春蘭

春蘭

例句を挙げる。

ひえびえと春蘭の土こぼれたる 下田稔
ほくり咲き秋田支藩の武家屋敷 高澤良一 宿好
ドア開ける度び春蘭の匂ひ立つ 稲畑汀子
交りや春蘭掘りてくれしより 高田つや女
山人に春蘭を掘る向きかえて 長谷川かな女 花 季
己が葉の影春蘭に濃かりけり 奈王
憂き日々にあり春蘭の薄埃 桂 信子
掘りきたる春蘭花をそむきあひ 立子
掘りささげたる春蘭のはげしき根 赤松[ケイ]子
春蘭と二月の雲のゆく下に 軽部烏帽子 [しどみ]の花
春蘭と蕨四五本とを得たる 岸風三楼 往来
春蘭にうづまく髪を臥せしかな 長谷川かな女 雨 月
春蘭にくちづけ去りぬ人居ぬま 杉田久女
春蘭にこころのぞかれゐたりけり 吉野義子
春蘭に佇ち紅梅にふり返る 岸風三樓
春蘭に尾根つたひくる日のひかり 斎藤梅子
春蘭に山廬先生莞爾たり 植村通草
春蘭に松の落葉の深々と 川端龍子
春蘭に添えば消えてゆく痛み 本田ひとみ
春蘭に狐のごとき花芽出づ 堀口星眠
春蘭に畳の埃とぶことも 吉井幸子
春蘭に首をかしげてゐる男 出羽 智香子
春蘭のあえかの花に片時雨 行方克巳
春蘭のひともと陶の埃棚 伊藤敬子
春蘭の一鉢かくれなかりけり 後藤夜半 底紅
春蘭の一鉢を先づ病床に 高濱年尾
春蘭の匂ふ胎内くぐりかな 小形さとる
春蘭の古葉剪らんと思ひつゝ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
春蘭の咲きて使はぬ山の井戸 関戸靖子
春蘭の咲くをたしかむ山に入る 衣巻新風子
春蘭の固き蕾の解くる日を 田中冬二 麦ほこり
春蘭の幾株か減り雑木山 阿部みどり女 『陽炎』
春蘭の影濃くうすく昼しづか 桂 信子
春蘭の曾ての山の日を恋ひて 高浜虚子
春蘭の根を包みをる苔芽ぐむ 横光利一
春蘭の櫟の丘は伐られけり 和地清
春蘭の水の匂のほかはせず 後藤比奈夫 花びら柚子
春蘭の花さみどりに母恋ひし 中村しげ子
春蘭の花とりすつる雲の中 蛇笏
春蘭の花芽と信じ育てをり 水田ムツミ
春蘭の花芽をかぞえ癒えており 根岸たけを
春蘭の花芽伸び来し鉢を置く 長井伯樹
春蘭の花茎ゆらし軍靴くる 松浦敬親
春蘭の草に紛るる薄暮かな 隈加須奈
春蘭の葉のとどめたる牡丹雪 野沢節子 飛泉
春蘭の蕾もたぐる夕月夜 福田萬喜子
春蘭の裏庭にゐる媼かな 山本洋子
春蘭の風をいとひてひらきけり 敦
春蘭は山の消息お見舞に 志子田花舟
春蘭は日を吸ひ落葉日を返へし 上野 泰
春蘭やけんけん雉子も杉の奥 友二
春蘭やみだれあふ葉に花の数 高橋淡路女 梶の葉
春蘭やジャズの流るる異人館 中川 克子
春蘭や三十余年わが庭に 瀧井孝作
春蘭や僧の客間に良寛像 関森勝夫
春蘭や天城が降らす雲かぶり 青邨
春蘭や奈落をいそぐ水の音 松本美簾
春蘭や学問ほどの不確かに 鳥居美智子
春蘭や実生の松にかこまれて 星野立子
春蘭や尼に眉間の皺はなし 静塔
春蘭や山の音とは風の音 八染藍子
春蘭や度々の行幸の神武寺に 尾崎迷堂 孤輪
春蘭や徒食の爪はのびやすし 角川源義
春蘭や指を組みたる母の骨 栗林千津
春蘭や日かげ勝なる山の寺 四明句集 中川四明
春蘭や暗きに打てる紙砧 水原秋櫻子
春蘭や朝日集めてうすみどり 穂坂日出子
春蘭や杣とは違ふ足の音 和田祥子
春蘭や株ごとに持つ野の故郷 遠藤 はつ
春蘭や渡る他なき丸木橋 浦田 宏
春蘭や滝の芯のみよみがへり 黒坂紫陽子
春蘭や無名の筆の俗ならず 正岡子規
春蘭や男は不意に遺さるる 飯島晴子
春蘭や秩父も奥のどんづまり 江口千樹
春蘭や耳にかよふは竹の雨 草城
春蘭や記憶次第によみがへる 中村汀女
春蘭や野坂参三百歳に 柴野公子
春蘭や雨をふくみてうすみどり 杉田久女
春蘭や雨雲かむる桜島 秋櫻子
春蘭や雪崩の跡に土乾き 児玉 小秋
春蘭や雲の中にも殿の址 小澤満佐子
春蘭や香のかたちに香の灰 日野草城
春蘭を今朝の新聞紙に包む 内山忍冬
春蘭を得し素朴なる日を愛す 吉田草風
春蘭を得てかざしたる木の間の日 高濱年尾 年尾句集
春蘭を掘たる山を眺めをり 深川正一郎
春蘭を掘り提げもちて高嶺の日 高浜虚子
春蘭を掘り目隠をされてゐる 田中裕明 花間一壺
春蘭を掘る一株にとゞむべし 横田弥一
春蘭を移し植ゑたる庭の闇 加藤三七子
春蘭を穫て峡ふかき日を仰ぐ 塚原 夜潮
春蘭を置いてゆきたる見舞人 高濱年尾 年尾句集
春蘭を踏み大靴の悪霊たち 八木三日女 落葉期
春蘭を騒いで掘つて笹の山 岡井省二
春蘭活け吉川英治夫人の家 天野慶子
杣出の渓春蘭のふるへをり 石原八束
松売りや根に春蘭をくゝりける 妻木 松瀬青々
母の顔春蘭(ほくり)に重ね家郷恋ふ 原田孵子
淑気満つ春蘭の香を箸の尖き 安田鶴女
花一つ持ちて春蘭掘られけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
花現れし春蘭いだき屋上より 軽部烏帽子 [しどみ]の花
若者の渇き春蘭水の辺に 細見綾子
葉の色に紛れ春蘭咲き初むる 下間ノリ
蔭の花春蘭の香に眼を見はる 臼田亞浪 定本亜浪句集
貧書斎春蘭花をあげにけり 富安風生
重湯飲めば春蘭の山河あり 相馬遷子 山河
雀ねらふ猫平然と春蘭嗅ぐ 長谷川かな女 花寂び
雲深くして春蘭の濡れゐたり 池上浩山人
風を着てさあ春蘭を掘りませう 栗林千津

以上
by 575fudemakase | 2015-03-03 00:08 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/23612565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

飯桐の実の俳句
at 2018-10-20 15:17
散歩 の俳句
at 2018-10-18 06:36
薔薇の俳句 あれこれ
at 2018-10-18 05:40
秋薔薇 の俳句
at 2018-10-18 05:36
ビュッフェ の俳句
at 2018-10-18 04:26

外部リンク

記事ランキング