奉灯会 の俳句

奉灯会 の俳句

奉灯会

たまゆらの一燈つきし万燈会 細見綾子 黄 炎
をちこちの鹿の夜遊び万燈会 三島富久恵
闇に浮く杉の直幹万燈会 安達波外
一山の涼を呼び寄せ万灯会 佐野すすむ
一灯にわが名があるよ万灯会 丸山いわを
外套の肩が擦れあふ万灯会 林 徹
幾度もつまづく木の根万灯会 細見綾子
継ぎし火の冴えて灯の穂や万燈会 加藤知世子 花 季
五観偈を唱ふ斎の座万灯会 高木節子
紅蜀葵宵弘法も近づきて 臼田亜浪 旅人
子の画きし一灯探す万灯会 吉田早苗
鹿のゐる闇濃かりけり万灯会 野上智恵子
生くる力もて万灯会の闇に立つ 細見綾子
生ける者さざめき通る万灯会 富田かづを
戦中は闇深かりし万灯会 鈴木けんじ
大沢へかけて露天や奉灯会 山中納士
竹林の裾に闇湧き万燈会 阪本謙二
凍て雲に笙放つなり万燈会 角川春樹 夢殿
東塔に十日の月や万燈会 上村末子
灯の海に立ちゐて涼し万灯会 工藤葉子
背の真闇前の灯の波万灯会 倉林敏子
母の手に一人は眠い子万灯会 篠田文子
万灯のゆらぐ結界宵弘法 林 香
万灯会この一燈で全て点く 秋山暮谷
万灯会闇にふるまふ酒にほふ 古川京子
万灯会何時も必ず誰かに会ふ 右城暮石 上下
万灯会果て一山の虫の闇 佐藤藍
万燈会銀河明りをゆくごとく 野澤節子
万燈会人の暗さはかたまつて 津田清子
万燈会杉が匂へりうしろより 宇野隆雄
無縁なる人と袖ふれ万燈会 細見綾子 黄 炎
旅びとに雨のはげしき万燈会 太田穂酔

奉灯会 補遺

たまゆらの一燈つきし万燈会 細見綾子
闇の中濃き闇は溝万燈会 右城暮石 虻峠
幾度もつまづく木の根万燈会 細見綾子
宮柱丹を火のいろに万燈会 大野林火 方円集 昭和五十三年
京底冷え奈良は粉雪の万燈会 細見綾子
紅蜀葵宵弘法も近づきて 臼田亜浪 旅人 抄
大榾の燃えきりて落つ万灯会 右城暮石 句集外 昭和四十五年
丹の宮をみなもとにして万燈会 大野林火 方円集 昭和五十三年
灯亦身亦身節分万灯会 岡井省二 鯛の鯛
燈の消ゆる頃にも見たし万燈会 右城暮石 虻峠
万灯会何時も必ず誰かに会ふ 右城暮石 上下
万灯会銀河明りをゆくごとく 野澤節子 存身
万燈会廻套利玄とすれちがふ 橋本多佳子
万燈会行き交うて闇かぐはしく 大野林火 方円集 昭和五十三年
無縁なる人と袖ふれ万燈会 細見綾子
話しゆく体温の息万燈会 橋本多佳子

以上

# by 575fudemakase | 2017-08-22 17:14 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

後評(2017・8)

後評(2017・8)


ねずみのこまくら句会


青鷺の黙考のふり魚捉ふ

(この一句 何処かユーモラス。そこが買いか?)


湧水に弾き出されし水馬

(例えば、柿田川のあの富士湧水などの例を見れば、湧水の弾力性は半端じゃない。正に弾き出されしなのである)


かがり火の消えていくまで盆踊

(かって秋田、西馬音内の盆踊を最後の最後まで見尽くした。踊上手は夜十一時頃から登場して雁化踊等を舞った。夜の更けるに連れ、秋田音頭も卑猥な代え唄に変じた。篝火がガクッと崩れて踊は終焉を迎える)


朝曇り鎌の切れ味悪からず

(滞り無き表現に、言うべきことは全て言ったとでも申しているような作品)


蜩やわたくし雨の過ぎし杜

(かって小生は八丈島で次句を得た。


八丈島で夕立のことを斯く言えば

明日葉を嬉しがらせる所降


小生の「所降」もこの句の「私雨」も同じ処を狙ったもの。

因みに辞書に依ると、「私雨」は局地的に降る雨のことで、箱根、比叡、丹波などのものが有名とある )


朝の試歩蝉の飛び交ふ並木道

(夏も中、後半を過ぎると蝉もバタバタと乱れ飛ぶ。そんな状況か?)


木偶となりぬ夏風邪に声盗られたる

(「木偶となりぬ」と觀念したところに、軽い納得の念を覚える)


宍道湖の締めは土用の蜆かな

(「宍道湖の締め」は「宍道湖の旅の締め」のことなのだろう。言い足らずなのか?これでオーケーなのか読者に聞いて見たいところである)


水音の途切れぬ鬼無里水芭蕉

(水芭蕉の咲くところは、雪解水なり水量が豊富なところ。「水音の途切れぬ鬼無里」とは言い得てる)


熊除け鈴響ける池の井守かな

(人気の無き山湖の静寂を想う)


白粉の花の乱るる遊女屋(のすかいや)

(正に、造った作と思うが、映画のように情念の世界が伝わって来る面も否めない)


羅や双の乳房を緊縛し

(男故女の心中は察しかねるが、字面通りに伝わって来るもの有りと判断した)


朝顔市のポスターのはや大江戸線

(「大江戸線」から江戸を引き出し朝顔市に結び付けた。ここら辺が手柄)


かの猫も消えてしまひし夏の果て

(些末なものに夏果の風情を詠みとっている)


竹の花見たさに藪に踏み入りぬ

ひつそりと咲くがよろしき竹の花

(両句 何処か無手勝流。そこに好感を持った)


青葦に涼(そよ)いでゐたる鳥の声

(漢和辞典を繰ったが、「涼」をそよぐと読ませる根拠は無いと判断するが、作者の意図を確認したいところ…)


紫陽花のてんまりてまり揺れにけり

(童謡 鞠と殿様を下敷きにした洒落た一句。リズミカルな音調を一句に取り込んだ)


風鈴の鳴る時赤子泣き止みぬ

(ひょっとした発見。たわいもないと言えばたわいもないが…)


五箇山の空うめつくす赤とんぼ

(群舞する赤蜻蛉。空埋め尽くすは常識の範疇だが、固有名詞「五箇山」でこの句は活きたのではないか?)


地獄絵に鬼灯燃ゆる珍皇寺

(目下、小生はFacebookに嵌っている。写真家の写す京都の一葉一葉に頷いている。今夏は珍皇寺も度々登場した。どの写真家も盆花のほおづきを冒頭に持って来ていた。)


山頂に己れちっぽけ星飛べり

(五七の達観したような物言いがユニーク。俳句は尋常では面白くない。尋常ならざることを申してナンボのものである…。と言ってやりすぎるとこれ亦駄目である)


大西瓜まずは佛に褒めてねと

(誰に言い聞かしているのか? 己れ自身にか? それとも孫達にか?亡き夫にか?)


田畑を守りて一人の盂蘭盆会

(一人に…の措辞に、安らぎを覚えるのか?寂寞を思うのか?それとも やれやれを思うのか?)


稲の花ぐっすり眠りし朝かな

(「稲の花」と「ぐっすり眠る」の間にはどういう関連があるのか? 「ぐっすり眠る」の古語に うまい(熟寝)がある。どうやらこの裡の一漢字「熟」にその原因があるようである)


流鏑馬道けふは涼風通ふ道

(流鏑馬から一日間を置いた叙法に、この句の安らかさの原因があろう)


大本山がらんだうなり百日紅

(大本山は本来 がらんどう。大本山は知識の宝庫。「知識の宝庫」なんてそもそもガランドウ也と禅坊主宜しく言いたい)


峯雲や父の掌の添ふ逆上がり

(きめ細かな表現に賛同した)


泥鰌鍋尻ポケットに下足札

(ザックバランな泥鰌屋の雰囲気をザックバランに詠んだ)


たよりなや甘さ控えし土用餅

(元来、土用餅は暑に打ち勝つ為に考案されたものであろう。その為には味もシッカリしていなければならない。それなのに…と言った処なのであろう)


漱石の墓所に金えのころと猫

(何故 金えのころなのか? 私は漱石全集の装丁デザインのことをちらっと想ったりした)


母許や西瓜の躍る自噴井戸

(説明の要無しであろう)


母の紅つけてうれしや祭の子

(これは人様の子を詠んだのではない。自己の懐古詠じゃあないのか? それの方が味わい深い)


雲の峰山の向かうは沸騰中

(訳は判らんが、「沸騰中」の措辞は気になる。それが読者を引っ張って離さない)


八歳の虚空八月十五日

(戦時のある時点に一気呵成に遡っていった作者に共感した)


以上


# by 575fudemakase | 2017-08-20 18:37 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

2017年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句

2017年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句



予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。

句の前の番号は、選句稿の通し番号


1鉾宿の月讀命「つきよみ」祀る低天井

3野馬追の檄阿武隈山に谺せり

8地平まで北の大地の蕎麦の花

14その中に美しきくれなゐ夏落葉

15拭き艶の箱階段や西鶴忌

16烏瓜の花背戸垣を好みけり

18羅や双の乳房を緊縛し

21黒松の篠突く雨に扇置く

22野萱草佐渡にあまたの能舞台

23宍道湖の締めは土用の蜆かな

27鮎美し古代のままや黄みを帯ぶ

29行く夏の川面に遊ぶ赤き毬

31朝の試歩蝉の飛び交ふ並木道

33水音の途切れぬ鬼無里水芭蕉

38大文字火勢余りて跳ねあがり

39塾の少女雛罌粟ほどの欠伸して

42夏雲立つ丈七丈の鰹塚

43かの猫も消えてしまひし夏の果て

46漱石の墓所に金えのころと猫

48新涼や句集の表紙決まりたる

49舟小屋へ舟曳く漁師朝曇

52秋暑し象舎にのぞく大き尻

55踊り子の紙の雪追ふ羽根扇

56十一や富士山頂より暁けぬ

57新豆腐富士の湧水無尽蔵

62墓灼けて骨の仏も暑からむ

63青鷺の黙考のふり魚捉ふ

68原爆忌採血室のひとひとひと

69八歳の虚空八月十五日

70五箇山の空うめつくす赤とんぼ

72熊除け鈴響ける池の井守かな

73明け易し漁火の陣崩れ初む

74地獄絵に鬼灯燃ゆる珍皇寺

78鉄線を供花としまみゆ師の墓前

82鰡あまた沖飛び熊野灘ひろぐ

83D51の煙朦朦大夏野

85母許や西瓜の躍る自噴井戸

89夏座敷真ん中に犬四肢伸ばし

91エアコンを持ちきし人に扇風機

93暗闇にわれを窺うごきかぶり

95山頂に己れちっぽけ星飛べり

96片蔭を欲る電柱の影さへも

97風鈴の鳴る時赤子泣き止みぬ

98木偶となりぬ夏風邪に声盗られたる

99田畑を守りて一人の盂蘭盆会

100大本山がらんだうなり百日紅

103蓮見舟たゆたふ池や生絹波

107たよりなや甘さ控えし土用餅

108瑠璃鳴くや一人っきりの山の畑

112青芝に沈む踏み石夕まぐれ

114夕河鹿湯ぼてり覚ます川原風

115朝顔市のポスターのはや大江戸線

116泥鰌鍋尻ポケットに下足札

120俎板の鰯は行儀良く並び

124白粉の花の乱るる遊女屋(のすかいや)

128朝曇り鎌の切れ味悪からず

129かがり火の消えていくまで盆踊

130峯雲や父の掌の添ふ逆上がり

131雲の峰山の向かうは沸騰中

136百鬼夜行のありしやとこの梅雨出水

144ひつそりと咲くがよろしき竹の花

147海の日のとても小さなコンサート

149背を向けて夕餉食べをり夜店番

150小躍りして寄り来る海月盥舟

152英会話のテープリピイト生身魂

157稲の花ぐっすり眠りし朝かな

158炎昼の朽ち杭現るる船溜り

159水中花まだ恋知らぬ長睫毛

160竹の花見たさに藪に踏み入りぬ

163大西瓜まずは佛に褒めてねと

168流鏑馬道けふは涼風通ふ道

169母の紅つけてうれしや祭の子

170秋刀魚焼く匂ひの届く奥座敷

174蜩やわたくし雨の過ぎし杜

175雲海を碧き小島や槍・穂高

176湧水に弾き出されし水馬

177接ぎ穂なき言の葉竹の皮散れり

180青葦に涼(そよ)いでゐたる鳥の声


以上






# by 575fudemakase | 2017-08-18 05:18 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)

蝉時雨 の俳句

蝉時雨 の俳句

蝉時雨

「実入れむ実入れむ」田を重くする蝉時雨 和湖長六
あによめの日傘を借りてせみしぐれ 筑紫磐井 婆伽梵
いちにちの省略の刻蝉時雨 三木照恵
いづかたへ父は逝きしか蝉時雨 星野昌彦
うれしさはかなしみとなり蝉時雨 阿部みどり女
オルゴールの円盤の穴蝉時雨 高澤良一 宿好
さくと縄切る全山の蝉時雨 菅原鬨也
ジーパンの張りつく腿や蝉時雨 小檜山繁子
せみしぐれ身体のなかの対の骨 大西泰世
どこまでも蝉時雨とは包まれて 稲畑汀子 汀子第二句集
トンネルを出てしろがねの蝉時雨 五島高資
みほとけのみち渾身の蝉時雨 香下寿外
もてあまし居る長電話蝉時雨 樋口明子
わがために待つこと一つ蝉時雨 龍男
阿闍梨来てしたゝりはげし蝉時雨 筑紫磐井 婆伽梵
安達太良へ赫と日の差す蝉時雨 鈴木萩月
一つ~なつかしき名や蝉時雨 碧雲居句集 大谷碧雲居
一と回り森を大きく蝉時雨 浜口秀村
一樹なき火の山樹海は蝉時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
一切の外側の蝉時雨なり 奥坂まや
隠国の長谷一山の蝉時雨 亀井新一
雨止むや欅並木に蝉時雨 羽根井芳夫
永遠のいまどの辺り蝉時雨 津沢マサ子
猿橋の墜ちんばかりや蝉時雨 肥田埜恵子
音符なく調子揃へる蝉時雨 吉留洋子
火の朱鳥石の茅舎や蝉時雨 中杉隆世
過去未来まつすぐに降る蝉時雨 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
我影のこの短かさよ蝉時雨 稲垣恵子
絵馬堂の戦国絵図や蝉時雨 今井誠人「亀山」
階より蝉時雨して光堂 市野沢弘子
笠とるや杜の下道蝉時雨 蝉 正岡子規
樫太る五十六生家の蝉時雨 関根和子
茅蜩が一つそのほかたゞ蝉時雨 北原白秋
干草を踏む蹠ざはり蝉時雨 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
換骨奪胎蝉時雨また蝉時雨 伊丹さち子
汗を吹く茶屋の松風蝉時雨 汗 正岡子規
観念の念にもあらず蝉時雨 川崎展宏
還ります人に故国の蝉時雨 阿部みどり女
岩山の岩を揺すりて蝉時雨 小林たけし
幾枚のタオルをたたむ蝉時雨 対馬康子 吾亦紅
給水船待つ全島の蝉時雨 右城暮石
倶利伽羅の深みどり照り蝉時雨 文挟夫佐恵 黄 瀬
鶏買が影忘れゆく蝉時雨 福田甲子雄
見はるかす我家すゞしや蝉時雨 佐野青陽人 天の川
現世を太く短かく蝉時雨 井上智香代
己が出し穴を満たせり蝉時雨 町垣鳴海
故郷の山深くして蝉時雨 山本仟一
荒御霊に大樹が降らす蝉時雨 林翔 和紙
行水の老骨さらす蝉時雨 米澤吾亦紅
黒衣着てどこか破調の蝉時雨 櫂未知子 貴族
左内の書勇渾淋漓蝉時雨 伊藤いと子
山は即ち水と思へば蝉時雨 高柳重信
山酔いの未通女(おとめ)を襲う蝉時雨 仁平勝 東京物語
死せば死の舌端として蝉時雨 小檜山繁子
獅子舞の道中笛に和す蝉時雨 町田しげき
樹のごとくうしろに父や蝉時雨 鈴木鷹夫 千年
象山神社絵馬るいるいと蝉時雨 片山桃弓
寝転がる我が身の弱さ蝉時雨 宇佐美次男
心頭を滅却しても蝉時雨 野中亮介
森はまだ濡れてをりけり蝉時雨 三木智子
森抜けしこと蝉時雨抜けてをり 稲畑汀子
震災忌上野の山は蝉時雨 降幡加代子
人力の森に這入るや蝉時雨 蝉時雨 正岡子規
水の景ばかりを歩き蝉時雨 水田むつみ
水中にナイフとフォーク蝉時雨 折井紀衣
瑞鳳殿感仙殿と蝉時雨 島崎五穂 『さざれ石』
世を捨てしごとき一舟蝉時雨 古賀まり子
清水の舞台ゆるがし蝉時雨 山内なつみ
生きること精一杯の蝉時雨 亀井歌子
生き急ぐとても一生蝉時雨 小野あゆみ
聖壇の光陰へだつ蝉時雨 橋本榮治
石階にましろき日射し蝉時雨 原田青児
石段に日ざし灼きつく蝉時雨 西岡正保
蝉時雨その中に森ありにけり 塙告冬
蝉時雨たましひは樹を離れゆく 河野多希女 月沙漠
蝉時雨だまらっしゃいと夕立来 高澤良一 鳩信
蝉時雨ちちはは恋し死ぬるまで 中村昭子
蝉時雨つく~法師きこえそめぬ 定本芝不器男句集
蝉時雨つくつく法師きこえそめぬ 芝不器男
蝉時雨ときにはうねることのあり 高澤良一 暮津
蝉時雨まひるの山は荒々し 阿部みどり女
蝉時雨もはや戦前かもしれぬ 摂津幸彦
蝉時雨やぼ用一つ出来にけり 高澤良一 暮津
蝉時雨より深きもの人の息 原裕
蝉時雨リフトの足を漕ぎ急ぐ 田宮真智子
蝉時雨わたし消されてなるものか 伊関葉子
蝉時雨一空間を漬すなり 折井紀衣
蝉時雨一人の常着えらび着て 北原志満子
蝉時雨影の小さき己が部屋 山本けんゐち
蝉時雨黄昏早き恵日寺 木伏芙美子
蝉時雨開腹手術待つ妻に 高橋六一
蝉時雨街幅越え来ぺんやすむ 原田種茅 径
蝉時雨角まがりても蝉しぐれ 阿波澄子
蝉時雨岩屋それぞれ仏さま 杉本寛
蝉時雨急に近づき接岸す 西村和子 夏帽子
蝉時雨供華の花束砂にさし 阿部みどり女
蝉時雨仰むく口や木の雫 蝉時雨 正岡子規
蝉時雨空の真ん中穴あいて 秋元大吉郎
蝉時雨五所塚深き翳落し 藤科美佐子
蝉時雨壕口に声あつまりぬ 玉城一香
蝉時雨子は担送車に追ひつけず 石橋秀野
蝉時雨止みて遠くの蝉時雨 山下美典
蝉時雨寺境を過ぐる余り風 大谷句佛 我は我
蝉時雨女のうしろ行くほかなし 萩原麦草 麦嵐
蝉時雨唱和してゐるひいひいふう 室石由紀子
蝉時雨少しづつ蝉死に替はり 花尻 万博
蝉時雨城山の風連れてくる 八木ケイ
蝉時雨人は勤まることをして 高澤良一 暮津
蝉時雨石鼎旧居その中に 倉田敏夫
蝉時雨蝉の鼓膜は青からむ 磯貝碧蹄館 握手
蝉時雨蝉の来ぬ樹に蝉は来ず 永井龍男
蝉時雨中に鳴きやむひとつかな 加藤楸邨
蝉時雨突然訃報の駅にいる 掛橋初子
蝉時雨日斑(まだら)あびて掃き移る 久女
蝉時雨晩年押しつけられてをり 高澤良一 暮津
蝉時雨庇の下を通ひ路に 林火
蝉時雨楓一枝もみぢして 佐野青陽人 天の川
蝉時雨風の竹にもとりついて 花蓑
蝉時雨墓の伍長は同い齢 森 季高
蝉時雨墓石も古りし田原坂 有働祐子
蝉時雨棒のごとくに人眠り 清崎敏郎
蝉時雨木の葉の雫踊らせて 伊藤恵津子
蝉時雨木々ふるはせて光堂 平畑静塔
蝉時雨流人の島にゐるごとく 丸山ゆきこ(阿蘇)
蝉時雨冷たい水の湧く程に 湖中「発句題叢」
蝉時雨倚れば眠たき大樹かな 比叡 野村泊月
戦災を知る街路樹や蝉時雨 丸山文子
栓締むるごとく止みたる蝉時雨 辰巳奈優美
全山のひとつとなりし蝉時雨 原田青児
草に座し五体満足蝉時雨 田中大夢
足は百姓顔は學生蝉時雨 津田清子
太陽系一惑星の蝉時雨 村松紅花
退屈な鉛筆削り蝉時雨 増田河郎子
大伽藍がらんどうなり蝉時雨 北見さとる
滝音の息づきのひまや蝉時雨 定本芝不器男句集
瀧音の息づきのひまや蝉時雨 芝不器男
池の上にも及び来し蝉時雨 大橋はじめ
庭にもう始まつてゐる蝉時雨 井口雪嶺
庭下駄に柾目のとほり蝉時雨 片山由美子
島へ一歩踏むくらくらと蝉時雨 鈴木鷹夫 大津絵
日の高き巌流島や蝉時雨 高萩弘道
乳呑子の泣く意志強し蝉時雨 藤松遊子
芭蕉とて異端の系譜蝉時雨 久保不律
彼の日また彼のときもまた蝉時雨 伊藤敬子
被爆せし大樹が放つ蝉時雨 朝倉和江
浮嶋やうごきながらの蝉時雨 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
柄杓ゆらと水にしづみぬ蝉時雨 金尾梅の門 古志の歌
墓石より温みつたはり蝉時雨 阿部みどり女
母の忌の母を語らず蝉時雨 小村きよし
傍若無人此の世我が世と蝉時雨 滝本魚顔女 『絵踏』
目覚めれば家すつぽりと蝉時雨 林 雪
野外劇せりふなき刻蝉時雨 伊藤彩雪
頼朝の虚子の鎌倉蝉時雨 星野高士
裏返る蝉のなきがら蝉時雨 蓬田紀枝子
老い母に道見えてゐる蝉時雨 野沢節子 八朶集
曼陀羅図干す山寺の蝉時雨 吉澤卯一
橙青き丘の別れや蝉時雨 横光利一
笊の目につきささる米蝉時雨 岡田史乃
隧道を抜けてあらたの蝉時雨 甲斐誠夫

蝉時雨 補遺

いと低き幹にも蝉や蝉時雨 富安風生
たたら遺蹟番子の音か蝉時雨 松崎鉄之介
どこまでも蝉時雨とは包まれて 稲畑汀子
或時は稽古の如き蝉時雨 後藤比奈夫
一山の僧ひれふす時や蝉時雨 山口青邨
一樹なき火の山樹海は蝉時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
隠し湯の跡池泉なす蝉時雨 松崎鉄之介
下りてきし坂がうしろに蝉時雨 清崎敏郎
海をあがりし寒さ夕づく蝉時雨 村山故郷
額は朝鮮人趙重応書蝉時雨 山口青邨
笠とるや杜の下道蝉時雨 正岡子規 蝉
汗を吹く茶屋の松風蝉時雨 正岡子規 汗
機音を聞きわける蝉時雨の中(奥多摩、青梅) 細見綾子
給水船待つ全島の蝉時雨 右城暮石 虻峠
渓流にふりかぶさり来蝉時雨 稲畑汀子
渓流を掃けばすぐ澄む蝉時雨 川端茅舎
健かさいふ蝉時雨浴びながら 大野林火 海門 昭和十年
湖に根の深き島蝉時雨 右城暮石 虻峠
荒御霊に大樹が降らす蝉時雨 林翔 和紙
細密壁画塗る 気遠さの 蝉時雨 伊丹三樹彦
将軍の位に坐して蝉時雨 山口青邨
森抜けしこと蝉時雨抜けてをり 稲畑汀子
人力の森に這入るや蝉時雨 正岡子規 蝉時雨
水自給自足の離島蝉時雨 右城暮石 句集外 昭和四十八年
政宗公馬にまたがる蝉時雨 山口青邨
聖代めく蝉時雨にぞめぐりあへる 中村草田男
石に沁む石工の汗や蝉時雨 日野草城
蝉に附く蟻を只今せみしぐれ 三橋敏雄
蝉時雨のなかや雲中供養佛 森澄雄
蝉時雨より深きもの人の息 原裕 青垣
蝉時雨わが肉に濃緑がしみる 金子兜太
蝉時雨或は篠を乱しけり 相生垣瓜人 負暄
蝉時雨河幅広く主流疾し 津田清子 礼拝
蝉時雨仰むく口や木の雫 正岡子規 蝉時雨
蝉時雨豪酒の仁の横たわる 金子兜太
蝉時雨子は担送車に追ひつけず 石橋秀野
蝉時雨森ふかく海入りこめる 大野林火 早桃 太白集
蝉時雨即身仏に藻抜けの穴 松崎鉄之介
蝉時雨日斑(まだら)あびて掃き移る 杉田久女
蝉時雨熱の掌を組む胸うすし 桂信子 月光抄
蝉時雨能登も果なる葬り処に 清崎敏郎
蝉時雨夫のしづかな眸にひたる 桂信子 月光抄
蝉時雨平家納経模写拝観 山田みづえ まるめろ
蝉時雨棒のごとくに人眠り 清崎敏郎
蝉時雨木彫仏の縦の木肌(きめ) 大野林火 雪華 昭和三十六年
蝉時雨木々ふるはせて光堂 平畑静塔
蝉時雨涼しけれども起居慵し 野見山朱鳥 曼珠沙華
塔しづく止むを待たずに蝉時雨 鷹羽狩行
八ケ嶺に夜の雲遊ぶ蝉時雨 角川源義
便りせん日々のこの蝉時雨 高野素十
木喰の里へ岨道蝉時雨 松崎鉄之介
老い母に道見えてゐる蝉時雨 野澤節子 八朶集
呟ける蝉もあるべし蝉時雨 林翔
滂沱たる蝉時雨とも聞きつべし 相生垣瓜人 負暄
萬力の起す一石蝉時雨 松本たかし
靠れ合うのは無縁仏 蝉時雨 伊丹三樹彦


# by 575fudemakase | 2017-08-17 12:39 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)

落蝉 の俳句

落蝉 の俳句

落蝉

いと白き落蝉の腹風立ちぬ 高澤良一 暮津
せんだって落蝉を無視した処 池田澄子 たましいの話
ちやぼ不思議がる落蝉の断末魔 辻田克巳
にはたづみ蝉の落ちたる光悦寺 川崎展宏
ふきもせぬ風に落ちけり蝉のから 蝉の殻 正岡子規
唖蝉と放てばちちと草に落つ 中拓夫
唖蝉の惜しとも云はず落て死す 寺田寅彦
唖蝉をつつき落して雀飛ぶ 鬼城
仰のけに落ちて鳴きけり秋の蝉 一茶
見馴れたる木から晩蝉転げ落つ 高澤良一 素抱
山の旭や蝉落ちて啼く秋海棠 中島月笠 月笠句集
死蝉をときをり落し蝉しぐれ 藤田湘子
自転車の荷台に蝉の落ちゐたり 高澤良一 暮津
秋の蝉歌い足らずに落ちにけり 越智幸子
秋風やほろりと落し蝉の殻 秋風 正岡子規
秋風を掴みて落ちし蝉ならむ 行方克己 昆虫記
秋立つやほろりと落ちし蝉の殻 正岡子規
梢よりあだに落ちけり蝉のから 芭蕉
神前の堅き大地や蝉落つる 比叡 野村泊月
青空がずり落ちて蝉転落死 高澤良一 寒暑
石原に蝉落ち居けりいまの雨 召波
蝉しぐれより蝉ひとつこぼれ落つ 内藤恵子「冬芽」
蝉鳴いて落ちて秋きぬ忘れ庵 勘助
蝉落ちてひびきわたりぬ法隆寺 原田喬
蝉落ちて遠くの蝉の鳴きにけり 今井杏太郎
蝉落ちるタイムカプセル埋設点 勝田澄子
掃かれゆく落蝉の胸厚かりき 小島淑子
早や一つ落ちゐて蝉のあっけなし 高澤良一 寒暑
地下女将軍へ一切の蝉落つる 川崎展宏
通り雨長らふ蝉に落蝉に 高澤良一 随笑
辻褄合ふ一落蝉と樹の位置と 高澤良一 暮津
冬至の日炎上つくしたれば落つ 井沢正江 晩蝉
動かざる落ち蝉拾ひ鳴かれけり 萩原正章
日暮るゝや夜蝉頻りに葉を落ち合ふ 原石鼎 花影以後
晩涼や蝉落ちまろぶ石畳 木下夕爾
扉に触れてぢぢと鳴き落つ夜の蝉 嶋田麻紀
万歳をして落つ蝉の手をそのまゝ 高澤良一 寒暑
夜の蝉美々しき声を挙げて落つ 文挟夫佐恵 雨 月
薬莢のごときものなり落蝉は 杉本雷造
夕蝉のすとんとこゑを落しけり 高澤良一 素抱
落ちてゐる蝉の骸と商店街 高澤良一 暮津
落ち蝉に歩を返す猫ありにけり 原裕
落ち蝉の覚めず落ちゐる砂の上 松瀬青々
落ち蝉の砂に羽摶つ尚暑し 河東碧梧桐
落蝉とくたびれし時間転がれり 柴田奈美
落蝉にいつもの空があり真青 高澤良一 寒暑
落蝉に火の匂ひある掌 波戸岡旭
落蝉に息吹きかけて放ちけり 青鷺
落蝉に土はいつでもやわらかい 桜木美保子
落蝉に風の囁き絶え間なし 山崎千枝子
落蝉のあっけらかんと乾きゐる 酒井裕子
落蝉のごとく仰向きぐうたら寝 高澤良一 随笑
落蝉のころりと参る姿かな 高澤良一 随笑
落蝉のたそがれの土匂ひたり 橋本和子
落蝉のほとり過ぎゆく勤め人 高澤良一 暮津
落蝉のまたここにもの思ひかな 高澤良一 素抱
落蝉のやっと静かに我もしずか 池田澄子 たましいの話
落蝉の一つは玄関灯真下 高澤良一 素抱
落蝉の一つやや這ふ兜かな 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
落蝉の蟻乗せしまま歩き出す 篠田重好
落蝉の仰向くは空深きゆゑ 宮坂 静生
落蝉の四肢まだ動く動かせよ 三輪閑蛙
落蝉の静かに草を上りけり 比叡 野村泊月
落蝉の足蹴にされて一、二転 高澤良一 素抱
落蝉の天空を風吹き抜けり 高澤良一 素抱
落蝉の落ち方むろん頭から 高澤良一 寒暑
落蝉の翅ヒクヒクとさきほどまで 高澤良一 暮津
落蝉の翅をひらけば山河透き 岸原清行
落蝉は有為の奥山けふ越えて 高澤良一 素抱
落蝉をヘッドライトのよぎり消ゆ 高澤良一 素抱
落蝉を一分隊も蒐めたる 後藤比奈夫 めんない千鳥
落蝉を起せば飛んで行きにけり 奥野桐花
落蝉を拾へばこゑをあげにけり 白井 爽風

落蝉 補遺

落蝉を一分隊も蒐めたる 後藤比奈夫
落蝉は落ち菩提子は舞ひて落つ 後藤比奈夫
落蝉の裏返りゐて声を出す 右城暮石 虻峠
落蝉の眉間や昔見しごとく 山口誓子
落蝉の頭や墨を塗られしか 山口誓子
落ち蝉の砂に羽摶つ尚暑し 河東碧梧桐
日暮るゝや夜蝉頻りに葉を落ち合ふ 原石鼎 花影以後
草を翔ち草に落ちたる秋の蝉 山口青邨
草に落ち蝉鳴きいづる雨後の月 水原秋櫻子 餘生
掃き溜めてありしみくじと落蝉と 後藤比奈夫
松蝉の地に落ち這へり松ひそか 松本たかし
秋蝉の落ちて地心へ流れけり 水原秋櫻子 餘生
秋の蝉落つ袖無を著たるかに 三橋敏雄
秋の蝉落ちたる原のひろさかな 三橋敏雄
秋の蝉本の谷間に落ちしづか 山口青邨
秋の蝉羽根を開いて落ちにけり 三橋敏雄
紙鉛筆散らかる中に蝉落ちし 細見綾子
死蝉をときをり落し蝉しぐれ 藤田湘子 神楽
死はそこにここに落蝉のみならず 林翔
唖蝉をつゝき落して雀飛ぶ 村上鬼城
おのづから倚る樹定まり蝉は落つ 山口青邨

落蝉 続補遺

葉を落て嵐や蝉のつかみ啼 早野巴人
行く秋や椴より落る蝉の殻 桃隣

# by 575fudemakase | 2017-08-17 12:37 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング