<   2017年 04月 ( 154 )   > この月の画像一覧

ラグビー の俳句

ラグビー の俳句

ラグビー

例句を挙げる。

ガラス拭くたびラグビーのポール見ゆ 徳弘純 麦のほとり
ラグビーに青春の影踏みあへり 山岡 季郷
ラグビーのしづかにボール置かれけり 岸本尚毅 舜
ラグビーのその夜の頬の燃ゆるかな 行方克巳
ラグビーのぶつかつてゐる虚空かな 成瀬正とし 星月夜
ラグビーのまぢかの拍手あびてかへる 波多野爽波
ラグビーのジャケツちぎれて闘へる 山口誓子
ラグビーのスクラム解くや全く闇 星野麦丘人
ラグビーのボール大地に立てて蹴る 粟津松彩子
ラグビーの今終りたる笛高し 井桁蒼水
ラグビーの倒れし顔の芝にあり 三宅二郎
ラグビーの傷を頬にし薬喰 亀井糸游
ラグビーの先ずスクラムの音湧きぬ 稲岡長
ラグビーの勝者敗者の長き影 藤本朝海
ラグビーの声とび鴉飛ばしけり 河前 隆三
ラグビーの外人船にかへるところ 五十嵐播水 埠頭
ラグビーの天を仰いで終りけり 次井義泰
ラグビーの天を落下の楕円球 粟津松彩子
ラグビーの巨躯いまもなほ息はずむ 山口誓子
ラグビーの敗者の引きし夕日影 三井千秋
ラグビーの死闘と別に雀群れ 森澪雨
ラグビーの殺到しくる顔ゆがみ 下村福
ラグビーの渦潮とけて奔りいづ 水原秋櫻子
ラグビーの激闘のロスタイムあり 粟津松彩子
ラグビーの独走さらに独走す 岸風三樓
ラグビーの終りて比叡のみそびゆ 森田峠 逆瀬川
ラグビーの花はタックル巨躯倒す 粟津松彩子
ラグビーの選手あつまる櫻の木 田中裕明 山信
ラグビーの雄叫び城に轟けり 野本嘉子
ラグビーの離り駆くるがみな斜め 岸風三樓
ラグビーの音なき画面雨しぶく 行方克己 知音
ラグビーの頬傷ほてる海見ては 寺山修司(1935-83)
ラグビーの風上ミと風下モのあり 粟津松彩子
ラグビーの首を構へて相対す 松村 恒
ラグビーは紫紺の怒濤「前へ」「縦に」 川崎展宏
ラグビーや唇きつく噛む少女 折原あきの
ラグビーや敵の汗に触れて組む 日野草城
ラグビーや水の争点白く清し 香西照雄 素心
ラグビーや青雲一抹あれば足る 中村草田男
ラグビーを見て口紅の濃き女 成瀬正とし 星月夜
ラグビーボールぶるぶる青空をまはる 正木ゆう子 悠
ラグビーボール大跳ね母校に勝機くる 奈良文夫
ラグビー叱咤の声はね返す古城郭 鍵和田[ゆう]子 未来図
ラグビー場の/観念として/餅の華 林桂 銀の蝉
ラグビー場四辺を枯らし霙ける 岸風三楼 往来
ラグビー戦まづ太陽を蹴り上ぐる 那須 淳男
吾れにも射すラグビー果てし西の日が 黒谷忠
書庫守に声なきラグビー玻璃戸走す 中村草田男
柩かこみラグビーの歌空は五月 原田青児
正月のプランの中のラグビーに 稲畑汀子
筋金は働くちからラグビー猛る 宮坂静生 青胡桃
紅き膝掛してラグビーを声援す 池田秀水
胃が重きうつつラグビー馳せつづけ 細川加賀
蜂の縞はなれラグビー戦たけなは 河野多希女 月沙漠
見舞ひて帰る辺のラグビーの蹴り強し 八木林之助
走る走る走るラグビーの男 秋山巳之流
スクラムのラガーに青き城の空 山田弘子 螢川
ラガーの背毫のゆるみもなく組めり 稲岡長
ラガーらにいさぎよきまで雨弾け 行方克巳
ラガーらのそのかち歌のみぢかけれ 横山白虹
ラガーらの雄しべのごとく圓となる 加藤三七子
ラガー今キックと呼べり呼べるは彼 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
ラガー彼凱ち来と笑まふ瞬時の笑 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
ラガー来て眼に被る薬缶水 下河原勝
ラガー等に川の光のおよびけり 永方裕子
ラガー等のいのちかがやく風の中 角川春樹
ラガー等のそのかち歌のみぢかけれ 横山白虹
ラガー等のパンツ串刺にて干さる 窪田英治
ラガー等の動けば日なた動きけり 増成栗人
ラガー等の土の色はや暮色帯ぶ 宮坂静生 青胡桃
ラガー等の泥の顔よしノーサイド 藪田 郁子
ラガー達のそのかちうたのみぢかけれ 横山白虹(1899-1983)
不覚とりしラガーら泣けり秋の庭 金箱戈止夫
刈田百枚ラガーマンどう攻める 森田緑郎
勝鬨のラガー歯科医の卵たり 松本圭二
吾児美しラガーと肩を組みてゆく 颯(しづの女小句) 竹下しづの女
夕映のラガー近づき少年なり 行方克巳
大試験来るとラガーを校庭に見ず 岸風三楼 往来
密集を抜け来し顔ぞラガーなれ 稲岡長
帰るラガーえい水槽のなかに死ぬ 赤尾兜子
恐竜の卵抱きてラガー来る 後藤 章
敗戦のラガーに大いなる夕日 市ヶ谷洋子
枯れし野を強く引き寄せラガー蹴る 能村研三 騎士
楕円球の前には行けずラガー群る 塚本務人
檸檬噛むラガーの憩ひ吹かれつつ 岡田 貞峰
殺到のラガーを外れしボールかな 稲岡長
油田鉄塔勁しラガーのスクラムも 成田千空 地霊
激闘のジヤージ交換ラガー達 粟津松彩子
牡丹雪負傷のラガー立ちあがる 坪内稔典
生傷を水で洗いてラガー去る 小西 昭夫
眉の根に泥乾きゐるラガーかな 三村鈍也
眉をあげてタックルかけしラガーぞ彼 竹下しづの女句文集 昭和二十四年
秋風の一塊となりラガー来る 石寒太 翔
羨しとも湯気立て若きラガー泣く 稲岡長
背番号10のラガーに注目す 平間真木子
腔のおとカオと仆れしラガー起つ 内田暮情
膝くづすラガーは風へ哭くごとし 石寒太 翔
雄叫びのラガーの唇に血のにじむ 三村純也
風に干す縞いきいきとラガーシャツ 渡部 良子

ラグビー 補遺

ス夕ンドの翳ラグビーの半ばは翳 山口誓子
フランスを診るフランスのラグビー医 山口誓子
まためくれラガーの背中めくれ易し 山口誓子
ラガーなほ球抱き駆くる卒業期 山口青邨
ラガーの背めくれ露る恥以上 山口誓子
ラガー等の胴体重なり合へば冬 渡邊白泉
ラグビーと乳牛斑の身風にそろへ 中村草田男
ラグビーのジャケツちぎれて闘へる 山口誓子
ラグビーのスクラム最早ばらばらに 阿波野青畝
ラグビーのせめぐ遠影ただ戦後 中村草田男
ラグビーのみな口あけて駆けり来る 山口誓子
ラグビーの巨躯いまもなほ息はずむ 山口誓子
ラグビーの栗色の脛を見て愉快 山口誓子
ラグビーの憩ひ大方は立ち憩ふ 山口誓子
ラグビーの血のしたゝりを妹も見つ 日野草城
ラグビーの垢面の子等地に憩ふ 山口誓子
ラグビーの若き外人を敵と視る 山口誓子
ラグビーの終始国旗の片靡き 山口誓子
ラグビーの諸脚球をかくすところ 山口誓子
ラグビーの多勢遅れて駆けり来る 山口誓子
ラグビーの長身露出部分多し 山口誓子
ラグビーの泥の勝利の腕挙げ 稲畑汀子
ラグビーの泥を膝蓋に肩胛に 山口誓子
ラグビーの転びて地に跳ねかへる 山口誓子
ラグビーの肉摶つひゞき吾が聞きぬ 山口誓子
ラグビーの暮色はなほも凝りつ散りつ 中村草田男
ラグビーの味方も肉を相摶てり 山口誓子
ラグビーの密集胸を腕を踏む 山口誓子
ラグビーの密集膝を肱を蹴る 伊丹三樹彦
ラグビーの野辺も稲城も狐色 山口誓子
ラグビーの饐ゑしジャケツを着つゝ馴れ 山口誓子
ラグビーや球を抱けば人雪崩 日野草城
ラグビーや胸板突きし敵にくめ 山口誓子
ラグビーや水の争点白く清し 香西照雄 素心
ラグビーや青雲一抹あれば足る 中村草田男
ラグビーや敵の汗に触れて組む 日野草城
ラグビー場国旗を卸すずり落ちる 山口誓子
レモン一片ラガーの疲れはや癒ゆる 山口誓子
煙草より温きものなくラグビー見る 山口誓子
外人の声ラグビーを励ましつ 山口誓子
帰るラガー*えい水槽のなかに死ぬ 赤尾兜子 歳華集
球を蹴るラガーきらりとひかるは意思 山口誓子
隅の隅にてラグビーの最後の勝 山口誓子
靴の紐締むラグビーの時の間に 山口誓子
枯草にラグビーの血の乾かざる 日野草城
行きずりのラグビー・風呂屋声に充てど 中村草田男
歯で笑ふ雨中のラガー背広著ない日 伊丹三樹彦
時経つにつれてラガーの汚れ目立つ 山口誓子
時措かずラグビーの動開始さる 山口誓子
書庫守に声なきラグビー玻璃戸走す 中村草田男
善闘せしラガーの帰り来る小走り 山口誓子
奪ふ者ラガー手づかみ球奪ふ 山口誓子
中央は神聖ラグビー始まるよ 山口誓子
堤かげの斑雪やラガーはじまれる 山口誓子
土壇場にラガー戦ふ時惜しみ 山口誓子
二分一分ラグビーの終末の 山口誓子
磐石の雲ラグビーの始まる頃 山口誓子
負傷ラガー地面にしばし忘れられ 山口誓子
嗽ラガー闘ふ場を濡らす 山口誓子
翳の中にてラグビーの終始せる 山口誓子

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 14:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

スケート の俳句

スケート の俳句

スケート

例句を挙げる。

こころ鋭き日よスケートのエッヂ拭く 文挟夫佐恵 黄 瀬
やつてみせくれしスケートジャンプかな 京極杞陽 くくたち下巻
スケートに乗れば忘れてしまふこと 稲畑汀子
スケートに孤高の男居りにけり 森田峠 三角屋根
スケートに幼女を送る空すこし 林田紀音夫
スケートに酔うてさびしきこともなし 河野南畦 『花と流氷』
スケートに青きかなしき空の色 平畑静塔
スケートのきほへば飛雪また飛雪 大島民郎
スケートのこけしはずみや朝日影 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
スケートのひも結ぶ間も逸りつつ 山口誓子
スケートのスピン重ねて人忘る 樋笠文
スケートの人輪を抜けて又人輪 森田峠 避暑散歩
スケートの今日は遅き娘手あげ来る 岸風三樓
スケートの倒影も脚踏み替ふる 轡田進
スケートの刃の傷あまた逆さ富士 遠藤芳郎
スケートの右手をちぢめて右廻り(浅間山麓鹽壺温泉滞在) 上村占魚 『霧積』
スケートの少女独楽なす円舞曲 西山青篁
スケートの左廻りや山囲む 松本たかし
スケートの影を走らす萱黄なり 岡田 貞峰
スケートの心に脚の従はず 嶋田一歩
スケートの憩ひジヤケツの身をほそめ 岸風三楼 往来
スケートの折腰ソビエート人が捷つ 百合山羽公 寒雁
スケートの汗ばみし顔なほ周る 橋本多佳子
スケートの渦うまれつつ夜明けたり 小林碧郎
スケートの渦に乗りゐて孤独なり 黒坂紫陽子
スケートの渦のひらがな文なさず 河野南畦 『硝子の船』
スケートの渦のゆるめり楽やすめり 石田 波郷
スケートの渦の中より吾娘となる 山田弘子 初期作品
スケートの渦ふところに山眠る 前田 鶴子
スケートの渦を外れてをり二人 行方克巳
スケートの湖二つ抱き山の村 上田えみ子
スケートの濡れ刃携へ人妻よ 鷹羽狩行(1930-)
スケートの父と子ワルツ疑はず 石田波郷
スケートの疲れを足に下萌ゆる 高木晴子 晴居
スケートの疲れ旋階降りるとき 岸風三楼 往来
スケートの紅緒紅顔の美少年 山口誓子
スケートの紐むすぶ間も逸りつゝ 山口誓子 凍港
スケートの終り降る雪真直なり 山崎秋穂
スケートの群に吾子をり常に見ゆ 手島 靖一
スケートの群より現れて妻匂ふ 上村忠郎
スケートの藍衣なびけば紅衣また 皆吉爽雨
スケートの襟留たまに閃光す 宮武寒々 朱卓
スケートの観覧席といふに上る 波多野爽波 鋪道の花
スケートの輪の外で考えており 五島高資
スケートの迅さやおのが影にのり 三宅 句生
スケートの靴が木椅子に夜の湖畔 根岸 善雄
スケートの靴に乗りたる青春よ 稲畑汀子
スケートの風の一団過ぎにけり 椎橋清翠
スケートやラツシユの襟のヒラ~と 河野静雲
スケートや右に左に影投げて 鈴木花蓑句集
スケートや子の手を取りて一周す 上島 幸重
スケートや忽ち遠く澄み見えて 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
スケートや月下に霞む一人あり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
スケートや連れ廻りをりいもせどち 鈴木花蓑句集
スケートや青くかなしき空の魚 平畑静塔
スケートを小脇に少女一人急ぐ 川崎展宏
スケートを見る人々に日の当る 阿部みどり女
スケートダンス離り別るゝときゆるく 岸風三楼 往来
スケートヘ幼女を送る空すこし 林田紀音夫
スケートリンク中央にして吾子の咲く 毛塚静枝
スケート場沃度丁幾の壜がある 山口誓子(1901-94)
スケート場海光の青の窓を嵌め 石田 波郷
スケート少女一周終へし貌あげぬ 畠山譲二
スケート脱ぐや靴下のまましびれをり 杉本寛
リンク一周してスケートの腰決まる 青野れい子
世紀終る夜セントラルパークのスケート 浅井愼平
充実やスケートが円描き続け 森田智子
吾子もゐるはずのスケート場混めり 佐藤宣子
嘆きは茶飯事 スケートリンクに鳥となり 伊丹公子 メキシコ貝
子の手とり母のスケート滑り出づ 後藤夜半 底紅
寄生木やスケート一団山に入る 堀口星眠 火山灰の道
少女提ぐスケート靴も細足首 品川鈴子
山蔭に村の手作りスケート場 高澤良一 随笑
峡の日はたかしスケートの線みだれ 水原秋櫻子
彼が見てゐるスケートを舞ひにけり 嶋田摩耶子
担ぎ来しスケートはじむ野の小池 兼田 幸苑
最後までスケート場の四隅混む 五十嵐研三
玻璃越しにスケート場に茶房あり 高濱年尾 年尾句集
石ころの如くスケートの子が走る 吉田巨蕪
碧落に聖火台嵌めスケート場 轡田 進
纏足斯くやスケート靴の赤い紐 宮崎二健
脚あげてスケートダンスちよと跳びぬ 岸風三樓
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
風の子の路上スケート麦萌ゆる 関根淑子
鳶になり下駄スケートの子ら早し 松田ひろむ
鳶の翼スケートの人ら遥か下に 渡邊水巴 富士
氷滑りひとり離れて小さき田に 西村公鳳
スピードスケートカチカチバックストレッチ 高澤良一 石鏡
スピードスケート断トツリンクレコード出る 高澤良一 石鏡
チャールストン伴奏(バツク)にスケート露西亜ペア 高澤良一 石鏡
フィギュアのリフト高々ニューヨークニューヨーク 高澤良一 石鏡
フィギュア解説ニコライステップとは何ぞ 高澤良一 石鏡
疾風また旋風ともなりスケーター 高澤良一 石鏡

スケート 補遺

この世にて最も平スケート盤 山口誓子
スケーターまろべばジヤズが頭上より 山口青邨
スケートのをとこのにほひ濃かりけり 山口誓子
スケートのをんな狐臭を発しけり 山口誓子
スケートの渦のゆるめり楽やすめり 石田波郷
スケートの渦を一人の服を見る 石田波郷
スケートの楽太陽にロツクン調 平畑静塔
スケートの汗ばみし顔なほ周る 橋本多佳子
スケートの観覧席といふに上る 波多野爽波 鋪道の花
スケートの君は帽子のうちに眉 山口誓子
スケートの君横顔をして憩ふ 山口誓子
スケートの紅緒紅顔の美少年 山口青邨
スケートの左廻りや山囲む 松本たかし
スケートの若きふたりの殊に巧み 伊丹三樹彦
スケートの真顔なしつゝたのしけれ 山口誓子
スケートの刃に立ちゐても煙草吸ふ 山口誓子
スケートの折腰ソビエート人が捷つ 百合山羽公 寒雁
スケートの童子の群を見て楽し 百合山羽公 春園
スケートの濡れ刃携へ人妻よ 鷹羽狩行
スケートの紐むすぶ間も逸りつゝ 山口誓子
スケートの氷切る音山しづか 山口青邨
スケートの氷素足の犬踏まず 山口誓子
スケートの父と子ワルツ疑はず 石田波郷
スケートの面粉雪にゆき向ふ 橋本多佳子
スケートは小説よりも面白し 高野素十
スケートや握り拳を背に預け 阿波野青畝
スケートや雲の円蓋忘れ果て 中村草田男
スケートや青くかなしき空の魚 平畑静塔
スケートや雪被ぬはなき諏訪の山 水原秋櫻子 葛飾
スケートや童子の群のやすみなき 百合山羽公 春園
スケートや蹈みかはす足ゆるやかに 日野草城
スケートリンクトーテンポール魔除して 平畑静塔
スケート場海光の青の窓を嵌め 石田波郷
スケート場狐が渡るときもある 金子兜太
スケート場四方に大阪市を望む 山口誓子
スケート場芝区の街路海に出づ 石田波郷
スケート場沃度丁幾の壜がある 山口誓子
汚れたるスケート場は黄となんぬ 山口誓子
吾娘夫妻のスケート嘉す番傘携げ 中村草田男
山乙女スケートリンクのチケツ売る 山口青邨
山俄にスケートリンクの楽興る 山口青邨
四方の玻璃スケート場を映す夜ぞ 山口誓子
子の手とり母のスケート滑り出づ 後藤夜半 底紅
子等週末スケート靴の刃に頬触れ 能村登四郎
少年横抱きスケート先頭凱陣めく 中村草田男
少年等乙女等スケート研ぎに研ぎ 山口青邨
水張りつめてスケート不可能池 山口誓子
星燦とスケートの影濃く織り交ふ 伊丹三樹彦
雪去れりスケートリンク天と碧き 橋本多佳子
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
前髪の乱れ髪の間スケート観る 中村草田男
全速のスケートの子よ顔失せず 平畑静塔
相合のスケートは手をあづけあひ 平畑静塔
太陽の熱スケートの冷え場にも 山口誓子
田の畦をわたり少年スケーター 山口青邨
鳶の翼スケートの人ら遥か下に 渡邊水巴 富士
日曜の子守はかなしスケート見て 山口青邨
箱根山スケート場の冷地獄 山口誓子
舞ひ澄みて鶴より白しスケーター 有馬朗人 天為
夜の樹々にスケートの楽絶えず湧けり 伊丹三樹彦

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 13:01 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

スキー の俳句

スキー の俳句

スキー

例句を挙げる。

いろいろの色乗せスキーリフトかな 本間 登世
うまごやしスキーヒュッテを取り囲み 高澤良一 素抱
すべり来るスキー映画に大映し 高浜虚子
ためらうてをりしが滑り来しスキー 和山たもつ
ふるさとへどつとスキーの転ぶさま 松澤雅世
ぶつぎりの馬鈴薯匂ふスキー小屋 林翔 和紙
ゆきずりのスキー仲間の合言葉 上村占魚 球磨
わが座席なり頭の上にスキー吊る 橋本美代子
わが過去に角帽ありてスキーなし 森田峠 避暑散歩
をとめ子のスキーころげの雪つけて 上村占魚 球磨
イヤリングきらきらスキー担ぎくる 木島松穹
スキーかつぎ雪なき温泉町歩きゐる 堤 俳一佳
スキーたのし悲しきことのありもして 湯浅桃邑
スキーに足りぬ雪降り薯らが囁くよ 寺田京子 日の鷹
スキーの夜かの小説の緒にも似て 澤田 緑生
スキーの夜幾膝渡る手風琴 岡田 貞峰
スキーの夜星占にきりもなし 丸山美奈子
スキーの子バスに会釈や追縋り 川端茅舎
スキーの子嬉々と華巌の滝の上 川端茅舎
スキーはいて渡るやレールの異種な光沢 平井さち子 完流
スキードーム海への斜度を構へをり 能村研三 鷹の木 以後
スキーバス桑港からも羅府からも 保田白帆子
スキーヤのその右肩の聳ゆるや 竹下しづの女 [はやて]
スキーヤーちよつとしやがんですべり去る 京極杞陽 くくたち下巻
スキーヤー伸びつ縮みつ雪卍 松本たかし
スキーヤー曲る速さに木立あり 嶋田一歩
スキーヤー滑空旗のやうな顔 高澤良一 ぱらりとせ
スキーヤー転びて景色とまりけり 小林草吾
スキーヤー静かな速さとばし来し 嶋田一歩
スキーリフトに坐す五十年生きつめて 平畑静塔
スキーリフトの方尺の座や山厚し 平井さち子 完流
スキーリフト姥捨のためかも知れず 辻田克巳
スキーリフト空明るみて動き出す 右城暮石 上下
スキー了へ積雪標のやや沈めり 大島民郎
スキー列車あさき睡を歪み寝る 石田波郷
スキー列車くらくてパンの水こぼれ 岸風三楼 往来
スキー列車ぬくき寒暖計読まれ 岸風三楼 往来
スキー列車月蝕の野を曲るなく 石田波郷
スキー場写真木造リフトの世 高澤良一 宿好
スキー場祓ひて宮司滑翔す 大高千代
スキー嬢蜜柑をむけり男らに 岸風三楼 往来
スキー客賑ふてゐて村貧し 青柳薫也
スキー宿ことしの世界地図かかぐ 小原菁々子
スキー小屋若さ着ぐるみ蒸発す 津田清子 礼 拝
スキー履き分校教師出勤す 三宅句生
スキー左右二拍手させて雪落す 平井さち子 鷹日和
スキー帽かぶり糠味噌かき廻す 菖蒲あや
スキー帽耳まで母なる山の闇 桜井博道 海上
スキー帽脱ぎ捨てに炉を囲みけり 岡田 貞峰
スキー戻りの車中や栗鼠の骸携げ 北野民夫
スキー手袋置かれ握力まだ残りて 平井さち子 完流
スキー担ぐおのおの温き家を出て 桂信子 花寂び 以後
スキー教師雪眼鏡ごと記憶する 橋本美代子
スキー服赤く男の群に伍す 野見山朱鳥
スキー服黒き処女は吾に従く 石川桂郎 含羞
スキー焼けして回診の若き医師 田中雅子
スキー焼して整ひし笑顔して 難波 三椏
スキー穿きこの子可愛や家はどこ 富安風生
スキー穿き奥社へ禰宜の一人たつ 新井英子
スキー穿き杖もつ人ら揃へば美 京極杞陽 くくたち上巻
スキー穿く祈りのごとく膝折りて 岩崎照子
スキー立て飯より甘きものを欲る 津田清子
スキー脱ぐ膝に落暉のうちふるふ 澤田 緑生
スキー船かかり港は夜をいねず 岸風三楼 往来
スキー行天に行者の鈴鳴れる 澤田緑生
スキー術変な呼吸がいゝ呼吸 京極杞陽 くくたち上巻
スキー買へば巷にも雪降りそめつ 堀口星眠 営巣期
スキー迅し従ひ走る雪煙 大家湖汀
スキー長し改札口をとほるとき 藤後左右
スキー靴ぬがずにおそき昼餐とる 橋本多佳子
スキー靴履いて船歌おもひだす 岩淵喜代子 朝の椅子
スキー靴脱ぎて自由な足となる 千原草之
スキー靴買ふ目的のアルバイト 山田弘子 螢川
チロールのスキーの歌を夜にうたふ 京極杞陽 くくたち上巻
バッグより白兎のごときスキー靴 奈良文夫
一リフト一スキーヤー急くな急くな 辻田克巳
一人の口笛唄を興せりスキーバス 中戸川朝人 残心
全車輛全スキー揺れスキー列車 山口誓子
切つ先を夜につきさしてスキー板 辻美奈子
列固く組めり下山のスキー隊 望月たかし
剪定の鋸負ひスキー飛ばし来る 西本一都 景色
叱られてスキーしまふ子うとみをり 深尾正夫
名にし負ふ雪の山々スキー行 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
吾子ををしスキーを肩に我が門出づ 竹下しづの女 [はやて]
味噌汁に赤蕪浮ぶスキー宿 田中冬二 麦ほこり
呼び交すごとく点せりスキー場 松倉ゆずる
呼び出しの声谺してスキー場 中沢菊絵
垢じみしスキージャケット着て美男 行方克己 無言劇
太陽が邪魔になるほどスキー晴 長尾虚風
失恋をさらりと言ひてスキー駆る 野坂 民子
婚指環傷つき易しスキー行 品川鈴子
子供スキー履き捨ててあり庫裡の口 鈴木貞雄
孤りのスキーその技のみは饒舌に 林翔 和紙
宿を去るスキーの加速未練なし 金子 潮
小さき子スキーの杖に赤き旗 高野素十
小気味よく転ぶスキーを穿きにけり 鈴木しげを
少女等の髪の粉雪やスキー行 高野素十
屋根裏に鶏を飼ふスキー宿 宮坂静生 雹
山々の夕映のくるスキー場 京極杞陽 くくたち上巻
山大にしてこころしづかなるスキーかな 京極杞陽 くくたち上巻
岳ばかり見て立つスキー怠けては 堀口星眠 営巣期
岳烏さわがしき夜のスキー小屋 石橋辰之助 山暦
往きか帰りか不明女のスキー装 右城暮石 上下
心閉づスキーヤッケを顎まで閉ぢ 樋笠文
急ぎ来るスキーを肩に顔をあげ 藤後左右
情もろく足弱くなりしスキー履く 殿村菟絲子
抱くスキーその腕かつて銃に萎えしか 平井さち子 完流
担ぎゆくスキーを重きものとせず 町垣鳴海
拇指反らす妻の新足袋子のスキー 香西照雄 対話
新メニュー加へて開くスキー場 林真砂江
日輪に天の羅網やスキー宿 松瀬青々
星のせてスキーリフトの返し来る 行方克巳
朝の扉が放てるスキー野に沈む 堀口星眠 火山灰の道
朝日うつくしスキーを雪に挿して対ふ 佐野俊夫
植木鉢のみに土塊スキー宿 山田弘子 螢川
歩くスキーは五臓六腑のバランス 齊藤美規
水上スキー女身均斉ひるがへり 小池文子 巴里蕭条
湧く闇にスキー乗り入れ静寂たり 石橋辰之助 山暦
湯ぼてりのなほあまねくてスキー見る 日野草城
湯掛地蔵に解散松明スキー隊 中戸川朝人 尋声
火を焚けるスキーリフトの起点かな 山田弘子 螢川
父母連れて少年スキー行にあり 松村蒼石 雁
珈琲よき家居を恋へりスキー行 森田峠
生きてゐるうちはスキーを老紳士 京極杞陽
白樺の用途かってはスキー材 高澤良一 素抱
白樺の門に立てたるスキーかな 石橋辰之助 山暦
直立のスキーに手掛け立ち憩ふ 山口誓子
硝子戸にスキーの先の触れてをり 後藤 章
硬雪に焚く炭俵スキー会 山口誓子
積雪にすぐ乗るスキー倒しけり 長谷川かな女 雨 月
立てかけてありし小さなスキーかな 行方克巳
紅茶のむ少女ら夜もスキー服 中島斌雄
絶やさぬ火昼しんかんとスキー宿 鍵和田[ゆう]子 未来図
編みゐるはスキー手袋らしき縞 上村占魚 球磨
義足あり白馬高校スキー部員 味元昭次
肩厚きスキーの男女駅に満つ 草間時彦
色刷の草花の絵とスキーかな 京極杞陽 くくたち下巻
落葉松の影がスキーの吾よぎる 成瀬正とし 星月夜
誕生す水上スキー引絞り 小池文子 巴里蕭条
貸スキー貸靴若さ借りられず 津田清子
身じたくに彩を惜しまずスキー行 黒田櫻の園
追中からスキーをつけて帰りけり 齊藤美規
金星の直下に来たりスキー行 佐野青陽人 天の川
長袋先の反りたるスキー容れ 山口誓子 不動
雪やんでゐたりしスキー小屋につく 波多野爽波 鋪道の花
雪崩るゝとスキーをとゞむ霧の中 石橋辰之助 山暦
雪嶺の見えしざわめきスキーバス 行方克己 無言劇
食堂が今混んでゐるスキーかな 森田峠
駅の空費時間遠征のスキーヤー 右城暮石 上下
ゲレンデの日射しに雪の舞ひ来たる 行方克巳
ゲレンデの楽ひろがらず雪解靄 澤田 緑生
ゲレンデの深夜を乳呑児が歩く 佐藤鬼房 朝の日
ゲレンデの点り温泉宿の点りけり 塗師康廣
ゲレンデの赤旗表裏雪付けて 橋本美代子
ゲレンデの雪の乏しく灯れる 行方克己 無言劇
ゲレンデを一線により開拓す 遠藤寛子
蕗の薹苦しゲレンデ雨熄まず 堀口星眠 営巣期
力学の原理に適ふスキーせよ 高澤良一 暮津

スキー 補遺

いとけなきスキーをいとけなく穿きて 清崎敏郎
ゲレンデいま萌ゆ倒木の白残し 松崎鉄之介
ゲレンデにただ立ちをりて心咎む 右城暮石 句集外 昭和四十三年
ゲレンデのしぐさで夜も吾子と知る 平畑静塔
ゲレンデの吾子はいまわが掌中よ 平畑静塔
ゲレンデの子と母天と地のちがひ 平畑静塔
ゲレンデの深夜を乳呑児が歩く 佐藤鬼房
ゲレンデの灯も更けにけり雪照らし 清崎敏郎
ゲレンデの白たのもしき雲の嵩 右城暮石 散歩圏
ゲレンデを高圧電流よぎりたる 平畑静塔
こんど来るときは真赤なスキー欲し 後藤比奈夫
シャンツェに遅き寒月上りけり 飯田蛇笏 山響集
シャンツェに冬眩耀の翳経ちぬ 飯田蛇笏 山響集
スキーにて高天ヶ原を下り始む 山口誓子
スキーに唇触る若ものゝ眠りふかむ度 能村登四郎
スキーの音軒をすぎゆく夕べかな 村山故郷
スキーの子バスに会釈や追縋り 川端茅舎
スキーの子喜々と華厳の瀧の上 川端茅舎
スキーの娘中禅寺湖を眼に湛へ 川端茅舎
スキーバス待つ上り汽車下り汽車 右城暮石 虻峠
スキーヤー下りし谷より上り来ず 山口誓子
スキーヤー伸びつ縮みつ雪卍 松本たかし
スキーヤー夜の光圏を逍遥す 平畑静塔
スキーリフト一人でも空でも動く 平畑静塔
スキーリフト空明るみて動き出す 右城暮石 上下
スキー教室解散直後にてころぶ 平畑静塔
スキー具を車中に立てし指靨 右城暮石 句集外 昭和四十四年
スキー靴ぬがずにおそき昼餐をとる 橋本多佳子
スキー靴ほぼ力学を満しけり 後藤比奈夫
スキー靴重しスキーを穿き軽し 後藤比奈夫
スキー携(も)つが目だたぬ群にまぎれ入る 篠原梵 年々去来の花 皿
スキー小屋若さ着ぐるみ蒸発す 津田清子 礼拝
スキー場のストーヴの大やかんかな(新潟県浦佐、行方秋峰さん居) 細見綾子
スキー穿きこの子可愛や家はどこ 富安風生
スキー穿く未感染児童大き瞳を 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
スキー装守り袋の紐垂らす 右城暮石 虻峠
スキー担ぐ強度近視の眼鏡厚し 右城暮石 句集外 昭和三十五年
スキー担ぐ柳腰をあやつりて 上田五千石『森林』補遺
スキー不参の吾のみが喰ぶ塩わらび(夫、太郎、浦佐スキー行) 細見綾子
スキー服黒き処女は吾に従く 石川桂郎 含羞
スキー帽スキー眼鏡のまま食へり 右城暮石 句集外 昭和四十三年
スキー帽モデル金髪をかくさざる 伊丹三樹彦
スキー帽少女皓歯に需め去る 伊丹三樹彦
スキー帽毟りて滑り止めたるよ 上田五千石『風景』補遺
スキー民宿へいすけと假名で書き 清崎敏郎
スキー列車月食の野を曲るなく 石田波郷
スキー煖炉スキーに乗らぬ吾も寄る 山口誓子
とどまれば極彩色春スキーヤー 鷹羽狩行
ビルの窓学生ぞスキー舁きゆけり 草間時彦 中年
ぶつぎりの馬鈴薯匂ふスキー小屋 林翔 和紙
ふり出でし雪に出て行きスキー小屋 高野素十
また一人暮雪にかへりスキー脱ぐ 水原秋櫻子 古鏡
まろびたる腰まどかなりスキー女は 日野草城
みはるかす檜原の雪やスキー行 百合山羽公 春園
ゆきずりのスキー仲間の合言葉 上村占魚 球磨
ラーメンの汁余したりスキー穿く 阿波野青畝
をとめ子のスキーころげの雪つけて 上村占魚 球磨
雲水とぼ~スキーの子等に追越され 川端茅舎
駅に今日始めて会うてスキー族 山口誓子
駅の空費時間遠征のスキーヤー 右城暮石 上下
往きか帰りか不明女のスキー装 右城暮石 上下
屋根の雪卸さずスキー送迎車 上田五千石『風景』補遺
貨スキー貨靴若さ借りられず 津田清子
臥して起きざるスキーヤー杖を標 山口誓子
観測所所員のスキーふぶきて立つ 山口誓子
空手にてスキー部隊に混り立つ 山口誓子
君が家遺子のスキーの立つを見る 山口誓子
肩厚きスキーの男女駅に満つ 草間時彦 中年
孤りのスキーその技のみは饒舌に 林翔 和紙
吾が事務員スキー服着て臀ふとし 草間時彦 中年
溝深き越後の胡桃スキーみやげ 細見綾子
硬雪にスキー日を趁ふ音あらく 高屋窓秋
硬雪に焚く炭俵スキー会 山口誓子
紅と紺速力の出しスキー列車 山口誓子
行かぬ吾れスキー列車に座席なし 山口誓子
降る雪に日輪小さきスキー場 山口誓子
降誕祭シャンツェ蒼き夜を刷けり 飯田蛇笏 山響集
今つきしスキーの痕が垂直に 日野草城
歳月やスキー帽のみ残りたる 鷹羽狩行
始発駅入り来る空のスキー列車 山口誓子
車中にて女スキー具手放さず 右城暮石 句集外 昭和五十五年
小さき子スキーの杖に赤き旗 高野素十
少女等の髪の粉雪やスキー行 高野素十
新雪にスキー応へてをりにけり 後藤比奈夫
新雪のスキーの音の上に立つ 篠原梵 年々去来の花 皿
身を冷やすスキーリフトの長丁場 山口誓子
青春彫るごと雨のゲレンデになお滑る 古沢太穂 火雲
雪やんでゐたりしスキー小屋につく 波多野爽波 鋪道の花
雪眼鏡スキーに倒けし眼を見せず 山口誓子
雪窪に炭火焚き陥つスキー会 山口誓子
雪原の萱離々たりやスキー行 山口誓子
雪晴れて大瀬波うつスキー行 飯田蛇笏 春蘭
雪挿しに長路のスキー休めあり 山口誓子
全車両全スキー揺れスキー列車 山口誓子
貸スキー暗く隙なき森をなす 山口誓子
長袋先の反りたるスキー容れ 山口誓子
直立のスキーに手掛け立ち憩ふ 山口誓子
湯ぼてりのなほあまねくてスキー見る 日野草城
二重窓声なきスキー乙女走す 草間時彦 中年
日輪のいでて深雪やスキー行 百合山羽公 春園
皮袋スキーの機鋒包みたり 山口誓子
皮袋スキー片鱗だも見せず 山口誓子
父母連れて少年スキー行にあり 松村蒼石 雁
編みゐるはスキー手袋らしき縞 上村占魚 球磨
暮れてきしスキーリフトの燈がまぶし 清崎敏郎
万金のスキーを担けり被覆して 山口誓子
満天の綺羅星スキーナイター場 平畑静塔
網棚に長物スキー横たはる 山口誓子
網棚のスキーたばこにけぶりし燈に 篠原梵 年々去来の花 皿
夜の午前スキーリフトの灯をつらね 平畑静塔
連結す寝台車両スキー車両 山口誓子
處女雪にシャンツェ小夜の帷垂る 飯田蛇笏 山響集
拇指反らす妻の新足袋子のスキー 香西照雄
薔薇色の朝のスキーを雪に挿す 有馬朗人 母国

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 12:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

氷豆腐 の俳句

氷豆腐 の俳句

凍豆腐

例句を挙げる。

いささかの酒のみのこす凍豆腐 角川春樹
さみしさに煮て凍豆腐芭蕉の忌 小池文子 巴里蕭条
みちのくの藁しべ青き凍豆腐 平紀昭
凍豆腐おとなばかりの足音にて 小林秀子
凍豆腐かけて飯綱檐にあり 栗生純夫
凍豆腐からから骨の音をたて 宮坂静生 雹
凍豆腐つらなり乾く深廂 細野達子
凍豆腐とは凍らなくなりしもの 後藤立夫
凍豆腐に空頼もしき北斗かな 河野静雲 閻魔
凍豆腐のよく出来にけり鳴雪忌 田中冬二 行人
凍豆腐今宵は月に雲多し 松藤夏山 夏山句集
凍豆腐仕置のごとく折れ曲り 栗島 弘
凍豆腐千早の月にさらしけり 山下秀子
凍豆腐夕日の赤も温みなし 八牧美喜子
凍豆腐故郷の山河まなうらに 阿部みどり女
凍豆腐月の猪垣遠巻きに 大竹きみ江
凍豆腐月は諏訪湖に傾ける 金子雅博
凍豆腐煮て佳き酒を尽しけり 水原秋櫻子
凍豆腐編みたる藁の青さかな 館岡幸子
凍豆腐編みてしびれて嫁の座や 村上一葉子
凍豆腐編む天窓の雪明り 加藤弥子
夜となれば晴るゝ空やな凍豆腐 五十嵐播水 播水句集
天龍のひびける闇の凍豆腐 木村蕪城 一位
宿坊の厨に届く凍豆腐 細川螢火
戸隠の天へつらなる凍豆腐 佐川広治
星夜毎傷つきあへり凍豆腐 倉石永夫
暁け近き月光巌し凍豆腐 京谷圭仙
月に吊り日に外しけり凍豆腐 高浜虚子
杉山に月のぼるなり凍豆腐 岡井省二
比叡よく晴れ熱湯へ凍豆腐 鈴木鷹夫
生凍豆腐叩く谺や寒未明 小佐田哲男
田の畦の凍豆腐に月させり 加藤楸邨
白馬凍豆腐とありて閉ざしゐる 田中冬二 俳句拾遺
舌裏に赤きが見ゆる凍豆腐 老川敏彦
軒毎に凍豆腐干し隠れ耶蘇 早水ふみを
雪すこしかかりて暁けの凍豆腐 細見綾子
雪山のむらさきに出す凍豆腐 平沢洲石
雪重く浅間座れり凍豆腐 堀口星眠
高い高いと子どもあやされ凍豆腐 金子兜太
くっついてゐる二三枚寒豆腐 鈴木 康永
喪鴉や高野豆腐の色ふかめ 岡澤康司
宿坊に高野豆腐の由来きく 中野つぎの
寒豆腐干し塞ぎたる旅籠かな 松藤夏山 夏山句集
寒豆腐干場はさみて旅籠かな 松藤夏山 夏山句集
雪の寺正月三日の高野豆腐 中山純子 沙羅

氷豆腐 補遺

凍豆腐比良の裏側いま日南 阿波野青畝
凍豆腐諏訪の凍星われも知る 後藤比奈夫
田の畦の凍豆腐に月させり 加藤秋邨
天龍のひびける闇の凍豆腐 木村蕪城 一位
新藁の色に送られ凍豆腐 松崎鉄之介
雑草園こよひは作る凍豆腐 山口青邨
久保田家に吊る二タ縒りの凍豆腐 石田勝彦 雙杵
花冷や高野豆腐は薄味に 鈴木真砂女 夏帯
屋根に沈む北斗の杓や凍豆腐 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

寒天造る の俳句

寒天造る の俳句

寒天造る

例句を挙げる。

まよなかの星寒天をあますなし 長谷川素逝 暦日
もうもうと寒天小屋の居沈めり 阿波野青畝
一平野一寒天の下にあり 高野素十
冬の峡寒天干しも顔を干す 加藤楸邨
冬の田に寒天さらし顔さらす 滝沢伊代次
午下の日はあり寒天を晒す人 木村蕪城 寒泉
国境や寒天乾く路傍より 古舘曹人 能登の蛙
垣間見て枯れの一色寒天干し場 和地清
夏痩や寒天食うて夕ごゝろ 癖三酔句集 岡本癖三酔
夕凍の寒天深む透明度 羽部洞然
夜干し寒天守る燈更けても赭きまま 宮津昭彦
夜晒の寒天干し場にマッチ擦る 田中冬二 俳句拾遺
寒天に大晴れしたる花柊 飯田蛇笏 椿花集
寒天に棕梠の葉そよぐ見て登る 北原白秋
寒天に船渠の鎖長短あり 細谷源二 鐵
寒天に落葉松の尖針と揃ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
寒天の干し場にひとり日向ぼこ 田中冬二 麦ほこり
寒天の干し場干し場の藁囲ひ 田中冬二 俳句拾遺
寒天の打ち落すべき何もなし 梅沢一栖
寒天の日輪にくさめしかけたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
寒天の田にうす墨の山凍る 原裕 青垣
寒天の重さ失ふまでは干す 木村滄雨
寒天の電柱老ひしと言ふべき乎 草薙朱砂郎
寒天やしやがまる妻の熱き映画 攝津幸彦
寒天や夕まぐれ来る水のいろ 芥川龍之介 我鬼句抄
寒天を冷やす平穏麻そよぐ 中山純子 沙 羅以後
寒天を凍らすけふの月のぼる 大橋桜坡子
寒天を干して人影なき山田 大橋櫻坡子 雨月
寒天を干して住みつく丹波人 森田峠 避暑散歩
寒天を干し鳥紋の直下かな 岡井省二
寒天を干す雪峰のまかがやき 内藤吐天
寒天を晒すや日没り月のぼる 大橋櫻坡子 雨月
寒天を造りどこやら流人めく 後藤比奈夫
寒天乾きおのづから捨つ海の色 大石悦子 群萌
寒天在所急ぎゆくもの水ばかり 大石悦子 群萌
寒天場いづこの海の潮の香ぞ 沢田弦四朗
寒天場日の色濁り初めにけり 窪田英治
寒天小屋の匂ひなか~馴染まざる 松尾緑富
寒天小屋出づる人影湯気曳きて 原 柯城
寒天小屋土間のくぼみを炉としたり 村上冬燕
寒天小屋寒天煮ずば乞食小屋 加藤かけい
寒天小屋棚に一枚男櫛 辻田克巳
寒天小屋男炊ぎの米こぼす 大橋敦子 匂 玉
寒天小屋裏漢のものの干しありぬ 大石悦子 群萌
寒天小屋覗き見て見ぬ顔をする 橋本美代子
寒天小屋隙間だらけの戸が重し 大橋敦子 勾 玉以後
寒天干場厄除け神が吹かれをり 米沢吾亦紅
寒天干場湖ゆ羽音のいくたびも 宮坂静生 樹下
寒天晒す野にうつくしき水流れ 鍵和田[ゆう]子
寒天杜氏百日雑魚寝してゐたり 安藤恵美子
寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子
寒天田生絹の翳のありにけり 北見さとる
寒天終ひ近し八ケ岳より*はやて来る 宮坂静生 樹下
寒天製す山村磯の香をこめて 鈴木鶉衣
山光や寒天に聳つ木一本 臼田亞浪 定本亜浪句集
嶺々わたる日に寒天を晒すなり 木村蕪城 一位
嶺おろし頬さす寒天晒しけり 伊東宏晃
干寒天星のかけらも混じりたる 辻田克巳
恵那山の渺と寒天造りかな 金子青銅
抱きゆく干寒天の大き嵩 大橋敦子 匂 玉
日のかぎり寒天を干す息を干す 小島千架子
星ひとつ風に飛ばされ寒天場 岬雪夫
昨夜の凍てとけゆく綺羅や糸寒天 水野富美
暁の星またゝく下に寒天干す 冨士原ひさ女
柊を挿して寒天小屋閉ざす 野崎ゆり香
森小春寒天質のわが肉体 折井眞琴
水槽に寒天浮いて夕さりぬ 芥川龍之介
氷の針奔り寒天緊りけり 羽部洞然
畑中に海の匂ひの寒天干す 西村和子 かりそめならず
白き山白き野寒天造りの子 橋本多佳子
白くさむく寒天干場日当りぬ 豊長みのる
粉雪舞ふ闇に寒天造りの燈 堤俳一佳
茜色さす寒天を晒しけり 西村和子 かりそめならず
蜜豆の寒天ごしの蜜黒し 如月真菜
蜜豆の寒天の稜の涼しさよ 山口青邨
隙多き寒天小屋の夜は如何に 久保佳子
雪ざらし月光ざらし寒天干す 野崎ゆり香
雪の峡寒天干しも顔を干す 加藤楸邨
雪汚し寒天運ぶ猫車 伊東宏晃
風出でて寒天干しは山を見る 宮岡計次
風花にたえず寒天干し返し 寺島美園

寒天造る 補遺

嶺々わたる日に寒天を晒すなり 木村蕪城 一位
白き山白き野寒天造りの子 橋本多佳子
凍雲の窺ふ寒天の干し加減 後藤比奈夫
耳藉しあひ雪の屋根師と寒天干 岡井省二 明野
午下の日はあり寒天を晒す人 木村蕪城 寒泉
寒天突き出すも 晒すも 白息劇 伊丹三樹彦
寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子
寒天干に濤のこゑして氷樽 岡井省二 明野
寒天干す 並べる 耳はとうにちぎれ 伊丹三樹彦
寒天を干すはすかひに水平に 右城暮石 句集外 昭和六十年
寒天を干し鳥紋の直下かな 岡井省二 明野
寒天の干場 しらしら 夕凍み待つ 伊丹三樹彦
もうもうと寒天小屋の居沈めり 阿波野青畝

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

寒晒 の俳句

寒晒 の俳句

寒晒

例句を挙げる。

なだるる日簀にせきとめて寒晒 木村蕪城
大冨士にひれ伏す軒端寒晒 勝又一透
寒晒す布に乗りたる流れかな 飯沼衣代
寒晒中将姫の寺の前 大峯あきら 鳥道
寒晒富嶽大きく裏に聳つ 西村公鳳
寒晒日を失へる桶二つ 猪俣勝太郎
寒晒遠くにごれる印旛沼 松崎鉄之介
寒晒雪散りながら月夜かな 大峯あきら
手足まで寒晒したる下部かな 一茶
明日のいろに白樺落葉松寒晒し 和知喜八 同齢
晴るゝ日も雪ちらつくや寒晒 再生
松に杖さくらに杖や寒晒 大峯あきら 鳥道
枯棗の影游ぐ戸や寒晒 高田蝶衣
水で責め水で宥めて寒晒し 右城暮石
荒神の灯りたまへる寒晒 勝又一透
越中の手延そうめん寒晒 松岡 よし子
遠山の晴れ退きぬ寒晒 勝又一透
隠岐の娘の濁世は知らず寒晒 中村苑子
風の来てくぼめし水や寒晒 肝付素方
寒曝富嶽大きく裏に聳つ 西村公鳳
寒曝野を夜歩きの鶴ならん 廣江八重櫻
工程の動より静へ寒曝 西村和子 かりそめならず
恐しき檜山の星や寒曝 大峯あきら 鳥道
水で責め水で宥めて寒曝 右城暮石
瞬間に彎曲の鉄寒曝し(広島原爆ドーム) 山口誓子 青銅
葛桶の箍まさをなる寒曝 西村和子 かりそめならず

寒晒 補遺

なだるる日簀にせきとめて寒ざらし 木村蕪城 寒泉
寒晒遠くにごれる印旛沼 松崎鉄之介
寒晒白一色を目ざすなり 右城暮石 散歩圏
軒にひとつ燕の古巣寒ざらし 加藤秋邨
仕上りし白を削れる寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十八年
水が責めぬきし白さよ寒晒 右城暮石 虻峠
水で責め水で宥めて寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十八年
水音の外に音なし寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十六年
水澄めり太陽澄めり寒晒 右城暮石 句集外 昭和四十六年
庇あはひに雪狂ふ日も寒晒 阿波野青畝
風邪気の葛湯の寒晒しの葛の白さで 荻原井泉水
藁垣の外を舟行く寒ざらし 木村蕪城 寒泉

寒晒 続補遺 

大こんや天狗の鼻の寒ざらし 除風
寒晒土用の中をさかり哉 許六
寒くとも籠に水汲め寒ざらし 土芳

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

煮凝 の俳句

煮凝 の俳句

煮凝

例句を挙げる。

おもふなり月の吉原煮凝に 久保田万太郎 草の丈
寂寞と煮凝箸にかかりけり 萩原麦草
小匙にてすくふ煮凝り越の国 佐川広治
日ノ本暁ヲ覚エズ諸諸ノ肉ノ煮凝リ 夏石番矢 真空律
晴れた日の煮凝り北へ傾きぬ 坪内稔典
棚深く煮凝の皿小家族 井上雪
煮凝って何が起きるかわからない 田邊香代子
煮凝つて骨つながりし魚の眼 中戸川朝人 残心
煮凝てふ日暮たのしむにも似たり 神尾久美子
煮凝にするどき骨のありにけり 大牧広
煮凝にちちの目鼻をさがしゐる 白澤良子
煮凝にまづート箸を下しけり 久保田万太郎 流寓抄
煮凝に哀しき債おもふかな 久保田万太郎 草の丈
煮凝に島のどんぞこゆうらゆら 松澤昭 山處
煮凝に御座(おわ)さぬ母を封じたり 池田澄子
煮凝に春甦る一壺かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
煮凝に母なき月日始まりぬ 加賀美子麓
煮凝に箸しろ~と立てにけり 松村蒼石
煮凝に透けたる鯛の白さかな 今泉貞鳳
煮凝に鯛は片身をうしなひぬ 大石悦子 百花
煮凝のこごり始めを刹那とも 松田理恵
煮凝のつかみどころをさがしをり 西村純吉
煮凝のとけたる湯気や飯の上 鈴鹿野風呂
煮凝のはなればなれの目玉かな 須藤豊子
煮凝のゆつくりだらしなくなりぬ 櫂未知子 蒙古斑
煮凝の半信半疑鮃の目 高澤良一 随笑
煮凝の好きてふ人と見合さす 宮地れい子
煮凝の如き偏見一蹴す 高澤良一 燕音
煮凝の底に魚の目らしきもの 秋山巳之流
煮凝の忽ち溶ける飯の上 大畑利一
煮凝の果ての男と女かな 星野高士
煮凝の皿にとけ込む琥珀色 星野立子
煮凝の目玉大きなあらにかな 高木晴子 花 季
煮凝の眼らしきものを飲みくだす 大沢玲子
煮凝の磯もの鰭を張りにけり 水原秋桜子
煮凝の貧しけれども師と共に 雉子郎句集 石島雉子郎
煮凝の貧忘れめや一昔 寒烟(かんえん)喜谷六花、内田易川編
煮凝の鍋かくしあり角力茶屋 長谷川かな女 牡 丹
煮凝の頭の方を吾に呉るる 高澤良一 随笑
煮凝の馬面剥を引き起こす 大石悦子 百花
煮凝の鰍かなしき鰭張りて 小林黒石礁
煮凝はさびしきときに食すべきか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
煮凝へ赤ちゃんが来て沈みます 坪内稔典
煮凝やいつも胸には風の音 石原八束(1919-98)
煮凝やいのち重しと呟くも 角川春樹
煮凝やうつけ泪のにじみくる 石原八束 『仮幻』
煮凝やおそろしきまで星の数 岩月通子
煮凝やかこつがほどに貧ならず 岩木躑躅
煮凝やこの世のはたと冥くなる 山口 剛
煮凝やしかと見届く古俳諧 村山古郷
煮凝やときに生死は紙一重 長田等
煮凝やともにこごりしちりれんげ 森川暁水 黴
煮凝やなべて夕餉は母ごのみ 白岩 三郎
煮凝やなんとかするとはどうするか 池田澄子 たましいの話
煮凝やにぎやかに星移りゐる 原裕 青垣
煮凝やにわかにふえし湖の鳥 野村はる子
煮凝やますます荒るゝ海の音 佐藤漾人
煮凝やまだ何かある棚の奥 皆川白陀
煮凝やゆうべけだるき土不踏 渡辺祥子
煮凝やわらつてすますうれひごと 森川暁水 黴
煮凝やわれを大事に宿の妻 森川暁水 黴
煮凝やニッケル製の厨匙 左右木韋城
煮凝や一人の昼餉いつよりか 阿部美恵子
煮凝や世に外れたる膝頭 小林康治
煮凝や二日つゞきし妻の留守 村上杏史
煮凝や人に知られず泣き上戸 吉本伊智朗
煮凝や他郷のおもひしきりなり 相馬遷子 山國
煮凝や凝るてふことあはれなる 轡田進
煮凝や凡夫の妻の観世音 日野草城
煮凝や単身赴任の台所 谷川みゆき
煮凝や去年の今夜泣いていた 池田澄子 たましいの話
煮凝や喘鳴の子に朝の椀 安井昌子
煮凝や夜の風に鳴る古墳の樹 久保 武
煮凝や夜は身近なる汽車の音 岩淵喜代子 朝の椅子
煮凝や大正古き世となりて 村井 二郎
煮凝や夫婦となれば恥もなし 山本歩禅
煮凝や女房も同じ浜育ち 彦井きみお
煮凝や妻にひとつの無尽講 青木重行
煮凝や子なき夫婦の相頼り 岸風三楼 往来
煮凝や小ぶりの猪ロのこのもしく 久保田万太郎 流寓抄
煮凝や思ひ出少しづつ溶かし 奥村 直女
煮凝や戦後を人のさまざまに 林徹
煮凝や昼の饒舌夜の寡黙 大島民郎
煮凝や昼をかねたる朝の飯 松尾いはほ
煮凝や時折風の音とぎれ 仙田洋子 橋のあなたに
煮凝や暮れて故山のみなまろし 大石悦子 群萌
煮凝や月夜のどこも葡萄棚 三森鉄治
煮凝や木曾の水車の止むころか 山田春夫
煮凝や歯のなき祖母のおかめ顔 藤森小枝
煮凝や死後にも母の誕生日 神蔵器
煮凝や海に奪はる河の波 河野南畦 『硝子の船』
煮凝や海まぎれゐる夜の方 坂口匡夫
煮凝や海も朝日も真赫にて 茨木和生 三輪崎
煮凝や涙もろさは生れつき 青木謙二
煮凝や父の濃き血を想ふとき 宮田和子
煮凝や父在りし日の宵に似て 草間時彦 櫻山
煮凝や父母の膝下に一と日あり 加倉井秋を 『胡桃』
煮凝や色あらはなる芹一片 碧雲居句集 大谷碧雲居
煮凝や親の代よりふしあはせ 森川暁水 黴
煮凝や言はでものこと口に出て 大石悦子 群萌
煮凝や言葉の暗さ思ひをり 小林康治
煮凝や詩盟おほかた遠国に 大峯あきら
煮凝や象牙の箸の父あらば 伊丹さち子
煮凝や赤きうるしの妻の箸 森川暁水 黴
煮凝や還暦といふ昭和の子 宮岡計次
煮凝や闇の中なる父の家 冨田正吉
煮凝や風やんで竹よく見ゆる 大峯あきら 鳥道
煮凝りて眼鼻なほあり鮒の貌 松本翠影
煮凝りて鰈の菓子のしづかな尾 秋元不死男
煮凝りにとぼしき酒を汲みかはし 浅井 詔子
煮凝りになりたる妻の縫目かな 穴井太 原郷樹林
煮凝りのひえ~と夜のかなしけれ 長谷川湖代
煮凝りのふくめば溶ける母の味 金子豊子
煮凝りの中なる雑魚の確かな瞳 逆井和夫
煮凝りの暗澹として澄みにけり 平井照敏 天上大風
煮凝りの鍋を鳴らして侘びつくす 尾崎放哉
煮凝りの魚の眼玉も喰はれけり 西島麦南
煮凝りは舌に溶けつつなまぐさき 行方克巳
煮凝りやたしなむ酒も処世術 服部八重女
煮凝りやにぎやかに星移りゐる 原 裕
煮凝りや世に外れたる膝頭 小林康治 『華髪』
煮凝りや母の白髪の翅のごと 土橋璞人子
煮凝りや無口の父の遺されて 北見さとる
煮凝りをこのみし祖父の忌日かな 大庭 光子
煮凝りをひらときれいな鼻濁音 内田美紗
煮凝りを箸にはさみて日本人 山口波津女
煮凝をくづして雨の一と日なり 仲原山帰来
煮凝をとろりと逃がし苦笑 影島智子
煮凝をひらときれいな鼻濁音 内田美紗 魚眼石
煮凝を探し当てたる燭暗し 高浜虚子
煮凝を皿にとりわけ文弥節 遊田礼子
煮凝を箸に上ぐるや山動く 松根東洋城
煮凝溶け魚の涙の流れけり 大木あまり 山の夢
猫終ひに帰らずこの夜煮凝りぬ 林原耒井 蜩
玲瓏と入江の鰈煮凝りぬ 水原秋櫻子
生れてこの方脇役のみや煮凝吸ふ 北野民夫
稲妻の野に煮凝りの沼ひとつ 小檜山繁子
荒海を泳ぎ来し眼も煮凝りぬ 渡辺恭子
魚の眼のさむき煮凝くづしけり 津田汀々子
鯛の目の澄みきるまでに煮凝りぬ 太田蘆青
妻の留主に煮凍さがすあるじ哉 高井几董
煮凍にともに著さす女夫かな 黒柳召波 春泥句集
煮凍の出来るも嬉し新世帯 正岡子規
煮凍へともに箸さす女夫哉 召波
煮凍やしかと見届く古俳諧 村上鬼城
煮凍や格子のひまを洩月夜 雁宕
煮凍や漁家の昼闇隣り合ふ 香西照雄 素心
煮凍や簀子の竹のうす緑 其角
煮凍や精進落るかねのこゑ 高井几董
煮凍や精進落る鐘の声 几菫
煮凍を旦夕やひとり住 召波


煮凝 補遺

わが釣の幸三四日煮凝りぬ 阿波野青畝
寒養生煮凝の切れぶるぶると 百合山羽公 樂土
煮こごりに音きて右往左往する 岡井省二 鯨と犀
煮こごりや江東の夜を友とゐて 松崎鉄之介
煮こごりを烏の如くついばめる 山口青邨
煮凝つてゐるぞと箸を弾きける 阿波野青畝
煮凝にうつりて鬢の霜も見ゆ 村上鬼城
煮凝に鰈の白き眼玉かな 右城暮石 虻峠
煮凝のうすくれなゐは正に鯛 阿波野青畝
煮凝のくだけおちけり老の膝 阿波野青畝
煮凝の磯もの鰭を張りにけり 水原秋櫻子 餘生
煮凝の皿にとけ込む琥珀色 星野立子
煮凝の石首魚といふ名のさかな 石塚友二 玉縄以後
煮凝の猪よ奢りはきのふのこと 鷹羽狩行
煮凝の白眼を最後まで残す 桂信子 草影
煮凝も心許なく妻没後 後藤比奈夫
煮凝やきのふの吾を不問にし 上田五千石『琥珀』補遺
煮凝やにぎやかに星移りゐる 原裕 青垣
煮凝やはろかなものに子守唄 岡本眸
煮凝やままこの皿も柿右衛門 阿波野青畝
煮凝や往生わるき一句抱き 上田五千石 天路
煮凝や形くづさず甘露鮒 村山故郷
煮凝や古稀まぢかなる拗け者 佐藤鬼房
煮凝や故郷あらば北が欲し 岡本眸
煮凝や今さらながら母の恩 鷹羽狩行
煮凝や指紋は常に悪に似て 三橋鷹女
煮凝や心に尖る悔の嘴 秋元不死男
煮凝や他郷のおもひしきりなり 相馬遷子 山国
煮凝や父への思ひつながらず 燕雀 星野麥丘人
煮凝や父在りし日の宵に似て 草間時彦 櫻山
煮凝や凡夫の妻の観世音 日野草城
煮凝や鰈全きうらおもて 水原秋櫻子 餘生
煮凝りにパセリの青き朝餉かな 中村苑子
煮凝りのぶるるんと身をふるはする 清崎敏郎
煮凝りの暗澹として澄みにけり 平井照敏 天上大風
煮凝りの鍋を鳴らして佗びつくす 尾崎放哉 大学時代
煮凝りも酢の香も寒の清さかな 右城暮石 句集外 昭和四年
煮凝りや彷彿として物の味 尾崎放哉 大学時代
煮凝りをながらく病みてゐたりけり 平井照敏 猫町
煮凝をかくも華麗に石の家 鷹羽狩行
煮凝を子と食ひちらし獄忘る 秋元不死男
煮凍につめたき腹や酒の燗 正岡子規 煮凍
煮凍の出來るも嬉し新世帶 正岡子規 煮凍
煮凍や漁家の昼闇隣り合ふ 香西照雄 素心
煮凍や北に向きたる臺所 正岡子規 煮凍
天井の龍の眼を煮こごりに 桂信子 草影
貧厨に何の煮凝二タ夜経ぬ 阿波野青畝
満月を上げて煮凝る鯛の目よ 波多野爽波
玲瓏と入江の鰈煮凝りぬ 水原秋櫻子 蘆雁
鈴の緒に月明りして煮凝るよ 波多野爽波
鰤の鎌それとはつきり煮凝に 右城暮石 散歩圏

煮凝 続補遺 

煮凍を旦夕やひとり住 黒柳召波
煮凍や簀子の竹のりす緑 其角
煮凍や夢の通ひ路あらさもし 三宅嘯山
煮凍や精進落るかねのこゑ 高井几董
煮凍にともに箸さす女夫かな 黒柳召波
妻の留主に煮凍さがすあるじ哉 高井几董
金でする二十四孝や凝鮒 許六

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

寒蜆の俳句

寒蜆の俳句

寒蜆の例句

寒蜆晩年追はること多し 小林康治
とつぷりと湖の昏れゆく寒蜆 井伊直子
妻癒えぬ朝むらさきに寒しじみ 綾部仁喜
寒蜆夫婦ぐらしに合はせ買ふ 金子邦子
寒蜆掻くや神名備颪急 由木みのる
寒蜆母がとなへし唱名か 平橋昌子
寒蜆ひと夜の水に吐けぬ泥 小畑啓子
あいらしく白き舌出す寒蜆 大口公恵
寒蜆こつんこつんと口ひらく 大澤ひろし
赫き掌にころがして寒蜆なり 小林京子
味噌汁の寒蜆また湖の蔵(ぞう) 森 澄雄
こぼれても拾ふ一粒寒蜆 山野邊としを
寒蜆むらさきのいろせめぎあふ 岡本まち子
寒蜆生死わかたず積まれあり 飯村志音
枡こぼれ音立てまろぶ寒蜆 藤澤 石山
寒蜆故郷の砂を吐きにけり 野坂 民子
寒蜆むらさきのいろせめぎあふ 岡本まち子
火柱のごとき没日や寒蜆 中岡毅雄
寒蜆水傾けて売られけり 山本洋子
湖の雫もろともに買ふ寒蜆 横山美代子
入潮の川の囁き寒蜆 石川曲水
しやりしやりと三和土に売られ寒蜆 金箱戈止夫
磨かれて石さながらの寒蜆 宮津昭彦
寒蜆笊したたりもなく運ぶ 亀井糸游
寒蜆鼈甲くろき光りかな 松瀬青々
よべ買ひし寒蜆なり水の中 小澤碧童 碧童句集
美しく姑老いたまふ寒蜆 大石悦子
母の忌や桶にひつそり寒蜆 鈴木真砂女
寒蜆昭和ひと桁またも死ぬ 辻田克巳
味噌汁の寒蜆また湖の蔵 森澄雄 游方
寒蜆少し音を上げ煮らるるか 高澤良一 暮津
今日を生きて明日を恃みに寒蜆 松岡千代子
真夜中の内緒ばなしや寒蜆 西澤ひろこ
寒しじみ近江の人の話好き 庄子のぼる
宍道湖の香を一椀に寒蜆 五領田幸子
水にわがゆがむ顔あり寒蜆 富岡秋美
申訳けほどの砂吐き寒蜆 鶴田ちしほ
寒蜆かさこそかさこそ生きてゐる 油井和子
砂吐いて破顔一笑の寒蜆 三国谷美津代
寒蜆ふるさとの水吹きこぼす 池長露星
貝殻は死装束や寒蜆 丸山分水
哀しみの砂吐き切つて寒蜆 椎名智恵子
美しく姑老いたまふ寒蜆 大石悦子
寒蜆その粒粒を食べつくす 矢島昭子
明治よりつづくゆふぐれ寒蜆 八田木枯
寒蜆街の夕日の隅に買ふ 柴田白葉女
私と暮す気でゐる寒蜆 ふけとしこ 真鍮
湖の小石まじりし寒蜆 長谷川櫂 蓬莱
黒きまで澄みたる水に寒蜆 長谷川櫂 古志
美しく姑老い給ふ寒蜆 大石悦子 群萌
妻の座の短かかりしよ寒蜆 鈴木智子
火柱のごとき没日や寒蜆 中岡毅雄
寒しじみ掻く音に覚む瀬田泊り 北川英子

寒蜆 補遺

この町の小路の店に寒蜆 阿波野青畝
一笊やありていのまま寒蜆 森澄雄
味噌汁の寒蜆また湖の蔵 森澄雄
寒蜆双手掬ひに購へり 鷲谷七菜子 一盞
手の切れる水も今昔寒蜆 百合山羽公 樂土
松にゐて半日昏れぬ寒蜆 岡井省二 鹿野
母の忌や桶にひつそり寒蜆 鈴木真砂女 都鳥
水ふふむ重たさ貰ふ寒蜆 能村登四郎
義仲にゆかりの瀬田に寒蜆 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:22 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

凍鶴 の俳句

凍鶴 の俳句

凍鶴

例句を挙げる。

かくまでも鶴啼くものか凍つる夜は 猿渡青雨
かたまつてゐて凍鶴となりにくし 後藤比奈夫 金泥
さざなみに凍鶴は眸をひらきけり 石原舟月 山鵲
ふりむけば角のかたちに鶴凍つ 河野多希女
また一人来て凍鶴の前に立つ 銀漢 吉岡禅寺洞
ゆつくりと来て老鶴の凍て仕度 能村登四郎 菊塵
クロイツェル・ソナタ折り鶴凍る夜 浦川 聡子
一対の凍鶴何の黙示なる 上田五千石 風景
世の汚濁しりぞけて鶴凍てにけり 鈴木真砂女
丹頂の鶴の白玉凍りけり 渡邊水巴
二歩三歩その後まつたく鶴凍てし 鈴木真砂女
人声にさとくふたたび鶴凍てぬ 鈴木白祇
伯牙断絃つくづく鶴の凍てにけり 龍岡晋
公傷の指先とほく鶴凍てし 細谷源二 鐵
凍ての鶴悲のきはまりにかうと啼く 高澤晶子
凍て鶴の火を蔵したる胸かたち 能村登四郎
凍とけや野づらに高き鶴の脛 松岡青蘿
凍解けて鶴の臭ひの身に戻る 鷹羽狩行
凍鶴が羽ひろげたるめでたさよ 阿波野青畝
凍鶴が羽根ひろげたるめでたさよ 阿波野青畝(1899-1992)
凍鶴とならざるために歩を運ぶ 樋笠文
凍鶴と逢ふはひとりの饗宴にて 横山白虹
凍鶴にとゞく日ざしもしりぞきぬ 星野立子
凍鶴に一つ菫の咲いてゐし 岸本尚毅(1961-)
凍鶴に人を待ちつつ弱くなる 石川桂郎 含羞
凍鶴に今日の日薄くなりにけり 米沢吾亦紅 童顔
凍鶴に冬木の影の来ては去る 富安風生
凍鶴に大地従ひゆく静寂 稲畑汀子
凍鶴に寸の日差しも来ずなりぬ 齋藤玄 『無畔』
凍鶴に忽然と日の流れけり 石橋秀野
凍鶴に村は乏しき灯を洩らし 佐藤艸魚
凍鶴に躬ひとつの影寄り佇たす 稲垣きくの 牡 丹
凍鶴に金色の額縁を嵌めよ 田仲了司
凍鶴に銑鉄の蔓からみつく 八木三日女 赤い地図
凍鶴に隣の檻のさわがしく 鈴木真砂女
凍鶴のうなじも見えず立てりけり 増田龍雨 龍雨句集
凍鶴のかくも間近かにゐてかなし 安住敦
凍鶴のごとく棺におはすかな 吉屋信子
凍鶴のしかと魂抱きをり 香川千江子
凍鶴のたしかに向きを変へてをり 高橋三柿楼
凍鶴のつういつういとー漁り 阿波野青畝
凍鶴のふたゝび閉ぢし瞼かな 河野静雲 閻魔
凍鶴のほとりの土の雀かな 中村三山
凍鶴のやをら片足下しけり 高野素十
凍鶴のわれをうかがふ頸のべぬ 木下夕爾
凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす 山口青邨(1892-1988)
凍鶴の佇ちては神にそよぎけり 齋藤玄 『無畔』
凍鶴の凍ての外なる木の根つこ 原裕 青垣
凍鶴の凡字の如くたてるかな 龍岡晋
凍鶴の啼かむと喉をころろころろ 山口誓子(1901-94)
凍鶴の啼くとき頸を天にせる 岸風三樓
凍鶴の嘴さし入れて水澄めり 右城暮石 上下
凍鶴の地軸となりし脚玄き 渡辺恭子
凍鶴の声なき息のあはあはと 大竹朝子
凍鶴の声もて星につながれり 吉野義子
凍鶴の夢のはじめに火色雲 鷹羽狩行 七草
凍鶴の大きく足の指ひらく 岸本尚毅 舜
凍鶴の寂しさ脚に極まれり 永井たえこ
凍鶴の徹頭徹尾凍てにける 長尾宗一
凍鶴の日翳れば一木叢なり 平井照敏 天上大風
凍鶴の梵字の如くたてるかな 龍岡晋
凍鶴の檻に降り込む雨となり 岸本尚毅 舜
凍鶴の水を銜ば仰ぐなり 楠目橙黄子
凍鶴の澎湃と尻吹かれけり 八木林之介 青霞集
凍鶴の火のやうな声発しけり 石嶌岳
凍鶴の生きてゐる喉動きけり 合田ミユキ
凍鶴の白き羽毛と黒き羽毛 右城暮石 声と声
凍鶴の目覚めたるとき足降ろす 対馬康子 吾亦紅
凍鶴の瞬くを待つ瞬かず 向笠和子
凍鶴の祈りにも似て風に向く 藤井吉道
凍鶴の羽摶たむと佳き形せり 右城暮石 声と声
凍鶴の翼に金ンの生れけり 永田耕衣
凍鶴の脚踏み替えて又凍てぬ 遠藤雪花
凍鶴の身の透くまでに立ちつくす 長田 等
凍鶴の隻脚の地に刺さりをり 石井とし夫
凍鶴の頸に始まる一星座 対馬康子 吾亦紅
凍鶴の首を伸して丈高き 高濱虚子
凍鶴は夜天に堪へず啼くなめり 山口誓子
凍鶴は首を曲げずに遠く見る 鈴木八駛郎
凍鶴やきらきら零す風邪薬 堺 信子
凍鶴やけぶりの空をかづきたる 後藤夜半 翠黛
凍鶴や入場券の他になし 対馬康子 純情
凍鶴や必ず松に片がくれ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
凍鶴や沖の暁雲茜さす 野村喜舟
凍鶴や湿原の川海へ入る 佐野農人
凍鶴や足を下ろして歩みそめ 清水賀名生
凍鶴をいとしみ星よ疾く光れ 雑草 長谷川零餘子
凍鶴をやがてひとりの我も去る 永井龍男
凍鶴を指すに花束をもつてしぬ 加倉井秋を
凍鶴を見しより孤独ふかみけり 成瀬桜桃子 風色
凍鶴を見てきぬ皿に肉赤き 波多野爽波 『湯呑』
凍鶴を見る人もなき落葉かな 比叡 野村泊月
凍鶴を解くまじき影歩きだす 稲垣きくの 牡 丹
凍鶴を詠ふや人に負けまじく 波多野爽波 『一筆』以後
凍鶴を詠みてそれより誓子病む 岸風三楼 往来
動かねば凍鶴の翳雪に濃し 佐藤たみ子
去年の鶴去年のところに凍てにけり 水原秋櫻子
双鶴の影をかはして凍てにけり 西島麥南 金剛纂
園長の采て凍鶴に佇ちにけり 篠原鳳作
垣なして月明の鶴凍つるなり 原裕 出雲
夕影のかぎりをつくし鶴凍つる 大岳水一路
夫婦鶴凍鶴となり相寄らず 大串 章
妻に秘めむ恍惚鶴もろともに凍て 古館曹人
子の鶴も親にならひて凍てはじむ 波多野爽波 『一筆』以後
子供等にいつまで鶴の凍つるかな 石田波郷
折鶴のごとくに葱の凍てたるよ 秋を
東伏見宮御下賜の鶴凍てにけり 龍岡晋
水飲みて凍を強めし凍鶴よ 鷹羽狩行
淋しさの置きどころなく鶴凍てぬ 有馬籌子
爪立ちに鶴を覗ひ妻凍つる 原裕 出雲
白き事動かざること凍鶴に 稲畑廣太郎
空間がくづれる凍鶴歩き出し 松村禎三
菓鋪街の鴻池邸鶴凍てぬ 宮武寒々 朱卓
藁塚の辺に来てゐたる凍鶴よ 高木良多
踏み替へてまた凍鶴に戻りけり 栗島 弘
踏襲のままの姿勢に鶴凍てり 上田五干石
身を掻けば穢がぽろぽろと鶴凍つる 波多野爽波 『一筆』
身一つに耐へて凍鶴眠りけり 永井龍男
雙鶴の影をかはして凍てにけり 西島麦南 人音
雲に凍鶴声をはなちけり 西島麦南 人音
電燈の明るさに鶴凍てにけり 渡辺水巴 白日
鞠躬如その凍鶴の歩みけり 古舘曹人 砂の音
鴛鴦の水かがやき鶴は凍てにけり 岸風三楼 往来
鶴の棲むところと聞けば凍ゆるむ 山口青邨
鶴よりも先に己レの凍ててをり 菅原章風
鶴一羽凍を完成してをりぬ 京極杞陽
鶴凍つて一羽毛すら散らさざり 能村登四郎
鶴凍つる舞ひおさめたる一歩より 大岳水一路
鶴凍ててとほき湊の白浪す 大野林火
鶴凍てて夕空高く鳴りにけり 藺草慶子
鶴凍てて気にせしものに腕時計 稲垣きくの 牡 丹
鶴凍てて水ほとばしる蛇口かな 岸本尚毅 舜
鶴凍てて紙の如くに羽吹かれ 深見けん二
鶴凍てて能面一つづつ違ふ 岸本尚毅 舜
鶴凍てて花の如きを糞りにけり 波多野爽波 『湯呑』
鶴妙に凍ててともしきいのちかな 飯田蛇笏 春蘭
霜の鶴土へふとんも被されず 榎本其角
丹頂の頭巾似あはむ霜の鶴 高井几董

凍鶴 補遺

おおははを憶ふ浅黄の凍鶴よ 三橋鷹女
かたまつてゐて凍鶴となり難し 後藤比奈夫
ひともがきして凍鶴の凍てを解く 能村登四郎
ひと揺ぎせり凍鶴に夢ありや 能村登四郎
むらさきに凍鶴昃りそめにけり 後藤比奈夫
一対の凍鶴何の黙示なる 上田五千石 風景
雲に凍鶴声をはなちけり 西島麦南 人音
雲の影きて凍鶴となる百羽 鷹羽狩行
眼をあけて偽凍鶴となりきりし 能村登四郎
鞠躬如その凍鶴の歩みけり 古舘曹人 砂の音
公傷の指先とほく鶴凍てし 細谷源二 鐵
真正面より凍鶴へ歩み寄る 鷹羽狩行
身を掻けば穢(え)がぽろぽろと鶴凍つる 波多野爽波
水飲みて凍を強めし凍鶴か 鷹羽狩行
水底に凍鶴白く映り佇つ 右城暮石 句集外 昭和三十年
水翳に凍鶴の羽の吹かれもす 飯田蛇笏 白嶽
世の汚濁しりぞけて鶴凍てにけり 鈴木真砂女 夏帯
前世に約されしごと鶴凍つる 上田五千石 風景
壮行歌遠のきゆふべ鶴凍てき 伊丹三樹彦
足と嘴はなしたる鶴凍てにけり 阿波野青畝
朝光にけむらふごとく鶴凍てき 伊丹三樹彦
頂の丹より凍鶴解けはじむ 鷹羽狩行
鶴凍ててとほき港の白浪す 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
鶴凍てゝ一羽毛すら散らさざり 能村登四郎
鶴凍てて花の如きを糞りにけり 波多野爽波
鶴凍てて紙の如くに羽吹かれ 深見けん二
鶴凍てて日輪心細くなる 後藤比奈夫
鶴凍てて夕べ山影伸び切りし 稲畑汀子
鶴凍てぬ 透きとほるまで凍ててあれ 富澤赤黄男
電燈の明るさに鶴凍てにけり 渡邊水巴 白日
凍強くして凍鶴の安らげる 鷹羽狩行
凍鶴が羽ひろげたるめでたさよ 阿波野青畝
凍鶴が動き四五人うごきけり 藤田湘子 てんてん
凍鶴とちがふところに病める鶴 能村登四郎
凍鶴となり長き脚長き嘴 鷹羽狩行
凍鶴となる際の首ぐぐと入れ 飯島晴子
凍鶴と見えはた老鶴とも思ふ 能村登四郎
凍鶴に近づく水輪何ならむ 水原秋櫻子 蘆雁
凍鶴に忽然と日の流れけり 石橋秀野
凍鶴に自照の光顕ちにけり 上田五千石 風景
凍鶴に十歩はなれて糞も凍つ 能村登四郎
凍鶴に人を待ちつつ弱くなる 石川桂郎 含羞
凍鶴に立ちて出世の胸算用 波多野爽波
凍鶴に隣の襤のさわがしく 鈴木真砂女 居待月
凍鶴のおろそかの瞳や神のごと 永田耕衣
凍鶴のごとくに老いよこひつまは 三橋鷹女
凍鶴のしかと締りし羽交ひかな 能村登四郎
凍鶴のつういつういと一漁り 阿波野青畝
凍鶴のひらかんとせし翼かな 永田耕衣
凍鶴の愛忘じたる立すがた 能村登四郎
凍鶴の一歩を賭けて立ちつくす 山口青邨
凍鶴の一本足の安定度 阿波野青畝
凍鶴の咽喉に寸の日ざしかな 林翔
凍鶴の羽ばたき散りしもの小さし 永田耕衣
凍鶴の羽摶たむと佳き形せり 右城暮石 声と声
凍鶴の眼の紅さしてかなしけれ 山口青邨
凍鶴の眼の瞠きてをりにけり 能村登四郎
凍鶴の金網羽毛ちりばめて 右城暮石 虻峠
凍鶴の群れて即かざる離れざる 鷹羽狩行
凍鶴の景をくづさず足替ふる 上田五千石 琥珀
凍鶴の思ひの外にわれ立てり 鷹羽狩行
凍鶴の首いつせいに伸ばすとき 鷹羽狩行
凍鶴の柔毛そよぐに任せたる 鷹羽狩行
凍鶴の上に檻の影あやまたず 飯島晴子
凍鶴の真顔は真顔もて愛す 三橋鷹女
凍鶴の真黒き羽毛を落しゐぬ 永田耕衣
凍鶴の水仰ぎ飲む一度きり 右城暮石 句集外 昭和四十九年
凍鶴の足上げ吾に歩み寄る 右城暮石 句集外 昭和三十八年
凍鶴の対なるものは寿 鷹羽狩行
凍鶴の吐息に触れし指の先 中村苑子
凍鶴の凍ての外なる木の根つこ 原裕 青垣
凍鶴の筒声天に冲しける 山口誓子
凍鶴の日翳れば一木叢なり 平井照敏 天上大風
凍鶴の白き羽毛と黒き羽毛 右城暮石 声と声
凍鶴の白き黙考つゞきをり 上田五千石『田園』補遺
凍鶴の膝折るところ見てしまふ 鷹羽狩行
凍鶴の片眼寄り行く吾を見る 右城暮石 句集外 昭和四十七年
凍鶴の夢のはじめに火色雲 鷹羽狩行
凍鶴の翼に金ンの生れけり 永田耕衣
凍鶴の翼ひろげて少し不幸 鷹羽狩行
凍鶴の佇ちの寂づけさ耐へがたし 安住敦
凍鶴の啼かむと喉をころろころろ 山口誓子
凍鶴の嘴さし入れて水澄めり 右城暮石 上下
凍鶴の嘴にてしごく風切羽 右城暮石 虻峠
凍鶴の嘴勁し餌の砂まみれ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
凍鶴は夜天に堪へず啼くなめり 山口誓子
凍鶴やけぶりの空をかづきたる 後藤夜半 翠黛
凍鶴や孤松もまことたのもしく 山口青邨
凍鶴や頂へ丹を押し上げて 鷹羽狩行
凍鶴を詠ふや人に負けまじく 波多野爽波
凍鶴を見つめるわれも檻の中 鷹羽狩行
凍鶴を腸冷ゆるまで見てゐたり 能村登四郎
踏襲のままの姿勢に鶴凍てり 上田五千石 田園
二歩三歩その後まつたく鶴凍てし 鈴木真砂女
飛来数期待の 霜の鶴の里 伊丹三樹彦
夢ひとついま凍鶴の羽の中 加藤秋邨
葉牡丹の一塊凍鶴の檻の前 山口青邨
立ち跼り双の凍鶴汚れし午后 伊丹三樹彦
啼くときに凍鶴羽をすこし使ふ 鷹羽狩行
檻に彳ち凍鶴としておしとほす 上田五千石『田園』補遺
爛爛たる星座凍鶴並び立つ 山口誓子

凍鶴 続補遺 

丹頂の頭巾似あはむ霜の鶴 高井几董
霜の鶴土へふとんも被されず 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の雁 の俳句

冬の雁 の俳句

冬の雁

例句を挙げる。

冬雁に寄生をかかぐる河明り 下村槐太 天涯
冬雁に水を打つたるごとき夜空 大野林火(1904-84)
冬雁に野山応へず過ぎにけり 草間時彦 櫻山
冬雁のゆき水中に畦黒し 西村公鳳
冬雁の富士に切火を打つごとし 鈴木蚊都夫
冬雁の沖へ綴れる糸ありや 阿部みどり女
冬雁の耳貸すものに応へけり 関森勝夫
冬雁は白きもの日に真向へば 八木澤高原
冬雁やもの言ふ妻が母の如し 細川加賀 『傷痕』
冬雁や太き木樋の宿の軒 羽部洞然
冬雁や家なしのまづ一子得て 森澄雄 雪櫟
冬雁を聴くふるさとの橋存す 村越化石 山國抄
冬雁を見送りし眼のやりばかな 草間時彦 櫻山
夜嵐に寒雁鳴くも薄月夜 飯田蛇笏 椿花集
寒雁に仄めく月の上りけり 飯田蛇笏 椿花集
寒雁に騒立つ湖の場を展く 飯田蛇笏 椿花集
寒雁のこゑの触れたる畝傍山 藤田あけ烏 赤松
寒雁のこゑの零るる鑪(たたら)山 宮慶一郎
寒雁のさすらひの列一文字 佐藤国夫
寒雁のしんがり行くは泣けるなり 齋藤愼爾
寒雁のつぶらかな聲地におちず 飯田蛇笏
寒雁のほろりとなくや藁砧 原石鼎 花影以後
寒雁のゆくへ橋々夕焼けて 松村蒼石 雁
寒雁のわが秘め沼に下りくる日 文挟夫佐恵 遠い橋
寒雁の一と声もなく遠くなる 大橋敦子 匂 玉
寒雁の一羽おくれし四羽の空 野沢節子 八朶集
寒雁の墓より重くなりにけり 斎藤玄 雁道
寒雁の声そろひ落つ母の上 細川加賀 『傷痕』
寒雁の声のみ湖のまくらがり 森田峠
寒雁の声の浅寝の胸にかな 恩賀とみ子
寒雁の声客船は絶えにけり 喜谷六花
寒雁の声岬風に消えにけり 大須賀乙字
寒雁の声棹をなす真中より 井沢正江
寒雁の声長庚を点じけり 金尾梅の門 古志の歌
寒雁の夜を張りつめし仕込水 吉岡泰山木
寒雁の翅に暮色は重からずや 大野林火
寒雁の行方やあまりにも高し 岸風三樓
寒雁の身より雫す昼茜 乾 燕子
寒雁の高々ゆくを誰に告げむ 岸田稚魚
寒雁や水空に列脹りて去る 松村蒼石 雁
寒雁や終章は人死ににけり 大石悦子
寒雁や膏薬の香を両肩に 村越化石 山國抄
寒雁や舟待人の振る篝 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
寒雁や船待人の振る篝 高田蝶衣
寒雁を仰ぎ大いなるもの仰ぐ 山田瑞子
寒雁を見る日のあらん軍旅かな 尾崎迷堂 孤輪
寒雁を醒めし眼を以て見てゐたり 草間時彦 櫻山
月面に寒雁の翳かゝりけり 原石鼎 花影以後
水へ水へと冬雁の死処さがし 能村登四郎
海曇り冬雁一羽にも会はず 阿部みどり女 月下美人
野空ゆく寒雁をまつ水はあり 臼田亞浪 定本亜浪句集
馭者あふぐ見れば寒雁わたるなり 皆吉爽雨
たむろして群のさびしさ冬の雁 斎藤玄 雁道
みひらけば眼からかわくよ冬の雁 鎌倉佐弓
カレー燃ゆ市門に乱る冬の雁(カレーの市民像) 角川源義 『神々の宴』
人の目にありて血の減る冬の雁 斎藤玄 雁道
伊勢の田の芥に下りて冬の雁 河東碧梧桐
倒産の一語尾をひく冬の雁 小松崎爽青
冬の日の雁の背丈の寸づまり 齋藤玄 『雁道』
冬の雁くろがねの空残しけり 伊藤通明
冬の雁の腹まざと見しさびしさよ 安住敦
冬の雁世の片隅になれの果 島将吾
冬の雁並みゆく翳のひくまりし 飯田蛇笏 椿花集
冬の雁人の非あばくこと易く 岸風三楼 往来
冬の雁声届かねば手をあげて 福永耕二
冬の雁夕空束の間にかはる 加倉井秋を 『胡桃』
冬の雁朽ちて僅かに狩の弓 百合山羽公 故園
冬の雁楯の雨さへ氷る夜に 喜谷六花
冬の雁海に身を漬け蜑ひとり 百合山羽公 故園
冬の雁湯上り童女まるはだか 伊藤通明
冬の雁満州浪人の叔父ありし 高千夏子
冬の雁生死知れねばあきらめず 安住敦
冬の雁空では死なず山の数 齋藤玄 『雁道』
冬の雁空に鼓動をのこしつつ 三嶋隆英
冬の雁細月掛かる空の端 平田君代
冬の雁紺の法被を落しけり 磯貝碧蹄館
冬の雁落ちたり後は知らざりき 鷲谷七菜子 天鼓
冬の雁訣るるときはふり向かず 樋笠文
冬の雁農家にたのむことばかり 百合山羽公 故園
冬の雁頬を埋めて牛も寝し 百合山羽公 故園
卒然と羽音脊を切る冬の雁 相馬遷子 雪嶺
執すれば空の青すら冬の雁 斎藤玄 雁道
寒の雁枕木のごと続き消ゆ 阿部みどり女
寒の雁磐余の田井を*あさるかな 下村槐太 天涯
寒の雁身ぬちに崖のある日かな 鍵和田釉子
山脈が尽きて乱れし冬の雁 対馬康子 愛国
山脈に沿ふ空淡し冬の雁 相馬遷子 雪嶺
捨てつくしたる明るさの冬の雁 齋藤愼爾
掌をみつつさびしくなりぬ冬の雁 加藤秋邨 野哭
春の雁眉うしなうて眩しめり 角川源義 『冬の虹』
母起ちてともす灯ちさし冬の雁 桂信子 黄 炎
海道の切れつ聳えつ冬の雁 百合山羽公 故園
淋しさの一生病みつつ寒の雁 野澤節子
点眼のあとの右目に冬の雁 長田等
焼跡に仰げば寒の雁か 石田波郷
磯松に旅人病み居り冬の雁 比叡 野村泊月
米負ひて知世子ならずや冬の雁 加藤秋邨 野哭
絵を売りに弟出て行く冬の雁 加倉井秋を
萱積んで降りぬかれけり冬の雁 乙字俳句集 大須賀乙字
蜆かく舟も見えずよ冬の雁 河東碧梧桐
誰かまづ灯をともす町冬の雁 飴山實 少長集
雨飾山より冬の雁飛来 橋本榮治 逆旅
雲中に甲斐駒かしぐ冬の雁 相馬遷子 雪嶺
青澄みて山脈残る冬の雁 相馬遷子 雪嶺
面会にゆくとの便り 冬の雁 野村秋介
鳴けるだけ鳴いて今生冬の雁 倉田素香

冬の雁 補遺

このところひととも会はず冬の雁 安住敦
たむろして群のさびしさ冬の雁 斎藤玄 雁道
みちのくの人知れずこそ冬の雁 山口青邨
カレー燃ゆ市門に乱る冬の雁 角川源義
人の目にありて血の減る冬の雁 斎藤玄 雁道
冬の日の雁の背丈の寸づまり 斎藤玄 雁道
冬の雁の腹まざと見しさびしさよ 安住敦
冬の雁並みゆく翳のひくまりし 飯田蛇笏 椿花集
冬の雁二羽なるにやや離れゆく 岡本眸
冬の雁朽ちて僅かに狩の弓 百合山羽公 故園
冬の雁海に身を漬け蜑ひとり 百合山羽公 故園
冬の雁焼土ばかり起伏せり 加藤秋邨
冬の雁生死知れねばあきらめず 安住敦
冬の雁空では死なず山の数 斎藤玄 雁道
冬の雁落ちたり後は知らざりき 鷲谷七菜子 天鼓
冬の雁見て来て夕ベ椅子に坐す 有馬朗人 母国
冬の雁触れてくづるる汝が墓か 岸田稚魚 負け犬
冬の雁農家にたのむことばかり 百合山羽公 故園
冬の雁頬を埋めて牛も寝し 百合山羽公 故園
冬雁に寄生をかかぐる河明り 下村槐太 天涯
冬雁に野山応へず過ぎにけり 草間時彦 櫻山
冬雁のにはかなり顔野の駅に 岡井省二 五劫集
冬雁の人近くきてひるがへる 岡井省二 夏炉
冬雁の声よ神住む森の奥 角川源義
冬雁やいまだかへらぬ人の上 加藤秋邨
冬雁や家なしのまづ一子得て 森澄雄
冬雁を見送りし眼のやりばかな 草間時彦 櫻山
卒然と羽音脊を切る冬の雁 相馬遷子 雪嶺
執すれば空の青すら冬の雁 斎藤玄 雁道
山脈に沿ふ空淡し冬の雁 相馬遷子 雪嶺
島の湖の夜景見過ぐ時冬の雁 村山故郷
我あゆみ世にそるるかも冬の雁 能村登四郎
掌をみつつさびしくなりぬ冬の雁 加藤秋邨
水へ水へと冬雁の死処さがし 能村登四郎
海道の切れつ聳えつ冬の雁 百合山羽公 故園
磯巌にまた日かげりぬ冬の雁 原石鼎 花影
米負ひて知世子ならずや冬の雁 加藤秋邨
肉置の慎ましかりき冬の雁 飯島晴子
蜆かく舟も見えずよ冬の雁 河東碧梧桐
誰かまづ灯をともす町冬の雁 飴山實 少長集
雲中に甲斐駒かしぐ冬の雁 相馬遷子 雪嶺
霧ごめの声や阿漕の冬の雁 鷲谷七菜子 游影
青澄みて山脈残る冬の雁 相馬遷子 雪嶺

寒雁 補遺

野空ゆく寒雁をまつ水はあり 臼田亜郎 定本亜浪句集
夜嵐に寒雁鳴くも薄月夜 飯田蛇笏
月面に寒雁の翳かゝりけり 原石鼎 花影以後
寒雁を醒めし眼を以て見てゐたり 草間時彦 櫻山
寒雁や水空に列脹りて去る 松村蒼石 雁
寒雁や人にもまれし旅半ば 永田耕衣
寒雁やなほひかりだす鑿の先 赤尾兜子 玄玄
寒雁の翅に暮色は重からずや 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
寒雁の墓より重くなりにけり 斎藤玄 雁道
寒雁の一羽おくれし四羽の空 野澤節子 八朶集
寒雁のゆくへ橋々夕焼けて 松村蒼石 雁
寒雁のほろりとなくや藁砧 原石鼎 花影以後
寒雁のつぶらかな声地におちず 飯田蛇笏
寒雁に仄めく月の上りけり 飯田蛇笏
寒雁に騒立つ湖の場を展く 飯田蛇笏
寒雁か貧厨に錆び易きもの 三橋鷹女

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 05:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング