<   2017年 06月 ( 139 )   > この月の画像一覧

牛冷す  の俳句

牛冷す 

うしろより見る逞しき牛洗ふ 保坂加津夫
メナムとは母の河の意牛冷やす 成瀬桜桃子 風色
ゆく船の水脈の及べる牛冷やす 藤田 宏
咽喉袋つかみ潮かけ牛洗う 中島斌雄
遠賀なる川筋痩せて牛洗ふ 下村ひろし 西陲集
急流の牛につかまり牛洗ふ 黒坂紫陽子
牛洗ふごとくに田植機を洗ふ 太田壽子「荒神山」
牛洗ふ角をつらねし広島忌 原裕 『葦牙』
牛洗ふ角をつらねて広島忌 原裕 葦牙
牛洗ふ少年頭べ下げにけり 萩原麦草 麦嵐
牛洗ふ人の声聞け宵祭 加舎白雄
牛洗ふ童が叱なかなかに 大橋櫻坡子 雨月
牛冷すベトナムは川ゆるやかに 大向 稔
牛冷すホース一本暴れをり 小川軽舟
牛冷す山の水来て力張る 小林康治
牛冷す如耕耘機川に入れ 伊予田 六洋
牛冷す米代川に背を連ね 黒沢京子
山の影山より濃くて冷し牛 文挟夫佐恵 遠い橋
自らも胸まで浸り牛冷す 中村豊
七夕の夫婦して牛洗ひをり 馬場移公子
漆黒の背に沖のあり冷し牛 向野楠葉
受胎して眸やさしき牛冷やす 西村 琢
焼印を押したる阿蘇の牛冷す 石井いさお(天狼)
辛うじて水ある川に牛冷す 二宮貢作
青年の日焼鉄壁牛冷す 森澄雄「花眼」
絶海の死火山の裾牛冷す 野見山朱鳥
千木の松原を背に牛冷す 岡田波流夫
川下に牛洗ひ居る御祓かな 西山泊雲 泊雲句集
川悠々米研ぐ横に牛冷やす 相馬沙多子
船旅の大河米磨ぎ牛冷やし 伊藤いと子
太陽を逃るすべなし牛冷す 佐久間庭蔦
日本軍掘りし池とよ牛洗ふ 川里 隆
浜名湖の夕波たたむ冷し牛 有馬籌子
方言の亡ぶさびしさ牛冷す 谷口雲崖
木も家もなき風景に冷し牛 宇咲冬男
夕べ濃き阿蘇の噴煙牛冷やす 大捕八重子
夕顔に牛洗ひゐる娘哉 夕顔 正岡子規
夕顔に牛洗ひ居る女かな 夕顔 正岡子規
夕波に手綱遊ばせ牛冷す 三浦正治
冷し牛いま穴道湖の夕映に 原久南
冷し牛巌のごとく昏るゝなり 山本孕江
冷し牛松に隠れてなまめける 齋藤玄 飛雪
冷し牛胴震ひして水弾く 大塚華陽
冷し牛夕日いよいよ真赤なり 村山古郷
霊廟のうしろは大河牛冷す 佐々木六戈 百韻反故 初學

牛冷す 補遺

冷し牛夕日いよいよ真赤なり 村山故郷
冷し牛松に隠れてなまめける 齋藤玄 飛雪
冷し牛巨影の中に巨躯を据う 能村登四郎
冷し牛 彼岸へ泳ぎきるのもいる 伊丹三樹彦
流木の日の一片や牛冷やす 角川源義
夕顔に牛洗ひ居る女かな 正岡子規 夕顔
夕顔に牛洗ひゐる娘哉 正岡子規 夕顔
大切に西日まるめて牛冷す 秋元不死男
絶海の死火山の裾牛冷す 野見山朱鳥 荊冠
青年の日焼鉄壁牛冷す 森澄雄
青き青き安房の海なり冷し牛 村山故郷
水浴の前のバケツで 牛洗う 伊丹三樹彦
刺青に血気の昔 牛洗う 伊丹三樹彦
牛冷やす 老のおのれは胸毛浸し 伊丹三樹彦
牛洗ふ角をつらねて広島忌 原裕 葦牙
牛洗う兄弟 ときに水遊び 伊丹三樹彦

by 575fudemakase | 2017-06-18 12:19 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

馬冷す  の俳句

馬冷す 

いつまでも暮天のひかり冷し馬 飯田龍太
うき草や動かずに居る冷し馬 紀逸
オアシスの流れ少年馬冷す 中島真沙
おとなしく渓流に入る馬洗ふ 玉木 こうじ
サロベツの果なる沼の冷し馬 岩崎照子
ジーパンの青濃く濡らし馬冷す 宮原嶺司
ながれ来るものに目つむり冷し馬 四ノ宮白帆
のしかかる巨き山影馬冷やす 伊藤虚舟
むかし馬冷やせしところ河童淵 鷹羽狩行
虻せはし肉うちふるふ洗ひ馬 飯田蛇笏
夏川や城を出て来て馬洗ふ 竹村秋竹
火の山の今日の機嫌や馬冷す 小路紫峡
九十九里の男浪女浪に馬冷やす 石垣達雄
空半ばまで夕映えて冷し馬 友岡子郷「雲の賦」
源は日高山脈馬冷す 荒舩青嶺(藍)
御岳にもらひし水に馬冷す 春日井秀夫
荒塩を舌にまぶして馬洗ふ 小川幸子(斧)
砂利トラック洗ふ馬洗ふごとくなり 木村蕪城 寒泉
山上の湖に馬冷やしたる 小林洸人
初秋の馬洗ひけり最上河
少年のなすままに馬洗はるる 寺島ただし
身ぶるひして鼻若くなる冷し馬 能村登四郎
水高く蹴つて上りぬ冷し馬 大南耕志
水浴女の辺を一散の冷し馬 岸田稚魚 筍流し
星近づけて馬洗う流域富ますべく 金子兜太
青高野よりの流れに馬洗ふ つじ加代子
川宿の向ふの岸の冷し馬 菊池木亭
洗ひ馬の身ぶるひ叱る飛沫かな 茂木連葉子
洗ひ馬掛鍬の端も闇に浸り 香西照雄
洗ひ馬首をよせては叱らるる 木治屋和子
洗ひ馬脊をくねらせて上りけり 飯田蛇笏 春蘭
洗ひ馬背をくねらせて上りけり 飯田蛇笏
洗ひ馬木橋といへど灯がついて 中村草田男
洗ひ馬利根に三角波立つ日 村山古郷
船火事の夢覚め朝の馬冷す 皆吉司
遡る瀬の町余なる冷し馬 下村槐太 天涯
大橋の影落つところ冷し馬 磯野充伯
東北の御寺みてから冷し馬 阿部完市 軽のやまめ
南部富士裾より晴れて馬洗ふ 石井美佐子
濡れし蹄さし足がちに冷し馬 岸田稚魚 筍流し
馬洗う原子力船『むつ』帰る 児玉悦子
馬洗ひ去るさび色のさざれ石 成田千空 地霊
馬洗ふ水は霞める背山より 小堀紀子
馬洗ふ水より淡く月ありて 下鉢清子
馬洗ふ川すそ闇き水鶏かな 北枝
馬洗ふ梅雨のすげ笠最上川 細見綾子
馬方の馬冷やしをる忍野かな 柘殖草風
馬冷すただただ加賀の入日かな 福田甲子雄
馬冷すための流れでありしとか 川口咲子
馬冷すひとみに目蓋かむせたる 中原道夫
馬冷す加茂の宮過ぎ新婦訪ふ 宮武寒々 朱卓
馬冷す水のきらめく白樺湖 江口ひろし「青葉潮」
馬冷す大河を渡る旅日記 星野椿
馬冷す牧の中なる流れかな 鎌倉啓三
馬冷やす御者の膝まで浸かれゐし 山田秋月「遠山」
噴煙のかくす夕日や馬冷す 小路紫峡
牧の馬洗ふ高麗川秋高し 山本敦子
盆の道馬洗はれて通りけり 中山純子
雄物川羽後の荒馬冷やしけり 柴田百咲子
夕焼けて埴輪となんぬ洗ひ馬 出口孤城
夕陽に馬洗ひけり秋の海 秋の海 正岡子規
陸奥の娘は奥入瀬に馬冷すなり 大橋越央子
冷し馬の眼に遥かなる帆がすすむ 内藤吐天 鳴海抄
冷し馬の眼に遙かなる帆がすすむ 内藤吐天
冷し馬の目がほのぼのと人を見る 加藤楸邨
冷し馬の目のほのぼのと人を見る 加藤楸邨
冷し馬ゆききの橋の高々と 松村蒼石 寒鶯抄
冷し馬曳ききし道を曳き帰る 金子洒音留
冷し馬極楽づらをならべたり 三村哲田
冷し馬鋼のごとく宙とばす 岸田稚魚 筍流し
冷し馬耳だけ動きをりにけり 河野美奇
冷し馬潮(うしほ)北さすさびしさに 山口誓子(1901-94)
冷し馬潮北さすさびしさに 山口誓子
冷し馬土手ひと飛びす仔はふた飛び 岸田稚魚 筍流し
冷し馬瞳より涼しさあふれくる 朝倉和江
冷し馬馬首ともすれば陸に向く 山口誓子
冷し馬暮色のなかに眼をひらく 松澤鍬江
冷し馬貌くらくしてゆき違ふ 岸田稚魚
癇癖の濡れ身うつくし冷し馬 榎本冬一郎「背骨」
蝙蝠の橋より手綱馬冷やす 小原菁々子
蹤いて来し仔馬見てゐる馬冷す 本多 野風呂


馬冷す 補遺

いつまでも暮天のひかり冷し馬 飯田龍太
さんさんと緑さす馬洗ふなり 藤田湘子 途上
むかし馬冷やせしところ河童淵 鷹羽狩行
虻せはし肉うちふるふ洗ひ馬 飯田蛇笏 春蘭
海の日にたてがみ焦がす冷し馬 山口誓子
海を出て轡鳴らしつ冷し馬 山口誓子
海中に馬色の有るは馬冷す 山口誓子
激しく済ませ単眼の冷し馬 赤尾兜子 歳華集
見うべなふほど梳り洗ひ馬 中村草田男
砂利トラック洗ふ馬洗ふごとくなり 木村蕪城 寒泉
山吹に大馬洗ふ男かな 村上鬼城
残光になほ舞ふ鳶や洗ひ馬 中村草田男
首垂れて物部の波に冷し馬 阿波野青畝
初秋の馬洗ひけり最上河 正岡子規 初秋
身ぶるひして鼻若くなる冷し馬 能村登四郎
水浴女の辺を一散の冷し馬 岸田稚魚 筍流し
星近づけて馬洗う流域富ますべく 金子兜太
洗ひ馬掛鍬の端も闇に浸り 香西照雄
洗ひ馬脊をくねらせて上りけり 飯田蛇笏 春蘭
洗ひ馬木橋といへど灯がついて 中村草田男
洗ひ馬利根に三角波立つ日 村山故郷
遡る瀬の町余なる冷し馬 下村槐太 天涯
町中に入りて隠れぬ冷し馬 山口誓子
濡れし身の動きて歩む冷し馬 山口誓子
濡れし蹄さし足がちに冷し馬 岸田稚魚 筍流し
能登わらべ乗りて泳ぎて馬冷す 森澄雄
馬洗ふ蒼茫として出羽の山 加藤秋邨
馬洗ふ梅雨のすげ笠最上川 細見綾子
馬洗へば河童がねらふ馬の尻 山口青邨
馬冷やすやさしき鹿毛の病めるかや 山口青邨
馬冷やす手綱のもつれほぐしつつ 中村草田男
馬冷やす水流れ去る黒人悲歌 有馬朗人 母国拾遺
鼻筋のいよいよ白し冷し馬 鷹羽狩行
木曾殿の馬洗ひしと秋の水 山口青邨
野の窪にみなぎる闇や冷し馬 草間時彦 中年
有史以後首折れ石馬冷え尽す 有馬朗人 母国
夕顔や馬洗ひ居る武士の妻 内藤鳴雪
夕波の馬にやさしき馬洗ふ 鈴木真砂女 夏帯
夕陽に馬洗ひけり秋の海 正岡子規 秋の海
冷し馬あがりて土に躓けり 鷹羽狩行
冷し馬けふは下手の海に立つ 山口誓子
冷し馬しづく鼻より落しけり 阿波野青畝
冷し馬たてがみ波をやりすごし 山口誓子
冷し馬たてがみ赭く濡れずけり 山口誓子
冷し馬の目がほのぼのと人を見る 加藤秋邨
冷し馬ひかる蹄を砂に踏む 山口誓子
冷し馬ゆききの橋の高々と 松村蒼石 寒鶯抄
冷し馬海に二尺の顔を出し 山口誓子
冷し馬海に鼻筋白く佇つ 山口誓子
冷し馬海を離れしとき暴る 山口誓子
冷し馬鋼のごとく宙とばす 岸田稚魚 筍流し
冷し馬四つの蹄に海を踏み 山口誓子
冷し馬潮北さすさびしさに 山口誓子
冷し馬土手ひと飛びす仔はふた飛び 岸田稚魚 筍流し
冷し馬濡れ毛のなりに拭ひやり 能村登四郎
冷し馬馬首ともすれば陸に向く 山口誓子
冷し馬白き後肢波離る 山口誓子
冷し馬貌くらくしてゆき違ふ 岸田稚魚
冷し馬戻りの堅き土を踏む 山口誓子
冷し馬鬣立ちもせざりけり 阿波野青畝
曩の日に見てけふも見る冷し馬 山口誓子

by 575fudemakase | 2017-06-18 12:16 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

早桃 の俳句

早桃 

あぢはひは百一日のさももかな 正盛
くつきりと山や早桃に雨意ふかく 加藤 耕子
くひながら夏桃売のいそぎけり 正岡子規
よくしやべる少女等早桃むきながら 五十嵐波津子
雲の涌く谷のふかみの早桃かな 松瀬青々
夏桃のひそかに紅きところ吸ふ 吉田汀史「四睡」
夏桃はまだ毛の多き苦さ哉 夏桃 正岡子規
夏桃や一構つくにがこ(苦子)竹 空芽 俳諧撰集「有磯海」
夏桃や次の匙待つ離乳の児 小川ユキ子
魂棚の早桃の匂ふことしきり 大橋敦子 匂 玉
山越えの夢すてがたし早桃食ふ 和泉瑞枝
持ちこみし早桃の匂ふ釜石線 松本篤子
時計屋も夏桃店も埃哉 夏桃 正岡子規
若桃ずば枝八重なるてつぺんふふみ 梅林句屑 喜谷六花
若桃に恋せじものと思ひける 高浜虚子
手中にみどり褪せ行く早桃かな 前田普羅 能登蒼し
親不知越えて来しよと早桃売り 吉田飛龍子
仙人の父の位牌に早桃かな 岡本癖三酔
早桃むかれ昏るる海光沁み入りぬ 中島斌男
早桃むく心の中の浄瑠璃寺 山本歩禅
早桃もぐ手を夕月に高かかげ 尾亀清四郎
早桃を供へて姑のお命日 井上 ゆき
早桃噛んで能登の入江を渡りけり 前田普羅 能登蒼し
早桃食ふ一帆白き湖を見て 町田しげき
早桃食ふ人をまともに汽車に倦む 宮坂静生 青胡桃
早桃食ふ夜の天網の白き雲 中拓夫
早桃剥かれ昏るる海光沁み入りぬ 中島斌雄
大いなる一つは葉附早桃かな 前田普羅
凍てゆるむ麦生畠の早桃はも 飯田蛇笏
父と居て交々早桃の紅を割る 飴山實 『おりいぶ』
老斑の手に享く早桃みずみずし 堤照佳
娶らざるわれらいづれも早桃くふ 林田紀音天


早桃 補遺

くひながら夏桃売のいそぎけり 正岡子規 夏桃
夏桃はまだ毛の多き苦さ哉 正岡子規 夏桃
湖の鵜を見てゐたる早桃かな 岡井省二 猩々
時計屋も夏桃店も埃哉 正岡子規 夏桃
手中にみどり褪せ行く早桃かな 前田普羅 能登蒼し
色糸の一つは早桃見たまへよ 中村汀女
早桃噛んで能登の入江を渡りけり 前田普羅 能登蒼し
長き葉の添ひたる早桃欲しかりし 能村登四郎
釣人が早桃の紅を見つつゆく 飯田龍太
凍てゆるむ麦生畑の早桃はも 飯田蛇笏 春蘭
父と居て交々早桃の紅を割る 飴山實 おりいぶ
齢また病に入りし早桃かな 石田勝彦 百千

by 575fudemakase | 2017-06-18 12:09 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

瓜漬 の俳句

瓜漬 

平凡を願ふくらしや胡瓜漬 三沢久子
大掴み瓜漬の塩ふり馴れて 及川貞 夕焼
胡瓜漬昨日のままの貌でいる 松本 豪
瓜漬や健気さはさて齢ゆかず 篠田悌二郎
瓜漬もつましく食ぶるべかりけり 行方南魚
移り香の衿になほあり胡瓜漬 日野草城


瓜漬 補遺

大掴み瓜漬の塩ふり馴れて 及川貞 夕焼
瓜漬や笑まひてをみな年古りず 上田五千石 天路
移り香の衿になほあり胡瓜漬 日野草城


by 575fudemakase | 2017-06-18 12:07 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

たかし忌 の俳句

たかし忌

中啓に潮風わたる牡丹忌 木村蕪城
たかし忌の牡丹のいのち惜しみけり 島村 茂雄
たかし忌の芥子卓上に花散らす 大橋敦子
たかし忌の鎌倉遠し牡丹散る 大島民郎
たかし忌の甘夏蜜柑偽れる 石川桂郎 高蘆
たかし忌の旧居へ鼓草の遺 井沢正江 以後
たかし忌の寺より見ゆる城ケ島 上村占魚
たかし忌の杉山に鳴る能鼓 森 重夫
たかし忌の滝に正面して冷えぬ 本田静江
たかし忌の朝人知れず沖に虹 横川内蔵助
たかし忌の東司にて聴く時鳥 西宮正雄(門)
たかし忌の白扇が打つ膝拍子 鷲谷七菜子
たかし忌や宇陀のはづれに能舞台 鈴木太郎
たかし忌や稽古待ちゐる能舞台 澤田治美
たかし忌や生れてみどりの蜘蛛走り 岩崎健一
たかし亡し梅雨の炭挽く静けさに 小林康治
牡丹忌と僣称すべく亡妻に 河野静雲 閻魔
牡丹忌や現れさうな獅子の舞 酒井 武
取出す遺愛の鼓牡丹忌 松本つや女
取出だす遺愛の鼓牡丹忌 松本つや女

たかし忌 補遺

たかし亡し梅雨の炭挽く静けさに 小林康治 玄霜
たかし忌の苗代寒ムを効かせたり 上田五千石『森林』補遺
たかし忌の白扇が打つ膝拍子 鷲谷七菜子 花寂び
たかし忌の甘夏蜜柑偽れる 石川桂郎 高蘆
こゑ澄みてをとめぞ来ぬる牡丹忌 上田五千石 天路


by 575fudemakase | 2017-06-18 12:04 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

茅舎忌 の俳句

茅舎忌 

夏草のよよと暮れゆく茅舎の忌 飯田龍太
茅舎のこと三言四言や茅舎の忌 高浜虚子
茅舎忌のありあけの月消えがてに 柴田白葉女
茅舎忌のげに掴み取る瓜のわた 安井浩司
茅舎忌の近づく夜々の青葉木菟 升谷一灯
茅舎忌の空ただ暑く昏れてけり 大井戸辿
茅舎忌の使ひて白きちりれんげ 中尾寿美子
茅舎忌の酒の肴に貝割菜 田島和生
茅舎忌の身近なみどり箱パセリ 井伊直子「文字に彩」
茅舎忌の朝開きたる百合一花 高野素十
茅舎忌の朝日を凝らす芋の露 冨田みのる
茅舎忌の払暁さめてゐたりけり 柴田白葉女 『朝の木』
茅舎忌の噴水の辺に手を濯ぐ 中田剛 珠樹
茅舎忌の坊主頭を振り返る 嶋田麻紀
茅舎忌の夕虹蟇をかゞやかす 西島麦南
茅舎忌の緑凝りたる石の苔 蟇目良雨
茅舎忌や芋の葉は露育てつつ 肥田埜勝美
茅舎忌や絵筆洗ひし水に紅 大堀柊花(狩)
茅舎忌や汗の面を拭くばかり 八木林之介 青霞集
茅舎忌や魚板を叩く雨しきり 磯崎美枝
茅舎忌や百合の青蕾脈走り 岩崎健一
茅舎忌や瞼にのこる杖地蔵 河野静雲
茅舎忌を祗園囃の中にゐし 加古宗也(若竹)
巻頭の句を音読す茅舎の忌 豊田北斗
傘ほして茅舎忌の風わづかなり 中田剛 竟日
浄土にも白南風吹くか茅舎の忌 山口耕堂
石一つ夜に入りけり茅舎の忌 伊藤敬子
千万の露茅舎忌の笹にかな 黒坂綾子 『黙契の虹』
長杖の茅舎瞼に茅舎の忌 小原菁々子
童顔の永久にあはれや茅舎の忌 松本たかし
八束逝く露の茅舎の忌を明日に 文挾夫佐恵
夕蝉のこゑ沁みとほり茅舎の忌 宮下翠舟
葉の雫下の葉に落ち茅舎の忌 和田耕三郎
 
茅舎忌 補遺

夏草のよよと暮れゆく茅舎の忌 飯田龍太
茅舎忌の朝開きたる百合一花 高野素十
茅舎忌の夜はしづかに天の川 野見山朱鳥 愁絶
茅舎忌の篁透けてゐたりけり 寒食 星野麥丘人
茅舎忌や今宵の星を低しと見 鈴木真砂女 居待月
茅舎忌や松多く灯は其所在 中村草田男
師友老いぬ童顔老いざる茅舎の忌 松本たかし
青露院茅舎の忌なり日の暮れぬ 寒食 星野麥丘人
童顔の永久にあはれや茅舎の忌 松本たかし

by 575fudemakase | 2017-06-16 02:54 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

木の枝払ふ の俳句

木の枝払ふ 

何といふ木とは知らねど枝払ふ 岩田由美
極月の松の枯枝下ろすかな 久保田万太郎 流寓抄
枝下しをる雪空の日洩れ 小澤碧童 碧童句集
枝下ろし済みたる月の痩せて出づ 館岡沙緻
枝払ひして六月を迎ふ庭 千原草之
枝払ひなほ奥見えず不審庵 山下喜子
枝払ひ街の灯透ける夜となりぬ 大久保新也
杉の下枝払ふ音より鵙高音 大熊輝一 土の香
大木の枝下ろし居る霞かな 喜谷六花
碧眼の庭師も交り枝払ふ 都筑智子
朴の青枝下されて飛騨の山彦 金子皆子

木の枝払ふ 補遺

避暑の荘下枝払ひ湖見ゆる 高浜年尾
竹を伐り倒す音枝払ふ音 右城暮石 句集外 昭和三十四年
垂るる枝下よりつかむ冬の蔓 山口青邨
初めての枝下ろさむと白牡丹 飯島晴子
枝下りて下りて追けゐぬ小鳥二羽 阿波野青畝
口ダンの像枝払はれし冬木の瘤 松崎鉄之介

by 575fudemakase | 2017-06-16 02:52 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

夜焚 の俳句

夜焚

まつさをな魚の逃げゆく夜焚かな 橋本多佳子
烏賊漁夫や夜焚き疲れもなく弥撒に 小原菁々子
渦潮に火屑こぼるゝ夜焚かな 日野芝生
往診のわが舟照らす夜焚舟 山本砂風楼
紀の国に月落ちてゆく夜焚かな 浜口虞公
玄海の潮鳴きつのる夜焚かな 笠松崎帆子
航に逢ふ夜焚の漁夫の火の胸や 松林朝蒼(鶴)
降り足らぬ夕立の沖へ夜焚舟 水原秋桜子
芝あをく夜焚の闇の雨きたる 桂樟蹊子
常闇のさむるともなく夜焚かな 綾部王春
水の面を*さよりが走る夜焚かな 小田黒潮
早潮に夜焚の火屑落ちつゞく 大畑雉子
島の灯のいよいよ遠き夜焚舟 藤井昌治(朝)
補陀落の闇深く生れ夜焚の火 高橋柿花
門司船のとくに来てゐる夜焚かな 吉武月二郎句集
夜焚の灯にはかにふえてきたりしよ 清崎敏郎
夜焚火に浮き来し烏賊が華と咲く 米沢吾亦紅

夜焚 補遺


この舟等いまに夜焚の火をともす 山口誓子
降り足らぬ夕立の沖へ夜焚舟 水原秋櫻子 蓬壺
破船がくれに 何の夜焚火 酒瓶据え 伊丹三樹彦
夜焚の灯いよよ明るく暮れてきし 清崎敏郎
夜焚の灯にはかにふえてきたりしよ 清崎敏郎
夜焚火の一火移動しはじめたり 右城暮石 句集外 昭和五十一年
夜焚船灯のほか何も見えざりし 右城暮石 天水

まつさをな魚の逃げゆく夜焚かな 橋本多佳子
烏賊漁夫や夜焚き疲れもなく弥撒に 小原菁々子
渦潮に火屑こぼるゝ夜焚かな 日野芝生
往診のわが舟照らす夜焚舟 山本砂風楼
紀の国に月落ちてゆく夜焚かな 浜口虞公
玄海の潮鳴きつのる夜焚かな 笠松崎帆子
航に逢ふ夜焚の漁夫の火の胸や 松林朝蒼(鶴)
降り足らぬ夕立の沖へ夜焚舟 水原秋桜子
芝あをく夜焚の闇の雨きたる 桂樟蹊子
常闇のさむるともなく夜焚かな 綾部王春
水の面を*さよりが走る夜焚かな 小田黒潮
早潮に夜焚の火屑落ちつゞく 大畑雉子
島の灯のいよいよ遠き夜焚舟 藤井昌治(朝)
補陀落の闇深く生れ夜焚の火 高橋柿花
門司船のとくに来てゐる夜焚かな 吉武月二郎句集
夜焚の灯にはかにふえてきたりしよ 清崎敏郎
夜焚火に浮き来し烏賊が華と咲く 米沢吾亦紅

夜焚 補遺


この舟等いまに夜焚の火をともす 山口誓子
降り足らぬ夕立の沖へ夜焚舟 水原秋櫻子 蓬壺
破船がくれに 何の夜焚火 酒瓶据え 伊丹三樹彦
夜焚の灯いよよ明るく暮れてきし 清崎敏郎
夜焚の灯にはかにふえてきたりしよ 清崎敏郎
夜焚火の一火移動しはじめたり 右城暮石 句集外 昭和五十一年
夜焚船灯のほか何も見えざりし 右城暮石 天水

by 575fudemakase | 2017-06-16 02:49 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

唐辛子の花 の俳句

唐辛子束ねてにしてしまう 佐伯克子

唐辛子の花を咲かせてそば処 志村ゆき子「新山暦俳句歳時記」




葉陰なる蕃椒なき如く 稲畑汀子

愛づほどのにあらねど蕃椒 河野美奇

蕃椒の白小さく葉かげなる 設楽太草

by 575fudemakase | 2017-06-16 02:46 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

萱草の花 の俳句

萱草の花

えぞ萱草遠見に過ぎる島の墓 文挟夫佐恵 遠い橋
ひとつ萎えひとつは咲きて野萱草 榎田きよ子
ふる里は今萱草の島となり 天野厚子「響合同句集」
泳ぎ子の萱草手折りゆきにけり 鈴木貞雄
花萱草どこも崖なす海女のみち 和泉 好
花萱草はたらきもののははなりし 山口紫甲
花萱草乙女ためらひ刈つてしまふ 加藤知世子
花萱草少女ためらひ刈つてしまふ 加藤知世子
花萱草青野の青をさそひだす 福田甲子雄
花萱草部落十戸に忘れ汐 杉本寛
蝦夷萱草今を盛りの利尻富士 荒舩青嶺(玉藻)
萱草(わすれぐさ)沖に日本領土なし 平井さち子 紅き栞
萱草が咲いてきれいな風が吹く 大峯あきら
萱草に釜石線がたまにゆく 大峯あきら 宇宙塵
萱草に雷遠き日かげかな 萱草の花 正岡子規
萱草に立つ浪音や桂浜 高木晴子
萱草のとびとび咲きて屯田区 河野友人
萱草の一番花の大いなる 江本 如山
萱草の雨となりけり避暑の宿 軽部烏帽子 [しどみ]の花
萱草の影澄む水を田に灌ぐ 西島麦南
萱草の花にかくれて浅間噴く 長谷川かな女 花寂び
萱草の花にすつくと波がしら 村上しゅら
萱草の花に日暮のピアノ鳴る 秋篠光広
萱草の花に霧ふく峠かな 中勘助
萱草の花のはじめの日を知らず 町田美知子
萱草の花の記憶の中の母 福田素吾
萱草の花も夕日もつかれたる 青柳志解樹
萱草の花や金気の浮きし水 川崎展宏
萱草の花をいそがず小浜線 岡井省二
萱草の花旱の蟻に匍はれる シヤツと雑草 栗林一石路
萱草の芽に雨しみる田径かな 飯田蛇笏
萱草の咲きたる畦の靄深し 秋元草日居
萱草の残る一花に皆集ひ 大月 智恵子
萱草の捧げたる朱に帰り来し 細見綾子 黄 炎
萱草の夕花明り熊野川 森 澄雄
萱草の夕日の色に咲き惜しむ 駒井えつ子
萱草の饒舌畦に屯して 間名部ちさと
萱草は随分暑き花の色 荷兮
萱草も咲いたばつてん別れかな 芥川龍之介
萱草やこゝに芽をふく忘草 芽立 正岡子規
萱草や昨日の花の枯れ添へる 松本たかし
萱草や青田の畦の一ならび 青田 正岡子規
萱草や浅間をかくすちぎれ雲 寺田寅彦
萱草や茶屋のつき山苔もなし 萱草の花 正岡子規
萱草や柱状節理軋むごと 神尾季羊「日向」
萱草や林はづれに牧師館 友岡子郷
萱草咲きたはむるる母岩なり 成田千空 地霊
萱草咲く佐渡の國こゝに盡きし巌の襞 安斎櫻[カイ]子
亀岩までとびしま萱草立ち騒ぐ 田口一穂
脚長の足早に蹤き野萱草(石川桂郎氏宅) 野澤節子 『存身』
朽舟の沖は遠き日忘草 三木綾子
業平忌萱草の雨もこの日より 岡井省二「鹿野」
狐啼く神威岬の花萱草 井村和子
忽忘草霧に咳き人行けり 堀口星眠 火山灰の道
今日をうたえ藪萱草の百の舌 豊口葉子「藪姫」
根深一把もらふて年を忘草 乙由
七夕の雨しとどなり萱草 堀口星眠 営巣期
酌下手の妻を呵(しか)るや年忘 草城
住吉や下火に冬を忘草 曲言 選集「板東太郎」
対岸へ飛火せしごと花萱草 金森柑子
大男腰をかがめぬ年忘 草間時彦 櫻山
誰が家ぞ萱草さけるおのづから 萱草の花 正岡子規
断崖に風の道あり花萱草 田村恵子
昼はまた昼の涼しさ萱草咲く 沢田早苗
湯煙に人現るゝ時萱草も 高浜虚子
湯煙に人現るる時萱草も 高濱虚子
湯治場や黄なる萱草得て帰る 萱草の花 正岡子規
百合・萱草立てて芦野や盆掃除 加藤知世子 花 季
浜萱草群れてなだれて尻屋崎 加藤憲曠「静寂」
浜萱草風見・汐見の濡れ仏 中村純子 『花守』
母の忌と知りてや萱草揺れやまず 本田恵美子
忘草人に逢ひたる後の赤 上林美知子(山繭)
忘草人に頭巾を隠しけり 星野麦人
忘草風がおもねるとき散れり 粕谷南城
無宿墓そびらに長けし忘草 山城やえ(春耕)
耶蘇祀り摘草峠野萱草 小原菁々子
野に咲いて忘草とはかなしき名 下村梅子
野萱草もつてのほかの恋をして 大石悦子
野萱草水面に揺れて掬月亭 藤本和子
野蒜野萱草大荷物山家に入る 金子皆子

萱草の花 補遺

かたまつて撫子とんで野萱草 森澄雄
しばらくは野に出ず萱草庭に咲く 山口青邨
花萱草養魚池より水落す 右城暮石 散歩圏
萱草が御裳の裾の花と咲く(大野寺磨崖仏) 細見綾子
萱草にさらに夕日の紅をそふ 森澄雄
萱草に雷遠き日かげかな 正岡子規 萱草の花
萱草の黄からはじまる野の夜明 後藤比奈夫
萱草の黄花は金曜日のひかり 飯田龍太
萱草の花の朱湖に人泳ぐ 岡井省二 山色
萱草の花をいそがず小浜線 岡井省二 明野
萱草の芽に雨しみる田径かな 飯田蛇笏 心像
萱草の芽は衿正す朝の日に 山口青邨
萱草の芽や佐助坂上り来て 石塚友二 磯風
萱草の芽を召し上る皺の口 飯島晴子
萱草の捧げたる朱に帰り来し 細見綾子
萱草の夕花明り熊野川 森澄雄
萱草やこゝに芽をふく忘草 正岡子規 芽立
萱草や青田の畦の一ならび 正岡子規 青田
萱草や茶屋のつき山苔もなし 正岡子規 萱草の花
幾度も夏花かと見て萱草を 右城暮石 句集外 昭和十六年
脚長の足早に蹤き野萱草 野澤節子 存身
業平忌萱草の雨もこの日より 岡井省二 鹿野
山国に住むおもざしや野萱草 藤田湘子 神楽
赤松の根方萱草たけ高し 細見綾子
誰が家ぞ萱草さけるおのづから 正岡子規 萱草の花
朝のうち行者通りぬ野萱草 森澄雄
湯治場や黄なる萱草得て帰る 正岡子規 萱草の花
岬の鼻思へと萱草抱へ来し 大野林火 月魄集 距和五十七年
戻り来て値ゑし萱草未だ咲かず 杉田久女
野萱草藪萱草や冬水忌 雨滴集 星野麥丘人
萬難に堪えて萱草五年振 杉田久女

by 575fudemakase | 2017-06-16 02:39 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング