<   2017年 04月 ( 262 )   > この月の画像一覧

鶏合  の俳句

鶏合  の俳句

鶏合

例句を挙げる。

うつ然と大樹の下の鶏合せ 柴田白葉女 花寂び 以後
くづれては寄る人垣や鶏合 島崎秋風
一蹴りの目にもとまらず鶏合 森田 峠
人の輪の見せざる修羅や鶏合 野村喜舟 小石川
人垣のうしろに僧や鶏合 鈴木鷹夫
勝ちて酒負けても酒や鶏合 西村旅翠
只今たゞ抜羽二枚や鶏合 森田峠 逆瀬川
奈良線に沿へりし邑の鶏合せ 山口誓子
幼年のわれに祖父あり鶏合せ 佐藤鬼房
弘法寺の坂下り来れば鶏合 高野素十
春あつく素袍に汗や鶏合 飯田蛇笏 山廬集
暦日もなき山中や鶏合 和気魯石
父呼びに行きたるままや鶏合 徳淵富枝
老人の首にタオルや鶏合 小澤實 砧
荷下ろして見てゐる人や鶏合 高浜虚子
蹴上げざま血に羽ばたける鶏合 福田蓼汀
逆立てし羽に日の差す鶏合せ 岩切貞子
鶏の血を口で拭ひき鶏合 松瀬青々
鶏合す鍛冶場の路地の雪を割り 山崎羅春
鶏合せ覗き去りたる神父かな 吉川 耕花
鶏合せ雪を散らして了りけり 皆川盤水
鶏合の風生ぐさし月の山 姉崎 昭
鶏合人輪もろ共移りけり 浅井啼魚
鶏合目も見ずなりてあはれなり 曉台
鶏合篇がこひぞおぞましき 野村喜舟 小石川
鶏合虫歯のはれを抑えつゝ 野村喜舟 小石川
鶏合鶏ふところにして来る 岡田抜山
人間の眼もていどめる二羽や闘鶏図 文挟夫佐恵
森の村闘鶏場にしんと人 金子兜太(1919-)
秋光や闘鶏老いし頸を立て 松本幹雄
闘鶏のうしろ真白き濤がしら 北見さとる
闘鶏のかすかなる血を浴びにけり 中西夕紀
闘鶏のねむりても張る肩の月 加藤楸邨
闘鶏のばつさばつさと宙鳴れり 野澤節子 『存身』
闘鶏の人の散りゆく灰神楽 吉田汀史
闘鶏の修羅場となりぬ萬花鏡 小島ノブヨシ
闘鶏の抱かれて蹴爪たたみけり 宮岡計次
闘鶏の眼つむれて飼はれけり 村上鬼城
闘鶏の血が白幕に少しづつ 日原傳
闘鶏の血しぶきの宙くもれりき 森川暁水
闘鶏の血を見て帰る疾風なか 成田千空
闘鶏の驚破虹霓を放ちけり 龍岡晋
闘鶏やおのれ罪人のごと覗く 加藤知世子 黄 炎
闘鶏や人輪崩れず日の下に 原月舟
闘鶏や和田畠山亡びゆき 尾崎迷堂 孤輪
闘鶏や川飛び越えて人来る 高浜虚子
闘鶏や花の下影こきところ 村上鬼城
闘鶏や遠き干潟に船傾ぎ 大岳水一路
闘鶏を小脇に海の男たち 坂本宮尾
闘鶏図双巒を藍に描きけり 野村喜舟 小石川
闘鶏実を倒や蕃椒 高橋馬相 秋山越
闘鶏師かたむく椅子にありにけり 岸本尚毅 選集「氷」
闘鶏師持参の餅を炉に焼いて 高濱年尾 年尾句集
闘鶏師負けたるときのこと言はず 水木祥壱
隅々まで見て竹秋の闘鶏図 高澤良一 素抱
勝鶏などもかなし全身抱き上げられ 五十嵐研三
勝鶏に手をあましをる夫婦かな 鈴木 灰山子
勝鶏の宙をとびゆく土けむり 植田露路
勝鶏の抱く手にあまる力かな 太祗
勝鶏の水呑みやまぬのんどかな 藤木紫風
勝鶏も負鶏も抱きかゝへられ 林旗亭
勝鶏を抱き昂ぶりを分ち合う 村山白朗
勝鶏を抱く一蹴を胸に受く 小畑晴子
負鶏も勝鶏もまたあはれなり 高濱年尾 年尾句集
ねむごろに拭かれ負鶏目をつむる 前田まこと
旅幾日負鶏のごと水を飲む 河野薫
負鶏に水ふくませぬ口づから 伊藤葦夫
負鶏に物言ひて水口移し 田川飛旅子 『使徒の眼』
負鶏のぬけがらのなほ闘へり 小川軽舟
負鶏の伏籠に垂れてゆるきまり 小澤實
負鶏を自転車に抱き去りにけり 河野静雲 閻魔
負鶏を蜜樹箱にて持ち去れり 棚山波朗

鶏合 補遺

鎌倉や今は草屋のとり合 正岡子規 鶏合
宮人やあつかひかゝる鶏合 尚白
畦みちをいくつも曲り鶏合せ 鷹羽狩行
鶏合あとをにごさず梅の花 平畑静塔
鶏合せ勝たる方へ花がふる 正岡子規 鶏合
鶏合左右百羽を分チけり 黒柳召波
見おろせば谷間の宿も鶏合せ 百合山羽公 春園
弘法寺の坂下り来れば鶏合 高野素十
作業衣の四五人囲む鶏合せ 伊藤白潮
死に花を咲かせ闘鶏抱へられ 平畑静塔
蹴爪の血洗うてやりぬ鶏合 阿波野青畝
春あつく素袍に汗や鶏合 飯田蛇笏 山廬集
勝鶏の世は若衆に抱かれけり 言水
勝鶏の目玉をむきて鳴きにけり 阿波野青畝
小説にこれもありたる鶏合 高野素十
振袖を小だてにとるや鶏合 木導
森の村闘鶏場にしんと人 金子兜太
僧も知る闘鶏師名は勘太郎 高野素十
太陽潮臭く闘鶏の女孕む 橋閒石 風景
稚子を背中ですかす鶏合 路健
闘鶏に時うつくしき時雨かな 岡井省二 明野
闘鶏に父がをりたる不思議かな 高野素十
闘鶏のことにはじまる話かな 高野素十
闘鶏のばつさばつさと宙鳴れり 野澤節子 存身
闘鶏のひよこにぎにぎしく殖やす 平畑静塔
闘鶏の眼つぶれて飼はれけり 村上鬼城
闘鶏の見えぬ鳥屋(とや)より時つくる 平畑静塔
闘鶏の蹴上げ蹴おろす羽風かな 村上鬼城
闘鶏の所場の麦畑踏みの無茶 平畑静塔
闘鶏やもの喰まぬ眼の菊の白 石橋秀野
闘鶏を見えぬよ男体山自身 平畑静塔
闘鶏稲置告げし氷室に雪敷けり 松崎鉄之介
奈良線に沿へりし邑の鶏合せ 山口誓子
二人して勝鶏さする褒美哉 三宅嘯山
濃化粧の女もまじり鶏合せ 高浜年尾
廃工場いま闘鶏の正念場 藤田湘子 神楽
負鶏の是非もなく~寐入けり 三宅嘯山
負鶏も勝鶏もまたあはれなり 高浜年尾
負鶏を絞めてつぶすと吹聴す 平畑静塔
抱き具合闘鶏負けし己知る 平畑静塔
名を武蔵籠の闘鶏みじろがず 平畑静塔
幼年のわれに祖父あり鶏合せ 佐藤鬼房
六波羅や今は草家の鶏合 正岡子規 鶏合
濤音の熊楠なりき鶏合せ 岡井省二 大日
臘梅を見て湖を見て闘鶏よ 岡井省二 猩々

by 575fudemakase | 2017-04-30 06:25 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

闘牛  の俳句

闘牛  の俳句

闘牛

例句を挙げる。

がじゆまるに春荒つのる牛角力 荒井正隆
つっかけて受けてごつんと牛角力 高澤良一 寒暑
やぶ入や牛合点して大原まで 其角
一山は白樺ばかり闘牛祭 柳幸ヨミ
伊予音頭ながして伊予の牛角力 野村ひさ子
八朔の闘牛の角鎌で研ぐ 棚山波朗
場外に待つ闘牛の無心顔 篠田悦子
木喰の籠りし山の牛角力 矢島渚男 延年
桐咲いて越の闘牛はじまりぬ 榎本文代
清め塩踏み闘牛のはじまれり 武田禅次
火山灰赫き道より闘牛曳出しぬ 毛塚静枝
牛合せ勝者の赤毛引き回され 高澤良一 寒暑
牛合はせ三才牛の尾にリボン 高澤良一 寒暑
牛合はせ済めば田植が待ちゐたり 高澤良一 寒暑
牛角力きのふに稲を刈り終へて 伊藤いと子
牛角力の花道うづめ落椿 下田稔
牛角力角を衂りて分けらるる 轡田進
緑蔭の人の目濁り牛角力 殿村莵絲子
繁蔵を伊之助窺ふ牛角力 高澤良一 寒暑
繋がれし闘牛の目に鶏頭燃ゆ 増本春蘭
蝶々や闘牛はてし竹矢来 甘子
蝿たかるとも闘牛の眼を据ゑて 山口誓子
蠅たかるとも闘牛の眼を据ゑて 山口誓子
街路樹に結ふ闘牛の大幟 山下美典
西日さす闘牛場は牛の死所 山本歩禅
触れ太鼓とどろきひびく牛合 佐々木豊實
豆虎の怪力見せん牛角力 高澤良一 寒暑
赤牛が一枚上手牛角力 高澤良一 寒暑
闘牛が道塞ぎこむ甘蔗の花 豊蔵久子
闘牛に沸き立つ村の盆休み 阿部恵子
闘牛のはじまる宵の触れ太鼓 手島樟風
闘牛のふぐり乳房に似て豊か 矢島渚男 延年
闘牛の丘へ氷塊曳きゆけり 沢木欣一
闘牛の互角の牛のかなしき目 沢木欣一
闘牛の互角の角を交し合ひ 上甲明石
闘牛の優しき眼して街歩く 楠本半夜月
闘牛の力みし涎れ地に垂らし 瀬川春暁
闘牛の勢子の掛け声天高し 宮城朝教
闘牛の勢子を勤めて島に老ゆ 永井良
闘牛の勢子曳きずりて現れし 米田双葉子
闘牛の吐く息荒し花野菊 高井北杜
闘牛の果てし土俵に烏の子 井海宏子
闘牛の横綱といふ黒光 稲畑廣太郎
闘牛の横綱を曳く女かな 豊川湘風「若葉年刊句集」
闘牛の母として老いひそと椅子にあり 栗林一石路
闘牛の涎を弓に花の風 矢島渚男 延年
闘牛の終り血の砂かき均す 三木由美
闘牛の花蘭ねぶる暮秋かな 飯田蛇笏 霊芝
闘牛の荒き鼻息土を噴く 島岩竹林庵
闘牛の荒息肺の鞴より 品川鈴子
闘牛の裂けむばかりに眼張り 佐野美智
闘牛の角に右利き左利き 斎藤秋燕
闘牛の負け牛の名はナポレオン 沢木欣一
闘牛の黒縅ゆく豊の秋 綾部仁喜
闘牛やああ男くさい春霞 岸本マチ子
闘牛や密蜂村にとびはじめ 三宅絹子
闘牛や風烈しくて寒からず 遠藤梧逸
闘牛を飼ふ小舎裏に梯梧炎ゆ 小熊一人 『珊瑚礁』
闘牛を飼へる庇に菖蒲葺く 中村房子
闘牛場我は旅人日除帽 高木晴子
闘牛見し夜の蒸し蒸しと血の匂 林翔 和紙
鼻綱を秋天に投げ牛合はす 榎本栄子
虫亀闘牛場
山古志の牛の角突き一番手 高澤良一 寒暑
横綱牛幸左衛門に祝儀花 高澤良一 寒暑
横綱牛藤七相手をじろと睨(ね)め 高澤良一 寒暑
其の上(かみ)の牛の角突き二十ケ村 高澤良一 寒暑

闘牛 補遺

角を合せて闘牛のぐるぐる舞ふ 山口誓子
去年今年なき闘牛の闘志かな 鷹羽狩行
闘牛の花蘭ねぶる暮秋かな 飯田蛇笏 霊芝
闘牛の尻竹竿で叩かれて 山口誓子
闘牛の装ひなりぬ梅赤し 尾崎放哉 大学時代
闘牛は出るなり角を突つ立てる 山口誓子
闘牛は接近をして俯向ける 山口誓子
闘牛を曳きゆく蠅をたからせて 山口誓子
闘牛を見て満面に春の海 飯田龍太
闘牛見し夜の蒸し蒸しと血の匂 林翔 和紙
闘牛場ぐるりを囲む苜蓿 山口誓子
闘牛場砂地砂煙を揚げる 山口誓子
闘牛場出れば青嶺のとんがれる 山口誓子
牧の牛闘牛のごとく夕焼す 山口青邨
輸送され祭闘牛角包む 山口誓子
蠅たかるとも闘牛の眼を据ゑて 山口誓子

by 575fudemakase | 2017-04-30 06:21 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春の霰  の俳句

春の霰  の俳句

春の霰

例句を挙げる。

くだけゐる玻璃それぞれに春霰 中田剛 珠樹
しばらくの白を打ち敷き春霰 藤村克明
じゆぶじゆぶと水に突込む春霰 岸田稚魚(1918-88)
墨づくり見て春霰に叩かれし 宇佐美魚目 天地存問
声あげて夢の師とあふ春霰 加藤楸邨
天守までのぼる間ふりし春霰 秋元不死男
寂しいは寂しいですと春霰 飯島晴子(1921-2000)
御所に降り嵯峨野にやみし春霰 川崎展宏
捨て舟を春霰打てる竹生島 磯貝碧蹄館
断臂の図掛けながしたり春霰 岡井省二
春眠をうつ春霰春あらし 前田普羅
春霰たばしる馬酔木花垂りぬ 西島麦南
春霰のあとたつぷりと入日かな 波多野爽波
春霰のあとの日ざしに浮御堂 茨木和生
春霰の庭には長くとゞまらず 稲畑汀子
春霰はづむ高さに虚子の句碑 堤高嶺
春霰やころがり戻る畑の鶏 野村泊月
春霰や刃物を洗ふ山の水 平川美架
春霰や海べは空へ詣でみち 宇佐美魚目 天地存問
春霰や石見に古りし門徒講 大峯あきら 鳥道
春霰われに遺せし一語もなし 野澤節子 花 季
春霰夢引き戻す思ひあり 森 敏子
春霰性感に似し横走り 松山足羽
春霰打つにまかせて墓を去る 福永耕二
春霰枯れしものよろこびあへり 松村蒼石 春霰
春霰闇より華麗なるはなし 市村究一郎
春霰雲割つて日の砂簾 石川桂郎 高蘆
暗し暗し墓うつて跳ぶ春霰 小林康治 玄霜
来るものは俄かなるかな春霰 金箱戈止夫
窓くらく春霰とばす雲出たり 富安風生
纜は隠岐へ十里の春霰 庄司圭吾
藁苞の鯉を抱へて春霰 茨木和生 木の國
身軽さは風の春霰なりしかな 緒方 敬
雲空がありて転がる春霰 菅野てい子
鮨にぎる手がガラス越し春霰 桂信子 遠い橋
帯締めて春の霰のたけなはに 岸本尚毅 舜
庭の面は春の霰の鮫小紋 京極杞陽
掌に受けて春の霰のみないびつ 志水圭志
月影に春の霰のたまり居り 原石鼎
津の国の春の霰ぞ聞きに来よ 大石悦子
石の上春の霰の鮮しき 草間時彦
肩うつて春の霰のそれきりに 畑耕一 蜘蛛うごく
莎逍氏は春の霰の中来たり 小西 昭夫
葬の灯へ春の霰の音もなし 伊藤京子
鶏の驚く春の霰かな 榎本冬一郎 眼光

春の霰 補遺

じゆぶじゆぶと水に突込む春霰 岸田稚魚
暗し暗し墓うつて跳ぶ春霰 小林康治 玄霜
月影に春の霰のたまり居り 原石鼎 花影
古草に沈みて春の玉霰 石塚友二 光塵
寂しいは寂しいですと春霰 飯島晴子
春あられ朝市の荷の赤かぶら 雨滴葉 星野麥丘人
春眠をうつ春霰春あらし 前田普羅 普羅句集
春霰に打たれつ河口慧海の忌 岡井省二 大日
春霰の音の浄むる寝座かな 飯島晴子
春霰の汝をともなひをりしなり 岡井省二 夏炉
春霰ポップコーン大なりしこと 安住敦
春霰われに遺せし一語もなし 野澤節子 花季
春霰を弾く爪木を束ねゐる 橋閒石
春霰雲割つて日の砂簾 石川桂郎 高蘆
春霰降る図書館の赤煉瓦 細見綾子
春霰純白永久の旅衣 野見山朱鳥 幻日
春霰来あかつき近く睡るとき 山田みづえ 手甲
冗舌に非ざらむ黄や春霰 永田耕衣
石の上春の霰の鮮しき 草間時彦 中年
窓くらく春霰とばす雲出たり 富安風生
断臂の図掛けながしたり春霰 岡井省二 山色
母逝きし日の星座より春霰 野見山朱鳥 幻日
欅の瘤に跳ねるよ跳ねる春霰 飯島晴子


by 575fudemakase | 2017-04-30 06:09 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春の霙   の俳句

春の霙   の俳句

春の霙

例句を挙げる。

こころざし涸れて醍醐の春霙 塚本邦雄 甘露
さすらひに用なき鍵ぞ春みぞれ 佐藤鬼房 潮海
もろもろの木に降る春の霙かな 原石鼎(1886-1951)
カレル橋春の霙となりにけり 阪本萩生
上州に入るいきなりの春みぞれ 矢島久栄
原つぱは原つぱ色に春みぞれ 藤田湘子
姥捨の巌に春の霙かな 大信田梢月
宮城野や春のみぞれを半眼に 佐藤鬼房
巨船着く春の霙の中にかな 伊藤いと子
旅の荷とおもひし傘を春霙 及川貞 夕焼
春みぞれ手に受けている渡り漁夫 筒井フサ子
春みぞれ逢へばかなしきことばかり 井上春美
春霙ひとりの旅に別れはなし 樋笠文
春霙明治生まれがぞろぞろと 内田 美沙
春霙栄螺の籠を打ちにけり 大串 章
春霙豆腐屋が声かけてゆく 石川桂郎 四温
春霙遠き電話の声浮沈 八牧美喜子
春霙鳴りし身節に寝巻着る 木津柳芽 白鷺抄
晨朝の紙燭ともすや春霙 西本一都
汝をいたむ春の霙と降りしかな 石塚友二 光塵
浪々や春の霙の音よけれ 飯島晴子
海近き川に降りこむ春みぞれ 坂本宮尾
無人灯台ともる十五時春霙 瀧春一
独学は履歴に載らず春みぞれ 細川加賀
能を観て春の霙に濡れにけり 植田八重子
限りなく何か喪ふ春みぞれ 山田みづえ
隠れ湯のひとりの昼や春霙 戸田道子
鹿の斑のまだ見えてをり春霙 柚木紀子


春の霙 補遺

いつの世の修羅とも知れず春みぞれ 佐藤鬼房
さすらひに用なき鍵ぞ春みぞれ 佐藤鬼房
ひとときの春のみぞれに引く障子 高浜年尾
もろ~の木に降る春の霙かな 原石鼎 花影
影しては胸に閊へる春みぞれ 佐藤鬼房
海鼠漁下火の春の霙かな 鈴木真砂女 居待月
原つぱは原つぱ色に春みぞれ 藤田湘子
支笏湖の色なき波へ春霙 林翔
春みぞれ 鰊煮る香へ暖簾割る 飯島晴子
春霙豆腐屋が声かけてゆく 石川桂郎 四温
春霙卵のやうな顔泛ぶ 佐藤鬼房
汝をいたむ春の霙と降りしかな 石塚友二 光塵
旅の荷とおもひし傘を春霙 及川貞 夕焼
浪々や春の霙の音よけれ 飯島晴子

by 575fudemakase | 2017-04-30 06:05 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春の霜   の俳句

春の霜   の俳句

春の霜

例句を挙げる。

*たらの芽や晩霜径をかゞやかす 秩父
じつにしづかな晩霜の殺戮よ 坂戸淳夫
声たてて阿蘇の春霜崩れゆく 石原八束 空の渚
指ふれて加賀の春霜厚かりし 高野素十
春霜に美しう老いておはすらむ 中川宋淵 命篇
春霜のきびしき城の辺に出づる 木村蕪城 一位
春霜の擾乱やがて火となる藁 河合凱夫 飛礫
春霜の畝立つ若き修道士 下村ひろし 西陲集
春霜や久女に翳る父の墓 古館曹人
春霜や墓もへだたり父と母 成瀬桜桃子 風色
春霜や東行庵の片びさし 飯田蛇笏 山廬集
春霜や池のちりなる巻煙草 増田龍雨 龍雨句集
春霜や箒に似たる庵の主 内田百間
春霜や耕人今日をたたへ合ひ 西山泊雲 泊雲
春霜や袋かむれる葱坊主 松本たかし
春霜や鍬音たかき籬外 西山泊雲 泊雲
春霜満地銀狐の餌はきざまるゝ 前田普羅 春寒浅間山
晩霜におびえて星の瞬けり 相馬遷子 山河
晩霜に食われて黒き農夫の貌 佐藤鬼房
晩霜の予報高原星満つる 杉山鶴子
晩霜の気配に澄めり星の空 石塚友二
晩霜の父へ一升提げし旅 古舘曹人 能登の蛙
晩霜の茶を刈り捨てて雨籠り 荏原京子
晩霜の豫報や遠き夜の山 石塚友二
晩霜の野山くつきり在りにけり 草間時彦 櫻山
晩霜やラスコーリニコフの斧の上 齋藤愼爾
晩霜や手紙の宛名市となりて 暮石
晩霜や生ける屍が妻叱る 草城
晩霜や花からたちに山羊を飼ふ 石原舟月 山鵲
晩霜をくすべて三日李畑 山中 真智子
晩霜警報農には農の荷あまれり 及川貞
谺して春霜木々へ還りゆく 藤田湘子
道のべに春霜解けてにじむほど 皆吉爽雨
あけぼのや麦の葉末の春の霜 鬼貫
かはらけに味噌やく朝や春の霜 四明句集 中川四明
これきりと見えてどつさり春の霜 一茶
つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ 前田普羅 春寒浅間山
をだまきのネオンの墓場春の霜 宮武寒々 朱卓
一握の韮の切口春の霜 松村蒼石 春霰
一握り塩振る水菜春の霜 小林康治
一望にあらきの起伏春の霜 飯田蛇笏 春蘭
人の死に狎れることなし春の霜 大木あまり 火球
体重を少し浮かせて春の霜 佐々木久代
先見ゆるいのちなりけり春の霜 石塚友二
出来過ごす麦の薬や春の霜 水田正秀
吊橋に暁光とほく春の霜 大島民郎
名園の春の霜とけかねしかな 久保田万太郎 流寓抄以後
大寺に箒だまりや春の霜 向笠和子
天清く鶴能く高し春の霜 内田百間
子の背に少年兆す春の霜 上田日差子
子供らは影のごと跳び春の霜 小松崎爽青
山鳴りの山をはなれず春の霜 菅原師竹句集
手に取れば波の文ある春の霜 星野紗一
折れ葱のなかの白濁春の霜 大木あまり 火球
揚舟にいきいき春の霜結ぶ 佐藤鬼房
春の霜かゞやく見よや貯炭守 小林康治
春の霜また病妻に会ひにゆく 有働亨 汐路
春の霜レール曲げたる車止 吉村摂護
春の霜別るる日まで児を叱し 樋笠文
春の霜幼子黙す別れかな 相馬遷子 山国
春の霜忌にゆく影を当てて過ぐ 野沢節子
春の霜柳に解けて流れけり 石井露月
春の霜沖幽らむまで人遠し 小林康治 玄霜
春の霜炎のごとき供華を擁く 保谷小竹
春の霜煤け軽子が日を溜め来 小林康治 玄霜
春の霜睡魔のごとき田一枚 白井友山
春の霜身が窶る詩を念へども 飯田蛇笏 雪峡
春の霜農婦に老の影はやく 西島麥南
春の霜過ぎし月日が光り出す 井沢正江 湖の伝説
春の霜鶏に追はれし女の子 伊藤通明
曙や麦の葉末の春の霜 上島鬼貫
更年や春の霜被て庭の石 石塚友二
枸杞の芽の傷みて黒し春の霜 高橋春灯
汽車下りて鼻梁をただす春の霜 松澤昭 神立
満月の宙やきらめく春の霜 相馬遷子 山河
百六年後の二十二世紀春の霜 桑原三郎
絶命の寸前にして春の霜 野見山朱鳥(1917-70)
老人の墓と睦める春の霜 岸田稚魚
苗床の土くれあらし春の霜 西山泊雲 泊雲句集
苗藁をほどく手荒れぬ春の霜 室生犀星 魚眠洞發句集
莟もつべん~草や春の霜 蘇山人俳句集 羅蘇山人
藁塚の三つが身を寄せ春の霜 中村汀女
語りつつ片耳熱す春の霜 柿本多映
起きぬけに結ぶ角帯春の霜 松村蒼石 雪
道祖神の彫の曖昧春の霜 小林美夜子
酪舎より海の弓月春の霜 飯田蛇笏 雪峡
骨壺にわが息通ふ春の霜 細田寿郎

春の霜 補遺

いしみちの春の霜踏み二タ七日 燕雀 星野麥丘人
お茶籬を仔牛がねぶり春の霜 石田勝彦 百千
この朝けいづこともなき春の霜 三橋敏雄
これもまた花の一ツや春の霜 正岡子規 春の霜
つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ 前田普羅 春寒浅間山
一望にあらきの起伏春の霜 飯田蛇笏 春蘭
牡丹の芽に春霜や加賀の国 高野素十
起きぬけに結ぶ角帯春の霜 松村蒼石 雪
鶏も出て庭芝ゆるむ春の霜 村山故郷
皇帝と土竜の朝寝春の霜 橋閒石
鋼のやうな死に逢ひて春の霜 廣瀬直人
根ツ子焼く烟絶えずよ春の霜 河東碧梧桐
山鳩はこゑくもらせぬ春の霜 星野麥丘人
指ふれて加賀の春霜厚かりし 高野素十
七星のうすれてかゝる春の霜 山口誓子
出来過す麦の薬や春の霜 正秀
春の霜かがやく見よや貯炭守 小林康治 玄霜
春の霜もぐらのからだあただかに 阿波野青畝
春の霜沖幽らむまで人遠し 小林康治 玄霜
春の霜牡丹の芽のさき~に 高野素十
春の霜糸遊となつて燃にけり 正岡子規春の霜
春の霜身が窶る詩を念へども 飯田蛇笏 雪峡
春の霜日りんにみるおもてうら 飯田蛇笏 家郷の霧
春の霜煤け軽子が日を溜め来 小林康治 玄霜
春の霜幼子黙す別れかな 相馬遷子 山国
春の霜翳負うて水ひびきゐる 飯田龍太
春霜のきびしき城の辺に出づる 木村蕪城 一位
春霜の草鞋になじむ晨かな 飯田蛇笏 山響集
春霜の木屑が燃えてゐる埠頭 佐藤鬼房
春霜や海の朝日の照りわたる 村山故郷
春霜や久女に翳る父の墓 古舘曹人 樹下石上
春霜や五六列あるあそび畝 能村登四郎
春霜や袋かむれる葱坊主 松本たかし
春霜や東行庵の片びさし 飯田蛇笏 山廬集
春霜や東行庵の片ひさし 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
春霜や兵の朝餉のはや了る 村山故郷
春霜や木瓜の蕾のむらがりて 百合山羽公 春園
春霜をふみ行状をかへりみる 飯田蛇笏 家郷の霧
春霜満地銀狐の餌はきざまるゝ 前田普羅 春寒浅間山
曙や麦の葉末の春の霜 鬼貫
掌の卵のぬくみ春の霜 橋閒石 雪
松のことは松にと春の霜の松 能村登四郎
深川へわたせるはしや春の霜 馬場存義
絶命の寸前にして春の霜 野見山朱鳥 愁絶
先見ゆるいのちなりけり春の霜 石塚友二 磊[カイ]集
茶番劇(ファルス)の老骨に咲く春の霜 佐藤鬼房
朝凪の波も聞えず春の霜 村山故郷
鳥は子にあはでの森や春の霜 長翠
伯父訪ふも海員気質春の霜 飯田蛇笏 家郷の霧
鼻梁踏む音にかも似つ春の霜 永田耕衣
満月の宙やきらめく春の霜 相馬遷子 山河
明暗の田子のくらしや春の霜 飯田蛇笏 家郷の霧
揚舟にいきいき春の霜結ぶ 佐藤鬼房
酪舎より海の弓月春の霜 飯田蛇笏 雪峡
老人の墓と睦める春の霜 岸田稚魚
老成の宇宙なるらん春の霜 永田耕衣
藁塚の三つが身を寄せ春の霜 中村汀女

by 575fudemakase | 2017-04-30 06:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

初雷  の俳句

初雷  の俳句

初雷

例句を挙げる。


あちこちに足がぶつかり地虫出る 四ツ谷龍
きびきびと解剖学者地虫出づ 黒田杏子 花下草上
けふ掃きてきよらの土も地虫出づ 水原秋桜子
けふ掃きてきよらの砂も地虫出づ 水原秋櫻子
こつぽりの高さや地虫出でにけり 波多野爽波 『骰子』
こんなにも淋しい景色地虫出づ 田中裕明
さみしいか淋しくはなし地虫出づ 藤田湘子 てんてん
なにかあるときのふるさと地虫出づ 富松ひふみ
ひとところ黒き土あり地虫出づ 大坪沙智子
まどろみの淵までゆかず地虫出づ 中西夕紀
みづうみの北にみづうみ地虫出づ 佛原明澄
よろづやに鋤鍬ひかり地虫出づ 大立しづ
われのゐぬ所ところへ地虫出づ 藤田湘子 てんてん
パレツトにのぞく親指地虫出づ 岡田 貞峰
一笑の塚の湿りや地虫出づ 伊藤美音子
三四日ぐづつく雨に百足虫出づ 上村占魚「霧積」
中越戦争誰もとどめず地虫出づ 平井さち子 紅き栞
主婦たちに虫出し雷の一つかな 加倉井秋を
之を哭し之を笑ふや地虫出づ 相生垣瓜人 微茫集
二十四枚の歯がまだ残る地虫出づ 石川文子
何も彼も眩しき大地地虫出づ 井口雪嶺
初雷に家路といへる一路あり 鈴木 榮子
初雷に混る木のこゑ草のこゑ 宮坂静生
初雷のいま前山に谺せる 高瀬竟二
初雷のごろごろと二度鳴りしかな 河東碧梧桐
初雷のごろ~と二度鳴りしかな 河東碧梧桐
初雷の一くらがりや遊園地 松本たかし
初雷の二つばかりで止みにけり 春雷 正岡子規
初雷の嫩芽を叩く風雨かな 長谷川かな女 雨 月
初雷の暗躍するを傾聴す 相生垣瓜人
初雷の汽車の響に紛れけり 春雷 正岡子規
初雷の激しき音の二度ありき 城戸崎松代
初雷の重く鳴りたる一度なり 瀧澤伊代次
初雷の雲能登生れ加賀育ち 不破幸夫
初雷の鳴り足す如く間遠なり 高田蝶衣
初雷やえぞの果まで御代の鐘 一茶
初雷やはしめて落しわらは病 春雷 正岡子規
初雷やはたと風なき染屋町 安斎桜[カイ]子
初雷やはたと風なき紺屋町 安斎桜[カイ]子
初雷やふるふが如き雛の壇 河東碧梧桐
初雷や一人さめゐて仏恋ふ 阿部みどり女
初雷や一羽となりて狂ふ鶴 久米正雄 返り花
初雷や仁王の陰の悪太郎 春雷 正岡子規
初雷や奥の桜の花三分 小澤碧童
初雷や揺がざるもの川の膚 知世子
初雷や搖がざるもの川の膚 加藤知世子 黄 炎
初雷や机上に赤字入れし稿 村田 脩
初雷や柿の木原の馬の市 会津八一
初雷や片帆にうけて武庫颪 河東碧梧桐
初雷や物に驚く病み上り 春雷 正岡子規
初雷や耕人馬を逸しけり 仲岡楽南
初雷や耳を蔽ふ文使 高浜虚子
初雷や臼半廻りごろと鳴る 安藤十歩老
初雷や臼干す空に雲寄する 喜谷六花
初雷や荷馬ひきこむ遊行寺 春雷 正岡子規
初雷や蚊帳は未だ櫃の底 春雷 正岡子規
初雷を恐るゝ妻や針仕事 春雷 正岡子規
半日の休暇をとれば地虫出づ 黒田杏子 木の椅子
団子虫出づれば春とおもうべな 高澤良一 素抱
地に月日そらに月日や地虫出づ 橋本鶏二 年輪
地に月日空に月日や地虫出づ 橋本鶏二
地中また晴朗ならむ地虫出て 百合山羽公
地虫出づおもしろき世と思ひつつ 山口青邨
地虫出づと先づ書き出しのコラム欄 中村明子
地虫出づふさぎの虫に遅れつつ 相生垣瓜人(1898-1985)
地虫出づるとも押入の母の闇 小檜山繁子
地虫出づわれになじまぬ吾子ひとり 堀口星眠 営巣期
地虫出づ一夜の通夜の薄明に 宮坂静生 雹
地虫出づ人は宇宙へ飛びたてり 中村まゆみ
地虫出づ仏心仏語湧かしむる 吉田未灰
地虫出づ何も持たずに門出れば 百瀬美津
地虫出づ天地明るくなる程に 高木晴子 花 季
地虫出づ嬰の手足の深くびれ 白井爽風
地虫出づ寺に全山案内図 梶山千鶴子
地虫出づ日の山の音海の音 大峯あきら 鳥道
地虫出づ甍のゆるみずずずずと 赤松[ケイ]子
地虫出づ穴に日射のあまねかり 高浜年尾
地虫出づ縄の類も蹤いてきし 槐 布由子
地虫出てすぐにひとつぶ雨あたる 飴山實
地虫出てすぐに隠るること覚ゆ 新明紫明
地虫出てそろそろ夜盗はじめけり 阿波野青畝
地虫出て一日のきげんわろさかな 阿波野青畝
地虫出て土につまづきをりにけり 上野章子
地虫出て天日これに近づきぬ 下村非文
地虫出て子等の遊びに加はりぬ 番匠智恵子
地虫出て日に反転し反転し 小林牧羊
地虫出て来て三界はよきところ 後藤立夫
地虫出て目をこするさま人の子なら 加藤楸邨
地虫出て神を畏るゝこともなし 下村非文
地虫出て空を仰ぎてころげけり 上野 章子
地虫出て自分が見えぬ日のありぬ 東 都
地虫出て釈迦の横臥や行者越 古館曹人
地虫出て金輪際をわすれけり 阿波野青畝
地虫出て金輪際を忘れけり 阿波野青畝
地虫出て靴の踵の急に減り 池田秀水
地虫出て風土記の丘に紛れけり 前山松花
地虫出ですぐ戦ひのすがたなり 玉城一香
太陽の目つぶしくらひ地虫出づ 坂口恵子
奥鬼怒の奥の隠し湯地虫出づ 萩原季葉
好かれやうが嫌はれやうが地虫出づ 佐藤鬼房
姓の子等農を守りぬく地虫出づ 遠藤梧逸
姿見に子の濃き手形地虫出づ 田口里子
寺町の端に住み馴れ地虫出づ 吉田絹子
小さくとも庭あるくらし地虫出づ 佐藤浩子
少女二人笑ひころげて地虫出づ 斉藤史子
少年のかさぶた痒く地虫出づ 岩崎健一
尻くさる火燵を出れば初雷す 矢野奇遇
山荘に鯛を料れば初雷す 赤星水竹居
帝陵に上らん地虫出でにけり 中瀬喜陽
干栗の虫出てそこら歩きけり 龍胆 長谷川かな女
庭下駄に犬の歯型や地虫出づ 高城圭子
忙しき人の筆まめ地虫出づ 橋本榮治 逆旅
急くこともなきに急く性地虫出づ 影島智子
愛鷹は雲の溜り場地虫出づ 菊池日呂志
我のほか人の居らねば地虫出づ 藤田湘子 てんてん
抽斗に名刺がたまり地虫出づ 加倉井秋を 午後の窓
抽斗に名刺が溜り地虫出づ 加倉井秋を
捨てられぬ合鍵ひとつ地虫出づ 橋本榮治 麦生
日輪をゑがきし空や地虫出づ 橋本鶏二 年輪
曇りゐてぬくき一日地虫出づ 豊田八重子
杖先のおちいるところ地虫出づ 井沢正江 以後
東山はればれとあり地虫出づ 日野草城
松風のある日無き日や地虫出づ 大峯あきら 宇宙塵
枯枝影動かずにあり地虫出づ 上野泰 春潮
某日の昼の底より地虫出づ 深水幸子
桃山の屏風めぐらし地虫出づ 山口青邨
楽鳴らす壁画百仏地虫出づ 岡部六弥太
機音に震ふ庭土地虫出づ 小島梅雨
油虫出づ鬱々と過す人に 山口青邨「雪国」
波郷忌の綿虫出でよ出でて来よ 中谷五秋
渓音も朝は朗らか地虫出づ 今井千鶴子
漆黒の闇のいろもて地虫出づ 山崎千枝子
漆黒の闇虫出しの雷ひとつ 金谷まさる
火の山の怒りをよそに地虫出づ 坂村とき
父葬りたる土よりも地虫出づ 橋本一水
王冠を掃き転ばすや地虫出づ 佐野まもる
病む父の鬱の虫出よ豆打たむ 大石悦子 群萌
発掘の土器に紛れて地虫出づ 黒田冬史朗
百姓の一言返事地虫出づ 米沢吾亦紅 童顔
百足虫出づ海荒るる夜に湛へがたく 山口誓子
百足虫出て父荒縄のごと老いし 大隈チサ子
百足虫出て理由も解らず討たれけり 下山茅子
百足虫出て罪ある如く打たれけり 吉田春江(群青)
着る物のほとほと疲れ地虫出づ 林翔 和紙
石のかどほのくれなゐに地虫出づ 百合山羽公
空港の全面鋪装地虫出づ 塩川雄三
竿竹屋来るたび特売地虫出づ 椙本千代子
耳裏に風こそばゆき地虫出づ 福永耕二
耳裏に風こそばゆし地虫出づ 福永耕二
背嚢の黒きを負うて地虫出づ 糸 大八
草千里馬の糞より地虫出づ 井手嘯月
荒城に日は高くあり地虫出づ 林徹
菜園は有機農法百足虫出づ 穂坂日出子
蒸籠積む贋へつつひや地虫出づ 石川桂郎 高蘆
虫出しにはつと天井睨んだる 川崎展宏 冬
虫出しのあとの山気の緩びかな 永方裕子
虫出しの一喝を浴び清盛祭 内藤英子
虫出しの巌間巌間にとどろきぬ 草堂
虫出しの後押しに鳴る子雷 小檜山繁子
虫出しの試みの雷半島に 高澤良一 燕音
虫出しの過ぎたる野麦峠かな 菅原多つを
虫出しの雷とひびきて浅間噴く 新井盛治
虫出しの雷に濡れゆく縄一本 鈴木鷹夫 風の祭
虫出しの雷に飛び立つ大鴉 古賀まり子
虫出しの雷のころがる湖の面 木村 ふく
虫出しの雷ふた鞭に地を祓ふ 太田 蓁樹
虫出しの雷を小出しに駒ケ岳 沢 正夫
虫出しの雷を社頭に棒まつり 町田しげき
虫出しの雷三毛猫が走り出す 小松崎爽青
虫出しの雷厚き唇もてり 堂島一草女
虫出しの雷奔る草千里 野中春艸
虫出しの雷文豪の手紙かな 千田百里
虫出しの雷読みかけの三国志 小林呼渓
虫出しやささくれだちし水の面 稚魚
虫出しやところどころにみづたまり 岸田稚魚
虫出しや世を足早やとなるばかり 岡本眸
虫出しや山頂へ眉張り通す 鴻司
虫出しや炭切る杣のほとけ貌 つじ加代子
虫出しや遊山といふも一夜きり 手塚美佐 昔の香
虫出し遊山といふも一夜きり 手塚美佐
虫出づる牡丹は住み憂かりけん 川崎展宏 冬
虫出でし穴濡れてをり岩船寺 岡本彦弥
虫出でて巨いなる火の燃ゆる待つ 林翔 和紙
虫出の水のほとりを離れざる 宮坂静生 山開
豚声の水に揃ふと地虫出づ 大木あまり 山の夢
走り根のがんじがらめを地虫出づ 倉橋羊村
身中の虫出でゆけり日向ぼこ 小島健 木の実
遺したくなき物の数地虫出づ 宮地英子
鎌倉五山虫出しの雷走りけり 谷田部栄
鎖国派も虫出しに窓開くなり 川崎展宏 冬
開け閉てに鳴く笹小屋の扉や地虫出づ 河村 翠
雨の玉土にころがり地虫出づ 橋本鶏二 年輪
雨やみて初雷やみて夜明けたり 前田普羅 新訂普羅句集
雪催せめて綿虫出でて舞へ 相馬遷子 山河
面こすり地虫出でけり大柳生 渡辺恭子
預かりし児に百足虫出し一大事 山田弘子 懐
饅頭を割る虫出しの雷のあと 川崎展宏
鳩よりも雀賢し地虫出づ 高木晴子

初雷 補遺

義仲忌虫出しの雷夜空より 飯田龍太
吾旅も南さす日や初雷す 河東碧梧桐
濠端に虫出しの雷ころげけり 燕雀 星野麥丘人
初雷のごろ~と二度鳴りしかな 河東碧梧桐
初雷の暗躍するを傾聴す 相生垣瓜人 明治草
初雷の一くらがりや遊園地 松本たかし
初雷の汽車の響に紛れけり 正岡子規 春雷
初雷の居りて華やぐ夜空かな 相生垣瓜人 負暄
初雷の二つばかりで止みにけり 正岡子規 春雷
初雷やはしめて落しわらは病 正岡子規 春雷
初雷やびびと間脳応へあり 赤尾兜子 玄玄
初雷や荷馬ひきこむ遊行寺 正岡子規 春雷
初雷や蚊帳は未だ櫃の底 正岡子規 春雷
初雷や仁王の陰の悪太郎 正岡子規 春雷
初雷や物に驚く病み上り 正岡子規 春雷
初雷を恐るゝ妻や針仕事 正岡子規 春雷
虫出しといふには過ぐる雷ひとつ 鷹羽狩行
虫出しに男はようを病みにけり 阿波野青畝
虫出しのいつとき雪を伴ひし 岸田稚魚 紅葉山
虫出しの遠ざかりつつころがれる 岸田稚魚 紅葉山
虫出しの雪とな驚くこともなし 岸田稚魚 紅葉山
虫出しの雷ある峠暗かりし 阿波野青畝
虫出しの雷おどろかぬ虫のゐて 桂信子 花影
虫出しの雷ぞと聞きて臥しゐたる 森澄雄
虫出しの雷に泥亀首立てぬ 阿波野青畝
虫出しの雷のなかなか遠のかず 鷹羽狩行
虫出しの雷のもとよりくどからず 鷹羽狩行
虫出しの雷の埃りや企救の浜 釣壺
虫出しの雷やこころに焦がれ虫 林翔
虫出しの雷を居ねむる鸚鵡かな 阿波野青畝
虫出しの雷小気味よく引上げて 鷹羽狩行
虫出しやささくれだちし水の面 岸田稚魚
虫出しや世は足早となるばかり 岡本眸
二つ目はもう虫出しと疑はず 鷹羽狩行
妹と寝て初かみなりに覚めにけり 日野草城
夜に入りて虫出しの雷ひびきけり 森澄雄

by 575fudemakase | 2017-04-30 05:59 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

蟻穴を出づ   の俳句

蟻穴を出づ   の俳句

蟻穴を出づ

例句を挙げる。

ある晴れた日に蟻穴を出てあるく 別所信子
うつぶせの落椿より蟻が出て 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
おのが置く影より淡き春の蟻 岡本眸
かぎりなく出でしが羽蟻忽と消ゆ 岡本まち子
かぎりなく蟻が出てくる穴の音なく 尾崎放哉
つつかけで出て庭先の蟻を見ん 高澤良一 随笑
はかどらず羽蟻出づ日の一夜漬け 高澤良一 暮津
はみ出しが逆に歩める蟻の列 大木 茂
はや働くさまに尻立て蟻出づる 後藤一朗 『雪間』
ふるさとの蟻這ひ出せる宅急便 高間礼子
ほとけの水に溺るゝ蟻を出してやりぬ 林原耒井 蜩
まつさきに出し蟻のゐて蟻出づる 新明紫明
むし暑い部屋の殺しても蟻は出てくる 住宅顕信 未完成
ナイターの蟻出てくるよパンの為 平畑静塔
一匹が出てしばらくを蟻の穴 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
一匹のやさしき蟻の穴を出づ 中村若沙
先歩く女の匂ひ山蟻出づ 右城暮石 声と声
出るやいなや蚯蚓は蟻に引かれけり 一茶
出るやいな蚯蚓は蟻に引かれけり 一茶「九番日記」
分家われに冬の蟻出づ父の墓 古舘曹人 能登の蛙
台風一過倒木蟻を噴き出しぬ 鵜飼直子
啓蟄の蟻はころがり出づるかな 中田剛 珠樹以後
土食みつつ出で来し蟻が物言はめ 太田鴻村 穂国
地下鉄を出て日のかつと蟻の粒 蓬田紀枝子
夜も出づる蟻よ疲れは妻も負ふ 大野林火
夜も出て働く蟻が蚊帳を攀ず 田川飛旅子 花文字
大いなる蟻出て来たり虚子の墓 辻桃子
大蟻の不意に顔出す販売機 小島裕子
好例と引き合ひに出し集(たか)る蟻 高澤良一 石鏡
妻留守の厨に出でし蟻殺す 相馬遷子 山河
山の蟻大き夕日を引きに出て 野澤節子 『駿河蘭』
山蟻の出てくる墓地の名刺受 福田甲子雉
影を出ておどろきやすき蟻となる 寺山修司 花粉航海
手の影にあはてふためき春の蟻 阿部みどり女 月下美人
教会の門より出づる蟻の道 山内山彦
日盛や蟻這ひ出づる蝉の穴 会津八一
春の蟻つづく蟻なき曇かな 阿部みどり女
春の蟻つやつやと貌拭くさます 加藤楸邨
春の蟻とばされながら行方もつ 小檜山繁子
春の蟻はや天日に焦げにけり 阿部みどり女
春の蟻はや石亭の庭走る 迫田健路
春の蟻まだ列なさず女寺 矢萩シン
春の蟻アロエの剣の刃を渉る 脇本星浪
春の蟻彌撒のぞかむと樹をのぼる 大島民郎
春の蟻払ひし腕をなほのぼる 斎藤清水
春の蟻疾駆して相逢ひにけり 原田喬
春の蟻砂丘にのこる風の紋 八木透
木嵐にこぼれし蟻の歩き出す 内藤吐天 鳴海抄
木蔭より総身赤き蟻出づる 誓子
本伏せて蟻のゐさうな庭に出づ 高澤良一 随笑
松風に気性はげしき蟻出でし 宇佐見魚目
流木につきゐし春の蟻忘れず 加藤楸邨
焼土も蟻穴を出て走るなり 加藤楸邨
獲物曳く蟻を素通り出来ぬ蟻 西村和子 かりそめならず
看護妻出初めて蟻の躓くも 石川桂郎 含羞
石敢当穴を出て蟻迷ひなし 中山砂光子 『納沙布』
穴を出し蟻たちまちに走りだす 小野寺洋子
穴を出し蟻に花壇の煉瓦赤し 内藤吐天 鳴海抄
穴を出てすぐ踏まれたる蟻ひとつ 加藤秋邨 まぼろしの鹿
穴出づる蟻を石もて塞ぐ孫 高澤良一 素抱
穴出づる蟻春光に紺ならずや 香西照雄 対話
穴出でし蟻に大きな夕日かな 松苗秀隆
穴出でし蟻大仏の膝登る 本玉秀夫
穴出でし蟻戸惑ふとさ走ると 富田直治
穴出でし蟻日時計の針先に 柏原眠雨
穴出でし蟻目をこする沓脱ぎ石 高澤良一 寒暑
花桐を酔うてよろぼひ出づる蟻 辻桃子
落蝉の蟻乗せしまま歩き出す 篠田重好
薺に似た花だ蟻が出て来る出て来る 北原白秋
蝿打てば即ち蟻の罷り出づ 川端茅舎
蟻かなし穴出づる日も土を咥へ 上村占魚
蟻が出て妻嘆くこと亦増えし 右城暮石 上下
蟻が出て濃くなる穴闇夫の留守 香西照雄 素心
蟻が押し合ひへし合ひて穴を出る 檜紀代
蟻のやうに出て入る人に暑さ哉 寺田寅彦
蟻の出てかつとはれたる雲の影 櫻井博道
蟻の巣の出入りはげしき金曜日 大高 翔
蟻の穴もつれて蟻の出で来たる 大串章 百鳥 以後
蟻の道晩翠草堂より出でぬ 蓬田紀枝子
蟻の道象牙の塔を出てきたり 井川市三
蟻も出てゐてものはこぶ野の春 シヤツと雑草 栗林一石路
蟻を殺す殺すつぎから出てくる 尾崎放哉
蟻出づと言ひしばかりに躓きぬ 山田諒子
蟻出づる地下迷宮の装衣とも 橋本榮治 麦生
蟻出づる男は多忙楽しみて 橋本榮治 逆旅
蟻出づる石ことごとく仏たち 福永耕二
蟻出づる笑ひ羅漢の頤のひび 小間さち子
蟻出づる箱根の赤き土咥へ 小林美成子
蟻出でし穴は日照りて濃紫 中村汀女
蟻出でてたちまち石も艶ふくむ 篠田悌二郎 風雪前
蟻出でてなほ裸木のさるすべり 大島民郎
蟻出でて坊主地獄をふちづたひ 大島民郎
蟻出でて川のごとくに行方もつ 房利
蟻出でて幹にも道をはじめけり 皆吉爽雨 泉声
蟻出でて廃ボイラーをいぶかしむ 有働亨 汐路
蟻出でて葉をふみあるく春の月 宇佐美魚目 秋収冬蔵
蟻出でて青天井をふりかぶる 山敷恵三
蟻出でゝあかざの苗もたのしけれ 細見綾子
蟻出るやがう~と鳴る穴の中 村上鬼城
蟻出るやごうごうと鳴る穴の中 村上鬼城
蟻出初め木石も相改まる 右城暮石 上下
蟻穴をおほひし牡丹落花かな 成瀬正とし 星月夜
蟻穴をでて忙しなきこの世かな 大江三知緒
蟻穴を二ひきの蟻の出でんとす 京極杞陽
蟻穴を出づ吉原大門趾 里見梢
蟻穴を出づ教会にアベマリア 山敷惠三
蟻穴を出てやすらぎの地を探す 政所小枝
蟻穴を出て一天を窺へり 赤坂邦子
蟻穴を出て供物のにほふ處かな 中原道夫
蟻穴を出て偸安のわれと遇ふ 新明紫明
蟻穴を出て地歩くや東大寺 松瀬青々(1869-1937)
蟻穴を出て天日へ走り出す 高木千恵子
蟻穴を出て関節を鳴らしけり 赤塚五行
蟻穴を出でたるめくら走りかな 細川加賀 生身魂
蟻穴を出でておどろきやすきかな 山口誓子
蟻穴を出でておもひおもひの道選ぶ 福永耕二
蟻穴を出でてともかく歩き出す 佐野和太留
蟻穴を出でては居ぬか垣の内 高澤良一 随笑
蟻穴を出でて二匹となりにけり 坊城俊樹
蟻穴を出でて動物園を馳す 大串章
蟻穴を出でて地軸は傾きぬ 小島ノブヨシ
蟻穴を出でて混み合ふ出入口 鈴木征子
蟻穴を出る縄文の住居跡 田村恵子
身を舐めてゐし蟻急に走り出す 右城暮石
道草の蟻走り出す夕日かげ 原賀利陽
鍵穴を大きな蟻の出で来たる 山尾玉藻
陶酔や白糖を蟻光り出づ 内藤吐天 鳴海抄
青空の白雲動き春の蟻 阿部みどり女 『陽炎』
颱風接近羽蟻もぞもぞ出る夜かな 高澤良一 随笑
飴玉に蟻の行列出来始む 乙武佳子
鮮しき蟻穴いくつも見て戻る 桜井博道

蟻穴を出づ 補遺

おのが置く影より淡き春の蟻 岡本眸
雲ばかり石ばかり春の蟻ばかり 加藤秋邨
蟻穴を出づるやなぜか焦り気味 能村登四郎
蟻穴を出でておどろきやすきかな 山口誓子
蟻穴を出でて庵主に対面す 村山故郷
蟻穴を出て番兵の吾を見る 村山故郷
春の蟻つやつやと貌拭くさます 加藤秋邨
焼土も蟻穴を出て走るなり 加藤秋邨
税督すこゑ蟻穴を出づるかな 岸田稚魚 負け犬

by 575fudemakase | 2017-04-30 05:56 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

蜥蜴穴を出づ  の俳句

蜥蜴穴を出づ  の俳句

蜥蜴穴を出づ

例句を挙げる。


ふふふふと地に息かけて蜥蜴出づ 高澤良一 ぱらりとせ
まだ飢ゑを知らざるまなこ蜥蜴出づ 山口 速
少年に七色の尾の蜥蜴出づ 小岩浩子
山畑へ行くだけの道蜥蜴出づ 大串章 百鳥
未亡人邸青蜥蜴出入りして 辻田克巳
玉垣の奥の円墳蜥蜴出づ 上村さかゑ
神父干す木沓に蜥蜴出てあそぶ 山野邊としを
穴を出し蜥蜴かくるる処なし 篠宮伸子
穴を出て蜥蜴しばらく魚のかほ 水内慶太
築城に残りし石や蜥蜴出づ 西田さだ子
縁の下の薪とれば蜥蜴出てきたり 川島彷徨子 榛の木
草田男の墓より蜥蜴出でにけり 石井大泉
蜥蜴出づべろんべろんと絃楽器 三橋鷹女
蜥蜴出づ天狗下駄干す神宮寺 武田孝子
蜥蜴出づ後醍醐陵の石畳 国枝隆生
蜥蜴出づ敵と見らるる目の配り 下原美鶴
蜥蜴出づ舌の赤きをかく近く 市川綾子(屋根)
蜥蜴出づ開山堂の踏石に 柏原眠雨
蜥蜴出づ驚きやすき縞を被て 鷹羽狩行 平遠
蜥蜴出づ鳥葬の国遠けれど 丸山哲郎
蜥蜴出てしばらく坐禅石の上 神野舟城
蜥蜴出て今年の息の早や弾む 右城暮石 上下
蜥蜴出て太陽も亦あたらしき 右城暮石 上下
蜥蜴出て太陽近くなりにけり 椎橋清翠
蜥蜴出て女曼荼羅かがやきぬ 河野多希女
蜥蜴出て女曼陀羅かがやきぬ 河野多希女 納め髪
蜥蜴出て岩の突起となりすます 若井菊生
蜥蜴出て新しき家の主を眄たり 山口誓子
蜥蜴出て既に朝日にかがやける 山口誓子
蜥蜴出て日当る草にまぎれけり 伊藤きん
蜥蜴出て木佛の息かすかなり 宮坂静生 山開
蜥蜴出て気高く匂ふ鉋屑 鳥居おさむ
蜥蜴出て海の蒼さに驚けり 高木公園
蜥蜴出て猫に食はれし尾の跳ねる 秋田寿美子
蜥蜴出て砂糖工場の裾を攀づ 石田波郷
蜥蜴出て遊びゐるのみ牛の視野 藤田湘子
蜥蜴出て長き手紙となりにけり 中村明子
蜥蜴出て風の中より水田の香 森澄雄
蜥蜴出で光陰をやはらかにせり 伊丹さち子
蜥蜴出で少年妬心抱き初む 宮坂静生 青胡桃
蜥蜴出る伊勢が売り家春さびし 此柱
蜥蜴出る道曼陀羅の遍路道 萩原麦草 麦嵐
走り出て蜥蜴の子まだ生乾き 藤田湘子 てんてん
雨とほき土の硬さよ蜥蜴出づ 朝倉和江


蜥蜴穴を出づ 補遺

穴を出し蜥蜴に撒いて日の言葉 上田五千石『琥珀』補遺

by 575fudemakase | 2017-04-30 05:54 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

東風  の俳句

東風  の俳句

東風

例句を挙げる。

あち東風や面々さばき柳髪 松尾芭蕉
ある時の東風波かぶり海苔をとる 鈴鹿野風呂 浜木綿
あをあをと東風波立ちて月いづる 松村蒼石 寒鶯抄
いはに来てまどかこぼちぬ東風の潮 東洋城千句
おほぜいのうたよみとゐて東風の鳴 田中裕明 花間一壺
きつぱりと海山わかつ桜東風 宇多喜代子
ごう~と一とき東風の渡る湖 前田普羅 能登蒼し
すねてゆくをとめや東風の湖ほとり 池内友次郎 結婚まで
せめぎあふ瀬戸の汽笛や鰆東風 綿谷ただ志
そと海の東風の大濤あるばかり 五十嵐播水 播水句集
どこからも東風の出てゆく楢櫟 古舘曹人 樹下石上
ぬり立の看板餅や東風が吹 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
のうれんに東風吹くいせの出店哉 蕪村
はじめての梅にしらすな東風のかぜ 智月娘-錦江 俳諧撰集玉藻集
ぱらぱらと来たりて東風の雀かな 岸本尚毅 舜
ふるさとや東風寒き日の鰯売り 鈴木真砂女
ぶたうの枝整へてをり雲雀東風 笠原和恵
ぼろの旗なして若布に東風荒し 西東三鬼
みちのくの東風吹く墓に詣でけり 松村蒼石 露
やせ馬を飛ばして東風の牧夫かな 鈴木洋々子
わが胸に東風吹きわかれわれいそぐ 池内友次郎 結婚まで
われもまた人にすなほに東風の風 中村汀女
をさなごに生ふる翼や櫻東風 仙田洋子
アリゾナの重油まだ浮く青東風に 高井北杜
ゴツホの糸杉東風に逆立つ我が蓬髪 高柳重信
テレビ画面東風に応へて縞となる 長谷川かな女
一つ巌東風の怒濤に突き進む 相馬 遷子
一湾の縁薄刃なす東風の波 福永耕二
一絃をとりて干さうめんの東風 皆吉爽雨 泉声
一舟の漁区見廻りか*かますに東風 亀井糸游
一軒家出はづれば又東風強し 高浜虚子
中国解放東風は木の根も苔も揺るよ 香西照雄 対話
亀の子や首さへ出せば東風の吹く 星野麦人
亀の甲並べて東風に吹れけり 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
人の征(ゆ)くところ神征く東風はやく 竹下しづの女句文集 昭和十六年
人去つて東風の屋上に遊ぶ扉 田川飛旅子 花文字
今日東風大きな羽の先輩 阿部完市 春日朝歌
伐木丁々たり東風渡る山 露月句集 石井露月
俳遍路東風三丁の廻り道 中野三允句集 中野三允
傅書鳩四ツ辻に舞へり東風日和 内田百間
傷兵に今日のはじまる東風が吹く 竹下しづの女句文集 昭和十四年
光りしは東風なり白き月ならず 林原耒井 蜩
内にゐて東風を知る日の桜餅 岡本松浜 白菊
別ビラの墨いろ東風に匂ひけり 久保田万太郎 流寓抄
千羽鶴吊れば病床東風通る 牧野春駒
又こゝの松に御墓や東風の中 増田龍雨 龍雨句集
右手を吊り街へ煙草の東風の杣 宮武寒々 朱卓
君が顔方面大耳東風の吹く 滝井孝作 浮寝鳥
吸入器東風自ら曇りけり 久米正雄 返り花
吹き残る東風見てゐたり昼の浜 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
嘶きてはからだひからせ東風の馬 林火
噴水や東風の強さにたちなほり 汀女
地震予後土塀を砕く東風の牙 吉原文音
坂下りて行けば展けて東風の浜 星野椿
堂鳩にまじる雀や東風日和 内田百間
夕東風にしたがふごとし発つ汽車も 昭彦
夕東風につれだちてくる佛師達 田中裕明 花間一壺
夕東風に切り口白し竹の束 龍男
夕東風に吹れ下るや女坂 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
夕東風に快しと聞きしは僻耳か 清原枴童 枴童句集
夕東風に海の船ゐる隅田川 水原秋桜子
夕東風に臼の濡色吹れけり 一茶 ■文化四年丁卯(四十五歳)
夕東風に舟傾きて進みけり 阿部みどり女 笹鳴
夕東風のともしゆく燈のひとつづつ 木下夕爾
夕東風の夜業にかかる燈は降し 細谷源二 鐵
夕東風の強まり星のなき夜かな 高木晴子 花 季
夕東風の点しゆく灯のひとつづつ 木下夕爾 南風抄
夕東風やわれ野の家に帰るべし 深川正一郎
夕東風や一つともりし端島の灯 牛島 清治
夕東風や切に波なす衣袂 斎藤玄
夕東風や棟上さみし家の様 三砂吟月
夕東風や海の船ゐる隅田川 秋櫻子
夕東風や荒布たゞよふ濤の色 吉川漁子
夕東風や貝殻の過去ひびかせて 堀井春一郎
夕東風や銭数えてる座頭市 小沢信男
夕東風や雲とんで野の縁へつく [れい]無公
外に出て耳ほてりをり東風吹く夜 原田種茅 径
夜をこめて東風波ひゞく枕かな 飯田蛇笏
大島の噴煙東風にかきくもり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
天神の絵馬にもいろいろありて東風 高澤良一 素抱
太子立つ御齢十六ならば東風 和田悟朗 法隆寺伝承
子とあれば浴後の東風は森の香を 下村槐太 天涯
子どち亡母似の痩身東風の棺担ぐ 奈良文夫
子の巣立ち淋しがらせて東風ひと日 稲畑汀子 春光
子を恋ふや荒東風に押まくられて 安東次男 裏山
富士見えず多摩は川波東風強く 大場白水郎 散木集
小野を焼くをとこをみなや東風曇り 飯田蛇笏 霊芝
山陰や青東風に散る蜆蝶 佐野良太 樫
島に東風バス待ち刻の手打蕎麦 石川 桂郎
崕下の浪の夕日や東風の中 増田龍雨 龍雨句集
川の香のほのかに東風の渡りけり 炭 太祇 太祇句選
帰雁東風農夫ら土を篩ひをり 佐藤 国夫
幼童の接吻街裏東風が占め 北野民夫
庭芝の東風に下りたつ手に煙草 清原枴童 枴童句集
強東風が火口を覗く耳に鳴る 粟津松彩子
強東風にけぶれる沙漠車駆る 吉良比呂武
強東風にもつれもつれてテープかな 阿部みどり女 笹鳴
強東風によしずたふれし茶店あり 阿部みどり女 笹鳴
強東風に傘屋は傘をたたみゆく 阿部みどり女
強東風に張りつめて鳴るもやひ綱 中山 允晴
強東風に掃かるる水鳥の白 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
強東風に放れし馬の轡鳴る 龍胆 長谷川かな女
強東風に櫓太鼓の踏んばれる 西村和子 かりそめならず
強東風に洗濯ばさみ必死なる 加藤三七子
強東風に白馬一頭はこばるる 石田郷子
強東風に籠とばしたる干潟かな 阿部みどり女
強東風に蘆吹き折るる浮御堂 松田 多朗
強東風に襁褓よろこぶ日本海 秋沢猛
強東風に鰤網おこす熊野びと 澤田緑生
強東風に鳶の平行移動せり 高澤良一 鳩信
強東風の一日の暦消して歇む 石塚友二 方寸虚実
強東風の太平洋の波を見る 稲畑汀子 春光
強東風の戸を開けて入る猫大貌 長谷川かな女 花寂び
強東風の濤に突立つ巌柱 上村占魚 球磨
強東風の空澄みきつてゐたりけり 鈴木真砂女 生簀籠
強東風や唇をよごして五平餅 古館曹人
強東風や林檎の太枝梁のごと 西本一都 景色
強東風や海猫の銜へし魚うごく 加藤憲曠
強東風や焦げ目の残る芦の節 高澤良一 ねずみのこまくら
強東風や軍鶏は畦間にゐたりける 五十崎古郷句集
戸を少し開けあり東風の染物屋 島 汀子
手の地図をたたみかねつつ東風の景 阿波野青畝
手拭の吹きとんでゐる東風の宮 阿部みどり女 笹鳴
振袖に東風吹く軽し女坂 田村西男
捨て軍鶏の東風を寒しと浜小松 高井北杜
掛手拭あまたへ東風や幼稚園 中村草田男
教室の窓は敏感東風来たる 森田峠 避暑散歩
敷松葉上ぐるに東風の強きかな 増田龍雨 龍雨句集
新造の舟板東風の浜に干す 千々和恵美子
旅立つと東風の書屋に一揖す 皆吉爽雨
旅立の東風に吹する火縄かな 炭 太祇 太祇句選後篇
明日晴れるための強東風夜半を吹く 汀子
春の駒東風にあらがふごと歩む 盤水
曉方の東風ならむ山を湧く鴉 安斎櫻[カイ]子
曳山の白幣逸りたつ桜東風 つじ加代子
曳船や東風吹く堤の昼の月 蘇山人俳句集 羅蘇山人
朝東風のそよと吹入る二階かな 春郊
朝東風の墓うつりゐる鷺の水 石原舟月 山鵲
朝東風の常陸に遊べ魂あそび 高柳重信
村中(なか)に入りて納まる鰆東風 高澤良一 寒暑
東風あつる簀立のかげの火荒れけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
東風あまき時も仮面の溶接工 庄中健吉
東風が曲ぐる働らく人の帽の縁 田川飛旅子 花文字
東風ここに消え裏街をなほ路地へ 池内友次郎 結婚まで
東風さむく海女が去りゆく息の笛 橋本多佳子
東風すさび燈台の灯の長くなり来ぬ 篠原梵
東風に暮れて笹原を村に下りけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
東風に照る白毫堂の荒るるまま 亀井糸游
東風に組む鉄筋の端たをやかに 赤松[ケイ]子
東風に髪なぶらせ神父との対話 原裕 葦牙
東風の中ひもじき列に入りにけり 林原耒井 蜩
東風の中堆砂崩るゝ音捉ふ 林原耒井 蜩
東風の坤石産るほど夜雨足りて 宮武寒々 朱卓
東風の塵胸に吹きつけくる故郷 原裕 葦牙
東風の妻幼きもののごとくなり 田中裕明
東風の客髪かき上げて辞儀の前 阿部みどり女 笹鳴
東風の山に覆はれ貨車の覚めたけはひ 藤後左右
東風の山の山ふところに泣き寄る貨車 藤後左右
東風の山の羽がひに貨車は身を振はす 藤後左右
東風の山はねむく貨車は走り廻る 藤後左右
東風の山は冷めたい夜の貨車を包む 藤後左右
東風の山よ夜具から貨車が這出したよ 藤後左右
東風の岸下駄をつないで持つ子かな 阿部みどり女 笹鳴
東風の帆をあぐる滑車の軋りつゝ 林大馬
東風の月祷りの鐘もならざりき 飯田蛇笏 春蘭
東風の村の記憶風見鶏廻る 内藤吐天 鳴海抄
東風の樹を貨車に積み込み眠れぬ山 藤後左右
東風の樹を都に送り貨車は冷めたい 藤後左右
東風の母発車のきはにもの言ひだす 橋本草郎
東風の波かぶりては鳴く鳰 清崎敏郎
東風の波がぶりがぶりと杭を越え 星野立子
東風の波切つて八つの櫂揃ふ 奥田麦穂
東風の波塩木ひろひにしぶきけり 西島麦南 人音
東風の波竹瓮に来ては秀をあぐる 梅原黄鶴子
東風の浜われに売らざる鰺ぞ干す 林原耒井 蜩
東風の瀬のカヌーもわれもさかのぼる 皆吉司
東風の磯へ宮垣沿うて曲るかな 清原枴童 枴童句集
東風の船刀の如き水尾曳きて 高橋 佳子
東風の船汽笛真白く吹き止めず 山口誓子
東風の船金毘羅詣りばかりなり 比叡 野村泊月
東風の陽の吹かれゆがみて見ゆるかな 飯田蛇笏
東風の香のげにやこゝにぞ海苔は干す 林原耒井 蜩
東風の馬鞍外されし背ナひかり 中戸川朝人
東風の鳥高きところを好みけり 林原耒井 蜩
東風の鶴逆毛たてて静なり 山高雨声
東風ほのかメランコリックな犬とゐて 小倉涌史
東風やさし樫の樹下に男女容れ 田川飛旅子 花文字
東風ゆるく鷺とわれの頭わかちなく 原裕 葦牙
東風りけて船鍛冶の火床火をとばす 川島彷徨子 榛の木
東風わたる河のほとりのうす埃り 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
東風出しや烏賊釣りの火の皆またたく 篠原梵 雨
東風吹いてちりめんじゃこの水揚場 高澤良一 鳩信
東風吹いて一夜に氷なかりけり 河東碧梧桐
東風吹いて情こはく見る草木かな 飯田蛇笏 山廬集
東風吹いて船が出るとか出ないとか 稲畑汀子
東風吹かばポテトチップス歩み来る 小枝恵美子
東風吹かば帰るといひし夫かな 尾崎紅葉
東風吹かば秤の針のしづもれり 如月真菜
東風吹くとかたりもぞ行く主と従者 太祇
東風吹くと天神様へ申上ぐ 鈴村 寿満
東風吹くやわたつみ平ラ窪むまで 東洋城千句
東風吹くや塗りの乾きし密陀僧 四明句集 中川四明
東風吹くや大いなる魚籠のせて舟 尾崎迷堂 孤輪
東風吹くや尚砂山の枯芒 野村喜舟 小石川
東風吹くや山一ぱいの雲の影 夏目漱石 明治二十三年
東風吹くや岩戸の神の二タはしら 飯田蛇笏 霊芝
東風吹くや川波わるく泝る とみを
東風吹くや悲報吉報身一つに 堀恭子
東風吹くや松の深山の松の針 東洋城千句
東風吹くや枯るゝにあらぬ海女の髪 野村喜舟 小石川
東風吹くや残業食に咽喉かわき 草間時彦
東風吹くや浮き桶並ぶ汐さかひ 助冬 俳諧撰集「藤の実」
東風吹くや海の中道細きところ 野村喜舟
東風吹くや病髯なれば柔き 久米正雄 返り花
東風吹くや皮はぎ皮をはがれけり 鈴木真砂女
東風吹くや真竹まじへし雑木山 尾崎迷堂 孤輪
東風吹くや耳現はるゝうなゐ髪 杉田久女
東風吹くや舸夫に穿かるる藁草履 野村喜舟
東風吹くや閣をとりまく松の音 野村喜舟
東風吹くや雨のにほひの夕曇 鶴英
東風吹くや駒の足並みる日和 井月の句集 井上井月
東風吹くや鱗まみれの浜女 楠目橙黄子 橙圃
東風吹けば在る雪ごほり水ごほり 鳥居おさむ
東風吹とかたりもぞ行主と従者 炭 太祇 太祇句選
東風吹や入日の迹の水明り 一茶 ■年次不詳
東風吹や堤に乗たる犬の腮 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
東風吹や道行人の面にも 炭 太祇 太祇句選
東風吹や飯の小けぶり夕筑波 一茶
東風大樹枝ひろびろとしてこまか 大橋櫻坡子 雨月
東風寒き日の旅歩危に舟遊す 松尾緑富
東風寒く皮はぎ皮をはがれけり 真砂女
東風寒の廬隅にあるや串蜊 雑草 長谷川零餘子
東風寒や画布のうらには文字散らし 田中裕明 花間一壺
東風寒を云ふ雀斑の頬を寄せ 正雄
東風寒を云ふ雀班の頬を寄せ 久米正雄 返り花
東風少し吹きそめたりと釣具店 町田しげき
東風強くして踏切の天鳴れり 山口誓子
東風強し水の面に遠くとびゆくもの 高濱年尾 年尾句集
東風強し駅階段の旅装群 徳永山冬子
東風強し鯉に投げたる糶の札 永井 光代
東風摶つて滝のひびきを失へる 河野南畦 湖の森
東風曇むか伏す紀山渺々と 高田蝶衣
東風波に下りためらへる家鴨かな 大橋櫻坡子 雨月
東風波に忌日の仏間ひらきあり 松村蒼石 寒鶯抄
東風渡る書に曝す眼よ蘇れ 青峰集 島田青峰
東風鳴りとこの潮騒をいひならし 余子
東風鳴るや松子拾ひはいつ去りし 高田蝶衣
東風鴉影より重く地をあゆむ 凍魚
松深く東風の寒さに咳き入りぬ 久米正雄 返り花
柩に耳あててわんわん東風の音 加藤知世子 花寂び
根つづきにどろの樹こぞる東風のこゑ 成田千空 地霊
桜東風文字いとけなき恋の絵馬 有馬籌子
梅の東風国引きのごと湯葉すくふ 小枝秀穂女
梅東風に弁財天の膝吹かれ 高澤良一 ももすずめ
梅東風へ車夫前傾の深さかな 朝妻 力
梅東風やくるま座内に児を放つ 平井さち子
梅東風やルルドにともる灯は消さじ 角田 泰子
梅東風や本流に入る波青き 深谷律子
梅東風や貝に練り込む京の紅 加藤安希子
椿東風沈思の髭の尖りやう 夏井いつき
樹に馳せて垂氷のごとし東風の猿 角川源義
機関車にかこまれ濡るる東風の靴 宮武寒々 朱卓
櫻東風白湯こんなにも甘かりし 北見さとる
武満忌ピアノに東風の塵幽か 山元志津香
武蔵野の雪間に青き東風菜哉 冬菜
水あれば水の耀き桜東風 加藤耕子
江ノ島の裸弁天東風吹けり 高澤良一 寒暑
沖よりの東風リンゴ揚荷の籾こぼれ 神尾久美子
沖照りの東風波寄する聖母巌 下村ひろし 西陲集
河内路や東風吹送る巫女が袖 蕪村 春之部 ■ 無爲庵會
流れ来て瀬にたつ鳥や東風の吹く 冬葉第一句集 吉田冬葉
浄身にめざむる病後朝の東風 皆吉爽雨
浚渫船東風のわたるにひと黝し 細谷源二 鐵
浜松に東風立ちそめし浪の色 青峰集 島田青峰
海の東風見え得ぬものを鳴らしけり 加倉井秋を 午後の窓
海東風の星吹く寮と別れたり 鳥居おさむ
海東風の花吹きあぐる徳願寺 中勘助
清洲橋東風吹く頃が好きで来ぬ 伊東宏晃
渦群に東風の声出て澄みにけり 古舘曹人 樹下石上
潮どきの波を立てをり東風の川 大場白水郎 散木集
灸すうる馬あつめけり東風の丘 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
焼嶽の月東風ふく雲にながれけり 飯田蛇笏 春蘭
父母くれし黒髪乱す桜東風 大木あまり 山の夢
物干の襁褓のかずや東風の窓 滝井孝作 浮寝鳥
獅子頭まつる神座荒東風す 角川源義
玉調(たまつき)の少女過ぎゆき東風なごむ(対馬は古代真珠を産し、玉調郷もあつた) 角川源義 『神々の宴』
病人の食ふものを買ひぬ東風の吹く 雑草 長谷川零餘子
磧砂掘れば水湧く東風の中 林原耒井 蜩
磯にくるやはつきりと東風となりて吹く 川島彷徨子 榛の木
空山を煙上るや東風の空 西島麦南 人音
突き上げし羽子の流るゝ東風 高橋淡路女 梶の葉
立ち上る波白く折れ東風の沖 稲畑汀子
立ち読みの劇評はたと櫻東風 都筑智子
竹生島さしてましぐら東風の船 鈴木花蓑句集
笹垣を結ひては刈るや東風の中 尾崎迷堂 孤輪
筏から筏へ朝の東風吹けり 丸田 肇
篠青く簷に束ねし東風の宿 久米正雄 返り花
糊おける絹に東風行門辺哉 炭 太祇 太祇句選
緬羊も走れば迅し東風の牧 依田秋葭
群竹を傾けつくし東風離れ 野澤節子 黄 瀬
職退けば一国鉄の東風の駅 亀井糸游
肩掛の色濃く東風を曲り来し 河野静雲
背割鮒東風吹くほどの乾きかな 宇佐美不喚楼
胴の切れし東風の山に自転車光り 藤後左右
能登東風の波騒がせて鯵の群来 中島杏子
船上の人を呼びゐる桜東風 工藤義夫
船洗ふ真水のしぶき鰆東風 中拓夫
草に東風大空に雲動かぬ日 雉子郎句集 石島雉子郎
荒東風がしずまってくる魚の日 綾野南志
荒東風に柱の乾く常陸かな 奥坂まや
荒東風に潟一枚を見せらるる 斎藤玄 雁道
荒東風の濤は没日にかぶさり落つ 楸邨
荒東風の篠が鞭なす那須野かな 鷲谷七菜子 游影
荒東風の野に脱糞の尾を振る猫 赤城さかえ句集
荒東風の髪は狂女や隅田川 鍵和田釉子
荒東風へこぞり駅荷にひよこごえ 赤城さかえ句集
荒東風やみどりをふやす土饅頭 黒田杏子 水の扉
荒東風や会ふべき人は門閉ざす [しょう]人
荒東風や延年の舞地にひらく 加藤知世子 花 季
荒東風や松葉をかぶる鵜獲小屋 古舘曹人 樹下石上
荒東風を頭押しに島の耕牛は 橋本榮治 麦生
荒海と東風の入江を分くる岬 稲畑汀子 春光
落慶の幡はためくや桜東風 的場敏子
藺田の鷺東風のながれにうかみけり 西島麦南 人音
蚕豆の正東風に吹かれ勁き茎 高澤良一 さざなみやっこ
蛇籠より伝ひ上りぬ東風の人 阿部みどり女 笹鳴
蝋涙のゆがみや東風のわざならじ 林原耒井 蜩
行く方を定めず東風の吹ける道 高澤良一 随笑
衣たたむ袂の中の東風の砂 阿部みどり女 『微風』
袖袂東風すさまじくなりにけり 増田龍雨 龍雨句集
裏がへる絵馬一つあり東風の宮 阿部みどり女 笹鳴
裏山の東風澄みまさり来りけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
西行の耳は魔形や桜東風 大木あまり 火のいろに
親鸞の袖吹き返せ桜東風 伊舎堂根自子
言(いは)うなら何う屠蘇の顔東風の面(かほ) 斯波園女
豆煮る*えり番やさくら東風 井口 秀二
赤き旗東風にはためく分譲地 中村正敬
足袋裏に東風の埃や茶屋廊下 阿部みどり女 笹鳴
軍隊の短き言葉東風に飛ぶ 竹下しづの女句文集 昭和十四年
野の東風が留守の枝折戸打ちて過ぐ 鷲谷七菜子 黄 炎
金剛の青東風とどく朝鏡 加藤知世子 黄 炎
釣燈籠に東風そゞろなる殿づくり 島村元句集
銅壷屋の頑固で通す鰆東風 遠藤寛太郎
雪か花か東風なして野に吹くは 金箱戈止夫
青東風に花ひらくごと赤子覚め 井上純郎
青東風の塵をとどめず神火もゆ 古舘曹人 砂の音
青東風の朝山拭ふ如きかな 青木月斗
青東風の階昇りつめわが家の香 鳥居おさむ
青東風の露ふりこぼすささげかな 石原舟月 山鵲
青東風やくれて地引きの声上る 金尾梅の門 古志の歌
青東風や園丁ひとりうづくまる 金尾梅の門 古志の歌
青東風や河岸は茶市の賑ひに 下村ひろし 西陲集
青東風や浜の雀は草に落ち 佐野良太 樫
青東風や海豚のあそぶ沖の礁 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
青東風や霊火堂内煤震ふ 石川桂郎 高蘆
青東風や馬走らせて少女なる 椎橋清翠
青東風や鹿島の浦は太刀の反り 荒井正隆
面長を東風に磨かれ竹人形 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
靴先の砂飛びやまず東風の浜 内藤吐天 鳴海抄
風呂の中山へ弱東風わたるみゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
飛ばされしもの追はざるも東風の岬 稲畑汀子 春光
馬の耳見てゐれば東風吹きにけり 高 千夏子
駕に居て東風に向ふやふところ手 炭 太祇 太祇句選後篇
鯉の巣に東風の波よせそめしかな 久保田万太郎 流寓抄
麻の芽や栃木平野の東風強し 高橋淡路女 梶の葉

東風 補遺

*えり漁に悪しと東風を喜ばず 右城暮石 虻峠
*えり壺に死魚の漂ふ東風の湖 右城暮石 虻峠
アメリカの兵チヨコレートの兵東風の街 山口青邨
あをあをと東風波立ちて月いづる 松村蒼石 寒鶯抄
おもしろし南風の船東風の船 山口青邨
クラークの右手にある意志東風つよき 阿波野青畝
ごう~と一とき東風の渡る湖 前田普羅 能登蒼し
さつとあけて東風吹き入るゝ藏の中 正岡子規 蔵開
たらちねの展墓の髪に東風すこし 飯田龍太
ちらちらと家並つづきや東風の藪 阿波野青畝え
どこからも東風の出てゆく楢櫟 古舘曹人 樹下石上
ともるごと東風のゆふづつ玻璃に殖ゆ 大野林火 早桃 太白集
ふるさとや東風寒き日の鰯売り 鈴木真砂女
みいくさの大東亜海東風わたる 飯田蛇笏 白嶽
ももいろの壁に窓なし東風の街 山口青邨
よくよくの鬼子なるかも東風兆す 橋閒石
わが翁眉を手草に東風の中 秋元不死男
わが飛機の著陸姿勢東風に向け 高浜年尾
以和為貴梅と東風 後藤比奈夫
隠岐深き東風の四五戸の出征旗 加藤秋邨
渦群に東風の声出て澄みにけり 古舘曹人 樹下石上
鉛管をくねらせて胃の軽き東風 橋閒石
温室いでて強東風待てり遊蝶花 水原秋櫻子 殉教
嫁待ちの貝駒崩る東風の裏 角川源義
火の舌の前に女や垣の東風 中村草田男
荷かさむ問屋主や東風心 河東碧梧桐
海東風に髪逆立てて虚しさよ 山口誓子
開帳の東風に吹かるゝ秘仏哉 正岡子規 東風
角家は空瓶屋なり東風強し 星野立子
掛手拭あまたへ東風や幼稚園 中村草田男
鴨のよくあがりて朝の東風の磯 岡井省二 五劫集
韓近き烽火の山や東風すさぶ 角川源義
岩つかむ鳶もよろめき東風強し 富安風生
牛飼の歌碑見て東風の竹に遭ふ 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
虚偽の兎神も援けず東風つよし 杉田久女
供華売に日影あまねく楡の東風 飯田蛇笏 白嶽
強東風にわが稿焚くはいさぎよし 能村登四郎
強東風に圧され~て来りたり 星野立子
強東風に群れ飛ぶ荒鵜室戸岬 松本たかし
強東風に志摩の果みゆみづみづし 能村登四郎
強東風に濁りて昏し空の藍 石橋秀野
強東風に野良犬が綟れよれとなり 山口誓子
強東風の一日の暦消して歇む 石塚友二 方寸虚実
強東風の空澄みきつてゐたりけり 鈴木真砂女
強東風の鳴門わが髪飛ばばとべ 山口誓子
強東風の浪みゆ浪の音きこゆ 日野草城
強東風の濤に突立つ巌柱 上村占魚 球磨
強東風や阿蘇の胎内赤肌に 松崎鉄之介
強東風や唇をよごして五平餅 古舘曹人 砂の音
強東風をしたがへて男町に来る 能村登四郎
橋へ来て東風の強さを知る裳裾 日野草城
玉調の少女過ぎゆき東風なごむ 角川源義
玉津島袴わすれし東風の禰宜 川端茅舎
禽は地をあさりて瑞枝東風吹けり 飯田蛇笏 白嶽
空山を煙上るや東風の空 西島麦南 人音
隅田川東風の名所と言ひたしや 藤田湘子 てんてん
靴あとの砂噴き翔つや東風の灘 角川源義
群竹を傾けつくし東風離れ 野澤節子 未明音
繋ぐ 下ろす 担ぐ 運ぶ みな東風の波止場 伊丹三樹彦
見出でけり間かに流れゐし東風を 相生垣瓜人 明治草
湖よりの荒東風家霊晦むかな 佐藤鬼房
巷への道白く東風の扉につづく 大野林火 早桃 太白集
江戸川の鯉と申して東風の亭 山口青邨
荒海と東風の入江を分くる岬 稲畑汀子
荒東風に潟一枚を見せらるる 斎藤玄 雁道
荒東風に催促金神揺ぎもせず 能村登四郎
荒東風に吹かれゐて耳とほき母 廣瀬直人
荒東風に木瓜一幹の古びかな 加藤秋邨
荒東風の山雪湖になだれけり 村山故郷
荒東風の篠が鞭なす那須野かな 鷲谷七菜子 游影
荒東風の風筋にまづ翁草 廣瀬直人
荒東風の濤は没日にかぶさり落つ 加藤秋邨
荒東風や松葉をかぶる鵜獲小屋 古舘曹人 樹下石上
高枝に啼きては舞へり東風の禽 飯田龍太
高枝を東風の吹きゐる櫻かな 百合山羽公 春園
材の端に馬糞吹きよせ朝の東風 佐藤鬼房
鷺むれて東風吹きかすむこずゑかな 飯田蛇笏 白嶽
桜東風加瀬の娘も中年に 佐藤鬼房
三人の云ひ争へり東風の中 高野素十
子とあれば浴後の東風は森の香を 下村槐太 天涯
子兎の耳へら~と東風の中 飯田龍太
獅子頭まつる神座荒東風す 角川源義
紙屑の中の銀紙東風強く 山口青邨
時計舗の犬懶惰にて楡の東風 飯田蛇笏 白嶽
自転車夕東風疲れながらも肩張つて 中村草田男
手の地図をたたみかねつつ東風の景 阿波野青畝
樹に馳せて垂氷のごとし東風の猿 角川源義
住職のおどろき顔を東風が打つ 廣瀬直人
祝福さるる者たれ東風に自炊の火 大野林火 青水輪 昭和二十七年
小野をやくをとこをみなや東風曇り 飯田蛇笏
小野を焼くをとこをみなや東風曇り 飯田蛇笏 霊芝
焼嶽の月東風ふく雲にながれけり 飯田蛇笏 春蘭
上京す東風の空路となりゐたり 高浜年尾
新艘おろす東風の彩旗へんぽんと 杉田久女
身めぐりの東風粛々と浜へ出づ 大野林火 海門 昭和七年
身めぐりの東風蕭々と浜へ出づ 大野林火 早桃 海風抄
吹きそめし東風の水邊に下り立ちぬ 高野素十
吹くや東風附木の真帆にそよそよと 正岡子規 東風
水仙やすでに東風吹く波がしら 水原秋櫻子 晩華
製鉄のけむりひきをり東風の浜 阿波野青畝
青東風に紅茶のけむりさらはるゝ 日野草城
青東風の襲ひかゝるや大日覆 日野草城
青東風の塵をとどめず神火もゆ 古舘曹人 砂の音
青東風や灰皿に喜怒なす莨の頭 角川源義
青東風や蚕飼の部屋に下宿せし 角川源義
青東風や豊鬢貌を小さうす 日野草城
青東風や霊火堂内煤震ふ 石川桂郎 高蘆
青東風や老樹枝交はし廊をなす 村山故郷
青麦のさやぎしるけく東風つのる 日野草城
石垣の東風はゆふべに暮れにけり 三橋敏雄
石段を東風ごう~と本門寺 川端茅舎
船の汽笛むらさきだちて強東風に 日野草城
船板に東風の旗かげ飛びにけり 杉田久女
藻塩焼くけぶりならねば東風に折れ 上田五千石 天路
凧見れば東風ばかりでもなかりけり 正岡子規 凧
中国解放東風は木の根も苔も揺るよ 香西照雄
潮路来て東風吐くごとく人に逢ふ 林翔
釣りつ来しが青東風に馴らす馬見をり 種田山頭火 自画像 層雲集
東風がうつ水田の面さと翳り 富安風生
東風すさび燈台の灯の長くなり来ぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
東風つよし三日月の弧のやや歪み 大野林火 早桃 太白集
東風に干す療衣嶺よりきよらかに 廣瀬直人 帰路
東風に髪なぶらせ神父との対話 原裕 葦牙
東風に帆を張りて復員船とは見えぬ 平畑静塔
東風に暮れて笹原を村に下りけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
東風の鵜の潜くも珊瑚漁らざる 阿波野青畝
東風の街窓おさて瑪瑙を商へる 三橋鷹女
東風の径軍医マントを端しくす 大野林火 冬青集 雨夜抄
東風の月いろめく雲にはやみけり 飯田蛇笏 白嶽
東風の月祷りの鐘もならざりき 飯田蛇笏 春蘭
東風の濠こゑふり出してかいつむり 上田五千石 琥珀
東風の座や男寡黙に火の気欲し 右城暮石 句集外 昭和十八年
東風の塵胸に吹きつけくる故郷 原裕 葦牙
東風の船汽笛真白く吹きやめず 山口誓子
東風の痩身腕たくましく岩起す 佐藤鬼房
東風の窓子に教ふべきこと尽きじ 三橋鷹女
東風の中もとの鎖に戻る犬 鷹羽狩行
東風の中東雲橋は反うつて 山口青邨
東風の日や啼く鳶天にとどまりて 飯田蛇笏 白嶽
東風の波がぶり~と杭を越え 星野立子
東風の波塩木ひろひにしぶきけり 西島麦南 人音
東風の波埠頭の鉄鎖濡れそぼつ 山口誓子
東風の碑を東風に吹かれて見上げたり 鈴木真砂女 紫木蓮
東風の浜坐せばひと待つ思ひあり 上田五千石『天路』補遺
東風の満船飾旗の形せず 山口誓子
東風の陽の吹かれゆがみて見ゆるかな 飯田蛇笏 白嶽
東風の濤谷なすときぞ隠岐見え来 加藤秋邨
東風ふいて巣箱にひくき穂高嶽 飯田蛇笏 白嶽
東風へ泳ぐ一歳の靴のひよこ色 古沢太穂 火雲
東風ゆうべ老牛繋ぐまでもなし 橋閒石
東風ゆるく鷺とわれの頭わかちなく 原裕 葦牙
東風強くして踏切の天鳴れり 山口誓子
東風荒き日は白波を踏むごとく 廣瀬直人
東風荒し少しは書庫も片付けねば 安住敦
東風荒し信心のみな飛びさうに 廣瀬直人
東風時化の戯れし浪蒙古塚 阿波野青畝
東風時化の浪のかなかに唐泊 阿波野青畝
東風出しや烏賊釣りの火の皆またたく 篠原梵 年々去来の花 雨
東風吹いて一夜に氷なかりけり 河東碧梧桐
東風吹いて女身に冷ゆる髪と爪と 野澤節子 未明音
東風吹いて情こはく見る草木かな 飯田蛇笏 山廬集
東風吹いて津軽は夏終る 高野素十
東風吹くといひ東に花粉山 後藤比奈夫
東風吹くやはたと動ける象の耳 加藤秋邨
東風吹くや岩戸の神の二タはしら 飯田蛇笏 霊芝
東風吹くや残業食に咽喉かわき 草間時彦 中年
東風吹くや耳現はるゝうなゐ髪 杉田久女
東風吹クヤ船ノ寄ル待ツ離レ島 正岡子規 東風
東風吹くや八重垣なせる旧家の門 杉田久女
東風波に忌日の仏間ひらきあり 松村蒼石 寒鶯抄
東風波に覆へらんとしたる鳰 清崎敏郎
東風螺・海蛇を干して足も干す 加藤秋邨
東風浪に帆柱石は木に還る 阿波野青畝
入院の窓を騒がせ東風強し 高浜年尾
納まりし東風に灯ともり港町 高田風人子
帆上げたる水尾ごう~と東風の船 高野素十
比良よぎる旅をつづけて盆の東風 飯田蛇笏
病起椽にいつれは東風吹入るゝ衣の裾 正岡子規 東風
病癒えて門を出づれば東風が吹く 正岡子規 東風
浜へ出たがる犬を制して東風の道 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
浜遊園東風の噴水のみ生きもの 篠原梵 年々去来の花 皿
風蚊のぐん~変る東風強し 高浜年尾
仏像は素肌におはす東風の寺 廣瀬直人
噴水や東風の強さにたちなほり 中村汀女
盆東風に暮れて涼しき浜火かな 臼田亜郎定本亜浪句集
繭玉や東風に吹かるゝ店の先 正岡子規 繭玉
満潮の木場の閘門東風の波 山口青邨
門を出づれば東風吹き送る山遠し 村上鬼城
夜をこめて東風波ひびく枕かな 飯田蛇笏
野あざみの絮舞ふ東風の昼となる 飯田龍太
野の東風が留守の枝折戸打ちて過ぐ 鷲谷七菜子 黄炎
夕東風となりて潮おと底ごもる 上村占魚
夕東風にまた忘れゐし薬嚥む 赤尾兜子 玄玄
夕東風に子心淋し戻り来る 富安風生
夕東風に匂ひたつ身よ潮満ち来 鷲谷七菜子 黄炎
夕東風のゆさぶってゐる島のうち 上村占魚
夕東風の夜業にかかる燈は降し 細谷源二 鐵
夕東風ヤ火ヲトモシタル漁舟 正岡子規 東風
夕東風や海の船ゐる隅田川 水原秋櫻子 葛飾
夕東風や昇降機に葬の塵すこし 岡本眸
夕東風や振り向きざまに教師の眼 廣瀬直人
夕東風や佃に低き煙出し 松崎鉄之介
夕東風や買はねど町に櫻草 中村汀女
夕東風や流木にある手擦れ瘤 上田五千石『琥珀』補遺
夕暮の東風つぎつぎに樹を捉ふ 廣瀬直人 帰路
落つる日の赤きに東風のしづまりぬ 高浜年尾
立ち上る波白く折れ東風の沖 稲畑汀子
旅人の前の岩打つ東風の波 廣瀬直人
領布(ひれ)振るや東風の荒浜長渚 佐藤鬼房
嶺の東風も頌歌をおくるおのづから 飯田蛇笏 白嶽
嶺越し東風きき石仏の姉おとと 能村登四郎
路あまたあり陋巷に東風低く 中村草田男
嘶きてはからだひからせ東風の馬 大野林火 早桃 太白集
浚渫船東風のわたるにひと黝し 細谷源二 鐵
濤・濤・濤かく呟きつ東風をかへる 加藤秋邨
濤けぶる荒東風の天韓を見ず 角川源義
瑪瑙群灯り東風玻璃に媚ぶ 三橋鷹女
藺田の鷺東風のながれにうかみけり 西島麦南 人音
閨の窗東風ふく月に狆ほゆる 飯田蛇笏 白嶽

東風 続補遺

はじめての梅にしらすな東風のかぜ 錦江女
駕に居て東風に向ふやふところ手 炭太祇
記念ぞと聞や東風ふく松の音 諷竹
黍がらの音もことしにかへる東風 鈴木道彦
言うなら何う屠蘇の顔東風の面 園女
糊おける絹に東風行門辺哉 炭太祇
降ながら東風に替りし風見哉 三宅嘯山
汐先やよしきり騒ぐいなさ東風 鈴木道彦
青ざしや下総東風にしめるころ 鈴木道彦
川の香のほのかに東風の渡りけり 炭太祇
朝東風に鳳巾売店を開きけり 黒柳召波
朝東風やほのかに見ゆる秋日和 露印
東風うけて川添ゆくや久しぶり 黒柳召波
東風そふや開くをまちる蔵の塵 田川鳳朗
東風に通ふ心づくしや聖廟忌 三宅嘯山
東風の吹空に落来る四三風 亀洞
東風ふくや芭が嶋の注連はりに 松窓乙二
東風吹とかたりもぞ行主と従者 炭太祇
東風吹ば開むと待梅の花 越人
東風吹やぶす~けむる田中の温泉 成田蒼虬
東風吹や道行人の面にも 炭太祇
東風東むきたるひばりかな 木導
東風颯と調べかはりぬ琵琶の湖 三宅嘯山
遊べとぞ東風の聞ゆる人の耳 三宅嘯山
夕東風の上ずりやすき名古曽哉 松窓乙二
旅立の東風に吹する火縄かな 炭太祇
漣や下総東風をあげて来る 鈴木道彦

by 575fudemakase | 2017-04-30 05:50 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

海猫渡る  の俳句

海猫渡る  の俳句

海猫渡る

例句を挙げる。

ごめ渡る糸蔵残る町の空 太田 嗟
国引きの潮路さだかや海猫渡る 北見さとる
海を見るひとりの午后をごめ渡る きくちつねこ
海猫渡る艤装さなかの遠洋船 藤木倶子

海猫渡る 補遺

綿菅の湿原のひと筋ごめ渡る 角川源義

by 575fudemakase | 2017-04-30 05:45 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング