人気ブログランキング | 話題のタグを見る

万緑

万緑

例句を挙げる。

ぱつちりと血や万緑の中に喀き 千代田葛彦 旅人木
またたびの葉の万緑をひらめかす 大橋敦子 匂 玉
みしみしとみしみしと夜の万緑 高野ムツオ
わがこころ万緑に開け放ちけり 石井とし夫
オホツクの風万緑に吹きすさぶ 右城暮石 上下
ガイドブック手に万緑の寺めぐり 小松和子
ケーブルに赤子万緑従へり 野澤節子 黄 炎
一曲りして万緑の山に入る 佐藤 八山
万緑となる東京や髭伸びつつ 榎本冬一郎 眼光
万緑と我と一瞬弓を引く 今井千鶴子
万緑にあげて祝詞は言葉の祖 赤松[ケイ]子
万緑になじむ風鈴夜も昼も 蛇笏
万緑にゆだねしごとき命かな 青木重行
万緑にゐて天地の息づかひ 川口襄
万緑にラムネ奔騰させ若し 鷹羽狩行 誕生
万緑にレーニンの禿本を読む 大木あまり 火のいろに
万緑に五重の塔の朱をこぼす 松本澄江
万緑に加はりてあり千枚田 嶋田摩耶子
万緑に吾が眼鏡澄み吾が非力 楠本憲吉
万緑に坐せし新聞凹みしまゝ 右城暮石 上下
万緑に大吊橋の軋む音 山下美典
万緑に抑へ込まるゝ一堂宇 高澤良一 ももすずめ
万緑に抱かれしより光る沼 稲畑汀子 汀子第三句集
万緑に抱かれて渓の音弾む 渡辺嘉幸
万緑に朴また花を消すところ 皆吉爽雨(1902-1983)
万緑に染りて命綱外す 中居梨津子
万緑に沈む夕日の朱を見たり 福田蓼汀 秋風挽歌
万緑に浮びし長谷の舞台かな 小竹梅堂子
万緑に淵のしづけさ極まりぬ 岡本まち子
万緑に火をうち込みぬ登り窯 落合水尾
万緑に硬山かむろなすところ 夏秋仰星子
万緑に磐を配す立石寺 高澤良一 素抱
万緑に蒼ざめてをる鏡かな 上野泰 春潮
万緑に頬ふくらませ吹く喇叭 福田蓼汀 秋風挽歌
万緑に黄に横に竹四つ目垣 上野泰 佐介
万緑のあの世この世を風来坊 大口元通
万緑のあまりに激し眩みをり 杉山岳陽 晩婚
万緑のおのれ亡き世のごときかな 岸田稚魚
万緑のこの静けさに囲まるる 阿部ひろし
万緑のしたたる谿に温泉あり 上村占魚 球磨
万緑のところどころに天の窓 山本歩禅
万緑のひとつの幹へ近づきぬ 桜井博道 海上
万緑の一幹馬首のごと叩く 狩行
万緑の一端を食む牧の牛 柿沼昭治
万緑の一紺として四葩冴ゆ 石塚友二
万緑の一葉を毟り取りにけり 行方克巳
万緑の万物の中大仏 高浜虚子
万緑の上にみどりの伊吹山 福田蓼汀 山火
万緑の中さやさやと楓あり 青邨
万緑の中に名水訪ねけり 福島五十鈴
万緑の中に胎動日々強く 合原 泉
万緑の中の一山杉の鉾 野澤節子 黄 炎
万緑の中の一点美術館 橋本榮治 麦生
万緑の中はじめての喪服着る 皆吉司
万緑の中やこぼるゝ麦の飯 萩原麦草 麦嵐
万緑の中や三井寺荒れにけり 野見山朱鳥
万緑の中や吾子の歯生え初むる 草田男
万緑の中より太き川出づる 加藤憲曠
万緑の中より現れて神の鳩 毛塚静枝
万緑の中層々と贋アカシア 橋本多佳子
万緑の中残雪の主峰峙つ 伊東宏晃
万緑の中鳳凰は釘づけに 大橋敦子 手 鞠
万緑の分水嶺に人灯す 加藤耕子
万緑の動いて風の五浦かな 福島壺春
万緑の吉野両断吉野川 右城暮石 上下
万緑の吊橋一人でも揺るる(三波石峡二句) 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
万緑の墨のごとしや海芋咲き 山口青邨
万緑の声あげて「南無妙法蓮華経」かな 橋本夢道 『無類の妻』以後
万緑の天地有情や杣男(鍵谷芳春を詠む) 原裕 『葦牙』
万緑の奥のつめたき水の音 蕗村
万緑の宇陀郡ぬけて吉野郡 暮石
万緑の家に老婆が一人ゐし 右城暮石 上下
万緑の展けて海の沖の照り 枡田国市
万緑の山高らかに告(の)りたまへ 奥坂 まや
万緑の底に棺桶用の樹よ 櫂未知子 蒙古斑以後
万緑の底に物音なく牧場 畠中じゆん
万緑の底の峡の温泉一人占め 小谷渓子
万緑の底を歩きし髪湿る 森澤照子
万緑の旅のやうやく身に温泉の香 皆吉爽雨 泉声
万緑の朴がしたたる禿頭 和知喜八 同齢
万緑の森に入る目をガラスにして 正木ゆう子
万緑の水うごきをり鳴子峡 青木重行
万緑の水打つ牛飼左千夫墓(「牛飼ひが歌よむ時に世のなかの新しき歌大いにおこる」左千夫) 角川源義 『秋燕』
万緑の法の高野に献木す 大橋敦子 手 鞠
万緑の深みにはまりゐたりけり 徳永球石
万緑の湖畔はなべて幹倒れ 皆吉爽雨 泉声
万緑の点となるまで車椅子 小田欣一
万緑の狭間の海や船ゆけり 藤田鶴之丞
万緑の谿へせり出す厠かな 近藤一鴻
万緑の賞味期間の真つただなか 櫂未知子 貴族
万緑の隠しきれざる火口壁 飯島正人
万緑の雨に鳥獣生れつぐ 茂恵一郎
万緑は甲斐の峠に他ならず 萩原麦草 麦嵐
万緑へ山小屋の鍵ひびかせり 渡辺桂子
万緑も窓も無傷と思ふなり 櫂未知子 蒙古斑以後
万緑や「死」に入るごとき櫓門 藤岡筑邨
万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて 橋本多佳子
万緑やおもへばながき冬ごもり 西本一都
万緑やこけし笑まわす筆さばき 田畑はつ枝
万緑やこぼさぬやうに産湯桶 鷹羽狩行 平遠
万緑やのぼりきつたる男坂 林 尚子
万緑やはづしてしまひたき頭蓋 吉原文音
万緑やまだ炭の香の廃れ炭窯 川村紫陽
万緑やみどり児の掌に生命線 都筑智子
万緑やわが恋川をへめぐれる 角川源義 『口ダンの首』
万緑やわが掌に釘の痕もなし 誓子
万緑やわが額(ぬか)にある鉄格子 橋本多佳子(1899-1963)
万緑やバスの後退笛ひとつ 那須淳男
万緑やラインに絵巻のごと古城 関森勝夫
万緑や一塔とほき世より立つ 西川 織子
万緑や一樹吹きしぼられてをり 串上青蓑
万緑や一語づつ読むマタイ伝 田島佑子
万緑や乱れ許さぬバツハの譜 吉原文音
万緑や人はその日の色を著て 嶋田一歩
万緑や伏せ甕の罅地にとどく 内藤吐天 鳴海抄
万緑や力をこめて鐘をつく 非文
万緑や動かぬ山の近づき来 永田耕一郎
万緑や古志の国より塩の道 西本一都 景色
万緑や囚徒拓きし直線路 松本泰志
万緑や地の涯汀まで樹海 西本一都
万緑や地より剥がせし青目石 西本一都 景色
万緑や外から見れば暗き團居 香西照雄 対話
万緑や天狗棲むには山低き 石山佇牛
万緑や太初の言葉しづかに炎え 野見山朱鳥
万緑や山もろともに渡来せる 和田悟朗 法隆寺伝承
万緑や山羊のきづなも草がくれ 栗生純夫 科野路
万緑や山雨が醒ます昼の酒 石川桂郎 高蘆
万緑や巨岩の孤独はじまれる 殿村菟絲子 『晩緑』
万緑や巨石の孤独はじまれる 殿村莵絲子 雨 月
万緑や幹の片側波はしり 近藤一鴻
万緑や庭師に多き当麻族 つじ加代子
万緑や御座船の朱ケゆるぎ無く 岡本差知子
万緑や悲しみをもて胸充たす 殿村菟絲子
万緑や我れを忘れて汝となる 山崎十死生
万緑や抱きしめてのち納骨す 法水有里
万緑や採石山は万の傷 和泉伸好
万緑や揮毫の全紙老を乗せ 赤松[ケイ]子
万緑や撲たれしごとき身の火照り 岡本眸
万緑や日月われをめぐるのみ 野見山朱鳥
万緑や木の根の湿り蹠に 原裕 葦牙
万緑や木の香失せたる仏たち 伊藤通明
万緑や木曾路はすべて山の中 今井杏太郎
万緑や杣の葬りの吹流し 西本一都 景色
万緑や森の鳥語はみな愛語 藤原たかを
万緑や死はもろもろの管とれて 三嶋隆英
万緑や死は一弾を以て足る 上田五千石 田園
万緑や水につながる死者生者 加藤耕子
万緑や江山文庫興りし地 桑田青虎
万緑や波をつくりて紙を漉く 近藤静輔
万緑や泳ぐすがたの病臥身 稚魚
万緑や温泉あるゆゑの山の駅 石山佇牛
万緑や湿り貯はふ一据石 村越化石
万緑や溢れせしもの水と恋 河野多希女 納め髪
万緑や瀬音のふかき峠道 林 宏
万緑や火の山鳴りが押しわたる 中條明
万緑や火を焚けばなにか寒さあり 斎藤空華 空華句集
万緑や牛飼ひの掌のひろく優し 成田千空 地霊
万緑や猿の子はもう猿の貌 山田麦車
万緑や現在位置を朱で示し 蛯子雷児
万緑や球も楽しき右往左往 香西照雄 素心
万緑や生きるためのみ口あける 対馬康子 吾亦紅
万緑や産声を待つ控室 浅見まき子
万緑や産屋の刻の移りをり 齋藤玄 飛雪
万緑や病者夕べも麦藁帽 上野さち子
万緑や真っただ中にいる乞食 対馬康子 純情
万緑や磔像錆の血を流す 野見山朱鳥
万緑や筋交ひ打たぬ家もなし 西本一都 景色
万緑や薩摩切子に日の返り 今泉貞鳳
万緑や血の色奔る家兎の耳 河合凱夫
万緑や血の鮮烈に殉教図 内藤吐天 鳴海抄
万緑や許せぬものも四囲に満つ 香西照雄 対話
万緑や貧者も得たる母子手帳 磯貝碧蹄館 握手
万緑や鈴の緒いたむ弁天堂 中村冨美子
万緑や雲に分け入る僧一人 金箱戈止夫
万緑や青年耶馬の陶に生く 阿部みどり女
万緑や高舞ふ一羽鷹と見し 米田双葉子
万緑をしりぞけて滝とどろけり 鷲谷七菜子(1923-)
万緑をもつて秘したる修験道 加倉井秋を 『隠愛』
万緑をゆくうらごゑをきき覚ゆ 中田剛 珠樹
万緑を一蝶浅くめぐりゐる 阿部みどり女
万緑を下降すケーブルカーに坐し 右城暮石 上下
万緑を吹きなびかせて雨来たる 池口美奈子
万緑を抜けし列車は蒼白に 小林 武
万緑を来る風若さは白き皿 柴田白葉女
万緑を水に活けたり竹生島 杉浦和生
万緑を統べて神話の塔高し 稲畑廣太郎
万緑を蒐めて伊豆の岬かな 福田清人 坂鳥(附・生い立ちの記)
万緑を顧るべし山毛欅峠 石田波郷
万緑叢中 花柄の忘れ傘 守田椰子夫
万緑日本よ宣戦布告なきベトナム侵略の共犯者 橋本夢道 無類の妻
万緑暗し一石路罪なき命、召し捕らる 橋本夢道 良妻愚母
万緑無情こと切れし吾に口きく海の底 橋本夢道 無類の妻
万緑裡蹄音おこり遠ざかる 大橋敦子
二の腕細き遺児よ万緑左右に迫り 香西照雄 素心
何釣るでなく万緑を釣つてをり 岩岡 中正
使ひ捨てカメラ万緑あふれしむ 北見さとる
倒れ木は朽つるままなり万緑裡 山本歩禅
六甲といふ万緑を横たふる 三村 純也
口開けて死が待ってゐる万緑 栗林千津
可惜しや万緑とざす霧峠 川畑火川
咳止みて万緑滾りゐる寝覚め 斎藤空華 空華句集
夜をはなれ行く万緑の牧場かな 中田佳都美
奈落めく万緑の谷蝶ただよふ 鷲谷七菜子 雨 月
宝庫とても半ばは闇や日の万緑 香西照雄 素心
寂として万緑の中紙魚は食ふ 楸邨
尚動く亡き子の時計万緑裡 楢崎六花
抽象具象の量感万緑のまつただ中 河野多希女 彫刻の森
方舟(はこぶね)で万緑の梢漂わん 中島斌雄
椿落ちて万緑叢中一朱唇 楠本憲吉
樅は北方人万緑にこの黒さ 村上冬燕
橋揺れてきて万緑の揺れはじむ 古館曹人
歩みだす万緑といふ枷の中 櫂未知子 蒙古斑
死の肯定万緑のなか水激ぎつ 鈴木しづ子
水軍の島万緑に盛りあがり 西村旅翠
海境なし万緑の志摩と伊勢 百合山羽公 寒雁
深吉野は深き万緑無音界 梅本幸子
濁世なれども万緑の山河あり 見田英子
火の山の裾万緑に道はあり 上村占魚 球磨
火葬のとき熱いのはこまる万緑 栗林千津
牛乳を飲む万緑に負けぬやう 辻美奈子
甕の濡れ一条黒し万緑下 静塔
登れども登れども万緑界を出でず 福田蓼汀 秋風挽歌
目つむれど尚万緑の中に在り 森田幸夫
矢放たれ万緑に吸ひこまれゆく 今井千鶴子
祓い塩白し万緑おしひらき 長谷川かな女 花 季
肘若し万緑に弓ひきしぼり 野崎ゆり香
腕を上げ万緑の枝つかみけり 松尾隆信
逃げ足をちどりに鹿と万緑と 赤松[けい]子 白毫
道坂となりて万緑もりあがり 成瀬正とし 星月夜
長く生きこの万緑のたかぶりに 関口みぐさ
雲水の声万緑の堂に満つ 加藤耕子
青年に万緑の塵見えず飛ぶ 原裕 葦牙
鯉の跳ね万緑一瞬緋の入りぬ 尾崎弘子

以上
by 575fudemakase | 2014-06-12 00:50 | 夏の季語 | Trackback
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/22739004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...
My style

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねえ、どれが いい? ジョン..
at 2022-08-20 08:14
コートニー ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 07:08
ピクニック ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 06:36
ガンピーさんのふなあそび ジ..
at 2022-08-19 17:25
まるのおうさま 谷川俊太郎 ..
at 2022-08-19 16:36
うそ 詩 谷川俊太郎 絵 中..
at 2022-08-19 16:09
もこ もこ たにかわしゅんた..
at 2022-08-19 11:44
おじいちゃん ジョン・バーニ..
at 2022-08-19 11:04
ラチとらいおん マレーク・ベ..
at 2022-08-19 09:35
版画 のはらうた I ..
at 2022-08-19 08:41
んぐまーま 大竹伸朗・絵 谷..
at 2022-08-19 06:42
こんな本出てました。
at 2022-08-18 03:09
棚田を歩けば 文・絵 青柳健..
at 2022-08-16 17:42
版画 のはらうた II ..
at 2022-08-15 16:02
版画 のはらうた V 詩..
at 2022-08-15 15:07
版画 のはらうた III ..
at 2022-08-15 14:22
土竜を含む俳句例
at 2022-08-15 13:14
もぐらはすごい アヤ井アキコ..
at 2022-08-15 12:02
ぼく、だんごむし 得田之久 ..
at 2022-08-15 11:52
電柱 電信柱 の俳句
at 2022-08-15 10:36

外部リンク

記事ランキング