人気ブログランキング |

蕪村のオノマトペ

蕪村のオノマトペ

過日 本屋の前を通りがかったら 平積みの中に〝オノマトペと詩歌のすてきな関係〟という文字が眼に入った。本の片隅に NHKカルチャーラジオとある。パラパラとめくって即決 買うと決めた。ラジオ第二放送 20131年7月~9月のテキストである。(著者 小野正弘氏)

芭蕉、蕪村、一茶のオノマトペとあるところ、蕪村のそれまで来たとき ハタと膝を打つところに出会った。その一節を以下に挙げておこう。皆さんも完爾と膝を打つこと必至であろう。

●遠近(をちこち)ををちこちと打つ砧(きぬた)かな

「をちこち」は「あちこち」の古い言いかたで、「砧」は木槌で布を打って柔らかくすることである。句の意味自体は、あちらこちらで砧を打つ音が、聞こえてくる、というものであり、これもまた、難解なものではない。しかし、「をちこち」は、ただ単に場所を表しているわけではなさそうである。『蕪村集 一茶集』の、頭注には、「遠近」に、「距離と同時に遠く近く聞こえる砧の音の響きをあらわす」とあり、この見解に従いたいと思う。つまり、「をちこちをちこち」は繰り返し聞こえてくる、砧の音を表すオノマトペでもあったのである。「をちこち」は、現代の感覚だと、「こつこつ」とか「かつかつ」という感じであろうか。しかし、遠いところと、近いところの音があるから、音は均一でない。遠いところから聞こえる音は「をち」、近いところから聞こえる音は「こち」ということなのだろう。

それで思い起こされるのは、同じ蕪村の

●梅咲きぬどれがむめやらうめじゃやら

という句である。

春になって梅が咲いた。「梅」は、平仮名だと、「うめ」とも「むめ」とも書くが、あの梅のどれが「うめ」で、どれが「むめ」なのだろうという句である。蕪村の時代では、「梅」の平仮名表記は、ゆれていたのである。想像してほしい。目の前には、梅の花が咲いているはずなのだが、その一つ一つの花をよく見てみると、花ではなくて文字のように見える。もっと目を近づけてみると、それは、小さく、てんでんばらばらに書いてある。「うめ」という字と、「むめ」という字であった、という情景を。ちょっと超現実的で、漫画のような情景かもしれないが、なんとなくユーモラスでもある。そして、また、もう一つ想像してほしい。目の前の家々から、砧を打つ音があがっているのだが、その音が文字になって空へのぼってゆく。その文字を見ると、近くのほうの音が「こち」で、遠くのほうが「をち」である、という情景を。まるで漫画のようだと、前に書いたが、超現実的な絵といってもよい。ここで思ひ出してほしいのは、蕪村は、もともと画家が本業であったことである。蕪村には、目の前の情景が、文字付きで描かれた絵に見えるのではないか、とさえ思う。

序でに。

さて上記の蕪村句を見てという訳ではないが、さる時、〝~やら~やら〟という宜しき日本語の形を見て、いつかこれを使った句を作ってみようと思ったことがある。これを読んでいる皆さんもいつか~やら~やらを試行されてみては如何ですか?

~やら~やら の使用例 (検索DB より)

玄関に靴やら下駄やら三河万歳 星野昌彦
鳥はらはらどれが目白やら頬赤やら 色鳥 正岡子規
小石やら雨やら野分顔を撲つ 野分 正岡子規
男やら女やら更に朧かな 朧 正岡子規
威し銃なに逃ぐるやら逃げぬやら 横澤放川
稲刈を見ゆる鴉や雀やら 西村富子

小生の使用例

皺くちゃ婆貝を剥くやら蝿追ふやら 高澤良一 素抱
春の潮上げてゐるやら引いてゐるやら 高澤良一 素抱
にぎにぎしく熊手鯛やら小判やら 高澤良一 燕音
掘り返して団子虫やら蚯蚓やら 高澤良一 さざなみやつこ
のうぜん花どうやらかうやら風が出て 高澤良一 寒暑
合歓の花一雨あるやらあらぬやら 高澤良一 寒暑

おっと以下は似ているが違う用法

蟹のいふ事情とやらを聞きやらむ 高澤良一 燕音


以上
by 575fudemakase | 2013-08-30 09:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/20918741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

拙句 【桜】 (高澤良一)
at 2019-07-13 09:16
拙句 【花】(高澤良一)
at 2019-07-13 09:15
拙句 【花】(高澤良一)
at 2019-07-13 09:12
拙句 【桜】 (高澤良一)
at 2019-07-13 08:18
拙句 末枯 (高澤良一)
at 2019-07-12 13:03

外部リンク

記事ランキング