例句を挙げる。

あまたある纜はみな鰆船 岸本尚毅 舜
かたむきて走れるはみな鰆舟 串上青蓑
しろがねの水尾弓なりに鰆舟 部谷千代子
せめぎあふ瀬戸の汽笛や鰆東風 綿谷ただ志
まかげせば鰆の海は渦ばかり 佐野まもる 海郷
一匹の鰆を以てもてなさん 高濱虚子
一本の鰆提げ立つ鰯舟 後藤夜半 底紅
今日の台詞くりかへし~鰆食ふ 龍胆 長谷川かな女
出来過ぎの鰆てふ文字鮨を待つ 高澤良一 宿好
切りてなほ身の盛り上る鰆かな 竹本仁王山
割烹着まつさら鰆一尾かな 里見梢
夕市の最中に着けり鰆船 大森三保子
大方は隠れ耶蘇なる鰆漁夫 小原菁々子
帆をかけて走るはすべて鰆舟 小山白楢
斑紋に振り塩光る鰆かな 森英子
春泥や魚屋の荷の鯛鰆 野村喜舟 小石川
曳売の青き鰆も讃岐かな 二宮貢作
有明の月に出でゆく鰆船 森藤千鶴
木簡にありし越中鰆かな 杉浦 東雲
村中(なか)に入りて納まる鰆東風 高澤良一 寒暑
汐仏鰆走りをみそなはす 阿波野青畝
渦潮の鰆とるふねかずしれず 佐野まもる
渦潮の鰆とる舟かしぎ舞ふ 山口草堂
潮境右し左し鰆舟 水見悠々子
瀬戸内の空青ければ鰆打つ 磯貝碧蹄館
病人へ鰆をほぐしゐたりけり 嶋田麻紀
白日のなかへ入りゆく鰆船 友岡子郷
盛り上る鰆の潮に瀬戸明くる 河野美奇
紀の海の鰆走りの波迅し 山川 喜八
船洗ふ真水のしぶき鰆東風 中拓夫
落潮に艪は漕ぎたわむ鰆ぶね 佐野まもる
身ばなれのよくて惜春の鰆とふ 能村登四郎
銅壷屋の頑固で通す鰆東風 遠藤寛太郎
阿波の門の坂なす潮鰆釣る 高瀬初乗
髪握つて厨へ妻や鰆見に 富安風生
鰆というをきつねがだましてやいている 阿部完市 春日朝歌
鰆ぶねい照りかがよふ浪に見ゆ 佐野まもる
鰆村いねて沖には鰆漁火 秋光泉児
鰆網しぼりどよめく船に蝶 水野淡生
鰆網絞れば覆ふ群れ鴎 末永てる
鰆舟瀬戸口を出て暮光負ふ 西村公鳳
鰆舟薄墨に陸暮れゆけり 根岸善雄
鰆船瀬戸落とし来て艪が揃ふ 米澤吾亦紅
鰆買ふ店の奥まで海明り 西 宇内
鰆釣り紀州のはなはきれて見ゆ 小山白楢


以上
# by 575fudemakase | 2014-04-26 20:53 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)



例句を挙げる。

「川音が聞こえる」と母朧かな 肥田埜勝美
あはうみに鯉の吐きたる朧かな 大石悦子
いずかたも朧犬吠崎より打電 宇多喜代子
いちまいの葉よりはじまる草朧 齋藤愼爾
いつの世も朧の中に水の音 桂信子
うごくまで亀を見ている朧かな 福原八寿世
お法会に影絵あるよし朧かな 飯田蛇笏 山廬集
こころ足らふ女を求めゆかむ朧かな 室生犀星 犀星發句集
この朧海やまへだつおもひかな 原石鼎
さざめきは水の朧に棹す舟か 高濱年尾 年尾句集
さしかかる町に魚の香初朧 鷲谷七菜子 花寂び 以後
さばかりのことを朧にかづけけり 林原耒井 蜩
さまざまの人と遊びし朧かな 山田みづえ 木語
しつかりと見ゆるものほど音朧 能村研三 鷹の木
しゅんさいや京の朧はあじさいいろ 楠本憲吉
つややかな管つけ父は朧なり 櫂未知子 貴族
ともる窓下に恋忍びよる朧かな 青峰集 島田青峰
はだら雪踏みて来し温泉に朧なり 林原耒井 蜩
はづかしき骨を許してくれ朧 櫂未知子 蒙古斑
はや~と巣雀ねむり朧かな 原石鼎 花影以後
はるかより神の木と知る朧かな 山本洋子
ひたひたの海其処なれや朧行く 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ひとこゑの鴨に朧のふかきかな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
ひとり湯のひとりに濁る朧かな 能村登四郎 菊塵
ひと吹きは土くさき風初朧 村越化石
ふるさとや牛も朧のおもながに 河原枇杷男 定本烏宙論
ふる里は基地のつぎはぎ朧なり 嘉陽伸
ふろしきのなかを問はれし朧かな 松岡貞子
ほとほととほとほとと撲つ門朧 菅原師竹
まうしろのステンドグラス朧なり 須藤徹
まひる梅の咲くさえ朧愛人あり 末永有紀
まんまるな山々ならぶ朧哉 寺田寅彦
みなぎつてケトルの笛となり朧 鳥居おさむ
み吉野の山路阻みてゐる朧 河野美奇
むかう岸朧や寝釈迦山ありて 加藤耕子
もの言はぬ雪塊森に朧なり 堀口星眠 営巣期
やはらかき草を踏み行く朧かな 荻原井泉水
ややこしきこと棚上げの朧かな 手塚美佐 昔の香
ゆつたりと朧ながるる身の内外 能村登四郎
よこがほの朧に過ぎし梅若忌 鷲谷七菜子 花寂び 以後
わが名さゆみ朧々となべぶたを持つ 鎌倉佐弓 天窓から
わが窓の灯の果の草朧 星野立子
わが船も朧と見ゆれ多島海 山岸治子
われとわがいのちたちたき朧かな 久保田万太郎 流寓抄
われ折々死なんと思ふ朧かな 夏目漱石 明治三十二年
キリストが売られし日なり星朧 古賀まり子
シャガールも馬も朧を昇りゆく 文挟夫佐恵
バナゝ揺るゝ夢も朧よ復覚むる 林原耒井 蜩
ビル朧どこにでもある中央区 中田 美子
ボタ鼻に朧の胡弓弾くは誰 清原枴童 枴童句集
メロンパン体内すこし朧なり 奥坂まや
一斉に客の帰りし朧かな 塩谷康子
一樹~押し来る幹の朧かな 渡辺水巴 白日
一病に吾が行く先の朧なる 吉村ひさ志
万亭は土蔵ある庭朧濃し 渡邊水巴 富士
三亀松のようはあようの朧にて 高澤良一 ぱらりとせ
不空羂索観音にあひたき朧かな 安東次男 昨
不老不死てふ花活けてみて朧 稲畑汀子
世話もなし朧おぼろと年のくれ 京-竹翁 元禄百人一句
中幕は延寿太夫の朧かな 龍岡晋
丹田のちからをぬけば朧なる 濱田俊輔
九頭朧の洗ふ空なる天の川 細見綾子
五体投地終へたる僧の朧かな 小枝秀穂女
亡き父母遠し生家の朧影にねる 羽部洞然
人下りし市電朧の中に揺れ 橋本鶏二
仮縫の身におよびたる朧かな 杉本雷造
仮縫ひの糸曳き朧にもなれず 齋藤愼爾
伴天連を伝へし島の朧かな 上村占魚 鮎
何となき時を大事に朧かな 手塚美佐 昔の香
俳諧を鬼神にかへす朧かな 前田普羅
倚りかかりたきほど朧濃くなりし 能村研三 騎士
億兆の魚介眠れる海朧 岡安迷子
光背の火焔のほかは朧なり 山内康典
六条はいとど朧やよるの雨 立花北枝
其髯かあらぬか松の朧なる 尾崎紅葉
初朧かや松籟ののびちぢみ 川端茅舎
初朧どの山となく対ひゐて 村越化石 山國抄
初朧大蛤を僧の焼き 関森勝夫
初朧菓子買ふための寄り道よ 大野林火
初朧隣へひとつ届け物 村越化石
別れんとかんばせよする朧かな 飯田蛇笏 山廬集
刻過ぎて行けば悲しみさへ朧 川口咲子
動く灯も動かざる灯も朧かな 伊藤孟峰
匂い立つ樹々の朧に笛木霊 長谷川かな女 牡 丹
十一面千手観音朧へ手 松山足羽
千枚田朧へ影を重ねけり 松岡悠風
卒塔婆より身におよびたる朧 齋藤愼爾
南麓に灯の帯展け朧富士 川村紫陽
反戦の一人の旗を巻く朧 文挟夫佐恵
口中に湯葉をふふみて朧かな 冨田みのる
古墳みな口開けてゐる朧かな 冨田みのる
古都五山朧の鐘の響き合ふ 沖鴎潮
右心房より左心房へ朧の血 高野ムツオ
吾れ朧世も朧なり猫を膝 村越化石
呼びかけて妻そこにゐる朧かな 小林康治 『虚實』
喉越しに残るワインや星朧 安藤マチ子
四隅より朧湧き立つ支那らむぷ 殿村莵絲子 花寂び 以後
国分寺の在れば朧に国分尼寺 野見山ひふみ
国外へ朧ひつさげ僧らの旅 赤松[ケイ]子
国生みのはじめにありし草朧 齋藤愼爾
園朧雨呼び花の我に咲いて 廣江八重櫻
土捏ねる鍬倒れたる朧かな 柑子句集 籾山柑子
地球儀をつつんでゐたる朧かな 山川与志美
堂朧絵を出て歩く鳥けもの 猪俣千代子 堆 朱
夕明り麦笛既に朧めき 河合凱夫 藤の実
夕朧帆を下ろしてはたまりけり 金尾梅の門 古志の歌
夕朧笈摺堂に白ふやす 杉本寛
夕網の重さ海の面朧立つ 金尾梅の門 古志の歌
外濠の向う朧に牢屋町 石黒裕運
夢殿の暮のつづきの松朧 鍵和田釉子
大いなる星一つある朧かな 綾部仁喜
大いなる鐘にゆきあふ朧かな 飴山實(1926-2000)
大むらさき羽化を待つ林朧かな 陣野今日子
大仏の目には吾等も朧かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
大仏の真正面の朧かな 岡田史乃
大部屋の患者寝息の朧なる 高澤良一 鳩信
大阪の朧まとひて旅情とす 西本一都 景色
夭々と朧は吾にぶつかりぬ 岡井省二
如意輪寺灯りてよりの朧かな 堀恭子
如逝輪寺ぽつんと灯り谷朧 石井とし夫
妻と磯を行くどこまでも朧なり 有働亨 汐路
妻の辺に寝ね身をのばす朧かな 八木林之介 青霞集
媼てふ遠きわたくし朧の木 正木ゆう子
子を取ろの来さうな村の夕朧 富永小谷
子供橇立掛けてある朧かな 太田土男
客待てば座広くともし宵朧 雑草 長谷川零餘子
宥すことに慣れて朧となりにけり 小林康治 『潺湲集』
家の鍵換えて朧の鈴の音 中里行雄
家中の柱が芽吹く朧かな 齋藤愼爾
寄宿舎に賊を捕へし朧哉 寺田寅彦
寝に落つるきはの死に似て朧闇 内海守
寝る前の髪に朧を感じをり 朝倉和江
寺田屋の裏に水捨つ朧かな 山本洋子
少女の絵みな鳥となる昼朧 原コウ子
岩山の岩押しあへる朧かな 小川軽舟
岬の燈ひとつが朧ならざる燈 上田五千石
帰り来て手は取らねども母よ朧 楠本憲吉
年寄りの聞えぬ振りの朧かな 日下部宵三
幾度も歩をとめて坂朧なり 古賀まり子 緑の野
庖丁の香を逃しやる朧かな 安東次男 昨
弓張かそれかれこれも皆朧 広瀬惟然
引いてやる子の手のぬくき朧かな 中村汀女(1900-88)
待たされてゐて約束のふと朧 今橋眞理子
御百度を踏むに朧よ近江の陸 高柳重信
急ぐことなければ朧濃くなりぬ 岸田稚魚 『紅葉山』
急須の茶しぼりたらすよ夕朧 原石鼎 花影以後
息吸うてからだ浮く湯の朧かな 澁谷道
戒名で呼ばれてをりし朧かな 齋藤愼爾
手を洗ひ顔を洗つて朧かな 細川加賀 『玉虫』
折鶴をひらけばいちまいの朧 澁谷道
捨てられし花の朧へ雪の降る 金箱戈止夫
接骨木の芽の揃ひたる朧かな 前田普羅 能登蒼し
敗れたる軍鶏の目ひらく朧かな 加藤楸邨
日めくりに大納言ゐる朧かな 大屋達治 絢鸞
星一つ二つは見えて朧かな 貴葉志行
星朧わづかな湯気に吾も主 香西照雄 対話
春めくや築地は海の朧より 白水郎句集 大場白水郎
春日三球ひとりとなりし朧かな 能村登四郎
時の上に朧の時を浮かべ逢ふ 赤松子
晩年のひと日過ぎゆく朧かな 広谷春彦
暁の夢かとぞ思ふ朧かな 夏目漱石 明治二十九年
更級日記の道や此の世も朧なる 町田しげき
書魔堰いて書庫の鉄扉が生む朧 竹下しづの女句文集 昭和十一年
朧々ふめば水也まよひ道 一茶 ■寛政七年乙卯(三十三歳)
朧とはなりぬ昴も西の星 山本歩禅
朧とは桜の中の柳かな 正岡子規
朧とも沼明りともいづれとも 石井とし夫
朧なりグラス廻せば花となる 千代田葛彦 旅人木
朧なり次の朧はまだ見えず 原田喬
朧なり猫がもどりて蜜柑箱 中田剛 珠樹以後
朧なり甍をうめて山の道 中田剛 竟日
朧なるものの初めのわが乳房 山下知津子
朧なる枝くねりゐる並木かな 原田種茅 径
朧なる湖に瀕死の白樺 堀口星眠 営巣期
朧なる畦のいつぽん病むごとし 櫛原希伊子
朧なる素足の遊行上人像 猪俣千代子 秘 色
朧にて寝ることさへやなつかしき 森澄雄
朧にて昨日の前を歩きをり 加藤楸邨
朧にて落つるハンマー音おくれ 加藤楸邨
朧の灯すこし離れて屍室 橋本榮治 麦生
朧の灯縫うて島々漕ぎぬけし 雑草 長谷川零餘子
朧めく庭より上る獨り言 阿部みどり女
朧よりうまるる白き波おぼろ 藤田湘子
朧よりぬけきし猫の白さかも 白岩 三郎
朧より水運び来し塵芥 原裕 青垣
朧を来し燈の下の手足つめたく 原田種茅 径
朧中二人の心一つかな 白水郎句集 大場白水郎
朧人あすはいづこの灯に冴えむ 林原耒井 蜩
朧人一人ベンチに来てかけし 温亭句集 篠原温亭
朧漕ぐ波のうねりに添ふ艪かな 柑子句集 籾山柑子
朧濃く他界の言葉吐きしかな 齋藤愼爾
朧濃し常おぼろなるわが眼にも 木村 風師
木仏をさがしあぐぬる朧かな(西国四十二番仏木寺縁起) 飴山實 『次の花』
木戸深く砂入れしより朧かな 金尾梅の門 古志の歌
朱の鳥居千本くぐる朧かな 老川敏彦
来し方を行く方を草朧かな 高木晴子
松の立ち木を朧に舞台暗転す 長谷川かな女 花寂び
松の葉のみな立ちのぼる朧かな 永田耕衣 真風
松は松杉は杉なり朧にて 青柳志解樹
松深き海音に立つ朧かな 金尾梅の門 古志の歌
枕へと朧を通ひつめにけり 杉野一博
枝坂のまた枝坂の朧かな 大場白水郎
枝打ちが下りて来ておる朧かな 森下草城子
柳の下に物ありと思ふ朧かな 寺田寅彦
根の国へ手足を伸ばす朧かな 沼尻巳津子
樹々に触るゝ手の生き~と朧かな 渡辺水巴 白日
樹の上の少女に喚ばれゐる朧 中村路子
止り木に脚のあそべる朧かな 岸田稚魚
此國の山皆まろき朧哉 寺田寅彦
死に際の台詞を思ふ朧かな 星野明世
殖ゆる灯も貝殻山も朧なり 石田あき子 見舞籠
水のんでおのれ朧となりにけり 角川春樹(1942-)
水揺れて灯の尾淋しき朧かな 柑子句集 籾山柑子
水朧ながら落花を浮べけり 芥川龍之介 我鬼窟句抄
水郷の橋みな低く朧かな 浅野右橘
水際のうごきてゐたる朧かな 岸田稚魚
水飲んであしゆびひらく朧かな 小川軽舟
水飲んでゐる晩年の朧かげ 鷲谷七菜子 花寂び
江に添ひて人棲むらしき朧かな 川越民子
沫雪の日の中消て朧哉 成美
沼囲む樹々なまめきて朧かな 永井龍男
波音のをりをり漏るる朧かな 林 千恵子
泣いて行くウヱルテルに逢ふ朧かな 尾崎紅葉
泥濘のぬくみにふれつ朧かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
洛中をすぎゆく風も朧にて 長谷川双魚 『ひとつとや』
浄め塩浴びてより身の朧なる 平野直子
浅草寺扉しめたる朧かな 増田龍雨 龍雨句集
浜朧芥焼く火の高からず 関森勝夫
浪音の今宵は遠し草朧 本井英
涅槃より今年の朧はじまりし 森澄雄 所生
深深と朧思いの瓦礫かな 永田耕衣 人生
温室にトマト熟れたる朧かな 岸本尚毅 舜
湯にうごく異形のものも朧かな 宇多喜代子
湯煙の朧へだてゝ語りけり 青峰集 島田青峰
湯煙りの白粉臭き朧哉 寺田寅彦
漱ぐ朧を鳴らすごとくにて 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
濡れ沈む汝が辺にて朧まさりつつ 齋藤玄 『玄』
灘御影酒倉つづき朧なる 田中冬二 俳句拾遺
灯ともせば外の面影なき朧かな 富田木歩
灯を消して朧に慣れて寝まるなり 林翔 和紙
灯明に離れて坐る朧かな 斎藤梅子
炭焼や朧の清水鼻を見る 榎本其角
点滴の終りを告ぐる朧ごゑ 高澤良一 鳩信
烏賊さしにわさび効かせて朧かな 藤岡筑邨
燈明に離れて坐る朧かな 斎藤梅子
燈臺の朧のさきの別の國 島田刀根夫
父と子の離れて眠る朧かな 広瀬直人
父の世へまはす朧の蓄音機 藤井寿江子
父むかしオルフェを観しといふ朧 皆吉司
牛小屋に牛形据うる朧めき 石川桂郎 含羞
犬吠の今宵の朧待つとせん 高浜虚子
狂乱や朧の影は鐘にあり 青峰集 島田青峰
狩くらす花の朧を歩路かな 東助
甕ひとつ朧の国に居りにけり 村越化石
生きて候花の朧をつぎ合はし 齋藤愼爾
疇に似し径に出たり朧づき 蘇山人俳句集 羅蘇山人
病妻を曳く肉片の朧の手 斎藤玄 雁道
病臥とは朧へ見えぬ手に曳かるる 斎藤玄
白粥を朧にはこぶ看とりかな 橋本鶏二
白魚汁朧のゆゑにこころ足り 森澄雄
百歳のわれを見てゐる朧の木 平松彌栄子
眼界や朧に消ゆる蝶の翅 石塚友二
知らぬ町に家をたづぬる朧なり 千代田葛彦 旅人木
石の碗ささげて水の朧かな 夏井いつき
石棺の蓋あいてゐる朧かな 黛執
石蹴れば落ちゆく谷の朧かな 上村占魚 鮎
磨ぐ米のさくさくさくと草朧 中拓夫
祖父に手をよくさはられし朧かな 皆吉司
神の手で撫でたやうなる朧かな 松瀬青々
神代より波と闘へる岩朧 石島雉子郎
空に触るる思ひに歩む朧かな 日石俳句鈔 井上日石
章臺や柳に妓楼朧なり 寺田寅彦
竹の根が岬を縛る朧かな 大屋達治 龍宮
笑ひごゑ通つてゆきし朧かな 細川加賀 『玉虫』
筆先にためらひ絡む朧かな 谷口桂子
管楽器絃楽器眠り朧かな 松山足羽
経が峯朧を曳いてゐて嶮し 橋本鶏二 年輪
綱解けて誰が曳くとなき馬朧 安斎櫻[カイ]子
網敷きて待つや朧の集魚燈 平賀扶人
美しき学校あらば草朧 攝津幸彦(1947-96)
翌檜朧といふが降りにけり 鈴木太郎
老人を引っぱる海の朧かな 石田勝彦
背水の朧明かりに見ゆる景 小出秋光
能管のきはやかなりし朧かな 森澄雄 所生
能舞台朽ちて朧のものの影 鷲谷七菜子 花寂び
能面のうちに泣くこゑ朧にて 猪俣千代子
膚膩爛壊屍載せ去りし朧かな 東洋城千句
自らを緊めて朧の壺の首 河合凱夫
船溜り船の素顔の朧にて 出田洋子
花ぐもり朧につゞくゆふべかな 蕪村
花曇朧につづく夕べかな 蕪村
花朧きらきらとある子の涙 対馬康子 愛国
花朧なれば酔歩も許されむ 南光翠峰
花朧吉野格子を漏るる燈に 小川斉東語
花朧樹の脈拍を感じおり 大高 翔
花朱欒香ふかぎりの朧なる 千代田葛彦 旅人木
芽ぐむものみな芽に出でゝ朧かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
草の戸の閉め忘れある朧かな 坊城春軒
草朧仔羊に髯の生え初めし 村越化石 山國抄
草朧黄泉の朧を知らざれど 手塚美佐 昔の香
荒鋤きや田へ引く水の朧にて 石川桂郎 四温
菜の色の日々に濃まさり朧かな 原石鼎 花影以後
落石もきつねの山も朧せり 村越化石 山國抄
落葉松原四方にせめぎて朧なり 堀口星眠 火山灰の道
薬師寺の朧を踏みて湯女帰へす 萩原麦草 麦嵐
薬飲む竹の朧を通りぬけ 大岳水一路
藁塚のしんで泣くよな朧かな 渡辺白泉
藍染に灯までも青き朧かな 高田菲路
藍玉の立方体の朧かな 伊藤いと子
虚子立ちし大観峯の草朧 大久保橙青
蛙ともならまし悔や草朧(感あり) 原石鼎
蛤をこゑにききたる朧かな 黒川純吉
行き行きて朧に笙を吹く別れ 夏目漱石 明治三十一年
行く川のあなた北斗の朧かな 立花北枝
街朧言つてしまへば皆嘘めく 品川鈴子
袴つゝみて使に渡す朧かな 龍胆 長谷川かな女
西山や花の朧に日の落つる 士巧
見下ろして人も朧でありにけり 高浜きみ子
見送りし朧々の後ろ影 高浜虚子
角のない山ばかりなる朧哉 寺田寅彦
角力取露けき旅をつゞけけり 朧雨
言の葉にきせたき衣の朧ほど 坂本京子
試写室の小さき闇出で夕朧 岡田貞峰
誰訪ひて心満たさむ夕朧 林翔 和紙
谷ごとに仏のおはす朧かな 飴山実
貝こきと噛めば朧の安房の国 飯田龍太
足のむくままに歩きて朧なり 今井杏太郎
足音をもたず朧の砂丘ゆく 羽部洞然
踏みいでゝ酔発したる草朧 小林康治 四季貧窮
身に一つ加へし忌日初朧 目迫秩父
身も業も骨となりたる朧かな 橋本榮治 越在
軒近くかかれる山も朧かな 田中冬二 麦ほこり
辛崎の朧いくつぞ与謝の海 蕪 村
辛崎の松は花より朧にて 芭蕉
辻仏灯して朧ふやしけり 毛塚静枝
遊女屋の渡り廊下の朧かな 田中冬二 行人
道の辺に堰く水高き朧かな 尾崎迷堂 孤輪
還らじの人指折りて花朧 千原叡子
郵便船泊まりとなりし朧かな 松山足羽
酒蔵に人の入りゆく朧かな 豊田八重子
酒飲めばいよいよ墓の朧かな 相生垣瓜人 微茫集
金粉の袖に附きくる朧かな 竹内悦子
鉄鉢のすがたと思ふ朧にて 岡井省二
鉦提げて叩かぬ鬼の朧かな 碧童句集 小澤碧童
長生きの朧のなかの眼玉かな 金子兜太(1919-)
閉さでおく坊の雨戸や滝朧 峰山 清
雁の声朧々と何百里 支考 俳諧撰集「有磯海」
雨そぼ~灯籠の灯の朧なる 寺田寅彦
雨戸たつれば外は朧の瀬音かな 青峰集 島田青峰
雨音やいとゞ朧と思ひしに 原石鼎 花影以後
雪はあれど山鳥の立つ朧かな 乙字俳句集 大須賀乙字
雪雫絶ゆるに出でて朧かな 安斎櫻[カイ]子
電話番号ルージュで記す朧かな 河府雪於
青僧の経の滲み出す朧かな 鳥居おさむ
鞆の津の浮燈台の朧かな 伊藤いと子
顔剃りし傷を朧がうづめゆく 都筑智子
風呂の戸にせまりて谷の朧かな 原石鼎(1886-1951)
鬼橋の朧を渡る狐かな 椎橋清翠
魂魄を身近かにしたる朧かな(悼佐藤鬼房) 橋本榮治 越在
鯉の見る夢の知りたき朧かな 大串章
鯉二つ二の字にゐたる朧にて 森澄雄 四遠
鳥塚を経て虫塚へ草朧 櫛原希伊子
鳥好きの人と聞きゐる家朧 高澤良一 さざなみやっこ
鳥居より引きかへしたる朧かな 阿部みどり女
鳥眠る沼の朧を櫂の音 佐野美智
鴛鴦飼うて朧に住むや草館 雑草 長谷川零餘子
鶏の目のわづかにひらく草朧 夏井いつき
麦畑の香の染みとほる朧かな 米沢吾亦紅 童顔
黒姫山かかる朧を雪崩れけり 松村蒼石
黒潮の沖に島ある朧かな 福島せいぎ
「眼鏡はどこに」うたにして妻おぼろかな 加藤楸邨
うつし世のおぼろの中に歩を移す 吉田 長良子
おぼろおぼろともし火みるや淀の橋 上島鬼貫
おぼろげな馬の形を湯冷めかも 永末恵子 留守
おぼろなり彫りし葡萄は金にして 山口青邨
おぼろなり早寝の町の販売機 小島千架子
おぼろなる仏の水を蘭にやる 大木あまり 雲の塔
おぼろにてひとごとならぬ普賢かな 永田耕一郎 方途
おぼろにてわれの柩はまだ着かぬ 小檜山繁子
おぼろにて一樹紅白の落椿 水原秋櫻子
おぼろにて木兎移りゆく八重桜 水原秋櫻子
おぼろの灯集めて湾の形とす 蔦三郎
おぼろの石積みやり馬頭観世音 村越化石 山國抄
おぼろめくいそぎんちやくのそよげるは 奥坂まや
おぼろめくしづかなしづかな枝の空 長谷川素逝 砲車
おぼろめくオペラの天井桟敷かな 山本歩禅
おぼろよりおぼろへ向けし舳先かな 栗島 弘
おぼろより仏のりだす山の寺 桂信子
おぼろより檣灯不意に迫りくる 築城百々平
おぼろ坂あとは畳を拭いてをり 新関幸至
つなぎ飼ふ子猫に胡洞おぼろ濃し 田中英子
にんげんは悲しみの泡夕おぼろ 林 翔
のれそれののんどを走るおぼろかな 茂里正治
ろまんすをおぼろづくしにふくらまそ 松澤蕗子
わかれたる顔おぼろなるバスの中 阿部みどり女 笹鳴
わが框おぼろの杖を措きにけり 林原耒井 蜩
オリーブの繊枝おぼろにさし交す 佐野まもる 海郷
シクラメンおぼろ哀しきしろさかな 久保田万太郎 流寓抄
ビルと云ふ直方體の夕おぼろ 高澤良一 ももすずめ
一年のまためぐり来しおぼろかな 久保田万太郎 流寓抄以後
世話もなし朧おぼろと年のくれ 京-竹翁 元禄百人一句
乗り継いで乗り継いで来し街おぼろ 黒川悦子
人形も疎開して来ぬ里おぼろ(文楽) 廣江八重櫻
仏像と僧と等身おぼろにて 猪俣千代子 堆 朱
仏陀笑むおぼろに黐の花振りて 内田秀子
佛像と僧と等身おぼろにて 猪俣千代子
六地蔵ひとり戻らぬ花おぼろ 中嶋秀子
列柱に水音おぼろ地下宮址 澤田緑生
古りしこと年々おぼろ枝珊瑚 宇佐美魚目 天地存問
土不踏草を踏みしが身のおぼろ 山上樹実雄
堂おぼろ青衣の女人現れませよ 下村梅子
夕おぼろ入湯十訓声にして 高澤良一 ぱらりとせ
夕おぼろ葉深く樫の花見たり 栗生純夫
夢おぼろ寝あけば坐る昼の蚊帳 上村占魚 鮎
夢の如きおぼろの富士に見えけり 星野立子
大津絵の鬼をどり出すおぼろかな 小松崎爽青
天球の一角おぼろなる砂漠 澤田 緑生
太夫町揚屋町てふ路地おぼろ 徳永 亜希
夫婦箸の在り処おぼろや桜鯛 草田男
妻あらば衣もぞ掛けん壁おぼろ 原石鼎
娘と同居おぼろじめりの灰ならす 栗林千津
宇治陵へ京の灯遠きおぼろかな 西村公鳳
寺の塔今日いくつ見し夕おぼろ 河府雪於
屑星に漂へる気のおぼろかな 阿部みどり女
山おぼろ檻に納まる穴仏 高松遊絲
岳おぼろにて雪深きけものらよ 千代田葛彦 旅人木
帯きつく締めおぼろなる母の声 鎌倉佐弓 潤
座敷童子振り向くおぼろ燠明り 櫛原希伊子
彩燈を木に鏤めて庭おぼろ 西村公鳳
応へつつ和上おぼろに桶使ふ 角川春樹 夢殿
手相の灯唇紅濃きをおぼろとも 原田種茅 径
放流をけふ了へし川おぼろなり 石川文子
教会の十字架おぼろ平和な村 柴田白葉女
星おぼろにて本流に力あり 千代田葛彦
春おぼろあの世この世の夢の人 嵐山美子
春雨の中におぼろの清水哉 蕪村 春之部 ■ 小原にて
時の上におぼろの時を浮べ逢ふ 赤松[ケイ]子
朧よりうまるる白き波おぼろ 藤田湘子
朧濃し常おぼろなるわが眼にも 木村 風師
松の幹おぼろと見れば根方まで 橋本榮治 麦生
松島の八百八島皆おぼろ 鈴鹿野風呂 浜木綿
枯木立おぼろに茜沈めたり 林原耒井 蜩
水おぼろ首あぐる馬の唇鳴りぬ 瀧春一 菜園
水音は山女魚跳ぶらし淵おぼろ 内山 亜川
波おぼろ漁網も人もうづくまり 岡本まち子
海おぼろ忘れし頃に浪くだけ 若木一朗
湖おぼろ嘴埋めて鳥寝に入りぬ 佐野美智
湖に板戸を閉めて松おぼろ 宇佐美魚目 秋収冬蔵
濡れ石にある雪洞の夕おぼろ 渡邊水巴 富士
灯おぼろ鏡は覆をあげ居たり 長谷川かな女 牡 丹
牛守の古稀の白髭おぼろかな 太田土男
玄上の琵琶据ゑ厳島おぼろ 尾野恵美
病めるとも亭主関白夕おぼろ 松岡友江
癌負うて一家族山おぼろなり 中山純子 沙羅
白魚のどつと生るゝおぼろ哉 小林一茶 (1763-1827)
盗掘の異神おぼろやぼろの市 津波古江津子
窓いくつ重ねて灯り町おぼろ 青峰集 島田青峰
立枯の木々おぼろなり黒斑山 堀口星眠 営巣期
粟島と佐渡のあわいになだれたる天ノ河とう春の星おぼろ 田井安曇
臥龍藤万の花房おぼろめき 伊東宏晃
舟虫とよばるゝさへや身のおぼろ 久保田万太郎 流寓抄
花おぼろとは人影のあるときよ 比奈夫
花おぼろ凭れて痛い松の幹 池田澄子
花おぼろ遺句の切字の重きかな 渓槐三
草おぼろ木おぼろ家路しかと踏む 下村槐太 光背
草おぼろ生涯に賭まだのこる 藤田あけ烏 赤松
蕾もつ草をおぼろに踏みしかな 龍胆 長谷川かな女
街おぼろ硝子張りなる昇降機 北元 多加
観音の腑中のおぼろ男女上る 嶋野國夫
足元に潮の満ち来て海おぼろ 斉藤葉子
野木瓜掘る手元おぼろとまだならぬ 林原耒井 蜩
釘を打つ顔をおぼろや峡の屋根 飴山實 辛酉小雪
鐘おぼろ強く指組む懺悔台 きりぶち輝
闇おぼろゆけば行かれて瀧のみち 阿波野青畝
降参か歓呼か諸手おぼろなる 仙田洋子(1962-)
雀四五日来ずよ庭木の風おぼろ 渡辺水巴 白日
雛の軸おぼろ少女と老婆寝て 原 裕
鯉おぼろあたまを水に打たせをり 宇佐美魚目 天地存問
鯉に乗る僧の図おぼろ曳きにけり 大串章



以上
# by 575fudemakase | 2014-04-26 20:52 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春の月

春の月

例句を挙げる。

いつ暮れて水田のうへの春の月 蒼*きゅう
うち霧ふ芋の二葉や春の月 金尾梅の門 古志の歌
きこゆるは井水の流れ春の月 金尾梅の門 古志の歌
こちら日本戦火に弱し春の月 三橋敏雄
この匂藪木の花か春の月(七年) 芥川龍之介 我鬼句抄
しばらくは濤の音して春の月 北崎武
せゝらぎの三段ばかり春の月 西山泊雲 泊雲句集
たはれ男の口笛過ぎぬ春の月 芝不器男
とめどなき迷いに父母呼ぶ春の月 原 尚子
どんよりと曇りし春の月明り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
のしのしと音して山に春の月 和田耕三郎
ひとが見てゐたるところに春の月 細川加賀 『玉虫』
ひとむらの石菖ぬれて春の月 金尾梅の門 古志の歌
ふるさとや石垣歯朶に春の月 芝不器男(1903-30)
まどかなり銀座まつりの春の月 久保田万太郎 流寓抄
みやらびの歯の波いまは春の月 細見綾子
み返ればすなはちやさし春の月 久保田万太郎 流寓抄
もの忘れせし手つめたく春の月 松村蒼石 春霰
やはらかに陶土練りこむ春の月 新庄八重
やわらかく板踏んでいる春の月 永末恵子 発色
ゆく春の月に鵜の鳴く宿りかな 飯田蛇笏 霊芝
ゆく春の月や近江の湖の上 麦南 (八重女を葬りて帰京車中)
よべ春の月の細きを語る窓 稲畑汀子 春光
よべ春の月を宿してゐし湖に 稲畑汀子
わが干支のうさぎや春の月まろき 中山純子 沙羅
ドビユッシイろろんろろんの春の月 文挟夫佐恵 雨 月
パラボラの皿より大き春の月 遠藤梧逸
ベートーヴェン自筆のソナタ春の月 仙田洋子 雲は王冠
ペンギンの一羽おくれし春の月 有馬朗人 天為
ポーランド側に上れり春の月 森田智子
マネキンの小鼻に触るる春の月 松本恭子 二つのレモン
三年坂登り切つたる春の月 上原恒子
三熊野の山のいでゆに春の月 楠目橙黄子 橙圃
丸窓に春の月あり立てば無し 大橋櫻坡子 雨月
五六騎のゆたりと乗りぬ春の月 河東碧梧桐
人に会うごとくに上る春の月 黒川花鳩
人の妻を盗む狐や春の月 妻木 松瀬青々
伊賀よりも甲賀は寒し春の月 大峯あきら 鳥道
出駕籠まつ軒の低さや春の月 井上井月
切株の円盤ひかる春の月 橋本榮治 麦生
別れたくなき故無口春の月 遠藤忠昭
別れ路やまぎれなかりし春の月 相馬遷子 山国
国原や桑のしもとに春の月 阿波野青畝(1899-1992)
土屋より暮春の月の上りけり 飯田蛇笏
土曜日はたのし出てゐる春の月 大島三平
大いなる春の月あり山の肩 杉田久女
大御空仰くや春の月の色 尾崎紅葉
大江の黒く流るゝや春の月 内田百間
大阪弁洩れ来る路地に春の月 茂里正治
女倶して内裡拝まん春の月 蕪村
女出で鳥籠を吊る春の月 有馬朗人 耳順
妻の肩へのりたるやうに春の月 今井杏太郎
子の言葉こころにおきて春の月 松村蒼石 露
子を負へる影に昔を春の月 阿部みどり女 笹鳴
屋根屋根に乳の香流れ春の月 原裕 青垣
山脈の空みどりなす春の月 相馬遷子 山國
幾十の切株の上の春の月 大野林火
影もまたひとり酔へるか春の月 田中裕明 花間一壺
我宿は巴里外れの春の月 高濱虚子
我此處にあり春の月みそなはせ 星野立子
我法学士妻文学士春の月 小川軽舟
手袋の手にはや春の月明り 中村汀女
据風呂に行春の月緑なり 会津八一
摩利支天の露店の上や春の月 長谷川かな女 雨 月
教会の塔の上なり春の月 寺田寅彦
新陵のいく夜を経たる春の月 井澤小枝子
明日会ふ人の電話や春の月 小川軽舟
春の月あそことここの間かな 五島高資
春の月ありしところに梅雨の月 高野素十(1893-1976)
春の月およその時を戻りけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
春の月きらきらと木をのぼる水 原裕 新治
春の月けふも枯木のうしろより 渡邊水巴 富士
春の月さしこむ家に宿とりて 前田普羅 春寒浅間山
春の月さして墓原ねむりけり 成瀬桜桃子 風色
春の月さし入る門をひらきけり 久保田万太郎 草の丈
春の月さすがに障子一重かな 松岡青蘿
春の月さはらば雫たりぬべし 小林一茶
春の月と僕の間をヘリが飛ぶ 五島高資
春の月ながなきどりのうしろより 原裕 新治
春の月なまなか照りてかなしきよ 久保田万太郎 草の丈
春の月ゆらゆらと木をのぼる水 原 裕
春の月バレエ群舞の中にあり 対馬康子 吾亦紅
春の月上りて暗き波間かな 後藤夜半
春の月仰ぎて踏みて尼寺へ 植村通草
春の月仰ぎ丸ビル最後の日 稲畑廣太郎
春の月土蔵の尽くるところまで 大沢せい
春の月大きい星は出てゐるよ 滝井孝作 浮寝鳥
春の月大輪にして一重なる 長谷川 櫂
春の月小路小路のほと暗く 福田蓼汀 山火
春の月岸にかゞみて水を見る 阿部みどり女 笹鳴
春の月常磐木に水際仄なる 芥川龍之介 我鬼窟句抄
春の月思ひ余りし如く出し 上田五千石 琥珀
春の月本籍はまだふるさとに 大串章 百鳥 以後
春の月村はづれより上りたる 石井とし夫
春の月杖もちて来て誘わるる 長谷川かな女 牡 丹
春の月枯木がくれに黄にけぶる 渡邊水巴 富士
春の月水の音して上りけり 正木ゆう子
春の月沼の上にてうすれつつ 藤井冨美子
春の月海ある方へ犬走る 山口誓子
春の月海離れむとして撓む 藤木倶子
春の月疲れたる黄をかかげけり 木下夕爾
春の月眠らぬ花に人も醒め 長谷川かな女 牡 丹
春の月石階さぐり上るなり 岡本松浜 白菊
春の月砂丘越ゆればなかりけり 森田峠 避暑散歩
春の月砂絵の童らにさしそめぬ 芝不器男
春の月米磨ぐ音の中に出る 大野林火
春の月羽音ばかりの鴨たてり 米沢吾亦紅 童顔
春の月腰籠に玉子忍ばせて 松村蒼石 春霰
春の月舞妓も眠る別れなり 渡邊水巴 富士
春の月芝居の木戸に湧く女 正岡子規
春の月花卉園の玻璃濡れにけり 宮武寒々 朱卓
春の月薄雲に入り雲を染む 柴田白葉女 花寂び 以後
春の月軒端に見えず庭に照り 阿部みどり女
春の月返すに早き波もなし 井月の句集 井上井月、下鳥勲編
春の月酒の泉にうかびけり 尾崎紅葉
春の月階段に掛けあるは鞍 中田剛 珠樹以後
春の月隠れてをりし摩天楼 嶋田言一
春の月雁々松のみゆるかな 久保田万太郎 草の丈
春の月風船ながくただよへる 中田剛 珠樹以後
春の月騒人楼に上りけり 乙字俳句集 大須賀乙字
春の月鶏さけば曇りけり 素郷
春の月鶏裂けば曇けり 南部 素郷 五車反古
晴天に暮て間もなし春の月 成文
暮れて越す草山一つ春の月 志田素琴
村芝居林の中や春の月 癖三酔句集 岡本癖三酔
東山近く宿とり春の月 衛藤 きく女
松ふぐり見えてかゝりぬ春の月 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
松原や夕ベの過ぎて春の月 尾崎迷堂 孤輪
枯れさやぐ芒の茎に春の月 角川春樹 夢殿
森の中に川の瀬見ゆる春の月 大須賀乙字
森を出て妙にも白し春の月 原石鼎
椎の木の中金塊の春の月 上野泰 春潮
欄干を越えてきさうな春の月 寿 芳江
殉教の丘また丘や春の月 森田峠 避暑散歩
毛物らの頭はかたし春の月 桑原三郎 春亂
水の地球すこし離れて春の月 正木ゆう子
沖までの途中に春の月懸る 山口誓子(1901-94)
波音を離れて春の月となる 星野椿
洗ひをる雨手に受けし春の月 林さわ子
流木に宿りし貝や春の月 森本節子
浅川の末ありやなし春の月 松岡青蘿
浜の子の凧あげしあと春の月 大串章 百鳥
清水の上から出たり春の月 許六
湯浴み後の眼鏡をかけず春の月 池田秀水
濃くうすく櫂を持ちたる春の月 栗林千津
灯のともるやうに出るなり春の月 古白遺稿 藤野古白
灯を消して待つ自動車や春の月 楠目橙黄子 橙圃
点滴は命のしづく春の月 藤巻昭二
燈濃き玻璃多き長屋ぞ春の月 香西照雄 対話
片側は雪積む屋根や春の月 鳴雪句集 内藤鳴雪
田のくまにうすらひ光る春の月 金尾梅の門 古志の歌
田の上に春の月ある御社 高野素十
百年は生きよみどりご春の月 仙田洋子 雲は王冠以後
目と鼻の先の駅より春の月 永末恵子 留守
眠る子に王様の世の春の月 遠藤梧逸
砂の上に波ひろがりぬ春の月 橋本鶏二
移住地へ著きしその夜の春の月 相場しげを
稚子ふたり寺にかへるや春の月 四明句集 中川四明
笛吹いて古ェめかせ春の月 尾崎迷堂 孤輪
紅紐の絵馬うちならぶ春の月 津森延世
聖母子のうつむきかげん春の月 仙田洋子 雲は王冠
聟がねに誰がなるらん春の月 正岡子規
膵病めば梔子色に春の月 土岐錬太郎
良性の雲のはらわた春の月 高澤良一 ぱらりとせ
芝居出て舞台に似たり春の月 松根東洋城
草の戸に我八十の春の月 遠藤梧逸
草入れて馬の顔撫づ春の月 名和三幹竹
菜畑の風にうるめり春の月 上村占魚 鮎
落柿舎の藪はかたむく春の月 米沢吾亦紅 童顔
藪を出るかごめかごめの春の月 原田喬
蘭一花買ひ初七日の春の月 和田耕三郎
蛤を買うて重たや春の月 松本たかし
蟻出でて葉をふみあるく春の月 宇佐美魚目 秋収冬蔵
街道に家なし松に春の月 福田蓼汀 山火
裏山に金粉散らし春の月 原和子
裏川の主なし船や春の月 蘇山人俳句集 羅蘇山人
裏川の水鳴り止まず春の月 内田百間
西行の嘆きに満つる春の月 原裕 出雲
講はての也阿弥左阿弥や春の月 四明句集 中川四明
貴船路や出てゐるらしき春の月 松尾いはほ
赤ん坊が泣き竹藪に春の月 細川加賀 生身魂
起居なれし疎開夫人に春の月 飯田蛇笏 春蘭
蹴あげたる鞠のごとくに春の月 富安風生(1885-1979)
身より出づ春の月こそ抱えなば 各務麗至
身一ッは浪も寐よげに春の月 松岡青蘿
農の出の二人土湯に春の月 原裕 青垣
近き星を明るう照らし春の月 原石鼎
連立ちてつく~一人春の月 今井千鶴子
配所には干網多し春の月 夏目漱石 明治二十九年
野生馬を見ての泊りの春の月 小坂蛍泉
金剛を出れば四条や春の月 四明句集 中川四明
鉾杉にかかれば古鏡春の月 小原菁々子
鎌倉に産屋囲へる春の月 清水基吉 寒蕭々
門内にかゝる小橋や春の月 金尾梅の門 古志の歌
門限にいまだ間のあり春の月 吉田ひで女
陸橋を渡るひとりに春の月 村田 脩
階段の下に声かけ春の月 長谷川かな女
障子外に田水の音や春の月 冬葉第一句集 吉田冬葉
隣村までの用足し春の月 小林景峰
離れ家に落合ふ客や春の月 井月の句集 井上井月
面作る翁に春の月ありや 田村了咲
高楼に鼓打つなり春の月 寺田寅彦
鰈の目とれさうにあり春の月 大石雄鬼
鰯煮く煙りならびぬ春の月 金尾梅の門 古志の歌
鶯のねぐら探さん春の月 古白遺稿 藤野古白
いまいでし春月に沿ひ浜の子等 永田耕一郎 海絣
おもひきや春月のぼる藪のひま 水原秋櫻子
のみ干す酒いま春月は一円燈 桂信子 黄 瀬
ひえびえと春月のある行手かな 岸本尚毅 舜
ひと睡りして春月の出が沖に 猪俣千代子 堆 朱
まつさらの闇春月の上りしな 齋藤愼爾
まどかなる春月をしも母は背に 石川桂郎 含羞
オートバイ内股で締め春満月 正木ゆう子
ミサのコーラス春月は星連れて 庄中健吉
上陸の春月大いなるを見き 稲垣きくの 黄 瀬
世を離れをれば春月大いなる 手塚美佐 昔の香
二月堂出で春月に影もらふ 吉原文音
初恋のあとの永生き春満月 池田澄子
吹き晴れて春月探しあてにけり 高木晴子 花 季
吾子の窓灯る春月と同じ色に 茂里正治
囁津幸彦春月の番してをらむ 大木あまり 火球
大いなる春月母子寄る方に 高澤良一 ねずみのこまくら
大和葺春月雲の隙間ぬふ 西村公鳳
天平の春月出づる二月堂 佐藤浩子
奇跡乞ふ春月次第にかすみゆく 阿部みどり女
子をとろに春月弾み出でにけり 中島月笠
学帽はかぶらず出でて春月に 波多野爽波 鋪道の花
宿直して迎へはべりぬ君が春 月居
山の端に春月ひらく車井戸 柴田白葉女 花寂び 以後
山の端の逃げて春月ただよへる 川崎展宏
幹照らす春月チャンチンモドキの木 高澤良一 ぱらりとせ
弾き疲れの子と春月と何ささやく 林翔 和紙
揺れあがりすわる春月松の上 大橋櫻坡子 雨月
新宿や春月嘘つぽくありて 山元文弥
春月があふれて昇る枝若し 林翔 和紙
春月といふまどかなるものを見し 東洋城千句
春月としみじみ刺して骨となる 攝津幸彦
春月となるべく榛の木にかゝり 岸風三楼 往来
春月にかの山頂の荒御魂 大峯あきら 鳥道
春月にふところひろき名所山 飯田蛇笏 雪峡
春月にみどり児丸き手を開く 林薫子
春月に原爆欠除部分透く 原裕 葦牙
春月に地壇の宴を惜しみけり 荒井正隆
春月に妻一生の盥置く 平畑静塔
春月に手を照らされて逢ひにけり 榎本冬一郎 眼光
春月に放射状なす都市計画 波多野爽波 鋪道の花
春月に瑪瑙色あり大伽藍 森澄雄
春月に田ごとの水輪小歇みなし 木津柳芽 白鷺抄
春月に鍋宥めつつ豆を煮る 橋本と志
春月のいきなり欅がかりかな 斉藤夏風
春月のいつかルオーの聖女かな 平井照敏 天上大風
春月のごと来世はみずみずし 篠塚佐郷
春月のさす古本を漁りけり 長谷川かな女 雨 月
春月のしたにて村の火事やみし 百合山羽公 故園
春月のしづくしてゐる雪の国 永田耕一郎 海絣
春月のひと夜の白さ干鰈 文挾夫佐恵
春月のぽん太落籍(ひ)かるる別れかな 筑紫磐井 婆伽梵
春月のまだ色なしや潦 楠目橙黄子 橙圃
春月のまろきを寒み箒置く 金尾梅の門 古志の歌
春月のまろくはなくてうるみたる 上村占魚 鮎
春月の一と夜は暗き丘とのみ 中村汀女
春月の三日のひかりに医にかよふ 森川暁水 淀
春月の下に夜桜下に町 京極杞陽 くくたち上巻
春月の丘校舎成り艦艇沈み果てぬ 藤後左右
春月の出にいとまある浜明り 上田五千石 森林
春月の出に梅神の騒ぐなる 鷹羽狩行 五行
春月の坂ゆるやかにしたがへる 中村汀女
春月の売りに出されしごとくあり 大木あまり 雲の塔
春月の大なり吾子をかざし過ぐ 永田耕一郎 氷紋
春月の彼方惑星直列す 山本歩禅
春月の暈の下なる京都かな 五十嵐播水 播水句集
春月の暈も円かに聖受胎 上田五千石 田園
春月の暗きところを海といふ 行方克巳
春月の暗き庭より匂ふもの 山口素杏
春月の望夜もかなし医にかよふ 森川暁水 淀
春月の木椅子きしますわがししむら 桂信子 黄 炎
春月の海ある方へ犬走る 山口誓子
春月の海に出てまだ海の上 倉田紘文
春月の湖の全貌となりにけり 米沢吾亦紅 童顔
春月の狸小路にまぎれゆく 角川源義 『神々の宴』
春月の病む半分を伴なふも 伊藤白潮
春月の病めるがごとく黄なるかな 松本たかし
春月の秋月と澄み北の果 福田蓼汀 山火
春月の翳にゆらるゝおもひにて 加藤信女
春月の自刃の廣場濤を聴く 古舘曹人 砂の音
春月の蝕極まりて星満てり 下村梅子
春月の貨車にゆつくり抜かれけり 田川飛旅子 花文字
春月の鏡のごとき今宵かな 河野静雲 閻魔
春月は御所かも加茂の水ながれ 渡邊水巴 富士
春月へ野獣のごときホルンかな 吉原文音
春月も貯炭の底も倦みしかな 小林康治 玄霜
春月も酔ひしいろして紅殻搗 八牧美喜子
春月やいつとき子宮借りたると 柚木紀子
春月やしづかに湖をひきはなし 下村梅子
春月やせまればくもる湯の鏡 赤松[ケイ]子
春月やものの隅まで淡き影 東洋城千句
春月やわが名きざみし鬼瓦 井上雪
春月や上加茂川の橋一つ 河東碧梧桐
春月や切ればわが家にレモンの香 中島斌雄
春月や印金堂の木間より 蕪村 春之部 ■ 几董とわきのはまにあそびし時
春月や塔下の草にありく人 東洋城千句
春月や大学の門人出で来 波多野爽波 鋪道の花
春月や天道説のすてがたき 佐藤 健
春月や子をなすたびに眉うすれ 大岳水一路
春月や室戸は沖のかぐろさよ 上村占魚 球磨
春月や室生寺の僧ふところ手 高野素十
春月や宮居の前の波がしら 吉武月二郎句集
春月や家々くらきでゆの谷 楠目橙黄子 橙圃
春月や家の中なる妻を見て 岸本尚毅 舜
春月や家へもどれば鴨の声 佐野良太 樫
春月や家鴨も寝ては白鳥めく 樋笠文
春月や宿とるまでの小買物 芝不器男(1903-30)
春月や寝鳥がたちし雑木原 水原秋櫻子
春月や川洲の砂の宵光り 内田百間
春月や幕とり残す山遊び 大須賀乙字
春月や幕取り残す山遊び 乙字俳句集 大須賀乙字
春月や招かれゆけば柩ある 岸本尚毅(1961-)
春月や摩耶山*とう利天上寺 泉鏡花
春月や木魚いさめる庵の空 河野静雲 閻魔
春月や檜山杉山隣り合ひ 藤本輝紫
春月や水に相呼ぶ渡しの灯 柑子句集 籾山柑子
春月や犬も用ある如く行く 波多野爽波 鋪道の花
春月や犬吠えめぐる藪の家 橋本鶏二 年輪
春月や生活をかけし花鋏 古賀まり子 降誕歌
春月や畑の蕪盗まれし 高野素十
春月や背に思索の水尾曳き往く 藤後左右
春月や萱負ふ馬に径ほそ~ 島村元句集
春月や行く気になりて後を追ふ 下村梅子
春月や衣桁に金を散らす帯 橋本榮治 麦生
春月や見れば虎魚と皮剥と 岸本尚毅 舜
春月や謡をうたふ僧と僧 前田普羅
春月や鞦韆に凭る宿直の師 芝不器男
春月を三日と告げたる母を愛す 金田咲子 全身 以後
春月を埋め柔かき山の雲 岡田日郎
春月を得て前こゞむ比叡かな 岸風三楼 往来
春月を得て雪嶺のやさしさよ 岸風三楼 往来
春月を浴び来し衣を衣桁かな 野村喜舟 小石川
春月を濡らす怒涛や室戸岬 松本たかし
春月下医家へかよひの杖ほそく 森川暁水 淀
春月下旅人の影われを抜く 原裕 葦牙
春月大きふるさとに母帰り給ふ 大串章
春満月うちうみに波あまりけり 松本美簾
春満月ざしきわらしも外に出でよ 菖蒲あや
春満月ぬつと土龍の鼻先へ 清水正彦
春満月もう誰からも叱られぬ 松山足羽
春満月わが死化粧は誰かせむ 鈴木栄子
春満月仲麻呂如何杜甫如何 山田みづえ
春満月映す漆を重ねけり 野中亮介
春満月森にけものの息づかひ 石田あき子
春満月水子も夢を見る頃ぞ 保坂敏子(1948-)
春満月海へ行進する鉄管 寺井谷子
春満月甘酒の酔かすかなり 石田あき子 見舞籠
春満月産湯に母を過てり 齋藤愼爾
春満月袋の中に二人いる 鳴戸奈菜
春満月道がながれてゆくやうな 雨宮きぬよ
春満月野に生れ母の骨ひろふ 早崎明
柱のみとなりたるわが家春月燃え 桜井博道 海上
母とゐる春月重し田の上に 石川桂郎 含羞
母なる伊豆春月の乳を噎ぶほど 文挟夫佐恵 黄 瀬
母の魂春満月となりぬべし 上田操
津軽じよんがら春月ずいと揺すり上ぐ 奈良文夫
浄土とは春月ほどの明るさか 井上哲王
熱田津にのぼり春月大いなり 有馬朗人
犀川に瑞の春月誕生日 西本一都 景色
猫跳んで春月のこる鬼瓦 河合凱夫 飛礫
琴を弾く春満月を二日すぎ 阿部みどり女 『雪嶺』
石蹴りに飽けば春月昇りをり 藤沢周平
童女の死春満月へ魚翔んで 栗林千津
紺絣春月重く出でしかな 飯田龍太(1920-)
繊きあり春月として育つべく 山本歩禅
羽音なき鳥春月をよぎり飛ぶ 福田蓼汀 秋風挽歌
艪すでに春満月下よく乾き 中田剛 珠樹
花鳥忌の雲に春月おちにけり 萩原麦草 麦嵐
薄雲や春月出でて白妙に 大橋櫻坡子 雨月
見上ぐれば春満月をよぎる貨車 岡田治子
覗く春月尿れば昔が顔出すよ 磯貝碧蹄館 握手
誰か手をたたく春月出てをりぬ 川崎展宏
雪吊の撓みのうへの春満月 松村武雄
靄晴るる身に春月の首飾 原裕 葦牙
魚跳ねて春月みだる李白の夜 浅野岳詩
鴉片窟春月ひくくとどまれり 飯田蛇笏 春蘭
鹿苑に春月われに水の音 下村槐太 天涯



以上
# by 575fudemakase | 2014-04-25 07:09 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

木瓜の花

木瓜の花

例句を挙げる。

うやむやのむにやむにやの枝木瓜の花 伊藤トキノ
その愚には及ぶべからず木瓜の花 夏目漱石 明治三十二年
つつくりと雉子づくなるや木瓜の花 露川 俳諧撰集「有磯海」
めくばせをして木瓜の花ひらきけり 藤岡筑邨
ロごたへすまじと思ふ木瓜の花 星野立子
口ごたへすまじと思ふ木瓜の花 星野立子
太陽にミルクをこぼす木瓜の花 杉浦はるか
家づとの和菓子重しよ木瓜の花 石川桂郎 四温
恥らひて貧にな慣れそ木瓜の花 小林康治 四季貧窮
日ごたへすまじと思ふ木瓜の花 星野立子
木瓜の花こぼれし如く低う咲く 大谷句仏
木瓜の花もってまはらぬ俳句好し 高澤良一 素抱
木瓜の花今日一日をつゝがなく 福嶋 紀蘇
木瓜の花紅し物慾断ちがたし 日野草城
木瓜の花自然治癒力を医師も俟つ 相馬遷子 山河
木瓜の花風吹くたびに山乾く 福田甲子雄
木瓜の花食卓午后になりゆく 瀧井孝作
死顔を逸れて夢なす木瓜の花 和田悟朗
海苔乾くしづかな音や木瓜の花 小原菁々子
烏には近よりがたき木瓜の花 大島邦子
紬着る人見送るや木瓜の花 許六
紬着る客に取つけ木瓜の花 許六 三 月 月別句集「韻塞」
脱ぐ仮面なし花木瓜のねむきいろ 柴田白葉女 花寂び 以後
花木瓜に刺され常なき荒ら言葉 河野南畦 湖の森
花木瓜に絹ひく雨のふれにけり 小路智壽子
花木瓜の地にこぼしてぞ琴を抱く 河野多希女 両手は湖
花木瓜の底のあら土見えにけり 芝不器男
花木瓜の根を寄せあふに筧かな 石川桂郎 四温
花木瓜や土ををろがむ仏達 長谷川かな女 雨 月
草臥れて地にとりつくや木瓜の花 残香 三 月 月別句集「韻塞」
革足袋や野はあたたかに木瓜の花 銭し 三 月 月別句集「韻塞」
飛びつ切り上等の旭が花木瓜に 高澤良一 ねずみのこまくら
魚籠浸けしあたり濁りぬ木瓜の花 中田剛 珠樹以後
てうちてうちあはゝと緋木瓜咲きにけり 高澤良一 さざなみやっこ
わが跫音聴きし母亡く木瓜咲きぬ 堀口星眠 営巣期
夫掃き給ふ庭の木瓜咲きこやりゐる 及川貞 榧の實
寒木瓜咲く窯元の裏相似たり 高澤良一 鳩信
山柴に木瓜咲く杣の厠かな 石原舟月 山鵲
帰り咲く木瓜に筵を着せにけり 墓田まさこ
平氏二十三代緋木瓜つぶらにて 鷲谷七菜子
掛鏡死して緋木瓜になりたるよ 栗林千津
更紗木瓜独壇場の入日どき 小檜山繁子
更紗木瓜解けば風あり植木市 水原秋櫻子
木瓜一輪いらだち咲けり秋の雨 佐野青陽人 天の川
木瓜咲いて天日近き山家あり 大峯あきら 鳥道
木瓜咲いて山に一つの喫茶店 村井 流水
木瓜咲いて鴉の羽根の落ちてゐる 岸本尚毅 鶏頭
木瓜咲きぬ歯と飯茶碗欠けもせで 秋元不死男
木瓜咲くや巻藁にさす雛の首 岩城のり子
木瓜咲くや日南好みて縁に縫ふ 高橋淡路女 梶の葉
木瓜咲くや木目のふかき在所仏 飴山實 辛酉小雪
木瓜咲くや漱石拙(せつ)を守るべく 夏目漱石(1867-1916)
木瓜咲けば遠嶺も春にかへりけり 石橋辰之助 山暦
母を訪ふひととき明し更紗木瓜 山田みづえ
浮雲の影あまた過ぎ木瓜ひらく 水原秋櫻子
炭竃ほとり木瓜咲き出でぬ寒日和 冬葉第一句集 吉田冬葉
犬コロのやつと腹這ふ木瓜咲いて 木歩句集 富田木歩
画に遊ぶサロンの冬を木瓜咲きぬ 渡邊水巴 富士
白木瓜の庭美しき実朝忌 小原菁々子
白木瓜や乳ふふませし日のありぬ 吉野義子
老妻のせちに水やる更紗木瓜 山口青邨
腹空けばそのことばかり更紗木瓜 八木林之助
退職勧められ来ぽつりと木瓜咲くか 羽部洞然
降りつつむ雨の明るし更紗木瓜 水原秋櫻子
雲助の裸で寝たる緋木瓜かな 泉鏡花


以上
# by 575fudemakase | 2014-04-25 07:09 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

飯蛸

飯蛸

例句を挙げる。

なにか侘びし飯蛸の飯とぼしきも 上村占魚
久闊や飯蛸の飯食みこぼす 井沢正江
夕澄みて飯蛸泳ぐ舟のうち 堀口星眠 火山灰の道
引汐や淡路をさして飯蛸が 高浜虚子
放たじとあはれ飯蛸擬餌を抱く 尾崎木星
舟べりへ逃げし飯蛸引きはがす 星野恒彦
飯蛸に一壺の酒のあれば足る 大隈 草生
飯蛸に猪口才な口ありにけり 中原道夫
飯蛸に行平さまの泪かな 龍岡晋
飯蛸に足のあるこそをかしけれ 松根東洋城
飯蛸のあはれやあれで果てるげな 来山
飯蛸のみな足あげて茹上る 井上緑水
飯蛸の一かたまりや皿の藍 夏目漱石 明治四十一年
飯蛸の墨にまみれて力なし 竹添魚林
飯蛸の干されて空を飛ぶごとし 大串章
飯蛸の糧もつつまず須磨明石 許六
飯蛸の頭つゝきつ小鍋立 泉鏡花
飯蛸の飯のゆたかに祝ぎの膳 宮下翠舟
飯蛸の飯残りけり舌の上 至青
飯蛸の飯詰まりしもの選び買ふ 赤木日出子
飯蛸や先に齢とる夫ゐて 小島千架子
飯蛸や内浦かけて歌枕 辻田克巳
飯蛸や女は好きな幕の内 中火臣
飯蛸や敦盛さまは討たれたる 龍岡晋
飯蛸や海峡の月黄なりける 谷 迪子
飯蛸や硫黄の薫る山の宿 斎藤志津子
飯蛸や膳の前なる三保の松 夏目漱石
飯蛸や飯のところを二つ切 野村喜舟 小石川
飯蛸や高砂の浦の売残り 妻木 松瀬青々
飯蛸をつかめば夢のごと逃ぐる 澤本三乗
飯蛸をめでたきものとして厨 高野素十
飯蛸を取るたいまつのゆらぎけり 中井 ユキ子
飯蛸を奴干しして島の夏 橋爪靖人
飯蛸を歯あらはにぞ召されける 清原枴童
飯蛸を灸る加減に口出せり 能村登四郎
飯蛸を秤りて墨を抜き呉れし 川崎貞香
飯蛸を膳の真中に能登泊 和田ゑい子
飯蛸を食べさせられて病みにけり 仙田洋子 橋のあなたに


以上
# by 575fudemakase | 2014-04-25 07:08 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング