春潮 の俳句

春潮 の俳句

春潮の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23767525/


春潮 補遺

あるときは春潮の鴎真一文字 飯田蛇笏 白嶽
いつとなく解けし纜春の潮 杉田久女
ぎく~と乳のむあかごや春の潮 原石鼎 花影
ごつごつと引いてゐるなり春の潮 石田勝彦 秋興以後
たらちねをおもへり春の潮ひかり 角川源義
どの入江にもゆきわたり春の潮 鷹羽狩行
ひた~と春の潮打つ鳥居かな 河東碧梧桐
まつくらの春の潮の満干かな 高野素十
みいくさにけふ春潮の鉦鼓鳴る 飯田蛇笏 白嶽
一湾を孔雀としたり春の潮 岡井省二 大日
三菱の春潮進水式濁り 山口誓子
上総までかちわたりせん汐干潟 政岡子規 汐干狩
九十の齢をぬらす春の潮 山口青邨
五月汐干潟の果てに濁り見ゆ 大野林火 海門 昭和十三年
伊予を出て春潮に乗るいさぎよし 藤田湘子 神楽
佇めば春の潮鳴る舳先かな 杉田久女
傘させば春潮傘の内にあり 中村汀女
光り墜つ鳥春潮を摶つと見し 橋閒石 雪
入りかねて日もたゞよふや汐干潟 堀麦水
南無遍照金剛春の潮かな 岡井省二 鯛の鯛
台風通り裸木ばかり春の潮 角川源義
囀や春潮ふかく礁めざめ 加藤秋邨
国生みの神の雄声の春の潮 野見山朱鳥 幻日
基督や山の上まで春の潮 岡井省二 大日
塑像一体満面に春の潮 岡井省二 大日
墨を置き春潮の音たちまちす 岡井省二 夏炉
外海の春潮厚くうねり寄す 高浜年尾
大浦や三十尋の春の潮 高野素十
大穹は孔雀なりける春の潮 岡井省二 鯛の鯛
天橋を渡して春の潮均す 上田五千石『琥珀』補遺
子が駆け入る家春潮が裏に透く 橋本多佳子
孔か穴か磯ぎんちやくは春の潮 岡井省二 鯨と犀
岩の間にうづまく春のうしほ哉 政岡子規 春潮
岩刳りて舟をさめあり春の潮 清崎敏郎
島かけて満つ春潮を掌に掬ふ 右城暮石 上下
巌波のさけてちるとも春の潮 上田五千石『琥珀』補遺
巌高きところに忘れ彼岸潮 鷹羽狩行
川裾やさしあふ春の汐かしら 政岡子規 春潮
幾転舵春潮の舳に行方あり 橋本多佳子
廃水族館春潮の照りかへし 山口誓子
強飯の春潮となりゐたりけり 岡井省二 鯛の鯛
彼岸潮タツノオトシゴ立ち流れ 岡井省二 大日
彼岸潮金印の島船窓に嵌む 角川源義
思ひゐるのみ春潮の渦力 石田勝彦 秋興
情強きテープを春の潮に持つ 山口誓子
手摺なき運河の柵や春の潮 上野泰 春潮
新船卸す瀬戸の春潮とこしなへ 杉田久女
春の汐玲瓏魚介旁午かな 阿波野青畝
春の潮ながらに高志の波すさび 上田五千石『天路』補遺
春の潮に乗りくる魚を考ふる 細見綾子 桃は八重
春の潮全華山より大曲り 山口誓子
春の潮北へ蹴たてて風一日 上村占魚
春の潮満ちて長汀曲浦かな 日野草城
春の潮澎湃として子はそだつ 山口青邨
春の潮若き人部屋に窓ありや 細見綾子 桃は八重
春の潮鉄にペンキの設計図 山口誓子
春汐に波折れの泡の生れ流る 篠原梵 年々去来の花 雨
春汐の切崖に出て午報そびら 松崎鉄之介
春汐の底にて石の岩を巻く 篠原梵 年々去来の花 雨
春汐の深さにあまり藻ただよふ 篠原梵 年々去来の花 雨
春潮からし虚偽のむくいに泣く兎 杉田久女
春潮が宣(の)り孔雀かつ宣りにけり 岡井省二 鯛の鯛
春潮が湧く大盃に金蒔くに 古舘曹人 能登の蛙
春潮といへどしろじろ曇りけり 藤田湘子 途上
春潮と菜の花に旅織りなされ 上野泰 春潮
春潮にあかしたるみは艀の名 後藤比奈夫
春潮におく巌影の濃紫 上村占魚
春潮にやや離されて妻の岩 鷹羽狩行
春潮に入日の道の三里ほど 上田五千石 天路
春潮に射す日のかげが底にさわぐ 右城暮石 句集外 昭和二十九年
春潮に巌は浮沈を愉しめり 上田五千石 田園
春潮に巨巌の隙を窓と呼ぶ 上田五千石 森林
春潮に幕垂れ長谷の観世音 上野泰 春潮
春潮に指をぬらして人弔ふ 橋本多佳子
春潮に棹し出でて櫓を取りぬ 松本たかし
春潮に椀を伏せしは鬼ケ島 清崎敏郎
春潮に波題目の跡もなし 上田五千石『琥珀』補遺
春潮に流るる藻あり矢の如く 杉田久女
春潮に浮びて険し城が島 水原秋櫻子 葛飾
春潮に海女の足掻きの見えずなる 山口誓子
春潮に真砂ま白し神ぞ逢ふ 杉田久女
春潮に神も怒れり虚偽兎 杉田久女
春潮に神代の島の浮燈台 山口誓子
春潮に給水船のきれいな水 山口誓子
春潮に群れ飛ぶ鴎縦横に 杉田久女
春潮に船脚深き徐行船 右城暮石 声と声
春潮に船路を開けて船繋る 山口誓子
春潮に艤装騒音もの云へず 山口誓子
春潮に薄暮ずんずんずんずんと 阿波野青畝
春潮に蝕まれ立つ巌かな 清崎敏郎
春潮に起重機石炭(たん)をしたたらす 渡邊白泉
春潮に逃げ足早き鮑ゐて 鈴木真砂女 都鳥
春潮に飛島はみな子持島 山口誓子
春潮のかけのぼらんとする崖に 山口青邨
春潮のささやく島の殿づくり 阿波野青畝
春潮のさむきに海女の業を見る 橋本多佳子
春潮のさむさの果を征くならむ 加藤秋邨
春潮のしぶくは何を蔵しゐる 上田五千石『風景』補遺
春潮のひびける島の宮柱 深見けん二
春潮のほとりに古き日のことを 石田勝彦 秋興以後
春潮のまぶしさ飽かずまぶしめる 中村汀女
春潮のテープちぎれてなほも手をふり 種田山頭火 草木塔
春潮の一團となり腓かな 岡井省二 猩々
春潮の一潮流の満ち来る 高野素十
春潮の上に大山雲をかつぎ 杉田久女
春潮の上に月光の量を増す 飯田龍太
春潮の今日は高ぶりゐる磯よ 高田風人子
春潮の入るを拒める島の川 右城暮石 声と声
春潮の原にひとりの舟を遣る 上田五千石『琥珀』補遺
春潮の右手をさへぎる巌かな 上村占魚 球磨
春潮の幾重も夜に入らむとす 桂信子 樹影
春潮の底とどろきの淋しさよ 松本たかし
春潮の底りなりける髀肉かな 岡井省二 鯛の鯛
春潮の底掻く酷き網曳いて 山口誓子
春潮の引き際つよし身を吸はる 能村登四郎
春潮の彼処に怒り此処に笑む 松本たかし
春潮の心こまかに岩に触り 中村汀女
春潮の明石大門の幅を見る 山口誓子
春潮の松さかしまや袋湾 阿波野青畝
春潮の次々渦を異にしぬ 阿波野青畝
春潮の深きにあれば海女あはれ 山口誓子
春潮の渚に神の國譲り 杉田久女
春潮の渦巻く芯に荒鵜呑む 能村登四郎
春潮の満ちくる波の小刻みに 上野泰 佐介
春潮の満ちて濡らせし島の道 右城暮石 虻峠
春潮の濁れるかぎり声ころす 飯島晴子
春潮の爆裂したる白さかな 渡邊白泉
春潮の独語きらめく窟の奥 古舘曹人 能登の蛙
春潮の窪みに下りし鴎かな 清崎敏郎
春潮の膨れて生める島一つ 富安風生
春潮の袖となりをるをとこかな 岡井省二 鯨と犀
春潮の賓たりターヘルアナトミア 岡井省二 鯛の鯛
春潮の迅き船廊鮮魚の籠 山口誓子
春潮の遊ぶと言はん肩ゆりて 山口青邨
春潮の重さの網をたぐるなり 石田勝彦 秋興
春潮の鏡なしたり天主堂 阿波野青畝
春潮の陸船腹の膨み出来 山口誓子
春潮の陽も円肩の夕餉ごろ 飯田龍太
春潮の霞みつゝあり汽車の音 日野草城
春潮の面は風に押されつゝ 清崎敏郎
春潮の音の寂しきまつぴるま 加藤秋邨
春潮の香に一トめぐり郭あり 右城暮石 句集外 昭和十六年
春潮の馬関に来たり髪切つて 飯島晴子
春潮の魚柄なりし儒艮かな 岡井省二 鯛の鯛
春潮の鳴れる東に枕して 山口誓子
春潮は美しきかな海嘯碑 山口青邨
春潮も波浮も居眠るみなとかな 平畑静塔
春潮やわが総身に船の汽笛 山口誓子
春潮や切支丹墓地丘を占む 阿波野青畝
春潮や古事記の如く島を生み 阿波野青畝
春潮や日向神話を持て来し海 松崎鉄之介
春潮や暗き厨の櫻鯛 水原秋櫻子 葛飾
春潮や朝の食堂とゝのひし 渡邊水巴 富士
春潮や水藻のごとき海女の髪 三橋鷹女
春潮や汽笛のこだまのそのこだま 山口誓子
春潮や汽笛の余響沖へ抜け 山口誓子
春潮や海女の厨の酢の香して 大野林火 雪華 昭和三十五年
春潮や艪をあやつれば九鬼の海 岡井省二 大日
春潮や藁の戸を吊る鵜獲小屋 古舘曹人 樹下石上
春潮や袋の如jき浦戸湾 松本たかし
春潮や遊歩甲板きよらかに 日野草城
春潮や釣舟かくも高あがり 石田勝彦 秋興以後
春潮をくゞる鵜の息長くつゞく 右城暮石 句集外 昭和二十九年
春潮をみて来ていつか風邪ごこち 桂信子 月光抄
春潮をわたりて去りしひとうるはし 日野草城
春潮を家の畳に立ち眺む 山口誓子
春潮を抜けきしごとく夏蜜柑 大野林火 青水輪 昭和二十三年
春潮を抱く左右の崎伸ばし 山口誓子
春潮を湛へて礁は環をなす 橋閒石 雪
春潮を真下に心騒ぐこともなし 山口青邨
春潮迅し後甲板へ降り行きたり 山口誓子
普陀落へ朱塗の鳥居 春の潮 伊丹三樹彦
朱塗船体春潮に入るべき時 山口誓子
朱欒叩けば春潮の音すなり 飯田龍太
杯をふくみ春潮を飲むごとし 山口青邨
椿落ち春潮ここに美しき 富安風生
橋桁に春潮の鳴る父の郷 大野林火 雪華 昭和三十六年
水鳥の六腑に春の潮満つ 飯田龍太
汐干潟うれし物皆生きて居る 政岡子規 汐干狩
汐干潟方途なし人を見失ふ 小林康治 玄霜
汐干潟海月がさして泣く女 政岡子規 汐干狩
汐干潟海鹿の野馬見て行ん ト尺
汐干潟糸巻ひとで多きかな 阿波野青畝
汐干潟襤褸の妻子引き具して 小林康治 玄霜
汐干潟隣の国へつゞきけり 政岡子規 汐干狩
汐干潟風が女を吹きしぼる 右城暮石 上下
汽車南下はじむ大き汐干潟めぐり 大野林火 雪華 昭和三十六年
泛かび跳ね電球春潮をなみしなみす 中村草田男
波除の内の春潮畳なし 清崎敏郎
洞門のあちら春潮ひたはしり 上野泰 春潮
海苔棚といでて不毛の汐干潟 百合山羽公 寒雁
海苔麁朶のかげある水や汐干潟 飯田蛇笏 山廬集
渦の瀬を容れつつ春の潮あをし 篠原梵 年々去来の花 雨
湧きかへる春潮船と淡路の隙 山口誓子
湾といふ器をあふれ春の潮 鷹羽狩行
満ちくればすみれ色なり春の潮 三橋鷹女
潮干潟上潮雨のしぶきあぐ 松崎鉄之介
潮音寺春潮の音聞く寺か 山口誓子
焼き玉の匂ひ舳先に彼岸潮 鷹羽狩行
熱の潮さし来と春の灯にそむく 日野草城
爪哇につづく春潮澄みてながれけり 飯田蛇笏 白嶽
爪置いて逃げたる蟹や春の潮 鈴木真砂女 生簀籠
牧水を思へば春潮脹らみ来 上田五千石『天路』補遺
白鴎に春の潮渦出ては消ゆ 飯田蛇笏 白嶽
石材を置く江岸の春の潮 山口誓子
砂山に四五人現れぬ彼岸潮 桂信子 花影
砂眩し春潮の端白く寄せ 大野林火 雪華 昭和三十八年
碇出てかたむく船や汐干潟 飯田蛇笏 山廬集
磐境として突き出たり春の潮 阿波野青畝
税関の勤春潮の埠頭詰 山口誓子
童女の墓かしぎ春潮縞あざやか 鷲谷七菜子 銃身
美しき春潮の航一時間 高野素十
群岩に春潮しぶき鰐いかる 杉田久女
船尾より入る春潮の押して来る 山口誓子
船底を万華鏡とし春の潮 阿波野青畝
花店の十歩にしぶく春の潮 飯田龍太
葦の間の泥ながるるよ汐干潟 飯田蛇笏 山廬集
親鳥まどろみ春の潮鳴りたうたうたう 中川一碧樓
起重機の脚に春潮を青く塗る 伊丹三樹彦
踝にまた春の潮寿 岡井省二 大日
逆落つる棚田千枚春の潮 鷲谷七菜子 游影
速鳥と呼ばん春潮行く船を 有馬朗人 立志
遍路たち春潮のごと寄せ来結願なり 金子兜太
難破船春の潮うつ礁べに 山口青邨
青インコ飼ヘり春潮真下にし 山口青邨
駒立の岩を隠して彼岸潮 鷹羽狩行
鯤が見えると象が言うたよ彼岸潮 岡井省二 大日
齢古稀春潮と息合はすなり 藤田湘子 神楽

以上
by 575fudemakase | 2016-03-09 00:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25332719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

私の花火の俳句
at 2018-06-18 04:07
2018年 6月 ねずみのこ..
at 2018-06-17 17:56
青大将の俳句
at 2018-06-16 09:26
蛇 くちなは ながむし 青大..
at 2018-06-16 09:25
ペチュニア サフィニア の俳句
at 2018-06-11 00:43

外部リンク

記事ランキング