人気ブログランキング |

茅の輪

茅の輪

例句を挙げる。


8の字に茅の輪をくぐり縺れし児 平井さち子 紅き栞
あきらかに茅の輪くぐりし前と後 斉藤美規「百年」
あともどり出来ぬ茅の輪に身を入るる 赤松子
ありあまる黒髪くぐる茅の輪かな 川崎展宏「夏」
あをあをと津軽が匂ふ茅の輪かな 鈴木鷹夫「千年」
あをき小木のあをき茅の輪をくぐられしに 黒田杏子 花下草上
いびつなる島の茅の輪をくぐりけり(小木木崎神社) 岸田稚魚 『萩供養』
お手綱も茅の輪のみどり湖の宮 松田雄姿 『矢筈』
くぐりたる茅の輪に昼の火照りかな 三上智恵
くぐりつつ乾坤青き茅の輪かな 井沢正江
くらがりに水の匂へる茅の輪かな 戸川稲村
くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明「夜の客人」
これ程に生きて茅の輪をくぐりけり 梶山千鶴子
しとゞなる雨の茅の輪をくゞりけり 大川きよ女
せがまれて茅の輪なんどもくぐりけり 後藤兼志
ためらはず雨の茅の輪をくぐりけり 片山由美子 風待月
ちと乱る茅の輪をくぐり抜けにけり 高澤良一 素抱
ぬけて行茅の輪の先や夜の秋 松岡青蘿
ひと世経し如く茅の輪をくぐりけり 田村正義「水輪」
ふり返る茅の輪の中も鯖火燃ゆ 山崎冨美子「足音」
ほどほどに生きなむ茅の輪くぐりけり 西川 五郎
まだ誰も通らぬ茅の輪風が抜け 杉山伊都子
まつすぐに汐風とほる茅の輪かな 名取里美
まん丸にあらざる茅の輪くぐりけり 岩崎照子
みちのくの毳立つ茅の輪くぐりけり 矢島渚男 天衣
みづうみへゆらりとぬけて茅の輪かな 大石悦子
みづうみへゆらりと抜けし茅の輪かな 大石悦子 群萌
ゆるやかに巻かれて匂ふ大茅の輪 内藤恵子
をのこ抱き茅の輪をくぐる胸白き 山口青邨
ライオンの抜けてきさうな茅の輪かな 小野口正江
一人強し夜の茅の輪をくぐるわれ 杉田久女
一円に一引く注連の茅の輪かな 松本たかし
一円を立てて茅の輪に内外あり 松本たかし
一切の荷物茅の輪の外に置く 鈴木美佐子「あめんぼう」
一山の緑の暗き茅の輪かな 石田勝彦 秋興
一抜けて二抜けて茅の輪くぐりかな 関戸靖子
一日を終りし我の茅の輪かな 八木林之介 青霞集
一蝶の現れくぐる茅の輪かな 深見けん二 日月
丈制せられて茅の輪をくぐりけり 片山由美子 水精
三人に一つの月の茅の輪かな 古舘曹人 砂の音
三日月の匂ふ茅の輪をくゞりけり 徳永山冬子
三日月の金無垢を置く茅の輪かな 野見山朱鳥「運命」
人去りて茅の輪蛍のあそびをり きくちつねこ
人妻の茅の輪を抜けて戻りけり 松瀬青々
人影のなき境内の茅の輪かな 片山由美子 水精
人澄むや茅の輪くぐりしあとの歩も 大岳水一路
人絶えし茅の輪くゞりて巫女下向 高須孝子
人絶えし茅の輪に雀来てをりぬ 今井真寿美
傾きしまゝの茅の輪をくゞりけり 鈴木綾園
八の字に茅の輪抜けゆく車椅子 小田弘子
六十が不思議でならぬ茅の輪かな 細川加賀 『玉虫』
円窓を潜る心地の茅の輪かな 須賀遊子 『保津川』
勤め人茅の輪せかせか潜りけり 高澤良一 暮津
卒寿の手茅の輪にかけて潜らんと 大橋 宵火
古歌一つ口に出でたる茅の輪かな 鈴木鷹夫 春の門
吹かれ来て茅の輪くぐれり山の蝶 茂里正治
吹きぬけて茅の輪に糸のごときもの 古舘曹人 樹下石上
国学の徒としてくゞる茅の輪かな 森田峠 避暑散歩
地を掃きて立てて太しき青茅の輪 後藤夜半 底紅
夕じめりして香のもどる茅の輪かな 大熊輝一 土の香
夕月のくぐりし茅の輪くぐりけり 三田きえ子
夕闇の迫る茅の輪をくぐりけり 石川冨美子
夕風にさやぎいでたる茅の輪かな 銀漢 吉岡禅寺洞
夕風や茅の輪くぐりし身の軽さ 斎藤道子
夜の宮のうすあかりして茅の輪あり 高野きよ子
夜の潮の引きし茅の輪をくぐりけり 栗栖恵通子
夜詣や茅の輪にさせる社務所の灯 高浜虚子「虚子全集」
大プール茅の輪くぐりし身を放つ 岩田由美 夏安
大前に昏れてゐたりし茅の輪かな 岸風三楼 往来
大前に結ひしばかりの大茅の輪 瀬戸十字
大前をすこし避けたる茅の輪かな 辻本斐山
大茅の輪乾ける処と濡るる処 高澤良一 暮津
大茅の輪仕上り風が先づくぐる 高澤良一 ももすずめ
大茅の輪大蛇を跨ぐ心地せり 高澤良一 ねずみのこまくら
大茅の輪日向臭きをくぐりけり 雨宮きぬよ「白妙」
大茅の輪雨具携え潜りけり 高澤良一 鳩信
大金をもちて茅の輪をくぐりけり 波多野爽波(1923-91)
天を摩す建物ふえて茅の輪結ふ 百合山羽公 寒雁
天地の力もて結ひ茅の輪かな 長谷川櫂 天球
奥のあるやうに茅の輪を覗きけり 木村淳一郎
子をつれて茅の輪を潜る夫婦かな 大江丸「俳懺悔」
子を中に夫婦くぐれる茅の輪かな 小原菁々子
守武を祀れる宮の茅の輪かな 橋本鶏二
対岸の灯り初めたる茅の輪かな 渡部元子(櫟)
小合溜見下ろし茅の輪くぐりけり 町田しげき
少年のはしりくぐれる茅の輪かな 田淵耕易
屈託のけつまづいたる茅の輪かな 有馬朗人
巫女の舞ふ鈴の音とほる青茅の輪 池田博子
己が身を直径として茅の輪かな 能村研三 鷹の木
帯白く茅の輪くゞりし人や好し 梅史
帰国子をいざなひ潜る茅の輪かな 塩谷はつ枝
急ぎ来て茅の輪をくぐる指の反り 川崎展宏
息災にありあれ茅の輪潜りつゝ 石塚友二「光塵」
息災に在り在れ茅の輪潜りつゝ 石塚友二 光塵
我くぐり入りたるときの茅の輪かな 成瀬正とし 星月夜
星出でていよよ茅の輪の匂ふかに 永井龍男
時かけて海の暮れゆく茅の輪かな 浅井一志(白露)
暗き灯に夏越の茅の輪結ひ急ぐ 松本 幹雄
月入れて全き円の大茅の輪 有馬朗人
月明の茅の輪を一人くぐれるか 山西雅子「夏越」
本殿を閉ぢ月のある茅の輪かな 深見けん二 日月
松風のときをり高き茅の輪かな 草間時彦「瀧の音」
桐の木も茅の輪くぐりしひとも暮れ 神尾久美子
森青く茅の輪の奥に暮れ残る 神谷文子
武蔵野の青笹匂ふ茅の輪かな 鎌須賀礼子
水たまりとんで茅の輪をくぐりけり 荻野ナミ
水兵のくぐる茅の輪を遠ながめ 森田 愛子
永らへて茅の輪潜れり潜りけり 石塚友二 光塵
汐の香の海女がくぐれる茅の輪かな 町田しげき
泉より刈り来て茅の輪結ひにけり 根岸 善雄
海の子の茅の輪くぐりに興じをり 中村苑子
海の影茅の輪に入れて祓はるる 大澤 柿村
海光のあふるる茅の輪くぐりけり 前田 青紀
海風の吹き抜け茅の輪潜りけり(瀬戸神社) 高澤良一 暮津
淡々と生きて跨ぎし茅の輪かな 能村登四郎
湖の風の吹き抜く茅の輪かな 猪股洋子
漁に出る支度でくぐる茅の輪かな 高野岩夫
潮焼の漁夫の太腕茅の輪結ふ 松本幹雄
潮錆の丹後の茅の輪くぐりけり 間宮あや子(馬酔木)
炎曳く星とくぐりし茅の輪かな 原裕 正午
産土神の茅の輪大きく楕円なり 中尾杏子
町中へ近道社の茅の輪抜け 関森勝夫
白杖の先の触れたる茅の輪かな 板倉馨子
白雲や茅の輪くぐりし人の上 乙二「乙二発句集」
盲導犬連れて茅の輪をくぐりけり 山下 佳子
盲杖のさぐりあてたる茅の輪かな 本山邑多
看とる身の病まれず茅の輪くぐりけり 八牧美喜子
神官のごはごはくぐる茅の輪かな 蓬田紀枝子
神楽笛空より降つて茅の輪かな 中村祐子
神鶏の茅の輪をくぐる親子連 杉山青風
祭後孤り茅の輪を潜りけり 鬼頭進峰
禰宜くゞりゆきし茅の輪へ人なだれ 太田文萌
秋冷や古りし茅の輪をくぐるより 石川桂郎 高蘆
空青き方へとくぐる茅の輪かな 能村研三「海神」
立ち浮む瑞の茅の輪をくぐりけり 松本たかし
筑後川茅の輪の中に曲がりけり 久保山敦子
箱根神社雨降る茅の輪くぐりけり 加藤南風子
終ひの地と決めて茅の輪をくぐりけり 福士岬人
編みたての茅の輪の匂ふ布留の宮 朝妻 力
胎の子を先だててゆく青茅の輪 横山椒子
茅の輪あり往診鞄提げくぐる 原田一郎
茅の輪くぐりて漁火の海に立つ 古賀昭子(玉藻)
茅の輪くぐり星降る夜空詣でけり 星野立子
茅の輪くぐり楢の小川の橋渡る 岸風三楼 往来
茅の輪くぐるはじめの一人薄笑ひ 鈴木鷹夫 渚通り
茅の輪くぐる人体すこしゆるめにし 岸本マチ子
茅の輪くぐる人体少しゆるめにし 岸本マチ子
茅の輪くぐる先頭は白い烏 安田くにえ
茅の輪くぐる四捨五入せし物忘れ 田畑はつ枝
茅の輪くぐる旅の一歩の闇の藍 野沢節子
茅の輪くぐる犬飼主に従つて 小玉真佐子
茅の輪くぐる胸ぐらという薄明り 田口満代子
茅の輪くゞりて今年も守れる命かな 長谷川かな女
茅の輪くゞりぬ有平の鯛さげて 内田百間
茅の輪くゞり星降る夜空詣でけり 星野立子
茅の輪とれ神の月日も亦迅し 柏翠
茅の輪とれ神寂びたまふばかりなり 宮下翠舟
茅の輪に日向ながらの雨涼し 内藤鳴雪
茅の輪の香いやが上にも募らせ雨 高澤良一 素抱
茅の輪匂ふ神官兄弟ほそおもて 鍵和田[ゆう]子 浮標
茅の輪立ち瑞山がきを左右にせり 本多静江
茅の輪組む指に残照からめつつ 岡部名保子
茅の輪結ふはじめの縄を廻しけり 綾部仁喜 寒木
茅の輪結ふ夕汐の香もかすかなり 千代田葛彦
茅の輪編む萱束ひとつ転がせり 茨木和生 往馬
荒海や星の匂ひの茅の輪立つ 佐々木稔(*ろうかん)
萱の香にふれつつ茅の輪くぐりけり 中村澄子(円虹)
藪医者の先がけしたる茅の輪哉 茅の輪 正岡子規
虔みて古稀の茅の輪をくぐりけり 下村ひろし 西陲集
行きずりの人も茅の輪の列に入り 高澤良一 素抱
行きずりの茅の輪の縁くゞりきし 石山佇牛
衢から一足くゞる茅の輪かな 東洋城千句
見つゝ来て茅の輪やまこと今くゞる 立子
讃岐富士見ゆる茅の輪をくぐりけり 藤田あけ烏 赤松
越年の茅の輪くぐれる月の影 古賀まり子
輪餝りを茅の輪にくゞる鶯か 飾 正岡子規
遠き茅の輪近き茅の輪の円中に 島根碧浪
野々宮の禰宜居らざりし茅の輪かな 塩沢はじめ
阿夫利嶺に雨の来てゐる茅の輪かな 樋口桂紅
雲やがて雨落しくる茅の輪かな 鈴木鷹夫 春の門
青々と恵那山立てり大茅の輪 八橋 隆文
青空の向うへ茅の輪くぐりけり 篠原敏子
青葭を茅の輪に結へり湖の神 澄雄
青青と匂ふ茅の輪をくぐりけり 高松俊子
静かなる中日の茅の輪くゞりけり 後藤栄生
鳴き靴を履かせ茅の輪をくぐらする 鈴木節子
鳶が笛吹いてゐたりし茅の輪かな 岸田稚魚 『萩供養』
鳶の者茅の輪を抜けてゆきにけり 古舘曹人 樹下石上
鶏の突つ切つていく茅の輪かな 山西雅子


以上
by 575fudemakase | 2014-06-21 07:42 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/22742458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

十二月
at 2021-05-13 01:40
拙句 ポインセチア 猩々木 
at 2021-05-13 01:37
拙句 蕪 
at 2021-05-13 01:35
拙句 蜜柑 
at 2021-05-13 01:34
拙句 セロリ (高澤..
at 2021-05-13 01:33

外部リンク

記事ランキング