蒲公英 の俳句

蒲公英 の俳句

蒲公英 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23612163/


蒲公英 補遺

*はこべ蒲公英原爆以後の子も遊べり 藤田湘子 途上
あすが来てゐるたんぽぽの花びらに 三橋鷹女
あたたかくたんぽぽの花茎の上 長谷川素逝 暦日
げんげ たんぽぽ まだ煙吐く汽車通る 伊丹三樹彦
げんげたんぽぽおくの山川越えて来し 村山故郷
げんげたんぽぽ尾さばきのだるい牛 鷹羽狩行
この村のたんぽぽが見ゆ下り船 山口青邨
すずめをどるやたんぽぽちるや 種田山頭火 草木塔
すみれたんぽぽ切株が金の椅子 鷹羽狩行
たんほゝやこれもなのある花の内 政岡子規 蒲公英
たんほゝやたかくたひれたしりの跡 政岡子規 蒲公英
たんほゝや根岸あたりの貸地札 政岡子規 蒲公英
たんぽぽが咲いて手代田区霞が関 富安風生
たんぽぽが絮となりゆく喪に入るごと 藤田湘子 神楽
たんぽぽたんぽぽ砂濱に春が目を開く 荻原井泉水
たんぽぽちるやしきりにおもふ母の死のこと 種田山頭火 草木塔
たんぽぽと一本道とあそびをり 藤田湘子 てんてん
たんぽぽにうすき日焼をいへばいふ 大野林火 海門 昭和十一年
たんぽぽに入り来よと総硝子ドァ 鷹羽狩行
たんぽぽに塩屋の庇触れにけり 阿波野青畝
たんぽぽに断雲いとまなく飛べる 山口青邨
たんぽぽに歩を漂泊と言へばよし 古舘曹人 能登の蛙
たんぽぽに水浴びの鳥どつと来ぬ 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
たんぽぽに癩者と影を同じうす 大野林火 青水輪 昭和二十六年
たんぽぽのねむり深しや絮のなか 鷹羽狩行
たんぽぽのぽぽと絮毛のたちにけり 加藤秋邨
たんぽぽのサラダの話野の話 高野素十
たんぽぽの一座一座の花の昼 長谷川素逝 暦日
たんぽぽの一花なげうつ潦 山口青邨
たんぽぽの上に強風の村黄なり 飯田龍太
たんぽぽの光輪故郷踏み処なし 伊丹三樹彦
たんぽぽの北にこぞりて枯れゐたり 原石鼎 花影
たんぽぽの咲きつづけつつ北の国 山口青邨
たんぽぽの咲き据りたる芝生かな 松本たかし
たんぽぽの大きな花や薄曇 松本たかし
たんぽぽの座のたしかなる女の座 右城暮石 句集外 昭和四十四年
たんぽぽの忘れ絮とて初霞 石田勝彦 百千
たんぽぽの折目乳出て新社員 平畑静塔
たんぽぽの数へられゐる返り花 石田勝彦 秋興以後
たんぽぽの架息づいて尚高く 中村汀女
たんぽぽの毬毛をつつむ陽鮮し 佐藤鬼房
たんぽぽの渦にも目眩 虻唸る 伊丹三樹彦
たんぽぽの港々や初航船 山口青邨
たんぽぽの満地に斎庭設けせる 富安風生
たんぽぽの畦まつすぐや放哉忌 雨滴集 星野麥丘人
たんぽぽの白の孤高に黄を配す 稲畑汀子
たんぽぽの皆上向きて正午なり 星野立子
たんぽぽの穂絮放つよ隠岐幾日 角川源義
たんぽぽの紫の円満具足相 山口誓子
たんぽぽの絮がしづかに虹を過ぐ 加藤秋邨
たんぽぽの絮となる頃や旅を恋ふ 鈴木真砂女 夏帯
たんぽぽの絮とぶ誰も彼も大事 岡本眸
たんぽぽの絮に海透く壇の浦 野見山朱鳥 幻日
たんぽぽの絮の中なる無音界 藤田湘子
たんぽぽの絮の円満具足かな 鷹羽狩行
たんぽぽの絮の微塵やしやぼん玉 加藤秋邨
たんぽぽの絮の毬蹴りいゆくなり 山口青邨
たんぽぽの絮吹くにもう息足りぬ 飯島晴子
たんぽぽの絮富む野辺となりにけり 阿波野青畝
たんぽぽの絮酒買ひに酢買ひに 津田清子
たんぽぽの花ごしらへや人ゆきき 山口青邨
たんぽぽの花には花の風生れ 中村汀女
たんぽぽの花を見て人複雑に 山口青邨
たんぽぽの金環いま幸福載せ 橋本多佳子
たんぽぽの閉づれば天気変るなり  松本たかし
たんぽぽは短くてふるへ海嘯碑 山口青邨
たんぽぽは脚光畦に巨人めく 香西照雄 素心
たんぽぽは良寛のため毬と成る 阿波野青畝
たんぽぽやいま江南にいくさやむ 長谷川素逝 砲車
たんぽぽやわが愛これに大胆に 上村占魚 球磨
たんぽぽやタンペラを指す船の笛 阿波野青畝
たんぽぽや一天玉の如くなり 松本たかし
たんぽぽや久方ぶりの雨が降る 星野立子
たんぽぽや信者の寝墓ばかりとぞ 阿波野青畝
たんぽぽや光明あらば徒労絶えん 香西照雄 素心
たんぽぽや千切らるるたび乳を吐く 阿波野青畝
たんぽぽや南淵先生此所にませり 阿波野青畝
たんぽぽや外出許可の靴磨く 村山故郷
たんぽぽや島はひねもす潮曇り 村山故郷
たんぽぽや忽ち蜂の影よぎり 中村汀女
たんぽぽや日はいつまでも大空に 中村汀女
たんぽぽや母を呼ぶとき吾幼し 林翔 和紙
たんぽぽや焦土外れて人跼む 三橋敏雄
たんぽぽや狐狸は狐狸の瞳して親し 角川源義
たんぽぽや県城門をここに開く 山口青邨
たんぽぽや空全開の遼けさに 藤田湘子 てんてん
たんぽぽや線路へ掃きて厨口 岡本眸
たんぽぽ咲く野にたんぽぽの汁すする 松崎鉄之介
たんぽぽ地に張りつき咲けり飛行音 西東三鬼
たんぽぽ折る百万本もあるごとく 山口青邨
たんぽぽ踏む女の道とは如何なこと 鈴木真砂女 夏帯
ふまれてたんぽぽひらいてたんぽぽ 種田山頭火 草木塔
ふまれてもまだたんほゝの盛哉 政岡子規 蒲公英
ほゝけたる蒲公英ふみておどろきぬ 高屋窓秋
またたきてたんぽぽの黄眼に残る 上村占魚 球磨
やすからず蒲公英咲ける野には来ぬ 高屋窓秋
わが句碑に降神の儀やたんぽぽ黄 山口青邨
わが影に入ればたんぽぽ黄を濃くす 山口青邨
わが旅の蝦夷も果なるたんぽぽ野 高浜年尾
わが膝に蒲公英の絮触れて去る 加藤秋邨
カレーの市民なげく蒲公英枯芝に 山口青邨
ロシア蒲公英露西亜文学廃れけり 星野麥丘人 2003年
一,ならび呆うけたんぽぽみちのくへ 阿波野青畝
下萌のたんぽぽの座の絨毯よ 山口青邨
下野の国の那須野のたんぽぽ黄 後藤比奈夫
乳牛の眉間にも渦 たんぽぽ咲く 伊丹三樹彦
人生半ば時に真白きたんぽぽ咲く 有馬朗人 母国
今日の道のたんぽぽ咲いた 種田山頭火 草木塔
偲ぶべしたんぽぽの黄を目に拾ひ 上田五千石『琥珀』補遺
元日の一蝶飛んでたんぽぽに 山口青邨
全きはたんぽぽの絮なりしかな 稲畑汀子
剥製ノ雉蒲公英ノ造リ花 政岡子規 蒲公英
去るものは去りてすつくと絮たんぽぽ 鷹羽狩行
古代葉落跡のたんぽぽ全き絮 佐藤鬼房
名を埋む野辺や蒲公英一坏の土 政岡子規 蒲公英
啄木の村やたんぽぽ白頭に 石田勝彦 雙杵
噴煙はゆたかたんぽぽ道に咲く 大野林火 青水輪 昭和二十四年
土竜の土も芯よりひらき初蒲公英 中村草田男
地獄見て来てたんぽぽの絮の中 後藤比奈夫
坂来れば辻に蒲公英垣に海 水原秋櫻子 残鐘
城塁に粗密たんぽぽ首のぞかせ 伊丹三樹彦
塗り畦にたんぽぽちかくありしかな 飯田蛇笏 山廬集
外側に蒲公英咲ける台場哉 政岡子規 蒲公英
天にとぶたんぽぽの絮佐渡を去らず 阿波野青畝
夫と行くごとし蒲公英も駅柵も 岡本眸
字にかいて蒲公英の名ぞなつかしき 政岡子規 蒲公英
字にかいて鼓草の名そなつかしき 政岡子規 蒲公英
山門にうなゐら遊ぶたんぽぽもち 山口青邨
巌頭に金のたんぽぽ廃校史 上田五千石 森林
庭に咲く蒲公英に詩の思ひあり 政岡子規 蒲公英
庭前やたんぽぽの絮飛ぶことも 石田勝彦 雙杵
応挙館七間の障子たんぽぽ黄 山口青邨
意気地なき夢を見にけり鼓草 石田勝彦 百千
我が門の蒲公英採られ尽きし春 松本たかし
捨て鰺に添ふ蒲公英の絮まろし 能村登四郎
放哉のたんぽぽの絮どこまでも 亭午 星野麥丘人
日のたんぽぽ光源たらんと支配せしが 香西照雄 素心
春老てたんほゝの花吹けば散る 政岡子規 蒲公英
書庫の前一座たんぽぽ花二つ 山口青邨
朝寝せり蒲公英の絮天に舞ふ 水原秋櫻子 霜林
杖ひいて贋たんぽぽや僅かな野 石川桂郎 高蘆
標識灯ともり蒲公英そこに咲く 山口青邨
歌碑遠くしぬたんぽぽの野にまぎれ 山口青邨
残る壁裂けて蒲公英の絮飛べる 水原秋櫻子 残鐘
母坐すたんぽぽ百を従へて 山田みづえ 手甲
海鳥の糞にたんぽぽ大楽毛 金子兜太
深息す蝦夷たんぽぽの目覚めどき 佐藤鬼房
満腹や絮のたんぽぽ墓地に浮き 秋元不死男
溶岩裂けてたんぽぽの絮いまは降る 古舘曹人 能登の蛙
潟に径ありてたんぽぽ嫁菜など 佐藤鬼房
潮騒にたんぽぽの黄のりんりんと 阿波野青畝
炯々とたんぽぽ黄なり万愚節 百合山羽公 寒雁
爆笑のたんぽぽ曲馬団の跡 鷹羽狩行
爪伸びたり蒲公英のわた遠くながれ 橋閒石 朱明
犬猫の目やたんぽぽの絮とぶ日 藤田湘子 てんてん
甕伏せてあり蒲公英の密生地 岡本眸
畳干すその下くらくたんぽぽ黄 山口青邨
百穴に帰化たんぽぽは御燈(みあかし)よ 平畑静塔
目ほそめゐて蒲公英の見れば見ゆ 加藤秋邨
石の柱いくつにも折れ蒲公英黄 山口青邨
石の柱ころげたんぽぽ漬し咲かす 山口青邨
移植して白たんぽぽはかく殖えぬ 杉田久女
空港のたんぽぽ地に張りつきて 後藤夜半 底紅
立ち眠る馬たんぽぽの毬崩れず 大野林火 雪華 昭和三十九年
簷牙なるたんぽぽ絮となりにけり 阿波野青畝
羞かむとたんぽぽ折りて頬に当て 加藤秋邨
老年金の杖曳くたんぽぽにこがれ 三橋鷹女
般若寺は蒲公英咲きて竹茂り 星野立子
芝焼けて蒲公英ところ~かな 村上鬼城
芝起伏してたんぽぽの黄を秘むる 深見けん二
花蕊濃きたんぽぽ赭顔発光す 香西照雄 素心
荒天の海にたんぽぽ黄をつよむ  桂信子 晩春
蒲公英に人の参らぬ地蔵かな 政岡子規 蒲公英
蒲公英に描きそへたる土筆哉 政岡子規 蒲公英
蒲公英に砲台古りし岬かな 政岡子規 蒲公英
蒲公英に置く廃港の錆錨 福田蓼汀 秋風挽歌
蒲公英に胡粉こぼすや土細工 政岡子規 蒲公英
蒲公英に茜さすまで黄の濃ゆく 福田蓼汀 山火
蒲公英に迫りて太き轍かな 日野草城
蒲公英のかたさや海の日も一輪 中村草田男
蒲公英のほとりから沙無限かな 加藤秋邨
蒲公英の円満の絮蝦夷古刹 山口誓子
蒲公英の十日の花が絮となる 水原秋櫻子 玄魚
蒲公英の垣根とばかり上根岸 政岡子規 蒲公英
蒲公英の小路左へ分れけり 政岡子規 蒲公英
蒲公英の座を焦してむ飾焼く 山口青邨
蒲公英の暮色に下りぬ馬車の客 日野草城
蒲公英の毛花吹くほどの風に立つ 臼田亜郎 定本亜浪句集
蒲公英の穂絮とぶなり恍惚と 高屋窓秋
蒲公英の莖のあはれに残りけり 高屋窓秋
蒲公英の靭く咲き闌け句碑のうら 伊丹三樹彦
蒲公英の黄金浄土日は真上 林翔
蒲公英は器械体操をするどくす 渡邊白泉
蒲公英も天井川に咲きにけり 阿波野青畝
蒲公英も廻れ矢車よく廻る 右城暮石 句集外 昭和五十五年
蒲公英やそこらだらけの牛の糞 政岡子規 蒲公英
蒲公英やローンテニスの線の外 政岡子規 蒲公英
蒲公英や一切事に斯く雲寄るな 中村草田男
蒲公英や亡霊の丘ふと日本語 加藤秋邨
蒲公英や利島の失せし沖の凪 水原秋櫻子 殉教
蒲公英や加住村居の春還らず 水原秋櫻子 蓬壺
蒲公英や懶惰の朝の裾さむし 石田波郷
蒲公英や旅は陶見るゆとりなき 水原秋櫻子 霜林
蒲公英や炊ぎ濯ぎも湖水まで 飯田蛇笏 山廬集
蒲公英や爪さへ立たぬ地の乾き 橋閒石 朱明
蒲公英や紀念碑を彫る路の端 政岡子規 蒲公英
蒲公英や釣鐘一つ寺の跡 政岡子規 蒲公英
蒲公英や鮫あげられて横たはる 水原秋櫻子 葛飾
蒲公英や鷺の白光御空より 川端茅舎
蒲公英をもつ手の匂ふ家路かな 高屋窓秋
蒲公英を踏みしと思ふ夜の径 山口青邨
蒲公英を金網囲ひ自衛隊 右城暮石 天水
蒲公英ヤボールコロゲテ通リケリ 政岡子規 蒲公英
蒲公英ヤ細工ニスベキ花ノ形 政岡子規 蒲公英
蒲公英昏れ蟇暮れこころ哭いてゐる 三橋鷹女
蒲公英暮れ川上も灯のかたまれる 中村草田男
蛇の輪が閉ぢこむる蒲公英の熱 橋閒石 無刻
街道の蒲公英馬糞に肥にけり 政岡子規 蒲公英
裾触れしたんぽぽの絮蹤ききたる 加藤秋邨
親不知みち蒲公英の押絵咲 上田五千石 森林
親子してかがむ蒲公英庭にあり 山口青邨
貝塚の貝は微塵にたんぽぽ黄 山口青邨
軍用機着くたんぽぽの金切声 橋閒石 無刻
転校生蒲公英稚く茎太に 能村登四郎
返り咲くたんぽぽを挿し熱の床 山口青邨
道古りて蒲公英開く砦かな 政岡子規 蒲公英
道芝や蒲公英の花低く咲く 政岡子規 蒲公英
遠景の野に失ひし鼓草 稲畑汀子
防波堤越えし飛沫は蒲公英に 橋閒石 雪
雁木にも春はたんぽぽ鏤めて 後藤比奈夫
離陸すや野を傾けてたんぽぽ黄 山口青邨
雪ふるやきのふたんぽぽ黄なりしに 山口青邨
雪嶺は燦うなゐ子は蒲公英を 山口青邨
靴行かせ みやまたんぽぽ 立ち直る 伊丹三樹彦
顔じゅうを蒲公英にして笑うなり 橋閒石 和栲
風愉したんぽぽの絮少女の髪 草間時彦 中年
馬借りて蒲公英多き野を過る 政岡子規 蒲公英
黄たんぽぽゆつくりゆつくり牛歩む 村山故郷
鼻先にたんぽぽ むかし 匍匐の兵 伊丹三樹彦

以上
by 575fudemakase | 2016-03-31 19:51 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25603183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

文房具の俳句あれこれ
at 2018-07-23 10:16
サインペン の俳句
at 2018-07-23 09:51
クリップ の俳句
at 2018-07-23 09:50
アルバム の俳句
at 2018-07-23 09:47
ホチキス の俳句
at 2018-07-23 09:45

外部リンク

記事ランキング