなし歌留多眼にて押へ 不二子
ひらかなの散らかつてゐる歌留多会 後藤立夫
むべ山の札よごれゐる歌留多かな 高橋淡路女 梶の葉
一枚の歌留多の砂に埋れんと 波多野爽波 『一筆』
亡き母の羽織を借りし歌留多かな 岩田由美 夏安
傘寿の師音吐朗々歌留多読む 富樫八千枝
刀自の読む咳まじりなり歌留多とる 皆吉爽雨
初釜の座を改めて歌留多とる 宇野 氷露子
塩田のとある一戸によむ歌留多 佐野まもる 海郷
妻病みて父子の歌留多の倦み易し 奥野曼荼羅
婢の手にとられたる歌留多かな 山口波津女 良人
学校に畳の間ある歌留多かな 森田峠 逆瀬川
座設けや歌留多の蓋の浮きあがり 森田峠
恋の札撫切りにとる歌留多かな 能村研三 鷹の木
恋歌の老によろしき歌留多かな 森澄雄
恋歌はその声をして歌留多読む 森田公司
招かれて隣に更けし歌留多哉 夏目漱石 明治三十二年
掌が飛んで来るなり歌留多取 高澤良一 宿好
掌に歌留多の硬さ歌留多切る 後藤比奈夫
日本の仮名美しき歌留多かな 比奈夫
月の暈かかる歌留多の夜に入りぬ 山田弘子 懐
欝々と歌留多の裏の曇る夜や 久米正雄 返り花
歌留多すむ今宵の月のありどころ 永田青嵐
歌留多ちらばり今さら蔵書とぼしさよ 草田男
歌留多とるいつよりかみな年下に 渡邊千枝子
歌留多とる哀れみぢかき女帝の世 駒木逸歩
歌留多とる声や門前過ぐるとき 岸風三樓
歌留多とる忘れたはずの恋心 片山暁子
歌留多とる皆美しく負けまじく 高浜虚子(1874-1959)
歌留多の灯一途に老いし母のため 山田みづえ
歌留多の絵小町は老いずありにけり 後藤夜半 底紅
歌留多の釈迦坊主揃ひや涅槃講 九石 選集「板東太郎」
歌留多会廊下の冷えてゐたりけり 岡本眸
歌留多会散らばる仮名と戦へり 小西宏子
歌留多会老一徹に狙ふ札 下村ひろし 西陲集
歌留多会青き畳の匂ひけり 山口波津女
歌留多取りみかども恋も跳ねとばす 柏原眠雨
歌留多取る昔の速さ手に戻り 明石春潮子
歌留多屋の後家を引出す四分の熱 仁平勝 東京物語
歌留多撥ね白粉の香にほはせっ 正林白牛
歌留多歌老いて肯ふ恋あまた 殿村菟絲子
歌留多読む声のありけり谷戸の月 松本たかし
歌留多読む恋はをみなのいのちにて 野見山朱鳥
歌留多読む息づき若き兄の妻 占魚
歌留多読む明治の祖母の節まはし 下山宏子
水を得た魚のやうに歌留多とる 高岡すみ子
沖休み立て膝海女の歌留多かな 下谷行人
炉塞ぎの伊呂波歌留多は遠くなり 宮崎重作
熊笹にあかりのおよぶ歌留多かな 正木ゆう子 静かな水
片恋の歌留多に負けてしまひけり 鈴木真砂女
病女たちはげしく歌留多奪ひあふ 萩原麦草 麦嵐
罎詰の梨は冷たき歌留多会 久米正雄 返り花
胼の手も交りて歌留多賑はへり 杉田久女
花歌留多むかし男は啖呵きり 石田阿畏子
虚子歌留多ひろげ作りし人偲ぶ 安原葉
負歌留多さみしう笑みて立ちにけり 河野静雲 閻魔
雪晴や歌留多の袖をひるがへし 岩田由美 夏安
二三回とりてなじめり歌がるた 山口波津女 良人
城山を雪ふりかくす歌がるた 大橋櫻坡子 雨月
恋は子のものとなりにし歌がるた 矢島久栄
撥ねとばす一枚恋の歌がるた 加古宗也
業平と小町の並ぶ歌がるた 下村梅子
歌がるた一枚失せて年を経ぬ 大橋櫻坡子 雨月
歌がるた眼鏡ばかりや西の組 蘇山人俳句集 羅蘇山人
歌がるた覚えて恋の苦を知らず 上田五子石
法師出て嫌はるゝなり歌がるた 阿波野青畝
祖母のもの遠き昔の歌がるた 高木晴子 晴居
若き日の母われ知れり歌がるた 山口波津女 良人
茸狩や鼻のさきなる歌がるた 榎本其角
読み札のいちまいを欠く歌がるた 伊藤白潮

歌留多 補遺

お手つきに恋のかるたを繰り返す 稲畑汀子
かるたして帰る雨夜や最合傘 内藤鳴雪
かるたとる手がすばしこく美しく 高浜年尾
かるた切るうしろ菊の香しんと澄み 飯田龍太
かるた取り天下分け目に固唾呑む 阿波野青畝
こころにもあらでながらへ歌留多読む 上田五千石 琥珀
こぼれたるかるたの歌の見えしかな 後藤夜半 翠黛
こぼれゐし歌留多順徳院の歌 阿波野青畝
たらちめの手ずれの歌留多読みにけり 阿波野青畝
だんだんに歌留多減りくる膝頭 後藤比奈夫
ならべゆき心とめゆく歌留多かな 阿波野青畝
みそかごと大音声に歌かるた 鷹羽狩行
わが膝の前の歌留多も一過客 後藤比奈夫
カルタの灯乳霧窗になごむ夜を 飯田蛇笏 雪峡
カルタ切るふもと雪解の雉うたれ 橋閒石 風景
一年生らしく加留多をとりにけり 上野泰 春潮
一年生らしく歌留多をとりにけり 上野泰
一枚の歌留多の砂に埋れんと 波多野爽波
一茶まで俳聖とせし歌留多かな 後藤比奈夫
乾くとも濡るるともいひ歌留多読む 後藤比奈夫
二つ三つ歌も覚えて歌留多かな 村上鬼城
二日雪となりし燈下にカルタ並ぶ 大野林火 早桃 太白集
人麻呂の哥を首の歌留多かな 山口青邨
住吉に嬬ごめなりしかるたかな 阿波野青畝
佳きひとの声音まぢかや歌かるた 桂信子「草影」以後
凧を飾りて子等籠りとるかるたかな 杉田久女
厚化粧かくす頬疵歌かるた 山口青邨
古風なる筥にねむれる歌留多かな 阿波野青畝
声といふ美しきもの歌留多読む 後藤比奈夫
奥の方幾間距てしかるたかな 尾崎放哉 大学時代
妹の目も我が目も歌留多撫でゆけり 阿波野青畝
子ら作る歌留多まの字はママの事 上野泰
子を負ふてかるた貼り居る燈籠哉 正岡子規 燈籠
張りつめてをりしは空気歌留多取る 後藤比奈夫
恋やみなかりそめならぬ歌かるた 上田五千石 琥珀
恋よりも旅に焦がるる歌留多かな 後藤比奈夫
情緒にて歌留多を取れと云ひをれり 相生垣瓜人 負暄
掌に歌留多の硬さ歌留多切る 後藤比奈夫
日本の仮名美しき歌留多かな 後藤比奈夫
朗々と百人一首誦しけり 村山故郷
桐箱にかるたの月日をさめあり 稲畑汀子
歌かるたよみつぎてゆく読み減らしゆく 橋本多佳子
歌かるた人知れずこそ恋ひにけり 村山故郷
歌かるた女ばかりの夜は更けぬ 正岡子規 歌留多
歌かるた戀ならなくに胴氣哉 正岡子規 歌留多
歌かるた昔むかしの母の恋 鷹羽狩行
歌かるた知らぬ女と竝びけり 正岡子規 歌留多
歌かるた読み人かへてとりにけり 村上鬼城
歌留多とる膝の大きく向ひけり 稲畑汀子
歌留多の絵小町は老いずありにけり 後藤夜半 底紅
歌留多会廊下の冷えてゐたりけり 岡本眸
歌留多取化粧崩れも顧みず 日野草城
歌留多取粉雪ふるとはよも知らじ 日野草城
歌留多夫人に孔雀といふ名奉る 日野草城
歌留多散らばり今さら蔵書とぼしさよ 中村草田男
歌留多読む恋はをみなのいのちにて 野見山朱鳥 運命
歌留多読む息づき若き兄の妻 上村占魚
決着のつきたる恋のかるたかな 阿波野青畝
源平や恋のかるたは駆け回る 阿波野青畝
生国の越に歌なき歌留多とる 上田五千石 天路
百人に百の致命や捨歌留多 斎藤玄 狩眼
相ともに昔恋しきかるたかな 高浜年尾
粛として閨中の灯や花かるた 飯田蛇笏 霊芝
粧ふは百人一首の小倉山 清崎敏郎
羞らへどとても歌留多の妖手にて 日野草城
老の艶こゑに出にける歌かるた 森澄雄
胼の手も交りて歌留多賑へり 杉田久女
膝に手を重ね歌留多のとれる子よ 後藤比奈夫
花かるた夜々のおもゝち愁ひあり 飯田蛇笏 霊芝
若死の母のかるたの世をおもふ 阿波野青畝
落椿小倉百人一首散る 百合山羽公 樂土
落飾の娘まじへてかるた会 阿波野青畝
蓬莱の一間明るし歌かるた 正岡子規 歌留多
虚子の棒かるたの犬の知らざりし 後藤比奈夫
蝉丸がいぢめられたる歌留多かな 阿波野青畝
裾模様かるたぢらしの春著の妓 高浜年尾
読みびとにあくび出でたる歌留多かな 森澄雄
負けまじと張る眦や加留多とる 上野泰 春潮
賑やかな骨牌(カルタ)の裏面のさみしい繪 富澤赤黄男
遣羽子や夕飯くふて歌かるた 正岡子規 遣羽根
野球帽被て来て歌留多負けられず 後藤比奈夫
雲隠れかるたは孫の小股座 百合山羽公 樂土以後
髪長き世よりの歌をかるた取り 鷹羽狩行
鼻高き清少納言歌カルタ 有馬朗人 知命

歌留多 続補遺

麦蒔やかるたを捌く手のひねり 桃隣
風むすぶ星はいづれの哥かるた 早野巴人
虚の位をかり催す日かるた哉 支考
石鰈やかるた伏せたる遠干潟 琴風
疱瘡したる顔をならべてかるた哉 〔ブン〕村
手いつぱいいすのかるたやつゝじ山 許六
夏草に臑でかるたをそろへけり 其角
住かえて春待宿やかるた箱 馬場存義
かさゝぎの橋や絵入の百人一首 許六

以上

by 575fudemakase | 2017-03-27 16:26 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

福引 の俳句

福引 の俳句

福引

例句を挙げる。

大当りせぬが無難や福引す 西岡正保
宝引に夜をねぬ顔の朧かな 李由 正 月 月別句集「韻塞」
宝引の紐のもつれも一さわぎ 後藤綾子
宝引の紐の汚れてゐたりけり 茨木和生 倭
宝引の霄は過つゝあはぬ恋 高井几董
宝引やさらりと振つて振り落し 村上鬼城
宝引や二度引き当てゝ二番鶏 菅原師竹句集
宝引や外から見える酒の座に 小澤碧童 碧童句集
宝引や後家に馴れよる思ひの綱 言氷 選集「板東太郎」
宝引や洩れなく当る干支の鈴 小林重人
惣立に福引の客帰りけり 増田龍雨 龍雨句集
福引にあたりしものを重宝す 富安風生
福引に一国を引当てんかな 高浜虚子
福引に京紅あてし男かな 瀧澤伊代次
福引に師の短冊を引き当てし 樋口岩丈
福引に当りしものを重宝す 富安風生
福引に通訳つけてはかどらず 井上兎径子
福引のかんらかんらと回りけり 辻桃子
福引のこよなき籤に当りけり 水原秋櫻子
福引のはるかなる目をして引けり 山内山彦
福引のみづひきかけしビールかな 久保田万太郎
福引の列三階に上りけり 本田正四郎
福引の塀をまたぎても飛べず 神蔵 器
福引の当らぬことに自信あり 木村滄雨
福引の当りてどかと藷大根 新津香芽代
福引の当りを囃す大太鼓 羽根田ひろし
福引の目無し達磨を喜ばず 赤堀秋荷
福引の箒をまたぎても飛べず 神蔵器
福引の紙紐の端ちよと赤く 川端龍子
福引の興まださめず母の居間 高浜虚子
福引の野菜の嵩をもてあまし 田中千鶴子
福引へ下駄かつかつと集ひたり 広瀬一朗
福引やくじと名のつくもの弱く 中村伸郎
福引やことしの知恵の小手しらべ 久保田万太郎 流寓抄以後
福引やためらひ引きて当り籤 相島虚吼
福引や女があてし大蕪 野村喜舟
福引や婢も晴ればれと高笑ひ 高橋淡路女 梶の葉
福引や石山の月膳所の城 小澤碧童
袴着て福引なんどおどけたる 菰堂子

福引 補遺

福引を引くときめきのなくはなし 上田五千石『琥珀』補遺
福引や榜葛刺館に客ありて 村山故郷
福引やひく手数多の主は誰れ 内藤鳴雪
福引の笑ひどよめく隣哉 正岡子規 福引
福引の曉鐘と題す包哉 正岡子規 福引
福引の坐敷を照すラムプ哉 正岡子規 福引
福引の何やら知れぬ包み哉 正岡子規 福引
福引のわれ貧に十能を得たり 正岡子規 福引
福引のわれ大なる物を得たり 正岡子規 福引
福引のあとで素人の落後哉 正岡子規 福引
福引に耻をかきたる女哉 正岡子規 福引
福引に公孫勝の手づま哉 正岡子規 福引
福引にまで開運の兆見ゆ 後藤比奈夫
寶引や花蝋燭のぽっぽっぽ 正岡子規 福引
寶引やあとにものうき包み紙 正岡子規 福引
宝引の珠のよしあし手にとりて 高浜年尾

福引 続補遺

貧乏神宝引縄の注連もなし 言水 江戸弁慶
福引や御降済て残る雪 田川鳳朗
福引に何を争ふ嫁舅 望月宋屋
宝引や柳したゝる君が膝 三宅嘯山
宝引や奥上の玉むすび 路山 東日記
宝引や人のすさびも根なし草 寥松
宝引や人のすさびも根なし艸 寥松 八朶園句纂
宝引やめまぜをねだる娘どち 三宅嘯山
宝引やなつが目光る台所 洒堂
宝引やたがいたづらの枕がひ りん女
宝引の霄は過つゝあはぬ恋 高井几董
宝引の味方にまいるおとな哉 黒柳召波
宝引の二場立てや禿部や りん女
宝引に蝸牛の角を叩くなり 其角 五元集
宝引に蝸牛の角をたゝく也 其角
宝引に夜をねぬ皃の朧かな 李由
太々や福引とりてぬけ参り 建部巣兆

以上

by 575fudemakase | 2017-03-27 16:20 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

万歳 の俳句

万歳 の俳句

万歳

例句を挙げる。

お万歳少しいやしき笑顔かな 高橋淡路女 梶の葉
お城がすみ万歳の鼓まだきこゆ 林原耒井 蜩
かけあひの春鼓重ねて万歳師 加藤憲曠
きのふ見し万歳に逢ふや嵯峨の町 蕪村
ざりがにの万歳往時の突撃も 高澤良一 素抱
すたすたと路次ぬけゆくやお万歳 白水郎
めでたしや加賀万歳の町尽くし 沢木欣一 往還
エレベーター万歳乗せて昇り来し 飯島正人
サバイバル万歳を見ている午前二時 平田栄一
フラミンゴそろえば万歳したくなる 岸本マチコ
万歳が撫でて行きたる小犬かな 五所平之助
万歳にたわめる藪や夕渡舟 飯田蛇笏 霊芝
万歳に濠白波の立つ日かな 石田勝彦
万歳に若狭の菓子の売られけり 山本洋子
万歳に陽ざしの深き一間あり 児玉輝代
万歳のうしろ姿も恵方道 高浜虚子
万歳のさす手引く手や鼓打つ 挿雲
万歳のならびとほりてわらび山 宇佐美魚目 天地存問
万歳のひとり来てゐる離島かな 茨木和生
万歳のふみならしけりさゞれ石 梅室
万歳のまかり出たよ親子連 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
万歳のやどを隣に明けにけり 荷兮
万歳のわらわらゆきて岬かな 関戸靖子
万歳のゑぼし姿やわたし船 炭 太祇 太祇句選後篇
万歳の三河の国へ帰省かな 風生
万歳の三河の波の鼓のごとし 林火
万歳の佇み見るは紙芝居 高浜虚子
万歳の冠初めよりゆるむ 森田峠
万歳の初音や門に入りつづみ 井月の句集 井上井月
万歳の口や真砂は尽きるとも 千代尼
万歳の吹かれ来にけり天津風 野村喜舟 小石川
万歳の太夫の鼓ひとつの荷 結城美津女
万歳の子も万歳の十二歳 高浜虚子
万歳の影大きなる朝日かな 東春
万歳の折れんばかりの大男 浜井武之助
万歳の烏帽子かしぐは酔へるかな 野村喜舟
万歳の烏帽子さげ行く夕日かな 闌更
万歳の畑うつ頃や桃の花 横井也有 蘿葉集
万歳の終りの腰は泣きさうに 加藤知世子 花寂び
万歳の袴がくがく坂下る 殿村菟絲子 『路傍』
万歳の遠ければ遠き世のごとく 青邨
万歳の酔うて居るなり船の中 久保田九品太
万歳の間に玄界のどよもしぬ 野中亮介
万歳の頤ながき旦かな 白雄
万歳の顔に紐垂る煙霧都市 小川双々子
万歳の鶴の広袖ひろげ舞ふ 福田蓼汀
万歳の鼓に袖のかぶさりて 高浜虚子
万歳の鼓森一つ隔てたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
万歳は二人づれなる山河かな 佐野青陽人
万歳は今も烏帽子ぞ都鳥 正岡子規
万歳は縞蛇またぎ行方も知れず 安井浩司 阿父学
万歳は語り部の里素通りに 杉本寛
万歳やめしのふきたつ寵の前 炭 太祇 太祇句選
万歳やもどりは老のはづかしく 千代尼
万歳や伊賀の上野の駅の前 西山泊雲 泊雲句集
万歳や佐渡より金の湧き貌に 野村喜舟 小石川
万歳や合点々々の鼓打つ 八木林之助
万歳や岩間は古き宿場町 井上 史葉
万歳や左右にひらいて松の陰 向井去来
万歳や年のはじめの夕まぐれ 久保田万太郎
万歳や猿曳よりも吹かれ行く 余子
万歳や真赤な月の雑木山 辻桃子 桃
万歳や窪田箸尾の鼓振り 富浪夏風
万歳や篠に小笹に雪つもり 小川軽舟
万歳や舞おさめたるしたり顔 炭 太祇 太祇句選
万歳や金春を出て烏森 竹村秋竹
万歳や雀驚く鶴の丸 野村喜舟 小石川
万歳や飯の吹きたつ竃の前 太祇
万歳や館の構にかゝり来る 尾崎迷堂 孤輪
万歳や馬の尻へも一祝ひ 一茶
万歳や鶏なくかたへ行く野道 鳳朗
万歳や黒き手を出し足を出し 正岡子規
万歳や鼓を膝に夕渡 萍雨
万歳をして冬に入る鵙の贄 大木あまり 火球
万歳を其夜とめたる長者振り 四明句集 中川四明
三河万歳東京行は混みにけり 加藤かけい
三河万歳熱の子の瞳が笑ひ出す 志摩芳次郎
三河万歳語る師の笑み太夫めく 田中英子
乗り合はす伊予万歳や船の旅 貞吉 直子
五月万歳「飴の中から金太さんが出たよ」 磯貝碧蹄館 握手
亡父亡母を知る万歳師来て泣けり 海老名衣子
今もなほ千代のためしとご万歳 中田はな
使者の間に鼓しらべや御万歳 四明句集 中川四明
出てゆくや万歳の靴泥あげて 臼田亜浪 旅人
出支度の玄関へ来てお万歳 楠目橙黄子 橙圃
初旅のまづ万歳の三河かな 百合山羽公
前掛の母の万歳花かつを 攝津幸彦
君が春や万ざいらく万歳楽 井原西鶴
大盃を加賀万歳は飲み干しぬ 細川加賀
夫婦して万歳の顔かなしけれ 岩田蒼穹
子に泣かれ加賀万歳の困りけり 伊藤トキノ
山里は万歳遅し梅の花 芭蕉
崖に出て万歳の鼓引き返す 稚魚
才蔵が履きてあはれの古軍靴 北野民夫
才蔵が撫でて行きたる小犬かな 五所平之助
才蔵になじみのはやき童かな 米翁
才蔵の素顔さびしき汽車の中 冠人
本業は粉屋てふ加賀万歳師 千田一路
松過ぎの万歳が降り文庫駅 青木重行
橋越えて三河万歳村移る 野原春醪
源八や万歳も来る僧も来る 水落露石
無造作に万歳楽の鼓かな 子規
秋日殊に万歳幡は朱かがよふ 太田鴻村 穂国
老いぼれし唄はりあげぬ御万歳 阿部みどり女 笹鳴
老万歳ぽんと機嫌の古鼓 百合山羽公
臥てきけばさびしきものよお万歳 鷹女
花散るや加賀万歳に人まばら 高橋睦郎 金澤百句
花盛りきけば万歳山といふ 吉田澗城
裏山の梅ちらほらやお万歳 雑草 長谷川零餘子
誰から死ぬ三河万歳多弁にて 星野昌彦
送る万歳死ぬる万歳夜も円舞曲(ワルツ) 攝津幸彦
酒断つて万歳寒きラジオ切る 石川 桂郎
鎌倉の万歳谷戸で昏れにけり 藤田美代子
門松や万歳去つてちょろ来る 大釜菰堂
雁木道地酒万歳楽買うて 堀 古蝶
霧去りて万歳の手の不明かな 攝津幸彦
鱧食うて伊予万歳を楽しめり 星野高士
才蔵が履きてあはれの古軍靴 北野民夫
才蔵が撫でて行きたる小犬かな 五所平之助
才蔵になじみのはやき童かな 米翁
才蔵の素顔さびしき汽車の中 冠人


万歳 補遺

おのれ楽しむ才蔵に湧く涙かな 松崎鉄之介
七福を一人万歳老太夫 百合山羽公 樂土以後
万歳にたわめる藪や夕渡舟 飯田蛇笏 霊芝
万歳のお宿はどこぞ梅のはな 正岡子規 梅
万歳の三河の国へ帰省かな 富安風生
万歳の三河の波の鼓のごとし 大野林火 月魄集 昭和五十四年
万歳の渡りしあとや水温む 正岡子規 水温む
万歳の皷をあふる竈かな 内藤鳴雪
万歳の里見廻して山ばかり 百合山羽公 樂土以後
万歳の鼓にひらく梅の花 正岡子規 梅
万歳の鼓森一つ隔てたり 臼田亜郎 定本亜浪句集
万歳や古き千代田の門柱 内藤鳴雪
万歳太夫ゲートボールも長といふ 百合山羽公 樂土以後
出てゆくや万歳の靴泥あげて 臼田亜浪 旅人 抄
初旅のまづ万歳の三河かな 百合山羽公 樂土以後
大判の下駄万歳の老太夫 百合山羽公 樂土以後
崖に出て万歳の鼓引き返す 岸田稚魚 負け犬
戸あくるや萬歳來る東より 正岡子規 万歳
才蔵になりさがりたる氏素性 富安風生
才蔵のシベリヤ帰り傘寿すぐ 松崎鉄之介
才蔵の侍烏帽子ゆるがざる 松崎鉄之介
才蔵の祝言十二いのちなが 松崎鉄之介
才藏は葛西あたりの訛かな 正岡子規 万歳
朝な朝な萬才東へ霞み行く 正岡子規 万歳
松あれば則ち入るや萬歳樂 正岡子規 万歳
澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規 万歳
烏帽子着て万歳走る余寒哉 正岡子規 余寒
無雜作に萬歳樂の鼓哉 正岡子規 万歳
紅梅や万歳ばかり烏帽子にて 正岡子規 紅梅
老万歳ぽんと機嫌の古鼓 百合山羽公 樂土以後
萬才のはなし給ふや國なまり 正岡子規 万歳
萬才の目出たくしたるいほり哉 正岡子規 万歳
萬歳が笑へば山もわらひけり 正岡子規 万歳
萬歳と相のりしたる渡し哉 正岡子規 万歳
萬歳に見つけられけり草の庵 正岡子規 万歳
萬歳の家にめでたし古鼓 正岡子規 万歳
萬歳の歸るあとより霞みけり 正岡子規 万歳
萬歳の踊りかけたり町はつれ 正岡子規 万歳
萬歳の顔のやつれや田植笠 正岡子規 万歳
萬歳の鼓を倒す枕かな 正岡子規 万歳
萬歳の鼓聞ゆる朝日かな 正岡子規 万歳
萬歳は今も烏帽子そ都鳥 正岡子規 万歳
萬歳も煙草すふなり町はづれ 正岡子規 万歳
萬歳や三河町出て淡路町 正岡子規 万歳
萬歳や四條をもどる夕日影 正岡子規 万歳
萬歳や黒き手を出し足を出し 正岡子規 万歳

万歳 続補遺

麻蒔やまだ万歳のかぶり物 路青
衣着て今朝は万歳ごゝろ哉 舎羅
朝戸まだ万歳声の覚束な 土芳
才蔵よ鼻毛よまれなうめの花 馬場存義
大万歳くゞりを這入兼にけり 夕道
声万歳よもいちが臼御代の春 杉風
何谷のかくだみたりや万歳声 土芳
三月に万歳見るや不破の関 〔ブン〕村
万歳を帆にして早し渡し舟 蓼太 蓼太句集二編
万歳や鼻の下なる柄払 程已
万歳や鼓嶽をうちながめ 中川乙由
万歳や鼓も例のつかみどり 晩得 哲阿弥句藻
万歳や鶏なくかたへ行野道 田川鳳朗
万歳や雲たてさせて来る気韻 鈴木道彦
万歳や花をせがみに草鞋がけ 傘下
万歳や舞おさめたるしたり顔 炭太祇
万歳や素袍の袖も青によし 三宅嘯山
万歳や欠に扇とりあへず 東皐
万歳や松に中よき袖の 中川乙由
万歳や広き袖よりたばこ入 土芳
万歳や左右にひらいて松の陰 去来
万歳や十三文のあし拍子 馬場存義
万歳やもどりは老のはづかしく 千代尼
万歳やめしのふきたつ寵の前 炭太祇
万歳やはたご物くふ顔もせず 鈴木道彦
万歳やすぼめて這入る片折戸 柳居 柳居発句集
万歳やけふ来て御所の菖葺 野童
万歳も悲しかりけりこのはなし 鈴木道彦
万歳ものぼれ筑波の朝南 松窓乙二
万歳は見たか神代の云はじめ 長虹
万歳の頤ながき旦かな 白雄 白雄句集
万歳の口や真砂は尽るとも 千代尼
万歳の中やくゞりて袖の雨 りん女
万歳のゑぼし姿やわたし船 炭太祇
万歳のゑぼし取たるはなし哉 小春
万歳のやどを隣に明にけり 荷兮
万歳のまづ作法ある扇かな 成田蒼虬
万歳のはやしといひぬ立月日 田川鳳朗
万歳に見えて旅やのかしらつき 雪芝
万歳に蝶~とまれたびら雪 左次
万歳に腹かゝへけり取揚婆々 三宅嘯山
万歳にいはせばいがのなんば秬 土芳
万歳にあはれや老の拍子ぬけ 土芳
万歳と六十六部うつのやま 琴風
万歳が内裏見て来た写し哉 游刀
まんざいや跡の太夫は色白き 桜井梅室
ころも着て今朝は万歳心哉 句空

以上


by 575fudemakase | 2017-03-27 16:15 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

蓬莱 の俳句

蓬莱 の俳句

蓬莱

例句を挙げる。

いぶり炭蓬莱の霞かもしけり 高田蝶衣
しだり尾の掛蓬莱を捌きけり 喜舟
一人ゐて蓬莱に日があまりけり 大谷碧雲居
一露の嶋組蓬莱の秋ぞ知る 立独 選集「板東太郎」
京よりの掛蓬莱であるらしき 中村吉右衛門
伊勢蝦に懸蓬莱のうすみどり 飯田蛇笏 霊芝
住吉の掛蓬莱の穂の揃ふ 後藤夜半 底紅
吉兆の箸蓬莱の竹とせむ 角川照子
土器や蓬莱山の朝灯 碧童
学僧のふるさと遠し絵蓬莱 大島民郎
家内して積む蓬莱の高さかな 広江八重桜
山人の蓬莱の間にある炉かな 癖三酔
広間たゞ懸蓬莱のあるばかり 野村泊月
御蓬莱夜は薄絹も着せつべし 言水
思ふ蓬莱の路や満地の福寿草 尾崎紅葉
春の日や久しき色の掛蓬莱 碧雲居句集 大谷碧雲居
朱を研や蓬莱の野老人間に落 炭 太祇 太祇句選
福鍋にきけや蓬莱の松の風 尾崎紅葉
膝ふたつ蓬莱として朝湯かな 五島高資
蓑笠を蓬莱にして草の庵 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱で冬眠せむとにはあらず 徳永山冬子
蓬莱にかけてかざるや老の袖 去来
蓬莱にすはる薄雲太夫かな 松瀬青々
蓬莱にをさなき宵寝ごころかな 木歩
蓬莱にをし並んだるうま子哉 妻木 松瀬青々
蓬莱に児這ひかかる目出たさよ 山店
蓬莱に南無~といふ童哉 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
蓬莱に名刺きたなき三日かな 寺田寅彦
蓬莱に夜が明け込むぞ角田川 一茶
蓬莱に夜の明けて居る座敷かな 会津八一
蓬莱に寝かされてをり年を待つ 森澄雄 空艪
蓬莱に徐福と申す鼠かな 高浜虚子
蓬莱に根松包むや昔ぶり 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱に梅の花さく谷間あり 長谷川櫂 蓬莱
蓬莱に氷るはじめの湖の音 佐野美智
蓬莱に眼をかよはすや淡路しま 松岡青蘿
蓬莱に積む搗栗(かちぐり)の一とにぎり 光信喜美子
蓬莱に聞かばや伊勢の初便り 芭蕉
蓬莱に能登で拾ひし貝と石 沢木欣一
蓬莱に能登の荒磯の石を据う 綾子
蓬莱に見るや浮世の慾ぞろへ 横井也有 蘿葉集
蓬莱に貧乏見ゆるあはれなり 正岡子規
蓬莱に頭巾かくべき技もがな 会津八一
蓬莱に題す三ツ物いざ買はん 伊藤観魚
蓬莱のうつる夜明けの障子かな 井月の句集 井上井月
蓬莱のうへにやいます親二人 松岡青蘿
蓬莱のかげ暖かき障子かな 西林青石
蓬莱のひかげかづらの末までも 青畝
蓬莱の上にや居ます親二人 青蘿
蓬莱の千古のみどり掛けにけり 野村喜舟 小石川
蓬莱の南は海へかたぶけり 野田別天楼
蓬莱の国の真紅の賀状かな 小宮山政子
蓬莱の垂穂こぼれてみせしかな 後藤比奈夫 花びら柚子
蓬莱の宮にこぼれて初雀 加藤耕子
蓬莱の小海老ながらも髭を刎ね 赤尾兜子
蓬莱の屏風の後ろ通りけり 会津八一
蓬莱の山まつりせん老の春 蕪村 五車反古
蓬莱の山高く熨斗の水長し 中村鳥堂
蓬莱の有りとばかりもたのもしき 横山蜃楼
蓬莱の栄螺を取りて食せといふ 茨木和生 往馬
蓬莱の橙あかき小家かな 蒼[きう]
蓬莱の歯朶踏みはづす鼠かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱の芋銭の一書掛け句会 佐藤 欽子
蓬莱の陰や鼠のさゝめ言 正岡子規
蓬莱もせはしき暮の小買物 高濱年尾 年尾句集
蓬莱も比良も雲中かきつばた 鷲谷七菜子 游影
蓬莱やおのころ島をつみ得たり 松岡青蘿
蓬莱やはるか馬蹄のひびきたる 加藤三七子
蓬莱やふぶきを祝ふ吹雪の句 正岡子規
蓬莱や一口香に潮の味 織田恭子
蓬莱や上野の山と相対す 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱や京に古りける菓子箪笥 多賀子
蓬莱や剪り散らしたる紅唐哉 会津八一
蓬莱や名品井戸の次客にて 及川貞 夕焼
蓬莱や山よりの雪ちらちらと 岸田稚魚
蓬莱や嶺々の高さのおのがじし 神尾季羊
蓬莱や日のさしかゝる枕もと 釣壺 古句を観る(柴田宵曲)
蓬莱や書は王義之に親しめり 大石悦子 百花
蓬莱や東にひらく伊豆の海 秋櫻子
蓬莱や母の枕は箱枕 磯貝碧蹄館
蓬莱や沖にそのまた沖の海 斉藤美規
蓬莱や法師と翁ここに来し 大串 章
蓬莱や海に始まる人類史 高橋悦男
蓬莱や海を見に行く佐田岬 草間時彦
蓬莱や海老嵩高に歯朶がくれ 碧梧桐
蓬莱や湖の空より鳶のこゑ 澄雄
蓬莱や熨斗目屏風を引廻し 四明句集 中川四明
蓬莱や父の背に負ふ床柱 加藤耕子
蓬莱や祝ぎごとのみに老を撮る 林昌華
蓬莱や竹つたひくる山の水 魚目
蓬莱や米もりこぼす膝の上 会津八一
蓬莱や老舗めでたき御用墨 高橋淑子
蓬莱や蚕のすがる常世物 桃隣
蓬莱や越の海づら吉野山 信徳
蓬莱や軸の日輪濃き紅に 東洋城千句
蓬莱や辞儀ながながと若狭びと 大石悦子 聞香
蓬莱や障子明くれば日の光り 竹冷句鈔 角田竹冷
蓬莱や雨戸あくれば夜の明ける 水落露石
蓬莱や雪降る音の夜の山 晏梛みや子
蓬莱や霞をながすしだの島 京-重栄 元禄百人一句
蓬莱や静かに居れば遠汽笛 風生
蓬莱や鳥はつねに畦にゐて 飴山実
蓬莱をかけ曽根崎に住みにけり 下村梅子
蓬莱を捧げて眉のかくれけり 鳴雪
蓬莱を掛けてはなやぐ細柱 飴山實 辛酉小雪
蓬莱を掛けて隠るる古柱 比奈夫
蓬莱を枕上ミなる寝覚かな 野村喜舟 小石川
蓬莱を立ち舞ふ女の寒の紅 今泉貞鳳
雪ふかく蓬莱かざる山廬かな 蛇笏
養生をせよと蓬莱高野より 下田稔

蓬莱 補遺

かたよせて蓬莱小し梅がもと 正岡子規 蓬莱
こよろぎの浜の石とて蓬莱に 山口青邨
しだり尾のごとくに垂れて懸蓬莱 鷹羽狩行
ともしらが蓬莱山をまつりけり 上田五千石『天路』補遺
三宝に蓬莱炭を三つ重ね 平畑静塔
三寳に蓬莱の山靜なり 正岡子規 飾
伊勢蝦に懸蓬莱のうすみどり 飯田蛇笏 霊芝
住吉の掛蓬莱の穂の揃ふ 後藤夜半 底紅
動きなき蓬莱山の姿哉 正岡子規 蓬莱
包みたるものには根松藪柑子 正岡子規 蓬莱
君か家は蓬莱橋をかざし哉 正岡子規 蓬莱
大なる蓬莱見ゆる町家哉 正岡子規 蓬莱
大内は蓬莱山の姿かな 正岡子規 蓬莱
庭に生えし霊芝も飾る蓬莱に 山口青邨
斑鳩の松毬なれば蓬莱に 山口青邨
海を行く百里蓬莱に倒り春夢醒む 正岡子規 春眠
海老据ゑてより蓬莱のゆらぎなし 能村登四郎
簑笠を蓬莱にして旅のはる 正岡子規 蓬莱
簑笠を蓬莱にして草の庵 正岡子規 蓬莱
蓬莱におきし小貝の桜色 細見綾子
蓬莱にくふべきものを探りけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱にすこしなゐふる夜中哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱にのせてをさなき絵のたより 飴山實 句集外
蓬莱にはるかより日は差し来たり 鷹羽狩行
蓬莱にテーブル狹き硯哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱に一斗の酒を盡しけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に似たり小窓の松の山 正岡子規 蓬莱
蓬莱に俳句の神を祭らんか 正岡子規 蓬莱
蓬莱に喰ひたきものもなかりけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に寝かされてをり年を待つ 森澄雄
蓬莱に我が穂の春を祝ぎにけり 阿波野青畝
蓬莱に我は死なざる今年哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱に我生きて居る今年哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱に我身ちゞめてはいらうよ 正岡子規 蓬莱
蓬莱に昨日や今日の仲でなし 安住敦
蓬莱に根松包むや昔ぶり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に橙の朝日昇りけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に荒海のごと昆布若布 細見綾子
蓬莱に貧乏見ゆるあはれなり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に鼠のうからやから哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱のあたらしき日を呼び入れし 能村登四郎
蓬莱のうしろの壁を漏る日哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱のかち栗かぢる七日哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱のくすしの庭の梅擬 上田五千石『琥珀』補遺
蓬莱のしたり尾長く傘壽の賀 富安風生
蓬莱のひかげかづらの末までも 阿波野青畝
蓬莱の一間明るし歌かるた 正岡子規 歌留多
蓬莱の上にしたるゝ柳哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱の初穂の裾のそろひたる 後藤比奈夫
蓬莱の垂穂こぼれてみせしかな 後藤比奈夫
蓬莱の小く見ゆる書院かな 正岡子規 蓬莱
蓬莱の小さき山を崩しけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱の山も動かぬ代なりけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱の山を崩すや嫁が君 正岡子規 嫁が君
蓬莱の松にさしけり初日の出 正岡子規 初日
蓬莱の楪ことに目出度けれ 右城暮石 散歩圏
蓬莱の瑞穂の国の穂の長さ 阿波野青畝
蓬莱の蜜柑ころげし座敷哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱の陰や鼠のさゝめ言 正岡子規 蓬莱
蓬莱の鞠撞かまほしくも撞けず 平畑静塔
蓬莱の麓に寐たる夫婦かな 正岡子規 蓬莱
蓬莱の鼠に祟る疫かな 正岡子規 蓬莱
蓬莱の齒朶蹈みはづす鼠哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱は百歳嫗の紙の海老 飴山實 句集外
蓬莱も家越車や松の内 正岡子規 蓬莱
蓬莱も比良も雲中かきつばた 鷲谷七菜子 游影
蓬莱やすこし戸惑ふ八十路の座 能村登四郎
蓬莱やふゞきを祝ふ吹雪の句 正岡子規蓬莱
蓬莱や上野の山と相對す 正岡子規 蓬莱
蓬莱や南山の蜜柑東海の鰕 正岡子規 蓬莱
蓬莱や名品井戸の次客にて 及川貞 夕焼
蓬莱や名士あつまる上根岸 正岡子規 蓬莱
蓬莱や子が子を生せば古男 上田五千石 天路
蓬莱や山のものより海の物 正岡子規 蓬莱
蓬莱や山よりの雪ちらちらと 岸田稚魚
蓬莱や東にひらく伊豆の海 水原秋櫻子 旅愁
蓬莱や海を見に行く佐田岬 草間時彦
蓬莱や海老かさ高に歯朶隠れ 河東碧梧桐
蓬莱や湖の空より鳶のこゑ 森澄雄
蓬莱や生きとし生ける歯牙の数 三橋敏雄
蓬莱や磯のいで湯の第一楼 水原秋櫻子 蘆雁
蓬莱や積みてめでたき齢の嵩 森澄雄
蓬莱や窓は睦月の薄月夜 正岡子規 蓬莱
蓬莱や老いしわざをぎ湯治して 水原秋櫻子 蘆雁
蓬莱や能登びとの血もすこし継ぎ 能村登四郎
蓬莱や襖あけたる病の間 正岡子規 蓬莱
蓬莱や襖を開く病の間 正岡子規 蓬莱
蓬莱や鶯のぞく籠の外 正岡子規 蓬莱
蓬莱をいろいろに餝り直しけり 正岡子規 年用意
蓬莱をわすれぬ宿や伊豆の奥 水原秋櫻子 蘆雁
蓬莱を掛けてはなやぐ細柱 飴山實 辛酉小雪
蓬莱を掛けて畳にとどかする 後藤比奈夫
蓬莱を掛けて隠るる古柱 後藤比奈夫
蓬莱ノ松ノ茂リヤ鶴百羽 正岡子規 蓬莱
逆巻く波蓬莱のごと神島聳つ 松崎鉄之介
雲ふかく蓬莱かざる山廬かな 飯田蛇笏 霊芝
鶏ないて蓬莱の山明けんとす 正岡子規 蓬莱
鶴引クヤ蓬莱ノ松遠霞 正岡子規 引鶴
鼠どもの蓬莱をくふてしまひけり 正岡子規 蓬莱
齒朶の羽蓬莱鶴の如く也 正岡子規 齒朶

蓬莱 続補遺

錺レり蓬莱既伊勢海老の山近ク 一笑(金沢)
蓬莱を脇息のけて居ゑけらし 杉風 杉風句集
蓬莱を脇息のけて居けらし 杉風
蓬莱や額でをらす海老の髭ゝ 桜井梅室
蓬莱や酒のしたゝり島と成 〔ボク〕言
蓬莱や蚕のすがる常世物 桃隣
蓬莱や縁であしらふ村すゞめ 木因
蓬莱や疱跡ちかき礼子ども 野坡
蓬莱や椽であしらふ村雀 木因
蓬莱や日のさしかゝる枕もと 釣壺
蓬莱や御国のかざり檜木山 杜国
蓬莱や崎津みけしのから衣 野坡
蓬莱や升の中から山が出る 小西来山
蓬莱や何より冨士を御膝もと 寥松
蓬莱や亀にも髭の尾の齢 馬場存義
蓬莱や七尾七谷七恵びす 木導
蓬莱やむかしのまゝの組合 長虹
蓬莱やおのころ島をつみ得たり 松岡青蘿
蓬莱やいろ香の端の賑はしゝ 土芳
蓬莱やあるじに馴て鳥の来る 凉菟
蓬莱も秋なりけりな小鳥来 鈴木道彦
蓬莱の橙あかき小家かな 成田蒼虬
蓬莱の松にたてばや曽根の松 其角
蓬莱の晝ぞ雀の起る時 小西来山
蓬莱の所を得たりつるがおか 魯九
蓬莱の山におさへし柱かな 桜井梅室
蓬莱の人はともあれさび鰯 凉菟
蓬莱の上やよろづの朝ぼらけ 土芳
蓬莱のそこらや我も彦ふたり 白雪
蓬莱のかざりすがたや朝朗 望月宋屋
蓬莱のうへやよろづの朝ぼらけ 土芳
蓬莱のうへにやいます親二人 松岡青蘿
蓬莱に見やうなら伊勢の肥御所 〔ブン〕村
蓬莱に菓子の名よせや奥座敷 貞佐 桑々畔発句集
蓬莱に眼をかよはすや淡路しま 松岡青蘿
蓬莱に我が友雀賑はゝし 土芳
蓬莱に夜は薄ぎぬも着せつべし 池西言水
蓬莱に夜が明け込むぞ角田川 一茶 七番日記
蓬莱に児這ひかゝる目出度さよ 山店 類題発句集
蓬莱に児這かゝる目出たさよ 山店
蓬莱に一色多し麦ばたけ 中川乙由
蓬莱にたらぬものなし世の心 凉菟
蓬莱にしら石売らむ老の袖 露川
蓬莱にしばらく向ふ夜明かな 成田蒼虬
蓬莱にかさなる客をけふの花 風国
蓬莱にかけてかざるや老の袖 去来
蓬莱にあふみの婆々や松の雪 其角
蓬莱にあからさま也日本の地 露川
蓬莱ありや身は蛸舟のうかれ行 千那
此心我蓬莱のはな柑子 加藤曉台
此庵の蓬莱山の古跡かも 乙訓
朱を研や蓬莱の野老人間に落 炭太祇
家にある蓬莱作り覚えけり 沾徳 五子稿
夜明ればみな蓬莱の草木かな 松窓乙二
何処までも江戸蓬莱や不二の春 馬場存義
何処までも江戸蓬莱や不二の春 存義 古来庵発句集
人は住所蓬莱喰気に成けるよ 千那
いざ咄し初祖父は蓬莱へ柴刈に 幽山 東日記

以上

by 575fudemakase | 2017-03-27 16:07 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

手毬の俳句

手毬の俳句

手毬 

国讃めのやがて人恋ふ手毬唄 奥坂まや
大地より湧くゆふぐれよ手鞠唄 熊谷愛子
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子
戦前といふ世ありけり手毬唄 岡本眸
階段の下暗かりき手毬唄 岡本眸
ふくいくと雲の生まるる手毬唄 三田きえ子
色鳥の手毬返しを滝がしら 赤松[ケイ]子
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
日の当る川向ふより手毬唄 犬飼久子 『寧日』
神楽巫女幼なにまじり手毬つく 竹腰千恵子 『和景』
良寛の手毬へ蝶も吹かれゆく 石田章子 『雪舞』
回診を素知らぬ顔の手毬唄 佐藤斗星 『七草の籠』
死期近き姉の唇より手毬唄 沢藤紫星 『活字架』
立秋や一つは白き加賀手鞠 大井雅人
数といふうつくしきもの手毬唄 鷹羽狩行
手毬つき身のうち暗くほの紅く 齋藤愼爾
あらぬ方へ手毬のそれし地球かな 川崎展宏
手毬唄肥後と紀州をゆききせり 秋山幹生
節まはし母より継ぎぬ手毬唄 小川夕蛙
戦いの唄しか知らぬ手毬唄 雨宮町子
母召され残る手毬と夢二の絵 片寄みづえ
わが染めし糸もて刺しし手毬かな 山岸 修
桃割れの母の写真や手毬唄 田中勝子
手毬唄賽の河原の児も冷えて 中丸義一
曼陀羅や手繰りてつなぐ手毬唄 長谷美知子
ガリレオの振子はずれる手毬うた 五十嵐米子
二度童子次々に出る手毬唄 河村純子
霧ごめの川中島の手毬唄 荻野富義
手毬唄父の家郷と思はばや 藤木倶子
雪暗の手毬・折鶴・蔵座敷 佐藤きみこ
終ひの地と思へば手毬強くつく 小澤克己
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
ひとりつ子だんだん強く手毬つく 岡田由季
杣の子の二つ持ちたる手毬かな 村上鬼城
冬凪や紀州手毬の糸の艶 大頭美代子
つく手まり宙にとどめて菊人形 中島たけ子
手鞠つき羽子遣る程になりにけり 手毬 正岡子規
目の黒ひ人と生れて手鞠かな 手毬 正岡子規
子を負て子守鞠つく片手業 手毬 正岡子規
目の黒い人に生れて手鞠哉 手毬 正岡子規
眞黒な手鞠出てくる炭團哉 炭団 正岡子規
手鞠つく拍子にあはす薺哉 薺 正岡子規
蝶々に手鞠あやつる唐子かな 蝶 正岡子規
著莪咲けばわらべに戻り手まり唄 清水千恵
蔓手毬登りつめたる空のあり 中谷みつえ
円空仏笑ませ給へり手毬花 野田しげ
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋櫻子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
橘寺垣を低めに手毬唄 高澤良一 ねずみのこまくら
寝ころぶや手まり程でも春の山 一茶
寝ねし子の胸を離るゝ手毬かな 山本八杉
祖母となり唄つてやりぬ手毬歌 山崎房子
大和路の塔づくしなる手毬歌 安田晃子
手鞠唄母の山河を聞くごとし 籏先四十三
スカートに隠して終る手毬唄 鈴木尚子
いろごとの唄と知らずに手毬つく 小林樹巴
だんだんに怖ろしくなる手毬唄 青木栄子
余生また一にはじまる手毬唄 川崎光一郎
底力つけて波来ぬ手鞠唄 伊澤のりこ
大仏の背山密々手鞠唄 大石香代子
手毬真つ赤堅き大地に跳ね返り 河内静魚
手毬唄おもひだすまでつきにけり 若井新一
手毬唄西のことばに溺れけり 伊沢恵
手毬つく手首天地へ上下せり 鳥居真里子
手毬唄上手につけぬ子が歌ふ 松田美子
国讃めのやがて人恋ふ手毬唄 奥坂まや
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
手毬三つ並べて夢のはじめかな 永島靖子
病むひとのうたひはじめし手毬唄 廣瀬町子
遠くの子帰る手毬を抱きにけり 千葉皓史
手毬唄十は深雪の十日町 大井戸辿
それぞれに手毬の高さついてをり 岡安仁義
火の山へ手毬の消えてゆきさうな あざ蓉子
手のひらに吸ひつくように手毬突く 吉田銀葉
天の戸の明く手毬唄聞き惚るる 依田明倫
飾られて遠き唄声ある手毬 水田むつみ
手毬唄十を遠野とうたひけり 小原啄葉
手毬唄止みしは毬の逸れしなり 大串章
をみなごの二人和しゐる手毬唄 伊藤敬子
鶴亀の手毬の糸のからみやう 長谷川久々子
海鳥のまためぐりくる手毬唄 友岡子郷
手毬つく六波羅蜜寺石だたみ 山田弘子
手毬買ふ城ある街を風が巻き 鍵和田[ゆう]子
手毬唄とをを数へてまた一へ 原裕
数といふうつくしきもの手毬唄 鷹羽狩行
手毬突く石の仁王に唄聞かせ 宮津昭彦
とこしへに数を捨てゆく手毬うた 八田木枯
手毬つく諏訪を出できしねむたさよ 藤田湘子
板の間は母に近くて手毬つく 岡本眸
聞きほれて二度目はあはれ手毬唄 森澄雄
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太
はね上る手毬の彼方社ある 上野泰
日をめぐる地球に生れ手毬唄 野見山朱鳥
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を
手毬唄片言にいふをともに言ふ 篠原梵
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀
一人唄ふ一つの歌の手毬唄 池内友次郎
手毬つく髪ふさふさと動きけり 山口波津女
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
降りだして雪あたたかき手毬唄 加藤楸邨
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 久保田万太郎
手毬つくてんてん響きくる書斎 山口青邨
糸の紅みだれて古りし手毬あり 水原秋櫻子
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし 飯田蛇笏
傾城のわらべがましき手毬かな 万容
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亜浪
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
手毬唄うたひ伝へてなつかしき 高浜虚子
汁鍋に手鞠はね込む笑ひかな 成美
催馬楽の下にはたたじ手鞠歌 二柳
口馴れし百や孫子の手毬うた 太祇
良寛の手鞠のごとく鶲来し 川端 茅舎
鬼子母神手まりを吊りし花御堂 疋田華子
囀りや良寛の寺手鞠売る 山田春生
三笠山ころげ落ちくる手毬かな 野村泊月
秋日差す綾子生家の加賀手毬 中野はつえ
浜日和椿の御所に手毬つく 佐野美智
鬼子母神手まりを吊りし花御堂 疋田華子
神楽坂夜更けて手毬唄流る 阿久津渓音子
良寛の手毬の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋桜子
白鳥の眠り手毬のごときかな 冨田正吉
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤楸邨
冬眠の蛇は手毬を抱きしまま 鳥居真里子
風見鶏手毬唄どこさ千葉さ 青木京子
国讚めのやがて人恋ふ手毬唄 奥坂まや
顔よりも大きな手毬さしあげて 宮崎すみ子
母へ濤へ濤へ母へと手毬つく 小林進
ゆるゆると煮含めてやる手毬唄 菊池久子
柩打つ音は空耳手毬唄 樫本つた女
手毬つく憶良の歌の子がふたり 海老名緋紗女
山の子と馬の仔遊ぶ手鞠花 花村愛子
遅刻児に海垣間見ゆ手毬花 磯貝碧蹄館
瑠璃沼を高きより見る蔓手毬 小野宏文(橡)
母あらず手鞠つく子に羽子突く子に 後藤比奈夫 めんない千鳥
手毬歌狂へば毬の手が乱る 古市絵未
山襞に入る往還や手鞠唄 綾部仁喜 寒木
大手毬小手毬手毬ほろぶとも 矢島渚男 延年
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子 天弓
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子 天弓
手毬買ふ城ある町を風が巻き 鍵和田[ゆう]子 浮標
六つとや母のつまづく手鞠唄 大石悦子 百花
湖の波は小刻み手鞠唄 茨木和生 往馬
どの村も雨のいちにち手毬唄 友岡子郷 翌
あらぬ方へ手毬のそれし地球かな 川崎展宏 冬
散りかゝる雲の玉水手毬唄 川崎展宏
石垣を飛降りる子や手毬持ち 川崎展宏
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬櫻桃子 素心
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子 こぶし坂以後
手毬つく六波羅蜜寺石だたみ 山田弘子 こぶし坂
あらたまの手毬麩かがる糸の数 黒田杏子 花下草上
終ひの地と思へば手毬強くつく 小澤克己
恙なきこの世ならねど手毬唄 佐藤鬼房
聴きたしや杉田久女の手毬唄 菅原鬨也
唄ひつつ母を廻れる手毬の子 伊藤道明
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
正月の月が明るい手まり唄 細見綾子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
瓜の花手毬つく子の出羽訛り 池田義弘
つく手毬つかぬ手毬と両脇に 中村七三郎
行春や版木にのこる手毬唄 犀星 (「加賀手毬唄集」を読む)
歌面白かへかへ手毬かへ手毬 北村雪山
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子 手 鞠
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太
獄に棲む魑魅が手毬ついてをり 角川春樹
昼の空いよいよ碧き手毬唄 森澄雄
唄ひつつ母を廻れる手毬の子 伊藤通明
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬櫻桃子
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
つきそれし手毬を拾ひ夕ごころ 福田蓼汀
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手毬つくてんてん響きくる書斎 山口青邨
しののめの吹雪やみたる手毬唄 橋石
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
手毬唄哀しかなしきゆゑに世に 久保田万太郎
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋櫻子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
蔓手毬岨道細くなるばかり 松本秩陵
蔓手毬白し霧濃きその朝も 柴田黒猿
杉檜槙も太しや蔓手毬 宮崎素直
それたがる手毬に機嫌ありにけり 内藤悦子
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
手毬つく門出るでなく入るでなく 千原草之
手毬唄坊主づくしはにぎやかに 河野静雲
唄のなき手毬つきして根室の子 大島早苗
手毬唄歌ひつきつゝ終りなく 特留菖堂
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
唄切れて手毬つく音つゞきをり 中田はな
年玉の十にあまりし手毬かな 高浜虚子
唄ひつつ母を廻れる手毬の子 伊藤通明
紀の国の海の明るき手鞠唄 栗田ひろし
最はての濤音重ね手鞠唄 古賀まり子
要なきに十まで覚え手鞠唄 能村登四郎
岩木嶺は大きく手毬唄やさし 成田千空
海女の子のひとりになれし手毬唄 栗林田華子
手毬の子妬心つよきはうつくしき 石原舟月
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬櫻桃子
つきそれし手毬を拾ひ夕ごころ 福田蓼汀
ふるさとや雪きしませて羽子手毬 臼田亜浪
はつはるや金糸銀糸の加賀手毬 田村愛子
手毬買ひ旅の越後は日短し 中山純子
古き世の手毬つたふる夜なべかな 藤岡筑邨
瓜の花手毬つく子の出羽訛り 池田義弘
園児等の手毬遊びや良寛忌 青柳薫也
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子
顔よりも大きな手毬さしあげて 宮崎 すみ子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
伊勢手毬針返すよう夏燕 鱸久子
甘茶寺手鞠がたきのなつかしや 若林いち子
手毬にいとど乗る人生の央ばなれ 原子公平
春雨に夜通し母の手毬唄 吉田さかえ
手毬唄この辺の子でない子ゐる 鈴木伸一
手鞠唄やがて怒濤と成りいたり たまきみのる
全滅の地をしずめんとつく手毬 内田正美
手毬唄日向のひとつづつ消えて 関戸靖子
日のあとをめぐれる月や手毬歌 齋藤愼爾
手鞠唄とをを数へて又一つ 原裕 『王城句帖』
昼寝覚赤き手鞠のかがられし 波多野爽波 『一筆』以後
老い下手や綾の手毬をたなごころ 野澤節子 『駿河蘭』
手鞠つく傍に水仙貧血す 田川飛旅子 『外套』
淡雪の空の明るき手まり唄 柴田白葉女 『朝の木』
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を 『欸乃』
待春の門の手鞠のよくはづむ 『定本石橋秀野句文集』
立春の雪のふかさよ手鞠唄 『定本石橋秀野句文集』
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋桜子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
しもやけや忘じてとほき手鞠唄 屋崎道子
我が門やよその子遊ぶ手毬歌 高橋淡路女
望郷や半ば忘れし手毬唄 横原律子
手鞠つく髪ふさふさと動きけり 山口波津女
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
手毬手に母を懐ふは美しき 富安風生
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
子供の名忘れし母の手毬唄 西浦一滴
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
母逝くや手毬ひとつがベットの上 五十嵐直子
手毬つく今は無き橋唄ひつぎ 池田琴線女
軍港と呼びし世のあり手鞠唄 立石せつこ
手毬唄とぎれて手毬それたるや 大木さつき
足元にとぎれし唄の手毬来ぬ 白岩三郎
病むひとのうたひはじめし手毬唄 廣瀬町子
手毬唄うたへば母の声なりし 西川織子
雨の日は雨の明るさ手毬唄 河内静魚
手毬つく皃のない子がひとりゐて 八田木枯
良寛の手毬は芯に恋の反古 宮坂静生
手毬唄とをを数へて又一へ 原 裕
手毬唄かなしきことをうつくしく 高濱虚子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子
糸の虹みだれて古りし手毬あり 水原秋櫻子
子の手は火わが手は氷手毬歌 百合山羽公
ミサの座に手毬まろばせ子も侍る 下村ひろし
大和路の塔づくしなる手毬歌 安田 晃子
日喧嘩終へたる子らの手毬唄 橋本榮治
手毬唄うたへば母の声なりし 西川 織子
手毬唄加賀の手毬を飾りけり 酒井みゆき
覚えよき子よとたたへつ手毬唄 小澤満佐子
足元へ跡切れし唄の手毬来ぬ 白岩 三郎
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子
春宵や地震にまろびし加賀手鞠 宮崎みさを
手鞠唄明日死んでもいいやうな 佐々木六戈 百韻反故 初學
手毬つく今も少女や夢はじめ 橋本榮治 逆旅
寒の雷ひとつ手毬のごとくなり 森下[かじ]之秋
萩流れ手毬の糸を解く如く 上野泰
枸杞の実のつぶら瞳満てり手毬つく 久保田清一
金木犀手毬全円子へ弾む 野沢節子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋桜子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
手毬唄賽の河原の児も冷えて 中丸義一
夢殿の前に手毬をつき遊ぶ 久保龍
手毬唄その身が毬の雪ふるる 村越化石
ほつれたる手毬の糸は今は赤 河越燕子楼
手毬唄十は東京なつかしと 水上涼子
手毬唄日暮は亡き父恋ふ唄に 加藤知世子
手毬つく土間やはらかに牛の息 阿部子峡
恋知らず唄ふや恋の手毬唄 相川紫芥子
みちのくのかなしき節の手毬唄 村上三良
佝僂の子の帯うつくしき手毬かな 西島麦南
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀
手毬唄うたひくれたる人のこと 池内たけし
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
手毬唄手紙の中にこもるなる 滝井孝作
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 久保田万太郎
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
十ついて百ついてわたす手毬かな 高浜虚子
正月や木曾には木曾の手まり唄 仁村美津夫
くになまり伊予には伊予の手毬唄 美子
手毬唄その身が毬の雪ふる子 化石
昼の空いよいよ碧き手毬唄 澄雄
しののめの吹雪やみたる手鞠唄 間石
正月の月が明るい手まり歌 綾子
手毬つく髪ふさふさと動きけり 波津女
妻が持つ継ぐもののなき手毬唄 楸邨
手毬唄片言にいふをともに言ふ 梵
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 林火
面白く手について来し手毬かな 占魚
手毬唄手紙の中にこもるなる 孝作
手毬の子消えて脳病院の塀 静塔
子の手は火わが手は氷手毬歌 羽公
手毬つく顔付のふとおそろしく 杞陽
手毬唄子の全身が浮きて見ゆ 麦草
老の手にもてあそばるゝ手毬あり たけし
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 蓼汀
手毬の子妬心つよきはうつくしき 舟月
陽の芝にころげて軽き手毬かな 月二郎
つまづきし如く忘れし手毬歌 多佳子
手鞠つくてんてん響きくる書斎 青邨
焼跡に遺る三和土や手毬つく 草田男
手毬唄なほ焼工場聳えたり 波郷
人のつく手まり次第にさびしけれ 汀女
はこせこの子を憎みけり手毬つく 夏山
里に古る良寛さまの手毬唄 静雲
手毬手に母を懐ふは美しき 風生
麻の葉のほつれそめたる手毬かな 喜舟
我が門やよその子遊ぶ手毬唄 淡路女
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 万太郎
母慕ふこと綴りけん手毬歌 山梔子
手毬つく唄のなかなるお仙かな 蛇笏
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 亜浪
手毬唄かなしきことをうつくしく 虚子
傾城のわらべがましき手鞠かな 万容
汁鍋に手鞠はね込む笑ひかな 成美
寝ころぶや手まり程でも春の山 一茶
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子
沈丁花手毬唄から毬それて 神山冬崖
手毬唄赤子の泣いて終りけり 関戸靖子
谷川に手毬流れ来誰が泣きし 森澄雄
手に弾み返し来る地手毬つく 後藤比奈夫
母老いてなほ確かなる手毬唄 岡安仁義
板の間に映り止まる手毬かな 今井つる女
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子
春の波手毬の音の如つづく 上野泰
手毬つく布哇生れの祖母と孫 保田白帆子
樂想を失ひ手毬唄漂ふ 池内友次郎
毬抱いて歌ひて手毬歌淋し 池内友次郎
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手鞠つく大きな家とのみ記憶 山口青邨
美しき飾り手毬や草の宿 富安風生
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
雪さそふものとこそ聞け手毬歌 久保田万太郎
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子
日のあとをめぐれる月や手毬歌 齋藤愼爾
手毬唄母の世に古りいまに古り 齋藤愼爾
手毬唄やがて消ゆべきものなれど 齋藤愼爾
暗礁や韻あきらかに手毬唄 齋藤愼爾
手鞠唄耳に残りて昼寝覚 柴田奈美
手鞠唄子守りの唄として歌ふ 柴田奈美
盲腸のあたりで手毬ついてをり 大石雄鬼
途中より姉にかはりし手毬唄 小原啄葉
立秋や一つは白き加賀手鞠 大井雅人
胎内の記憶めがねや手毬唄 檜垣桂子
立春の雪の深さよ手鞠唄 石橋秀野
真黒な手鞠出てくる炭団哉 正岡子規
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子 水精 以後
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子 水精 以後
日のあとをめぐれる月や手毬唄 斎藤愼爾 冬の智慧
藪手毬そこへ乞(こつ)のゆび二つ 安井浩司 風餐
蔓手毬石段限りなく現れぬ 手塚美佐 昔の香
芍薬の芽のまくれなゐ手毬唄 寺井瑞魚
病むひとのうたひはじめし手毬唄 廣瀬町子
ふる里をたがへて手毬唄たがふ 鞍悦子
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
手毬唄哀しかなしきゆゑに世に 久保田万太郎
手毬唄日向のひとつづつ消えて 関戸靖子
手鞠唄母恋ひをればもどかしく 藤木倶子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
鴨たちの手毬のごとく眠りをり 尾崎真理子
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星 遠野集
年玉の十にあまりし手毬かな 高浜虚子
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
昔日は恋し手毬をつき唄ふ 高木晴子
手毬買ひ旅の越後は日短し 中山純子
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬桜桃子
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
手毬の子妬心つよきはうつくしき 石原舟月
声にせば覚えてをりぬ手鞠唄 大橋淑子
日向にゐて影がまつくら手毬つく 橋本多佳子
先生が庭の訓へや手毬唄 安藤橡面坊
日のあとをめぐれる月や手毬唄 斎藤慎爾
羽子つこか手毬つこかともてなしぬ 高浜虚子
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
此里やいく世昔の手毬唄 谷活東
夕日の宿消え入りさうな手毬唄 大野林火
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
庭広うなげなげ手毬遊びかな 玉越琅々
笹蟹にかゞり初めたる手毬かな 中村烏堂
御門よりころげいでたる手毬かな 野村泊月
永劫の一瞬のため手毬つく 鈴木六林男
大杉の又日を失し蔓手毬 高浜虚子
大手毬小手毬手毬ほろぶとも 矢島渚男
矮鶏の来て飛び上りけり手毬花 麦水
束ねたるげんげん花の手毬かな 武田潯陽
灯台や手毬のやうな春の海 松山足羽
手毬つく祇園町並保存地区 岩崎照子
手毬ついて夏の欅の家の中 岡井省二
忘れてはとばしとばして手毬唄 下村梅子
手毬突く石の仁王に唄聞かせ 宮津昭彦
手毬つき米山さんに雪すこし 下田稔
礎も史蹟の一つ手毬つく 町田しげき
天竺は古りて遠しや手毬唄 櫛原希伊子
手毬唄音譜の型の吊し柿 羽部洞然
手毬唄その身が毬の雪ふる子 村越化石
枝豆や手毬の中にオルゴール 藤岡筑邨
古き世の手毬つたふる夜なべかな 藤岡筑邨
白足袋のつるつる縁やつく手毬 野村喜舟
紙漉きの乾きし土間に手毬つく 長田等
手毬唄江戸誹諧の心ふと 河野静雲
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子
手毬の子妬心つよきはうつくしき 石原舟月
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を
美智子妃のみそなはしたる手毬これ 西本一都
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太(1920-)
ふくろふに真紅の手鞠つかれをり 加藤楸邨(1905-93)
焼跡に遺る三和土(たたき)や手毬つく 中村草田男(1901-83)
手鞠唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子(1874-1959)
手毬つく音にも覚めず塩害田 有働亨 汐路
手毬かくる狐ケ崎の枯芝に 萩原麦草 麦嵐
手毬唄子の全身が浮きて見ゆ 萩原麦草 麦嵐
しののめの吹雪やみたる手鞠唄 橋石 和栲
廊わたる月となるまで手鞠かな 飯田蛇笏 山廬集
庭訓によるともどちや手毬唄 飯田蛇笏 山廬集
手毬かがるひとりに障子日影かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬つく唄のなかなるお仙かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬つく顔付のふとおそろしく 京極杞陽 くくたち上巻
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀 山火
灌仏のお寺の庭に手毬つき 阿部みどり女 笹鳴
教へ子のみな上手なる手毬哉 阿部みどり女 笹鳴
手毬唄柿の冬木をひとめぐり 瀧春一 菜園
二三日衣桁のかげの手毬かな 野村喜舟 小石川
手毬つく髪ふさふさと動きけり 山口波津女 良人
萩流れ手毬の糸を解く如く 上野泰 佐介
はね上る手毬の彼方社ある 上野泰 佐介
さくらの芽紅を含める手毬つく 岸風三楼 往来
海老網を干す道せばに手毬つく 鈴鹿野風呂 浜木綿
手毬唄花街に人となりにけり 大橋櫻坡子 雨月
抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし 飯田蛇笏 霊芝
ちらかりて手毬もありぬ部屋のうち 高橋淡路女 梶の葉
我が門やよその子遊ぶ手毬唄 高橋淡路女 梶の葉
友ほしう手毬かゝへて出でにけり 高橋淡路女 梶の葉
手毬つくはこせこの鈴下駄の鈴 松藤夏山 夏山句集
はこせこの子を憎みけり手毬つく 松藤夏山 夏山句集
岩木嶺は大きく手毬唄やさし 成田千空 地霊
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
流球の木綿かがりし絲手鞠 後藤夜半
玉藻手繰る思ひ手毬の唄つきず 安斎櫻[カイ]子
窓の日や手毬の唄の夢心 石井露月
からびたる土の白さや手鞠つく 八木三日女 紅 茸
手毬買ひ旅の越後は日短し 中山純子 沙羅
故郷も父母もなき手毬唄 菖蒲あや 路 地
最はての濤音重ね手鞠唄 古賀まり子 緑の野以後
歌ひつぎてのこる明治の手鞠唄 古賀まり子 緑の野以後
遠き日の彩をかがりて加賀手毬 文挟夫佐恵 雨 月
昔は恋し手毬をつき唄ふ 高木晴子 花 季
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子 花 季
金木犀手毬全円子へ弾む 野澤節子 牡 丹
淡雪の空の明るき手まり唄 柴田白葉女 花寂び 以後
うろ覚えの皆恋の唄手毬つく 長谷川かな女 雨 月
手毬もつてかなしきときも遊ぶかな 吉武月二郎句集
妻やがて面白くなる手毬かな 吉武月二郎句集
嫁が君妹が手鞠をかくしけり 大谷句佛 我は我
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亜浪 旅人
御門よりころげいでたる手毬かな 比叡 野村泊月
手毬の子家へはいりぬ藪の風 大峯あきら 鳥道
老の掌にはずむ心のなき手鞠 後藤夜半 底紅
子の手は火わが手は氷手毬歌 百合山羽公 寒雁
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公 寒雁
山の神にうたたてまつれ手毬の子 木村蕪城 寒泉
山風のつのる手毬をかはりつく 木村蕪城 寒泉
手毬のせ一年生の文机 上野泰 春潮
日輪と並びとゞまる手毬かな 上野泰 春潮
黄の手毬黄の棒が地に立ちにけり 上野泰 春潮
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
年玉の十にあまりし手毬かな 高浜虚子
いと惜しむ手鞠縁より落ちてんげり 尾崎紅葉
玉といふは古りたりされば手鞠とも 尾崎紅葉
子役者の来て手鞠つく廊下哉 尾崎紅葉
文殻の手鞠はづまぬ遊女哉 尾崎紅葉
良寛の手毬は芯に恋の反古 宮坂 静生
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星 犀星發句集
椽につき庭につき手鞠一人かな 会津八一
手鞠つく寺侍や門の梅 会津八一
立春の雪のふかさよ手鞠歌 石橋秀野
紫の雲の上なる手毬唄 杉田久女
手毬買ふ城ある町を風が巻き 鍵和田釉子
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子
蔓手毬石段限りなく現れぬ 手塚美佐
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
我が門やよその子遊ぶ手毬唄 高橋淡路女
手鞠つく天の渚にゐるごとし 奥坂まや
手毬唄日向のひとつづつ消えて 関戸靖子
むささびの巣へはとどかず蔓手毬 大島民郎
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子
手毬つく六波羅蜜寺石だたみ 山田弘子
七五調乱れて手毬こぼれけり 今瀬剛一
手鞠花ひとのおもかげ花のかげ 瀧井孝作
手鞠唄手紙の中にこもるなる 瀧井孝作
手毬唄その身が毬の雪ふる子 村越化石
手毬突く石の仁王に唄聞かせ 宮津昭彦
大雪や手毬の音の軒つゞき 富田木歩
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子 冬薔薇
口馴し百や孫子の手毬うた 炭 太祇 太祇句選
羽子つこか手毬つこかともてなしぬ・・・まり千代、小くに、五郎丸、小時、実花来。
羽子をつき手毬をついて恋をして
羽子つこか手毬つこかともてなしぬ
母姉と謡ひ伝へて手毬唄
まろびたる娘より転がる手毬かな
手毬唄かなしきことをうつくしく
鳴猫に赤ン目をして手まり哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
涼しさよ手まり程なる雲の峰 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
手毬つく毬より小さき手毬唄 飯田龍太 遅速
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太 山の影
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太 山の影
谷川を手鞠流れ来誰が泣きし 森澄雄 所生
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤秋邨 怒濤
良寛の遊びしといふ手鞠見る 後藤夜半
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎 菊塵
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 久保田万太郎 流寓抄
手毬唄哀しかなしきゆゑに世に 久保田万太郎 流寓抄
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亞浪 定本亜浪句集
手鞠なら散るともあがれ飛びあがれ 智月 俳諧撰集玉藻集
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤楸邨
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を
焼跡に遺る三和土や手鞠つく 中村草田男
春を待つ娘心や手鞠唄 井上井月
嫁突はれんりの枝の手鞠哉 井原西鶴
手毬つく顔付のふとおそろしく 京極杞陽
声にせば覚えてをりぬ手鞠唄 大橋淑子
あぢさゐの花や手鞠の染かへし 立花北枝
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
ふくろふに真紅の手鞠つかれをり 加藤楸邨
手鞠唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子

手毬 補遺

あづま路は猿ほめはやす手毬唄 水原秋櫻子 殉教
あの炉火は 祖母のものです 手毬唄 伊丹三樹彦
おゑんちやんといふ子がをりて手毬歌 村山故郷
くらき世をたぐり寄せたる手鞠唄 能村登四郎
こつくりさんこつくりさんほれ手毬唄 岡井省二 鯛の鯛
こり世よりあの世思ほゆ手毬唄 大野林火 月魄集 昭和五十四年
ころげ出て良寛手毬緑蔭へ 林翔
しののめの吹雪やみたる手鞠唄 橋閒石 和栲
その頃の手毬やなぜかぼたん色 飯島晴子
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀 山火
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
はね上る手毬の彼方社ある 上野泰 佐介
ひとり子の手鞠弾める真昼どき 飯田龍太
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤秋邨
もし手毬つづいてころげくるならば 岡井省二 夏炉
よどみなく童女うたふや手毬唄 水原秋櫻子 緑雲
ガード一角冬日が溜り手毬つく 飴山實 おりいぶ
五合庵ほどの板の間手毬突く 阿波野青畝
京の宿に旅のいとまの手毬歌 村山故郷
人のつく手毬のほどを唄ひけり 中村汀女
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
人の世を又神の世を手毬唄 上野泰
人の顔見えずあるひは手毬唄 加藤秋邨
何か言はねば日暮は遠し手毬唄 加藤秋邨
八十八夜茶山に蝶の手毬かな 平畑静塔
八重山の手毬の紅の濃かりけり 松崎鉄之介
凍光や声切々と手まり唄 草間時彦 中年
出生の負ひ目持つ子の手毬唄 松崎鉄之介
初湯にてわれも世に古り手毬唄 森澄雄
受験の子に炎天の手毬唄 飯田龍太
善鄰の意にかかはらず手鞠唄 飯田蛇笏 家郷の霧
四君子の透かし欄間に繭手鞠 松崎鉄之介
地下茎をたどれば母体手毬唄 佐藤鬼房
坂のなき銀座八丁手毬つく 鷹羽狩行
夕日の宿消え入りさうな手毬唄 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
多摩の子は椿の下に手毬抱き 富安風生
夜は夜の八ツ手の手毬死者の手毬 三橋鷹女
夜は花の精の遊べる紅手毬 後藤比奈夫
大室は手毬ぞ伊豆の山眠る 阿波野青畝
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公 寒雁
妻が持つ継ぐもののなき手毬唄 加藤秋邨
子の手は火わが手は氷手毬歌 百合山羽公 寒雁
子を負て子守鞠つく片手業 正岡子規 手毬
寒日和老尼しばらく手毬つき 飯田龍太
寒日和老尼もしばし手鞠つき 飯田龍太
寒雀手毬のごとく日空より 川端茅舎
山の子の手毬の行方笹の露 飴山實 次の花
山の子の継ぎはぎズボン手毬つく 後藤比奈夫
山の月手毬の如く跳ね上り 上野泰
山の神にうたたてまつれ手毬の子 木村蕪城 寒泉
山風のつのる手毬をかはりつく 木村蕪城 寒泉
左右の手につきて乱れず手毬唄 水原秋櫻子 蘆雁
幻に良寛うたひ手毬突く 阿波野青畝
幼な児にいくつ数ふる手毬唄 桂信子 草影
幼な児の手毬外れしを眼が追はず 松崎鉄之介
庭訓によるともどちや手毬唄 飯田蛇笏 山廬集
廊わたる月となるまで手鞠かな 飯田蛇笏 山廬集
待春の門の手鞠のよくはずむ 石橋秀野
息切らしつつ手毬唄つづきをり 森澄雄
我を抱きし手戦のときも手毬唄 加藤秋邨
戦前といふ世ありけり手毬唄 岡本眸
手に弾み返し来る地手毬つく 後藤比奈夫
手毬かがるひとりに障子日影かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬かゞる麻の葉のほかはなき母よ 中川一碧樓
手毬ついて夏の欅の家の中 岡井省二 明野
手毬つくこゑも聞えて貝合せ 岡井省二 鯛の鯛
手毬つく唄のなかなるお仙かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬つく毬より小さき手鞠唄 飯田龍太
手毬つく袂の中に袂見え 林翔
手毬つく諏訪を出できしねむたさよ 藤田湘子
手毬に蹤きて古利根川を下りしこと 加藤秋邨
手毬のせ一年生の文机 上野泰 春潮
手毬の娘寝し頃月の美しく 阿波野青畝
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子 玄魚
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄それも忘るるもののうち 後藤比奈夫
手毬唄つづく戦後か戦前か 伊丹三樹彦
手毬唄ほどには毬の弾まずに 鷹羽狩行
手毬唄むかし戦に勝ちしとふ 能村登四郎
手毬唄亡き友の家近くにて 大野林火 雪華 昭和三十四年
手毬唄松にもたれて待つもあり 飴山實 句集外
手毬唄次第に早きひぐれどき 加藤秋邨
手毬唄片言にいふをともに言ふ 篠原梵 年々去来の花 雨
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太
手毬唄猿の装束うたひけり 水原秋櫻子 緑雲
手毬唄襖の中に誰かゐる 加藤秋邨
手毬唄覚えし頃の任地かな 中村汀女
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亜郎 定本亜浪句集
手毬抱く子に大仏の道を聞く 上野泰
手毬歌母と近々歌ひたし 細見綾子
手毬浮く菖蒲の花の映る水 山口青邨
手毬見て来し目に露の紫苑かな 石塚友二 玉縄以後
手鞠つき羽子遣る程になりにけり 正岡子規 手毬
手鞠つくてんてん響きくる書斎 山口青邨
手鞠つく大きな家とのみ記憶 山口青邨
手鞠つく拍子にあはす薺哉 正岡子規 薺
手鞠唄こころ浮世の宙にあり 飯田龍太
手鞠唄母の顔さへ知らず逝きしか 村山故郷
抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし 飯田蛇笏 霊芝
数といふうつくしきもの手毬唄 鷹羽狩行
文殻がひびく手毬のつかれをり 岡井省二 夏炉
日をめぐる地球に生れ手毬唄 野見山朱鳥 天馬
日向にゐて影がまつくら手毬つく 橋本多佳子
日暮るゝに取替へてつく手毬かな 村上鬼城
日輪と並びとゞまる手毬かな 上野泰 春潮
日輪の道巾かぎりつく手毬 飴山實 おりいぶ
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太
春の波手毬の音の如つづく 上野泰
春愁や紀州手鞠をたなごころ 鷹羽狩行
昼の空いよいよ碧き手毬唄 森澄雄
昼寝覚赤き手鞠のかがられし 波多野爽波
未だ知らぬ社の名ある手毬唄 能村登四郎
杣の子の二つ持ちたる手毬かな 村上鬼城
梅雨の縁手鞠ころがり故人なし 山口青邨
梟は手毬にもたれ寝まりをる 岡井省二 大日
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子 冬薔薇
死ぬまでは生きねばならぬ手毬手に 富安風生
母あらず手鞠つく子に羽子突く子に 後藤比奈夫
母姉の祷りの前を手毬の子 中村草田男
毬唄を手毬に聞かせまだ撞かず 鷹羽狩行
波音に声盗まれし手毬歌 鈴木真砂女 紫木蓮
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
燈火親し手毬の歌にしたしめば 上田五千石『森林』補遺
父を負ふことまだできず手毬つく 野見山朱鳥 荊冠
物狂してゐてすなほ手毬つく 後藤比奈夫
玉椿髻華(うず)にさしたる手毬の子 森澄雄
琉球の手毬日本の手毬唄 後藤比奈夫
琉球の矢賀氏作なる手鞠かな 後藤比奈夫
白壁にもう日が暮れて手毬痕 鷹羽狩行
白壁をかがよひつたふ手毬唄 大野林火 月魄集 距和五十七年
目の黒い人に生れて手鞠哉 正岡子規 手毬
目の黒ひ人と生れて手鞠かな 正岡子規 手毬
眞黒な手鞠出てくる炭團哉 正岡子規 炭団
着流しのままの手鞠の弾みゐる 飯田龍太
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
糸手鞠琉球木綿細からぬ 後藤比奈夫
紀の国の蜜柑となりしてん手鞠 能村登四郎
紫の雲の上なる手毬唄 杉田久女
終るとき越後訛や手毬唄 加藤秋邨
老の掌にはずむ心のなき手鞠 後藤夜半 底紅
肺活量なかなか尽きず手毬突く 阿波野青畝
舟の子の桟橋でつく手毬かな 鷹羽狩行
良寛のこころに和する手毬唄 上田五千石 天路
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
良寛の汚れ手鞠に柿の照り 松崎鉄之介
芥に離り手毬浮きつつ海暗し 岸田稚魚 負け犬
菊畑に手鞠はひりぬ菊にほふ 山口青邨
萩流れ手毬の糸を解く如く 上野泰 佐介
蝶々に手鞠あやつる唐子かな 正岡子規 蝶
蝶現れて手毬つく子を離れざる 伊丹三樹彦
要なきに十まで覚え手鞠唄 能村登四郎
谷川を手鞠流れ来誰が泣きし 森澄雄
身を細め手毬つきをり梅雨の簷 伊丹三樹彦
鉄蓋に撞き暮るるまで手毬像 鷹羽狩行
鏡抜け消えてゆきけり青手毬 平井照敏
降りだして雪あたたかき手毬唄 加藤秋邨
階段の下暗かりき手毬唄 岡本眸
鱒池の隅に手毬の浮く暮春 飯田龍太
黄の手毬黄の棒が地に立ちにけり 上野泰 春潮

手毬 続補遺

行としの手毬売てふ柳はら 存義 古来庵発句集
紫陽花や手まり程づゝ雨の露 土芳
節の日や手まりあてがふ一座敷 三宅嘯山
手鞠花も枝に動くや沓の音 中川乙由
妹が家は暮に数そふ手毬哉 寥松
口馴し百や孫子の手毬うた 炭太祇
厨女が笑はれに出る手まり哉 寥松
かはゆき葉に針さし咲る手鞠かな 智月尼
かげろふのたつや手まりの土ぼこり 許六
あぢさゐの花や手鞠の染かへし 北枝
*嫁突はれんりの枝の手鞠哉 井原西鶴

以上

by 575fudemakase | 2017-03-27 16:02 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句 【再実施】

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句 【再実施】

投句後 パソコンがクラッシュしたので、句会を有志にて再実施した。

予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

6立子忌の礼儀正しき句会かな
12下萌えや歩くたび鳴る稚児の靴
22奥津城の椿は落ちて色褪せず
36総門に鳩除けネット涅槃西風
41焼け山の縞目くつきりとのぐもり
44古書市に師の初版本鳥雲に
60水中の無音の世界いしぼたん
82大釜を滾らせ白子船を待つ
94五年ものの蒟蒻芋置く梅見茶屋
97陽炎は俑の嘆息かも知れぬ
100老いらくの雛の菓子をたなごころ
111子のノート子の衣を捨つる鳥曇

114病み抜けて久の外出春袷
115姑となりて久しや花大根
両句とも「久」が効果的に、無難なく使われている

117畑屑のうちのめさるる雨水かな
130縄延びといふことらしき山笑ふ
見返すと両句とも 「農」のなかなかな句と思える。
「畑屑」という言葉遣いも「農」の実践者として見ればなかなか
の味のある言葉である。それであるから、「うちのめさるる」がより
一層痛ましい。問題は「雨水」である。鑑賞者めいめいに取って季語
「雨水」がどう響くか? 参考に雨水の語義を挙げて置く。更に雨水
一例句も挙げて置く。

二十四気の一つ。立春から十五日目で、陽暦二月十九日ごろ。雪が雨に変わり、草木が芽吹き始める時季。

 書道部が墨擦つてゐる雨水かな

                           大串 章
雑誌の月号表示を追い越すように、季節がどんどん進んでいく今日この頃、ならばと時計を二ヶ月ほど逆回転させても罰は当たるまい。季語は「雨水(うすい)」で春。根本順吉の解説を借用する。「二十四節気の一つ。陰暦正月のなかで、立春後15日、新暦では2月18、19日にあたる。「雨水とは「気雪散じて水と為る也」(『群書類従』第19輯『暦林問答集・上』)といわれるように、雪が雨に変わり、氷が融けて水になるという意味である」。早春の、まだひんやりとした部室だ。正座して、黙々と墨を擦っている数少ない部員たちがいる。いつもの何でもない情景ではあるのだが、今日が雨水かと思えば、ひとりでに感慨がわいてくる。表では、実際に雨が降っているのかもしれない。厳しい寒さがようやく遠のき、硯の水もやわらかく感じられ、降っているとすれば、天からの水もやわらかい。このやわらかい感触とイメージが、部員たちの真剣な姿に墨痕のように滲み重なっていて美しい。句には派手さも衒いもないけれど、まことに「青春は麗し」ではないか。こうしたことを詠ませると、作者と私が友人であるがための身贔屓もなにもなく、大串章は当代一流の俳人だと思っている。「書道部」と「雨水」の取りあわせ……。うめえもんだなア。まいったね。俳誌「百鳥」(2002年4月号)所載。(清水哲男)

又 次句の「縄延び」も独特な一語。その語義も挙げて置く。

縄縮み・縄伸び【なわちぢみ・なわのび】
実測した土地の面積が、登記簿に記載されたものより小さいことを縄縮み、大きいことを縄伸びといいます。
縄縮みや縄伸びは、主に地方の農地や山林で起こります。その原因として考えられるのが、これらの登記簿の面積が、測量技術の未熟な明治初期のものが多いことです。また意図的な理由としては、縄伸びは、税負担軽減のための過少申告、縄縮みは、売買代金の嵩上げを狙った、などが考えられます。

127何事もなかったやうにひひな達
129さんしゅうや庭下駄揃え客を待つ



【一寸ひとこと】

34真つ白の新車を止めて麦を踏む
真っ新な自動車止めて麦を踏む
原句 通りだと若干 青と白の対比が強すぎるきらい有り、そこを避けたい
というのが私の提案。
85ひとりにも一人の意地や蜆汁
「底意地」という言葉が有る。 私流だと ひとり者にも底意地ありて蜆汁
121囀りの同じ一語をひたすらに
私なら 囀りの同じ調子で一日中 とやりたい
129さんしゅうや庭下駄揃え客を待つ
「さんしゅう」の表記だが、文語なら 「さんしゅゆ」と表記したい

以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:23 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句

2017年 3月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号

3料峭やシート囲いのぼやの跡
9立子忌の礼儀正しき句会かな
13金盞花太陽の黄を散りばめぬ
16四温晴れ幌を外してマーケット
17手松明に頬なぶらるる送水会
18下萌えや歩くたび鳴る稚児の靴
20梅散らす風かと見れば番い鳥
26啓蟄や水抜く池の穴あまた
27雪舞へる函館市場に氷下魚汁
30瀬戸の海凪ぎ素麺の天日干し
32柔らかに纏ふ光や雛納め
33奥津城の椿は落ちて色褪せず
35沈丁花襲脱ぎつつ匂ひけり
44庭畑の残雪散らし矮鶏番ふ
56総門に鳩除けネット涅槃西風
64焼け山の縞目くつきりとのぐもり
66亀鳴くや耳付き壺の耳失せて
67古書市に師の初版本鳥雲に
68雛納め振子時計の音ばかり
74舫ひ船脇差めきて東風の竿
77涅槃絵図掲げる床の鏡なす
81その昔上級生に御蚕の部屋
82母あらば急くや遅日の夕げ時
89芝居はね街におぼろの十日月
91花ミモザ海辺の町のピザの店
99新海苔や甥の嫁御のお里より
107岩窟に銭を洗ひて春浅し
112一輌車来る無人駅雪解靄
113こまがえる草々羨し妹亡く
119くもりけり幼なの握る竜の玉
120享保雛飾り門前写真館
133亀鳴くやもの憂き午後の美容室
134桜餅もぐもぐ鼻毛ごともぐもぐ
141つと突けば磯巾着のすと窄む
142五年ものの蒟蒻芋置く梅見茶屋
145陽炎は俑の嘆息古墳山
151房総の菜の花畑ゆく電車
154終曲の指ねんごろに春の宵
156啓蟄や嘴に虫垂れてをり
158啓蟄や街に出会ひて旧知なる
164梅白し子ども相撲の声高し
165姫椿落ちて乱れず苔の上
166曲がり来て沈丁の香に突き当たる
167病み抜けて久の外出春袷
168姑となりて久しや花大根
172けふはまだましと春めく日の言葉
188何事もなかったやうにひひな達

以上

後評(2017・3)


20梅散らす風かと見れば番い鳥
庭先でこんな光景によく出会うので、ごもっともと相槌を打つ次第。
我が家の梅は枯れてしまったので、桃である。桃は花が終わって葉が
モサモサである。其処へ一陣の擦過音、なあーんだ目白かである。

44庭畑の残雪散らし矮鶏番ふ
「番ふ」がいかにも春到来を告げて、躍動する動詞。
名詞の「番い」は静的であるが、動詞の「番ふ」は動的である。

68雛納め振子時計の音ばかり
静寂な座敷での雛納めといふ一仕事。時計の振り子の音が支配せる世界。
振り子の規則的なリズムに作業もはかどる。

81その昔上級生に御蚕の部屋
養蚕が旺んな時代にはこんな光景もままあったことであろう。
勉強部屋とお蚕さんの部屋が同居していたといふ… 昭和といふ
佳き時代である。そう言えば、濱の古参同人に竹中龍青という人が
居って、その人の句集に「御蚕神」というのがあった。信州 佐久
在の人である。その人の案内で渚男さん等と上田あたりを吟行した
のを思いだした。林火師も信州によく遊んだ一時期があったと仄聞
している。十日夜とか、穂高 山葵農園とか、しょなら様とか挑戦しがい
のある吟行地が多い。

89芝居はね街におぼろの十日月
じっくりと十日月を眺めたことがないが何となく惹かれる。


99新海苔や甥の嫁御のお里より
「甥の嫁御のお里」と畳み込んでゆく処にある種の親身を感じる。
その上に季語が効いているではないか?

100畦焼きは遠き日のこと老ふまじや
「老ふまじや」と、俳句を介して、自分自身に向き合っている。
遠き日の出来事はみな佳きものと感ぜられるよう神様は人間を造った
とでも言っておこうか?。

134桜餅もぐもぐ鼻毛ごともぐもぐ
かなりレトリックのかかった一句である。
ぬけぬけと小汚いところを詠むのも老者の特権であろう。

141つと突けば磯巾着のすと窄む
「つ」と「す」の関係は「あ」と「うん」の関係に類似する。
一音、一字の 照応が面白い。押し合い圧し合いしている。

172けふはまだましと春めく日の言葉
他人が言っているのか それとも 自分が言っているのか?
自分なら自分自身を慰める為の独言?
表現として「春めく日の言葉」がよい。
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:20 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2017年 2月 ねずみのこまくら句会の諸句

2017年 2月 ねずみのこまくら句会の諸句


予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号


4彩保つ冬薔薇有りて淋しからず
11藁苞の小粒納豆春を呼ぶ
16鳥帰る針葉樹林映す湖
18流感の一夜ラジオを友として
20二面石二面泣き顔寒の雨
22染付展吹墨の鶴冴え冴えと
28復興へ鱶鰭(ふかひれ)干し場活気湧く
30大根と葱買ひ河津桜狩り
38林泉の浮島めぐる鴛鴦の沓
41煮凝りに添えて木曽路の檜箸
47ひと握り多く鬼門へ豆撒きぬ
51掬いとる生湯葉ぬくし外は雪
53笹鳴のお清めを待つ百足注連  白山神社
55紅さされ雛の息づく雪催ひ
56金継ぎの色絵双鳥寒開くる
60受験子の小さき寝顔に声をかけ
72下宿屋と今も言はれて柊挿す
74春光の滝降臨の水柱
78春立ちぬ固き結び目解くやうに
86鷽替えて亀戸大根提げ帰る
89目借時文机のほか当てどなし
90山笑ふ新幹線に貫かれ
95炬燵寝の果ての熟睡でありしかな
102雪しんしん父母亡きことを今さらに
103花菜飯なんと盛りよき海女の茶屋
106寒鯉の身を細くして沈みをり
112看取らるるまでは看取りて大石忌
113牡丹雪積るつもりはなかりけり
115待春や振り子時計の遅れ癖
117訥弁になりし留守電寒の入
118福音の知らせのやうに日脚伸ぶ
119鬼の豆散らかる中に玩具かな
124寒鴉ホーム短き無人駅
128磐座に喰ひ入る寒の椎の幹
132聖歌隊君は右から三番目
134古伊万里の布袋を眼福小正月
138松明の煙の匂ふ節分会
141起き抜けの水に身震ひ春立てり
143つれづれの試着に落とす紙懐炉
144お下がりの頃の話をつくしんぼ
149かたかごの吉祥天女飛ぶさまに
153雪垂る音のとり巻く浮御堂
155起き抜けに春立つ子らの笑声
157鴨の陣風に解れて風に組む
164ゆつくりと色を楽しむ木の芽和
165春障子ひとりとなりて久しけれ
166しらじらとポーチの糞は寒雀
168紐育よりテレビ電話の寒見舞
171土筆摘みつ水門までの土手歩き
173禅林にかつと日の射す青木の実
177深海魚やたら出回り冴返る
178太鼓橋ふたつ抱えて山眠る
184喪に閉じし窓そのままに北塞ぐ
190神苑の敷き藁厚く牡丹の芽
192万華鏡めき風花のひとしきり
194磐座に掛かりし幣に春の日矢
195老いてなお炬燵の中の陣地取り
196近江富士おぼろに据えて湖暮るる
197稜線を越え来る木霊春立てり
199菓子いろいろ置かれ春待つ水子仏
200雛店のシアトル宛の発送荷

以上

後評(2017・2)


38林泉の浮島めぐる鴛鴦の沓
「林泉」「浮島」「鴛鴦」等と並べられると絵巻だとか
大和絵だとかを想像して仕舞う。雅な色合い、構図を思い浮かべるのである。

78春立ちぬ固き結び目解くやうに
凍てが解ける の内の 「解ける」を「紐の結び目が解ける」に換骨奪胎した。


86鷽替えて亀戸大根提げ帰る
作者が主婦ということを大っぴらに持ち出して詠ったところに
共感。市民感覚が横溢している。

128磐座に喰ひ入る寒の椎の幹
樹木とコンクリート、樹木と金属、樹木と岩石の相克するさまを折々目に
することがある。例えば、樹木の幹に針金を巻きつけて置くと数年後には
樹皮がそれを呑み込んで仕舞う。樹皮は軟体生物のようなもの。
樹木は逞しい。岩手の石割り桜を思い出した。

138松明の煙の匂ふ節分会
「煙の匂ふ」に鄙びた感じが宿る。野趣あふれる一句。
チマチマした節分会に終わっていない。

153雪垂る音のとり巻く浮御堂
「とり巻く」の措辞がうまい。それに「浮御堂」の「浮」の一漢字が効いている。
春先に向かうウキウキ感に繋がるのである。

165春障子ひとりとなりて久しけれ
句柄に余裕がある。確か小説に余裕派というのがあった。漱石だったか?
何事にも余裕のあるのが佳い。

177深海魚やたら出回り冴返る
皆さんは金目鯛が深海魚であることをご存知ですか?
あろうことか、水産資源が枯渇して深海魚の金目まで網に
掛けるようになった。もうジリ貧である。(金目漁は、金目が朝方、深海から浮上して
来る性質を狙って捕獲する漁だという)
中国では内陸部の人間までが魚を食うようになった。仲買で中国に競り負ける事態と
なっている。魚好きの私としては慨嘆の日々である。

197稜線を越え来る木霊春立てり
「稜線」「木霊」「春立つ」等変哲のない用語を三つ並べただけだが、それでも匂ってくる季感
がある。

200雛店のシアトル宛の発送荷
日本人も海外に頻繁に出向く時代となった。一時的にしろ、永住にしろ、海外は
もう身近だ。そでも古い人間には、海外は ヤレ一入の感がある。
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:19 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング