眼白 の俳句

眼白 の俳句

眼白

例句を挙げる。


あけたてをたしかめて買ふ目白籠 正木ゆう子 静かな水
いそがしく目白花訪ひ寒櫻 八木林之介 青霞集
いちどきに目白のこゑのふえてをり 伊藤敬子
いまはただ眼白の鳴ける霧の木々 水原秋桜子
うこぎ摘む雑木林に目白ゐて 長沢ふさ
こぼれ飛ぶ目白に朝日ゆたかなり 丹羽 啓子
さざなみの色を四隣に目白鳴く 永島転石
すうと出た桜の枝に目白哉 桜 正岡子規
ひさかきの花に眼白の巣引かな 大場白水郎 散木集
へうときてへうといにたる目白哉 会津八一
バッハ聴く大人に目白の飛びこみし 宇佐美魚目 天地存問
マネキンを目白へ運び冬霞 山本鬼之助
一寸留守目白落しに行かれけん 高浜虚子
一寸留守眼白落しに行かれけん 高浜虚子
一点の黄色は目白赤椿
一羽見えてより枯枝の眼白たち 野澤節子 遠い橋
一色に目白囀る木の芽かな 浪化
一茶忌や柿より小さき目白来て 小東泰子
一通り見せ呉れ目白の軽業芸 高澤良一 素抱
三井寺の門にかけたり眼白籠 松瀬青々
二日目も戻つてをらず目白捕 茨木和生 倭
今朝も鳴きに目白が来たよ背戸の梅 寺田寅彦
佗人や眼白落しに誘はれ 尾崎迷堂 孤輪
傾けて目白の眼鏡ははの眼鏡 鳥居おさむ
凜として雲の中から目白かな 井上秋魚
凧次第にふえぬ目白台 阿部みどり女
初めての目白風より軽く来る 宗康子(対岸)
匍匐せる木を出て海へ眼白飛ぶ 茨木和生 遠つ川
南天の實をこぼしたる目白かな 南天の実 正岡子規
口笛に答へ目白の高音来る 満田玲子
呉羽山晴れて眼白の枝移り 青木和枝
団欒の灯を遠く住み目白飼う やしま季晴
固くなる目白の糞や冬近し 室生犀星 魚眠洞發句集
垣伝ふ眼白が一羽とは妙な 高澤良一 暮津
墓山に眼白啼く日を帰郷せり 宮岡 計次
夕凍みや目白のひそむ裏の畑 飴山實 辛酉小雪
大樹より囮へ目白群れこぼれ 青木路春
寒ざくら目白の群の舞ひ戻り 細川加賀 生身魂
寝食を持ち船でして目白捕 茨木和生 往馬
山の畑独りで守りて目白飼ふ 高橋利雄
山火事に追はれし目白拾ひけり 原田清正
川は名を替えて目白に別れたり 川名つぎお
巣立待つ目白餌台に今朝も来る 小寺健一
掠めゆく眼白続いてもう一羽 高澤良一 石鏡
放蕩のをんななりしが目白飼ふ 前山松花
放課後の居残りの子に目白鳴く 太田まさ子
日だまりの熟柿に来るやみな眼白 大峯あきら 宇宙塵
日向ぼこ眼白とる子を妨げそ 大橋櫻坡子 雨月
春暁の雀の中の目白かな 増田龍雨 龍雨句集
暮れ遅き空に倦みたり目白刺し 千代田葛彦 旅人木
朝の樹々眼白のこゑの降るごとし 根岸善雄
木暗がりながらたしかに眼白とぶ 鷲谷七菜子
木隱れて目白の覗く雀かな 目白 正岡子規
杉垣に眼白飼ふ家を覗きけり 寺田寅彦
来たぞ来たぞいつもの目白が蜜吸いに 高橋正子
松山に目白聴きゐる快楽かな 森田公司
枝こぼれ枝群れ移る目白かな 麓晨平
枝の目白籠の目白を見舞ひけり 巌谷小波
枝ゆらす目白が十羽猫の不思議 さかすみこ
桑の葉のよく散る日なり目白追ふ 内田わかな
梅に来て松にあふれし目白かな 木津柳芽
梅汚れ番の目白来ずなりぬ 高澤良一 宿好
梅白し目白は鳴かぬ禽ならね 林原耒井 蜩
梢より目白の囀り宇佐神社 滝沢伊代次
武蔵野の欅高枝に目白鳴く 輿石眞一
波除の内なる軒や目白籠 中山世一
深山川氷りて目白歩きをり 大峯あきら 鳥道
炭火かぎろふまひる目白の声しげき 金尾梅の門 古志の歌
目の合ふや抱卵目白目をそらす 長谷川草洲
目を止めし目白の側に目白ゐて 高澤良一 さざなみやつこ
目一杯鳴いて目白の飼はれけり 隈崎了仙
目白きき日曜の朝は床にゐむ 加藤楸郁
目白にもをされぬ鶸の羽色哉 重頼
目白の巣我一人知る他に告げず 松本たかし(1906-56)
目白の渡りきつたる橋二つ 古川塔子
目白まだ来ず水甕に水満たす 鈴木世記
目白よりさへづり品川かじりつゝ 加藤郁乎 出イクヤ記
目白らが逃げないやうに眼で応ふ 高澤良一 燕音
目白五羽捕りて杣の子餓鬼大将 三浦妃代 『花野に佇つ』
目白啼く日向に妻と坐りたり 臼田亜浪 旅人
目白折々椿の露を吸ひに来る 寺田寅彦
目白捕る黐をコッコッ叩きをり 高澤良一 さざなみやつこ
目白捕言葉も卑しからざりし 茨木和生 往馬
目白来ているしずかな鼓動たいせつに 中島伊都
目白来てゆする椿の玉雫 松本たかし
目白来て狭庭の朝のはじまりぬ 大野雑草子
目白来て鳴くや御朱印あと一寺 守わこ(童子)
目白来る夫の大声たしなめて 萩原 英子
目白来る時間紅茶を二人ぶん 長谷川晴子
目白籠吊せばしなふ冬木かな 室生犀星 魚眠洞發句集
目白籠遠汐騒に揺れやまず 大熊輝一 土の香
目白籠鳴き揺れ樹下の太極拳 奈良文夫(萬緑)
目白翔ち目にも止まらぬ一を引く 高澤良一 素抱
目白頬白赤腹小雀上野駅 攝津幸彦 未刊句集
目白飼ひ水仙つくり寺の寮 田中冬二 行人
目白飼ふ事を日課に病快く 大隈 米陽
目白鳴くあなたが遠い日曜日 隈元拓夫
目白鳴く厠つづきの家の中 飯田龍太
目白鳴く日向に妻と坐りたり 臼田亞浪 定本亜浪句集
目白鳴く磧つづきの家の中 飯田龍太
目白鳴く空ら枝に雪はあらざりき 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
目白龍吊せばしなふ冬木かな 室生犀星
目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮 照敏
眼白捕入れてしづもる雑木山 白井 爽風
眼白来て庭の春秋はじまりし 稲畑汀子
眼白来て庭の楽しさ音となる 斎藤翠
眼白籠恵那晴るゝ日は簷に吊る 水谷晴光
眼白頬白一つ籠なる冬日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
眼白鳴くと見れば垣の眼白籠 目白 正岡子規
眼白鳴く此里下りのお乳の人 目白 正岡子規
眼白鳴く磧つづきの家の中 飯田龍太
着ぶくれて目白去りたるあとに座す 大石雄鬼
睡魔来る眼白のいつも来る時間 山田弘子 螢川
竹山や目白が啼いて寒うなる 太田鴻村 穂国
笹子来と云へば目白と正さるる 高澤良一 ねずみのこまくら
籠の目白朝日散らしてゐたりけり 八木九鬼
籠目白身近な月に落ちつかぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
紅葉して目白のうたも寂びにけり 篠田悌二郎
納棺をせし祭壇に目白籠 茨木和生 倭
索道の荷のうち目白囮籠 鷹羽 狩行
綿棒の水を貰へる目白の子 原田保江(運河)
群れてゐて目白鳴くでもなき日差 中山 允晴
胃しくしく目白音立てず遊びをり 林原耒井 蜩
花に来る眼白見えつつ授業かな 木村蕪城 寒泉
花の中雀目白とこぼれ出づ 田中英子
花の山騒がしにくる目白かな 高澤良一 素抱
草むらや目白だまつて飛びうつる 目白 正岡子規
藪の中寒椿さき目白なき 田中冬二 俳句拾遺
蜜を吸ふ眼白天地を逆しまに 八島あきの
見えかくれ居て花こぼす目白かな 富安風生
見えがてに目白の籠や年の梅 依光陽子
誰やらが口まねすれば目白鳴く 目白 正岡子規
豆柿の数より眼白多きかな 木南青椒
逆しまに止まる目白を目白見て 高澤良一 さざなみやつこ
連れ立ちて去りし目白の恵方かな 永峰久比古
金銅の持仏を船に目白捕 茨木和生 往馬
鏡中の目白身を寄せ出勤せり 宮崎二健
陶工の往き来の径や眼白籠 高木良多
雨あとの紺屋と話す目白のこと 飯島晴子
雨晴れは声よく透る目白かな 米澤 徳子
雪嶺は天の奥なり目白籠 宇佐美魚目
領巾振山に目白増えたり沖つ波 斉藤夏風
風呂敷の角張るをもつ目白捕り 梶島邦子
鳥はらはらどれが目白やら頬赤やら 色鳥 正岡子規
鳥はらはらどれが頬赤やら目白やら 色鳥 正岡子規
鶯となりには見せてめ次郎かな 目白 正岡子規
鶯のうたゝ眼白の眼を妬む 鶯 正岡子規
鶯を目白を飼うて冬木宿 青木重行

眼白 補遺 

すうと出た桜の枝に目白哉 正岡子規 桜
雨あとの紺屋と話す目白のこと 飯島晴子
花に来る眼白見えつつ授業かな 木村蕪城 寒泉
花の山目白わたりて袖擦りて 岡井省二 鯛の鯛
寒木に目白寄せたり鳥供養 石塚友二 玉縄抄
眼白鳴くと見れば垣の眼白籠 正岡子規 目白
眼白鳴く此里下りのお乳の人 正岡子規目白
眼白鳴く柚子まだ固き梢のなか 飯田龍太
眼白鳴く磧つづきの家の中 飯田龍太
眼白来てひらりひらりと熟柿食ふ 右城暮石 散歩圏
眼白来て庭の春秋はじまりし 稲畑汀子
眼白落しに行く冬山の裏表 右城暮石 句集外 昭和三年
眼白籠抱いて裏山ありきけり 内藤鳴雪
岩山の北風青し目白捕り 西東三鬼
危きに遊ぶ眼白の羽づかひ 飯田龍太
見えがくれ居て花こぼす目白かな 富安風生
索道の荷のうち目白囮籠 鷹羽狩行
死の直後目白の籠を浸す河口 橋閒石
春蘭と目白群れをり弘川寺 岡井省二 猩々
草むらや目白だまつて飛びうつる 正岡子規 目白
誰やらが口まねすれば目白鳴く 正岡子規 目白
潮騒や石廊の目白高音張る 山口青邨
鳥はらはらどれが頬赤やら目白やら 正岡子規 色鳥
鳥はらはらどれが目白やら頬赤やら 正岡子規 色鳥
南天の實をこぼしたる目白かな 正岡子規 南天の実
梅もどき赤くて機嫌のよい目白頬白 種田山頭火 草木塔
梅白く遊ぶは目白鴬に非ず 山口青邨
風呂敷に目白籠提げ目白捕り 山口誓子
墓地行きて目白殺生せるに逢ふ 山口誓子
木隱れて目白の覗く雀かな 正岡子規 目白
目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮 平井照敏
目白の巣我一人知る他に告げず 松本たかし
目白死して西海の波白きのみ 永田耕衣
目白死す目白の聲に覆はれて 永田耕衣
目白追ふ鵯憎々し百干鳥 阿波野青畝
目白鳴く日向に妻と坐りたり 臼田亜郎 定本亜浪句集
目白来てゆする椿の玉雫 松本たかし
目白来よ来よと招きて椿百 阿波野青畝
目白啼く日向に妻と坐りたり 臼田亜浪 旅人 抄
目冥加や目白が梅と囁くは 石塚友二 磊[カイ]集
悶死せり籠の目白の匂はずに 永田耕衣
夕凍みや目白のひそむ裏の畑 飴山實
昃れば籠の目白のせはしなや 山田みづえ 手甲
籠目白みどり寄せあひ冬山家 中村草田男
蜻蛉の滝みちに目白合せかな 岡井省二 山色
鶯となりには見せてめ次郎かな 正岡子規 目白
鶯のうたゝ眼白の眼を妬む 正岡子規 鶯
鵯を上枝目白を下枝さくら咲く 大野林火 方円集 昭和五十一年

眼白 続補遺 

あやめふけ目白の不二の暮ぬうち 松窓乙二
一色に目白囀ル木の芽かな 浪化
押まげてじゆくしに懸る目白哉 諷竹
押合て目白のあたる火燵かな 木導
押合に目白も秋を渡りけり 三宅嘯山
鴬の一つはきるゝ目白かな 釣壺
家をあけて花は小武士の目白哉 百里
花咲て目白の旅や廿日ほど 浪化
客笑ひ目白つゝやく山家哉 尚白
草餅にわたる目白の羽の尺 野紅

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 08:14 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

梅見 の俳句

梅見 の俳句

梅見

例句を挙げる。

ことしもまた梅見て桜藤紅葉 井原西鶴
さむしろを畠に敷て梅見かな 蕪村
さらさらと衣を鳴らして梅見哉 夏目漱石 明治三十二年
はこべらに梅見の酒をこぼしたり 河合佳代子
ふところにサンドウィッチの梅見かな 野村喜舟 小石川
また今年けはしくなりぬ梅見坂 原 柯城
めッきりと園主老いたる梅見かな 久保田万太郎 流寓抄
入口があれば出口のなき梅見 岡田史乃
六阿弥陀梅見つゝ道はかどらず 佐久間龍花
出直しの死を選ぶべし梅見頃 佐藤鬼房 朝の日
厭な戦争に生きのびて来た妻とは二度の梅見 橋本夢道 無禮なる妻抄
吉野なる山ふところの梅見かな 大石悦子 群萌
境内の刈芝を踏む梅見かな 河東碧梧桐
墓参了へ梅見の酒を妻もすこし 奈良文夫
大ポット据ゑて梅見の一家族 八幡より子
寝正月さめてふと思ふ梅見月 原石鼎 花影以後
小寒き日つづき~て梅見月 原石鼎 花影以後
山城の風まだ寒き梅見かな 津田仙子
山裾に梅見て足を休めけり 雑草 長谷川零餘子
年寄のうつけ涙や梅見酒 青木重行
庭の梅よりはじまりし梅見かな 深見けん二 日月
影踏まぬ弟子ら眉濃き梅見翁 林翔
御秘蔵に墨をすらせて梅見哉 榎本其角
日の当る床几をえらび梅見茶屋 山田光子
早まりし梅見の案内悔まれて 浅井青陽子
晴れさうでまた雨こぼれ梅見橋 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
梅見つつ渓の氷に到りけり 木津柳芽 白鷺抄
梅見ての余生などとはとんでもない 高澤良一 宿好
梅見とて家を出て来しことたのし 細見綾子
梅見にゆく小トンネルの闇を抜け 津田清子 礼 拝
梅見ばや竹の細枝鶴の脛 中勘助
梅見婆はしよれる裾の派手模様 星野立子
梅見客熱海の見番うち過ぎて 高澤良一 随笑
梅見時過ぎれば過疎の宮となり 高木 織衣
梅見舟涼炉煽りて散る火かな 野村喜舟 小石川
梅見茶屋俄か仕立であることも 藤木呂九艸
梅見酒をんなも酔うてしまひけり 大石悦子 群萌
歌舞伎座の半纏を着て梅見客 前田普羅
気のはらぬ入相(いりあひ)聞きて梅見かな 斯波園女
水戸納豆よく売れてゐる梅見かな 山田案山子
涸川や渡らで遠き梅見人 雑草 長谷川零餘子
淡白や金縷梅見にゆく山住まい 森下草城子
漁村から岬へのぼる梅見かな 野村喜舟 小石川
石仏の傾き野梅見るまなざし 長谷川かな女 花 季
紅白の梅見えてくる氷かな 岸田稚魚 『雪涅槃』
結局はおもひおもひの梅見かな 近藤史子
耳遠の人と梅見の山歩き 藤田あけ烏 赤松
良く吠ゆる犬に梅見の人行来 奥田 草秋
葭小屋に声かけてゆく梅見かな 山本洋子
谿々に梅見ざるこそ恨みなれ 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
道服と吾妻コートの梅見哉 夏目漱石 明治三十二年
里芋を芋刺し梅見団子かな 矢島渚男 延年
野の人となる一本の野梅見て 手塚美佐 昔の香 以後
野梅見る谷間の石を一つづつ 関森勝夫
鉄斎の齢に及ばず 梅見の歩 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
青ぞらのいつみえそめし梅見かな 久保田万太郎 草の丈
青空のいつみえそめし梅見かな 久保田万太郎
風すこし出できぬ梅見切り上げむ 高澤良一 さざなみやっこ
飛石の高さを足して梅見客 高澤良一 素抱
髪乱す梅見の風の強かりし 町春草
鳶鳴いて鎌倉山の梅見頃 武原はん
観梅におもむく一団前を行く 高澤良一 素抱
観梅のわれのみマント翻へしゆく 岡本圭岳
観梅の常陸の雪に泊てにけり 西島麦南 人音
観梅の舟に持ち込む手炉いくつ 西山泊雲 泊雲句集
観梅は日のある内に巨福山 高澤良一 素抱
観梅や「匂い十里」の昔よし 丘本風彦
観梅やよく日の当る谷の中 渋沢渋亭
観梅や地図に名もなき川耀ふ 松本三千夫
観梅や富貴に勝る共白髪 川村紫陽
観梅や小川の涸れを見などして 藤田あけ烏 赤松
梅を見て廻る歩幅となりゐたり 高澤良一 さざなみやつこ
通りすがりの人の云へる
癌といふ爆弾抱え谷戸梅見 高澤良一 石鏡
梅を見に人出ぬうちの瑞泉寺 高澤良一 暮津

梅見 補遺 

あてのなき梅見の空の淡くして 細見綾子
いたはしや梅見て人の泣き給ふ 正岡子規 梅
お梅見の白粉厚き寒さかな 正岡子規 梅
ときに肩寄せ 小雨梅見は傘ささない 伊丹三樹彦
とりわけて女人の機嫌 梅見筵 伊丹三樹彦
よく晴れて梅見の日和とはなりぬ 細見綾子
或る日ある時梅見するとて家を出し 細見綾子
遺骨いづこ梅見るわれの骨はここに 中村草田男
一畦に梅見る人のかたまりぬ 藤田湘子
懐中に 耳鼻科診療券 梅見 伊丹三樹彦
海苔干した村を過ぎ行く梅見哉 正岡子規 梅
観梅の常陸の雪に泊てにけり 西島麦南 人音
紅白の梅見えてくる氷かな 岸田稚魚
行春の梅見といふも羽にあれば 高浜年尾
今日は梅見とて吾が身にも話しかけ 細見綾子
四隣より掘り捨つる藪や梅見えて 河東碧梧桐
拾ひもののごとき梅見の日和かな 細見綾子
出直しの死を選ぶべし梅見頃 佐藤鬼房
小寒き日つづき~て梅見月 原石鼎 花影以後
寝正月さめてふと思ふ梅見月 原石鼎 花影以後
裾吉野に梅見て冬の霞むかな 右城暮石 句集外 昭和十一年
茶屋に在る人を流し目梅見媼 星野立子
鉄斎の齢に及ばず 梅見の歩 伊丹三樹彦
島影の遠い日 近い日 梅見月 伊丹三樹彦
南無南無と機梯を昇る 梅見月 伊丹三樹彦
梅見とて家を出て来しことたのし 細見綾子
梅見には閉づ彌陀席といふ茶室 平畑静塔
梅見にゆく小トンネルの闇を抜け 津田清子 礼拝
梅見に出ても寒く一生の連にはならぬ女と 荻原井泉水
梅見よや生きむとしたる敵降る 山口誓子
梅見んと眉毛をながく母きたる 桂信子 月光抄
梅見月 身に寸鉄の紙ナイフ 伊丹三樹彦
梅見月 西尾華子の死に上手 伊丹三樹彦
梅見頃花よりもまづ坐らねば 桂信子「草影」以後
梅見事禅林入りし者は出す 平畑静塔
聞く耳をふたつ梅見へ携ふる 伊藤白潮
墓まゐりより廻りたる梅見かな 細見綾子
門閉めて園丁が飲む梅見酒 秋元不死男
両替は総統コイン 早梅見る 伊丹三樹彦

梅見 続補遺 

ことしもまた梅見て桜藤紅葉 井原西鶴
さす傘の江戸は梅見も群にける 道彦 蔦本集
はつ午や梅見ぬ年の梅を見に 加舎白雄
まづいものを喰ふ筈にして梅見かな 寥松 八朶園句纂
ゑがくともはづかしからじ梅見る図 万子
烏ぼし子によばれあるいて梅見かな 東皐
気のはらぬ入相聞て梅見かな 園女
亀戸まで鑓を持たせて梅見かな 麦畝 江都近在所名集
御秘蔵に墨をすらせて梅見哉 其角
菜もつまむ梅見てあそぶ僧ならず 支考
若武者や梅見る顔の五百年 牧童
手のわろき人よめりける梅見哉 寥松
杖すてんあとの梅見の栞にも 鈴木道彦
鷹すゑて次手ぶりする梅見哉 田川鳳朗
如月の梅見し夜より袖の月 松窓乙二
梅見たる紙衣もけふがわかれかな 杉風
梅見なり目さらしは誰が隠し妻 野坡
梅見よと月薄濁る空の味 配力
梅見るや立居大儀に老の膝 野坡
夜ざくらは梅見し比のうつりあり 曽良
野や里や梅見るまでは落つかず 小西来山
夕食の上に梅見る冬至哉 林紅
恙なや梅見ぬ里の冬の梅 田川鳳朗

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 08:10 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

獺の祭 の俳句

獺の祭 の俳句

獺の祭

例句を挙げる。


いたずらに老いてしまひし獺祭忌 富田直治
うち晴れし淋しさみずや獺祭忌 道芝 久保田万太郎
うち晴れし耕しさみずや獺祭忌 久保田万太郎
この町に興る俳諧獺祭忌 田室澄江
こほろぎの一つ音愛す獺祭忌 下村ひろし
その名のこりその名のこして獺祭忌 京極杞陽
ともし灯にしたしみそめて獺祭忌 阿波野青畝
とんと本読まぬこの頃獺祭忌 高澤良一 寒暑
まつすぐに線を引いたら獺祭忌 河瀬芳子
スリッパの廊下に溜まる獺祭忌 潮田幸司 銀化
一睡一夢首の骨鳴る獺祭忌 栗林千津
七粒の薬にたよる獺祭忌 黒田櫻の園
乾かざるままに筆巻く獺祭忌 ふけとしこ 鎌の刃
今もある須磨療養所獺祭忌 橋本蝸角
仏塔の影川原まで獺祭 松岡道代
俳諧の雑誌の数や獺祭忌 楠目橙黄子 橙圃
倍生きて凡なる吾や獺祭忌 堀口俊一
健啖の吾ならなくに獺祭忌 相生垣瓜人
先摘みをせし蕨束獺祭忌 茨木和生 丹生
其の人になりたる読後獺祭忌 三橋敏雄
写生説厳然と生き獺祭忌 大橋敦子 手 鞠
凝る露に日輪やどる獺祭忌 松本幹雄
割れ墨の束ねを買ひぬ獺祭忌 ふけとしこ 鎌の刃
南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男
厨妻なれど句が好き獺祭忌 里見芳子
古草藉けば獺の祭は過ぎけらし 石田波郷
句修行の三十路に入りぬ獺祭忌 水原秋桜子
吾に来し子の古机獺祭忌 石田あき子 見舞籠
吾れも又幾何に没頭獺祭忌 梅津素之
売果翁を途上に訪ふや獺祭忌 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
夢いくつ並べて消えて獺祭 斎藤 翠
夫唱婦随俳諧一途獺祭忌 滝川名末
夫婦して見せ合ふ句帳獺祭忌 池上不二子
妹のそののち知らず獺祭忌 行方克巳
妻もまたときに句敵獺祭忌 八木斌月
姫松にくもれる空や獺祭忌 林 徹
季語少し覚えしばかり獺祭忌 和田八重子
孫弟子と自らゆるす獺祭忌 楠目橙黄子 橙圃
寺の子の覗いてゆきし獺祭忌 小林 いまよ
川甚の青き提燈獺祭忌 田中冬二 冬霞
川石に鱗の乾ぶ獺祭 棚山波朗
掌より掌へますほの小貝獺祭忌 伊藤敬子
描くこと書くことうれし獺祭忌 大石香代子
文庫本竹の里歌獺祭忌 行方克巳
文弱を責めなむ風の獺祭忌 河野多希女 両手は湖
新聞に遅る牛乳獺祭忌 高萩篠生
晩年も書生つぽき顔獺祭忌 右城暮石 上下
書を跨ぎ跨ぎ仮住み獺祭忌 奈良文夫
月並の句をな恐れそ獺祭忌 茨木和生 往馬
枝豆がしんから青い獺祭忌 阿部みどり女 『光陰』
柿二つ一つは渋き獺祭忌 中谷孝雄
横顔の像を知るのみ獺祭忌 稲田壺青
水墨に加ふる彩や獺祭忌 岩崎照子
水底に月ある獺の祭かな 伊佐山春愁
水霜や獺祭書屋主人考 藤田あけ烏 赤松
浦々の潮のみどりや獺祭忌 大峯あきら 宇宙塵
父も又早世の人獺祭忌 稲畑廣太郎
献詠の披講こだます獺祭忌 坂泰子
獺の祭に恥ぢよ魚の店 蝶夢
獺の祭の噂絶えにけり 矢島渚男 延年
獺の祭も過ぎぬ朧月 朧月 正岡子規
獺の祭を流す大雨かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
獺の祭を画く意匠かな 獺祭魚 正岡子規
獺の祭嬰へ並べし玩具かな 浅井節子
獺の祭戀に終りがありとせば 河野多希女
獺の祭提灯が橋渡りけり 成瀬桜桃子
獺の祭提灯だけ橋渡りけり 成瀬桜桃子 風色
獺の祭見て来よ瀬田の奥 芭蕉
獺の祭鳰の浦風生臭し 永見徳代
獺祭や到来山女魚並べ焼く 鈴木節子
獺祭や枕上には常に辞書 松浦敬親
獺祭古江に馴れし家二軒 佐藤紅緑
獺祭忌わがふるさとも伊予の国 轡田幸子
獺祭忌一日長く過しけり 九鬼あきゑ
獺祭忌天気どんどん悪くなる 高澤良一 随笑
獺祭忌忘じをりたる愚かさよ 石塚友二
獺祭忌悪人虚子を敬ひて 深見けん二
獺祭忌明月さまとあはれけり 小原菁々子
獺祭忌漁火ひとつ明るくて 千田一路
獺祭忌発句にもある著作権 高澤良一 宿好
獺祭忌紙切る鋏街に買ふ 沢木欣一
獺祭忌蓋し気骨の明治人 秋山ひろ志
獺祭忌雨の田端に降り立ちぬ 小川あやめ
獺祭忌雨夜のバスにゆられけり 近藤一鴻
獺祭忌鳴雪以下も祀りけり 高浜虚子
獺祭忌鳴雪以下も祭りけり
獺祭横目に艇庫開きかな 柴崎甲武信
獺祭金の尾がしら金の川 佐藤宣子
畏友てふ言葉思ひし獺祭忌 日原傳
病虚吼奥に黙いて獺祭忌 岸風三楼 往来
病虚吼奥に黙ゐて獺祭忌 岸風三樓
病院のかへりをあそび獺祭忌 大石悦子 百花
硝子戸に露凝り居れり獺祭忌 田中冬二 行人
絶筆の気息をたどる獺祭忌 橋田憲明
老い五人に減りし句会や獺祭忌 宮武章之
老の身をはこびて楽し獺祭忌 吉田烏衣
老妻と内妻二人獺祭 水上黒介
而して淡泊平易獺祭忌 川崎展宏
肺活量十分なりし獺祭忌 橋本さち子
胸張つて我は虚子門獺祭忌 沢井山帰来
腰強きとろろの飯や獺祭忌 渡辺二三雄
茶器どもを獺の祭の並べ方 獺祭魚 正岡子規
草々の丈切りそろへ獺祭忌 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
蓼の花に雨ほろほろと獺祭忌 田中冬二 麦ほこり
虚吼の座かしこなりしが獺祭忌 岸風三楼 往来
虚子が目をむいて怒りし獺祭忌 筑紫磐井 花鳥諷詠
行平に煮えたる粥や獺祭忌 石田あき子
見たし聞きたし食うて生きたし獺祭忌 池之小町
言ひ伝へさま~なりし獺祭 高浜年尾
話し置くこと我にあり獺祭忌 深川正一郎
遅々としてわが俳諧や獺祭忌 山口誓子
野菊など折り来て挿さん獺祭忌 五十崎古郷句集
鍋物に焦げつく葱や獺祭忌 石川桂郎 四温
門葉の乱れもすこし獺祭忌 高浜虚子
食思をも掻きたつべきか獺祭忌 相生垣瓜人
鳥に告げたし父の忌は獺祭忌 櫂未知子 蒙古斑
鳳眼の子規が自画像獺祭忌 山口青邨
鶏頭に一日執着す獺祭忌 石田波郷


獺の祭 補遺 

「浪の音」といふ献酒無し獺祭 阿波野青畝
あごひげがそれ獺の祭かな 岡井省二 鯛の鯛
この坂を虚子もいそぎし獺祭忌 山口青邨
ともし火にしたしみそめて獺祭忌 阿波野青畝
ミスター"焔"といわれしも過去獺祭忌 楠本憲吉 方壺集
何もせぬホトトギス同人会長獺祭忌
我が齢傾きたれど獺祭忌 相生垣瓜人 負暄
看護婦も一作者たり獺祭忌 清崎敏郎
机辺仰臥一句を得たり獺祭忌 山口青邨
魚に里魚に時書き獺祭 阿波野青畝
供物棚板を渡して獺祭忌 右城暮石 句集外 昭和四十七年
句修業の三十路に入りぬ獺祭忌 水原秋櫻子 葛飾
句碑古りて墓も同然獺祭忌 百合山羽公 樂土
鶏頭に一日執着す獺祭忌 石田波郷
健啖の吾ならなくに獺祭忌 相生垣瓜人 明治草
見えて来て道はるかなり獺祭忌 清崎敏郎
講演にはてしらずの記獺祭忌 山口青邨
降りつづく雨に集へり獺祭忌 稲畑汀子
才槌頭いが栗あたま獺祭 岡井省二 鯨と犀
四馬路に銀漢あふぎ獺祭忌 加藤秋邨
子規も虚子もいまは遠しや獺祭忌 山口青邨
思ひだす人みな遠し獺祭忌 山口青邨
上海の夕日に対す獺祭忌 加藤秋邨
常臥しのわれも句を詠む獺祭忌 森澄雄
食思をも掻きたつべきか獺祭忌 相生垣瓜人 負暄
青栗も入れし栗の荷獺祭忌 飴山實 句集外
其人になりたる読後獺祭忌 三橋敏雄
茶器どもを獺の祭の並べ方 正岡子規 獺祭魚
鍋物に焦げつく葱や獺祭忌 石川桂郎 四温
南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男
年少の来てゐし獺の祭かな 岡井省二 鯛の鯛
晩年も書生つぽき顔獺祭忌 右城暮石 上下
鳳眼の子規が自画像獺祭忌 山口青邨
欲しい細身の洋傘と火事雲獺祭忌 楠本憲吉 孤客
蓮田も芋の畑も獺祭忌 相生垣瓜人 負暄
露草の咲く道を来ぬ獺祭忌 山口青邨
老身を省みるべし獺祭忌 相生垣瓜人 負暄
獺の祭と散らし書屋寒む 上田五千石『琥珀』補遺
獺の祭にちかし薄ごほり 尚白
獺の祭も過ぎぬ朧月 正岡子規 朧月
獺の祭ややに遅るる水だより 上田五千石『天路』補遺
獺の祭を画く意匠かな 正岡子規 獺祭魚
獺の祭過ぎたる痩の下湯川 上田五千石『琥珀』補遺
獺魚を祭るに原酒届きけり 松崎鉄之介
獺祭忌悪人虚子を敬ひて 深見けん二
獺祭忌忘じをりたる愚かさよ 石塚友二 玉縄以後
獺祭忌明日に根岸の日照雨 松崎鉄之介
獺祭魚拓陳らべる知恵も無し 阿波野青畝
獺祭眺め一とす近江富士 阿波野青畝
獺祭遊園の獺干る間なし 百合山羽公 樂土以後

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 08:07 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

水菜 の俳句

水菜 の俳句

水菜

例句を挙げる。

あをあをと壬生菜一畝白毫寺 丹野富佐子
いつの間に水菜の泥が頬つぺたに 岸本尚毅 舜
さつくりと京菜裁ちたる刄かな 坊城としあつ
なほ寒く水菜浮きをり家祇の井 宇佐美魚目 天地存問
はりはりと水菜明日へ快速球 遠藤秀子
みづうみの雪に洗ひし水菜かな 大峯あきら
スタートは水菜でありぬ女子マラソン たまきみのる
一握り塩振る水菜春の霜 小林康治
一束の水菜うつくし旅の町 鳥羽とほる
一束の水菜の紅を揃へけり すずきりつこ
三山の見えて寺領の京壬生菜 都筑智子
下京の水菜も薹の立ちにけり 清水基吉
下京や月夜月夜の水菜畑 庄司圭吾
久世水水菜の薹に春暮れぬ 喜谷六花
京ことば水菜畑にただよひし 紅家いと子
京菜あるに白魚を得たる夕餉かな 渡邊水巴 富士
京菜にふる塩黎明の雪のやうに 岡崎ゆき子
京菜撰りて主婦に戻れり調律師 村上千鶴代
京菜洗ふしなやかに水ほぐしては 成智いづみ
京菜洗ふとき生き生きと母の指 古賀まり子 緑の野以後
京菜洗ふ青き冷たさ歌うたふ 加藤知世子
京菜解けば馬追虫いでぬ雪が降る 渡邊水巴 富士
兜抜毘沙門天に水菜あげ 高澤良一 燕音
吾畑のものを摘みたる水菜かな 天野 菊枝
壬生菜採る朝の愛宕の晴れを見て 茨木和生
夕月の寒しと水菜さげてゆく 太田鴻村 穂国
夜の水菜畠の辺にて別離の辞 下村槐太 天涯
山鵯の水菜喰らへり別れ霜 角川源義
庭畑の水菜たのもし別れ霜 下村ひろし
抱へたる水菜が首につめたくて 岸本尚毅 舜
挑灯に水菜揃へる冬夜かな 許六
日暮すこし日の射す水菜畑かな 能村研三
春雨や京菜の尻の濡るるほど 夏目漱石 大正三年
春雪の忽ち溶けぬ水菜畑 鈴鹿野風呂
歯応への残る水菜の茄加減 稲畑汀子
母とほく姉なつかしき壬生菜かな 大石悦子
水のみに育つ水菜よ浄き妻よ 柴田白葉女 牡 丹
水菜さげ霧の峠のゆきだおれ 吉田さかえ
水菜とは菜つ葉のなかの哲学者 橋本鶏二
水菜のかぶの大きさをあるじも見をる 梅林句屑 喜谷六花
水菜の芯乱して雪の消えし跡 右城暮石 声と声
水菜太るや桂離宮の塀の外 村山古郷
水菜採る畦の十字に朝日満ち 飯田龍太
水菜洗ふ指輪なき指暮れ残る 谷口桂子
水菜漬うましと云えば又漬ける 中神 三川子
水菜畑伯父は岬へ鳥撃ちに 遠山郁好
水菜見るみづみづしさの画にはならず 右城暮石
洗ひたる水菜の丈を揃へ剪る 川口利夫
清明の水菜歯ごたへよかりけり 鈴木真砂女
灯明きに水菜と鰤の血を置きて 右城暮石 声と声
笹鳴や壬生菜にふりし味の素 鈴木真砂女 夕螢
腹赤(はらか)より先に九条の水菜かな 京-定之 元禄百人一句
葉を四方に京菜土より噴く形 納漠の夢
雪嶺より水来て水菜萌えたたす 伊藤霜楓
雪蹴つて水菜畑をゆく童女 飯田龍太
髪ゆふたところへ雪の水菜売 松瀬青々
鳥籠にあふるる京菜愛鳥日 河口白涯

水菜 補遺 

おもひきや瑞の水菜を刻む君 上田五千石『琥珀』補遺
ついそこに水菜引きゐる浦比叡 岡井省二 五劫集
雨上り京菜の花も呆けたり 寒食 星野麥丘人
雲に乗りたしさくさくと水菜噛み 佐藤鬼房
何水菜今の若さの小松川 琴風
逆うらみかなとも思ひ水菜食ふ 能村登四郎
休め田に水菜の畝のみずみずし 右城暮石 句集外 昭和六十年
京菜あるに白魚を得たる夕餉かな 渡邊水巴 富士
京菜解けば馬追虫いでぬ雪が降る 渡邊水巴 富士
京菜好きの男の歯音粉雪降る 古沢太穂 捲かるる鴎
交りもさらに水菜の都かな 朱拙
行灯で水菜そろゆる冬夜哉 木導
砂植の水菜も来たり初わかな 其角 五元集
砂植の水菜も来り初若菜 其角
山よりに四温の日ざし水菜あり 右城暮石 句集外 昭和十九年
山鵯の水菜喰らへり別れ霜 角川源義
初買ひの水菜もつともみづみづし 鈴木真砂女 紫木蓮
食べごろの水菜が急に笑ひ出す 佐藤鬼房
壬生菜水菜ちまちま育て御陵守る 能村登四郎
水菜の芯乱して雪の消えし跡 右城暮石 声と声
水菜見るみづみづしさの画にはならず 右城暮石 句集外 昭和十九年
水菜太るや桂離宮の塀の外 村山故郷
清明の水菜歯ごたへよかりけり 鈴木真砂女 都鳥
折節の花に成たる水菜かな 木因
雪蹴つて水菜畑をゆく童女 飯田龍太
大皿に水菜春菊色違へ 星野立子
挑燈に水菜揃へる冬夜哉 許六
朝食みし京菜を宵の随筆に 橋閒石 雪
鳥羽田には時雨ふるらし水菜船 加藤曉台
漬きごろの今年の京菜粉雪降る 古沢太穂 捲かるる鴎
灯明きに水菜と鰤の血を置きて 右城暮石 声と声
二の汁の鴨川かけて水菜哉 支考
白禍めくこの雪腐れ水菜畑 佐藤鬼房
夜の水菜畠の辺にて別離の辞 下村槐太 天涯
葉のつむじ巻きて水菜の茎立てり 右城暮石 句集外 平成四年
鶫来る日を待つごとく水菜植う 右城暮石 句集外 昭和十六年

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 08:04 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

蕗味噌 の俳句

蕗味噌 の俳句

蕗味噌

例句を挙げる。

流浪めく日々蕗味噌は母の味 町田しげき
蕗味噌といへば石塚友二かな 江口千樹
蕗味噌になじみて三日輪島箸 中西舗土
蕗味噌にまづ箸をつけ親しみぬ 勝又一透
蕗味噌に夜もざんざんと山の雨 鷲谷七菜子 花寂び
蕗味噌のにが味手窪に祝い酒 後藤光治
蕗味噌の焦げ弟の忌と思ふ 角野良生
蕗味噌の舌にのりたる快癒かな 中西舗土
蕗味噌の香りに遠き母想ふ 広津幾代
蕗味噌や先焦がしたる竹の箸 松岡一郎
蕗味噌や出は一夜の雪被り 田中裕明
蕗味噌や夫逝きてわれ死に易き 武居 愛
蕗味噌や山あり谷もあるくらし 村越化石
蕗味噌や山は一夜の雪被り 田中裕明 山信
蕗味噌や老をゆたかに遠き母 古瀬待子
蕗味噌や音なくひらく月の暈 神尾久美子
蕗味噌や音に近づく山の雨 森澄雄
蕗味噌や黒髪愛でし世ありけり 天藤青園
蕗味噌を飯に拡ぐや野の光り 須田哲雄
雑炊や箸蕗味噌に度かさね 及川貞

蕗味噌 補遺 

ある時は蕗味噌をなめ佗びしめる 山口青邨
晩酌の蕗味噌に舌よろこべよ 秋元不死男
蕗味噌に箸染めて聞く夜の雨 大野林火 月魄集 昭和五十六年
蕗味噌に夜もざんざんと山の雨 鷲谷七菜子 花寂び
蕗味噌やおちぶれ果てし記憶力 岡本眸
蕗味噌や代替りなる寺の厨 杉田久女
蕗味噌をなめて俳諧はかく寂びし 山口青邨
母が煮てくれし土筆よ蕗味噌よ 安住敦
幼子が蕗味噌の香を箸の先 飯田龍太

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 08:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング