梅雨寒

梅雨寒

例句を挙げる。

ありなしの月夜の町や梅雨寒き 木歩句集 富田木歩
うとましや声高妻も梅雨寒も 久保田万太郎 流寓抄
その言やよし梅雨寒の蔵六に 田中裕明 花間一壺
とびからす病者に啼いて梅雨寒し 石橋秀野
ひとりごち吾にかへるも梅雨寒く 石川桂郎 四温
よるべなう螻蛄も水掻く梅雨寒き 金尾梅の門 古志の歌
一本の燭に梅雨冷え浮御堂 原裕 出雲
人形は軽く口開け梅雨寒し 対馬康子 吾亦紅
代牛の尾にひく水や梅雨さむさ 菅原師竹句集
何も食はで寝ん梅雨寒のすが~し 中島月笠 月笠句集
家の中作業衣干して梅雨さむし 菖蒲あや
寒き梅雨基地日本は蒼茫と 小松崎爽青
我が胸に梅雨さむき淵ひそみけり 中村嵐楓子
手綱噛む癖ある馬や梅雨寒し 椎橋清翠
掃除夫が去り梅雨寒の壁ありぬ 池内友次郎 結婚まで
栄西忌修す寿福寺梅雨寒し 小宮東苑
梅雨さむき道たどり来しつかれかな 久保田万太郎 流寓抄
梅雨さむき養痾を花にねむりけり 石原舟月 山鵲
梅雨さむく嬰児哭けるはいつしんに 岸風三楼 往来
梅雨さむく映画製作の深夜あり 瀧春一 菜園
梅雨さむく鏡裡のわが瞳われを視る 柴田白葉女 遠い橋
梅雨さむく養痾を花にねむりけり 石原舟月
梅雨さむし数へて十にたらぬ鶏 上村占魚 鮎
梅雨さむし昇降機の指針うごき出す 横山白虹
梅雨さむし胸あてゝ上ぐ糞尿管 岩田昌寿 地の塩
梅雨さむし赤い鼻緒にすげかへて 長谷川双魚 風形
梅雨さむし鬼の焦げたる鬼瓦 楸邨 (広島)
梅雨さむや撫づるにまかす老神馬 高桑義生
梅雨冷えのすゐれんすでに眠りけり 久保田万太郎 流寓抄以後
梅雨冷えのサラダのトマト赤きかな 久保田万太郎 流寓抄以後
梅雨冷えの墨磨る手もと狂はする 河野南畦 湖の森
梅雨冷えの夜具を引き合ふ島泊 毛塚静枝
梅雨冷えの来て何もかもつゝみたる 久保田万太郎 流寓抄以後
梅雨冷えや炉端充たして御幣餅 河野南畦 湖の森
梅雨冷のふところに猫楸邨忌 中拓夫
梅雨冷の白衣着てより夫へだたる 八牧美喜子
梅雨冷の耶蘇名をマリヤてつの墓 長谷川双魚 『ひとつとや』
梅雨冷や崖田にねまる出羽の山 角川源義
梅雨冷や工衣に光る漆垢 古畑丁津緒
梅雨冷や担ひて重き棺の師よ 奈良文夫
梅雨寒う炉辺の鶏糞拭ひけり 金尾梅の門 古志の歌
梅雨寒う藁火埃の素湯すゝる 金尾梅の門 古志の歌
梅雨寒きことそののちにつづくなり 八木林之介 青霞集
梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ 鈴木真砂女 生簀籠
梅雨寒く懐中汁粉ときにけり 白水郎句集 大場白水郎
梅雨寒く鏡裡のわが瞳われを見る 柴田白葉女
梅雨寒したまにぐつすり寝て見たや 菖蒲あや 路 地
梅雨寒しわざと消したる声の艶 久保田万太郎 流寓抄
梅雨寒しジェンナーは子をいとしめる 成瀬桜桃子 風色
梅雨寒しピストルといふ形かな 皆吉司
梅雨寒しベッド上段よりの川 対馬康子 純情
梅雨寒し口紅少し濃く引くと 金井綺羅
梅雨寒し教会堂の昼の鐘 上村占魚 鮎
梅雨寒し父一生の掌なりけり 阿部みどり女
梅雨寒し猫が手紙を跨ぐ見て 石川桂郎 高蘆
梅雨寒し白い方程式の中 対馬康子 吾亦紅
梅雨寒の「オルフェ」を観しが別れけり 石川桂郎
梅雨寒のわが生きて醒む手術室 伊東宏晃
梅雨寒の傘ふるふると畳みけり 高澤良一 素抱
梅雨寒の口に拳をあてて咳く 加倉井秋を 午後の窓
梅雨寒の地下に拝がむ涅槃像 大久保太市
梅雨寒の夫婦まづしく寝まりけり 岸風三楼 往来
梅雨寒の廊に転がり鬱の妻 猿山木魂
梅雨寒の日の出早かれ柳散る 渡辺水巴 白日
梅雨寒の昼風呂ながき夫人かな 日野草城
梅雨寒の朝の白粥命愛し 伊東宏晃
梅雨寒の松の木洩れ日磯の音 中拓夫 愛鷹
梅雨寒の歯科医のガス火とろりと点く 鳥居おさむ
梅雨寒の母を頼むと遺書一行 冨田みのる
梅雨寒の母子に青葉隙間なし 原コウ子
梅雨寒の猫に怒りをよみとらる 三沢みよし
梅雨寒の砂丘の帰路はあらあらし 古館曹人
梅雨寒の竹が誘ふ外厠 斎藤玄
梅雨寒の竹人形の袖たもと 井沢正江 湖の伝説以後
梅雨寒の肱をあらはに火焚く妻 猿橋統流子
梅雨寒の腕撫でて肘につき当る 林翔
梅雨寒の蔵にをさまる笛太鼓 佐川広治
梅雨寒の薄き屍と弟子ひとり 細川加賀 『傷痕』
梅雨寒の袖なし編むは鳩車 西本一都 景色
梅雨寒の触る手ひゃっと心電図 高澤良一 素抱
梅雨寒の黴を育てて鶴のごと 高橋睦郎 稽古飲食
梅雨寒やこの頃棟にゐつく鳥 乙字俳句集 大須賀乙字
梅雨寒やミズナラの葉を吹き返へし 前田普羅 飛騨紬
梅雨寒や三ツ葉の花の夕焼けて 佐野青陽人 天の川
梅雨寒や予後身につきし早寝癖 北野民夫
梅雨寒や句屏風をたて香をたき 武原はん女
梅雨寒や右顧左眄して小吏老ゆ 青木重行
梅雨寒や子牛をしきり舐むる牛 三宅句生
梅雨寒や尼の肋骨数うべう 前田普羅 新訂普羅句集
梅雨寒や屏風を渡る蝸牛 庄司瓦全
梅雨寒や机の下の膝法帥 西島麦南 人音
梅雨寒や泣きし小説の作者塚 桂樟蹊子
梅雨寒や葦生に首を伸ばす鷺 橋本榮治 逆旅
沖の月さむきは梅雨のきたるらし 佐野まもる 海郷
法燈に日月寒し梅雨の苔 碧雲居句集 大谷碧雲居
泰衡の首級桶見す梅雨寒し 大橋敦子
獨り居や梅雨寒の窓白々と 内田百間
老鴬のあとの梅雨冷えまさるなり 石川桂郎 含羞
蒼ざめし馬の来たれる梅雨寒く 大道寺将司
身の内の退屈の蟲鳴き出す梅雨 高澤良一 寒暑
身一つに耐ふ人の訃と梅雨寒と 皆吉爽雨
迷ひ犬の貼り紙褪せて梅雨寒し 脇本幸代
通訳ナターシヤ梅雨寒言へり悲しげに 猿橋統流子
遊学の子と旅に逢ふ梅雨寒や 近藤一鴻
釈台に梅雨寒き肱もたすさヘ 久保田万太郎 流寓抄
鍵盤を匍ふ梅雨寒の鸚鵡かな 宮武寒々 朱卓
雄哮を挙げ梅雨寒を吹き飛ばす 藤波孝堂


以上
by 575fudemakase | 2014-06-16 00:13 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/22739836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

厚岸草 の俳句
at 2018-09-18 06:55
孤独 の俳句
at 2018-09-12 09:10
紅一点 の俳句
at 2018-09-12 02:27
昭和 の俳句
at 2018-09-11 06:07
カヌー の俳句
at 2018-08-29 08:35

外部リンク

記事ランキング