人気ブログランキング |

下萌

下萌

例句を挙げる。

おちついて死ねさうな草萌ゆる 種田山頭火
ここにおちつき草萌ゆる 種田山頭火 草木塔
つまめば灰と消ゆる朽縄草萌ゆる 西山泊雲 泊雲句集
ともかくも腰を預けよ下萌えて 菅家瑞正
はこべらの強きまろ葉や草萌ゆる 西山泊雲 泊雲句集
ぼろ~に朽ちし柴垣草萌ゆる 西山泊雲 泊雲句集
まん丸に草青みけり堂の前 一茶
みこまれて癌と暮しぬ草萌ゆる 石川桂郎 四温
もの縫へば何やら安し草萌ゆる 中村汀女
やせ地なる下萌求め羊達 坊城中子
わが性を愛すほかなし下萌ゆる 林翔 和紙
クラブ振るあたりは既に下萌ゆる 古林吾心
クリークの草萌を見て着陸す 日原傳
クレーンの下の大地や草萌ゆる 岩田昌寿 地の塩
スケートの疲れを足に下萌ゆる 高木晴子 晴居
スタートの手をつく大地草萌ゆる 森田ゆり
一冬の榻を移すや下萌ゆる 風生
七夕や川を渡れば草青く 藺草慶子
下萌えてサラブレッドの馬の村 嶋田一歩
下萌えて土中に楽のおこりたる 立子
下萌えに伏す鹿われを見てをりぬ 江原富美子
下萌えに母を想ふ日なりしかな 長谷川かな女 雨 月
下萌えに遅速あるらし遠目には 新間絢子
下萌えぬ人間それに従ひぬ 星野立子(1903-85)
下萌えの大磐石をもたげたる 高浜虚子
下萌えの崖を仰げば子のちんぽこ 西東三鬼
下萌えもいまだ那須野の寒さかな 広瀬惟然
下萌えや水仙ひとり立ちしざり 千代尼
下萌えや猫葬りてぐうたらに 鳥取芳子
下萌えや石埋り薪割り了る 川口重美
下萌える空気を映し魔法瓶 前川弘明
下萌える蝙蝠傘の骨の数 徳弘純 麦のほとり
下萌すごみ捨つる穴くまどりて 石川桂郎 四温
下萌にうれしきときもうづくまる 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
下萌にたれたる萱の日ざしあり 銀漢 吉岡禅寺洞
下萌にねぢ伏せられてゐる子かな 星野立子
下萌に山門一つ句碑一つ 星野椿
下萌に心が先に下り立ちし 後藤比奈夫 紅加茂
下萌に我下り立てば犬はずみ 広瀬初子
下萌に正倉院の雀かな 林 秋子
下萌に濡れ青竹の節の数 沢木欣一
下萌に疑ふ生死悲しけれ 長谷川かな女 雨 月
下萌に箒つまづきつまづきぬ 山田閏子
下萌に遊ぶ子の母来て連れ行く 高濱年尾 年尾句集
下萌に雨沁み限りなく不孝 辻田克巳
下萌に餌をおしつけて鹿の口 銀漢 吉岡禅寺洞
下萌のいたく踏まれて御開帳 芝不器男
下萌のこゝに佇み水鏡 高木晴子 晴居
下萌の先の月日に歩みだす 黒川 宏
下萌の大盤石をもたげたる 高浜虚子
下萌の庭より棺のいでゆけり 瀧澤伊代次
下萌の庭をながめて二階住 森田峠
下萌の径落柿舎の裏へ出し 西村和子 かりそめならず
下萌の押しつつむ幹立ちならび 千葉 皓史
下萌の明るき窓に読書かな 雑草 長谷川零餘子
下萌の月明りにもそれと見ゆ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
下萌の病者急くもの何もなし 秩父
下萌の蕃山文庫鶏を飼ふ 山本洋子
下萌は声あぐるごと乳母車 林翔 和紙
下萌は芝の中よりはじまりし 粂川和子
下萌もいまだ那須野のさむさかな 惟然
下萌やあしたゆふべを端折着 『定本石橋秀野句文集』
下萌やこゝ濡れそぼつ崖の裾 田川飛旅子 花文字
下萌やすでにまぶしき野の彼方 井沢正江
下萌やふなべり洗ふ縄箒 龍男
下萌や二歩に三歩に畦木影 高野素十
下萌や君病む大事ふと忘る 殿村莵絲子 花 季
下萌や土かく鶏の蹴爪より 嘯山
下萌や土の裂目の物の色 太祇
下萌や地平に消ゆる羊飼 和田克己
下萌や境界石の十文字 星野椿
下萌や大地の鼓動色となる 脇収子
下萌や寝牛の尻のこそばゆき 正岡子規
下萌や小さい赤い靴はかせ 上野泰 佐介
下萌や崖下に住み小十年 伊庭心猿 やかなぐさ
下萌や手ごたへのなき杭を打つ 倉田香雲
下萌や手を洗ふ水丸くなる 永井アイ子
下萌や抱かれて猛る敗れ軍鶏 平井さち子
下萌や春まだ浅き桑畑 渡部穀雨
下萌や爪彫如来地より立つ 西本一都 景色
下萌や白鳥浮きて水翳す 飯田蛇笏 霊芝
下萌や石をうごかすはかりごと 高浜虚子
下萌や砂の中なる岐れ幹 大橋櫻坡子 雨月
下萌や綱に絡まる孕み山羊 棚山波朗
下萌や総身に添ひし紅絹の裏 都筑智子
下萌や薪をくづす窓あかり 犀星
下萌や薪割つてゐる門の内 大峯あきら 鳥道
下萌や転がりさうな力石 赤塚五行
下萌や雪嶺はろけき牧の柵 芝不器男
下萌や静かに生きて子を持てる 宍戸富美子
下萌や鶏追ふ人の躍る如し 石鼎
下萌ゆとかんばせよする二人かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
下萌ゆとゐざりて汝に影法師(僧顕正病ひうすらぐ) 『定本石橋秀野句文集』
下萌ゆと思ひそめたる一日かな 松本たかし
下萌ゆと気づき我が影にも気づく 西村和子 かりそめならず
下萌ゆるものくさ~や芥子その他 高浜年尾
下萌ゆる力となりて降る雨よ 稲畑汀子 春光
下萌ゆる小家を珠と妻みがく 篠田悌二郎 風雪前
下萌ゆる江東瓦礫ばかりにも 及川貞 榧の實
下萌を催す頃の地震かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
下萌を傷つけ老婆薪割れり 松村蒼石 雪
下萌を踏む一歩づついとほしみ 関 弥生
不幸が似合ふ女ではなし草萌ゆる 鈴木栄子
両面焚倒焔式窯草萌ゆる 橋本榮治 逆旅
二つ迅きまひ~に草萌ゆるかな 碧雲居句集 大谷碧雲居
二三年このかた病まず草萌ゆる 鈴木真砂女
二月堂から三月堂へ草萌ゆる 吉原文音
人死して一坪の墓下萌ゆる 藤松遊子
人知れずある江海女の具下萌に 町田しげき
仔犬誰にでも蹤いてゆく草萌や 原田種茅 径
佐久の畦青むや墓もしめらへり 大野林火
先んじて一草萌ゆる今朝の春 三田きえ子
児を預け教師に徹す草青む 伊東宏晃
刑場址すなはち聖地下萌ゆる 下村ひろし
初蝶の触れゆく先の草青む 野沢節子 存身
利根堤冬草青く山羊とりつく 山口青邨
励めとは俳諧のこと草萌ゆる 木村蕪城 一位
北国は先づ井戸の辺に草萌ゆる 田中冬二 俳句拾遺
北風や小草萌え居る葎底 西山泊雲 泊雲句集
午後の雲動き学園下萌ゆる 深見けん二
反逆のこゝろ腐ちゆき草萌ゆる 冬の土宮林菫哉
吹かれてはふくらむ羊草青む 白井 爽風
咲きみちて庭盛り上る桜草 青邨
垣添や猫の寝る程草青む 一茶
埋立の島の新旧草萌える 下山宏子
城草青み陽は照りはつ花咲き侍る 日夏耿之介 婆羅門俳諧
壬生径下萌に炮烙売る日あり 四明句集 中川四明
夕さりのすずなり通草青かりき 中田剛 珠樹
夕風の見えたり土堤の草萌に 長谷川かな女 雨 月
大空へ手話の宣誓草青む 指澤紀子
大阿蘇の冬草青き起伏かな 稲荷島人
天地に神おはしけり草萌ゆる 高橋淡路女 梶の葉
太郎塚次郎塚下萌えにけり 阿部王一
太陽に会ふこともなき一輪草 青柳志解樹
太陽の抓み出したる草青む 湯川雅
妻の座の長き月日や下萌ゆる 川口咲子
子のシヤベル忘れしままや下萌ゆる 今泉貞鳳
子羊の角出て牧場草萌ゆる 水沢源治
家持が詠める野川や草青む 長谷川かな女 花寂び
寝牛とも石とも見えて草萌る 河東碧梧桐
尾根道は牧柵沿ひに草萌えて 小林はる子
山羊つなぐ綱どこまでも草萌ゆる 成島 秩子
岸の草青めり川はくろぐろと 石塚友二
川音や草萌近き崖を去る 加藤知世子 黄 炎
平穏に四隣住みなし下萌ゆる 大津希水
床の間の小さき鉢に下萌す 太田南岳
庭広し左右見る辺草萌えて 池内たけし
廃船に浜草青みわたりけり 石田波郷
待つといふ優しきひびき下萌ゆる 鈴木千恵子
忌の正座遠きあたりの草青み 鷲谷七菜子 花寂び 以後
怨霊の隼人の塚の草青む 下村梅子
憂愁のみなもと知らず草青む 相馬遷子 山国
投げ足の黒靴下に下萌ゆる 上田五千石 田園
旅立たんばかり月夜の帚草 青柳志解樹
日々迫るもの下萌ゆるのみならず 千代田葛彦 旅人木
日日遠くして草青む涙あふる 下村槐太 天涯
日曜の朝日朝風下萌ゆる 成瀬正とし 星月夜
春愁や草を歩けば草青く 青木月斗(1879-1949)
昼休みみじかくて草青みたり 黒田杏子 木の椅子
曲馬が来る人夫立ちまはる草萌え 小澤碧童 碧童句集
月光のほのめくや畦青みたり 千代田葛彦
木のもとに草青々と暮雪かな 原石鼎
杉は夕焼下萌の辺は尚明るし 加藤知世子 黄 炎
村あげて落成式や下萌ゆる 横山尋子
来し方や畦に咲かせて血止草 青木重行
柔道着二人で絞り草萌ゆる 大串章
柴焼いて下萌の風起りけり 室生犀星 魚眠洞發句集
梯子持ち去る下萌えに梯子の型 今瀬剛一
椋鳥のしばらく宙に畦青む 堀口星眠 営巣期
横柄な遠野鴉に畦青む 高澤良一 宿好
橋の上まで草萌えつづくあかるさをわたる シヤツと雑草 栗林一石路
機音のひびく丹後路畦青む 宇野直治
水浅黄は汀女の色の矢車草 青木重行
池に浮く鴨もそぞろや草萌ゆる 松本たかし
泣いてゐる子を真中に草萌ゆる 阿部みどり女
泥はねし納屋の障子や下萌ゆる 冬葉第一句集 吉田冬葉
滅入るほど草青みゐて死が近し 小倉涌史
濤聲や徐福の墓畔草萌ゆる 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
炭撰り女二人対きあひ草萌ゆる 石川桂郎 高蘆
獄に棲み鋲のごとしや下萌ゆる 不死男
甕の胴張り膨らめり下萌えて 林翔 和紙
生あるものにあまねき力草萌ゆる 青峰集 島田青峰
生きてゆく刻に音なし時計草 青木重行
畦青み雪嶺しざり秩父別(ちっぷべつ) 高澤良一 素抱
畦青む見ては心に笛を吹く 千代田葛彦 旅人木
痩身に食後のほてり下萌ゆる 香西照雄 対話
癒えねども勤めが待てり草青む 林翔 和紙
石一つ抜けしあとあり草萌ゆる 西山泊雲 泊雲句集
石畳つぎ目~や草青む 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
磁石微動してN極へ下萌ゆる 松山足羽
祈るとは願ふにあらず下萌ゆる 京極杜藻
窓すつてゆく人の影草萌ゆる 金尾梅の門 古志の歌
窮鼠一匹跳びあがるべく草萌ゆる 磯貝碧蹄館
筑波よく見ゆる裏山草萌ゆる 及川貞 榧の實
縦横に枯木の影や下萌ゆる 高浜虚子
聖逝けり雙柿舎の草青むころ 飯田蛇笏 霊芝
胸中に嘘あたためて泡立草 青柳志解樹
自転車の籠にバイエル下萌ゆる 楠本莞爾
花萱草青野の青をさそひだす 福田甲子雄
草千里下萌えにはや牛放つ 里川水章
草萌えそむる径ながらこれを行き給へ 梅林句屑 喜谷六花
草萌えてチャップリンめく古靴よ 細川加賀 『傷痕』
草萌えて上総下総靄の果て 飯田龍太
草萌えて命昂ぶる日なりけり 松永静雨
草萌えて土中に楽のおこりたる 星野立子
草萌えて生くるかぎりはわびしけれ 中川きみ子
草萌えて舐むるがごとし旧書屋 林翔 和紙
草萌えて蘭船火砲地に親し 下村ひろし 西陲集
草萌えて高処の家のわかきひと 中田剛 竟日
草萌えにショパンの雨滴打ち来たる 多田裕計
草萌えに鹿の激しきながれかな 大木あまり 火のいろに
草萌えぬ地もなし吾子懐はぬ日も 石井露月
草萌にかがめば何か影よぎる 鷲谷七菜子
草萌になほ廃墟なる電車待つ 原田種茅 径
草萌に孫の一歩の初まりぬ 森山 抱石
草萌に柵塗るペンキこぼれをり 高浜年尾
草萌に歯みがきこぼす歯が痛み 右城暮石 声と声
草萌に石積むのみの茶屋の趾 稲畑汀子 春光
草萌のまつただなかの忘れ井戸 柴田白葉女 花寂び 以後
草萌の野に敷く茣蓙のふくらみに 稲畑汀子 汀子第二句集
草萌やちちはは一つ墓に栖み 安住 敦
草萌やまだ尾の切れぬ羊の仔 平賀扶人
草萌やバケツの中の牛の乳 癖三酔句集 岡本癖三酔
草萌やパンダ模様の仔牛ゐて 阿部恵子
草萌や並び坐るに足らぬほど 翔
草萌や吾が牧となる杭を打つ 山本和枝
草萌や土踏まずなき嬰の足 水原春郎
草萌や大地総じてもの~し 高浜虚子
草萌や寺院の吊る鸚鵡籠 飯田蛇笏 霊芝
草萌や御堂小暗き伎芸天 児玉まさお
草萌や日ざしへだつる朝餉 金尾梅の門 古志の歌
草萌や江村の父老出ては踞す 楠目橙黄子 橙圃
草萌や燐寸ももてるみどりの火 耕二
草萌や茶の木も少し家の前 尾崎迷堂 孤輪
草萌や詣でゝ影す老の者 飯田蛇笏 霊芝
草萌や金亡びざる殷の戈 千代田葛彦 旅人木
草萌ゆと畔径を来て立ちにけり 五十崎古郷句集
草萌ゆや径あきらかに樹を逸れぬ 原田種茅 径
草萌ゆるこゝは小御所の跡とかや 高木晴子 晴居
草萌ゆるはじめ大方紫に 石井露月
草萌ゆるまぎれなむ日のあらばあれ 及川貞 榧の實
草萌ゆる何かなさねばならぬかな 森田桃村
草萌ゆる城を載せたる巌かな 日原傳
草萌ゆる大和に歌の山いくつ 角川春樹
草萌ゆる尻きれし草履我妹 梅林句屑 喜谷六花
草萌ゆる峡の鶏鳴高く澄み 林 尚子
草萌ゆる焚火のあとのところかな 上野泰 佐介
草萌ゆる男手ばかりの産後の家 古沢太穂 古沢太穂句集
草萌ゆる石むらさきにかげりけり 木田一杉
草萌ゆる管財の札立ちしまま 柳瀬重子
草萌ゆる誰かに炊煮まかせたし 及川貞 榧の實
草青々牛は去り 中塚一碧樓(1887-1946)
草青き死の壁とても風は越ゆ 稲垣きくの 黄 瀬
草青み父の衰へ止むべくも 深見けん二
草青むうつろひやすき日の温み 廣瀬直人
草青むシューシャインボーイしゅっしゅっと 山口青邨
草青む家の貧しさ子は知らず 村山古郷
草青む川べりの土踏みこぼす 上村占魚 鮎
草青む征馬繋ぎし枋そのまま 五十嵐播水 埠頭
草青む歩よりもこころ遠く行き 森澄雄 四遠
草青む牧場まろき空のせて 鈴木アツ子
草青む白馬の少女対岸に 藤井一俊
草青む道後の湯垢流れ来て 右城暮石
葬りすやむらにはむらの草萌えぬ 細谷源二 鐵
虚子立子愛子の墓や下萌ゆる 青木重行
蛭ケ小島手にとるばかり草萌ゆる 佐野青陽人 天の川
行きはわが足袋の真白く下萌ゆる 中村汀女
街の音とぎれる間あり草萌ゆる 汀女
貨車の間の冬草青し江東区 岩田昌寿 地の塩
踊りきいて跼む盲ひに草青し 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
身のうちに草萌えいづる微熱かな 平井照敏
逆立ちをして下萌の大地挙ぐ 廣瀬凡石
逆立をして見たる野の草萌ゆる 上野泰 佐介
野の井戸の下萌に着くポンプの柄 森澄雄
野の草となりはて蛇の目草萌ゆる 青邨
野生馬の肌あらあらと草青む 一民江
鎌倉や冬草青く松緑 高浜虚子
開港の史跡あちこち草青む 下村ひろし 西陲集
闘病の杖にすがりぬ下萌ゆる 国弘賢治
雨降れば雨も行くべし草萌ゆる 中村汀女
雲垂れてつひに触れたる畦青む 水原秋桜子
霧の中ことばはぐくむ翁草 青柳志解樹
頬白か立ちたるあとの畦青む 相馬遷子 山河
願成就大願成就草萌ゆる 橋本榮治 逆旅
風邪の目にはや下萌の浅みどり 石井露月
飛火野の草萌え髪の伸びにけり 大木あまり 火のいろに
高藺草青田のために刈り除く 百合山羽公 寒雁
鳥も来ずすくよかに草萌え出でぬ 石井露月
母上に八十八度草萌えて 高澤良一 石鏡

以上
by 575fudemakase | 2015-02-18 00:16 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/23611488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

十二月
at 2021-05-13 01:40
拙句 ポインセチア 猩々木 
at 2021-05-13 01:37
拙句 蕪 
at 2021-05-13 01:35
拙句 蜜柑 
at 2021-05-13 01:34
拙句 セロリ (高澤..
at 2021-05-13 01:33

外部リンク

記事ランキング