<   2017年 04月 ( 154 )   > この月の画像一覧

麦踏 の俳句

麦踏 の俳句

麦踏

例句を挙げる。

あたゝかき正月なれば麦踏まん 北里 信子
あちこちに噴く温泉煙や麦を踏む 小原菁々子
ある時はものおもふまじと麦を踏む 及川貞 榧の實
うしろ手におのれなぐさめ麦を踏む 山上樹実雄
うつむきて基地といふ地の麦踏めり 椎橋清翠
うまや路や麦の黒穂の踏まれたる 定本芝不器男句集
きさらぎの麦踏みのぼる向ひ風 中拓夫 愛鷹
しば~のなゐのあとなる麦踏めり 銀漢 吉岡禅寺洞
すべもなき心まぎらせ麦踏みに 小原菁々子
そそくさと麦踏み石を斫りにゆく 西本一都 景色
たびびとのごとく出て来て麦を踏む 行方克巳
つひの葉も吹きちる朝の麦踏める 金尾梅の門 古志の歌
ともに踏みて光る麦の芽好敵手 伊藤京子
わだかまりあるかに麦を踏む二人 片山由美子 水精
ジャズ近き麦踏いよよ独りの貌 加藤知世子 花寂び
ユダの不信吾にもありや麦を踏む 後藤一朗
三日はや麦踏む人のあるはあり 長谷川素逝 村
二あし三あし麦を踏みたる初詣 廣江八重櫻
光る山傘さして少年麦を踏む 田川飛旅子
凧を子にゆだねて麦を踏みはじむ 佐野美智
出ばやな籬の野べの麦踏に 加舎白雄
切支丹の裔なり痩せし麦踏めり 成瀬桜桃子 風色
北風に言葉うばはれ麦踏めり 楸邨
古り果てゝ夫婦ともなし麦を踏む 五十嵐播水 播水句集
向き合へば蟹の麦踏話し合ふ 樋口伊佐美
喪にこもるいとまの麦を踏みにけり 植村通草
囚人らの遠くより麦踏を見る 松村蒼石 雁
夕さむし麦踏に声かけてより 馬場移公子
夕ざれや麦踏む音の山畑 中島月笠 月笠句集
夕焼の奈落が見たし麦踏めり 中拓夫
姥捨の麦踏むうしろすがたかな 小原啄葉
子は母の影に入りては麦を踏む 馬場移公子
宅地並課税の畑に麦を踏む 瀬上 實
小さき闇ふところに父麦踏めり 大西健司
少しづつ鴉に麦を踏みちかづく 大熊輝一 土の香
岳雪のあざやかなるに麦を踏む 冬葉第一句集 吉田冬葉
島人の海に向ひて麦を踏む 合原 泉
幼な顔ときどきに上げ麦踏めり 後藤夜半(1895-1976)
後ろ手の麦踏の黙引返す 笠原古畦
御嶽の見ゆる高さの麦を踏む 服部鹿頭矢
手負鳩森につくまで麦踏まず 大熊輝一 土の香
折り返すとき背をのばし麦を踏む 上木輝子
昼月に刻をあづけて麦踏めり 宮津昭彦
来世がありて麦踏む岬の果 佐野美智
梅が香や関りもなく麦は踏み 野村喜舟 小石川
歩み来し人麦踏をはじめけり 高野素十(1893-1976)
殉教の島に老いゆく麦を踏む 酒井泡一
海荒れて麦を踏みゐる伊良湖かな 岡田耿陽
海見ては麦踏の黙まぎらはす 平野 伸子
瀬戸の島の山の背の畑麦踏める 及川貞 榧の實
灯台の日蔭の麦を踏みにけり 篠原鳳作
牟婁の児ら汽車見送りつ麦を踏む 宮武寒々 朱卓
石を切る山の光りて麦を踏む 安藤 節
神官の足袋はかぬ日は麦を踏む 後藤智子
空港になるかならぬか麦を踏む 松山足羽
老いの足小刻み麦と光踏み 西東三鬼
考へてをりしは蹠麦を踏む 後藤比奈夫 祇園守
落磐の怖れを秘めし麦を踏む 西本一都 景色
藪風を聞いてはかへし麦踏めり 銀漢 吉岡禅寺洞
蜑が妻二日の凪に麦踏めり 水原秋桜子
衰へは足より来ると麦踏みに 山本紅園
裏に清流この家の人等麦踏みへ 金子兜太
親にそむこう心麦踏みてやわらげり 大越吾亦紅
警報機のみの踏切麦の秋 長田久子
貝塚のまはりの麦を踏みてをり 飴山實 少長集
踏みし麦醜草のごと立ちなほる 加藤武城
踏む麦にこもれる滝のひびきかな 西本一都 景色
車窓に見る麦踏のうごき一足を 宮津昭彦
道問へば麦踏む二人こも~に 皆吉爽雨
鎮まりし火の山負ひて麦を踏む 白澤良子
長風呂で目眩の童児麦を踏む 猪原丸申
際立つて雪帯のかゞやけば麦を踏む 乙字俳句集 大須賀乙字
霜踏んでひびくこみちの麦の伸び 原田種茅 径
風の日の麦踏遂にをらずなりぬ 高浜虚子
麦の芽をもう踏みたくてたまらない 櫂未知子 貴族
麦ひと日踏みて遠方力満つ 長谷川双魚 風形
麦を踏むけはしき眼何を憎む 加藤楸邨
麦を踏む住宅街の残り畑 土屋孝子
麦を踏む体重は地へぬけてゆく 津田清子 礼 拝
麦を踏む友に暮光の丘があり 大井雅人 龍岡村
麦を踏む姿に母を憶ひけり 稲葉清次
麦を踏む子の悲しみを父は知らず 加藤秋邨 寒雷
麦を踏む比良八荒へ身を晒し 清水志郎
麦を踏む父子嘆(なげき)を異にせり 加藤秋邨 寒雷
麦を踏む犬の杉作したがへて 木田千女
麦を踏む脳裏に錆びた家紋と鋤 大井雅人 龍岡村
麦を踏む腿や軍袴の羅紗厚し 榎本冬一郎 眼光
麦を踏む體重は地へぬけてゆく 津田清子
麦刈や踏めば砕くる土煙 西山泊雲 泊雲句集
麦踏て三々五々の野梅かな 椎本才麿
麦踏にあらで玉葱の芽を踏める 西本一都 景色
麦踏にさつと移りし暮色かな 吉武月二郎句集
麦踏に足の湯とるや三日の月 西山泊雲 泊雲句集
麦踏のいつしかゐなくなりて月 加藤楸邨
麦踏のうしろ手凍え入日かな 中島月笠 月笠句集
麦踏のこちら向いてもただひとり 後藤夜半 翠黛
麦踏のたつた一人にみな雪嶺 加藤楸邨
麦踏のでてゐる畑の曇り来し 相馬 黄枝
麦踏のはなればなれの湖北かな 鷹羽狩行
麦踏のふと棒立ちのもの思ひ 橋詰沙尋
麦踏のゆきき野佛のふところを 田中菅子
麦踏のリズムに飽きて鴉啼く 影島智子
麦踏の一つの姿手を腰に 高濱年尾 年尾句集
麦踏の出てゐる島の畑かな 高野素十
麦踏の去りたるあとのどつと暮れ 馬場新樹路
麦踏の壮者彼や野路の景 石塚友二 方寸虚実
麦踏の夕影連れて去りゆけり 徳永山冬子
麦踏の影いつしかや廻りけり 村上鬼城
麦踏の影たゆみなく午過ぎぬ 西島麦南 人音
麦踏の影のび来ては崖に落ち 村松紅花
麦踏の忙しき影をともなへる 高橋淡路女 淡路女百句
麦踏の手をどうするか見てゐたる 茨木和生 倭
麦踏の曳く影の截り別れつつ 原田種茅 径
麦踏の最後の夕日をふみゆけり 間立素秋
麦踏の母の居そめて父も又 阿波野青畝
麦踏の海向くときは姑憎む 田川飛旅子
麦踏の男が見えて女の声 野澤節子 黄 炎
麦踏の返すそびらに神の山 荒井正隆
麦踏の遠き背後をわが通る 鈴木六林男 谷間の旗
麦踏の遠目のうちに未だあり 中村汀女
麦踏の頭巾の外の風強き 原田種茅 径
麦踏はいつも遠くの方にゐる 加倉井秋を 『胡桃』
麦踏はたゝら~と踏まざりけり 尾崎迷堂 孤輪
麦踏みしあとしめりゐる夕かな 佐野青陽人 天の川
麦踏みしばかりの乱れありにけり 目野六丘子
麦踏みて綾なす畑となりにけり 山本 孟辰
麦踏みて足裏やさしくなりにけり 沢田まさみ
麦踏みに出てゆき人ともどり来し 長谷川素逝 村
麦踏みのうしろ手解かぬ立話 荒井幸子
麦踏みのひとり手を挙ぐ詩友なり 能村登四郎
麦踏みのまたはるかなるものめざす 鷹羽狩行(1930-)
麦踏みの大足がゆき遍路みち 原裕 『出雲』
麦踏みの富士のぼりきる長さとも 大木あまり 山の夢
麦踏みの影のび来ては崖に落ち 村松紅花
麦踏みの後ろ手解けば了るなり 田川飛旅子
麦踏みの父はいちにちふりむかず 岬雪夫
麦踏みの眼のかがやくは汽車来るため 鈴木六林男
麦踏みの胸の厚さを見たりけり 柴田白葉女 花寂び 以後
麦踏みの踏みとまりたる昼の月 本田あふひ
麦踏みは夕陽の宙をゆくごとし 飯野燦雨
麦踏むと天皇制が立ち上がり 久保純夫 熊野集
麦踏むや伸び来し影の十字架負ひ 小西 藤満
麦踏むや同齢妻と歩も揃ひ 大熊輝一 土の香
麦踏むや夕星一つ見ゆるまで 阿部みどり女
麦踏むや旧正月の近き村 大谷句佛 我は我
麦踏むや母の足裏踏む如し 堤あきを
麦踏むや海は日を呑み終りたる 森田峠 避暑散歩
麦踏むや笑ふ別れに挟まれて 香西照雄 対話
麦踏も終へぬ夜明の通り雨 中拓夫 愛鷹
麦踏やひむがしにある月太く 五十崎古郷句集
麦踏やみんな独りになつてゆく 田川飛旅子
麦踏やむき振替へて向ひ風 西山泊雲 泊雲句集
麦踏や寒さに堪へて小刻みに 西山泊雲 泊雲句集
麦踏や小刻み小出しの愛に似て 香西照雄 対話
麦踏や山皺ごとに靄こめて 高田蝶衣
麦踏や角を正しく屋敷林 辻桃子
麦踏や顔傾けて風に堪ゆ 西山泊雲 泊雲句集
麦踏をして蕩々とゆきにけり 古舘曹人 樹下石上
麦踏をひとり見しのみ十円区 秋元不死男
麦踏を今朝雪嶺となり囲む 佐野美智
麦踏を噴湯のけむりへだつなり 幕内 千恵
麦踏を見つめておれりそれで足る 高澤晶子 復活
麦踏んでゐるうちに気も晴れ~す 星野立子
麦踏んで今なほ土に親しめり 高杉千代子
麦踏んで帰る焼野のかまいたち 中拓夫 愛鷹
麦踏んで麦の青さに吹かれをり 加古宗也

麦踏 補遺 

ある時はものおもふまじと麦を踏む 及川貞 夕焼
いつか失せたる麦踏のひとりかな 能村登四郎
えむぼたん外す麦踏囚徒なり 平畑静塔
沖の船遅々麦踏みの折返し 鷹羽狩行
貝塚のまはりの麦を踏みてをり 飴山實
顔そむけ知る娘麦踏む帰省かな 富安風生
丘の松めぐりてひと日麦を踏む 水原秋櫻子 重陽
交さねばことばにあらじ麦を踏む 鷹羽狩行
考へてをりしは蹠麦を踏む 後藤比奈夫
考へを踏みつつ麦を踏んでをり 上野泰
三日はや麦踏む人のあるはあり 長谷川素逝 村
思ふこと多きか麦を踏み止めず 林翔
囚人らの遠くより麦踏を見る 松村蒼石 雁
出ばやな籬が野辺の麦踏に 加舎白雄
上半身斜陽がくりに麦踏めり 野澤節子 未明音
榛の木が麦踏に来い来いと呼ぶ 平畑静塔
雛の日や島の子麦を踏みにくる 村山故郷
瀬戸の島の山の背の畑麦踏める 及川貞 榧の實
蒼い麦踏みに遠照る学府の塔 伊丹三樹彦
丁寧に麦踏み終へし夕日かな 高浜年尾
土不踏おろして麦を踏みはじむ 上田五千石『森林』補遺
土不踏やうやくなじみ麦を踏む 鷹羽狩行
島人の麦踏に富士大写 平畑静塔
踏み外すこと気にかけず麦を踏む 後藤比奈夫
麦を踏むいづこも字は森を立て 平畑静塔
麦を踏むかぎり うしろ手金縛り 伊丹三樹彦
麦を踏むけはしき眼何を憎む 加藤秋邨
麦を踏むロダンの歩く人の如く 伊丹三樹彦
麦を踏む子の悲しみを父は知らず 加藤秋邨
麦を踏む体重は地へぬけてゆく 津田清子 礼拝
麦を踏む父子嘆を異にせり 加藤秋邨
麦を踏む老の地団太姿暮るる 伊丹三樹彦
麦踏て三々五々の野梅かな 椎本才麿
麦踏にをちの緑十字はたはたす 山口青邨
麦踏に雲かたよりし夕茜 能村登四郎
麦踏に檻あるごとし薄日さす 秋元不死男
麦踏のいつしかゐなくなりて月 加藤秋邨
麦踏のうしろにあがる千鳥かな 百合山羽公 春園
麦踏のこちら向いてもただひとり 後藤夜半 翠黛
麦踏のたつた一人にみな雪嶺 加藤秋邨
麦踏のひとり手を挙ぐ詩友なり 能村登四郎
麦踏の一つの姿手を腰に 高浜年尾
麦踏の影いつしかや廻りけり 村上鬼城
麦踏の影たゆみなく午過ぎぬ 西島麦南 人音
麦踏の遠目のうちに未だあり 中村汀女
麦踏の股間に富士の見えにけり 阿波野青畝
麦踏の口開くに飴こぼれけり 松崎鉄之介
麦踏の出てゐる島の畑かな 高野素十
麦踏の戦友肩で知られけり 松崎鉄之介
麦踏の壮者彼や野路の景 石塚友二 方寸虚実
麦踏の大島を見て日もすがら 高野素十
麦踏の男が見えて女の声 野澤節子 鳳蝶
麦踏の母の居そめて父も又 阿波野青畝
麦踏みに隔世の顔なかりけり 秋元不死男
麦踏みに出てゆき人ともどり来し 長谷川素逝 村
麦踏みのはなればなれの湖北かな 鷹羽狩行
麦踏みのまたはるかなるものめざす 鷹羽狩行
麦踏みの土を忘れず鉄路越ゆ 廣瀬直人 帰路
麦踏みヘマラソン選手また一人 鷹羽狩行
麦踏みを見ず小麦畑数十里 鷹羽狩行
麦踏むや笑ふ別れに挟まれて 香西照雄
麦踏むや野のおほかたは頼りなし 廣瀬直人
麦踏めりこころ屈する背をかがめ 山口誓子
麦踏めり世田谷にある川畠 山田みづえ 草譜
麦踏も庵の眺の一つかな 松本たかし
麦踏も鳶の描く輪もくりかへし 富安風生
麦踏や小刻み小出しの愛に似て 香西照雄
麦踏や薄雲はれし島畠 村山故郷
麦踏をして蕩々とゆきにけり 古舘曹人 樹下石上
麦踏をひとり見しのみ十円区 秋元不死男
麦踏んですご~と行く男かな 村上鬼城
麦踏んでゐるうちに気も晴れぐす 星野立子
麦踏んで今日はひとりになりたき日 後藤比奈夫
麦踏んで坪千金のこまかな土 秋元不死男
麦踏んで蹠に祖国ある日かな 後藤比奈夫
風の日の身を刃とし麦踏める 鷹羽狩行
風の日の風に吹かれて麦踏める 鷹羽狩行
歩み来し人麦踏をはじめけり 高野素十
北風に言葉うばはれ麦踏めり 加藤秋邨
裏に清流この家の人等麦踏みへ 金子兜太
籬より麦踏み出でぬ晝霞 高野素十
螢が妻二日の風に麦踏めり 水原秋櫻子 葛飾

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 07:24 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

末黒の芒 の俳句

末黒の芒 の俳句

末黒の芒

例句を挙げる。

あたらしき末黒野の息しづかなる 上野さち子
そこに火のとまり末黒の芒折れ 成瀬正俊
なにか唾棄して末黒野を立去れり 上田五千石 田園
のど渇く子と末黒野をよぎりたる 細見綾子 黄 炎
ひとのため末黒野を行き落膽す 藤田湘子(1926-)
ほのぬくみある末黒野を歩きけり 高橋淡路女 梶の葉
まぎれたる雨後の末黒の芒かな 稲畑汀子
グライダー基地も末黒の芒原 柴原保佳
ペアリフト末黒の芒の上をゆく 満田玲子
土塊をはさみて末黒野の芒 浦野哲嗣
戒壇の末黒の芒萌えにけり 岩崎照子
換気口より末黒野の匂せり 辻美奈子
昨夜の雨末黒の芒濃くしたり 戸川稲村
末黒野となりては静かなるものよ 細見綾子 桃は八重
末黒野となりぬ一と日を籠るまに 松本田寿子
末黒野にすでに命のはじまれる 稲畑汀子
末黒野にのこる遍路のしるべ石 橋田憲明
末黒野にまさしく月ののぼりけり 松村蒼石 雁
末黒野にをりをり見ゆる鬼火かも 日夏耿之助
末黒野に二重廻しの裾ひきずる 細見綾子 黄 炎
末黒野に布目瓦を拾ひけり 阿部みどり女
末黒野に春りんだうの真先に 杉 千代志
末黒野に昼光りなき瀬戸の海 阿部みどり女
末黒野に昼月の照る妖しさよ 久米正雄 返り花
末黒野に松笠焦げて匂ひけり 阿部みどり女
末黒野に突き刺してある火摶棒 深沢暁子
末黒野に窯観世音幣白し 下村ひろし 西陲集
末黒野に蝶さしかかる日暮かな 森田伊佐子
末黒野に透明の水湧きゐたり 辻田克巳
末黒野に雨の切先かぎりなし 波多野爽波
末黒野のいのちいざなう裳裾かな 川田由美子
末黒野のかけらの如く鴉翔つ 渡辺清子
末黒野のかばかり大きく怖ろしき 阿部みどり女
末黒野のくろみ渡れる小雨かな 高橋淡路女 梶の葉
末黒野のつやつやとして新しき 石井とし夫
末黒野のはや青みたるひとところ 八木秋水
末黒野の一つの山は硫黄噴く 友成 ゆりこ
末黒野の一本の川夜がくる 原田喬
末黒野の中の無傷のつくづくし 村上喜代子
末黒野の南の切尖限りなし 波多野爽波 『鋪道の花』
末黒野の大きな鳶でありにけり 斉藤夏風
末黒野の昼の三日月いつか失し 加倉井秋を 『風祝』
末黒野の昼光りなき瀬戸の海 阿部みどり女
末黒野の燻り立ちて夕ざるる 伊豆 萩波
末黒野の空胎動のありにけり 中川須美子
末黒野の端に漢の無聊かな 野澤節子 『八朶集』
末黒野の芒夜盗のごとくなり 高澤良一 ぱらりとせ
末黒野の薄や富士の裾長し 堀古蝶
末黒野の雨にけぶらふ一団地 木村蕪城 寒泉
末黒野の雨はひとりのうしろより 松本高児
末黒野の雨も新しと古墳塚 河野南畦
末黒野の雨をかなしと見て過ぐる 高濱年尾 年尾句集
末黒野の雨を遥かに人わたる 波多野爽波 鋪道の花
末黒野の風清潔に吹き始む 嶋田麻紀
末黒野の鴉の舌は赤きかな 久米正雄(三汀)(1891-1952)
末黒野の黒のかなしみ言ひ足して 斎藤玄 雁道
末黒野やヘッドホーンの中はジャズ 仙田洋子 雲は王冠
末黒野や心とむれば径の枝 尾崎迷堂 孤輪
末黒野や汽車に飛び起つ時鳥 佐野青陽人 天の川
末黒野や現れ出でし標石 吉田ひろし
末黒野や鮒のにほひの川ながれ 篠田悌二郎
末黒野ゆく雲のすこぶる女性的 高澤良一 ぱらりとせ
末黒野をぐいと曲りて川が合ふ 山田みづえ 手甲
末黒野を墨染めの僧来るはよし 森澄雄
末黒野を斜め斜めに誰かの父へ 安井浩司 赤内楽
末黒野を来て野良犬に嗅がれたり 加藤憲曠
末黒野を見てきてよめり方丈記 龍岡晋
末黒野を踏み来てうまき夕日の水 佐々木有風
末黒野来て人形の面無表情 中村明子
松風や末黒野にある水溜り 沢木欣一 雪白
河光り末黒野の道うながしゆく 成田千空 地霊
紛れゐるつもりか末黒野の鴉 大橋敦子
縹照る一筋の川末黒野に 加藤耕子
野の力見せて末黒の芒かな 谷口和子
首塚の末黒の芒鋭かりけり 西本一都 景色
魂ぬけの身を吹かるるよ末黒野に 稲垣きくの 牡 丹
ひとり行く曾爾の焼野の芒径 田畑美穂女


末黒の芒 補遺 

あたらしき末黒は匂ふ雨ほそく 日野草城
いつもこの末黒の頃に乳母を訪ふ 森澄雄
すこし眠くて末黒野は異邦の香 飯田龍太
ちりぢりに漣照るや末黒葦 能村登四郎
なにか唾棄して末黒野を立去れり 上田五千石 田園
のど乾く子と末黒野をよぎりたる 細見綾子
ひとのため末黒野を行き落胆す 藤田湘子
むさしのやすくろの薄小雨ふる 正岡子規 末黒の薄
わが住みて野辺の末黒を簷のもと 橋本多佳子
一二寸がほどの末黒の芒かな 岸田稚魚 紅葉山
雲は雨こぼさず末黒野の鴉 鷹羽狩行
火の合ひて末黒つながりゆきにけり 稲畑汀子
巌頭に注連のゆるみし末黒かな 古舘曹人 樹下石上
見残して行かすぐろの薄の芽 正秀
現はるる石に末黒の風たかぶり 廣瀬直人
湖の魚肥えてゐん末黒見ゆ 右城暮石 句集外 昭和十八年
降り出して末黒の雨のやみがたく 波多野爽波 鋪道の花
骨肉の骨とは末黒野の芦か 鷹羽狩行
山陰に魚籠をしづめし末黒かな 古舘曹人 樹下石上
残りたる末黒の萱のとげ~し 高浜年尾
湿原の寂に末黒を点じたり 上田五千石『琥珀』補遺
春もはや半すぐろの薄かな 三宅嘯山
進むべき道を残して末黒かな 鷹羽狩行
人麿忌末黒古芦刈られけり 藤田湘子 途上
青きつき末黒の芒記憶せり 岸田稚魚 紅葉山
石臼の刻み目末黒の水さそふ 飯島晴子
喪つづきの行けば末黒野芒原 能村登四郎
土筆の子末黒汚れの袴穿き 後藤比奈夫
塔のほか末黒野も見ゆ佐保の路 能村登四郎
八重葎おもひおもひに末黒かな 阿波野青畝
飛火野のいま末黒野の水迅し 細見綾子
怖い顔して松が立つ末黒野よ 波多野爽波
風葬のまぼろし末黒野の鴉 鷹羽狩行
末黒なるあたりうららに水の見え 岸田稚魚 紅葉山
末黒なる土手いつまでも歩きけり 岸田稚魚 紅葉山
末黒土手車窓につゞき急に川 高浜年尾
末黒踏む音ともにせし懼れかな 飯島晴子
末黒野さまよう 墓所を物色の眼で 或る日 伊丹三樹彦
末黒野となりては静かなるものよ 細見綾子
末黒野にかこまれてあり佐久の牧 細見綾子
末黒野にたあいなき日のありそめし 岡井省二 有時
末黒野にまさしく月ののぼりけり 松村蒼石 雁
末黒野に雨くる早さの剛い髪 飯島晴子
末黒野に雨しみてより晴れわたる(奈良にて二句) 細見綾子
末黒野に雨の切尖限りなし 波多野爽波 鋪道の花
末黒野に雨や旅人旅つづく 山口青邨
末黒野に咲ずともあれ菫草 加舎白雄
末黒野に神をやめたる男たち 岡井省二 五劫集
末黒野に二の足を踏む鴉ゐて 鷹羽狩行
末黒野に二重廻しの裾ひきずる 細見綾子
末黒野に風のやさしく吹く日かな 飯田龍太
末黒野に木の根洗ひて流るる水(奈良にて二句) 細見綾子
末黒野のおもはぬ方に飛火あと 能村登四郎
末黒野のさるとりいばらはや萌えて 山口青邨
末黒野のふちを臆病めき歩く 岡本眸
末黒野の雨にけぶらふ一団地 木村蕪城 寒泉
末黒野の雨をかなしと見て過ぐる 高浜年尾
末黒野の雨を遥かに人わたる 波多野爽波 鋪道の花
末黒野の果ての一川淀青し 能村登四郎
末黒野の海の際まで安房天津 鈴木真砂女
末黒野の空に鴎の目がつぶら 波多野爽波
末黒野の黒のかなしみ言ひ足して 斎藤玄 雁道
末黒野の端に漢の無聊かな 野澤節子 八朶集
末黒野の宙に風音ばかりかな 森澄雄
末黒野の日當つてをりそこへ行く 森澄雄
末黒野の薄きところや濃きところ 岸田稚魚 紅葉山
末黒野の疵いえてゆく夜ごと雨 山口青邨
末黒野をぐいと曲りて川が合ふ 山田みづえ 手甲
末黒野を踏みやはらかく雨の脚 鷹羽狩行
末黒野を抜け来て流れ焦げくさし 能村登四郎
末黒野を巳年の男女消えゆけり 橋閒石
末黒野来る口笛一つうるほひて 中村草田男
旅愁また土堤の末黒のうすれ踏み 上田五千石『琥珀』補遺
壺坂を掃きおろしたる末黒かな 古舘曹人 樹下石上
鴉と意かよふ末黒野ともに踏み 鷹羽狩行
鷭のこゑ聞えるはずの末黒かな 岸田稚魚 紅葉山

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 07:20 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪虫 の俳句

雪虫 の俳句

雪虫

例句を挙げる。

お骨埋めて袖の雪虫そと払ふ 太田鴻村 穂国
とくゆるく雪虫まひて蘇鉄寺 飯田蛇笏 雪峡
はなやぎて与謝の雪虫舞ひにけり 加藤三七子
また独りなり雪虫を見失ひ 山口速
みづからの重さ雪虫身を細め 河野南畦 『風の岬』
三の酉すぎたここら軒々の雪虫 梅林句屑 喜谷六花
人の息かかるを待てり雪虫は 鷹羽狩行
啓蟄の雪虫つひに見ざりけり 松村蒼石 雪
壮年の兄遠ながめ雪虫くる 寺田京子
夕焚火雪虫眉にただよへる 石原舟月 山鵲
婚終へて雪渓に死す雪虫か 堀口星眠 火山灰の道
宙に一線か垂れる錯覚一ぴきの雪虫にして 安斎櫻[カイ]子
影もなく雪虫が来るもう癒えよ 小林康治 玄霜
往診にまた雪虫の頃が来し 新明紫明
愚の職に就くや歓喜の雪虫湧く 小林康治 玄霜
手のひらに雪虫ひとつ這はせたり 太田鴻村 穂国
春の雪虫とぶ如く衰へぬ 石田波郷
村病むに似て雪虫の夥し 当摩八千代
永らへて雪虫を身にまとふかな 朔多 恭
牡丹餅の粉がにほふ暮れの雪虫 太田鴻村 穂国
独楽木地師小屋へ雪虫の橋懸 石川桂郎 高蘆
産卵の雪虫飛びて裏羽黒 阿部月山子
窖(はか)ちかく雪虫まふや野辺おくり 飯田蛇笏
窖ちかく雪虫まふや野辺おくり 飯田蛇笏 春蘭
老農の視力雪虫に衰ふる 榎本冬一郎 眼光
過褒なる雪虫抱へきれぬほど 佐々木六戈
雪虫が胸の高さすぐ眼の高さ 誓子
雪虫と落つるは雁の抜毛にや 安斎櫻[カイ]子
雪虫にあはき交りありしこと 赤尾兜子
雪虫にたしかな力古墳群 吉田美佐子
雪虫に沖つ波いろ濃かりけり 佐野俊夫
雪虫に生殖の意を見つゝ臥す 軽部烏頭子
雪虫のいそげばつきてただよへり 飯田蛇笏 春蘭
雪虫のかくまで碧き三ケ日 道山昭爾
雪虫のただよふ日暮手のあそぶ 桂信子 遠い橋
雪虫のつきくる距離も暗くなる 西村公鳳
雪虫のとべるに逢へり古き門 加藤楸邨
雪虫のはひ出して雪やはらかき 清崎敏郎
雪虫のひとつの死所をたなごころ 能村登四郎
雪虫のゆらゆら肩を越えにけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
雪虫のコバルトほどの愛が欲し 金箱戈止夫
雪虫の下りて湿る余燼かな 石原舟月 山鵲
雪虫の塩より昏くあふれむと 齋藤玄 『雁道』
雪虫の恋一寸にして一途 鷹羽狩行 七草
雪虫の掌をはなれとぶ命かな 阿部みどり女 笹鳴
雪虫の輪舞ボッカを慰めよ 堀口星眠 火山灰の道
雪虫の青くなりつつちかづきぬ 篠原梵 雨
雪虫の飛ぶ廟前の木立かな 碧梧桐
雪虫の飛ぶ木洩日に木洩日に 嶋田摩耶子
雪虫や俄かに君が他界せし 瀧井孝作
雪虫や僧と妻とがつれだちて 寺田京子
雪虫や半眼にして見ゆるもの 矢島久栄
雪虫や古間百軒鎌を鍛つ 西本一都 景色
雪虫や大股に来る郵便夫 赤塚五行
雪虫や底湿る砂利にシヤベル挿す 榎本冬一郎 眼光
雪虫や日を重ねつつ筆不精 展宏
雪虫や梵字ぎくりととどまれる 松澤昭 宅居
雪虫や牛には温きもの啖はせ 榎本冬一郎
雪虫や田下駄を山の神に吊り 柴田冬影子
雪虫や蕭条として明るき野 柴田白葉女 花寂び 以後
雪虫や連山藍を重ね合ふ 菅原多つを
雪虫や雪降る前の音なき野 柴田白葉女 『冬泉』
雪虫を蓬髪に挿しどこへ行かん 細谷源二
雪虫を見てよりこころさだまらず 石川陽子
雪虫群る野に残光のあるかぎり 加倉井秋を 『欸乃』
雪虫雪虫とひとつみし思ひすぎにけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく

雪虫 補遺

とくゆるく雪虫まひて蘇鉄寺 飯田蛇笏 雪峡
安達太郎や雪虫を野に遊ばせて 藤田湘子 途上
影もなく雪虫が来るもう癒えよ 小林康治 玄霜
愚の職に就くや歓喜の雪虫湧く 小林康治 玄霜
啓蟄の雪虫つひに見ざりけり 松村蒼石 雪
笹小屋守が雪虫くぐりくぐり来る 能村登四郎
山宿の軒のふかさをとぶ雪虫 大野林火 海門 昭和八年
十月は雪虫とびてすでに冬 高野素十
十勝岳見ゆると澄めり雪虫は 藤田湘子 神楽
神と遊べる雪虫のかく白し 鷹羽狩行
人の息かかるを待てる雪虫か 鷹羽狩行
雪虫がゆき襤の鷲すごく光る 加藤秋邨
雪虫が胸の高さすぐ眼の高さ 山口誓子
雪虫が遊ぶこころの扉の前に 鷹羽狩行
雪虫にあはき交りありしこと 赤尾兜子 玄玄
雪虫に待たれ入園料払ふ 鷹羽狩行
雪虫のいそげばつきてただよへり 飯田蛇笏 春蘭
雪虫のとどかむとしてほつれ髪 鷹羽狩行
雪虫のとぶ日の今日の誰と誰 高野素十
雪虫のとべるに逢へり古き門 加藤秋邨
雪虫のはひ出して雪やはらかき 清崎敏郎
雪虫のひとつの死所をたなごころ 能村登四郎
雪虫のむらがりとびて雪近し 高野素十
雪虫のゆふ自転車が子を分け行く 山口誓子
雪虫のゆらゆら肩を越えにけり 臼田亜浪 旅人 抄
雪虫の塩より昏くあふれむと 斎藤玄 雁道
雪虫の青くなりつつちかづきぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
雪虫の雪来るまへに死ぬ林 藤田湘子 神楽
雪虫の入日の後の行方かな 加藤秋邨
雪虫の暮に雨戸をしめてしまふ 山口誓子
雪虫の恋一寸にして一途 鷹羽狩行
雪虫やすとんと暮れて十三湖 鷹羽狩行
雪虫や金堂過ぎて裳層の塔 山口誓子
雪虫や空気補ふ長距離便 鷹羽狩行
雪虫や五十まで生きたらばよし 山口誓子
雪虫や高さの重さに堪へ得ずに 中村草田男
雪虫や女素直に帰れども 飯田龍太
雪虫や点灯夫あらはれむころ 鷹羽狩行
雪虫や谺ゆるさぬ穂高岳 藤田湘子 神楽
雪虫をつかめず幸をとりにがす 山口誓子
雪虫をつけて乗りくる桂びと 飴山實 花浴び
雪虫を見るや獄を出しごとく 山口誓子
雪虫を追ひ病友に心馳す 大野林火 青水輪 昭和二十六年
雪虫舞ふそも一片の風花か 山口青邨
雪虫綿にためて戦後の子も同じ 大野林火 青水輪 昭和二十五年
雪虫憑くわが衣手の墨染の 山口青邨
独楽木地師小屋へ雪虫の橋懸 石川桂郎 高蘆
窖ちかく雪虫まふや野辺おくり 飯田蛇笏 春蘭

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 07:18 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

公魚 の俳句

公魚 の俳句

公魚

例句を挙げる。

うすうすと終ひの色して公魚は 渡辺乃梨子
きりもなく釣れて公魚あはれなり 根岸善雄
ひき潮のごと公魚の去りゆけり 牧 月耕
わかさぎを薄味に煮て暮色くる 桂信子 黄 瀬
わが捨てし穴に公魚釣れてをり 黒坂紫陽子
公魚(わかさぎ)をさみしき顔となりて喰ふ 草間時彦
公魚がひらひら釣れて雪降れり 永井龍男
公魚に眼さづかる月夜かな 中川杞友
公魚のあがる軽さに糸吹かれ 河野探風
公魚のくちびるさむく釣られけり 白井 爽風
公魚のひらひらと釣れすぐ凍てぬ 小林黒石礁
公魚のよるさゞなみか降る雪に 渡邊水巴 富士
公魚のフライからりと光る湖 松本光司
公魚の三度跳ねたるいのちかな 阿部宗一郎
公魚の受精卵はや濁りをり 野末たく二
公魚の姿よければあはれなり 山田不染
公魚の旦暮のごときぬくもりよ 吉田鴻司
公魚の水を放れし深き息 石 昌子
公魚の穴釣り富士に皆背き 和田暖泡
公魚の舟を帆柱立ちに漕ぐ 古館曹人
公魚の釣れて火桶に落つるあり 土方 秋湖
公魚は針はづされてすぐ凍てぬ 江中真弓
公魚をこぼれんばかり掌に受けし 新井秋芳
公魚をさみしき顔となりて食ふ 草間時彦
公魚を焼く杉箸のすぐ焦げて 鳥越すみこ
公魚を釣る青空をへこませて 早乙女未知
公魚舟つぎつぎ蛻き夕映えぬ 千代田葛彦 旅人木
初漁の公魚投網くりかへす 亀井糸游
匂はせて公魚どきの佃島 桂樟蹊子
卵をもちて公魚わかきすがたかな 永井龍男
年々に公魚汲みて舟古りし 橋本鶏二
手洗ふや公魚囲ふ石の槽 石塚友二 光塵
暗き湖より獲し公魚の夢無数 藤田湘子(1926-)
淡雪や公魚の香のほのかなる 加藤 汀
湖心まで公魚釣の人溢れ 稲畑廣太郎
竿ばかり立ちて公魚漁といふ 深見けん二
籠にあふれ公魚山の湖より来 山口青邨
莨火捨て公魚の湖くもらせる 青木泰夫
釣りあぐる公魚のみなきらめけり 高柳 和弘
釣りやめし氷孔をわかさぎ群れ過ぐる 佐野青陽人 天の川
釣り上げし公魚に紅動きけり 江中真弓
雪の鴨わかさぎ逐ふか水にかくれ 渡邊水巴 富士
雷魚殖ゆ公魚などは悲しからん 高野素十
島姥の魂遊ぶ桜魚 大森知子

公魚 補遺

いつぴきの公魚をりし*どを上ぐる 山口青邨
ただ湖を見るわかさぎの禁猟時 山口誓子
わかさぎの煮干を噛めば喪は去らむ 原裕 青垣
わかさぎの焼かれし形に寝ころがる 桂信子 花影
わかさぎをいへづとにして沼タ日 山口青邨
わかさぎを薄味に煮て暮色くる 桂信子 新緑
わかさぎ焼き潟人に失業保険の冬 能村登四郎
安部渡の舟は公魚とる舟と 山口青邨
暗き湖より獲し公魚の夢無数 藤田湘子
暗澹と公魚を釣る氷かな 伊藤白潮
街灯りてわかさぎの眼のごとし 飯田龍太
魚籠見せてくれて公魚釣なりし 清崎敏郎
公魚とる網をめぐらす沖に鴨 山口青邨
公魚のまなこつぶらに貧厨に 山口青邨
公魚のよるさゞなみか降る雪に 渡邊水巴 富士
公魚の眼おのれの死を知らず 飯田龍太
公魚や氷の上に雪積り 石田勝彦 秋興以後
公魚をさみしき顔となりて喰ふ 草間時彦 中年
公魚を釣る舟湖心動かざる 稲畑汀子
公魚を釣る浮橋や湖小春 山口青邨
公魚釣る萩の枯枝の如き竿 山口青邨
山の湖の公魚梅の枝と描く 山口青邨
手洗ふや公魚囲ふ石の槽 石塚友二 光塵
神沼の虹にわかさぎ卵をもつか 角川源義
雪の鴨わかさぎ逐ふか水にかくれ 渡邊水巴 富士
病み月の公魚の香にひたりをり 岡井省二 明野
雷魚殖ゆ公魚などは悲しからん 高野素十
炬燵して公魚釣の小屋といふ 清崎敏郎
籠にあふれ公魚山の湖より来 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 07:15 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春時雨 の俳句

春時雨 の俳句

春時雨

例句を挙げる。

SLのおまけの汽笛春時雨 柚木治子
いくたびも秋篠寺の春時雨 星野立子
いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄
おもひでの花は白桃春しぐれ 西島麥南
ぐい呑みを所望の客や春時雨 鈴木真砂女
とりあへずここにをりたる春時雨 石田郷子
ふりかかる利休ねづみの春時雨 京極杞陽
まぼろしに巴里こそみゆれ春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄以後
一ト足のちがひで逢へず春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄
不意に湧く破滅心や春時雨 辰野利彦
九谷焼く白山からの春時雨 萩原麦草 麦嵐
二度三度存問めきし春時雨 佐土井智津子
保安色の黄が勝てる街春時雨 香西照雄 素心
四万十の流れの幅へ春時雨 宮津昭彦
大寧寺奥処墓辺の春時雨 石原八束 空の渚
寝食のほかはもろとも春しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
屋根濡るるそれに日当り春しぐれ 皆吉爽雨 泉声
山なりに松斜めなる春しぐれ 久米正雄 返り花
岩の頬濡らす涙の春時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
庭濡れ来心濡れ来ぬ春時雨 上野 泰
御苑外すぐ鋤く牛の春時雨 久米正雄 返り花
手かざせば炉火に手の影春しぐれ 野沢節子
春しぐれ一トとき雲の濃かりけり 久保田万太郎 草の丈
春しぐれ一行の詩はどこで絶つか 加藤郁乎(1929-)
春しぐれ京の人にはかなはざる 大串章 百鳥 以後
春しぐれ十人とゐぬ詩人かな 加藤郁乎(1929-)
春しぐれ山を越す道また造る 福田甲子雄
春しぐれ席ゆづり合ふまはり寿司 秋山とみ江
春しぐれ悲運の御陵去り難し 関根きみ子
春しぐれ戦友会に遺児ひとり 松崎豊
春しぐれ暮光の唐津橋長し 石原八束 空の渚
春しぐれ果物籠を抱へかね 久米正雄 返り花
春しぐれ虹の松原砂丘越え 石原八束 空の渚
春しぐれ路上念なき街の鳩 林原耒井 蜩
春時雨あごはづし居る古楽面 鍵和田[ゆう]子
春時雨なか~上る気配なく 高浜年尾
春時雨はらりと過ぎし祖谷の空 山田弘子
春時雨ひととき書肆を暗くせり 山本歩禅
春時雨去来の墓にかがみけり 原コウ子
春時雨欠たるもあり義士の墓 生田喬也
春時雨残してゆきし光かな 河野美奇
春時雨気がさを鬢にみせにけり 久保田万太郎 流寓抄
春時雨清水坂に小買物 麻田椎花
春時雨濡れてしづれる桐畠 宮津昭彦
春時雨音譜の如く跳ねてをり 波多野爽波 鋪道の花
松並をとり入れし邸春しぐれ 京極杞陽
枯色の由布の盆地の春時雨 冨永 津耶
桜守の板戸を走る春時雨 細見綾子
母の忌や其の日の如く春時雨 富安風生
沼の面に水輪生れず春時雨 石井とし夫
波除けの目よりもたかし春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄以後
海の音山の音みな春しぐれ 中川宋淵
湖の面に賤ケ岳より春時雨 八木林之助
湯の国のものおととなる春時雨 鳥居美智子
烏貝は獲れ砂まみれ春時雨 中村汀女
箸墓に波のさわだつ春しぐれ 伊藤いと子
縦横に舗道退けどき春時雨 中村汀女
背高のわれ先づ濡れて春時雨 加賀美子麓
芽楓のあかねにけぶり春時雨 内藤吐天 鳴海抄
茣蓙敷いて遊びゐし子に春時雨 波多野爽波 鋪道の花
茶羽織は襟をかへさず春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄
蕎麦すする東山より春時雨 萩原麦草 麦嵐
衣笠の尾上のくらき春時雨 高濱年尾 年尾句集
襁褓干す舟屋もありぬ春時雨 京極杞陽
赤子のやうな寝釈迦に山の春時雨 瀧 春一
踊の出草履をぬらす春時雨 金子伊昔紅
通夜の灯は裸がよかれ春時雨 青木重行
過ぎてゆく時の流れと春時雨 川口咲子
間なくやみ間なくも忘れ春時雨 皆吉爽雨
風少し出て春時雨花舗にやむ 三宅一鳴
香に満ちて花の荷つくる春時雨 平松弥栄子
香に立ちて若草山の春しぐれ 西村和子 かりそめならず
鳥貝は獲れ砂まみれ春時雨 中村汀女
たびたびの春の時雨も気疎くて 波多野爽波 鋪道の花
今別れ来し身に春の時雨かな 佐藤うた子
再びの春の時雨の板庇 星野立子
暗ければ春の時雨の来るかとも 上村占魚 球磨
照鷽は籠に照り春のしぐれ止む 皆吉爽雨 泉声
老の恋春の時雨はすぐやみて 草間時彦
重なりし山より春の時雨来る 竹崎 紫泉
関址訪ふ春の時雨の後追ひて 遠藤梧逸
鵜の瀬まで春の時雨の手松明 長谷川久々子
さわさわの韻をすでに春驟雨 篠田悌二郎 風雪前
五百重山雲みだれては春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
大仏の忽ちに濡れ春驟雨 上野泰 春潮
屑鉄にカラタチの咲く春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
山桑の花ひたにぬれ春驟雨 飯田蛇笏 春蘭
島人の濡れ歩きをり春驟雨 上野泰
春驟雨木馬小暗く廻り出す 石田波郷
春驟雨母のうしろの笊にうどん 宮津昭彦
春驟雨瀧もその瀧みちも消す 中田剛 珠樹
春驟雨船端叩く川蝦漁 高澤良一 寒暑
春驟雨花屋にさけて人を待つ 成瀬正とし 星月夜
春驟雨花購ひて灯の軒づたひ 岡本 眸
春驟雨馳せ来る丘の上の臥床 中村汀女
瀬田川の屋形をこめて春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
磯焚火海女総立ちに春驟雨 上野泰 春潮
翁草日あたりながら春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
若き子らに若きかなしみ春驟雨 木下夕爾
赤犬は跛なりけり春驟雨 石田あき子 見舞籠
あらせいとう春の驟雨に濡れて摘む 岡本まち子
ぎごちなく春の驟雨に髪濡らす 小池文子 巴里蕭条
ふるさとの春の驟雨の馬車の中 石田波郷
ベートーヴエン頭像春の驟雨かな 八木林之介 青霞集
夜のプールを過ぎゆく春の驟雨かな 林桂 ことのはひらひら 抄
妹が宿春の驟雨に立ち出づる 高濱虚子
孟宗に春の驟雨の美しき 星野立子
昇降機春の驟雨の音にひらく 石田あき子 見舞籠
昏みては春の驟雨の蘆溝橋 山田みづえ
春の驟雨たまたま妻と町にあれば 安住敦
羅甸区の春の驟雨ぞ知らず逝けり 小池文子 巴里蕭条
鷹白し春の驟雨の過ぐるまで 進藤一考

春時雨 補遺

ぐい呑みを所望の客や春時雨 鈴木真砂女
たびたびの春の時雨も気疎くて 波多野爽波 鋪道の花
どをおきし袖石濡らす春時雨 上村占魚
暗ければ春の時雨の来るかとも 上村占魚 球磨
一休さん二十一日春時雨 阿波野青畝
音せぬが却つて侘し春時雨 高浜年尾
蝦夷富士は春しぐれする蝶の冷え 飯田蛇笏 雪峡
甘受して露天谷湯の春しぐれ 上田五千石『琥珀』補遺
岩の頬濡らす涙の春時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
吸物に湯葉の黄みどり春しぐれ 鷹羽狩行
近江路の春の時雨の土赤し 松崎鉄之介
吾妹子の片袖ぬぐふ春時雨 阿波野青畝
光琳笹光悦垣に春しぐれ 野見山朱鳥 幻日
広野行く幾春時雨幾夕立 星野立子
忽ちにかげりしセーヌ春時雨 上野泰
再びの春の時雨の板庇 星野立子
桜守の板戸を走る春時雨(岐阜県根尾川の淡墨桜) 細見綾子
山の雲少し移りぬ春時雨 稲畑汀子
子等さへも夕ぐれあはれ春しぐれ 中村汀女
舟小屋の滴るまでの春時雨 上野泰
春しぐれそこなる湖を雲閉ぢて 及川貞 夕焼
春しぐれには窓ぴつたしと閉め 平畑静塔
春しぐれ篁過ぐる音と聴けよ 安住敦
春山に眺めも飽かぬ春しぐれ 高屋窓秋
春時雨 鯉飼う里の波紋増やし 伊丹三樹彦
春時雨が濡らす心の傷一条 楠本憲吉 孤客
春時雨音譜の如く跳ねてをり 波多野爽波 鋪道の花
春時雨急なりしこと心せき 高浜年尾
春時雨昏るる真際をあがりけり 飯島晴子
春時雨浅蜊蛤売切れて 鈴木真砂女 居待月
春時雨銭塘江の橋青し 山田みづえ まるめろ
春時雨鳥は林に入りて鳴く 村山故郷
寝食のほかはもろとも春しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
西安に白酒(しろき)を酌むや春時雨 松崎鉄之介
舌先に金平糖の春しぐれ 橋閒石 微光以後
沢庵の閑居の井水春時雨 佐藤鬼房
追波(おっぱ)川洲の茫茫と春しぐれ 佐藤鬼房
庭濡れ来心濡れ来ぬ春時雨 上野泰
濡れて歩いて 銃は持たない 春時雨 伊丹三樹彦
白髭の斎垣を襲ふ春しぐれ 阿波野青畝
保安色の黄が勝てる街春時雨 香西照雄 素心
母の忌やその日のごとく春時雨 富安風生
母の傘借りて面照る春時雨 石田勝彦 雙杵
窯場より雑木明るき春しぐれ(丹波) 細見綾子
茣蓙敷いて遊びゐし子に春時雨 波多野爽波 鋪道の花

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 07:12 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春北風 の俳句

春北風 の俳句

春北風

例句を挙げる。

あきなひの小物ならべて春北風 長谷川双魚
セザンヌの描きし色味春北風 新山郁子
太陽にしろがねの環春北風 森澄雄
山に住み時をはかなむ春北風 飯田蛇笏 椿花集
春北風へ揺れ紅型の伸子張 奈良文夫
春北風や海峡抜ける旭日旗 山本慶一郎
春北風山国棲みをはかなみて 飯田蛇笏 椿花集
春北風樒さしたる地にあらぶ 飯田蛇笏 山廬集
春北風機影の韻きあしたより 飯田蛇笏 椿花集
春北風白嶽の陽を吹きゆがむ 飯田蛇笏
椎の木は弔辞聞く木か春北風 須山おもと
海のもの軋ませてをり春北風 伊藤通明
空罐の日を切りかへす春北風 上村占魚
艶聞に火のついてゐる春北風 鈴木節子
陸中に破船亭あり春北風 矢島渚男

春北風 補遺

暗き家ばかりを責めて春北風 廣瀬直人
橋脚は潔癖に老ゆ春北風 廣瀬直人
山に住み時をはかなむ春北風 飯田蛇笏
春北風機影の韻きあしたより 飯田蛇笏
春北風山国棲みをはかなみて 飯田蛇笏
春北風白嶽の陽を吹きゆがむ 飯田蛇笏 白嶽
春北風樒さしたる地にあらぶ 飯田蛇笏 山廬集
声あげて鶏憎みあふ春北風 廣瀬直人
太陽にしろがねの環春北風 森澄雄
島訪ふも餘命いくばく春北風 飯田蛇笏 家郷の霧
鳶ともに雲遠ざかる春北風 飯田蛇笏 家郷の霧

以上


by 575fudemakase | 2017-04-22 07:08 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

余寒 の俳句

余寒 の俳句

余寒

例句を挙げる。

あけび籠売るよろづ屋の余寒かな 奥井 信子
いそまきのしのびわさびの余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
うつくしき余寒の頬や稽古海女 鳥羽とほる
おほきにといひ口ごもる余寒かな 室生犀星 犀星發句集
かさかさと薬包ひらく余寒かな 関口 湖舟
この風に残る寒さもあと幾日 高木晴子 晴居
ごみ箱のわきに炭切る余寒かな 室生犀星 犀星発句集
しら梅に余寒の雲のかゝる也 高井几董
はしけやし余寒の雀糞しけり 林原耒井 蜩
ひそと来て茶いれる人も余寒かな 室生犀星 犀星發句集
ひとたびは透明になっていく余寒 猪原丸申
ひなどりの羽根ととのはぬ余寒かな 犀星
ひらき見る手になにもなき余寒かな 加藤耕子
ぶらんこの下の余寒の水たまり 高澤良一 寒暑
みな底の余寒に跼み夕送る 宮武寒々 朱卓
みゆるときみえわかぬとき星余寒 久保田万太郎 流寓抄
ものの葉のまだものめかぬ余寒かな 千代女
やまぐにの古城にあそぶ余寒かな 飯田蛇笏 霊芝
よべの雨山に余寒を残しけり 高澤良一 素抱
わかれきて胸に憑きくる余寒かな 仙田洋子 橋のあなたに
わけもなく手さきの冷ゆる余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
サイレンの散らばつて行く余寒かな 杉山加代
サンシャインビルの直下の余寒かな 岸田稚魚 『萩供養』
シヨパンいま余寒の胸になだれこむ 木之下みゆき
チンと鳴る朝餉余寒のドル相場 大西やすし
トラピスト・バターの固き余寒かな 鈴木栄子
ブラウンシチュウ手間暇掛けて残る寒 高澤良一 素抱
一人居に先の世からの余寒あり 三井絹枝
一旦の余寒にもえ蚕死にはてし 乙字俳句集 大須賀乙字
一点の雲のそそげる余寒かな 前田普羅
三つ星を引据ゑたりし余寒あり 相生垣瓜人
世を恋うて人を恐るゝ余寒かな 村上鬼城
乾鮭の余寒の頭残りけり 癖三酔句集 岡本癖三酔
亡き人の遺す余寒と思ひけり 橋本榮治 越在
人の文開きて読みし余寒かな 龍胆 長谷川かな女
人よけて犬いそぎ去る余寒かな 久保田万太郎
人中も余寒はげしや日本橋 碧童
人間の宿泊禁ずと地下余寒 沢木欣一
伐り伏せの竹四五本の余寒かな 上田五千石 森林
余寒この海岸線の鳥宇宙 伊藤淳子
余寒その後書棚の塵は誰が払ふ 成瀬桜桃子 風色
余寒とはずらりと蛇口並ぶこと 櫂未知子 蒙古斑以後
余寒なほたたもいわしに微塵の眼 能村研三 鷹の木 以後
余寒なほぬすつと猫の啼きもせず 石橋秀野
余寒なほ仏を拝む十指にも 牧 辰夫
余寒なほ午前零時の腕時計 小川廣男
余寒なほ山茱萸の粗衣なぶる風 高澤良一 素抱
余寒なほ指になじまぬ琴の爪 山本登茂子
余寒なほ爪立ちともすひとりの灯 樋口冨貴子
余寒なる戒壇院址何の花弁 橋本榮治 逆旅
余寒なを姑の薬を小分けする 佐野笑子
余寒のなごみの籾殻が水にほつるる 梅林句屑 喜谷六花
余寒の児吸入かけておとなしき 飯田蛇笏 山廬集
余寒の雲を花火軽打し職求む群 古沢太穂 古沢太穂句集
余寒をば叱りにござる隠居哉 尾崎紅葉
余寒凪星空染めて浪けぶる 金尾梅の門 古志の歌
余寒惜む独りかも風の萱に来たり 渡辺水巴 白日
余寒晴卵を割つて濁りなし 青柳菁々
余寒殊に田肥ほごしも出来ぬ也 乙字俳句集 大須賀乙字
佳きことはすぐに過去ともなる余寒 辻口静夫
俎板に小鰭の光る余寒かな 今泉貞鳳
信濃川残る寒さを流しをり 坊城俊樹
僧正が谷をすべれば余寒なり 野童 芭蕉庵小文庫
出勤の一人一人の余寒顔 高澤良一 宿好
北山の余寒を見るや窓の内 泰星
十二神将一体修復中余寒 高澤良一 ももすずめ
南都いまなむかんなむかん余寒なり 阿波野青畝(1899-1992)
又の日を恃む余寒にかこつけて 高澤良一 素抱
友人といふ男くる余寒かな 夏井いつき
取灰に火の色うかぶ余寒かな 上田五千石 風景
受験子の膝そろへたる余寒かな 斉藤夏風
古九谷の松に韻ある余寒かな 鷲谷七菜子 天鼓
句碑の字の旅寝崩るる余寒かな 古館曹人
吾が為に届く余寒の一夜酒 小松崎爽青
命小さし余寒の夜空締め出だす 石塚友二 方寸虚実
咲かゝる梅に余寒の日数かな 春爾
咳の夜の壁穿つ余寒かな 石塚友二 光塵
墨烏賊の墨にまみるる余寒かな 鈴木真砂女 夕螢
大伽藍出でて余寒を払ひけり 安原葉
大王松余寒の雀こぼしけり 伊丹さち子
大雨中馬市果てゝ余寒かな 乙字俳句集 大須賀乙字
奥山に大雪やある余寒かな 原石鼎 花影以後
妻の座に胡坐かきたる余寒かな 片山依子
安直楼余寒車軸を流す雨 高澤良一 鳩信 玄帝
屋根屋根を余寒の雨の濡らしけり 道芝 久保田万太郎
屋根微塵しきりに飛べる余寒なり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山吹に枯枝まじる余寒かな 室生犀星 犀星発句集
山村の暮を鶏なく余寒かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
山鳥のたちとゞろかす余寒かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
川明り余寒明りと云ふべきや 高澤良一 素抱
干柿のなまなかあまき余寒かな 久保田万太郎
幾度も訃報を質す余寒かな 戸田 進
底たゝく音や余寒の炭俵 召波
店しめて余寒の軒の灯が並ぶ 佐藤紅緑
庭の雪落葉ににじむ余寒哉 瀧井孝作
彫飾の乱を鎮めし余寒かな 和田悟朗 法隆寺伝承
思ひ出て薬湯たてる余寒かな 召波
情なう蛤乾く余寒かな 太祇
懐炉二つ残る寒さを歩きけり 前田普羅
抜き残す赤蕪いくつ余寒哉 芥川龍之介
抱かれて畳に広がる余寒かな 谷口桂子
押入に丈艸寝るも余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
拝観の菩薩にのこる余寒かな 小山松岬子
新発意の余寒の頭に隣りゐる 石田勝彦
旅発ちの喪服に着替ふ余寒かな 伊東宏晃
旅発ちの靴にひそんでゐし余寒 山田弘子
旅立の靴にひそんでゐし余寒 山田弘子
日あたれる花に吉野の余寒かな 角川春樹 夢殿
日の入に時計の合へる余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
日はありて余寒しみぬく松葉かな 室生犀星 犀星発句集
明快な日射の中にある余寒 保坂リエ
晴き田の水こぼしゐる余寒かな 鷲谷七菜子 花寂び
暗がりの鰈に余寒の光かな 三宅蕭山 (しょうざん)(1718-1801)
月の箔灯の箔散らし湖余寒 杉本零
月明に地のみどり見ゆ余寒の子 飯田龍太
朝酒にしてやきのりの余寒なれ 小澤碧童 碧童句集
木原見れば雲の動かぬ余寒かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
木魚百ぽつくり寺の余寒かな 杉山青風
枝のとがりにさはるにあらぬ余寒かな 室生犀星 犀星発句集
梟のこゑ裏返る余寒かな 吉田紫乃
橋の灯の水に鍼なす余寒かな 千代田葛彦
橘の実は尚てりて余寒哉 賀瑞
武蔵国のほいほい講の札余寒 辻桃子
残寒の山辺なりけり鳶の笛 高澤良一 素抱
残寒の竹林に首さし入れて 高澤良一 素抱
残寒やこの俺がこの俺が癌 江国滋
残照の松原遠き余寒かな 金尾梅の門 古志の歌
気のいらち心の尖り余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
水くらく余寒のあられしづみけり 石原舟月 山鵲
水と地と麓ゆったり余寒あり 一ノ瀬タカ子
水に落ちし椿の氷る余寒かな 几董
水の面に日の亘りきし余寒かな 鈴木しげを
水を得て桶引きしまる余寒かな 小川軽舟
水掴む浚渫船の余寒かな 岡村一郎
水溜り一瞥呉れて過ぐ余寒 高澤良一 素抱
水滴の天に余寒の穴ひとつ 上田五千石 琥珀
沖雲の全く閉ぢぬ余寒空 乙字俳句集 大須賀乙字
洟すする音に驚く余寒かな 小松崎爽青
海苔掻女余寒の髪をもてあます 麦草
海青く~神戸の余寒かな 久保田万太郎
海風の煽る余寒と思ひ歩す 成嶋瓢雨
消え残る一畝の葱も余寒かな 大谷句佛 我は我
清水の坂なかばなる余寒かな 都筑智子
渡船場跡の余寒や人を送りしごと 香西照雄 素心
温泉げむりに別府は磯の余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
湯帰の棒鱈さげし余寒見よ 尾崎紅葉
漉場余寒風にあく木戸風が閉む 宮津昭彦
火をふいて灰まひたゝす余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
火口湖の高浪をきく余寒かな 飯田蛇笏 雪峡
灰ふるふ手元の暗き余寒哉 小澤碧童 碧童句集
焼けあとの一年たちし余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
煙突のけむり折れゐる余寒かな 山本いさ夫
熊の皮はたと爪ある余寒かな 坂根と志
燭光のここにはなやぐ余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
猪垣に余寒はげしや旅の空 炭 太祇 太祇句選
猪食つて山中忘る余寒かな 秋元不死男
甘露煮の鮒の目噛みし余寒かな 小松崎爽青
生牡蠣の咽喉もとすべる余寒かな 鈴木真砂女 夕螢
用のなき雪のたゞ降る余寒かな 井月の句集 井上井月
用もなき山梔子を干す余寒かな 小澤碧童 碧童句集
病室のとなり余寒の旅鞄(上京多美子見舞ひて) 阿部みどり女 『雪嶺』
白き手が開ける余寒の障子かな 五所平之助
白日の閑けさ覗く余寒かな 渡辺水巴 白日
磯岩に飛び岩の鵜も余寒かな 河東碧梧桐
礫郭に木の葉の走る余寒かな 伊藤いと子
祖光浄稔信士と余寒の掌になぞる 高澤良一 燕音
穴にのぞく余寒の蟹の爪赤し 子規句集 虚子・碧梧桐選
突き袖も置き手拭も余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
突堤に生き餌のうごく余寒かな 北見さとる
章魚うすくそぐ俎の余寒かな 鈴木真砂女 生簀籠
竹くべし風呂鉄砲も余寒かな 菅原師竹句集
竹の根の土うち越せる余寒かな 芥川龍之介
篠を刈る余寒の山の深さかな 芥川龍之介
米搗の汗ふいて居る余寒かな 竹冷句鈔 角田竹冷
糖尿の宣告ありし余寒かな 石塚友二
素破こそとばかり余寒は詠むべかり 高澤良一 さざなみやっこ
網染めのかまど火足して余寒なほ 河野南畦 湖の森
繰り返す余寒病床落ちつかず 高浜年尾
肘のあたりシヤツほころびし余寒哉 寺田寅彦
胸に貼る辛子よく効く余寒かな 稲垣きくの 黄 瀬
膝なでゝ余寒しづかに老いしとよ 久保田万太郎 流寓抄
舌かみ切らんばかり余寒の山桜 福田甲子雄
舌端に触れて余寒の林檎かな 草城
芸なしの余寒を裸踊かな 尾崎紅葉
莨一本蒼天の余寒来りけり 中島月笠 月笠句集
蔵梯子残る寒さに軋みけり 大橋一久子
薄れゆく余寒であると知りつつも 阪井邦裕
薄雲の風に消えゆく余寒哉 小沢碧童
薪に日毎来し鳥見ねば余寒かな 乙字俳句集 大須賀乙字
藪蔭に梅一輪の余寒かな 寺田寅彦
街路樹に仰ぐ日ふるふ余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
裏木戸の少しあきゐる余寒かな 岡庭正
詩は怒余寒緑を冴えしめて 香西照雄 対話
誰か門覗きて去れり余寒なほ 相川南陽
豆腐屋を呼びとめてをり余寒なほ 長崎小夜子
起ち居夫とふたりのみなる余寒かな 及川貞 榧の實
踏みわたる余寒の苔の深みどり 日野草城
身の重さ乗せて余寒の布紋る 樋笠文
返信の来る筈もなき余寒かな 山田弘子
通夜の灯の滲む余寒の水たまり 山田閏子
通夜余寒火葬許可証ふところに 田中鬼骨
遠きほど家寄り合へる余寒かな 廣瀬直人
部屋内のかういふ寒さこそ余寒 高木晴子 花 季
重ね塔婆白し余寒の眼にのこる 阿部みどり女
金星に余寒の力こもりをり 澤田緑生
釜磨げばサト磨げと鳴る余寒かな 菅原師竹句集
鉈の刃の青く晴れゆく余寒かな 爽青
鋼灼くにほひ余寒の鉄工所 松本照子
鍼灸の背にけぶらす余寒かな 浅野 総子
鎌倉を驚かしたる余寒かな 高浜虚子(1874-1959)
鐘撞いて余寒の寺を去ることに 石川文子
門掃けば夕焼さむる余寒かな 金尾梅の門 古志の歌
間石とご署名のある余寒かな 黒田杏子 一木一草
関の戸の火鉢ちひさき余寒かな 蕪村
関守の火鉢小さき余寒かな 蕪村
關の戸の火鉢ちひさき余寒かな 蕪村
阿蘇の煙たなびく余寒日和かな 吉武月二郎句集
隅隅に残る寒さやうめの花 蕪村 春之部 ■ 摺子木で重箱を洗ふがくせよとは、政の嚴刻なるをいましめ給ふ、賢き御代の春にあふて
隈々に残る寒さやうめの花 蕪村
雨降るや余寒びかりに竹の幹 有働 亨
青壁の天を支ふる余寒かな 平井照敏 天上大風
青空の下の余寒でありにけり 星野椿
頬すべる剃刀かろき余寒かな 岡崎えん女
頬を截る鏡の罅の余寒かな 小松崎爽青
風はまだ梢に騒ぐ余寒かな 小澤碧童 碧童句集
風船のからみし枝の余寒かな 道芝 久保田万太郎
風邪薬煮つまり匂ふ余寒かな 小澤碧童 碧童句集
飲み過た礼者の面へ余寒かな 召波
飴玉を一人に一つ余寒の座 村越化石
驢馬の眼に反月滲む余寒かな 今井竜蝦
魚市に魚の少なき余寒かな 正岡子規
鰊寄る流霞の消えて余寒かな 乙字俳句集 大須賀乙字
鴛鴦まがもよしがも群るゝ余寒かな 久保田万太郎 流寓抄
鶯の梅に下痢する余寒哉 正岡子規
鶯はきかぬ気でなく余寒かな 一茶
黄檗の伽藍をわたる余寒かな 大本美沙

余寒 補遺 

かんばしく珈琲たぎる余寒かな 日野草城
かんばせに余寒のありて雛かな 森澄雄
きり~と鶸が来て鳴く余寒かな 右城暮石 句集外 大正十五年
こゑ出せば山応へたる余寒かな 岸田稚魚 紅葉山
サンシャインビルの直下の余寒かな 岸田稚魚
しはしはと波たたみくる余寒かな 寒食 星野麥丘人
ただ一つある庭の石余寒の貌 山口青邨
だまされて紅梅うらむ余寒哉 正岡子規 余寒
はらわたにごろつくものの余寒かな 石塚友二 玉縄以後
ひと墓の香煙猛き余寒かな 石田勝彦 百千
ふるさとに背を向けて寝る余寒かな 鈴木真砂女 紫木蓮
ほど~の余寒と思ひ居るばかり 高浜年尾
ほどほどに残る寒さに濠澱む 上田五千石『天路』補遺
みだらにも着て衣はしき余寒かな 原石鼎 花影
やまぐにの古城にあそび余寒かな 飯田蛇笏
ライターのひとり火遊びして余寒 上田五千石『琥珀』補遺
わが余生如何に余寒の二タ佛 石塚友二 磊[カイ]集
鯵青く干され売らるる余寒かな 石塚友二 磊[カイ]集
暗き田の水こぼしゐる余寒かな 鷲谷七菜子 花寂び
一語にも対き合ひ余寒修道女 中村草田男
一点の雲のそゝげる余寒かな 前田普羅 能登蒼し
一枚の紙衣久しき余寒哉 正岡子規 余寒
一夜さの余寒の絹布妻を裹む 岸田稚魚 負け犬
引越の荷に躓きし余寒かな 稲畑汀子
隠し湯の余寒に何の傷癒やす 上田五千石 森林
右かれひ左ひらめの余寒かな 草間時彦
宇陀杉の枝切りすみし余寒かな 能村登四郎
烏の餌の草摘みに出し余寒かな 杉田久女
烏帽子着て万歳走る余寒哉 正岡子規 余寒
雨だらだら余寒をふつて落しけり 正岡子規 余寒
遠からぬものもまたたき余寒の燈 上田五千石『琥珀』補遺
遠きほど家寄り合へる余寒かな 廣瀬直人
奥山に大雪やある余寒かな 原石鼎 花影以後
押入に丈艸寝るも余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
黄味餡を割つて余寒のたなごころ 鷲谷七菜子 天鼓
温泉げむりに別府は磯の余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
火口湖の高浪をきく余寒かな 飯田蛇笏 雪峡
懐炉二つ残る寒さを歩きけり 前田普羅 普羅句集
海苔麁朶に海苔の少き余寒哉 正岡子規 余寒
咳の夜の壁穿つ余寒かな 石塚友二 光塵
街路樹に仰ぐ日ふるふ余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
起ち居夫とふたりのみなる余寒かな 及川貞 榧の實
亀戸に車捨てたる余寒かな 石塚友二 玉縄以後
魚市に魚の少き余寒哉 正岡子規 余寒
桐畠ののつぺらばうの余寒かな 石田勝彦 雙杵
繰り返す余寒病床落ちつかず 高浜年尾
穴にのぞく余寒の蟹の爪赤し 正岡子規 余寒
月明に地のみどり見ゆ余寒の子 飯田龍太
古九谷の松に韻ある余寒かな 鷲谷七菜子 天鼓
古墳きはめ得し汗額に余寒あり 角川源義
枯竹を焚物にして余寒かな 右城暮石 句集外 大正十四年
紅梅に霙のかゝる余寒かな 正岡子規 余寒
三つ星を引き据ゑたりし余寒あり 相生垣瓜人 明治草抄
山陰線二條駅とは余寒かな 草間時彦
残り少なに余寒もものゝなつかしき 正岡子規 余寒
残寒の火渡り何の穢を焼きし 佐藤鬼房
残寒や土台を上に家倒れ 鷹羽狩行
残雪ニ鶏白キ余寒カナ 正岡子規 残雪
四人の丸くなつたる余寒かな 正岡子規 余寒
詩は怒余寒緑を冴えしめて 香西照雄
寺座敷余寒覚えて坐りたる 野澤節子 桃は八重
寺座敷余寒覚えて座りたる(佐治妙法寺) 細見綾子
自転車にすり抜けらるる余寒かな 岸田稚魚 紅葉山
取灰に火の色うかぶ余寒かな 上田五千石 風景
手を合はせに来りしここの松余寒 野澤節子 桃は八重
手向くるや余寒の豆腐初桜 正岡子規 余寒
手向けばや余寒の豆腐初桜 正岡子規 余寒
十七夜山の杜出て余寒星 上田五千石『森林』補遺
宵しばし母屋に遊ぶ余寒かな 村山故郷
章魚うすくそぐ俎の余寒かな 鈴木真砂女 生簀籠
章魚うすくそぐ爼の余寒かな 鈴木真砂女
鐘夕べ奈良は余寒のかちんそば 上田五千石 天路
上根岸低みのままの余寒裡に 中村草田男
城仰ぐたびに余寒の光受く 上田五千石『天路』補遺
植木市に裸電気のある余寒 右城暮石 句集外 昭和十二年
燭光のここにはなやぐ余寒かな 飯田蛇笏 山廬集
新発意の余寒の頭に隣りゐる 石田勝彦 雙杵
人待つごと余寒の煙草ともしをり 角川源義
水滴の天に余寒の穴ひとつ 上田五千石 琥珀
水餅や余寒の水に残りある 河東碧梧桐
水洟の泪にまじる余寒かな 正岡子規 余寒
雛鶴のうぶ毛吹かるゝ余寒哉 正岡子規 余寒
星余寒三晩つづきし外出なる 大野林火 青水輪 昭和二十三年
生牡蠣の咽喉もとすべる余寒かな 鈴木真砂女 夕螢
青壁の天を支ふる余寒かな 平井照敏
石と亀根気くらべの余寒かな 阿波野青畝
仙人掌の角の折れたる余寒かな 村上鬼城
千年の一と時生きて吾余寒 野澤節子 桃は八重
船尾にて方位占ふ余寒星 上田五千石『琥珀』補遺
粗鋤に余寒の雲のかがよへり 岡本眸
僧返る竹の小道の余寒哉 正岡子規 余寒
揃はざる火鉢二つに余寒かな 杉田久女
存分に葦原水漬く余寒かな 廣瀬直人
大寺に沙弥の炉を守る余寒かな 村上鬼城
濁酒の頭に上る余寒哉 正岡子規 余寒
誰彼の余寒の顔も年寄りつ 伊藤白潮
鍛冶か火に梅ちりかゝる余寒哉 正岡子規 余寒
男ばかりに葬られてゐて余寒の死 能村登四郎
竹うごいて影ふり落す余寒かな 村上鬼城
竹百幹余寒そこらにたゆたへる 山口青邨
竹林に余寒の夕日音立つる 岡本眸
朝光に睫毛のながき余寒かな 日野草城
長頸の壺短頸の甕余寒 安住敦
椎茸の石づき削る余寒かな 鈴木真砂女
泥深く蛤ひそむ余寒哉 正岡子規 余寒
兎つく若木の桃の余寒哉 右城暮石 句集外 大正十五年
渡船場跡の余寒や人を送りしごと 香西照雄 素心
都にはまだ火事多き余寒哉 正岡子規 余寒
冬はさもなくて余寒の強さ哉 正岡子規 余寒
唐人の夕くれいそぐ余寒哉 正岡子規 余寒
唐船の此頃よらぬ余寒哉 正岡子規 余寒
糖尿の宣告ありし余寒かな 石塚友二 磊[カイ]集
奈良山に余寒の雨が日を降らす 能村登四郎
南天を剪る日の余寒ありにけり 星野麥丘人
南都いまなむかんなむかん余寒なり 阿波野青畝
二三文財布の底の余寒哉 正岡子規 余寒
日影薄く梅の野茶屋の余寒かな 正岡子規 余寒
馬立てゝ勿来の関の余寒哉 正岡子規 余寒
俳諧の疎まれ弟子の余寒かな 石田勝彦 百千
白日の閑けさ覗く余寒かな 渡邊水巴 白日
伐り伏せの竹四五本の余寒かな 上田五千石 森林
漂母我をあはれむ旅の余寒哉 正岡子規 余寒
病人の巨燵消えたる余寒哉 正岡子規 余寒
父と子に峠の茶屋の余寒かな 中村苑子
墨すつて余寒の燈うるまする 上田五千石『天路』補遺
墨烏賊の墨にまみるる余寒かな 鈴木真砂女 夕螢
夢果てて残る寒さに残されし 上田五千石 天路
命小さし余寒の夜空締め出だす 石塚友二 方寸虚実
鳴さして鶯むせふ余寒哉 正岡子規 余寒
野竃に赤き顔して余寒かな 右城暮石 句集外 昭和二年
夕くれの風になりたる余寒哉 正岡子規 余寒
余寒かな絵越しに山の一戸見え 飯田龍太
余寒かな橋下の水の滞り 能村登四郎
余寒かな食後ぼそぼそ錠剤嚥み 安住敦
余寒なほぬすつと猫の啼きもせず 石橋秀野
余寒のベツドに茫然と妻病むはずなし 金子兜太
余寒の雲を花火軽打し職求む群 古沢太穂 古沢太穂句集
余寒の児吸入かけておとなしき 飯田蛇笏 山廬集
余寒の日女王の鏡銹堆し 角川源義
余寒の夜島漆黒に行潦 角川源義
余寒の炉すがり遅筆をかなしめり 山口青邨
余寒の訃只胸迫るばかりなり 石塚友二 玉縄以後
余寒原稿あと二時間で妻起きる 楠本憲吉 方壺集
余寒惜む独りかも風の萱に来たり 渡邊水巴 白日
檜葉が護摩余寒の空を焼き焦がす 佐藤鬼房
檄を書く余寒の紙の白さかな 日野草城
篝火のあはれにもゆる余寒哉 正岡子規 余寒
蹈みわたる余寒の苔の深みどり 日野草城
鉈仏すべて末座に余寒かな 阿波野青畝
鏈して小舟つなげる余寒かな 村上鬼城
鶯の荊飛び出る余寒哉 正岡子規 余寒
鶯の梅に下痢する余寒かな 正岡子規 鶯
鶯の目を細うする余寒かな 正岡子規 余寒
鶯の猶々やせる余寒哉 正岡子規 余寒

余寒 続補遺 

うぐひすや余寒のさたも薄うなり 風国
うれしさの丁度ほどよき余寒哉 田川鳳朗
しら梅に余寒の雲のかゝる也 高井几董
暗がりの鰈に余寒の光かな 三宅嘯山
飲過た礼者のつらへ余寒哉 黒柳召波
鴬の囀はてぬ余寒かな 嵐青
雁かものつくや余寒の畠もの 井上士朗
去年の事忘れすまして余寒かな 桜井梅室
御手洗の杓あたらしき余寒かな 桜井梅室
香に愛てさゝじ余寒の窓の梅 馬場存義
材木の障らずにある余寒かな 成田蒼虬
山立の駒の爪とる余寒かな 寥松
思ひ出て薬湯たてる余寒哉 黒柳召波
寺~の鐘に都の余寒哉 成田蒼虬
出ぐすみの褌しめる余寒哉 三宅嘯山
上中下それだけ残る寒さ哉 此筋
情なふ蛤乾く余寒かな 炭太祇
水に落し椿の氷る余寒哉 高井几董
僧正が谷をすべれば余寒也 野童
足もとの余寒にまけな啼蛙 鈴木道彦
炭の火の針ほど残る寒さ哉 文鳥
池浚へまでした寺の余寒かな 桜井梅室
猪垣に余寒はげしや旅の空 炭太祇
底たゝく音や余寒の炭俵 黒柳召波
二三日富士の余寒や旅の肌 三宅嘯山
梅もまだむめと分らぬ余寒かな 素丸 素丸発句集
白魚に余寒の海やいせ尾張 黒柳召波
鳩に餌をくれて門さす余寒哉 卓池
棒樫の堀捨てある余寒哉 成田蒼虬
木守の柚ひとつ残る余寒哉 成田蒼虬
旅居して余寒をしらぬ衾かな 馬場存義
廊下行に笠にぬぎ持余寒哉 土芳
寐尿とする小僧あはれむ余寒かな 東皐
榾もえて余寒をあそぶ二夜哉 万子

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:55 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

冴返る の俳句

冴返る の俳句

冴返る

例句を挙げる。

あざけりを浴びるごと昼冴え返る 成田千空 地霊
あまぐもはしろし詩文に冴返る 飯田蛇笏 春蘭
いくたびか死におくれし身冴返る(大野林火先生の御母堂逝去遊ばさる。遂にまみえず) 野澤節子 『未明音』
いく春秋偲ぶ交り冴返る 桑田青虎
かんてらの灯の冴えかへる白魚汲む 小原菁々子
けしからね冴返りたる沓の音 蝶夢 五車反古
さえかへりてなどわけもなく応答す 冬の土宮林菫哉
すれちがふ仮面の男冴返る 熊谷佳久子
ただ一日ゆるす懶惰に冴返る 林翔 和紙
たちまちに夜は冴返る国さかひ 飯田蛇笏 春蘭
ちちの机ははの鏡よ冴返る 北川泰子
ひとり佇つ東京駅の冴返る 小澤初江
ひひな師の眼を描きをり冴返る 太田 蓁樹
まことの死かなたにし夜々冴返る 石塚友二
みかん甘き伊豆の夜にして冴え返る 林原耒井 蜩
ものおとの中のひとごゑ冴返る 片山由美子
ももいろの一生傷も冴返る 辻田克巳
わが眼にも醜きまでに冴返る 相生垣瓜人 微茫集
われを打つ言葉ぴしりと冴返る 小室善弘
一人だけ酒呑童子や冴返り 飴山實 辛酉小雪
一本の薄紅梅に冴え返る 高浜虚子
一病の屈しごころに冴返る 大橋敦子 匂 玉
一瞬時海山暗し冴返り 瀧井孝作
一高処踏む風紋ぞ冴返る 石川桂郎 高蘆
三日月は反るぞ寒さは冴えかへる 一茶
三角形つなぐ星座の冴え返る 対馬康子 吾亦紅
上品の一佛の掌の冴返る 青木重行
乳呑子のよくねる今夜冴返る 滝井孝作 浮寝鳥
二月堂三月堂も冴返り 野老 野田別天樓
五六丈滝冴え返る月夜かな 蓼太
人に死し鶴に生まれて冴返る 夏目漱石
今宵しかない酒あはれ冴え返る 室生犀星 犀星発句集
今生や花三椏に戻り寒 塚本邦雄 甘露
伊豆も又冴返る日のあることを 汀子
俗われに僧が飯盛り冴え返る 佐野美智
光背の支へ木ほそし冴返る 大島民郎
入る月の波きれ雲に冴え返る 内田百間
冴えかへり手術の話遠ざかる 朝倉和江
冴えかへるそれも覚悟のことなれど 高浜虚子
冴えかへるたましひにしむ香けむり 飯田蛇笏 雪峡
冴えかへるとて美しき仏顔 石原八束 空の渚
冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤秋邨 火の記憶
冴えかへる夜の灯のもとはつはつに雛のしろき頬ひかるなり 杜沢光一郎
冴えかへる夜や消し炭の美しき 川越苔雨
冴えかへる山ふかき廬の閾かな 飯田蛇笏 山廬集
冴えかへる工事現場の点滅灯 高久フミ
冴えかへる影ひとすぢの絲野蒜 篠田悌二郎
冴えかへる面ら魂をあふぎみる 石原八束 空の渚
冴えかへる鳥籠被ふ白き布 中田剛 珠樹以後
冴え返り冴え返りつゝ春央ば 西山泊雲 泊雲句集
冴え返り見えぬと瞳澄みきはむ 殿村莵絲子 雨 月
冴え返るある日の恥をありありと 野澤節子 『駿河蘭』
冴え返ることを悔みに代へにけり 林原耒井 蜩
冴え返るとは取り落すものの音 石田勝彦 秋興
冴え返るとは蝋涙に人立ちて 宇佐美魚目 天地存問
冴え返るもののひとつに夜の鼻 楸邨
冴え返るパリの灯影ははなやがず 山本歩禅
冴え返る万の足痕過密都市 寺井谷子
冴え返る三十三間堂の端 岸田稚魚
冴え返る包丁雉子を贅とせり 野沢節子
冴え返る匙を落して拾ふとき 細見綾子 黄 炎
冴え返る土にこたへて下駄の音 青峰集 島田青峰
冴え返る地下に赤き燈強き酒 成田千空 地霊
冴え返る大歳時記の函きつく 喜多杜子
冴え返る小便小僧の反り身かな 塩田俊子
冴え返る山国に星押し出さる 雨宮抱星
冴え返る川上に水なかりけり 村上鬼城
冴え返る手の老斑を撫す癖も 殿村莵絲子 花寂び 以後
冴え返る敗戦の碑は海中に 対馬康子 愛国
冴え返る日をなまぐさの漁村かな 小杉余子 余子句選
冴え返る枝もふるへて猿すべり 芥川龍之介
冴え返る沓音高しお水取 石井桐陰
冴え返る空ゆ母拉致せしは誰 楠本憲吉
冴え返る空を歩いてきたりけり 平井照敏
冴え返る空灰色に凧一つ 会津八一
冴え返る身にしみじみとほつき貝 芥川龍之介
冴え返る身に黒服のたたみ皺 鍵和田釉子
冴え返る身辺白し黒を着て 殿村菟絲子 『樹下』
冴え返る鐘の響きに驚けり 青峰集 島田青峰
冴え返る長子を抱ける兵の遺影 島村久枝
冴え返る面魂は誰にありや 草田男
冴え返る風夜の店灯照りかはす 林原耒井 蜩
冴え返る魚の眼におしなべて主婦 殿村菟絲子 『路傍』
冴返りつつ屈葬のモヨロ人 鳥居美智子
冴返りつつ父の忌も母の忌も 木附沢麦青
冴返りつゝ雨降る日風吹く日 星野立子
冴返りて又居ずなりぬ春の蝿 高浜虚子
冴返り冴返りつつ逝く昭和 中嶋秀子
冴返り冴返りつゝ人となり 星野立子
冴返り又居ずなりぬ春の蠅 高濱虚子
冴返り燈光り出づるを見たり 佐野良太 樫
冴返り礼儀全き老教師 林翔 和紙
冴返り鴨らは闇の遠くを見る 松村蒼石 雪
冴返るいつも不用意なるときに 後藤比奈夫 花匂ひ
冴返るけふにはありけり何年忌 子規句集 虚子・碧梧桐選
冴返るこの身このまま心また 下村梅子
冴返るささくれ妙義紺青に 堀口星眠 営巣期
冴返るすまじきものの中に恋 鈴木真砂女
冴返るひとつのノブの我家なり 鳥居美智子
冴返るものに詩人の心電図 二村典子
冴返るビルを映してビルの窓 小林月子
冴返る万の足痕過密都市 寺井谷子
冴返る中なり灯りそめにけり 道芝 久保田万太郎
冴返る丹色剥げたる太柱 西村和子 かりそめならず
冴返る二三日あり沈丁花 高野素十
冴返る仏に千手われに二手 伊藤通明
冴返る仕立て直せし黄八丈 中村明子
冴返る冴返らねばならぬかに 岩岡中正
冴返る創の周辺血がさわぐ 加藤知世子 花寂び
冴返る埠頭に並ぶ輸入材 宇野直治
冴返る夜も恋故の通ひ猫 石塚友二 光塵
冴返る思ひにありし吾が心 稲畑汀子
冴返る日の東京に帰りけり 渋沢渋亭
冴返る星夜駈け出す師の下ヘ 相馬遷子 雪嶺
冴返る月の高さを聞くにつけ 永井龍男
冴返る朝の肌着のそはざりしか 原田種茅 径
冴返る朝やうばめの炭のおと 幸田露伴 礫川集
冴返る机辺整理は喪の如し 安住敦
冴返る檜のなかの翌檜 小澤實
冴返る海やりんりん老いの謡 加藤知世子 花寂び
冴返る灯や半顔の琵琶法師 雉子郎句集 石島雉子郎
冴返る病臥の乳房見てしまふ 奈良文夫
冴返る真夜燃えあがり人焼く火 加藤知世子 花寂び
冴返る虹いくたびも日本海 黒田杏子
冴返る袋に透けて買ひしもの 小澤實 砧
冴返る裸灯ひとつの杜氏部屋 二村美伽
冴返る走りの行の沓の音 加藤知世子 花 季
冴返る野天に石の御百体 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
冴返る金毛閣は人入れず 阿波野青畝
冴返る離れに老の一人かな 吉田 伝治
冴返る面輪を薄く化粧ひけり 日野草城
冴返る音や霰の十粒程 子規句集 虚子・碧梧桐選
冴返る頃を御厭ひなさるべし 夏目漱石 明治二十九年
凍て返る土一寸を持ち上げて 浦野芙美
凍て返る水をうしろに夜の耳 三宅一鳴
凍て返る風に骨ある思いかな 原子公平
凍返る夜をあざけらる顔白し 石原八束
凍返る星ほろ~と吾子生る 佐藤賢一
凍返る瀧の不動の面構 野間 ひろし
凍返る軒に一杯みりん干し 米沢 はつゑ
凍返る養魚池の風日もすがら 塚原麦生
医師探す知らぬ街角冴返る 加藤知世子 黄 炎
千鳥駈る干潟銀無垢に冴え返る 内藤吐天
友の訃に太き傍線冴返る 加藤知世子 黄 炎
収まらぬ溝板一枚戻り寒 奈良文夫
古里も亦住みうしや冴返る 竹末春野人
同じ道黙し戻れば冴え返る 高澤良一 素抱
回廊の何處に立ちても冴返る 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
地に下りて鳶の大きさ戻り寒 光木正之
壺に満つ藍なまなまし冴返る 安斎櫻[カイ]子
外套の襟のよごれに冴え返る 吉屋信子
夜更くるや叩かで戻る寒念佛 会津八一
大時計止まりし広場冴返る 山村達也
妻の肌乳張つてゐる冴返る 滝井孝作 浮寝鳥
子のためにいのち惜しめば冴えかへる 柴田白葉女 遠い橋
子規堂の一机一硯冴返る 伊吹ぬい子
安楽死冴え返る夜を醫師戻る 相馬遷子 雪嶺
宵月の二十あまりや冴え返る 会津八一
寒戻り戻り戻らぬ人のあり 手塚美佐 昔の香
寒戻る寒にとどめをさすごとく 鷹羽狩行 第九
対岸に一灯ともり冴返る 大西比呂
屋根の雪ずり落ちんとし冴返る 久保田万太郎 流寓抄
山がひの杉冴え返る谺かな 芥川龍之介 澄江堂句集
山峡の杉冴え返る谺かな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
島移る林響もなし冴返る 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
嵐山の稜線天に冴返る 粟津松彩子
巴里の絵のここに冴返り並ぶあはれ 水原秋櫻子
市の魚冴返る風に涸れつつあり 原田種茅 径
常盤木の冴返りたる面会日 石田波郷
庭木々の泥洗ひけり冴え返る 乙字俳句集 大須賀乙字
影よりも風の日向の冴返る 稲畑汀子
征夷大将軍頼朝の墓冴返る 水原春郎
戻り寒日蝕の陽に出土土器 青木満子
教室の明けがたにをり冴返る 中拓夫
星詩なきあとの郡や寒返る 飯田蛇笏 春蘭
春泥や夕暮すこし冴え返り 小杉余子 余子句選
昨日より今日の青空凍返る 山本晃裕
暮れぎはの空水のごと冴返る 桜木俊晃
暮れぎはや不二もあらはに冴えかへる 木津 柳芽
月に置く地球の影や冴返る 三島広志
本願寺二百三畳冴返る 稲垣美知子
束の間の日差よろめき冴返る 後藤一秋
枯枝のさきそろひゐて冴え返る 室生犀星 犀星発句集
某の乱行に似て冴返る 相生垣瓜人 微茫集
校正の朱を八方へ冴返る 福永耕二
桑の瘤四方へ瞠き冴返る 永方裕子
椿などくたくたにして冴返る 相生垣瓜人 微茫集
橋上の継目の鐵や冴え返る 内田百間
歯の腫れて来て冴返る日なりけり 久保田万太郎 流寓抄
歴代や張り目垂れ目の冴えかへり 竹中 宏
死の側が夜どほしひかり冴え返る 栗林千津
殉教の血染めの遺品冴返る 桑田青虎
残るに老ゆぞ鳴呼冴え返る鈴鹿山 広瀬惟然
水噛んでをれば日射しぬ戻り寒 手塚美佐 昔の香
水底のよな淋しさを冴返る 佐野良太 樫
沖潮はシャガールの蒼冴返る 伊藤京子
沢水の面持暗く冴返る 今泉貞鳳
海峡を渡る灯の橋冴返る 海老根筑川
瀬戸潮の渦に吸はれて冴返る 河東碧梧桐
灯の海を流るる灯あり冴返る 堀口星眠 青葉木菟
灰とりし箕に冴え返る木かげかな 金尾梅の門 古志の歌
煮干棚干さぬ百里の冴え返り(九十九里浜) 殿村菟絲子 『晩緑』
父と子は母と子よりも冴え返る 野見山朱鳥
父母の同じ年忌や戻り寒 水越菖石
牡蠣割りのとばす牡蠣殻冴えかへる 細見綾子
物置けばすぐ影添ひて冴返る 大野林火
猿山より下のけものの冴え返る 金田咲子
瑠璃色にして冴返る御所の空 阿波野青畝
瑠璃色の空どこまでも冴返る 山田閏子
生きのびし人ひとりゐて冴え返る 室生犀星 犀星発句集
病人のやつぱり死にて冴返る 久保田万太郎 草の丈
白綾の衣の青みや冴返る 菅原師竹句集
目の玉を剔りて風の冴返る 上村占魚 『方眼』
真青な木賊の色や冴返る 漱石
石と亀ともに動かず冴返る 森田峠 逆瀬川以後
磐根や一高放歌冴返る 齋藤玄 飛雪
禅僧にすれちがふ夜の冴返る 三森裕美
立たんとす腰のつがひの冴え返る 正岡子規
笑つても痛しいたしと冴え返る 長谷川かな女 花寂び
筆えらぶ店先にゐて冴え返る 室生犀星
縞ふかく朱冴えかへる南瓜かな 室生犀星 犀星発句集
胃に触れし刃のみの記憶冴返る 村田緑星子
背戸中は冴え返りけり田螺殻 丈岬 俳諧撰集「有磯海」
胸うすき百済観音冴返る 川崎美知子
芭蕉布の煤け引手や冴え返る 内田百間
花のことば水のことばと冴返る 裕
落葉松に月の切先冴返る 根岸善雄
蒟蒻に吸ひつく刃先冴返る 岡田 和子
血を分けし証の白髪冴え返る 猿橋統流子
血を吐けば現も夢も冴え返る 宮部寸七翁
行火守る木乃伊の婆々に冴え返る 河野静雲
衰へしいのちを張れば冴返る 草城
袴着て此冴返る日に出る事か 尾崎紅葉
裸婦像の吐息沈めて冴え返る 小川廣男
触れてみる魚板の窪み冴え返る 今井里峰
誓子逝く荒星煌と冴返り 伊東宏晃
誰がための高き石垣冴え返る 金田咲子 全身
誰一人通らぬ町の冴え返る 藤田 静水
赤信号滅法長し冴返る 高橋秀夫
還暦の春に酒なし冴えかへる 中勘助
酒蔵の酒生きてゐて冴返る 中島 木曽子
金泥を練る箆や冴え返るなり 内田百間
雛のあと何も置かねば冴返る 伊藤いと子
雨漏の壁のひまより冴えかへる 『定本石橋秀野句文集』
雪とならで山越したり冴返る 大須賀乙字
雲に鳶富士たかき日の冴返る 飯田蛇笏 山廬集
雹降らすきまぐれ空や冴返る 白水郎句集 大場白水郎
青松が森の稜線冴返る 石田波郷
靴底に暗渠響き冴返る 長崎洋子
順調に冴返りつつある如し 相生垣瓜人 明治草抄
飜然と又敢然と冴返る 相生垣瓜人 明治草抄
馬を野放つ日のゆくりなう冴え返る 乙字俳句集 大須賀乙字
鬼女の図の爪に弾痕冴返る 伊藤いと子
魚の目を箸でつつくや冴返る 芥川龍之介
鳥移る林響もなし冴返る 高田蝶衣
鴉の木ばかりが立ちて戻り寒 鷲谷七菜子 游影
鴉めく太宰のマント冴え返る 田中英子
鶴の羽や白きが上に冴え返る 河東碧梧桐
黒板に残す数式冴返る 小野恵美子
龍鱗の片影雲の冴返る 新傾向句集 河東碧梧桐

冴返る 補遺

あまぐもはしろし詩文に冴返る 飯田蛇笏 春蘭
いくたびか死におくれし身冴返る 野澤節子 未明音
うつばりに歯車の影冴返る 佐藤鬼房
ただ一日ゆるす懶惰に冴返る 林翔 和紙
たちまちに夜は冴返る国さかひ 飯田蛇笏 春蘭
なにがしの忌日ぞけふは冴え返れ 正岡子規 冴返る
ふと疼く注射のあとや冴え返る 日野草城
まことの死かなたにし夜々冴えかへる 石塚友二 方寸虚実
みほとけの彩色あはく冴え返る 伊丹三樹彦
もみあげの剃刀疵や冴返る 日野草城
わが眼にも醜きまでに冴返る 相生垣瓜人 微茫集
愛鳥の森の古刹や冴返る 佐藤鬼房
安楽死冴え返る夜を醫師戻る 相馬遷子 雪嶺
一高処踏む風紋ぞ冴返る 石川桂郎 高蘆
一人だけ酒呑童子や冴返り 飴山實
雨漏の壁のひまより冴えかへる 石橋秀野
雲に鳶富士たかき日の冴返る 飯田蛇笏 山廬集
牡蠣割りのとばす牡蠣殻冴えかへる 細見綾子
花のことば水のことばと冴返る 原裕 青垣
海幸の赤貝赤く冴返る 阿波野青畝
寒戻る寒にとどめをさすごとく 鷹羽狩行
寒戻る楸邨病むときくからに 燕雀 星野麥丘人
幹立ちて幹立ちて冴え返りけり 石田勝彦 秋興以後
忌日なり又冴え返る風の音 正岡子規 冴返る
虚子門の一仏として冴返る 高野素十
苦節には十年は足らず冴返る 秋元不死男
君行かばわれとゞまらば冴返る 正岡子規 冴返る
言葉ふと途切れしままや冴え返る 鷲谷七菜子 黄炎
古都の夜は旅舎冴返り月かくる 飯田蛇笏 白嶽
御鏡に松明映り冴え返る 正岡子規 冴返る
御鏡に篝火映り冴え返る 正岡子規冴返る
刻々と天井颪の冴えかへる 阿波野青畝
今返す冬の発句ぞ冴えかへる 正岡子規 冴返る
災難と云ふものならむ冴返る 相生垣瓜人 明治草
裁ち屑にまじる糸屑寒戻り 鷹羽狩行
冴えかへり思ふに君が遺書なりし 加藤秋邨
冴えかへるお濠の鴨の声近く 山口青邨
冴えかへるたましひにしむ香けむり 飯田蛇笏 雪峡
冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤秋邨
冴えかへる崖の谺の高まり来 加藤秋邨
冴えかへる山ふかき廬の閾かな 飯田蛇笏 山廬集
冴えかへる伯耆の富土となりにけり 石橋秀野
冴えかへる夕日うすうす街に照り 山口青邨
冴え返りつつ獣心のなごむさま 飯田龍太
冴え返るとは取り落すものの音 石田勝彦 秋興
冴え返る音のひとつに子のギター 楠本憲吉 孤客
冴え返る音や霰の十粒程 正岡子規 冴返る
冴え返る金毛閣は人を入れず 阿波野青畝
冴え返る空に愛宕の雲寒し 正岡子規 冴返る
冴え返る空ゆ母拉致せしは誰 楠本憲吉 孤客
冴え返る五体投地のこもり僧 角川源義
冴え返る匙を落して拾ふとき 細見綾子
冴え返る三笠颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る春日颪や薪能 正岡子規 冴返る
冴え返る松林抜けみづうみへ 細見綾子
冴え返る灯に首細き油壺 橋閒石 雪
冴え返る二三日あり沈丁花 高野素十
冴え返る日々東京の噂きこゆ 大野林火 早桃 太白集
冴え返る富士は眩しき山なりけり 中村苑子
冴え返る面魂は誰にありや 中村草田男
冴え返る壺の或る夜は怒濤かな 加藤秋邨
冴え返る壺を覗けば何もなし 橋閒石 朱明
冴え返る荼碗とならび北魏仏 加藤秋邨
冴返り~つゝ人となり 星野立子
冴返りきて松の青竹の青 岡本眸
冴返りつゝ雨降る日風吹く日 星野立子
冴返り鴨らは闇の遠くを見る 松村蒼石 雪
冴返り空高し月遠し星遠し 星野立子
冴返り源証す滝谺 上田五千石『森林』補遺
冴返り冴返りつつ住み馴るる 上田五千石『琥珀』補遺
冴返り礼儀全き老教師 林翔 和紙
冴返るいつも不用意なるときに 後藤比奈夫
冴返るキタイスカヤの甃 飯田蛇笏 白嶽
冴返るけふにはありけり何年忌 正岡子規 冴返る
冴返るすまじきものの中に恋 鈴木真砂女
冴返るとてうどん屋と決りけり 稲畑汀子
冴返るとも健康に老いにけり 阿波野青畝
冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石 琥珀
冴返るわれらが上や二仏 石田波郷
冴返る庵に小さき火鉢かな 村上鬼城
冴返る遺句集にわが直せし句 鷹羽狩行
冴返る一あしを抜き白鷺は 鷲谷七菜子 一盞
冴返る一樹いつまで日当れる 清崎敏郎
冴返る一燈に足る小漁港 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
冴返る一夜は情火よみがへり 日野草城
冴返る花壇の端に靴のあと 岡本眸
冴返る掛花籠に一花挿し 鷹羽狩行
冴返る机辺整理は喪の如し 安住敦
冴返る護身のごとき花鋏 大野林火 雪華 昭和三十八年
冴返る鯉を掴んでをとこ来る 亭午 星野麥丘人
冴返る死を口惜しさと書き送り 大野林火 方円集 昭和四十九年
冴返る次の間の灯を点けに立ち 鷹羽狩行
冴返る深山住ひの四方の色 飯田蛇笏 家郷の霧
冴返る星夜駈け出す師の下ヘ 相馬遷子 雪嶺
冴返る石に刻みし無一塵 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
冴返る川上に水なかりけり 村上鬼城
冴返る蒼天より崖のくづれくる 渡邊白泉
冴返る長持唄のうらおもて 橋閒石
冴返る匂あつかふ老舗かな 飴山實 花浴び
冴返る日もありえごの道踏めば 星野麥丘人
冴返る日も春にして自在竹 中川乙由
冴返る扉みづから閉まりし音 橋閒石 無刻
冴返る面輪を薄く化粧ひけり 日野草城
冴返る夜の漆黒に瞳をみはる(南海の死闘をおもふ) 飯田龍太
冴返る夜も恋故の通ひ猫 石塚友二 光塵
冴返る浪音強し由比ケ浜 阿波野青畝
桜餅食べていよいよ冴返る 相生垣瓜人 負暄
三月を此能故に冴え返る 正岡子規 三月
子は留守の照る日曇る日冴え返る 日野草城
死を想ふことを遊びに冴返る 上田五千石『琥珀』補遺
死者は戻らず生者には寒戻り 鷹羽狩行
取り落す計報荒星冴え返る 鷲谷七菜子 銃身
獣皮舗の裸像灯りて冴え返る 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
出たがらぬ罐ののど飴寒戻り 鷹羽狩行
順調に冴返りつつある如し 相生垣瓜人 明治草
初蛙あともどりして冴返る 阿波野青畝
小城下や辰の太鼓の冴え返る 正岡子規 冴返る
松は松椿は椿冴えかへる 山口青邨
寝て聞けば外は冴返る風の音 正岡子規 冴返る
水餅の水の濁りや冴返る 日野草城
水甕に水なき典座冴え返る 上田五千石『森林』補遺
衰へしいのちを張れば冴返る 日野草城
星詩なきあとの郡や寒返る 飯田蛇笏 春蘭
青を研ぐごとくに風や冴えかへる 平井照敏
惜しみ置く箸も茶碗も冴えかへる 加藤秋邨
前方後円冴返る日を瀬戸に浸し 橋閒石
葬送の牧師のガウン冴返る 飯島晴子
鷹の羽の冴え返りける白襖 能村登四郎
探すもの書庫になく机辺冴えかへる 山口青邨
知性冴え返る、弾道の錯落に 日野草城
竹簡の彫りくろぐろと寒戻り 鷹羽狩行
蝶ノ羽ニ霜置ク夜半ヤ冴エ返ル 正岡子規 冴返る
椿などくたくたにして冴返る 相生垣瓜人 微茫集
鶴の羽や白きが上に冴え返る 河東碧梧桐
鶴病みて梅散る頃や冴返る 正岡子規 冴返る
鶴病んで梅散る頃や冴え返る 正岡子規 冴返る
土管掘る工事の星が冴え返る 右城暮石 句集外 昭和三十一年
二月や場中へ出して寒返る 沙明
脳梗塞の知らせあちこち冴返る 松崎鉄之介
巴里の絵のここに冴え返り並ぶあはれ 水原秋櫻子 岩礁
馬の息市冴返るあした哉 正岡子規 冴返る
発句修羅の仏おはして冴返る 石橋秀野
磐根や一高放歌冴返る 齋藤玄 飛雪
父と子は母と子よりも冴え返る 野見山朱鳥 愁絶
父の忌の吾も父の齢冴返る 松崎鉄之介
物置けばすぐ影添ひて冴返る 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
片付けしもののあたりの寒戻り 石田勝彦 秋興以後
蓬とも菊とも畑の冴え返り 右城暮石 句集外 昭和六年
某の乱行に似て冴返る 相生垣瓜人 微茫集
北斗高く虚子誕生日冴えかへる 山口青邨
木曽川を見おろして城冴え返る(愛知県犬山) 細見綾子
野辺送りきのふもけふも冴え返る 正岡子規 冴返る
友ら逝きわが生きのびて冴え返る 日野草城
夕日谷火変りのごと冴返る 佐藤鬼房
用ふなき一炉もつとも冴え返る 上田五千石『森林』補遺
翌くる朝軒吹く風も冴え返る 村山故郷
利に走る役人ら冴返りけり 阿波野青畝
立たんとす腰のつがひの冴え返る 正岡子規 冴返る
流氷のいつ戻りけん冴え返る 河東碧梧桐
瑠璃色にして冴返る御所の空 阿波野青畝
巫女に冴返りたる燭の華 飯田蛇笏 山響集
擂粉木で叩く干魚や寒戻り 鷹羽狩行
飜然と又敢然と冴返る 相生垣瓜人 明治草
菎蒻の水さえ返る濁りかな 正岡子規 冴返る
訃報来起てば坐れば冴返る 山田みづえ 草譜

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:52 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

凍戻る の俳句

凍戻る の俳句

凍戻る

例句を挙げる。

わが欲りゐしは杖か鞭か 鷹羽狩行 第九
凍返る夜をあざけらる顔白し 石原八束
凍返る星ほろ~と吾子生る 佐藤賢一
凍返る瀧の不動の面構 野間 ひろし
凍返る軒に一杯みりん干し 米沢 はつゑ
凍返る養魚池の風日もすがら 塚原麦生
切声に詰られてをり凍返る 小出秋光
投げ出してみたき肩の荷凍返る 小出秋光
昨日より今日の青空凍返る 山本晃裕
月蝕や火にゆがむ影凍返り 大熊輝一 土の香

凍戻る 補遺

なきがらは見下ろすものか凍返る 鷲谷七菜子 一盞
火勢鳥祭(かせどり)を昨日に街の凍返る 佐藤鬼房
海彦や鳥の寄辺の凍返り 佐藤鬼房
凍て返る身にまたたきて遠き海 鷲谷七菜子 銃身
凍返る甘栗屋ゐて夜が紅し 岡本眸
凍戻るわが欲りゐしは杖か鞭か 鷹羽狩行
無人にて冱返る墓を洗ひをり 下村槐太 天涯
冱て返る沼のごとくに午後睡る 野澤節子 未明音
冱返る夜を遊楽の頸飾 飯田蛇笏 霊芝

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:48 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

氷解 の俳句

氷解 の俳句

氷解

例句を挙げる。

ことごとく氷解けゐる松の風 齋藤玄 飛雪
ト部人の亀トある日を氷解く 四明句集 中川四明
ハドソンの氷解けをり夜目ながら 山本歩禅
上げ潮や月にひびきて氷解く 三宅一鳴
下の諏訪祝祭の雨氷解く 飯田蛇笏 雪峡
仆れ樹の生き~とあり氷解く 露月句集 石井露月
信濃いま蘇枋紅梅氷解くる湖 橋本多佳子
山の井や氷解けて石落ち入れり 正岡子規
春さま~古沼氷解くるかな 尾崎迷堂 孤輪
機窓を開けて諏訪湖の氷解 木村蕪城 一位
水神の裾吹く風に氷解く 原裕 青垣
氷解くる此池の魚の数知れず 石井露月
氷解くる藻に泳ぐ魚もなかりけり 楠目橙黄子 橙圃
氷解くる音たててより沼うとまし 橋本多佳子
氷解けて古藻に動く小海老哉 正岡子規
氷解けて桜咲くなり榛名山 子規句集 虚子・碧梧桐選
氷解けて橋にする木を伐りにけり 柑子句集 籾山柑子
汝食ぶや盆の団子の氷解く 角川源義
湖の氷解くるを聞きに来よ 小澤實 砧
濠氷解けず夕日の坂長し 内藤吐天
石楠花の深山の谷や氷解 松根東洋城
袖中に常陸風土記や氷解く 原裕 『王城句帖』
覚えなき擦り傷氷解けはじむ 桜井ゆか
逆波に*どがくつがへり氷解 木村蕪城 寒泉
障子越しさわだつ湖の氷解 木村蕪城 寒泉
鮪の目氷解けしが血を噴きぬ 加藤知世子 花 季
夜は星のうるめる湖上解氷期 菊池滴翠
子を抱けば解氷期の湖光り出す 有馬朗人 母国
山に湖に日の遍照す解氷期 吉村ひさ志
解氷の一気ならざる姿かな 奥田智久
解氷の海膽のむらさき箱眼鏡 青葉三角草
解氷の靄のわきたつ網走市 原一穂
解氷の黒竜江の川祭 趙 綽
解氷や懐中電灯の中あゆむ 中拓夫 愛鷹
解氷期クラブの緑樹灯にあふる 飯田蛇笏 春蘭
雀烏われらみな生き解氷期 原田喬
鳥影の一閃湖の解氷期 山田弘子
あきれたる欲の深さや浮氷 辻桃子
うたたねのわれも浮きたし浮氷 永島靖子
さわさわと寄する羽音や浮氷 金箱戈止夫
島影のよぎりて揺らぎ浮氷 檜紀代
川波の尖りて押せる浮氷かな 佐藤 多太子
押廻り押戻り風の浮氷 鈴木花蓑句集
桃の日の子が叩きをり浮氷 荏原京子
流されて花びらほどの浮氷 片山由美子 水精 以後
浮氷また夕風にしまりけり 高田蝶衣
浮氷まひるの妻の唇咲けり 磯貝碧蹄館
浮氷情にほだされゐるごとし 岡本眸
浮氷藻屑の脚を垂れにけり 綾部仁喜
薔薇色の暈して日あり浮氷 鈴木花蓑句集
静かさや芦を離るゝ浮氷 雉子郎句集 石島雉子郎
顔に照りまだねむたげな浮氷 村越化石 山國抄
鴎は矢に浮氷の中の鰊箱 古舘曹人 能登の蛙
鴛鴦の波さざめきたちぬ浮氷 西島麦南
氷消て風におくれそ水車 斯波園女

氷解 補遺 

かたちなきものをしたがへ浮氷 藤田湘子 神楽
ことごとく氷解けゐる松の風 齋藤玄 飛雪
ドストエフスキーは赭顔なるべし解氷期 藤田湘子
鴎は矢に浮氷の中の鰊箱 古舘曹人 能登の蛙
下の諏訪祝祭の雨氷解く 飯田蛇笏 雪峡
解氷期クラブの緑樹灯にあふる 飯田蛇笏 春蘭
解氷期街角の暾におどろきぬ 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
機窓を開けて諏訪湖の氷解 木村蕪城 一位
逆波に*どがくつがへり氷解 木村蕪城 寒泉
汲む水に氷浮かべる薬餌かな 石川桂郎 高蘆
鶏の くろびかりして 解氷期 富澤赤黄男
山の井や氷解けて石落ち入れり 正岡子規 凍解
山の湖に白雲閑たり氷浮く 村山故郷
子を抱けば解氷期の湖光り出す 有馬朗人 母国
紙漉場紙に成れざる氷浮く 百合山羽公 寒雁
出揃ふ歯解氷期の湖まなかひに 有馬朗人 母国
障子越しさわだつ湖の氷解 木村蕪城 寒泉
信濃いま蘇枋紅梅氷解くる湖 橋本多佳子
諏訪のうなぎ氷解けて捕られ吾食うぶ 橋本多佳子
水神の裾吹く風に氷解く 原裕 青垣
鳶大き緩き尾楫や浮氷 岡井省二 明野
汝食ぶや盆の団子の氷解く 角川源義
氷解く朝日の上やうきみ堂 白井鳥酔
氷解けて古藻に動く小海老かな 正岡子規 凍解
氷解けて湖辺の路の往来かな 正岡子規 凍解
氷解けて江を溯る蒸汽かな 正岡子規 凍解
氷解けて桜咲く也榛名山 正岡子規 桜
氷解けて初めて船を見る江かな 正岡子規凍解
氷解けて水の流るゝ音すなり 正岡子規 凍解
氷解けて渡しに舟もなかりけり 正岡子規 凍解
氷解けて馬に水かふ胡人かな 正岡子規 凍解
氷解けて網にかゝりし仏かな 正岡子規 凍解
氷解けぬ鯉の吹き出すさゝれ波 正岡子規 凍解
氷解け賭場ザトンの曉灯る 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
浮氷情にほだされゐるごとし 岡本眸
浮氷寝藁いよいよ黄ばんだり 波多野爽波
浮氷氷らぬ水に浮びたり 山口誓子
綿氷浮きてただよふ翁道 松崎鉄之介

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:44 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング