人気ブログランキング | 話題のタグを見る

木槿

木槿

例句を挙げる。

ある日挿す*かやつり草と白木槿 黒田杏子 木の椅子
あをいしにほと*おく猫や八重木槿 原石鼎 花影以後
いつよりかひとりを好む花木槿 小林松風
いつ迄も吠えゐる犬や木槿垣 高浜虚子
お遍路木槿の花をほめる杖つく 尾崎放哉
かなしみの見えことごとく白木槿 岸田稚魚
くらければ木槿の見えぬ夜食かな 廣江八重櫻
けさ秋の木槿くさむらより咲けり 及川貞 榧の實
けふの花木槿落ちけり終戦日 及川貞 夕焼
この窓に雨美しき白木槿 吉屋信子
この街に残る繭の香白木槿 木村蕪城 寒泉
これ以上木槿散らすな暁の雨 高澤良一 素抱
しみじみと母あらぬ日の花木槿 白井 爽風
せせなぎの端とり廻す木槿かな 貝寿 俳諧撰集「藤の実」
その頃も今も木槿の垣結ひて 池邊 美保子
たましひの七分去りたる木槿たち 齋藤玄 『無畔』
ちる木槿ナイフ・フォークに軽いむらさき 渋谷道
てのひらにのりさうな子や花木槿 風間 圭
なが雨に息づき咲いて白木槿 松村蒼石 雁
ひとつだにこゑなく木槿ちかき厨子 中田剛 珠樹
ふるさとの木槿の垣や秋出水 飯田蛇笏 山廬集
ぼろ~が妻もうもれし木槿咲 一茶 ■文化三年丙寅(四十四歳)
ぽたぽたと木槿の落ちる忌日かな 宇多喜代子 象
むつつり木槿が咲く夕ベ他人の家にもどる 尾崎放哉
めくら子の端居さびしき木槿かな 白雄
よく晴れて日の丸といふ白木槿 手塚美佐 昔の香
よく眠れて木槿の白さ讃へをり 長谷川倫子
ディナーベル木槿の風があつまり来 渋谷道
バスの日々此処にとまれば木槿咲く 京極杞陽 くくたち上巻
ホテルあり木槿づたひにグリルあり 京極杞陽
リヤカーに木槿かげ映え病農婦 百合山羽公 故園
一くくり双紙やしめる木槿垣 広瀬惟然
一夜なり野は木槿咲く絵蝋燭 川田由美子
一日のまた夕暮や花木槿 山西雅子
一日を今生として底紅も 後藤比奈夫
一日一章一花一日白木槿 吉野義子
一生といえど一日 花木槿 三田村弘子
乞児かへる径の木槿しぼみけり 高井几董
二日咲く木槿となりて朝寒し 暁台
亡き父の剃刀借りぬ白木槿 福田蓼汀
人の世の淋しさ木槿咲きにけり 角川春樹
人呼べば風にのる聲白木槿 渋谷道
今年また同じ所に白木槿 瀧井孝作
今日の花たたみ木槿の夕べかな 稲畑汀子
今日は妻来ぬ日木槿の咲き替る 井上哲王
今日落ちし木槿を今日の箒かな 岡田史乃
他人の母の八重歯や木槿も若々し 草田男
住み古りて厠隠しの木槿垣 小原菁々子
供へけり白き木槿を宵までと 林原耒井 蜩
便り出てくる壺からも木槿からも 宇多喜代子
修理寮の雨にくれゆく木槿哉 蕪村遺稿 秋
俯きて木槿にもある日の疲れ 織野 健一
催眠の花を百とす白木槿 松山足羽
傷つけし人もあるはず白木槿 倉橋羊村
僧若し頭に木槿から来た蚊 金子兜太
八雲忌の蜻蛉木槿に戻しやる 萩原麦草 麦嵐
出で入りて海女に木槿のかくれ井戸 桂樟蹊子
初花の木槿は剪らず蟲拂ふ 下村ひろし 西陲集
北国の日の衰へし花木槿 青柳志解樹
十六夜の地面テくらく木槿散る 宮武寒々 朱卓
十月の雨風に咲く木槿かな 廣江八重櫻
厨女が唱歌うたふや花木槿 永井龍男
君が背に子星つきゆく白木槿 石田あき子 見舞籠
哀れなりくるひし跡の木槿垣 広瀬惟然
哀史秘む草生の里の白木槿 伊東宏晃
四五人の讃美歌木槿咲きそめし 藤田湘子
園丁の得たりと話す木槿垣 武田忠男
地引網すたれし伊勢の木槿垣 宇佐美魚目 天地存問
坂本の湖辺伏屋の木槿かな 尾崎迷堂 孤輪
型染めの伸子一張白木槿 白澤よし子
墓地越しに街裏見ゆる花木槿 木歩
墓多き小寺の垣や花木槿 河東碧梧桐
夕暮の一本道の木槿かな 小川軽舟
夕虹に日のけば~し花木槿 一茶 ■寛政年間
夕霧の木槿の花は消なんとす 臼田亜浪 旅人
夕風の息の継穂の白木槿 望月たかし
大藪に入口ありし木槿かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
子だくさん今は昔に木槿咲く 中村しげ子
宗祗忌や旅の残花の白木槿 森澄雄 浮鴎
実朝の海を南に白木槿 大木あまり 山の夢
宵の星かたみに灯し木槿咲く 角川源義
家問へば木槿の垣の三軒目 中村楽天
富士見えて垣をつくらふ木槿かな 雑草 長谷川零餘子
寝る外に分別はなし花木槿 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
寸刻を惜しめと墓地の白木槿 守田椰子夫
寺の出の黒子の多し花木槿 大木あまり 火のいろに
小包は木槿挿木の棒ばかり 飴山實 辛酉小雪
尻ながき客に木槿の露けさよ 間石
尻腐る畑の魚籃や花木槿 雉子郎句集 石島雉子郎
尼僧出て木槿は白き日を散らす 古舘曹人 砂の音
尾長にも佳きこゑ木槿ひらきけり 堀口星眠 樹の雫
山庭にいま抽ん出て白木槿 滝井孝作 滝井孝作全句集
山影のさす停車場や木槿垣 滝井孝作 浮寝鳥
山鳩のこえの靄より白木槿 和知喜八 同齢
川音や木槿咲く戸はまだ起きず 北枝
帷子の置き洗濯や木槿垣 中村史邦
底紅に胸なでおろす風が出て 高澤良一 寒暑
底紅のびつしり咲いて村密か 鈴木蝶次
底紅の花に傅(かしず)く忌日かな 後藤比奈夫
底紅やあすは忘るる怒りとも 関 清子
底紅やよるべなき風ながれけり 高澤良一 素抱
底紅や少女とをりて刻の過ぎ 岸田稚魚
底紅や物の怪のたつ髪の宮 松本進
底紅や雛妓のころの名でよばれ 加藤三七子
底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史
弔問や門辺の木槿白極め 大橋敦子
後座露の木槿ひらきて朝茶かな 及川貞 夕焼
御殿場といふにきりふる木槿かな 太田鴻村 穂国
御用聞は米屋来るのみ白木槿 山口恵子
忌の明けてなほ忌ごころの白木槿 荒井正隆
忽然と迂闊の道に花木槿 斎藤玄 雁道
惜しまるゝことは仕合せ花木槿 三沢久子
手を懸けて折らで過行く木槿かな 杉風
手繰り寄せ木槿を截るや梅雨満天 宮武寒々 朱卓
抱くごとく窓掛しぼる白木槿 渋谷道
挿床に混みて木槿の棒芽ぶく 飴山實 辛酉小雪
掃きながら木槿に人のかくれけり 爽波
掛花の宗旦木槿蕊つつむ 伊藤敬子
換気口熱気の出づる木槿かな 辻桃子
旅情とは雨の木槿の咲くばかり 加倉井秋を 午後の窓
旅立ちの目覚めの木槿ほのかなり 林原耒井 蜩
旅立の花は木槿と決めてをり 田中裕明 櫻姫譚
日ざかりの木槿を打ちし京の雨 森澄雄
日本の虫喰ひ木槿祭司館 加藤かけい
星濡るゝ秋よ木槿の白きより 林原耒井 蜩
昼過ぎし蕎麦屋の閑や花木槿 森澄雄
曲家の籬木槿の咲きみちて 山口青邨
書屑出し農婦が投書花木槿 香西照雄 対話
月今宵木槿は木槿出づるなく 齋藤玄 『雁道』
月光の降りぬけてゐる木槿かな 中田剛 珠樹以後
有明の月消えかねし木槿かな ながさく清江
朝が来て咲きあらたむる白木槿 高澤良一 素抱
朝の雨涼しく木槿咲きにけり 岸風三楼 往来
朝井汲む妻も木槿も露の中 麦南
朝皃にうすきゆかりの木槿 蕪村 秋之部 ■ 葛の棚葉しげく軒端を覆ひければ、晝さへいとくらきに
朝顔にうすきゆかりの木槿哉 蕪村
木槿が咲いて小学を読む自分であつた 尾崎放哉
木槿さくや親代々の細けぶり 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
木槿すこしむらさき木槿すこし乳なり 阿部完市 春日朝歌
木槿たる証拠の花よ月日長し 耕衣
木槿にも松にも露の一夜哉 米園
木槿の花がおしまひになつて風吹く 尾崎放哉
木槿ほどの笑かんばせに逝かれけり 加藤耕子
木槿や伊豫屋といひし家のすゑ 高橋睦郎 荒童鈔
木槿咲いて祭も過ぎぬ野の小家 河東碧梧桐
木槿咲かせて木曾人の無愛想 森澄雄
木槿咲きいたこのくにの童唄 古舘曹人 樹下石上
木槿咲き手摺のうへに比叡あり 岸風三楼 往来
木槿咲き疏水ながれてゐたりけり 京極杞陽 くくたち下巻
木槿咲くや六代御前田越川 尾崎迷堂 孤輪
木槿咲くや畑の中の父母の墓 吉武月二郎句集
木槿咲くトランペットの破調音 遠山弘子
木槿咲く古駅の名は見了せず 安東次男 裏山
木槿咲く土手の人馬や酒田道 子規句集 虚子・碧梧桐選
木槿咲く寺で木槿を食べにけり 仙田洋子 橋のあなたに
木槿咲く朝を疾走救急車 高澤良一 随笑
木槿咲く本家と分家との間 青柳志解樹
木槿咲く窓辺に紅茶飲んでをり 菅井たみよ
木槿咲く籬の上の南部富士 青邨
木槿咲く頃はいつもの旅心 西村和子 夏帽子
木槿咲て里の社の普請かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
木槿垣その人ありし日のことを 高濱年尾 年尾句集
木槿垣とぼしき花となりゆくも 島谷征良
木槿垣人も通らぬ小道かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
木槿垣只の親父の住む家かな 松瀬青々
木槿垣島原言葉艶あらぬ 下村ひろし 西陲集
木槿垣曲るところを得てまがる 加倉井秋を 午後の窓
木槿垣本所区を野へ出る処 子規
木槿垣萩の花垣むかひあひ 泉鏡花
木槿夕雨こんなところに赤ん坊 飯島晴子
木槿散り白犬交る地のほめき 宮武寒々 朱卓
木槿白し悪夢にからめられし夜も 仙田洋子 雲は王冠
本あけて文字の少なき木槿かな 岸本尚毅 舜
杉垣を抜けるものにて木槿かな 尾崎迷堂 孤輪
柘植谷の霧すさびをる白木槿 細川加賀 生身魂
棟上の赤飯とどく夕木槿 石田あき子 見舞籠
此処らはや犬も見知らね花木槿 中村汀女
歩きつゝ髪結ふ女ありて界隈の木槿咲きそめ 安斎櫻[カイ]子
歩をゆるめ木槿の花の白感ず 村越化石 山國抄
残酷に少年老ゆる花木槿 稲野博明
母の忌の昼静かなり白木槿 小松崎爽青
母の間に風すこし入れ白木槿 日下部宵三
水の面の雨脚せつに白木槿 岸田稚魚 筍流し
水盗人木槿月夜となりてゐし 萩原麦草 麦嵐
泳ぎ道木槿漸く花を終ふ 鈴鹿野風呂 浜木綿
涙かと思ふ木槿の雫かな 仙田洋子 雲は王冠
温泉煙の晴るゝ時なき木槿かな 安斎櫻[カイ]子
湯あがりのみどりご重し夕木槿 羽部佐代子
湯上りの月それてすむ木槿かな 金尾梅の門 古志の歌
潦いくつもありて木槿咲く 館岡沙緻
無造作に重ね盛装白木槿 香西照雄 対話
照る雲と降る雲の間の白木槿 渋谷道
熱の目に木槿うるさく咲けるかな 久保田万太郎 流寓抄以後
片時の木槿揺るれば秋の風 斎藤玄 雁道
物問へば隠るゝ児らや木槿垣 菅原師竹句集
物洗ふ音や木槿の垣の内 寺田寅彦
甚平の父 欅の母顕つ 木槿路地 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 夢見沙羅
生ひ立ちの底紅木槿婚近し 伊藤敬子
生垣にはさまれてさく木槿哉 正白
町中や雨やんでゐる白木槿 松村蒼石 雁
町角に咲く白木槿一之町 毛塚静枝
畳入れてあか~と日の木槿かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
発心の人見送るや木槿垣 路曳
白木槿うかべて野路の月いまだ 翔
白木槿うしろの山は椿の実 瀧井孝作
白木槿ごみを出すにも蝶むすび 片山由美子 水精 以後
白木槿そこそこ零る朝の土 高澤良一 素抱
白木槿とびきり暑き日とならむ 高澤良一 ぱらりとせ
白木槿まいにち咲いてまいにち淋し 山口青邨
白木槿下京に足損ねけり 山本洋子
白木槿厨子はまなこをかくしけり 中田剛 珠樹
白木槿味噌汁うまくなりて日々 村越化石 山國抄
白木槿夢より起きて来し子かな 高橋馬相 秋山越
白木槿妻の逝きたる朝の白 沖津をさむ
白木槿姿正して落ちにけり 長谷川芳子
白木槿嬰児も空を見ることあり 綾子 (太郎生る)
白木槿寝て起きて白里帰り 和知喜八 同齢
白木槿少年の弾くポロネーズ 鶴岡 容子
白木槿暮れて越後の真くらがり 澄雄
白木槿朝日が蘂にすべりこみ 林翔 和紙
白木槿母に忘らる日が来るか 高澤良一 素抱
白木槿涼しき昼に夜がつゞき 高橋馬相 秋山越
白木槿生みたて卵買ひ戻る 石田あき子 見舞籠
白木槿碩学病みて我儘なり 高橋馬相 秋山越
白木槿秋来て咲きぬ末の世の吾が尼姿みる心地して 原阿佐緒
白木槿芯まで白し加賀女 沢木欣一 二上挽歌
白木槿言葉短く別れけり 露月句集 石井露月
白木槿降り切つてなほ暑き夜ぞ 林原耒井 蜩
白木槿降り抜く雨が見えてくる 高澤良一 素抱
白木槿雨発ちの肩すぼめたる 岸田稚魚 筍流し
白玉も葉の粗相なる木槿かな 野澤羽紅女
白陀亡し炉煙りもなし白木槿 青木重行
盲児の端居淋しき木槿哉 白雄
省線に秋は見おぼえの木槿垣 瀧春一 菜園
眠れずよ暗闇に濃く白木槿 阿部美智子
祈ぎ籠めて針ほどかなう白木槿 渋谷道
祖母となる女の一生花木槿 高橋淡路女 淡路女百句
秋あつき日を追うて咲く木槿かな 几董
秋来ぬと散華の木槿ましろなり 秋櫻子(京都、法然院)
移り来し一家に子等や木槿垣 安原葉
箱根路を下り来て里の木槿垣 及川貞 榧の實
紙屑のやうに木槿の花が闇に 文挟夫佐恵 黄 瀬
素気なき返事の来たる白木槿 八牧美喜子
索駝師の鋏酷しや木槿垣 阿波野青畝
縁先に茶をよばれ居て木槿かな 尾崎迷堂 孤輪
繩ふしの猶気結りや木槿垣 芦角 俳諧撰集「藤の実」
老漁夫の聴きゐて海や花木槿 小池文子 巴里蕭条
老犬の小屋より出でず花木槿 林 久子
花木槿はだか童のかざし哉 松尾芭蕉
花木槿まひるすみくる鉦の音 金尾梅の門 古志の歌
花木槿アラブの男女ひそとゐし 小池文子 巴里蕭条
花木槿チラと見え芭蕉チラと見え 京極杞陽 くくたち上巻
花木槿北岩倉の一番戸 船山
花木槿家並の低き漁のまち 石工冬青
花木槿弓師が垣根夕日さす 内藤鳴雪
花木槿戸山ケ原にほとり住 月舟俳句集 原月舟
花木槿時化つゞきなる小浦かな 松藤夏山 夏山句集
花木槿美作に来て汗白し 森澄雄
花木槿裸童のかざし哉 松尾芭蕉
花木槿足腰立てば涼しもよ 林原耒井 蜩
花木槿里留主がち〔に〕見ゆる哉 一茶 ■寛政年間
花木槿鉱山は廃れて雨に冷ゆ 塩田藪柑子
草の戸の起き臥し自在木槿咲く 水谷静眉
落ちてゐる木槿の花の包むもの 山西雅子
落つる音白し深夜の花木槿 林原耒井 蜩
蕣にまぎれて木槿あはれなり 中村史邦
薄墨の祖母と木槿の道に遭ふ 有住洋子
藪入や皆見覚えの木槿垣 正岡子規
蜑が家も農家も木槿垣を結ふ 高木晴子 花 季
蜘の網かけて夜に入る木槿かな 希因
蝶去りて風ばかりなる花木槿 安倍 希佐恵
蝸牛やあをき雨ふる木槿垣 五十崎古郷句集
蟻のぼり蜂とぶ木槿盛りかな 尾崎迷堂 孤輪
行く風に木槿を吹きしいろのこる 宮津昭彦
西国の山々ゆるぶ花木槿 村沢夏風
見上ぐれば雨一粒や花木槿 石田あき子 見舞籠
貰ひ乳子が遠くなる木槿垣 細見綾子 冬薔薇
路地ほそく細くなりきし木槿かな 大木あまり 火球
躾糸きらりと抜きて花木槿 伊藤敬子
逢ふまでの木槿の垣や見られけり 清水基吉 寒蕭々
遊のべの木槿は馬に食はれけり 芭蕉
遍路殿と室戸別れや花木槿 橋本夢道 無類の妻
道しるべして木曽路とや花木槿 濱坂みち子
道すがらうかぶ木槿や徒労ばかり 石田波郷
道のべの木槿は馬にくはれけり 芭蕉 (馬上吟)
遠泳あと海ふりかへる白木槿 中拓夫
避暑町や人去り初めて木槿散る 雉子郎句集 石島雉子郎
金沢に残る迷路や花木槿 向井清子
針置くや夕日残れる木槿垣 千手和子
鎌倉の辻の多さよ木槿垣 星野立子
闇をゆくいのちなりけり白木槿 和田悟朗 法隆寺伝承
雨あとの木槿の花はぺっちゃんこ 高澤良一 寒暑
雨音の次第に細き木槿かな 加倉井秋を 午後の窓
霧籬木槿は花を尽くしけり 西島麦南 人音
食い足りてほとほとさびし白木槿 池田澄子
食拒み死にゆく母か白木槿 平松鉦重
馘首投獄吾が過去帳や花木槿 橋本夢道 無類の妻
馬に喰はれぬ芭蕉の木槿咲きにけり 阿部みどり女 『石蕗』
馬を見ることもなくなり白木槿 みどり女
高野へと心急かるゝ白木槿 川崎展宏
鬼貫の町 木槿から木犀へ 伊丹公子
鯉幟夕ベたれけり木槿垣 飯田蛇笏 山廬集
鯉移すしぶき木槿をぬらしけり 大島民郎
きはちすのかげの花火は香のみかな 田中裕明 櫻姫譚

以上
by 575fudemakase | 2014-08-01 00:33 | 秋の季語


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...
My style

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねえ、どれが いい? ジョン..
at 2022-08-20 08:14
コートニー ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 07:08
ピクニック ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 06:36
ガンピーさんのふなあそび ジ..
at 2022-08-19 17:25
まるのおうさま 谷川俊太郎 ..
at 2022-08-19 16:36
うそ 詩 谷川俊太郎 絵 中..
at 2022-08-19 16:09
もこ もこ たにかわしゅんた..
at 2022-08-19 11:44
おじいちゃん ジョン・バーニ..
at 2022-08-19 11:04
ラチとらいおん マレーク・ベ..
at 2022-08-19 09:35
版画 のはらうた I ..
at 2022-08-19 08:41
んぐまーま 大竹伸朗・絵 谷..
at 2022-08-19 06:42
こんな本出てました。
at 2022-08-18 03:09
棚田を歩けば 文・絵 青柳健..
at 2022-08-16 17:42
版画 のはらうた II ..
at 2022-08-15 16:02
版画 のはらうた V 詩..
at 2022-08-15 15:07
版画 のはらうた III ..
at 2022-08-15 14:22
土竜を含む俳句例
at 2022-08-15 13:14
もぐらはすごい アヤ井アキコ..
at 2022-08-15 12:02
ぼく、だんごむし 得田之久 ..
at 2022-08-15 11:52
電柱 電信柱 の俳句
at 2022-08-15 10:36

外部リンク

記事ランキング