人気ブログランキング | 話題のタグを見る

仏生会

仏生会

例句を挙げる。

あまたるう空暮れゆけり仏生会 高澤良一 随笑
くるぶしに蝿のちひさく仏生会 小島千架子
この山の鴉大ぶり仏生会 影島智子
こんにやくの芽が鉢に伸び仏生会 きくの
つくだ煮の湖のいろくづ仏生会 澄雄
どしや降りに落花ただよふ仏生会 林火
ぬかづけばわれも善女や仏生会 杉田久女
はらはらと真昼の雨や仏生会 中村汀女
ほたる烏賊越よりとどき仏生会 角川春樹 夢殿
ぼうたんの衰へぬ間の仏生会 森 澄雄
またちがふ鳥の来てゐる仏生会 宮澤映子
みづうみのこまかきひかり仏生会 鷲谷七菜子 花寂び
やはらかき雨の降るなり仏生会 竹中福雅
三叉路に立つ小旋風や仏生会 鍵和田[ゆう]子 浮標
仏生会くぬぎは花を懸けつらね 石田波郷
仏生会さくらしべふる日なりけり 角川春樹
仏生会をさなき顔はみな仏 山本輝明
仏生会双眼鏡に潮あをあを 野沢節子 八朶集以後
仏生会城山の鳶海に啼き 宮津昭彦
仏生会川の中途に日が射して 岸田稚魚
仏生会左手の誦経まさりゐる 八木林之助
仏生会母を亡くせしわれに雨 山田冬馬
仏生会淋しき海のありにけり 角川春樹
仏生会猫の器に雨が降る 依光陽子
仏生会玻璃戸に雨の流れけり 岡田理子
仏生会花の梢の見えずなり 岸田稚魚 『萩供養』
仏生会蛇も衆生として来しか 伊藤いと子
仏生会蝌蚪も新たなものの数 野澤節子 黄 炎
仏生会諸子捕りにもゆけぬまま 齋藤玄 『雁道』
仏生会金魚をつれて退院す 阿部みどり女 『雪嶺』
仏生会鎌倉のそら人歩く 川崎展宏
仏生会露生の土にわれの影 三島晩蝉
仏生会鳰には鳰の笛仕え 佐々木栄子
僧の血を曳く母の祖や仏生会 大橋敦子 手 鞠
切株の芯のくれなゐ仏生会 伊藤乃里子
外人のアベツクもゐる仏生会 山根きぬえ
大寺の青き畳や仏生会 佐藤信子
大荒れの海に日差せり仏生会 茨木和生 三輪崎
大雨の降りかくす嵯峨や仏生会 渡辺水巴
天と地のいづれ明るし仏生会 神尾久美子 桐の木
寧楽山の夕影まろし仏生会 長沼恒子
寺に来て日に浴す人仏生会 大橋敦子
小鳥とて血を裹むもの仏生会 友岡子郷 未草
山の木のぞくぞく生えて仏生会 櫛原希伊子
山は山で鳥は鳥なり仏生会 大牧 広
山寺の障子締めあり仏生会 高浜虚子
山門を入り大椿仏生会 大峯あきら 宇宙塵
座布団を並べ直しぬ仏生会 岩淵喜代子 硝子の仲間
庭に来し鳥と目のあふ仏生会 つじ加代子
御本尊どぜう髯もて仏生会 高澤良一 燕音
断崖に海のめくれる仏生会 中尾寿美子
新茶煮る曉起きや仏生会 大 祇
暗渠出て嬉々たる水や仏生会 鍵和田[ゆう]子 浮標
木偶鴨の畦に並びし仏生会 関戸靖子
木菟の洞いまも高きに仏生会 肥田埜勝美
杣径の大昼月や仏生会 大峯あきら 鳥道
枳殻も苅り揃へたり仏生会 山店 芭蕉庵小文庫
桜ねむられぬばかりの仏生会 斎藤玄 雁道
浮雲も浮葉も幼な仏生会 櫛原希伊子
海に鳴く鳶の聞ゆる仏生会 酒井みゆき
濡るる手を濡らしてゐたり仏生会 今村俊三
濡縁のぬくもりに触れ仏生会 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
火事ひとつあり大阪の仏生会 辻田克巳
無憂華の木蔭はいづこ仏生会 杉田久女
焼跡の天の広さよ仏生会 深見けん二
生涯を足袋干す暮らし仏生会 井上雪
白象の糸のまなじり仏生会 長谷川櫂 蓬莱
眉描いて来し白犬や仏生会 川端茅舎
石組に亀の集まる仏生会 森田公司
秩父往還朝から雨の仏生会 曽野 綾
稚児を抱く胸のぬくもり仏生会 市川 和美
稚子はや人のにほひの仏生会 文挟夫佐恵
空青う青うなりゆく仏生会 高澤良一 随笑
美髯僧太鼓強打つ仏生会 館岡沙緻
老僧のエー~童話仏生会 河野静雲 閻魔
肥柄杓からりと乾く仏生会 辻田克巳
臍峠いづこや雨の仏生会 魚目
花このまゝ仏生会までもたせたし 高澤良一 さざなみやっこ
花の中にあまた虫ゐて仏生会 中山鈍子
花よりも柿に親しき仏生会 角川春樹 夢殿
花買ひの中に人買ひ仏生会 齋藤玄 『無畔』
蟻逢うて顔よせ別る仏生会 佐野美智
足拭きて足に日当る仏生会 小島千架子
跣足にて婆が物売る仏生会 阿部みどり女
軒に藤かざして村の仏生会 伊藤いと子
鎌倉の海青き日や仏生会 千手和子
長葱の白こそ真白仏生会 神尾久美子 桐の木
降り足りて夜空むらさき仏生会 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
雨だれのうちの御堂や仏生会 今川白峰
雨だれのしぶくときあり仏生会 中塚黙史
雨垂れの向ふ草山仏生会 村越化石
雨濡れの鳩の微光や仏生会 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
雲のあゆみ水の行くかたや仏生会 白雄
音のみな濤へ出揃ふ仏生会 鳥居おさむ
風のあと月の大きな仏生会 斉藤みちえ
鯉群れて撒餌とり合ふ仏生会 高澤良一 随笑
鳶は老い鴉は若し仏生会 大峯あきら 宇宙塵
麦飯や母にたかせて仏生会 其角
黒人の母娘も善女仏生会 久本 千代喜
どの畦も人が往き来す灌仏会 中野あぐり
よその子を叱る人居て灌仏会 古川充子
佛母たりとも女人は悲し灌仏会 橋本多佳子
俗の身に寺の勤めや灌仏会 鶴田葭春
吹き降りの西より霽れて灌仏会 渡辺 立男
堂前の大山桜灌仏会 星野立子
大雨が地を洗ひたる灌仏会 細見綾子
天つ日は古く新し灌仏会 大峯あきら 宇宙塵
女手のそこそこ揃ひ灌仏会 大石悦子 百花
少年は馬を羨しみ灌仏会 神尾久美子 桐の木
尼たちが少女の起居灌仏会 熊谷愛子
山裾の三椏の花灌仏会 細見綾子 黄 炎
庭に飼ふ鯉の緋衣灌仏会 堀口星眠 樹の雫
灌仏に咲く花散る花みないとし 椎橋清翠
灌仏に大屋根朽ちて落ちんとす 温亭句集 篠原温亭
灌仏に掃きゐる僧や人の中 雑草 長谷川零餘子
灌仏に軽雷山を下りてくる 西村公鳳
灌仏のお寺の庭に手毬つき 阿部みどり女 笹鳴
灌仏のたちまち虚子のあるごとし 岡井省二
灌仏の乾きがてに甘茶流れけり 雑草 長谷川零餘子
灌仏の人の中なる柱かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
灌仏の如泳ぎ子の立ち上り 上野泰 佐介
灌仏の手に寸鉄の光かな 古館曹人
灌仏の日に生れあふ鹿の子哉 松尾芭蕉
灌仏の日に生れ逢ふ鹿の子哉 芭蕉
灌仏の柄杓やりとり見ず知らず 高澤良一 寒暑
灌仏の横向いてゐる夕日かな 渡邊水巴
灌仏の肩がかわくにいくたびも 篠原梵
灌仏の風吹けば飛ぶ雫かな 岸本尚毅 舜
灌仏の麦の穂活けし手桶かな 萩原麦草 麦嵐
灌仏やぽつんぽつんと石に雨 岸本尚毅 鶏頭
灌仏やもめも漸く収まりて 西山泊雲 泊雲
灌仏や仮リに刻し小刀目 炭 太祇 太祇句選後篇
灌仏や女人の中の女の子 温亭句集 篠原温亭
灌仏や尼の子尼になりにけり 正岡子規
灌仏や影つれて飛ぶ山がらす 大峯あきら 鳥道
灌仏や捨子すなはち寺の沙弥 キ角 四 月 月別句集「韻塞」
灌仏や椿ぽた~御堂前 小澤碧童 碧童句集
灌仏や沼の子雨に濡れそぼち 木村蕪城
灌仏や皺手合する数珠の音 松尾芭蕉
灌仏や蔦の若葉もあゆみそめ 千代尼
灌仏や釈迦と提婆は従弟どし 之道 芭蕉庵小文庫
灌仏や雨は黒身の蝌蚪に降り 村越化石 山國抄
灌仏会ぬぎし草履はふところに 細見綾子 黄 炎
灌仏会冷たい甘茶詫びながら 瀧 春一
灌仏会御僧ひとり端居ます 軽部烏帽子 [しどみ]の花
灌仏会摘みしれんげはすぐ萎ヘ 細見綾子 黄 炎
灌仏会暮れても街に身を置きて 大島四月草
灌仏会蝌蚪も新たなものの数 野澤節子
白猫の松を降りくる灌仏会 星野恒彦
真紅もて白昼を継ぐ灌仏会 小笠原理
空に海海に空入る灌仏会 藤村克明
藪に日のしばらくかかり灌仏会 永方裕子
身の芯にともる小さき焔灌仏会 鍵和田[ゆう]子 浮標
金色の鯉の浮きくる灌仏会 山城英夫
雲の裏に日は籠りゐて灌仏会 加藤余石
あめつちの濡れてにほへる花祭 市川花庭
はなびらが金属破片花祭 三村凪彦
わらべらに天かがやきて花祭 飯田蛇笏 雪峡
ブリキなる象の耳揺れ花祭 柳原控七郎
仏とはにんべんなりし花祭 松田都青
僧もする稚児の化粧や花祭 石田雨圃子
先生の先生の忌は花祭 山名愛三
公照の泥佛あり花祭 塩川雄三
出番待つ鬼が酔ひをり花祭 山田洋々
地獄図に子の集まりて花祭 星 多希子
塗り剥げし鉞振ふ花祭踊 村上冬燕
婆々の髪お花祭の花かざし 河野静雲
寺の名で僧が呼ばるる花祭 大山 茂
寺の灯の彩を殖やして花祭り 深谷 保
寺町や背中合せに花祭 三溝沙美
山々に鐘こだまして花祭 阿部タミ子
峡空に一白煙の花祭の果て 友岡子郷 遠方
幔幕を鳩の汚せる花祭 高橋勇三
松蝉の声の嗄れたる花祭 吉武月二郎
母の背に眠る稚児あり花祭 柏谷さち子
深酒の寝息も花祭(はな)の笛に通ふ 友岡子郷 遠方
稚児みなの帯は絞りの花祭 成田耕作
胎内に母音のこだま花祭 橋口 等
花祭いつか日傘を忘れし寺 阿部みどり女
花祭のレコード鳴らし作務の僧 石渡ひろし
花祭の白象生死無限にして 長谷川かな女 花 季
花祭までの一ト月定期券 松尾隆信
花祭みづやまの塔そびえたり 飯田蛇笏 春蘭
花祭り三十三間堂もかな 川崎展宏
花祭り舞処に散らす榊の葉 安田建司
花祭後れじと蹤く風の稚子 石塚友二
花祭果てゝまた村口の古き樫 友岡子郷 遠方
花祭済みたる寺の広さかな 和田圭玄
花祭稚児の口みな一文字 明石志園
花祭稚児出てくるはでてくるは 阿部杉風
花祭稚児白象の鼻を撫づ 岸 正儀子
花祭美しき人間喜劇かな 阿部完市 無帽
花祭薄く削がれて女の咳 楠本憲吉
花祭衆生済度の雨はげし 宇佐美叱風
花祭踊る設楽の真闇雪降らす 村上冬燕
花祭近しや宙に嶺が出て 宮坂静生 春の鹿
街の天かもめまぶしく花祭 石原舟月
裏山へ帰る子のあり花祭 小川鴻翔
見まはしてわれは男や花祭 桑原三郎 晝夜 以後
象の綱伸びてすすめり花祭 村尾公羽
象の背をころがる水や花祭 石田由美枝
象の鼻少し不出来や花祭 相原雨稲
通辞われ仏典を繰り花祭 横山山人
道草をしてゐる象や花祭 寺井美津子
陸橋の没日巨きな花祭 石原舟月
青獅子の文殊菩薩や花祭 加藤三七子
*ひびを解く船の出てゐる花まつり 平松良子
おしろひの剥げたる稚児も花まつり 百合山羽公
ほの湿る寺の円柱花まつり 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
みづうみに入る瀬を越えて花まつり 飯田龍太
バスとまる次郎長寺の花まつり 桂樟蹊子
一と雨を大樹に避けて花まつり 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
五六人子供が居りて花まつり 白石峰子
信心の母に雨降る花まつり 西嶋あさ子
土くれのもともろもろや花まつり 池田澄子 たましいの話
旅先へ父の忌めぐる花まつり 桂樟蹊子
河鹿笛競ひて花まつり前夜 樋笠文
田の人の長靴赤し花まつり 今野福子
白象が大橋渡る花まつり 前田圭史
百千のぼんぼり灯し花まつり 佐藤 沙園女
花まつりすでに日焼けて農婦たち 甲斐遊糸
花まつりはてし落花にさまよひぬ 百合山羽公
花まつり人々は影踏みあひて 飯島晴子
花まつり仏のかぎり灯ともして 山田孝子
花まつり印度の大使ひざまづく 川越酔山
花まつり心に祖を祀りけり 影島智子
花まつり戯画のうさぎは地にまろび 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
花まつり樹下のしづくに日が射して 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
花まつり母と相合傘さして 成瀬桜桃子
花まつり母の背ぬくし風甘し 楠本憲吉
花まつり過ぎたる川に沙蚕(ごかい)掘る 森重 昭
花簪挿して婆どち花まつり 小原菁々子
茄子苗の本堂にある花まつり 藤田あけ烏 赤松
行列の巨象は白し花まつり 西田穂村
静かなる山の御堂の花まつり 高木晴子 晴居
鳶は舞ひ鴉は流れ花まつり 大峯あきら 宇宙塵
鹿も居る南円堂の花まつり 河野史朗
鼻筋は紅ひくために花まつり 大牧 広
掌を合はす誕生仏に喜捨の音 高澤良一 随笑
浴仏に妙なるものを降り注ぐ 高澤良一 随笑
鯉に伍し亀の泳げる仏生会 高澤良一 暮津

以上
by 575fudemakase | 2015-04-08 00:21 | 春の季語


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング