啓蟄の俳句

啓蟄 の俳句

啓蟄 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612872/


啓蟄 補遺

おのが穴に啓蟄の蟇日を入るる 山口青邨
とつくにの啓蟄の日の病衣かな 小林康治 四季貧窮
とまどひて啓蟄の蟻顎を這ふ 加藤秋邨
オルガンを弾き啓蟄の空気使ふ 鷹羽狩行
三鬼焼き啓蟄の谷戸盪乱す 小林康治 玄霜
受話器漆黒 今日啓蟄を感じおり 楠本憲吉 方壺集
啓蟄と云ふ日を人も迎へけり 相生垣瓜人 負暄
啓蟄と共に勾玉出でにけり 阿波野青畝
啓蟄と思ふ日中の貌ひとつ 岡井省二 前後
啓蟄にまず小手出しぬもぐらもち 阿波野青畝
啓蟄にわが長風邪も出口あり 百合山羽公 樂土
啓蟄にガラス袋の金魚来る 百合山羽公 寒雁
啓蟄に引く虫偏の字のゐるはゐるは 上田五千石 風景
啓蟄に浄砂を布きし碑を置きぬ 阿波野青畝
啓蟄の*ゆ瓜人の額仰ぎけり 百合山羽公 樂土以後
啓蟄のいとし児ひとりよちよちと 飯田蛇笏 山廬集
啓蟄のうしろ手を子に解かれをり 岡本眸
啓蟄のこぼせしものを石畳 鷹羽狩行
啓蟄のすぐ失へる行方かな 中村汀女
啓蟄のすぐ押強き蟻となる 百合山羽公 樂土
啓蟄のなほ鬱として音もなし 加藤秋邨
啓蟄ののろのろ虫も四散せり 百合山羽公 樂土以後
啓蟄のひとの行方もまた焦土 加藤秋邨
啓蟄のみみず日光浴を忌む 阿波野青畝
啓蟄のみみず横縞きらめかす 後藤比奈夫
啓蟄のものみな光さきだてて 平井照敏 天上大風
啓蟄のもろもろの中に老われも 富安風生
啓蟄のゆふべや人はちりぢりに 加藤秋邨
啓蟄の一人が転けたではないか 永田耕衣
啓蟄の亭午となりし祝詞かな 亭午 星野麥丘人
啓蟄の人のにぎはふ奈良にをり 森澄雄
啓蟄の仏像すこしづついざる 松村蒼石 雪
啓蟄の円空仏は素足かな 楠本憲吉 孤客
啓蟄の四肢わすれきし蛙の子 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の土かき消して雨となる 波多野爽波 鋪道の花
啓蟄の土にかゞめる厨ごと 石橋秀野
啓蟄の土の日向のすぐ古ぶ 上田五千石 風景
啓蟄の土の汚れやすきを掃く 橋本多佳子
啓蟄の土はみみずの腹中に 阿波野青畝
啓蟄の土ほろほろと移植せり 阿波野青畝
啓蟄の土を覆へる芥かな 桂信子 花影
啓蟄の土中の深さ思ひけり 能村登四郎
啓蟄の土将ゐざり将歇みぬ 阿波野青畝
啓蟄の土洞然と開きけり 阿波野青畝
啓蟄の土踏み何かつとめたし 木村蕪城 一位
啓蟄の地にひろげたる藁火かな 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の地に口つけて廃れ甕 鷹羽狩行
啓蟄の地の面漏らして雨一日 稲畑汀子
啓蟄の夜のにぎやかな畳の目 岡本眸
啓蟄の夜気を感ずる小提灯 飯田蛇笏 春蘭
啓蟄の大地土龍の道動く 福田蓼汀 山火
啓蟄の大地無風に遠煙突 松崎鉄之介
啓蟄の天つ日さして古金魚 百合山羽公 樂土以後
啓蟄の天へ煙突ボイラー焚 百合山羽公 寒雁
啓蟄の天棚たかく餉につきぬ 飯田蛇笏 白嶽
啓蟄の天道虫を爪弾く 百合山羽公 樂土以後
啓蟄の奈落より出づ役者かな 松崎鉄之介
啓蟄の奥へと槌のひびきけり 阿波野青畝
啓蟄の家裏攻めて沼の色 古舘曹人 能登の蛙
啓蟄の寒さこつこつ卵割る 百合山羽公 寒雁
啓蟄の尾のなき蜥蜴妻知れる 山口青邨
啓蟄の山襞淡き忌なりけり 原裕 青垣
啓蟄の座にゐて二人二人かな 加藤秋邨
啓蟄の庭雌孔雀腹ばひて 山口青邨
啓蟄の日なかとなりぬ松の幹 岡井省二 有時
啓蟄の日の辻通るついであり 岡井省二 山色
啓蟄の日を浴び蟇は眼をつむる 山口青邨
啓蟄の日霊女(ひるめ)のほぞを眩しめり 佐藤鬼房
啓蟄の月蝕蟇はためらへる 山口青邨
啓蟄の松葉火燃やす黄の焔 右城暮石 虻峠
啓蟄の水するすると暮るるかな 鷲谷七菜子 花寂び
啓蟄の滝上みかわく田一枚 松村蒼石 雪
啓蟄の炭焼が妻みごもれり 西島麦南 人音
啓蟄の煙が松の幹のぼる 桂信子 初夏
啓蟄の生身ねはんに参じたり 上田五千石『風景』補遺
啓蟄の砂利がくすぐる足のうら 右城暮石 散歩圏
啓蟄の穴穴触るは雨の誰そ 永田耕衣
啓蟄の空腹感を惟る 三橋敏雄
啓蟄の童ら家守りて山の昼 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の童女を抱く羅漢あり 山口青邨
啓蟄の端遠からず見ゆるかな 阿波野青畝
啓蟄の翅あるものははやもゐず 鷹羽狩行
啓蟄の脛ましろなるかじめ採り 松村蒼石 寒鶯抄
啓蟄の芝生は汚れたる感じ 後藤夜半 底紅
啓蟄の花の一鉢枯らしけり 鈴木真砂女 紫木蓮
啓蟄の虫ことごとく裸足なり 平井照敏
啓蟄の虫と遊びて門を出でず 後藤比奈夫
啓蟄の虫におどろく縁の上 臼田亜郎 定本亜浪句集
啓蟄の虫はチンドン屋の顔で 平井照敏
啓蟄の虫より早く起き出でて 山口青邨
啓蟄の虻はや花粉まみれかな 星野立子
啓蟄の蚯蚓の紅のすきとほる 山口青邨
啓蟄の蛇に丁々斧こだま 中村汀女
啓蟄の蛇はうつくしきものにして 山口青邨
啓蟄の蜥蜴たわみて美しき 後藤夜半 底紅
啓蟄の蜥蜴に心許しをり 後藤夜半 底紅
啓蟄の蜥蜴毛虫に木影かな 石橋秀野
啓蟄の蝸牛も居りて掃かれけり 右城暮石 句集外 昭和二十二年
啓蟄の蟇かがやくは眼のみ 山口青邨
啓蟄の蟇に夕闇下りて来る 高浜年尾
啓蟄の蟇緋縅蝶に眼をつむる 山口青邨
啓蟄の蟻と厨に午笛かな 中村汀女
啓蟄の蟻のいちにち気働き 鷹羽狩行
啓蟄の蟻のいつまで顔ぬぐふ 鷹羽狩行
啓蟄の蟻今何を求むるや 阿波野青畝
啓蟄の蟻大いなり独りなり 岡本眸
啓蟄の西天透ける黒き雲 右城暮石 句集外 昭和三十三年
啓蟄の足沢山の鈍き虫 百合山羽公 樂土
啓蟄の足袋きつちりと穿きにけり 鈴木真砂女 紫木蓮
啓蟄の運動場と焦土のみ 中村草田男
啓蟄の銭亀のはや売られをり 後藤比奈夫
啓蟄の長き電話となりにけり 燕雀 星野麥丘人
啓蟄の門を閉ぢても八雲居や 石川桂郎 高蘆
啓蟄の雀等も声にぎやかに 右城暮石 句集外 昭和四十四年
啓蟄の雉子が地を翔つ土煙り 飯田龍太
啓蟄の雪少し載せ滝桜 佐藤鬼房
啓蟄の雪虫つひに見ざりけり 松村蒼石 雪
啓蟄の霰しまくに薄日浮く 松村蒼石 雁
啓蟄の面白がられ源五郎 高野素十
啓蟄の額はやあそぶごとくなり 岡井省二 五劫集
啓蟄の風さむけれど石は照り 加藤秋邨
啓蟄の鰻の寝床とや申す 山口青邨
啓蟄の鳥語すずろに美しく 後藤夜半 底紅
啓蟄も地異の類ひと言ふべきか 相生垣瓜人 負暄
啓蟄やいきなり尻を持ちこまれ 安住敦
啓蟄やいつかほぐれし肩の凝り 鈴木真砂女 夏帯
啓蟄やけふ安蘇山に雲立たむ 加藤秋邨
啓蟄やこの世のもののみな眩し 桂信子 草影
啓蟄やこれ見よがしのもぐら道 藤田湘子 てんてん
啓蟄やたかまりし曲すぐ潤ふ 能村登四郎
啓蟄やたまたまひかる屋根の端 加藤秋邨
啓蟄やちらかりやすき文机 鷹羽狩行
啓蟄やゆるびて太る観世縒 上田五千石『琥珀』補遺
啓蟄やわが恋の句を子に読まれ 安住敦
啓蟄やわれらは何をかく急ぐ 中村汀女
啓蟄や一日沿へる日本海 森澄雄
啓蟄や三鬼の海に誰か彳つ 石川桂郎 四温
啓蟄や不帰の闇さす窯口 古舘曹人 能登の蛙
啓蟄や仰げば知らぬ雲間あり 三橋敏雄
啓蟄や仰向けの顔が肉を喰む 岸田稚魚 負け犬
啓蟄や仰向けの顔肉を喰む 岸田稚魚 雁渡し
啓蟄や信濃に雪は深けれど 松村蒼石 雁
啓蟄や全長伸べ伸べ快速車 百合山羽公 寒雁
啓蟄や八瀬大原に藪さわぎ 鈴木真砂女 夏帯
啓蟄や公私をわかつ家借りに 岡本眸
啓蟄や出勤の道墓への道 藤田湘子 途上
啓蟄や同室個々の退院日 百合山羽公 樂土以後
啓蟄や吾にものいふ石の蟇 山口青邨
啓蟄や啄むものに枝移り 石川桂郎 四温
啓蟄や喪章いづれのときならむ 飯田龍太
啓蟄や四十の未知のかぎりなし 能村登四郎
啓蟄や土竜が土をもたげけり 鈴木真砂女 都鳥
啓蟄や地に下り人に馴るゝ鳥 右城暮石 句集外 昭和二十二年
啓蟄や地べたてふ語のなつかしき 能村登四郎
啓蟄や地下道呆けの老市民 百合山羽公 樂土以後
啓蟄や墓に十宇のかくれ耶蘇 角川源義
啓蟄や墓原雨を吸ひて飽かず 松崎鉄之介
啓蟄や外灯に灯の入るけはひ 鷹羽狩行
啓蟄や天龍下りの櫂出番 百合山羽公 樂土
啓蟄や家建てむ計またながれ 鷹羽狩行
啓蟄や小鼠かかる鼠捕り 鈴木真砂女 紫木蓮
啓蟄や干竿照りて宙にあり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
啓蟄や庭とも畠ともつかず 安住敦
啓蟄や庭よりあがり稿を継ぐ 鷹羽狩行
啓蟄や心の虚洞(うろ)を如何にせむ 林翔
啓蟄や思いのひまの世界尽 永田耕衣
啓蟄や我の尺地も啻ならぬ 相生垣瓜人 負暄
啓蟄や抱けば目ひらくぬひぐるみ 加藤秋邨
啓蟄や拭ひしごとき日を一つ 鷹羽狩行
啓蟄や拭ひてくもるテイスプーン 上田五千石『風景』補遺
啓蟄や指反りかへる忿怒仏 加藤秋邨
啓蟄や敵も味方も供養の碑 角川源義
啓蟄や曇り硝子に灯のともり 桂信子 花影
啓蟄や書庫用梯子土踏まず 鷹羽狩行
啓蟄や書肆二三軒梯子して 安住敦
啓蟄や朝のいつもの人通り 鷹羽狩行
啓蟄や木の芽も虫の貌だして 平井照敏
啓蟄や杭の頭のつぶれたる 阿波野青畝
啓蟄や板塀の裾灯を洩らす 岡本眸
啓蟄や柱の影の長く伸び 桂信子 草影
啓蟄や柱鏡を吊り忘れ 石川桂郎 高蘆
啓蟄や歯に付く噛み菜まつさをに 三橋敏雄
啓蟄や水のにじみて磨き砂 鷹羽狩行
啓蟄や汽罐車の金文字曇りゐて 鷹羽狩行
啓蟄や洞然と立つ聖寺 角川源義
啓蟄や涅槃や空の蝸牛殻 平畑静塔
啓蟄や煙草が抉る舌の苔 石塚友二 方寸虚実
啓蟄や燈で逆撫づる黒仏 山口誓子
啓蟄や燈油届かぬ小半日 石川桂郎 高蘆
啓蟄や瓜人舊廬は離りて見ず 百合山羽公 春園
啓蟄や生れ来る子の報せ待つ 稲畑汀子
啓蟄や癒えて一歩の靴汚れ 上田五千石『天路』補遺
啓蟄や簷に嘴摺る大鴉 加藤秋邨
啓蟄や素足むしばみほとけなり 伊丹三樹彦
啓蟄や終日風の吹き荒るる 右城暮石 句集外 昭和四十五年
啓蟄や胸を露はに山立てる 相馬遷子 雪嶺
啓蟄や脱ぎし羽織を濡縁に 星野立子
啓蟄や葬の騒ぎのひとしきり 日野草城
啓蟄や蛇の火をなす尾*てい骨 岡井省二 大日
啓蟄や表札かけて人棲める 岡本眸
啓蟄や解すものなく縫ふものなく 石川桂郎 含羞
啓蟄や話せば笑ふこゑのでて 石川桂郎 四温
啓蟄や讃美歌つまる麻袋 橋閒石 卯
啓蟄や谷に蝟集の家もまた 飯田龍太
啓蟄や豆を煮るとて落し蓋 鈴木真砂女 居待月
啓蟄や足のおやゆびぎこちなく 亭午 星野麥丘人
啓蟄や路地に俎干すことも 鈴木真砂女 居待月
啓蟄や踏み鳴らしては縁の端 岸田稚魚 負け犬
啓蟄や身を包む黒いものづくめ 橋閒石 朱明
啓蟄や返書の来ること遅し 山口誓子
啓蟄や鍛冶の水と火地にまろび 鷹羽狩行
啓蟄や鎖の犬に恋めざめ 石川桂郎 高蘆
啓蟄や雲のあなたの春の雲 加藤秋邨
啓蟄や雲の涯から下駄の音 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
啓蟄や音なく濡るる庭の樹々 桂信子 草影
啓蟄や食細き身のふはり泛く 佐藤鬼房
啓蟄や鼻鼻遊してをるに 三橋敏雄
啓蟄をためらふ音の多しちふ 相生垣瓜人 負暄
啓蟄を促し画鋲落ちゐたり 鷹羽狩行
啓蟄を啣へて雀飛びにけり 川端茅舎
啓蟄を祝して天も華やげり 相生垣瓜人 負暄
啓蟄を秘めて掃かれし大地かな 上野泰 春潮
啓蟄を終日雲が圧しけり 相生垣瓜人 負暄
啓蟄を縁とつまむ橋の上 上田五千石 風景
啓蟄を雲や鴉の騒ぐなる 相生垣瓜人 明治草
啓蟄見る辞書専用の虫眼鏡 安住敦
土幕の民啓蟄の幸を思へりき 飯田蛇笏 白嶽
城山の鳶啓蟄の宙めぐる 右城暮石 天水
塔の空飛雪がよぎる啓蟄後 能村登四郎
塵取に啓蟄の虫あるあはれ 林翔 和紙
太き日矢立ち啓蟄の荒磧 鷲谷七菜子 花寂び
奥嶽も啓蟄となる宙の澄み 飯田蛇笏 家郷の霧
子等去つて啓蟄の蟇歩きけり 福田蓼汀 山火
庭上に啓蟄の気の漂へり 相生垣瓜人 負暄
庵主に侍す啓蟄の蟇ひとつ 水原秋櫻子 蓬壺
日は乳色啓蟄を待つ卵たち 林翔 和紙
水あふれゐて啓蟄の最上川 森澄雄
腕組みピエロをふと見た サーカス裏 伊丹三樹彦 啓蟄
虫穴を出て殺生石に魂もなし 政岡子規 啓蟄
身弱凭らしむ啓蟄の松の幹 楠本憲吉 孤客
道に出て啓蟄のごと婆がをり 森澄雄
闘へる蟻啓蟄の土まみれ 鷹羽狩行
雨水より啓蟄までのあたたかさ 後藤夜半 底紅
霾ぐもり啓蟄ぐもり重なれり 右城暮石 句集外 昭和六十二年
香薬師啓蟄を知らで居給へり 水原秋櫻子 秋苑
鵲は樹に園啓蟄の光りあり 飯田蛇笏 白嶽

以上
by 575fudemakase | 2016-03-05 00:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25338447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

一匹ふくろふ❗
at 2018-12-13 07:45
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:17
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
背黒鶺鴒 の俳句
at 2018-12-12 06:49

外部リンク

記事ランキング