水温む の俳句

水温む の俳句

水温む の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23625830/


水温む 補遺

あのあたり何かぴちやぴちや水温む 山口青邨
いつからとなく水道も水ぬるむ 右城暮石 一芸
この池の愛蔵の水温みけり 秋元不死男
さうかとも思ふことあり水温む 星野立子
さざなみは神の微笑か 水温む 楠本憲吉 方壺集
さねさしの相模大野の水ぬるむ 上田五千石『天路』補遺
しなやかな子の蒙古痣水温む 佐藤鬼房
どちら向き流るるや水ぬるみ初む 右城暮石 句集外 昭和六十三年
ぬるむかと寄れは清水の氷哉 政岡子規 水温む
ぬるむ水に棹張りしなふ濁りかな 杉田久女
ぬるむ水添水にいたり澄みにけり 下村槐太 天涯
めがね橋人を渡さず水温む 山口青邨
ゆふがたの鏡の青さ水温む 岡本眸
万歳の渡りしあとや水温む 政岡子規 水温む
上水のぬるみし粥の名残哉 政岡子規 水温む
光琳水はた観世水ぬるみけり 能村登四郎
古椅子に坐ればきしみ水温む 細見綾子
古蘆の動くともなし水温む 松本たかし
古道を沈めてダムの水温む 稲畑汀子
君逝きてあばれし川の水ぬるむ 松崎鉄之介
園丁に媚ぶるペリカン水温む 福田蓼汀 山火
土出でて歩む蟇見ぬ水ぬるむ 杉田久女
塵捨てに来て跼みけり水温む 松本たかし
夜は月の暈の大きく水温む 岡本眸
大阪の気球林立水温む 右城暮石 句集外 昭和三十六年
奈良の水温めり三鬼・多佳子亡し 右城暮石 句集外 昭和四十九年
孤杭幾世経にけん水温む 山口青邨
宮城野や田の水川の水ぬるみ 鷹羽狩行
宵ひたる妹にも水温みたる 森澄雄
家裏といふ親しさの水温む 岡本眸
少し転げてとどまる蜷や水ぬるむ 杉田久女
屋根のある橋をくぐりて水温む 鷹羽狩行
山からの引き水温む飯場の声 上田五千石『田園』補遺
巻く渦の二つのことも水ぬるむ 山口青邨
師と遊びし師の友の町水温む 松崎鉄之介
師の門出づ葬ふたたび温む水 松村蒼石 寒鶯抄
底見えて這ふものもなし水温む 山口青邨
廃材を焼き煙らせて水温む 右城暮石 虻峠
当才鱒一才鱒に水温む 上田五千石『琥珀』補遺
御手洗の水ぬるみけり男山 政岡子規 水温む
悲しみは水温みても温みても 稲畑汀子
映る顔おだやかに水温みけり 山口青邨
枯渇して湖底の樹林水温む 古舘曹人 能登の蛙
桶に浮く丸き氷や水ぬるむ 内藤鳴雪
橋の上に立てば古里水温む 山口青邨
水ぬるみ泥の嘆きの泡ひとつ 鷹羽狩行
水ぬるみ網打ち見入る郵便夫 杉田久女
水ぬるみ顔が大和のごとくあり 岡井省二 前後
水ぬるむくさむら闇を得てしづか 飯田龍太
水ぬるむむかし山羊の眼鰍の眼 飯田龍太
水ぬるむ南に鯉のつどひけり 政岡子規 水温む
水ぬるむ巻葉の紐の長かりし 杉田久女
水ぬるむ朝のよごれし顔見たり 大野林火 冬青集 雨夜抄
水位標立てりそこより水温む 右城暮石 句集外 昭和四十六年
水温みつつあり妻の夜の祈り 日野草城
水温みつつ鯉の赤鱒の黒 上田五千石 風景
水温み過ぎて濁りをはばからず 上田五千石『風景』補遺
水温むおもひは老とともにあり 松村蒼石 雪
水温むころの思ひ出あまたあり 桂信子 草影
水温むとは家鴨が家鴨追ふことか 安住敦
水温むとは濁ること馬を容れ 鷹羽狩行
水温むとも動くものなかるべし 加藤秋邨
水温むとも半日蔭岩の黙 佐藤鬼房
水温むとも石舫(せきばう)の動かざる 鷹羽狩行
水温むぱらつく雨に人送り 岡本眸
水温むらし仔兎の耳の奥 飯島晴子
水温むアルルの橋の水に似て 右城暮石 上下
水温む一夜を鯉に近寝して 鷹羽狩行
水温む多忙を課して老いまじく 岡本眸
水温む奈良はあせぼの花盛 原石鼎 花影
水温む嬰居る家に泊まりけり 岡本眸
水温む山中にして暇な鯉 鷹羽狩行
水温む帆あげしさまに菓子袋 鷹羽狩行
水温む広重展の白帆より 百合山羽公 樂土以後
水温む彼方を鳰の往来せる 清崎敏郎
水温む恋知らざりし頃のこと 岸田稚魚 紅葉山
水温む枯れゐるものはさいなまれ 松村蒼石 雁
水温む樹下菩薩の一とたむろ 角川源義
水温む橋は袂で道結び 上田五千石『琥珀』補遺
水温む沼に繆うて径かな 日野草城
水温む泉に遠き汲置きも 鷹羽狩行
水温む泊るこころとなりてをり 大野林火 方円集 昭和五十年
水温む田川ながれて湖に入る 松村蒼石 雪
水温む町の紋章澪標 百合山羽公 樂土以後
水温む真鯉の口の厚く白く 山口青邨
水温む破船にかくも釘あまた 岡本眸
水温む空の檜山の人のこゑ 岡井省二 明野
水温む竹ねぢ曲げしその力 波多野爽波
水温む老蘇の杜のありかかな 岡井省二 鹿野
水温む臀丸出しのヴィーナスに 山口誓子
水温む赤子に話しかけられて 岸田稚魚 紅葉山
水温む赤子の名前覚え難 飯島晴子
水温む逢ひて多忙な顔ばかり 岡本眸
水温む鋤鍬なんぞ磨ぐべえか 上田五千石 琥珀
水温む静かに思ふことのあり 星野立子
水温む鯉や錦を脱ぎたけれ 鷹羽狩行
水草は底にもゆらん水温む 政岡子規 水温む
水鳥のZ・Z・Z水温む 鷹羽狩行
氷張る谷の小川や水ぬるむ 政岡子規 水温む
泡一つ二つ流るる水温む 山口青邨
流れ藻や堰のあたりに温む水 桂信子 花影
流れ行どんどの灰や水ぬるむ 政岡子規 水温む
浅き夜の池をめぐりぬ水温む 日野草城
浮きつづく杭根の泡や水ぬるむ 杉田久女
浮き上る泥鰌の泡や水ぬるむ 政岡子規 水温む
淡窓の弟子が恋すや水温む 山口青邨
温むより何やら萌ゆる水の底 政岡子規 水温む
猛獣と猛禽を見て水温む 飯島晴子
猿沢の池に落ち来て水温む 右城暮石 句集外 昭和四十八年
玉川や分れてぬるむ水の音 政岡子規 水温む
盲ひたる妹にも水温みたる 森澄雄
石垢は石垢として水温む 佐藤鬼房
禰宜渡る水のぬるみや紙屋川 政岡子規 水温む
笛吹の水ぬるむ日も遠からじ 上田五千石『天路』補遺
籠寅の大びく小びく水温む 百合山羽公 樂土以後
縁側の少し高めや水温む 波多野爽波
羽をふくむ園生の小禽水ぬるむ 飯田蛇笏 春蘭
老人の杖を映して水ぬるむ 鷲谷七菜子 花寂び
老鶴の天を忘れて水温む 飯田蛇笏 家郷の霧
耳までの帽をあみだに水温む 橋閒石 雪
膝腓水温みたる櫟山 岡井省二 有時
舟板を剥いでは焚きて水温む 岡本眸
色あせしボートの腹や水ぬるむ 石橋秀野
薹の立つ菜を洗ひけり温む水 政岡子規 水温む
虚空蔵菩薩の温む水掬ふ 佐藤鬼房
蛇の渡るや沼の水ぬるむ 政岡子規 水温む
行基池より奈良の水温み初む 右城暮石 虻峠
衰への乳房が二つ水温む 佐藤鬼房
裏溝やお玉杓子の水ぬるむ 政岡子規 水温む
貝を生けし笊沈めしが水ぬるむ 河東碧梧桐
賜暇の日々妻が妻めき水ぬるむ 林翔 和紙
逆流をすこしこころみ水温む 上田五千石 琥珀
野に出づるひとりの昼や水温む 桂信子 月光抄
釣半日流るゝ煤や温む水 河東碧梧桐
銭亀や水ぬるみたる手水鉢 政岡子規 水温む
雑草園金魚一鱗の水温む 山口青邨
雛の屍の影をみちびく水温む 赤尾兜子 蛇
飛石の布置そのままに水温む 鷹羽狩行
馬の沓沈みてぬるむ清水哉 政岡子規 水温む
髯四つおしやれの鯉や水ぬるむ 阿波野青畝
鮒売りの来てゐる門や水温む 村山故郷
鯉ゆけば岸は明るく水温む 山口青邨
鱒病める白き斑点水温む 右城暮石 句集外 昭和五十一年
黄なる嘴水にうつして水ぬるむ 山口青邨

以上
by 575fudemakase | 2016-03-18 00:02 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25387413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

私の花火の俳句
at 2018-06-18 04:07
2018年 6月 ねずみのこ..
at 2018-06-17 17:56
青大将の俳句
at 2018-06-16 09:26
蛇 くちなは ながむし 青大..
at 2018-06-16 09:25
ペチュニア サフィニア の俳句
at 2018-06-11 00:43

外部リンク

記事ランキング