<   2017年 03月 ( 171 )   > この月の画像一覧

初日 初空 初夢 宝船の諸句

初日 初空 初夢 宝船の諸句

初日の俳句

初日の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23459167/

初日 補遺

「天地大戯場」とかや初日出づ 金子兜太
あしかびのごとき青年初日の出 原裕 葦牙
いざ舟出初日いまこそ大全円 桂信子「草影」以後
いのちあれ机上未定稿初日射す 山口青邨
うちゆらぐ竹いさぎよし大初日 山口青邨
うなゐらに花びらとなりふる初日 山口青邨
おかめ笹初日にぬるる稿をつぐ 山口青邨
お遍路と別の旅ゆく初日傘 百合山羽公 樂土以後
お頂上つひにかくろふ初日かな 上田五千石『琥珀』補遺
げんげんの芽の出そろへる初日かな 永田耕衣
これよりは珊瑚の波や初日の出 阿波野青畝
しぐれたるけはひの土へ初日かな 鷲谷七菜子 游影
しろがねの潮たる初日濤をいづ 飯田蛇笏 雪峡
つむ~と障子に影や初日鳥 原石鼎 花影
はなやかに朱竹軒端に初日の出 山口青邨
はらはらと柳動くや初日影 政岡子規 初日影
はろかなるものへ礼して初日向 岡本眸
ひとりゆく砂丘の雪や大初日 飯田蛇笏 春蘭
ふるさとの猪垣にさす初日かな 細見綾子 牡丹
みどりごのお口あーんと初日さす 林翔
むさし野の靄のなかより初日の出 上村占魚
めつむりて初日が炎ゆる岳を前 山口青邨
めつむるまで初日見ざらんわが臍よ 加藤秋邨
ゆらゆらと柳うごくや初日影 政岡子規 初日影
ゆらゆらと柳動くや初日の出 政岡子規 初日
ゆりかごをゆすれ初日が溢れる時 有馬朗人 母国
よべ残灯日本橋に初日出づ 山口青邨
わがはひる工房すでに初日満つ 山口青邨
わが庭の藪はむらさき初日の出 山口青邨
わが藪の天狗の鼻をかけ初日 山口青邨
われより先対岸工区初日浴ぶ 古沢太穂 捲かるる鴎
ガンガの水汲んだばかりの 壺に初日 伊丹三樹彦
一切の空貫きて初日の出 桂信子「草影」以後
一村の泛びてきたる初日かな 鷲谷七菜子 一盞
一滴に初日あたれり松雫 桂信子 「草影」以後
一点口にからし初日の汐飛沫 中村草田男
一管の笛に するする 初日の出 伊丹三樹彦
万華鏡世をうつくしく初日の出 山口青邨
三代に生きありがたし初日影 山口青邨
三山の初日御霊よかへりませ 右城暮石 句集外 昭和十四年
不盡赤し筑波を見れは初日の出 政岡子規 初日
両神山は補陀落初日沈むところ 金子兜太
丸きもの初日輪飾り鏡餅 政岡子規 鏡餅
京に似し山を軒端に初日の出 山口青邨
人に酔ひ初日の方へ農青年 佐藤鬼房
今年も東より出る初日哉 政岡子規 初日
今日だけは初日を浴びよ足の裏 加藤秋邨
伊勢人のはがきに刷りし初日哉 政岡子規 初日
何が走り何が飛ぶとも初日豊か 中村草田男
先づは思ふべし草の戸にさす初日 細見綾子
光年の中の瞬の身初日燃ゆ 林翔
八柱の八根を初日鞘裹み 中村草田男
凸レンズを置けば光点初日射す 林翔
初場所の初日天皇見えをらる 石塚友二 玉縄以後
初日あび神降臨の地にたてり 角川源義
初日いま楕圓核爆發あるな 三橋敏雄
初日うらうら昭和元禄の花ふらし 山口青邨
初日うらうら草の戸落葉深きまま 山口青邨
初日うらうら賞与十円ほど残れり 日野草城
初日うらうら霜除の下紅粉花そだつ 山口青邨
初日かげ積雪の牙に潮なぎぬ 飯田蛇笏 春蘭
初日が撫す湾口海を越させぬ武器 古沢太穂 火雲
初日さし尾長の古巣燃えんとす 山口青邨
初日さすことも劫火の底の底 加藤秋邨
初日さすまことに古き旅鞄 山口青邨
初日さす五十鈴は波のかげを織る 阿波野青畝
初日さす千木を羨む鰹木か 鷹羽狩行
初日さす寝巻すがたのバルザック 有馬朗人 知命
初日さす座右一枚の鶴の羽 山口青邨
初日さす朱雀通りの静さよ 河東碧梧桐
初日さす松はむさし野にのこる松 水原秋櫻子 蘆刈
初日さす林の窪に池のあと 水原秋櫻子 殉教
初日さす深熊野青き渕湛へ 桂信子 花影
初日さす瑞牆山の岩の間ゆ 相馬遷子 山国
初日さす畦老農の二本杖 西東三鬼
初日さす硯の海に波もなし 政岡子規 初日
初日さす蓮田無用の茎満てり 西東三
初日さす金魚一鱗の庭の甕 山口青邨
初日さす鴨片寄りに多摩の湖 山口青邨
初日しづしづ徽宗皇帝の鳩に射す 山口青邨
初日にも覆面 河岸の白行者 伊丹三樹彦
初日に対し鳩の心と蛇の知恵 中村草田男
初日に決意少年のごと耳羞ぢて 林翔 和紙
初日のつと萬歳の聲どよみけり 政岡子規 初日
初日のぼる日照権をあらそふ街 山口青邨
初日の出塩壺に手をさしこめば 加藤秋邨
初日の出待つときめきは恋に似て 鈴木真砂女 紫木蓮
初日の出熊野一円おしだまる 桂信子 花影
初日の出蟻さながらに人動き 阿波野青畝
初日の出衆生即ち草の如 上野泰
初日の出隣のむすめお白粉未だつけず 政岡子規 初日
初日の前力をぬきて強歩せむ 中村草田男
初日は昇り海は寄りくる音たからか 中村草田男
初日まつ心しづかにたかぶりぬ 富安風生
初日ゆらら三幹の松かがやかに 山口青邨
初日より三日古びし山日影 上田五千石『風景』補遺
初日以前の 床踏み鳴らす 神馬の白 三橋敏雄
初日出づかの井戸に水湧きをらむ 桂信子「草影」以後
初日出づキャデイ早出の七時には 山口誓子
初日出づ五彩に波を躍らせて 上村占魚
初日出づ昔平家の海の上 百合山羽公 樂土
初日出づ野は低くしてはてに波 山口青邨
初日出で限りなく来る波の金 桂信子 草影
初日出る途端にわが眼ふさぎけり 阿波野青畝
初日半輪親しきものの眩しさに 香西照雄 素心
初日受く海蝕の岩前屈み 佐藤鬼房
初日受く疎梅一枝を高くして 百合山羽公 樂土
初日受け飲喜の白髪ありにけり 林翔
初日向初ぼこりにぞ酔ひにける 相生垣瓜人 負暄
初日呑むと夢みて發句榮ゆべく 政岡子規 初日
初日団々と 藁塚 胴震い 伊丹三樹彦
初日射この美しき地球に棲む 桂信子 草影
初日射す全きいろの石蕗の辺に 飯田龍太
初日射す嬰児泉の如く泣く 有馬朗人 母国
初日射す峠の道の岐れずに 廣瀬直人
初日射す深きねむりの一家族 有馬朗人 母国
初日射す焦土を知らぬ佃島 鈴木真砂女 居待月
初日射す軒の松よりペン皿に 山口青邨
初日射松よりこぼれ鶴の墓 山口青邨
初日差しこむすごい暗さの町工場 平畑静塔
初日差月桂樹越し軒端しのぎ 中村草田男
初日影ときをり翳りへッセの詩 伊丹三樹彦
初日影焦都大阪市を照らす 日野草城
初日待つかぐろきものに筆硯 鷹羽狩行
初日待つ人声にゐて浜の宿 桂信子 緑夜
初日待つ浜に知る人知らぬ人 鈴木真砂女 紫木蓮
初日待つ鳶も鴉もまだ飛ばず 鈴木真砂女 居待月
初日拜むべく思はずわれ無精なり 政岡子規 初日
初日拝む玄即新ひたすらに 山口青邨
初日早や身に負ふ荷さへぬくめ初む 中村草田男
初日未だ真紅のままの増す光 中村草田男
初日浮くや金波銀波の太平洋 政岡子規 初日
初日浴ぶ 一存在は 全存在 伊丹三樹彦
初日漏るおはらひ箱のほこり哉 政岡子規 初日
初日炸裂こごしき山をいま出づる 山口青邨
初日燦々海女の膝の間鯛一尾 中村草田男
初日生る一雲映えつつそを包みに 香西照雄 素心
初日粛然今も男根りうりうか 加藤秋邨
初日見ばや海に向いて松くねる處 政岡子規 初日
初日見る労も年々惜しみけり 相生垣瓜人 負暄
初日赫し戦後貧しき父と子に 石川桂郎 含羞
初日門枯れ太幹とならびたる 原石鼎 花影以後
初日閉づ韓国岳の一つ星 角川源義
初日静かにのぼる嬰児の眼の中を 有馬朗人 母国
初日頭上常に遙かに父への距離 有馬朗人 母国
初空や初日初鷄初鴉 政岡子規 初空
千の鶴嘴ひんがしに初日出づ 山口青邨
千木は反り鰹木は伏し初日待つ 鷹羽狩行
員数外下衆の一匹初日受く 佐藤鬼房
喜劇か悲劇かいまし初日のしづしづと 山口青邨
喜寿といふ大きな年の初日浴ぶ 大野林火 月魄集 昭和五十五年
噴水のふきあげし初日うらうらと 山口青邨
地下電車地へ出て赤し妻へ初日 香西照雄 素心
坂にひと太刀浴せしがごと初日の出 楠本憲吉 方壺集
城山に初日 帰郷の眉上げる 三橋敏雄
堆書裡の本の山より初日射す 山口青邨
墨梅の軸にさしけり初日影 政岡子規 初日影
墨梅の軸にさしこむや初日の出 政岡子規 初日
多摩の子等頬朱に染め初日の出 山口青邨
夢殿の夢の扉を初日敲つ 中村草田男
大初日海はなれんとしてゆらぐ 上村占魚
大和から昇るべかりし初日かな 後藤比奈夫
大寺の初日は山のごときかな 平井照敏
大船のへさきに浮ぶ初日哉 政岡子規 初日
天の戸となる桜島初日まつ 阿波野青畝
天上の雲に初日の影ささず 平畑静塔
太古より光は真直ぐ初日出づ 桂信子 草影
奥山や枯木の穂にも初日影 原石鼎 花影以後
妻と来てひれふりやまの初日かな 古舘曹人 樹下石上
子が洗ひし万年青の葉なり初日さす 林翔 和紙
子の涎初日の前に壮んなり 伊丹三樹彦
居る雲は妨げもせず初日の出 阿波野青畝
山はみな杉の植林初日の出 右城暮石 散歩圏
山里や初日を拜む十時頃 政岡子規 初日
岩千鳥初日の中に舞ひつるる 上村占魚
岩頭の鵜めく人群初日今し 中村草田男
差し出でて崎々迎ふ初日の出 山口誓子
帆檣に人かき上る初日かな 政岡子規 初日
幕揚り初日うらうら登場人物はいまだ 山口青邨
庭荒るるこれもまたよし初日の出 山口青邨
我庵はお城の上に初日哉 政岡子規 初日
戒壇上一物も無し初日展ぶる 中村草田男
掌のなかの魚ぴちぴちと初日さす 飯田龍太
揚船の舷撫づる漁夫初日徐々と 中村草田男
新しき部屋ゆゑ初日右手より 桂信子「草影」以後
新しさすべての上に初日かな 細見綾子
新聞を門で受け取る初日哉 政岡子規 初日
旅に居て二十五階の初日浴ぶ 松崎鉄之介
日の丸は仰げず初日仰ぎ得し 林翔
日光月光面輪通ひて初日中 中村草田男
明方に上りし雨の初日かな 石塚友二 磊[カイ]集
明治百年一年を加う初日なり 荻原井泉水
昔馬上で兵統べし記憶 初日の出 楠本憲吉 楠本憲吉集
星は消え月はしらみて初日の出 政岡子規 初日
昨日とおなじところに居れば初日さす 桂信子 新緑
暁闇に褌(たふさぎ)代えて初日待つ 金子兜太
朝々の初日をろがみ年のくれ 原石鼎 花影以後
木々の影伸びて初日の影となる 稲畑汀子
木綿縞着たる単純初日受く 細見綾子 和語
本の山そこらに初日さしわたり 山口青邨
東大寺われも美鹿も初日浴ぶ 村山故郷
東天の杉の秀染めて初日の出 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
林ゆき青鵐が鳴けり初日さす 水原秋櫻子雪蘆抄
枯芭蕉八柱立てり初日射す 松本たかし
枯草にまじる蓬の初日かな 渡邊水巴 白日
枯蔓の一縷初日に燃えんとす 山口青邨
椨の野の初日となれり五位の声 岡井省二 山色
楮束庭に林立初日待つ 右城暮石 散歩圏
正に生き仏 ガンガの初日浴び 伊丹三樹彦
死の灰ふる中雑草園初日射す 山口青邨
毘沙門や松にはさんで初日出 政岡子規 初日
沐浴の男 初日に三白眼 伊丹三樹彦
沐浴の鼓腹 初日と対面す 伊丹三樹彦
沖ゆく煤煙円舞の鳩も初日まみれ 小林康治 玄霜
波頭初日の染めてゐる間 高浜年尾
浜に朽ち杭は飛べない初日影 佐藤鬼房
浦びとの崎々に出て初日待つ 鷹羽狩行
海に流れ出でて初日の荒筵 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
海のはてにあれあれ初日浮き給ふ 政岡子規 初日
海の禽さびしからずや初日の出 阿波野青畝
海坂の 初日へと起つ 一浴身 伊丹三樹彦
海鳥に岩のぬめりや初日射 桂信子 草影
湖の面をつたふ光や初日出づ 桂信子 花影
湖心翔つ鴨や初日に胸を染め 山口青邨
満目の露を金とす 初日の出 伊丹三樹彦
満面に初日妻つれわたる畦 石川桂郎 含羞
満面の初日をはじく笑ひかな 大野林火 方円集 昭和五十年
漕ぎ寄るレイ売り 初日以前の手燭捧げ 伊丹三樹彦
漱水はガンガ 初日の赤光浴び 三橋敏雄
潮けぶりこめても初日さだかなり 水原秋櫻子 蘆雁
潮騒の明るうひゞく初日かな 日野草城
牛が鳴き馬が答えて初日かな 金子兜太
狂暴の曲線くれなゐに初日の出 山口青邨
独立樹全枝伸しきり初日浴ぶ 香西照雄 素心
狼煙台今は初日を拝む台 山口誓子
玉砂利の初日に帽子外套置く 篠原梵 年々去来の花 雨
琴歌の八重の潮路に初日さす 細見綾子
生々流転猫間障子の初日影 山口青邨
産髪に初日いただかさんと出づ 下村槐太 光背
田にゐたる鴨が初日をよぎり飛ぶ 水原秋櫻子 古鏡
男の横顔デッキに港初日さす 古沢太穂 捲かるる鴎
男山より女山にわたる初日影 上田五千石『風景』補遺
町の子に公園匂ふ初日影 岡本眸
白波をめくる海石や初日の出 鷹羽狩行
白髪に櫛を入れたり初日の出 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
百の鵜のかたちつくりし初日待つ 阿波野青畝
真つ先に避雷針射す初日の出 平畑静塔
硬山をわが富士としぬ初日影 山口青邨
碇泊の船いつかなし初日満ち 山口青邨
磯に州に千鳥ちりばめ初日の出 鷹羽狩行
礁の鵜蹼照らす初日かな 阿波野青畝
秋の花すべてが消えて初日かな 金子兜太
稻かりて力無き冬の初日哉 政岡子規 冬の日
空近くあまりまばゆき初日哉 政岡子規 初日
窓に初日マゼランの船額の中 有馬朗人 母国
筆立の山鳥の尾の初日かな 山口青邨
筐底の塵に初日を拝まする 林翔
筑波根は二見に似たり初日の出 政岡子規 初日
箆サボテンおろかなれども初日影 山口青邨
紀の丘の早生碗豆に初日かな 阿波野青畝
荒杉を照りやはらげぬ初日の出 阿波野青畝
荒海の果敷雲に初日の出 中村草田男
葉牡丹の渦の潮よす初日の出 山口青邨
蓬莱の松にさしけり初日の出 政岡子規 初日
藪深き美男葛や初日影 山口青邨
蛤の口より伊勢の初日哉 政岡子規 初日
街頭の木に作り雪初日射す 山口青邨
観音のまなぶた初日享けたまへ 鷲谷七菜子 一盞
起きぬけやもうギラギラの初日の出 三橋敏雄
起てど坐れど師の亡かりけり初日影 石川桂郎 含羞
遅れたり拝む初日雲に浮き 石川桂郎 四温
野の果まで馬駈け抜けよ初日中 桂信子 草影
野良に先づ礼して初日出るを待つ 佐藤鬼房
金剛の初日の如来をろがみぬ 上村占魚
金粉のほめき牡丹畑に初日 山口青邨
針葉林しづかに出でて初日なる 桂信子 月光抄
雑華世界花屑句屑初日影 山口青邨
雪きらきら初日のぼりぬ馬の耳 政岡子規 初日
雲に一微紅みるみる初日大 富安風生
雲間赤め初日や少女像へまだ 古沢太穂 捲かるる鴎以後
青き鴨波翔けめぐり初日いづ 水原秋櫻子残鐘
額の帆船初日を浴びて疾走す 山口青邨
顔見世の初日見て来しこと言はず 後藤比奈夫
風塵のいま鮮しや初日享く 小林康治 玄霜
骨見せて 初日染まりの行者傘 伊丹三樹彦
高千穂は鷲羽うつごと初日影 角川源義
高山にまた父母の部屋初日さす 相馬遷子 雪嶺
鯉太り初日の金の水くぐる 桂信子 草影
鳥影の鶴にはならず初日影 山口青邨
鳥影もまた初日待つ 行者傘 伊丹三樹彦
鴉一羽初日の中を通りけり 政岡子規 初日
鴉飛ぶや初日見えそむる山の上 政岡子規 初日
黒犀とアカハシウシツツキと初日 金子兜太
齢い五十にいま炬火のごと初日の出 楠本憲吉 孤客

初空の俳句

初空の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22955386/

初空 補遺

ことし日天子牛に騎り初空を行く 荻原井泉水
みどりごに小さき姉や初御空 飴山實 花浴び
七十も終の初空仰ぎけり 飯島晴子
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
凧羽子もなき平成の初御空 森澄雄
初み空去年の眼を開きけり 政岡子規 初空
初御空とは斯く梢美しや 高田風人子
初御空よりの光は海より射す 桂信子「草影」以後
初御空千木を開きて受け給ふ 山口誓子
初御空古ることもなき海は語る 中村草田
初御空多摩の横山松を並め 山口青邨
初御空大王松よりひらけたる 大野林火 月魄集 昭和五十五年
初御空峰を守れる孤つ松 山口誓子
初御空念者いろなる玉椿 飯田龍太
初御空果して微塵無かりけり 相生垣瓜人 負暄
初御空畝傍をよばふ耳成山 津田清子
初御空黒あれば黒あらはるる 斎藤玄 狩眼
初空、銀杏高き箒として歴史を掃く 荻原井泉水
初空にやぶれかぶれの椋鳥のこゑ 飯田龍太
初空に去年の星の殘りかな 政岡子規 初空
初空に日かげ満ちたりまさやかに 日野草城
初空に父在りと思ふ一礼す 三橋鷹女
初空のひかり盈ちつゝ温室のみち 飯田蛇笏 霊芝
初空の下なる蕪畠かな 三橋鷹女
初空の大青空は見れど飽かず 日野草城
初空の廂間藍や人影なく 山口青邨
初空の廓然たるに散じけり 相生垣瓜人 負暄
初空の水田の四五枚を家のまえ 荻原井泉水
初空の藍と茜と満たしあふ 山口青邨
初空の雲黄龍となりとべり 山口青邨
初空へつゝとのべけり鶴の首 政岡子規 初空
初空へなほ伸びゆける樟大樹 稲畑汀子
初空やこれはこれわが草の庵 日野草城
初空やしなびぬれども木守柿 渡邊水巴 富士
初空や一片の雲耀きて 日野草城
初空や三笠三山まぎれなし 村山故郷
初空や下より明くる相模灘 政岡子規 初空
初空や初日初鷄初鴉 政岡子規 初空
初空や同色を持し常に新た 香西照雄 素心
初空や心を一にひきもどす 上村占魚
初空や日の本明くる櫻色 政岡子規 初空
初空や江戸は火の子の花の春 政岡子規 初空
初空や裾野も冨士と成りにけり 政岡子規 初空
初空や音なき揺らぎ尾長来て 及川貞 夕焼
初空や鳥は黒く富士白し 政岡子規 初空
初空をひろげてゆけり目黒川 平井照敏
初空を既に翔りし一機あり 日野草城
初空を映す磧や細り水 原石鼎 花影
初空を長元坊のにらみつけ 阿波野青畝
別の空なり神宮の初御空 山口誓子
大山の全容近し初御空 阿波野青畝
大遊びせん七十の初御空 藤田湘子 神楽
御民われ初空に日の御旗揚ぐ 日野草城
明けゆくを初島と見ればはや初空 荻原井泉水
白山の初空にしてまさをなり 飴山實 次の花
目にさはる塵一つなし初みそら 政岡子規 初空
真白さのつくばねうけよ初御空 三橋鷹女
石叩きひとつたちゆき初御空 百合山羽公 春園
竈火のどろ~燃えて初御空 原石鼎 花影
群鳶の舞なめらかに初御空 富安風生
読み継いで初空となる愚禿鈔 飴山實 花浴び
雪やみて官衙に強き初御空 飯田蛇笏 家郷の霧
頚出して身を出して鳩初空へ 山口誓子
鳶の輪の反転見せず初御空 阿波野青畝
鴨とぶやゆたにたゆたに初御空 森澄雄
鷺まぶく蒼澄みきはむ初御空 伊丹三樹彦

初夢の俳句

初夢の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23459178/

初夢 補遺

*さんさんと泪流して初夢か 安住敦
うれしさにはつ夢いふてしまひけり 政岡子規 初夢
すぐととぎれて初夢の巻きもどし 上田五千石『琥珀』補遺
つや~と初夢なりし忘れけり 飴山實 句集外
はつ夢や吉野龍田の花盛 初夢 政岡子規
はつ夢や絵に覚たるよしの山 東皐
はつ夢や追れてありく須磨の波 松窓乙二
まっ白な初夢なりし何ならむ 能村登四郎
三人の子に初夢の三つ下り来 上野泰 春潮
切れぎれの佳き初夢や惜しかりし 赤尾兜子 玄玄
初ゆめや女郎と論語の卷の一 政岡子規 初夢
初夢うつつほほゑみの国にあり 平畑静塔
初夢といふにあまりに茫たりし 能村登四郎
初夢といふ一巻の絵巻物 鷹羽狩行
初夢といふ宝籤街の春 山口青邨
初夢につづく現のなかりけり 稲畑汀子
初夢になにやら力出しきりし 岡本眸
初夢にひそかに恃むことありけり 安住敦
初夢にびつしりとつく藤壺が 飯島晴子
初夢に一寸法師流れけり 秋元不死男
初夢に埴輪の馬を貰ひたる 燕雀 星野麥丘人
初夢に尾のある者を見たりけり 政岡子規 初夢
初夢に師の微苦笑のありしこと 上田五千石『琥珀』補遺
初夢に往来せしはみな故人 上田五千石『天路』補遺
初夢に来ぬ月山をゆめみたる 藤田湘子
初夢に落ちし奈落の深かりき 鷹羽狩行
初夢に見し踊子をつつしめり 森澄雄
初夢に見たり返らぬ日のことを 日野草城
初夢の「遅筆が勝ち」の世より覚め 鷹羽狩行
初夢のあさきゆめみし憂ひかな 山田みづえ 手甲
初夢のあざやかなりし目覚かな 安住敦
初夢のおどろ衾に寝がへりて 石橋秀野
初夢のかがやくところかぐや姫 鷹羽狩行
初夢のかごめかごめの国に居り 桂信子 草影
初夢のただしらじらと覚めて無し 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
初夢のなかに亡父母会しけり 百合山羽公 寒雁
初夢のなかのむかしや竹のいろ 鷲谷七菜子 天鼓
初夢のなかの高嶺の雪煙り 飯田龍太
初夢のなかをどんなに走つたやら 飯島晴子
初夢のなかをわが身の遍路行 飯田龍太
初夢のなくて紅とくおよびかな 三橋鷹女
初夢のほのぼのと子に遠きかな 中村汀女
初夢のわが身何千尺墜ちし 藤田湘子 神楽
初夢のわが野に放つ一悍馬 飯島晴子
初夢のインキが河口へと渡れ 佐藤鬼房
初夢のヒマラヤ杉は睡たい樹 佐藤鬼房
初夢の一も二もなく父母います 山田みづえ まるめろ
初夢の二階より師に呼ばれけり 岡本眸
初夢の亡き母なぜに化粧ひせる 藤田湘子 てんてん
初夢の何も見ずして明けにけり 政岡子規 初夢
初夢の前もうしろも波ばかり 飯田龍太
初夢の吉凶いづれとも分かず 鷹羽狩行
初夢の大きな顔が虚子に似る 阿波野青畝
初夢の大波に音なかりけり 鈴木真砂女 都鳥
初夢の子等の枕の窪みかな 上野泰 春潮
初夢の川砂の銀重たかり 佐藤鬼房
初夢の扇ひろげしところまで 後藤夜半 底紅
初夢の模糊の目覚めに雪降りをり 上田五千石『森林』補遺
初夢の母の瞳の中にゐる 野澤節子 八朶集以後
初夢の池に近づく服の色 飯島晴子
初夢の海すいすいと渡りけり 鈴木真砂女 紫木蓮
初夢の漠々たるを吉と解く 上田五千石『琥珀』補遺
初夢の潺潺とただ潺潺と 佐藤鬼房
初夢の濤のとどまるところなし 飯田龍太
初夢の烏滸の限りを尽したる 安住敦
初夢の煩悩穢れなかりけり 富安風生
初夢の牛稜線を越えゆけり 橋閒石 俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
初夢の白川に夜も赤坂や 木因
初夢の盲となりて泣きにけり 秋元不死男
初夢の祖母が着せたる負真綿 森澄雄
初夢の老師巨きく立たせけり 石田波郷
初夢の肌いろの壁幾重にも 佐藤鬼房
初夢の色もていへば真綿いろ 能村登四郎
初夢の茫洋たるをよしとせり 能村登四郎
初夢の覚めて山野にみどりなし 橋閒石 朱明
初夢の覚めぬ姿に東山 鷹羽狩行
初夢の話もし度くとりまぎれ 星野立子
初夢の逗子鎌倉は灯にまみれ 飯田龍太
初夢の雉子夕日の山に消ゆ 飯田龍太
初夢はとまれ味寝の希はしや 相生垣瓜人 明治草
初夢は何百石のだん袋 傘下
初夢は覚えて知らず初いびき 百合山羽公 樂土
初夢は顔を洗つて忘れけり 鈴木真砂女 紫木蓮
初夢もなき軒雀こぼれけり 石田波郷
初夢もなく穿く足袋の裏白し 渡邊水巴 白日
初夢も頻に虚假に類しけり 相生垣瓜人 明治草
初夢やさめて匂ひの残りゐる 細見綾子
初夢やならうことなら「虎に羽」鷹羽狩行
初夢や三代にわたる襤褸絵巻 山口青邨
初夢や亡き父なまの声放つ 阿波野青畝
初夢や半きれたる唐にしき 北枝
初夢や南瓜の種子を我が蒔く 高野素十
初夢や念頭病わすれ得ず 水原秋櫻子 餘生
初夢や恥かしながら金の事 東皐
初夢や桜の園に雪つもり 山口青邨
初夢や浜名の橋の今のさま 越人
初夢や満帆快走楽の音も 山口青邨
初夢や申の年には山の幸 政岡子規 初夢
初夢や砲火の中に菊澄みし 林翔 和紙
初夢や覚めて忘るるほどのこと 稲畑汀子
初夢や訪へば出さるゝ桐火桶 松窓乙二
初夢や額にあつる扇子より 其角 五元集拾遺
初夢や駱駝の背の瘤二つ 亭午 星野麥丘人
初夢をさしさはりなきところまで 鷹羽狩行
初夢を惘然として見たりけり 相生垣瓜人 負暄
初夢を浅ましがりて見てゐたり 相生垣瓜人 明治草抄
初夢を見よといひつゝ子守唄 星野立子
初夢を話しゐる間に忘れけり 星野立子
初夢路鬼籍の壁はながりけり 阿波野青畝
初寝覚今年なさねばなす時なし 中村草田男
初寝覚故人こぞつて影消しぬ 阿波野青畝
初梦の思ひしことを見ざりける 政岡子規 初夢
初梦や松の柱に芽がふいて 政岡子規 初夢
初梦や貘にくはした後家の顏 政岡子規 初夢
原爆病院その初夢は聞かでもと 平畑静塔
告ぐべくもなく初夢のみじかさよ 中村汀女
地の上は被災者ばかり初夢や 能村登四郎
大股に年をまたぎし初寝覚 森澄雄
女來よ初梦語りなぐさまん 政岡子規 初夢
妻の出て来し初夢におどろきぬ 藤田湘子
尼君の初夢を聞き出せず辞す 鷹羽狩行
師は笑めり十日遅れの初夢に 林翔
掴みどころなき初夢となりにけり 能村登四郎
暁近く見し初夢も別事なし 安住敦
水鳥のその思ひ羽を初夢に 佐藤鬼房
無事を見る初夢うまき雑煮哉 一笑(金沢)
爽々とせし初夢ぞ希はしき 相生垣瓜人 明治草
獄の「初夢」を詠みし君らの詩に微笑む 能村登四郎
田を作れよの初夢の父怖ろし 阿波野青畝
翻車魚の顔初夢に出でて消ゆ 飯田龍太
袈裟がけに切られ初夢痛からず 鈴木真砂女 紫木蓮
赤鼻の池田の朝臣初夢に 山口青邨
起こされぬことのさみしき初寝覚 鷹羽狩行
鉄剣の金象嵌の文字初夢に 山口青
鉄斎の極彩の虎 初夢は 伊丹三樹彦
雜煮くふてよき初夢を忘れけり 政岡子規 初夢
革の靴子は初夢に穿けりとふ 日野草城
鴇の数かぞへる夢を初夢に 飯島晴子

宝船の俳句

宝船の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22975776/

宝船 補遺

すぐに寝る草の庵の宝舟 松本たかし
たふやかに年寄耳や宝舟 阿波野青畝
つくづくと寶はよき字宝舟 後藤比奈夫
ねんごろに一夜寝敷きの宝船 村山故郷
やごとなき一筆がきや宝舟 黒柳召波
七人は重たからずや宝船 鷹羽狩行
七十と三の若さよ宝船 鷹羽狩行
七十路は夢も淡しや宝舟 水原秋櫻子 殉教
世渡りの波をのかれて寶舟 政岡子規 宝船
何を欲る老の敷寝の宝舟 富安風生
初ゆめの猪牙やまことの宝船 抱一 軽挙観句藻
古き宮の宝船なり買ひにけり 山口青邨
天丼と一声客や宝船 村山故郷
宝舟つたなき絵にてなつかしき 水原秋櫻子 蘆雁
宝舟や春と冬との堺うら 木因
宝舟夢の名残もなかりけり 安住敦
宝舟届けくれけり俳諧師 水原秋櫻子 緑雲
宝舟御枕香ぞいや高き 黒柳召波
宝舟真帆いつばいに描きけり 阿波野青畝
宝船うすくのしたる衾かな 阿波野青畝
宝船汝が航海も長からむ 鷹羽狩行
宝船津々浦々の句集積み 平畑静塔
宵すでに熟睡となりぬ宝舟 水原秋櫻子 蘆雁
宵もはや枕はづせし宝舟 後藤夜半 翠黛
寝がへりを楫のひねりや宝舟 柳居 柳居発句集
寶舟須磨の波音聞えけり 政岡子規 宝船
年寄の夢の淡さよ宝船 後藤比奈夫
町灯りてはや売りにきぬ宝舟 渡邊水巴 白日
病みし髪みだれしままに宝舟 水原秋櫻子 餘生
病みてよりふたとせめぐる宝舟 水原秋櫻子 蘆雁
老いぬれば枕は低し宝舟 水原秋櫻子 蘆雁
雨音はすでに夢路か宝舟 水原秋櫻子 餘生
願ふことただよき眠り宝舟 富安風生
鼻息に飛んでは輕し寶舟 政岡子規 宝船

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:01 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初空 の俳句

初空 の俳句

初空

例句を挙げる。

初空と枝に蓑虫かかるのみ 龍男
初空と黄金いろのナイルかな 下村梅子
初空にうかみし富士の美まし国 高浜虚子
初空に一と葉もとめぬ棗の木 呉龍
初空に九頭竜川の鳴りにけり 萩原北荘
初空に紫紺をつらね夫婦松 佐藤喜俊
初空に那智の大滝まかゞやき 上田土筆坊
初空に那智の滝あり入港す 山下青葭
初空のなんにもなくて美しき 今井杏太郎
初空のひかり盈ちつゝ温室のみち 飯田蛇笏 霊芝
初空の下ふるさとの沼憶ふ 高野素十
初空の影なすもののみな気負ふ 関森勝夫
初空の戦くや鶴の羽撃つほど 尾崎紅葉
初空の梢にかかる羽のあり 井上雪
初空の色もさめけり人の皃 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
初空の薔薇色雀恍惚と 石塚友二
初空の藍と茜と満たしあふ 青邨
初空の行き留りなり上総山 一茶
初空の雲皆山にしづまりぬ 飄亭
初空の青し地上の雪二尺 渡辺波空
初空は梅しろ~と月夜かな 如風
初空は顔洗ふ間のながめかな 井上井月
初空へこころ一枚干しにけり 櫂未知子 蒙古斑
初空へさし出す獅子の首哉 小林一茶
初空へなほ伸びゆける樟大樹 稲畑汀子
初空へ舞楽の弓を鳴らしけり 澤島郁子
初空へ雲を放ちて富士現るる 今橋眞理子
初空もはや半日や藪騒ぐ 但馬美作
初空やしなびぬれども木守柿 渡邊水巴 富士
初空やその薄色の三枚着 尾崎紅葉
初空やはや漂泊の雲浮かべ 宇咲冬男
初空やむかしの砂は海の中 小栗たゑ
初空や一度きりなる鳶の笛 吉田木魂
初空や一片の雲燿きて 草城
初空や其薄色の三枚着 尾崎紅葉
初空や出の姿して日本橋 泉鏡花
初空や古檜雲吐く峰つづき 露月
初空や同色を持し常に新た 香西照雄 素心
初空や地に葉牡丹の濃紫 碧雲居句集 大谷碧雲居
初空や大和三山よきかたち 大橋越央子
初空や大悪人虚子の頭上に 高浜虚子(1874-1959)
初空や嶺のうしろにさらに嶺 加藤覚範
初空や帯のごとくに離宮道 播水
初空や微光をはなつ八ヶ岳 渡辺立男
初空や心を一に引きもどす(上州草津自門洞周邊) 上村占魚 『方眼』
初空や旧居に中華民国旗 下村梅子
初空や昔耶馬台国ありて 阿片瓢郎
初空や武蔵に秩父晴れ渡り 野村喜舟 小石川
初空や水汲み戻る汽車の釜 中野三允句集 中野三允
初空や法身の弥陀に合掌す 大谷句佛 我は我
初空や澪*ごつ高く禽ちさき 幸田露伴 蝸牛庵句集
初空や烏をのするうしの鞍 服部嵐雪
初空や船なき海に日の出る 百池
初空や袋も山の笑ひより 千代尼
初空や銀一條のあまの川 会津八一
初空や雁の大棹一文字 佐藤国夫
初空や雑木の間の雲一片 癖三酔句集 岡本癖三酔
初空や青松白砂ところがら 尾崎迷堂 孤輪
初空や音なき揺らぎ尾長来て 及川貞 夕焼
初空や風花松にとどまらず 碧雲居
初空や鳥はよし野のかたへ行く 千代尼
初空をこぼるる雀火の如し 大竹孤悠
初空を夜着の袖から見たりけり 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
初空を映す磧や細り水 石鼎
初空を鳴きひろげたる鴉かな 井上井月(1822-86)
壁の穴や我初空もうつくしき 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
大江戸の初空神田囃子かな 渡辺恭子
星がただ一つの明星となつて初空 荻原井泉水
白山の初空にしてまさをなり 飴山實 『次の花』
初深空今年占ふ鷹か鳶か 澄雄
いまさらに富士大いなり初御空 酒井絹代
はるばると腸はあり初み空 田村みどり
ひびきあふいろのびやかに初御空 伊藤敬子
わが年の雲ひとつなき初御空 飯田弘子
わが谺かへらぬ祖谷の初御空 伊沢 健存
ファックスにすぐくる返事初御空 田中美沙
レーダーに船影あらず初御空 小林 三郎
一機影雲より生れし初御空 小野 喬樹
傷一つ翳一つなき初御空 高浜虚子
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
初み空ひとの歩みの映るかな 清水径子
初み空本阿弥庵の竹の樋 伊藤敬子
初み空頭蓋のなかも透き通る 福原十王
初御空どこより何の鈴の音 村沢夏風
初御空はや飛び習ふ伝書鳩 草田男
初御空まなこに青き微風あり 角川春樹
初御空八咫の鴉は東へ 皿井旭川
初御空富岳まさしく三保にあり 大橋敦子
初御空岬に長き馬の影 石山民谷
初御空念者いろなる玉椿 龍太
初御空晴雪に飛ばす駒もがな 高田蝶衣
初御空水辺に近きさざれ巌 赤尾兜子
叡山は京都左京区初御空 佐土井智津子
国興す大き音あり初御空 長谷川かな女 雨 月
垣の上の舟の舳や初御空 風生
大山の全容近し初御空 阿波野青畝
大帝の馬車わたりくる初御空 磯貝碧蹄館
大那智の滝の上なる初御空 泊月
子の髪に昼月重ね初御空 野沢節子
弓弦の一箭鳴りし初御空 今泉貞鳳
曲玉の瑠漓ひびきあふ初御空 永島理江子
未知のもの現れさうな初御空 吉原文音
渡り来る鶴の空あり初御空 坂口幸江
燈臺の古き國旗や初御空 鈴木洋々子
真白さのつくばねうけよ初御空 鷹女
竈火のどろどろ燃えて初御空 原石鼎
紺青を塗りもあまさず初御空 轡田進
経蔵に影さす枝や初御空 假家由子
総持寺の鳩来て羽摶つ初御空 殿村菟絲子
美しき背山妹山初御空 柴沼忠三
群鳶の舞なめらかに初御空 富安風生(1885-1979)
舞ひ上る風船赤き初み空 内田 愛子
鐘楼のあたりくらさや初御空 大橋霊山
雪嶺に鷹の流るる初御空 森澄雄
霊峰の明け放たれし初御空 藤田つとむ
駅通りまつすぐに来よ初御空 松田ひろむ
鳶の輪のやがて大きく初御空 森重 暁
鳶笛の一管澄める初御空 勝村茂美
鴨とぶやゆたにたゆたに初御空 森澄雄 所生

初空 補遺

ことし日天子牛に騎り初空を行く 荻原井泉水
みどりごに小さき姉や初御空 飴山實 花浴び
七十も終の初空仰ぎけり 飯島晴子
凍港の歛まる雲や初御空 飯田蛇笏 霊芝
凧羽子もなき平成の初御空 森澄雄
初ぞらに渡して星のうすびかり 野坡
初み空去年の眼を開きけり 正岡子規 初空
初御空とは斯く梢美しや 高田風人子
初御空よりの光は海より射す 桂信子「草影」以後
初御空千木を開きて受け給ふ 山口誓子
初御空古ることもなき海は語る 中村草田男
初御空多摩の横山松を並め 山口青邨
初御空大王松よりひらけたる 大野林火 月魄集 昭和五十五年
初御空峰を守れる孤つ松 山口誓子
初御空念者いろなる玉椿 飯田龍太
初御空果して微塵無かりけり 相生垣瓜人 負暄
初御空畝傍をよばふ耳成山 津田清子
初御空黒あれば黒あらはるる 斎藤玄 狩眼
初空、銀杏高き箒として歴史を掃く 荻原井泉水
初空にやぶれかぶれの椋鳥のこゑ 飯田龍太
初空にゆかし象潟ふた見潟 露川
初空に去年の星の殘りかな 正岡子規 初空
初空に日かげ満ちたりまさやかに 日野草城
初空に父在りと思ふ一礼す 三橋鷹女
初空に鳶やゆり出す山のひら 荻人
初空のひかり盈ちつゝ温室のみち 飯田蛇笏 霊芝
初空の下なる蕪畠かな 三橋鷹女
初空の大青空は見れど飽かず 日野草城
初空の廂間藍や人影なく 山口青邨
初空の廓然たるに散じけり 相生垣瓜人 負暄
初空の心とけてや雪の雨 りん女
初空の水田の四五枚を家のまえ 荻原井泉水
初空の藍と茜と満たしあふ 山口青邨
初空の雲黄龍となりとべり 山口青邨
初空は月日の外の明りかな 鈴木道彦
初空へつゝとのべけり鶴の首 正岡子規 初空
初空へなほ伸びゆける樟大樹 稲畑汀子
初空やこれはこれわが草の庵 日野草城
初空やしなびぬれども木守柿 渡邊水巴 富士
初空やまた横雲に引垢も 木因
初空やもう星殿はおかへりか 木因
初空や一片の雲耀きて 日野草城
初空や三笠三山まぎれなし 村山故郷
初空や下より明くる相模灘 正岡子規 初空
初空や初日初鷄初鴉 正岡子規 初空
初空や同色を持し常に新た 香西照雄 素心
初空や地に水あれば山の影 完来
初空や心を一にひきもどす 上村占魚
初空や日の本明くる櫻色 正岡子規 初空
初空や月にもよらずさくらにも 露印
初空や有ノ福祿壽無ノ悪魔 池西言水
初空や机にうつる日枝の影 望月宋屋
初空や橋なき世より隅田川 完来 空華集
初空や江戸は火の子の花の春 正岡子規 初空
初空や烏をのするうしの鞍 嵐雪
初空や爰も岩戸に見おろされ 中川乙由
初空や袋も山の笑ひより 千代尼
初空や裾野も冨士と成りにけり 正岡子規 初空
初空や誰摺足も鞠の暮 介我
初空や音なき揺らぎ尾長来て 及川貞 夕焼
初空や馴ていたゞく日枝颪 三宅嘯山
初空や鳥はよし野ゝかたへ行 千代尼
初空や鳥は黒く富士白し 正岡子規 初空
初空をひろげてゆけり目黒川 平井照敏
初空を取もつ鳥のゆきゝ哉 土芳
初空を既に翔りし一機あり 日野草城
初空を映す磧や細り水 原石鼎 花影
初空を長元坊のにらみつけ 阿波野青畝
別の空なり神宮の初御空 山口誓子
大山の全容近し初御空 阿波野青畝
大遊びせん七十の初御空 藤田湘子 神楽
御民われ初空に日の御旗揚ぐ 日野草城
明けゆくを初島と見ればはや初空 荻原井泉水
白山の初空にしてまさをなり 飴山實 次の花
目にさはる塵一つなし初みそら 正岡子規 初空
真白さのつくばねうけよ初御空 三橋鷹女
石叩きひとつたちゆき初御空 百合山羽公 春園
竈火のどろ~燃えて初御空 原石鼎 花影
群鳶の舞なめらかに初御空 富安風生
読み継いで初空となる愚禿鈔 飴山實 花浴び
雪やみて官衙に強き初御空 飯田蛇笏 家郷の霧
頚出して身を出して鳩初空へ 山口誓子
鳶の輪の反転見せず初御空 阿波野青畝
鴨とぶやゆたにたゆたに初御空 森澄雄
鷺まぶく蒼澄みきはむ初御空 伊丹三樹彦

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:57 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初晴 の俳句

初晴 の俳句

初晴

例句を挙げる。

初晴にはやきく凧のうねりかな 吉田冬葉
初晴のわが影を濃く地に置けり 鈴木ひろし
初晴の千鳥の渚つづきをり 勝又一透
初晴の大島を見る宿にあり 神山太堂
初晴の岬にやまぬ海の音 山根きぬえ
初晴やお菓子二つを父の墓 小高沙羅
初晴や力溜めたる松の瘤 つじ加代子
初晴や噴煙たちて空に折れ 新井悠二
初晴や堂椽に見る阿弥陀峯 大谷句仏
初晴や大竹藪に日の透ける 江間芽史
初晴や安房の山々みな低き 畠山譲二
初晴や建礼門を仰ぎ見る 名和三幹竹
初晴や朝日煌めく霜の屋根 田口泡水
初晴や男鶴につきて母子鶴 吉野義子
初晴や白馬より槍一とつらね 荒井正隆
初晴や禽のあとある庭畠 勝又一透
初晴や立枯松にあまねき日 高澤良一 ももすずめ
初晴れの蔀戸を揚ぐ紙漉場 立半青紹
初晴れや戦は遠き過去とせむ 城谷登美
初晴れにひとつ体操でもせんか 高澤良一 暮津

初晴 補遺

初晴のどこにも人の見当らぬ 鷲谷七菜子 一盞
初晴や波郷の墓を乾拭きす 燕雀 星野麥丘人
初晴や近くはるかに母なる山 上田五千石『琥珀』補遺

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:50 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初景色 の俳句

初景色 の俳句

初景色

例句を挙げる。

*ひつじ田に鶉出でたる初景色 森 澄雄
うるほへる日翼多摩野初景色 山口青邨
くれなゐの沖ッ白波を初景色 飴山實 『次の花』
ここかしこ水が気を揚ぐ初景色 櫛原希伊子
たちまちに日の海となり初景色 鷹羽狩行 七草
ながめゐる老人もまた初景色 黛 執
ひとすぢの滝のありけり初景色 谷口摩耶
ひるかすむ塔のふたつを初景色 角川春樹
ふる里の三つの橋の初景色 後藤 良子
みちのくの海がゆさぶる初景色 佐藤鬼房
わが撞きし音の中なる初景色 堀葦男
カーテンを両開きして初景色 塩川雄三
カーテンを左右に分つ初景色 辻田克巳
カーテンを端まで引いて初景色 羽部佐代子
ヨット航く南半球初景色 小見山希覯子
一瀑を眉間に通す初景色 北川英子
中世の地獄図も初景色なる 皆吉司
八甲田八峰揃ふ初景色 磯野充伯
初景色こなたの湖は汽水かな 田中裕明 櫻姫譚
初景色さらにとんびを加へけり 兒玉南草
初景色まろび入りたる次の間に 田中裕明 櫻姫譚
初景色一目百町俯瞰して 登 七曜子
初景色二階厠に母校見ゆ 能村研三 鷹の木
初景色余白に猫の入り来し 宮田黄李夫
初景色傘壽おぼれんばかりなり 宮部鳥巣
初景色光芒すでに野にあふれ 井沢正江
初景色大和言葉のごとくあり 後藤比奈夫 花匂ひ
初景色子供招ばれてはにかみをり 田中裕明 櫻姫譚
初景色富士を大きく母の郷里 文挾夫佐恵
初景色整ふまでの二度寝かな 高橋睦郎
初景色照りわたる日のゆるぎなし 吉村きよし
初景色燦燦とはた茫茫と 佐藤鬼房
初景色藁塚にもつとも惹かれけり 鈴木貞雄
初景色見渡す空の慈姑いろ 伊藤敬子
初景色野川一本光り出す 中村明子
合せたる両手の中の初景色 北光星
吾が家は藪に溺るる初景色 井出寒子
固まりて胡椒出にけり初景色 辻桃子
大き鳥きて止りけり初景色 永田耕一郎
大寒波被て初景色さだかなり 百合山羽公
天平の甍の見ゆる初景色 角川春樹 夢殿
妻といてときめくことも初景色 松田ひろむ
実で重き一本杉も初景色 大峯あきら
寂クたれば布陣のごとし初景色 高山れおな
少女と来て雪降る国の初景色 岸田稚魚
山国の長き停車の初景色 木内彰志
峠路のほぼなかばなる初景色 橋本鶏二
島人に陸の汽車ゆく初景色 秋元不死男
川向うといふへだたりの初景色 岡本高明
年重ねきていやまさる初景色 中村汀女
広重の空のいろなり初景色 柴田白葉女 『月の笛』
影として犬が横切る初景色 上田五千石
東京がじつとしてゐる初景色 黛まどか(1965-)
江東やブリキ光りに初景色 舘岡沙緻
海渡る橋まつすぐに初景色 西浦一滴
灯台の一徹の白初景色 片山由美子
牛の尾が右に左に初景色 大畠新草
盃かさねたるまなうらの初景色 鷲谷七菜子 花寂び 以後
眺めゐる老人もまた初景色 黛執
窓細目母愛でたまふ初景色 中村汀女
美しくもろもろ枯れし初景色 富安風生
胎動を待つてゐるなり初景色 仙田洋子
赤らめる桃の*しもとを初景色 宮坂静生
赤ん坊這ふにまかせて初景色 波多野爽波 『一筆』以後
鐘つくや視界にひらく初景色 高井北杜
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
霜だたみまばゆきばかり初景色 神込鼕々
頬白の古巣をひとつ初景色 関戸靖子
高速の雲のパノラマ初景色 水野佐暉代
鶺鴒のための一石初景色 稲荷島人
鷹の上を隼流れ初景色 山本洋子
ことごとく飛雪の絣初山河 金箱戈止夫
まづ神を讃へて拝む初山河 田川飛旅子 『使徒の眼』
倭建(やまとたける)の火は見えざるや初山河 原田喬
初山河 視線を遠く遠く 据える 伊丹三樹彦 樹冠
初山河とぼしきものに鶏の声 青木重行
初山河大いに羽根を伸ばしけり 高澤良一 随笑
初山河視線を遠く遠く据える 伊丹三樹彦
初山河身に打つひびきありにけり 川村幸子
初山河身の閂を差し直す 内田やす子
初山河音をつつしむ鷹ヶ峰 伊藤敬子
幼な名で呼ばれ眩しき初山河 中村苑子
犬と駈け広がり止まぬ初山河 都筑智子
礼拝を終へし電車に初山河 田川飛旅子
じっくりと厠窓より初景色 高澤良一 石鏡
古亀の池を見渡す初景色 高澤良一 暮津

初景色 補遺

うるほへる日翼多摩野初景色 山口青邨
かんむりの田鳧のをるや初景色 森澄雄
くれなゐの沖ツ白波を初景色 飴山實 次の花
たちまちに日の海となり初景色 鷹羽狩行
みちのくの海がゆさぶる初景色 佐藤鬼房
人間と人間出会う初景色 金子兜太
伊予の青石より展け初景色 後藤比奈夫
初山河 視線を遠く遠く 据える 伊丹三樹彦
初景色そこにいつもの道ありぬ 岸田稚魚 紅葉山
初景色大和言葉のごとくあり 後藤比奈夫
初景色欅は欅松は松 山口青邨
初景色燦燦とはた茫茫と 佐藤鬼房
北雲に鬼神あるべし初山河 藤田湘子 てんてん
墨いろのやうやくあかね初景色 鷹羽狩行
大声のおばさんたちの初景色 金子兜太
小松原朝の靄這ふ初景色 能村登四郎
小柴垣なりの低さも初景色 後藤比奈夫
影として犬が横切る初景色 上田五千石 風景
愚痴聞いて車にひらく初景色 角川源義
朝熊より神島望む初景色 松崎鉄之介
来馴れたる樗の森も初景色 安住敦
水ありてこそ八景の初景色 鷹羽狩行
泊船の首尾一望の初景色 飯田龍太
湖際に竹瓮あげある初景色 森澄雄
漁の舟見ぬ淡海初景色 森澄雄
百姓はその野壺知る初景色 鷹羽狩行
盃かさねたるまなうらの初景色 鷲谷七菜子 游影
耳癈(し)ひず眼翳(かす)まず初景色 後藤比奈夫
葛飾は霜に芦伏す初景色 能村登四郎
赤ん坊這ふにまかせて初景色 波多野爽波
路面白線これもまた初景色 飯田龍太
長命寺の尾長遠出や初景色 村山故郷
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
龍神の障(さえ)の神訪う初景色 金子兜太

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:48 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初富士 の俳句

初富士 の俳句

初富士

例句を挙げる。

うらゝ晴れて初富士近し日本橋 孤軒句集 三宅孤軒
こゝに踏む初富士の裾しろ~と 青陽人
そばだてるもの初富士となりゆけり 坊城俊樹
一本の襞初富士を支へたる 皆吉爽雨
初富士が車窓にありて誰も言はず 今瀬剛一
初富士にかくすべき身もなかりけり 汀女
初富士にたちまちこころきまりけり 井桁汀風子
初富士にふるさとの山なべて侍す 藤田湘子
初富士に工場地区の音止みぬ 瀧春一 菜園
初富士に後ろ向なる渡舟小屋 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初富士に牝馬は四肢を揃へけり 倉田素香
初富士に牢獄の扉はめしひたり 西島麦南 人音
初富士に珈琲さゝぐボーイあり 長谷川かな女 雨 月
初富士に雲なく樹海藻の如し 渡邊水巴 富士
初富士のかなしきまでに遠きかな 山口青邨(1892-1988)
初富士のほど良く見えて松の糶 山本 信子
初富士の今し天地をつなぎけり 藤田つとむ
初富士の光家々傾きて 佐野青陽人 天の川
初富士の全容を置く籬かな 北野里波亭
初富士の出てゐて好きな榛の道 遠藤梧逸
初富士の命てふ字のごとく立つ 満田春日
初富士の夕栄もなく暮れにけり 碧雲居
初富士の大きかりける汀かな 風生
初富士の大きく見ゆるところまで 石川英利
初富士の大雪塊を野に置ける 遠藤正年
初富士の天つ袴として立てり 荒井正隆
初富士の小さくなつて昏れにけり 星野椿
初富士の抱擁したる小漁村 たかし
初富士の暮るゝに間あり街灯る 深見けん二
初富士の朱の頂熔けんとす 青邨
初富士の汀の果てに立てりけり 勝又一透
初富士の海より立てり峠越 水原秋櫻子
初富士の玲瓏巨き創あをし 篠田悌二郎
初富士の白し葛西の海濁る 瀧春一 菜園
初富士の秀をたまゆらに山路ゆく 皆吉爽雨
初富士の紅さしそめて町の上 勝俣のぼる
初富士の美しく旅恙なく 河合 甲南
初富士の胸わたりゆく雲の翳 伊藤敬子
初富士の自負に陰翳ありにけり 大橋敦子
初富士の見えて機内のアナウンス 和田郁子
初富士の赤富士なりしめでたさよ 大橋越央子
初富士の輝やく窓にリス踊る 碓井のぼる
初富士の金色に暮れたまひつゝ 竹下しづの女句文集 昭和十四年
初富士の鳥居ともなる夫婦岩 山口誓子
初富士の鼓動聞こゆるところまで 安斉君子
初富士は枯木林をぬきん出たり 高濱年尾 年尾句集
初富士は蓮の枯れゐる田のはてに 瀧春一 菜園
初富士は裾曲ぼかしに伊豆の浦 原 柯城
初富士へ化粧が濃いとひとり言 田川飛旅子 『使徒の眼』
初富士へ荒濤船を押しあげる 波郷
初富士へ農家はラヂオかけ放す 田川飛旅子 花文字
初富士も大成丸も昔ながら 瀧春一 菜園
初富士も藁屋もうつる水田かな 楠目橙黄子 橙圃
初富士やねむりゐし語の今朝めざめ 楸邨
初富士や双親草の庵にあり 高浜虚子
初富士や古き軒端に妻と老い 遠藤梧逸
初富士や坂数々の小石川 野村喜舟
初富士や宗吾の渡舟波立たず 石井とし夫
初富士や崖の鵯どり谺して 川端茅舎
初富士や常の日課の犬連れて 土橋いさむ
初富士や幾たび愛で来河口湖 東洋城千句
初富士や投錨す湾風吹かず 飯田蛇笏 霊芝
初富士や樹海の雲に青鷹 飯田蛇笏
初富士や母を珠ともたとふれば 中村汀女
初富士や浪の穂赤き伊豆相模 格堂
初富士や浮島ケ原ひろ~と 楠目橙黄子 橙圃
初富士や海道長きわが県 百合山羽公 寒雁
初富士や湯釜たぎりて鳴りやまず 八十島稔 筑紫歳時記
初富士や漆黒の襞は雪をとめず 渡邊水巴 富士
初富士や澄み極まりし西の空 角川春樹
初富士や瑞山は未だ明けきらず 松浦其国
初富士や石段下りて稚児ケ淵 茅舎
初富士や秩父にかけて雲もなし 落合水尾
初富士や空に柾目のあるごとく 真田清見
初富士や箔一枚を置くごとし 石嶌岳
初富士や籠坂あたり懐しく 佐野青陽人 天の川
初富士や草庵を出て十歩なる 高浜虚子
初富士や蜜柑ちりばめ蜜柑山 石田波郷
初富士や起しある田の二三枚 川村凡平
初富士や門川の藻のあを~と 勝又一透
初富士や鷹二羽比肩しつつ舞ふ 草田男
初富士をさへぎるものゝなかりけり 片岡奈王
初富士をしばらく旅の肘の上 鷹羽狩行
初富士を三度拝みて家に居り 萩原麦草 麦嵐
初富士を眺めの句座をしつらへん 高木晴子
初富士を見る足許をしかと踏む 山王堂正峰
初富士を見出でし岨の氷柱かな 秋櫻子
初富士を隠さふべしや深廂 青畝
初富士秀づ列車ボーイの過ぎしかな 長谷川かな女 雨 月
夕まで初富士のある籬かな 松本たかし
大寒波より初富士の起き立てる 百合山羽公 寒雁
妻癒えよ一望に初富士初浅間 西本一都
日うらゝに初富士うすれ消えにけり 高橋淡路女 梶の葉
海苔舟も見えず初富士なかぞらに 瀧春一 菜園
炉開きの里初富士おもふあしたかな 椎本才麿
父母の家継ぎて初富士まのあたり 麦草
瑞祥のごとく初富士現れし 手塚基子
畝ひとつ越え初富士に歩みよる 上田日差子
眉の上の初富士に雲なかりけり 草間時彦
硝子絵のよな初富士の浮く浦輪 久米正雄 返り花
神棚に代へて初富士拝むなり 大須賀乙字
薄雲の中に初富士ありにけり 久米正雄 返り花
道ばたの家に初富士聳えけり 百合山羽公
野に低き初富士にして畦照らす 市村究一郎
雲四散して初富士の夕眺め 久米正雄 返り花
雲行きて初富士に著くこともなし 相生垣瓜人 微茫集
高速路初富士滑り来りけり 岡田貞峰
初不二の雪を貢(みつぎ)の日の出かな 千兵
初不二やいまに変らぬ駿河台 黒木 野雨
初不二を枯草山の肩に見つ 水原秋桜子
白妙の富嶽相模の風表 高澤良一 さざなみやつこ

初富士 補遺

につぽんはかなし初富士の肌もち 山口青邨
函嶺にぬつと初富士晴れにけり 阿波野青畝
初富士と呼ばれ雪塊宙に浮く 阿波野青畝
初富士にかくすべき身もなかりけり 中村汀女
初富士にこの白薔薇の香をうつす 山口青邨
初富士にペンを止むる一詩人 阿波野青畝
初富士に天嶮箱根ひれ伏して 阿波野青畝
初富士に島の風見の定まらず 阿波野青畝
初富士に往来の人や富士見町 松本たかし
初富士に歳月つもる雪中廬 飯田蛇笏 家郷の霧
初富士に牢獄の扉はめしひたり 西島麦南 人音
初富士に目がたどりつくまで荒野 加藤秋邨
初富士に目鼻をつけて偽ピカソ 山口青邨
初富士に突当れとか切通 阿波野青畝
初富士に美男かつらの珠簪 山口青邨
初富士に雲なく樹海藻の如し 渡邊水巴 富士
初富士のかなしきまでに遠きかな 山口青邨
初富士のふところ寛く朝ぼらけ 阿波野青畝
初富士のまた遠退きし団地かな 百合山羽公 樂土
初富士の一片の刃を軒端にす 山口青邨
初富士の大きかりける汀かな 富安風生
初富士の抱擁したる小漁村 松本たかし
初富士の暮るるに間あリ街灯る 深見けん二
初富士の朱の頂熔けんとす 山口青邨
初富士の正装白衣黒ばかま 平畑静塔
初富士の海より立てり峠越 水原秋櫻子 重陽
初富士の窓さはに挿す紅さうび 山口青邨
初富士の縞美しや恐ろしや 渡邊白泉
初富士の腹にバラ掻き射撃音 渡邊白泉
初富士の雪の面齢条幾万条 中村草田男
初富士の霓裳ひたと湖際まで 中村草田男
初富士は枯木林をぬきん出たり 高浜年尾
初富士やかへりみすれば島うすれ 上田五千石『琥珀』補遺
初富士や人歩と牛歩和すが見ゆ 中村草田男
初富士や垣ぞひ行けば垣の上 富安風生
初富士や崖の鵯どり谺して 川端茅舎
初富士や投錨す湾風吹かず 飯田蛇笏 霊芝
初富士や新幹線を真一文字 鷹羽狩行
初富士や樹海の雲に青鷹 飯田蛇笏 心像
初富士や母を珠ともたとふれば 中村汀女
初富士や海道長きわが県 百合山羽公 寒雁
初富士や漆黒の襞は雪をとめず 渡邊水巴 富士
初富士や石段下りて稚児ケ淵 川端茅舎
初富士や茶山の上にかくれなし 富安風生
初富士や蜜柑ちりばめ蜜柑山 石田波郷
初富士や鷹二羽比肩しつつ舞ふ 中村草田男
初富士をしばらく旅の肘の上 鷹羽狩行
初富士をなぞれり雪の一筆が 平畑静塔
初富士を隠さふべしや深庇 阿波野青畝
初富士暮れぬ今の世の灯はまたたかず 中村草田男
夕まで初富士のある籬かな 松本たかし
大寒波より初富士の起き立てる 百合山羽公 寒雁
昏れなんとして初富士の完たけれ 中村汀女
炉開きの里初富士おもふあしたかな 椎本才麿
道ばたの家に初富士聳えけり 百合山羽公 春園
雪足らぬ所初富士墨書され 平畑静塔
雲きれて初富士の雪ややくらし 飯田蛇笏 白嶽
雲行きて初富士に著くこともなし 相生垣瓜人 微茫集

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:45 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初筑波 の俳句

初筑波 の俳句

初筑波

例句を挙げる。

『ファウスト』講じ三十五年初筑波 加藤慶二
くきやかに優耳を立つ初筑波 西本一都 景色
ちちははの靄なつかしき初筑波 原裕 新治
ひたち野のどこからも見え初筑波 小室善弘
ひなぐもり碓氷嶺よりぞ初筑波 堀口星眠
ひろびろと両翼を延べ初筑波 野末たく二
ほのぼのと二つ峰あり初筑波 清崎敏郎
先師訪ふ車窓に凛と初筑波 引地冬樹
初筑波ゆふべ再び雲を出づ 岡田日郎
初筑波より福分けの日ざしかな 手塚美佐
初筑波利根越てより隠れなし 水原秋桜子
初筑波午後へむらさき深めけり 神原栄二
初筑波堰のうぐひのはねにけり 小川軽舟
女峰より男峰へ颪初筑波 嶋田麻紀
枯れざまの揃ひし蘆や初筑波 水原秋櫻子
桑畑に無人踏切初筑波 富安風生
歌垣の空澄みまさり初筑波 原裕 『出雲』
濤音のかかるあかるさ初筑波 矢島房利
遠つ世の紺を裾まで初筑波 中山一路
顕はれて紫紺きはまる初筑波 火村卓造
風孕み飛翔の鷹や初筑波 吉田彌生
あらまあのこゑに呑まるゝ初筑波 高澤良一 暮津

初筑波 補遺

上州に友あり親し初浅間 松崎鉄之介
初筑波利根越えてより隠れなし 水原秋櫻子 蘆雁
初筑波近寄せ枯るる浦の蘆 水原秋櫻子 蘆雁以後
枯れざまの揃ひし蘆や初筑波 水原秋櫻子 蘆雁
石に反る厠草履や初比叡 波多野爽波

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:43 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初風 の俳句

初風 の俳句

初風

例句を挙げる。

のんとりと吹く初風や松の音 竹 遊
初風す蹌踉として門辞せば 牧野寥々
初風と波たたみ来や海の宿 星野麦丘人
初風に向いて男の素顔濃し 中川いさを
初風に藁の匂ひのありにけり 山本洋子
初風の眉に男の決意あり 加古宗也
初風の蕭々と竹は夜へ鳴れる 臼田亞浪 定本亜浪句集
初風やいよいよ濁る河の水 大林信爾
初風や巴里の雀に煤の寄る 小池文子 巴里蕭条
初風や燭より小さき念持佛 神崎忠
初風や白い鶏ひかることあり 佐野良太 樫
初風や道の雀も群に入り 佐野良太 樫
初風や雪の境内日のぬくゝ 徳永山冬子
師もその師も旅したまひき木曾初風 大串章
掌の白き女と思ふ初風に 渡辺七三郎
淀の洲や年の初風音となる 岡本高明
訪はん身の夕初風をまとひ出づ 野澤節子 黄 炎
初松籟と初潮騒と確かなり 池上樵人
初松籟岩陰を波躍り出づ 田村幸江
初松籟武蔵野の友数ふべし 石田波郷
初松風心の襞にかそかなり 富安風生
唐崎の初松籟を聞くべかり 森脇貞子
岩殿山の初松籟に詣でけり 荒井正隆
有明山初松風をおろしけり 上田五千石
母が家は初松籟のあるところ 山本洋子
海光や初松籟のひもすがら 戸川稲村
野火止に赤松多し初松籟 沢木欣一

初風 補遺

いにしへの寧楽の京なる初松籟 村山故郷
おほかたは男松の声の初松籟 鷹羽狩行
三笠山より初風を賜ひけり 村山故郷
初松籟無量禅寺に浴びにけり 松崎鉄之介
初風と万の毛穴が知らせけり 林翔
初風におどろき老と思ひゐる 能村登四郎
初風にせり合ふ色や萩薄 舎羅
初風に瓜守が菴もあれにけり 濁子
初風のゆらぎたがへし池の水 岡井省二 山色
初風の乳牛百余頭と別れて 金子兜太
初風の海や棕櫚ある泉澄む 中村草田男
初風の蕭々と竹は夜へ鳴れる 臼田亜郎 定本亜浪句集
初風の頭を過ぎ竹の穂をわたり 岡井省二 有時
初風やうなづき越ゆる芋峠 森澄雄
初風やこむらよろこぶ道の上 岡井省二 猩々
初風や去年の目さますいねの花 上島鬼貫
初風や若者にして縁の使者 中村草田男
初風や行脚坊主の袖の破レ 句空
孤愁の岸初松籟の日向松 松崎鉄之介
戸を繰るや年の初風そょそょと 日野草城
海上の道来し蚕神初松籟 松崎鉄之介
訪はん身の夕初風をまとひ出づ 野澤節子 鳳蝶
雲流れ来て初風と知らせけり 林翔
青棕梠を年の初風揉みに揉む 伊丹三樹彦
鼻すぢにつづける眉の初風ぞ 岡井省二 有時

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:40 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初東風 の俳句

初東風 の俳句

初東風

例句を挙げる。

すこし動く初東風見ゆれ蝦の髭 山本露葉
すべり出し佳き初東風のヨットかな 椎橋清翠
すめらぎの日章旗なり初東風す 長谷川かな女 雨 月
やおろちのうみの初東風萱鳴らし 高澤良一 ももすずめ
初東風が鳴らす稲荷の幟竿 野見山ひふみ
初東風にそらまめの茎ぐらつけり 高澤良一 ねずみのこまくら
初東風に伊勢の神々耳すませ 高澤良一 燕音
初東風に千鳥二つの巴かな 野村喜舟
初東風に沖黒潮の帯をひく 富安風生
初東風に浦波ザザと篠ザザと 高澤良一 さざなみやっこ
初東風に葱の畑の土まへる 瀧春一 菜園
初東風に豊川詣でかくは果たす 中村汀女
初東風のうす闇の中つかむ塩 赤尾兜子
初東風の山越えに逢ふ白弥山 鷲谷七菜子
初東風の沖の帆われに来るごとし 沢井我来
初東風の河豚提灯を買ひにけり 野村喜舟 小石川
初東風の波より水母ころげ出づ 中拓夫
初東風の留守たのむぞよ梅の門 尾崎紅葉
初東風の野の水のにごりみせたり 原田種茅 径
初東風やはなびら餅のごぼう味 後藤文子
初東風や一打ち祝ふ鯛の網 広江八重桜
初東風や一樹にのびる長梯子 草深昌子
初東風や三代並ぶ献句額 花房敏子
初東風や富士見る町の茶屋つゞき 永井荷風
初東風や帆に選ぶ字の大いなる 冬葉第一句集 吉田冬葉
初東風や御旗の神の麗はしさ 尾崎紅葉
初東風や桟橋渡る賽者づれ 高橋淡路女 梶の葉
初東風や橋の擬宝珠のから乾き 四明句集 中川四明
初東風や波にあそべる松ふぐり 田村木国
初東風や波に呑まれて浮く海鵜 鈴木真砂女 夕螢
初東風や波を遊ばす稚児柱 黒崎かずこ
初東風や煙のやうに母の髪 廣瀬直人
初東風や筒祝ぎもすみし烽火合 久米正雄 返り花
初東風や納屋に吊せし生簀籠 鈴木真砂女
初東風や網を納めし船の胴 鈴木真砂女 生簀籠
初東風や緊りし顔の戸を出づる 徳永山冬子
初東風や編まれて青き生簀籠 小澤克己
初東風や翡翠が嚥む銀の魚 堀口星眠
初東風や肩にねむりし獅子頭 高橋潤
初東風や試射音もなき大砂丘 文挾夫佐恵
初東風や鐘一打ずつ音違い 福田千栄子
初東風や雪清浄の遠嶺より 室積徂春
初東風を躱して嘴太烏まだ翔たず 鈴木飛鳥女
初東風吹く島を歩きて脚養生 高澤良一 鳩信
真直に羽根落ち来初東風の中 大森桐明

初東風 補遺

はつこちのはつふじのおもほゆるかも 日野草城
初東風に吹きちる顏の櫻哉 正岡子規 初東風
初東風の吹くになびかぬ髯はあらじ 正岡子規 初東風
初東風の山越えに逢ふ白弥山 鷲谷七菜子 游影
初東風の烏帽子わつかに動く哉 正岡子規 初東風
初東風の砂のとぶ浜とばぬ砂洲 鷹羽狩行
初東風の網にたまるや浦の春 正岡子規 初東風
初東風やおのれ浮るゝ紙燕 野径
初東風や嘶くごとく波寄せ来 鈴木真砂女 紫木蓮
初東風や安房海上に茜富士 角川源義
初東風や日の丸の皺吹きのばし 正岡子規 初東風
初東風や波に呑まれて浮く海鵜 鈴木真砂女 夕螢
初東風や煙のやうに母の髪 廣瀬直人
初東風や空は朝より晴れちきり 正岡子規 初東風
初東風や納屋に吊せし生簀籠 鈴木真砂女 卯浪
初東風や網を納めし船の胴 鈴木真砂女 生簀籠
初東風をうしろにうけて凧 正岡子規 初東風
女つれて東風に吹かれに東山 正岡子規 初東風
樋の口や東風吹渡る獺の顏 正岡子規 初東風
馬の耳立てゝ東風吹くあした哉 正岡子規 初東風

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:38 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初凪 の俳句

初凪 の俳句

初凪

例句を挙げる。

五指浸しみる初凪の地中海 品川鈴子
伊豆の海初凪せるに火桶あり 水原秋桜子
初凪といふ美しき海の皺 吉田美佐子
初凪に岬燈台白一指 誓子
初凪に島の祠の昼灯 久米正雄 返り花
初凪のお手玉となる日と月と 原裕 正午
初凪のふる里に母待ちくれし 中井 文子
初凪の一湾海の門(と)まで見ゆ 山口誓子 大洋
初凪の二つの島へ渡し舟 青山 冬至
初凪の光りまとひぬ石叩 増田燕城
初凪の壇の浦辺のゆきゝかな 楠目橙黄子 橙圃
初凪の宇多の松原うちつれて 下村梅子
初凪の安房の礁のこむらさき 草間時彦
初凪の安房は渚に牛放つ 稲垣きくの 黄 瀬
初凪の岩の鵜ひとついつ翔つや 長谷川久代
初凪の岩より舟に乗れと云ふ 川端茅舎
初凪の岩飛び~の遊びせり 西村濤骨
初凪の島に人形の首刺さん 星野紗一
初凪の島は置けるが如くなり 高濱虚子
初凪の帆と旅客車と行き交へる 宮武寒々 朱卓
初凪の極みよ湾の奥の奥 山口誓子
初凪の沖の深さの光りけり 安立恭彦
初凪の波止に睦みて雀どち 茂里正治
初凪の浜に来玉を拾はんと 高浜虚子
初凪の浜辺に赤き貝拾ふ 茂木房子
初凪の海へ乾きし藻を戻す 白虹
初凪の海を漕ぎくる祖父なりき 津田清子
初凪の渚ゆたかに撓んだり 風生
初凪の湾一枚となりにけり 千葉仁
初凪の潮の満ちくる青さかな 太田 蓁樹
初凪の潮目境を見せてをり 湯浅桃邑
初凪の灘色分かつ流れあり 木村緑枝
初凪の煙草火砂にさして消す 藤井 亘
初凪の礁ぬきんづ新夫婦 原裕 葦牙
初凪の美しくもあらぬ貝拾ふ 鍵和田[ゆう]子
初凪の艪櫂かつぎて舸子の妻 石田ゆき緒
初凪の芥に芽吹く玉葱よ 高麗銀糸尾
初凪の青を違へて空と海 今橋眞理子
初凪の願かけとばす一の石 原裕 青垣
初凪やあつけなく果つ海女角力 小島千架子
初凪やかがめばありし桜貝 山本歩禅
初凪やさすがサーフィン族もゐず 清崎敏郎
初凪やものゝこほらぬ国に住み 鈴木真砂女 生簀籠
初凪やセロリのスープすきとほり 鈴木多江子
初凪やワイングラスにある夕日 小高沙羅
初凪や人立つ柚の実すずなりに 蒼石
初凪や伊豆の石廊は風絶えず 景山筍吉
初凪や供華あたらしき潮仏 畠山譲二
初凪や児島湾なる備前富士 岸風三樓
初凪や入江重ねて安房上総 平松茂都子
初凪や十戸十舟江に映り 堀 葦男
初凪や千鳥にまぢる石たゝき 島村元句集
初凪や四羽の鵜のとり礁の上 白泉
初凪や大いなる日の生れつゝ 中川宋淵
初凪や大きな浪のときに来る 高浜虚子
初凪や小さなドイツ料理店 本井英
初凪や島根まばゆき流れ汐 梨葉
初凪や廃校いまも図画を貼り 山田紀代
初凪や松の向うの城ケ島 嶺治雄
初凪や松ばかりなる舞子浜 鈴鹿野風呂 浜木綿
初凪や氷張りたる滑川 水原秋桜子
初凪や汐さび声の男たち 佐藤みゆき
初凪や汐引き砂のつぶやける 阿部みどり女
初凪や波に戯れ二少年 山口青邨
初凪や潮引き砂のつぶやける 阿部みどり女
初凪や犬吠岬を畑の下 小杉余子 余子句選
初凪や登城の道の松の中 乙字俳句集 大須賀乙字
初凪や白髯橋はうす~と 青邨
初凪や真珠筏に波たたみ 御村善子
初凪や神の鹿島へ手押船 波多野晋平
初凪や翔てばみな翔つ鴨の群 大友月人
初凪や膝下へいたる湾一枚 草田男
初凪や航空母艦平かに 五十嵐播水 埠頭
初凪や艫をおすも亦一水兵 高野素十
初凪や若者にして縁の使者 中村草田男
初凪や蘂のあふるゝ磯椿 秋櫻子
初凪や裏戸より鶏はしり出て 桂信子 緑夜
初凪や遠くに居れる伊豆の雲 阿波野青畝
初凪や雲を聚めて小さき富士 新田 郊春
初凪や霜雫する板廂 鬼城
初凪や鴉は陸に鵜は海に 鈴木真砂女 夕螢
初凪や鵜のたむろして生簀籠 宵灯
初凪をたゆたに蛋の乳房かな 久米正雄 返り花
初嵐小石を耳にあつる子に 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
古戦場より初凪の沖の船 片山一江
巨き人の寝顔のごとき初凪か 田中裕明 櫻姫譚
揚げ船に鶏鳴く磯家初凪す 飯田蛇笏
揚舟に幣の真白し初凪す 代 五米
旗立てて街なす艀初凪げり 五十嵐播水 埠頭
日の丸が焦点初凪の海と砂 福田蓼汀 秋風挽歌
朝の間の初凪とこそ思はるゝ 高浜年尾
魚陣うつる初凪ぎの空の鴎かな 乙字俳句集 大須賀乙字、岩谷山梔子編
龍馬像より初凪の海展け 田村一翠

初凪 補遺

タツノオトシゴの初凪となりしなり 岡井省二 鯛の鯛
伊豆の海初凪せるに火桶あり 水原秋櫻子 葛飾
初凪げる潮上の富士を見出でけり 杉田久女
初凪にしてうすうすと波がしら 鷹羽狩行
初凪に岬燈台白一指 山口誓子
初凪に波切安乗と差し出でて 山口誓子
初凪の一湾海の門まで見ゆ 山口誓子
初凪の三日つゞきて退屈す 高浜年尾
初凪の噴煙長く~のび 高野素十
初凪の小舟に会ひぬ響灘 阿波野青畝
初凪の山をあやしむにはあらず 岡井省二 夏炉
初凪の岩より舟に乗れと云ふ 川端茅舎
初凪の極みよ湾の奥の奥 山口誓子
初凪の沖の島さへ目近にす 高浜年尾
初凪の沖航く帆のみ檣のみ 山口誓子
初凪の浦青海苔の粗朶林 山口誓子
初凪の海は陸より秘めにけり 富安風生
初凪の海を漕ぎくる祖父なりき 津田清子
初凪の湾に生簀の水平ら 山口誓子
初凪の真つ平なる太平洋 山口誓子
初凪の礁ぬきんづ新夫婦 原裕 葦牙
初凪の願かけとばす一の石 原裕 青垣
初凪は湾の形をなしゐたり 山口誓子
初凪やいくりがあればひとつ波 岸田稚魚 紅葉山
初凪やさすがサーフィン族もゐず 清崎敏郎
初凪やたが住みつきし捨て小舟 飴山實 句集外
初凪やものゝこほらぬ国に住み 鈴木真砂女 生簀籠
初凪や七里ケ浜のものがたり 山口青邨
初凪や入江に遊ぶ名無川 藤田湘子 神楽
初凪や四羽の鵜のとり礁の上 渡邊白泉
初凪や天変地異の兆しつつ 桂信子 花影
初凪や安房浜荻といふ漁村 鈴木真砂女 居待月
初凪や水仙ばかりつんつんと 鈴木真砂女 居待月
初凪や波に戯れ二少年 山口青邨
初凪や白髯橋はうすうすと 山口青邨
初凪や船の上より鶏の声 鷹羽狩行
初凪や艪をおすも亦一水兵 高野素十
初凪や茅の輪くゞりて女の旅 鈴木真砂女 夏帯
初凪や蘂のあふるる磯椿 水原秋櫻子 蓬壺
初凪や裏戸より鶏はしり出て 桂信子 緑夜
初凪や貝殻交る磯畠 鈴木真砂女 都鳥
初凪や轟沈といふ昔あり 鷹羽狩行
初凪や遠くに居れる伊豆の雲 阿波野青畝
初凪や鳶を殖やして海の空 鈴木真砂女 居待月
初凪や鴉は陸に鵜は海に 鈴木真砂女 夕螢
初凪をみださず鳰の水潜り 能村登四郎
揚げ船に鳴く磯家初凪す 飯田蛇笏 春蘭
揚げ船に鶏鳴く磯家初凪す 飯田蛇笏 心像
日の丸が焦点初凪の海と砂 福田蓼汀 秋風挽歌
楫とりもすなどりびとも初凪に 中村草田男
歌枕白良の浜は初凪す 阿波野青畝
鵜は飛べど珊瑚漁らず初凪す 阿波野青畝

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:36 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)

初霞 の俳句

初霞 の俳句

初霞

例句を挙げる。

ことさらに唐人屋敷初霞 蕪 村
つつまざる僧のつむりや初霞 石田勝彦 秋興
まだ顔の空へはおもし初霞 千代尼
まなきりの銚子の海や初霞 小川芋銭 芋銭子俳句と画跡
マラソンの全走者消え初霞 丸山哲郎
三宝に御供米の白初霞 毛塚静枝
初霞して内海の船だまり 石原舟月
初霞して御社の杉にほふ 柴田白葉女
初霞して文具屋の四枚戸 岡本眸
初霞して赤松のうるほへり 伊藤通明
初霞して鵙の胸野をてらす 飯田龍太
初霞ぺんぺん草の垣根より 龍岡 晋
初霞倶利伽羅不動つつみけり 柏 禎
初霞娘の嫁ぎゆく麓村 羽吹利夫
初霞山に加へし齢かな 朝倉和江
初霞川は南へ流れけり 青木月斗
初霞満ちゐん素建の小家にも 香西照雄 素心
初霞無人境には平和あり 香西照雄 素心
初霞猶寒林といふ外なし 長良扶沙子
初霞畠重なり山重なり 宮下歌梯
初霞立つや温泉の湧く谷七つ 内藤鳴雪
初霞舗装の街に土恋し 香西照雄 素心
初霞赤城紫紺の裾引けり 岡田日郎
初霞雪二上の裾よりぞ 筏井竹の門
初霞鶏犬の声遠近に 笹川臨風
国中の初霞より列車音 茂里正治
地に遊ぶ鳥は鳥なり初霞 千代女
塩ふつて魚の眼さます初霞 神尾久美子 桐の木
天と地の打ち解けりな初霞 夏目漱石 明治二十九年
居喰して餌に飽く鹿や初霞 北野民夫
師も父も夫もおとこ初霞 池田澄子
旅人と旅人の子の初霞 長谷川 櫂
日の匂ふ寝そべり松や初霞 井月の句集 井上井月
朝紅や水うつくしき初霞 上島鬼貫
淀よりも伏見に濃くて初霞 山本洋子
湯上がりのふぐりのあたり初霞 高澤良一 寒暑
琴の糸干して比叡の初霞 野上智恵子
祝婚の坂東太郎初霞 宮澤せい子
空席の猿のこしかけ初霞 嶋野國夫
苑の端の木立おもてや初霞 飯田蛇笏 霊芝
葛城の神のねむりの初霞 川崎展宏
藁塚を畷に伏せて初霞 富安風生
見馴れゐて見飽かぬ富士や初霞 川村紫陽
観覧車動き動かず初霞 六本和子
赤人の名は付かれたり初霞 中村史邦
野鴉や鳴かずに渡る初霞 大場白水郎
こころより立つや白根の初がすみ 樗良 選集古今句集
初がすみ大和山城色頒つ 能村登四郎 有為の山
園の端の木立おもてや初がすみ 飯田蛇笏 山廬集
地に遊ぶ鳥は鳥なり初がすみ 千代尼
手の下の山を立きれ初がすみ 内藤丈草
流寓の目をあげてみる初がすみ 遠藤正年


初霞 補遺

たんぽぽの忘れ絮とて初霞 石田勝彦 百千
つつまざる僧のつむりや初霞 石田勝彦 秋興
なすりつける繪筆のあとや初霞 正岡子規 初霞
のぼり来て美しき山初霞 山口青邨
はつかすみして墓の巌またねむる 飯田蛇笏 白嶽
はつかすみして苑の巌またねむる 飯田蛇笏 春蘭
まだ生れざる生物よ初霞 三橋敏雄
仏飯の麦めでたさよ初霞 石田波郷
初がすみうしろは灘の縹色 赤尾兜子 玄玄
初がすみ大和山城色頒つ 能村登四郎
初霞して文具屋の四枚戸 岡本眸
初霞して鵙の胸野をてらす 飯田龍太
初霞満ちゐん素建の小家にも 香西照雄 素心
初霞焔の風が水面過ぎ 飯田龍太
初霞無人境には平和あり 香西照雄 素心
初霞琴弾く音を早うせよ 飯島晴子
初霞神島二等辺三角形 山口誓子
初霞老の坂をば淡くせり 相生垣瓜人 負暄
初霞舗装の街に土恋し 香西照雄 素心
初霞蒲團の裾にかゝるなり 正岡子規 初霞
初霞通ひ船なほ仕度せり 桂信子 草影
厄介な赤子の手足初霞 飯田龍太
古城を前にひかへて初霞 正岡子規 初霞
園の端の木立おもてや初がすみ 飯田蛇笏 山廬集
宮城や五色にそろふ初霞 正岡子規 初霞
山も川も神のこころに初霞 山口青邨
教会の尖塔遠ちに初霞 高浜年尾
新霞紅梅町のむかしはも 上田五千石『天路』補遺
星消えてあとは五色の初霞 正岡子規 初霞
松多き町に住み古り初霞 能村登四郎
枯山の中の松山初霞 橋閒石 朱明
気がつきし籬の外の初霞 川端茅舎
水引のやうな雲あり初霞 正岡子規 初霞
泉忌の仇し野ふかきはつかすみ 飯田蛇笏 春蘭
漕ぎ出づる艪音身近に初霞 桂信子 草影
烏帽子著た人ばかり也初霞 正岡子規 初霞
甲斐盆地みんなみに立つ初霞 松崎鉄之介
祖師の森八幡の森初霞 山口青邨
群雲の彼方の国の初霞 飯田龍太
苑の端の木立おもてや初霞 飯田蛇笏 霊芝
麗しきこゑこそ待たれ初霞 上田五千石『琥珀』補遺

初霞 続補遺

さもとおもふあたりにたつや初がすみ 寥松
まだ顔の空へはおもし初霞 千代尼
むしけらもさし覗け此初霞 加藤曉台
むらさきを諸事に補ひ初霞 支考
やま~を寐せてはおかず初がすみ 完来
よせて見ん旅のこゝろを初霞 舎羅
何所も嘸爰らも今朝の初霞 芙雀
供烏帽子帆懸て行や初がすみ 木因
初がすみきその嶽々たのもしき 加舎白雄
初がすみたつや二見のわかるほど 千代尼
初がすみ目に立筋や五里の浜 助然
初霞余古の産ける三上哉 千那
地に遊ぶ鳥は鳥なり初がすみ 千代尼
手の下の山を立きれ初がすみ 丈草
朝紅や水うつくしき初霞 上島鬼貫
枇杷の葉のなを慥也初霞 斜嶺
枕もと明行川や初霞 岱水
浅草は上野に似たり初がすみ 与一 靫随筆
煤ヶねばわら屋もおかし初霞 濁子
痩坊に重荷かゝるや初がすみ 朱拙
盃や間の内あゆむ初霞ミ りん女
茶も酒も滝の名を汲メ初霞 此筋
赤人の名は付れたり初霞 史邦
頓てたつ闇の曇や初霞 野明

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:34 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25

外部リンク

記事ランキング