<   2017年 04月 ( 262 )   > この月の画像一覧

若鮎  の俳句

若鮎  の俳句

若鮎

例句を挙げる。

うの花や小鮎さぱしるほそ流 中勘助
かげろふと共にちらつく小鮎哉 圃水
かゞやける瀬波にまぎれ上り鮎 森田峠 避暑散歩
ちと追へばちゝと隠るゝ小鮎かな 民部里静
とほく見て息ととのふる鮎汲衆 坂巻純子
のぼりつめ若鮎ふいに影濃くす 鎌倉佐弓
ひらめきて魚梯を遡る小鮎見し 長井伯樹
よく見れば小鮎走るや水の底 吟江
ゐるはゐるは小鮎ういもの石めぐり 臼田亞浪 定本亜浪句集
三寸は楽に小鮎の育ちかな 尾崎紅葉
五日経ぬあすは戸無瀬の鮎汲ん 向井去来
夢さめて鮎汲みに出づ庵主かな 尾崎迷堂 孤輪
奔流に血噴き若鮎突かれけり 中島斌男
小鮎汲み暮れたる空に雪の比良 西村公鳳
小鮎汲柳しばしば潜りけり 至青
小鮎釣る橋より上の渡りかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
山川の心驚く小鮎かな 徳永山冬子
岩打つて滝となる瀬や小鮎汲む 杉下青蛙
挑灯で若鮎を売る光かな 炭 太祇 太祇句選後篇
杉山のどこか火を焚き上り鮎 神尾久美子 桐の木
楽しみは浅瀬にあるや小鮎汲み 井上井月
次々と水に刺さりて上り鮎 小島 健
比良かくす雨いくたびや小鮎汲 笹井武志
水ナ上の神召し給ふ小鮎かな 尾崎迷堂 孤輪
水匂ふとは上り鮎匂ふこと 藤崎久を
浅き瀬に若鮎走る夕かな 徳野
清瀧や夕月かけて小鮎飛 弄我
獺にもとられず小鮎釣り来し夫をかし 杉田久女
玉川や小鮎たばしる晒し布 子規句集 虚子・碧梧桐選
筏過ぎて水澄めり又小鮎かな 雉子郎句集 石島雉子郎
紀の川に貴志川落る小鮎かな 仲岡楽南
花の散る拍子に急ぐ小鮎哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
若鮎に朝日さばしる杉の山 大串章
若鮎のあはれひれさへととのへし 阿片瓢郎
若鮎のうさん臭きを放ちけり 櫂未知子 蒙古斑
若鮎のうす墨の香を一夜の灯 渡辺桂子
若鮎のひかりを水にもどしけり 吉野俊二
若鮎の二タ手になりて上りけり 正岡子規
若鮎の二手になりて上りけり 獺祭書屋俳句帖抄上巻 正岡子規
若鮎の光る水さへ胸痛む 百合山羽公 故園
若鮎の小石かくれにこゝかしこ 鳴雪句集 内藤鳴雪
若鮎の川はうねうね白神岳ヘ 佐々木とみ子
若鮎の強火に反りて木曾の宿 鷹羽狩行
若鮎の影一燈に流れけり 石田阿畏子
若鮎の波打つさまに焼かれたる 永島靖子
若鮎の瀬につく水の浅きかな 守水老遺稿 寺野守水老
若鮎の無数のひかり放流す 和田祥子
若鮎の生きの伝はるたなごころ 加藤知世子
若鮎の白浪ものが美しき 筑紫磐井 婆伽梵
若鮎の遡上うながす岳の雨 野原春醪
若鮎の釣らるる糸も光りつつ 立石勢津子
若鮎の雲母走りや土佐一宮 山地春眠子
若鮎の飴煮つめゐる小暗きに 加藤耕子
若鮎の魚籠を狭しと跳ねにけり 藤井寿江子
若鮎の鰭ふりのぼる朝日かな 蓼太
若鮎やうつつ心に石の肌 稲津空 (いなずぎくう)(1663-1733)
若鮎やとゞろと踏めば橋の下 幽南
若鮎や国有林にけむり立つ 中拓夫
若鮎や水さへあれば岩の肩 炭 太祇 太祇句選後篇
若鮎や波のすれあふ波の音 古館曹人
若鮎や瀬音つのれる南朝址 高橋好温
若鮎や生家は水の音ばかり 高野ムツオ
若鮎や背すじゆるさぬ身のひねり 井上井月
若鮎や谷の小笹も一葉行く 蕪村
若鮎や道は高きに峡の川 松根東洋城
若鮎を凝つと見ている男傘 山口 剛
若鮎を焼いて八方不義理かな 笠川弘子
若鮎を身ぬちに棲ませ早瀬波 鍵和田[ゆう]子
若鮎を鮎苗と呼び近江かな 上原 はる
茶はつまで身をうち川の小鮎汲 芙蓉花
草の葉も入れて活けおく小鮎かな 松本翠影
蓑つけて主出かけぬ鮎汲みに 高濱虚子
薄絹の水のおぼろや小鮎汲 西山泊雲
見ればただ水の色なる小鮎哉 正岡子規
遠山に雪のふたたび小鮎波 鷲谷七菜子 花寂び 以後
釣りあげし小鮎の光手につつむ 下村非文
雨にやる遊船もあり小鮎飛ぶ 河東碧梧桐
養魚池に日のよく当る小鮎かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
鮎汲て花の夕ぐれと成にけり 妻木 松瀬青々
鮎汲に童が流す草の花 米沢吾亦紅 童顔
鮎汲の*たも網の長柄のよくしなふ 木全篝火
鮎汲の終日岩に翼かな 蕪村
鮎汲の背に風除の蓆幡 村上冬燕
鮎汲みて遠き父祖より世捨人 堀口星眠 青葉木菟
鮎汲みにみぞるる波のうちやまず 角田拾翠
鮎汲みに鉄路の野ばら暮れのこる 宮武寒々 朱卓
鮎汲みや桶に挿める岩つつじ 松瀬青々
鮎汲も酣ならむ廂かげ 宇佐美魚目
鮎汲や喜撰が嶽に雲かゝる 高井几董
鮎汲や夕冷早く峡を占め 徳永山冬子
鮎汲や比良も伊吹も薄曇 野原春醪
鮎汲や糧を忘れし巌高き 飯田蛇笏
鮎汲や裾しぼりゐる砂利の上 松香
鮎汲を見てゐて童殖え来る 米沢吾亦紅 童顔

若鮎 補遺

うれしがりて早瀬に遊ぶ小鮎哉 正岡子規 小鮎
ちらちらと小鮎ののぼる夕日哉 正岡子規 小鮎
のぼり鮎すぎてまた来る蕗の雨 加藤秋邨
ゐるはゐるは小鮎ういもの石めぐり 臼田亜浪 旅人 抄
鮎いまだ上らずといひぬ多摩の里 正岡子規 若鮎
鮎のぼる河口に近き六十谷堰 右城暮石 句集外 昭和五十六年
鮎のぼる水瀬の茨散りやまず 西島麦南 人音
鮎のぼる川音しぐれと暮れにけり 石橋秀野
鮎のぼる草の素のいろ夜明けつつ 飯田龍太
鮎のぼる優瀬が上を蝶流れ 松本たかし
一むれや水の色なる上り鮎 正岡子規 若鮎
遠山に雪のふたたび小鮎汲 鷲谷七菜子 游影
牛若をたとへて見れば小鮎哉 正岡子規 小鮎
玉川や小鮎たばしる晒し布 正岡子規 小鮎
見ればたゞ水の色なる小鮎哉 正岡子規 小鮎
砂川に鍋ふみかへす小鮎かな 正岡子規 小鮎
砂川や小鮎ちらつく日の光り 正岡子規 小鮎
砂川や小鮎ちろつく日の光 正岡子規 小鮎
子が食うて若鮎惜しむ絹の骨 秋元不死男
若鮎というが水過ぎ加賀にわれ 古沢太穂 捲かるる鴎
若鮎のそれほど水は早からず 内藤鳴雪
若鮎の岩つきぬけん勢ひ哉 正岡子規 若鮎
若鮎の強火に反りて木曾の宿 鷹羽狩行
若鮎の光る水さへ胸痛む 百合山羽公 故園
若鮎の口の緊りを佳しとせり 能村登四郎
若鮎の小石がくれにこゝかしこ 内藤鳴雪
若鮎の二手になりて上りけり 正岡子規 若鮎
若鮎の二手になりて流れけり 正岡子規 若鮎
若鮎の六十二番てふえり簀 後藤比奈夫
若鮎や石をころがす谷の水 正岡子規 若鮎
若鮎や早瀬つんきる身の細り 正岡子規 若鮎
若鮎や波のすれあふ波の音 古舘曹人 砂の音
若鮎や浮世の中をいそぎ行く 正岡子規 若鮎
小鮎ちろ小鮎ちろ小鮎ちろりちろり 正岡子規 小鮎
小鮎釣橋より上のわたり哉 正岡子規 小鮎
水浅く小鮎ばかりの早瀬哉 正岡子規 小鮎
瀬に透いてくるぶし奔る上り鮎 秋元不死男
草にさして小鮎提げたり里童 正岡子規 小鮎
足もとに小鮎飛ぶなり夕まくれ 正岡子規 小鮎
卒寿喜寿祝句若鮎をもて題す 山口青邨
朝曇隈なく晴れぬ小鮎釣 河東碧梧桐
鉄橋のほがらにとよむ上り鮎 上田五千石『琥珀』補遺
顛落し顛落し尚鮎のぼる 阿波野青畝
登竜といふこと鮎の子もすなる 後藤比奈夫
桃さくや三寸程の上り鮎 正岡子規 桃の花
日暮るゝに竿続ぎ足すや小鮎釣 村上鬼城
日没に人交代や小鮎簗 高野素十
風波のひとすぢならず上り鮎 鷹羽狩行
目ばかりの近江の小鮎貰いけり 橋閒石 微光
目通しの若鮎じつとしてをらず 後藤比奈夫
夕暮の雨ふり出だす小鮎哉 正岡子規 小鮎
夕暮の小雨ふり出す小鮎哉 正岡子規 小鮎
獺にもとられず小鮎釣り来し夫をかし 杉田久女

若鮎 続補遺

松風に琴柱をたつる小鮎かな 長水 梨園
つゐ~と剃刀およぐ小鮎哉 白雪
とりたふて旅の無念は小鮎哉 万乎
みをつくし小鮎身をうつ夕日哉 一笑(金沢)
鮎のぼる瀬のわれて来る山根哉 田川鳳朗
鮎の子の心すさまじ滝の音 土芳
鮎の子の白魚送る別かな 芭蕉 伊達衣
鮎の子は椀に照る日や桜狩 野坡
玉川の六の小鮎やかみまなぶ 梢風尼
此さらに嵯峨の小鮎を思へとて 塵生
山川に小鮎の覗く椿かな 万乎
若鮎の小太刀遣ふて迯にけり 蓼太 蓼太句集初編
若鮎の唇ひろし衣更 りん女
若鮎やうつゝ心に石の肌 稲津祗空
若鮎や月は背中を登りけり 玉沾子 かなあぶら
若鮎や水さへあれば岩の肩 炭太祇
若鮎や虫に飛つくはなれ物 三宅嘯山
手に汲て一筋清き小鮎哉 木因
女の童上る小鮎や松浦川 三宅嘯山
小鮎うきてあやまつ池の微雨哉 梢風尼
小鮎くむ杓にかゝれり小盃 東皐
小鮎汲む恋の心や立結び 支考
大きなる岩をもつゝく小鮎かな 傘下
挑灯で若鮎を売る光かな 炭太祇
点々と折敷に見せる小鮎哉 黒柳召波
二枚ある歯に若鮎の哀也 亀洞
入里のさびしさゝます小鮎哉 一笑(金沢)
美濃の日に若鮎いかに五十鈴川 中川乙由


by 575fudemakase | 2017-04-30 05:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

鮎汲  の俳句

鮎汲  の俳句

鮎汲

例句を挙げる


とほく見て息ととのふる鮎汲衆 坂巻純子
なつかしき鮎汲悪夫たりし父 籏こと
みづうみに鮎汲桶の投げらるる 井上弘美
五日経ぬあすは戸無瀬の鮎汲ん 向井去来
夢さめて鮎汲みに出づ庵主かな 尾崎迷堂 孤輪
小鮎汲み暮れたる空に雪の比良 西村公鳳
小鮎汲来てをり島の流れにも 茨木和生 倭
小鮎汲柳しばしば潜りけり 至青
岩打つて滝となる瀬や小鮎汲む 杉下青蛙
楽しみは浅瀬にあるや小鮎汲み 井上井月
比良かくす雨いくたびや小鮎汲 笹井武志
汲鮎や釣瓶の中の不二の山 鮎汲 正岡子規
茶はつまで身をうち川の小鮎汲 芙蓉花
蓑つけて主出かけぬ鮎汲みに 高濱虚子
薄絹の水のおぼろや小鮎汲 西山泊雲
鮎汲に童が流す草の花 米沢吾亦紅 童顔
鮎汲の*たも網の長柄のよくしなふ 木全篝火
鮎汲のこども乾かす巌かな 飴山實
鮎汲の撓ひてやまぬ老の腰 広岡仁 『休診医』
鮎汲の終日岩に翼かな 蕪村
鮎汲の背に風除の蓆幡 村上冬燕
鮎汲みて遠き父祖より世捨人 堀口星眠 青葉木菟
鮎汲みにみぞるる波のうちやまず 角田拾翠
鮎汲みに鉄路の野ばら暮れのこる 宮武寒々 朱卓
鮎汲みの焚火にぎやか琵琶の湖 沢崎ゆきえ
鮎汲みや桶に挿める岩つつじ 松瀬青々
鮎汲むや川風のまだ冷たくて 竹並朋喜
鮎汲も酣ならむ廂かげ 宇佐美魚目
鮎汲や喜撰が嶽に雲かゝる 高井几董
鮎汲や喜撰ケ嶽に雲かゝる 几董
鮎汲や夕冷早く峡を占め 徳永山冬子
鮎汲や比良も伊吹も薄曇 野原春醪
鮎汲や糧をわすれし巌たかき 飯田蛇笏 山廬集
鮎汲や糧を忘れし巌高き 飯田蛇笏
鮎汲や裾しぼりゐる砂利の上 松香
鮎汲を見てゐて童殖え来る 米沢吾亦紅 童顔

鮎汲 補遺

小鮎汲む恋の心や立結び 支考
五日経ぬあすは戸無瀬の鮎汲ん 去来
汲鮎や釣瓶の中の不二の山 正岡子規 鮎汲
遠山に雪のふたたび小鮎汲 鷲谷七菜子 游影
鮎汲や糧をわすれし巌たかき 飯田蛇笏 山廬集
鮎汲や喜撰が嶽に雲かゝる 高井几董
鮎汲みの獲物ならねどうぐいゐる 森澄雄
鮎汲のこども乾かす巌かな 飴山實 花浴び
鮎を汲む朝妻湊雨けぶる 松崎鉄之介

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:59 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春鮒釣  の俳句

春鮒釣  の俳句

春鮒釣

例句を挙げる。

ひらひらと春鮒釣れて慰まず 大井戸辿
乗込の大鮒屠る祭寿司 大島民郎
乗込の鯉が水面に跳ね上がる 永田みえ子
乗込みにブラックバスもゐたりけり 茨木和生 倭
乗込みに一揆のさまの川激つ 河野南畦
乗込みの切にさざめく古江かな 阿波野青畝
乗込みの揺らせる草となりにけり 中戸川朝人 尋声
乗込みの頃ともなればぬかり道 森田 峠
乗込みの鮒にしのつく淀の雨 青畝
乗込みの鮒をまぶしむ核家族 佐藤鬼房
乗込みの鮒迷ひをる水田かな 郷原弘治
乗込みや利根の小流れひかりあふ 増田 史
乗込みや土手滅法に活気づき 高砂子三知代
乗込みや岸にひろごる昼餉どき 浜福恵
乗込み鮒とべり豪雨の激つ瀬に 富田潮児
乗込むやあかつき占めし鮒釣場 水原秋櫻子
乗込むや畦抜駈の鮒釣師 水原秋桜子
乗込や草を擦りゆく鮒の桶 中村翠湖
乗込んで来しやと鱚を探りゐる 茨木和生 三輪崎
乗込口幟紅白鳥渡る 毛塚静枝
乗込鮒の近きと思ふ川の色 内山由美子
乗込鮒枯葉藻屑をかきわけて 沢木欣一
乗込鮒生簀の外に影つづく 金子星零子
古杭や乗込鮒の頃となる 森田峠
四尾連湖の水湧くところ春の鮒 大澤ひろし
堰ひらく渦なり鮒も乗込めり 水原秋櫻子
堰急雨鮒乗込むと見えにけり 水原秋桜子
夜焚火や乗込む頃の鮒釣場 根岸善雄
大凧を見に乗込の川をとぶ 中戸川朝人 星辰
子等の後僧も覗けり春の鮒 鈴木鷹夫 渚通り
宵浅く乗込鮒を探れる灯 井口秀二
小旋風や野川乗込鮒をどり 草堂
少年の掴みて大き春の鮒 池田秀水
掌に重く有明いろの春の鮒 楸邨
掌に重く有明色の春の鮒 加藤楸邨
春の鮒不意に地鳴りのみなもと何処 金子兜太
春の鮒母の広額炎のごとし 遠山郁好
春の鮒水の流れのささやくよ 河野南畦 湖の森
春鮒釣り動きて手があることがわかる 加倉井秋を
春鮒釣り硝子戸のある家に帰る 加倉井秋を
春鮒釣動きて手があることがわかる 加倉井秋を
月の出に添う帰郷なり春の鮒 川田由美子
朝靄に乗込鮒の粗朶ゆらす 吉田 彌生
木津川の枝川に追ふ春の鮒 山本洋子
根性の雨の乗込鮒釣るも 田島秩父
残しおきし春鮒釣の休暇かな 大庭紫逢
母郷にて手掴む春の鮒冷たし 藤井亘
毛布被て春鮒釣のよこたはる 岸本尚毅 選集「氷」
水ナ上の空濁りきぬ春の鮒 吉武月二郎句集
濠すたれ春の鮒釣るひとりふたり 大島民郎
濠すたれ春の鮒釣る人ふたり 大島民郎
田にけぶる乗込鮒の朝の雨 水原秋櫻子
田のいたく濁るは鮒の乗込めり 供保保
田を蹴つて真鮒乗込む夜の大雨 岩崎きゑ子
疾風波鮒乗込むをはばみけり 内山亞川
答案を積み分く春の鮒とぶ日か 友岡子郷 遠方
草の戸に乗込鮒の籠と竿 加藤三七子
草の葉を春鮒釣の濡らしたる 長谷川櫂 天球
葛飾や乗込刻は生臭し 須佐薫子
藁しべの回れる桶に春の鮒 長谷川櫂 虚空
蟹工船に乗込む雪をかじっている 七戸黙徒
誘はるればいづこへもゆく春の鮒 小澤實
足音に乗込鮒の背鰭ゆれ 田中英子
道濡れて春鮒釣りがひそと居り 石田勝彦
金ほのぼの雨を釣られて春の鮒 大野林火
釣針の傷のふさがる春の鮒 山本紫黄
雨の夜を春鮒釣の泊り客 今井杏太郎
雨待つや乗込み前の鮒どころ 露路
鷺ふえて鮒の乗込む春たしか 秋櫻子


春鮒釣 補遺

さざなみの曲ると見れば乗込鮒 鷹羽狩行
浦波に虹立ち鮒は乗込めり 水原秋櫻子 緑雲
顎持ちそこら歩けば春の鮒 岡井省二 鹿野
旧運河真鮒乗込みはじめけり 水原秋櫻子 晩華
金ほのぼの雨を釣られて春の鮒 大野林火 飛花集 昭和四十四年
月見船雲に乗込ム橋のした 孤屋
御饌の田に乗込鮒がさわぎをり 飴山實 句集外
七夕や葭に乗込かよひ船 紫道
春の鮒さづけ餓鬼大将となる 鷹羽狩行
春の鮒蒸されて腹に甘き味噌 大野林火 飛花集 昭和四十四年
春の鮒藻の靡きよる魚籠にかな 大野林火 方円集 昭和五十年
春の鮒釣られてけぶるもの吐きぬ 岡井省二 明野
春の鮒不意の地鳴りのみなもと何処 金子兜太
乗込の波にさすらひ田螺殻 阿波野青畝
乗込の鮒の辺にして鯰釣れ 阿波野青畝
乗込の鮒焼く香なり布佐安食 水原秋櫻子 晩華
乗込の役者の船や花火散る 内藤鳴雪
乗込みに脛打たれつゝ畦塗れる 飴山實 句集外
乗込みの切にさざめく古江かな 阿波野青畝
乗込みの鮒にしのつく淀の雨 阿波野青畝
乗込みの鮒をまぶしむ核家族 佐藤鬼房
乗込むや畦抜駈の鮒釣師 水原秋櫻子 晩華
乗込むや日の出を待たぬ鮒釣師 水原秋櫻子 晩華
乗込やこの堰のみは四つ手網 水原秋櫻子 蘆雁以後
諏訪人や四つ手に躍る春の鮒 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
先駆けを許さず乗込鮒の群 鷹羽狩行
田にけぶる乗込鮒の朝の雨 水原秋櫻子 蓬壺
雄ごころのときの乗込鮒つづく 岡井省二 有時
蘆の芽や乗込さそふ夜の大雨 水原秋櫻子 旅愁

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:57 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春場所  の俳句

春場所  の俳句

春場所

例句を挙げる。

わが街に稽古場一つ浪花場所 横原律子
川筋の光蒐めて浪花場所 村本畔秀
春場所のとんだ所ではりま投げ 高澤良一 素抱
春場所のはてし埃の町暮るる 宮井港青
春場所のテレビ畑より垣間見つ 岡田久信
春場所の一校書たることありし 下田実花
春場所の勝者の背なの色白な 水沼三郎
春場所の呼び出し聞こゆ湯屋を出る 緒方 敬
春場所の土を噛んだるはたき込み 高澤良一 素抱
春場所の太鼓に運河光るなり 渡辺亀齢
春場所の幟間近に高速道 松尾千代子
春場所の放映を見る巫女溜り 西浦一滴
春場所の駅を揺さぶる風であり 上原常貴
春場所や櫓太鼓に揺るる天 町田一雄
春場所や水の浪速に触れ太鼓 酒井 武
春場所や浪花言葉の嬌声が 山田土偶
春場所や異国力士の大銀杏 椙本千代子
春場所を明日に高鳴るふれ太鼓 佐藤信子
春場所テレビ河川映して老魚跳ね 谷 佳紀
浪花場所幟を絞る風となり 西村和子

春場所 補遺

思ひきや弔旗ある春場所を見る 阿波野青畝

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:55 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

西行忌   の俳句

西行忌   の俳句

西行忌

例句を挙げる。

あさつきを吹いて鳴らして西行忌 森澄雄 所生
あはうみはしろがねのべぬ西行忌 大石悦子 百花
かげろふは焦土ばかりや西行忌 岸田稚魚
かはらけのうれしくとびぬ西行忌 岡井省二
かわかわと松に鴉や西行忌 阿波野青畝
きさらぎの歌のあはれや西行忌 池谷 陶魚
きさらぎの雲は白しや西行忌 五十崎古郷
さんしゆゆの風にあく扉や西行忌 籏 こと
すぐそこに行くにも杖や西行忌 村越化石
すこし寒う桜月夜や西行忌 徳永山冬子
そらんじて教科書かなし西行忌 林翔 和紙
つきつめて思へばひとり西行忌 角川春樹
つぼみなる花かぞふべし西行忌 五十崎古郷句集
とまり木に隠れごころや西行忌 石田波郷
はなびらのごとき夕月西行忌 西山 誠
はるかより鴎の女ごゑ西行忌 澄雄
ひき返すべき風景や西行忌 澁谷道
ひとりゐて軒端の雨や西行忌 山口青邨
ふくみたる水の切れ味西行忌 神蔵 器
ほしいまま旅したまひき西行忌 石田波郷(1913-69)
みちのくの氷ばかりや西行忌 齋藤玄 飛雪
みよしのゝ葛溶き籠る西行忌 塩谷はつ枝
み吉野もかく深く来て西行忌 能村研三
むらさきも碧も焔のいろ西行忌 神尾久美子 桐の木以後
もてなしの榾火たやさず西行忌 白岩 三郎
もの焚いてこころ処ゆらぐ西行忌 角川春樹
ゆきずりの雲に名をつけ西行忌 柳澤一生
わが生に転びのいくつ西行忌 木内彰志
わもねがふ花の下臥西行忌 後藤夜半 底紅
一人ゐて軒端の雨や西行忌 青邨
一夜泊りの大磯通ひ西行忌 村山古郷
一日を吉野にひとり西行忌 江川悟郎
一瓶に足らぬ華あり西行忌 尾崎迷堂 孤輪
上人と翁はよびつ西行忌 尾崎迷堂 孤輪
亡き父にとゞく葉書や西行忌 寺山修司 花粉航海
人々の座におく笠や西行忌 飯田蛇笏 山廬集
今日ばかり花もしぐれよ西行忌 井上井月(1822-86)
仮の世に風月ありて西行忌 釈恒沙
伽羅に触れ松にさはりぬ西行忌 岡井省二
俤にたつ花もなし西行忌 松瀬青々
俳書歌書散逸したり西行忌 深川正一郎
光り合ふ雲の行方や西行忌 鍵和田[ゆう]子 浮標
北の窓開けて眺めて西行忌 飯田龍太 遅速
厨房に皿の音する西行忌 加倉井秋を 午後の窓
口で紐解けば日暮や西行忌 藤田湘子(1926-)
古書綴る灯の明るさに西行忌 中田 樵杖
名月のすでに色ある西行忌 鷲谷七菜子
吾が齢余りしと思ふ西行忌 小松崎爽青
咲く花に散る花に雨の西行忌 相馬黄枝
地球儀の国へ旅恋ひ西行忌 井沢正江
地鳩来て庭木ゆすれり西行忌 長谷川かな女 花寂び
坂東は梅の盛りの西行忌 岸本尚毅
堂前の花屑払へ西行忌 安藤橡面坊
墳山の樒艶ます西行忌 佐川広治
夕月のすでに色ある西行忌 鷲谷七菜子
夜通しの雨が雪消す西行忌 福田甲子雄
夢の中で燃えてゐるチェロ西行忌 皆吉司
大磯に一庵のあり西行忌 草間時彦
奥山は雪ふかけれど西行忌 五十崎古郷句集
子を伴れてわれ旅にあり西行忌 大串章
山にはばまれ村を出ず西行忌 檜紀代
山に月休んでのぼる西行忌 金田咲子 全身 以後
山みちはみな山へ消え西行忌 鷹羽狩行 八景
山住の友尋ねけり西行忌 成美
山国に日の暈賜ふ西行忌 廣瀬直人
山家集の破本かしこき西行忌 河西河柳
山峡の一庵灯洩る西行忌 古川光春
山河の河は亡びて西行忌 鷹羽狩行
山畑にひとり鍬振る西行忌 長谷川史郊
山腹に灯りがひとつ西行忌 木内怜子
岡山の梅や津山の水や西行忌 長谷川かな女 花寂び
崇徳院しづもる讃岐西行忌 上崎暮潮
嶺越えて雲ひかり出づ西行忌 中拓夫
帚目に載る波音や西行忌 池田弥生
幹打つて覚ます木霊や西行忌 大石悦子 群萌
底冷えの京に浅酌西行忌 小坂順子
忌日とて西行桜ちりにけり 青木月斗
思はざる雪を花とし西行忌 櫛原希伊子
恋歌を色紙に貰ふ西行忌 飯泉葉子
惜しむただ灰燼蔵書西行忌 皆吉爽雨
打出づる道一本や西行忌 西川織子
捨てがたき軍帽一つ西行忌 本杉桃林
文机は経机かな西行忌 迷堂
旅おもふわれも法師や西行忌 八幡城太郎
旅好きも父に似し子や西行忌 福永みち子
暮れかかる濤に穂の見ゆ西行忌 吉田鴻司
書庫出れば月夜なりけり西行忌 岩田昌寿 地の塩
月いでて櫟を照らす西行忌 榎本冬一郎 眼光
月の出の今年は遅し西行忌 成瀬櫻桃子
月負うて雲も旅する西行忌 林 翔
木の国は花の杉ふる西行忌 上田五千石 琥珀
木を伐つて日暮寂しや西行忌 安立公彦
杖突いて畳を歩く西行忌 遠藤梧逸
柱とはまつすぐなもの西行忌 本庄登志彦
栞して山家集あり西行忌 高濱虚子
森出づるより風花の西行忌 杉山岳陽
檜山出る屈強の月西行忌 大峯あきら 鳥道
檜笠めきたる山や西行忌 白川朝帆
檜葉垣の家居を愛し西行忌 遠藤梧逸
欲しきもの雪の笠被て西行忌 殿村菟絲子 『晩緑』
歌よみにあらねど我ら西行忌 平谷破葉
歌膝を立てゝ偲ぶや西行忌 山田九茂茅
歩みゐて谺に呼ばる西行忌 伊藤京子
水のうへ暮れて明るし西行忌 長谷川櫂 古志
水の上を逃げ行く水や西行忌 清水基吉
法起寺の空に目のゆく西行忌 角川春樹 夢殿
洛中は雨から雪に西行忌 今井勲
海までの砂のきしみや西行忌 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
海棠の花を咲き添へ西行忌 森澄雄 四遠
渠レ発心我レ発心や西行忌 尾崎迷堂 孤輪
湖波を押すうみなみや西行忌 関戸靖子
漉き紙の屑焚き西行忌なりけり 迫田白庭子
炊ぐ火を焚きけぶらせて西行忌 野見山ひふみ
白梅を影と見てをり西行忌 佐藤麻績
白菜を煮て絹のごと西行忌 赤松[ケイ]子
眉月のくもれど消えず西行忌 堀口星眠 樹の雫
眼福の画像に見え西行忌 勝又一透
矢立てふもの欲しと思ふ西行忌 村田白峯
石段をのぼりつめたる西行忌 古舘曹人
空のみを詠む詩人ゐて西行忌 皆吉司
空覚えの一句を正す西行忌 細田伸子
竹の根のごつんごつんと西行忌 大木あまり 火球
笹叢に風のあつまる西行忌 柴田白葉女
粥炊くを常のこととす西行忌 大石悦子 聞香
脂粉捨てたる日の帯かろし西行忌 河野多希女 こころの鷹
花いまだにて西行忌月夜なり 有働亨
花かげのこころ惜しむは西行忌(大磯西行祭) 河野南畦 『広場』
花の下は花の風吹き西行忌 村山古郷
花の芽のひと夜色づく西行忌 引地冬樹
花を待つ桜や歌碑や西行忌 田中珠生
若き妓に歌心あり西行忌 大久保橙青
茶の甘き薬のあとや西行忌 石川桂郎 四温
草の門ひらかれあるは西行忌 秋櫻子
草川の音なく急ぐ西行忌 山田みづえ
藁灰の掌にほこほこと西行忌 福嶋 勲
藻汐火に袖をかわかし西行忌 豊島梵蘓洞
蛇を煮る父にして画家西行忌 皆吉司
行く水に花のまぼろし西行忌 角川春樹
裏山の植樹千本西行忌 岩崎照子
西海に入る日が赤し西行忌 五十崎古郷句集
西行忌あふはねむたきひとばかり 田中裕明 櫻姫譚
西行忌かげろふ縁に時移り 五十崎古郷句集
西行忌きのふの雪のなかりけり 岳陽
西行忌くまなくはれし月夜かな 加藤覚範
西行忌その望の日を花ぐもり 鳥酔
西行忌なりけり晝の酒すこし 京極杞陽
西行忌はや諸禽のこゑ甘し 今岡けんじ
西行忌めがね拭へば風が見え 吉田小机
西行忌われに出家の意なし たかし
西行忌利休忌われにいかなる死 西嶋あさ子
西行忌吾に離俗の詩はなし 磯 直道
西行忌夜風に刻のうつりゐる 長谷川双魚
西行忌妻子が中の無為の日々 石塚友二 光塵
西行忌形のこりて軍靴あり 佐野まもる
西行忌心に今日の高曇り 赤羽 岳王
西行忌憂しと見し世となりにけり 石原八束 雁の目隠し
西行忌我に出家の意(こころ)なし 松本たかし(1906-56)
西行忌手に松毬の二つ三つ 八重津苳二
西行忌日本の手紙待たずなりぬ 小池文子
西行忌林中に聴く山の音 吉野義子
西行忌棄つべき故郷われになし 成瀬桜桃子 風色
西行忌残んの雪の梢かな 角田竹冷
西行忌渚をば身に寄せにけり 安井浩司 汝と我
西行忌眠りも旅のつづきにて 渡辺大円
西行忌秋は月見による柱 秋刀魚
西行忌菓子のはなびら食うばかり 澁谷道
西行忌車の波に杖泳ぐ 百合山羽公 寒雁
西行忌近し遅速の梅双樹 角川照子
西行忌遠くを見れば泪出て 牧石剛明
西行忌酒に呑まれて酒を飲む 亀山幽石
西行忌雪の晴間を筆買ひに 渡辺文雄
西行忌雲は高きに戻りけり 鈴木太郎
西行忌風の荒びを水に聞く 山上樹実雄
諦めしことの幾つか西行忌 高橋弘道
負ひ切れぬ荷は捨てて生き西行忌 古賀まり子
貸し失せし山家集なり西行忌 松尾いはほ
身の中を日暮が通る西行忌 黛執
逆光の人歩みくる西行忌 倉橋羊村
遠山の雪を花とも西行忌 上田五千石
遥か来て湖のこゑ聴く西行忌 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
酢で緊むる湖の魚や西行忌 長谷川櫂 天球
降る雪の谷に雉子鳴く西行忌 南光 翠峰
雀らも霞の空へ西行忌 橋本榮治
雄姿の尾越の松や西行忌 大峯あきら 鳥道
雨ごとに山近づけり西行忌 伊藤敬子
雨の間を雀が飛んで西行忌 宮田正和
雪山に野を界(かぎ)られて西行忌 橋本多佳子
雪嶺雪嶺を登り暮るるや西行忌 加藤知世子 黄 炎
雲を出てうすき雲行く西行忌 矢島渚男
雲中に鳥のゐるらし西行忌 石嶌岳
風は木に浅く契りぬ西行忌 三田きえ子
風葬に瞳を託す西行忌 櫂未知子 蒙古斑
高階に花びらとどく西行忌 坂本登美子
鷺降りて田に薄明り西行忌 山田晴彦

西行忌 補遺

あさつきを吹いて鳴らして西行忌 森澄雄
いくたびの春の思ひ出西行忌 阿波野青畝
おのが座におのれ坐りぬ西行忌 藤田湘子 神楽
かげろふは焦土ばかりや西行忌 岸田稚魚 雁渡し
かはらけのうれしくとびぬ西行忌 岡井省二 山色
かわかわと旅の鴉に西行忌 阿波野青畝
この古き庵も名残や西行祭 村山故郷
しろき花ありしなつかし西行忌 右城暮石 句集外 昭和十四年
そらんじて教科書かなし西行忌 林翔 和紙
たはむるる鳶は知らずや西行忌 廣瀬直人
とまり木に隠れごころや西行忌 石田波郷
ねんごろに献花献茶や西行忌 村山故郷
はるかより鴎の女ごゑ西行忌 森澄雄
ほしいまま旅したまひき西行忌 石田波郷
ホテルより見し春月や西行忌 桂信子 樹影
みちのくの氷ばかりや西行忌 齋藤玄 飛雪
わもねがふ花の下臥西行忌 後藤夜半 底紅
われもまたむかしもののふ西行忌 森澄雄
庵主われ献花献香す西行祭 村山故郷
一人ゐて軒端の雨や西行忌 山口青邨
一夜泊りの大磯通ひ西行忌 村山故郷
雨光り花ちるごとく西行忌 山口青邨
雲の中に月ありありと西行忌 山田みづえ まるめろ
雲ゆきの流差をもてり西行忌 上田五千石『田園』補遺
遠からず来て旅疲れ西行忌 鷹羽狩行
遠山の雪を花とも西行忌 上田五千石 天路
翁道たどりきしのみ西行忌 平井照敏
伽羅に触れ松にさはりぬ西行忌 岡井省二 有時
花あれば西行の日とおもふべし 角川源義
花と月いづれ選ばむ西行忌 林翔
花の下は花の風吹き西行忌 村山故郷
花をもて山を刷きやる西行忌 上田五千石『天路』補遺
海棠の花を咲き添へ西行忌 森澄雄
釜寺と申してここに西行忌 山口青邨
紀の浜にゑんどう咲ける西行忌 鷲谷七菜子 黄炎
句に入りて歌は忘れつ西行忌 松本たかし
月負うて雲も旅する西行忌 林翔
吾がゐて土の上の松西行忌 岡井省二 夏炉
口で組解けば日暮や西行忌 藤田湘子
江口今土百姓や西行忌 三宅嘯山
妻ごめに迎へてゐたる西行忌 岡井省二 有時
妻活けし馬酔木の花や西行忌 山口青邨
菜の花の端山里過ぎ西行忌 右城暮石 句集外 昭和七年
三日月を見て指折らん西行忌 阿波野青畝
山みちはみな山へ消え西行忌 鷹羽狩行
山一つ越しなば吉野西行忌 阿波野青畝
山雨より花冷まさる西行忌 上田五千石『琥珀』補遺
山越えてみな雲ゆくや西行忌 森澄雄
山河の河は亡びて西行忌 鷹羽狩行
自作像黒法師なり西行忌 阿波野青畝
鴫立庵に花届け来し西行祭 村山故郷
住みながら家売るとせむ西行忌 伊藤白潮
春死なむと詠まれし花の西行忌 村山故郷
松歩き吾歩きたり西行忌 岡井省二 猩々
深谷に草萌えの径西行忌 鷲谷七菜子 一盞
身ほとりや膝しづけさの西行忌 岡井省二 五劫集
人の思ひを知る人寄りて西行忌 右城暮石 句集外 昭和十一年
人々の坐におく笠や西行忌 飯田蛇笏 霊芝
人々の座におく笠や西行忌 飯田蛇笏
水底にある水草や西行忌 石田波郷
征く人のたちまち遠し西行忌 岸田稚魚 負け犬
西行の日の朝日さす茶山より 岡井省二 明野
西行の日の暮方の鯨帯 岡井省二 鯨と犀
西行忌きのふに過ぎし蕗の薹 山口青邨
西行忌こまかき雨にぬれまゐる 山口青邨
西行忌のみかは家に葉蘭愛で 岡井省二 山色
西行忌ホ句にあそべる我は生く 阿波野青畝
西行忌ゆきつつ芹を摘むことも 森澄雄
西行忌我に出家の意なし 松本たかし
西行忌騎象の君にまみえけり 阿波野青畝
西行忌剛の法師の忌なりけり 相生垣瓜人 負暄
西行忌妻子が中の無為の日々 石塚友二 光塵
西行忌車の波に杖泳ぐ 百合山羽公 寒雁
西行忌手草に揉みし蓬の香 森澄雄
西行忌初案再案さだまらず 阿波野青畝
西行忌俳句には恋詠まぬかな 阿波野青畝
西行忌班雪の山を見てゐたり 森澄雄
西行祭鴫立の庵主病みて出ず 村山故郷
雪山に野を界(かぎ)られて西行忌 橋本多佳子
前衛に似せし一首や西行忌 阿波野青畝
草つみもよき名ぞけふは西行忌 鈴木道彦
草の門ひらかれあるは西行忌 水原秋櫻子 葛飾
騒然と山の真近き西行忌 廣瀬直人
其杖に花咲きけらし西行忌 正岡子規 西行忌
大阪にゆかりたづぬる西行忌 上田五千石『天路』補遺
茶の甘き薬のあとや西行忌 石川桂郎 四温
瀞の上を白浪走る西行忌 飯島晴子
眉月も暈のうちなる西行忌 廣瀬直人
坊が妻とろろ召せといふ西行忌 阿波野青畝
北の窓開けて眺めて西行忌 飯田龍太
木の国は花の杉ふる西行忌 上田五千石 琥珀
木移りをしきりに鳩や西行忌 石田波郷
柳なく花なき里の西行忌 正岡子規 西行忌
友と仰ぐ盆中の富士西行忌 松崎鉄之介
老ゆるとも旅をうとまじ西行忌 阿波野青畝
醪舐めなめ西行忌の月の出 岡井省二 明野

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:52 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

涅槃西風  の俳句

涅槃西風  の俳句

涅槃西風

例句を挙げる。

おん瞼開け給へと涅槃西風 高橋利雄
かく吹くを涅槃西風とは笑止なり 森川暁水
きりもなく水吸ふ荒砥涅槃西風 島田天籟子
くつしたの穴の肌色涅槃西風 如月真菜
こざかしきうろくづの影涅槃西風 岸田稚魚
この風を涅槃西風とぞ言ふ情 竹腰八柏
ころがつて玉葱芽だす涅槃西風 秋元不死男
さんしゅゆの古木ぐらつく涅槃吹 高澤良一 随笑
さんしゆゆの黄の俄なり涅槃西風 石田波郷
ひといろの葡萄山より涅槃西風 廣瀬直人
ひよめきは角の痕なり涅槃西風 丸山靖子
ふるさとは陰(ほと)を祀りて涅槃西風 長谷川双魚
みづうみへ袖垣崩れ彼岸西風 木村蕪城
みの虫の蓑翻る彼岸西風 山田八峰
むづがゆき翼のつけ根涅槃西風 正木ゆう子
やや逸る水分れ川や彼岸西風 矢倉美代子
わが影が怒髪のかたち涅槃西風 辻井夏生
をんな躬をほそめては漕ぐ涅槃西風 池禎草
ゴツホ展へ流れ行く人涅槃西風 服部たか子
ネクタイの吹かれるままに涅槃西風 田中信克
一連の風につづけり涅槃西風 倉橋羊村
九輪より推古の音色彼岸西風 荻野信子
今旅のどのあたりなる涅槃西風 今成志津
俎板に鯛どきどきと涅槃西風 平井幸子
千羽鶴千羽に足りず彼岸西風 柴田白葉女 『朝の木』
原子炉の町の夜ふけの涅槃西風 鈴木六林男
叡山の小雪まじりの涅槃西風 西沢信生
塵の世の松を鳴らして涅槃西風 清原枴童
境内は松ばかりなり涅槃西風 中田余瓶
境内は梅ばかりなり涅槃西風 加藤知世子
墓洗ふ肩に囁く彼岸西風 角川源義
声あげて鴉さからふ涅槃西風 中村居月
大鍋につみれ汁噴く涅槃西風 三浦京子
大鰈砂に眼ひらき涅槃西風 小林俊彦
天竺の海のかをりの涅槃西風 吉原文音
寄り合ひて牛の動かぬ涅槃西風 戸邊喜久雄
山靴に赤紐交差涅槃西風 田川飛旅子 『使徒の眼』
岩はみな沖へ尖りて涅槃西風 金子治子
己が身の鱗はがせり涅槃西風 鈴木節子
干魚の目玉乾きし涅槃西風 杉山葱子
幻住庵跡の一樹や涅槃吹き 佐野美智
彼岸西風ときどき葭も吃りつつ 河原枇杷男 定本烏宙論
彼岸西風一ト日仕ふる時代釜 橘 彰子
彼岸西風山越えて来し樒売 渡辺大円
彼岸西風炎のごとく塔登る 宮武寒々
彼岸西風砂に突き出て傘の骨 吉川清江
彼岸西風竿に抱きつく婆の服 古河ともこ
念いれて洗ふ大筆涅槃西風 角川照子
息子らは浜へ涅槃西風われに 如月真菜
截り金のごとき月浮く涅槃西風 荒井正隆
手でさぐる鯰の洞や涅槃西風(四十年むかし、旧制四高に入りし吾を父は残雪の川に誘ひし) 飴山實 『次の花』
捨て犬の乳房ふくらむ涅槃西風 柿本多映
放たれし鶏がよろめく涅槃西風 佐雉晴風
春一番二番三番涅槃西風 清水基吉
杉の間に杉横たへて涅槃西風 今瀬剛一
杣人はなべて旧暦彼岸西風 道川虹洋
松ヶ根に添乳す海女や涅槃西風 宮野小提灯
校門の樹はたのしまず涅槃西風 廣瀬直人
梟の笑顔めくなり涅槃西風 杉本雷造
樫に来て音さだかなる涅槃西風 有泉七種
樹の鴉揺られるままに涅槃西風 永田耕一郎
水かけて洗ふ鳥かご涅槃西風 鳥飼土筆
河原乞食のまなじりあかき涅槃西風 磯貝碧蹄館
泡盛の壜の籠り音涅槃西風 奈良文夫
流水に来りし橋や涅槃西風 橋本鶏二
浦浪の頭をもたげくる涅槃吹 高澤良一 さざなみやっこ
涅槃吹き鯛もまじへし干物売 北野民夫
涅槃西風かそけき飯を食うてけり 佐々木六戈 百韻反故 初學
涅槃西風けふ生かされて蛇眠し 大木あまり 山の夢
涅槃西風この日我が影肩ほそく 加藤知世子
涅槃西風すこし音して母の部屋 大沢ひろし
涅槃西風まともに開扉観世音 原 柯城
涅槃西風をさまり僧と酒をくむ 成瀬正とし
涅槃西風亀も眼も乾ききり 出口善子
涅槃西風人も魚も口乾く 谷下一玄
涅槃西風声とはならず遠会釈 池上於菟吉
涅槃西風壺屋の土の匂ひけり 神尾久美子 桐の木以後
涅槃西風夜を海老寝の二度童子 小野冬芽
涅槃西風室津は寺の多き町 加藤三七子
涅槃西風小松で降りし僧五人 岩渕正力
涅槃西風川ある方へ居を移す 対馬康子 吾亦紅
涅槃西風工都けむりを吐き暮らす 百合山羽公 故園
涅槃西風庫裏の障子戸開けて訪ふ 星野立子
涅槃西風悲喜ひといろにひよこ鳴く 中村明子
涅槃西風昔語りの母と居り 古賀まり子
涅槃西風杉山赤く動き出す 越前春生
涅槃西風枯芦の根の残る雪 大谷句佛 我は我
涅槃西風樹下を舞ひゆく胡蝶あり 堀 喬人
涅槃西風櫟葉鳴らし吹きわたる 岡本松浜 白菊
涅槃西風止めば西山また雪に 松下 芳子
涅槃西風母の病衣のよく乾き 郷原弘治
涅槃西風泰山木は拍手の音 加藤知世子 花 季
涅槃西風浜に乾ける大生簀 中島水明子
涅槃西風海に空港出来つつあり 辻 善次郎
涅槃西風渚の砂に禽の跡 丸山哲郎
涅槃西風濁りて浪も黄なりけり 石塚友二 光塵
涅槃西風猿の蒼肌露はるる 中村草田男
涅槃西風琴の聞こゆる余呉の湖 佐川広治
涅槃西風直火に乗せる貝ひとつ 中原道夫
涅槃西風眠り薬のききはじむ 政野すず子
涅槃西風眼も亀も乾ききり 出口善子
涅槃西風船渠の底に鎚鳴らす 長谷川浪々子
涅槃西風葬の花輪を倒したる 田中 実
涅槃西風虚飾の海をねむらする 河野多希女 両手は湖
涅槃西風遠富士の影硬くして 柴田白葉女 花寂び 以後
涅槃西風金の際立つ仏具店 松下信子
涅槃西風鬢もほつれず母死ねり 品川鈴子
涅槃西風鰓あるごとき人の息 殿村菟絲子 『菟絲』
涅槃西風麦のくさとるひとり言 松村蒼石 露
深川や二日続きの涅槃西風 角川春樹
渡鹿野へ今日は舟出ぬ涅槃西風 稲畑汀子 春光
湯の釜に南無の六字や涅槃西風 新家節美
珍しき鳥の啼くは涅槃西風 石川桂郎 四温
田の中に一川もまれ涅槃西風 六角文夫
病む母が目瞑りて聞く涅槃西風 古賀まり子 緑の野以後
百姓に鍋釜ひかる涅槃西風 西川みさを
看経のうちの雑念涅槃西風 京極杜藻
真夜中を過ぎて狂へる涅槃西風 福田甲子雄
眼中の人がただよふ涅槃西風 小出治重
磯寺へ参る漁師や涅槃西風 青木月斗
禅林に響く木魚や涅槃西風 丹羽すき子
空曲げて旗をひろげる涅槃西風 秋元不死男
笹舟は詩片のごとし涅槃西風 有馬朗人 耳順
粗樫の葉に吹きつのる涅槃西風 高澤良一 宿好
糠漬に糠を足せよと涅槃西風 三好潤子
組まれたる石に貌あり涅槃西風 鈴木慶子
縄長く縄跳びをせる涅槃西風 大石雄鬼
自転車に括られ鶏や涅槃西風 清原枴童 枴童句集
舟べりに鱗の乾く涅槃西風 桂信子
良寛の辞世あれこれ涅槃西風 山口昭義
菩提樹のなほとゞむ実や涅槃西風 大橋敦子
薬師仏のあつき御胸涅槃西風 門田正子
蛸壺の口ほうほうと涅槃西風 迫田白庭子
補陀落へ飛ばしくるるか涅槃西風 稲岡長
観音ののべし御手より涅槃西風 小路初子
豌豆の蔓のほどけし涅槃西風 刈谷 桂子
身のうちの透きゆくばかり涅槃西風 小島花枝
通天を偶々訪うて涅槃西風 高浜年尾
造花にも造花のいのち涅槃西風 鍵和田釉子
道産馬の四肢張つて佇つ涅槃西風 上原律子
釣りあげし河豚の仏相涅槃西風 井沢正江
鉢の土埃となりぬ涅槃西風 竹野房子
鎌倉に黒き海あり涅槃西風 石塚友二 光塵
雪の上に鶫の死あり涅槃西風 堀口星眠 営巣期
骨納め家がらんどう彼岸西風 大橋敦子 手 鞠
髪を引く涅槃西風なり当麻道 井沢正江 一身
魚板打つて子が逃げ行くよ涅槃西風 小林清之介
魚河岸に魚の眼濡れし涅槃西風 桂 樟蹊子
鯛焼の鯛の尾遺る涅槃西風 中島斌雄
鳴るものはみな鳴らし来て涅槃西風 松井鴉城夫

涅槃西風 補遺

こざかしきうろくづのかげ涅槃西風 岸田稚魚
ころがつて玉葱芽だす涅槃西風 秋元不死男
さんしゆゆの黄の俄なり涅槃西風 石田波郷
ひといろの葡萄山より涅槃西風 廣瀬直人
ふところを蝶の抜け出て涅槃西風 鷹羽狩行
絵具谷にはひねもすの涅槃西風 後藤比奈夫
鎌倉に黒き海あり涅槃西風 石塚友二 光塵
鬼瓦まなじり裂けて涅槃西風 中村苑子
湖の藻にささめく小蝦涅槃西風 藤田湘子 てんてん
校門の樹はたのしまず涅槃西風 廣瀬直人
笹舟は詩片のごとし涅槃西風 有馬朗人 耳順
寺に訊き寺を訪ぬる涅槃西風 山口青邨
篠竹を雀撓めぬ涅槃西風 星野麥丘人
手でさぐる鯰の洞や涅槃西風 飴山實
諸鳥のことば明晰涅槃西風 藤田湘子 てんてん
乗りたしと絮の待ちゐる涅槃西風 後藤比奈夫
新暦の涅槃西風こそ厳しけれ 相生垣瓜人 負暄
人くさき風を始めに涅槃西風 能村登四郎
珍しき鳥の啼くは涅槃西風 石川桂郎 四温
通天を偶々訪うて涅槃西風 高浜年尾
白無垢の進水ヨット彼岸西風 百合山羽公 樂土以後
彼岸西風月の輪熊の仰臥かな 岡井省二 夏炉
風見鶏にも旬日の涅槃西風 後藤比奈夫
墓洗ふ肩に囁く彼岸西風 角川源義
無性鬚病者めくなり涅槃西風 日野草城
連れ立ちて衣袂はためく涅槃西風 森澄雄
藁灰の貰ひ手のなき涅槃西風 能村登四郎
涅槃西風 被爆碑ばかりの街さまよい 伊丹三樹彦
涅槃西風いでて一便より欠航 上村占魚
涅槃西風猿の蒼肌露はるる 中村草田男
涅槃西風銀座の路地はわが浄土 鈴木真砂女 紫木蓮
涅槃西風工都けむりを吐き暮らす 百合山羽公 故園
涅槃西風濁りて浪も黄なりけり 石塚友二 光塵
涅槃西風麦のくさとるひとり言 松村蒼石 寒鶯抄
涅槃西風並ぶ金塊見飽かぬも 松崎鉄之介
涅槃西風洋妾橋にゆきなやむ 伊丹三樹彦
涅槃西風鈴鹿連山傷だらけ 右城暮石 句集外 昭和四十八年
蜿蜒と道端はあり涅槃西風 藤田湘子 てんてん

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:49 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

斑雪  の俳句

斑雪  の俳句

斑雪

例句を挙げる。

ぬばたまの夜目にも峡の斑雪かな 村山古郷
ひとすぢの水の音あり斑雪山 行方克巳
ふらここの鎖まつすぐ斑雪 角川照子
みやげ屋の熱き呼びごゑ斑雪山 堀口星眠 樹の雫
わが胸の斑雪の解けず小雀鳴く 遠山郁好
下校児は女の声まさり斑雪村 岸田稚魚 筍流し
佐保姫の鈴鳴る水の斑雪山 山上樹実雄
傷みたる翼のごとき斑雪あり 関利光
八ケ嶽聳てり斑雪近膚吾に見せ 橋本多佳子
反芻の牛に遠見の斑雪山 鷲谷七菜子 花寂び
古傷に斑雪風沁むよろひても 稲垣きくの 牡 丹
古葉掻く鶏に四山の斑雪照る 金尾梅の門
啄木鳥の木屑鮮し夕斑雪 堀口星眠 営巣期
嘘の語尾乱れ斑雪となりにけり 谷口桂子
四つ手網斑雪伊雪にしたたれり 福永耕二
地鎮めの竹担ぎ出す斑雪山 三森鉄治
姉が目の敵に菊畑の斑雪 塚本邦雄 甘露
安達太良は夜雲被きぬ斑雪村 石田波郷
川音にふたたび出合ふ斑雪村 古賀まり子
幾代織り山の斑雪に絣似る 宮津昭彦
愛欲に斑雪の山の遠静か 三谷昭 獣身
愛鷹の斑雪は消つゝ吾子生れぬ 渡辺白泉
括り桑ざんばら桑も斑雪かな 八木林之助
放哉の若狭の寺の斑雪かな 今福心太
文字盤の中も斑雪の花時計 鷹羽狩行
斑雪ある靄地を這へり落椿 石原八束 空の渚
斑雪の丘われよりさきに声のぼる 加倉井秋を
斑雪坂は死角に樹風生み 河野多希女 こころの鷹
斑雪山かたくり咲ける頃とおもふ 鈴木貞雄
斑雪山にぎやかに葬の人帰る 中拓夫
斑雪山はるかに鹿が耳立てる 藤森都史子
斑雪山半月の黄を被るなり 大野林火
斑雪山四方よりせまる別れかな 永田耕一郎 雪明
斑雪山月夜は滝のこだま浴び 飯田龍太
斑雪山目の前に来て懸巣鳴く 和公梵字
斑雪山真下に機上のティータイム 塩川祐子
斑雪嶺に会ふまばゆさの顔撫でて 村越化石 山國抄
斑雪嶺のふかきへ鱒を提げゆくか 村上しゆら
斑雪嶺の影のゆらぎの絵蝋燭 吉田紫乃
斑雪嶺の暮るるを待ちて旅の酒 星野麦丘人
斑雪嶺や雀尾長も声潤ひ 行木翠葉子
斑雪嶺を仰ぎ応挙の絵を見たり 越智照美
斑雪嶺を神とも仰ぎ棚田打つ 伊東宏晃
斑雪照り山家一戸に来るはがき 鷲谷七菜子 花寂び
斑雪空へつながる海の紺 加藤憲曠
斑雪野に古傷かばふ身を斜め 稲垣きくの 牡 丹
斑雪野に月あり青き魔がひそみ 堀口星眠 営巣期
斑雪野へ父の柩を焼きにやる 小林康治 四季貧窮
斑雪野やいきなり尽きて陸奥の海 中川禮子
斑雪野や産着干さるる牧夫寮 丸山美奈子
日がさしてくるはさびしや斑雪山 清崎敏郎
昃りし斑雪のごとく静かなり 小林康治 玄霜
春伐りのこだま斑雪の瀬山越え 石原八束 雪稜線
暮れ際のさくらむらさき斑雪山 堀口星眠 営巣期
杜氏帰る斑雪山肌海へ垂れ 安達峰雪
松過ぎや斑雪の上の雪催ひ 石田波郷
楢青み蔵王に縋る斑雪見ゆ 小林康治 玄霜
水ゆたか仏心ゆたか斑雪村 井上閑子
河口広く斑雪に日暮さまよへり 松村蒼石 雪
波止場見にある日斑雪の丘に佇つ 稲垣きくの 牡 丹
火祭りの火の粉降りこむ斑雪 遠山弘子
点滴筒斑雪浅間の宙に吊り 堀口星眠 営巣期
熊笹や湯壷に落つる斑れ雪 桂 信子
燕来て八ケ岳北壁も斑雪なす 相馬遷子 山国
白鳥の帰北うながす斑雪山 野沢節子 八朶集
目を炎やす鷹に逢ひたし斑雪ゆく 村越化石 山國抄
硫黄噴く斑雪の谷をよぢ帰る 『定本石橋秀野句文集』
禽のみに目聡く斑雪野に住めり 堀口星眠 営巣期
納得のゆかぬあれこれ斑雪 伊藤 梢
納骨の人ら斑雪の端ゆけり 村越化石 山國抄
終に風けものの性を斑雪山 緒方敬
縄跳びの少女斑雪をはるかにす 堀口星眠 営巣期
翔つものの影のすばやき斑雪村 山上樹実雄
胸ひらく母の眼をして斑雪山 堀口星眠 青葉木菟
良いときにお逝きなされて斑雪山 鳥居美智子
蒼天に鷹の帆翔斑雪村 佐藤国夫
蟹糶場声とぶ時化値斑雪して 石川桂郎 高蘆
軒低く干す小鰈や斑雪 鈴木真砂女 夕螢
送水会や日ののこりゐる斑雪山 猿橋統流子
逢へさうな逢へなささうな斑雪山 鳥居美智子
遠嶺斑雪夕鶴は声やはらかに 神尾季羊
鉄を打つ谺短かし斑雪山 阪本 晋
雉子鳴けり斑雪浅間は薄目して 堀口星眠 営巣期
馬酔木野の斑雪いくさを想はざる(義弟に) 『定本石橋秀野句文集』
鱒生れて斑雪ぞ汀なせりける 石田波郷
鶴の墓斑雪一枚残しけり 冨田みのる
あたたかき春のはだれは今日ひと日博物館の芝にのこりぬ 清水房雄
うつくしきはだれのこころしばしあり 岡井省二
お彼岸や畝間々々のはだれ雪 金尾梅の門 古志の歌
はだれのやまんげつをとぶゆふがらす 金尾梅の門
はだれ野に朽ちて簓の仏かな 小原啄葉
はだれ野のはだら雪踏みえぶり来る 阿部信子
はだれ野の安曇に聞けり卒業歌 及川貞 夕焼
はだれ野の胸をあはせしごとくなり 平井照敏 天上大風
はだれ野の風むらさきに妻が来る 伊藤松風
はだれ野や満月をとぶ夕鴉 金尾梅の門
はだれ野をい行きて己れ三十九 鈴木しげを
はだれ雪ひらりとしてはみそさざい 伊賀-祐甫 俳諧撰集「有磯海」
はだれ雪モンマルトルの紅灯に 荒木忠男
はだれ雪踏み立つや雁はるかなり 水原秋桜子
双子山頂のはだれ夕日かな 滝井孝作 浮寝鳥
寒菊や茂る葉末のはだれ雪 炭 太祇 太祇句選後篇
杭もなし名を捨てし那智のはだれ野 沼尻巳津子
椋鳥に愛の兆しやはだれ雪 堀口星眠 営巣期
深夜訪へど終に会へざりはだれ雪 松崎鉄之介
老いぬるやいろは混りのはだれ雪 橋石 和栲
赤城嶺のはだれて宵は夜叉の道 鳥居美智子
野焼あとはだれにさびし草千里 石原八束 空の渚
鷦鷯家はとぎるるはだれ雪 如行 芭蕉庵小文庫
はだら雪仮装神武の青き髭 佐川広治
春もやや瓦瓦のはだら雪 室生犀星
青鍋の塔晴れて立つはだら雪 有働亨 汐路
はだら雪踏みて来し温泉に朧なり 林原耒井 蜩
光よ影よはだらの雪も惜しまるゝ 林原耒井 蜩
鴨のこゑ月照るかぎり雪はだら 金尾梅の門 古志の歌
はだら雪伊吹の襞を雁帰る 久米正雄 返り花
初比叡や中堂の辺のはだら雪 上林白草居
はだら雪伊吹の襞を雁帰る 久米正雄 返り花
春もやや瓦瓦のはだら雪 室生犀星 犀星発句集
犀川や黒き瓦のはだら雪 井上雪

斑雪 補遺

あを~と斑雪に来たる夕かな 清崎敏郎
うつくしきはだれのこころしばしあり 岡井省二 山色
かきくるる灯が沁む紅さ斑雪村 石田波郷
コーヒー飲み残して下る斑雪山 廣瀬直人
ずらりと顔斑雪に火焚きストは夜へ 飴山實 おりいぶ
ぬばたまの夜目にも峡の斑雪かな 村山故郷
はだれ雪ひらりとしてはみそさゞい 祐甫
はだれ雪落花まじへしひとところ 大野林火 方円集 昭和五十年
はだれ野の安曇に聞けり卒業歌 及川貞 夕焼
はだれ野の涯や大きく汽車曲る 中村苑子
はだれ野の胸をあはせしごとくなり 平井照敏 天上大風
はだれ野の榛のひと本づつ照りぬ 岡井省二 五劫集
はだれ野や日輪すでに光りなし 角川源義
まだ見えぬ騎手二三人斑雪山 飯田龍太
愛鷹の斑雪は消(け)つゝ吾子生れぬ 渡邊白泉
安寿塚山のこぶしは斑雪めく 角川源義
安達太良は夜雲被きぬ斑雪村 石田波郷
燕来て八ケ岳北壁も斑雪なす 相馬遷子 山国
下校児は女の声まさり斑雪村 岸田稚魚 筍流し
河口広く斑雪に日暮さまよへり 松村蒼石 雪
蟹糶場声とぶ時化値斑雪して 石川桂郎 高蘆
咳けば渦巻く伝治の烏斑雪の陽 佐藤鬼房
寒菊や茂る葉末のはだれ雪 炭太祇
牛の仔に鼻木貫きたりはだれ雪 橋閒石
軒低く干す小鰈や斑雪 鈴木真砂女 夕螢
古芦に積みあかときのはだれ雪 大野林火 月魄集 昭和五十六年
枯萱に斑雪今年も貧しからむ 森澄雄
五湖ありて鳥楽園のはだれ山 角川源義
光る畦縦横にして斑雪村 大野林火 月魄集 昭和五十四年
更科はまだ冠着の斑雪山 森澄雄
山の魂浮かび月夜の斑雪山 森澄雄
山上の将軍塚へ斑雪踏む 松崎鉄之介
山斑雪或るは鳥獣戯画巻ける 上田五千石『琥珀』補遺
市の鍵の裳裾にまとふ斑雪 角川源義
思ひ出のごと斑雪野に日当れる 清崎敏郎
授業始まる八丁峠の斑雪に向き 加藤秋邨
樹隠りの斑雪やわきて苔の青 伊丹三樹彦
終着駅立ちはだかれる斑雪山 松崎鉄之介
深夜訪へど終に会へざりはだれ雪 松崎鉄之介
神の前湯花を降らす斑雪 角川源義
杉生うる墓山かざる斑雪かな 大野林火 飛花集 昭和四十四年
青鷺のこゑ倶会々々と斑雪野に 山田みづえ まるめろ
雪がまた斑雪の景に舞ひはじむ 清崎敏郎
掃立や国分け山に斑雪照り 鷲谷七菜子 游影
多すぎる墓をかこみて斑雪村 鷲谷七菜子 一盞
大裾野かけて斑雪の色配る 上田五千石『琥珀』補遺
大石田斑雪葉山に言霊最上川 金子兜太
大和なる嶺々の斑雪を外牆とす 伊丹三樹彦
凧あがる斑雪の山の面かな 清崎敏郎
竹もなき藪の垣根のはだれ霜 鈴木道彦
朝日射す斑雪嶺に対きわが暗し 岸田稚魚 負け犬
跳ぶ馬に斑雪強嶺の陽気な空 飯田龍太
低山の斑雪や海をへだつ知多 山口誓子
堤かげの斑雪やラガーはじまれる 山口誓子
唐黍黄に吊す一戸へ斑雪道 古沢太穂 火雲
楢青み蔵王に縋る斑雪見ゆ 小林康治 玄霜
日がさしてきて照りそめし斑雪山 清崎敏郎
日がさしてくるはさびしや斑雪山 清崎敏郎
日照のかぎりもの干す斑雪村 上田五千石 森林
馬酔木野の斑雪いくさを想はざる 石橋秀野
白鳥の帰北うながす斑雪山 野澤節子 八朶集
八ケ嶽聳てり斑雪近膚吾に見せ 橋本多佳子
半月に今昔もなき斑雪山 森澄雄
反芻の牛に遠見の斑雪山 鷲谷七菜子 花寂び
斑雪降り家鴨のこゑを聞きとどむ 三橋敏雄
斑雪山月夜は滝のこだま浴び 飯田龍太
斑雪山魂のいろいろ宙に充ち 飯田龍太
斑雪山眺めて遠き月日かな 飯田龍太
斑雪山日照雨に濡れてきらめきて 清崎敏郎
斑雪山半月の黄を被るなり 大野林火 雪華 昭和三十五年
斑雪山負ひたる雪の墓並ぶ 清崎敏郎
斑雪山木々の揺るるに任せたり 廣瀬直人 帰路
斑雪照り山家一戸に来るはがき 鷲谷七菜子 花寂び
斑雪凍つ睡眠薬を買ひに出で 大野林火 雪華 昭和三十五年
斑雪道海にむかへりわが行かず 石田波郷
斑雪白不安充満して真夜 飯田龍太
斑雪野にすこし暴れし蘇民祭 岡井省二 鹿野
斑雪野の月夜を水の流れくる 飯田龍太
斑雪野の端清潔な厠置き 岡本眸
斑雪野の夕日湯の宿まで蹤くか 大野林火 方円集 昭和五十一年
斑雪野へ父の柩を焼きにやる 小林康治 四季貧窮
斑雪野や怯啼く鷺の松くろし 角川源義
斑雪野や女男の塞神の肩を擁く 角川源義
斑雪野を集めて高め富士といふ 上田五千石『琥珀』補遺
斑雪弥彦山呼びかはすべき嶺もなくて 山田みづえ 手甲
斑雪来て都*げ(つげ)のたをやめ頬豊か 松崎鉄之介
斑雪嶺の紅顔とあり飛騨の国 金子兜太
斑雪嶺の暮るるを待ちて旅の酒 星野麥丘人
斑雪嶺の翳ればかげる種物屋 岡本眸
斑雪嶺を四方に立掛け雪解村 林翔
漂鳥の斑雪光りに盲ひたる 佐藤鬼房
文字盤の中も斑雪の花時計 鷹羽狩行
鱒生れて斑雪ぞ汀なせりける 石田波郷
硫黄噴く斑雪の谷をよぢ帰る 石橋秀野
老いぬるやいろは混りのはだれ雪 橋閒石 和栲
囀りの斑雪の上にはじまれり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
搦手に斑雪の山のたたなはる 清崎敏郎
昃りし斑雪のごとく静かなり 小林康治 玄霜
櫟野といへば斑雪のころに訪ふ 森澄雄
鷦鷯家はとぎるゝはだれゆき 如行




by 575fudemakase | 2017-04-30 04:45 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪の果  の俳句

雪の果  の俳句

雪の果

例句を挙げる。

あらがへる死臭と香華雪の果 赤松[けい]子 白毫
いろいろの神と遊びし雪の果 伊藤通明
うつしよに犬猫飼はず雪の果 宮坂静生
くわらくわらと橋渡る馬車や雪の果 畑耕一 露座
けぶりゐる田母木や越も雪の果 能村登四郎
しきりなるあと降りあそび雪の果 史石
ひざまくら重さ残れり雪の果 谷口桂子
ぶぶ漬けの昆布よく香る雪の果 市ヶ谷洋子
ほほゑみを目もて分けあひ雪の果 上田日差子
みちのくに逃れ信濃恋ふ雪の果 福田蓼汀 秋風挽歌
みちのくの古き教会雪の果 蓼汀
みまかりし老婢老猿雪の果 西本一都 景色
わが世路や日々躓きて雪の果 石塚友二 光塵
わが職をうばふ一言雪の果 天野松峨
一音のごと鳥すぎぬ雪の果 佐野美智
二重窓に日雀ちらつく雪の果 斎藤 節子
傘さして吾子を身籠る雪の果 長谷川 櫂
古る簷の根津駒込や雪の果 石塚友二
喪主と言ふ一日長し雪の果 吉野トシ子
大江山うちかがやける雪の果 加藤三七子
天と地の境は浅葱雪の果 石嶌岳
天河に追ひつきたりし雪の果 野澤節子
子の睫毛濡れて睡るや雪の果 杉山岳陽 晩婚
常念も爺も峙つ雪の果 澄雄
摩耶夫人乗らるる雲や雪の果 加藤三七子
敷かれつつなづな花あげ雪の果 皆吉爽雨 泉声
杣小屋の噴き立つ釜や雪の果 野村喜舟
松に鳴る風音堅し雪の果 石塚友二 光塵
楮を売り蒟蒻を売り雪の果 西本一都 景色
浄瑠璃の伏目にをはり雪の果 桂樟蹊子
海を見て坂くだりゆく雪の果 野澤節子
湯ざましに浮かす九重雪の果 丸山しげる
発心の小机作る雪の果 石田波郷
真鍮の取つ手ありけり雪の果 五島高資
着くづれの肩のさみしき雪の果 木村蕪城
自己流に生きぬ一と筆雪の果 真夏出来男
被爆せし廃船眠る雪の果 相河美智子
雪の果これより野山大いに笑ふ 高浜虚子
雪の果に展けて暗き湖ならずや 有働亨 汐路
雪の果はるかに火噴く山を恋ふ 高田蝶衣
雪の果山の日あたる障子かな 龍雨
雪の果我等が訪ひしプロバンス 高木晴子 花 季
雪の果泣くだけ泣きし女帰す 林火
雪の果眉濃き人と思ひ見し 新谷ひろし
雪の果自転車押して下校子ら 大東晶子
雲の上を人があるいて雪の果 斉藤美規
飛び喘ぐめをと鴉か雪の果 堀口星眠 営巣期
香薬師とは歩きゐし雪の果 岡井省二
とらつぐみ鳴くこと忘れ雪歩む 城取信平
わすれ雪学費待ちつつ学びをり 福永耕二
仏間より亡父と見てをり忘れ雪 櫛原希伊子
忘れ雪忘れずに降り誕生日 西本一都
忘れ雪明日は別るゝ女とあり 松木 百枝
忘れ雪未来はなやぎ過去うする 西本一都 景色
忘れ雪消えて渚のゆれやまず 野澤節子 黄 炎
忘れ雪白樺とありさびしからず 村越化石 山國抄
忘れ雪近くは舞いてしまくなり 小坂順子
旭川忘れじに忘れ雪 西本一都
東京のせまき空より忘れ雪 土橋たかを
枝道の又枝道の忘れ雪 村越化石 山國抄
病よき老母が甘ゆ忘れ雪 岸田稚魚 筍流し
紅梅の淡きがもとの忘れ雪 橋本鶏二 年輪
還暦やああ清閑の忘れ雪 西本一都 景色
雀らの藪に入りこむ忘れ雪 飴山實 辛酉小雪
終の雪一とひら亀にのりにけり 宇佐美魚目
とめどなく春歌うたへば名残雪 辻桃子 ねむ 以後
ふみきやす雪も名残や野辺の供 向井去来
再びの名残の雪と思ひけり 高木晴子 晴居
名残雪雲にまぎれず山四月 阿部みどり女
山廬いま名残の雪に埋もれし 村松紅花
帰路となる雪の越路に名残あり 高濱年尾 年尾句集
春告ぐる名残の雪と思ひけり 稲畑汀子
海猫鳴いて岬は雪の名残かな 足立美恵子
節子忌を過ぎてまさかの名残雪 長谷部信彦
若き日を眩しむよはひ名残雪 古賀まり子
葬送の名残の雪のはげしさよ 安原葉
薬臭のはなれてゆきし名残雪 仙田洋子 雲は王冠
まのあたり修羅なす雪の別れかな 西村和子 かりそめならず
二上山も三輪山もゆるびぬ別れ雪 和田悟朗
傘杉の注連あらあらし別れ雪 古舘曹人 砂の音
別れ雪寝酒を妻にわかちけり 灯京
別れ雪思ひのたけをしまきけり 西村和子 かりそめならず
別れ雪持ち田へわたす丸太橋 石川桂郎 四温
夜半より雪の別れとよゝと降る 星野立子
大琵琶の模糊とし雪の別れかな 桑田青虎
子離れの運否天賦や別れ雪 清治法子
惜しまざる雪の別れといふことに 小玉艶子
木々の秀に消ぬべく光り別れ雪 西村和子 窓
机買ふ算用雪の別れかな 小林康治
格子戸にたまりし雪の別れかな 松村幸一
籠松明に積りて雪の別れかな 伊藤いと子
草千里雪の別れの匂ひ立つ 小出秋光
葬る日の朝より雪の別れかな 安原葉
陽が射して雪の別れを甘やかす 岩崎法水

雪の果 補遺

うすぎぬに髪つつみ寝る雪の果 岡本眸
けぶりゐる田母木や越も雪の果 能村登四郎
この一樹たれも叩きて雪の果 岡本眸
みちのくに逃れ信濃恋ふ雪の果 福田蓼汀 秋風挽歌
みちのくの古き教会雪の果 福田蓼汀 山火
わが世路や日々躓きて雪の果 石塚友二 光塵
わすれ雪髪をぬらして着きにけり 橋本多佳子
一めんに日のあたりてや雪の果 三橋敏雄
一塊の名残の雪も句碑の前 山口青邨
一寸の雪の果なし御笠浜 野坡
海を見て坂くだりゆく雪の果 野澤節子 存身
見よとてや生れ来し身の雪の果 三宅嘯山
古る簷の根津駒込や雪の果 石塚友二 曠日
香薬師とは歩きゐし雪の果 岡井省二 山色
細目して何も見てゐず雪の果 上田五千石『琥珀』補遺
柴船に問はゞや木曽の雪の果 支考
春月や湯小屋のかげの忘れ雪 松本たかし
松に鳴る風音堅し雪の果 石塚友二 光塵
沼もあり草ほうほうと雪の果 山口青邨
常念も爺も峙つ雪の果 森澄雄
雀らの藪に入りこむ忘れ雪 飴山實
世に経るはかなしみを積む忘れ雪 上田五千石 天路
雪の果泣くだけ泣きし女帰す 大野林火 雪華 昭和三十四年
雪の果征旅の二児は記憶のみ 飯田蛇笏 家郷の霧
雪の果鉄線あまた突き出でし 岡本眸
発心の小机作る雪の果 石田波郷
病よき老母が甘ゆ忘れ雪 岸田稚魚 筍流し
米とぎ清水柵にいちまいの忘れ雪 角川源義
母・妻を詠みしは昔わすれ雪 能村登四郎
忘れ雪ならめ極楽寺坂まで 雨滴集 星野麥丘人
忘れ雪鍵穴洩るる灯ありけり 草間時彦 中年
忘れ雪女が踏めば哭きにけり 寒食 星野麥丘人
忘れ雪消えて渚のゆれやまず 野澤節子 鳳蝶
忘れ雪菩薩の顔を掌につつむ 角川源義
黙契や忘れ雪とてつのらしむ 星野麥丘人
囀るや浄らに峡の忘れ雪 松本たかし
訃のやうに入日がけぶる雪の果 佐藤鬼房

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:40 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪間草  の俳句

雪間草  の俳句

雪間草

例句を挙げる。


あをぞらのところどころに雪間草 大畑善昭
こゑのみがして暮れかかる雪間草 岸田稚魚
たたずめば天の匂ひの雪間草 堀口星眠 営巣期
ふるさとは水より覚めて雪間草 檜山孝子
まつさきに子のものを干し雪間草 友岡子郷
サハリンの船発つ小さき雪間草 佐々木幸
パトロールぎつねの跡来て雪間草 平井さち子 紅き栞
墓の杉馬穴結ひあり雪間草 中戸川朝人 尋声
小屋掛けの蕎麦屋一軒雪間草 岡本菊絵
山繭の落ちては淡し雪間草 太田蓁樹
探さるること本意ならじ雪間草 新橋知子
晩節は穢してならじ雪間草 岡部義男
暮れがての日の忍び寄る雪間草 岸田稚魚 筍流し
暮れがての日射のとどく雪間草 輿石眞一
目に見えて広ごり育つ雪間草 鮫島交魚子
真実はかならずひとつ雪間草 長田等
緩急の山の日差しに雪間草 高澤良一 燕音
重ね置く土鉢の罅や雪間草 宮本 源
野の風にまだなじまざる雪間草 浅田伊賀子
長靴につくづく倦みぬ雪間草 福永耕二
雪消える方へ傾き雪間草 後藤比奈夫 花匂ひ
雪間草いちにち帆柱(マスト)みがきをり 田中裕明 櫻姫譚
雪間草ひかり発して現はるる 小松沙陀夫
雪間草二人ではこぶ講の膳 山本洋子
雪間草側量棒は慶事めきて 平井さち子 完流
雪間草妻の死を詫ぶ母の文 久保龍 『火口の蝶』
雪間草早くも風と戯れて 林真砂江
雪間草目の濡るるまで顔寄せぬ 鈴木鷹夫 千年
雪間草翁は吾を恋ひをらむ 辻桃子
雪間草踏めば香のたつ草堂忌 樗木秀子
雪間草雷鳥の羽拾ひたり 杉田恵美子
額を摶つ雨暗けれど雪間草 岸田稚魚
顔を摶つ雨暗けれど雪間草 岸田稚魚 『負け犬』
風荒ぶ八ヶ岳に恥じらふ雪間草 遠藤千代
鬼棲みし里に嫁来る雪間草 柏原眠雨

雪間草 補遺

おほぞらに面て映りし雪間草 岡井省二 前後
顔を摶つ雨暗けれど雪間草 岸田稚魚 負け犬
休刊の一誌ありけり雪間草 飯田龍太
駒駆けし跡あきらかに雪間草 鷹羽狩行
激湍の波の穂立ちや雪間草 佐藤鬼房
山脈を日々に遠ざけ雪間草 鷹羽狩行
水仙の三連星を雪間草 山口青邨
雪間草福祉は貧のことならめ 寒食 星野麥丘人
雪消える方へ傾き雪間草 後藤比奈夫
暮れがての日の忍び寄る雪間草 岸田稚魚 筍流し

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:38 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

引鶴  の俳句

引鶴  の俳句

引鶴

例句を挙げる。


さりげなく田を蹴りて鶴引きはじむ 正木ゆう子
やまなみは空への渚鶴引けり 大岳水一路
万の鴨鶴引く声にしづまれり 辺見京子
引鶴として天涯の瑠璃に帰す 有馬草々子
引鶴にやらずの雨となりにけり 稲荷島人
引鶴に今はりつめし空のあり 奥田花珠子
引鶴に天草があり壱岐があり 佐藤艸魚
引鶴に道士は杖を挙ぐるかな 野村喜舟
引鶴に里人けふも手をかざす 高浜年尾
引鶴のこゑ海彦へ山彦へ 福島笠寺
引鶴の天のととのふ真昼かな 原裕 『出雲』
引鶴の天地を引きてゆきにけり 平井照敏(1931-)
引鶴の径ひかりたる多賀城趾 宮坂静生
引鶴の棹出漁の水尾と並む 大岳水一路
引鶴の横に流るるときかなし 原裕 出雲
引鶴の漂ひ漂ひ暁が来ぬ 徳永山冬子
引鶴の白こめかみに残りけり 北光星
引鶴の第一陣のありてより 遠入 たつみ
引鶴の輪のつぎつぎに消ゆ眩し 上井正司
引鶴の雲居の声の落ち来る 大橋桜坡子
引鶴の骨身をたたく羽摶ちかな 山上樹実雄
引鶴の高きをきはめつくしけり 大岳水一路
引鶴やと暮か暮や日和下駄 加藤郁乎 佳気颪
引鶴や海は祈りの色ふかめ 橋本榮治 越在
引鶴や笏をかざして日を仰ぐ 高田蝶衣
引鶴や肩落しつつ藁塚古ぶ 大岳水一路
引鶴や荼毘の火の粉の無尽蔵 黒田杏子 一木一草
引鶴や隠れもあへぬ流人の谷 長谷川かな女 花寂び
引鶴や鳥居さびしき由比ヶ浜 内藤鳴雪
引鶴を見て来しといふ人来り 高野素十
数加へつつ引鶴の舞ひはじむ 森重昭
日も月も鶴引きし空満たし得ず 西川織子
旬日に鶴引く雲を厚くせり 中戸川朝人
朝月のつめたさに鶴引きにけり 岩永佐保
殉教の島引鶴を迎へ澄む 大岳水一路
母ならむ鶴引く頃の黒箪笥 栗林千津
目しひ耳しひ引鶴の天はあり 小川双々子
硯なほ氷のごとし鶴引きし 宇佐見魚目
荒崎の風荒ぶ日は鶴引かず 小原菁々子
菊や今朝人魚のせこし引鶴 露治 選集「板東太郎」
鶴のこゑ空にみなぎり鶴引けり 林徹
鶴守の一つ齢とる鶴引きて 八染藍子
鶴守りの一つ齢とる鶴引きて 八染藍子
鶴引いて大白鳥座磨滅せる 赤松[ケイ]子
鶴引いて鶴守老を重ねたる 三村純也
鶴引きしあと旬日の春の雪 冨田みのる
鶴引きしあと聖鐘の鳴りわたる 朝倉和江
鶴引きし野山に春の雲一朶 冨田みのる
鶴引くとかぎろひ顔に野をもどる 赤松[ケイ]子
鶴引くと旅は男の子も手をつなぐ 赤松[けい]子 白毫
鶴引くやかさと壺中の母の空 小檜山繁子
鶴引くやひとこゑ雲に預けては 邊見京子
鶴引くや丹頂雲を破りつゝ 東洋城千句
鶴引くや村人のいふ定刻に 木船君枝
鶴引くや水にくまなき空の碧 大岳水一路
鶴引くを見しと妻言ふ鷺ならむ 金箱戈止夫
鶴引く日近し病み鶴落著かず 原三猿子
鶴引けり火急を告ぐるかに引けり 三田きえ子
天深し嬉し重しと鶴帰る 池田 澄子
帰る鶴雲居の声となりにけり 合田ミユキ
水の章空の章へと鶴帰る 能村研三 海神
生命綿ぐんぐん伸ばし鶴帰る 酒井鷺風
藁塚解いて撒くをはなむけ鶴帰る 赤松[けい]子 白毫
野仕事にもどる鶴守鶴帰る 井沢正江 一身
鶴帰りそこらに遊ぶ水豊か 山口青邨
鶴帰りまだ濡れている村の空 たまきみのる
鶴帰るみちの天草嶺をきざむ 皆吉爽雨 泉声
鶴帰るらし村中の落着かず 結城一雄
鶴帰る冷めたき雲を呼び集め 五所平之助
鶴帰る泪こぼしつつ帰る 糸山由紀子
鶴帰る空のにおいに子をかかぐ 対馬康子 吾亦紅

引鶴 補遺

引鶴に村人はたゞ手を振れり 高浜年尾
引鶴に不知火の海朝茜 山口青邨
引鶴のごとく雪嶺かすみけり 森澄雄
引鶴の天地を引きてゆきにけり 平井照敏
引鶴の又舞ひ戻る名残哉 正岡子規 引鶴
引鶴は無関心なり城の鯱 阿波野青畝
引鶴やいざわれのせて故郷へ 正岡子規 引鶴
引鶴やまた切れ凧をさそひ行 正岡子規 引鶴
引鶴や鶴守の翁鶴のごと 山口青邨
引鶴や鳶より上を飛んで行 正岡子規 引鶴
引鶴や白根の雲に紛れ行 正岡子規 引鶴
引鶴や白根の雪に紛れ行く 正岡子規 引鶴
引鶴や頼朝死して七百年 正岡子規 引鶴
引鶴を見て来しといふ人来り 高野素十
見えねども上昇気流鶴帰る 林翔
見送るや引鶴海に霞む迄 正岡子規 霞
鶴一羽楊州さして引きにけり 正岡子規 引鶴
鶴引きて鶸色の陽に河港あり 飯田蛇笏 白嶽
鶴引クヤ蓬莱ノ松遠霞 正岡子規 引鶴
鶴引けるあとの山河のむなしさよ 山口青邨
鶴引て行くや海より峠より 正岡子規 引鶴
鶴帰りそこらに遊ぶ水豊か 山口青邨
鶴去つて黄雀風の吹く日かな 河東碧梧桐
天の原鶴去つて残暑すみにけり 渡邊水巴 白日
白嶽をかすめさる陽に鶴引きぬ 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
疲れたるおつうも交り鶴帰る 有馬朗人 立志
簾なす若き合唱鶴帰る 橋閒石 荒栲
腋羽の汚れをまざと鶴帰る 能村登四郎




by 575fudemakase | 2017-04-30 04:36 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング