<   2017年 04月 ( 262 )   > この月の画像一覧

引鴨  の俳句

引鴨  の俳句

引鴨

例句を挙げる。

いつまでも田畑のさむき鴨帰る 百合山羽公 故園
もう一度雪降つてから鴨帰す 矢島渚男
やはらかきはこべと水と鴨帰る 百合山羽公 故園
一巡は別れの言葉鴨帰る 吉村ひさ志
何万の引鴨と舸夫の言ひあひぬ 石鼎
北蒼しうなじを伸べて鴨帰る 千代田葛彦 旅人木
埋立ての音に急かれて鴨帰る 岩下幸子
大聖寺片野鴨池鴨帰る 石原八束 『風霜記』
巣にこもる鵜をはるかにし鴨帰る 松村蒼石 寒鶯抄
帰る鴨沼の光りの外に出し 石井とし夫
引鴨とへだたるばかり昼の月 昭彦
引鴨にやはらかく口噤みゐる 石田郷子
引鴨に一夜の雪や前白根 湘子
引鴨に弁明などはなかるべし 安住敦
引鴨に昼月きえず風吹く天 飯田蛇笏 雪峡
引鴨に浚渫船は位置変へず 森田峠 逆瀬川
引鴨に目をそらさざりひとり旅 森川暁水 黴
引鴨に虚子なきことにふと暗し 阿部みどり女
引鴨に里人けふも手をかざす 高濱年尾 年尾句集
引鴨のいくたびとなく空にこゑ 石嶌岳
引鴨のうからか友か空に合ふ 中 拓夫
引鴨のうなじをのべてつづきけり 橋本鶏二 年輪
引鴨のおのおののべしうなじかな 橋本鶏二 年輪
引鴨のそゝくさとまた水に落つ 渡辺七三郎
引鴨のふたてにわかる暮天かな 福田甲子雄
引鴨のむかし流人に鳴きし島 佐野まもる 海郷
引鴨の一と声もなく岸離る 保坂とも子
引鴨の三四羽ながら竿づくり 松府楼
引鴨の俯瞰の谷間光りをり 坂本山秀朗
引鴨の又たつ沼の渡船かな 赤木格堂
引鴨の名残りの水尾となりにけり 川岸金治郎
引鴨の声や枕に日が射して 攝津よしこ
引鴨の小さき陣の渡り行く 天野 貞枝
引鴨の日々来日々去る港かな 佐々木遡舟
引鴨の明日の行方に波やさし ひふみ
引鴨の松風ばかり残りけり 井上唖々
引鴨の海上に噴く夜の雲 角川源義
引鴨の消えしまなかにきら~と 皆吉爽雨
引鴨の渦のだんだん高くなり 石田勝彦 秋興
引鴨の空見上げては羽繕ふ 河本好恵
引鴨の羽音しわしわしわしわと 鶏二
引鴨の羽音ののこる日暮空 福田甲子雄
引鴨の翔つにもあらず睦む嘴 コウ子
引鴨や光も波もこまやかに 津田清子
引鴨や大きな傘のあふられて 田中裕明 花間一壺
引鴨や岳のすがたに星残り 岡田貞峰
引鴨や朝なぎつづく舟のみち 胡準
引鴨や網走川は水捲ける 戸川幸夫
引鴨を見し日の宿り妻へ文 森川暁水 黴
引鴨を見し日の泊り妓を呼びぬ 森川暁水 黴
引鴨を見し日下船の君来る日 亀井糸游
引鴨を追ふかに濤の打返す 原コウ子
思ひ羽根日に鮮かに帰る鴨 町田しげき
楓の芽ほのかに紅し鴨帰る 秋櫻子
歳月をわれし得ず鴨帰る 杉山岳陽 晩婚
水中も杭まつすぐや鴨帰る 大串章
水郷をふり向きもせず鴨帰る 町田しげき
消えて又見えて引鴨水や空 皆吉爽雨
湖の剥がるるごとく鴨帰る 藤井寿江子
満天の星に引鴨たぢろがず 中村まゆみ
現世をはみ出して行く鴨数羽 小泉八重子
瞳の中に引鴨の水尾ひきあへる 原裕 青垣
行く鴨にまことさびしき昼の雨 楸邨
行く鴨のまことさびしき昼の雨 加藤楸邨
行く鴨の嘴ほどの月懸りをり 堀口星眠 営巣期
雪壁の炎ゆる夜空ぞ鴨帰る 堀口星眠
雲山脈帰る鴨また夕あをし 堀口星眠 営巣期
頚のべて浦安の鴨帰るなり 鈴木真砂女
頸のべて浦安の鴨帰るなり 鈴木真砂女
風音の夕空となり鴨帰る 古賀まり子 緑の野以後
馳せちがふ野水のひかり鴨帰る 羽公
鴨帰りひろらの波に真珠棚 秋光泉児
鴨帰り俄に青し土手の草 石塚友二
鴨帰るふはふは熱き白湯吹きて 中拓夫
鴨帰る噴火に人は疲れゐむ 金箱戈止夫
鴨帰る日和朱線を強く引く 原裕 葦牙
鴨帰る朝の工場の屋根光り 米沢吾亦紅 童顔
鴨帰る空やはたりと雪やんで 拓夫

引鴨 補遺

あとかたもなく鴨引いてをりたるよ 清崎敏郎
いつまでも田畑のさむき鴨帰る 百合山羽公 故園
たてつづけに光通れり鴨帰る 岡井省二 明野
のこれるは荒波にをり鴨かへる 水原秋櫻子 霜林
やはらかきはこべと水と鴨帰る 百合山羽公 故園
引鴨に一夜の雪や前白根 藤田湘子 途上
引鴨に空ひと雨の来るらしき 鈴木真砂女
引鴨に昼月きえず風吹く天 飯田蛇笏 雪峡
引鴨に浜松は籟送るべし 上田五千石 天路
引鴨に弁明などはなかるべし 安住敦
引鴨に北国はまだ雪の日々 鈴木真砂女 居待月
引鴨に甍よく照る湖の町 鷲谷七菜子 游影
引鴨のあと青々と旅の空 中村苑子
引鴨のその先々のことは知らず 鈴木真砂女 居待月
引鴨の渦のだんだん高くなり 石田勝彦 秋興
引鴨の海上に噴く夜の雲 角川源義
引鴨の空に伸びゐし足場解く 稲畑汀子
引鴨の腰を重しとみたりけり 鈴木真砂女
引鴨の吹雪くがごとし湖の上 山田みづえ 手甲
引鴨の舞うて勢ひのあることも 高浜年尾
引鴨の焚火ばかりを記憶せり 岡井省二 明野
引鴨仰ぐ歎きの過去は忘じゐて 鈴木真砂女 居待月
隠沼のある夜はばたき鴨帰る 山口青邨
何万の引鴨と舸夫の言ひあひぬ 原石鼎 花影
鴨引いてこの方くすり浸りかな 鈴木真砂女 居待月
鴨引いて記すべきもなき日を継げる 上田五千石『琥珀』補遺
鴨引いて小池淋しやさゝら波 正岡子規 鳥帰る
鴨引きし湖に手かざす旅馴れて 藤田湘子 途上
鴨引きし江戸川尻に我宿る 阿波野青畝
鴨引きて雨の水輪を昼に見き 松村蒼石 雪
鴨引きて堰を越えゆく鴨の羽 桂信子 草影
鴨引きて関の鉄砲袖がらみ 百合山羽公 寒雁
鴨引きて放心のさま鳶にあり 百合山羽公 樂土
鴨引きて蛻の池の底暗し 上村占魚
鴨引くか夜をこめて鳴きあはせけり 松村蒼石 雪
鴨引くと灯明の焔の立ち直り 波多野爽波
鴨引くやこよひ弁天島賑はしく 山口青邨
鴨引くやとんどの祭まつさかり 岡井省二 明野
鴨引くや寒き鉄路の走りつゝ 百合山羽公 故園
鴨引くや常陸に白き岩襖 古舘曹人 樹下石上
鴨引くや人生うしろふりむくな 鈴木真砂女
鴨引くや猫悉く屋上に 相生垣瓜人 微茫集
鴨引くや不忍あたり未明の灯 山口青邨
鴨引くや弁財天に御灯明を 山口青邨
鴨引くを見とどけて池一周す 鈴木真砂女 紫木蓮
鴨帰るまへの林泉寂々と 飯島晴子
鴨帰る空鳥曇りとはならず 岡井省二 猩々
鴨帰る松坂屋も上野の山も覚え 山口青邨
鴨帰る日和朱線を強く引く 原裕 葦牙
鴨帰る勿れ白山白きうち 山口誓子
観潮の帰航の雲に鴨引ける 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
雁は帰る鴨はいづこへ種おろし 白雄 白雄句集
帰る鴨鵜に一瞥もなかりけり 鈴木真砂女
帰る鴨鳰と別れを惜しみけり 鈴木真砂女 居待月
空谿の何の谺ぞ鴨かへる 藤田湘子 途上
湖際で鴨引浪にゆられゆられ 平畑静塔
黒茶碗鴨引きし湖のこりけり 桂信子 花影
死火山の陽は青々と鴨引けり 飯田蛇笏 家郷の霧
終の鴨引いて三日の浦の雨 上田五千石 天路
新陵の鴨引く空となりにけり 石田勝彦 秋興
水離れ際やかに鴨引かんとす 上田五千石『琥珀』補遺
巣にこもる鵜をはるかにし鴨帰る 松村蒼石 寒鶯抄
池の鴨引き際いさぎよかりけり 鈴木真砂女
馳せちがふ野水のひかり鴨帰る 百合山羽公 故園
天高く地をはなしては鴨引くか 松村蒼石 寒鶯抄
瞳の中に引鴨の水尾ひきあへる 原裕 青垣
樋鞘の泥恋ひ帰る鴨ならん 阿波野青畝
病室に鴨引く声の縷となりぬ 斎藤玄 狩眼
布袋草咲く 引鴨の名残り舞 伊丹三樹彦
楓の芽ほのかに紅し鴨かへる 水原秋櫻子 古鏡
弁財天夜もみそなはす鴨帰る 山口青邨
目つむりて鴨引くこゑとなりゐたる 森澄雄
陵をめぐりては鴨帰るなり 石田勝彦 秋興以後
頸のべて浦安の鴨帰るなり 鈴木真砂女

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:33 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

帰る雁   の俳句

帰る雁   の俳句

帰雁

例句を挙げる。

あがり膳は勝手に帰る雁なりけり 立允 選集「板東太郎」
いちにちに一便の船雁帰る 石原義輝
うしろにも少し歩いて帰雁の日 大西静城
うちあおぐ帰雁に何か借りがある 森黄波子
けふもなほ田家の客や雁帰る 百合山羽公 故園
こいさんゆけどゆけど頭上に帰る雁 八木三日女
しばらくは橋立に沿ふ帰雁かな 南 うみを
はだら雪伊吹の襞を雁帰る 久米正雄 返り花
はるばると来しごと坂に帰雁聞く 稲垣法城子
まさをなる夜空を負ひし帰雁かな 藤井青咲
みちのくの帰雁に夜風悲しとも 高木晴子 晴居
みちのくはわがふるさとよ帰る雁 山口青邨
乗合と賭はすまじよ帰雁啼く 久米正雄 返り花
五百崎や御舟をがんで帰る雁 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
仰ぎみし帰雁のつばさゆるやかに 高濱年尾 年尾句集
仰臥さびし天はおほかた帰雁など 斎藤空華 空華句集
伊豆沼を平らに残し雁帰る 伊藤雅樹
傘の中帰雁ゆたかに日本海 古舘曹人 能登の蛙
僧の死や草木色添へ鳴く帰雁 月舟俳句集 原月舟
光りしは雁の童子か雁帰る 山田みづえ 手甲
入相の鐘に消えゆく帰雁かな 小坂 灯村
凍雪踏みもしまひとなりし帰雁かな 金尾梅の門 古志の歌
別に動く事務の筆舌雁帰る 北野民夫
剣山に水盛り上がる帰雁かな 佐々木六戈 百韻反故 初學
千両箱を見て出し街を雁帰る 長谷川かな女 花寂び
吾の上父母の上雁帰る 村中[トウ]子
壁ちかくねまりて聞けり帰る雁 『定本石橋秀野句文集』
声立てぬ赤子の欠伸雁帰る 秋元不死男
夕帰雁蔵に安南渡海絵馬 伊藤いと子
夜毎敷く霰こまかに雁帰る 金尾梅の門 古志の歌
大学生おほかた貧し雁帰る 草田男
大山の全き日なり雁帰る 田村木国
大峰に雨来し宵の帰雁かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
大風の凪ぎし夜鳴くは帰雁かな 碧梧桐
家居がちに帰雁の頃となりゐたり 村越化石
屋根石の苔土掃くや帰る雁 室生犀星 魚眠洞發句集
山寺や障子の外を帰る雁 高浜虚子
岬の畑打ちて日々見る帰雁かな 尾崎迷堂 孤輪
岬黒み来し風前の帰雁かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
師のこゑも帰雁の声も沓けしや 吉田笑
帰る雁きかぬ夜がちに成にけり 炭 太祇 太祇句選後篇
帰る雁きこゆる夜の机かな 大峯あきら
帰る雁七艘ならぶ船の上 正岡子規
帰る雁人は家まで歩くなり 鈴木八駛郎
帰る雁幽かなるかな小手かざす 高浜虚子
帰る雁後陣はいまだ泥まぶれ 水田正秀
帰る雁江東版の記者とあり 正雄
帰る雁沖白う夜は風寒し 古白遺稿 藤野古白
帰る雁湯屋あくころの路地の空 矢島房利
帰る雁物思ふ夜の燭暗し 田村西男
帰る雁田ごとの月の曇る夜に 蕪村
帰る雁田は皆水を張り切りぬ 癖三酔句集 岡本癖三酔
帰る雁空の青さを遠くして 村沢夏風
帰る雁見し夜の壺に花満たす 菖蒲あや あ や
帰る雁見ゆるあをあを空流れ 木附沢麦青
帰る雁雲にも深き峡のあり 岡田貞峰
帰雁いま舳倉へ棹の延びてゆく 辻口静夫
帰雁とどまらず愛惜の刻もまた 佐藤 国夫
帰雁のあとの空へふわふわ子供の声 磯貝碧蹄館 握手
帰雁の窓煙草を吸へば智恵も出む 北野民夫
帰雁東風農夫ら土を篩ひをり 佐藤 国夫
帰雁見えなくなりまた青空また山並 安斎櫻[カイ]子
帰雁見る屈葬に似てひざをだき 有馬朗人 知命
帰雁鳴き尽きず曠野の尽きざりし 依田明倫
幾列か帰る雁見て日の暮るる 江中真弓
往診に病む身を駈るや雁帰る 相馬遷子 山国
思ふさま寝てはこして帰雁 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
患ひし者なきさまぞ帰る雁 高田蝶衣
惜別の一声こぼし雁帰る 桑原光代
愁ひ人頭をあげよ帰る雁 比叡 野村泊月
持ち寄りて一升足らず帰る雁 永井龍男
撓みくる帰雁の下の無明かな 齋藤玄 飛雪
旅人に並木はづるゝ帰雁かな 尾崎迷堂 孤輪
旅人の仰いでをりし雁帰る 中澤 なみ子
日々に病人づくや雁帰る 久保田万太郎 流寓抄以後
日と海の懐に入り雁帰る 阿部みどり女
暮れもせず猪木も帰る雁帰る 坪内稔典
書肆いでゝ雁帰る日の雨にあふ 長谷川双魚 風形
木簡に残る税の字雁帰る 佐藤サチ
本郷は横丁ばかり雁帰る 上田日差子
樽前山は月の高座雁帰る 古舘曹人 砂の音
死にせれば雨夜帰雁の声の数 千代田葛彦 旅人木
死ぬために天上帰る雁ならめ 三谷昭 獣身
残肴に青き菜のあり帰雁啼く 久米正雄 返り花
沼に浮く日のまどかさを雁帰る 金尾梅の門 古志の歌
泥くさき男女に帰雁水くさし 橋石 和栲
海道に渡海の津々や雁帰る 尾崎迷堂 孤輪
混沌の国から国へ雁帰る 浜名礼次郎
湧きに湧く帰雁の空の暗みたる 依田明倫
灯台に上ればはるかなる帰雁 清崎敏郎
烈風の沼の濁りや帰る雁 新井英子
燈台の闇や帰雁の南より 蘇山人俳句集 羅蘇山人
燐寸しめり帰雁の閑に一藁屋 古舘曹人 能登の蛙
燭の火をーつずつ消し帰雁を消す 中島斌雄
父はみな「工人ヨゼフ」帰雁ひそか 中村草田男
田圃中路の乾きて帰る雁 廣江八重櫻
町なかの夜の池ひかる帰雁かな 米沢吾亦紅 童顔
町の夜の帰雁の声を惜みける 下村槐太 光背
病室は真四角で帰る雁きこゆ 佐野良太
痛ければ胸抱き帰る雁に逢ふ 岸風三樓
痛み症に母雨といふ帰る雁 富田木歩
癌が先しんがりにわれ雁帰る 牧石剛明
白き山北を塞げり雁帰る 松村蒼石 春霰
眉上げて帰雁のこゑに打たれけり 野々村紫
眼うらの山河は濡れて帰る雁 江中真弓
眼の中も春深くして帰る雁 沼尻巳津子
眼をとぢてまぶたつめたし帰る雁 黒木 野雨
石狩の夜は沼明り雁帰る 新田充穂
砂風の橋を落ち行く帰雁哉 内田百間
空に水尾引くかに月の帰雁かな 倉田晴生
糞船の上騒がしき帰雁かな 西山泊雲 泊雲句集
紀のはての白濤ばかり雁帰る 米沢吾亦紅 童顔
納屋二階住みかたむきて帰雁哉 冬葉第一句集 吉田冬葉
線香の煙野に立つ帰雁かな 大村てつお
織り習ひも爪根染む頃帰る雁 安斎櫻[カイ]子
美しき帰雁の空もつかの間に 星野立子
聲幾重帰雁に夜空ありにけり 依田明倫
船室の枕ちひさし雁帰る 奥坂まや
花よりも団子やありて帰る雁 貞徳
苗代を先づあてにして帰る雁 ぶん村 二 月 月別句集「韻塞」
落ちかかる月をめぐりて帰る雁 飯田蛇笏 雪峡
落日のあとの湖照る帰雁かな 石田久美子
蒙古風に船出ずといふや雁帰る 楠目橙黄子 橙圃
蝶となる芋蟲と帰る雁と哉 内田百間
行く雲も帰雁の声も胸の上 斎藤空華(1918-50)
遠ざかる帰雁の声や男鹿岬 荻原都美子
野の煙帰雁の空を汚しけり 辻口静夫
鏡蔽へばまこと雨あり帰雁鳴く 久米正雄 返り花
長江は帰雁の空の下に在り 深川正一郎
雁帰りまたすゝみたる眼鏡の度 菖蒲あや あ や
雁帰りゆくしほどきの日和かな 猪俣千代子 秘 色
雁帰ることも十年の尋ね人 石塚友二 光塵
雁帰るころやしづまる二月堂 青々
雁帰るたつきは吾も人も苦し 岸風三楼 往来
雁帰るとぼそ明りにめざめをり 金尾梅の門
雁帰るまでに田の塊たたかねば 村上一葉子
雁帰るキユーポラのある町空を 原田青児
雁帰る一羽や遅れ定年期 岸風三樓
雁帰る三好達治の三国町(越前三国「川喜」にて) 石原八束 『風信帖』
雁帰る下に時化をり三国港 伊藤柏翠
雁帰る亡き夫の反故焚きをれば 石田あき子
雁帰る人の訣れも多き頃 藤浦昭代
雁帰る別れの池を旋回し 足立 玉翠
雁帰る卒然明き六区の灯 石塚友二 方寸虚実
雁帰る古き和服を見てをれば 佐野とし
雁帰る声がみとりの夜ごもりに 吉川 春藻
雁帰る大空濁り放しかな 深川正一郎
雁帰る幕を揚げてもおろしても 間石
雁帰る心の綻びそのままに 浦木やす子
雁帰る明るさに径つづきをり 原裕 葦牙
雁帰る月の光を背に浴びて 阿部月山子
雁帰る月夜と思ひ覚めてをり 八牧美喜子
雁帰る父の山また母の川 斎藤慎爾(1939-)
雁帰る神田もいまはビルの町 山本歩禅
雁帰る空あり彼方ありにけり 星野高士(1952-)
雁帰る翼下は暮れてゐたりけり 奥田智久
雁帰る野鍛冶老いても大男 百合山羽公 寒雁
雁帰る頃や女院の塔籠り 雉子郎句集 石島雉子郎
雁帰る黒服潮のしめり帯び 金子兜太
雛の餅きのふは帰る雁を見て 百合山羽公 故園
雨だれや暁がたに帰る雁 鬼貫
雨雲湧く帰雁ぐんぐんぐんぐんと 加藤瑠璃子
雪の嶺うつろに照れり雁帰る 相馬遷子 雪嶺
雪の斑の澄む甲斐駒へ雁帰る 堀口星眠 火山灰の道
非は常に男が負ひぬ帰る雁 加藤楸邨
順礼と打ちまじり行く帰雁かな 服部嵐雪
額に手を当てをり帰雁曇かな 皆川白陀
額よせてかたりもぞすれ帰雁なく 久保田万太郎 流寓抄
風紋のたわむ限りを雁帰る 鍵和田釉子
飯粒で封じる手紙雁帰る 有馬朗人
馬曳いて海道行けば帰雁かな 尾崎迷堂 孤輪
高爐さかんしづかにしづかに雁帰る 加藤知世子
高階にあり眼前を雁帰る 相馬遷子 雪嶺
高館に声を落して雁帰る 菅原野火男
とりかねる夫の機嫌雁かへる 鈴木真砂女 生簀籠
ひとりゐの膝こぶいたく雁かへる 角川源義
スープの匙雁ゆく海を曳航せり 八木三日女
傘の中帰雁ゆたかに日本海 古舘曹人 能登の蛙
姉沼も雁ゆくころか葱しなぶ 橘川まもる
帰る雁行くゆく海波高みけり 飯田蛇笏 椿花集
東京の雁ゆく空となりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
生れざりせばと思ふとき雁かへる 鈴木真砂女 生簀籠
砂丘越え雁行に逢ふ浪の際 大野林火
空瓶の首も砂丘に雁かへる 百合山羽公 寒雁
胸の上に雁ゆきし空残りけり 石田波郷
菜の花に田家没して雁かへる 百合山羽公 故園
酪農に雁ゆく夜空曇りけり 西島麦南 人音
阿蘇噴いて汽車と葬列雁行す 石原八束 空の渚
雁かへる夜半の雨音いたるとき 貞
雁かへる方や白鷺城かたむく 萩原麦草 麦嵐
雁かへる雨夜汗ばむ羽織かな 岡本松浜 白菊
雁ゆかせ津軽よされの高調子 高澤良一 燕音
雁ゆきし空の名残りと氷りけり 小林康治 『華髪』
雁ゆきてしばらく山河ただよふも 上田五千石(1933-97)
雁ゆきてしまひし光つづきたる 小林康治 『叢林』
雁ゆきてしまひし足のさむさかな 関戸靖子
雁ゆきてべつとりあをき春の嶺 飯田蛇笏
雁ゆきてまた夕空を滴らす 藤田湘子
雁ゆきて物干竿の露の列 榎本冬一郎 眼光
雁ゆくかた何もなし雁見て帰る 磯貝碧蹄館 握手
雁ゆくと夜のあめつち声をのむ 軽部烏頭子
雁ゆくと立てば鳴りつぐ現場椅子 米沢吾亦紅 童顔
雁ゆくやキッチン・ドリンカーの姉に 中烏健二(1953-)
雁ゆくや古き映画の二本立テ 敦
雁ゆくや押入れの闇そのままに 糸大八
雁ゆくや月照る海と月ありて 山口波津女 良人
雁ゆくや殉教の碑へ声落し 三谷和子
雁ゆくや母の文また読みかへす 山口波津女 良人
雁行くやひとたび捨てし虫を掌に 栗林千津
雁行くや厨ゆたかに湯を捨つる 久米正雄 返り花
雁行くや堅田にのこる御文章 大峯あきら
雁行くや月に片照る石舞台 羽田岳水
雁行くや白粉塗つて旅はじまる 栗林千津
雁行くを見る空壜を鳴らすとき 対馬康子 純情
雁行て門田も遠くおもはるゝ 蕪村 春之部 ■ ある人のもとにて
雁行な小菜もほち(ち)や~ほけ立に 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
雁行に雲荒れもなし年の暮 渡辺水巴 白日
雁行のとゝのひし天の寒さかな 渡邊水巴
雁行の声落ちにけり冬座敷 渡辺水巴 白日
雁行やノートを破り伝言す 対馬康子 純情
雁行や仰ぐ操り人形も 平井照敏 天上大風
雁行や初秋の雪の降る地平 対馬康子 吾亦紅
雁行や向かい合わせの木のベンチ 対馬康子 吾亦紅
革命歌屋上にわき雁かへる 加藤楸邨
高潮の雁行月にしづみけり 飯田蛇笏
雁引くや荒布色なる島の子ら 高澤良一 ねずみのこまくら

帰る雁 補遺

あて人の田の米くふて帰る雁 正岡子規 帰雁
おのづから花圃にある日や帰る雁 中村汀女
けふもなほ田家の客や雁帰る 百合山羽公 故園
シヤツぬいで寝る夜帰雁のわたりけり 大野林火 冬雁 昭和二十一年
なまぬるき水がいやのか帰る雁 正岡子規 帰雁
バスの灯の紫遠し雁帰る 山口青邨
みちのくにしなのの国に帰る雁 山口青邨
みちのくはわがふるさとよ帰る雁 山口青邨
めしひたるひとのまはりを帰る雁 渡邊白泉
闇市に隣る野授業雁帰る 加藤秋邨
磯の辺の天行く雁や声亘る 石塚友二 光塵
越路から不二を見返せ帰る雁 正岡子規 帰雁
炎とならぬ島の落日雁帰る 鷲谷七菜子 銃身
往診に病む身を駈るや雁帰る 相馬遷子 山国
牡丹の帯織る窓や帰る雁 有馬朗人 天為
下宿屋の螢雪の灯や雁帰る 山口青邨
海原にどこ行く雁そけふの月 正岡子規 今日の月
干紐の緩び整して帰雁以後 岡本眸
雁帰り梢は我に帰りけり 加藤秋邨
雁帰ることも十年の尋ね人 石塚友二 光塵
雁帰るこの日古風に夕焼けて 中村苑子
雁帰るわれ等は街をひたに抜け 中村汀女
雁帰る卒然明き六区の灯 石塚友二 方寸虚実
雁帰る卒然明き六區の灯 「方寸虚実」石塚友二
雁帰る町に生徒とみやげ選る 大野林火 早桃 太白集
雁帰る病めば愛憎遠くして 岡本眸
雁帰る浜の藻屑は黒きまま 桂信子 花影
雁帰る幕を揚げてもおろしても 橋閒石
雁帰る明るさに径つづきをり 原裕 葦牙
雁帰る野鍛冶老いても大男 百合山羽公 寒雁
雁金の背戸から立て帰りけり 正岡子規 帰雁
雁行くや砂山が消え童消ゆ 藤田湘子 てんてん
雁行く方宵の新月来つつあり 中村草田男
雁行と行く手同じく美濃に入る 能村登四郎
雁行に雲荒れもなし年の暮 渡邊水巴 白日
雁行のとゝのひし天の寒さかな 渡邊水巴 白日
雁行の声落ちにけり冬座敷 渡邊水巴 白日
雁行や駅東海に到るべく 山口誓子
雁行や仰ぐ操り人形も 平井照敏 天上大風
帰るかやあれあれ雁が向ふから 正岡子規 帰雁
帰るとて雁は二つに分れけり 正岡子規 帰雁
帰るにも朋有り雁の二羽三羽 正岡子規 帰雁
帰る雁おほかたは声ともなはず 鷹羽狩行
帰る雁一つはぐれてしまひけり 日野草城
帰る雁行くゆく海波高みけり 飯田蛇笏
帰る雁行く人さらになかりけり 正岡子規 帰雁
帰る雁今不忍を立ちにけり 正岡子規 帰雁
帰る雁耳に達する声なき中 中村草田男
帰る雁七艘ならぶ船の上 正岡子規 帰雁
帰る雁風船玉の行方哉 正岡子規 帰雁
帰る雁朧に奈良や見ゆらんか 正岡子規 帰雁
帰雁見る屈葬に似てひざをだき 有馬朗人 知命
帰雁見る賤がたつきの貝料理 阿波野青畝
去なうかと相談し居る夜の雁 正岡子規 帰雁
仰ぎみし帰雁のつばさゆるやかに 高浜年尾
琴立てて曇続きを雁帰る 橋閒石
倶利伽藍の雪やなだれん帰る雁 内藤鳴雪
見うしなふ帰雁茜は空にのみ 鷲谷七菜子 銃身
湖山に声も落さず雁帰る 鷲谷七菜子 游影
光りしは雁の童子か雁帰る 山田みづえ 手甲
行かんとして雁飛び戻る美人哉 正岡子規 帰雁
行く雁に雲の渚は音も無し 林翔
行く雁のかげは見えねど安らげり 松崎鉄之介
行く雁の曇り深めて消えしかな 大野林火 月魄集 距和五十七年
行く雁の啼くとき宙の感ぜられ 山口誓子
行く雁や芭蕉の知らぬ河口堰 鷹羽狩行
高階にあり眼前を雁帰る 相馬遷子 雪嶺
高潮の雁行月にしづみけり 飯田蛇笏 家郷の霧
今よ今よ行く雁一つ一つ羽摶つ 中村草田男
今朝も雁帰りけり雁帰りけり 正岡子規 帰雁
今朝摘みし青菜一籠雁帰る 村山故郷
今年見ぬ帰雁を見たしあるきをり 加藤秋邨
砂丘越え雁行に逢ふ浪の際 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
妻に買ひしものいくばくか帰る雁 能村登四郎
冴えつづく夜の胸の上を雁帰る 橋閒石 雪
殺生石の空はるかなる帰雁かな 正岡子規 帰雁
殺生石の空や遥かに帰る雁 正岡子規 帰雁
傘の中帰雁ゆたかに日本海 古舘曹人 能登の蛙
山をこす提灯もあり帰る雁 正岡子規 帰雁
山を焼く煙の中や帰る雁 正岡子規 帰雁
時経ちぬ帰雁の声と知りしより 中村汀女
小机を構へて雁の別れかな 齋藤玄 飛雪
松前の雪が見えるか帰る雁 正岡子規 帰雁
沼に今下り行く雁と畦火かな 高野素十
城ヶ島はさびしき島や帰雁鳴く 村山故郷
森蔭になり行く雁の鳴く音かな 河東碧梧桐
厨房の火の燃えつづけ帰る雁 中村汀女
雛の餅きのふは帰る雁を見て 百合山羽公 故園
声立てぬ赤子の欠伸雁帰る 秋元不死男
石ありき帰雁ありし夜ほの青み 加藤秋邨
赤坂に帰る雁あり蕪村展 雨滴集 星野麥丘人
雪の嶺うつろに照れり雁帰る 相馬遷子 雪嶺
洗ひ髪つかんて見るや帰る雁 正岡子規 帰雁
洗ひ髪顔にかゝるや帰る雁 正岡子規 帰雁
大学生おほかた貧し雁帰る 中村草田男
大学生明き灯に読み帰雁鳴く 日野草城
大声に鳴き行く雁の名残哉 正岡子規 帰雁
大風の凪ぎし夜鳴くは帰雁かな 河東碧梧桐
樽前山は月の高座雁帰る 古舘曹人 砂の音
町とてもひとりゆく道雁帰る 中村汀女
町の夜の帰雁の声を惜しみける 下村槐太 天涯
泥くさき男女に帰雁水くさし 橋閒石
東京の夜空はまぶし帰る雁 山口青邨
東京の余白の空を帰る雁 加藤秋邨
灯台といへども無人帰る雁 阿波野青畝
童らにきちきちとして雁行きし 細見綾子
道つれにせばやなふなふ帰る雁 正岡子規 帰雁
日の羽のおのれ脱ぎつつ雁帰る 岡井省二 有時
日落ちて海山遠し帰る雁 村上鬼城
白い山白い山へと帰る雁 正岡子規 帰雁
白波の果に帰雁の空展く 桂信子 花影
帆揚げゝり船出でけり雁帰りけり 正岡子規 帰雁
非は常に男が負ひぬ帰る雁 加藤秋邨
飛石も人も雁行月見茶事 平畑静塔
美しき帰雁の空も束の間に 星野立子
焚火すれば舟待つらしも帰る雁 河東碧梧桐
聞きやるや闇におし行く雁の聲 正岡子規 雁が音
壁ちかくねまりて聞けり帰る雁 石橋秀野
放鳩やうすうす帰る雁の列 石田波郷
北ぐにの曇りづめなる帰雁かな 桂信子 花影
岬黒み来し風前の帰雁かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
野の末の雁の別れに立ちつくす 細谷源二 鐵
落ちかかる月をめぐりて帰る雁 飯田蛇笏 雪峡
燐寸しめり帰雁の閑に一藁屋 古舘曹人 能登の蛙
路地の空見上げてみても帰雁なし 鈴木真砂女 夏帯
壺の口遠し帰雁の下にして 加藤秋邨
撓みくる帰雁の下の無明かな 齋藤玄 飛雪
椽端に見送る雁の名残哉 正岡子規 帰雁
躓きて雁の別れのもう見えぬ 加藤秋邨

帰る雁 続補遺

けふはみな鳥羽にそろふや帰雁 尚白
さゞ波やさんざめかして帰雁 尚白
にくけれど我田に肥て帰雁 桜井梅室
はし帋を文に残して帰る雁 馬場存義
みよしのを雲の出初や帰る雁 土芳
むまさうに下腹見せて帰る雁 凉菟
わたるかと寒き夜もあり帰雁 蓼太 蓼太句集二編
羽あらばつれられたしや帰雁 りん女
羽子板にまねいて見るや帰雁 木導
雨だれや暁がたに帰る雁 鬼貫
横文字や富士にちよつちよと帰る雁 野坡
花よりも団子やありて帰る雁 松氷貞徳
帰る雁きかぬ夜がちに成にけり 炭太祇
帰る雁みな菱喰に見ゆるなり 白雄 白雄句集
帰る雁蝦夷が矢先に待るゝな 加藤曉台
帰る雁瀬田をまはればゆみと弦 馬場存義
帰る雁病て残るもなかりけり 三宅嘯山
帰雁米つきも古里やおもふ 其角
出没と峠の雲を帰雁かな 東皐
小づれとていそがしげなり帰る雁 松窓乙二
笑ふぞよ花を見捨て帰雁をはゞ 杉風
煎鍋の夢のさめてや帰雁 露川
田から田へ例のさはぎや帰る雁 猿雖
田を買て標うつ日から帰る雁 桜井梅室
苗代を先あてにして帰る雁 〔ブン〕村
米踏の見送る空や帰る雁 三宅嘯山
夜通に何を帰雁のいそぎ哉 浪化

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:30 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春分の日  の俳句

春分の日  の俳句

春分の日

例句を挙げる。

ギターの音春分の日の寺にかな 藤井寿江子
幹つたふ春分の日のひかりかな 岡部名保子
日も真上春分の日をよろこべば 林 翔
春分の日なり雨なり草の上 林翔
春分の日の切株が野に光る 安養白翠
春分の日をやはらかくひとりかな 山田みづえ
昨日漉きし紙春分の日を過す 小島昌勝
木々の芽に春分の日の雨軽し 市ヶ谷洋子
正午さす春分の日の花時計 松岡ひでたか
雨着透く春分の日の船の旅 秋元不死男

春分の日 補遺

たにぐゝの日ねもすなきぬお中日 原石鼎 花影
紅梅に中日過し彼岸哉 正岡子規 彼岸
黒い牛歩く春分の日が真上 有馬朗人 母国
春分の昼の鏡にゆらぎをり 岡井省二 鯛の鯛
春分の日をやはらかくひとりかな 山田みづえ 木語
春分の日霊(ひる)の方舟なりしかな 岡井省二 鯛の鯛
春分の日霊の真闇のナマケモノ 岡井省二 鯛の鯛
春分も棒一本の浅蜊掻 百合山羽公 樂土以後
春分や幼が書いて鏡文字 岡井省二 鯛の鯛
春分を迎ふ花園の終夜燈 飯田蛇笏
突堤に春分の日を落しけり 星野麥丘人
彼岸中日は昨日となりしを雪が降る 細見綾子
彼岸中日子が来る日とす約はせねど 安住敦

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:21 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

彼岸詣   の俳句

彼岸詣   の俳句

彼岸詣

例句を挙げる。

あだし野の秋の彼岸の仏道 倉田 紘文
お彼岸の中婆々ばかり一と屯ろ 河野静雲
お彼岸や末寺の尼ぜ本山へ 星野立子
お彼岸や池をめぐりて詣で人 後藤夜半 翠黛
こゝにきて 彼岸の入日 額にうける 吉岡禅寺洞
しみたれの袋をさげて彼岸婆々 河野静雲 閻魔
はらからに会ふ彼岸会の斎の刻 深谷雄大
みぎひだり廊下まちがへ彼岸婆々 河野静雲 閻魔
ダム開くや吹きすさぶ白彼岸花 澁谷 道
ベカ群るる道にも溢れ彼岸潮 石田あき子 見舞籠
リリック・ソプラノの称名彼岸婆 塚本邦雄 甘露
一家族日向を過ぎし彼岸寺 藺草慶子
一族の婆先頭に彼岸墓地 山田節子
一期かな彼岸桜に一会かな 京極杞陽
丈六の卒塔婆みちを彼岸婆 原 裕
三井寺の彼岸に詣る湖舟かな 比叡 野村泊月
丘陵の雑木吹鳴る彼岸道 高澤良一 随笑
乞食仲間にひたうたれ彼岸会の夕 梅林句屑 喜谷六花
亡き母のことあれこれと彼岸寺 塩川雄三
人について行くや彼岸の無量寺へ 彼岸 正岡子規
人暗き聴法の灯や彼岸寺 会津八一
仏なき吾が墓地覗く秋彼岸 仲安俊雄 『冬耕』
他宗とて敬して過ぎぬ彼岸寺 景山筍吉
仮堂にして彼岸会の燭太し 百合山羽公 寒雁
会釈して影の縮まる彼岸婆 岸田稚魚
倶会一処と彼岸桜の下の墓碑 堀 古蝶
僧の間に古りし助炭や彼岸寺 冨田みのる
光わかち浜七ケ寺の彼岸かな 加倉井秋を
光わかち浜七ヶ寺の彼岸かな 加倉井秋を 『欸乃』
判りにくき墓地の地図見て秋彼岸 高澤良一 暮津
午前中子守婆午後彼岸婆 小原澄江
哀れなる法師も見えつ彼岸寺 会津八一
喫泉が婆にとびつく彼岸かな 秋元不死男
地獄波凪ぎ誕生寺秋彼岸 吉川鬼洗
地獄絵を媼の拝む彼岸寺 渡辺威人
墓の雪払ひて彼岸詣かな 鈴木康永
墓地の塀少し撓んで秋彼岸 高澤良一 暮津
夕ぐれの彼岸詣はなつかしき 深川正一郎
大鴉一樹に一羽彼岸墓地 阿部みどり女 月下美人
婆々達に木魚ぽく~彼岸来 河野静雲 閻魔
婆がのぞく大甕の水彼岸寺 倉橋羊村
宝蔵の扉開けある彼岸寺 中島信峯
家々に雨ふりしぶく彼岸道 飯田龍太
寺に自転車乗りつけてあり秋彼岸 高澤良一 暮津
寺要日記に滲む墨色彼岸入 殿村莵絲子 牡 丹
居眠るも弥陀と道づれ彼岸講 市川かな江
山の木のつぶさに見ゆる彼岸かな 大峯あきら 鳥道
山一つかはり雪みち彼岸前 魚目
山国に雪の彼岸の一会かな 金田あさ子
山門にラジオ放送彼岸寺 岸風三楼 往来
引水に豆腐沈めて彼岸寺 伊沢四子
彼岸から片手の伸びて草団子 鳴戸奈菜
彼岸の道の年寄の声におくれつつ行くや 梅林句屑 喜谷六花
彼岸会にわが夕厨鯖を煮る 百合山羽公 故園
彼岸会に問いかけの椅子昏れそめて 川崎ふゆき
彼岸会のなほ西方に日暮星 百合山羽公 寒雁
彼岸会の供華を無縁の仏にも 粕谷容子
彼岸会の僧の後につつしめり 猪俣千代子 堆 朱
彼岸会の善男善女の中に吾 福井鳳水
彼岸会の四天王寺に蛇使ひ 大坪景章
彼岸会の回向鐘たゞわんわんと 右城暮石 上下
彼岸会の墓守に置く心付け 大石英子
彼岸会の心経誦せば母のこゑ 岡田 和子
彼岸会の故山ふかまるところかな 飯田蛇笏 春蘭
彼岸会の故山邃まるところかな 飯田蛇笏
彼岸会の昼からの雨濃かりけり 大場白水郎
彼岸会の氷菓正体なくなりぬ 横山白虹
彼岸会の浮雲ひとつのこしけり 吉田鴻司
彼岸会の片頬さむし水飲んで 中拓夫 愛鷹
彼岸会の眼玉覗けば山暗し 鈴木湖愁
彼岸会の空にふくらむ火種かな 杉野一博
彼岸会の若者となり端に座す 斉藤葉人
彼岸会の若草色の紙包 岡本眸
彼岸会の蝋涙あをく夕寂びぬ 大竹孤悠
彼岸会の読経のひびく千代尼塚 徳野正枝
彼岸会の雀の腹の暗がりヘ 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
彼岸会の音たててゐる焚火かな 吉田鴻司
彼岸会の風にのりくる牛の声 神坂知恵子
彼岸会の風のちらばる山ばかり 松澤昭
彼岸会の鵯一羽来て二羽となる 角川照子
彼岸会やお西お東こだはらず 天川物丸
彼岸会やこゑの枯れたる老鸚鵡 松村蒼石 雪
彼岸会やすべて有髪の墓ならで 平畑静塔
彼岸会やふるさと人も背広着て 草村素子
彼岸会や双手について老の杖 助 二郎
彼岸会や妻の煮しめの薄味に 中拓夫 愛鷹
彼岸会や実家の仏間うす暗く 平田まり
彼岸会や手空きの僧の遅昼餉 静 良夜
彼岸会や浮世話の縁者たち 清水基吉
彼岸会や浮田のかすむ牛久沼 小林蛍二
彼岸会や猫が導師の座にをりし 福島せいぎ
彼岸会や積木のごとく無縁墓 戸井一洲
彼岸会や花吹き入るゝ青畳 泉珀雲
彼岸会や身内の下駄を一纏め 久米幸叢
彼岸会や院家も生けるよろこびに 河野静雲
彼岸会や雨はらはらと通り過ぎ 草間時彦
彼岸会や霙まじりの蘆の雨 庄司圭吾
彼岸会や青葉一枚水に泛く 永島靖子
彼岸会をいづこの魚の赤き鰭 斎藤玄 雁道
彼岸入り斎粥熱き禅の寺 竹川貢代
彼岸婆つぶやき経となりゐたり 中谷真風
彼岸婆和讃終へてもつぶやけり 町田しげき
彼岸寒切張多き寺障子 福永京子
彼岸寺いづこ風船をどり来る 林原耒井 蜩
彼岸寺こぼれるやうに雀ゐて 宇咲冬男
彼岸寺こぼれるように雀いて 宇咲冬男
彼岸寺庫裏に干しある女傘 茂里正治
彼岸花僧の姿の道祖神 鈴木千恵子
彼岸荒れ塔婆に塔婆応へゐて 高澤良一 宿好
彼岸西風竿に抱きつく婆の服 古河ともこ
彼岸詣鐘の供養に撞きにけり 岡本松浜
彼岸道あまりに草の深きかな 白水郎句集 大場白水郎
彼岸道つきさうもなき立話 河野静雲 閻魔
御院家にちよとものいひに彼岸婆々 河野静雲 閻魔
念仏の一人芝居や彼岸寺 大橋硯山
念仏講に顔そろひたる彼岸婆 鰍沢真佐子
愚妻ぞと云えど道づれ彼岸東風 富田潮児
手に持ちて線香賣りぬ彼岸道 高濱虚子
抱いて見る彼岸の湯婆埓もなや 萩原麦草 麦嵐
日当りて彼岸寺なり白毫寺 外川飼虎
春彼岸悟りの道を聴く日かな 福永茂一
木に鶏の止りて秋の彼岸寺(福岡篠栗霊場) 岸田稚魚 『花盗人』
木履あまた草履も見えて彼岸寺 廣江八重櫻
木洩れ日のまんだら道や秋彼岸 今井誠人
未亡人と見てうら若し彼岸みち 占魚
村ちさし即ち小さき彼岸寺 細川加賀 『玉虫』以後
杖をつく顔がぶる~彼岸婆々 河野静雲 閻魔
杣人はなべて旧暦彼岸西風 道川虹洋
東京の寺に詣づる彼岸かな 永井龍男
桔梗折つて婆のつれ立つ彼岸哉 桔梗 正岡子規
梅林に雪積む彼岸詣でかな 浦野栄一
梵妻も一目置くや彼岸婆 橘 榮春
森に入れば森の暗さに彼岸婆 加倉井秋を
母のため彼岸団子を買ひにけり 錦織 鞠
沢庵のつみきり喰ひも彼岸婆 河野静雲 閻魔
浮きあがる彼岸団子のふぞろひに 伊藤ゆきえ
温泉の里の一つの寺の彼岸かな 楠目橙黄子 橙圃
烏骨鶏の夫婦出歩き彼岸寺 熊谷愛子
無住寺の灯りの見えて彼岸入り 関根昌子
爺婆の蠢き出づる彼岸かな 内藤鳴雪
犬猫の墓地の賑はふ秋彼岸 寺岡捷子
瓔珞の鳴るにやすらぐ彼岸寺 小山曲江 『余韻』
町中の墓地通り抜け秋彼岸 高澤良一 暮津
疱瘡の神へ彼岸詣のついで哉 彼岸 正岡子規
石段のいま照つてゐる彼岸かな 大峯あきら 鳥道
石積みて仏宿らす彼岸道 山下桂子
砂町や電柱の辺の彼岸墓地 萩原麦草 麦嵐
秋彼岸好きな道来て賞罰なし 中島福子
秋彼岸寺に陣どる綿菓子屋 高萩弘道
秋彼岸詣り合はせてみな親し 深見けん二
童子あり熱き彼岸の団子あり 成田千空
竹垣の縄のゆるみも彼岸寺 神尾久美子 桐の木
罵れる歯がすこやかや彼岸婆 綾部仁喜 樸簡
義仲寺の水のにごれる彼岸かな 深見けん二
老どちは秋彼岸会の薄羽織 高橋淡路女 淡路女百句
耳遠き婆の餅買ふ彼岸かな 白岩三郎
腰の手のはだか線香や彼岸婆々 河野静雲 閻魔
苔寺の苔の漸く彼岸かな 尾崎迷堂 孤輪
茶を点てて彼岸団子を喜ばす 後藤比奈夫 めんない千鳥
誘ひあひ彼岸詣の老姉妹 星野立子
説く僧に合点々々や彼岸婆 森永杉洞
谷戸の道彼岸の鐘がうしろより 町田しげき
輪をかいてつきゆく杖や彼岸婆々 河野静雲 閻魔
逆か詣のお彼岸舟の浪かぶり 安斎櫻[カイ]子
這ひ出して来たとよろこび彼岸婆々 河野静雲
通りすがりの人掴まえて彼岸婆 高澤良一 宿好
道端の墓にも彼岸詣かな 宇都木未曾二
遮二無二と婆々が工面の彼岸餅 河野静雲
野の道に彼岸の人のつゞきけり 彼岸 正岡子規
長谷寺に法鼓轟く彼岸かな 高浜虚子
雲に古る扉の花鳥彼岸寺 飯田蛇笏 春蘭
響き合ふ和讃の鉦や彼岸寺 長島 操
預けおく彼岸団子を帰るさに 高澤良一 さざなみやつこ
香焚きて明けの彼岸を家居する 大野水会
駄々走り来て小水の彼岸婆々 静雲
高札をかついで僧や彼岸道 比叡 野村泊

彼岸詣 補遺

いづこにもわれ居らずして彼岸寺 野澤節子 八朶集以後
そそくさと彼岸婆とし出で行けり 石塚友二 磊[カイ]集
雲に古る扉の花鳥彼岸寺 飯田蛇笏 春蘭
仮堂にして彼岸会の燭太し 百合山羽公 寒雁
会釈して影の縮まる彼岸婆 岸田稚魚
貫きて黒し壮者の彼岸道 斎藤玄 狩眼
山街道彼岸詣を通すのみ 大野林火 飛花集 昭和四十八年
珊瑚の櫛追う彼岸会 母などいない筈の 伊丹三樹彦
飼ひ鳩を連れ来て放つ彼岸寺 右城暮石 句集外 昭和四十八年
自転車に吾子乗せて行く彼岸寺 高田風人子
沼に沿ひ杖を漕ぎゆく彼岸婆 秋元不死男
消えし火のあと確かむる彼岸寺 廣瀬直人
吹き荒るる彼岸会の大テント張 右城暮石 句集外 昭和四十四年
水子塚彼岸詣に猫抱きて 平畑静塔
青竹の新花筒や彼岸寺 細見綾子
赤坊のひとりごちせる彼岸寺 岸田稚魚
茶を点てて彼岸団子を喜ばす 後藤比奈夫
彼岸会にわが夕厨鯖を煮る 百合山羽公 故園
彼岸会のなほ西方に日暮星 百合山羽公 寒雁
彼岸会の回向鐘たゞわんわんと 右城暮石 上下
彼岸会の故山ふかまるところかな 飯田蛇笏 春蘭
彼岸会の若草色の紙包 岡本眸
彼岸会の青草に湖真平ら 飯田龍太
彼岸会の老婆の踊り素面素手 右城暮石 句集外 昭和三十九年
彼岸会やここらはバードサンクチユアリ 三橋敏雄
彼岸会やこゑの枯れたる老鸚鵡 松村蒼石 雪
彼岸会やすべて有髪の墓ならで 平畑静塔
彼岸会や触れて冷たき赤子の手 岸田稚魚 紅葉山
彼岸会や朝から雨の降りしきり 鈴木真砂女 夏帯
彼岸寺松の根こぶに腰おろし 細見綾子
彼岸団子作らずじまひ一人悔ゆ 細見綾子
彼岸団子買ひ来墓参は欠礼せり 安住敦
彼岸婆笑うてばかりゐたりけり 寒食 星野麥丘人
彼岸婆々阿難の嶮を越えゆけり 飯田蛇笏 山響集
紐固き信玄袋彼岸婆 鷹羽狩行
風強き彼岸詣となりしかな 鈴木真砂女 夏帯
木に鶏の止りて秋の彼岸寺 岸田稚魚
誘ひあひ彼岸詣りの老姉妹 星野立子
涅槃会の終りしばかり彼岸寺 右城暮石 句集外 昭和四十八年
疱瘡の神へ彼岸詣のついで哉 正岡子規 彼岸
茫としてまた恍として彼岸寺 廣瀬直人
藪の秀に夕日とどまる彼岸寺 細見綾子

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:19 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

彼岸桜   の俳句

彼岸桜   の俳句

彼岸桜

例句を挙げる。

ありそめて彼岸桜の昏れにけり 古舘曹人 樹下石上
ひと息ひと息彼岸桜の開きゆく 中嶋秀子
まづ青む彼岸桜のつぼみ哉 桜 正岡子規
一期かな彼岸桜に一会かな 京極杞陽
二階から彼岸桜を折り祈る 攝津幸彦 未刊句集
仔山羊啼く彼岸桜に繋がれて 青柳志解樹
倶会一処と彼岸桜の下の墓碑 堀 古蝶
垣内の今日はも彼岸桜かな 石塚友二 光塵
子の回忌彼岸ざくらを風に提げ 小林広芝
宇陀盆地むちむち彼岸桜咲く 山口草堂
小金井の彼岸桜の昼淋し 鈴木としお
尼寺や彼岸桜は散りやすき 夏目漱石
強風に彼岸ざくらをいとほしむ 坊城中子
影落す巨石ある彼岸桜かな 久米正雄 返り花
彼岸桜にさむきひとりとなりし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
彼岸桜ひかる柄杓を受け渡し 神林信一
彼岸桜わが洟青き幾日かな 久米正雄 返り花
彼岸桜喪明けの家に咲きてをり 竹川貢代
彼岸桜活けてこぼるる畳かな 山本洋子
日は西に廻りし彼岸桜かな 斎藤優二郎
明るさの彼岸桜やひと恃まず 山口草堂
朝風の朝ある彼岸桜かな 可 盈
絵島思ふ小彼岸ざくら紅濃にて 大橋敦子
見に行かん彼岸桜と沈没船 鳴戸奈菜
走り咲く彼岸桜や遺教会 小山実稚恵
雪を被て彼岸桜の売られけり 佐藤八百子
風あればしきりに彼岸桜散る 杉山マサヨ
首塚に日のある彼岸桜かな 久米正雄 返り花
鰤あがらざるまま彼岸桜かな 茨木和生 丹

彼岸桜 補遺

ありそめて彼岸桜の昏れにけり 古舘曹人 樹下石上
かよひぢの彼岸桜をいとしめる 山口青邨
ふつふつと彼岸ざくらの莟哉 正岡子規 桜
まづ青む彼岸桜のつぼみ哉 正岡子規 桜
垣内の今日はも彼岸桜かな 石塚友二 光塵
含羞の彼岸桜の咲きはじむ(箱根湯本二句) 細見綾子
咲ころは彼岸ざくらの眠さかな 支考
山より枝垂れて彼岸ざくらのきようが春の央ば 荻原井泉水
山寺や彼岸桜に畳替 村上鬼城
受け水に彼岸桜の浸しあり 右城暮石 句集外 昭和八年
石飾り彼岸桜を活けし寮 山口青邨
大束に彼岸桜を束ね立て 右城暮石 句集外 昭和十四年
谷々に彼岸ざくらの枯木灘 角川源義
二七日三七日彼岸桜咲く 後藤比奈夫
壁の汚点彼岸桜の明るさに(宇治平等院) 細見綾子
岬の墓彼岸桜の葉を見とどけ(伊良湖崎) 細見綾子
明日からは彼岸桜を待こゝろ 杉風

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:17 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

貝寄風   の俳句

貝寄風   の俳句

貝寄風

例句を挙げる。

とばされしメモ又さらふ貝寄風に 稲畑汀子
はるかより貝寄風山本五十六忌 川村悠太
島を去る日の貝寄風の吹くことよ 山田 聴雨
貝寄する風の手じなや若の浦 芭蕉
貝寄せてメニユーいろいろ春岬 國武和子
貝寄せの風のあまりや松の律 採琴
貝寄せや南紀の旅の笠ひとつ 飯田蛇笏
貝寄せや愚な貝もよせて来る 松瀬青々
貝寄せや我もうれしき難波人 松瀬青々
貝寄の風に色あり光あり 松本たかし
貝寄の風や桑名に舟上り 菊 舎 尼
貝寄や南紀の旅の笠一つ 飯田蛇笏 山廬集
貝寄や干汐に遠き宮柱 小杉余子
貝寄や我もうれしき難波人 松瀬青々
貝寄や柳緑なる此夕 蘇山人俳句集 羅蘇山人
貝寄や櫂を上げたる水夫二人 飯田蛇笏 山廬集
貝寄や海の底より笙篳篥 松根東洋城
貝寄や磯屋しづかに飯煙 妻木 松瀬青々
貝寄や貝にまがうて菊目石 浜口今夜
貝寄や遠きにおはす杣の神 飯田蛇笏 山廬集
貝寄や鴎群れ居る流れ船 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
貝寄風にまた白き富士白き波止 百合山羽公 寒雁
貝寄風によりけむ蘭学事始 岡井省二
貝寄風に乗りたや山河見ゆるべし 清水径子
貝寄風に乗りて帰郷の船迅し 中村草田男(1901-83)
貝寄風に吹かれて使ふ遠めがね 田中幸雪
貝寄風に木つ端みぢんの紅珊瑚 清水礼子
貝寄風に玉と拾ひし珊瑚かな 佐藤清香
貝寄風に白黒白と猫生まれ 柚木紀子
貝寄風に草ふきわれて父の顔 中田剛 竟日
貝寄風に野糞先生消えにけり 平井照敏 天上大風
貝寄風のまこと寄せ来し貝ならめ 三田青里
貝寄風のむらさきいろに装釘し 田中裕明 花間一壺
貝寄風の佃は貝の岸もなし 井沢正江 一身
貝寄風の夜潮刻まで吹くと云ふ 串上青蓑
貝寄風の描きし浜の砂の紋 堤靭彦
貝寄風の海のみどりの涙壷 野見山朱鳥
貝寄風の舷や裳裾を膝ばさみ 三好潤子
貝寄風の風に色あり光あり 松本たかし
貝寄風の鰈はりつく箱生簀 吉田やゑ
貝寄風の鳴り満つ婚約期の一夜 花田春兆
貝寄風の鴎寧けし乙女らに 工藤雄仙
貝寄風やたより間遠にきりもなく 田中裕明
貝寄風やジャン・コクトオの貝の詩 池谷 陶魚
貝寄風や出づるともなき下田船 水内三猿
貝寄風や切々白き古鴎 百合山羽公 寒雁
貝寄風や古燈台は街中に 脇 収子
貝寄風や古画にたしかむ使徒ヨハネ 田川飛旅子 『薄荷』
貝寄風や吹きとんでゆく芸者たち 岸田稚魚
貝寄風や大師あゆまぬ杖をつき 鷹羽狩行
貝寄風や屋根にかぶせて漁網干す 竹中碧水史
貝寄風や巫女の手籠に若布垂れ 福本鯨洋
貝寄風や帰心にはかに耳痒し 鈴木白
貝寄風や愚な貝もよせてくる 松瀬青々(1869-1937)
貝寄風や揚げ舟どれも水を溜め 中野達也
貝寄風や母にかさなる記憶のひと 川口重美
貝寄風や沈んでゆきし土の舟 田川飛旅子
貝寄風や河豚の屍の腹を見せ 鈴木真砂女
貝寄風や浪速に多きめし暖簾 浜 明史
貝寄風や湯ほてりの尾のごときもの 宇佐美魚目 天地存問
貝寄風や潮のさしくる能舞臺 古舘曹人 砂の音
貝寄風や白球は誰も追いかける 塩野谷 仁
貝寄風や砂粒こぼす空の鳥 宇佐美魚目 秋収冬蔵
貝寄風や碑ここに花屋阯 西土禎子
貝寄風や神将の名をすらすらと 大石悦子
貝寄風や秘仏にそなふ酒その他 角川春樹 夢殿
貝寄風や米負ひ登る島杜 牧野春駒
貝寄風や貴人どちを垣間見て 田中裕明 花間一壺
貝寄風や難波の蘆も葭も角 山口青邨
貝寄風や顔ふつつかにめざめゐて 中田剛 竟日
貝寄風や鴎群れゐる流れ船 高田蝶衣
貝寄風をここに集めて屏風岩 檜 紀代
雲のがれ貝寄風の岸鯨波(とき)あぐる 角川源義

貝寄風 補遺

いま吹くは貝寄風といふ櫻貝 森澄雄
カリブ海にも貝寄風の吹きし跡 後藤比奈夫
雲のがれ貝寄風の岸鯨波(とき)あぐる 角川源義
貝よせや磯は花貝さくら貝 正岡子規 貝寄風
貝寄ノ風ニカクヨル玉藻カナ 正岡子規 貝寄風
貝寄ノ風ニタヾヨフ玉藻カナ 正岡子規 貝寄風
貝寄ノ風敷波ノ汀カナ 正岡子規 貝寄風
貝寄や遠きにおはす杣の神 飯田蛇笏
貝寄や南紀の旅の笠一つ 飯田蛇笏
貝寄や櫂を上げたる水夫二人 飯田蛇笏 山廬集
貝寄風にこぞりて貝の嘆き寄す 上田五千石『琥珀』補遺
貝寄風にまた白き富士白き波止 百合山羽公 寒雁
貝寄風にやつしやつしてゐたりけり 岡井省二 五劫集
貝寄風によりけむ蘭学事始 岡井省二 明野
貝寄風に机上の紙のめくれをり 岡井省二 猩々
貝寄風に乗りて帰郷の船迅し 中村草田男
貝寄風に足留めされて珊瑚買ふ 阿波野青畝
貝寄風に大きくひらく畳の間 鷲谷七菜子 一盞
貝寄風に地べた坐りとなつてをり 岡井省二 鯛の鯛
貝寄風に野糞先生消えにけり 平井照敏 天上大風
貝寄風に流されて町のゆり鴎 能村登四郎
貝寄風の海のみどりの涙壺 野見山朱鳥 幻日
貝寄風の夜の星屑を海の上 鷹羽狩行
貝寄風や暁の艀に人と犬 鷹羽狩行
貝寄風や志士のおもかげ草田男に 藤田湘子 神楽
貝寄風や鴫立沢の芥溜む 角川源義
貝寄風や衝立のごと巌島 鷹羽狩行
貝寄風や吹きとんでゆく芸者たち 岸田稚魚 負け犬
貝寄風や西のひとより歎き文 藤田湘子 神楽
貝寄風や切々白き古鴎 百合山羽公 寒雁
貝寄風や大師あゆまぬ杖をつき 鷹羽狩行
貝寄風や男は遺すものわづか 鷹羽狩行
貝寄風や潮のさしくる能舞臺 古舘曹人 砂の音
貝寄風よ海の齢は海に聞け 鷹羽狩行
残党や貝寄風の浪陸を刷く 角川源義
貌ながら貝寄風の大阪にあり 岡井省二 夏炉
力なき風とは見えてよせる貝 正岡子規 貝寄風

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:13 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春障子 の俳句

春障子 の俳句

春障子

例句を挙げる。

いつの間に樟の影置く春障子 川崎展宏
さつきから目覚めてをりぬ春障子 杉浦典子
すぐ下に水のあるらし春障子 岸本尚毅
なめらかに湖を出し入れ春障子 下村志津子 銀化
み仏のほかゐたまはず春障子 市村究一郎
ものの影色濃くなりし春障子 中森澄治
一人寝の少し開け置く春障子 菖蒲あや
二条城切り貼り目立つ春障子 平松公代
人形をあやす児の影春障子 安野良子 『篝火草』
仏壇を磨く帰郷や春障子 吉川能生
加賀毬刺す夜を明るし春障子 白井米子 『青浄土』
古家財見渡しており春障子 當間好子
声ありてやや待たさるる春障子 八染藍子
夢のあと日の遍しや春障子 成田千空
妻の客ばかり来る日や春障子 皆川盤水
客去つて左右に開く春障子 堀 八郎
師の居間といふ気安さに春障子 斎藤夏風
影が木を出でて遊べり春障子 佐藤ゆき子
惑わずに未来へひらく春障子 荻野喜久江
指狐耳立て直す春障子 加藤耕子
春障子あまたざわめくものの影 藺草慶子
春障子さつそく開けて野を見たり 角 光雄
春障子ふつと夕日を離しけり 桑原立生
春障子夫の謡へる四海波 後藤房枝 『蕗童子』
春障子奥より返事ありし頃 星野 椿
春障子女ばかりの喝采湧き 平井さち子 完流
春障子閉ざし芭蕉の嘆きの句 池田弥寿
春障子開けて喃語を聞きてをり 小松八重子
春障子鯉が跳ねしと開けにけり 茨木和生 往馬
木洩れ日に鳥の来ている春障子 村岡具子
東大寺より風の来て春障子 岡崎桂子
母ゐぬへつい朝の礼春障子 杉本寛 『杉の実』
水かげろふ映る老舗の春障子 廣田宏美
汐匂ふ海へ開きて春障子 大石昌代 『清見潟』
点心の配膳すみし春障子 山田弘子 懐
照り昃る八雲旧居の春障子 保住敬子
病む夫の寝息の軽ろし春障子 瀬野美和子 『毛馬堤』
白といふ色とも違ふ春障子 本庄登志彦
福沢諭吉生みし土蔵の春障子 土永竜仙子
笑ひ声はぐくみをりし春障子 船木紅花
臥す姑の白湯欲る小声春障子 津野美都江 『ひなげし』
閉め切りしあかるさの春障子かな 片山由美子 風待月
鳥つぶて箱根の関の春障子 鈴木大林子
鵯ひびく愚陀仏庵の春障子 栗田せつ子

春障子 補遺

いちまいに繰る白障子春障子 古舘曹人 樹下石上
そちこちに縄垂れてゐる春障子 古舘曹人 樹下石上
庵に来れば庵主と呼ばれ春障子 村山故郷
衣ずれのとどまれば止み春障子 鷹羽狩行
一汁に手をあたためし春障子 古舘曹人 樹下石上
一切を見せず喪ごもり春障子 鷹羽狩行
餌台に鳥の声する春障子 飴山實 句集外
越後路に沿ひてひかりて春障子 鷹羽狩行
奥山に来て逢ふ春の障子かな 鷲谷七菜子 一盞
激流へ切貼多き春障子 岡本眸
春の爐の障子一重の暗がりに 中村汀女
春障子あかごのおもちやまはりだす 飴山實 句集外
春障子一桟猫に風見する 石川桂郎 高蘆
春障子海の暮色をたしかめつ 中村汀女
春障子水かげろふのはたと消え 飯島晴子
春信がゑがく女や春障子 山口青邨
真如とは春の障子の白さにも 後藤比奈夫
人気なき素十生家の春障子 岸田稚魚 紅葉山
生き残りたる人の影春障子 深見けん二
大寺の応返あらぬ春障子 上田五千石 風景
濁流を越えては春の障子の家 飯島晴子
庭先を女過ぎゆく春障子 松崎鉄之介
貼つてゐし茂吉生家の春障子 岡井省二 前後
盗み酒だんまりめきぬ春障子 石川桂郎 高蘆
灯を消せば船が過ぎをり春障子 加藤秋邨
破れ目の笛吹くことも春障子 鷹羽狩行
風よりも雨と意の合ひ春障子 鷹羽狩行
裏富士に春の障子をたてにけり 古舘曹人 樹下石上
鈴鹿嶺の南に春の障子かな 加藤秋邨

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:11 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

北窓開く の俳句

北窓開く の俳句

北窓開く

例句を挙げる。

あけたての悪き北窓開きけり 青柳薫也
丸ビルの北窓開くことも無く 稲畑廣太郎
加賀奉書北窓開けて漉きゐたり 城村貞子
北窓の開くことなき飯場かな 片岡 北窓子
北窓ひらく隣家の二階雲の耳朶 柴田白葉女 雨 月
北窓をけふ開きたり友を待つ 相馬遷子
北窓をひらき真正面に城 長田等
北窓をひらき秘密に日を当つる 能村登四郎
北窓を開きさびしき峠見ゆ 鳥羽とほる
北窓を開きて皿を白くする 岩淵喜代子 硝子の仲間
北窓を開きて鍋の湯気を浴ぶ 金丸孝子
北窓を開きねぢ巻くオルゴール 浦川聡子
北窓を開き佐渡あり弥彦あり 佐藤五秀
北窓を開き南の窓磨く 岸 洋子
北窓を開き語らふ山がそこ 山田弘子 こぶし坂以後
北窓を開くは白き理髪師ぞ 宮田藤仔
北窓を開くや山は生きてをり 楠部南崖
北窓を開くレッスン五分前 辻田克巳
北窓を開く嘗ての祖母の部屋 草間時彦
北窓を開けておもしろ子育期 古川塔子
北窓を開けても還り来ぬ人よ 山田弘子 こぶし坂
北窓を開けて干魚匂ひけり 宮本さかえ
北窓を開けて見知らぬ木なりけり 関戸靖子
北窓を開けて遥かな山を見る 谷村 貴美子
北窓を開けなつかしき山そこに 渡辺やゑ
北窓を開けば竹の美しき 橋本鶏二
北窓を開ければ人の働けり 小島健 木の実
北窓を開け父の顔母の顔 阿波野青畝
北窓開くおまへとは別れたい 如月真菜
喪にこもりゐて北窓を片開き 上田五千石 田園
山の辺の道へ北窓開けて住む 吉田愛子
山鳩の声の北窓ひらきけり 山田みづえ
文鎮の重さ北窓開きけり 能美澄江
胸に棲むものもうなくて北窓開く 小澤克己
遅ればせながら北窓開け放つ ねこやなぎ
郷土史を語る北窓開かれし 松浦 釉
開きたる北窓に雨躍るなり 岸本尚毅 舜
開けたてのならぬ北窓ひらきけり 上田五千石 森林

北窓開く 補遺

北窓を開放忍路海ま青 阿波野青畝
北窓を開け父の顔母の顔 阿波野青畝
北窓を開けて得しもの失せしもの 岡本眸
北窓を開けてポニーは追ひ出され 阿波野青畝
北窓を開く憎むものいまはなし 山口青邨
北窓を開く翁の像横顔を 山口青邨
北窓を開くすなはち鮮しき 草間時彦
北窓を開きゐる手に塵払 阿波野青畝
北窓を開きもならぬ茶屋に酌み 上田五千石『天路』補遺
北窓を開きて声のなかりけり 上田五千石『風景』補遺
北窓を開きて呼ばふひともなし 上田五千石『琥珀』補遺
北窓を開きし眼何が刺す 能村登四郎
北窓の開くを遅しと待つ山河 鷹羽狩行
北窓の開きて襖に北画あり 阿波野青畝
母の機をどる北窓開きけり 阿波野青畝
蝶来初めぬ北窓畠に開けてすむ 杉田久女
遅れついでの北窓も開きけり 能村登四郎
喪にこもりゐて北窓を片開き 上田五千石 田園
蚕二階の北窓開き後れたる 上田五千石『琥珀』補遺
山負うて北窓開きそびれたる 上田五千石 森林
開けたてのならぬ北窓ひらきけり 上田五千石 森林
応挙の絵一目北窓開きけり 阿波野青畝
煙草くさき男北窓開きけり 波多野爽波

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:09 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪囲解く  の俳句

雪囲解く  の俳句

雪囲解く

例句を挙げる。

むめが香や雪囲ひとる軒の晴越中 夕里 俳諧撰集「有磯海」
畳の目雪垣解きし日矢遊ぶ 草間時彦
鐘楼より一山の雪囲解く 皆吉爽雨
雪吊の小さきは二三解きてあり 小竹由岐子
雪吊や転がして解く繩の束 村本畔秀
雪吊りをはづす小さな音の中 角川春樹
雪吊りを解く大松に総がかり 星野恒彦
雪吊をはづせし木々の吹かれをり 井上雪
雪吊を解きたる縄を袋詰め 中西舗土
雪囲い解くや風巻く父の家 伊藤登久子
雪囲い解く寺山に入るかな 岡村千恵子
雪囲ひ解きて一山一寺かな 庄司圭吾
雪囲ひ解くや小荷物解くに似て 池上樵人
雪囲ひ解く裏口の空のいろ 伊藤敬子
雪囲仏の間より解きはじむ 小林輝子
雪囲解いて明るき目覚かな 石井蕾児
雪囲解かぬ一戸へ花吹雪 大島民郎
雪囲解かれし枝のはねかへる 太田貞雄
雪囲解きゐる祭支度かな 茨木和生 倭
雪囲解き嬶座明るくなりにけり 宮田静江
雪囲解き家らしく人らしく 三上一寒
雪囲解き月山を振り仰ぐ 松本 旭
雪囲解き海近し山近し 三村 純也
雪垣をのけて明るき雪解かな 正岡子規
雪垣解きし家のまる見え祭来る 谷内茂

雪囲解く 補遺

雪垣をのけて明るき雪解かな 正岡子規 雪解
雪囲傷めず解かず武家の格 上田五千石『琥珀』補遺
雪囲ひ解く屈強の男たち 桂信子 花影
雪囲ひ解きし梯子の置かれあり 桂信子 花影
畳の目雪垣解きし日矢遊ぶ 草間時彦 中年

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:07 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

炉塞  の俳句

炉塞  の俳句

炉塞

例句を挙げる。

いつも来る鳥が見てをり炉を塞ぐ 佐野美智
この先の生きる年月炉を塞ぐ 鈴木真砂女 夕螢
この身炉に任せしものを塞ぎけり 高浜虚子
しゃべりすぎた嫁に炉塞ぎされてゆく 森須 蘭
つらぬきしことに傷つき炉を塞ぐ 鈴木真砂女
ははの座の空いてしまひし炉を塞ぐ 馬場修子
ふるさとの山も見飽きぬ炉を塞ぐ 日野草城
テレビだけが豪華炉塞ぎし夜のこと 猿橋統流子
一の弟子点前を以て炉を塞ぐ 原田澄子
一憂を封ずくらきに炉を塞ぎ 近藤一鴻
三月の雪さもあらばあれ炉を塞ぐ 河野静雲 閻魔
塞がむと思ひてはまた炉につどふ 馬場移公子
塞ぐべき炉をまらうどの惜みけり 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
山炉今塞げりといふに到り着きぬ 雑草 長谷川零餘子
山番の塞がぬ炉辺の救護箱 上田五千石
木の芽荒しの鳥来て奥炉塞ぎけり 冬葉第一句集 吉田冬葉
死者生者炉塞ぐだけの計残る 角川源義
深々と子に貸す膝や炉を塞ぎ 橋本榮治 麦生
炉を塞ぎさしこむ夕日膝にせり 近藤一鴻
炉を塞ぐことものび~山住居 福井圭児
炉を塞ぐ名残の榾を燃しけり 大川いちじ
炉を塞ぐ障子の外の詣で人 大橋櫻坡子 雨月
炉塞いであるじは旅へ出られけり 自珍 五車反古
炉塞いでぬくき日なりしが夜雨来し 青峰集 島田青峰
炉塞いで一と間明るく掃きにけり 青峰集 島田青峰
炉塞いで一本の道麓まで 神尾久美子 桐の木
炉塞いで出づるや軽きものを履き 波多野爽波 『湯呑』
炉塞いで天日の下眼を拭ふ 佐野良太 樫
炉塞いで寄辺なげなる膝頭 岩木躑躅
炉塞いで数多の反古売りにけり 喜多都月
炉塞いで明るき虚ろ心かな 新井反哺
炉塞いで檜の中を来る風か 大峯あきら
炉塞いで淋しき部屋を去らでゐる 藤田耕雪
炉塞いで灰汁桶かふる女房かな 伊藤一露
炉塞いで爪の長さを鋏みけり 安斎桜[カイ]子
炉塞いで目に立つ柱暦かな 青峰集 島田青峰
炉塞いで茶山出る月満ちてをり 大峯あきら 鳥道
炉塞いで見る庭に何もなかりけり 龍胆 長谷川かな女
炉塞いで見れば桜は咲きにけり 東瓦
炉塞いで高からねども峯の数 山本洋子
炉塞いで鵯声とほる二階かな 山本洋子
炉塞ぎし宿とも知らで帰り来し 雑草 長谷川零餘子
炉塞ぎてよりいとほしむ手炉一つ 後藤比奈夫
炉塞ぎて小暗き時をなほ刻む 山口誓子
炉塞ぎて庭へ出て見る空緑 子規句集 虚子・碧梧桐選
炉塞ぎの伊呂波歌留多は遠くなり 宮崎重作
炉塞ぎや少年海を知らぬまま 水野真由美
炉塞ぎや雀にもある風切り羽 藤田あけ烏 赤松
炉塞ぐに非ず離るゝこと多し 高浜虚子
炉塞ぐや四季の句書きし軸一幅 楠目橙黄子 橙圃
炉塞ぐや額に胡装の友の像 楠目橙黄子 橙圃
炉塞げば猫炉を尋ねありきけり 富浪夏風
炉塞てあるじは旅に出られけり 白珍
炉塞のまだまだ遠き五平餅 百合山羽公 寒雁
炉塞の灰やとてつもなく冷えて 能村登四郎
炉塞や一枝投げさす猫柳 前田普羅
炉塞や不破の関屋の一とかすみ 飯田蛇笏 山廬集
炉塞や坐つて見たり寐て見たり 古白遺稿 藤野古白
炉塞や鶫の脂舌頭に 野村喜舟 小石川
炉開や炉塞ぐ頃の嶺の花 尾崎迷堂 孤輪
燃え残りたるものゝある炉を塞ぐ 井上明華
皐月富士のぞむ庵の炉塞がず 木村蕪城 一位
空あをく遠母も炉を塞ぐらむ 細川加賀
窓ひとつ机ひとつや炉を塞ぐ 四明句集 中川四明
自在鉤も民話もはずし炉を塞ぐ 前西一尾
自画といふ穴にかも似し炉を塞ぐ 坂巻純子
語りべの手持ち無沙汰や炉を塞ぐ 笛木あき子
貫きしことに傷つき炉を塞ぐ 鈴木真砂女 夕螢
閉戸先生炉塞ぐ時を待ちにけり 小杉余子 余子句選
駅鈴をしば聞く日なり炉塞ぎぬ 河東碧梧桐
にぶく光る青蝶貝も炉の名残り 伊藤敬子
やすめゐる自在の力炉の名残 皆吉爽雨
其園居の春炉に名残りありし旅 高木晴子 花 季
吾三十谷の中なる炉の名残り 清水基吉 寒蕭々
天井に煤の余りや炉の名残 伊藤観魚
山守の名残の春炉焚きくれし 佐野 五水
懐ろ手一人寐る夜や炉の名残 雉子郎句集 石島雉子郎
正眼に受けたる自在炉の名残 井沢正江 晩蝉
洛北の寺を訪ねて炉の名残 山田弘子 螢川
炉の名残一鐺の露芽匂ひけり 菅原師竹
炉の名残墨交る朱硯洗ひけり 柴田紫陽花
炉の名残灯にふれて机据う 金尾梅の門 古志の歌
炉をふさぐ名残の灰を篩ふかな 須藤 一枝
炉を塞ぐ名残の榾を燃しけり 大川いちじ
芸名をつぎて閑居や炉の名残 月舟俳句集 原月舟
表具師が無沙汰呵リつ炉の名残 高井几董
釣釜の落ちつきなさや炉の名残 中野琴石
鋸のにぶき引く音や炉の名残 田中田士英
風音の耳にこもりて炉の名残 片山由美子 風待月
炉なごりの小柴にまじる山帰来 石原八束
ささやかに生き来し炬燵塞ぐなり 亀谷麗水
伊香保呂の湯湿り炬燵塞ぎけり 久米正雄 返り花
塞ぎたる炬燵のあとの青畳 香下 寿外
手焙りや炬燵塞ぎて二三日 小杉余子
炬燵塞ぐ八畳の居間真四角 栗橋敏子
福だるま見下ろす炬燵塞ぎけり 津高里永子
秘めごとの仄かに炬燵塞ぎけり 牧 月耕
麻痺のわがよりどの炬燵塞がれし 日比野美風
炉明りの顔へものいふ別れかな 木村蕪城 一位
炉ほとりの空気いと澄む別れかな 原月舟
いと小さき憂ひ春炉を去り難く 内藤吐天 鳴海抄
うつとりと燠になるなり春の炉に 辻桃子
くろもじを燻べて春の炉なごむかな 古沢太穂
やわらかき杣の子の足春の炉に 前田普羅 飛騨紬
クレムリン話題となりし春炉かな 岩崎照子
何ゆゑに死の話せる春炉かな 岩崎照子
其園居の春炉に名残りありし旅 高木晴子 花 季
別るるは新たな出逢ひ春炉燃ゆ 川口咲子
団十郎に似たる人ゐて春炉暑し 長谷川かな女 花寂び
奥飛騨の春炉に浄し樺の燠 文挟夫佐恵 雨 月
子の夢のいまは野のどこ春炉焚く 上田日差子
居る蝿の人をうかがふ春炉かな 岩田由美 夏安
山守の名残の春炉焚きくれし 佐野 五水
師に甘ゆこころうるみて春の炉辺 柴田白葉女 花寂び 以後
御岳を木曽よ飛騨よと春の炉に 猪俣千代子 秘 色
手作りの民話を燻す春の炉辺 武田和郎
拝殿に春炉や志奈埜市神社 西本一都 景色
春の炉といふ定まらぬ座に在りぬ 岡島礁雨
春の炉におもひて美しきことならず 藤田湘子
春の炉に一人となりて手をかざし 高野素十
春の炉に折り焚く柴のひとつづつ 松村巨湫
春の炉に焚く松かさの匂ひけり 藤岡筑邨
春の炉に父笑はすること難し 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
春の炉に足裏あぶるや杣が妻 前田普羅 飛騨紬
春の炉のそばより電話くどくどと 岸本尚毅 舜
春の炉の灰うつくしく掻き均し 鈴木貞雄
春の炉の灰かさむともみえざりき 飯田蛇笏 春蘭
春の炉の炭火平らに五平餅 佐野美智
春の炉の燠となりゆく暇かな 片山由美子 天弓
春の炉の燠掻き起こし猟談義 つじ加代子
春の炉や褞袍汚せし永やどり 楠目橙黄子 橙圃
春の炉や逢うて別るる人ばかり 加藤三七子
春の炉や飛騨高山の土間広し 磯野充伯
春の炉火意志なくて意志もえたたす 金田咲子 全身 以後
春の炉火笑ひ崩れし如くなり 成瀬正とし 星月夜
春炉守る磨き抜かれし太柱 堀之内和子
春炉焚かれず嫁も姑もみな死んで 成瀬櫻桃子 素心
春炉燃ゆ唄ふ人減る三国節 小池和子
春炉辺に貝殻節を聞くことも 稲畑汀子
暮春の炉ひもじきことは言はずけり 林原耒井 蜩
波飛沫かぶりきし身を春の炉に 久保美智子
照り翳りしてしづかなる春炉かな 山西雅子
熊撃のはにかんでゐる春炉かな 茨木和生 倭
罠づくり伝授してをる春炉かな 茨木和生 往馬
誰かれに春炉の火種掘り出され 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
面影もこの部屋のこの春の炉も 山田弘子 こぶし坂
頑として燃えつかぬ薪春の炉に 辻桃子
風だちし弓張月を春の炉に 飯田蛇笏 春蘭

炉塞 補遺

「白き山饅頭」の挿話春の炉に 阿波野青畝
きらきらと笹原雨や炉の名残 角川源義
くろもじを燻べて春の炉なごむかな 古沢太穂 捲かるる鴎
この先の生きる年月炉を塞ぐ 鈴木真砂女 夕螢
ふるさとの山も見飽きぬ炉を塞ぐ 日野草城
やわらかき杣の子の足春の炉に 前田普羅 飛騨紬
よも山に笑はれて炉を塞きけり 正岡子規 山笑う
愛さるる春の炉這へる蜘蛛の如 飯島晴子
一つ木の花遅れたり炉を塞ぐ 角川源義
引受の月次の会や炉の名残 正岡子規 炉塞
飲食のにぎはひ去りし春の炉辺 上田五千石『琥珀』補遺
駅鈴をしばきく日なり炉塞ぎぬ 河東碧梧桐
貫きしことに傷つき炉を塞ぐ 鈴木真砂女
客亭主ともに老けり炉の名残 諷竹
久闊の車座春の炉火熾ん 鷲谷七菜子 一盞
襟立てて塞がれし炉に刻すごす 伊丹三樹彦
今日か明日か炉を塞がうかどうせうか 正岡子規 炉塞
塞がずにある炉の中までも花のちる 荻原井泉水
塞ぎたる畳の下に炉を踏みつ 山口誓子
塞ぎたる炉上の畳やはらかに 山口誓子
塞ぐべき艶の炉縁の閑話かな 上田五千石 天路
塞炉や夜はあんどう居へどころ 東皐
皐月富士のぞむ庵の炉塞がず 木村蕪城 一位
山国や炉塞ぎ日和けふも外れ 上田五千石『琥珀』補遺
死者生者炉塞ぐだけの計残る 角川源義
春の炉にかざせばありし土不踏 鷹羽狩行
春の炉にやはり欠けてはならぬ人 後藤比奈夫
春の炉に一人となりて手をかざし 高野素十
春の炉に水音ふれむばかりなる 永田耕衣
春の炉に足裏あぶるや杣が妻 前田普羅 飛騨紬
春の炉に背くともなく針運ぶ 上田五千石『琥珀』補遺
春の炉に友の子と遊ぶ宵のひま 村山故郷
春の炉のほと~燃えて喪に籠る 高野素十
春の炉の一人一人の膝のまヘ 岡井省二 夏炉
春の炉の灰かさむともみえざりき 飯田蛇笏 春蘭
春の炉やテラスを給餌台代り 鷹羽狩行
春の炉や伸び縮みして魚籠の影 鷹羽狩行
春の炉や寝鳥のこゑの一度きり 藤田湘子 てんてん
春の炉や母の茶に侍す峡の朝 加藤秋邨
春の爐の障子一重の暗がりに 中村汀女
捷報に春の爐辺さへもの新た 飯田蛇笏 白嶽
人をらぬ時の春の炉うつくしく 清崎敏郎
表具師が無沙汰呵リつ炉の名残 高井几董
風だちし弓張月を春の炉に 飯田蛇笏 春蘭
物くさく炉塞ぐとしも見えぬ也 黒柳召波
歩み寄る炉塞ぎし間の扁額に 山口誓子
夢といふ一字掲げし炉の名残 山口誓子
夜は青し神話に春の爐火もゆる 飯田蛇笏 家郷の霧
齢なきがに春の爐となりにけり 岡井省二 前後
炉を塞ぐほとり野雁の羽を置ける 水原秋櫻子 古鏡
炉を塞ぐ濡れ手で粟の銭は持たず 鈴木真砂女
炉を閉て猫の寝処かはりけり 正岡子規 炉塞
炉塞いでしとね並べぬ宿直人 前田普羅 普羅句集
炉塞いですばやき魚を門川に 波多野爽波
炉塞いで一家離散といふ感じ 後藤比奈夫
炉塞いで遠公がもとに訪ひよりぬ 正岡子規 炉塞
炉塞いで使はぬ櫛が家ぢゆうに 波多野爽波
炉塞いで出づるや軽きものを履き 波多野爽波
炉塞いで書読む夜の地震かな 正岡子規 炉塞
炉塞いで畳の海に波もなし 正岡子規 炉塞
炉塞いで人逍遥す挿木垣 前田普羅 普羅句集
炉塞いで友なつかしき夕べかな 秋色 発句類聚
炉塞ぎしあとの心の凭りどころ 後藤比奈夫
炉塞ぎしばかりの畳青まさる 上田五千石『森林』補遺
炉塞ぎし風の猩猩楓かな 岡井省二 明野
炉塞ぎてよりいとほしむ手炉一つ 後藤比奈夫
炉塞ぎて小暗き時をなほ刻む 山口誓子
炉塞ぎて草鞋はき居る首途哉 正岡子規 炉塞
炉塞ぎて庭へ出て見る空緑 正岡子規 炉塞
炉塞ぐや菊の根もとを掘る男 正岡子規 炉塞
炉塞で花に行くべき日ぞ多き 正岡子規 炉塞
炉塞で居つて見たるあるじ哉 三宅嘯山
炉塞て主おかしや力あし 黒柳召波
炉塞で種芋植ゑんとぞ思ふ 正岡子規 炉塞
炉塞で足に鼠を負ふ夜かな 正岡子規 炉塞
炉塞で天地の広き心哉 正岡子規 炉塞
炉塞に又若返るこゝろ哉 正岡子規 炉塞
炉塞のまだまだ遠き五平餅 百合山羽公 寒雁
炉塞の灰やとてつもなく冷えて 能村登四郎
炉塞やよんどころなく妻を去る 正岡子規 炉塞
炉塞や一枝投げさす猫柳 前田普羅 普羅句集
炉塞や花見に行きし其日より 正岡子規 炉塞
炉塞や月守る宿の物忘れ 完来 発句類聚
炉塞や炭団の尽きし其日より 正岡子規 炉塞
炉塞や不破の関屋の一とかすみ 飯田蛇笏 山廬集
炉塞や六畳の間のひろうなる 正岡子規 炉塞
炉塞や椽へ出て見る不二の山 正岡子規 炉塞
炉塞取りて六畳の間の広さかな 正岡子規 炉塞
燠といふうつくしきもの春の炉に 能村登四郎

by 575fudemakase | 2017-04-30 04:05 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング