人気ブログランキング | 話題のタグを見る

向日葵

向日葵

例句を挙げる。

あかんぼを立つて歩かす向日葵立つ 磯貝碧蹄館 握手
いかに愛さん茎太き大向日葵 橋本美代子
いつの日も向日葵の種子地をみつむ 古沢太穂 古沢太穂句集
いつも見る安静明けの痩せ向日葵 岸田稚魚 筍流し
いづこにも向日葵咲かせ戦後妻 吉野義子
いとまあり向日葵を闇に見んとす 林原耒井 蜩
うしろから向日葵を見る嫉妬かな 萩原麦草 麦嵐
かがやかに我が行く方も恋ふる子のある方もさせ黄金向日葵 与謝野鉄幹
たま~の日も向日葵の失へる 汀女
どの庭も向日葵太し田舎町 小林綾子
なに着ても似合はぬ向日葵の真昼 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
はたらく前の一家向日葵に歯をみがく 細谷源二
ひねもすを向日葵おのが影とあり 林原耒井 蜩
ひまわりを押し矯め死者を通すみち 平井さち子
ひまわり畠の 大きな沈黙 南印度 伊丹公子
ひややけく向日葵立ちぬ繰めぬ 岸田稚魚
みるかげもなき向日葵と貨車一つ 京極杞陽 くくたち下巻
めざましく向日葵咲かせ土の家 西村公鳳
ややひよわに子らの向日葵育ちけり 樋笠文
ゆつさりと廻かけて輝く向日葵 北原白秋
わが背白きはまづ向日葵に知られしなり 宮津昭彦
わだつみの辺に向日葵の黄ぞ沸し 篠原鳳作 海の旅
われ蜂となり向日葵の中にゐる 野見山朱鳥(1917-70)
アダムめく遠向日葵に石投げて 川口重美
キリストに挿せし向日葵のみ新た 山口青邨
ビツグバン大向日葵が首振れば 佐怒賀正美
ペダル踏む少女に向日葵高すぎる 柴田白葉女 『夕浪』
モデル市出て向日葵の放水路 宮武寒々 朱卓
ロシア向日葵石の種もち窶れたり 殿村莵絲子 花寂び 以後
ロシア向日葵育てハルピン育ちかな 樋笠文
一粒の向日葵の種まきしのみに荒野をわれの処女地と呼びき 寺山修司
井戸はひそかに向日葵の天盗みけり 川口重美
俯し目に向日葵スト分裂へ一歩一歩 田川飛旅子 花文字
倒るるも傾くも向日葵ばかりの群 橋本多佳子
倒れ咲く向日葵をわれは跨ぎ越ゆるとことはに父、敗れゐたれよ 小池光
全棟なおたたかい解かず向日葵大 赤城さかえ句集
劇的に向日葵一つありにけり 内野 修
十光年かなたの向日葵ああと言う 鎌倉佐弓
向日葵かゞやく如き党務が予後に待つ 赤城さかえ
向日葵がすきで狂ひて死にし画家 高浜虚子
向日葵がのけぞりテリヤ通したり 八木三日女
向日葵が咲く軍服の兄がゆく ほんだゆき
向日葵が好きで狂ひて死にし画家 高浜虚子(1874-1959)
向日葵が挑み続けし昼了る 相生垣瓜人 微茫集
向日葵が深夜一燈のために咲く 昭彦
向日葵が炎ゆ軍服の兄がゆく ほんだゆき
向日葵が花頭捧ぐる原爆忌 榎本冬一郎
向日葵が赫し「アダム」の行くところ 相生垣瓜人 微茫集
向日葵とあり退陣の鼓を鳴らし 三橋鷹女
向日葵と塀を真赤に感じてゐる 白泉
向日葵と白猫ともにふりむかず 堀口星眠 営巣期
向日葵と立つ門衛や農学部 深見けん二
向日葵と蝉のしらべに山羊生れぬ 篠原鳳作
向日葵と闘ふ如く描くなる 相生垣瓜人 微茫集
向日葵と雨中なれども対峙せり 相生垣瓜人 明治草抄
向日葵にあふや深夜の坂の上 予志
向日葵にとりかこまれて豚飼へる 京極杞陽 くくたち下巻
向日葵にひたむきの顔近づき来 石田 波郷
向日葵にゑのころ草を摘みそふる 依光陽子
向日葵にビルは裏側もて聳ゆ 古舘曹人 能登の蛙
向日葵に人の夕餉となりしかな 永井龍男
向日葵に今日の元気を貰ひたる 藤原未知子
向日葵に今日の夕焼さむるなし 鈴鹿野風呂 浜木綿
向日葵に今日は後ろを見せられし 相生垣瓜人
向日葵に倉庫は饐えし香を吐ける 瀧春一 菜園
向日葵に剣の如きレールかな 松本たかし
向日葵に吐き出されたる坑夫かな 篠原鳳作
向日葵に囲まれ酸素不足なり 山崎せつ子
向日葵に声を放ちて泣きにけり 阿部みどり女
向日葵に大学の留守つづきおり 鈴木六林男 王国
向日葵に天よりも地の夕焼くる 誓子
向日葵に女は昔かたらざりき 川島彷徨子 榛の木
向日葵に岩群雲を吹きおろす 石橋辰之助 山暦
向日葵に待たるる心地して他郷 櫂未知子 蒙古斑以後
向日葵に日のさすや蹄の韻き 成田千空 地霊
向日葵に昼餉の煙ながれけり 西島麦南 人音
向日葵に暗き人波とほりゆく 篠原鳳作 海の旅
向日葵に沖かけて降る雨しばし 加藤佳太郎
向日葵に海女のゆききの夕さりぬ 篠原鳳作
向日葵に眼比べを挑まれし 相生垣瓜人 明治草抄
向日葵に立つ妻低し父の家に 杉山岳陽 晩婚
向日葵に脳の芯透くひまはなき 槐太
向日葵に萬年筆をくはへしまま 田中裕明 花間一壺
向日葵に蔭なき焦土つづきけり 榎本冬一郎 眼光
向日葵に見られ女工ら下着替ふ 菖蒲あや 路 地
向日葵に見下されつつ甘んぜり 相生垣瓜人 明治草抄
向日葵に見透かされたる計りごと 杉山青風
向日葵に視線をそらす怠けゐて 澤田 緑生
向日葵に鉱山びとの着る派手浴衣 飯田蛇笏 霊芝
向日葵に長城聳えつつ走り 桂樟蹊子
向日葵に雨雲それてしまひけり 阿部みどり女
向日葵に雪国の窓欝とあり 石原舟月 山鵲
向日葵に雲壘々とかさなれる 川島彷徨子 榛の木
向日葵に香煙蘇婆詞とのみ聞ゆ 下村槐太 天涯
向日葵のいきなり高しカトリック 佐野まもる
向日葵のいろしづむ雲通りけり 太田鴻村 穂国
向日葵のうしろの恋と知らるべし(女流某夫人を) 石原八束 『秋風琴』
向日葵のうつむく正午おそろしき 高桑婦美子
向日葵のうつ伏す花を蔑めり 相生垣瓜人 明治草抄
向日葵のおとろへ白馬岳日々あらた 石橋辰之助 山暦
向日葵のどちら向いても病室よ 森田峠 避暑散歩
向日葵のはげしさ種子となりし後も 吉野義子
向日葵のはばたきそめぬ朝日さし 深見けん二
向日葵のひらきしままに雨期にあり 中村汀女
向日葵のほむらのさめて月にあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
向日葵のまなひ瞠れる園生かな 山口誓子
向日葵のまむきそむきや亭午さがり 鈴鹿野風呂 浜木綿
向日葵のみな日を占むる位置に咲けり 草堂
向日葵のみひらく宙の渇きかな 藤井寿江子
向日葵のゆさりともせぬ重たさよ 北原白秋
向日葵のわが菜園に屹立す 水原 春郎
向日葵の一花だになしみちのくは 今井杏太郎
向日葵の一茎一花咲きとほす 津田清子 礼 拝
向日葵の丈に噴き湯の音のぼる 西村公鳳
向日葵の丈に埋るる杣の家 中条久三夫
向日葵の丈に子もきて手を振りぬ 金尾梅の門 古志の歌
向日葵の下に現れ隣の子 林 博子
向日葵の不敵な笑みに責められる 中村和代
向日葵の倒れんばかり無風の夜 桜井博道 海上
向日葵の傾く水の夕ばえぬ 舟月
向日葵の光芒の裡に明け暮るる 相生垣瓜人 微茫集
向日葵の光輪あつき風を吐けり 山口草堂
向日葵の光輪亡父はもう死なず 野沢節子
向日葵の全うしたる象かな 武居愛
向日葵の公開の蘂孕むなり 津田清子 礼 拝
向日葵の初々しくて若々し 京極杞陽 くくたち上巻
向日葵の向きかはりゆく青嶺かな 篠原鳳作 海の旅
向日葵の咲く丘父祖の見たる海 坂井建
向日葵の垂れしうなじは祈るかに 篠原鳳作 海の旅
向日葵の夜の群落満を持す 田川飛旅子 花文字
向日葵の大きくゆれて雨きざす 山県よしゑ
向日葵の大き黒蕋秋の風 瀧春一 菜園
向日葵の大輪切つてきのふなし 三橋鷹女
向日葵の庭に居つきぬまぐれ犬 瀧春一 菜園
向日葵の影より黒きものを見ず 松澤昭 神立
向日葵の影塵塚を越えにけり 榎本冬一郎 眼光
向日葵の影引きずりて日が疲る 佐野まもる
向日葵の断じてひらく夜明けかな 照敏
向日葵の日を奪はんと雲走る 篠原鳳作 海の旅
向日葵の月に遊ぶや漁師達 普羅
向日葵の根まで見せ塀繕へる 石塚友二 光塵
向日葵の海を見据えて巨匠の瞳 高澤良一 随笑
向日葵の灼ける頸筋力欲し 田川飛旅子 花文字
向日葵の焦げて了りし初嵐 石川桂郎 含羞
向日葵の照り澄むもとに山羊生るる 篠原鳳作 海の旅
向日葵の照るにもおぢてみごもりぬ 鳳作
向日葵の熱気夜も充ち人老けさす 西村公鳳
向日葵の爛々と潮道に乗る 西村公鳳
向日葵の王冠ふりむけざる重さ 上田五千石
向日葵の王道ずんと地平線 高澤良一 随笑
向日葵の王道青すすきの覇道 高澤良一 随笑
向日葵の百の素顔と阿蘇連山 高澤良一 鳩信
向日葵の眼は洞然と西方に 茅舎
向日葵の眼隠し線路沿ひの家 山本浩々
向日葵の瞠る旱を彷徨す 野澤節子 黄 瀬
向日葵の秋日の蕊となりにけり 麦南
向日葵の稚きが隠すNOSKAI屋 有働亨 汐路
向日葵の種ぎっしりと死は自由 徳弘純 麦のほとり 以後
向日葵の種ぎつしりと晩夏光 内藤吐天 鳴海抄
向日葵の種充満す嫌悪感 松山足羽
向日葵の空かがやけり波の群 水原秋櫻子
向日葵の空へ赤ん坊浮かせおく 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
向日葵の空仰ぎては拳あぐ 原裕 葦牙
向日葵の空傾けて接吻す 岩田昌寿 地の塩
向日葵の立ちたり焼却炉のほとり 欣一(入院)
向日葵の立往生となりにけり 平井照敏 天上大風
向日葵の群れ立つは乱ある如し 大串章 山童記
向日葵の群居日中の家暗し 石橋辰之助 山暦
向日葵の群落ひそと人棲めり 松村蒼石 雁
向日葵の翳りは海の色となる 渡辺富栄
向日葵の背よりも低き花きちがい 仁平勝 花盗人
向日葵の背らこぞれり書庫の窓 山田みづえ 忘
向日葵の芯へ白浪繰返し 近藤一鴻
向日葵の芯蒼海を秘めにけり 千代田葛彦
向日葵の花と離れて碧い空 京極杞陽 くくたち上巻
向日葵の花のかげなる志摩の海 鈴鹿野風呂 浜木綿
向日葵の花のすがれに粉虫かな 西山泊雲 泊雲句集
向日葵の花の脳天剥けにけり 京極杞陽 くくたち上巻
向日葵の花より茎のヴァイタリティ 高澤良一 寒暑
向日葵の花一列に過疎の村 大久保武司
向日葵の茎の林立なまぐさし 耕二
向日葵の茎は棍棒火山灰大地 高澤良一 さざなみやっこ
向日葵の葉にとぶ蠅やみなみかぜ 飯田蛇笏 雪峡
向日葵の蕊の密集湖照りぬ 石田阿畏子
向日葵の蕊や慕情も黒きまで 川口重美
向日葵の蕊らんらんと智恵子抄 吉野義子
向日葵の蕊を見るとき海消えし 芝不器男(1903-30)
向日葵の蕊焼かれたる地図のごと 今井聖(1950-)
向日葵の蕋を見るとき海消えし 花不器男
向日葵の裏と経にけり過半生 林翔
向日葵の赫と咲き出で背後失す 野澤節子 牡 丹
向日葵の迷路どこまで波の音 小野恵美子
向日葵の重い肝臓のみ思う 和知喜八 同齢
向日葵の重き頭吾の手に委ね 橋本美代子
向日葵の重さに堪へてゐたる日よ 松本誠司
向日葵の金の雨だれ終りしよ 秋元不死男
向日葵の金を身に浴び裸児よ 金箱戈止夫
向日葵の金ンの古びや秋の風 野村喜舟 小石川
向日葵の金色冷ゆれ月の秋 渡邊水巴 富士
向日葵の非のうちどころ翳りゐて 小川双々子
向日葵の頤見し夜の夢精かな 齋藤愼爾
向日葵の頸太し女子農学校 川村紫陽
向日葵の首ふり径のゆきどまり 相馬 黄枝
向日葵の高さ夕日を捉へをり 清水忠彦
向日葵の黄に堪へがたく鶏つるむ 篠原鳳作 海の旅
向日葵の黄の畑すべてウイグル区 森田峠 逆瀬川
向日葵の黄の純粋もゴッホ以後 野見山朱鳥
向日葵の黄は廻る日や道埃 高濱年尾 年尾句集
向日葵の黒ければ黒き日に向くよ 齋藤玄 『舎木』『飛雪』
向日葵は二時の紋章忌に籠る 古館曹人
向日葵は仮の姿で終はりしよ 齋藤愼爾
向日葵は傾き初めぬ海の色 雉子郎句集 石島雉子郎
向日葵は天授われより丈高く 下村槐太 天涯
向日葵は月光に堪へぬ花となる 相生垣瓜人 微茫集
向日葵は灼けて土偶のおほらかさ 高澤良一 素抱
向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ 前田夕暮
向日葵へ自転車頸ねじ立てらるる 田川飛旅子 花文字
向日葵もなべて影もつ月夜かな 渡辺水巴 白日
向日葵も油ぎりけり午後一時 芥川龍之介 我鬼句抄
向日葵やいくさ終りし山の原 井上雪
向日葵やうわあんうわあんと野は叫び 津沢マサ子 楕円の昼
向日葵やくらきに見えてほとけさま 太田鴻村 穂国
向日葵やさも天竺の日の輪大 東洋城千句
向日葵やものゝあはれを寄せつけず 鈴木真砂女 生簀籠
向日葵やわかきサラリーマンのいへに 京極杞陽 くくたち上巻
向日葵や信長の首斬り落とす 角川春樹
向日葵や傷つきやすき地獄耳 仁平勝 花盗人
向日葵や光背うせし飛鳥仏 西本一都 景色
向日葵や地獄の鬼のかくれんぼ 村井羊風
向日葵や夜は何星と言交す 島谷征良
向日葵や夜を駆る馬に水飼へる 楠目橙黄子 橙圃
向日葵や天寿全うせし家に 村越化石
向日葵や子の大胆を母愛す 村田青麥
向日葵や室戸の沖は沖ばかり 矢島渚男
向日葵や幼な顔してホテルマン 上島幸重
向日葵や月に潮くむ海女の群 金剛纂(麥南小句) 西島麥南、飯田蛇笏選
向日葵や朝より我を追ふ童女 堀口星眠 営巣期
向日葵や炎夏死おもふいさぎよし 飯田蛇笏 椿花集
向日葵や瓦礫いつともなく消えて 攝津幸彦
向日葵や生き来て悪友も二三 村越化石
向日葵や画布打つ筆の音荒く 相生垣瓜人 微茫集
向日葵や耐えるおとこを夫にする 鎌倉佐弓 天窓から
向日葵や脂ぎりたる鼻のさき 北原白秋
向日葵や腹減れば炊くひとり者 原石鼎
向日葵や花に影なきゴッホの絵 青木重行
向日葵や街きらきらと野の上に 永田耕一郎 雪明
向日葵や視力弱りし詩人らに 森田智子
向日葵や覗かれてゐる胸の内 町田敏子
向日葵や起きて妻すぐ母の声 森 澄雄
向日葵や越後へ雨の千曲川 森澄雄
向日葵や足首細きとびの足袋 高井北杜
向日葵や雲より白く濤くづる 桜井博道 海上
向日葵や高々波に向ひ立ち 鈴木真砂女 生簀籠
向日葵や黄といふ色は脳に染む 京極杞陽 くくたち上巻
向日葵や黒き狗ころ土舐ぶる 松村蒼石 寒鶯抄
向日葵よ青年は血と鉛の海 徳弘純 非望
向日葵らおどろ髪して吹き折れゐたり 高柳重信
向日葵をきれいな花と思ひけり 今井杏太郎
向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽 くくたち上巻
向日葵をひき抜き棒としたる妻 田村了咲
向日葵をひとつおぼえの巴投げ 仁平勝 東京物語
向日葵をふり離したる夕日かな 池内友次郎
向日葵をめぐりて虻の止らず 深見けん二
向日葵を倒し大地を明け渡す 中居梨津子
向日葵を十九世にゑがきたる 京極杞陽
向日葵を拭ひて西の仕度せり 攝津幸彦
向日葵を描きお日様を描く子かな 藤松遊子
向日葵を敵にまはして鬼瓦 井坂景秋
向日葵を斬つて捨つるに刃物磨ぐ 三橋鷹女
向日葵を生かす大地のひび割れて 津田清子 礼 拝
向日葵を生くるや日焼腕もて 亀井糸游
向日葵を男がよぎり誰も来ず 坪内稔典
向日葵を直射しヘッドライト消ゆ 今井 聖
向日葵を長身仏の華とせる 岡井省二
向日葵一本肩から生えて鉄の人 磯貝碧蹄館
向日葵全焼青年の夏衰えり 仁平勝 花盗人
向日葵咲く向日葵好きの妻に咲く 三苫知夫
向日葵咲けわれまなむすめひとり持つ 大野林火
向日葵四五花占卓へ投ぐ猟の獲物のごと 中村草田男
向日葵多花女は待つにすぐ跼み 田川飛旅子 花文字
向日葵大輪仰ぎ尻餅つく吾子よ 太田土男
向日葵播き雲の上なる日を探す 西東三鬼
向日葵畑ぷすとたま来て土けむり 長谷川素逝 砲車
向日葵畑迷路に己が齢捨つ 茂木杏花
向日葵立つ方位未確の山の上 山口誓子 構橋
向日葵苗すでに優劣ありにけり 館岡沙緻
向日葵護れ南京玉の指輪の子を 中村草田男
向日葵軍団つねにあやうきロマネスク 仁平勝 花盗人
吾が影へ向日葵の影王冠たり 川口重美
呆け立つ大向日葵を揺さぶりぬ 柿本多映
咲き痴れて大向日葵の捩れかな 都筑智子
嘘言へぬ顔向日葵が覗きをり 岩波竹渓
夕べ向日葵いづこ手触れても痛し 松村蒼石
夕浅間向日葵は黄を強く放つ 桂信子
夕立のみ馳けて向日葵停れる 篠原鳳作 海の旅
夜の向日葵踊り果てたるごとく立つ 宮津昭彦
夜の空後に負ひて向日葵の暗黒の花我を見おろす 葛原繁
大ひまわり咲けり直情径行に 田中政子
大向日葵めぐらし家族みな長身 吉野義子
大向日葵悪童の業みそなはす 上田五千石 田園
大向日葵種みつみつと強面 市川アツ
大向日葵竜顔を拝すごと 高澤良一 ももすずめ
大向日葵笑ひは風の湧くごとし 伊藤京子
大雨急大向日葵を打擲す 星野立子
夫戻り夜の向日葵を閲兵す 横山房子
奥ノ多クノ毛物ハ向日葵ニ類セズ 夏石番矢 真空律
妊ると知る向日葵の大き柄 太田土男
子を生んで大向日葵に蹤いてゆけ 原田喬
宝鏡に見ゆれ高野の向日葵は 品川鈴子
家かこむ土用ひまわり村出でて/還らざりしはのどぼとけかな 辺見じゅん
寒菊の空の蒼さを身にまとひ 渡辺向日葵
屍を送る痩せ向日葵の一巨花よ 岸田稚魚 筍流し
底なしの向日葵の瞳に映るもの 高澤良一 素抱
廃都の奥にぞ打ち込みたる向日葵 増田まさみ
彼岸過ぎの川向日葵の焼柱 中拓夫 愛鷹
恍惚と秘密あり遠き向日葵あり 藤田湘子(1926-)
打ち明けてより向日葵をまぶしめり 田村英一
支柱が欲しかのどんらんな向日葵のごとき 細谷源二
教会のくらさ向日葵を見しゆゑか 星眠
日へむく向日葵子の使徒のわれ水飴捲かむ 磯貝碧蹄館 握手
日を追はぬ大向日葵となりにけり 竹下しづの女(1887-1951)
日向なる飛ぶ向日葵と日の言葉 高柳重信
日輪に向日葵ばかり昏倒す 中田剛 珠樹以後
明日を恃む向日葵の種子封筒へ 田川飛旅子 花文字
昏れし向日葵に昏れし岩群を忘れゐぬ 石橋辰之助 山暦
昏れてゆく向日葵の時を監視せよ 仁平勝 花盗人
昔日の海向日葵の瞳の中に 高澤良一 寒暑
星と向日葵中を平に爆音行く 田川飛旅子 花文字
暦日やみづから堕ちて向日葵黄 鈴木しづ子
曇り来て向日葵は葉を平らにす 田村了咲
未完成道路の広さ向日葵咲く 右城暮石 声と声
校庭の大向日葵に母の会 深川路子
検事宅向日葵に疾く周忌来ぬ 宮武寒々 朱卓
機嫌よき女に向日葵咲きにけり 仙田洋子 橋のあなたに
水俣や向日葵海に背を向けて 菖蒲あや あ や
水打つて向日葵の葉を堅くせり 猿橋統流子
氷嚢が鳴り向日葵が軋る昼 相生垣瓜人 微茫集
海神へその真顔向け大向日葵 加藤耕子
海鳴りへ大向日葵へ長停車 奈良文夫
濤見えて向日葵へまで音の来ず 西村公鳳
火の番の居らぬ向日葵畑かな 塩川昭子
炎天に蒼い氷河のある向日葵 富澤赤黄男
熱の子が眠り向日葵天の隅 柴田白葉女 遠い橋
爆音去れ霧の向日葵輝くとき 赤城さかえ句集
療園の一本向日葵の全き円 岸田稚魚 筍流し
白昼の崖うつうつと大向日葵 柴田白葉女 『夕浪』
百日の向日葵抜けば風通る 辻田克巳
眠れずに放心したる大向日葵 佐伯昭市
秋の燈を享く向日葵の花の端 下村槐太 天涯
穹深く向日葵の背後何もなし 原裕 『投影』
立ち並ぶ向日葵くらき夜の貌 深見けん二
笑ひもて子の嘘ゆるす大向日葵 伊藤京子
群がれる蟻に向日葵朽ちゆけり 柴田奈美
職無しといふ鈍痛を向日葵に 田川飛旅子 『山法師』
背教や向日葵夜も瞠けり 津田清子
脚下とほき寒向日葵へ歩をおこす 川口重美
花閉づる術なく雨の大向日葵 猿橋統流子
草童に向日葵の顔うつろへり 蛇笏
荒園の力あつまり向日葵立つ 西東三鬼
荒地に根四十路一歩の雄ひまわり 古沢太穂 古沢太穂句集
荒野より声す向日葵播きをれば 齋藤愼爾
菊描きて向日葵の時の如くせし 相生垣瓜人 微茫集
落日に向日葵の背を向けしまま 吉田ひろし
虹消えて向日葵はまだ妻の丈 藤田湘子 雲の流域
蝕ばまれゆく陽を向日葵見つめゐる 柴田奈美
螢飛ぶまえの向日葵山のいろ 和知喜八 同齢
行進曲のごとし向日葵群立つは 早崎 明
裏庭のまづしきが見ゆ向日葵と 岸風三楼 往来
裸者と死者向日葵の種採りし夜の 徳弘純 麦のほとり 以後
見ず聞かず言はず俯向く大向日葵 橋本美代子
見るかげもなき向日葵と貨車一つ 杞陽
訓示垂る大向日葵と思ひけり 高澤良一 随笑
贋物は暑しゴッホの向日葵よ 本城佐和
路ふさぐ向日葵波止より見るものは 竹中宏 饕餮
踊る向日葵縄跳びの子のとぶたびに 磯貝碧蹄館 握手
近づいてゆけば向日葵高くなる 石井とし夫
追撃兵向日葵の影を越え斃れ 鈴木六林男
遠泳を見てか向日葵沖に向き 鈴木真砂女 夕螢
郵便帽は黒い向日葵日の仲間 磯貝碧蹄館 握手
野蜂とび交ふや向日葵いづこに立つ 野澤節子 黄 瀬
雨の日の向日葵あざやかに一つ 高田風人子
雨を呼ぶ大向日葵の重さかな 佐藤 峻峰
雲裏に病める日輪向日葵播き 斎藤愼爾 夏への扉
青空に飽きて向日葵垂れにけり 篠原鳳作 海の旅
驕り咲く向日葵斬つてしまひけり 仙田洋子 雲は王冠
高原の向日葵の影われらの影 三鬼
なかぞらに逝かぬ日輪草矢射る 鷲谷七菜子
もくもくと湧く雲厚し日輪草 阿部みどり女
大天に日車めぐりきそさらぎ 原石鼎 花影以後
島闌けて日車に星座さだかなる 宮武寒々 朱卓
日車に下駄へらし来る猿廻し 阿部みどり女 笹鳴
日車に蝉すがり鳴くはたけかな 銀漢 吉岡禅寺洞
日車に鶏ゐる地べた朝じめり 合浦句集満潮 原田合浦
日車の親花は焦げそめにけり 五十崎古郷句集
日車や喧嘩でこいと軍鶏鬨す 中勘助
月の花日車いたく萎れをり 岡本松浜 白菊
酔ふた絵かきで呉れた日車をかついで去んだ 人間を彫る 大橋裸木
ひとひらの海荒れひまはりさん然と 柴田白葉女 花寂び 以後
ひまはりかわれかひまはりかわれか灼く 三橋鷹女
ひまはりに広島の子として育つ 森田峠 避暑散歩
ひまはりに日の混沌と健次の忌 福島勲
ひまはりに触れて力をもらひけり 岡島伴郎
ひまはりのたかだか咲ける憎さかな 久保田万太郎 流寓抄
ひまはりの一つ傾ぐはユダならむ 高橋悦男
ひまはりの上から枯れてゆく途中 正木ゆう子
ひまはりの影にふれゐる如雨露かな 中田剛 珠樹
ひまはりの愕然として一揺れす 菅裸馬
ひまはりの昏れて玩具の駅がある 鷹女
ひまはりの暮れゆく渦や太秦に 大屋達治 絵詞
ひまはりの王者たりしがうつむけり 辻美奈子
ひまはりの種が蒔かれてあたたかし 今井杏太郎
ひまはりの種蒔きにゆく男たち 今井杏太郎
ひまはりの笑ひ学生配達夫 柴田白葉女 『夕浪』
ひまはりの花のあかりの船出かな 佐川広治
ひまはりの迷路孤独は鋭利なもの 今井豊
ひまはりの黄が踏切に立ちつくす 石郷岡芒々
ひまはりは実となり颱風の北上す 椎橋清翠
ひまはりは実に落日の川鴉 柴田白葉女 花寂び 以後
ひまはりひまはり自分以外には成れぬ 櫂未知子 貴族
ひまはりへ娘から風吹いて来る 坊城俊樹
ひまはりや保健婦自転車押して来る 椎橋清翠
ひまはりや死にたる家を出て来たり 田中ただし
ひまはりをゴツホのやうに活けてみし 橋本 瑞枝
ひまはりを十本植うは晴れがまし 高澤良一 鳩信
ひまはりを攻めてをりたる白煙 大木あまり 火球
ひまはりを植ゑて娼家の散在す 鈴木しづ子
ひまはり灯に咲くうしろくらがり シヤツと雑草 栗林一石路
原爆忌ひまはりの丈子が制す 原コウ子
大ひまはり花壇の外に咲いてをり 大串章(1937-)
海の音ひまはり黒き瞳をひらく 木下夕爾
燃ゆる現身花ひまはりに隠したし 柴田白葉女 『夕浪』

以上
by 575fudemakase | 2014-07-10 00:55 | 夏の季語


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング