稲稔る の俳句

稲稔る の俳句

稲稔る

ジパングは黄金の国稲稔る 佐藤知敏
ひき水の野路よこぎりて稲みのる 飯田蛇笏 春蘭
ロックコンサート稲の実らぬ田の見えて 田口彌生
稲みのる暑さや膝を立てもして 大木あまり 火球
稲稔りゆくしづかさに村はあり 長谷川素逝 村
稲稔りゆつくり曇る山の国 広瀬直人
稲稔る中を各駅停車かな 西上禎子
曳き水の野路よこぎりて稲みのる 飯田蛇笏
過疎村と云はれ豊かに稲実る 小野三子
海老稲も実入り頃とや放生会 中村史邦
巨いなるうねりに入りて稲稔る 中村和弘
桑名より雲くる稲の実りけり 藤田あけ烏 赤松
犬の尾に稲が実るぞ弟よ 夏石番矢 神々のフーガ
湖北いま稲の稔りの重き刻 田川飛旅子
斎田の稔りし稲に鎌入るゝ 竹崎 紫泉
志賀の里妹子の村の稲実る 西村雅苑
寂として畔の夕かげ稲稔る 飯田蛇笏 雪峡
瀬音より離り影なき稲実る 阿部みどり女
虫のこゑじいんじいんと稲稔る 高澤良一 宿好
墓一基また一基稲稔りけり 池田秀水
稔る稲電線はいづちへゆくらん 佐野良太 樫
蜻蜒や実り伏す稲まだの稲 寺田寅彦
蝗飛んで日に~稔る晩稲かな 高浜虚子

稲稔る 補遺

稲みのり雲遠ざかる渓の音 飯田蛇笏 白嶽
稲稔りゆくしづかさに村はあり 長谷川素逝 村
稲稔りゆつくり曇る山の国 廣瀬直人
稲稔るカドミウムらしい奴も 金子兜太
稲稔る故旧いづこに求めんや 伊丹三樹彦
稲稔る西双版納(シーサンパンナ)雀見ず 松崎鉄之介
葛城の裾万頃の稔り稲 右城暮石 句集外 昭和五十二年
見の限り稲みのるさちいくさなか 伊丹三樹彦
三畝の畑稲はみのらず草は実に 山口青邨
山国やいなづまがちに稲実り 大野林火 冬青集 雨夜抄
実無稲のそゝけ白穂も刈るらむか 石塚友二 光塵
寂として畔の夕かげ稲稔る 飯田蛇笏 雪峡
豊頬欲し稲架の間ゆけば実りの香 楠本憲吉 楠本憲吉集

稲稔る 続補遺

氷りけり実のらぬ稲の臥しまゝ 高桑闌更
苅ながらはなしは稲の実入かな 杉風
海老稲も実入比とや放生会 史邦
花稲の吹かれて実のる川辺かな 未白 江左風流
花も実も晩稲に多し神の秋 去来
稲実にひろいつ沖つわすれ貝 土芳

以上

# by 575fudemakase | 2017-09-10 10:53 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

秋気 の俳句

秋気 の俳句

秋気

かづら橋渡れば秋気否冷気 橋本榮治 逆旅
ガラスまだ未生の火玉秋気澄む いのうえかつこ
一筋に木曽谷をゆく秋気かな 森田かずや
一笛に秋気澄みゆく野外能 平賀扶人
一病に快感をよぶ秋気かな 浜明史
奥入瀬の水に樹にたつ秋気かな 冬菜
奥入瀬の水に木にたつ秋気かな 吉田冬葉
屋台倉漆喰秋気帯びゐたり 高澤良一 素抱
花過ぎて秋の気もする銀屏風 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
気多若宮一人憩へば秋気充つ 高澤良一 素抱
熊笹に午後の日のある秋気かな 辻桃子
幻住庵への九十九折秋気澄む 小路智壽子
山鳥を聴きたし秋気湖へ抜け 河野南畦 湖の森
産土神を村の高みに秋気澄む 川勝 ミヨ
指圧教室畳広らに秋気充つ 高澤良一 素抱
樹木巡礼敲いて撫でて秋気澄む 香坂恵依
宗ト亭客まうけして秋気満つ 宮武寒々 朱卓
秋の気のみなぎる花を一束に 阿部みどり女
秋気澄む伊能忠敬的散歩 佐々木六戈 百韻反故 初學
秋気澄む外人墓地に汽笛かな 竹内柳影
秋気澄む若き庭師の鋏音 高坂みつ恵
秋気澄む町は昔の名を残し 川崎展宏 冬
秋気澄む露天湯五体浮きたがる 三井静女
秋気満つ金閣を出て銀閣へ 高澤良一 宿好
秋気満つ鍾乳洞の奥の声 土屋秀穂
十一面一仏ごとの秋気かな 文挾夫佐恵
松の実のから~と秋気澄みにけり 翠影
振向かれしことを秋気の背に感じぬ 中村草田男
人かならず仏竜門秋気澄む 河野南畦 湖の森
水郷に漕ぐ波に近き秋気かな 素琴
水垢離や女身を秋気つつみつつ 坂上 香菜
青鹿毛のいま走りだす秋気かな 正木ゆう子 悠
洗はれてコップに秋気響き合ふ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
地鎮祭秋気秋爽あらたまる 河野南畦 『元禄の夢』
茶を喫んでしばらく秋の気配かな 八木林之介 青霞集
釣の気も老いてすみけり秋の水 幸田露伴 江東集
冬瓜の切口にたつ秋気かな 織田烏不関
胴の葉のかさなる影も秋気かな 流蛍
乳香や聖堂秋気ドームより 大熊輝一 土の香
馬駆つて分かつ暁光秋気澄む 丹羽啓子
白滝の忽と現はる秋気かな 上田佳久子
鳩笛の古墳に吹き寄す秋気配 山下一冬
帆船のロープ百条秋気満つ 大石香代子
美容師の二丁鋏や秋気澄む 渡邊かづ子
夢殿の一角ごとの秋気かな 森口千恵子
門口に研師来てゐる秋気かな 太田 昌子
落葉松に巣箱秋気が湖からも 河野南畦 『空の貌』
淅瀝と第一火口秋気澄む 西本一都


秋気 補遺

たたら踏む秋気にまじる鉄気かな 赤尾兜子 玄玄
まつさきに秋気のすがた白樺 鷲谷七菜子 天鼓
一条の秋気と奔る甲斐信濃 林翔
炎天に秋気まざまざ都府楼趾 能村登四郎
魚おろすきつ先秋気集めけり 鈴木真砂女 紫木蓮
高秋の気質の木木を死へ歩ます 金子兜太
黒松の重なる秋の気力かな 金子兜太
秋の気のひりりと風にかよひそむ 上田五千石『風景』補遺
秋気ぎつしり羽色濃き鳶逸らしむ 野澤節子 未明音
秋気やがて妖気とならむ夜の闇 林翔
蒸しタヲル脱けられ顔に秋気しるし 篠原梵 年々去来の花 皿
世阿彌忌や秋気動きを砕きける 岡井省二 鯛の鯛
浮雲と吾とのあはひ秋気のみ 林翔
鳳凰山塊秋気が虹を放ちたる 林翔
木下かげ秋気の更に改まる 高浜年尾
問に来る秋の気色や日傭取 嵐青


# by 575fudemakase | 2017-09-08 13:14 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

紅葉づ の俳句

紅葉づ の俳句

「紅葉づる」 と言う動詞並びに作例について


辞書に依れば


もみ・づ 【紅葉づ・黄葉づ】

自動詞ダ行上二段活用

活用{ぢ/ぢ/づ/づる/づれ/ぢよ}

紅葉・黄葉する。もみじする。

出典古今集 冬

「雪降りて年の暮れぬる時にこそつひにもみぢぬ松も見えけれ」

[訳] 雪が降って年の暮れてしまった今、最後まで紅葉しない松というものがわかったことだ。◆上代は「もみつ」。


以下に作例を挙げる。


紅葉づ

いち早くもみづる瀧の撓ひ落つ 宮坂静生 春の鹿
かくまでももみづれるとは荒蝦夷 飯島晴子
ぎしぎしももみずる景の一部分 高澤良一 素抱
サワグルミ端正な葉のもみずれり 高澤良一 素抱
そこはかともみづる沼の名無し草 高澤良一 石鏡
てっきりもみづる筈の漆が小火程度 高澤良一 石鏡
とちの樹のもみづるほどにおつ実かな 飯田蛇笏 山廬集
ふるさとのもみづるものに帚草 大橋敦子
ぼけ封じ三尊に山もみづるよ 高澤良一 随笑
ポスターに紅葉づる鎌倉始発駅 高澤良一 石鏡
みづうみのいろくづ鮒ももみづりぬ 森澄雄
みづうみのいろづく鮒ももみづりぬ 森 澄雄
もみずるに一役買って山の霧 高澤良一 素抱
もみずれりオランウータンの体毛も 高澤良一 鳩信
もみづりて落つる一葉や扇塚 田口俊子 『こととひ』
もみづり遅き谿のあさがほ水色に 林原耒井 蜩
もみづるは大師のこゝろ高野いま 桑田青虎
もみづるもよの木々よりやはや漆 貞室
もみづるや高脚蜘蛛のゆく畳 古田紀一
もみづるや千島桜は炎の色に 山田千代 『淡墨』
もみづるや日暮の昏さとも違ふ 宮坂静生
もみづるを急く葉急かぬ葉すべて蔦 山内山彦
もみづる樹下大道芸の下準備 高澤良一 素抱
もみづれるカナダを机上プランかな 高澤良一 ぱらりとせ
もみづれるそこに雉子の尾が見えて 佐々木六戈
もみづれるものに地獄の釜の蓋 高澤良一 燕音
もみづれる高雄ホテルの絨緞も 高澤良一 宿好
もみづれる山の快挙と申すべき 高澤良一 寒暑
もみづれる寺に預かる幽霊図 高澤良一 宿好
もみづれる鹿煎餅は鹿のいろ 中原道夫
もみづれる楓のいろは兵火のいろ 高澤良一 宿好
もみづれる木によ苔布く寂光土 臼田亞浪 定本亜浪句集
もみづれる欅桂に兄事せる 高澤良一 燕音
やんはりともみづりて来し帚草 今井妙子
一切がもみづる中や岩湯浴ぶ 高澤良一 寒暑
宇治十帖もみづるものを恋ひ歩く 林なつを
雨の柿人間くさくもみづれり 高澤良一 宿好
雲間の日もみづる山をさだかにす 松村蒼石 雁
柿の葉鮨少しもみづる葉を以て 大橋敦子
岩抱いてもみづる楓養老谿 高澤良一 寒暑
空蝉の縋る一ト葉ももみづれり 高澤良一 暮津
空知川もみづるいろに峡を出づ 深谷雄大
隙多き暮しと思ふ紅葉づれる 牧石剛明
紅葉づるや女の裸身舟のごと 横山千夏
紅葉づれる断崖秩父古成層 高澤良一 石鏡
紅葉づれる木にターザンの忘れ綱 服部たか子
刻々にもみづる谷ぞ熟睡せり 松村蒼石 雪
今正にもみづる加仁湯の掛け湯浴ぶ 高澤良一 寒暑
沙羅双樹もみづる太宰生家かな 河野照子
山深くもみづるものの一変す 高澤良一 寒暑
自然薯の紅葉づる蔓を憶えおく 柳井梗恒子
手始めに山の頂もみずれり 高澤良一 素抱
秋分やもみづりはやき岩蓮華 那須弥生
秋楡のもみづる日比谷公会堂 高澤良一 素抱
十薬のもみづるままに武家旧居 山田弘子 こぶし坂
宿浴衣もみづる山に向ひ干す 高澤良一 寒暑
色鳥来これだけ森のもみづれば 高澤良一 随笑
人體展もみづるものに骨格筋 高澤良一 石鏡
水草のもみづる辺り堰鳴らず 南典二
西行の愛でし桜のもみづるを 稲畑汀子 春光
石鎚の北壁にして紅葉づれる 松本博之
尖塔に蔦のもみづる異人館 和田きよし
戦ひし恨みは人の子に残れもみづり果てて冬に入る山 杉浦翠子
祖谷はもう秘境といへずもみづれる 桑田青虎
総督府たりしは昔紅葉づれる 三宅芙美女
大欅もみづる「天下禅林」に 高澤良一 燕音
沢蟹も雨にもみづる凹凸竄(おうとつか) 高澤良一 宿好
虫瘤ももみづる頃となりにけり 高澤良一 宿好
潮しぶき島は紅葉づる木々を得ず 増田河郎子
釣忍紅葉ずる今日の胃の在り処 池田澄子
天下の險もみづるにせよせぬにせよ 高澤良一 石鏡
日光沢しぶける岩ももみづらん 高澤良一 寒暑
白樺をもみづる日光沢の風 高澤良一 寒暑
白根かなしもみづる草も木もなくて 上村占魚
苗桜もみづりて芒の中によ 佐野良太 樫
不細工は不細工なりにもみづれり 高澤良一 宿好
風景へ朝の裏窓紅葉づれる 杉野一博
夢殿の清閑桜もみづりぬ 臼田亞浪 定本亜浪句集
霧に影なげてもみづる桜かな 臼田亜浪
木道より木道を見てもみずる沼 高澤良一 素抱
木々おのももみづるきほひはかなしや 松村蒼石 雁
夜を籠めて湯宿の前山もみづらん 高澤良一 寒暑
野葡萄の実をいろいろにもみづりぬ 森澄雄
油瀝青(アブラチャン)紅葉づる日原街道ゆく 高澤良一 石鏡
露天湯の余り湯水草もみずりて 高澤良一 随笑
箒草ゆめみるやうにもみづれり 木附沢麦青
萍にもみづる色ののりそめし 行方克己 無言劇
藜いま杖によき丈もみづりし 児玉輝代

紅葉づ 補遺

かくまでももみづれるとは荒蝦夷 飯島晴子
ぐるりもみづり火を焚ける神咒(のう)寺 岡井省二 大日
その名をば我に秘めつつ紅葉づる木 相生垣瓜人 負暄
とちの樹のもみづるほどにおつ実かな 飯田蛇笏 山廬集
なんとまつかにもみづりて何の木 種田山頭火 草木塔
みづうみのいろくづ鮒ももみづりぬ 森澄雄
メタセコイア曙いろにもみづるも 山田みづえ 手甲
もみづりし影の帚木なりしなり 岡井省二 鯛の鯛
もみづりて草に色あり十三夜 森澄雄
もみづる藻冷えこんでをり浄瑠璃寺 阿波野青畝
もみづる葉見ゆ山葡萄避暑終る 高浜年尾
もみづれど不断桜に花芽かな 松崎鉄之介
もみづれば金色の橡世界あり 阿波野青畝
もみづれる伊吹屹つとて友詠ひし 松崎鉄之介
もみづれる桜に昼の雲たかし 大野林火 海門 昭和七年以前
もみづれる木によ苔布く寂光土 臼田亜郎 定本亜浪句集
雲間の日もみづる山をさだかにす 松村蒼石 雁
絵巻物繰りてもみづる一と条 富安風生
見給ふは学ともみづる学の樹樹 山口誓子
古代杉もみづる水郷行の汽車 山田みづえ 草譜
紅葉づれる桂林の山三百段 松崎鉄之介
刻々にもみづる谷ぞ熟睡せり 松村蒼石 雪
三世佛へ白雲木のもみづりぬ 山田みづえ 草譜
三白の白石にはや紅葉づれる 森澄雄
紙漉場荒れてもみづる帚草 松崎鉄之介
森の奥家あればもみづる木かな 種田山頭火 自画像 層雲集
草紅葉たなごといへどもみづりぬ 森澄雄
大演習葡萄もみづる丘のさき 山口誓子
湯殿山いまもみづる吾のからだかな 岡井省二 前後
白根かなしもみづる草も木もなくて 上村占魚
夢殿の清閑桜もみづりぬ 臼田亜郎 定本亜浪句集
霧に影なげてもみづる桜かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
木々おのももみづるきほひはかなしや 松村蒼石 雁
老松や蔦もみづるをさまたげず 阿波野青畝
藁敷てもみづる草の堤かな 河東碧梧桐
苺の葉もみづることも饒けき家 山口誓子

以上

# by 575fudemakase | 2017-09-06 08:03 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

紋白蝶 の俳句

紋白蝶 の俳句

紋白蝶

すね言やよしなし言や紋白蝶 梅林京子
ふるさとの紋白蝶がたりないね 吉岡美穂子
よく見ゆる山へ紋白蝶と入る 柿本多映
空分けて紋白蝶が入りゆく 加藤瑠璃子
勾引すならば日暮の紋白蝶 高野ムツオ 蟲の王
真似て言葉ふやす子紋白蝶とべり 太田土男
水際に日暮れを掬う紋白蝶 宇多喜代子
赤ん坊紋白蝶を吐きにけり 柿木 多映
宙にある紋白蝶ときりんの背 正木ゆう子 悠
笛吹川に紋白蝶のおびただし 斉藤夏風
紋黄蝶スタジアムの天ついと抜け 加藤瑠璃子
紋白蝶(もんしろ)のおじゃましている花館 高澤良一 随笑
紋白蝶お歯黒美しき祖母憶ふ 松尾次子
紋白蝶が仏舎利塔を越えんとす 高澤良一 ももすずめ
紋白蝶の紋を汚れといふなかれ 中原道夫
紋白蝶ほどの汚れの白靴に 耕二
紋白蝶もう出でたるか富士霞む 高島茂
紋白蝶海光に紋ひけらかす 上村占魚 『自門』
紋白蝶竹の琅*かんすべりけり 斎藤玄 玄
紋白蝶風と出逢ひて風に去る 川島奈穂子
裏山を紋白蝶のこぼれ来し 深見けん二 日月

紋白蝶 補遺


薔薇窓に遠く紋白蝶とべる 山口青邨
紋白蝶羽根ぼろ~に春ゆけり 細見綾子
紋白蝶は上蜆蝶は下紅粉の花 山口青邨
紋白蝶かかはりもなく菖蒲の芽 山口青邨
筆立は黄なり紋白蝶庭に 山口青邨
梅雨来る紋白蝶に導かれ 相生垣瓜人 負暄
啄木鳥だわが禿頭に紋白蝶 金子兜太
喪服の黒に白い紋の紋白蝶のおくさん 荻原井泉水
初蝶の紋白蝶にゆきあへり 山口青邨
五十の失言紋白蝶が鼻先を 三橋鷹女
牡丹と知りて紋白蝶とまる(わが家の牡丹五句) 細見綾子
一晩中紋白蝶が枕上 金子兜太
よるべなし梅雨の笹原紋白蝶 山口青邨
とぶことのうれしととべる紋白蝶 山口青邨

以上

# by 575fudemakase | 2017-09-06 07:54 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

初風(秋の) の俳句

初風(秋の) の俳句

初風(秋の)

訪はん身の夕初風をまとひ出づ 野沢節子 鳳蝶
白川や秋の初風旅の歌 秋風 正岡子規
雀どもが秋の初風の身軽哉 尾崎紅葉
掌の白き女と思ふ初風に 渡辺七三郎
初風を懐に抱きはばたける 渡辺良恵
初風や夫唱婦随に夫婦松 高橋悦男
初風や白い鶏ひかることあり 佐野良太 樫
初風や巴里の雀に煤の寄る 小池文子 巴里蕭条
初風や道の雀も群に入り 佐野良太
初風や草の中なる吾亦紅 高橋淡路女 梶の葉
初風や燭より小さき念持仏 神崎忠
初風や松も蘇鉄も秋の市 言水
初風や鶏はなつ浦の家 山本 洋子
初風や去年の目さますいねの花 上島鬼貫
初風や回り灯籠の人いそぐ 几董
初風やこむらよろこぶ道の上 岡井省二
初風やいよいよ濁る河の水 大林信爾
初風はどんぐり山に吹いてをり 大峯あきら
初風の蕭々と竹は夜へ鳴れる 臼田亜浪
初風の眉に男の決意あり 加古宗也
初風の吹きをさまりし海の色 松本由美子
初風の秋文鳥と遊びけり 横澤放川
初風に藁の匂ひのありにけり 山本洋子
初風に向いて男の素顔濃し 中川いさを
初風と波たたみ来や海の宿 星野麦丘人
初風といひて母立つ戸口かな 山本 洋子
初風す蹌踉として門辞せば 牧野寥々
秋初風粒の小芋の箸を逃ぐ 長谷川かな女 花寂び
秋初風句帖持たずば頭に記す 高澤良一 暮津
秋初風狭山の夜の藪うごく 長谷川かな女
辞書は机上に開きおくもの秋初風 高澤良一 寒暑
糸車年の初風紡ぎけり 北田祥子
師もその師も旅したまひき木曾初風 大串章
山頂の古墳初風四方より 鳥羽紀子
こんな日はひとりがよろし秋初風 高澤良一 暮津

初風(秋の)補遺

訪はん身の夕初風をまとひ出づ 野澤節子 鳳蝶
鼻すぢにつづける眉の初風ぞ 岡井省二 有時
白川や秋の初風旅の歌 正岡子規 秋風
初風や若者にして縁の使者 中村草田男
初風やこむらよろこぶ道の上 岡井省二 猩々
初風やうなづき越ゆる芋峠 森澄雄
初風の蕭々と竹は夜へ鳴れる 臼田亜郎 定本亜浪句集
初風の乳牛百余頭と別れて 金子兜太
初風の頭を過ぎ竹の穂をわたり 岡井省二 有時
初風の海や棕櫚ある泉澄む 中村草田男
初風のゆらぎたがへし池の水 岡井省二 山色
初風におどろき老と思ひゐる 能村登四郎
初風と万の毛穴が知らせけり 林翔
三笠山より初風を賜ひけり 村山故郷
雲流れ来て初風と知らせけり 林翔

初風(秋の)続補遺

初風や行脚坊主の袖の破レ 句空
初風や去年の目さますいねの花 鬼貫
初風に瓜守が菴もあれにけり 濁子
初風にせり合ふ色や萩薄 舎羅


# by 575fudemakase | 2017-09-04 13:25 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング