薄暑

薄暑

例句を挙げる。

*ゆわかしに花のうつむく薄暑かな 飯田蛇笏 霊芝
あぶらとり一枚もらふ薄暑かな 日野草城
お握りの海苔唇につく薄暑かな 中西舗土
かすてらの紙のしめりの薄暑かな 龍岡晋
かもめ呼ぶ少年とわが間薄暑 池田澄子
きいちごを蟻ねぶりゐる薄暑かな 三橋鷹女
きぬ~の籬に衷甸(ばしゃ)まつ薄暑かな 飯田蛇笏 霊芝
この街のたそがれながき薄暑かな 久保田万太郎 草の丈
こぼたれしピエタを悼む薄暑かな 山本歩禅
こめかみに人形町の薄暑かな 有馬朗人 耳順
さんまたを足す竹伐るも薄暑かな 石川桂郎 四温
しばらく念仏申しける薄暑なり 冬の土宮林菫哉
しほがまをこぼし切るなる薄暑かな 八木林之助
しら藤の咲き垂るゝあり薄暑来る 久保田万太郎 草の丈
しろき蝶野路にふかるゝ薄暑哉 松瀬青々
しわしわと働く者に薄暑の陽 細谷源二
すつぽんの歯にはさまりし薄暑かな 八木林之介 青霞集
たたみ来る漣匂ふ沼薄暑 岡田佐久子
たよりせむ薄暑の水の澄めばこそ 田中裕明 花間一壺
だんご虫節々返す薄暑光 高澤良一 素抱
ちのみ児のけだものを好く薄暑かな 宮武寒々 朱卓
どくだみの香にたつ土の薄暑かな 西島麦南 人音
なめてひからす黒飴薄暑の船着場 柴田白葉女 花寂び 以後
にひづまの水仕愉しむ薄暑かな 西島麦南 人音
はたらいてもう昼が来て薄暑かな 能村登四郎
はんけちのたしなみきよき薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄
ひとすぢの抜毛薄暑の母の肩 大橋敦子 勾 玉以後
ふと溜めし息は翅なり薄暑かな 川田由美子
ふるふるとフィラメント揺れ薄暑光 望月博
まだ荒るゝ沖のあかるき薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄
みなと未来メタリックなる薄暑光 吉原文音
むらさきに頃も薄暑のごむの花 松瀬青々
めくばせのぐるり薄暑の草木あり 岡井省二
もの忘れわらふほかなき薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄
らくがきの子が通せんぼ夕薄暑 上田日差子
エレベーター一気に下りて町薄暑 山下美典
サングラスかけて薄暑の軽井沢 田中冬二 麦ほこり
シーソーの尻がうつ地の薄暑かな 波多野爽波 『湯呑』
ジーンズに腰骨入るる薄暑かな 恩田侑布子
ソムリエにシャブリ注文街薄暑 稲畑廣太郎
タイプの音ひびく白壁薄暑来ぬ 大井雅人 龍岡村
タクシーの終始不愛想薄暑かな 中村汀女
ハイル・ヒトラー!鵞ペンで描く髭薄暑 高澤良一 宿好
バスの尻ばかり見せられ街薄暑 桜井博道 海上
バス薄暑少女ひそかに隅を愛す 吉田耕夢
パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子
パン焼く香溢る青山薄暑かな 恩田秀子
ヒザラガイ見るさえ薄暑覚えけり 高澤良一 素抱
ヘリコプター薄暑の首都を睥睨す 西村和子 窓
ポスターの彼を老いしむ街薄暑 殿村菟絲子 『牡丹』
メガネ屋の薄暑のドアの半開き 藤田柾実
一人はなれて倚りし柱の薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄以後
一塔の風鐸高し薄暑来る 佐藤 峻峰
一枚に海を展べたる薄暑かな 森澄雄
三枚におろされている薄暑かな 橋石(かんせき)(1903-92)
下町にスピッツ汚れ薄暑なる 加藤知世子 花寂び
乳呑児の香が掌にのこる薄暑かな 阿部みどり女
亭薄暑手袋をしてゐる女 高濱年尾 年尾句集
人々に四つ角ひろき薄暑かな 中村草田男
人ごみに母見失ふ薄暑かな 菊池ふじ子
人にはぐれ地図にはぐれし薄暑かな 安田くにえ
人妻よ薄暑の雨に葱や取る 飯田蛇笏
介護セミナー母の肩抱くかに薄暑 倉本 岬
仕掛けたる水潺々とある薄暑 桑田青虎
伊賀峡田薄暑の苗を植ゑはじむ 柴田白葉女
伝自作業平朝臣像薄暑(在原寺) 細川加賀 『玉虫』
修道女と肘触れしかば薄暑来ぬ 小林康治 玄霜
個展いで薄暑たのしき街ゆくも 水原秋桜子
再びの病にかちた薄暑きし 星野立子
剪花や薄暑の夜の人だかり 原田種茅 径
十方に花の木の花降る薄暑 江口良子
卓にのる壺の胡椒と塩と薄暑 宮津昭彦
厨芥車薄暑の辻に鈴鳴らす 西島麥南
喜多院の森の見えたる薄暑かな 藤田あけ烏 赤松
喪の菓子を食めばほろほろ薄暑かな 片山由美子 水精
地下室に花を蔵せり街薄暑 福田蓼汀 山火
地蜂匐ひあるはとぶかげ薄暑きぬ 飯田蛇笏 春蘭
坂の上に空いつもある薄暑かな 倉田紘文
堂薄暑懶きさまに伎芸天 稲岡長
塩ふつて薄暑の昏らさ卓にあり 長谷川双魚 風形
声かけし眉のくもれる薄暑かな 原裕 葦牙
声そろへ笑ふ少女等薄暑来 成瀬正とし 星月夜
夕薄暑むかしながらに竹の樋 松本 進
夕薄暑江戸の資料に猪牙舟も 斉藤淑子
夕薄暑脱ぎたるものに躓きて 西浦一滴
夕薄暑青い果実のような時間 大高 翔
夜の薄暑チェホフもまた医師なりし 水原春郎
夜も薄暑舟の雨水汲みすつる 松村蒼石 寒鶯抄
夜風たつ薄暑の欄の花槐 西島麦南 人音
大仏の背を庭先の薄暑かな 石川桂郎 含羞
大輪の花さく寺の薄暑かな 北村さゆり
奥嵯峨の薄暑を閉ぢし紅格子 柴田白葉女 雨 月
女帯目立ち初めけり街薄暑 吉屋信子
如露の水素足にかかる薄暑かな 清崎敏郎
子を産みし乳房が匂ふ薄暑かな 小林康治 四季貧窮
子猫くれに薄暑のバスに身を揺られ 田中英子
官邸の薄暑をいづる花売女 飯田蛇笏 霊芝
家猫の舌のやすりの薄暑かな 鳥居おさむ
容赦なく静脈透ける薄暑の夜 平田よし子
小判草小判まぶしき庭薄暑 清崎敏郎
小旗の黄無視されて薄暑なる街路 長谷川かな女 花寂び
小謡の流るる加賀の町薄暑 今泉貞鳳
屋根をうつ雨見えてくる夜の薄暑 原田種茅 径
山墓に薄暑の花の鬱金かな 飯田蛇笏 春蘭
山梔子の尚莟持つ薄暑哉 小澤碧童 碧童句集
山頂に童児走れば薄暑光 飯田龍太
岩群れてひたすら群れて薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄
峠茶屋子育て飴も薄暑かな 細川加賀 生身魂
嵯峨豆腐買ふ客ならび薄暑かな 村山古郷
川薄暑たまねぎの屑その他流れ 有働亨 汐路
巴里の香水箪笥に仕舞ふ薄暑かな 及川貞 夕焼
帯解けば疲れなだるる夕薄暑 古賀まり子 緑の野
帽子屋の帽子とりどり街薄暑 柴田白葉女
床薄暑滑らせしペン突きささる 宮武寒々 朱卓
庭石の薄暑となりし蜥蜴かな 久米正雄 返り花
廚芥車薄暑の辻に鈴鳴らす 西島麥南
弾みゆくリボンの少女街薄暑 園池 澄子
後架にも竹の葉降りて薄暑かな 飯田蛇笏 霊芝
御柱の一と声送り薄暑かな 角川源義 『神々の宴』
微苦笑の貌なじみゆく薄暑かな 谷口桂子
心ひらく思ひの水辺薄暑来ぬ 村越化石 山國抄
急ぎきて薄暑を感じゐたりけり 稲畑汀子
愕然と天辺禿げし薄暑かな 細川加賀 『玉虫』以後
戦傷兵征けり薄暑の映画街 宮武寒々 朱卓
手の内の町変りたる薄暑かな 石川桂郎 四温
手術三日受胎の夢を見る薄暑 星野明世
揚泥の乾く匂ひの薄暑かな 日野草城
放哉の墓に瓶立つ薄暑かな 三上史郎
新宿の空は凸凹薄暑来る 中村明子
旅に過ぐ薄暑の漆器町匂ふ 皆吉爽雨 泉声
旅帰り軽暖薄暑心地よし 高浜虚子
日傭の疲れ眼と会ふ夕薄暑 阿部みどり女
日曜の午後の銀座の薄暑かな 成瀬正とし 星月夜
日照雨して薄暑の蓬しゞに生ふ 西島麦南 人音
旧道を蟹渉り急く伊勢薄暑 鳥居おさむ
明日鬻ぐ干雑魚つゝむ薄暑かな 上村占魚 鮎
昼みればにごれる海の薄暑かな 上村占魚 鮎
時計外せば丸腰に似て薄暑 鈴木栄子
書肆薄暑明治のホトトギスありし 高田風人子
朝すでにほろびのひかり湖薄暑 山上樹実雄
朝より瀬戸の船音旅薄暑 高浜年尾
木曽殿と並ぶ翁の墓薄暑 浦野芙美
朴活けし画房薄暑の大陶壺 西島麦南 人音
東京を海から眺め薄暑光 和田耕三郎
松花江みえてくるさへ薄暑かな 久保田万太郎 草の丈
枝上る松にものいふ薄暑かな 宇佐美魚目 秋収冬蔵
栴檀の花うすいろに郷薄暑 飯田蛇笏 椿花集
桐あふち薄暑夕餉の家族見ゆ 宮武寒々 朱卓
楡芽ぶき薄暑の雲のはやうかび 久保田万太郎 草の丈
槐ちる水に薄暑のくもりあり 石原舟月 山鵲
檸檬見てにじみしつばの薄暑かな 草間時彦 櫻山
水べ家薄暑の簾かゝりけり 清原枴童 枴童句集
水噴いて夜の花紅き薄暑かな 長谷川かな女 雨 月
水音の方へ薄暑の径たどる 隈柿三
汐引けば岩々荒るゝ薄暑かな 鈴木真砂女 生簀籠
汐騒の社頭の薄暑賽し去る 高濱年尾 年尾句集
汗見えてミシン踏む師の薄暑かな 小松崎爽青
沖へ向く牛を見下ろし薄暑山 原裕 青垣
河豚ばかりあがれる海の薄暑かな 前田普羅 能登蒼し
洋傘を巻き柄に手を重ね掏摸薄暑 宮武寒々 朱卓
流行の派手へ派手へと薄暑来 成瀬正とし 星月夜
浮くものを軽鳧ときめたる薄暑かな 安住 敦
浴衣裁つこゝろ愉しき薄暑かな 高橋淡路女 梶の葉
海女達の貝に終始の島薄暑 阿部みどり女
海草の打上げられて島薄暑 武田光子
港湾の音の働く薄暑かな 西村和子 窓
満目の草木汚さず薄暑来る 飯田龍太 今昔
溝の水錆びて固まる薄暑かな 清水貴久彦
滝音をとほく衣干す薄暑かな 松村蒼石 寒鶯抄
濃紺の白く汚れし薄暑かな 二村典子
炊女の汗ぬすみ拭く夕薄暑 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
炒飯は炎と睦む薄暑かな 櫂未知子 蒙古斑以後
無愛想に切符飛出る薄暑かな 太田梨三
煙霞追へば煙霞の疲れ薄暑かな 松根東洋城
熔岩薄暑巫女口説の告知板 椎橋清翠
父子連ればかり目に入る薄暑かな 谷口桂子
物差を見ても薄暑を感じる 加倉井秋を 午後の窓
物買うて団扇貰ひし薄暑かな 小杉余子 余子句選
玉虫の厨子により見る薄暑かな 松瀬青々
生醤油の匂ひて佃島薄暑 今泉貞鳳
町両側流るゝ水も薄暑かな 増田龍雨 龍雨句集
画展通知ふところにして薄暑かな 今泉貞鳳
白く小粒の花あふれ咲く薄暑かな 松村蒼石 雪
百合の葉の虫みつけたる薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄
皆が見る私の和服パリ薄暑 星野立子
目のはるの波うちぎはの薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄以後
真鍮の手すりは船の薄暑かな 久米正雄 返り花
眼のどこか緩む薄暑の白い橋 田波富布
知る人もなき群衆や夕薄暑 殿村莵絲子 花寂び 以後
石庭の白砂ひかる薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄以後
石積んで石積んで恐山薄暑 石川文子
砂丘薄暑空の香水瓶ころがる 有働亨 汐路
砂止めの柵のゆるぶや夕薄暑 伊藤京子
破調にて軍馬はゆけり薄暑の野 対馬康子 吾亦紅
磐石の薄暑かがやき古葉ちる 西村公鳳
磨かれて中絶器具の薄暑かな 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
磯貝の潮がくり咲く薄暑かな 飯田蛇笏
祝ぎのことすべて終りし薄暑かな 杉本寛
秋薄暑すきなさかなをやいて食ふ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
種子蒔いて即日の愛薄暑光 飯田龍太
窓曇る卓の静物薄暑かな 飯田蛇笏 霊芝
窗くもる卓の静物薄暑かな 飯田蛇笏
笋の皮の流るる薄暑かな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
筆擲つて薄暑の袖をからげしのみ 小林康治 玄霜
糞つまり三日になりし薄暑かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
素手振つて薄暑の街をつつ切りぬ 西村和子 窓
紹介状持ちて薄暑のベルを挿す 星野椿
緑側に出て髪とかす薄暑かな 大場白水郎 散木集
罌粟の虫薄暑の微雨をおびにけり 西島麦南 人音
羽蟻とぶ蚕飼屋の軒の薄暑かな 小松崎爽青
羽蟻地にむれて影曳く薄暑かな 飯田蛇笏 椿花集
考ふることもまぶしき薄暑となる 細見綾子 花寂び
聖堂を出でて薄暑の髪かたき 長屋せい子
脚長き若者多し街薄暑 黒川悦子
自転車のベル小ざかしき路地薄暑 永井龍男
船下りて税関までの波止薄暑 田中鼓浪
花はてし薄暑の桐に鴉飼ふ 西島麦南 人音
花摘みて滝径たどる薄暑かな 西島麦南 人音
花鉢を屋形も吊りて薄暑かな 飯田蛇笏 霊芝
若者の長き脛行く街薄暑 長門美煕子
草むらの中の荵の薄暑かな 増田龍雨 龍雨句集
草橇の子等の声飛ぶ夕薄暑 佐藤ちさと
菖蒲田に水ほとばしり薄暑来る 角川源義
落魄や薄暑の草を歩きけり 小林康治 『潺湲集』
蕗の葉に蝶やすみゐる薄暑かな 田中冬二 俳句拾遺
薄伽梵(ばぎやぼん)を樒で隠す薄暑かな 筑紫磐井 婆伽梵
薄暑かく殺生石を匂はしむ 藤田湘子
薄暑なり葱坊主見てせうべんす 日野草城
薄暑の地に嵌まれる石に釘直す 篠原梵 雨
薄暑の汗頸おおう髪今日刈らな 古沢太穂 古沢太穂句集
薄暑の身粥に飼ふこと多し 林原耒井 蜩
薄暑はや日蔭うれしき屋形船 高浜虚子
薄暑よし受贈の句集雪白に 亀井糸游
薄暑る水動かずよ芹の中 龍之介
薄暑中仰臥の腰の萎えてはならぬ 杉山岳陽 晩婚
薄暑午後さらりと雨の降ればよきに 成瀬正とし 星月夜
薄暑夜はさむみ寝姿落ちつかず 斎藤空華 空華句集
薄暑来てこでまりの花散るを知らず 松村蒼石 雁
薄暑来ぬ人美しく装へば 星野立子
薄暑来ぬ鳩の羽風を肩に受け 小林康治 玄霜
薄暑来る信越雲の彼方にて 飯田龍太
薄暑長城見えざる山へ続きをり 山田みづえ
薊濃き薄暑の雨の花車 西島麦南 人音
薔薇の葉の蝕を見る薄暑かな 長谷川かな女 雨 月
蛇食うて口なまぐさき薄暑かな 太田鴻村 穂国
蝶白し薄暑の草の道埃 田士英句集 田中田士英
蟹のうごかす石の一つの薄暑かな 村越化石 山國抄
蟻いでて風薄暑なる杣の路 飯田蛇笏 山廬集
蠅のとぶ薄暑の草を刈りにけり 飯田蛇笏 春蘭
街の上にマスト見えゐる薄暑かな 中村汀女
街薄暑すこし固目のシャツの衿 河野路子
街薄暑まむしを粉に碾いて売る 大串章
街薄暑カフェテラスにレモネード 川口咲子
街薄暑ハンドバックは白き革 吉屋信子
街薄暑病む眼に光るもの溢れ 沢 聰
街薄暑美しき端切を購へり 鶴岡容子
街薄暑階上の歯科匂はする 宮武寒々 朱卓
衛兵の臂に薄暑の防諜規 宮武寒々 朱卓
裸身の蓑虫吹かれきて薄暑 瀧春一
西の下に親しく下車し辻薄暑 高濱年尾
見合はされをりし薄暑を知りてをり 杉山岳陽 晩婚
観音のみ手を垂らせし薄暑かな 木内怜子
言にならず謝す友多し薄暑中 杉山岳陽 晩婚
訪づれし少女賢き薄暑かな 篠原美津子
谺めく津軽ことばや薄暑光 新谷ひろし
貝の肉のびちぢみては進む薄暑 小澤實
貨車のさび草にうつりて薄暑かな 太田鴻村 穂国
賜はりし蘇を味はへる薄暑かな 筑紫磐井 野干
身籠って薄暑の下駄を脱ぎ散らす 綾野南志
軽き用持ちて薄暑の巷にあり 成瀬正とし 星月夜
逆さまに地下足袋干して庭薄暑 藤原香雲
遠く来て額づく友の墓薄暑 古賀 三春女
鍵穴を鍵もてさぐる夜の薄暑 佐々木静江
閉されし丸ビル大扉街薄暑 稲畑廣太郎
開演を待つざわめきや夕薄暑 細梅 数生
関取に前歩かるる薄暑かな 高澤良一 ねずみのこまくら
雉子の声遠くにこもり薄暑来ぬ 松村蒼石 雪
雑草の花のたま~薄暑かな 久保田万太郎 流寓抄以後
電車より茶の間が見える薄暑かな 石川文子
霊園のバケツ重なる薄暑かな 林田潤子
青空の中に風吹く薄暑かな 松瀬青々
頤をのぼる羞らひ夕薄暑 佐野美智
頭上より駅アナウンス夕薄暑 山口幸代
飼犬の穴掘つてゐる庭薄暑 倉内法子
首痛く死のにおいして城薄暑 和知喜八 同齢
髪刈ればとみに薄暑の旅ちかき 皆吉爽雨 泉声
髪高く結ふことはやり薄暑来る 幸喜美
鬣のかげが薄暑の水をみる 緒方 敬
魯迅在すごと薄暑の飯店賑はへり 関森勝夫
鴉起ちて薄暑を去らず無電塔 渡邊水巴 富士
鵜がとんで堺の空の薄暑かな 高濱年尾 年尾句集
黄昏のスクランブルの薄暑かな 肥后潤子
黒鯛(かいず)釣る薄暑の波濤日を揺りぬ 西島麦南


以上
by 575fudemakase | 2014-05-02 08:51 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/22543739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

一匹ふくろふ❗
at 2018-12-13 07:45
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:17
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
背黒鶺鴒 の俳句
at 2018-12-12 06:49

外部リンク

記事ランキング