人気ブログランキング | 話題のタグを見る

花祭

花祭

例句を挙げる。

*ひびを解く船の出てゐる花まつり 平松良子
あめつちの濡れてにほへる花祭 市川花庭
おしろひの剥げたる稚児も花まつり 百合山羽公
たましいのひとつは離れ花祭 干田てつを
ぬかるみを子鬼が跳べり鎮花祭 永方裕子
ぬかるみを子鬼が跳んで鎮花祭 永方裕子
はなびらが金属破片花祭 三村凪彦
ほの湿る寺の円柱花まつり 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
まぼろしの少年を踏む花まつり 攝津幸彦 鹿々集
みづうみに入る瀬を越えて花まつり 飯田龍太
わらべらに天かがやきて花祭 飯田蛇笏 雪峡
オルガンを日向に運ぶ花まつり 井上弘美
バスとまる次郎長寺の花まつり 桂樟蹊子
ブリキなる象の耳揺れ花祭 柳原控七郎
一と雨を大樹に避けて花まつり 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
一本の汀の残花鎮花祭 下村梅子
並べ売る三輪の百合根や鎮花祭 新井英子
五六人子供が居りて花まつり 白石峰子
仏とはにんべんなりし花祭 松田都青
信心の母に雨降る花まつり 西嶋あさ子
僧もする稚児の化粧や花祭 石田雨圃子
先生の先生の忌は花祭 山名愛三
公照の泥佛あり花祭 塩川雄三
出番待つ鬼が酔ひをり花祭 山田洋々
土くれのもともろもろや花まつり 池田澄子 たましいの話
地獄図に子の集まりて花祭 星 多希子
塗り剥げし鉞振ふ花祭踊 村上冬燕
天上の母ここにあり花祭 山添安信
太古の火太古の闇や花祭 馬場駿吉
婆々の髪お花祭の花かざし 河野静雲
寺の名で僧が呼ばるる花祭 大山 茂
寺の灯の彩を殖やして花祭り 深谷 保
寺屋根の深くかぶさる花まつり 福嶋延子
寺町や背中合せに花祭 三溝沙美
山々に鐘こだまして花祭 阿部タミ子
峡空に一白煙の花祭の果て 友岡子郷 遠方
幔幕を鳩の汚せる花祭 高橋勇三
廻廊に地獄絵並ぶ花祭 佐藤石花
恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々
手を引く児なくて来合す花祭 嶋田麻紀
旅先へ父の忌めぐる花まつり 桂樟蹊子
旧正や三河も果の花祭 志摩芳次郎
村捨てた人還りきて花祭 石黒永楽子
松蝉の声の嗄れたる花祭 吉武月二郎
母の背に眠る稚児あり花祭 柏谷さち子
河鹿笛競ひて花まつり前夜 樋笠文
深酒の寝息も花祭(はな)の笛に通ふ 友岡子郷 遠方
理髪師のけふも善人花祭 大部哲也
田の人の長靴赤し花まつり 今野福子
癒えし子に髪の艶出て花まつり 田村愛子
癒えし子の髪に艶出て花まつり 田村愛子
白象が大橋渡る花まつり 前田圭史
百千のぼんぼり灯し花まつり 佐藤沙園女
神々の世にあるおもひ鎮花祭 深沢暁子
稚児みなの帯は絞りの花祭 成田耕作
胎内に母音のこだま花祭 橋口 等
花まつり人々は影踏みあひて 飯島晴子
花まつり仏のかぎり灯ともして 山田孝子
花まつり印度の大使ひざまづく 川越酔山
花まつり四五羽の鵯が端山より 本郷熊胆
花まつり心に祖を祀りけり 影島智子
花まつり戯画のうさぎは地にまろび 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
花まつり樹下のしづくに日が射して 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
花まつり母と相合傘さして 成瀬桜桃子
花まつり母の背ぬくし風甘し 楠本憲吉
花まつり稚児の器量は家ゆづり 柳澤みはら
花まつり蔵より出でて女の子 鈴木鷹夫 大津絵
花まつり過ぎたる川に沙蚕(ごかい)掘る 森重 昭
花祭いつか日傘を忘れし寺 阿部みどり女
花祭とていそがしき三河びと 瀬戸口民帆
花祭のレコード鳴らし作務の僧 石渡ひろし
花祭の白象生死無限にして 長谷川かな女 花 季
花祭までの一ト月定期券 松尾隆信
花祭みづやまの塔そびえたり 飯田蛇笏 春蘭
花祭みづ山の塔聳えたり 飯田蛇笏
花祭り三十三間堂もかな 川崎展宏
花祭り舞処に散らす榊の葉 安田建司
花祭り鬼が草鞋の泥ぬぐふ 片山浮葉
花祭他人の墓に腰おろし 辻桃子
花祭尻焙りてはお札売る 三浦晴子 『晴』
花祭後れじと蹤く風の稚子 石塚友二
花祭果てゝまた村口の古き樫 友岡子郷 遠方
花祭済みたる寺の広さかな 和田圭玄
花祭稚児の口みな一文字 明石志園
花祭稚児の眉墨太かりき 村山敏行
花祭稚児出てくるはでてくるは 阿部杉風
花祭稚児白象の鼻を撫づ 岸 正儀子
花祭童子の舞に火もやさし 三浦晴子 『晴』
花祭美しき人間喜劇かな 阿部完市 無帽
花祭翁かこみて踊り初む 後藤紳一郎
花祭舞処の雨も舞ふ如し 三浦晴子 『晴』
花祭薄く削がれて女の咳 楠本憲吉
花祭衆生済度の雨はげし 宇佐美叱風
花祭踊る設楽の真闇雪降らす 村上冬燕
花祭近しや宙に嶺が出て 宮坂静生 春の鹿
花簪挿して婆どち花まつり 小原菁々子
茄子苗の本堂にある花まつり 藤田あけ烏 赤松
荷車の消えるまで音鎮花祭 桂信子
行列の巨象は白し花まつり 西田穂村
街の天かもめまぶしく花祭 石原舟月
裏山へ帰る子のあり花祭 小川鴻翔
見まはしてわれは男や花祭 桑原三郎 晝夜 以後
講の衆まつ先に来て花祭 漣 湖山
谷汲の撒餅拾ふ花祭 橋本珠見
豆幹の篝火匂ふ花まつり 玉井玲子
象の綱伸びてすすめり花祭 村尾公羽
象の背をころがる水や花祭 石田由美枝
象の鼻少し不出来や花祭 相原雨稲
通辞われ仏典を繰り花祭 横山山人
道草をしてゐる象や花祭 寺井美津子
鎮花祭巫女の挿頭のさくら散る 原田しずえ
鎮花祭我句の力短くも 岡野知十
陸橋の没日巨きな花祭 石原舟月
雨はまだ山に残りし花祭 横木愛子
青獅子の文殊菩薩や花祭 加藤三七子
静かなる山の御堂の花まつり 高木晴子 晴居
鬼部屋は男の子ばかりや花祭 浜島君江
鳶は舞ひ鴉は流れ花まつり 大峯あきら 宇宙塵
鹿も居る南円堂の花まつり 河野史朗
鼻筋は紅ひくために花まつり 大牧 広


以上
by 575fudemakase | 2015-04-08 00:24 | 春の季語


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

山頂・山道・麓  の俳句
at 2022-05-22 15:15
山3  の俳句
at 2022-05-22 15:14
山2  の俳句
at 2022-05-22 15:13
山1  の俳句
at 2022-05-22 15:12
波2  の俳句
at 2022-05-22 15:11
波1  の俳句
at 2022-05-22 15:08
潮2  の俳句
at 2022-05-22 15:07
潮1 の俳句
at 2022-05-22 15:06
湾・浦 の俳句
at 2022-05-22 15:05
海  の俳句
at 2022-05-22 15:03
野原・丘  の俳句
at 2022-05-22 15:02
坂 の俳句
at 2022-05-22 15:01
谷・沢 の俳句
at 2022-05-22 15:00
温泉 の俳句
at 2022-05-22 14:59
火山 の俳句
at 2022-05-22 14:57
岩・崖・洞  の俳句
at 2022-05-22 14:56
砂漠 の俳句
at 2022-05-22 14:55
地  の俳句
at 2022-05-22 14:53
洪水  の俳句
at 2022-05-22 14:52
舟・渡し  の俳句
at 2022-05-22 14:51

外部リンク

記事ランキング