人気ブログランキング |

百日紅

百日紅

例句を挙げる。

いつの世も祈りは切や百日紅 中村汀女
いつまでも散るのがへたな百日紅 鎌倉佐弓 天窓から
うちつけに青竹退り百日紅 齋藤玄 飛雪
かの映画T市にきたる百日紅 鈴木しづ子
けさ秋や母へかたむく百日紅 細川加賀 『傷痕』
ことごとく池に散りけり百日紅 谷活東
ごつごつのどこから芽吹く百日紅 庄中健吉
さほどにはあかくはならぬ百日紅 高澤良一 さざなみやっこ
ざらざらと仮面暮れゆく百日紅 瀬戸美代子
しかすがに生きて芽を吹く百日紅 河野静雲 閻魔
たそがれもかわたれも百日紅かな 橋石 和栲
ただあゆみゐし夢まぶた百日紅 長谷川松子
つきあたり百日紅の極め付け 高澤良一 さざなみやっこ
てらてらと小鳥も鳴かず百日紅 正岡子規
てらてらと百日紅の旱かな 正岡子規
どうしても鈍き頭や百日紅 草間時彦 櫻山
なんとなく鶏卵とがり百日紅 斎藤玄 雁道
ひらがなの文音百日紅溢れ 河野多希女 こころの鷹
ゆふぐれの百日紅をくぐりけり 伊藤敬子
デルヴォーの夜の祝祭の百日紅 佐怒賀正美
ブラウスに生の乳首あり百日紅 小川軽舟
一つ見てふたつ塔ある百日紅 猪俣千代子 堆 朱
一刹に草をゆるさず百日紅 古館曹人
一徹に生き蓑笠や百日紅 古舘曹人 能登の蛙
三伏の門に二本の百日紅 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
三鬼の墓切り詰められし百日紅 吉沢紀子
三鬼の寺瘤を増やして百日紅 右城暮石
世阿弥忌の枝のさきざき百日紅 脇村徳
人厭ふこころ弱りや百日紅 野沢節子
仮の世の日だまりとなる百日紅 金田咲子 全身
何恃めとや躍り咲く百日紅 岡本 眸
僧房の閑に飽きけり百日紅 松瀬青々
元帥像は今も元帥百日紅 北野民夫
先づ黄なる百日紅に小雨かな 夏目漱石 明治四十三年
先に逝くことは裏切り百日紅 阿部佑介
入歯の調子好き日悪しき日百日紅 北野民夫
処女の唇はあくまでも酸し百日紅 仁平勝 花盗人
出色の百日紅に汗退けり 高澤良一 ももすずめ
口軽く病を語る百日紅 相馬遷子 山河
古寺の片隅占めて百日紅 渡部美峰
咲き残る百日紅あり秋の雨 大場白水郎 散木集
咲き満ちて天の簪百日紅 阿部みどり女
堂前に脱ぐ靴下駄や百日紅 月舟俳句集 原月舟
境内のこれは別格百日紅 高澤良一 ぱらりとせ
墓守や百日紅の下にゐる 岸本尚毅 鶏頭
壮年すでに斜塔のごとし百日紅 塚本邦雄 甘露
夏はつる雨ともひしが百日紅 林原耒井 蜩
夜の庭を掃きゐる妻に百日紅 高橋馬相 秋山越
夢窓忌へ咲きつづけむと百日紅 大島民郎
大伽藍炎上の跡百日紅 広瀬直人
天辺に百日紅の第一花 山本 幸代
奈良の樹の間に一樹百日紅 右城暮石 声と声
奥美濃は底ぬけていて百日紅 阿部完市
女来と帯纏き出づる百日紅 石田波郷
妻に父母ありて訪ふ日の百日紅 杉山岳陽 晩婚
娘もすでに女盛りや百日紅 伊東宏晃
季ながく百日紅咲くわが庭を塞のごとく出でて帰りつ 細川謙三
学僧を日ざらしにして百日紅 廣瀬直人
客にとる昼寝すゝぎや百日紅 五十嵐播水 播水句集
宿坊に女湯のあり百日紅 西村和子 かりそめならず
富士近き街に目覚めぬ百日紅 角川源義
寝たらひて貧しきこゝろ百日紅 高橋馬相 秋山越
寝ね起きのわるさ誰に似し百日紅 飴山實 『花浴び』以後
寺の門に猿曳憩ふ百日紅 寺田寅彦
寺町は百日紅の盛りかな 今井杏太郎
少女倚る幹かゞやかに百日紅 西島麦南
年々に澄み勝る白百日紅 高澤良一 燕音
幹伝ふ雨となりけり百日紅 西村和子 窓
弟や恋の傘さす百日紅 清水基吉 寒蕭々
手つかずの八十路の世あり百日紅 石川久甫
折る指もけふから秋ぞ百日紅 横井也有 蘿葉集
抱き起こす父のかるさよ百日紅 石嶌岳
採血の血止する間の百日紅 高澤良一 素抱
採血や雨後なほ燃えて百日紅 楠本憲吉
散れば咲き散れば咲きして百日紅 千代女
新しき猿又ほしや百日紅 渡辺白泉(1913-69)
方丈や前栽のもの百日紅 竹冷句鈔 角田竹冷
旅われのいつも遠くに百日紅 加倉井秋を 午後の窓
昼餉せむ百日紅の地に紙敷き 岩田昌寿 地の塩
曇日の彩に安んじ百日紅 高澤良一 随笑
曝書まぶし百日紅の花よりも 星野立子
朝よりも夕の初心百日紅 後藤比奈夫 祇園守
朝雲の故なくかなし百日紅 水原秋桜子
朝顔のちりぢり失せぬ百日紅 齋藤玄 飛雪
木の芽雨百日紅のみ孤絶せり 下村槐太 光背
札所寺百日紅に汗退けり 高澤良一 宿好
枝先へ枝先へ花百日紅 星野立子
柝うつや花了へんとし百日紅 『定本石橋秀野句文集』
極楽寺百日紅の夢見時 高澤良一 さざなみやっこ
武家屋敷めきて宿屋や百日紅 高濱虚子
歩兵第八旅団司令部百日紅 五十嵐播水 播水句集
死に未来あればこそ死ぬ百日紅 宇多喜代子 象
死の影より三尺長し百日紅 仁平勝 花盗人
死神が死んで居るなり百日紅(さるすべり) 永田耕衣(1900-97)
気負なき八十路の生活百日紅 辻正一
沓脱に散つて九月の百日紅 鈴木しげを
河童忌の火屑をこぼせ百日紅 佐々木 咲
沸り泣く男の子すこやか百日紅 岡田 貞峰
洲崎より柩出でゆく百日紅 鳥居美智子
浦々に凪つづく日や百日紅 成瀬桜桃子 風色
涙ぐむ百日紅の花の下 播磨 てるみ
濤音のなき日かさぬる百日紅 杉山 岳陽
灼くるだけ灼けし風立つ百日紅 馬場移公子
炎天の花が散るなり百日紅 温亭句集 篠原温亭
烈日の土の息吹や百日紅 小坂かしを
無住寺と人はいふなり百日紅 正岡子規
牛喰つて水際白の百日紅 吉田紫乃
物売りは地のいろ百日紅残花 金子皆子
物納の土地森閑と百日紅 大山草樹
狙撃兵のふところふかく百日紅 大西泰世 『こいびとになつてくださいますか』
独り居れば昼餉ぬきもしつ百日紅 阿部みどり女 笹鳴
瑠璃光院百日紅の花いまだ 田村了咲
町末の午を過ぎをり百日紅 齋藤玄 飛雪
畳廊百日紅に突きあたる 高澤良一 ももすずめ
病める子を守りて懶し百日紅 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
痩肌も塩をふく日ぞ百日紅 千代田葛彦
百日は天に仕へし百日紅 嶋田麻紀
百日紅いついつまでの父たりや 清水基吉 寒蕭々
百日紅うち籠るべく家があり 高澤良一 寒暑
百日紅おとろふときは見せられず 小島千架子
百日紅かすかに風を切る音す 岸本尚毅 舜
百日紅この叔父死せば来ん家か 大野林火
百日紅この国もまた地の創か 夏石番矢 メトロポリティツク
百日紅この地母郷のごと見むか 角川源義 『西行の日』
百日紅こぼれつぐ日に逢ひにけり 沼尻巳津子
百日紅これはいつかの枝の形 久保純夫 熊野集
百日紅こんどはぼくが馬になる 仁平勝 花盗人
百日紅ごくごく水を呑むばかり 石田波郷(1913-69)
百日紅その一日の真盛り 辻桃子
百日紅たゝきこぼして喜雨過ぎぬ 岡本松浜 白菊
百日紅つかれし夕べむらさきに 橋本多佳子
百日紅どうれと山門潜りけり 高澤良一 宿好
百日紅ねえやが在りし世は過ぎて 齋藤愼爾
百日紅の午後盛り上る泉の芯 田川飛旅子 花文字
百日紅の落花梳くが如し簾越 西山泊雲 泊雲句集
百日紅ひかりが見えて古代土器 河野多希女 こころの鷹
百日紅ひと日ひと日の身をいとふ 西本一都 景色
百日紅ひらひらと女児うまれけり 平井照敏 天上大風
百日紅ほとぼりさますけふの雨 高澤良一 素抱
百日紅ぽとりと樹皮を落としけり 岸本尚毅 鶏頭
百日紅まなじりに火の育つ日々 福永耕二
百日紅もてあそびもてあそばるる 中田剛
百日紅より手を出す一人百人町 小川双々子
百日紅をさな木なれば涼しさよ 相馬遷子 山河
百日紅一村湖に映りけり 猿橋統流子
百日紅一樹が炎ゆるたよりかな 沢木欣一
百日紅乙女の一身またゝく間に 中村草田男
百日紅仏蘭西風と見れば見ゆ 京極杞陽 くくたち上巻
百日紅他郷の焦土つゞくなり 杉山岳陽 晩婚
百日紅何年後は老婆たち 三橋鷹女
百日紅佛蘭西風と見れば見ゆ 京極杞陽
百日紅僧門にゐる友ひとり 渡辺立男
百日紅動かざるもの動かざる 和田悟朗 法隆寺伝承
百日紅動かぬ川を横たへぬ 内藤吐天 鳴海抄
百日紅叩く雨可し朝の酒こころを洗ふものなれど注す 伊藤一彦
百日紅咲きつぐなかに父老いぬ 大串 章
百日紅咲く世に朽ちし伽藍かな 飯田蛇笏 山廬集
百日紅咲く大寺の昼の闇 千原満恵
百日紅地に燃屑のごとき花 福永耕二
百日紅坂がそのまま門内へ 波多野爽波 鋪道の花
百日紅壁に色浮く雷あがり 林原耒井 蜩
百日紅声なき顔にかの笑くぼ 加藤知世子 花寂び
百日紅壺の重さを思ひをり 柿本多映
百日紅天に葬りのある如く 高澤良一 寒暑
百日紅子を生みてより人信ず 中村明子
百日紅学問日々に遠ざかる 相馬遷子 山国
百日紅師に訪はれをり訪ふことなし 目迫秩父
百日紅心つまづき声からび 石田波郷
百日紅心まづしき月日かな 秦豊吉
百日紅戸口に待つは誰が母か 金箱戈止夫
百日紅放哉といふ寺男 中田剛 珠樹以後
百日紅散る潦午後は失し 加倉井秋を 『真名井』
百日紅旅信ひらりと午後届く 北澤瑞史
百日紅日に日に散るを看取るごと 高澤良一 素抱
百日紅日向もつとも冥かりき 村上高悦
百日紅晴天続きに干反る皮 高澤良一 素抱
百日紅武士のむらぎも揺るるごと 大串章 百鳥
百日紅死はいちまいの畳かな 斎藤慎爾
百日紅殉教図より目を外らし 長田等
百日紅母校はいまも少女学ぶ 津田清子 礼 拝
百日紅水まけば熱き香をあぐる 上村占魚 鮎
百日紅海賊として出でゆくも 和田悟朗
百日紅涼しき木かげつくりけり 高橋淡路女 梶の葉
百日紅火屑の落花掃かれけり 深見けん二
百日紅煙のごとく児の生まれ 高橋彩子
百日紅燃えよ水泳日本に 長谷川かな女 雨 月
百日紅父を思いて母のことも 伊関葉子
百日紅片手頬にあて妻睡る 加藤秋邨 穂高
百日紅犬の舌低く流れ出し 仁平勝 花盗人
百日紅町内にまたお葬式 池田澄子
百日紅疲れを知らぬ紅として 大槻秋女
百日紅白きはどこか供華めきて 石塚友二
百日紅百日を経て娶らむか 杉山岳陽
百日紅百日前は母在りし 渡辺恭子
百日紅百日咲いて開かずの門 三橋鷹女
百日紅百日咲かば妻癒えむ 青木重行
百日紅皮の剥落続きをり 高澤良一 素抱
百日紅盛りなりいざ極楽寺 高澤良一 燕音
百日紅真正面に腰据えぬ 高澤良一 燕音
百日紅空の青さの衰へず 西村和子 かりそめならず
百日紅色なき風となりゆくや 林原耒井 蜩
百日紅茜さしきて燃え上がり 福屋千穂美
百日紅草紙干したる昔かな 小石川 野村喜舟
百日紅行きつくまでの紅さかな 加藤知世子 黄 炎
百日紅覚えてゐしが忘る路 高澤良一 素抱
百日紅詩は独断と心得て 高澤良一 寒暑
百日紅誰が聖痕をさづかりし 齋藤愼爾
百日紅釈迦の阿難のわれ彳つも 下村槐太 天涯
百日紅雀かくるゝ鬼瓦 石橋秀野
百日紅駅車掌のいない縄電車 仁平勝 花盗人
百日紅鮮やかヘルンの片眼鏡 藤本節子
真裸の百日紅が東大寺 原田喬
眼けはしく百日紅の下に佇つ 上村占魚 鮎
祖母の陰百年経てば百日紅 高野ムツオ
篝の炎百日紅を煽りけり 荒井正隆
紅不易八雲旧居の百日紅 津田清子 礼 拝
紫陽花の花青がちや百日紅 尾崎放哉
絶望の吾れをたよりや百日紅 橋本夢道 無類の妻
老いゆくを罪と思はず百日紅 横山白虹
老い母のまなざしに慣れ百日紅 原裕 青垣
聞かぬふり通し続けて百日紅 岡田厚子
胆洗う水のゆくえの百日紅 橋石 和栲
胸から腰から壮枝や冬の百日紅 中村草田男
臥虎しづかなり百日紅崖を散る 幸田露伴 拾遺
花を載せ老百日紅花を撒く 百合山羽公 寒雁
花終へし百日紅に雨烈し 高濱年尾 年尾句集
苔づける百日紅や秋どなり 芥川龍之介
葬終へし箒の音や百日紅 鷲谷七菜子 花寂び
葬送のみじかき列や百日紅 山田 信夫
葬送の人の去りたる百日紅 遠藤梧逸
虫ばしら眼をかゆくする百日紅 佐野良太 樫
螫す蚊痛し花いつまでも百日紅 右城暮石 声と声
行軍に夜ぞ暁けきたる百日紅 相馬遷子 山国
裏通り樞の音や百日紅 横光利一
誘はれて船旅と決む百日紅 横山房子
赤児百人滴りおちる百日紅 坪内稔典
赤蜻蛉百日紅の実にとまる 岸本尚毅 鶏頭
踏むたびに沈む畳や百日紅 辻桃子
道化師に晩年長し百日紅 仁平勝 東京物語
遠く近く目覚めし昼の百日紅 桜井博道 海上
閻魔庁正門脇の百日紅 高澤良一 素抱
閼伽桶はどれも漏るなり百日紅 高田蝶衣
震災忌ゆさゆさ百日紅の飛び火 伊丹三樹彦
風色やてら~として百日紅 鈴木花蓑句集
颱風の空飛ぶ花や百日紅 水原秋櫻子
高空を風の音過ぐ百日紅 冨田みのる
おとうとに鼠の歯型さるすべり 増田まさみ
さるすべりしろばなちらす夢違ひ 飯島晴子
さるすべりに夕日曼陀羅師を葬る 伊藤京子
さるすべりもみぢ見ながら渡り廊 高澤良一 宿好
さるすべりももみぢに数へ幾本ぞ 林原耒井 蜩
さるすべりシャワーをはじく胸がある 浦野菜摘
さるすべり亡父と亡母逢う鐘まし 渋谷道
さるすべり人を声より忘じたる 中田剛 珠樹以後
さるすべり今も細木に母の里 金箱戈止夫
さるすべり咲きつつ花は天をさす 萩原まさえ
さるすべり咲きつゝ散れる空まさを 高澤良一 随笑
さるすべり咲くこの家を売ることに 藤田あけ烏 赤松
さるすべり四十の詩は身をもつて 岸風三楼
さるすべり壺の重さを思ひけり 柿本多映
さるすべり夏百日を過ぎてもや 石川桂郎 高蘆
さるすべり懈く亀の争へり 角川春樹 夢殿
さるすべり手がかりのなき刻移る 原裕 青垣
さるすべり担がれてくる稚児ふたり 中田剛 珠樹
さるすべり揺れ止まず老の繰言も 内田園生
さるすべり男盛りがつかんだ死 清水哲男(1938-)
さるすべり白し肴を焼く火あり 木村蕪城
さるすべり白を尽くして咲き勤む 高澤良一 素抱
さるすべり紅をかくさず山の星 佐野良太 樫
さるすべり罪人なれば罪の子得む 磯貝碧蹄館 握手
さるすべり美しかりき与謝郡 森澄雄(1919-)
さるすべり美しかりし與謝郡 森澄雄 游方
さるすべり股にはさめばさみしい木 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
さるすべり軋みをもらす夢殿か 中田剛 珠樹以後
さるすべり軒端の幹の月夜かな 滝井孝作 浮寝鳥
たつた今逝きしばかりをさるすべり 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
まかがよふ白さるすべり地に灼けて 高澤良一 素抱
ゆつさゆさ風の集まるさるすべり 広谷一風亭
ゆふばえにこぼるゝ花やさるすべり 日野草城
友木の緑たもたれて寒きさるすべり 林原耒井 蜩
大屋根の庇の先のさるすべり 佐野左右也
天灼けて白さるすべり地に灼けて 高澤良一 素抱
奈良坂の家うち暗きさるすべり 桂 信子
彼の背の傷あと紅きさるすべり 阿保恭子
故国恋うて家毎に高しさるすべり 金箱戈止夫
散りそめて白さるすべり水の上 高澤良一 ねずみのこまくら
暗窓に白さるすべり陰(ほと)みせて 金子兜太 早春展墓
朧夜の星一つ入れさるすべり 和知喜八 同齢
木の芽雨さるすべりのみ孤絶せり 下村槐太 天涯
本陣に暗がりの土間さるすべり 矢島房利
来客や白さるすべりをうちあふぎ 高澤良一 素抱
死神が死んで居るなり百日紅(さるすべり) 永田耕衣(1900-97)
母の忌や白さるすべり壺に挿し 鈴木ゆき子
甘露忌に白き風呼ぶさるすべり 木内彰志
白さるすべり風に膨らむ夕まぐれ 渡邊千枝子
血縁の絶えて白花さるすべり 新井佳津子
身のうちの白さるすべり旅のあと 桜井博道 海上
身を澱と思ふ日の白さるすべり 岡本眸

以上
by 575fudemakase | 2014-07-01 00:01 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/22800779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

十二月
at 2021-05-13 01:40
拙句 ポインセチア 猩々木 
at 2021-05-13 01:37
拙句 蕪 
at 2021-05-13 01:35
拙句 蜜柑 
at 2021-05-13 01:34
拙句 セロリ (高澤..
at 2021-05-13 01:33

外部リンク

記事ランキング