<   2017年 04月 ( 262 )   > この月の画像一覧

義仲忌 の俳句

義仲忌 の俳句

義仲忌

例句を挙げる。

さるほどに月のぼりけり義仲忌 長谷川櫂 古志
しばらくは野火のうつり香義仲忌 飯田龍太
つぶやきに答かへりぬ義仲忌 百瀬美津
みづうみの舟宿灯り義仲忌 角川春樹
人に逢へぬ帰途の追風義仲忌 原子公平
倶利伽羅の舊道に住み義仲忌 今村をやま
倶利伽羅を捨てし悔あり義仲忌 藤浦昭代
倶利迦羅の旧道に住み義仲忌 今村をやま
兜煮に残る目玉や義仲忌 うだつ麗子
土砂降りの石くれの顔義仲忌 山上樹実雄
夕闇は楠より立てり義仲忌 奥坂まや
大風のなかの松籟義仲忌 皆川盤水
小鼓の紅緒の褪せて義仲忌 河村静香
待ちのぞむものを旭(ひ)とせし義仲忌 竹中宏
御嶽の宵かがやけば義仲忌 大峯あきら 宇宙塵
懐に項羽本紀や義仲忌 松瀬青々
武者絵好みし少年の日よ義仲忌 星野石雀
氷魚炙る手のひらひらと義仲忌 関戸靖子
湖に風波立てる義仲忌 大山 百花
紅梅を近江に見たり義仲忌 森澄雄 浮鴎
義仲忌の膳所はみぞるゝばかりかな 飴山 實
義仲忌や山山瀬瀬の氷を解かず 高橋睦郎 稽古飲食
義仲忌を弾みとしたる春吹雪 吉田紫乃
義仲忌湖の日向へ梅出でて 関戸靖子
義仲忌膳所はみぞるゝばかりかな 飴山實
義仲忌近づく寺に近く住む 安藤 雅子
貯へし茸を汁に義仲忌 豊原月右
雀来て鶯去れり義仲忌 進藤一考

義仲忌 補遺 

いぬふぐり旭将軍義仲忌 森澄雄
けぶりゐるものに紅梅義仲忌 鷲谷七菜子 一盞
しばらくは野火のうつり香義仲忌 飯田龍太
義仲忌なほも木曾には古柏 森澄雄
義仲忌や小暗き道の見えしとき 飯田龍太
義仲忌熊笹に雨錐のごと 飯田龍太
義仲忌虫出しの雷夜空より 飯田龍太
駆くるとは馬駆くること義仲忌 星野麥丘人
紅梅を近江に見たり義仲忌 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 09:07 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

えり挿す の俳句

えり挿す の俳句

えり挿す

例句を挙げる。

*えりの遺句今日も*えり挿す湖ならむ 及川貞 夕焼
*えりを挿す力のかひな見ゆるかな 高濱年尾 年尾句集
*えりを挿す声の届かぬ遠さかな 西村和子 かりそめならず
*えりを挿す夫婦に夕日濃かりけり 角川春樹
*えりを挿す漣の行方に雁の影 石原八束
*えりを挿す竹生通ひの船波に 宇野犂子
*えりを挿す舟のゆきゝを窓に置き 中川砂骨
*えりを挿す舟を遥かに夕茜 武嶋一雄
*えり挿して一湾の春定まりぬ 伊藤いと子
*えり挿して元に戻りし景色かな 山崎みのる
*えり挿して四方より梅雨の迫るらし 林翔 和紙
*えり挿して湖の憂色はじまれり 能村登四郎
*えり挿して近江の春のいまよりぞ 高田美恵女
*えり挿しの一人が舟の位置を守る 中澤文邦
*えり挿しの力に舳刎ね上り 高野素十
*えり挿しの山見ては向き改むる 北川英子
*えり挿しの戻り舟なり比良颪 中井文人
*えり挿しの漕ぎ出してすぐ霞みけり 鷲谷七菜子 花寂び 以後
*えり挿しの背後雪嶺威を解かず 丸山哲郎
*えり挿しの舟にも小さき注連飾り 佐川広治
*えり挿しも終りしといふかすみけり 高濱年尾 年尾句集
*えり挿しや菰の古江に舟入れて 高野素十
*えり挿すと堅田はひかり燦めく地 宮坂静生
*えり挿すや遠つらなりに鳰のむれ 五十嵐播水
*えり挿すや陸の雪景日に穢れ 西島麦南
*えり挿につきて近江の蝶あはれ 萩原麦草 麦嵐
*えり挿にはや灯りし比叡かな 岸風三楼 往来
*えり挿の夕影波に折れ曲り 岸風三楼 往来
*えり竿を挿す大揺れの舟に立ち 津田清子
*えりを挿す力のかひな見ゆるかな 高浜年尾
*えりを挿す漣の行方に雁の影 石原八束
*えり挿しの漕ぎ出してすぐ霞みけり 鷲谷七菜子
えり挿しの漕ぎ出してすぐ霞みけり 鷲谷七菜子 游影
この湖は話の宝庫*えりを挿す 柴田美代子
万葉の比良の大わだ*えりを挿す 小田尚輝
両袖へ*えり挿す舟の漕ぎわかれ 久米幸叢
八講の名残りの湖に*えり挿せる 荒川あつし
打よする連銭波や*えりを挿す 西山泊雲
日の波にとりまかれゐて*えりを挿す 石井とし夫
更級の八百屋彦八*えり挿して 宮坂静生 樹下
比叡山今日しまきをる*えりを挿す 中井余花朗
湖の待ちをる*えりを挿しはじむ 後藤比奈夫
湖底の泥知りつくし*えりを挿す 今村窓外
湖神の荒ぶる隙へ*えりを挿す 北川英子
熱きもの食べて*えり挿しすぐ湖へ 山口波津女
眺めやる*えり挿す舟とわかるまで 池内たけし
竹積んで*えり挿す舟と覚えたり 高濱年尾 年尾句集
篁の闇を負ひ来て*えりを挿す 曽根原幾子
編みためて大きな*えりを挿すらしや 石井とし夫
老いてなほ沼生き甲斐に*えりを挿す 石井とし夫
衰へし眼もて*えり挿しみて来たり 皆川盤水
連翹や昨日は雨に*えり挿して 藤田湘子
遠き*えり挿し終りたる色と見し 中森皎月
門先を漕ぎ出でしより*えりを挿す 石井とし夫
無明より無明へ漕げる*えり場かな 宮武寒々
*えり簀竹尻に撓めて編みにけり 稲継あきを
*えり簀編むその棕梠繩に手を痛め 高濱年尾 年尾句集
*えり簀編む大風除の聳えたり 高濱年尾 年尾句集
*えり簀編眩ゆき沖を手にかばふ 米沢吾亦紅
古*えり簀焚く火明りに氷魚を選る 木村蕪城 寒泉
合掌の手のかたちして遠*えり簀 関戸靖子
唐崎の茶屋の女房も*えり簀編み 大坪野呂子
夕波の*えり簀をくぐるひとうねり 岡本 眸
横櫛をさす女房の*えり簀編み 高野素十
湖あれを窓に*えり簀を編みゐたり 高濱年尾 年尾句集
頬被とれば媼や*えり簀編む 中山碧城

えり挿す 補遺

*えりの遺句今日も*えり挿す湖ならむ 及川貞 夕焼
*えり挿さぬ琵琶湖と聞けば寂しさよ 稲畑汀子
*えり挿して湖のさざなみ南せり 能村登四郎
*えり挿して湖の憂色はじまれり 能村登四郎
*えり挿して四方より梅雨の迫るらし 林翔 和紙
*えり挿しに別の舟来て舳出す 高野素十
*えり挿しの舟のエンジンかけし音 高野素十
*えり挿しの舟ゆさぶつて力入れ 高野素十
*えり挿しの漕ぎ出してすぐ霞みけり 鷲谷七菜子 游影
*えり挿しの昼の槌音ひとつきり 岡本眸
*えり挿しの力に舳刎ね上り 高野素十
*えり挿しや菰の古江に舟入れて 高野素十
*えり挿の*えりさすほかは考へず 岡本眸
えりを挿す支度の女手もいりぬ 後藤比奈夫
えり挿して一日水のほかは見ず 後藤比奈夫
えり挿して苗木畑を見にゆけり 飯田龍太
えり挿して落着くまでの二三日 後藤比奈夫
遠景に*えりを挿し足す松の秋 岡井省二 明野
遠目にも男の仕事えりを挿す 後藤比奈夫
沼小さくなるかなしびの*えりを挿す 岡本眸
雪塊の伊吹ぞ照れる*えりを挿す 野見山朱鳥 幻日
線描のごとき*えり場の涼しさよ 鷹羽狩行
木の浜の*えり挿し見よと遠眼鏡 高野素十
落付かずゐしが午後には*えり挿せる 能村登四郎

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 09:04 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

かまくら の俳句

かまくら の俳句

かまくら

例句を挙げる。

うどん屋の隣かまくら出来にけり 辻桃子
かまくらあそび燭の火ふつくらと招く 村上一葉子
かまくらで預かつてゐる迷子かな 館容子
かまくらといふもの雨にあはれなり 高濱年尾
かまくらといへる人待ち顔のもの 後藤比奈夫
かまくらとかまくらの間雪満てり 三好潤子
かまくらにありても母の膝が好き 桑田青虎
かまくらになほ新しき雪加ふ 岸風三樓
かまくらに入り手土産を持て余す 橋本榮治 逆旅
かまくらに幼馴染みが膝そろへ 長谷川祥子
かまくらに灯の数ふえて更けゆけり 神 緑郎
かまくらに燈の入る知りて寝まりけり 石川桂郎 高蘆
かまくらに積りし雪のやわらかく 高橋秋郊
かまくらに給(た)ぶあつあつの甘酒(あまゆっこ) 石川桂郎
かまくらに莨火ひとつ息づけり 横山房子
かまくらに餅焼く誰の母ならむ 上田五千石 風景
かまくらのうしろの闇へ炭火捨つ 牧石剛明
かまくらのこぼれ灯道に踏みかがむ 上村占魚
かまくらのとばりに垂れし萩簾かな 西本一都 景色
かまくらのまろきひかりの絵らふそく 田代 靖
かまくらのもらす灯のうち人の過ぐ 神蔵 器
かまくらの一夜の火種貰ひおく(横手) 河野南畦 『硝子の船』
かまくらの中のをさなき恋敵 後藤立夫
かまくらの中三輪車入れてある 辻桃子
かまくらの人立てば燭揺らぎけり 館岡沙緻
かまくらの入口沓の凭れあふ 片山由美子 天弓
かまくらの夜をしめくくる木菟のこゑ 佐藤 国夫
かまくらの子の赤き頬二つづつ 木谷島夫
かまくらの子らにつれなき雨となる 伊藤とほる
かまくらの子らに神父の招かるる 沼澤石次
かまくらの心臓として燭をともす 岡部いさむ
かまくらの揺らめく燭や横手川 内山 茂
かまくらの灯さへ奪らむと吹雪くなり 岸風三樓
かまくらの灯の輪町角曲るたび 三好潤子
かまくらの灯より人家の灯の貧し 岸風三楼
かまくらの灯るを待たず旅人去る 森田峠 三角屋根
かまくらの燠かこむ子等膝おくり 福田蓼汀
かまくらの童女こけしの眉をもつ 中島花楠
かまくらの肩まろやかに雪積る 館岡沙緻
かまくらの裏側雪が雪呼んで 河野南畦
かまくらの過ぎれば雪の疎ましく 小玉艶子
かまくらの高さは神の背の丈よ 佐藤恵子
かまくらは一夜の祭更けてゆく 高木晴子
かまくらへ城と童女と雪明り 河野多希女 月沙漠
かまくらへ降る雪生死ひとつなる 河野多希女 月沙漠
かまくらも犬の子市も吹雪中 西本一都 景色
かまくらやひいふうみいよ灯のともる 鈴木十歩
かまくらや亡き友も亡き姉もゐて 林 民子
かまくらや今日は嬶座のわらべたち 堤 京子
かまくらや天に星撒く童神 林 翔
かまくらや星の言葉の雪が降る 佐藤 木鶏
かまくらや水神雪も司り 木原苑生
かまくらや犬にも一つ御なん餅 一茶
かまくらや童女童話のごと座り 衣川 砂生
かまくらをこぼれたる灯に雪の舞 橋本榮治 逆旅
かまくらを崩したる雪捨てに行く 茨木和生 往馬
かまくらを覗きゆきしと雪女 後藤比奈夫
かまくらを覗く手形を雪に押し 原子公平
かまくら水神男の子の膝のくづれざる 河野多希女 月沙漠
がらんどう昼見て雨のかまくらは 石川桂郎 高蘆
ここに又かまくらの子の繭ごもり 松村幸一
また来よとかまくらをとめ指きりす 西本一都
ゆびきりの子のかまくらのいづこぞや 西本一都 景色
城に灯が入りかまくらもともるなり 大野林火
城山へ千の目くばせ小かまくら 白井 爽風
子供等にまだかまくらの空昏れず 川上玉秀
小かまくら現し世の灯をまたたかす 木下ふみ子
川沿ひの小路かまくらの五つ六つ 杉本寛
廃校に灯せし千の小かまくら 橋本榮治 逆旅
母が待つ灯のごと点る小かまくら 古賀まり子
火種撥ねかまくらへあく勝手口 下田稔
煮炊き暖かにかまくらはワンルーム 清水衣子
燭のためかまくら星のため夜空 鷹羽狩行
燭足してかまくらに子らまだ遊ぶ 橋本美代子
睫毛は蕊かまくらの中あかあかと 成田千空 地霊
筵戸の裾かまくらの灯を洩らす 館岡沙緻
箱橇で来てかまくらの小さき客 菊地映楼
興ざめの雨のかまくら誰知るや 石川桂郎 高蘆
莚戸の裾かまくらの灯を洩らす 館岡沙緻
葛湯吹くかまくらの灯に招かれて 伊藤いと子
藁ぐつに母の意溢れかまくらや 河野多希女 月沙漠
藁沓にかまくらの銭落しけり 出牛青朗
身半分かまくらに入れ今晩は 平畑静塔(1905-97)
隠国のかまくらの灯を洩らし継ぐ 津根元潮
駅降りてはやかまくらの見ゆる町 桑田青虎


かまくら 補遺 

かごめかごめかまくらに降る雪の声 平畑静塔
かまくらといふもの雨にあはれなり 高浜年尾
かまくらといへる人待ち顔のもの 後藤比奈夫
かまくらにまろうどの席空けくれし 上田五千石『琥珀』補遺
かまくらに架けて天照皇大神 阿波野青畝
かまくらに子とろ子とろの風の声(横手十一句) 鷹羽狩行
かまくらに少し貧富のありにけり 岡本眸
かまくらに燈の入る知りて寝まりけり 石川桂郎 高蘆
かまくらに餅焼く誰の母ならむ 上田五千石 風景
かまくらに留守の日はなし雪をんな 平畑静塔
かまくらの海見て虚子庵へ実朝忌 山口青邨
かまくらの外側暗し薬罐置き 岡本眸
かまくらの十の瞳のなかに入る 鷹羽狩行
かまくらの人身御供か赤のベベ 平畑静塔
かまくらの水神天に星を撒く 平畑静塔
かまくらの雪の部屋にて朱毛氈 山口誓子
かまくらの雪の祠に幣白し 山口誓子
かまくらの灯ともし頃を雪女 鷹羽狩行
かまくらの燈にいとなみのあるごとし 上田五千石 風景
かまくらの明一本の燭で足る 山口誓子
かまくらへ運ぶコーヒー熱きかな 阿波野青畝
かまくらやひよつとこ顔に餅ふくれ 鷹羽狩行
かまくらや天に星撒く竜神 林翔
かまくらを出ずかまくらのさんざめき 後藤比奈夫
かまくらを覗きゆきしと雪女 後藤比奈夫
がらんどう昼見て雨のかまくらは 石川桂郎 高蘆
興ざめの雨のかまくら誰知るや 石川桂郎 高蘆
城に灯が入りかまくらもともるなり 大野林火 飛花集 昭和四十七年
燭あげて天井くぼむ小かまくら 岡本眸
燭のためかまくら星のため夜空 鷹羽狩行
心充たしゆくかまくらのひとつひとつ 岡本眸
身半分かまくらに入れ今晩は 平畑静塔
雪呼ぶよ灯をこもらせてかまくらは 大野林火 飛花集 昭和四十七年
雪降りのかまくら父を加へざる 佐藤鬼房
昼のぞくかまくらの床真つ平 岡本眸
辻曲ればかまくらの灯の招くごと 大野林火 飛花集 昭和四十七年
明にして煖かまくらの煮炊きの火 鷹羽狩行
綿入を着てかまくらの母の役 後藤比奈夫
目は口ほどに云ふかまくらのわらし 平畑静塔

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 09:01 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

絵踏 の俳句

絵踏 の俳句

絵踏

例句を挙げる。


あたたかき日ざしに踏絵忘じをり 宇野芳子
いちまいの踏絵のイエス語らねど 山本歩禅
からかねの踏絵の端の光りをり 山本歩禅
ためさるるあうら冷たき踏絵かな 中勘助
はなばなを踏絵のごとく踏みゆけり 平井照敏 天上大風
はんざきにせせらぐ谷の踏絵橋 小野せいや
ふと絵踏の怕さ牡丹の弁跨ぐ 滝本魚顔女 『絵踏』
まなざしを髪でかくして絵踏かな 鷹羽狩行 第九
ダリヤ咲く踏絵の残る郷土館 村松圭治
ビルの影踏絵の如し冬の朝 落合冬至
主のお顔なくなつてゐし踏絵かな 大森扶起子
乞食の子も許されず絵踏哉 会津八一
乳飲児を抱きて踏みしといふ踏絵 山内山彦
五月闇踏絵に人の足の跡 中村石秋
使ひべりせぬ踏絵を貸してあげる 櫂未知子 蒙古斑
傾城の蹠白き絵踏かな 芥川龍之介
冷凍魚鞄に革命と踏絵憶う夏 赤尾兜子
初夢のぬきさしならぬ絵踏かな 長田等
夏蝶のかなた踏絵をふみし日は 赤松[けい]子 白毫
太柱の蔭よりいでて踏絵かな 野村喜舟
寒き日の踏絵に差せばレモン色 佐野まもる
山茶花の庭に遺りし絵踏石 江口竹亭
岬に集る無言の提灯踏絵の町 金子兜太 金子兜太句集
島の子ら絵踏を知らず遊びをり 保坂伸秋
廻国の長崎日記絵踏かな 金沢辰生
怖ろしきことをはじめし絵踏かな 松瀬青々
手をついて踏絵舐めをりむらの奥 大屋達治 絢鸞
抱かれたるイエスをさなき踏絵かな 加藤三七子
擦り減りし踏絵のびるぜんまりあさま 加舎逸子
教皇の一の宝として踏絵 稲畑廣太郎
数かぎりなき足過ぎし踏絵かな 吉田汀史
春昼や踏絵に残る銀の色 中川宋淵 詩龕
晴るる日も崖に波濤や板踏絵 宮坂静生
林道の処女雪踏絵のごとくあり 関森勝夫
梅咲くや少し踏絵の心地して 山中蛍火
母子草壁間のそれ踏絵かや 下村槐太 天涯
浪青し絵踏行かせし渡守 中村汀女
海の日の闌干として絵踏かな 山口青邨
消えかかる主となり給ふ踏絵かな 坂田美代子
深夜帰宅山茶花踏絵の如く踏み 楠本憲吉
灼けし環礁踏絵の如く歩みゆく 岸本マチ子
牡丹咲く浄土の寺に絵踏かな 牡丹 正岡子規
男鹿なまはげ踏絵に勝る足跡なし 相原左義長
白梅に人の科ある絵踏かな 尾崎迷堂 孤輪
硯かと紛ふ踏絵の減り具合 山田純子
紙踏絵涙のあともありぬべし 冨田和子
絵踏してこれよりわれは馨るべし 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
絵踏して子孫ぞろぞろ残しけり 荒木ひでこ
絵踏して生きのこりたる女かな 高濱虚子
絵踏して隠れ住むべき島もなし 井沢正江 湖の伝説
絵踏すんで仏法護持の談義かな 倉田萩郎
絵踏せし世に遠く生きをりしかな 河野美奇
絵踏せし女に麝香にほひけり 加藤三七子
絵踏せぬとは今でこそ言へること 稲畑汀子
絵踏せぬ人をあやめし地獄これ 橋本鶏二
絵踏跡の上の聖壇鳥渡る 岡部六弥太
罅はしりをりし踏絵の台なりし 京極杞陽
罰よりも罪おそろしき絵踏かな 野見山朱鳥(1917-70)
腰撓め踏絵見し腋汗走る 小林康治 玄霜
膝の子も母も顔なき踏絵かな 森田 孟
苗代の泥足はこぶ絵踏哉 踏絵 正岡子規
荊冠も目鼻も失せし踏絵板 岩崎眉乃
薄氷と踏絵と赤いハイヒール 水月りの
蟷螂を踏んで絵踏をせし思ひ 吉原一暁
足袋はかぬ天草をとめ踏絵かな 青木月斗
踏絵から先祖逃れて夫のあり 辻村麻乃
踏絵してキリストの眼のなくなりぬ 滝沢伊代次
踏絵する誰も見てない姉の部屋 梅原昭男
踏絵てふことあり足を拭ひをり 金久美智子
踏絵なき世の霜柱ふみにけり 平田君代
踏絵の徒花影月影わが前に 原裕 葦牙
踏絵はや極暑にうすれかくれ耶蘇 玉城一香
踏絵ふまざれば獄門ふめば地獄 岩岡中正
踏絵図の女の足の白さかな 鈴木鷹夫 風の祭
踏絵見し旅より崩れ月の雨 大岳水一路
踏絵見る夾竹桃を背の窓に 多田裕計
踏絵見る遠き世もかく蓮枯れて 神尾久美子 掌
身にしむや踏絵のマリヤ頬ひかり 岡部六弥太
身に入むや木目くぼみし踏絵板 小坂かしを
遊び女のちひさき足の絵踏かな 細川加賀 生身魂
遊女らの裾ながながの絵踏かな 藤村克明
金鳳華踏絵も光さびにけり 水原秋櫻子
雪降るや踏絵荊冠縛手図に 野見山朱鳥
韃靼のわだつみ黒き絵踏かな 加藤三七子
鳥わたるかつて踏絵の島の上 朝倉和江
鳥渡るかつて踏絵の島の上 朝倉和江
鴎らの踏絵人造湖の着水 安達真弓

絵踏 補遺 

はなばなを踏絵のごとく踏みゆけり 平井照敏 天上大風
まなざしを髪でかくして絵踏かな 鷹羽狩行
わが影の先走りたる踏絵かな 飯島晴子
影は個々のサボテンとなる踏絵の裔 橋閒石
牡丹咲く浄土の寺に絵踏かな 正岡子規 牡丹
海の日の爛*かんとして絵踏かな 山口青邨
海を踏む思ひ絵踏を終へにけむ 平畑静塔
絵踏せぬとは今でこそ言へること 稲畑汀子
金鳳花踏絵も光さびにけり 水原秋櫻子 蓬壺
腰撓め踏絵見し腋汗走る 小林康治 玄霜
四温の日踏絵の町の皿うどん 角川源義
書き了へて絵踏ごころの一返書 岡本眸
深夜帰宅山茶花踏絵の如く踏み 楠本憲吉 方壺集
生きる業苦 踏絵ふんでも ふまなくても 伊丹三樹彦
霜の道わが足型を踏絵とす 角川源義
凍髪に触れて踏絵をおもひゐる 飯田龍太
踏まねども絵のなけれども踏絵の世 鷹羽狩行
踏絵あり埃の如く古りにけり 阿波野青畝
踏絵の町石だたみ道磨滅つづく 細見綾子
踏絵の徒花影月影わが前に 原裕 葦牙
罰よりも罪おそろしき絵踏かな 野見山朱鳥 荊冠
苗代の泥足はこぶ絵踏哉 正岡子規 踏絵
母子草壁間のそれ踏絵かや 下村槐太 天涯
磨滅した踏絵 朝鐘 晩鐘湧き 伊丹三樹彦
岬に集る無言の提灯踏絵の町 金子兜太
盲ひのごと撫でて踏絵の凸と凹 上田五千石『琥珀』補遺
落椿踏絵ならねば踏みて過ぐ 津田清子
冷凍魚鞄に革命と踏絵憶う夏 赤尾兜子 歳華集
浪青し絵踏行かせし渡守 中村汀女

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:59 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

寒明の俳句

寒明の俳句

寒明

例句を挙げる。

いくたびか喪服着し寒明けにけり 宮下翠舟
おしゃべりのあみだかぶりに寒明くる 松澤 昭
けふ寒の明けるといふに餅をつく 高浜虚子
けものらの耳さんかくに寒明けぬ 三橋鷹女
ちちははの夢ばかり見て寒明けぬ 野澤節子 『駿河蘭』
ふるさとの菓子噛み割りし寒の明け 横光利一
まそも貝舌ひらひらと寒明ける 加藤知世子
わがかたちわがこゑ寒の明けにけり 岡本眸
わが俳句人もすさめず寒明くる 西本一都 景色
われら一夜大いに飲めば寒明けぬ 石田波郷
ヴィオロンの音はもう聞けず寒明くる 稲畑廣太郎
七高山詣のいくつ寒明けて 下村ひろし 西陲集
二日月寒明け近き繭のいろ 渡辺恭子
卵割る黄味の膨らみ寒明ける 竪阿彌放心
厩の神泉の神に寒明けぬ 飯田蛇笏 霊芝
口切りに小啄木鳥来てゐる寒の明 高尾峯人
土の橋湯気上げてくる寒の明け 横光利一
堪へたりし金神奈落寒明けぬ 稲垣きくの 牡 丹
堰の水寒明けの日が押し流す 下村ひろし 西陲集
大椨の幹のざらりと寒明くる 高澤良一 さざなみやっこ
大欅寒明の影ひろげけり 島谷征良
天譴のゆるみしこゝち寒明くる 河野静雲 閻魔
寒の明け告知の一語「高見順」 江国滋
寒の星立身出世の明治恋し 岩田昌寿 地の塩
寒明きぬ夕空青く雪に垂り 金尾梅の門 古志の歌
寒明くと日がな濡雪日照り雪 西本一都 景色
寒明くるこぼれたまりし梅もどき 林原耒井 蜩
寒明くるとて垢面の一教師 木村蕪城 一位
寒明くるはだかの竹に母の顔 齋藤玄 飛雪
寒明くる日の訃報ありまことなる 阿部みどり女
寒明くる日当る板塀日かげる溝 菖蒲あや 路 地
寒明くる白い障子を北にはめ 清水径子
寒明くる繊月温室にあふがれぬ 西島麦南 人音
寒明けしことに添ひかねゐる心 稲畑汀子
寒明けしこと音に出て水車小屋 遠藤若狭男
寒明けし佛間通りぬいくたびも 関戸靖子
寒明けし墓林を拝すはるかかな 阿部みどり女
寒明けし月ややひずむ旧山河 飯田蛇笏 春蘭
寒明けし船渠の光り眼を囚ふ 飯田蛇笏 霊芝
寒明けて午後の富士すこしわたし寄り 平北ハジム
寒明けて天に帰りし修羅ひとつ 関野八千代
寒明けて昨日の心今日はなく 下村非文
寒明けて空の近しと妻の言ふ 瀧澤伊代次
寒明けて胎内くぐりせし思ひ 鷹羽狩行
寒明けぬ何かたのしく襷かけ 竹末春野人
寒明けぬ鳥の名前のひとつずつ 永末恵子 発色
寒明けのこゑを出さんと松の幹 増田斗志
寒明けのみみずの赤さなど思う 北原志満子
寒明けの咽喉下る水ひびくなり 志摩芳次郎
寒明けの宙妖精の降りてくる 浦川聡子
寒明けの寺の大臼おろとある 廣江八重櫻
寒明けの少しよごれし白孔雀 吉屋信子
寒明けの山つらなれる紬かな 原田喬
寒明けの崖のこぼせる土赤く 木下夕爾
寒明けの幣の浸りし泉かな 飯田蛇笏 山廬集
寒明けの日射に鶏のはゞたきぬ 上村占魚 鮎
寒明けの池映し出す空の青 山田尚子
寒明けの波止場に磨く旅の靴 沢木欣一
寒明けの臥てあやす子は胸の上 加藤楸邨
寒明けの街や雄牛が声押し出す 西東三鬼
寒明けの雨横降りに最上川 林 徹
寒明けの風向きすこし藪をそれ 福田甲子雄
寒明けの風吹きわたる深山空 飯田蛇笏 椿花集
寒明けもおし迫りたる尾根ゆきぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寒明けや嬰児のふぐりいさぎよき 渡辺立男
寒明けや横に坐りて妻の膝 草間時彦
寒明けや欅の全枝天に生き 相馬遷子 雪嶺
寒明けや雨が濡らせる小松原 安住敦
寒明けや音楽流し魚売る 早乙女成子
寒明けや鬼の背負ひし大香炉 佐川広治
寒明ける甲斐の疾風のなかに佇つ 福田甲子雄
寒明のいさぎよき雨海を覆ふ 松村蒼石 雪
寒明のけさの朝焼見も飽かず 森川暁水 淀
寒明のけふ酌みまけて厄もなし 森川暁水 淀
寒明の噴井の水の潔し 小林 むつ子
寒明の日たかき路地の雪を掃く 石原舟月 山鵲
寒明の日射机辺に眩しとも 築山能波
寒明の星なり光つなぎあひ 百合山羽公 寒雁
寒明の月のひそむや真竹原 鷲谷七菜子 花寂び 以後
寒明の棘消えし灯に戻りきぬ 下田稔
寒明の没日ひそかにかろくなる 松村蒼石 雁
寒明の沼舟に水触れてゐし 斉藤夏風
寒明の窓さら~と時雨鳧 内田百間
寒明の道の片側濡れてをり 嶋田麻紀
寒明の雪どつと来し山家かな 高浜虚子
寒明の雪海道に少し降る 百合山羽公 寒雁
寒明の雲や木々よりなまめきて 岩田昌寿 地の塩
寒明の雲をほぐせる筆づかひ 峯尾保治
寒明の風雨なりしや夜を徹し 町 春草
寒明の飛雪をそらに妻と酌めり 森川暁水 淀
寒明の鯉の総身すすむ水 亀井糸游
寒明やもりに突きたる鯉を煮て 百合山羽公 故園
寒明や凄気発する月かゝり 徳永山冬子
寒明や寺の裏なる隠居寺 松本たかし
寒明や横に坐りて妻の膝 草間時彦
寒明や肩からねむりさめてゐし 金田咲子
寒明や雨が濡らせる小松原 安住敦
寒明や馬蹄磁石のNとS 小川軽舟
寒餅も寒明け餅も少し搗く 久保 青山
寝羅漢の薄目ひらきて寒明くる 旭蝸牛
川波の手がひらひらと寒明くる 飯田蛇笏 雪峡
或る家で猫に慕はれ寒明くる 秋元不死男
放下する雪も僅かに寒明くる 百合山羽公 寒雁
方丈に寒の明けたる水の音 星野椿
暁紅に寒明けて寒新たなり 相馬遷子 山河
月光も岩越す濤も寒明くる 米沢吾亦紅
木の影が土よりうかび寒の明 鷲谷七菜子 天鼓
松明入衆の火をうちかぶり寒明くる 高橋 朔羊
枯木灘がうがうと鳴り寒明くる 横山美代子
槍ケ岳槍研ぎ澄まし寒明くる 小島左京
樟の木に樟の香のあり寒明くる 上野さち子
橋わたる電車光りて寒明けぬ 梅田男
母の眉うすうすとして寒明けし 野澤節子
水こえる波の明るさ寒の蕗 宇佐美魚目 天地存問
水といふものを身近かに寒の明け 村松ひろし
水の影が土よりうかび寒の明 鷲谷七菜子
氷の隙(ひのひま)に水の拳や寒の明 近藤潤一
浄瑠璃の名の山寺も寒の明け 角川春樹
深山空寒明けし陽のわたりけり 飯田蛇笏 霊芝
潮やけの顴骨寒の明けにけり 塩原英子
炭乏しそのほか乏し寒明くる 及川貞 夕焼
烏にも玉子にも寒明けにけり 相生垣瓜人 明治草抄
烏賊の腸やすやす抜かれ寒明ける 鈴木智子
狐狸の色被たる野犬も寒明けし 百合山羽公 寒雁
砲丸のドスンと寒の明けにけり 沼等外(1919-)
立直す仕事寒明目処にして 松尾緑富
竹の声晶々と寒明くるべし 上田五千石 森林
約束の机も買はな寒明くる 小林景峰
紙を漉く女の業に寒明くる 長谷川かな女 雨 月
老星は鞴火に似て寒明くる 百合山羽公 寒雁
膝浅く寒明の香ぞありにけり 齋藤玄 飛雪
身はこゝに寒明の星ひた押しに 齋藤玄 飛雪
遺されて男厨房寒明けぬ 森 登
野鼠の穴ぽつかりと寒明くる 伊藤京子
階段の途中にて寒明けにけり 中尾寿美子
霜にこげし松の黄ばみや寒の明け 室生犀星 犀星発句集
馬ゆけり寒明けの創かがやかし 千代田葛彦 旅人木
鴉啼いて寒の明けたる砦石 南部憲吉

寒明 補遺 

ある家で猫に慕はれ寒明くる 秋元不死男
けものらの耳さんかくに寒明けぬ 三橋鷹女
しづしづと沈む軽石寒明くる 秋元不死男
チヨークつかむ寒明けの胴を伸ばし 橋閒石 無刻
つくばひの水方尺や寒明くる 山口青邨
にんじんを落し折る寒明けにけり 秋元不死男
わがかたちわがこゑ寒の明けにけり 岡本眸
われら一夜大いに飲めば寒明けぬ 石田波郷
烏にも玉子にも寒明けにけり 相生垣瓜人 明治草
厩の神泉の神に寒明けぬ 飯田蛇笏 霊芝
海が鳴り耳が鳴りつつ寒明くる 相生垣瓜人 明治草
蒲色の夜いく日か寒明けし 岡井省二 夏炉
寒の明け頭たたけばごぼと鳴る 佐藤鬼房
寒明くと寸の蝋燭ともすかな 角川源義
寒明くるとて垢面の一教師 木村蕪城 一位
寒明くるはだかの竹に母の顔 齋藤玄 飛雪
寒明くる渓のとどろきくもれども 飯田蛇笏 家郷の霧
寒明くる狩場のくもり月を得し 飯田蛇笏 白嶽
寒明くる身の関節のゆるやかに 三橋敏雄
寒明くる川照の横一文字 岡本眸
寒明くる繊月温室にあふがれぬ 西島麦南 人音
寒明けが喪明け未完の詩あまた 佐藤鬼房
寒明けし月ややひずむ旧山河 飯田蛇笏 春蘭
寒明けし船渠の光り眼を囚ふ 飯田蛇笏 霊芝
寒明けし童は青洟に飢ゑしらず 飯田蛇笏 山響集
寒明けて水音高き信濃かな 鈴木真砂女 都鳥
寒明けて胎内くぐりせし思ひ 鷹羽狩行
寒明けといふ言の葉はよし人の訃を 山口青邨
寒明けぬをとこの額のひろければ 三橋鷹女
寒明けぬ一軽雷も聞かずして 相生垣瓜人 明治草
寒明けぬ急がば廻ることもして 星野麥丘人 2001年
寒明けぬ牲(にえ)の若者焼く煙 西東三鬼
寒明けの臥てあやす子は胸の上 加藤秋邨
寒明けの寒さの更にくり返し 高浜年尾
寒明けの鶏に貧しき肩越され 佐藤鬼房
寒明けの妻ゆるやかに着たりけり 草間時彦 中年
寒明けの榊さやさや母葬る 山田みづえ 草譜
寒明けの山肌を剥ぎ岩きざむ 佐藤鬼房
寒明けの樹々の合掌声もなし 西東三鬼
寒明けの疏水をばしやり棒叩き 佐藤鬼房
寒明けの吊縄の縒弱り果て 三橋敏雄
寒明けの土に柚の実をふめば鳴る 飯田龍太
寒明けの頭をからつぽにして歩く 鷹羽狩行
寒明けの日ざし返してにはたづみ 鷹羽狩行
寒明けの日光溶くる温泉の澄み 飯田蛇笏 家郷の霧
寒明けの日射に鶏のはゞたきぬ 上村占魚 鮎
寒明けの風吹きわたる深山空 飯田蛇笏
寒明けの幣の浸りし泉かな 飯田蛇笏 山廬集
寒明けの由々しかりける訃報かな 岸田稚魚
寒明けの雷やひびける臍どころ 森澄雄
寒明けば七十の賀が走り寄る 阿波野青畝
寒明けや畦の木が呼ぶ峠の木 鷹羽狩行
寒明けや突当たりたる女の香 岸田稚魚
寒明けや母が使ひし銀煙管 森澄雄
寒明けや欅の全枝天に生き 相馬遷子 雪嶺
寒明ける涙ぐむ目の牝鹿立ち 秋元不死男
寒明け土掘るにときどき口にとび来る土 中川一碧樓
寒明のいさぎよき雨海を覆ふ 松村蒼石 雪
寒明のはげしき雨や藪光り 山口青邨
寒明の机の先の葉蘭むら 岡井省二 有時
寒明の月のひそむや真竹原 鷲谷七菜子 游影
寒明の酒に乾魚尖りけり 百合山羽公 樂土
寒明の厨に吊す独子蒜(ひとつびる) 雨滴集 星野麥丘人
寒明の星なり光つなぎあひ 百合山羽公 寒雁
寒明の雪海道に少し降る 百合山羽公 寒雁
寒明の天婦羅揚げてゐたりけり 鈴木真砂女
寒明の日のふりそそぐものはや古び 山口青邨
寒明の濡るる棚田に渓の音 飯田蛇笏 家郷の霧
寒明の没日ひそかにかろくなる 松村蒼石 雁
寒明の翡翠とべり湖の上 岡井省二 夏炉
寒明の靄を引きたる空の中 岡井省二 山色
寒明やもりに突きたる鯉を煮て 百合山羽公 故園
寒明や雨が濡らせる小松原 安住敦
寒明や味噌をよろこぶ蒟蒻も 藤田湘子 てんてん
暁紅に寒明けて寒新たなり 相馬遷子 山河
見上げゐる遺影の笑みや寒明くる 森澄雄
狐狸の色被たる野犬も寒明けし 百合山羽公 寒雁
姿なく寒明けの地を馳け過ぎし 西東三鬼
朱のポピー朱のバラ瓶に寒明くる 山口青邨
深山空寒明けし陽のわたりけり 飯田蛇笏 霊芝
身はこゝに寒明の星ひた押しに 齋藤玄 飛雪
人の子に美醜はありて寒明けぬ 三橋鷹女
吹き晴れし空の青さよ寒明けぬ 星野立子
石橋のもとより厚き寒の明け 鷹羽狩行
雪なきは青銅の山寒明くる 百合山羽公 樂土
川波の手がひらひらと寒明くる 飯田蛇笏 雪峡
船かずを水脈でかぞへて寒の明け 鷹羽狩行
炭乏しそのほか乏し寒明くる 及川貞 夕焼
竹の声晶々と寒明くるべし 上田五千石 森林
茶山よりけふ寒明けの群雀 森澄雄
昼酒のから口にして寒の明け 星野麥丘人
鉄塔も日も寒明の野の力 飯田蛇笏 家郷の霧
棟上げの棟に寒明さしかかる 平畑静塔
豆を炒り蜆を磨き寒明くる 百合山羽公 樂土
晩凄を好みし寒の明くるなり 相生垣瓜人 明治草
膝浅く寒明の香ぞありにけり 齋藤玄 飛雪
風つよく野の明るさは寒の罰 飯田蛇笏 家郷の霧
放下する雪も僅かに寒明くる 百合山羽公 寒雁
妙齢の寒明けのこゑたしかなり 森澄雄
木の影が土よりうかび寒の明 鷲谷七菜子 天鼓
目礼のあとしみじみと寒の明 鷲谷七菜子 一盞
遊塵や凝塵や寒明けむとす 相生垣瓜人 明治草
洋蘭は目よりも高く寒明けぬ 百合山羽公 樂土以後
老星は鞴火に似て寒明くる 百合山羽公 寒雁
舳を並めし河港の月に寒明くる 飯田蛇笏 白嶽

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:56 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

多喜二忌 の俳句

多喜二忌 の俳句

多喜二忌

例句を挙げる。


かなしげな犬の眼に逢ひ多喜二の忌 河野南畦 湖の森
ごぼりごぼりと今もこの川多喜二の忌 原田喬
てのひらで豆腐切らるる多喜二の忌 関谷雁夫
ふつつりと海の暮れたる多喜二の忌 成田智世子
もり塩に人の世灯る多喜二の忌 佃藤尾
スコップに雪の切れ味多喜二の忌 辻田克巳
タラバ蟹足括られて多喜二の忌 村井杜子
バラバラのパックの蟹買ふ多喜二の忌 斎藤由美j
傷ぐるみ漉されしおもひ多喜二の忌 栗林千津
口シヤより蟹船の着く多喜二の忌 吉田君子
吹かれゐて髪が目を刺す多喜二の忌 角谷昌子
咽ぶごと雑木萌えおり多喜二忌以後 赤城さかえ
多喜二忌のあをぞらのまま夜の樅 大坪重治
多喜二忌の全灯点る魚市場 木村敏男
多喜二忌の埠頭に刺さる波の先 源 鬼彦
多喜二忌の夜空に白き飛行船 板谷芳浄
多喜二忌の崖に野鳥の骨刺さり 友岡子郷 遠方
多喜二忌の市電に走り追ひつくも 本多静江
多喜二忌の干して軍手に左右なし 長岐靖朗
多喜二忌の星大粒に海の上 菖蒲あや
多喜二忌の毛蟹抛られ糶られけり 菖蒲あや あ や
多喜二忌の海真つ青に目覚めけり 木村敏男
多喜二忌の海鼠腸抜かれをりにけり 矢代克康
多喜二忌の焼いても口を割らぬ貝 飯田あさ江
多喜二忌の稿更けわたる廻套(まわし)かぶり 赤城さかえ
多喜二忌の肉食の眼のひかるなり 谷山花猿
多喜二忌の魚は海へ向けて干す 大牧 広
多喜二忌やまだある築地警察署 三橋敏雄
多喜二忌やベストの釦掛け違ふ 二宮一知
多喜二忌や地に嫋嫋と濡れわかめ 大木あまり 山の夢
多喜二忌や工衣の襟のすりきれし 福地 豊
多喜二忌や焦げ目のつかぬ炊飯器 五十嵐修
多喜二忌や発禁の書を読み返し 遠藤若狭男
多喜二忌や糸きりきりとハムの腕 秋元不死男
多喜二忌や糸きり~とハムの腕 秋元不死男
多喜二忌や赤き実残る防雪林 佐々木茂
多喜二忌や鈍色の浪くづれたる 大竹多可志
夫若く故郷出でし日多喜二の忌 石田あき子 見舞籠
指で裂く鰯の腹や多喜二の忌 生江通子
比内鶏噛みしめている多喜二の忌 有賀元子
汽罐車の目鼻の雪や多喜二の忌 平井さち子 完流
沖どめの船が水吐く多喜二の忌 原田青児
洗ふ皿くきくきと鳴く多喜二の忌 岡部いさむ
海に降る雨横なぐり多喜二の忌 吉田ひろし
煙草火を借りて離任す多喜二の忌 国枝隆生
爪深くインク浸みをり多喜二の忌 鈴木智子
石斧のごとき残雪多喜二の忌 関口謙太
紅梅の夜空がそこに多喜二の忌 原田喬
蟹に指挟まれ多喜二忌の渚 石井里風
蟹缶の赤きラベルや多喜二の忌 有田 文
躍りゆく水の分厚さ多喜二の忌 佐々木幸
錐揉んでてのひら熱き多喜二の忌 伊藤柳香
音のして飯炊けてくる多喜二の忌 森田智子
饅頭に焼ごてを当て多喜二の忌 久保田千

多喜二忌 補遺

焔のいろの二月茂吉忌多喜二の忌 飯田龍太
蟹の爪もて肉そぎぬ多喜二の忌 阿波野青畝
節穴の灯のひとしづく多喜二の忌 鷹羽狩行
多喜二忌やまだ在る築地警察署 三橋敏雄
多喜二忌や糸きりきりとハムの腕 秋元不死男
多喜二忌や流木になほ枝と皮 鷹羽狩行
六十路へ雪舞い旦凍り多喜二忌ヘ 古沢太穂 捲かるる鴎以後

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:25 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

君子蘭 の俳句

君子蘭 の俳句

君子蘭

例句を挙げる。

おかあさんどいてと君子蘭通る 池田澄子(1936-)
君子蘭の花芽の立ちて長者めく 詫摩まつ子 『卒寿』
君子蘭の鉢を抱へる力なし 阿部みどり女 月下美人
君子蘭八方に顔向けており 大関美代子
君子蘭咲きしやと訪ふ咲きゐたり 野村久雄
君子蘭咲きしよろこび未明なれど 加倉井秋を
君子蘭咲く老医師の診療所 淡海みゆき
君子蘭咲く駈引の何もなし 田中午次郎
君子蘭客の一人が豹変す 島津城子
君子蘭整理のつかぬ文机 北さとり
君子蘭烈火のごとし君の門 田川飛旅子
君子蘭蟻頭をふりて頂に 加藤楸邨
君子蘭部屋に日向と日陰あり 池田澄子
唇を許すごとくに君子蘭 松山足羽
壁炉焚く診療室の君子蘭 佐々木あきら
朱の色に好き嫌ひあり君子蘭 稲畑汀子
楽しくも憂き家計簿や君子蘭 小野口正江
横笛を袋にしまふ君子蘭 伊藤敬子
知らぬ間に花や遺愛の君子蘭 岡路美知子
端然と襟を正して君子蘭 富安風生
自動ドア過敏にあくや君子蘭 星野恒彦
退院のごとく君子蘭わが傍に 阿部みどり女
遣る水をじはっと吸へり君子蘭 高澤良一 さざなみやつこ
骨壺の父へ咲き合ひ君子蘭 鍵和田[ゆう]子 浮標

君子蘭 補遺 

明日受賞花芽の伸びし君子蘭 松崎鉄之介
節子亡し朱に燃えそむる君子蘭 松崎鉄之介
高野より帰りて部屋の君子蘭 松崎鉄之介
君子蘭花芽をほのと雪の夜 松崎鉄之介

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:20 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

四十雀 の俳句

四十雀 の俳句

四十雀

例句を挙げる。


いつ見ても二羽で来てをり四十雀 船坂ちか子
かつ散らす庭の紅葉や四十雀 紅葉 正岡子規
さへづりは夜明け一番四十雀 関正夫
はらはらと飛ぶや紅葉の四十雀 紅葉 正岡子規
ひとしきり四十雀聞く朝ぼらけ 小峯雅子
むづかしやどれが四十雀五十雀 小林一茶
ゆくこころ帰るこころの四十雀 平井照敏
ベレー帽のせて渡らす四十雀 和知喜八 同齢
今朝殊によく囀れり四十雀 谷寿枝
初声の雀の中の四十雀 青柳志解樹
四十雀すとん~とつゞけざま 田村木国
四十雀つれわたりつゝなきにけり 原石鼎
四十雀のつむりの紺や深山晴 加藤青圃
四十雀のつれ渡りつゝ鳴きにけり 原石鼎
四十雀の数来る庭の雀かな 大谷句佛 我は我
四十雀一つの芸を繰り返し 浜川 穂仙
四十雀二羽をり露の枝伝ひ 鈴木しげを
四十雀五十雀よくシヤベル哉 尾崎放哉
四十雀家にかへれば耳掃除 佐伯清翠
四十雀庭に来ていし夜明けかな 吉田季生
四十雀庭木に独りもの言へば 石川桂郎 四温
四十雀来るのみの松や花の雨 碧雲居句集 大谷碧雲居
四十雀来啼きもみぢのふた枝ゆる 木津柳芽 白鷺抄
四十雀松ほがらなる二月かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
四十雀松をこぼるる一精舎 木村蕪城
四十雀瀬音にまぎれまぎれざる 相馬遷子 山河
四十雀絵より小さく来たりけり 中西夕紀「さねさし」
四十雀続く三日の旅の声 村上辰良
四十雀群れをり墓地を買ひ置かむ 石田波郷
四十雀道をよぎりて移りけり 比叡 野村泊月
四十雀銀の笛吹く山日和 大塚宏江
四十雀驟雨をついて餌をはこぶ 花木黎子
団子に柄つけし形に四十雀 高澤良一 暮津
媛宮の巣箱に入りし四十雀 小林篤子
少年の影克明に四十雀 飯田龍太
少年の影刻明に四十雀 飯田龍太「麓の人」
山の杉は暗く愚直に四十雀 森澄雄「花眼」
山晴るることに高鳴き四十雀 岡田日郎
山晴るる日は呼び合ひて四十雀 中島畦雨「山の子」
山頂の一樹占め鳴く四十雀 清水 山彦
得し虫を嘴にたのしも四十雀 大島三平
悲しけれ網はずしつつ四十雀 星野立子
手をあげし人にこぼるゝ四十雀 高浜虚子
掃き終へし庭に来てをり四十雀 柏原眠雨
日枝氷川紅葉に早し四十雀 籾山梓月
早梅や暮れてもきたる四十雀 水原秋桜子
暫くは四十雀来てなつかしき 高浜虚子
曲水や諷詠に入る四十雀 碧雲居句集 大谷碧雲居
来はじめて雨の日も来る四十雀 佐久間潺々
松かさのかさりと落ちぬ四十雀 村上鬼城
松過ぎの一番乗や四十雀 村上 麗人
林中にこゑ透きとほり四十雀 谷島ふみ
柊の花のこぼれや四十雀 浪化
柊は冬まつ花そ四十雀 浪化
桑の土ほこほこゆるみ四十雀 和地清
梅林や何匹となく四十雀 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
榛の芽に毎日鳴くよ四十雀 木の芽 正岡子規
水楢の霧氷を散らし四十雀 小松崎爽青
沙汰なしに渡りてゐるか四十雀 田上尼 俳諧撰集玉藻集
洟水もをさまり四十雀が啼く 臼田亞浪 定本亜浪句集
涼しさは子育てすみし四十雀 矢島渚男 天衣
湧水の光ちらして四十雀 芝山吉宣
牛が食いすすみおり飛ぶ四十雀 和知喜八 同齢
牧場の木々を飛び鳴き四十雀 鵜飼登美子
目覚めれば黄泉の世ならず四十雀 鈴木鴻夫
確信はなけれどそれは四十雀 高澤良一 暮津
神苑の樹に巣立ちたる四十雀 鈴木幸市
秋耕の畔木に啼きて四十雀 石原舟月 山鵲
索道に迫る岩壁四十雀 小川斉東語
組紐の何見せ合ふや四十雀 飴山實 『次の花』
群れ落ちて来し前山の四十雀 高濱年尾 年尾句集
老いの名のありとも知らで四十雀 芭蕉「許六宛書簡」
老の名のありともしらで四十雀 芭蕉
老の名のありとも知らで四十雀 松尾芭蕉
色変へぬ松樅檜四十雀 福永耕二
芝舞台日雀山雀四十雀 星野紗一
花供養の行列囃す四十雀 茂里正治
苔乾ぶ巌掴み翔つ四十雀 石塚友二
若楓揺りつつ鳴くは四十雀 水原秋櫻子
落葉松の高枝声張り四十雀 水野 博子
蘇枋の実からぶる風の四十雀 石原舟月 山鵲
赤松の山の秋の日四十雀 岡井省二
追ひすがり追ひすがり来て四十雀 石田波郷
遠き日のやうにひねもす四十雀 小林 むつ子
雨上るらし波郷忌の四十雀 八木林之介 青霞集
雪吊の縄より縄へ四十雀 森田 愛子
雪晴や愚痴かろやかに四十雀 阿部ひろし
霜枯の湧水ちちと四十雀 深見けん二 日月
飛島川夕日をながし四十雀 吉向宗心
餌の加減して四十雀よく鳴かす 塚谷サカエ
鳴き交はす檜山杉山四十雀 根岸善雄
鳴き合うてゐるは巣立ちの四十雀 青柳志解樹

四十雀 補遺 

かつ散らす庭の紅葉や四十雀 正岡子規 紅葉
だん~に見上ぐる枝の四十雀 高野素十
はらはらと飛ぶや紅葉の四十雀 正岡子規 紅葉
ゆくこころ帰るこころの四十雀 平井照敏
黄塵や垣くぐり来る四十雀 水原秋櫻子 殉教
眼を張つて雪の上とぶ四十雀 飯田龍太
菊に日の短かく四十雀は去り 右城暮石 句集外 昭和十五年
群れ落ちて来し前山の四十雀 高浜年尾
見上げたる梅の梢に四十雀 山口青邨
枯山一角ねむげに日ざす四十雀 森澄雄
山の杉は暗く愚直に四十雀 森澄雄
四十雀つれわたりつゝなきにけり 原石鼎 花影
四十雀むかごがひとつこぼれけり 加藤秋邨
四十雀去るや暮れゆく壺の口 加藤秋邨
四十雀群れをり墓地を買ひ置かむ 石田波郷
四十雀五十雀よくシヤベル哉 尾崎放哉 大学時代
四十雀瀬音にまぎれまぎれざる 相馬遷子 山河
四十雀庭に遊べり句評会 山口青邨
四十雀庭木に独りもの言へば 石川桂郎 四温
四十雀二羽の一羽や目がしたがふ 加藤秋邨
四十雀氷柱に影をして遊ぶ 右城暮石 句集外 昭和九年
四十雀来てをり鉱山人ここに住み 山口青邨
蛇笏忌の楓に陸ぶ四十雀 廣瀬直人
若楓揺りつつ鳴くは四十雀 水原秋櫻子 古鏡
少年の影克明に四十雀 飯田龍太
床ばなれよき日の目白四十雀 鷹羽狩行
寝て覚めて風のまぎれの四十雀 加藤秋邨
榛の芽に毎日鳴くよ四十雀 正岡子規 木の芽
青天が雹とこぼしぬ四十雀 加藤秋邨
石塔の笠に千囀四十雀 山口青邨
赤松の雲迅し四十雀移る 橋閒石
赤松の山の秋の日四十雀 岡井省二 山色
組紐の何見せ合ふや四十雀 飴山實
早梅や暮れてもきたる四十雀 水原秋櫻子 殉教
潮寄するごと四十雀木の間ゆく 高浜年尾
町空のここら葉隠れ四十雀 上田五千石『琥珀』補遺
渡り来て冬木蹴去りぬ四十雀 石塚友二 磊[カイ]集
入院車待てばはや来て四十雀 石田波郷
病廊に道しるべあり四十雀 石田波郷
放ち飼ひさながら庭の四十雀 鷹羽狩行
木の瘤の眠りをつつき四十雀 鷹羽狩行
木莵引や落葉と降りし四十雀 水原秋櫻子 旅愁
連れ鳴きの声こぼしをる四十雀 上村占魚
洟水もをさまり四十雀が啼く 臼田亜郎 定本亜浪句集
蟇の卵にりんりんと四十雀 飯田龍太

四十雀 続補遺 

さたなしに渡りて居るか四十雀 田上尼
そぼぬれて菊の匂ひや四十雀 木因
どこに鳴どこに花野ゝ四十雀 土芳
帰るとて梅に一夜や四十雀 支考
四十雀さよの中山五十がら 其角
四十雀地に囀るや麦の節 浪化
先来たと竹にしらせて四十雀 浪化
白菊やはれたる空に四十雀 木導
柊の花のこぼれや四十雀 浪化
柊は冬まつ花ぞ四十雀 浪化
木にちらり竹にもちらり四十雀 使帆
立松に来てもさはるや四十雀 鈴木道彦
寐所をたづねて嬉し四十雀 支考

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:17 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

眼白 の俳句

眼白 の俳句

眼白

例句を挙げる。


あけたてをたしかめて買ふ目白籠 正木ゆう子 静かな水
いそがしく目白花訪ひ寒櫻 八木林之介 青霞集
いちどきに目白のこゑのふえてをり 伊藤敬子
いまはただ眼白の鳴ける霧の木々 水原秋桜子
うこぎ摘む雑木林に目白ゐて 長沢ふさ
こぼれ飛ぶ目白に朝日ゆたかなり 丹羽 啓子
さざなみの色を四隣に目白鳴く 永島転石
すうと出た桜の枝に目白哉 桜 正岡子規
ひさかきの花に眼白の巣引かな 大場白水郎 散木集
へうときてへうといにたる目白哉 会津八一
バッハ聴く大人に目白の飛びこみし 宇佐美魚目 天地存問
マネキンを目白へ運び冬霞 山本鬼之助
一寸留守目白落しに行かれけん 高浜虚子
一寸留守眼白落しに行かれけん 高浜虚子
一点の黄色は目白赤椿
一羽見えてより枯枝の眼白たち 野澤節子 遠い橋
一色に目白囀る木の芽かな 浪化
一茶忌や柿より小さき目白来て 小東泰子
一通り見せ呉れ目白の軽業芸 高澤良一 素抱
三井寺の門にかけたり眼白籠 松瀬青々
二日目も戻つてをらず目白捕 茨木和生 倭
今朝も鳴きに目白が来たよ背戸の梅 寺田寅彦
佗人や眼白落しに誘はれ 尾崎迷堂 孤輪
傾けて目白の眼鏡ははの眼鏡 鳥居おさむ
凜として雲の中から目白かな 井上秋魚
凧次第にふえぬ目白台 阿部みどり女
初めての目白風より軽く来る 宗康子(対岸)
匍匐せる木を出て海へ眼白飛ぶ 茨木和生 遠つ川
南天の實をこぼしたる目白かな 南天の実 正岡子規
口笛に答へ目白の高音来る 満田玲子
呉羽山晴れて眼白の枝移り 青木和枝
団欒の灯を遠く住み目白飼う やしま季晴
固くなる目白の糞や冬近し 室生犀星 魚眠洞發句集
垣伝ふ眼白が一羽とは妙な 高澤良一 暮津
墓山に眼白啼く日を帰郷せり 宮岡 計次
夕凍みや目白のひそむ裏の畑 飴山實 辛酉小雪
大樹より囮へ目白群れこぼれ 青木路春
寒ざくら目白の群の舞ひ戻り 細川加賀 生身魂
寝食を持ち船でして目白捕 茨木和生 往馬
山の畑独りで守りて目白飼ふ 高橋利雄
山火事に追はれし目白拾ひけり 原田清正
川は名を替えて目白に別れたり 川名つぎお
巣立待つ目白餌台に今朝も来る 小寺健一
掠めゆく眼白続いてもう一羽 高澤良一 石鏡
放蕩のをんななりしが目白飼ふ 前山松花
放課後の居残りの子に目白鳴く 太田まさ子
日だまりの熟柿に来るやみな眼白 大峯あきら 宇宙塵
日向ぼこ眼白とる子を妨げそ 大橋櫻坡子 雨月
春暁の雀の中の目白かな 増田龍雨 龍雨句集
暮れ遅き空に倦みたり目白刺し 千代田葛彦 旅人木
朝の樹々眼白のこゑの降るごとし 根岸善雄
木暗がりながらたしかに眼白とぶ 鷲谷七菜子
木隱れて目白の覗く雀かな 目白 正岡子規
杉垣に眼白飼ふ家を覗きけり 寺田寅彦
来たぞ来たぞいつもの目白が蜜吸いに 高橋正子
松山に目白聴きゐる快楽かな 森田公司
枝こぼれ枝群れ移る目白かな 麓晨平
枝の目白籠の目白を見舞ひけり 巌谷小波
枝ゆらす目白が十羽猫の不思議 さかすみこ
桑の葉のよく散る日なり目白追ふ 内田わかな
梅に来て松にあふれし目白かな 木津柳芽
梅汚れ番の目白来ずなりぬ 高澤良一 宿好
梅白し目白は鳴かぬ禽ならね 林原耒井 蜩
梢より目白の囀り宇佐神社 滝沢伊代次
武蔵野の欅高枝に目白鳴く 輿石眞一
波除の内なる軒や目白籠 中山世一
深山川氷りて目白歩きをり 大峯あきら 鳥道
炭火かぎろふまひる目白の声しげき 金尾梅の門 古志の歌
目の合ふや抱卵目白目をそらす 長谷川草洲
目を止めし目白の側に目白ゐて 高澤良一 さざなみやつこ
目一杯鳴いて目白の飼はれけり 隈崎了仙
目白きき日曜の朝は床にゐむ 加藤楸郁
目白にもをされぬ鶸の羽色哉 重頼
目白の巣我一人知る他に告げず 松本たかし(1906-56)
目白の渡りきつたる橋二つ 古川塔子
目白まだ来ず水甕に水満たす 鈴木世記
目白よりさへづり品川かじりつゝ 加藤郁乎 出イクヤ記
目白らが逃げないやうに眼で応ふ 高澤良一 燕音
目白五羽捕りて杣の子餓鬼大将 三浦妃代 『花野に佇つ』
目白啼く日向に妻と坐りたり 臼田亜浪 旅人
目白折々椿の露を吸ひに来る 寺田寅彦
目白捕る黐をコッコッ叩きをり 高澤良一 さざなみやつこ
目白捕言葉も卑しからざりし 茨木和生 往馬
目白来ているしずかな鼓動たいせつに 中島伊都
目白来てゆする椿の玉雫 松本たかし
目白来て狭庭の朝のはじまりぬ 大野雑草子
目白来て鳴くや御朱印あと一寺 守わこ(童子)
目白来る夫の大声たしなめて 萩原 英子
目白来る時間紅茶を二人ぶん 長谷川晴子
目白籠吊せばしなふ冬木かな 室生犀星 魚眠洞發句集
目白籠遠汐騒に揺れやまず 大熊輝一 土の香
目白籠鳴き揺れ樹下の太極拳 奈良文夫(萬緑)
目白翔ち目にも止まらぬ一を引く 高澤良一 素抱
目白頬白赤腹小雀上野駅 攝津幸彦 未刊句集
目白飼ひ水仙つくり寺の寮 田中冬二 行人
目白飼ふ事を日課に病快く 大隈 米陽
目白鳴くあなたが遠い日曜日 隈元拓夫
目白鳴く厠つづきの家の中 飯田龍太
目白鳴く日向に妻と坐りたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
目白鳴く磧つづきの家の中 飯田龍太
目白鳴く空ら枝に雪はあらざりき 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
目白龍吊せばしなふ冬木かな 室生犀星
目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮 照敏
眼白捕入れてしづもる雑木山 白井 爽風
眼白来て庭の春秋はじまりし 稲畑汀子
眼白来て庭の楽しさ音となる 斎藤翠
眼白籠恵那晴るゝ日は簷に吊る 水谷晴光
眼白頬白一つ籠なる冬日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
眼白鳴くと見れば垣の眼白籠 目白 正岡子規
眼白鳴く此里下りのお乳の人 目白 正岡子規
眼白鳴く磧つづきの家の中 飯田龍太
着ぶくれて目白去りたるあとに座す 大石雄鬼
睡魔来る眼白のいつも来る時間 山田弘子 螢川
竹山や目白が啼いて寒うなる 太田鴻村 穂国
笹子来と云へば目白と正さるる 高澤良一 ねずみのこまくら
籠の目白朝日散らしてゐたりけり 八木九鬼
籠目白身近な月に落ちつかぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
紅葉して目白のうたも寂びにけり 篠田悌二郎
納棺をせし祭壇に目白籠 茨木和生 倭
索道の荷のうち目白囮籠 鷹羽 狩行
綿棒の水を貰へる目白の子 原田保江(運河)
群れてゐて目白鳴くでもなき日差 中山 允晴
胃しくしく目白音立てず遊びをり 林原耒井 蜩
花に来る眼白見えつつ授業かな 木村蕪城 寒泉
花の中雀目白とこぼれ出づ 田中英子
花の山騒がしにくる目白かな 高澤良一 素抱
草むらや目白だまつて飛びうつる 目白 正岡子規
藪の中寒椿さき目白なき 田中冬二 俳句拾遺
蜜を吸ふ眼白天地を逆しまに 八島あきの
見えかくれ居て花こぼす目白かな 富安風生
見えがてに目白の籠や年の梅 依光陽子
誰やらが口まねすれば目白鳴く 目白 正岡子規
豆柿の数より眼白多きかな 木南青椒
逆しまに止まる目白を目白見て 高澤良一 さざなみやつこ
連れ立ちて去りし目白の恵方かな 永峰久比古
金銅の持仏を船に目白捕 茨木和生 往馬
鏡中の目白身を寄せ出勤せり 宮崎二健
陶工の往き来の径や眼白籠 高木良多
雨あとの紺屋と話す目白のこと 飯島晴子
雨晴れは声よく透る目白かな 米澤 徳子
雪嶺は天の奥なり目白籠 宇佐美魚目
領巾振山に目白増えたり沖つ波 斉藤夏風
風呂敷の角張るをもつ目白捕り 梶島邦子
鳥はらはらどれが目白やら頬赤やら 色鳥 正岡子規
鳥はらはらどれが頬赤やら目白やら 色鳥 正岡子規
鶯となりには見せてめ次郎かな 目白 正岡子規
鶯のうたゝ眼白の眼を妬む 鶯 正岡子規
鶯を目白を飼うて冬木宿 青木重行

眼白 補遺 

すうと出た桜の枝に目白哉 正岡子規 桜
雨あとの紺屋と話す目白のこと 飯島晴子
花に来る眼白見えつつ授業かな 木村蕪城 寒泉
花の山目白わたりて袖擦りて 岡井省二 鯛の鯛
寒木に目白寄せたり鳥供養 石塚友二 玉縄抄
眼白鳴くと見れば垣の眼白籠 正岡子規 目白
眼白鳴く此里下りのお乳の人 正岡子規目白
眼白鳴く柚子まだ固き梢のなか 飯田龍太
眼白鳴く磧つづきの家の中 飯田龍太
眼白来てひらりひらりと熟柿食ふ 右城暮石 散歩圏
眼白来て庭の春秋はじまりし 稲畑汀子
眼白落しに行く冬山の裏表 右城暮石 句集外 昭和三年
眼白籠抱いて裏山ありきけり 内藤鳴雪
岩山の北風青し目白捕り 西東三鬼
危きに遊ぶ眼白の羽づかひ 飯田龍太
見えがくれ居て花こぼす目白かな 富安風生
索道の荷のうち目白囮籠 鷹羽狩行
死の直後目白の籠を浸す河口 橋閒石
春蘭と目白群れをり弘川寺 岡井省二 猩々
草むらや目白だまつて飛びうつる 正岡子規 目白
誰やらが口まねすれば目白鳴く 正岡子規 目白
潮騒や石廊の目白高音張る 山口青邨
鳥はらはらどれが頬赤やら目白やら 正岡子規 色鳥
鳥はらはらどれが目白やら頬赤やら 正岡子規 色鳥
南天の實をこぼしたる目白かな 正岡子規 南天の実
梅もどき赤くて機嫌のよい目白頬白 種田山頭火 草木塔
梅白く遊ぶは目白鴬に非ず 山口青邨
風呂敷に目白籠提げ目白捕り 山口誓子
墓地行きて目白殺生せるに逢ふ 山口誓子
木隱れて目白の覗く雀かな 正岡子規 目白
目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮 平井照敏
目白の巣我一人知る他に告げず 松本たかし
目白死して西海の波白きのみ 永田耕衣
目白死す目白の聲に覆はれて 永田耕衣
目白追ふ鵯憎々し百干鳥 阿波野青畝
目白鳴く日向に妻と坐りたり 臼田亜郎 定本亜浪句集
目白来てゆする椿の玉雫 松本たかし
目白来よ来よと招きて椿百 阿波野青畝
目白啼く日向に妻と坐りたり 臼田亜浪 旅人 抄
目冥加や目白が梅と囁くは 石塚友二 磊[カイ]集
悶死せり籠の目白の匂はずに 永田耕衣
夕凍みや目白のひそむ裏の畑 飴山實
昃れば籠の目白のせはしなや 山田みづえ 手甲
籠目白みどり寄せあひ冬山家 中村草田男
蜻蛉の滝みちに目白合せかな 岡井省二 山色
鶯となりには見せてめ次郎かな 正岡子規 目白
鶯のうたゝ眼白の眼を妬む 正岡子規 鶯
鵯を上枝目白を下枝さくら咲く 大野林火 方円集 昭和五十一年

眼白 続補遺 

あやめふけ目白の不二の暮ぬうち 松窓乙二
一色に目白囀ル木の芽かな 浪化
押まげてじゆくしに懸る目白哉 諷竹
押合て目白のあたる火燵かな 木導
押合に目白も秋を渡りけり 三宅嘯山
鴬の一つはきるゝ目白かな 釣壺
家をあけて花は小武士の目白哉 百里
花咲て目白の旅や廿日ほど 浪化
客笑ひ目白つゝやく山家哉 尚白
草餅にわたる目白の羽の尺 野紅

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:14 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

梅見 の俳句

梅見 の俳句

梅見

例句を挙げる。

ことしもまた梅見て桜藤紅葉 井原西鶴
さむしろを畠に敷て梅見かな 蕪村
さらさらと衣を鳴らして梅見哉 夏目漱石 明治三十二年
はこべらに梅見の酒をこぼしたり 河合佳代子
ふところにサンドウィッチの梅見かな 野村喜舟 小石川
また今年けはしくなりぬ梅見坂 原 柯城
めッきりと園主老いたる梅見かな 久保田万太郎 流寓抄
入口があれば出口のなき梅見 岡田史乃
六阿弥陀梅見つゝ道はかどらず 佐久間龍花
出直しの死を選ぶべし梅見頃 佐藤鬼房 朝の日
厭な戦争に生きのびて来た妻とは二度の梅見 橋本夢道 無禮なる妻抄
吉野なる山ふところの梅見かな 大石悦子 群萌
境内の刈芝を踏む梅見かな 河東碧梧桐
墓参了へ梅見の酒を妻もすこし 奈良文夫
大ポット据ゑて梅見の一家族 八幡より子
寝正月さめてふと思ふ梅見月 原石鼎 花影以後
小寒き日つづき~て梅見月 原石鼎 花影以後
山城の風まだ寒き梅見かな 津田仙子
山裾に梅見て足を休めけり 雑草 長谷川零餘子
年寄のうつけ涙や梅見酒 青木重行
庭の梅よりはじまりし梅見かな 深見けん二 日月
影踏まぬ弟子ら眉濃き梅見翁 林翔
御秘蔵に墨をすらせて梅見哉 榎本其角
日の当る床几をえらび梅見茶屋 山田光子
早まりし梅見の案内悔まれて 浅井青陽子
晴れさうでまた雨こぼれ梅見橋 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
梅見つつ渓の氷に到りけり 木津柳芽 白鷺抄
梅見ての余生などとはとんでもない 高澤良一 宿好
梅見とて家を出て来しことたのし 細見綾子
梅見にゆく小トンネルの闇を抜け 津田清子 礼 拝
梅見ばや竹の細枝鶴の脛 中勘助
梅見婆はしよれる裾の派手模様 星野立子
梅見客熱海の見番うち過ぎて 高澤良一 随笑
梅見時過ぎれば過疎の宮となり 高木 織衣
梅見舟涼炉煽りて散る火かな 野村喜舟 小石川
梅見茶屋俄か仕立であることも 藤木呂九艸
梅見酒をんなも酔うてしまひけり 大石悦子 群萌
歌舞伎座の半纏を着て梅見客 前田普羅
気のはらぬ入相(いりあひ)聞きて梅見かな 斯波園女
水戸納豆よく売れてゐる梅見かな 山田案山子
涸川や渡らで遠き梅見人 雑草 長谷川零餘子
淡白や金縷梅見にゆく山住まい 森下草城子
漁村から岬へのぼる梅見かな 野村喜舟 小石川
石仏の傾き野梅見るまなざし 長谷川かな女 花 季
紅白の梅見えてくる氷かな 岸田稚魚 『雪涅槃』
結局はおもひおもひの梅見かな 近藤史子
耳遠の人と梅見の山歩き 藤田あけ烏 赤松
良く吠ゆる犬に梅見の人行来 奥田 草秋
葭小屋に声かけてゆく梅見かな 山本洋子
谿々に梅見ざるこそ恨みなれ 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
道服と吾妻コートの梅見哉 夏目漱石 明治三十二年
里芋を芋刺し梅見団子かな 矢島渚男 延年
野の人となる一本の野梅見て 手塚美佐 昔の香 以後
野梅見る谷間の石を一つづつ 関森勝夫
鉄斎の齢に及ばず 梅見の歩 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
青ぞらのいつみえそめし梅見かな 久保田万太郎 草の丈
青空のいつみえそめし梅見かな 久保田万太郎
風すこし出できぬ梅見切り上げむ 高澤良一 さざなみやっこ
飛石の高さを足して梅見客 高澤良一 素抱
髪乱す梅見の風の強かりし 町春草
鳶鳴いて鎌倉山の梅見頃 武原はん
観梅におもむく一団前を行く 高澤良一 素抱
観梅のわれのみマント翻へしゆく 岡本圭岳
観梅の常陸の雪に泊てにけり 西島麦南 人音
観梅の舟に持ち込む手炉いくつ 西山泊雲 泊雲句集
観梅は日のある内に巨福山 高澤良一 素抱
観梅や「匂い十里」の昔よし 丘本風彦
観梅やよく日の当る谷の中 渋沢渋亭
観梅や地図に名もなき川耀ふ 松本三千夫
観梅や富貴に勝る共白髪 川村紫陽
観梅や小川の涸れを見などして 藤田あけ烏 赤松
梅を見て廻る歩幅となりゐたり 高澤良一 さざなみやつこ
通りすがりの人の云へる
癌といふ爆弾抱え谷戸梅見 高澤良一 石鏡
梅を見に人出ぬうちの瑞泉寺 高澤良一 暮津

梅見 補遺 

あてのなき梅見の空の淡くして 細見綾子
いたはしや梅見て人の泣き給ふ 正岡子規 梅
お梅見の白粉厚き寒さかな 正岡子規 梅
ときに肩寄せ 小雨梅見は傘ささない 伊丹三樹彦
とりわけて女人の機嫌 梅見筵 伊丹三樹彦
よく晴れて梅見の日和とはなりぬ 細見綾子
或る日ある時梅見するとて家を出し 細見綾子
遺骨いづこ梅見るわれの骨はここに 中村草田男
一畦に梅見る人のかたまりぬ 藤田湘子
懐中に 耳鼻科診療券 梅見 伊丹三樹彦
海苔干した村を過ぎ行く梅見哉 正岡子規 梅
観梅の常陸の雪に泊てにけり 西島麦南 人音
紅白の梅見えてくる氷かな 岸田稚魚
行春の梅見といふも羽にあれば 高浜年尾
今日は梅見とて吾が身にも話しかけ 細見綾子
四隣より掘り捨つる藪や梅見えて 河東碧梧桐
拾ひもののごとき梅見の日和かな 細見綾子
出直しの死を選ぶべし梅見頃 佐藤鬼房
小寒き日つづき~て梅見月 原石鼎 花影以後
寝正月さめてふと思ふ梅見月 原石鼎 花影以後
裾吉野に梅見て冬の霞むかな 右城暮石 句集外 昭和十一年
茶屋に在る人を流し目梅見媼 星野立子
鉄斎の齢に及ばず 梅見の歩 伊丹三樹彦
島影の遠い日 近い日 梅見月 伊丹三樹彦
南無南無と機梯を昇る 梅見月 伊丹三樹彦
梅見とて家を出て来しことたのし 細見綾子
梅見には閉づ彌陀席といふ茶室 平畑静塔
梅見にゆく小トンネルの闇を抜け 津田清子 礼拝
梅見に出ても寒く一生の連にはならぬ女と 荻原井泉水
梅見よや生きむとしたる敵降る 山口誓子
梅見んと眉毛をながく母きたる 桂信子 月光抄
梅見月 身に寸鉄の紙ナイフ 伊丹三樹彦
梅見月 西尾華子の死に上手 伊丹三樹彦
梅見頃花よりもまづ坐らねば 桂信子「草影」以後
梅見事禅林入りし者は出す 平畑静塔
聞く耳をふたつ梅見へ携ふる 伊藤白潮
墓まゐりより廻りたる梅見かな 細見綾子
門閉めて園丁が飲む梅見酒 秋元不死男
両替は総統コイン 早梅見る 伊丹三樹彦

梅見 続補遺 

ことしもまた梅見て桜藤紅葉 井原西鶴
さす傘の江戸は梅見も群にける 道彦 蔦本集
はつ午や梅見ぬ年の梅を見に 加舎白雄
まづいものを喰ふ筈にして梅見かな 寥松 八朶園句纂
ゑがくともはづかしからじ梅見る図 万子
烏ぼし子によばれあるいて梅見かな 東皐
気のはらぬ入相聞て梅見かな 園女
亀戸まで鑓を持たせて梅見かな 麦畝 江都近在所名集
御秘蔵に墨をすらせて梅見哉 其角
菜もつまむ梅見てあそぶ僧ならず 支考
若武者や梅見る顔の五百年 牧童
手のわろき人よめりける梅見哉 寥松
杖すてんあとの梅見の栞にも 鈴木道彦
鷹すゑて次手ぶりする梅見哉 田川鳳朗
如月の梅見し夜より袖の月 松窓乙二
梅見たる紙衣もけふがわかれかな 杉風
梅見なり目さらしは誰が隠し妻 野坡
梅見よと月薄濁る空の味 配力
梅見るや立居大儀に老の膝 野坡
夜ざくらは梅見し比のうつりあり 曽良
野や里や梅見るまでは落つかず 小西来山
夕食の上に梅見る冬至哉 林紅
恙なや梅見ぬ里の冬の梅 田川鳳朗

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:10 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング