牡丹(2)

牡丹(2)

例句を挙げる。

是程と牡丹の仕方する子哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
昼吸ひし白光を吐き夕牡丹 山口青邨
時計三つ鳴りあへる夜の牡丹かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
晝の海かゞやける前の牡丹哉 雁来紅(伊東紅遺咏) 伊東紅天、鈴木春平編
晩節を守るしづけさ白牡丹 伊藤京子
暗きより出でし牡丹にたちくらむ 稲垣きくの 牡 丹
暮れかぬる花大いなる白牡丹 高橋淡路女 梶の葉
暮れがたのこの雨脚や牡丹園 中村汀女
曙にしばし風もつ牡丹かな 松瀬青々
曲いつか魔王に変り黒牡丹 熊谷愛子
月の夜は月の魂抱く白牡丹 那須 乙郎
月の暈牡丹くづるゝ夜なりけり 露月句集 石井露月
月を抱いて牡丹崩れんとする揺ぎ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
月光の触るゝを待てる夕牡丹 石井とし夫
月白し牡丹のほむら猶上る 川端茅舎
月蝕の露にあてまじ白牡丹 木導 閏 月 月別句集「韻塞」
有明の雫や落ちて白牡丹 中村史邦
朝の霧より牡丹の新ら蕾 原裕 青垣
朝掃除の風通ひゐる牡丹かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
朝日いま漣となる白牡丹 古賀まり子 緑の野以後
朝牡丹喨々鶴の聲おこる 篠田悌二郎
朝牡丹囁くやうに咲くといふ 椎橋清翠
朝霧の終りの牡丹よき牡丹 山田みづえ 草譜
木綿着て豪華はすてぬ牡丹哉 松瀬青々
木蓮を牡丹といひて嗅ぎをりぬ 阿部みどり女
本堂は牡丹焔の上にあり 川井玉枝
本降りの闇はじまりぬ白牡丹 鷲谷七菜子 花寂び 以後
束ねられて茎の青さの牡丹かな 渡辺水巴 白日
杣小屋におとろへ動く牡丹かな 萩原麦草 麦嵐
来てみれば獅子に牡丹のすまひかな 松尾芭蕉
松蔭や紅白しるき牡丹なる 尾崎迷堂 孤輪
林檎くふて牡丹の前に死なん哉 正岡子規(1867-1903)
染寺へ廻ればすでに夕牡丹 舘野翔鶴
柴燈に全き神の牡丹かな 及川貞
根はただに蕊よりうへを牡丹かな 江戸-挙白 元禄百人一句
格天井牡丹圖牡丹の頃に来て 高澤良一 ぱらりとせ
桃いろの濃すぎて牡丹散りたくて 稲垣きくの 牡 丹
案ずれば天にもひらく白牡丹 槐太
梯や牡丹花を終えてあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
椽下に箒十本牡丹寺 藤岡筑邨
榻の方へ牡丹の日影うつりけり 西山泊雲 泊雲句集
横ざまに雨白々と牡丹かな 根根東洋城
欄干に楊貴妃眠る牡丹哉 正岡子規
欝の牡丹躁の牡丹と園めぐる 原裕 青垣
歌膝を組みつゝ雨の牡丹見る 森田峠 避暑散歩
歯の抜けし午後から雨の牡丹かな 橋石 和栲
歳時記の牡丹も五月長谷寺も 河野静雲
死神を見送つて居る牡丹かな 永田耕衣 陸沈考
母老いて瀟洒とゐます白牡丹 細見綾子 黄 炎
水やりて帰る給仕や夜の牡丹 碧雲居句集 大谷碧雲居
水中に牡丹崩るる金魚かな 筏井竹の門
水中花菊も牡丹も同じ色 長谷川かな女 花 季
汲むほどに杓子も酔ふや牡丹酒 中勘助
汲水に昼の埃や牡丹園 西山泊雲 泊雲句集
沛然と雨降り来る牡丹かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
沢山に盛も久し雑牡丹 中村史邦
津軽公御紋牡丹の炎のねぷた 高澤良一 寒暑
海上のまどろみゐたる牡丹かな 中田剛 珠樹以後
海光に牡丹は翳ることのなし 長谷川かな女 牡 丹
海女が戸の牡丹ぬるる虎が雨 富安風生
深宮に処器を擁する牡丹かな 比叡 野村泊月
深青の牡丹見るべき目を瞑る 相生垣瓜人
清艶と観るに牡丹の腥き 千代田葛彦
渦潮のごとくに風の白牡丹 稲垣きくの 牡 丹
渾身の光鎮めて白牡丹 佐土井智津子
湖に身をかがめ牡丹に聴く如し 古舘曹人 能登の蛙
満月に牡丹閉ぢしも香のもるゝ 石井とし夫
満身の重み傾けて牡丹咲く 久永小千世
満開の牡丹風ごと買ひ帰る 高橋悦男
濡れ縁の我に近づく牡丹あり 阿部みどり女
火の奥に牡丹崩るるさまを見つ 楸邨
火の奧に牡丹崩るるさまを見つ 加藤楸邨(1905-93)
火の記憶牡丹をめぐる薄明に 加藤秋邨 野哭
火止窯まだくれなゐや夕牡丹 野見山朱鳥
火鉢の火牡丹の如く埋めたり 小畑一天
灯を消して百千の牡丹寝を誘ふ 稲垣きくの 牡 丹
灯明の煙となりし牡丹かな 藺草慶子
灰落高き煙揚ぐ牡丹かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
烈風の空あはくして咲く牡丹 新井英子
無頼なる色に牡丹咲きにけり 加藤三七子
焼べたれば牡丹の木の炎かな 八木林之介 青霞集
煌として朱門に開く牡丹かな 伊良子清白
煩悩の紅をほんのり白牡丹 檜紀代
燦然と日の闌けにけり牡丹園 高橋淡路女 梶の葉
爐の妻の半身がくれに牡丹見ゆ 松村蒼石 春霰
父に雨の牡丹の夕ぐれ痳疹子よ 鈴木六林男 第三突堤
父母いますいまの尊し牡丹の香 堀口星眠 営巣期
父母と在りし日の牡丹目の前に 細見綾子 天然の風以後
牡丹あはれ露に傾くうなじなり 稲垣きくの 牡 丹
牡丹いけて夏の雲わく伏屋かな 中勘助
牡丹いま活けをはりたる鋏かな 久保田万太郎 流寓抄以後
牡丹しろし人倫を説く眼はなてば 飯田蛇笏 山廬集
牡丹ちるや播州網干寺の中 松瀬青々
牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎 牧歌メ口ン
牡丹とありし旬日過ぎにけり 山口波津女 良人
牡丹にあひはげしき木曾の雨に逢ふ 橋本多佳子
牡丹にあらゆる悪を為し終えぬ 鳴戸奈菜
牡丹にことば肉より出て瞑し 竹中宏
牡丹にざんざ降るなる園生かな 後藤夜半 翠黛
牡丹にしみ~触るゝ風ありぬ 松藤夏山 夏山句集
牡丹にはなればなれの山の雨 松澤昭 父ら
牡丹には先づ量感を言ふべきか 相生垣瓜人 明治草抄
牡丹には過褒の事もあるべきか 相生垣瓜人 明治草抄
牡丹にむざと指さす下人かな 高橋淡路女 梶の葉
牡丹にむせかへらむと思ふなり 相生垣瓜人 微茫集
牡丹に下衆のをとこの荒声す 稲垣きくの 牡 丹
牡丹に佇つ息づかひ荒立てず 稲垣きくの 牡 丹
牡丹に家を毀てる埃かな 岩田由美
牡丹に寄す侍従長筆大御歌(おおみうた) 高澤良一 宿好
牡丹に心負けつつ縁に在り 京極杞陽
牡丹に手びき瞽女より足とまる 西本一都
牡丹に手を触るをとこ見逃さず 稲垣きくの 牡 丹
牡丹に未開の真紅かじか領 原裕 青垣
牡丹に棚簀影して好き天気 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
牡丹に流人の墓に若布屑 西本一都 景色
牡丹に真向ふごとき一日あり 細見綾子
牡丹に貧窮問答してをりぬ 下村梅子
牡丹に酔ひしかをとこ息づかひ 稲垣きくの 牡 丹
牡丹に顎付いたる男かな 岡井省二
牡丹に顔の大きな男かな 村上高悦
牡丹に顔を、花のかおるをえがく 荻原井泉水
牡丹に鼓動伝はる昼の風 平野券月
牡丹のあしたの精の蝶なるや 阿部みどり女
牡丹のからまるものに若布屑 西本一都 景色
牡丹のくづるゝ音や黴の中 萩原麦草 麦嵐
牡丹のため朝夕を土に佇つ 細見綾子(1907-97)
牡丹ののちのち空の日数かな 齋藤玄 『無畔』
牡丹のほむら飛びつく旅鞄 稲垣きくの 牡 丹
牡丹のまぶしきことを尊べり 古舘曹人 砂の音
牡丹の一つ一つに父の空(須賀川牡丹園にて) 原裕 『葦牙』
牡丹の一花の妍のしづけさよ 京極杞陽
牡丹の一花咲かねば母癒えず 原裕 新治
牡丹の三十年の根を分くる 後藤 そえ
牡丹の乱心見せて崩るゝ日 高木石子
牡丹の供華ある墓に出会ひけり 蓬田紀枝子
牡丹の前の風呂敷包みかな 後藤 章
牡丹の句百句作れば死ぬもよし 原 石鼎
牡丹の咲きそめてより三日目とか 成瀬正とし 星月夜
牡丹の咲くときゝ早や散るときゝ 星野立子
牡丹の園となりたる寺領かな 滝口 芳史
牡丹の土ほつかりと雨あがり 稚魚
牡丹の夕や逢ふ顔描き来て 長谷川かな女
牡丹の夢殻懸けし牡丹かな 永田耕衣 狂機
牡丹の奥に怒涛怒涛の奥に牡丹 加藤楸邨
牡丹の実もちて葉濃しや老父住まふ 原田種茅 径
牡丹の実王冠の如し夏に入る 内藤吐天 鳴海抄
牡丹の寺とたづねて草深き 後藤夜半 底紅
牡丹の崩るゝを恋ひわたりけり 小林康治 四季貧窮
牡丹の手入れ総勢二十名 高澤良一 宿好
牡丹の散りしばかりとおもはるゝ 南るり女
牡丹の散りて重ねて足らふめり 林原耒井 蜩
牡丹の散れば忘れてしまふこと 汀子
牡丹の日ざしに虫の羽おとかな 上村占魚 鮎
牡丹の日に日に蕊のおそろしき 石井みや
牡丹の朱躑躅の朱ヶを寄せつけず 稲垣きくの 牡 丹
牡丹の杖もやらずに花をはる 亀井糸游
牡丹の棟瓦より夕燕 西本一都 景色
牡丹の残りし花に法事かな 松本たかし
牡丹の気焔に喉の渇きけり 関森勝夫
牡丹の浮雲つつむごとつつむ 古舘曹人 能登の蛙
牡丹の珠ふくみ汝が誕生日 藤岡筑邨
牡丹の白に触るべき指は持たず 稲垣きくの 牡 丹
牡丹の白の重たきとのぐもり 齋藤玄 『狩眼』
牡丹の白粉はげぬ秋扇 阿部みどり女 笹鳴
牡丹の百媚の妍をうたがはず 稲垣きくの 黄 瀬
牡丹の睡らずなりし花あはれ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
牡丹の種くろがねや秋のこゑ 原裕 正午
牡丹の紅の強情猫そよぐ 斎藤玄 雁道
牡丹の終りし土を掃いてをり 上野泰 春潮
牡丹の緋のふうはりとぬけだしぬ 松澤昭 山處
牡丹の腐臭の満てる御寺かな 佐々木六戈 百韻反故 初學
牡丹の自若と散りぬ別れけり 清水千勢女
牡丹の色を交へて活けられし 高浜年尾
牡丹の艶にすぎたる雨もよく 河野南畦 『花と流氷』
牡丹の花とうしろの壁との隔 長谷川素逝 暦日
牡丹の花に暈ある如くなり 松本たかし
牡丹の花に消えしは蝶の影 藤井以身
牡丹の花のうしろの水明り 辻本斐山
牡丹の花の渦より汐騒す 鴻司 (雨情の旧居)
牡丹の花もうしろの壁も冥し 長谷川素逝 暦日
牡丹の花一つづつ匂ひけり 高浜年尾
牡丹の葉が目立つて来た日の照り 北原白秋
牡丹の葉にきれ込みのほそぼそと 金田咲子
牡丹の蕊に痴れたる虫翔たず 桑田青虎
牡丹の蕋金色に発光す 丸山嵐人
牡丹の虻に習ひて小さき虫 後藤夜半 底紅
牡丹の衰へしこと蝶ぞ知る 後藤夜半 底紅
牡丹の謝して何処に行くならむ 相生垣瓜人 微茫集
牡丹の開きし木の撓ひかな 岸田稚魚
牡丹の雨や木蔭は濡らしめず 伊東宏晃
牡丹の青き蕾に遊びけり 松藤夏山 夏山句集
牡丹の風に乱るることもなし みどり女
牡丹の風のとどきし外竈 館岡沙緻
牡丹の風の日班に憑かれけり 阿部みどり女
牡丹の風をよろこび縁を借る 太田育子
牡丹の風波寄せてゐるところ 水田むつみ
牡丹の香まとへる旅のものを脱ぐ 稲垣きくの 牡 丹
牡丹の驟雨斜めに到りけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
牡丹はや力抜けゐし夕明り 清水基吉 寒蕭々
牡丹はや散りてあとかたなかりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
牡丹は一茎一花、青天に對して開く 荻原井泉水
牡丹は剪らねば剪ればよき花を 高澤良一 宿好
牡丹は夜を体内に垂れゐるや 齋藤玄 『雁道』
牡丹は女体をとこら眸をそらせ 稲垣きくの 牡 丹
牡丹は招魂祭の雨たたへ 萩原麦草 麦嵐
牡丹への道のしるべに石を敷く 原裕 青垣
牡丹へ及んで巻きぬ風の舌 竹中宏 饕餮
牡丹ほのぼの白と定まる蕾かな 松村蒼石
牡丹まで一歩残せり大鴉 小泉八重子
牡丹みな崩るゝ強き日あたれり 長谷川かな女 雨 月
牡丹めぐる四五人となりし夜勤かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
牡丹もをんなも玉のいのち張る 稲垣きくの 牡 丹
牡丹やなほ門前の遅ざくら 片山桃史 北方兵團
牡丹やや崩れて翳もなかりけり 小林康治
牡丹やや疲れしさまに夕づきぬ 相馬遷子 山河
牡丹や五彩のほとけ顔あまた 栗生純夫 科野路
牡丹や仏乗らるゝ獅子はなく 野村喜舟 小石川
牡丹や使者に致酒して返し文 雉子郎句集 石島雉子郎
牡丹や夕影中の榻青磁 楠目橙黄子 橙圃
牡丹や富むといふこと美しく 遠藤梧逸
牡丹や東海禅寺尋ねあて 野村喜舟 小石川
牡丹や母の使ひの子供くる 山本洋子
牡丹や王仁の伝へし文字使ふ 成瀬正とし 星月夜
牡丹や珍の髪なす女のほとけ 栗生純夫 科野路
牡丹や眠たき妻の横坐り 日野草城
牡丹や言葉少き客あるじ 西山泊雲 泊雲句集
牡丹や軸の楼閣細筆に 尾崎迷堂 孤輪
牡丹や阿房崩すと通ふ蟻 飯田蛇笏 山廬集
牡丹や頭上の木々は大風に 岸本尚毅 選集「氷」
牡丹や風の如くに和尚留主 野村喜舟
牡丹よし金剛峯寺の夕よし 伊藤柏翠
牡丹より低う仕へて牡丹守 都筑智子
牡丹より牡丹へ虻の花狂ひ 辻田克巳
牡丹をかたはらにして鰻食ふ 和田耕三郎
牡丹をこよなく愛し荒法師 小畑一天
牡丹をわたる日輪毀れさうに 猪俣千代子
牡丹を剪りて炎を持つごとく 栗島弘
牡丹を双子見てゐる山の雨 大木あまり 火のいろに
牡丹を嗅ぎて鬱々たる不惑 嶋田麻紀
牡丹を囲ふ百万石ありぬ 松澤昭 面白
牡丹を抱くごと男の子授かりぬ 毛塚静枝
牡丹を活けあぐねゐるひと若し 林原耒井 蜩
牡丹を活けておくれし夕餉かな 杉田久女(1890-1946)
牡丹を活けをり花を抱く如 皆吉爽雨
牡丹を見つ立つてをり全き人 小川双々子
牡丹を重くする雨けふも降る 山口青邨
牡丹を鞭ちたりし古人あり 相生垣瓜人 微茫集
牡丹一輪筒に傾く日数かな 炭 太祇 太祇句選
牡丹一輪雨に傾き泣きにけり 阿部みどり女
牡丹七日いまだ全容くづさざる 綾子
牡丹七日中の三日は雨しとど 細見綾子 曼陀羅
牡丹三千めぐり疲れて水の音 古賀まり子 緑の野以後
牡丹二代連哥は劣るあるじ哉 高井几董
牡丹二本浸して満つる桶の水 渡辺水巴 白日
牡丹亭獅子文六の五月かな 久保田万太郎 流寓抄
牡丹冷え太刀のごとくに傘を置く 古館曹人
牡丹切つて気のおとろひしゆふべかな 蕪村
牡丹切て気のおとろひし夕かな 與謝蕪村
牡丹切て氣のおとろひし夕かな 蕪村 夏之部 ■ 波翻舌本吐紅蓮
牡丹切るあとをただちに埋むる葉 皆吉爽雨 泉声
牡丹切る心に似たる別れかな 花の本聴秋
牡丹切る祭心はたかぶりぬ 前田普羅 春寒浅間山
牡丹剪つて二日の酔のさめにけり 正岡子規
牡丹剪つて光そのままかかへ来ぬ 金箱戈止夫
牡丹剪つて庭にもの無くなりにけり 虚子句集 高濱虚子
牡丹剪り湖に泳ぎてまひるかな 中田剛 珠樹
牡丹剪り風は寄辺を失ひぬ 山口照子
牡丹剪るや袂銜へし気の驕り 野風呂第一句集(表紙・背は野風呂句集) 鈴鹿野風呂
牡丹剪る心定めて立ちにけり 庄司瓦全
牡丹剪る愁ひ心をのこしつつ 田中冬二 麦ほこり
牡丹剪る遠山脈に残り雪 田中冬二 麦ほこり
牡丹剪る鋏の音にそひかゞみ 高濱年尾 年尾句集
牡丹十日母にもの言ふ如きかな 細見綾子 天然の風以後
牡丹双輪月世界は白日世界は紅 福田蓼汀 秋風挽歌
牡丹吹かれて荒れて一心に肌みがく 加藤知世子 黄 炎
牡丹吹かれゐて天空に波おこる 石原八束
牡丹吹き通りすがりの巫女を吹き 高澤良一 随笑
牡丹咲いておとろへ知らぬ山の水 椎橋清翠
牡丹咲いて我も春夜に逢ひにけり 渡辺水巴 白日
牡丹咲きいま一喝の父が欲し 古館曹人
牡丹咲きぬ恩賜の煙草雪の如し 渡邊水巴 富士
牡丹咲きめぐる山垣日に澄める 梅原黄鶴子
牡丹咲きトランプの絵も水滸伝 大島民郎
牡丹咲き一燈の火を継ぎにけり 古館曹人
牡丹咲き木のぞつくりと痩せにけり 平井照敏 天上大風
牡丹咲き極みて墓につづきけり 文挟夫佐恵 雨 月
牡丹咲き芍薬蕾む浮世かな 野村喜舟
牡丹咲くと怒った顔で男云う 鳴戸奈菜
牡丹咲くのみの天地祷りをり 石川桂郎 含羞
牡丹咲く一天ゆたかなるひかり 柴田白葉女 花寂び 以後
牡丹咲く山家にひさぐ吉野紙 白澤よし子
牡丹咲く庭の制札誰が筆ぞ 井上井月
牡丹咲く牡丹と號す旗亭哉 寺田寅彦
牡丹咲けるその一輪をいとしめる 久保田万太郎 流寓抄以後
牡丹咲て我家狭き思ひあり 松宇家集 伊藤松宇
牡丹咲て美人の鼾聞えけり 正岡子規
牡丹園に打たるる杭の音聞ゆ 萩原麦草 麦嵐
牡丹園ゆふべは刻のゆるやかに 鈴木しげを
牡丹園ランプ灯れるむかし哉 滝井孝作 浮寝鳥
牡丹園二箇所に分けて火桶かな 高澤良一 素抱
牡丹園父恋ふほどの日和にて 原裕 新治
牡丹園牡丹の荒れも見するなり 大木あまり 雲の塔
牡丹園田を鋤く音を間近かにす 松村蒼石
牡丹園節子・つねこに侍す想ひ 窪田あさ子
牡丹園花了ふ雨の投光機 宮武寒々 朱卓
牡丹園葭簀の外の小草かな 島村元句集
牡丹圖を杜若圖に掛け替へよ 高澤良一 ももすずめ
牡丹地にひらき信心を明るくす 中山純子 沙羅
牡丹守この須賀川の地味を云ふ 高澤良一 宿好
牡丹守音なく雑事こなしおり 藤森小枝
牡丹寺 生きの急ぎの蝶 蟻 僕 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 夢見沙羅
牡丹寺まつくらやみの縁の下 辻桃子
牡丹寺より牡丹の苗木提げ 依光陽子
牡丹寺女首筋より老ゆる 中村路子
牡丹寺飲食の火のつつましく 延平いくと
牡丹崩る晴着をそつと置くごとく 今泉貞鳳
牡丹崩る濁世の土に帰するべく 稲垣きくの 牡 丹
牡丹崩れて黒血のごとし土真昼 五十嵐播水 播水句集
牡丹崩れ男盛りの僧を呼ぶ 仁平勝 花盗人
牡丹崩れ風の行方は誰も知らず 駒村多賀子
牡丹得て壺は命を得たりけり 下村梅子
牡丹愛す名利に遠き貌をもて 稲垣きくの 牡 丹
牡丹戦争露営のなあすすていしよん 仁平勝 花盗人
牡丹折りし父の怒りぞなつかしき 大魯
牡丹掃く少年少女こゑかすれ 原裕 青垣
牡丹描く人にはなれて牡丹見る 山本玉浦
牡丹提けてけやけう人の通り行く 尾崎紅葉
牡丹散ってうちかさなりぬ二三片 蕪 村
牡丹散つてそのあと時間通りけり 中村明子
牡丹散つてにはかに天の虚ろかな 別所真紀子
牡丹散つて乾坤明を失へり 永田青嵐
牡丹散つて心もおかずわかれけり 立花北枝
牡丹散つて葉茂し風に揺れ止まず 楠目橙黄子 橙圃
牡丹散つて雨残りたる山河かな 青木重行
牡丹散てうちかさなりぬ二三片 蕪村
牡丹散て心もおかず別れけり 北枝
牡丹散らば寄せて熏べばや釈迦如来 渡辺水巴 白日
牡丹散りまた散り時計二時を打つ 相馬遷子 山河
牡丹散り一片がのる置時計 蓬田紀枝子
牡丹散り白磁を割りしごと静か 青邨
牡丹散り終日本を読まざりき 山口青邨
牡丹散り魚鱗のごとく日をあつむ 細見綾子 花 季
牡丹散るから声高にもの言ふな 今瀬剛一
牡丹散るにかくまで緋を尽し 渋谷天眠
牡丹散るはるかより闇来つつあり 鷲谷七菜子 黄炎
牡丹散るやはや日月の音立てて 渡辺恭子
牡丹散る日ざし昨日に変らぬに 上村占魚 『かのえさる』
牡丹散る時の一片散るごとく 野見山朱鳥
牡丹散る闇の遥かをあばれ川 小檜山繁子
牡丹有寺ゆき過しうらみ哉 蕪村遺稿 夏
牡丹林ありと信じて疑はず 相生垣瓜人 微茫集
牡丹枯れ対ふ齢の枯れきらず 清水基吉
牡丹活けてうなだるゝ莟二つかな 未翁 未翁南圃句集 桂井未翁・太田南圃
牡丹活けて古く汚さぬ疊かな 長谷川零余子
牡丹活けて春惜む豪奢父に似し 碧雲居句集 大谷碧雲居
牡丹活けて昼一杯の用欠きぬ 阿部みどり女 笹鳴
牡丹活けをへぬ葉に雨とどむるを 皆吉爽雨 泉声
牡丹清浄をんな不浄と誰がきめし 稲垣きくの 牡 丹
牡丹湯に入り登仙の心あり 竹下陶子
牡丹満を持して一天雲あらず 高田蝶衣
牡丹燃え系図戦国にさかのぼる 福田蓼汀
牡丹犯す酔ひどれ天使の眼と会へり 河野多希女 こころの鷹
牡丹生けてうすき蒲団に臥たりけり 桂信子 黄 瀬
牡丹白しうつばり太しと下り立つや 原田種茅 径
牡丹白し人倫を説く眼はなてば 飯田蛇笏
牡丹百二百にかよふ風の私語 つじ加代子
牡丹百二百三百門一つ 青畝
牡丹百花衰ふる刻どつと来る 橋本多佳子
牡丹経しこと蜂の身に残らざる 津田清子 礼 拝
牡丹緋の色のらんらんと燃えし燃え盡きたり 荻原井泉水
牡丹罌粟呼吸つまりし眉にかなし 長谷川かな女 花 季
牡丹翁春の火鉢を泡いてをり 岸本尚毅 舜
牡丹職人失踪届二三枚 仁平勝 花盗人
牡丹育てて子を念はずといふは嘘 安住敦
牡丹自堕落一瓣欠きしのちは 樋笠文
牡丹色の消化栓ありきれいな町 阿部完市 春日朝歌
牡丹花に紙覆うてある春夜かな 渡辺水巴 白日
牡丹花に虻が生きたるまま暮るる 耕衣
牡丹花の一とひらちりて暮れにけり 四丁句集第一巻 鵜沢四丁
牡丹花の傍にたまらず逃げにけり 幸田露伴
牡丹花の萼押しひらき現はるゝ 渡邊水巴 富士
牡丹花の闘心こめて霜に伏す 渡邊水巴 富士
牡丹花は咲き定まりて静かなり花の占めたる位置のたしかさ 木下利玄
牡丹花や唐獅子は絵そらごとながら 臼田亜浪 旅人
牡丹芳御坊主蜂にさゝれたり 高井几董
牡丹蕊分け入りし虻ころげをり 矢島渚男 天衣
牡丹蕊深く分け出づる蜂の名残り哉 松尾芭蕉
牡丹薫ず旅でほぐれしわだかまり 稲垣きくの 牡 丹
牡丹蘂ふかく分出る蜂の名残哉 芭蕉
牡丹蘂深く分け出づる蜂の名残りかな 芭蕉
牡丹見し帰路を夕市歩きけり 杉本寛
牡丹見せて障子しめたる火桶かな 渡辺水巴 白日
牡丹見てそれからゴリラ見て帰る 鳴戸奈菜
牡丹見てもみくちやとなる帰り汽車 細見綾子 黄 瀬
牡丹見てをり天日のくらくなる 臼田亞浪 定本亜浪句集
牡丹見て一人静の鉢を買ふ 石川文子
牡丹見て大寺の日に酔ひにけり 原田浜人
牡丹見て私淑の思ひたかぶりぬ 森田峠 避暑散歩
牡丹見に泊瀬の川を渡るなり 稲垣きくの 牡 丹
牡丹見の渡舟郵袋積まれたり 西本一都 景色
牡丹見の遠ざわめきの中にあり 八木林之介 青霞集


以上
# by 575fudemakase | 2014-05-02 08:47 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

牡丹(3)

牡丹(3)

例句を挙げる。

牡丹見るに人を厭へり人絶えざる 瀧春一 菜園
牡丹見る他人の背中の大いなる 行方克巳
牡丹見る客に僧坊ゆだねあり 皆吉爽雨 泉声
牡丹見る旅の汚れのうら悲し 稲垣きくの 牡 丹
牡丹見る背後を何が通るとも 橋本美代子
牡丹語るとき生き生きと牡丹守 古賀まり子 緑の野以後
牡丹載せて今戸へ帰る小舟かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
牡丹開かば吾れしろがねの船行らん 中島月笠
狂ひ咲く牡丹ハミングしたき晴 中野由紀子
狂ひ獅子かうべめぐらす牡丹かな 椎本才麿
狐にも狐の牡丹咲きにけり 相生垣瓜人 微茫集
獅子牡丹わが名八束の湖の島(島根県八束郡八束町) 石原八束 『幻生花』
王宮のあとの花壇の牡丹かな 楠目橙黄子 橙圃
甕に音をしづめて牡丹ちりはてぬ 飯田蛇笏 雪峡
生涯のここに佇ちをり黒牡丹 野澤節子 『駿河蘭』
生涯をいちど揺るがせ牡丹散る 久宗睦子
申し訳なささう牡丹の固蕾 高澤良一 宿好
男の眼もて牡丹を犯せしや 稲垣きくの 牡 丹
畦道の失せて狐の牡丹かな 佐々木六戈
異艸も刈捨ぬ家の牡丹かな 蕪村遺稿 夏
疎開の荷解くや牡丹の東天紅 萩原麦草 麦嵐
疲労愛我に牡丹の巨いさよ 永田耕衣 葱室
病む友がくれし春夜の牡丹かな 渡辺水巴 白日
病めるてふ牡丹をゆきき牡丹守 神尾久美子
発送の牡丹苗木は横浜まで 高澤良一 宿好
白(はく)牡丹といふといへども紅(こう)ほのか 高浜虚子(1874-1959)
白き猫牡丹の下に煌とをり 白岩 三郎
白き瓶に臙脂したたる牡丹かな 中勘助
白と決めし死までのいろや大牡丹 伊藤松風
白昼の牡丹を暗く塗りし画布 森田峠
白昼の牡丹を画布に暗く塗る 森田峠 避暑散歩
白昼の牡丹遠見にひとの家 桂信子 黄 瀬
白無垢の朝の花びら牡丹果つ 原裕 青垣
白牡丹あをむや空も鏡なす 篠田悌二郎 風雪前
白牡丹いづこの紅のうつりたる 高浜虚子
白牡丹きりさめしげくなりにけり 松村蒼石 寒鶯抄
白牡丹くづる仏の立たす闇 野澤節子 黄 炎
白牡丹くづれんとする湯のたぎり 中川宋淵 命篇
白牡丹さやけき珠のつぼみかな 高橋淡路女 梶の葉
白牡丹そのまま月の牡丹かな 神蔵器
白牡丹ただ一輪の盛りかな 高桑闌更 (らんこう)(1726-1798)
白牡丹といふといえども紅ほのか 高浜虚子
白牡丹には静心ありにけり 山田桂梧
白牡丹に物のさはらぬ風情かな 井月の句集 井上井月
白牡丹の白を窮めし光かな 富安風生
白牡丹ひと夜を経たるさまもなし 鷲谷七菜子 花寂び
白牡丹ひらき切るまで紅を秘す 吉田銀葉
白牡丹ふたつひらきし朝ごはん 黒田杏子 一木一草
白牡丹ほのかな紅も許さざる 吉田静子
白牡丹まつたく散りぬ月夜にて 柴田白葉女 花寂び 以後
白牡丹わが越えて来し山の数 今瀬剛一
白牡丹コキュはしがなき仏蘭西語 長谷川双魚 『ひとつとや』
白牡丹一花に見ゆる風の筋 裕
白牡丹傷日深う夜深う 中島斌雄
白牡丹十歩退ればまぼろしに 渡辺恭子
白牡丹吐く月光を緋牡丹吸ふ 川村紫陽
白牡丹咲き切つてなほ青湛ふ 上野さち子
白牡丹夕風雨意をふふみけり 向笠和子
白牡丹夜はうす衣をかづきけり 木村 ふく
白牡丹大河のひびき湛へをり 角谷昌子
白牡丹天二上のひかり享く つじ加代子
白牡丹女汗ばみやすきかな 伊藤京子
白牡丹子は幾人も持ちけれど 智月 俳諧撰集玉藻集
白牡丹寵愛しけりゆるされよ 山口青邨
白牡丹小ぶりに開き切らざるも 滝青佳
白牡丹崩れつつなほ臈たけて 八木絵馬
白牡丹崩れんとして二日見る 成美
白牡丹悠々として切られけり 野村喜舟
白牡丹捨身さながら散りにけり 荒井正隆
白牡丹救世観音に献ぜばや 大橋敦子 匂 玉
白牡丹散る一瞬の熱き宙(広瀬としさま御生家二句) 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
白牡丹星のとなりの星に棲み 花谷和子
白牡丹星辰めぐりはじめけり 伊藤敬子
白牡丹李白が顔に崩れけり 夏目漱石 大正四年
白牡丹柔はき莟が手にさはる 松村蒼石 雁
白牡丹母が許にて産着縫ふ 荒井正隆
白牡丹河岸の老舗夕かげる 柴田白葉女 遠い橋
白牡丹活けてゆたかな日となりぬ 澤村昭代
白牡丹渓の深さに濡れだしぬ 松澤昭 安曇
白牡丹玉の如くに蕾抱き 川口咲子
白牡丹白は極まり激すなり 渡辺恭子
白牡丹白日ここにとどまれる 水原春郎
白牡丹真昼の翳を重ねけり 津村典見
白牡丹緋牡丹と瞳のうかれゆく きくちつねこ
白牡丹緋牡丹死神がとほし 廣瀬町子
白牡丹総身花となりにけり 遷子
白牡丹美貌も才のひとつなる 上野さち子
白牡丹自愛の首を腐しけり 増田まさみ
白牡丹萼もあらはにくづれけり 飯田蛇笏
白牡丹蝶に仙醤ぬすまれし 滝川愚仏
白牡丹金に染りしところあり 八木春
白牡丹風の大きくなりて過ぐ 林田隆士
白牡丹魂遊びせる月夜かな 千代田葛彦
白猫のうづくまる如夜の牡丹 上野さち子
白王の牡丹の花の底ひより湧きあがりくる潮の音きこゆ 太田水穂
白雲の空ゆりすゑて牡丹かな 蓼太
白鷺の牡丹かすめて飛びあへり 渡辺水巴 白日
百夜かよふ初廿日は白牡丹 松岡青蘿
百年の牡丹さみし瞽女祭 西本一都
百慾のゆらりと立てり白牡丹 鳥居おさむ
百牡丹祭の風にふかれけり 上野好子
盃もさゝん銜ん牡丹かな 嘯山
盗まれし花より小さく牡丹咲く 林翔 和紙
盗れし牡丹に逢り明る年 炭 太祇 太祇句選
目凝らせば牡丹の瓣は湧くものよ(木曽路二句) 殿村菟絲子 『晩緑』
目算といふものありや牡丹咲く 高澤良一 随笑
盲ひたるごとき牡丹の真昼かな 上田操
相寄りて牡丹にもある影法師 古館曹人
真上より覗きて牡丹いびつかな 高澤良一 さざなみやっこ
真似て嗅ぎ牡丹に顔をそむける子 高澤良一 素抱
真昼間の人気うとげな牡丹かな 高澤良一 随笑
眠りゆたか白牡丹咲く地つづきに 佐野美智
眠るべし初牡丹咲く曉たのみ 吉野義子
眼底の牡丹のごとし妻は最愛なる人間である 橋本夢道 無禮なる妻抄
石の肌蟻のながるる牡丹かな 藤岡筑邨
石橋の石の平らに夕牡丹 高井北杜
石橋の虚空獅子飛ぶ牡丹かな(関根知孝氏独立披露能) 石原八束 『風霜記』
砂浴び居る七面鳥や日の牡丹 島村元句集
破れ傘めきたる雨の牡丹あり 阿波野青畝
硝子戸を拭く音に覚め牡丹かな 中田剛 珠樹
碧落の牡丹の中に山の音 古舘曹人 砂の音
磴よりは誰も来たらず夕牡丹 神尾久美子 桐の木以後
祖(おや)牡丹摂津の國より持ち込みて 高澤良一 宿好
神鏡に映る万花の一牡丹 野見山朱鳥
秋風にさびしくなりぬ牡丹の木 細見綾子 花寂び
秘薬のんで牡丹の酔ひをさますべし 稲垣きくの 牡 丹
窯元が牡丹の主なりしかな 高濱年尾 年尾句集
窯変は牡丹色なり夏に入る 水田晴子
立ち変る客に疲れし夕牡丹 中井余花朗
童貞が堕つるゆふべかかなしげに卓の牡丹の白くくづるる 吉井勇
競はぬも競ふも光り牡丹かな 伊藤京子
竹の皮吹き飛んでくる牡丹かな 大木あまり
竹は朱にして牡丹は黒きしんかんたり(帰源院) 荻原井泉水
竹筒にさせる牡丹や妙喜庵 妻木 松瀬青々
筆硯の部屋に牡丹の風入るる 稲荷島人
筍で人を招くは牡丹かな 松根東洋城
箸先の鱧の牡丹を崩すかな 草間時彦
箸置きていづこへゆきし牡丹かな 岸本尚毅 舜
簷厚く牡丹を圧す藁屋かな 久米正雄 返り花
糸ほどの雨の一痕白牡丹 近藤潤一
紅に人集めてをりし牡丹園 稲畑廣太郎
紅牡丹べにをきはめし午下の日に 上村占魚 『自門』
紅牡丹跼めば緋色深まれり 田中雅子
紅白の牡丹と競ひ招かれぬ 杉本寛
紅粉(べに)つけた人は大気や白牡丹 立花北枝
累々と色の重なる牡丹かな 野村喜舟
絵襖の古き牡丹に利茶かな 高浜虚子
絵馬の蜂牡丹の蜂に混りけり 永田耕衣 真風
絽を剌せし疲れ目に見る牡丹かな 龍胆 長谷川かな女
維好日牡丹の客の重なりぬ 山口青邨
緋の牡丹崩れしのちは寧からむ 吉野トシ子
緋の牡丹赫と眼尻切れしかと 野澤節子 黄 炎
総門をくぐれば牡丹曼陀羅図 日比野里江
線香花火じゅじゅじゅじゅじゅじゅと牡丹より 高澤良一 素抱
罪業の虫の一縷や白牡丹 古舘曹人 能登の蛙
美しきものに翳あり白牡丹 滝川名末
美しき人の帯せぬ牡丹かな 四睡 古句を観る(柴田宵曲)
美しき老に杖あり白牡丹 都筑智子
美服して牡丹に媚びる心あり 正岡子規(1867-1903)
美酒あふれ蟹は牡丹の如くなり 渡辺水巴
群山を牡丹の上に句碑の上に 桂樟蹊子
羽かろき揚羽の蝶に牡丹散る 高木晴子 晴居
羽子板の石橋牡丹溢れけり 斎藤節子
羽摶きて天に移ろふ夕牡丹 渡辺恭子
翁二人がすれちがうとき黒牡丹 安井浩司 阿父学
習作の牡丹傑作となり死にき 山口青邨
翡翆の岩に来てゐる牡丹園 遠藤梧逸
老いて子に従わぬ母牡丹咲く 倉本 岬
老ゆることを牡丹のゆるしくるるなり 細見綾子 天然の風以後
老幼に日和くづさぬ牡丹かな 原裕 青垣
育てねば牡丹に情のうすかりし 岡本眸
胎の子に話しかけをり白牡丹 内山えみ
胸中のくらくなるまで見る牡丹 朝倉和江
胸中の無疵の牡丹漂へり 照敏
胸高にとどめ夕日の牡丹見る 赤松[ケイ]子
胸高に牡丹は木(ぼく)となりにけり 三橋敏雄 畳の上
脇ざしは落し差(ざし)なり牡丹見に 常女 俳諧撰集玉藻集
脱稿のページよむ牡丹匂ふらし 渡邊水巴 富士
腥き天竺牡丹摘みにけり 山口 剛
腥臭を収めて牡丹謝し行けり 相生垣瓜人 明治草抄
腸を牡丹と申せさくら鯛 高井几董
膳ならぶ客殿見ゆる牡丹かな 森田 峠
自愛の座起つ身じろぎの白牡丹 竹中宏 饕餮
芍薬にあらで牡丹にありしもの 相生垣瓜人
芍薬を牡丹と思ひ誤りぬ 寺田寅彦
花あほる風千変す紅牡丹 高澤良一 随笑
花かなし雨の牡丹の咲き揃ひ 山本紅園
花に葉に花粉たゞよふ牡丹かな 松本たかし
花は散りて牡丹の萼や日の盛り 百花羞居士遺稿第壹輯 戸澤百花羞、戸澤泰蔵(撲天鵬)編輯
花びらの動きてひらく牡丹かな 石原八束
花びらの真横にとんで白牡丹 黒田杏子 一木一草
花も葉も吹きしをらるゝ牡丹かな 比叡 野村泊月
花一つ一つ風持つ牡丹哉 正岡子規
花守のけふ申上る牡丹哉 正名
花小さき牡丹に祭来たりけり 前田普羅 春寒浅間山
花深く煤の沈める牡丹かな 松本たかし
花王たり白装束の白牡丹 阿波野青畝
花芯より一すぢの金牡丹咲く 石嶌岳
花闌けてつゆふりこぼす牡丹かな 飯田蛇笏 山廬集
花震ふ大雨の中の牡丹哉 正岡子規
芳紀てふ牡丹嫁かざる子がひとり 伊藤いと子
草の戸の白き牡丹に月出でぬ 癖三酔句集 岡本癖三酔
華清池を来し風ならむ牡丹園 日比野里江
落日のごとく崩れし牡丹かな 稲垣きくの 牡 丹
葉がくれて月に染まれる牡丹かな 前田普羅 春寒浅間山
葉がくれの牡丹なほ散る軽さかな 中島月笠 月笠句集
葉ごもりて深雪のごとき牡丹かな 橋本鶏二
葉に紛れをりし牡丹のひらきたる 加藤高秋
葉の立ちて風を堰くなり夕牡丹 皆吉爽雨
葛水に牡丹燈籠の映りけり 長谷川かな女 雨 月
蒼茫と玄界暮るる白牡丹 小関芳江
蕊の金袖に一刷き牡丹散る 石原八束 『風霜記』
蕊は金花烏羽玉の黒牡丹 石原八束 『黒凍みの道』
蕊金ンに風に弁解く黒牡丹 高井北杜
蕗の薹出て荒れにけり牡丹園 加藤楸邨
薬用としての牡丹の在来種 高澤良一 宿好
藻汐草干しめぐらせる牡丹かな 木村蕪城 一位
虹を吐てひらかんとする牡丹かな 蕪村遺稿 夏
虻宙にとどまり牡丹句碑生まる 館岡沙緻
蛇の頭に日のさしてゐる牡丹かな 岸本尚毅(1961-)
蝉なくや諳厄利亜(イギリス)牡丹ゆるるほど 日夏耿之介 婆羅門俳諧
蝌蚪の国ありて牡丹の別の国 森澄雄
蝦夷地まで王土としたる牡丹かな 小杉余子 余子句選
蝶来たり牡丹開く日は真上 瀬戸内寂聴
蝶蜂に牡丹まばゆき山家かな 原石鼎
蟇の子のつらなり孵る牡丹かな 下村槐太 天涯
蟻穴をおほひし牡丹落花かな 成瀬正とし 星月夜
蟾蜍牡丹の木は腐つべし 下村槐太 天涯
行成の大字ぞ咲ける牡丹かな 尾崎迷堂 孤輪
袖のごと葉をうちかぶり牡丹咲く 深川正一郎
袖垣の外の風雨の牡丹かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
袷着て牡丹にむかふあしたかな 松岡青蘿
褥瘡に悩まされつゝ牡丹見る 高濱年尾
見し牡丹胸裡のそれに劣りけり 相生垣瓜人
見てゐたる牡丹の花にさはりけり 日野草城
見る人の手を拱くや牡丹畑 宋屋
見上ぐれば朴の葉のある牡丹かな 岸本尚毅 選集「氷」
見下ろして牡丹を見る奢りかな 嶋田麻紀
覗き見てうたたね顔の昼牡丹 高澤良一 随笑
触るべくもなし巖と牡丹を支ふる蕊 稲垣きくの 牡 丹
訪ひよれば貧士が庭の牡丹哉 寺田寅彦
豊頬を寄せあふは母子牡丹園 香西照雄 素心
貞白の牡丹大息ためて見る 大屋達治 絵詞
赤んぼの溺れる乳房夜の牡丹 大峯あきら
赫灼と枯木に花の牡丹かな 岡本松浜 白菊
身は布衣の牡丹は風にただよへる 山口青邨
身ほとりに妻の体温夕牡丹 香西照雄 素心
軍鶏の眼に鶏頭はただ枯れゆけり 細見綾子 牡 丹
軽雲と微雨が牡丹に属すちふ 相生垣瓜人 明治草抄
辯へたと牡丹に疲れ見えにけり 高澤良一 随笑
農すでに忙し無人の庭牡丹 及川貞 夕焼
農夫にもある喀血や牡丹咲く 久米正雄 返り花
近づきて牡丹一花を顔に蔽ふ 野澤節子 黄 炎
追憶のぬばたまの闇牡丹江 塚本邦雄 甘露
通るとき夜気といふもの牡丹にも 阿部慧月
連れ合いの渾名呼ばるる牡丹寺 高澤良一 鳩信
遅れ来る者に残せり牡丹肉 右城暮石
過ぎ易し牡丹とともに在りし日は 安住敦
道のべに牡丹散りてかくれなし 後藤夜半(1895-1976)
道山荘カメラを下げて牡丹園 椎橋清翠
遠き牡丹近き牡丹も寂かなり 山内偕子
遠山に残る雪あり牡丹園 佐藤 亜矢子
遥かなる放縦の日々牡丹散る 鍵和田釉子
邂逅や牡丹に明けし肌の冷え 河野多希女 こころの鷹
酋長の娘牡丹と名けゝり 寺田寅彦
重箱の牡丹剥げたり彼岸餅 大谷句佛 我は我
金屏にわたる虫ある牡丹かな 岡本松浜 白菊
金屏のかくやくとして牡丹哉 與謝蕪村
金無地の襖牡丹まつさかり 柴田白葉女 花寂び 以後
金粉をみなぎらせたり黒牡丹 下村梅子
金色のみほとけくらき牡丹かな 橋本鶏二 年輪
金色仏終の牡丹に来迎す 野澤節子 黄 炎
鉢抱けばまぶた冷たき牡丹かな 渡辺水巴 白日
銭投げて懺悔一切牡丹客 古舘曹人 砂の音
鏡中にふしぎな死顔と白牡丹 宇多喜代子
鑑真と母へ最後の牡丹挿す 細見綾子
長命の水飲みて賞づ白牡丹 伊藤京子
門を入るすなはち牡丹ばたけにて 久保田万太郎 流寓抄以後
門前は水田ひろがり牡丹寺 田中冬二 麦ほこり
閉ぢきれぬ一弁はねし夕牡丹 橋田憲明
開きたる牡丹幹をゆるがしゐぬ 長谷川かな女 雨 月
閑にして寂たり牡丹の間の土 高澤良一 寒暑
閻王の口や牡丹を吐かんとす 蕪村
闇深く夜風と心中牡丹かな 高澤良一 随笑
阿の口に牡丹の光陰見ゆるかな 古舘曹人 砂の音
阿里山は雲のふるさと牡丹咲く 李 國民
院々の朝影深き牡丹かな 橋本鶏二 年輪
階の幅員ひろし牡丹寺 高澤良一 ももすずめ
隠寮に大牡丹ありのぞき見る 河野静雲 閻魔
離れ咲く牡丹は淡し椎落葉 渡辺水巴 白日
雨そゝぐ光の音の牡丹かな 渡邊水巴 富士
雨の日の牡丹をとこの部屋に挿し 榎本冬一郎 眼光
雨の日の雨の牡丹と言ふを見る 石川文子
雨上りゆく牡丹の立ち直り 稲畑汀子
雨意すでにうなじに重し夕牡丹 櫛原希伊子
雨折れの一花剪りゆく牡丹守 山岸治子
雨覆の二十日ふりゆく牡丹哉 馬南
雪白の牡丹に見たり円光を 瀧春一 菜園
雪舟の達磨の前の牡丹かな 野村喜舟 小石川
雲上に山荘の牡丹あふれんと 桂樟蹊子
雲脱ぎて岳さやかなる牡丹かな 徳永山冬子
雲表に浅間山あり朝牡丹 福田蓼汀 山火
雷落ちて大雨晴れたる牡丹かな 清原枴童 枴童句集
霊前の夜を花たゝむ牡丹かな 渡辺水巴 白日
霊園の隣にぎはふ牡丹園 相沢真智子
霖に漂ひ咲ける牡丹かな 増田龍雨 龍雨句集
霜除すあるじがのこせし牡丹に 阿部みどり女 笹鳴
霜除はみな牡丹や中尊寺 宮下麗葉
霜除をとりし牡丹のうひ~し 高浜虚子
靄蒼くぽつかり浮きし宵牡丹 今泉貞鳳
青垣の雨を牡丹の中に聴く 古舘曹人 砂の音
青天に向つてひらく牡丹かな ぶん村 四 月 月別句集「韻塞」
韓客の詩を題し去る牡丹哉 寺田寅彦
音一つなき禅寺の牡丹かな 年尾
頬よせて牡丹の吐息触るごとし 稲垣きくの 牡 丹
風あると言へば牡丹にもありし 成川雅夫
風が出て上着を羽織る牡丹かな 岸本尚毅 鶏頭
風だちて花悩ましき牡丹かな 高橋淡路女 梶の葉
風なぐりかからんばかり牡丹に 高澤良一 随笑
風にあらがふ紅き牡丹を手繰り剪る 高澤良一 随笑
風に色わきたたしゐる牡丹かな(海老原ふみ江居) 上村占魚 『石の犬』
風の日の牡丹を切つて暗きに置く 鈴木六林男 荒天
風の葉の羽ばたき止めぬ牡丹かな 細見綾子 黄 瀬
風もろし色を御袖に白牡丹 調和 選集「板東太郎」
風吹いて牡丹の影の消ゆるなり 阿部みどり女 笹鳴
風嫌ふ牡丹の葉剪り大切と 高澤良一 宿好
風鐘を揺り牡丹をひるがへし 深川正一郎
風除の日に牡丹咲き海女が宿 小原菁々子
高き牡丹低き牡丹も夕日かな 高田風人子
高く咲く牡丹に何の照り返し 岩田由美
高欄の下を風吹く牡丹かな 野村喜舟
高辨は如何に牡丹を見たりけむ 相生垣瓜人 微茫集
魁の一輪咲きぬ牡丹園 松藤夏山 夏山句集
鮮しき日に傷みゆく白牡丹 黒田杏子 木の椅子
鯉幟牡丹ばたけにとほきかな 久保田万太郎 流寓抄
鳴神やうら枯牡丹ならびたる 下村槐太 光背
麺廟や朱塗の門に牡丹さく 寺田寅彦
黄牡丹一会にほぐる農疲れ 影島智子
黒人霊歌牡丹の鬱気身に浴びる 河野多希女 こころの鷹
黒牡丹あはれ日に透き紅きざす 稲垣きくの 牡 丹
黒牡丹ほのかに秘むる臙脂かな 高橋淡路女 梶の葉
黒牡丹もどきの閨とおもひけり 大木孝子
黒牡丹千一夜読む身のほとり 原裕 青垣
黒牡丹咲くや真昼の闇を抱き 羽部洞然
黒牡丹稲葉天目茶碗かな 大屋達治 絵詞
黒牡丹赤を極めて行き尽きし 稲畑汀子
黒牡丹黒き煩悩燃えにけり 大西一冬
黒猫の咬みあつてゐる牡丹かな 辻桃子 ねむ 以後
黒髪を男刈りせり牡丹咲く 殿村莵絲子 牡 丹
山水の寺を貫き富貴草 大木あまり 火のいろに
杉を洩る日綾みどりに富貴草 小松崎爽青
たきものは蘭麝なるらん深見草 井月の句集 井上井月
しやくなげは天台ぼたん雲に咲く 百合山羽公
ねたまるゝ人の園生のぼたん哉 高井几董
ひとり笑ふぼうたんほどの口あけて 石原八束 黒凍みの道
ぼうたんにかこまれて泣く子供かな 仙田洋子 雲は王冠
ぼうたんにこくりと猫の睡魔かな 筑紫磐井 婆伽梵
ぼうたんに五月の真日の照り映ゆる 鈴鹿野風呂 浜木綿
ぼうたんに息を合はせてすこし老ゆ 関戸靖子
ぼうたんに水のしづけさ舞の家 鷲谷七菜子 天鼓
ぼうたんに波うつてゐる真闇かな 鷲谷七菜子 天鼓
ぼうたんに疎んぜられて発つ蝿か 高澤良一 随笑
ぼうたんに触れて子供のはにかみぬ 夏井いつき
ぼうたんに近づく礼をなすごとく 細川加賀 生身魂
ぼうたんに風あり虻を寄らしめず 高浜虚子
ぼうたんのいのちのきはとみゆるなり 草城
ぼうたんのひとつの花を見尽さず 日野草城
ぼうたんのまへに嶮しや潦 茅舎
ぼうたんの人の如くに衰へし 深川正一郎
ぼうたんの匂ひ薄める風立ちて 高澤良一 鳩信
ぼうたんの吐息溜れば匂ひけり 中村明子
ぼうたんの咲けばついつい嗅いでみぬ 高澤良一 素抱
ぼうたんの夜は一つあれ病籠 斎藤玄 雁道
ぼうたんの揺るる量感沖荒れて 永島登美子
ぼうたんの数多の先づは白に倚り つじ加代子
ぼうたんの暮るる始終を見て去りぬ 日野草城
ぼうたんの朱を目裏に蕎麦啜る 関森勝夫
ぼうたんの波うつてゐる真闇かな 鷲谷七菜子
ぼうたんの澎るるばかり地靄たつ 石原舟月 山鵲
ぼうたんの濤に緋の刻白の刻 手塚美佐 昔の香 以後
ぼうたんの白に浸りてゐる浴後 高澤良一 ねずみのこまくら
ぼうたんの百のゆるるは湯のように 森澄雄
ぼうたんの空を流るゝ煙かな 比叡 野村泊月
ぼうたんの緋に綿の刻白の刻 手塚美佐
ぼうたんの艶をつくして我が前に 阿部みどり女
ぼうたんの花びら深く残る雨 高澤良一 随笑
ぼうたんの花芽宝珠といふべかり 高木良多
ぼうたんの芽とあたゝかし日おもてに 日野草城
ぼうたんの蕾俄に目立たしく 河野静雲 閻魔
ぼうたんの衰へぬ間の仏生会 森 澄雄
ぼうたんは紅にして江戸小町 高澤良一 随笑
ぼうたんも母も日暮へさしかかり 濱田俊輔
ぼうたんやしろがねの猫こがねの蝶 與謝蕪村
ぼうたんやみんなみの日のありどころ 太田鴻村 穂国
ぼうたんや七宝焼の壺に紅たるゝ 渡辺水巴 白日
ぼうたんや人は平氏にあらずんば 四明句集 中川四明
ぼうたんや妍を競へば情夫(いろ)妬し 筑紫磐井 婆伽梵
ぼうたんや未完のままに古りし塔 野澤節子 『八朶集』
ぼうたんや百の石段のぼる風 安田進
ぼうたんをついと嗅いでは離る人 高澤良一 素抱
ぼうたんを剪つて羯磨(かつま)のゆらぎとも 筑紫磐井 婆伽梵
ぼうたんを剪るに怺へし掌(たなごころ) 原裕 青垣
ぼうたんを剪るやはらかき茎の音 岡田史乃
ぼうたんを揉みに揉むかぜ打合へり 高澤良一 随笑
ぼうたんを見限りて風荒吹ける 高澤良一 随笑
ぼたんづる夕空に舞ひ避暑期去る 堀口星眠 営巣期
ぼたん散れ真晝の夢のしろたへに 中勘助
ぼたん畑小草に箸を下す也 高井几董
姪見舞ぼたんのごとく吾が前に 宮武寒々 朱卓
寂として客の絶間のぼたん哉 蕪村 夏之部 ■ 波翻舌本吐紅蓮
昃れば白きぼうたん病みにけり 渡辺恭子
水に添はばまた名もあらむ白ぼたん 千代尼
海とほき国ぼうたんの日が真赤 鍵和田[のり]子
白ぼたん崩れんとして二日見る 成美
黄昏や扇をのする白ぼたん 斯波園女

以上
# by 575fudemakase | 2014-05-02 08:46 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

卯月

卯月

例句を挙げる。

あいまいな空に不満の五月かな 中澤敬子
いくつもの扉開け聖母に五月青し 津田清子 礼 拝
いつぴきの山羊と五月の雲がある 岸風三楼 往来
いはれなくけふ頸燃えて五月逝く 藤田湘子
うす~と窓に日のさす五月かな 正岡子規
うなじ吹く風に醒めをり五月来ぬ 堀口星眠 営巣期
えにしだの黄にむせびたる五月かな 久保田万太郎 流寓抄
かぎりなく背鰭の黒い五月かな 津沢マサ子 楕円の昼
かもめ五月の波寒ければ沖へ去る 中拓夫
ぎざぎざの石槌山に五月来る 綿利信子
くらがりに一線白し五月潮 阿部みどり女
さびしろの五月骨片めく貝よ 野澤節子 黄 炎
さみしくて背ばかり伸びし子の五月 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
さやさやと夜も水ひかる五月かな 上村占魚 『かのえさる』
しなめきて五月の葛の伸びはじめ 松村蒼石 春霰
すこやかな固さに五月玉菜なり 上田五千石 風景
その映画見忘れまじく五月川 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
たまたまに三日月拝む五月哉 向井去来
つつじ白くて長いしべの五月をよしとす 荻原井泉水
てのひらに砂を平して五月処女 山口誓子
とぎ屋来て村の五月の簷下に 長谷川素逝 村
どよめきから部隊をもつて行くレールの鐵錆も五月 橋本夢道
なによりも犬が鳴く五月五日かな 橋石 和栲
なんだつてできる気がする五月かな 森田美智子
にはとりのつまりしこゑや五月冷ゆ(旅先にて斎藤玄の訃に接す) 岸田稚魚 『萩供養』
ぬか星の日和呼出す五月かな 水田正秀
ねばならぬもののみ増えて五月尽 加藤瑠璃子
はねつるべ太虚に跳ねて五月の村 成田千空 地霊
ばら五月わが誕生日その中に 矢田部芙美
ばら五月女に彩を著る楽しさ 大橋敦子
ひつそりと並ぶ五月の火鉢かな 大木あまり 火球
ぼうたんに五月の真日の照り映ゆる 鈴鹿野風呂 浜木綿
また楽し友遠方の五月文 横光利一(1898-1947)
まつすぐに人見る男児五月雛 中村草田男
まづ船に旅の幸えし五月かな 久保田万太郎 流寓抄
みどり子の頬突く五月の波止場にて 西東三鬼(1900-62)
もの憂きは五月半ばの杣の顔 飯田龍太
わがつけし傷に樹脂噴く五月来ぬ 木下夕爾
わが五月老楽の飛白着て行かな 山口草堂
わけもなく隅田川好き五月好き 成瀬正とし 星月夜
われを離れわが杖立てる五月かな 高橋睦郎 荒童鈔
をちの灯のさしてゐるなり五月川 銀漢 吉岡禅寺洞
をとめ子のやうな五月の風の肌 上村占魚 『方眼』
アカハタと葱置くベツド五月来る 寺山修司 未刊行初期作品
アメリカの牧草とどく聖五月 大島民郎
アルミの音五月野の雲二た重ね 中村草田男
オリーブの木のみな斜め五月来る 大石雄鬼
ガラス絵の空は五月かまこと青 文挟夫佐恵 黄 瀬
コンクリートにインク乾ける五月憂し 上野さち子
シャガールの飛天の男女五月来る 嶋田麻紀
セロリ棒はりはり齧り五月来る 石川文子
セーラー服白のきはまる五月かな 谷口桂子
タイピストすきとほる手をもつ五月 片山桃史 北方兵團
ダミア美し黒きサテンの五月かな 今泉貞鳳
ナースらの爪先走り聖五月 村越化石
バイブルに若き日の朱線聖五月 沼山虹雨
バースデイケーキをりから聖五月 大島民郎
ビニール袋に魚と太陽五月来ぬ 高井北杜
ビラ百枚貼りおわりたり五月の朝 古沢太穂 古沢太穂句集
ピンポン球脣紅のこる五月来ぬ 宮武寒々 朱卓
マイン五月妻争ひの鴨のゐて 関森勝夫
モデイリアーニの女五月の水あかり 藤岡筑邨
リラの花卓のうへに匂ふさへ五月はかなし汝に会はずして 木俣修
レーニンの伏字無き書に五月の風 赤城さかえ
一家連れ五月五日の海渡る 倉田しげる
一山に秘めたる祭り五月来る 石原林々
一神事五月の風を奉る 高木石子
乙女合唱絶えずきららに五月の日 中村草田男
九州に入りて五月のジャボンかな 子規句集 虚子・碧梧桐選
乾きたるタオルの粗き五月来る 原田青児
二人ゆく五月の路や水近し 長谷川かな女 雨 月
五月 石橋をくぐり黒ずむ花あやめ 宇多喜代子
五月、金貨漾ふ帝王切開 加藤郁乎
五月いま噴くはおとこを励ます木 谷口亜岐夫
五月かな合抱の杉の群列色新た 橋本夢道 無類の妻
五月かな地玉子を吾がたなごころ 村越化石
五月きて若者のしぶきとしずく 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
五月きぬビルは真白き艦のごと 金尾梅の門
五月このユークリッドの木を起し 加藤郁乎 球体感覚
五月すでに父と子裸麦育つ 中島斌男
五月とよ口中に満つ酸さ甘さ 加倉井秋を
五月なむ花を撒きゆく空中溺死 折笠美秋 虎嘯記
五月なりよく働く手よく洗ひ 清水武を
五月なる千五百産屋のーつなれど 中村草田男
五月には五月の色の紬織る 吉本渚男
五月のとんぼモーツァルトがきこえて来そう 八木原祐計
五月の噴水にふれこの刻もう還らず 寺田京子 日の鷹
五月の地たしかに杖に応へあり 村越化石
五月の地荒蹴る鶏の炎とならめ 村越化石 山國抄
五月の夕暮大きな路の見ゆる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
五月の夜未来ある身の髪匂う 鈴木六林男
五月の夜給水塔に水満たす 沢木欣一
五月の微風愉しきときは眼をつぶる 内藤吐天 鳴海抄
五月の日眩しとなみだ溢るるか 西島麦南
五月の朝空すいすいと草のみどりが垂れる 人間を彫る 大橋裸木
五月の槻劃す野空へ望放つ 香西照雄 対話
五月の港湾頸に人夫が日の環を享く 磯貝碧蹄館 握手
五月の空を四分さぐる観覧車 横山白虹
五月の蝶消えたる虚空修司の忌 新谷ひろし
五月の陽が手玉網覗く子の顔して 磯貝碧蹄館 握手
五月の雨岩ひばの緑いつまでぞ 芭蕉
五月の電線うしろへ走らす郵便夫 磯貝碧蹄館 握手
五月の風蕗の若葉の崖を吹く 瀧春一 菜園
五月はや沼の上くる風にほふ 長谷川素逝 村
五月はや舳にはやる夜光虫 佐野まもる 海郷
五月もの憂しなかんづく修司の忌 遠藤若狭男
五月よしリフトの迅さ身に感じ 片山桃史 北方兵團
五月より六月にかけ満洲へ 京極杞陽 くくたち下巻
五月わが桃色の肌いくとせぶり 赤城さかえ句集
五月を歩く恋とは別の話して 河草之介
五月一日ジエットコースターは青空へ 大森理恵
五月万歳「飴の中から金太さんが出たよ」 磯貝碧蹄館 握手
五月乙女の笠の咫尺に青朝日 竹下しづの女句文集 昭和二十三年
五月乙女の笠昏きまで青朝日 竹下しづの女句文集 昭和二十三年
五月人形殺という文字見ぬ日なし 田川飛旅子 花文字
五月人形見せて貰ひてすぐに発つ 鈴鹿野風呂 浜木綿
五月佳し水仕すゝんでつかさどる 篠田悌二郎 風雪前
五月冷ゆ薬師瑠璃光王の前 神尾久美子 桐の木
五月堅肉背丈の棕梠も花もちて 古沢太穂 古沢太穂句集
五月夜空叉光敵機を放たざる 林原耒井 蜩
五月太陽と小松の林傾き 中塚一碧樓
五月好き札幌が好きライラック 松尾 美子
五月孕女神の子を産む凍筵 関森勝夫
五月尽みのむし庵の竹びさし 柴田白葉女
五月尽ものぐさ癖のぬる朝湯 永井龍男
五月尽旅はせずとも髪汚る 中嶋秀子
五月山月出て鴉啼きしづむ 飯田蛇笏 椿花集
五月微風ミルクの膜の舌ざはり 秋元不死男
五月憂し子うさぎ抱きて旅せむか 所山花
五月憂し悲劇独白剣を手に 野見山朱鳥
五月暑し三潭印月影持たず 関森勝夫
五月朔日初花なりし時計草 滝 春一
五月来て困ってしまう甘納豆 坪内稔典
五月来て白鳥橋を渡りけり 小西 昭夫
五月来にけり夜を人ごゑにそうて風 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
五月来ぬアカシヤの蜜麺麭に塗り 鈴木栄子
五月来ぬ岩魚の錆も磨かれて 小林黒石礁
五月来ぬ心ひらけし五月来ぬ 星野立子
五月来ぬ指美しくなり始め 毛塚静枝
五月来ぬ樹々の輪郭濃くなりて 米澤吾亦紅
五月来ぬ水田黒土光噴き 相馬遷子 山国
五月来ぬ水田黒畑光噴き 相馬遷子
五月来ぬ潮の青きにのりて来ぬ 藤木清子
五月来ぬ窓に木の影鳥の影 福永みち子
五月来ぬ肩組むことを吾子もする 加倉井秋を 午後の窓
五月来ぬ艇に真白き潮見表 野島抒生
五月来ぬ言問橋の向ふより 今井杏太郎
五月来よ馬のまわりに地の窪み 宇多喜代子
五月来るホームの端より鳩放ち 桜井博道 海上
五月来る伊豆に万次郎岳万三郎岳 原田青児
五月来る朝日半円に土管の影 古沢太穂 古沢太穂句集
五月来る運河にギター沈みゐて 皆吉司
五月果つ夜明の雨を別れとは 皆川白陀
五月海女さらさらまとふ白木綿 下田稔
五月海女三鬼おそれし乳房揺れ 豊田養之祐
五月濯ぐよ死ぬまで海を知らざる母 磯貝碧蹄館 握手
五月灯台無韻青年崖にいて 和知喜八 同齢
五月照るや落葉松籬樅籬 村越化石 山國抄
五月片面講和発効して皆敵と味方の如し 橋本夢道 無禮なる妻抄
五月白嶺恋ひ近づけば嶺も寄る 橋本多佳子
五月礼讃天へ手を挙ぐ童子像 大橋敦子 匂 玉
五月祭の汗の青年病むわれは火のごとき孤独もちてへだたる 塚本邦雄
五月祭サンチヨパンサの科白拙 木村蕪城
五月祭緑のペンキすぐなくなる 田川飛旅子
五月空片かざしなる椎大樹 八木林之介 青霞集
五月空真白くのぞき木曽の駒嶽 橋本多佳子
五月野に黄のにじめるは日当れる 宮津昭彦
五月野の露は一樹の下にあり 草田男
五月野やすれ違ひしはわが少年 野崎憲子
五月青し硝子の部屋に光堂 原田青児
五月音(さつきね)に我が蓑虫や母恋し 服部嵐雪
五月鬱琴高音で走り出す 河野多希女 こころの鷹
五月鳶啼くや端山の友くもり 野坡
五月鴎流水の空しなやかに 成田千空 地霊
人に秘す記念日ひと日薔薇五月 後藤綾子
会津五月子へ買ふ百回塗りの箸 奈良文夫
余部鉄橋五月の空に架りけり 本橋 節
光りしは皿か五月の日ぐれとなる 細見綾子
八つ手の実黒く地に踏む五月来ぬ 松村蒼石 雪
八重雲に朝日のにほふ五月哉 炭 太祇 太祇句選後篇
六尺も力おとしや五月あめ 榎本其角
円柱のかたへ五月の酔魔をり 岡井省二
初暦五月の中に死ぬ日あり 正岡子規
制服も鞄も返し五月果つ 皆川白陀
劇終り女優五月の花束抱き 成瀬正とし 星月夜
北岳は篠の乾きに五月果つ 鳥居美智子
匙につぶす苺の弾力さへ五月 瀧 春一
南国の五月はたのし花朱欒 杉田久女
南国の果実をならべ店五月 岩崎照子
南溟に風の目一つ湧く五月 的井健朗
原色の琉球ガラス買ふ五月 野上 水穂
叔父帽をかしぐ五月の訴願ごと 宮武寒々 朱卓
合宿の艇漕ぎ出す湖五月 伊東宏晃
名刺たまる抽出五月の密なる雲 桜井博道 海上
君の瞳にみづうみ見ゆる五月かな 木下夕爾
吸殻を突きさし拾う聖五月 西東三鬼
吸物に茗荷きざむも五月かな 野村喜舟 小石川
吹きのぼる山は五月の嵐かな 酒堂 俳諧撰集「藤の実」
品川過ぎ五月の酔いは夜空渡る 森田緑郎
唐猫に五月の玉やたますだれ 才麿
啄木になつて五月の砂すくふ 堀内一郎
噴水の玉とびちがふ五月かな 中村汀女
四五月の卯浪さ浪やほととぎす 許六
回診の医師ら五月を従えて 佐野とも子
国原や五月は青き霞立つ 佐野良太 樫
地下街の列柱五月来たりけり 奧坂まや(1950-)
地下道に溜る打水五月尽 右城暮石 上下
地球儀のあをきひかりの五月来ぬ 木下夕爾(1914-65)
坂の上たそがれながき五月憂し 石田波郷
坂の名が明るくなってきて五月 対馬康子 吾亦紅
垣草に湧立つ風も五月かな 白水郎句集 大場白水郎
城古び五月の孔雀身がかゆし 西東三鬼
堪へ馴れてなほ堪へがたし五月来れば 及川貞 榧の實
堰切つて水は五月の田をめざす 影島智子
墨堤の五月川風着流しに 成瀬正とし 星月夜
墾田はや光る五月の田の仲間 成田千空 地霊
声映すまで透きとおる五月の窓 花谷和子
夏みかん目にとぶつゆの五月かな 龍岡晋
夏草に五月の雉子のたまごかな 飯田蛇笏
夕まけて五月順風けふ饒かに 千代田葛彦 旅人木
外光の五月や画架に芝映えて 有働亨 汐路
夜が来る五月はいつもばら散り敷き 野見山朱鳥
夜の椎の身を揺りてゐる五月かな 八木林之介 青霞集
夜の穂高紫紺あせざる五月来ぬ 澤田緑生
夜雲重き五月の地平赫と燃ゆ 林原耒井 蜩
夜鴬五月暁けゆく顔ありて 小池文子 巴里蕭条
夢あさき五月の小草ぬかれけり 松村蒼石 雪
夢を守る朝風のもう五月かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
大学の草に坐りて五月かな 山口青邨
大学を駆け抜けし翳五月憂し 鈴木六林男 国境
大沼や蘆を離るゝ五月雲 鳴雪句集 内藤鳴雪
天地に直グ維れ神や瀧五月 松根東洋城
天壇や五月の星座溢れ落つ 上野さち子
太陽上る五月黄金のエーゲ海 上野さち子
夫子という最強の盾五月浪 荒井千佐代
女の髪触れて五月の白堊かな 宮武寒々 朱卓
女学生遅れて走る旅の五月 鈴木六林男 桜島
妻ごめに小芥子のならぶ五月かな 齋藤玄 飛雪
妻の忌の梵鐘一打五月なり 渋谷のぼる
婚と葬家にかさなる聖五月(五月二十一日次女真理逝く。享年十八歳) 角川源義 『冬の虹』
嬰児を抱いて五月の海になる ほんだゆき
子とあたる五月の炬燵旅もどり 木村蕪城 寒泉
子なき居のうすき塵掃く五月かな 谷口桂子
子に五月手が花になり鳥になり 岡本眸
子の髪の風に流るる五月来ぬ 大野林火(1904-84)
子よ五月サキソフォン海の父へ吹け 金箱戈止夫
子をよべば妻が来てをり五月尽 加藤楸邨
学院は五月の空に窓枠青 福田蓼汀 山火
宇宙図を広げ五月の子を待てり 対馬康子 愛国
安曇野や水の匂の五月の木 橋本榮治 逆旅
封切って劇薬ひかる五月かな 渋谷道
封緘の糊の甘しよ聖五月 鈴木栄子
小江戸菓子いろはにほへと五月来る 北見さとる
少女二人五月の濡れし森に入る 西東三鬼
少年の素足吸ひつく五月の巌 草間時彦
屋上の五月哀しい眼干す 森田智子
山の上に雲のさわげる五月かな 太田鴻村 穂国
山の五月は寒しとばかり昼をこやる 臼田亞浪 定本亜浪句集
山の湯に青き蛾泛ぶ五月来ぬ 小林黒石礁
山毛欅山のきらめく五月果つるかな 石塚友二 光塵
山荘の五月の煖炉焚かれけり 大橋越央子
山頂に乙女座垂るる聖五月 加藤春彦
岬山に現れて五月の一馬身(都井岬) 野澤節子 『飛泉』
峡五月寺領を分つ杉の雨 原裕 青垣
崖買わん古城も買わん五月なり 中島斌雄
工場の愛しあう煙五月くる 寺田京子 日の鷹
布かけて鸚哥睡らす五月の夜 堀口星眠 営巣期
布杭に桶の尻ほす五月かな ミノ-可吟 五 月 月別句集「韻塞」
帆船の女神かがよふ聖五月 南方惇子
師と背中合はせ五月のレストラン 名井ひろし
師を迎ふ五月太陽底抜けに 影島智子
庵室に蓑笠かけし五月かな 竹冷句鈔 角田竹冷
引いてゆく長きひゞきや五月波 鈴木花蓑句集
弥彦根を洗ふ五月の海濁る 松村蒼石 寒鶯抄
徴兵のない校舎には五月病 石村与志
心にも傷あと深く五月癒ゆ 古賀まり子 緑の野
忌明けの五月の屋根に上るべし 攝津幸彦
怒濤音島にひびきて五月果つ 村上辰良
思念老ゆ五月虚空の歩みまた 石原八束 空の渚
恐竜の喉に触って聖五月 松本恭子 二つのレモン 以後
患者等に五月の冷えの屍室 石田あき子 見舞籠
憩ふ鵜も沖へ嘴向け五月来ぬ 野澤節子 花 季
手が足が伸びて荒野に五月くる 津沢マサ子 風のトルソー
手をふれてピアノつめたき五月かな 木下夕爾
手術台の五月の冷の外は覚えず 宮原 双馨
折しもあれ五月美し北の旅 森鴎外
抛り上げて見たき五月のわれ軽量 長谷川かな女 花寂び
抱けば顔打つ五月誕生日なる子は 皆吉爽雨
拭き込まれ五月冷たき炉の板間 木村蕪城 一位
捻子締めてあり五月の窓開かず 加倉井秋を 午後の窓
掌のあたたかき胸五月の夜 和知喜八 同齢
揚舟の寧さ五月の旅の腰 野澤節子 花 季
教室の画鋲の光る五月来し 中川忠治
新墾山五月の真水仰ぎ呑む 成田千空 地霊
旅の歩を砂丘に残す五月かな 山内山彦
*いとど谷に青筋青き卯月かな 野村喜舟 小石川
いま見しは大魚か人か卯月波 中村苑子
くばりあふ卯月八日のよもぎ餅 長谷川素逝 村
この空につづくみちのく卯月晴 阿部みどり女 『石蕗』
すぐやみしことも卯月の蝉らしさ 市場基巳
たそがれの草花売も卯月かな 富田木歩
たまゆらの月の曇りに卯月星 石塚友二 方寸虚実
つやつやと卯月野へもの捨てに行く 永末恵子
はやり来る羽織みじかき卯月かな 立花北枝
み名の山卯月の雲のたもとほり 林原耒井 蜩
一壷あり卯月曇の空映し 若林 北窗
三姉妹卯月の宵を少女めき 佐々木 美乎
仏さま杖つき来ませ卯月の夜 村越化石
仕入れたる茄子の小さき卯月かな 鈴木真砂女 生簀籠
切花に飽いたるひとの卯月かな 安東次男 昨
卯の花や誰が卯月より此の曇り 立花北枝
卯月 しろがねの鱗を飛ばす母系かな 宇多喜代子
卯月の夜夢見むための身の眠り 村越化石
卯月はや筍固くなりにけり 野村喜舟
卯月住むや楓の花と妹ぎり 渡邊水巴
卯月寒生涯湖の蜆掻く 西本一都 景色
卯月曇ペンキを厚く霧笛室 堀野信子
卯月来ぬましろき紙に書くことば 三橋鷹女
卯月来ぬ吾にてのひらほどの幸 ほんだゆき
卯月波父の老いざま見ておくぞ 藤田湘子
卯月波白磁のごとく砕けたり 皆川盤水
卯月浪この子を抱き飽きにけり 遠山陽子
卯月浪父の老いざま見ておくぞ 藤田湘子
卯月浪白磁のごとく砕けたり 皆川盤水
卯月潮午後を高まる流刑島 大橋敦子 勾 玉以後
卯月紀伊国日中・仮寝寝耳に水 高柳重信
卯月野にうち捨てられし手塩皿 柿本多映
卯月野に笑つて沈む明日の陽 佐藤鬼房
卯月野のほとけの親にあひに来し 西島麦南
卯月野の法隆寺なり詣でけり 尾崎迷堂 孤輪
卯月野やげんげん褪せて水光る 青木月斗
卯月野や茜消えなば母も消ゆ 中村苑子
卯月風まるた飛ばぬもかなしけれ 林原耒井 蜩
吉野葛ときてふたりの卯月寒 築城 京
国境に雪を降らせし卯月かな 長谷川かな女 花寂び
大釜に卯月八日の蕎麦滾る 蓬田紀枝子
大鳴門卯月曇の渦を見ず 桑田青虎
妹の忌の濤音高き卯月かな 角川春樹
尼寺や卯月八日の白躑躅 飯田蛇笏 山廬集
山落ちて野を行く水の卯月かな 尾崎迷堂 孤輪
島近し卯月ぐもりの日は殊に 稲畑汀子
師をしたふこゝろに生くる卯月かな 飯田蛇笏
引くときの滅法愉し卯月波 辻桃子
弥生卯月と遅遅たり籠に白よもぎ 金子兜太 詩經國風
影沼に吾が影寄れる卯月かな 飯島晴子
彼方なる卯月の浪となりにけり 清水基吉 寒蕭々
御番衆の交代したる卯月哉 四明句集 中川四明
文弱のそしりに堪ふる卯月かな 西島麦南 人音
日はながし卯月の空もきのふけふ 千代尼
時しも卯月潮の早瀬の矢の如し 水原秋櫻子
本阿彌光悦卯月は如何なもの着しや 藤田湘子
松影は卯月こよなきしづけさよ 右城暮石 声と声
枯山水卯月あかりの木々やさし 河野南畦 湖の森
椎茸の山へ卯月の水を引く 阿部みどり女 『光陰』
横川まで卯月曇の尾根づたひ 中井余花朗
歌枕卯月曇に松ななめ 木村蕪城
母似の子卯月曇りの蹠して 栗林千津
水底の草も花さく卯月かな 梅室
水底は卯月明りや鴎の死 中村苑子
汐入りの汐さす卯月ぐもりかな 石原八束 空の渚
浮灯台ゆらりと卯月波の上 村田豊三郎
淡海にも立ちて卯月の波かしら 飴山實 『花浴び』
満ち潮に藻の立つ卯月曇かな 船越淑子
溜池に蛙闘ふ卯月かな 夏目漱石
潜戸のわづかな軋み卯月尽 徳田千鶴子
潮に濡れし肩の乾がたう卯月の日 林原耒井 蜩
濁り川突きささりゐる卯月浪 中戸川朝人
火を焚いて依りどころなき卯月かな 橋石 和栲
烏賊干して卯月曇の船隠し 石本秋翠
父につよく呼ばれし夢の卯月浪 竹中宏 饕餮
牛蒡たく匂ひに卯月曇かな 青木月斗
生くことも死もままならず卯月空 阿部みどり女 『石蕗』
生まれ家の柱のとよむ卯月かな 柿本多映
生涯の佳き日給はる苑卯月 高木晴子 花 季
磧はしる水筋多き卯月かな 龍胆 長谷川かな女
立山の卯月の谺返しくる 萩原麦草 麦嵐
艇おろす卯月曇の水の上 和田祥子
良寛堂卯月半ばの雀来て 高澤良一 寒暑
茫々と湖上卯月の青曇り 野澤節子 『存身』
草刈の帯の赤きも卯月かな 野村喜舟 小石川
虚無僧の四五人卯月曇りかな 渡辺町子
虫退治の紙切れ貼りし卯月古家 長谷川かな女 花寂び
蚊の居るとつぶやきそめし卯月かな 高浜虚子
蝋涙や卯月曇の女人堂 櫛原希伊子
豆腐佳し今宵卯月の月ありや 斎藤空華 空華句集
越の田個々卯月青空みな容れて 河野南畦 湖の森
過去帳に卯月の仏殖えにけり 野村喜舟 小石川
遙かなる国を訪ひ得し卯月かな 高木晴子 花 季
酒のあと蕎麦の冷たき卯月かな 野村喜舟
酒置いて畳はなやぐ卯月かな 林 徹
酢を提げて卯月の山の陰をゆく 橋石 和栲
鑑真像帰る卯月の月明に 冨田みのる
門々に卯月八日の花を挿す 瀧春一 菜園
雨つややか卯月あかりの野に出でし 河野南畦
骨肉の情うとく読む卯月かな 西島麦南 人音
鶏のはるかを呼べる卯月かな 山本洋子
黄楊の花卯月ぐもりのつづきけり 五十崎古郷句集
水虎鳴く卯の花月の夜明けかな 飯田蛇笏 霊芝
決めかねし卯の花月の旅衣 山田閏子
鮨二つの間を持ち逝ける卯の花月 長谷川かな女 花 季


以上
# by 575fudemakase | 2014-05-01 11:03 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

祭(1)

祭(1)

例句を挙げる。

あかつきの雷ひとつ祭かな 龍岡晋
あしたより撒水車駆け祭かな 岸風三楼 往来
おもふさまふりてあがりし祭かな 久保田万太郎 草の丈
お屋敷の塀のはづれの祭かな 道芝 久保田万太郎
かたくまの児の鉢巻も祭かな 比叡 野村泊月
かなかなの隠れ啼きする祭かな 池田澄子
かはりなき小さき町の祭かな 小野 茂川
くちあけに水引うるる祭かな 龍岡晋
この村に気配の見えぬ祭かな 柿本多映
こんなのは雨に入らぬ祭かな 高澤良一 素抱
すずかけの幹真青なる祭かな 今井杏太郎
そらまめのおはぐろつけし祭かな 久保田万太郎 流寓抄
たそがれの冷え樹に走る祭かな 阿部みどり女
たべのこすパセリのあをき祭かな 木下夕爾
ちら~と曇うれしき祭かな 荷兮「曠野後集」
なつかしき肉桂の味の祭かな 野村喜舟
なんばんの髯のふまるゝ祭かな 大橋櫻坡子 雨月
ひめ糊をこてと買ひ来し祭かな 龍岡晋
ふるさとの波音高き祭かな 鈴木真砂女
ぶり返す暑さだらだら祭かな 多田納君城
みちをしへ翔ちし糺の祭かな 後藤夜半 翠黛
みづむしの足ほろほろと祭かな 藤田湘子
もろこしの毛のあふれ出し祭かな 永田耕衣 加古
やすらゐの膳椀朱き祭かな 曾根けい二
中鉄の味噌吸ものの祭かな 龍岡晋
亀の子を放てば泳ぐ祭かな 田村了咲
五平餅振つて悪態祭かな 羽部洞然
京鬢が明りうけたる祭かな 涼菟「一幅半」
値段立つ繭天皇の祭かな 菅原師竹句集
凶作の風そろそろと祭かな 古舘曹人 樹下石上
刈り上げし田の香ばしき祭かな 宮津昭彦
加茂川の流れゆたかに祭かな 岸風三楼 往来
加茂衆の御所に紛るる祭かな 召波「春泥発句集」
千木筥を提げてだらだら祭かな 山崎ひさを
半纏の折目ゆかしき祭かな 藺草慶子
占ひの天眼鏡も祭かな 細川加賀 『玉虫』以後
友垣はみな死にたれど祭かな 松崎豊
古畳拭きひからする祭かな 森川暁水 黴
吉原のみよりいまなき祭かな 久保田万太郎 草の丈
呉竹のよよにあふひの祭かな 樗良「我庵」
味噌でくふ生マの胡瓜の祭かな 龍岡晋
品川に育ち品川祭かな 上野ゆう「響合同句集」
四日市棒屋二軒の祭かな 龍岡晋
大団扇あげて人堰く祭かな 大橋櫻坡子 雨月
大阪の夜の端にゐて祭かな 佐々木 咲
大雨に獅子を振りこむ祭かな 鬼城
奥の宮人は居らねど祭かな 比叡 野村泊月
女とは母とは孕み祭かな 富安風生
宇治山の星うつくしき祭かな 岸風三楼 往来
宵に睡て又目の醒めし祭かな 草田男
家を出て手を引かれたる祭かな 中村草田男「長子」
少年の白萩かつぐ祭かな 遠山郁好
山国の雷雨にはてし祭かな 松崎鉄之介
山茶花のちりぢり後の祭かな 高澤良一 鳩信
幣たてゝ橋の止めある祭かな 岸風三楼 往来
年々に空地へりゆく祭かな 久保田万太郎 草の丈
廃鉱の山のアカシア祭かな 水野あき
延暦の衣冠いみじき祭かな 四明句集全 中川四明
従六位が威で練り歩く祭かな 筑紫磐井 婆伽梵
恋となる日数に足らぬ祭かな いのうえかつこ「奉納」
手をひかれ屏風見あるく祭かな 大橋櫻坡子 雨月
打ち寄せる怒濤のごとき祭かな 近藤章夫
新場橋角わらぢ屋の祭かな 龍岡晋
日焼子の尻のつめたき祭かな 松本文子
日短き少彦名の祭かな 後藤夜半 底紅
明日よりは稲刈となる祭かな 瀧澤伊代次
昼の月あはれいろなき祭かな 敦
昼酒のあまくてあがた祭かな 関戸靖子
朝顔の双葉揃ひし祭かな 鈴木真砂女 夕螢
木のまたにことしもねぶる祭かな 立花北枝
松蔭にあて人憩ふ祭かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
樽にみずたつぷりとある祭かな 永石祐子
歩き出す今日は目黒の祭かな 岸本尚毅 舜
比叡の嶺に雲わき崩る祭かな 岸風三楼 往来
水車への水ゆたかなる祭かな 田村了咲
池の水きのふ替へたる祭かな 白水郎句集 大場白水郎
浜方に雲立昇る祭かな 増田龍雨 龍雨句集
深川のかんかん照りの祭かな 大木あまり 火球
渓川に膳の浸けある祭かな 雨月 大橋櫻坡子
灯して闇なつかしき祭かな 増田龍雨 龍雨句集
烈風にかゞりを焚いて祭かな 田村木国
牛飼のかんばせ稚き祭かな 後藤夜半 翠黛
獅子頭連ねかざして祭かな 高浜年尾
町中に大川あをき祭かな 石原舟月
疳性に雨降り来たる祭かな 石塚友二
碓の幕にかくるゝ祭かな 炭 太祇 太祇句選
磧にも人数の見えて祭かな 尾崎迷堂 孤輪
磯ものを砂に商ふ祭かな 石田勝彦 秋興
禰宜屋敷もの静かなる祭かな 小杉余子 余子句選
笹百合の上気するてふ祭かな 後藤夜半 底紅
篝守漕ぎ移りくる祭かな 後藤夜半 翠黛
篝屑水棹にかかる祭かな 後藤夜半 翠黛
素堂忌に深川遠き祭かな 増田龍雨 龍雨句集
絨毯に子らのねむたき祭かな 大橋櫻坡子 雨月
老禰宜の太鼓打居る祭かな 高浜虚子
職場より見てゐる雨の祭かな 恩田秀子(雲母)
舟渡御にはじまる浦の祭かな 高濱年尾
花笠を船にもかけし祭かな 零余子
花韮に朝日つめたき祭かな 金尾梅の門 古志の歌
草花に汁鍋けぶる祭かな 一茶
荒縄を伝ひ歩けば祭かな 柿本多映
荷車を雨の流るる祭かな 藺草慶子
葉生姜にたばしる雨の祭かな 鈴木しげを
藤房は力尽きたる祭かな 石田勝彦 秋興
蝙蝠の夕べとなりし祭かな 増田龍雨 龍雨句集
見世物に蛇来て雨の祭かな 田村了咲
賀茂衆の御所に粉るる祭かな 召波
賽銭を餓鬼のかすむる祭かな 森川暁水 黴
赤ん坊の冠つけし祭かな 細川加賀 『玉虫』
身一つを置くに明るき祭かな 柿本多映
迎へ火の吾子連れ那智の祭かな 角川源義 『西行の日』
道をしへ翔ちし糺(ただす)の祭かな 後藤夜半
道端に氷挽きゐる祭かな 大橋宵火
遠山の雲起つてくる祭かな 木村敏男
遷座式ありての上の祭かな 野村喜舟 小石川
部屋に螢とばしひとりの祭かな 和田耕三郎
酔ひ臥して一村起きぬ祭かな 太祇「太祇句選後篇」
酔ふして一村起ぬ祭かな 炭 太祇 太祇句選後篇
野々宮の車井軋る祭かな 比叡 野村泊月
野々宮へ茣蓙さげてゆく祭かな 比叡 野村泊月
鈴振りて神をあゆます祭かな 奥坂まや
鉱炉の火夜空を焦す祭かな 田村了咲
門々にひるの露おく祭かな 龍岡晋
門内を衛士の覗ける祭かな 比叡 野村泊月
門川の水ゆたかなる祭かな 高橋睦郎 金澤百句
門辺なる井筒うれしき祭かな 増田龍雨 龍雨句集
隣村の疲弊眼に見る祭かな 青峰集 島田青峰
馬上禰宜松をくゞりし祭かな 大橋櫻坡子 雨月
駒下駄が御堂筋ゆく祭かな 山田弘子 こぶし坂
鮓売も人におさるゝ祭かな 横井也有 蘿葉集
鯖ずしのつめたかりける祭かな 草城
鳥越の路地の奥まで祭かな 水原春郎
麹町十三丁目まで祭かな 野村喜舟 小石川
いくさなき人生が来て夏祭 橋本夢道 無礼なる妻
いもうとの魚締めにくる夏祭 下田稔
けふ来たるサーカスの銅羅夏祭 岸風三楼 往来
すぐ途切れ山国に会ふ夏祭 加藤瑠璃子
どぜうやの大きな猪口や夏祭 久保田万太郎 流寓抄以後
まはだかの男がよけれ夏祭 筑紫磐井 婆伽梵
わが部屋は四階地には夏祭 斉藤夏風
万太郎あらず浅草夏祭 吉屋信子
冷めがての飴はびいどろ夏祭 林翔 和紙
刺青の牡丹のさわぐ夏祭 水原春郎
叱られし子の眼に紅き夏祭 齋藤愼爾
堀の材に竿が一本夏祭 和知喜八 同齢
夏まつりをとこ綺麗な體持し 筑紫磐井 花鳥諷詠
夏まつり神鏡に母うつりゐる 田口とよみ
夏祭の中男根の馬ゆけり 榎本冬一郎 眼光
夏祭の午までは油だらけの手 榎本冬一郎 眼光
夏祭まへや大工ののみ光り 百合山羽公 故園
夏祭亀をすくふに囃されて 斎藤佳代子
夏祭何天王ときこえけり 野村喜舟 小石川
夏祭吾等農夫に灯る日 細谷源二 砂金帯
夏祭噴煙街に倒れくる 米谷静二
夏祭戊辰の役の兵揃ふ 荒井英子
夏祭昼の銭湯桶ひびかせ 鈴木栄子
夏祭水田々々を笛ころび 石川桂郎 含羞
夏祭白浪路地の先に見え 大熊輝一 土の香
夜と昼といづれが故郷夏祭 長谷川双魚 『ひとつとや』
好きな子のそばには行けず夏祭 村松壽幸
宿りゆく女中は村の夏祭 高木晴子 晴居
射的屋の手持ち無沙汰も夏祭 高澤良一 鳩信
山麓の遠ちの一村夏祭 欣一
川あれば町ありて夏祭あり 佐土原岳陽
店支度至極簡単夏祭 高澤良一 素抱
日覆して道頓堀は夏祭 岸風三楼 往来
梢より雲のおりきし夏祭 原裕 新治
母にはぐれて戻り来し夏祭 長田等
水口の泥が走りて夏祭 綾部仁喜 寒木
浦の子のこんなにゐしや夏祭 上暮潮
猫の眼の金色が透く夏まつり 柴田白葉女 雨 月
町の上に浅間が青し夏祭 相馬遷子 山国
百年を生きて祖父あり夏まつり ふけとしこ 鎌の刃
真円き月と思へば夏祭 汀女
眼帯の方の目でみる夏祭 宇多喜代子
綿菓子も紅もて装ふ夏祭 相馬遷子 雪嶺
綿飴に孫が張りつく夏祭 高澤良一 素抱
繭買のはりこむ寄附や夏祭 藤原如水
老友の歯が抜けし口夏祭 百合山羽公 寒雁
花だしに跨る人や夏祭 芦田秋窓
茶問屋に茶壺茶唐櫃夏祭 辻田克巳
裸電球杜に巡らせ夏祭 高澤良一 素抱
読まず書かぬ月日俄に夏祭 野澤節子「未明音」
貝殻を売りをれば買ひ夏祭 金久美智子
赤きものまた一つ減る夏祭 宇多喜代子 象
踏み迷ふひかりの湖の夏祭 原裕 青垣
近道をくるは地の子ら夏祭 中村勝臣(草苑)
酒ふくみ海女あぶらぎる夏祭 大熊輝一 土の香
酒汲んで酔はぬしづけさ夏祭 石塚友二 方寸虚実
門出入る子のひらひらと夏祭 大熊輝一 土の香
開けはなつ閾の艶の夏祭 鷲谷七菜子 天鼓
雨をよぶ山車を出しけり夏祭 長谷川かな女 雨 月
鴨居より木槍をはづす夏祭 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
人去りて祭囃子の残りけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
友も老いぬ祭ばやしを背に歩み 木下夕爾
四五人で祭囃子や能登ふかく 飴山實 『次の花』
夜の刃物うつむき祭囃子過ぐ 桂信子 黄 瀬
序の調べ静かに祭囃子かな 浅賀魚木
文鳥に祭囃子の音の遙か 高澤良一 素抱
時差電話祭囃子も聞かせたく 山田弘子 こぶし坂
浦祭祭囃子に波踊り 上野泰 春潮
猫が爪研ぎゐて祭囃子かな 細川加賀 『玉虫』
病める歯の方より祭囃子かな 細川加賀 生身魂
病院の壁に囚はれ祭囃子 橋本多佳子
祭囃子やみし夜更の湯を使ふ 佐野美智
祭囃子山杉覆ふ村を出て 桂信子 遠い橋
遠里の祭囃子や雨の月 大須賀乙字
里の子よ祭囃子をまじまじと 中村汀女
雨だれに向ひて祭囃子かな 石田勝彦 秋興
鮎食みて祭囃子に心急く 伊藤いと子
鳩の爪黒ずみ祭囃子かな 大石雄鬼
いち早く風に乗りけり祭笛 野呂浩史
からつぽの巣箱に届く祭笛 徳田すゞ江
たかぶれば悲しさばかり祭笛 江口千樹「鶴俳句選集」
たましひの音色に出づる祭笛 栗生純夫 科野路
ためし吹く海へ一声祭笛 鈴木貞雄
どの家も子供は二人祭笛 高橋悦男
どの路地も海の風吹く祭笛 古賀まり子 緑の野
どぶ川を鼠のわたる祭笛 鈴木貞雄
のぼり竜けふ目がなごみ祭笛 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
ひとりゐに銀漢たわむ祭笛 相馬遷子 山國
ひとり寝の首をあぐれば祭笛 菖蒲あや
ひゆうひつと吹き切り終る祭笛 福田蓼汀
まつり笛とほくは月の出の街に 細谷源二 砂金帯
まつり笛皿のゆつくり沈みけり 鳥居真里子「鼬の姉妹」
アパートに水の乏しや祭笛 藤田湘子「途上」
三人の斜めの顔や祭笛 高野素十
不祝儀の袋書きをり祭笛 水谷芳子
二代目は小ぶし嫌ひて祭笛 倉橋羊村
五箇山の長き冬果つ祭笛 伊東宏晃
佃路地せまきが親し祭笛 袴田君子
何もかも光りて雨の祭笛 町田しげき
何沈み青淵といふ祭笛 田中裕明 花間一壺
係累に加はる赤子祭笛 蓬田紀枝子
卓袱台の脚折り畳み祭笛 赤尾恵以
厨にて母聞く父の祭笛 林昌華
古老来て正調もどる祭笛 武田和郎
唇のしやくりあげたる祭笛 嶋田麻紀「自註・嶋田麻紀集」
夕空と水との間祭笛 桂 信子
奥四万の月にいつまで祭笛 前田普羅 春寒浅間山
宿定め荷をおろしたり祭笛 鍵和田[ゆう]子 未来図
少年の唇小さし祭笛 上和田哲夫
山の夜は淋しと吹ける祭笛 山内山彦
山水をかけし漆の祭笛 平畑静塔
川波の闇を引き出す祭笛 武田美代
左見て右見て吹かず祭笛 湘子
帯巻くとからだ廻しぬ祭笛 鈴木鷹夫「渚通り」
座を移るときも吹きをり祭笛 深見けん二
戦盲の吹けばかなしき祭笛 吉屋信子
手拭は吉原つなぎ祭笛 今泉貞鳳
時満ちて義経太鼓祭笛 大西岩夫
月残す浅草の空まつり笛 杉本寛
柿の木の夜空をあるく祭笛 桜井博道 海上
梳かれ藻に稚魚のきらめき祭笛 奈良文夫
森あをくふかくて春の祭笛 木下夕爾
椎大樹夜のこもれり祭笛 長谷川かな女 花 季
波寄せて月の渚の祭笛 岡崎憲正
浜木綿に夜の波白き祭笛 西島麦南
海冥く断崖峙てり祭笛 内藤吐天 鳴海抄
海神の没後高鳴る祭笛 宇多喜代子
深川や敗戦の日も祭笛 伊藤いと子
父の忌の読経に混じる祭笛 磯崎美枝
瓜坊も来よ山の子の祭笛 永島靖子
生国の籠目を抜ける祭笛 武田和郎
畦道を鴉のあるく祭笛 椎橋清翠
白日に瞑り吹くなり祭笛 井沢正江 一身
眉はねて今日の馬追ひ祭笛 細谷源二 砂金帯
祭笛うしろ姿のひた吹ける 橋本多佳子
祭笛うつとり老の後頭に 中山純子 茜
祭笛ひびくところに手足醒め 福永耕二
祭笛ひゆるんと胸に落ちて来し 矢崎良子
祭笛よこたへ吹いてかほさびし 橋本鶏二 年輪
祭笛上手は風となりにけり 武田和郎
祭笛主客稲田を巡りをり 松倉ゆずる
祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子「紅絲」
祭笛四万のさぎりに人遊ぶ 前田普羅 春寒浅間山
祭笛堆肥の跡に箒の目 香西照雄 対話
祭笛夕星力増しにけり 石田邦子
祭笛夜と昼となく酔ひし目で 橋本榮治 越在
祭笛子ら遠ければ遠く聞く 島田まつ子
祭笛幾夜きこへて今宵なし 渡邊千枝子
祭笛悲鳴のごとし雨を衝き 遷子
祭笛情におぼれしこと多し 岩田昌寿 地の塩
祭笛暗き流れの彼方より 石寒太 炎環
祭笛木目のしるき御堂かな 服部茂俊
祭笛浜西風荒くなり来り 臼田亜浪 旅人
祭笛獅子頭めきバスが来る 香西照雄 対話
祭笛町なかは昼過ぎにけり 桂信子 緑夜
祭笛疫病のごと出稼ぐ坑夫 穴井太 穴井太集
祭笛空ひるがへる能衣裳 佐川広治
祭笛遠し焦げパン縁ではたく 平井さち子 完流
祭笛釜の湯立に浄め吹く 羽部洞然
祭笛高杉に星こぞりけり 内藤吐天 鳴海抄
祭笛高音の時に小指あげ 福田蓼汀
秋祭笛一管に星欠くも 古舘曹人 能登の蛙
秩父嶺の真闇に習ふ祭笛 猪俣千代子 堆 朱


以上
# by 575fudemakase | 2014-05-01 11:01 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

祭(2)

祭(2)

例句を挙げる。

笛吹く隣家遠祭笛病快し 石川桂郎 含羞
簟ひやひや暗し祭笛 野澤節子
翁草銀の絮かな祭笛 飯田龍太「百戸の谿」
肘張って秩父夜祭笛を吹く 猪俣千代子 堆 朱
舞殿の裏にて祭笛町より 長谷川かな女 花 季
船酔ひの残りし枕祭笛 稲垣きくの 牡 丹
草刈の手に残りけり祭笛 横井也有 蘿葉集
蜥蜴の眼乾く広場の 祭笛 伊丹公子 メキシコ貝
褌のゆるきにも似て祭笛 筑紫磐井 花鳥諷詠
試し吹く祇園小唄や祭笛 河内きよし
赤ん坊の目がぱつちりと祭笛 細川加賀 『玉虫』
踏まれいる邪鬼に届けり祭笛 森田智子
身を細うして吹きつづく祭笛 片山由美子 水精
転生の因果図古りし祭笛 石塚友二 方寸虚実
遠くなるほどに淋しく祭笛 関根章子
遠ければ遠き日に似し祭笛 隈元いさむ
遮断機の向う遠のく祭笛 赤尾恵以「春意」
里祭笛太鼓どのあたり曳く 石川桂郎 四温
鉢のもの間引かれをるや祭笛 大木あまり 火球
降り暗む湖へ吸はるる祭笛 山田弘子 螢川
顎割つて魚ひらきをり祭笛 長谷川櫂 天球
高価の靴かにかく買ヘリ祭笛 中村草田男
鮓つくる主婦に宵宮の祭笛 石塚友二
*えりに鳴る祭太鼓や北の庄 大島民郎
どかんと鳴る祭太鼓も持たぬ町 櫂未知子 蒙古斑
また違ふ祭太鼓の近づき来 如月真菜
一合の米磨ぐ祭太鼓かな 片山依子
図体をぶつけて祭太鼓かな 大島雄作
土産買ふ祭太鼓に誘はれて 角田サチ
山瀬吹くな吹くなと祭太鼓かな 鈴木鷹夫「千年」
山王祭太鼓に湖は白みゆく 大矢東篁
打ち打つて日和崩るゝ祭太鼓 右城暮石 声と声
沼風に祭太鼓の乗つてくる 石井とし夫
祭太鼓うてば坂なす男の背 細谷源二
祭太鼓とろとろ水の音を出す 正木ゆう子 悠
祭太鼓打ちて男の盛り過ぐ 鈴木貞雄
祭太鼓昂るための静の刻 大川ゆかり
祭太鼓空地々々に打ちひびく 榎本冬一郎 眼光
笛そへば祭太鼓の高くなる 中村汀女
胸板に祭太鼓を打ちこまれ 山口誓子
躍り出て祭太鼓の桴代り 関圭草
鉢巻の子が攀ぢ祭太鼓打つ 福田蓼汀 秋風挽歌
鱠にも響くまつり太鼓かな 樗良「樗良発句集」
へそ踊り一夜にほつる祭髪 押田裕見子
平常着に出来上りたる祭髪 松藤夏山 夏山句集
愁あり鬢髱(びんたぼ)つめし祭髪 しづの女
指しやぶりゐて放心の祭髪 山崎千枝子
浅草やをとこも刈つて祭髪 鈴木榮子(春燈)
添へ髪のおもたき髷や祭髪 竹下しづの女
白髪のまま結ひ上げし祭髪 松尾 久子
祭髪してゐる貴船女かな 長谷川素逝
祭髪たかだか結ひて女系継ぐ 伊藤京子
祭髪大一番に結はせけり 松藤夏山 夏山句集
祭髪父にも見せてねだりごと 田辺虹城
祭髪結うてひねもす厨事 転馬嘉子
祭髪結うて店番つまらなく 岩村みちこ
祭髪結ひべらんめえ口調かな 稲畑廣太郎
祭髪酒落のめしたり難波つ娘 西村和子 かりそめならず
走り牡蠣鬻ぐ女の祭髪 曲荳
路地に生れ路地に育ちし祭髪 菖蒲あや「路地」
寝ねし児に祭衣の仮だたみ 藤岡筑邨
げに今朝やまつりばんてん祭足袋 久保田万太郎 流寓抄
男らの汚れるまへの祭足袋 飯島晴子「寒晴」
祭足袋ばたばた御朱印船を曳く 高澤良一 燕音
祭足袋ホームを踏んでゆきにけり 鈴木貞雄
祭足袋小脇に急ぐ吾妻橋 林八重子
祭足袋干して昨日の遠くなる 加藤野風子(川)
祭足袋濯ぐ佃の三尺路地 平井さち子 鷹日和
いつか老い祭提灯吊らんとす 田中朗々
ほゝぺたに祭提灯ほのぬくし 松藤夏山 夏山句集
小田の露祭提灯消えかはし 阿波野青畝
水打つて祭提灯ともしけり 比叡 野村泊月
獺の祭提灯が橋渡りけり 成瀬桜桃子
祭提灯ばりばりひらく油色 百合山羽公 寒雁
祭提灯ぽつと幼き日を点す 古賀まり子
祭提灯外し町家にもどりけり 久保田青邑
葭葉越し祭提灯ともりけり 金尾梅の門 古志の歌
路次内も祭提灯ともしあひ 松藤夏山 夏山句集
釣具店祭提灯戦がせて 高澤良一 素抱
雨あがり祭提灯出揃ひぬ 吉屋信子
露の戸に祭提灯とどきけり 龍岡晋
鬼灯が赤らむ祭提灯も 市村究一郎
黄ばみゐし祭提灯伸ばしけり 藺草慶子
祭礼の太鼓大輪児が挑む 平井さち子 鷹日和
祭礼の残り火育て餅を焼く 永島千恵子
祭礼は終った 子等よ 水薬飲め 星永文夫
霧降るや祭礼すみし捨篝 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
みの虫や靴はをかしき御輿寄 石川桂郎 含羞
初桜勝御輿とて深傷負ひ 石黒ナツ子
口割つて幾世を咲ける御輿草 六角文夫
夕立も田の神も乗せ御輿来る 野坂 民子
山国の朱夏惜むべし御輿振 相馬遷子 山国
差上てなだまさせをる荒御輿 八木林之介 青霞集
御旅所や御輿の下の砂遊 松藤夏山 夏山句集
御輿洗ひはざの白さや神楽神子 椎本才麿
新酒かけ御輿の綱の引き締まる 西池みどり
椎咲いて金箔匂ふ嵯峨御輿 堀口星眠 営巣期
歌舞伎座の前にもつとも御輿揉む 八木林之介 青霞集
浮世絵の世へいざなへる御輿かな 小宮久実
海に入る荒御輿見て別るゝや 萩原麦草 麦嵐
草鞋紐足にくひ込む荒御輿 高橋恵美子
菅原や御輿太鼓の夜の音 鬼貫「仏の兄」
襟足や御輿被りといふをして 八木林之介 青霞集
送り火や海へなだれる大御輿 田口一穂
野分後の松毬まろぶ御輿寄 下村ひろし 西陲集
鍵穴の大きく月の御輿蔵 松岡ひでたか
陸つ物持ち寄り瑞饋御輿組む 茨木和生 倭
鴨涼し后の宮へ舟御輿 中川志帆(万象)
生きのいい頭あつめてもむみこし 落合水尾
菅原やみこし太鼓の夜の音 鬼貫
みこし傾ぎ鳳凰上にあらんとす 古館曹人
あかあかと山車灯し過ぐ風邪心地 内藤吐天 鳴海抄
どの山車の岩にも牡丹むかしより 田村了咲
はつはつと山車倉の上に鵙鳴ける 高澤良一 ももすずめ
よれよれとなりて夕日の山車を曳く 高澤良一 ももすずめ
七浦をうるほす山車の鯨曳 高澤良一 燕音
中仙道秋の祭の山車一つ 大澤ひろし
喝采に潮吹き足らぬ山車鯨 高澤良一 燕音
夜祭や山車に産屋の力紐 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
宰領のさつと塩撒く山車曲る 清水賀名生
家郷いま山車練る頃ぞ男児生る 奈良文夫(萬緑)
小鰭青青開耶姫のる朝の山車 小枝秀穂女
屋根越しに山車の人形や桐の花 月舟俳句集 原月舟
山坂に山車がつまづく秋祭 百合山羽公 故園
山車かつぐ乙女のありて里神楽 中村きみ子
山車が好きで蜻蛉に好かれゐる 鳥居美智子
山車とまりをりても綱を握りしめ 鈴木貞雄
山車につく婆前垂れに梨包み 菖蒲あや
山車にのる河童張子に夜霧ふる 八牧美喜子
山車の上に病み抜きし人よ秋まつり 堀口星眠 営巣期
山車の灯に暈生まれつつ祭過ぐ 松本 幹雄
山車の灯の坩堝を映す水の秋 田口一穂
山車の灯も入りしころとか見に行かん 高濱年尾 年尾句集
山車の灯を遠くながむる一家かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
山車ひとつ出づ大工町鍛冶屋町 橋本榮治 麦生
山車をこきりこきりと曳き廻す 行方克己 昆虫記
山車を引くその左手が母探す 伊藤いと子
山車を曳く中に友ゐて木遣誦す 高澤良一 素抱
山車を曳く童児童女に秋の風 伊藤いと子
山車を見て祭の宮に寄らで来し 上村占魚 球磨
山車二台かへりておぼろ一之町 藤田湘子 黒
山車倉に昔の闇や虎落笛 中村風信子
山車倉の庇間に見え巴波川 八木林之介 青霞集
山車倉をはさむ町並水の秋 釜谷石籟
山車倉を叩きて椨の荒雫 高澤良一 ももすずめ
山車出して風に当てをり祭月 高澤良一 素抱
山車囃甘甘棒は飛騨の菓子 上村占魚
山車揺れて子ら振り落とすことなかれ 辻口静夫
山車曲る砂浜の砂ゑぐりつつ 波津女
山車曲る金をはじきて山の雨 鳥羽とほる
山車曳くや汗地獄なる男の肌 伊藤敬子
山車獅子の晴れ着の唐草模様も古り 高澤良一 燕音
山車神楽鉦は痴人(トンチキ)愚鈍(ヘンテコ)と 高澤良一 寒暑
山車競ふ色なき風が彩を生み 雨宮抱星
山車統べて鎧皇后立ち給ふ 山口誓子 一隅
山車蔵の扉にたてかけて橇干せり 加藤 岳雄
山車蔵の観音びらきさくら咲き 伊藤敬子
山車通るゑのころ草も刈られけり 吉武紀代子
山車過ぎし川面狐火消えのこる 渡辺恭子
山車駆けて秋日香み込む鯛の口 伊藤いと子
帰る気になかなかならず山車に従き 稲畑汀子 汀子第二句集
干柿や山車ゆくときの砂埃 斉藤夏風
日がわたる高山祭の山車の上 三和千秋
早鉦に石採の山車遅々として 里川水章
曳山車の引くも止るも木槌打つ 吉田紫乃
桜散る山車の奈落の昼の闇 伊藤いと子
極月の夜祭山車の競ひあふ 菱田トクヱ
波止場まで来てゐる山車や浦祭 土屋仙之
湖の国の山車は扇に招き曳く 橋本鶏二
父在らば秋晴の坂山車越えむ 小澤克己
爽けしや山車曲るとき乱拍子 田中水桜
献灯に触れ飛ぶ山車の飾花 伊藤柏翠
祭山車幼馴染みの夏羽織 河本修子(たかんな)
祭山車水尾の如くに人連れて 清水明子
秋祭り山車の松前鉄之助 高澤良一 寒暑
秋風を捩ぢまげて山車曲がりけり 安孫子十字
秩父夜祭山車待つ燗を熱うして 田原口秋峰
立話山車の引き手の減りしこと 高澤良一 素抱
菫咲く雨の山車蔵半開き 大野徳樹
袋掛くる声のとどきて山車繕ひ 中戸川朝人 残心
豊年や神の逢瀬へ山車揃ひ 深澤厚子
辻廻す山車の奈落を人知らず 出島かず江
近江びと老いてうららに山車自慢 大島民郎
過ぎてゆく山車より秋思始まれり 片山茂子
雨をよぶ山車を出しけり夏祭 長谷川かな女 雨 月
電車徐行大津祭の山車の脇 大野鵠士
風光る山車からくりの糸見えて 衣川砂生
風流山車出を待つわんこそば屋の前 高澤良一 寒暑
風流山車見返し遠のく刈屋姫 高澤良一 寒暑
夜宮てふこの懐かしき匂ひかな 冨士田英甫
灯より濃き金魚を掬ふ夜宮かな 高澤良一 ねずみのこまくら
綿飴にぶつかりさうになる夜宮 高澤良一 随笑
躓きてゴッと夜宮の走り根鳴る 高澤良一 ももすずめ
ただ着物きせられてをり宵祭 森澄雄
上供の海参大いなり元宵祭 下村ひろし 西陲集
人中に人形の顔や宵まつり 百合山羽公
味噌玉のまだやはらかき宵祭 綾部仁喜 寒木
園ひろくユッカの咲きて宵祭 飯田蛇笏 春蘭
宵祭大夕立の過にけり 一茶 ■文化六年己巳(四十七歳)
宵祭屋台の端(はな)は神楽台 高澤良一 素抱
宵祭屋台ふちどる百提灯 高澤良一 素抱
宵祭提灯支度の大正台 高澤良一 素抱
屋台提灯遅々と高山宵祭 高澤良一 素抱
巣燕が五つ顔出す宵祭 森澄雄
年恰好同じ子連れ立ち宵祭 高澤良一 素抱
暗がりのこゑ確かむる宵まつり 馬場移公子
月うつる加茂大橋の宵祭 長谷川かな女 牡 丹
桑の闇唐黍の闇宵祭 馬場移公子
水舟に雨ほつほつと宵祭 杉戸由紀子
洗ひ米笊に干しあり宵祭 猪俣千代子 堆 朱
牛洗ふ人の声聞け宵祭 加舎白雄
老の手に酒わなわなと宵祭 草間時彦
蚊帳吊りてひとり他郷の宵祭 宮坂静生 青胡桃
裏口の鼻緒の湿る宵祭 宮坂静生 山開
雀蛾も海越えて来ぬ宵祭 岡井省二
雪洞の戯れ絵拙し宵祭 高澤良一 素抱
露しのぐほどの祠も宵祭 村越化石 山國抄
鰻松も賑はひみせぬ宵祭 高澤良一 素抱
鱧食うべ杉箸の香の宵祭 岩井英雅
麦殼の煙うすれて宵祭 中拓夫 愛鷹
ききやう揺れ門に祭の灯入る頃 荒井正隆
さかづきに映る祭の燈ものみほす 篠原梵 雨
宇陀いまも昔の色に祭の灯 茂里正治
峰寺の祭の灯ひとつらね 柴田白葉女 花寂び 以後
川すぢも川も天神祭の灯 河合正子
川幅をはみ出す天満祭の灯 本郷桂子(円虹)
櫺子窓高山祭の灯を洩らす 関俊雄
母は旅にはるかつらなる祭の灯 大井雅人 龍岡村
流れ藻にしばらくとどく祭の灯 中戸川朝人 星辰
漁火は冬の祭の夜店の灯 中拓夫
濃き浴衣きて夜祭の灯のなかに 桂信子 黄 炎
祭の灯浅草の濃き闇ゆきたし 殿村菟絲子
祭の燈手のさかづきよりそれやすし 篠原梵
豊なる堆肥にゆるゝ祭の灯 前田普羅 春寒浅間山
起重機もみなと祭の灯を飾り 五十嵐播水 埠頭

以上
# by 575fudemakase | 2014-05-01 11:00 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング