麦踏 の俳句

麦踏 の俳句

麦踏

例句を挙げる。

あたゝかき正月なれば麦踏まん 北里 信子
あちこちに噴く温泉煙や麦を踏む 小原菁々子
ある時はものおもふまじと麦を踏む 及川貞 榧の實
うしろ手におのれなぐさめ麦を踏む 山上樹実雄
うつむきて基地といふ地の麦踏めり 椎橋清翠
うまや路や麦の黒穂の踏まれたる 定本芝不器男句集
きさらぎの麦踏みのぼる向ひ風 中拓夫 愛鷹
しば~のなゐのあとなる麦踏めり 銀漢 吉岡禅寺洞
すべもなき心まぎらせ麦踏みに 小原菁々子
そそくさと麦踏み石を斫りにゆく 西本一都 景色
たびびとのごとく出て来て麦を踏む 行方克巳
つひの葉も吹きちる朝の麦踏める 金尾梅の門 古志の歌
ともに踏みて光る麦の芽好敵手 伊藤京子
わだかまりあるかに麦を踏む二人 片山由美子 水精
ジャズ近き麦踏いよよ独りの貌 加藤知世子 花寂び
ユダの不信吾にもありや麦を踏む 後藤一朗
三日はや麦踏む人のあるはあり 長谷川素逝 村
二あし三あし麦を踏みたる初詣 廣江八重櫻
光る山傘さして少年麦を踏む 田川飛旅子
凧を子にゆだねて麦を踏みはじむ 佐野美智
出ばやな籬の野べの麦踏に 加舎白雄
切支丹の裔なり痩せし麦踏めり 成瀬桜桃子 風色
北風に言葉うばはれ麦踏めり 楸邨
古り果てゝ夫婦ともなし麦を踏む 五十嵐播水 播水句集
向き合へば蟹の麦踏話し合ふ 樋口伊佐美
喪にこもるいとまの麦を踏みにけり 植村通草
囚人らの遠くより麦踏を見る 松村蒼石 雁
夕さむし麦踏に声かけてより 馬場移公子
夕ざれや麦踏む音の山畑 中島月笠 月笠句集
夕焼の奈落が見たし麦踏めり 中拓夫
姥捨の麦踏むうしろすがたかな 小原啄葉
子は母の影に入りては麦を踏む 馬場移公子
宅地並課税の畑に麦を踏む 瀬上 實
小さき闇ふところに父麦踏めり 大西健司
少しづつ鴉に麦を踏みちかづく 大熊輝一 土の香
岳雪のあざやかなるに麦を踏む 冬葉第一句集 吉田冬葉
島人の海に向ひて麦を踏む 合原 泉
幼な顔ときどきに上げ麦踏めり 後藤夜半(1895-1976)
後ろ手の麦踏の黙引返す 笠原古畦
御嶽の見ゆる高さの麦を踏む 服部鹿頭矢
手負鳩森につくまで麦踏まず 大熊輝一 土の香
折り返すとき背をのばし麦を踏む 上木輝子
昼月に刻をあづけて麦踏めり 宮津昭彦
来世がありて麦踏む岬の果 佐野美智
梅が香や関りもなく麦は踏み 野村喜舟 小石川
歩み来し人麦踏をはじめけり 高野素十(1893-1976)
殉教の島に老いゆく麦を踏む 酒井泡一
海荒れて麦を踏みゐる伊良湖かな 岡田耿陽
海見ては麦踏の黙まぎらはす 平野 伸子
瀬戸の島の山の背の畑麦踏める 及川貞 榧の實
灯台の日蔭の麦を踏みにけり 篠原鳳作
牟婁の児ら汽車見送りつ麦を踏む 宮武寒々 朱卓
石を切る山の光りて麦を踏む 安藤 節
神官の足袋はかぬ日は麦を踏む 後藤智子
空港になるかならぬか麦を踏む 松山足羽
老いの足小刻み麦と光踏み 西東三鬼
考へてをりしは蹠麦を踏む 後藤比奈夫 祇園守
落磐の怖れを秘めし麦を踏む 西本一都 景色
藪風を聞いてはかへし麦踏めり 銀漢 吉岡禅寺洞
蜑が妻二日の凪に麦踏めり 水原秋桜子
衰へは足より来ると麦踏みに 山本紅園
裏に清流この家の人等麦踏みへ 金子兜太
親にそむこう心麦踏みてやわらげり 大越吾亦紅
警報機のみの踏切麦の秋 長田久子
貝塚のまはりの麦を踏みてをり 飴山實 少長集
踏みし麦醜草のごと立ちなほる 加藤武城
踏む麦にこもれる滝のひびきかな 西本一都 景色
車窓に見る麦踏のうごき一足を 宮津昭彦
道問へば麦踏む二人こも~に 皆吉爽雨
鎮まりし火の山負ひて麦を踏む 白澤良子
長風呂で目眩の童児麦を踏む 猪原丸申
際立つて雪帯のかゞやけば麦を踏む 乙字俳句集 大須賀乙字
霜踏んでひびくこみちの麦の伸び 原田種茅 径
風の日の麦踏遂にをらずなりぬ 高浜虚子
麦の芽をもう踏みたくてたまらない 櫂未知子 貴族
麦ひと日踏みて遠方力満つ 長谷川双魚 風形
麦を踏むけはしき眼何を憎む 加藤楸邨
麦を踏む住宅街の残り畑 土屋孝子
麦を踏む体重は地へぬけてゆく 津田清子 礼 拝
麦を踏む友に暮光の丘があり 大井雅人 龍岡村
麦を踏む姿に母を憶ひけり 稲葉清次
麦を踏む子の悲しみを父は知らず 加藤秋邨 寒雷
麦を踏む比良八荒へ身を晒し 清水志郎
麦を踏む父子嘆(なげき)を異にせり 加藤秋邨 寒雷
麦を踏む犬の杉作したがへて 木田千女
麦を踏む脳裏に錆びた家紋と鋤 大井雅人 龍岡村
麦を踏む腿や軍袴の羅紗厚し 榎本冬一郎 眼光
麦を踏む體重は地へぬけてゆく 津田清子
麦刈や踏めば砕くる土煙 西山泊雲 泊雲句集
麦踏て三々五々の野梅かな 椎本才麿
麦踏にあらで玉葱の芽を踏める 西本一都 景色
麦踏にさつと移りし暮色かな 吉武月二郎句集
麦踏に足の湯とるや三日の月 西山泊雲 泊雲句集
麦踏のいつしかゐなくなりて月 加藤楸邨
麦踏のうしろ手凍え入日かな 中島月笠 月笠句集
麦踏のこちら向いてもただひとり 後藤夜半 翠黛
麦踏のたつた一人にみな雪嶺 加藤楸邨
麦踏のでてゐる畑の曇り来し 相馬 黄枝
麦踏のはなればなれの湖北かな 鷹羽狩行
麦踏のふと棒立ちのもの思ひ 橋詰沙尋
麦踏のゆきき野佛のふところを 田中菅子
麦踏のリズムに飽きて鴉啼く 影島智子
麦踏の一つの姿手を腰に 高濱年尾 年尾句集
麦踏の出てゐる島の畑かな 高野素十
麦踏の去りたるあとのどつと暮れ 馬場新樹路
麦踏の壮者彼や野路の景 石塚友二 方寸虚実
麦踏の夕影連れて去りゆけり 徳永山冬子
麦踏の影いつしかや廻りけり 村上鬼城
麦踏の影たゆみなく午過ぎぬ 西島麦南 人音
麦踏の影のび来ては崖に落ち 村松紅花
麦踏の忙しき影をともなへる 高橋淡路女 淡路女百句
麦踏の手をどうするか見てゐたる 茨木和生 倭
麦踏の曳く影の截り別れつつ 原田種茅 径
麦踏の最後の夕日をふみゆけり 間立素秋
麦踏の母の居そめて父も又 阿波野青畝
麦踏の海向くときは姑憎む 田川飛旅子
麦踏の男が見えて女の声 野澤節子 黄 炎
麦踏の返すそびらに神の山 荒井正隆
麦踏の遠き背後をわが通る 鈴木六林男 谷間の旗
麦踏の遠目のうちに未だあり 中村汀女
麦踏の頭巾の外の風強き 原田種茅 径
麦踏はいつも遠くの方にゐる 加倉井秋を 『胡桃』
麦踏はたゝら~と踏まざりけり 尾崎迷堂 孤輪
麦踏みしあとしめりゐる夕かな 佐野青陽人 天の川
麦踏みしばかりの乱れありにけり 目野六丘子
麦踏みて綾なす畑となりにけり 山本 孟辰
麦踏みて足裏やさしくなりにけり 沢田まさみ
麦踏みに出てゆき人ともどり来し 長谷川素逝 村
麦踏みのうしろ手解かぬ立話 荒井幸子
麦踏みのひとり手を挙ぐ詩友なり 能村登四郎
麦踏みのまたはるかなるものめざす 鷹羽狩行(1930-)
麦踏みの大足がゆき遍路みち 原裕 『出雲』
麦踏みの富士のぼりきる長さとも 大木あまり 山の夢
麦踏みの影のび来ては崖に落ち 村松紅花
麦踏みの後ろ手解けば了るなり 田川飛旅子
麦踏みの父はいちにちふりむかず 岬雪夫
麦踏みの眼のかがやくは汽車来るため 鈴木六林男
麦踏みの胸の厚さを見たりけり 柴田白葉女 花寂び 以後
麦踏みの踏みとまりたる昼の月 本田あふひ
麦踏みは夕陽の宙をゆくごとし 飯野燦雨
麦踏むと天皇制が立ち上がり 久保純夫 熊野集
麦踏むや伸び来し影の十字架負ひ 小西 藤満
麦踏むや同齢妻と歩も揃ひ 大熊輝一 土の香
麦踏むや夕星一つ見ゆるまで 阿部みどり女
麦踏むや旧正月の近き村 大谷句佛 我は我
麦踏むや母の足裏踏む如し 堤あきを
麦踏むや海は日を呑み終りたる 森田峠 避暑散歩
麦踏むや笑ふ別れに挟まれて 香西照雄 対話
麦踏も終へぬ夜明の通り雨 中拓夫 愛鷹
麦踏やひむがしにある月太く 五十崎古郷句集
麦踏やみんな独りになつてゆく 田川飛旅子
麦踏やむき振替へて向ひ風 西山泊雲 泊雲句集
麦踏や寒さに堪へて小刻みに 西山泊雲 泊雲句集
麦踏や小刻み小出しの愛に似て 香西照雄 対話
麦踏や山皺ごとに靄こめて 高田蝶衣
麦踏や角を正しく屋敷林 辻桃子
麦踏や顔傾けて風に堪ゆ 西山泊雲 泊雲句集
麦踏をして蕩々とゆきにけり 古舘曹人 樹下石上
麦踏をひとり見しのみ十円区 秋元不死男
麦踏を今朝雪嶺となり囲む 佐野美智
麦踏を噴湯のけむりへだつなり 幕内 千恵
麦踏を見つめておれりそれで足る 高澤晶子 復活
麦踏んでゐるうちに気も晴れ~す 星野立子
麦踏んで今なほ土に親しめり 高杉千代子
麦踏んで帰る焼野のかまいたち 中拓夫 愛鷹
麦踏んで麦の青さに吹かれをり 加古宗也

麦踏 補遺 

ある時はものおもふまじと麦を踏む 及川貞 夕焼
いつか失せたる麦踏のひとりかな 能村登四郎
えむぼたん外す麦踏囚徒なり 平畑静塔
沖の船遅々麦踏みの折返し 鷹羽狩行
貝塚のまはりの麦を踏みてをり 飴山實
顔そむけ知る娘麦踏む帰省かな 富安風生
丘の松めぐりてひと日麦を踏む 水原秋櫻子 重陽
交さねばことばにあらじ麦を踏む 鷹羽狩行
考へてをりしは蹠麦を踏む 後藤比奈夫
考へを踏みつつ麦を踏んでをり 上野泰
三日はや麦踏む人のあるはあり 長谷川素逝 村
思ふこと多きか麦を踏み止めず 林翔
囚人らの遠くより麦踏を見る 松村蒼石 雁
出ばやな籬が野辺の麦踏に 加舎白雄
上半身斜陽がくりに麦踏めり 野澤節子 未明音
榛の木が麦踏に来い来いと呼ぶ 平畑静塔
雛の日や島の子麦を踏みにくる 村山故郷
瀬戸の島の山の背の畑麦踏める 及川貞 榧の實
蒼い麦踏みに遠照る学府の塔 伊丹三樹彦
丁寧に麦踏み終へし夕日かな 高浜年尾
土不踏おろして麦を踏みはじむ 上田五千石『森林』補遺
土不踏やうやくなじみ麦を踏む 鷹羽狩行
島人の麦踏に富士大写 平畑静塔
踏み外すこと気にかけず麦を踏む 後藤比奈夫
麦を踏むいづこも字は森を立て 平畑静塔
麦を踏むかぎり うしろ手金縛り 伊丹三樹彦
麦を踏むけはしき眼何を憎む 加藤秋邨
麦を踏むロダンの歩く人の如く 伊丹三樹彦
麦を踏む子の悲しみを父は知らず 加藤秋邨
麦を踏む体重は地へぬけてゆく 津田清子 礼拝
麦を踏む父子嘆を異にせり 加藤秋邨
麦を踏む老の地団太姿暮るる 伊丹三樹彦
麦踏て三々五々の野梅かな 椎本才麿
麦踏にをちの緑十字はたはたす 山口青邨
麦踏に雲かたよりし夕茜 能村登四郎
麦踏に檻あるごとし薄日さす 秋元不死男
麦踏のいつしかゐなくなりて月 加藤秋邨
麦踏のうしろにあがる千鳥かな 百合山羽公 春園
麦踏のこちら向いてもただひとり 後藤夜半 翠黛
麦踏のたつた一人にみな雪嶺 加藤秋邨
麦踏のひとり手を挙ぐ詩友なり 能村登四郎
麦踏の一つの姿手を腰に 高浜年尾
麦踏の影いつしかや廻りけり 村上鬼城
麦踏の影たゆみなく午過ぎぬ 西島麦南 人音
麦踏の遠目のうちに未だあり 中村汀女
麦踏の股間に富士の見えにけり 阿波野青畝
麦踏の口開くに飴こぼれけり 松崎鉄之介
麦踏の出てゐる島の畑かな 高野素十
麦踏の戦友肩で知られけり 松崎鉄之介
麦踏の壮者彼や野路の景 石塚友二 方寸虚実
麦踏の大島を見て日もすがら 高野素十
麦踏の男が見えて女の声 野澤節子 鳳蝶
麦踏の母の居そめて父も又 阿波野青畝
麦踏みに隔世の顔なかりけり 秋元不死男
麦踏みに出てゆき人ともどり来し 長谷川素逝 村
麦踏みのはなればなれの湖北かな 鷹羽狩行
麦踏みのまたはるかなるものめざす 鷹羽狩行
麦踏みの土を忘れず鉄路越ゆ 廣瀬直人 帰路
麦踏みヘマラソン選手また一人 鷹羽狩行
麦踏みを見ず小麦畑数十里 鷹羽狩行
麦踏むや笑ふ別れに挟まれて 香西照雄
麦踏むや野のおほかたは頼りなし 廣瀬直人
麦踏めりこころ屈する背をかがめ 山口誓子
麦踏めり世田谷にある川畠 山田みづえ 草譜
麦踏も庵の眺の一つかな 松本たかし
麦踏も鳶の描く輪もくりかへし 富安風生
麦踏や小刻み小出しの愛に似て 香西照雄
麦踏や薄雲はれし島畠 村山故郷
麦踏をして蕩々とゆきにけり 古舘曹人 樹下石上
麦踏をひとり見しのみ十円区 秋元不死男
麦踏んですご~と行く男かな 村上鬼城
麦踏んでゐるうちに気も晴れぐす 星野立子
麦踏んで今日はひとりになりたき日 後藤比奈夫
麦踏んで坪千金のこまかな土 秋元不死男
麦踏んで蹠に祖国ある日かな 後藤比奈夫
風の日の身を刃とし麦踏める 鷹羽狩行
風の日の風に吹かれて麦踏める 鷹羽狩行
歩み来し人麦踏をはじめけり 高野素十
北風に言葉うばはれ麦踏めり 加藤秋邨
裏に清流この家の人等麦踏みへ 金子兜太
籬より麦踏み出でぬ晝霞 高野素十
螢が妻二日の風に麦踏めり 水原秋櫻子 葛飾

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 07:24 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

末黒の芒 の俳句

末黒の芒 の俳句

末黒の芒

例句を挙げる。

あたらしき末黒野の息しづかなる 上野さち子
そこに火のとまり末黒の芒折れ 成瀬正俊
なにか唾棄して末黒野を立去れり 上田五千石 田園
のど渇く子と末黒野をよぎりたる 細見綾子 黄 炎
ひとのため末黒野を行き落膽す 藤田湘子(1926-)
ほのぬくみある末黒野を歩きけり 高橋淡路女 梶の葉
まぎれたる雨後の末黒の芒かな 稲畑汀子
グライダー基地も末黒の芒原 柴原保佳
ペアリフト末黒の芒の上をゆく 満田玲子
土塊をはさみて末黒野の芒 浦野哲嗣
戒壇の末黒の芒萌えにけり 岩崎照子
換気口より末黒野の匂せり 辻美奈子
昨夜の雨末黒の芒濃くしたり 戸川稲村
末黒野となりては静かなるものよ 細見綾子 桃は八重
末黒野となりぬ一と日を籠るまに 松本田寿子
末黒野にすでに命のはじまれる 稲畑汀子
末黒野にのこる遍路のしるべ石 橋田憲明
末黒野にまさしく月ののぼりけり 松村蒼石 雁
末黒野にをりをり見ゆる鬼火かも 日夏耿之助
末黒野に二重廻しの裾ひきずる 細見綾子 黄 炎
末黒野に布目瓦を拾ひけり 阿部みどり女
末黒野に春りんだうの真先に 杉 千代志
末黒野に昼光りなき瀬戸の海 阿部みどり女
末黒野に昼月の照る妖しさよ 久米正雄 返り花
末黒野に松笠焦げて匂ひけり 阿部みどり女
末黒野に突き刺してある火摶棒 深沢暁子
末黒野に窯観世音幣白し 下村ひろし 西陲集
末黒野に蝶さしかかる日暮かな 森田伊佐子
末黒野に透明の水湧きゐたり 辻田克巳
末黒野に雨の切先かぎりなし 波多野爽波
末黒野のいのちいざなう裳裾かな 川田由美子
末黒野のかけらの如く鴉翔つ 渡辺清子
末黒野のかばかり大きく怖ろしき 阿部みどり女
末黒野のくろみ渡れる小雨かな 高橋淡路女 梶の葉
末黒野のつやつやとして新しき 石井とし夫
末黒野のはや青みたるひとところ 八木秋水
末黒野の一つの山は硫黄噴く 友成 ゆりこ
末黒野の一本の川夜がくる 原田喬
末黒野の中の無傷のつくづくし 村上喜代子
末黒野の南の切尖限りなし 波多野爽波 『鋪道の花』
末黒野の大きな鳶でありにけり 斉藤夏風
末黒野の昼の三日月いつか失し 加倉井秋を 『風祝』
末黒野の昼光りなき瀬戸の海 阿部みどり女
末黒野の燻り立ちて夕ざるる 伊豆 萩波
末黒野の空胎動のありにけり 中川須美子
末黒野の端に漢の無聊かな 野澤節子 『八朶集』
末黒野の芒夜盗のごとくなり 高澤良一 ぱらりとせ
末黒野の薄や富士の裾長し 堀古蝶
末黒野の雨にけぶらふ一団地 木村蕪城 寒泉
末黒野の雨はひとりのうしろより 松本高児
末黒野の雨も新しと古墳塚 河野南畦
末黒野の雨をかなしと見て過ぐる 高濱年尾 年尾句集
末黒野の雨を遥かに人わたる 波多野爽波 鋪道の花
末黒野の風清潔に吹き始む 嶋田麻紀
末黒野の鴉の舌は赤きかな 久米正雄(三汀)(1891-1952)
末黒野の黒のかなしみ言ひ足して 斎藤玄 雁道
末黒野やヘッドホーンの中はジャズ 仙田洋子 雲は王冠
末黒野や心とむれば径の枝 尾崎迷堂 孤輪
末黒野や汽車に飛び起つ時鳥 佐野青陽人 天の川
末黒野や現れ出でし標石 吉田ひろし
末黒野や鮒のにほひの川ながれ 篠田悌二郎
末黒野ゆく雲のすこぶる女性的 高澤良一 ぱらりとせ
末黒野をぐいと曲りて川が合ふ 山田みづえ 手甲
末黒野を墨染めの僧来るはよし 森澄雄
末黒野を斜め斜めに誰かの父へ 安井浩司 赤内楽
末黒野を来て野良犬に嗅がれたり 加藤憲曠
末黒野を見てきてよめり方丈記 龍岡晋
末黒野を踏み来てうまき夕日の水 佐々木有風
末黒野来て人形の面無表情 中村明子
松風や末黒野にある水溜り 沢木欣一 雪白
河光り末黒野の道うながしゆく 成田千空 地霊
紛れゐるつもりか末黒野の鴉 大橋敦子
縹照る一筋の川末黒野に 加藤耕子
野の力見せて末黒の芒かな 谷口和子
首塚の末黒の芒鋭かりけり 西本一都 景色
魂ぬけの身を吹かるるよ末黒野に 稲垣きくの 牡 丹
ひとり行く曾爾の焼野の芒径 田畑美穂女


末黒の芒 補遺 

あたらしき末黒は匂ふ雨ほそく 日野草城
いつもこの末黒の頃に乳母を訪ふ 森澄雄
すこし眠くて末黒野は異邦の香 飯田龍太
ちりぢりに漣照るや末黒葦 能村登四郎
なにか唾棄して末黒野を立去れり 上田五千石 田園
のど乾く子と末黒野をよぎりたる 細見綾子
ひとのため末黒野を行き落胆す 藤田湘子
むさしのやすくろの薄小雨ふる 正岡子規 末黒の薄
わが住みて野辺の末黒を簷のもと 橋本多佳子
一二寸がほどの末黒の芒かな 岸田稚魚 紅葉山
雲は雨こぼさず末黒野の鴉 鷹羽狩行
火の合ひて末黒つながりゆきにけり 稲畑汀子
巌頭に注連のゆるみし末黒かな 古舘曹人 樹下石上
見残して行かすぐろの薄の芽 正秀
現はるる石に末黒の風たかぶり 廣瀬直人
湖の魚肥えてゐん末黒見ゆ 右城暮石 句集外 昭和十八年
降り出して末黒の雨のやみがたく 波多野爽波 鋪道の花
骨肉の骨とは末黒野の芦か 鷹羽狩行
山陰に魚籠をしづめし末黒かな 古舘曹人 樹下石上
残りたる末黒の萱のとげ~し 高浜年尾
湿原の寂に末黒を点じたり 上田五千石『琥珀』補遺
春もはや半すぐろの薄かな 三宅嘯山
進むべき道を残して末黒かな 鷹羽狩行
人麿忌末黒古芦刈られけり 藤田湘子 途上
青きつき末黒の芒記憶せり 岸田稚魚 紅葉山
石臼の刻み目末黒の水さそふ 飯島晴子
喪つづきの行けば末黒野芒原 能村登四郎
土筆の子末黒汚れの袴穿き 後藤比奈夫
塔のほか末黒野も見ゆ佐保の路 能村登四郎
八重葎おもひおもひに末黒かな 阿波野青畝
飛火野のいま末黒野の水迅し 細見綾子
怖い顔して松が立つ末黒野よ 波多野爽波
風葬のまぼろし末黒野の鴉 鷹羽狩行
末黒なるあたりうららに水の見え 岸田稚魚 紅葉山
末黒なる土手いつまでも歩きけり 岸田稚魚 紅葉山
末黒土手車窓につゞき急に川 高浜年尾
末黒踏む音ともにせし懼れかな 飯島晴子
末黒野さまよう 墓所を物色の眼で 或る日 伊丹三樹彦
末黒野となりては静かなるものよ 細見綾子
末黒野にかこまれてあり佐久の牧 細見綾子
末黒野にたあいなき日のありそめし 岡井省二 有時
末黒野にまさしく月ののぼりけり 松村蒼石 雁
末黒野に雨くる早さの剛い髪 飯島晴子
末黒野に雨しみてより晴れわたる(奈良にて二句) 細見綾子
末黒野に雨の切尖限りなし 波多野爽波 鋪道の花
末黒野に雨や旅人旅つづく 山口青邨
末黒野に咲ずともあれ菫草 加舎白雄
末黒野に神をやめたる男たち 岡井省二 五劫集
末黒野に二の足を踏む鴉ゐて 鷹羽狩行
末黒野に二重廻しの裾ひきずる 細見綾子
末黒野に風のやさしく吹く日かな 飯田龍太
末黒野に木の根洗ひて流るる水(奈良にて二句) 細見綾子
末黒野のおもはぬ方に飛火あと 能村登四郎
末黒野のさるとりいばらはや萌えて 山口青邨
末黒野のふちを臆病めき歩く 岡本眸
末黒野の雨にけぶらふ一団地 木村蕪城 寒泉
末黒野の雨をかなしと見て過ぐる 高浜年尾
末黒野の雨を遥かに人わたる 波多野爽波 鋪道の花
末黒野の果ての一川淀青し 能村登四郎
末黒野の海の際まで安房天津 鈴木真砂女
末黒野の空に鴎の目がつぶら 波多野爽波
末黒野の黒のかなしみ言ひ足して 斎藤玄 雁道
末黒野の端に漢の無聊かな 野澤節子 八朶集
末黒野の宙に風音ばかりかな 森澄雄
末黒野の日當つてをりそこへ行く 森澄雄
末黒野の薄きところや濃きところ 岸田稚魚 紅葉山
末黒野の疵いえてゆく夜ごと雨 山口青邨
末黒野をぐいと曲りて川が合ふ 山田みづえ 手甲
末黒野を踏みやはらかく雨の脚 鷹羽狩行
末黒野を抜け来て流れ焦げくさし 能村登四郎
末黒野を巳年の男女消えゆけり 橋閒石
末黒野来る口笛一つうるほひて 中村草田男
旅愁また土堤の末黒のうすれ踏み 上田五千石『琥珀』補遺
壺坂を掃きおろしたる末黒かな 古舘曹人 樹下石上
鴉と意かよふ末黒野ともに踏み 鷹羽狩行
鷭のこゑ聞えるはずの末黒かな 岸田稚魚 紅葉山

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 07:20 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

雪虫 の俳句

雪虫 の俳句

雪虫

例句を挙げる。

お骨埋めて袖の雪虫そと払ふ 太田鴻村 穂国
とくゆるく雪虫まひて蘇鉄寺 飯田蛇笏 雪峡
はなやぎて与謝の雪虫舞ひにけり 加藤三七子
また独りなり雪虫を見失ひ 山口速
みづからの重さ雪虫身を細め 河野南畦 『風の岬』
三の酉すぎたここら軒々の雪虫 梅林句屑 喜谷六花
人の息かかるを待てり雪虫は 鷹羽狩行
啓蟄の雪虫つひに見ざりけり 松村蒼石 雪
壮年の兄遠ながめ雪虫くる 寺田京子
夕焚火雪虫眉にただよへる 石原舟月 山鵲
婚終へて雪渓に死す雪虫か 堀口星眠 火山灰の道
宙に一線か垂れる錯覚一ぴきの雪虫にして 安斎櫻[カイ]子
影もなく雪虫が来るもう癒えよ 小林康治 玄霜
往診にまた雪虫の頃が来し 新明紫明
愚の職に就くや歓喜の雪虫湧く 小林康治 玄霜
手のひらに雪虫ひとつ這はせたり 太田鴻村 穂国
春の雪虫とぶ如く衰へぬ 石田波郷
村病むに似て雪虫の夥し 当摩八千代
永らへて雪虫を身にまとふかな 朔多 恭
牡丹餅の粉がにほふ暮れの雪虫 太田鴻村 穂国
独楽木地師小屋へ雪虫の橋懸 石川桂郎 高蘆
産卵の雪虫飛びて裏羽黒 阿部月山子
窖(はか)ちかく雪虫まふや野辺おくり 飯田蛇笏
窖ちかく雪虫まふや野辺おくり 飯田蛇笏 春蘭
老農の視力雪虫に衰ふる 榎本冬一郎 眼光
過褒なる雪虫抱へきれぬほど 佐々木六戈
雪虫が胸の高さすぐ眼の高さ 誓子
雪虫と落つるは雁の抜毛にや 安斎櫻[カイ]子
雪虫にあはき交りありしこと 赤尾兜子
雪虫にたしかな力古墳群 吉田美佐子
雪虫に沖つ波いろ濃かりけり 佐野俊夫
雪虫に生殖の意を見つゝ臥す 軽部烏頭子
雪虫のいそげばつきてただよへり 飯田蛇笏 春蘭
雪虫のかくまで碧き三ケ日 道山昭爾
雪虫のただよふ日暮手のあそぶ 桂信子 遠い橋
雪虫のつきくる距離も暗くなる 西村公鳳
雪虫のとべるに逢へり古き門 加藤楸邨
雪虫のはひ出して雪やはらかき 清崎敏郎
雪虫のひとつの死所をたなごころ 能村登四郎
雪虫のゆらゆら肩を越えにけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
雪虫のコバルトほどの愛が欲し 金箱戈止夫
雪虫の下りて湿る余燼かな 石原舟月 山鵲
雪虫の塩より昏くあふれむと 齋藤玄 『雁道』
雪虫の恋一寸にして一途 鷹羽狩行 七草
雪虫の掌をはなれとぶ命かな 阿部みどり女 笹鳴
雪虫の輪舞ボッカを慰めよ 堀口星眠 火山灰の道
雪虫の青くなりつつちかづきぬ 篠原梵 雨
雪虫の飛ぶ廟前の木立かな 碧梧桐
雪虫の飛ぶ木洩日に木洩日に 嶋田摩耶子
雪虫や俄かに君が他界せし 瀧井孝作
雪虫や僧と妻とがつれだちて 寺田京子
雪虫や半眼にして見ゆるもの 矢島久栄
雪虫や古間百軒鎌を鍛つ 西本一都 景色
雪虫や大股に来る郵便夫 赤塚五行
雪虫や底湿る砂利にシヤベル挿す 榎本冬一郎 眼光
雪虫や日を重ねつつ筆不精 展宏
雪虫や梵字ぎくりととどまれる 松澤昭 宅居
雪虫や牛には温きもの啖はせ 榎本冬一郎
雪虫や田下駄を山の神に吊り 柴田冬影子
雪虫や蕭条として明るき野 柴田白葉女 花寂び 以後
雪虫や連山藍を重ね合ふ 菅原多つを
雪虫や雪降る前の音なき野 柴田白葉女 『冬泉』
雪虫を蓬髪に挿しどこへ行かん 細谷源二
雪虫を見てよりこころさだまらず 石川陽子
雪虫群る野に残光のあるかぎり 加倉井秋を 『欸乃』
雪虫雪虫とひとつみし思ひすぎにけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく

雪虫 補遺

とくゆるく雪虫まひて蘇鉄寺 飯田蛇笏 雪峡
安達太郎や雪虫を野に遊ばせて 藤田湘子 途上
影もなく雪虫が来るもう癒えよ 小林康治 玄霜
愚の職に就くや歓喜の雪虫湧く 小林康治 玄霜
啓蟄の雪虫つひに見ざりけり 松村蒼石 雪
笹小屋守が雪虫くぐりくぐり来る 能村登四郎
山宿の軒のふかさをとぶ雪虫 大野林火 海門 昭和八年
十月は雪虫とびてすでに冬 高野素十
十勝岳見ゆると澄めり雪虫は 藤田湘子 神楽
神と遊べる雪虫のかく白し 鷹羽狩行
人の息かかるを待てる雪虫か 鷹羽狩行
雪虫がゆき襤の鷲すごく光る 加藤秋邨
雪虫が胸の高さすぐ眼の高さ 山口誓子
雪虫が遊ぶこころの扉の前に 鷹羽狩行
雪虫にあはき交りありしこと 赤尾兜子 玄玄
雪虫に待たれ入園料払ふ 鷹羽狩行
雪虫のいそげばつきてただよへり 飯田蛇笏 春蘭
雪虫のとどかむとしてほつれ髪 鷹羽狩行
雪虫のとぶ日の今日の誰と誰 高野素十
雪虫のとべるに逢へり古き門 加藤秋邨
雪虫のはひ出して雪やはらかき 清崎敏郎
雪虫のひとつの死所をたなごころ 能村登四郎
雪虫のむらがりとびて雪近し 高野素十
雪虫のゆふ自転車が子を分け行く 山口誓子
雪虫のゆらゆら肩を越えにけり 臼田亜浪 旅人 抄
雪虫の塩より昏くあふれむと 斎藤玄 雁道
雪虫の青くなりつつちかづきぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
雪虫の雪来るまへに死ぬ林 藤田湘子 神楽
雪虫の入日の後の行方かな 加藤秋邨
雪虫の暮に雨戸をしめてしまふ 山口誓子
雪虫の恋一寸にして一途 鷹羽狩行
雪虫やすとんと暮れて十三湖 鷹羽狩行
雪虫や金堂過ぎて裳層の塔 山口誓子
雪虫や空気補ふ長距離便 鷹羽狩行
雪虫や五十まで生きたらばよし 山口誓子
雪虫や高さの重さに堪へ得ずに 中村草田男
雪虫や女素直に帰れども 飯田龍太
雪虫や点灯夫あらはれむころ 鷹羽狩行
雪虫や谺ゆるさぬ穂高岳 藤田湘子 神楽
雪虫をつかめず幸をとりにがす 山口誓子
雪虫をつけて乗りくる桂びと 飴山實 花浴び
雪虫を見るや獄を出しごとく 山口誓子
雪虫を追ひ病友に心馳す 大野林火 青水輪 昭和二十六年
雪虫舞ふそも一片の風花か 山口青邨
雪虫綿にためて戦後の子も同じ 大野林火 青水輪 昭和二十五年
雪虫憑くわが衣手の墨染の 山口青邨
独楽木地師小屋へ雪虫の橋懸 石川桂郎 高蘆
窖ちかく雪虫まふや野辺おくり 飯田蛇笏 春蘭

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 07:18 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

公魚 の俳句

公魚 の俳句

公魚

例句を挙げる。

うすうすと終ひの色して公魚は 渡辺乃梨子
きりもなく釣れて公魚あはれなり 根岸善雄
ひき潮のごと公魚の去りゆけり 牧 月耕
わかさぎを薄味に煮て暮色くる 桂信子 黄 瀬
わが捨てし穴に公魚釣れてをり 黒坂紫陽子
公魚(わかさぎ)をさみしき顔となりて喰ふ 草間時彦
公魚がひらひら釣れて雪降れり 永井龍男
公魚に眼さづかる月夜かな 中川杞友
公魚のあがる軽さに糸吹かれ 河野探風
公魚のくちびるさむく釣られけり 白井 爽風
公魚のひらひらと釣れすぐ凍てぬ 小林黒石礁
公魚のよるさゞなみか降る雪に 渡邊水巴 富士
公魚のフライからりと光る湖 松本光司
公魚の三度跳ねたるいのちかな 阿部宗一郎
公魚の受精卵はや濁りをり 野末たく二
公魚の姿よければあはれなり 山田不染
公魚の旦暮のごときぬくもりよ 吉田鴻司
公魚の水を放れし深き息 石 昌子
公魚の穴釣り富士に皆背き 和田暖泡
公魚の舟を帆柱立ちに漕ぐ 古館曹人
公魚の釣れて火桶に落つるあり 土方 秋湖
公魚は針はづされてすぐ凍てぬ 江中真弓
公魚をこぼれんばかり掌に受けし 新井秋芳
公魚をさみしき顔となりて食ふ 草間時彦
公魚を焼く杉箸のすぐ焦げて 鳥越すみこ
公魚を釣る青空をへこませて 早乙女未知
公魚舟つぎつぎ蛻き夕映えぬ 千代田葛彦 旅人木
初漁の公魚投網くりかへす 亀井糸游
匂はせて公魚どきの佃島 桂樟蹊子
卵をもちて公魚わかきすがたかな 永井龍男
年々に公魚汲みて舟古りし 橋本鶏二
手洗ふや公魚囲ふ石の槽 石塚友二 光塵
暗き湖より獲し公魚の夢無数 藤田湘子(1926-)
淡雪や公魚の香のほのかなる 加藤 汀
湖心まで公魚釣の人溢れ 稲畑廣太郎
竿ばかり立ちて公魚漁といふ 深見けん二
籠にあふれ公魚山の湖より来 山口青邨
莨火捨て公魚の湖くもらせる 青木泰夫
釣りあぐる公魚のみなきらめけり 高柳 和弘
釣りやめし氷孔をわかさぎ群れ過ぐる 佐野青陽人 天の川
釣り上げし公魚に紅動きけり 江中真弓
雪の鴨わかさぎ逐ふか水にかくれ 渡邊水巴 富士
雷魚殖ゆ公魚などは悲しからん 高野素十
島姥の魂遊ぶ桜魚 大森知子

公魚 補遺

いつぴきの公魚をりし*どを上ぐる 山口青邨
ただ湖を見るわかさぎの禁猟時 山口誓子
わかさぎの煮干を噛めば喪は去らむ 原裕 青垣
わかさぎの焼かれし形に寝ころがる 桂信子 花影
わかさぎをいへづとにして沼タ日 山口青邨
わかさぎを薄味に煮て暮色くる 桂信子 新緑
わかさぎ焼き潟人に失業保険の冬 能村登四郎
安部渡の舟は公魚とる舟と 山口青邨
暗き湖より獲し公魚の夢無数 藤田湘子
暗澹と公魚を釣る氷かな 伊藤白潮
街灯りてわかさぎの眼のごとし 飯田龍太
魚籠見せてくれて公魚釣なりし 清崎敏郎
公魚とる網をめぐらす沖に鴨 山口青邨
公魚のまなこつぶらに貧厨に 山口青邨
公魚のよるさゞなみか降る雪に 渡邊水巴 富士
公魚の眼おのれの死を知らず 飯田龍太
公魚や氷の上に雪積り 石田勝彦 秋興以後
公魚をさみしき顔となりて喰ふ 草間時彦 中年
公魚を釣る舟湖心動かざる 稲畑汀子
公魚を釣る浮橋や湖小春 山口青邨
公魚釣る萩の枯枝の如き竿 山口青邨
山の湖の公魚梅の枝と描く 山口青邨
手洗ふや公魚囲ふ石の槽 石塚友二 光塵
神沼の虹にわかさぎ卵をもつか 角川源義
雪の鴨わかさぎ逐ふか水にかくれ 渡邊水巴 富士
病み月の公魚の香にひたりをり 岡井省二 明野
雷魚殖ゆ公魚などは悲しからん 高野素十
炬燵して公魚釣の小屋といふ 清崎敏郎
籠にあふれ公魚山の湖より来 山口青邨

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 07:15 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

春時雨 の俳句

春時雨 の俳句

春時雨

例句を挙げる。

SLのおまけの汽笛春時雨 柚木治子
いくたびも秋篠寺の春時雨 星野立子
いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄
おもひでの花は白桃春しぐれ 西島麥南
ぐい呑みを所望の客や春時雨 鈴木真砂女
とりあへずここにをりたる春時雨 石田郷子
ふりかかる利休ねづみの春時雨 京極杞陽
まぼろしに巴里こそみゆれ春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄以後
一ト足のちがひで逢へず春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄
不意に湧く破滅心や春時雨 辰野利彦
九谷焼く白山からの春時雨 萩原麦草 麦嵐
二度三度存問めきし春時雨 佐土井智津子
保安色の黄が勝てる街春時雨 香西照雄 素心
四万十の流れの幅へ春時雨 宮津昭彦
大寧寺奥処墓辺の春時雨 石原八束 空の渚
寝食のほかはもろとも春しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
屋根濡るるそれに日当り春しぐれ 皆吉爽雨 泉声
山なりに松斜めなる春しぐれ 久米正雄 返り花
岩の頬濡らす涙の春時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
庭濡れ来心濡れ来ぬ春時雨 上野 泰
御苑外すぐ鋤く牛の春時雨 久米正雄 返り花
手かざせば炉火に手の影春しぐれ 野沢節子
春しぐれ一トとき雲の濃かりけり 久保田万太郎 草の丈
春しぐれ一行の詩はどこで絶つか 加藤郁乎(1929-)
春しぐれ京の人にはかなはざる 大串章 百鳥 以後
春しぐれ十人とゐぬ詩人かな 加藤郁乎(1929-)
春しぐれ山を越す道また造る 福田甲子雄
春しぐれ席ゆづり合ふまはり寿司 秋山とみ江
春しぐれ悲運の御陵去り難し 関根きみ子
春しぐれ戦友会に遺児ひとり 松崎豊
春しぐれ暮光の唐津橋長し 石原八束 空の渚
春しぐれ果物籠を抱へかね 久米正雄 返り花
春しぐれ虹の松原砂丘越え 石原八束 空の渚
春しぐれ路上念なき街の鳩 林原耒井 蜩
春時雨あごはづし居る古楽面 鍵和田[ゆう]子
春時雨なか~上る気配なく 高浜年尾
春時雨はらりと過ぎし祖谷の空 山田弘子
春時雨ひととき書肆を暗くせり 山本歩禅
春時雨去来の墓にかがみけり 原コウ子
春時雨欠たるもあり義士の墓 生田喬也
春時雨残してゆきし光かな 河野美奇
春時雨気がさを鬢にみせにけり 久保田万太郎 流寓抄
春時雨清水坂に小買物 麻田椎花
春時雨濡れてしづれる桐畠 宮津昭彦
春時雨音譜の如く跳ねてをり 波多野爽波 鋪道の花
松並をとり入れし邸春しぐれ 京極杞陽
枯色の由布の盆地の春時雨 冨永 津耶
桜守の板戸を走る春時雨 細見綾子
母の忌や其の日の如く春時雨 富安風生
沼の面に水輪生れず春時雨 石井とし夫
波除けの目よりもたかし春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄以後
海の音山の音みな春しぐれ 中川宋淵
湖の面に賤ケ岳より春時雨 八木林之助
湯の国のものおととなる春時雨 鳥居美智子
烏貝は獲れ砂まみれ春時雨 中村汀女
箸墓に波のさわだつ春しぐれ 伊藤いと子
縦横に舗道退けどき春時雨 中村汀女
背高のわれ先づ濡れて春時雨 加賀美子麓
芽楓のあかねにけぶり春時雨 内藤吐天 鳴海抄
茣蓙敷いて遊びゐし子に春時雨 波多野爽波 鋪道の花
茶羽織は襟をかへさず春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄
蕎麦すする東山より春時雨 萩原麦草 麦嵐
衣笠の尾上のくらき春時雨 高濱年尾 年尾句集
襁褓干す舟屋もありぬ春時雨 京極杞陽
赤子のやうな寝釈迦に山の春時雨 瀧 春一
踊の出草履をぬらす春時雨 金子伊昔紅
通夜の灯は裸がよかれ春時雨 青木重行
過ぎてゆく時の流れと春時雨 川口咲子
間なくやみ間なくも忘れ春時雨 皆吉爽雨
風少し出て春時雨花舗にやむ 三宅一鳴
香に満ちて花の荷つくる春時雨 平松弥栄子
香に立ちて若草山の春しぐれ 西村和子 かりそめならず
鳥貝は獲れ砂まみれ春時雨 中村汀女
たびたびの春の時雨も気疎くて 波多野爽波 鋪道の花
今別れ来し身に春の時雨かな 佐藤うた子
再びの春の時雨の板庇 星野立子
暗ければ春の時雨の来るかとも 上村占魚 球磨
照鷽は籠に照り春のしぐれ止む 皆吉爽雨 泉声
老の恋春の時雨はすぐやみて 草間時彦
重なりし山より春の時雨来る 竹崎 紫泉
関址訪ふ春の時雨の後追ひて 遠藤梧逸
鵜の瀬まで春の時雨の手松明 長谷川久々子
さわさわの韻をすでに春驟雨 篠田悌二郎 風雪前
五百重山雲みだれては春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
大仏の忽ちに濡れ春驟雨 上野泰 春潮
屑鉄にカラタチの咲く春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
山桑の花ひたにぬれ春驟雨 飯田蛇笏 春蘭
島人の濡れ歩きをり春驟雨 上野泰
春驟雨木馬小暗く廻り出す 石田波郷
春驟雨母のうしろの笊にうどん 宮津昭彦
春驟雨瀧もその瀧みちも消す 中田剛 珠樹
春驟雨船端叩く川蝦漁 高澤良一 寒暑
春驟雨花屋にさけて人を待つ 成瀬正とし 星月夜
春驟雨花購ひて灯の軒づたひ 岡本 眸
春驟雨馳せ来る丘の上の臥床 中村汀女
瀬田川の屋形をこめて春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
磯焚火海女総立ちに春驟雨 上野泰 春潮
翁草日あたりながら春驟雨 飯田蛇笏 雪峡
若き子らに若きかなしみ春驟雨 木下夕爾
赤犬は跛なりけり春驟雨 石田あき子 見舞籠
あらせいとう春の驟雨に濡れて摘む 岡本まち子
ぎごちなく春の驟雨に髪濡らす 小池文子 巴里蕭条
ふるさとの春の驟雨の馬車の中 石田波郷
ベートーヴエン頭像春の驟雨かな 八木林之介 青霞集
夜のプールを過ぎゆく春の驟雨かな 林桂 ことのはひらひら 抄
妹が宿春の驟雨に立ち出づる 高濱虚子
孟宗に春の驟雨の美しき 星野立子
昇降機春の驟雨の音にひらく 石田あき子 見舞籠
昏みては春の驟雨の蘆溝橋 山田みづえ
春の驟雨たまたま妻と町にあれば 安住敦
羅甸区の春の驟雨ぞ知らず逝けり 小池文子 巴里蕭条
鷹白し春の驟雨の過ぐるまで 進藤一考

春時雨 補遺

ぐい呑みを所望の客や春時雨 鈴木真砂女
たびたびの春の時雨も気疎くて 波多野爽波 鋪道の花
どをおきし袖石濡らす春時雨 上村占魚
暗ければ春の時雨の来るかとも 上村占魚 球磨
一休さん二十一日春時雨 阿波野青畝
音せぬが却つて侘し春時雨 高浜年尾
蝦夷富士は春しぐれする蝶の冷え 飯田蛇笏 雪峡
甘受して露天谷湯の春しぐれ 上田五千石『琥珀』補遺
岩の頬濡らす涙の春時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
吸物に湯葉の黄みどり春しぐれ 鷹羽狩行
近江路の春の時雨の土赤し 松崎鉄之介
吾妹子の片袖ぬぐふ春時雨 阿波野青畝
光琳笹光悦垣に春しぐれ 野見山朱鳥 幻日
広野行く幾春時雨幾夕立 星野立子
忽ちにかげりしセーヌ春時雨 上野泰
再びの春の時雨の板庇 星野立子
桜守の板戸を走る春時雨(岐阜県根尾川の淡墨桜) 細見綾子
山の雲少し移りぬ春時雨 稲畑汀子
子等さへも夕ぐれあはれ春しぐれ 中村汀女
舟小屋の滴るまでの春時雨 上野泰
春しぐれそこなる湖を雲閉ぢて 及川貞 夕焼
春しぐれには窓ぴつたしと閉め 平畑静塔
春しぐれ篁過ぐる音と聴けよ 安住敦
春山に眺めも飽かぬ春しぐれ 高屋窓秋
春時雨 鯉飼う里の波紋増やし 伊丹三樹彦
春時雨が濡らす心の傷一条 楠本憲吉 孤客
春時雨音譜の如く跳ねてをり 波多野爽波 鋪道の花
春時雨急なりしこと心せき 高浜年尾
春時雨昏るる真際をあがりけり 飯島晴子
春時雨浅蜊蛤売切れて 鈴木真砂女 居待月
春時雨銭塘江の橋青し 山田みづえ まるめろ
春時雨鳥は林に入りて鳴く 村山故郷
寝食のほかはもろとも春しぐれ 飯田蛇笏 雪峡
西安に白酒(しろき)を酌むや春時雨 松崎鉄之介
舌先に金平糖の春しぐれ 橋閒石 微光以後
沢庵の閑居の井水春時雨 佐藤鬼房
追波(おっぱ)川洲の茫茫と春しぐれ 佐藤鬼房
庭濡れ来心濡れ来ぬ春時雨 上野泰
濡れて歩いて 銃は持たない 春時雨 伊丹三樹彦
白髭の斎垣を襲ふ春しぐれ 阿波野青畝
保安色の黄が勝てる街春時雨 香西照雄 素心
母の忌やその日のごとく春時雨 富安風生
母の傘借りて面照る春時雨 石田勝彦 雙杵
窯場より雑木明るき春しぐれ(丹波) 細見綾子
茣蓙敷いて遊びゐし子に春時雨 波多野爽波 鋪道の花

以上

# by 575fudemakase | 2017-04-22 07:12 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング