<   2017年 04月 ( 154 )   > この月の画像一覧

凍解 の俳句

凍解 の俳句

凍解

例句を挙げる。

ぬくき風凍解さそひをりにけり 高木晴子
二歳児のなぜなぜ言葉凍解ける 姉崎蕗子
凍解くる夜のせせらぎやいきいきと 瀧春一 菜園
凍解けし滝あをざめて落ちにけり 嶋田麻紀
凍解けて瀧にもどりし水こだま(常陸袋田瀧) 上村占魚 『方眼』
凍解けて芭蕉の幹のぬれそめし 竹内留村
凍解けて轍深さよ塀の際 松藤夏山 夏山句集
凍解けて鶴の臭ひの身に戻る 鷹羽狩行
凍解けの掘る根だたみ杉菜 梅林句屑 喜谷六花
凍解にほつれて咲くや蕗の花 米巒 正 月 月別句集「韻塞」
凍解のふたたび凍てて相つぐ死 加藤かけい
凍解のみちを思へば訪ひ侘びて 高浜年尾
凍解の土踏む足を踏みかへて 後藤夜半 底紅
凍解の径光りそむ行手かな 野村泊月
凍解の日の明るさの漲りぬ 稲畑汀子
凍解の水をまた練り紙漉ける 百合山羽公 寒雁
凍解やくれなゐ潰ゆる万年青の実 高橋淡路女 梶の葉
凍解や子の手をひいて父やさし 富安風生
凍解や庭石乾き薄埃 南風 水原秋櫻子
凍解や戸口にしけるさん俵 正岡子規
子等の声怒濤に負けず凍解ける 加藤知世子 花寂び
家鴨抱くや凍解の水はれ~と 飯田蛇笏 霊芝
影もつて庭木そだちぬ凍解くる 長谷川かな女 雨 月
駅頭の凍解をふみもとほりて 高田蝶衣
騒人や凍解ふみて山登り 飯田蛇笏 山廬集
ものゝ凍て解けやまずして雪を見し 零餘子句集第二 長谷川零餘子、長谷川かな編
ものゝ凍て解けやまずして雪を見し 雑草 長谷川零餘子
凍て解けて筆に汲み干す清水哉 松尾芭蕉
凍て解のはじまる土のにぎやかに 長谷川素逝
大鮪凍て解けて紅甦る 鈴木真砂女 夕螢
拓けゆく湿地帯なり凍て解くる 鈴木洋々子
灯の下に凍て解く薔薇よあゝ危し 林原耒井 蜩
あけたての障子の内外凍ゆるむ 梅島 婦美
凍てゆるむ燈にほしいまま玩貝の色 宮津昭彦
凍てゆるむ落石音や七こだま 加藤知世子
凍てゆるむ麦生畑の早桃はも 飯田蛇笏 春蘭
凍ゆるむ土手走りゆく教習車 林 康子
凍ゆるむ街デルボーの絵を運ぶ 皆吉司
日が面と向ひて湖の凍てゆるむ 檜 紀代
旧年の足跡すでに凍てゆるむ 角川源義
晩年は死後の逆算凍てゆるむ 竹中碧水史
磐石のどの深さまで凍ゆるむ 谷野予志
籾殻に卵さぐるや凍ゆるむ 田川飛旅子 花文字
鶴の棲むところと聞けば凍ゆるむ 山口青邨

凍解 補遺 

さゝ波に解けたる池の氷かな 正岡子規 凍解
まだ解けぬ氷に人の往来かな 正岡子規凍解
もの食べて始まる一日凍ゆるむ 能村登四郎
異端者に凍てゆるびみゆ天主の燭 飯田蛇笏 雪峡
家鴨抱くや凍解の水はれ~と 飯田蛇笏 霊芝
旧年の足跡すでに凍てゆるむ 角川源義
胡地に入って氷流るゝ江を見たり 正岡子規 凍解
吾待たで諏訪の大湖凍解けたり 橋本多佳子
採氷池青き澱みの凍ゆるぶ 木村蕪城 寒泉
山の井や氷解けて石落ち入れり 正岡子規 凍解
煮湯かけ石の凍解く御諏訪様 平畑静塔
人親しわきて家路の凍てゆるぶ 飯田蛇笏 雪峡
全天に雲拡がりて凍てゆるむ 右城暮石 散歩圏
騒人や凍解ふみて山登り 飯田蛇笏 山廬集
大切なことの如くに凍ゆるむ 後藤比奈夫
鶴の棲むところと聞けば凍ゆるむ 山口青邨
凍てゆるぶあたりの歓語嶽の径 飯田蛇笏 家郷の霧
凍てゆるぶ山畑の土うごくかも 飯田蛇笏 雪峡
凍てゆるみ緊り信濃は黄夕焼 福田蓼汀 秋風挽歌
凍てゆるむどの道もいま帰る人 大野林火 青水輪 昭和二十三年
凍てゆるむ麦生畑の早桃はも 飯田蛇笏 春蘭
凍どけの南下りに飛騨古ぬ 前田普羅 飛騨紬
凍解けしことあきらかに鶴の嘴 鷹羽狩行
凍解けて鶴の臭ひの身に戻る 鷹羽狩行
凍解けに丹頂鶴は加はらず 鷹羽狩行
凍解に木履はいたる女かな 正岡子規 凍解
凍解の水をまた練り紙漉ける 百合山羽公 寒雁
凍解の土踏む足を踏みかへて 後藤夜半 底紅
凍解の墓前にともる永久の燭 飯田蛇笏 白嶽
凍解の夜道をきたり君にあふ 水原秋櫻子 浮葉抄
凍解やしるくぞありける梅のもと 土芳
凍解や戸口にしけるさん俵 正岡子規 凍解
凍解や鯉の吹き出すさゝれ波 正岡子規 凍解
凍解や宗祇が髭の風さばき 正岡子規 凍解
百姓ら天主を信じ凍てゆるぶ 飯田蛇笏 雪峡
氷解けて古藻に動く小海老かな 正岡子規 凍解
氷解けて湖辺の路の往来かな 正岡子規 凍解
氷解けて江を溯る蒸汽かな 正岡子規 凍解
氷解けて初めて船を見る江かな 正岡子規 凍解
氷解けて水の流るゝ音すなり 正岡子規 凍解
氷解けて渡しに舟もなかりけり 正岡子規 凍解
氷解けて馬に水かふ胡人かな 正岡子規 凍解
氷解けて網にかゝりし仏かな 正岡子規 凍解
氷解けぬ鯉の吹き出すさゝれ波 正岡子規 凍解
立石寺絶壁のみが凍ゆるび 佐藤鬼房

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:41 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

吹越 の俳句

吹越 の俳句

吹越

例句を挙げる。

初便り吹越の中来りけり 村越化石
吹越(ふっこし)に大きな耳の兎かな 加藤秋邨 吹越
吹越に牛を焙つて食ふ山背 橘川まもる
吹越のここまでちぎれとぶものか 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
吹越のやみたる空に峡の月 高橋悦男
吹越の舞ひ来る昼のレストラン 満田玲子
吹越の雪をまとひて宿に着く 羽吹利夫
吹越やきらりきらりと日の面 加藤楸邨
吹越や一灯点る山の駅 山田節子
吹越や烏一羽を引攫ひ 相馬沙緻
吹越や虹のごとくに遠雪嶺(群馬方言風花を吹越といふ) 角川源義 『秋燕』
高熱は吹越空に見てゐたり 金箱戈止夫

吹越 補遺 

吹越や湖底より径のぼりくる 加藤秋邨
吹越や見えざる嶺々の鏘然と 加藤秋邨
吹越やきらりきらりと日の面 加藤秋邨
吹越やかの世の友の誘ひ文 林翔
吹越の下やだんだん戦になる 加藤秋邨
吹越に大きな耳の兎かな 加藤秋邨

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:38 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪間 の俳句

雪間 の俳句

雪間

例句を挙げる。

あたたかき雪間の人の肩に鳥 岸本尚毅 舜
あを~と菠薐草の雪間かな 増田手古奈
いちはやく雪間の土に紅ましこ 土屋かをる
こゑのみがして暮れかかる雪間草 岸田稚魚
しわしわと畦火のすすむ雪間かな 岸田稚魚 筍流し
たたずめば天の匂ひの雪間草 堀口星眠 営巣期
たもとほる万葉の野の雪間かな 富安風生
ふるさとは水より覚めて雪間草 檜山孝子
むめが香や石もかほ出す雪間より 千代尼
やまどりの樵を化かす雪間かな 支考 俳諧撰集「有磯海」
トラックが婆拾ひ去る雪間かな 上田五千石
マンホールあたりが生家雪間なる 松山足羽
一筋の町のさびしき雪間かな 大峯あきら
人の待ち小鳥の待つてゐし雪間 井上哲王
人間にくびるるところ雪間の温泉(ゆ) 高澤良一 宿好
信こそ見ゆれ雪間の初若菜 尾崎紅葉
信濃路は雪間を彼岸参りかな 也有
剪定の紅枝ちらばる雪間かな 荒井正隆
古庭の雪間をはしる鼬かな 正岡子規
古草のそめきぞめきや雪間谷 芝不器男
四五枚の田の展けたる雪間かな 高野素十
土竜はや通ひ路つくる雪間かな 阿波野青畝
夏野より七くさ深き雪間かな 蓼太
大山の山毛欅の雪間の大いなる 吉岡新風
太畦の真直ぐはしる雪間かな 長谷川 耕畝
太陽に覗かれてゐる雪間かな 細井路子
安倍川の走りそめたる雪間かな 望月たかし
家ぽんと置いて名寄の雪間かな 高澤良一 素抱
尼講のもどりの道の雪間かな 大峯あきら 鳥道
山毛欅描くコンテさくさく雪間どき 高澤良一 宿好
山繭の落ちては淡し雪間草 太田蓁樹
山里や雪間を急ぐ菜の青み 井上井月
山鳥の樵夫を化す雪間哉 支考
巌苔もうるほふほどの雪間かな 飯田蛇笏 山廬集
幹立ちてひろげつつある雪間かな 皆吉爽雨
庭にある雪間雪間の石つたひ 高木晴子 晴居
弔ひのざわめきのある雪間かな 山本洋子
憂き顔のひとつ浮べる雪間かな 岸田稚魚 筍流し
戸隠山(とがくし)の裏手雪間の蕗のしゅうとめ 高澤良一 燕音
手綱解く馬柵の日溜り雪間草 上原律子
故郷の雪間の道を帰り来し 羽生 大雪
春いまだ田毎の雪間/\哉 加舎白雄
暮れがての日の忍び寄る雪間草 岸田稚魚 筍流し
本堂を大きな雪間とも思ふ 田中裕明 先生から手紙
杉暗き社の雪間~かな 古白遺稿 藤野古白
束の間の日も錆いろや雪間川 皆川白陀
松風に松葉ばかりの雪間かな 小川軽舟
林*けいのはやき雪間やつぐみ罠 飯田蛇笏
栃の実のひと笊さらし雪間水 下田稔
棚田より出来はじめたる雪間かな 高野素十
武蔵野の雪間に青き東風菜哉 冬菜
淡海といふ大いなる雪間あり 長谷川櫂
湖につき出せる田の雪間かな 大峯あきら 鳥道
湖に風の吹きゐる雪間かな 倉田 紘文
湖のほとりの雪間ひろびろと 高野素十
灯ともして命寄り合ふ雪間かな 中川宋淵 詩龕
生きてゐる木々の根方に雪間あり 稲畑汀子
畑隅の雪間の桐のつくねんと 高澤良一 燕音
畝かげを鶫のあるく雪間かな 石原舟月 山鵲
目に見えて広ごり育つ雪間草 鮫島交魚子
盲導鈴鳥の鳴きごゑ雪間殖ゆ 荒井正隆
真実はかならずひとつ雪間草 長田等
祭来る雪間ひろげて山の神 水口郁子
紫と雪間の土を見ることも 高濱虚子
緩急の山の日差しに雪間草 高澤良一 燕音
脱捨て笠は雪間ぞわかなつみ 麦水
膝折りて雪間のものを拾はんと 岸本尚毅 舜
良辨の生れし村の雪間かな 大峯あきら 鳥道
芳しや雪間をわけて蕗の薹 青峰集 島田青峰
苗椿咲きほのめける雪間かな 西島麦南 人音
茂吉忌や雪間を拡げ最上川 児玉代三
草茎をつゝむ葉もなき雪間哉 榎本其角
萌え出でて雪間~の髢草 片岡奈王
藁塚すこしほどいてありし雪間かな 後藤夜半
藁打つや雪間の土に膝ついて 木村蕪城 一位
虚子塔へ峰の雪間を拾ひつつ 川端初子
蝦夷鹿の集まつて来る雪間草 木暮陶句郎
負うてきしもの投げだせる雪間かな 田中裕明 櫻姫譚
越の子に唄が湧き出づ雪間萌 加藤知世子 黄 炎
辻待の俥置いたる雪間かな 尾崎紅葉
野の地蔵雪間の土を見てござる 村越化石
錦鯉雪間の錦なせりけり 阿波野青畝
鍛ちたての鍬むらさきに雪間殖ゆ 荒井正隆
長靴につくづく倦みぬ雪間草 福永耕二
関ヶ原雪間のいよよ大いなる 小澤實
関過ぎて雪間の粗くなりきたる 阿波野青畝
雀跳び鴉歩めり雪間殖ゆ 川村紫陽
雄鶏の蹴爪鋭き雪間かな 藤木倶子
雉子立てりきらきらきらと一雪間 大野林火
雑炊の色も雪間の薺かな 几董
雪の上に雪間に木々の影ながれ 皆吉爽雨 泉声
雪消える方へ傾き雪間草 後藤比奈夫 花匂ひ
雪間なく来るべし馬柵に岳鴉 福田蓼汀 山火
雪間なる雪の中なる野水仙 八木林之介 青霞集
雪間の碑日野大神とありにけり 上野泰 佐介
雪間まだ朝な朝なを氷りゐし 佐藤宣子
雪間より一筋奔る水の音 小松世史子
雪間より罪現はるる懼れもつ 田川飛旅子 『薄荷』
雪間より薄紫の芽独活哉 松尾芭蕉
雪間より雪間へ風を路傍仏 村越化石
雪間歩む女教師よ婚期過ぐ 戸川稲村
雪間萌えでてはんこたんなの面陽炎ふ 森 澄雄
風荒ぶ八ヶ岳に恥じらふ雪間草 遠藤千代
馬立てし練兵場の雪間かな 小栗風葉
鯨煮る雪間の根深引き抜かれ 小林康治 玄霜
鳴き通る雪間雪の上猫の恋 皆吉爽雨 泉声
鴨提て雪間出で来し丹波人 松瀬青々
黒といふ色の明るき雪間土 高嶋遊々子
昂然とおのれ消えゆく雪のひま 佐藤鬼房 朝の日
夕影の甘酸つぱくて雪のひま 岡本眸
暮れがての雀ちらばる雪のひま 岸田稚魚

雪間 補遺 

おのれさらぼふとも雪間には翁草 佐藤鬼房
おほぞらに面て映りし雪間草 岡井省二 前後
しわしわと畦火のすすむ雪間かな 岸田稚魚
たもとほる万葉の野の雪間かな 富安風生
ちはやぶる神の運筆雪間川 林翔
トラツクが婆拾ひ去る雪間かな 上田五千石 森林
まぐはひの石神となす雪間かな 阿波野青畝
もぐらはや通ひ路つくる雪間かな 阿波野青畝
もぐらもち雪間を可惜うがちたり 阿波野青畝
ゆんづるの音とききたる雪間かな 雨滴集 星野麥丘人
ゑんどうと覚しきものも雪間かなへ 山口青邨
雲雀か否かレバノン山の雪間より 鷹羽狩行
温泉煙に濡れて雪間の蓬草 富安風生
関過ぎて雪間の粗くなりきたる 阿波野青畝
巌苔もうるほふほどの雪間かな 飯田蛇笏 山廬集
顔を摶つ雨暗けれど雪間草 岸田稚魚 負け犬
休刊の一誌ありけり雪間草 飯田龍太
牛が第一殖ゆる仔牛に雪間殖ゆ 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
錦鯉雪間に錦つくりけり 阿波野青畝
駒駆けし跡あきらかに雪間草 鷹羽狩行
栗鼠走り日あたる雪間恋ひにけり 阿波野青畝
鶏舎(とや)のおどろき静まりつあり雪間芹 能村登四郎
鯨煮る雪間の根深引き抜かれ 小林康治 玄霜
激湍の波の穂立ちや雪間草 佐藤鬼房
古庭の雪間をはしる鼬かな 正岡子規 雪
湖につづくと思ふ雪間かな 高野素十
湖のほとりの雪間ひろびろと 高野素十
昂然とおのれ消えゆく雪のひま 佐藤鬼房
山妻は雪間の蕪を得て帰る 山口青邨
山房の雪間焚火の夕べかな 上田五千石 琥珀
山脈を日々に遠ざけ雪間草 鷹羽狩行
四五枚の田の展けたる雪間かな 高野素十
水仙の三連星を雪間草 山口青邨
雀らのこゑ降らしをる雪間かな 森澄雄
生きてゐる大樹の根方より雪間 稲畑汀子
雪のひま病身暗しひるがへす 岸田稚魚 負け犬
雪間なく来るべし馬柵に岳鴉 福田蓼汀 山火
雪間には猫の目草のこがねいろ 飴山實 句集外
雪間の碑日野大神とありにけり 上野泰 佐介
雪間まだ出来しばかりと見て立てる 高野素十
雪間より谷川岳のひびきけり 阿波野青畝
雪間生ふ芹とて苦味はしりけり 能村登四郎
雪間草福祉は貧のことならめ 寒食 星野麥丘人
雪消える方へ傾き雪間草 後藤比奈夫
雪嶺や榛のさびしき雪間萌え 森澄雄
多賀城の跡の雪間の青き踏む 鷹羽狩行
太陽へ雪間それぞれ声をあぐ 鷹羽狩行
棚田より出来はじめたる雪間かな 高野素十
鱈の目の小使ありき雪間の草 橋閒石 卯
田翁の鍬が啄む雪間かな 上田五千石 天路
湯どころの臭き草津を雪間かな 阿波野青畝
猫すでに恋のこゑして雪のひま 森澄雄
苗椿咲きほのめける雪間かな 西島麦南 人音
風邪のあとすこし呆けし雪間かな 能村登四郎
暮れがての雀ちらばる雪のひま 岸田稚魚 雁渡し
暮れがての日の忍び寄る雪間草 岸田稚魚 筍流し
憂き顔のひとつ浮べる雪間かな 岸田稚魚 筍流し
夕影の甘酸つぱくて雪のひま 岡本眸
林*けいのはやき雪間やつぐみ罠 飯田蛇笏 心像
林?のはやき雪間やつぐみ罠 飯田蛇笏 春蘭
瑠璃と紺淵異にせし雪間かな 阿波野青畝
藁打つや雪間の土に膝ついて 木村蕪城 一位
巖苔もうるほふほどの雪間かな 飯田蛇笏 霊芝
甌穴の張りてさざめく雪間かな 阿波野青畝
穽めきしを見たる雪間かな 阿波野青畝
雉子立てりきらきらきらと一雪間 大野林火 白幡南町 昭和三十三年

雪間 続補遺 

かぞへ日を雪間の霜のひかりかな 加舎白雄
しら雪のひまよりゆきの降日哉 完来
はこべらに霜の降たる雪間哉 桜井梅室
むめがゝや石もかほ出す雪間より 千代尼
芹摘や雪間ほりゆく峰の下駄 野坡
駒寐よと芝に見せたる雪間哉 挙白
山鳥の樵夫を化す雪間哉 支考
山鳥も雪間に出るや若菜摘 風国
七色に若菜つみ出す雪間哉 土芳
七草の次の雪間を*嫁菜かな 吾仲
七草やちよつと雪間の音羽山 吾仲
若菜摘しあとや雪間の七所 中川乙由
弱法師雪間に下駄をぬがしけり 東皐
春いまだ田毎の雪間~かな 加舎白雄
春の日の威光をみする雪間哉 松江重頼
信心の跡見せて行雪間かな 中川乙由
酔ふた手で若菜つむべき雪間哉 万子
杉起て畠を見する雪間哉 其角
雪間より鮨の竹の子生出けり 凉菟
先嬉し蓼の二葉も雪のひま 凉菟
草茎をつゝむ葉もなき雪間哉 其角
段々に塔の雪間の雫かな 乙訓
二三間雲雀あがれる雪間哉 長虹
馬の尾をむすび揚たる雪間哉 加藤曉台
沸釜や雪間の草に臂まくら 芙雀
旅人のきせるなるらん雪間より 馬場存義

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:34 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

残雪 の俳句

残雪 の俳句

残雪

例句を挙げる。

隈笹に残る雪見て最北端 高澤良一 素抱
いつまでや嶺の残雪の映り沼 尾崎迷堂 孤輪
かりかりと残雪を喰み橇をひく 飯田蛇笏
ざらめ残雪一子のみある尻蒸かす 磯貝碧蹄館 握手
ざらめ残雪力に至らぬ鴉の声 磯貝碧蹄館 握手
ざらめ残雪喇叭吹かずば若き日来ず 磯貝碧蹄館 握手
ななかまど咲き残雪は石となる 松村蒼石 雪
一握の残雪其の上の恋 秋元不死男
万緑の中残雪の主峰峙つ 伊東宏晃
九頭龍の谷残雪も多頭龍 山口誓子 不動
二階のない中学よ残雪よ 梅林句屑 喜谷六花
仁母は金残雪に歩み入り 古舘曹人 能登の蛙
伊吹嶽残雪天に離れ去る 山口誓子 激浪
伊吹残雪旧き駅舎の釣ランプ 鍵和田[ゆう]子
何をして何を思ふも山残雪 細見綾子 花寂び
再会す残雪浅間近立つに 相馬遷子 山河
合掌の棟の残雪弾け落つ 伊藤紫都子
吾を恃む道百年の残雪に 古舘曹人 能登の蛙
噴煙は静か残雪日々うすく 高濱年尾 年尾句集
夕されば残雪浮かびきたるかな 黒川悦子
天城嶺の残雪斧のかたちなす 沢木欣一 往還以後
宝剣岳(ほうけん)の剣もどきの残雪光 高澤良一 鳩信
尺余なる残雪や火を焚かまほし 栗生純夫 科野路
屋根屋根の残雪若き三日かな 林原耒井 蜩
山の北残雪のある天気かな 上村占魚 鮎
山襞の残雪を見て飛騨の面 萩原麦草 麦嵐
峠踏みもこれきりの残雪となりぬ 乙字俳句集 大須賀乙字、岩谷山梔子編
嶺の残雪ぢりぢりと青空が押す 松村蒼石 雁
嶺の残雪雨ひと夜霧ひと日へぬ 松村蒼石 雁
後家の田へ崖の残雪ずり墜ちる 品川鈴子
文学のもろさ研ぎ耀る残雪山 小松崎爽青
日と日陰残雪は斧ふりかざし すずきりつこ
木影ばかりの残雪となり蝶の飛ぶ 乙字俳句集 大須賀乙字
杉の中残雪は陽をおそれけり 小檜山繁子
残雪が石の重さのうこぎ山 和知喜八 同齢
残雪といふといへども深かりし 成嶋瓢雨
残雪と越後訛りが耳元で 高澤良一 燕音
残雪にとどきしばらく夕日澄む 岡田日郎
残雪にまぢかき林薪つめる 川島彷徨子 榛の木
残雪に並ぶ芽のあり子のごとく 金箱戈止夫
残雪に兔のみちと鳥のみち 穴井 研石
残雪に古葉散る音一夜きく 松村蒼石 雪
残雪に咳ひとつして歩き出す 櫻井博道
残雪に少年が打つ斧こだま 中村里子
残雪に挽きこぼしたる木屑かな 芝不器男
残雪に月がさしゐぬ庵の屋根 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
残雪に月光の来る貧乏かな 小川双々子
残雪に朝朝雪の少しづつ 高野素十
残雪に杉風くらく炊ぎけり 金尾梅の門 古志の歌
残雪に棒二三本峠神 原田喬
残雪に母は足跡残し逝く 今瀬剛一
残雪に目覚む山肌かく近く 林原耒井 蜩
残雪に翅ひゞかせつ山の蝶 篠田悌二郎
残雪に赤松は幹赭く赭く 高澤良一 鳩信
残雪に足跡はみな子供のもの 川崎展宏
残雪に隅々見せて硫黄小屋 河野南畦 湖の森
残雪に風添ふ日々となりにけり 相馬遷子 山国
残雪のいたゞきによく雨の降る 長谷川かな女 雨 月
残雪のけぶりて睡し宵の口 堀口星眠 営巣期
残雪のてのひらほどや天城嶺に 細見綾子 天然の風
残雪のぬれぼとけみえ人出みえ 久保田万太郎 草の丈
残雪のわが来し尾根を星が埋め 岡田日郎
残雪の一つ一つを縫い閉じむ 対馬康子 吾亦紅
残雪の丹波よ独活を食めば見ゆ 飴山實 辛酉小雪
残雪の人の如くに横たはり 上野泰 春潮
残雪の余呉訪ふ薬行商と 羽部洞然
残雪の吾妻連峰桑ほどく 鈴鹿野風呂 浜木綿
残雪の土に傾きとまるバス 新谷氷照
残雪の富士に残照引く裾野 稲畑汀子
残雪の尾根星ぞらの若々し 千代田葛彦 旅人木
残雪の山々の中蕗採りぬ 石橋辰之助 山暦
残雪の山ひだ考へのごと深し 細見綾子 花 季
残雪の山へ空砲村祭 羽部洞然
残雪の山みな甲斐の面構へ 三嶋隆英
残雪の山をそびらにホテルの灯 林原耒井 蜩
残雪の山塞ぐ温泉村淡き灯を 内藤吐天
残雪の岬や馬に秣蒔く 庭田健一
残雪の岳のどこより夜の川 堀口星眠 樹の雫
残雪の嶺に向き背き耕車駆る 吉良比呂武
残雪の嶺のひとつが屹立す 杉良介
残雪の嶺ひき寄せて河童橋 山田 信夫
残雪の嶺をいただきお花畑 福原ふじこ
残雪の底ゆく水を汲みにけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
残雪の引っ掻き傷めく羅臼岳 高澤良一 燕音
残雪の暗より楮蒸す匂ひ 田中幹青
残雪の月黄なる夜を失せにけり 水原秋桜子
残雪の杉は頭上に暮れゐたり 桜井博道 海上
残雪の櫛目乱さず裏浅間 倉科紫光
残雪の汚れなきより融けはじむ 浅井周策
残雪の消ゆる日にこそ癒え給ヘ 瀧澤伊代次
残雪の田に営巣の声乱れ 飯田龍太
残雪の硬きを踏めば去り難し 山口誓子
残雪の秩父見ゆ妻へ投函す 榎本冬一郎 眼光
残雪の篠刈りなやむ道づくり 瀧春一 菜園
残雪の緊りかげんを歩きけり 黒米満男
残雪の蒼むも日蓮入滅地 池上樵人
残雪の連峰しずかに沖さがす 対馬康子 愛国
残雪の風おろしくる梅雨大樹 石橋辰之助 山暦
残雪は山に前衛の文字を書く 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
残雪へ灯の輪をあてて橋さがす 田川飛旅子
残雪へ絵硝子を見しあとの飢ゑ 田川飛旅子
残雪も夜空にしろし梨の花 水原秋桜子
残雪や「くれなゐの茂吉」逝きしけはひ 中村草田男(1901-83)
残雪やいく日凍てたる碑のほとり 古沢太穂 古沢太穂句集
残雪やからたちを透く人の庭 室生犀星 魚眠洞發句集
残雪やからつぽの電車江の島へ 碧雲居句集 大谷碧雲居
残雪やごうごうと吹く松の風 村上鬼城(1865-1938)
残雪やつぶての如く鳥の影 相馬遷子
残雪やひきよせてよむ杜少陵(とせうりょう) 加藤秋邨 火の記憶
残雪やアウシユヴィッツの門に立つ 渡部蜩硯
残雪やアリバイ既に崩されて 柴田奈美
残雪や中仙道の茶屋に谷 飯田蛇笏 山廬集
残雪や久しかりける消えて後チ 尾崎迷堂 孤輪
残雪や北欧に買ふ銀の匙 吉野義子
残雪や又来馴れたる三十三才 碧雲居句集 大谷碧雲居
残雪や合掌民家に蚕臭消ゆ 岡部六弥太
残雪や名のない山の美しう 寺田寅彦
残雪や固く閉ざされ火薬小屋 加藤知世子 花 季
残雪や墓をめぐつて龍の髯 芥川龍之介 我鬼窟句抄
残雪や夜の湖底の輝き出す 加藤知世子 黄 炎
残雪や如意輪堂の縁の下 竹冷句鈔 角田竹冷
残雪や小笹にまじる龍の髯(先考の墓に詣づ、八年) 芥川龍之介 我鬼句抄
残雪や山に現ずる鬼の面 矢野哥遇
残雪や故郷を離るる薬売 青柳志解樹
残雪や日ねもす山の影去らず 柑子句集 籾山柑子
残雪や次の汽車まで駅ねむる 角光雄
残雪や池面はなるる雲の脚 河野南畦 湖の森
残雪や河口に出づる北きつね 服部鹿頭矢
残雪や泳ぐほっけや沖天に 上林 裕
残雪や溶くるごとくに榾が燃え 中拓夫 愛鷹
残雪や濃い牛乳は噛んで飲む 勝海信子
残雪や牛の背骨のあらはにて 中拓夫 愛鷹
残雪や狩くら神の泉鳴る(御射山) 角川源義 『冬の虹』
残雪や破れしままの古堤 皆川白陀
残雪や祝はれて愧づ古稀の貌 青木重行
残雪や老杉雷に焼けて立つ 野村親二
残雪や谺鳴きして山の禽 小林康治 玄霜
残雪や貝殻に波這ひかゝり 松瀬青々
残雪や赤き実による日ぐれ鳥 石鼎
残雪や雲に消えゆく伊賀の道 楸邨
残雪や風に応へて山毛欅林 岸田稚魚 筍流し
残雪や飛騨番匠は庫たつる 前田普羅 飛騨紬
残雪や鯉おのづから寄り添ひて 佐々木千代恵
残雪や黒き仔牛に黒き母 矢島渚男
残雪や黒人穴を掘り続く 対馬康子 純情
残雪をねかしたるまま耕さず 茨木和生 木の國
残雪を刎ね篁の陶土掘る 西本一都 景色
残雪を噛んで草つむ山の子よ 飯田蛇笏 山廬集
残雪を弾き出でたる熊笹ぞ 小澤實
残雪を影絵のごとく雉子棲めり 松村蒼石 雪
残雪を掴み羽摶つは鷹ならむ 水原秋桜子
残雪を日ざしが通り過ぎにけり 清崎敏郎
残雪を穿つあまたの野兎の糞 福永耕二
残雪を踏まへて人ややがて去りぬ 高濱年尾 年尾句集
残雪を踏んで薬屋廻り来し 青峰集 島田青峰
残雪光天より享けて朴ひらく 岡田貞峰
残雪光茂吉思へば目がいたし 加藤知世子 花寂び
残雪光袋に透いて菓子の影 草田男
残雪平野馬首をかえせば酸味の河 安西 篤
水影に残雪の青定まりぬ 対馬康子 吾亦紅
汚れなき残雪を踏み泉源に 吉波泡生
消ゆるより汚るる早さ残雪に 稲畑汀子 春光
湯ざめせり残雪は土より凹む 千代田葛彦 旅人木
瀧みだれ大残雪にひゞき落つ 水原秋櫻子
片よせし残雪庭に宗易忌 浦野芳南
片畝の残雪の道別るべし 古沢太穂 古沢太穂句集
男よりをんな生まれて春残雪 平井照敏 天上大風
町木はヤチダモ残雪うち敷きて 高澤良一 素抱
病床を一残雪として臥せる 齋藤玄 『雁道』
碑の腰を包む残雪三汀忌 楠本憲吉
禽罠に残雪を見る温泉の丘 飯田蛇笏 椿花集
綾つくる蚊の寄りて残雪の夕 安斎櫻[カイ]子
縁談や五月残雪ある他郷 及川貞 榧の實
裏山に日が落ち残雪あらあらし 桜井博道 海上
裏山の残雪になほ兎罠 高濱年尾 年尾句集
越ケ谷の残雪にをり蕎麦を喰ふ 澄雄
足袋底に滲む残雪橡芽吹く 松村蒼石 雁
連峰残雪いまだほどかぬしつけ糸 対馬康子 吾亦紅
道北の残雪退いて里青む 高澤良一 素抱
雀交る残雪の岳その上に 野澤節子 黄 炎
音立てゝ残雪に夜雨来りけり 高木晴子 花 季
馬が嗅ぐ残雪工場に文化滅ぶ 田川飛旅子 花文字
馬覚めをりまだ残雪の葱の畝 中拓夫 愛鷹
齢惜しむ残雪の嶺輝けば 大野岳翠
うつし世のうつゝに残る雪古りぬ 林原耒井 蜩
けもの臥すごとくに汚れて残る雪 大橋櫻坡子
この窓や谷川岳に残る雪 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
とけ残る雪に煤水にじみけり 龍胆 長谷川かな女
われ鉢並ぶ庭三尺にして残る雪 寺田寅彦
傷のごと山の額に残る雪 松本たかし
北山やしざりしざりて残る雪 太祗
同じ向きばかりの屋根に残る雪 和山たもつ
噴煙の雌阿寒にして残る雪 高濱年尾 年尾句集
囀りに鳥は出はてゝ残る雪 北枝
妻亡しの裏口残る雪厚し 石原舟月
家遠き大竹はらや残る雪 炭 太祇 太祇句選
屈辱のかたまりとなり残る雪 遠藤若狭男
忌明の庭にしたしむ残る雪 滝井孝作 浮寝鳥
悲しみの根や三越(みこし)路に残る雪 内藤丈草
愛らしく両手の迹の残る雪 一茶
愛別といふ邑過ぎぬ残る雪 富安風生
敷砂や玄関脇に残る雪 寺田寅彦
晩年の眼は遠澄みて残る雪 林翔 和紙
木の瘤となりきる木菟に残る雪 栗生純夫 科野路
木枕の垢や伊吹に残る雪 内藤丈草(1662-1704)
枕木の駅に到りて残る雪 下村槐太 天涯
林に雪田に雪村に残る雪 高澤良一 寒暑
梅慕ひて入りたつ山や残る雪 渡辺式子丸
残る雪いつの雪かと尋ねられ 高澤晶子 純愛
残る雪に伽藍見えけり東山 四明句集全 中川四明
残る雪実に生家の庭の内 滝井孝作 浮寝鳥
残る雪山路の果の雲路かな 二村典子
残る雪月黄なる夜を失せにけり 水原秋櫻子
残る雪枯草よりも沈みゐる 横光利一
残る雪比良の谷々おぼえけり 水田正秀
残る雪点在音威子府村(おといねっぷむら) 高澤良一 素抱
残る雪踏んて来にけり草の友 枯檜庵句集 大曲駒村
残る雪馬酔木のかげに退きぬ 富安風生
残る雪鴉の乗りて越後の田 宮津昭彦
残る雪鶴郊外に下りて居り 河東碧梧桐
比良峰々真白尚あり残る雪 田中田士英
水上へ浪のぼるかや残る雪 佐野良太 樫
永平寺いつまで残る雪ならむ 大橋越央子
泪壺とは葉牡丹に残る雪 林 翔
涅槃西風枯芦の根の残る雪 大谷句佛 我は我
消え残る雪禅寺の不立文字 右城暮石
熊の穴見に行く人や残る雪 赤田千久佐
狼穽のあと腥し残る雪 小原十峰
田一枚一枚づつに残る雪 高浜虚子
藪かげや足軽町の残る雪 凡兆
藪の中の一町つづき残る雪 室生犀星 魚眠洞發句集
藪蔭や一路斜に残る雪 巌谷小波
蜜蜂の栖箱々々に残る雪 大谷句佛 我は我
遠山に残る雪あり牡丹園 佐藤 亜矢子
鳥騒ぐ市中遠く残る雪 几董
あたゝかき昼岳上に雪残る 山口誓子
うねうねとしらじらと雪残りたる 行方克巳
みづうみを見てきて肩に雪残る 中拓夫 愛鷹
一枚の餅の如くに雪残る 茅舎
万年雪残して富士の夕立かな 中島月笠 月笠句集
上州の貌の畝間に雪残る 村越化石
世に出むと一逡巡の雪残る 小林康治
二十日夜の雪残りたる竹籬 浦田一代
傷つきし片羽の如く雪残る 金箱戈止夫
兵舎のあと枯草圧して雪残る 桜井博道 海上
千枚田千の形に雪残る 相馬沙緻
君逝きて風の浅草雪残る 石原八束 空の渚
散る藤や真近嶺にさへ雪残り 及川貞 榧の實
旅は哀し葡萄畠に雪残り 有働亨 汐路
早池峯や田の三枚に雪残る 春樹
松葉見え来て鞠の如き雪残りけり 高濱年尾 年尾句集
枯芝に最も広く雪残る 高浜年尾
橙の下踏まれずに雪残る 大野林火
武蔵野を囲む山々雪残る 正岡子規
母が家や顔映ゆるまで雪残り 岸田稚魚 筍流し
田螺田にまだ雪残る奥越後 金山 有紘
神杉の太根を頼み雪残る 林 翔
竜の髯根もとに春の雪残す 石川桂郎 四温
笹山の北側に雪残りけり 今井杏太郎
花なくば石蕗も下草雪残る 下田稔
茶の木畠あればどこかに雪残る 加倉井秋を
荒磯やなほ雪残る岩一つ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
蒼きかげ射して一朶の雪残る 右城暮石 上下
藪の中魂抜けて雪残りけり 大串章
誓子忌の伊吹になほも雪残る 塩川雄三
谷川の高鳴る岩に雪残る 上村占魚 球磨
雪残す微笑水音遠く垂れ 松澤昭 父ら
雪残りつつ水ぬるむ城下町 杞陽
雪残るセコイアの幹愛刻む 仙田洋子 雲は王冠
雪残る七面山に六里とか 成瀬正とし 星月夜
雪残る出羽三山や雛の市 上田 芳子
雪残る夕日や父にちかく坐す 野澤節子 黄 瀬
雪残る山なだら山葵根分けをり 冬の土宮林菫哉
雪残る山路の高さありにけり 稲畑汀子 春光
雪残る嶺なだらかに白夜なる 有働亨 汐路
雪残る武満徹逝きてなほ 佐藤憲夫
雪残る比良や雪雀の高あかり 四明句集 中川四明、粟津水棹・名和三幹竹共編
雪残る汚れ汚れて石のごと 松本たかし
雪残る田に風湧くや人見えて 桜井博道 海上
雪残る頂き一つ国境 正岡子規(1867-1903)
雪残る頂一つ国境 子規句集 虚子・碧梧桐選
頑なに雪残るあり暮れの鐘 永井龍男
頬白や大磐石に雪残り 有働亨 汐路
鷲ゆける樹海は粗く雪残り 岡田貞峰
ささ鳴きや蔭雪の消ゆるに遭ひし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
水臭き陰雪北の方昏し 西村公鳳
蔭雪に足すべらせて友の葬 八牧美喜子
蔭雪の十日かみつく団地裏 高井北杜
蔭雪やつねにも冷えて耳朶二つ 野澤節子 黄 炎
蔭雪日ぐれ英字働く服の背に 古沢太穂 古沢太穂句集
陰雪がゾクッと端山に近き畑 高澤良一 素抱
陰雪に世帯の塵をはばからず 行方克巳
陰雪に蹴り喰はせてやるせなく 行方克巳
陰雪のざらつく屋台灯りけり 行方克巳
陰雪の気のかよひくる昼睡し 野澤節子 『駿河蘭』
陰雪の汚れなかりし異人墓地 西村和子 窓
陰雪や四五歩は父に似て追へり 松山足羽
陰雪をあぶなあぶなに踏みもして 行方克巳
陰雪を掻くこともなく踏み固め 行方克巳
しろうまの嶺の雪形遊びかな 富沢みどり
メーデー歌雪形の出る岳の街 北沢 昇
田を鋤くに雪形仔馬も歩み来よ 野澤節子 遠い橋
親仔の馬あそぶ雪形遠白馬岳 秋山朔太郎
豪快に晴れ雪形に蝶のあり 瀧澤宏司
雪形の代馬夜毎沢下る 松田ひろむ
雪形の睫が動く五円玉 姉崎蕗子
雪形の種撒き爺や鎌を研ぐ 堀越鈴子
雪形の駒かけのぼる駒ケ岳 井口幸朗
ほりかけの臼に残るや去年の雪 沖の家
卓上のすみれ車窓に去年の雪 永井龍男
去年の雪まゆみの赤き実にのれり 飴山實 『花浴び』
去年の雪明るく消えぬ梅の花 横光利一
呼び声あり但し今のは去年の雪 調鶴 選集「板東太郎」
寒駅の四囲の洩れ灯に去年の雪 永井龍男
淡雪の降りすがりけり去年の雪 蓼太
膝をつきをりしは去年の雪ならむ 齋藤玄 『無畔』
葉牡丹に少し残れり去年の雪 松浜

残雪 補遺 

あたゝかき昼岳上に雪残る 山口誓子
あはあはと西日さしたり残る雪 日野草城
あれなるか越の山々のこる雪 正岡子規 残雪
いたゞきやわつか許りを残る雪 正岡子規 残雪
いちにちの恥を加へて残る雪 鷹羽狩行
いつぞやも残雪今宵また残る 山口誓子
うしろ小暗い残雪の森糸繰る母 佐藤鬼房
おぼろにて残雪殊に前白根 水原秋櫻子 玄魚
こびりつき雪の残れる枯木かな 清崎敏郎
しどみはまだ小波の如雪残り 石田波郷
とある峰に残る雪まことにすこしお祭が来る 中川一碧樓
ななかまど咲き残雪は石となる 松村蒼石 雪
ぶな林の残雪のごとわれ眠る 金子兜太
まろまろと雪の残れる敷松葉 富安風生
みちばたに名は何といふ残雪か 平畑静塔
みほとけの前ふくいくと残る雪 大野林火 月魄集 昭和五十六年
み社の高きにありて雪残る 鷹羽狩行
をととひの雪の残りし狭庭かな 桂信子 花影
愛鷹の残雪の残天に消ゆ 上田五千石『森林』補遺
愛別といふ邑過ぎぬ残る雪 富安風生
伊吹山眉間に縦の雪残る 山口誓子
伊吹山峰の残雪残の残 山口誓子
伊吹残雪日本の煖を知る 山口誓子
伊吹嶽残雪天に離れ去る 山口誓子
一握の残雪芝の上の恋 秋元不死男
一角に雪の残りし棚田かな 高野素十
一布衣に一籠枕一残雪 後藤比奈夫
一枚の餅のごとくに雪残る 川端茅舎
因幡路の残雪道をせばめけり 松崎鉄之介
隠沼のなほ雪残す水芭蕉 山口青邨
雲がいちにち残雪の上を過ぐ 廣瀬直人
円山の灯ともし頃や残る雪 日野草城
縁談や五月残雪ある他郷 及川貞 夕焼
汚れ果て嘘の如くに雪残る 右城暮石 句集外 昭和三十八年
何をして何を思ふも山残雪 細見綾子
家一つあれば解け残る雪が雫せり 荻原井泉水
火の国橋渡り火の山雪残る 角川源義
火を焚いて未だ雪残す川向ふ 能村登四郎
花供ふわが影は濃く残る雪 山口青邨
蛙田や残雪うつす笠ケ店 水原秋櫻子 緑雲
葛飾に藁屋のこれり残雪も 松崎鉄之介
乾きし唇舐めつつ来たり残る雪 岸田稚魚 負け犬
閑古鳥はるか鋼の雪残る 飯田龍太
関ケ原雪残る地の限られて 山口誓子
岸草に残る雪あり一つづり 松本たかし
眼を凝らす残雪なりや残雪なり 山口誓子
奇峭に残雪風も日影の黄の裾路 中村草田男
牛の瞳に尾根の残雪かがやく日 村山故郷
峡木の根に残雪の凝りて透く 上田五千石『森林』補遺
橋杭に残れる雪を風流と 後藤比奈夫
玉垣といふものもなく雪残る 高野素十
禽罠に残雪を見る温泉の丘 飯田蛇笏
九頭龍の谷残雪も多頭龍 山口誓子
九頭龍へ山の残雪直下降 山口誓子
月山の襞に残れる雪の意味 山口誓子
見つゝ来しごとく残雪峰に寄る 山口誓子
古萱に雪の円座の残り居り 川端茅舎
枯萱にのる残雪も乾きゝり 清崎敏郎
五月残雪護摩の火をまぼろしに 佐藤鬼房
吾を恃む道百年の残雪に 古舘曹人 能登の蛙
工場裏に残りし雪を今日も愛す 西東三鬼
甲斐駒の残雪桃の畑より(山梨) 細見綾子
紅梅の下いつまでも雪残る(鎌倉四句) 鷹羽狩行
高嶺には必らず雪の残りたり 山口誓子
高嶽に残雪お雪畑なす 山口誓子
今生に仰ぐ高千穂雪残る 林翔
再会す残雪浅間近立つに 相馬遷子 山河
坂下より夏も残雪飯豊山 森澄雄
昨日の雪残る駱駝に日があたり 山口青邨
三月や真竹の下に残る雪 渡邊白泉
山かげ残雪の家鶏もゐる 尾崎放哉 須磨寺時代
山の北残雪のある天気かな 上村占魚 鮎
山の名は白七月も雪残る 山口誓子
山骨に仏の恩の雪残る 上田五千石 風景
山頂の有るべき場処に雪残る 山口誓子
山刀伐の残雪握り子にわたす 岡井省二 前後
山刀伐峠の残雪に乗り若い母子 佐藤鬼房
山脈の起伏のままに雪残る 山口誓子
散る藤や真近嶺にさへ雪残り 及川貞 夕焼
残る雪うす汚れして日和かな 日野草城
残る雪にて五合目に白線引く 山口誓子
残る雪ふたとこみとこ踏みて訪ふ 山口青邨
残る雪ラジオの楽のみな消ゆる 山口誓子
残る雪故郷の人に逢はで去る 橋閒石
残る雪擦つて停まりぬ郵便車 鷹羽狩行
残る雪鶴郊外に下りて居り 河東碧梧桐
残る雪鉄路両側のみ無傷 右城暮石 句集外 昭和四十一年
残る雪夕めき聞くは嘆事(かごと)のみ 大野林火 青水輪 昭和二十五年
残る雪厠へ起きるたび細る 大野林火 冬雁 昭和二十二年
残雪、母の墓参りには妻が行くと言う 荻原井泉水
残雪が芽ぶく林間うづめたる 篠原梵 年々去来の花 中空
残雪が寄り合ふ谷の寄合に 山口誓子
残雪が少し二丈の雪の残 山口誓子
残雪が立つ万尺の高さなる 山口誓子
残雪となり白樺の白まさる 鷹羽狩行
残雪とまがふ塩花窯休メ 飴山實
残雪にガードレールの蛇行沿ふ 上田五千石『風景』補遺
残雪にごう~と吹く風一ト日 星野立子
残雪にこぼるゝ杉の枯葉かな 日野草城
残雪によごれし馬の貌垂るる 橋閒石
残雪に一歩を印す女靴 鈴木真砂女 紫木蓮
残雪に雨こそそそげ蕭々と 加藤秋邨
残雪に雨さうさうと機影なし 加藤秋邨
残雪に影十本の木賊かな 藤田湘子 神楽
残雪に煙草火を刺し男去る 飯島晴子
残雪に花火のこだまかへり来る 廣瀬直人
残雪ニ鶏白キ余寒カナ 正岡子規 残雪
残雪に古葉散る音一夜きく 松村蒼石 雪
残雪に子らのこだまの消えしまま 飯田龍太
残雪に手を拭ひけり与謝峠 加藤秋邨
残雪に人の気はひや廟青扉 日野草城
残雪に雪ふる 尾崎放哉 小豆島時代
残雪に朝朝雪の少しづつ 高野素十
残雪に風添ふ日々となりにけり 相馬遷子 山国
残雪に北斗のふれんばかりなる 加藤秋邨
残雪に木櫛拾うて風邪気なり 橋閒石
残雪のあの渓を知る南部富士 山口青邨
残雪のきらりと厨子の阿弥陀像 廣瀬直人
残雪のてのひらほどや天城嶺に 細見綾子 天然の風
残雪のとける日数よ紙漉女(埼玉県小川村五句) 細見綾子
残雪のどのペンションも留守となる 阿波野青畝
残雪のパンダの如き一塊も 山口青邨
残雪のふちどりに道あやまたず 上田五千石 森林
残雪のほつえを渡る土蜂かな 角川源義
残雪の阿讃境の峠越え 高浜年尾
残雪の一とこぼれせし石の上 高野素十
残雪の一渓長く尾を垂らす 右城暮石 句集外 昭和五十六年
残雪の汚れてよりの強さかな 鷹羽狩行
残雪の汚れ果てたる一と塊り 細見綾子 和語
残雪の奥へ奥へと杉の脚 石田勝彦 雙杵
残雪の往生際にみどりさす 上田五千石『森林』補遺
残雪の果の一条岸に引く 上田五千石『森林』補遺
残雪の臥すほどもなく病みにけり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
残雪の臥牛の如くのこりをり 上野泰
残雪の月黄なる夜を失せにけり 水原秋櫻子 玄魚
残雪の硬きを踏めば去り難し 山口誓子
残雪の今はぽつちりとあるばかり 山口青邨
残雪の山に分け入り死ぬ気なし 佐藤鬼房
残雪の山ひだ考へのごと深し 細見綾子
残雪の山ひとつづつふるさとへ 飯田龍太
残雪の山を旅ゆく雨にぬれて 村山故郷
残雪の山々次の停車駅 上野泰
残雪の蛇足を谷に這はせたり 上田五千石『琥珀』補遺
残雪の主峰たらむと鬩ぎあふ 鷹羽狩行
残雪の縮み縮みし地獄耳 橋閒石
残雪の少し汚るゝ辛夷の芽 清崎敏郎
残雪の城門くぐり人静か 廣瀬直人
残雪の浄土くづれや海の藍 角川源義
残雪の伸びて大庭石に載り 高野素十
残雪の森をよこぎる子種うえに 橋閒石 荒栲
残雪の深さおどろく橡の花 水原秋櫻子 晩華
残雪の人の如くに横たはり 上野泰 春潮
残雪の水で大濡れふもと村 飴山實 句集外
残雪の数は流人の魂の数 鷹羽狩行
残雪の雪壁なせり渋峠 水原秋櫻子 殉教
残雪の川床を掘り水通す 廣瀬直人
残雪の滝のごとくまた川のごとく 山口青邨
残雪の谷を控へし成相寺 高浜年尾
残雪の丹波よ独活を食めば見ゆ 飴山實
残雪の中でも藁に残る雪 後藤比奈夫
残雪の鳥海よりの風は冷ゆ 山口青邨
残雪の嬬恋村を眠り過ぐ 森澄雄
残雪の田に営巣の声乱れ 飯田龍太
残雪の頭上の暈月仰ぎ悼む 中村草田男
残雪の番ひのにはとりが居るばかり 尾崎放哉 須磨寺時代
残雪の尾根に下り立ち雨にぬるゝ 村山故郷
残雪の富士は版画の富士となる 山口誓子
残雪の富士吾が登る道を空け 山口誓子
残雪の嶺を鏡に斎の里 上田五千石 風景
残雪の藪をめそめそ迷いけり 橋閒石 微光
残雪はまだら黒姫化粧下手 山口青邨
残雪は高きにありて雪解川 山口誓子
残雪は前衛模様ロツキー越え 鷹羽狩行
残雪は白点となり今日雨水 林翔
残雪へ階垂る誰も降ろさずに 楠本憲吉 孤客
残雪も寄り合ふ谷の寄り合ひに 山口誓子
残雪も夜空にしろし梨の花 水原秋櫻子 帰心
残雪や「くれなゐの茂吉」逝きしけはひ 中村草田男
残雪やいく日凍てたる碑のほとり 古沢太穂 古沢太穂句集
残雪やチャドリの裾は手にかかげ 加藤秋邨
残雪やひきよせてよむ杜少陵 加藤秋邨
残雪やほろ~とんで田面鳥 原石鼎 花影
残雪やまんさく花の枝を垂るゝ 百合山羽公 春園
残雪やみづうみゆけば波の辺に 百合山羽公 春園
残雪や阿蘇山頂は五里霧中 飴山實 句集外
残雪や雲に消えゆく伊賀の道 加藤秋邨
残雪や鶏をかかえて汚れし胸 橋閒石
残雪や紅き実による日ぐれ鳥 原石鼎 花影
残雪や山女を炙り雀噛み 飴山實 句集外
残雪や山川さやにとどろける 飴山實 句集外
残雪や狩くら神の泉鳴る 角川源義
残雪や小町の母郷は雨けぶる 角川源義
残雪や先行く人が燈下過ぎ 岡本眸
残雪や川のとゞろき夜に入りぬ 村山故郷
残雪や線消えかけし渾天儀 加藤秋邨
残雪や双手握りに書と靴と 加藤秋邨
残雪や中仙道の茶屋に谷 飯田蛇笏 山廬集
残雪や著莪の畳に一平ら 清崎敏郎
残雪や峠の上に汽車停まる 村山故郷
残雪や畑に白き馬出づる 山口青邨
残雪や飛騨番匠は庫たつる 前田普羅 飛騨紬
残雪や風に応へて山毛欅林 岸田稚魚
残雪や牧童つどひはじめたり 飴山實 句集外
残雪や藁塚多き野の日和 村山故郷
残雪や谺鳴きして山の禽 小林康治 玄霜
残雪より山葵の花の白かりき(長野県安曇山葵田三句) 細見綾子
残雪り女獅予は赤き口ひらく 角川源義
残雪をかたへに秋の一古鏡 水原秋櫻子 蓬壺
残雪を影絵のごとく雉子棲めり 松村蒼石 雪
残雪を噛んで草つむ山の子よ 飯田蛇笏
残雪を冠として旭岳 鷹羽狩行
残雪を見す旧火口開け拡げ 山口誓子
残雪を刷く蝦夷の山見えはじむ 清崎敏郎
残雪を蹴りたる跡がほの青く 篠原梵 年々去来の花 中空
残雪を大切に脂こい時計 橋閒石
残雪を日ざしが通り過ぎにけり 清崎敏郎
残雪を馬形と呼び鳥と呼び 鷹羽狩行
残雪を富士の高きに墜らしめず 山口誓子
残雪を来て荒布なす薄暮の帯 橋閒石
残雪を鴉がほじる顔の裏 橋閒石
残雪一条白褌に似て初夏浅間 林翔
残雪光岩に石斧を研ぎたりき 橋本多佳子
残雪光山の鞍部に烏舞ふ 佐藤鬼房
残雪光袋に透いて菓子の影 中村草田男
残雪峠藁屋にもまだ足腰 平畑静塔
四囲にして残雪敷けり眼に沁みつ 水原秋櫻子 重陽
四国から中国見れば残る雪 正岡子規 残雪
四時起きに残雪の富士起きゐたり 山口誓子
死のあとに踏まれざる雪残りをり 細見綾子 和語
柴折戸のあけられぬほど雪残る 高浜年尾
社頭の雪残るは掻くを放棄せり 上田五千石『琥珀』補遺
種蒔くや残雪くもる摩利支天 水原秋櫻子 殉教
秋父人来て残雪に蘭を植う 水原秋櫻子 霜林
春旅や伊吹に雪の威の残り 能村登四郎
傷のごと山の額に残る雪 松本たかし
掌が熱し残雪もまた世の隅に 飯田龍太
消えた雪、残る雪のおかめざさの葉 荻原井泉水
消え残る雪禅寺の不立文字 右城暮石 虻峠
丈なせる残雪の層の中の道 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
榛の残雪「初期社会主義者」の友ありき 中村草田男
神の馬よりも白くて残る雪 鷹羽狩行
人の世の如残雪の汚れつつ 上野泰
仁母は金残雪に歩み入り 古舘曹人 能登の蛙
雛まつる嶺の残雪へ菜が青み 森澄雄
星ひとつ残雪に居る稿いそがん 加藤秋邨
青年等真水飲む残雪の浜に 金子兜太
石に無く岩には雪の残りたる 中村草田男
石上に廓然と雪残りをり 川端茅舎
石神井に黒々と畑雪残す 松崎鉄之介
石段の一歩~や雪残る 高野素十
雪残す山があなたで蒼白紀行 楠本憲吉 方壺集
雪残るつめたき山が梅林より 細見綾子
雪残る遠ち方よりの頼みごと 能村登四郎
雪残る汚れ汚れて石のごと 松本たかし
雪残る山田一枚真つ白に 右城暮石 句集外 昭和五十九年
雪残る頂一つ国境 正岡子規 残雪
雪残る二月疎林に道ほろび 上田五千石『天路』補遺
雪残る日蔭日蔭に目のゆきて 清崎敏郎
雪残る白山姫の白額 山口誓子
雪残る夕日や父にちかく坐す 野澤節子 未明音
雪残る廂こがして火を焚くや 大野林火 冬青集 雨夜抄
痩せ~て残る雪かな執ねくも 清崎敏郎
痩せてゆく残雪一塊の飲食 金子兜太
蒼きかげ射して一朶の雪残る 右城暮石 上下
蒼ざめてなほ搦手に残る雪 鷹羽狩行
霜よけの垣の北側残る雪 正岡子規 残雪
足袋底に滲む残雪橡芽吹く 松村蒼石 雁
多佳子忌の残雪踏めば山匂ふ 上田五千石『琥珀』補遺
大文字の筆勢生かす残雪よ 鷹羽狩行
滝の白残雪の白白同じ 山口誓子
瀧みだれ大残雪にひびき落つ 水原秋櫻子 玄魚
谷川の高鳴る岩に雪残る 上村占魚 球磨
谷川岳南面残雪のいまは灰白 金子兜太
鍛冶屋沢残雪切れ目なく平 佐藤鬼房
断崖に残りし雪のこころざし 鷹羽狩行
男よりをんな生まれて春残雪 平井照敏
地に落ちし枯枝に沿ひ雪残る 右城暮石 散歩圏
竹山に残雪沈み見ゆるかな 松本たかし
朝見れば雪も残らず宵の雨 正岡子規 残雪
朝日享く家残雪を両挟み 岸田稚魚 負け犬
長岡や葎の中に残る雪 正岡子規 残雪
長虫の形す富士の残雪は 山口誓子
頂上の残雪白き吹流し 山口誓子
嬬恋村残雪敷きて幟立つ 水原秋櫻子 殉教
低い戸口をくぐつて出る残雪が堅い 尾崎放哉 須磨寺時代
倒れ木の間々に雪残る 高野素十
島の残雪に果物船をよせる 尾崎放哉 須磨寺時代
東女に熊笹の黄の残る雪 金子兜太
湯瀬といふ駅べたべたと残る雪 村山故郷
湯殿残雪瓔珞躑躅ほの紅し 佐藤鬼房
踏まぬ雪残りてありてけふが過ぐ 右城暮石 句集外 昭和十四年
那須残雪妻に不毛の岩場聳つ 佐藤鬼房
南部富士渓あらあらと雪残す 山口青邨
日当たりに人が集めし雪残る 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
白馬岳永久の残雪を天に置き 村山故郷
麦の畝雪の残りてゐしといふ(堀文子さん丹波へ) 細見綾子
晩年の眼は遠澄みて残る雪 林翔 和紙
斐伊川のつゝみの蘆芽雪残る 杉田久女
碑の腰を包む残雪三汀忌 楠本憲吉 孤客
病床を一残雪として臥せる 斎藤玄 雁道
富士の高きに残雪の切通し 山口誓子
富士の裾残雪の垂れ揃はずも 山口誓子
富士の雪残るところを狭められ 山口誓子
富士高嶺残雪を長垂らしたり 山口誓子
富士山を覆ひし雪の残に触る 山口誓子
敷き藁に米粒ほどの雪残る(大和、石光寺) 細見綾子
敷芝や松の下陰雪残る 正岡子規 残雪
武蔵野を囲む山々雪残る 正岡子規 残雪
風は鬣残雪の雲谷(もや)峠 佐藤鬼房
風鳴れるのみ残雪の峠越ゆ 草間時彦 中年
風呂熱し友が家に積む残雪ぞ 松崎鉄之介
噴煙の雌阿寒にして残る雪 高浜年尾
片畝の残雪の道別るべし 古沢太穂 古沢太穂句集
片翳り残雪の青阿修羅児よ 佐藤鬼房
暮れてゆく穂高残雪飽かなくに 山口青邨
母が家や顔映ゆるまで雪残り 岸田稚魚 筍流し
母子像の母の腕に残る雪 鷹羽狩行
北廂とていつまでも雪残る 高野素十
枕木の駅に到りて残る雪 下村槐太 光背
鱒を釣る残雪の山なほ奥に 山口青邨
夢の端にあるかに雪の残りけり 上田五千石『琥珀』補遺
網やぶれ讃岐の山の雪残り 中川一碧樓
木がくれに残雪といふ日陰者 鷹羽狩行
木の影を太く一本雪残る 大野林火 方円集 昭和五十二年
木の股に高き残雪茂吉の忌 鷹羽狩行
落石をとどめてそこに残る雪 鷹羽狩行
立咄もこのへんぶつそうな話の残雪 荻原井泉水
流氷のごとくに庭に雪残る 篠原梵 年々去来の花 中空
竜の髯根もとに春の雪残す 石川桂郎 四温
嶺の残雪ぢりぢりと青空が押す 松村蒼石 雁
嶺の残雪雨ひと夜霧ひと日へぬ 松村蒼石 雁
恋猫の鳴きゆく残雪五尺の裾 大野林火 方円集 昭和五十一年
連峰の蠢くごとく雪残す 山口青邨
炉滓捨てし裏も見るなり残る雪 河東碧梧桐
老梅の白咲き白濁の残雪 金子兜太
橙の下踏まれずに雪残る 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
磧まで棚田残雪それへ下る 森澄雄
箴言の如く涜れて雪残る 上田五千石『天路』補遺

残雪 続補遺 

なま~と雪残りけり藪の奥 一笑(金沢)
はしやぎて鳥は啼ども残る雪 塵生
ものかげや雪の残りに咲つばき 土芳
家遠き大竹はらや残る雪 炭太祇
枯芦に雪の残りや春の鷺 怒風
残る雪消て濁すか賀茂桂 望月宋屋
残雪といふもおどけた三日かな 鈴木道彦
残雪や松の梢のつくり道 三宅嘯山
残雪や茶山守家の煤障子 五明
舟~の小松に雪の残けり 旦藁
小仕事の残る野山や雪の朝 野坡
雪残る鬼獄さむき弥生かな 含粘
悲しみの根や三越路に残る雪 丈草
柊も掃やられけり残る雪 田川鳳朗
福引や御降済て残る雪 田川鳳朗
北山やしざり~て残る雪 炭太祇
木枕の垢や伊吹に残る雪 内藤丈草
囀りに鳥は出はてゝ残る雪 北枝

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:30 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪崩 の俳句

雪崩 の俳句

雪崩

例句を挙げる。

かのひゞき瞠れば雪崩嶺を落つ 石橋辰之助 山暦
この堂のとゞめし雪崩とぞ見ゆる 皆吉爽雨
すでに恋ふたつありたる雪崩かな 鈴木しづ子
その雪崩午後二時頃といふ悲し 京極杞陽 くくたち上巻
ほととぎす雪崩は谷を塞ぎけり 松村蒼石
ゆく春の穂高にしるき雪崩あと 服部鹿頭矢
キヤンプの灯淡き暈もつ遠雪崩 渡辺 立男
ホームにも雪崩警報掲げあり 西村和子 夏帽子
ランプの焔ペロリとゆがむまた雪崩れる 橋本多佳子
ランプ揺れつづく雪崩に闇ふかし 小林黒石礁
一夜の床敷きくるる乙女雪崩音 橋本多佳子
九頭龍の瀬に押し出でし雪崩かな 野村泊月
仏壇の扉開かせくる雪崩 対馬康子 吾亦紅
何か音ひびけば雪崩さうに山 奥田智久
修羅落す谺を追ふて雪崩れたり 山口草堂
傷心癒えじ雪崩の創は雪癒やす 福田蓼汀 秋風挽歌
冬蝶のひそかにきいた雪崩の響 富澤赤黄男
北壁の雪崩の聲を聴きながす 古舘曹人 砂の音
喪の明けの心ゆるびに遠雪崩 冨田みのる
国二つ呼びかひ落す雪崩かな 前田普羅
夕兆す雪崩の音を鎮魂歌 有働亨 汐路
夕焼の峰雪崩れむとして止みぬ 殿村菟絲子 『繪硝子』
夜半さめて雪崩をさそふ風聞けり 秋櫻子
夜目にも黝し湖の向ふの雪崩跡 加藤知世子 黄 炎
大雪塊ころげ現はれ雪崩やむ 岡田日郎
大雪崩さそふ雪崩の起りたる 水本壱
天冥く山響きあふ雪崩かな(七沢) 河野南畦 『花と流氷』以前
天心の月ふるひたる雪崩かな 吉田冬葉
天懸る雪崩の跡や永平寺 皆吉爽雨
奥壁は雪崩のこだま返し来ず 高田貴霜
姫女苑雪崩れて山の風青し 阿部みどり女
姫女雪崩れて山の風青し 阿部みどり女
孤つ家に雪崩の音のひゞきけり 野村喜舟 小石川
寺の鶏雪崩の音にかたまれり 皆川盤水
尾根雪崩れ鳴りどよみひんひんと餘韻消ゆ 京極杞陽
山を隔つ雪崩のとゞろきあたふた眼鏡をさやに収める 安斎櫻[カイ]子
山替の糧負ふ杣に遠雪崩 太田蓁樹
山毛欅の芽の金色に明けぬ雪崩跡 殿村莵絲子 花 季
巨巌、老松、々と水が雪崩るる(日田) 荻原井泉水
幾雪崩ぜんまい採りの越えて消ゆ 皆吉爽雨 泉声
春蘭や雪崩の跡に土乾き 児玉 小秋
春近き表層雪崩くりかへし 津田清子
昼の雪崩ひびかふ墓や遊蝶花 有働亨 汐路
枯れし木に雪崩るゝ如く木の芽吹く 杉山岳陽 晩婚
桑畑を削ぎ落したる雪崩かな 大橋櫻坡子 雨月
森や谷まも眠るときあかくつらなるこころの雪崩 高柳重信
橇を干す戸にまたひゞき遠雪崩 山岸 治子
沖の耳化粧の雪崩刷きにけり 及川貞 夕焼
洗面の水の痛さの遠雪崩 石川桂郎 含羞
満月の峡押してくる雪崩音 武田杏人
火口壁雪崩をさそふ雲過ぎつ 澤田 緑生
炉火守の遠き雪崩に目覚めをり 辰之助
炉辺の犬耳を立てたる雪崩かな 宮下翠舟
煌々と夜汽車動かず雪崩来て 岡本まち子
熊笹や雪崩の跡に立ちこぞり 澤田 緑生
爐火守の遠き雪崩に目覚めをり 石橋辰之助
狩の犬遠き雪崩に耳立てたり 米沢吾亦紅 童顔
瑠璃鳴ける雪崩跡日の洽しや 岡田 貞峰
異国語に身を売るときの雪崩音 櫂未知子 貴族
白面の眉間発止と雪崩れけり 林昌華
目つむりて雪崩聞きおり告白以後 寺山修司 花粉航海
直ぐあとに雪崩ありしと報されし 川田 政尾
禅寺に間髪容れず雪崩音 橋本美代子
窓の下雪崩れ雪崩れて花野あり 上野泰 春潮
結界の杉にとどろく夜の雪崩 羽田岳水
聖オルガン暗きに鳴りて春雪崩 有働亨 汐路
職員用地下食堂に雪崩聞く 五島高資
膏薬をはがし雪崩を誘いおり 山本敏倖
花に寝て散りくる花を雪崩とも 石原八束 人とその影
茂吉忌の暮れてとどちく遠雪崩 鷲谷七菜子 花寂び
茶を捨てしほどの雪崩もききもらさず 阿部みどり女
菜を洗ふ表層雪崩つづきをり 秋本敦子
蒼穹に雪崩れし谿のなほひゞく 石橋辰之助 山暦
薫風の雪崩落ち来る庇かな 上野泰 佐介
藁屋根に雪崩の跡や二三筋 西山泊雲 泊雲句集
襖あき春著のいろの雪崩れ入り 上野泰 佐介
谺して雪崩のけむりあがりをり 石原八束 『雁の目隠し』
谿雪崩うまれし径を来て学ぶ 石橋辰之助 山暦
谿雪崩学びの窓のしづけさに 石橋辰之助 山暦
贖罪の終る日いつぞ遠雪崩 小松崎爽青
遠き雪崩背山の雪崩夜も鳴れり 殿村菟絲子 『繪硝子』
遠ざかる雪崩や炉辺に目をとづる 石橋辰之助 山暦
遠雪崩ひとりの旅寝安からず 藤田湘子
遠雪崩みな少年の目で仰ぐ 奈良文夫
遠雪崩妻と襖をへだてをり 山田素雁
遠雪崩山の慟哭聞えけり 永野由美子
遠雪崩山本山の海苔が反り 坪内稔典
遠雪崩最終戦に間に合へば 櫂未知子 蒙古斑
遠雪崩杣はランプの火屋磨く 山本 雅子
遠雪崩耳のつまりし水車小屋 殿村莵絲子 花寂び 以後
遠雪崩聞きつゝ寝まる火を埋む 堤剣城
銃声に山は雪崩れて轟けり なかたに蘭
雉子翔てり雪崩が懸けし虹の中 須賀川東声
雛かざる遠峰の雪崩ひびく日を 莵絲子
雪崩あぐ蒼穹に雲ひるがへり 石橋辰之助 山暦
雪崩あとの岩青し金縷梅の花つけて 内藤吐天
雪崩あと兎真白く死にゐたり 田原玉乃
雪崩えの馬柵結ひて待つ牧開き 根岸 善雄
雪崩かなし羚羊の死岳人の死 福田蓼汀 秋風挽歌
雪崩が恐い裏窓 夜具の緋色延べる 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 磁針彷徨
雪崩してあはれ死したる狸かな 高濱年尾 年尾句集
雪崩してとゞろく峰を岩燕 吉川春藻
雪崩して震ふ障子に病める僧 大橋櫻坡子 雨月
雪崩です沈みゆく白い軍艦です 田中芥子
雪崩にまじりて氷柱落ちたる光かな 高濱年尾 年尾句集
雪崩るるか午後の紅茶を濃く入れて 川崎展宏
雪崩るると瞳より顕はれ磨崖仏 加藤知世子 花寂び
雪崩るるや雲垂れて岳響きあふ 小林 碧郎
雪崩るゝとスキーをとゞむ霧の中 石橋辰之助 山暦
雪崩れ跡ずきんずきんと月昇る 秋葉美い
雪崩以後ぴたりと刻のながれ止む 長田等
雪崩後の星あをあをと生理くる 駒走鷹志
雪崩恐し言葉にすればなほ恐し 加倉井秋を
雪崩止み日輪宙にとどまれり 岡田日郎
雪崩止め宙にかかげて座禅草 市村究一郎
雪崩止もろとも海へなだれけり 水見悠々子
雪崩止四五戸が嶺と闘へる 楸邨
雪崩見し穂高の岩にわがすがる 石橋辰之助 山暦
雪崩見よ岩群の日をうばひつゝ(穂高涸澤) 石橋辰之助
雪崩跡越え来て雛の客となる 勝山耕南
雪崩跡閃々と雨飛び来る 岡田貞峰
雪崩音に音もうひとつ葬り銅羅 加藤知世子 花寂び
雪崩音止みて落石音こだま 岡田日郎
雪崩音過ぎて声あげ子等の橇 加藤知世子 花寂び
雪解山幾座雪崩の痕ふかし 水原秋櫻子
青天に音を消したる雪崩かな 杞陽
青天の翳ると見えて雪崩れたり 豊長みのる
青天へ木兎がとび出し雪崩かな 佐野良太 樫
面壁の影ゆるぎなし遠雪崩 吉沢卯一
馬の目に遠き雪崩の音とどく 今瀬剛一
駅弁のなぜたのしきや雪崩止 石川桂郎 高蘆
高きより雪崩れて最上川塞ぐ 山口誓子
鷹の巣も巌も飛ばして雪崩れけり 飯塚 秀城
黒姫山かかる朧を雪崩れけり 松村蒼石
はつ雪や奥の洞屋の雪なだれ 李由 俳諧撰集「有磯海」
山寺におはす聖や雪なだれ 野村喜舟 小石川
杉山や雪なだれたる一と平 癖三酔句集 岡本癖三酔
真切の跡や越後の雪なだれ 椎本才麿
雪なだれ妻は炉辺に居眠れり 素堂
雪なだれ越後の国を崩すかな 野村喜舟 小石川
雪なだれ黒髪山の腰は何 桃隣
青天や夜に入りつゝも雪なだれ 石鼎
黒樺に来てゐる春や雪なだれ 野村喜舟 小石川

雪崩 補遺 

なだれくる真葛を堰けり雪崩止 能村登四郎
はつ雪や奥の洞屋の雪なだれ 李由
みちみちも雪崩のあとや橇日和 百合山羽公 春園
ラグビーや球を抱けば人雪崩 日野草城
ランプの焔ペロリとゆがむまた雪崩れる 橋本多佳子
をり~に雪崩のひゞく日和かな 渡邊白泉
一夜の床敷きくるる乙女雪崩音 橋本多佳子
駅弁のなぜたのしきや雪崩止 石川桂郎 高蘆
遠雪崩 渋茶配って耳立つ僧 伊丹三樹彦
襖あき春著のいろの雪崩れ入り 上野泰 佐介
沖の耳化粧の雪崩刷きにけり 及川貞 夕焼
薫風の雪崩落ち来る庇かな 上野泰 佐介
荒星を雪崩の上に溢れしめ 鷹羽狩行
高きより雪崩れて最上川塞ぐ 山口誓子
咲き分けて靴に雪崩るゝ霜の花 石塚友二 光塵
傷心癒えじ雪崩の創は雪癒やす 福田蓼汀 秋風挽歌
真切の跡や越後の雪なだれ 椎本才麿
神木争ふ裸雪崩の階を墜つ 能村登四郎
雪なだれ黒髪山の腰は何 桃隣
雪なたれ箱庭の人家つぶれたり 正岡子規 雪なだれ
雪解山幾座雪崩の痕ふかし 水原秋櫻子 晩華
雪山の日にかゞやきて雪崩前 鈴木真砂女
雪山の日にかゞやきて雪崩前 鈴木真砂女 夏帯
雪崩あり月の輪熊の斃れをり 阿波野青畝
雪崩かなし羚羊の死岳人の死 福田蓼汀 秋風挽歌
雪崩が恐い裏窓 夜具の緋色延べる 伊丹三樹彦
雪崩して谷川岳はなほ拒む 阿波野青畝
雪崩遠し忘れ剃刀白痴めく 橋閒石 風景
雪崩止四五戸が嶺と闘へる 加藤秋邨
雪崩止青空の夜がおそろしき 加藤秋邨
雪崩時分の耳もつ 日向で雑巾刺し 伊丹三樹彦
雪崩跡雪田艶を失へり 松崎鉄之介
雪崩谷空谷はいま囀に 佐藤鬼房
洗面の水の痛さの遠雪崩 石川桂郎 含羞
倉に入るうしろ姿に雪崩音 飯田龍太
追分や雪崩れて花の葛かつら 石塚友二 曠日
冬蝶のひそかにきいた雪崩の響 富澤赤黄男
飛弾の雪崩れて涼し射水川 十丈
鼻かんで雪崩をおこす雪女郎 秋元不死男
暮色拒む木の裂け口よ 遠雪崩 伊丹三樹彦
放牛の花野 雪崩れて 玄海へ 伊丹三樹彦
放哉に倣ひて「咳をしても雪崩」 山口誓子
吠えがちの犬に 雪崩の果 汚れ 伊丹三樹彦
北壁の雪崩の聲を聴きながす 古舘曹人 砂の音
茂吉忌の暮れてとどろく遠雪崩 鷲谷七菜子 花寂び

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:27 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪しろ の俳句

雪しろ の俳句

雪しろ

例句を挙げる。

九十九折雪しろ棚田光り合ふ 西村公鳳
刃物町雪しろ風をきらめかせ 多佳史
十勝川雪しろ水に蝉しぐれ 石原舟月 山鵲
月の出を雪しろ岩魚箸の尖 佐野美智
白山の雪しろ濁りとよむかな 飴山實
雪しろを流れ去りゆく雪女 柴田奈美
雪しろ川さびさびと鳶急ぐなり 山田みづえ
青天に昼月雪しろ山女釣る 野澤節子 黄 炎
あざやけき雪代鱒を祭膳 藤田湘子
かうかうと雪代が目に眠られず 楸邨
ちりぢりに雪代山女釣りにけり 古舘曹人 樹下石上
一僧に会ひしのみ雪代激し 石田阿畏子
世のことを雪代山女焼きつゝも 飴山實 『次の花』
夏氷河よりの雪代流れ急 小原菁々子
川音す雪代岩魚皿にのせ 森澄雄
布団干す真下雪代川走り 石田勝彦 秋興
幼くて雪代山女反りにけり 黒田杏子 水の扉
心行く雪代川に棒流れ 成田千空 地霊
暁紅を経て雪代の溢れけり 村越化石
榛の木の根株をゑぐる雪代川 細見綾子 黄 炎
泡たてゝ雪代の水脈日に滾る 川島彷徨子
渓揺らす風の雪代山女かな 石地まゆみ
甲府平指す雪代のうねりかな 岡田 貞峰
畦焼いて雪代水を田に分つ 森澄雄
石青し雪代山女魚影ながれ 水原秋櫻子
立山の雨の雪代山女かな 福島 勲
簗場越す雪代水の盛り上がり 右城暮石
葉萸のちらばつてゐる雪代田 永方 裕子
雪代に座敷わらしが乗つていく 宮慶一郎
雪代に戸開けて女映りをり 高野素十
雪代に暮れて火を噴く楮竃 加藤春彦
雪代に水芭蕉萌え蘆芽ぐむ 瀧春一 菜園
雪代のかげりやすきをおもひとす 岸田稚魚 筍流し
雪代のさざめける耳持ち帰る 岸田稚魚 筍流し
雪代のひかりあまさず暮るるなり 岸田稚魚 筍流し
雪代の比良を出できし濁りなり 大石悦子
雪代の汀の顔を暮れしめず 岸田稚魚 筍流し
雪代の激ちのかかる狐小屋 宮坂静生
雪代の煌とありけり妣のくに 大須賀浅芳
雪代の猛るに花見櫓かな 辻 桃子
雪代の軒あたたかき雪飛べり 氏家夕方
雪代やいち夜にうごく鮭番屋 白澤よし子
雪代や川原の湯壷越え奔る 和田祥子
雪代や海近ければ急がざる 石塚友二
雪代や湯治暮しの夜をこめて 桑田青虎
雪代や父子の絆浅からず 長田等
雪代や眉をあぐればひそみ音に 岸田稚魚 筍流し
雪代や虹が音して育ちをり 加藤知世子 花 季
雪代山女湖底の村の上泳ぐ 宮津昭彦
馬立ちて利根の雪代石曇る 森 澄雄
枝張りの影落す雪汁になりぬ 小澤碧童 碧童句集
雪汁か若狭の水のつめたさよ 玄 梅
雪汁のあひとなりして澄めるあり 川島彷徨子 榛の木
雪汁のかゝる地びたに和尚顔 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
雪汁のながれ行ききらびやかなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
雪汁のぬくみいそげよ苔の花 智月 俳諧撰集玉藻集
雪汁の大岡川は瀞なせり 川島彷徨子 榛の木
雪汁の底ゆく音や雪の坂 会津八一
雪汁や一尺鮫は雑魚と糶る 石川桂郎 高蘆
雪汁や蛤いかす場(には)のすみ 木白
雪汁を舐め尽くしたる畦火かな 岸田稚魚 筍流し
風猛る池畔雪汁きらびやか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
いつまでも雪濁りして北の簗 松下 芳子
かわかわと鴉にゆるぶ雪濁り 角川源義
吊籠に目眩む利根の雪濁 小林黒石礁
大川に小川落ち合ふ雪濁り 矢田挿雲 第一挿雲句集
大海を染めて大河の雪濁り 篠田悦子
婆が杖二進一休雪濁り 岸田稚魚 筍流し
山多き吾妻川の雪濁り 上村占魚 球磨
川口に小蒸汽入るゝ雪濁り 禅雲
渡舟場に常夜燈あり雪濁り 西本一都
湧く水の上にうかぶや雪濁り 松瀬青々
町中を通ふ用水雪濁 窪田日草男
痺れたる唇のままなる雪濁 折井眞琴
除雪婦の細帯に雪濁るなり 林薫子
雪濁り焼野のすゑに来りけり 松瀬青々

雪しろ 補遺 

あづさと名づく目に雪代の梓川 加藤秋邨
かがむままごと雪代のふくらむよ 平畑静塔
かわかわと鴉にゆるぶ雪濁り 角川源義
すぐそばの雪代山女釣りに行く 右城暮石 天水
ちりぢりに雪代山女釣りにけり 古舘曹人 樹下石上
ふしか根の雪汁煮てや一夜酒 正岡子規 一夜酒
みちのくに雪代寒といふがあり 高野素十
わが掌中雪代山女金色に 飯島晴子
杏咲き雪代さそふ千曲川 水原秋櫻子 緑雲
雨男率て雪しろの根尾ざくら 角川源義
雨蕭々雪代岩魚めざめんと 加藤秋邨
蕎麦の具に雪しろ鮠を焼きにけり 飴山實 花浴び
錆のこるままに雪代山女かな 飯島晴子
山裾を伝ひ雪代山女釣る 右城暮石 散歩圏
山多き吾妻川の雪濁り 上村占魚 球磨
山毛欅林雪代川を通しけり 石田勝彦 秋興以後
詩も糞もなき北上の雪濁り 上田五千石『田園』補遺
夙に聞く雪代山女ならば食ふ 藤田湘子 てんてん
掌の鼓動たしかに雪代山女なり 能村登四郎
場所移り移り雪代山女釣る 右城暮石 一芸
榛の木の根株をゑぐる雪代川(富山県八尾紙漉き) 細見綾子
世のことを雪代山女焼きつゝも 飴山實
清姫の渕雪代の水たぎつ 右城暮石 句集外 昭和四十七年
雪しろき奥嶺があげし二日月 藤田湘子 途上
雪しろき高嶺はあれど阿蘇に侍す 山口誓子
雪しろき寺院のみ瞰ゆホテルに覚め 伊丹三樹彦
雪しろのきりぎし哭かす修羅落 角川源義
雪しろのたぎつ巌ノ上鷦鷯啼く 飯田蛇笏 雪峡
雪しろのただ中にあり松として 岡井省二 明野
雪しろのまだ流速を伴なはず 伊藤白潮
雪しろの一瀑となり里に出づ 角川源義
雪しろの渦立ちをどり杣の葬 鷲谷七菜子 花寂び
雪しろの堰流木をさかしまに 野澤節子 八朶集
雪しろの音が聞える桟俵 佐藤鬼房
雪しろの銀河を弾く峡こだま 角川源義
雪しろの飛沫とび来る磧風呂 上村占魚
雪しろの北上川目覚む賢治の地 角川源義
雪しろの揺り起しゐる谷の闇 鷲谷七菜子 花寂び
雪しろやしづかに岸の古びたる 飴山實
雪しろや柱石ゆるむ水車小屋 上田五千石『森林』補遺
雪しろや長病む人に櫛さまざま 波多野爽波
雪しろや病を秘めて息粗く 岸田稚魚 負け犬
雪しろ川さび~と鳶急ぐなり 山田みづえ 忘
雪汁のきはつく松の折木哉 夕兆
雪汁のぬくみ急よ芝の花 智月尼
雪汁の走りそめたる鴉かな 石田勝彦 百千
雪汁や一尺鮫は雑魚と糶る 石川桂郎 高蘆
雪汁や掛樋にあまる梅の花 桃妖
雪汁を椽に振込むやなぎ哉 卓袋
雪汁を舐め尽くしたる畦火かな 岸田稚魚 筍流し
雪代てふ水のよろこび澎湃と 能村登四郎
雪代と潟と紛ひて旅淋し 阿波野青畝
雪代にくの字曲りの畷かな 阿波野青畝
雪代にとある墳墓の立てりけり 阿波野青畝
雪代に戸開けて女映りをり 高野素十
雪代に並びたり皆廃倉庫 阿波野青畝
雪代のかげりやすきをおもひとす 岸田稚魚 筍流し
雪代のこゑの山翡翠とびにけり 岡井省二 有時
雪代のさざめける耳持ち帰る 岸田稚魚 筍流し
雪代のひかりあまさず暮るるなり 岸田稚魚
雪代の蟹喰ひよごす旅の膝 草間時彦 中年
雪代の光れば天に日ありけり 橋本多佳子
雪代の黒谷川の瀬をはやみ 高野素十
雪代の水受け流す上り簗 右城暮石 句集外 昭和五十六年
雪代の澄むを澄ましめ花きぶし 石田勝彦 百千
雪代の川のむかうの桃の花 山口青邨
雪代の大渦小渦はこばるる 三橋敏雄
雪代の汀の顔を暮れしめず 岸田稚魚 筍流し
雪代の満々渺々ただ流る 山口青邨
雪代の門川鳴るに鳶の笛 松崎鉄之介
雪代の利根汪洋と声もなし 山口青邨
雪代やまろび流るるもののあり 山口青邨
雪代や火を焚いてをる佃煮屋 阿波野青畝
雪代や橋桁と隙あるかぎり 阿波野青畝
雪代や眉をあぐればひそみ音に 岸田稚魚 筍流し
雪代山女載せる掌細めけり 飯島晴子
雪濁り昨日より今日傷痛む 佐藤鬼房
雪嶺と青嶺のやどる雪しろ湖 角川源義
川音す雪代岩魚皿にのせ 森澄雄
鷹に二度会へり雪代川に沿ひ 大野林火 飛花集 昭和四十五年
釣り上げし雪代山女嗅ぎてみし 飯島晴子
婆が杖二進一休雪濁り 岸田稚魚 筍流し
馬立ちて利根の雪代石曇る 森澄雄
白魚を待てる日数の雪濁り 上田五千石 風景
白山の雪しろ濁りとよむかな 飴山實 花浴び
姫鱒の雪代水はつめたしや 山口青邨
布団干す真下雪代川走り 石田勝彦 秋興
風生みて雪代水の押し流る 右城暮石 天水
北山川雪代蒼く舷を過ぐ 水原秋櫻子 帰心
枕頭に臘梅庭は雪しろし 水原秋櫻子 餘生
鳴り響(とよ)もして雪代の押し押され 能村登四郎
遥かなる雪代一つ日を反す 阿波野青畝
利根雪しろたぎつ師を祝ぐ我似たり 及川貞 夕焼
流木拾ひの袋滴り雪濁り 岸田稚魚 負け犬
領海の外へ出でゆく雪濁り 山口誓子
簗場越す雪代水の盛り上がり 右城暮石 虻峠

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:24 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪晒 の俳句

雪晒 の俳句

雪晒

例句を挙げる。

あをぞらは産着のにほひ雪晒し 永瀬十悟
宝塔すがし嵐錆び尚雪晒れて 加藤知世子 花寂び
布の端持たせてもらふ雪晒し 林 民子
紺青の日輪渡る雪晒 高橋悦男
織元の名のくつきりと雪晒し 相馬沙緻
起伏あれば起伏に添ひぬ雪晒 鈴木鷹夫 千年
雪晒し夜は凍み晴れの星絣 小枝秀穂女
雪晒わが身の影も晒しけり 上野章子
雪晒四方の山より日を集め 林真砂江
青天の緩びてゐたり雪晒 若井新一

雪晒 補遺 

梅雨の雨着が放つ五彩の布晒し 林翔 和紙

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:21 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

旧正月 の俳句

旧正月 の俳句

旧正月

例句を挙げる。

しんと射す日や旧正の奥座敷 鷲谷七菜子 花寂び 以後
ひもろぎや旧正月のかけ大根 銀漢 吉岡禅寺洞
ふるさとや旧正月の雪籠り 名和三幹竹
吹いてばかり旧正月の土枯れし 臼田亜浪 旅人
墓山に旧正月の日のさして 岸本長一郎
大根汁かへて旧正あたゝかし 佐野青陽人
密やかに旧正月も来て去れり 相生垣瓜人 明治草抄
旧正にふくらむ神戸なりしかな 稲畑汀子
旧正の〆新しき宮地蔵 河上 睦女
旧正のおきどめ日まち日も好日 長谷川素逝 村
旧正のはつかに挙がる沖つ波 高澤良一 ぱらりとせ
旧正のはらから泊むる灯を更かし 長谷川素逝 村
旧正のミナト神戸に小買物 橋本 博
旧正の吉書のれんや華僑街 下村ひろし 西陲集
旧正の妻の手を借りぎっくり腰 高澤良一 寒暑
旧正の客来て灯す仏の灯 信坂正三郎
旧正の山又山でありにけり 大峯あきら 鳥道
旧正の手荷物に山羊離島船 伊舎堂根自子
旧正の歩危の山畑人を見ず 野中木立
旧正の母子のしたる花かざし 遠藤梧逸
旧正の糊桶匂ふ大経師 佐野美智
旧正の縁の日なたに老ふたり 長谷川素逝 村
旧正の繭玉残しありし庵 高濱年尾 年尾句集
旧正の草の庵の女客 高浜虚子
旧正の門の内なる野菜畑 吉田槻水
旧正の雪を加ふる山ばかり 大峯あきら
旧正の雪積んで谷あらたまる 宮津昭彦
旧正の髯を振り振り鯉寄り来 高澤良一 寒暑
旧正やたくはへし葱納屋にあり 上村占魚
旧正や三河も果の花祭 志摩芳次郎
旧正や凧のあがれる藺田の上 岸風三樓
旧正や加賀の妓のこころざし 宮武寒々 朱卓
旧正や因幡にのこる藁の竜 大島民郎
旧正や旅をうながす南の星 大野林火
旧正や日がさして来て山身近 久保田万太郎 流寓抄
旧正や杣は渋紙色に老ゆ 赤座閑山
旧正や皺うつくしき草木染め 鷹羽狩行 十友
旧正や藁沓も吊り小商ひ 小国三平
旧正を今もまもりて浦人等 高濱年尾
星港陥つ旧正の花鋪灯に溺る 宮武寒々 朱卓
海女は温泉に岬旧正の日を置けり 宮武寒々 朱卓
海猫のほか旧正の湾になし 徳永山冬子
海苔干して旧正月の浦曲かな 大橋櫻坡子 雨月
潜水夫旧正の温泉に占戯せる 宮武寒々 朱卓
瀬音せり旧正やすむ楮釜 有働亨 汐路
牡蛎打ってをり旧正の髪のまゝ 高月 ポプラ
猪焼いて旧正の島けぶらする 小熊一人
田の雪に煤と柑皮と旧正月 飴山 實
粧ひして旧正月の山女 楠目橙黄子 橙圃
蔵の戸に旧正月の日ざしかな 池田秀水
街路樹に旧正月の鸚鵡館 飯田蛇笏
道そぞろ旧正の紀に遊びつつ 阿波野青畝
道ばたに旧正月の人立てる 中村草田男
鉄砲火薬店旧正の客一人 浦野芳南
隣りより旧正月の餅くれぬ 石橋秀野
馬の眼に旧正月の泪かな 佐川広治
魚高値旧正月と知らされし 広岡佑子
鯖漁に旧正月もなく対馬 小原菁々子
麦踏むや旧正月の近き村 大谷句佛 我は我
黒潮は旧正荒れや卓球す 宮武寒々 朱卓

旧正月 補遺 

しんと射す日や旧正の奥座敷 鷲谷七菜子 游影
すぐ力わざ旧正の若漁師 平畑静塔
ぽっぺんを旧正月に吹きにけり 相生垣瓜人 負暄
ゆゝしさや旧正月の注連飾 高浜年尾
何せむか旧正月と云ふ日なり 相生垣瓜人 負暄
街路樹に旧正月の鸚鵡籠 飯田蛇笏
漢方の屠蘚風呂立てて旧正月 村山故郷
旧正なき街を農夫の破顔ゆく 伊丹三樹彦
旧正のおきどめ日まち日も好日 長谷川素逝 村
旧正のはらから泊むる灯を更かし 長谷川素逝 村
旧正の闇累々と杁(えぶり)摺る 角川源義
旧正の縁の日なたに老ふたり 長谷川素逝 村
旧正の汽笛やさんたまりあ号 亭午 星野麥丘人
旧正の樽酒振舞ひぞ末席の衆 角川源義
旧正の男は炉べに斯くゐると 高野素十
旧正の賑はひ雪と水祀り 佐藤鬼房
旧正の夢に海泥鰌(ぎんぽ)が礼に来る 佐藤鬼房
旧正の餅送りくる人いまも 山口青邨
旧正やたくはへし葱納屋にあり 上村占魚
旧正や漁船は陸に尻あづけ 鷹羽狩行
旧正や出土の玉を胸飾 上田五千石『天路』補遺
旧正や雪深き国けふも雪 山口青邨
旧正や土竜の土踏み仔犬佇つ 中村草田男
旧正や白が流行の蜑の村 清崎敏郎
旧正や旅をうながす南の星 大野林火 雪華 昭和三十八年
旧正や皺うつくしき草木染め 鷹羽狩行
旧正を過ぎし日射となりにけり 桂信子「草影」以後
旧正を二月礼者として来り 高浜年尾
胸中に旧正月が来てをれり 相生垣瓜人 負暄
幻の旧正月を迎へけり 相生垣瓜人 負暄
護摩の灰浴ぶ旧正の人だかり 佐藤鬼房
荒き風旧正月を掻消せり 相生垣瓜人 負暄
人知れず旧正月を楽しめり 相生垣瓜人 負暄
吹いてばかり旧正月の土枯れし 臼田亜浪 旅人 抄
雪やんで旧正月の鳰鳴けり 橋閒石 朱明
田の雪に煤と柑皮と旧正月 飴山實 おりいぶ
道そぞろ旧正の紀に遊びつつ 阿波野青畝
密やかに旧正月も来て去れり 相生垣瓜人 明治草
琉球王国よりの旧正にぎやかに 上村占魚
隣りより旧正月の餅くれぬ 石橋秀野
仄めける旧正月の淑気かな 相生垣瓜人 負暄

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:14 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

睦月 の俳句

睦月 の俳句

睦月

例句を挙げる。

つれ~の人美しき睦月かな 長谷川かな女 雨 月
なつかしき睦月のちりやすずり筥 飯田蛇笏 山廬集
またの年の睦月もいはへ千代の江戸 江戸-季吟 元禄百人一句
むつみ月拾いたくないものに櫛 木村正光
一族をつつむひかりも睦月かな 保坂敏子
信念の重み睦月の一家集 高澤良一 燕音
六日はや睦月は古りぬ雨と風 内藤鳴雪
初孫の睦月の空のめでたけれ 瀧村 水峯
国頭や睦月素足の藍絞り ながさく清江
地鳴鳥遊べる山の睦月かな 鈴木しげを
山国の年端月なる竃火かな 飯田蛇笏 霊芝
山国の魚を釣りゐる睦月かな 橋本榮治 逆旅
山深く睦月の佛送りけり 西島麥南
島を出て海女も睦月の髪を結ふ 小池白苑
崎のみち睦月の花菜ちりばめぬ 柴田白葉女 遠い橋
嶽の耳雲のくすぐる睦月かな 西本一都 景色
引潮や睦月の貝の肌光る 小坂順子
悼みごと重ねて睦月如月と 高澤良一 随笑
手も足もしまはれ赤子の睦月かな 蓬田紀枝子
拓村のなりはひむつむ睦月かな 飯田蛇笏 椿花集
掛け替へし杉玉の香や睦月尽 根岸 善雄
松とれて後の睦月のかけ足に 草村素子
沈丁の蕾の青き睦月かな 中上 三川子
浜名湖の夕潮はやき睦月かな 皆川盤水
渓聲に鷹ひるがへる睦月かな 飯田蛇笏
湖東三山みな雲抱ける睦月かな 三輪田育夫
火を焚いて浦畠人の睦月かな 飯田蛇笏 山廬集
犬曳きて睦月六日の夕ごころ 今野福子
生死の戸まだ閉ざされて睦月かな 石田由美子
留学の子の旅立ちて睦月尽 大野雑草子
睦月 名を流す岸を遠くに冬の町 宇多喜代子
睦月から螺旋踏段はづさるる 川村六菖
睦月とふ馴染めぬ月も過ぎゆけり 藤原たかを
睦月に逝き世の寸法に合はぬ人 高澤良一 随笑
睦月まだ球體を切る術いぶかし 竹中宏 句集未収録
睦月富士翼のごとき雲もてり 山吉空果
睦月月夜並びゆくひと吾子は得て 田中英子
神々に抱かれてゐる睦月かな 中村正幸
神の磴睦月の蝶を遊ばしむ 富安風生
竹とんぼ睦月の空を錐揉みに 市ヶ谷洋子
筑紫野ははこべ花咲く睦月かな 杉田久女
紙干して睦月明るし比企郡 遠藤節子
蛸突きや睦月の潮にひとり楫 松村蒼石 寒鶯抄
読みきれぬ本を抱きて睦月過ぐ 立岩利夫
越中の日和続かぬ睦月かな 藤井寿江子
身延山雲靆く町の睦月かな 飯田蛇笏 春蘭
酒ほがひ倦みつかれたる睦月かな 飯田蛇笏 山廬集
野も山も神の灯ともる睦月かな 新海非風
妙本寺
しろがねに著莪は睦月の日を返し 高澤良一 暮津

睦月 補遺 

なつかしき睦月のちりやすずり筥 飯田蛇笏 山廬集
ひもじさの餅にありつく睦月かな 正岡子規 一月
ひもじさの餅にうれしき睦月哉 正岡子規 一月
雲と水 描き尽して 睦月の死 伊丹三樹彦
火を焚いて浦畠人の睦月かな 飯田蛇笏 山廬集
寒暖の山わかれたる睦月かな 飯田龍太
岐山の北鋤整うる睦月かな 金子兜太
琴鼓ならべかけたる睦月哉 正岡子規 正月
渓声に鷹ひるがへる睦月かな 飯田蛇笏 雪峡
甲冑の朱の一点も睦月かな 飯田龍太
詩の話などすこしして睦月かな 飯田龍太
酒ほがひ倦みつかれたる睦月かな 飯田蛇笏 山廬集
身延山雲靆く町の睦月かな 飯田蛇笏 春蘭
身廷山雲靆く町の睦月かな 飯田蛇笏 山響集
人去つて睦月の庭に酔解くよ 角川源義
拓村のなりはひむつむ睦月かな 飯田蛇笏
蛸突きや睦月の潮にひとり楫 松村蒼石 寒鶯抄
筑紫野ははこべ花咲く睦月かな 杉田久女
年々にへるや睦月のおもしろさ 正岡子規 睦月
蓬莱や窓は睦月の薄月夜 正岡子規 蓬莱
睦月から泣いて見せけり傀儡師 正岡子規 傀儡師
睦月空一枚二枚ありにけり 岡井省二 有時

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:11 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

魚氷に上る の俳句

魚氷に上る の俳句

魚氷に上る

例句を挙げる。

エルニーニヨ兆すとや魚氷に上る 佐藤喜代子 『水の綺羅』
先達の魚氷に上る句を鏡 高澤良一 素抱
別れ路に別れかねたり魚は氷に 大木孝子
山影や魚氷に上る風のいろ 鷹羽狩行
山陰や魚氷に上る風のいろ 原 裕
月すごし魚の音きく厚氷 信徳
杳々と人は老い魚氷に上る 結城静子
残照や魚氷に上る音を聞く 菊地伊津子
氷に上りたり竜宮の赤き魚 横山悠子
氷に上る魚は桃色吐息して 宮丸千恵子
氷に上る魚外人と隣り住む 高橋悦男
氷に登る魚氷に登る童かな 鷹羽狩行 十友
氷解くる此池の魚の数知れず 石井露月
氷解くる藻に泳ぐ魚もなかりけり 楠目橙黄子 橙圃
火の国の魚氷に上る天守閣 遠藤寛太郎
禍つ魚氷の下闇に游ぐ見ゆ 山口誓子
竹生島詣でや魚は氷にのぼり 鈴木みや子
酒断ちし日数や魚は氷に上り 神尾季羊
魚が氷に上りて闇に八ケ岳 宮坂静生 春の鹿
魚が氷に上るを待てり石に坐し 草間時彦
魚の氷に上りぞくぞく星の数 山尾玉藻
魚の氷に上るや天下春の風 菅原師竹
魚は氷にのぼり宇宙に星生まる 中村多阿子
魚は氷にのぼり檜葉焚く祈りかな 吉本伊智朗
魚は氷にダイヤモンドは耳たぶに はしもと風里
魚は氷に上りて増えしものに反古 遠藤若狭男
魚は氷に上りて手持ちぶさたなる 棚山波朗
魚は氷に上りて未来とは明日 石川千津子
魚は氷に上りて白き鴎どり 森澄雄 游方
魚は氷に上りて隣るセニヨリー夕 高橋央尚
魚は氷に上りて雨水到りけり 安藤橡面坊
魚は氷に上り光の渦まとふ 北 光星
魚は氷に上り土竜は桃色に 小島健 木の実
魚は氷に上り鳴り出すオルゴール 吉田鴻司
魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳 飛
魚は氷に上る菩薩のひとねむり 松澤雅世
魚は氷に上る足摺岬かな 原 喜久
魚は氷に火焔土器には罅走り 木澤迪子
魚は氷に登るにんげん一人逝き 木内怜子
魚氷に上りつらきめに遇ひにけり 高澤良一 さざなみやつこ

魚氷に 補遺 

魚の氷に上るや夢に安吾の死 佐藤鬼房
魚は氷に上りくつたくなかりけり 燕雀 星野麥丘人
魚は氷に上りて白き鴎どり 森澄雄
魚は氷に上り石塚友二伝 星野麥丘人 2002年
氷に上る魚亡き人は亡かりけり 雨滴集 星野麥丘人
氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 06:08 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング