人気ブログランキング | 話題のタグを見る

薔薇(1)

薔薇(1)

例句を挙げる。

Artisanなり薔薇嗅ぐ仕草大げさに 寺山修司 『われに五月を』
BONNE(おや)・NUIT(すみ)といふ名の薔薇は散終り 京極杞陽
あえかなる薔薇撰りおれば春の雷 石田波郷
あかき薔薇視つつ誘ひをうべなへり 八牧美喜子
あした咲く薔薇ある闇の子守うた 加藤知世子
あち向きは鏡裡の薔薇のみ妻と居て 香西照雄 対話
あまた詠み給へる中の薔薇の句碑 下村ひろし 西陲集
ありあまるゆゑにくづほる薔薇と詩人 香西照雄 対話
ありきたりな色でありけり垣の薔薇 高澤良一 ももすずめ
ありまきの薔薇の花まで届かない 高桑婦美子
あるゝ夜の薔薇よすべなく散りゆくを 中尾白雨 中尾白雨句集
いつ散りし白薔薇そらを濤の音 桜井博道 海上
うづ高き石炭かすや白き薔薇 寺田寅彦
うなだれしマリオネットに薔薇を刺す 仙田洋子 雲は王冠
おうおうと金春家いま薔薇のとき 森澄雄 鯉素
かくれ泣く妻が肩見ゆ白薔薇 有働亨 汐路
くぐり来て薔薇匂わせぬ山乙女 長谷川かな女 牡 丹
けふと踏む予感当りて薔薇崩る 高澤良一 宿好
ことあげや眉目とまめやか薔薇花卯 松根東洋城
この薔薇のための真紅と思ふほど 今橋眞理子
さきがけて薔薇の黄をとどけねばならぬ 宇多喜代子
さそはれて長崎遠し薔薇を挿す 大島民郎
さみだれて此処に友住む薔薇くれなゐ 林原耒井 蜩
さみだれや薔薇冴えまさる雲の中 横光利一
しばらくは眼鏡くもりて薔薇の部屋 細川加賀 生身魂
そこはかと薔薇の溜息らしきもの 後藤夜半 底紅
つつまれてゐて薔薇の香を忘れをり 今橋眞理子
とほるときこどものをりて薔薇の門 大野林火
どことなくジプシー風の薔薇なりし 京極杞陽
どの家も薔薇を咲かせて新開地 前橋春菜
どの色となくいま我に薔薇の風 山本歩禅
なにごとか薔薇につぶやき薔薇を剪る 黒田杏子 一木一草
にちりんにひゞきてとべる薔薇の蟲 飯田蛇笏
ぬれいろに夜昼となく緋薔薇さく 飯田蛇笏 春蘭
はなびらを薔薇盗人が散らしぬる 八木林之介 青霞集
ばらの名を覚えて次の薔薇の前 長田等
ばら色の人生知らず薔薇に彳つ 伊東宏晃
ひえびえと緑金ひかる薔薇の虫 飯田蛇笏 春蘭
ひたすらに赤し颱風前の薔薇 桂信子 黄 炎
ひたに闘いまた薔薇の季相逢うも 古沢太穂 古沢太穂句集
ひとの死や薔薇くづれむとして堪ふる 稲垣きくの 黄 瀬
ひと拗ねてものいはず白き薔薇となる 日野草城
ほとゝぎす山家も薔薇の垣を結ふ 川端茅舎
ほら見てよ薔薇が奇麗よあんた達 高澤良一 素抱
みどり児に見せつつ薔薇の垣を過ぐ 篠原梵
むしろわななけいま縊られる神聖薔薇王国 高柳重信
もぐらもぐりて薔薇園を行き過ぎて 津田清子 二人称
やはらかに月光のさす白薔薇 飯田蛇笏 春蘭
ゆるむのみの薔薇母像は小首傾げ 香西照雄 対話
ゆるゆると日傘おちゆく薔薇のとき 久保純夫 水渉記
よく唱へし子に薔薇やらうお月様 中島月笠 月笠句集
わがホ句にせめて野薔薇の香もあれな 日野草城
わが咳にくづるる薔薇と見入りけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
わが忍苦ともしき薔薇よ窓に咲け 三谷昭 獣身
わが生も晩期諾ふ薔薇黄なり 早崎明
わが病わが診て重し梅雨の薔薇 相馬遷子 山河
アンコール薔薇の花束置いてより 星野椿
アンネの像囲みアンネの薔薇香る 坂田悦子
カルメンの薔薇咲く セビリア 除夜がくる 伊丹公子
カーブして薔薇園またぐ高速路 大島民郎
グラビア版カレンダーあり薔薇と裸婦 高澤良一 宿好
ゴンドラの船首に薔薇を挿して水夫 皆吉司
ゴンドラの首すべり行く薔薇の上 横山白虹
サルタンの妃の墓に薔薇もあり 横光利一
ジープより赤き薔薇落つ跳ねとびぬ 平畑静塔
タイピストコップに薔薇をひらかしむ 日野草城
ダンテの忌髪に野薔薇や星や百足 鳴戸奈菜
ダンディーな蜂が薔薇より這ひ出でし 山本歩禅
テームスのふなびとに寄せ窓の薔薇 京極杞陽 くくたち上巻
トランプを投げしごと壺の薔薇くづれ 渡邊水巴
トルソーの風景に薔薇熱うせよ 永井由清
ハーレムの跡に百花の薔薇くづれ 岩崎照子
フラッシユを浴び来し薔薇を卓に置く 大島きんや
フラメンコの反り身に薔薇をかかげもつ 嶋田麻紀
ベルの線切れゐて雨の薔薇匂ふ 内藤吐天 鳴海抄
マタイ伝開きてありし薔薇の卓 原田青児
マタドールレッド激しくカフェの薔薇 高澤良一 素抱
ランチ終へ出る霽色に薔薇さけり 飯田蛇笏 春蘭
レース編む胸中赫と薔薇咲かせ 小檜山繁子
ロココ美として極まれる薔薇もあり 京極杞陽(きよう)(1908-81)
ロンドンの街のはづれの薔薇の家 溝口杢生
一つなら二つなら咲く薔薇と住む 後藤夜半 底紅
一つ一つ覗きし薔薇の渦に酔ふ 蓬田紀枝子
一りんの夜の薔薇の香はわれのもの 成瀬桜桃子 風色
一政の心頭の薔薇真くれなゐ 高澤良一 宿好
一政の龍三郎の得手の薔薇 高澤良一 宿好
一束の緋薔薇貧者の誠より 杉田久女
一片の薔薇散る天地旱の中 西東三鬼
一画家の執する薔薇を我も見る 岩崎照子
一輪ざしに活けたる薔薇の二輪哉 正岡子規
一輪の薔薇を崩せる走り梅雨 西本一都 景色
中空の茜さす薔薇に閉しける 宮武寒々 朱卓
久女にはなれず薔薇咲き薔薇枕 鈴木栄子
乙女薔薇そのまま凍ててピアノ鳴る 小串歌枝
五年後の我等さながら薔薇園 西村和子 夏帽子
亡き妻に便りいつまで梅雨の薔薇 水野柿葉
亡き父と選びし薔薇の咲き初めし 栗城 節子
人に秘す記念日ひと日薔薇五月 後藤綾子
人見知り縁捲き過ぎて角い薔薇 香西照雄
今がまぶしい 未来の薔薇ヘマシンガン 松本恭子 檸檬の街で
今をもて仕合せさうに薔薇を剪る 高木石子
傷なめて薔薇盗びとで一日過ぐ 小檜山繁子
働いてきて恋人ら薔薇公園 和知喜八 同齢
兄葬り戻れば庭の薔薇紅し 滝青佳
児とかゞむ児を薔薇の香にひたさんと 中島斌男
入口に近きは原種薔薇の園 田辺洋子
全力で立つ空びんに薔薇の花 五島高資(1968-)
写真の中四五間奥に薔薇と乙女 中村草田男
凍光に薔薇あり母となる朝 柴田白葉女 遠い橋
切り開き縫ひ閉ぢ洗ひ薔薇医院 小檜山繁子
初日記薔薇園作業二行ほど 原田青児
初明かり薔薇園はまだ闇の中 原田青児
剪り取りてヨハネの首のごとき薔薇 高澤良一 宿好
割れるたび薔薇の形の雪つぶて 櫂未知子 貴族
匂いなくケネディという白き薔薇 広瀬敦子
北塞ぎ南縁薔薇のひとつ咲き 岸風三樓
十二橋薔薇咲く庭を終りとす 森田峠 避暑散歩
卓の薔薇くづるるか灯を絶ちしあと 鷲谷七菜子 黄 炎
卓上に一本の針薔薇匂ふ 和田耕三郎
厨に薔薇浸して午後を眠りをり 館岡沙緻
友情や薔薇の芯なほ蕾形 中村明子
口に薔薇それも真紅ぞタラップ゜踏む 本城佐和
口利けぬ父の作りし薔薇開く 田川飛旅子
口笛が絶えず薔薇垣雨ふれり 片山桃史 北方兵團
句碑成るや聖地の薔薇も今盛り 下村ひろし 西陲集
可笑しからずや枕頭台薔薇あふるるは 石川桂郎 高蘆
号泣の薔薇もあるべし薔薇のたば 鎌倉佐弓 天窓から
名は晶子魂の名は赤い薔薇 高澤晶子 純愛
吾にまだ燃ゆるものあり薔薇真紅 石川文子
吾子に賜ふ天は日月地は薔薇を 岡田日郎
命ある日々が青春薔薇を観に 伊東宏晃
咲き切つて薔薇の容を越えけるも 中村草田男
咲き燃えて灰の渦輪の孤島の薔薇 高柳重信
咲く薔薇が平和の砦戦後の家 伊丹三樹彦 人中
善良に公園の薔薇見て帰る 富安風生
喜びを託せし薔薇に悲しみも 水田むつみ
喪の合唱白く珠なす薔薇の雨 三谷昭 獣身
喪章せる黒人急ぐ薔薇の坂 田川飛旅子 花文字
喫泉の老ゆるを知らぬ苑の薔薇 伊藤敬子
四阿に白き卓子や薔薇の雨 楠目橙黄子 橙圃
圃の薔薇病棟白昼を邃めたり 中尾白雨 中尾白雨句集
園の薔薇王者の自負を喪ひぬ 林原耒井 蜩
園丁老ゆ公爵の名の薔薇咲かせ 宮津昭彦
坂の辺や鼻缺婆の棲む薔薇垣 横山白虹
坂急になりて抱きし薔薇香る 大高 翔
垣の薔薇さんざん咲いてその名残り 高澤良一 随笑
垣の薔薇揺れてモーターボート過ぐ 森田峠 避暑散歩
垣薔薇にそふよりほてりくる匂ひ 原田種茅 径
垣薔薇に夕虹の尾のふれにけり 木下夕爾
垣薔薇に海の夜明けの雨光る 内藤吐天
垣薔薇の売女に匂ふ旦暮かな 飯田蛇笏 山廬集
塹壕に薔薇しばらくはふるへたり 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
声をかけ忘れて居れば薔薇ばらばら 清水径子
壺の薔薇ほぐるるを見て寝正月 大島民郎
壺の薔薇真夜も水吸ふ音立てず 河野南畦 湖の森
夏夕日石柱青き薔薇をまとふ 太田鴻村 穂国
夕焼消え真紅の薔薇を抱き来し 野見山朱鳥
夕風や白薔薇の花皆動く 正岡子規
夜の薔薇我が瞳に宿る赤き闇 吉原文音
夜の薔薇遥かよりわれ戻り来る 徳弘純 麦のほとり 以後
夜の零時メトロひびきて薔薇ちる 宮武寒々 朱卓
夜空涯なし星・薔薇・同志明日を期し 古沢太穂 古沢太穂句集
大元帥陛下は薔薇の濃きに酔ふ 筑紫磐井 婆伽梵
大寒の薔薇に異端の香気あり 飯田龍太
大輪の薔薇それぞれに顔を持つ 安部 桂
天国に近い薔薇です 空中修道院 伊丹三樹彦
天心の浜薔薇に朋たてこもる 大井恒行
夫の咳やまず薔薇喰ふ虫憎む 横山房子
奇想曲薔薇にふさはしプッチーニ 高澤良一 素抱
好きなものは玻璃薔薇雨駅指春雷 鈴木しづ子
妃の供華をはじめ薔薇の通夜となる 皆吉爽雨 泉声
婚の燭焔をたつるとき薔薇真紅 加藤耕子
子が与ふ薔薇の花びら天道虫 沢木欣一
子を抱かぬ腕に深紅の薔薇を抱く 谷口桂子
室咲の百万本の薔薇君に 稲畑廣太郎
宴果てゝまかるひとりに薔薇の雨 久保より江
家主に薔薇呉れたる転居哉 会津八一
寫眞の中四五間奥に薔薇と乙女 中村草田男
封ひらく薔薇を剪りたる花鋏 猪俣千代子 堆 朱
尖鋭も叡智も薔薇の姿とし 後藤夜半 底紅
展観の薔薇にあるべき媚態かも 相生垣瓜人 明治草抄
山国のわづかにひらく霜の薔薇 福田甲子雄
山畑やくれなゐの薔薇ひとつ咲く 岸本尚毅 鶏頭
巨き犬薔薇園に来て海を見る 原田青児
己が活けし薔薇へ礼してわが少女 田川飛旅子 『外套』
布教部委員改良服の揃ひ薔薇咲く 梅林句屑 喜谷六花
帆柱を集めし空も薔薇の季 大岳水一路
平安に薔薇の紅より昼がくる 桜井博道 海上
庭の薔薇汝に切り供ふ昨日また今日 及川貞 夕焼
彼のことを聞いてみたくて目を薔薇に 今井千鶴子
待つ刻があり蔓薔薇の蔓長く 津根元 潮
後園の薔薇に雨降る午後三時 内藤吐天 鳴海抄
心たる日の薔薇さはにひらきけり 木下夕爾
忘年や真赤な薔薇の束を抱き 吉田トヨ
忿怨のちらせし薔薇か夜のくだち 稲垣きくの 牡 丹
怠れば薔薇に椿にやいとばな 村上光子
恋人のああ何の瞳ぞ薔薇映し 高柳重信
恩愛の言葉短く薔薇くれなゐ 古舘曹人 能登の蛙
悔の糸夜の薔薇と甦へる 石塚友二 方寸虚実
悲しみの黒き装ひ薔薇を手に 藤木如竹
憂なきに似て薔薇に水やつてをり 安住敦
憩ふ椅子あり薔薇のアーチくぐる 津田清子 礼 拝
憶ひ出のありし如くに薔薇を見る 後藤夜半 底紅
我が為に薔薇を買ひ来ぬ淋しき日 東 容子
戦場の夜明け紅薔薇たちあがり 高澤晶子 純愛
手の薔薇に蜂来れば我王の如し 中村草田男(1901-83)
手持壺すべてふさぐに薔薇賜ふ 朝倉和江
折れている薔薇あり夜の雨を聞く 天野素子
抱かれたくゐて花束のままの薔薇 かとうさきこ
拒ばまれる拒ばむは薔薇の棘に似し 河野多希女 彫刻の森
持ち合はす乏しき時間薔薇に立つ 後藤夜半 底紅
指ふとき女薔薇売る巴里祭 高島茂
指先で薔薇枯れていく仮眠室 対馬康子 吾亦紅
捨てにゆく嚢のなかの薔薇の花 日原傳
支那服は前後へ二片薔薇寛らか 香西照雄 対話
教会の束ねて青き薔薇の棘 大木あまり 雲の塔
散らばりてそれぞれ好きな薔薇に立つ 深見けん二
散りざまの絵ごころ誘ふ薔薇四五片 高澤良一 寒暑
散りし薔薇テニスコートをふちどりて 岩崎照子
散る薔薇に下り立ちて蜂吹かれけり 渡辺水巴 白日
文の日といふ日大きな薔薇を剪る 下田稔
文学や梅雨来る机辺無季の薔薇 殿村莵絲子 牡 丹
旅人に黄薔薇の投げてあるうれし 池内友次郎 結婚まで
旅疲れなしとは言へず薔薇まぶし 阿部みどり女
旋盤のこんなところに薔薇活けて 菖蒲あや 路 地
日と薔薇とみどりご神も在すごとし 佐野美智
日の薔薇まぶしめば風髪を吹く 原裕 葦牙
日を吸ふも弾くも薔薇の色なりし 稲岡長
日時計や薔薇垣あをき海を截る 相生垣瓜人 微茫集
日時計を薔薇垣越しに読みゆける 相生垣瓜人 微茫集
日脚伸ぶ影をつぶさに薔薇の棘 馬場移公子
日記買ひ薔薇挿し彼の日憶ひをり 及川貞 夕焼
日輪にひびきてとべる薔薇の虫 飯田蛇笏 春蘭
日輪にひゞきてとべる薔薇の虫 飯田蛇笏
日長けたり出窓に並ふ花薔薇 尾崎紅葉
旭の薔薇に矗と彳つ博士夫人かな 竹下しづの女 [はやて]
星わかし薔薇のつぼみのーつづゝ 久保田万太郎 流寓抄
春曉の雲咲き八重の薔薇となる 石塚友二
春火桶二輪の薔薇に似たる火を 長谷川かな女 雨 月
昼深き日射に薔薇の疲れ見ゆ 細江大寒
晩年を薔薇に腐心の老大家 高澤良一 宿好
晴れ間縫ひ薔薇に噴霧器鳴らしをり 高澤良一 素抱
暁を学びて薔薇のひらく見つ 朝倉和江
曇天にシユールになれる薔薇であり 広井和之
曲目はまづ火の鳥や薔薇暮れて 大島民郎
月の女神来て一株蒼き薔薇ひらく 文挟夫佐恵 雨 月
月の露光りつ消えつ薔薇の上 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
月光にかたち崩さぬ白薔薇 石嶌岳
月雪や萎みかさねて垣の薔薇 飯田蛇笏 山廬集
朝の薔薇が聴いていたのは黒人霊歌 森田智子
朝日淡し厨の土間に薔薇散りて 香西照雄 対話
朝焼おそき旦薔薇は散りそめぬ 山頭火
朝風に薔薇惜しみなく香を放つ 木下夕爾
杖振つて単りの散歩薔薇の朝 中尾白雨 中尾白雨句集
束髪にして袴つけたり薔薇の花 正岡子規
来て見れば軒はふ薔薇に青嵐 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
東方に花一片の知恵もなし 青くたぎれる薔薇の原人 筑紫磐井 未定稿Σ
枯園や神慮にかなふ薔薇一つ 中田みづほ
栞はさみあるふみをひらく白薔薇に 鈴木しづ子
棘に触れ薔薇より紅き薬塗る 林翔 和紙
棘ばかり鋭くなりて薔薇老いぬ老いざるうちに死にたかりしを 築地正子
椅子を置くや薔薇に膝の触るゝ処 子規句集 虚子・碧梧桐選
椋鳥の飛翔律儀や薔薇の雨 堀口星眠 営巣期
機上の薔薇絶えず震うは酷らし 田川飛旅子 花文字
死にぎわの髪逆立つは薔薇の午前 久保純夫 水渉記
死ねば薫風明日へ明日へと薔薇百種 殿村莵絲子 牡 丹
死んで何せう夜の薔薇窓に燕の糞 塚本邦雄 甘露
殺めかけ薔薇否認する想像妊婦 仁平勝 花盗人
母と見しと一車の薔薇の街ゆくを 野澤節子 黄 瀬
母と距つ雪やぶ薔薇の根を宿し 成田千空 地霊
母の日がわが誕生日薔薇貰ふ 伊藤いと子
水いろの夕ぐれ薔薇を買ふ金なし 林田紀音夫
水彩の水を描きし薔薇に捨つ 橋本美代子
沖の船あるひは隠し薔薇の雨 池田秀水
河童の恋路に月の薔薇ちれる 飯田蛇笏 霊芝
泛く薔薇に茎のありける深空かな 正木ゆう子
泣き虫のまま卒園の薔薇胸に 吉原文音
海に触れゐて薔薇園の白き椅子 原田青児
海へ向きやさしく薔薇を食ぶ少年 宇多喜代子
涼しさのゆつくりひらく薔薇茶かな 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
深々と礼をするかに薔薇見入る 上田日差子
深く捲き尖る白薔薇自省勝ち 香西照雄 素心
湖暮れて薔薇籬なほも波をあぐ 岸風三楼 往来
湧き起る楽の如くに薔薇揺るる 西村和子 窓
潦つながりそめし薔薇の雨 後藤夜半 底紅
潮の香の満ちきて薔薇のゆらぐなり 鷲谷七菜子 黄 炎
濃き薔薇が大輪となる遅日かな 及川貞 夕焼
灯のとゞくかぎり降りしく薔薇の雨 斎藤空華 空華句集
灯の下に凍て解く薔薇よあゝ危し 林原耒井 蜩
焼け残る薔薇 園丁のあんぶれら 仁平勝 花盗人
熱砂降る砂漠の薔薇と言ふは石 小池文子 巴里蕭条
爆心地真紅は薔薇のほかになし 池田秀水
爆死せる人を羨しみ薔薇を愛す 川島彷徨子 榛の木
爆音に寸断の夢薔薇につなぐ 加藤知世子
父が夢の煉金薔薇霧暗し 内藤吐天 鳴海抄
父の日の薔薇の委曲を尽しけり 後藤夜半 底紅
父の日の薔薇を抱きて見せしこと 後藤夜半 底紅
牆の薔薇旅寝の*かやに近かりき 飯田蛇笏 霊芝
犬の仔の青眼の睫杳かの薔薇 下村槐太 天涯
猫と住み紅薔薇垣を隠れ蓑 殿村菟絲子
王妃名の薔薇濃し杳き断頭台 久保千鶴子
王宮に薔薇と鏡の大・公使 筑紫磐井 婆伽梵
生者かな薔薇束抱く愉楽のとき 和田悟朗
病む夫に鉢包まれて見舞薔薇 阿部みどり女 笹鳴
病癒えて力無き手や薔薇を折る 正岡子規
病眼へ薔薇は夜の怪となりゆくや 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
癒え近し紅薔薇鏡中にもあふれ 西村 梛子
白薔薇おもおもしくも朝ぐもり 飯田蛇笏 春蘭
白薔薇と成る黄蕾や赤子いかに 香西照雄 素心
白薔薇に花期を譲りて菫実に 田川飛旅子 花文字
白薔薇に饗応の麺麭温くからぬ 飯田蛇笏 霊芝
白薔薇の名はプリンセス嫁ぎけり 伊藤京子
白薔薇の城のやうなる蕾かな 石田郷子
白薔薇の天使が墜ちる朝の卓 吉原文音
白薔薇の白きひかりの遺りゐて 原田青児
白薔薇の開ききつたる翳りかな 橋本榮治 麦生
白薔薇口渇く日の続きけり 谷口桂子
白薔薇沸々と死が近くあり 石嶌岳
白薔薇買ふ山下りんの絵を見し日 森尻禮子
百本の薔薇に匹敵する言葉 生野 雅
盛花や撫子軽く薔薇の上 島村元句集
相応の薔薇の門あり領事館 高澤良一 素抱
眉毛濃き乙女の唇に薔薇一つ 今泉貞鳳
真くらがりゆゑ薔薇の香の生身かな 中村明子
眠る嬰児水あげてゐる薔薇の如し 飯田龍太
眦に薔薇の溢るる端居かな 上野泰 春潮
知らぬ間にあらあら薔薇のうどん粉病 高澤良一 素抱
石垣に薔薇咲き垂れて乞食眠る 内藤吐天 鳴海抄
石階を上り第二の薔薇の園 橋本美代子
磔像のうしろの薔薇を爪弾く 津田清子
福藁や籾置を敷く薔薇の蔓 香西照雄 素心
稼ぐ蟻散り敷く薔薇を迂回して 津田清子 二人称
窓掛に風が吹くなり紅薔薇 寺田寅彦
立て続け降る雨薔薇を砕きけり 高澤良一 さざなみやっこ
籠蛍ほのに照らせる薔薇白し 臼田亞浪 定本亜浪句集
籬の薔薇おはりし簾垂れにけり 岸風三楼 往来
精神科より薔薇投げ呉れぬ母の日よ 加藤知世子
紅茶あつし凍てつつ薔薇のひとさかり 春草
紅薔薇に闇来ても紅そこにあり 鈴木真砂女 夕螢
紅薔薇の棘の血粒あなかしこ 三橋敏雄 長濤
絨緞の薔薇が次の間までひらく 正木ゆう子
絵タイルの薔薇華やかにシャワー浴ぶ 赤尾恵以
絹の薔薇作りてしるく夏痩せす 寺井谷子
縁なくてすぐに庭なる薔薇かな 巨口句集つは蕗 武定巨口
置かれたる薔薇の匂へば筆執りぬ 林原耒井 蜩
美しき世界のはじめ卓の薔薇 磯貝碧蹄館
老いにも狂気あれよと黒き薔薇とどく 能村登四郎
老にも狂気あれよと黒き薔薇とどく 能村登四郎 寒九
老ゆるとも乳房は乳房薔薇の戸に 岸本尚毅 舜
老人が出て来て朝の薔薇剪りぬ 高澤良一 さざなみやっこ
老侯のマスクをかけて薔薇に立つ 高浜虚子
耳ほめく癖いつからか薔薇ひらく 猪俣千代子 秘 色
聖女学院薔薇ありて壁に傷 辻田克巳
背後より薔薇の一撃 喜劇果つ 楠本憲吉
胸に挿す薔薇の香りはわが香り 稲畑汀子 汀子句集
自らへ贈るくれなゐ強き薔薇 櫂未知子 貴族
自動車に買ひし薔薇の香閉じこめし 嶋田摩耶子
自転車の立てかけてあり薔薇の門 寺田寅彦
舞踏の人薔薇花前に語る哉 尾崎紅葉
色と云ひ隣家の薔薇に遜色なし 高澤良一 随笑
芝刈に微雨の垣薔薇もろかりき 西島麦南 人音
芝刈に薔薇の日暑くなりにけり 西島麥南
芝刈るや緑のしぶき薔薇を消す 京極杞陽 くくたち上巻
花びらの落ちつつほかの薔薇くだく 篠原梵 雨
花びらの薔薇のかたちを守りけり 辻美奈子
花嫁の総身ひかり薔薇に立つ 柴田白葉女
花嫁の花びら父母に薔薇捧ぐ 和知喜八 同齢
花市の薔薇のにほへり駕(チェア)ゆくに 山口波津女 良人
花薔薇したたかな幹枝構 瀧井孝作
花薔薇はみだしたがる色を巻き 嶋田一歩
花薔薇ショパン恋ふるも旅の情 高木晴子 花 季
芳香茶(フレバーティ)薔薇の季節にまだ遠く 高澤良一 素抱
芸術論薔薇に死臭のありにけり 奥坂まや
苑棘を残して薔薇の散りにけり 相生垣瓜人
若さを配達着薔薇越しに洗濯屋 磯貝碧蹄館 握手
若人にみどり児わが家薔薇の季 殿村莵絲子 遠い橋
英文手紙書きあぐむ子や薔薇の雨 石田あき子 見舞籠
苺摘むかそかな音も薔薇の奥 野見山朱鳥
茜色の薔薇に目覚めのメス並び 八木三日女 落葉期
草田男の墓真白き薔薇を活くるべし 石嶌岳
蕾よりすでに王妃の薔薇として 原田青児
薔薇あぢさゐ木苺の花酒保の雨 下村槐太 光背
薔薇あまた咲かせて苦労かかへこむ 檜 紀代
薔薇いきれとは心憎かりしかな 後藤夜半 底紅
薔薇いけて君は晝寝をするやらん 会津八一
薔薇いつも眩しむ人や慈眼細し 香西照雄 素心
薔薇うかべ/海をおそれる/晩年の河 高柳重信
薔薇うつる水底終ひの梅雨明り 飯田蛇笏 霊芝
薔薇うらゝ生活の憂ぞこゝに認ざり 中尾白雨 中尾白雨句集
薔薇が咲く裡なるものを調へて 三好潤子
薔薇が地の影と交す語 陽の盗聴 楠本憲吉
薔薇きよら美しき神こゝに棲めり 中尾白雨 中尾白雨句集
薔薇くだつことのよろしき階を下る 久米正雄 返り花
薔薇くづほれ一直線に師のもとへ 中村明子
薔薇くれし嫗みまかり薔薇咲ぬ 子規句集 虚子・碧梧桐選
薔薇こぼれをり佇みし人あらむ 宮津昭彦



以上
by 575fudemakase | 2014-05-02 08:58 | 夏の季語 | Trackback
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/22543759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング