夏蕨 の俳句

夏蕨

あく抜きて隣家に分ける夏蕨 松本サキ子
いしぶみは峠の名のみ夏蕨 大岳水一路
くるしくも雨こゆる野や夏わらび 白雄
せせらぎに親しみ行くや夏蕨 大沢起佐
とるほどは無くて山麓夏わらび 及川貞 夕焼
ほきと折れしまま胸中に夏蕨 石寒太 炎環
みよしのや荷ほどに採れて夏蕨 及川 貞
雨あとの眩しき日差夏蕨 茨木和生 遠つ川
遠囃子椀に沈みし夏蕨 野沢節子 鳳蝶
夏わらびここに眠りて日暮まで 田中裕明 花間一壺
夏わらび戸毎に干せる宇陀の里 つじ加代子
夏わらび手に殖やしゆく塩の道 和知喜八
夏わらび折ればはろかに父の声 澤野純子「未来図合同句集」
夏わらび尼の手籠に見えてをり 蓑口祈水
夏わらび谿に真深く雲しづむ 河野南畦
夏蕨いつぽん長けてねむい朝 小出しづ子
夏蕨おのづと山着なじみたる 佐々木とく子 『土恋』
夏蕨井に浸せしを忘れきし 鳴戸幸子
夏蕨一寸先の闇握る 田邊香代子「破綻の雲」
夏蕨遠山見ゆるころ夕餉 大野林火
夏蕨興亡のいま亡に帰し 上田五千石
夏蕨壮年の男に捲毛二三 香西照雄 素心
夏蕨摘むやをみなら手甲して 西尾秀東子
夏蕨摘む一束にならずとも 茨木和生 三輪崎
夏蕨天草島の山高し 中村汀女
夏蕨能登も奥なる坊泊り 大橋越央子
海鳴りの遠く近くに夏わらび 佐々木蓉子
灰汁抜きの灰の軽さよ夏蕨 佐藤東北夫
旧道は消ゆるほかなし夏蕨 西本一都 景色
欠け欠けて遊女の墓や夏蕨 柏 禎
戸隠の夕日に摘めり夏蕨 近藤喜代子
甲斐駒や牛の踏みゆく夏蕨 永沼弥生
高原の観光ホテル夏蕨 赤星水竹居
採るほどは無くて山麓夏わらび 及川貞
山火事のありたる地肌夏蕨 茨木和生
山住のこころ足らふや夏蕨 木村蕪城 一位
山荘にとどく大束夏わらび 米沢登秋
山荘の庭に長けけり夏蕨
首塚や人ものぼらぬ夏蕨 山店 芭蕉庵小文庫
終点のレール反り立ち夏蕨 中村すみを
焼きし野の拓かずもある夏蕨 比叡 野村泊月
上州を訪へば茶受けの夏蕨 吉居珪子
石負女の幸一握の夏蕨 西本一都 景色
川の合ふところで別れ夏蕨 中戸川朝人 尋声
痩畑の又野にかへる夏蕨 比叡 野村泊月
大皿に釘で彫りたる夏蕨 長谷川 櫂
鳥鳴いて谷静かなり夏蕨 夏蕨 正岡子規
鳥啼いて谷静なり夏蕨 正岡子規
天領のことば廃れし夏わらび 道山昭爾
踏み迷ふことも楽しや夏蕨 稲畑汀子
道のべにおきある籠に夏蕨 木村蕪城
入日の前の土の明るさ夏蕨 桂信子 黄 瀬
百人の人にもてなす夏蕨 都甲 君子
夫見ゆる距離たもち摘む夏蕨 塩野光子(麻苧)
蕗束のほか細束の夏蕨 茨木和生 丹生
碧空に消ゆる雲あり夏蕨 岡田日郎
墓の字につかふ長鋒夏わらび 宇佐美魚目
庖丁の切れ味返す夏わらび 福富みさ子
豊潤に照る日曇る日夏蕨 小林堪信
万葉の安騎野にたけし夏蕨 小竹よし生
目溢れのとびとびなれど夏わらび 大堀徳恵
落し来る筏の上の夏蕨 今村晩果
旅びとに古塔かたぶく夏わらび 稲垣きくの
旅びとに古塔かたむく夏わらび 稲垣きくの 黄 瀬
老い母よ祈り惚けし夏蕨 小檜山繁子
俎にあまりて丈の夏わらび 田村木国
甕伏せしあたりもつとも夏蕨 つじ加代子
茹でゝ喰ふ興安嶺の夏蕨 楠目橙黄子 橙圃
蹠から古道のしめり夏わらび 林和琴(草苑)


夏蕨 補遺

ありがたや山深く折りし夏蕨 山口青邨
とるほどは無くて山麓夏わらび 及川貞 夕焼
みちのくの山は深しや夏蕨 山口青邨
一籠の活けしが如く夏蕨 山口青邨
遠囃子椀に沈みし夏蕨 野澤節子 鳳蝶
仮初に摘みて摘み溜む夏蕨 右城暮石 句集外 昭和五十二年
夏わらび傷つき籠る千余人 水原秋櫻子 殉教
夏蕨雨の最中に届きけり 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
夏蕨遠山見ゆるころ夕餉 大野林火 飛花集 昭和四十五年
夏蕨奥山の爺もてきたる 山口青邨
夏蕨戒壇院が忽とあり 岡井省二 前後
夏蕨海の起伏を丘にまで 上田五千石『琥珀』補遺
夏蕨興亡のいま亡に帰し 上田五千石『琥珀』補遺
夏蕨骨の中にも折れてをり 飯島晴子
夏蕨壮年の男に捲毛二三 香西照雄 素心
夏蕨大き身振をして捨てし 右城暮石 散歩圏
夏蕨摘みゆき吾を距てたる 上田五千石『琥珀』補遺
記紀の世の吉野にたけて夏蕨 松崎鉄之介
山住のこころ足らふや夏蕨 木村蕪城 一位
尺にたらぬささやき神に夏蕨 松崎鉄之介
朝市や峠越え来し夏蕨 水原秋櫻子 緑雲
鳥鳴いて谷静かなり夏蕨 正岡子規 夏蕨
道のべにおきある籠に夏蕨 木村蕪城 一位
日輪がころころ昇り夏わらび 橋閒石 微光以後
療園の屍室別棟夏蕨 右城暮石 句集外 昭和三十六年
林帯の湖に拳振る夏蕨 角川源義

# by 575fudemakase | 2017-06-18 16:40 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

常盤木落葉 の俳句

常盤木落葉

山蛙常盤木落葉時しらず 臼田亜浪
常盤木の落葉に鳥の声凄し 常磐木落葉 正岡子規
常盤木の落葉ばかりの隈もあり 比叡 野村泊月
常盤木の落葉踏みうき別かな 高浜虚子
掃き集め常盤木落葉ばかりなる 高浜年尾
沈丁の葉も常盤木の落葉かな 野村喜舟

常盤木落葉 補遺

夜昼となく常盤木に落葉舞ひ 飯田龍太
常盤木の落葉に鳥の声凄し 正岡子規 常磐木落葉

# by 575fudemakase | 2017-06-18 16:36 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

練供養 の俳句

練供養

すぐかしぐ稚児の冠練供養 福原実砂
み仏の一歩は重し練供養 小川杜子「貴船菊」
み仏の濡れて歩みぬ練供養 松浦其国
もの言うて菩薩親しも練供養 今井妙子(雨月)
一歩出し面の重たげ練供養 小島千架子
一役のかなひし父や練供養 松岡汀月
雨雲の塔に降り来し練供養 徳岡洋子
雅楽の音木々にこだます来迎会 中橋文子
脚長き菩薩増えたる練供養 高松早基子
隈笹のくまのこぞりて練供養 木村虹雨
懸橋に団扇の波や来迎会 石原芳枝(阿吽)
肩怒る菩薩の在はす練供養 原田しずえ
現し世の風に砂とび練供養 舘野翔鶴
行列の稚児が泣き出す練供養 塩崎 緑
昨夜の雨二上山を洗ひ練供養 石垣青☆子
山椒の花や当麻の練供養 飴山實 『花浴び』以後
諸菩薩の丈に高低く練供養 秦羚羊子
杖つける菩薩もありて練供養 吉田まさふみ
浄土への橋は木の橋練供養 古杉長子
足運びもとなき菩薩練供養 今村泗水
足老いて仏よろめく練供養 井上玉枝
稚児つひに抱かれて雨の練供養 判治遼子
抽ん出て青年菩薩練供養 西野白水
二上は雨にかくれて練供養 河合佳代子
二上山へ日の傾きし来迎会 山田春生
姫餅をつまみよばれぬ練供養 早船白洗
百姓の今日は菩薩や練供養 小更汎生
付き人と道行めくや練供養 増田なづな
附き人が菩薩を煽ぐ練供養 右城暮石
菩薩みな黄金の面や練供養 荒川優子
菩薩みな頭でっかち練供養 成瀬桜桃子
菩薩みな頭でつかち練供養 成瀬桜桃子
菩薩みな付人多し練供養 香川はじめ
菩薩面こもる人息練供養 大橋敦子
菩薩面とれば老婆や来迎会 越桐三枝子
菩薩面重なつてくる練供養 茂 恵一郎
法然の誕生の寺練供養 上田土筆坊
茂りから鳥の音近し練供養 麦水
葉ばかりとなりし牡丹や練供養 森田木亭
来迎会夕日を負ひてもどりけり 久慈君子
練供養その先にある大夕焼 松本 旭
練供養とて少女行き菩薩行き 大野おさむ
練供養まこと練る僧遅れ来る 磯野充伯
練供養犬は浄土へ駆けて行く 石井ぎ一
練供養軒に泳げるくもの糸 小島火山
練供養御身丈低き一菩薩 鎌田真松
練供養今日を限りの浄土なり 浜端順子
練供養衆生の塵を浴びたまふ 山田弘子 螢川
練供養出を待つ膝に菩薩面 堤照佳
練供養進む西方夕茜 藪本文子
練供養翠微の雨のなか進む 高木石子
練供養待ちくたぶれし久米の子ら 民井とほる
練供養待つ間の老婆多弁なり 小林実美
練供養地蔵菩薩は緋の衣 延江金児
練供養稚児には長き時間かな 佐伯ツヤ子
練供養稚児の欠伸を貰ひけり 瀬野美和子 『毛馬堤』
練供養稚児も浄土へ渡りゆく 出口巡一路
練供養中将姫は駕籠に乗り 池田黙々子
練供養二つの塔を望み来し 青木月斗
練供養拝む筵を借りにけり 橋本月路
練供養菩薩が人の名で呼ばる 木村一朝
練供養菩薩足どりおぼつかなし 塩川雄三
練供養有縁の人らつどひ米て 高田明子
練供養老幼これに従へり 山崎ひさを
練供養老幼これに随へり 山崎ひさを
曼陀羅に丸餅供へ練供養 武田多津子

練供養 補遺

練供養稚児の菩薩も加はりて 右城暮石 句集外 昭和四十五年
練供養春日輪も歩をとどめ 水原秋櫻子 緑雲
母の手に稚児の手しかと練供養 右城暮石 句集外 昭和四十五年
附人に足もとまかす練供養 右城暮石 句集外 昭和四十七年
附き人も羅漢顔にて練供養 右城暮石 句集外 昭和四十五年
附き人が菩薩を煽ぐ練供養 右城暮石 虻峠
山椒の花や当麻の練供養 飴山實 句集外
飲み食ひも供養の一つ曼荼羅会 右城暮石 虻峠

# by 575fudemakase | 2017-06-18 16:27 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

黒船祭 の俳句

黒船祭

ペリー祭海碧ければ空もまた 坂本登美子(海)
花蘇鉄黒船の世は嘸やさぞ 高澤良一 随笑
海桐咲き下田黒船祭かな 山崎ひさを
金髪の女水兵ペリー祭 平田マサ子
駆逐艦沖に黒船祭来る 名高栄美子
交響楽「黒船」さくら吹雪くなり 伊達甲女
高潮に黒舟祭ユツカ咲く 石原舟月
高潮に黒船祭ユッカ咲く 石原舟月
号砲の鳴りて黒船祭来る 高橋悦男
黒舟と果てて漂ふ灯籠かな 阿波野青畝
黒船に乗りて来るかや四月馬鹿 大谷句佛 我は我
黒船に傳馬のたかる小春かな 小春 正岡子規
黒船の噂も知らず薄荷摘み 芥川龍之介
黒船の霞むと見えて失せにけり 会津八一
黒船の黒の淋しさ靴にあり 攝津幸彦
黒船の時と同じにかたつむり 大木石子
黒船の瀬戸に入りけり雲の峰 夏目漱石 明治二十九年
黒船の雪にもならで寒げなり 寒し 正岡子規
黒船を閉じこめいたる椿かな 中村 和弘
黒船祭終へたる雨の青芒 松村蒼石 春霰
春風や黒船雲をいづる見ゆ 春風 正岡子規
蛸壺の蟹が貌出す黒船祭 芦澤芦水

黒船祭 補遺

撥ね髭ひねる水兵 黒船祭 晴れ 伊丹三樹彦
春風や黒船雲をいづる見ゆ 正岡子規 春風
黒船の雪にもならで寒げなり 正岡子規 寒し
黒船に傳馬のたかる小春かな 正岡子規 小春
黒舟と化けて漂ふ灯箭かな 阿波野青畝
寒月に黒船遠きはしけ哉 内藤鳴雪


# by 575fudemakase | 2017-06-18 16:25 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

茄子植う の俳句

茄子植う

うら廣く秋の茄子も植ゑてあらん 秋茄子 正岡子規
うら廣し秋の茄子も植ゑてあらん 秋茄子 正岡子規
サンディゴに二年過ごす娘茄子植うる 菅野イチ子 『花漆』
なつかしき世に茄子の苗植えてゐる 藤田あけ烏
ひと夜さにあがりし雨や茄子植うる 上村占魚
茄子トマト植ゑて猿との智恵競べ 大原紀峰
茄子の紺転がして刃の入れどころ 植松てる
茄子を植う屋根の亜鉛の斑らな斑 島崎千秋
茄子を植ゑをり増水の鈴鹿川 藤田あけ烏
茄子植うやうらわかき日の雨合羽 石田波郷
茄子植うや大祖父よりの鍬の艶 佐藤桂水
茄子植うる手も潮さびや伊勢の国 宇佐美魚目 天地存問
茄子植うる人に尋てさがの庵 士朗「幣ふくろ」
茄子植えて新日月のまた来る 百合山羽公
茄子植ゑし今日の余白の恵み雨 萩生田四頭火
茄子植ゑし土の湿りや神父の眼 桜井博道 海上
茄子植ゑてかみなり癖のつきにけり 藤岡筑邨
茄子植ゑてしばらく雲とあそびけり 藤岡筑邨
茄子植ゑててのひらに神宿りけり 藤岡筑邨
茄子植ゑてわが晩年の始まるか 金箱戈止夫
茄子植ゑて一番花を心待ち 上田 幸子
茄子植ゑて寒暖さだめなき日かな 甲田鐘一路
茄子植ゑて還暦三日過ぎにけり 淵脇 護
茄子植ゑて歳月に枠はめにけり 藤岡筑邨
茄子植ゑて新日月のまた来る 百合山羽公
茄子植ゑて長逗留の義母帰る 中村真砂雄
茄子植ゑて電車の風をかぶりたり 太田鴻村 穂国
茄子植ゑて婦唱夫隨の一日かな 川村紫陽
茄子植ゑて仏が好きになりにけり 梅原悠紀子
茄子植ゑて夕餉遅るゝ厨ごと 永井寿子
茄子苗を植ゑてくれよと旅に出づ 細見綾子
茄子苗を植ゑて夜雨の音うれし 若杉和子
茄子苗を貰うて植ゑて妻機嫌 上村占魚 球磨
茄子苗植う穴掘りかけて逝かれけり 高澤良一 暮津
蚕のひまを植ゑに茄子苗南瓜苗 長谷川素逝 村
四五日の旅より帰り茄子植うる 大賀 賢子
植え穴へ茄子苗つぎつぎ農母子 古沢太穂 古沢太穂句集
植ゑてある茄子のそばに人の立つ 岸本尚毅 舜
植ゑられし茄子に麦の折れかかり 京極杞陽 くくたち上巻
逝きし婢の植ゑたる茄子の食べ頃に 稲畑汀子
唐茄子の苗四五植うる狭簷下 石塚友二 方寸虚実
二三本茄子植えて雲待ちをりぬ 牧石剛明
廃屋にあらず茄子苗植ゑてあり 岡田日郎
夫の植ゑし茄子の馬にて夫の来る 高橋かつえ
無愛想も似たもの夫婦茄子植うる 川村紫陽
良き父とほめられ茄子を植ゑにけり 八塚青磁
老農は茄子の心も知りて植う 高浜虚子

茄子植う 補遺

うら廣く秋の茄子も植ゑてあらん 正岡子規 秋茄子
うら廣し秋の茄子も植ゑてあらん 正岡子規 秋茄子
瓜茄子を植ゑて臨済禅寺かな 右城暮石 句集外 昭和五十五年
茄子を植うはや蕾もつたのもしや 山口青邨
茄子を植う朝靄むせぶばかりなり 山口青邨
茄子植うやうらわかき日の雨合羽 石田波郷
茄子植うるにも風除の柵を立て 清崎敏郎
茄子植ゑて新日月のまた来る 百合山羽公 寒雁
茄子植ゑて世評うかがふこともなし 山口青邨
茄子苗を植うべく深き穴掘りて 細見綾子
茄子苗を植ゑてくれよと旅に出づ 細見綾子
茄子苗を貰うて植ゑて妻機嫌 上村占魚 球磨
蚕のひまを植ゑに茄子苗南瓜苗 長谷川素逝 村
唐茄子の苗四五植うる狭簷下 石塚友二 方寸虚実

# by 575fudemakase | 2017-06-18 16:23 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング