人気ブログランキング | 話題のタグを見る

麗か の俳句

麗か の俳句

麗か の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23767568/


麗か 補遺

あなうらうらと海に出てゆらゆらと舟に 荻原井泉水
あめつちのうららや赤絵窯をいづ 水原秋櫻子 重陽
うらうらとおのが爪切る死出の旅 飯田龍太
うらうらと多肉植物秋日和 飯田龍太
うらうらと婆に水くる桑いちご 鷲谷七菜子 花寂び
うらうらと尾根を下ろせるあたりなり 岡井省二 鯛の鯛
うらうらと旭いづる霜の林かな 飯田蛇笏 山廬集
うらうらと札所を打つや麦鶉 岡井省二 鹿野
うらうらと死魚流れゆく夕焼川 飯田龍太
うらうらと海息のある鳥世界 高屋窓秋
うらうらと渡舟を回す仏の座 古舘曹人 樹下石上
うらうらと礎石めぐれり蝶も来よ 伊丹三樹彦
うらうらと緋木瓜の花の多弁かな 飯田龍太
うらうらと谷浮上る古落葉 松村蒼石 雁
うらうらと鰥暮しの薪木割り 飯田龍太
うらうらほろほろ花がちる 種田山頭火 草木塔
うらうら蝶は死んでゐる 種田山頭火 草木塔
うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子 伎藝天
うららかなけふのいのちを愛しけり 日野草城
うららかなり伐り倒されし一樹なり 種田山頭火 自画像 層雲集
うららかな今日の米だけはある 種田山頭火 自画像 落穂集
うららかな土の香にありく一日 尾崎放哉 大正時代
うららかな競輪醜婦連れて来し 山口誓子
うららかな鐘を撞かうよ 種田山頭火 草木塔
うららかな顔がにこにこちかづいてくる 種田山頭火 自画像 落穂集
うららかにして腹がへつてゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
うららかにボタ山がボタ山に 種田山頭火 草木塔
うららかに三浦環の墓囲む 山田みづえ まるめろ
うららかに及川刀自の長電話 山田みづえ 草譜
うららかに国広ければ海広し 鷹羽狩行
うららかに天衣纏ひてほとけたち 伊丹三樹彦
うららかに孔雀の紋のみどりなり 山口青邨
うららかに朝の麺麭など焦がしゐむ 安住敦
うららかに波は膨れて遊びけり 川端茅舎
うららかに而も来信沢山に 日野草城
うららかに耕衣のめくら縞も溶け 平畑静塔
うららかのはじめや竹割祭など 山田みづえ 木語
うららかの低唱くわりん林まで 山口青邨
うららかやいまだも枯れて三笠山 日野草城
うららかやつんだつてとはなつかしく 清崎敏郎
うららかや三保を指す風見の矢 富安風生
うららかや堰越して友の窯を見に 石川桂郎 四温
うららかや天辺に鵜は巣を作る 村山故郷
うららかや岩場高きに忘れ潮 鷹羽狩行
うららかや幸占の石投げあぐね 角川源義
うららかや支線の町にクルス聳ち 鷲谷七菜子 游影
うららかや日時計でこと足りし国 鷹羽狩行
うららかや曇り硝子に猫の影 石塚友二 玉縄以後
うららかや森を漕ぎ出し軟体魚 三橋鷹女
うららかや泣虫小僧抱いて出づ 村山故郷
うららかや海に入りたき川の魚 鷹羽狩行
うららかや海の風来る蜑の炉辺 村山故郷
うららかや猫にものいふ妻のこゑ 日野草城
うららかや皆店の人動きをり 上野泰 春潮
うららかや粗朶抜き浪を浅う踏んで 村山故郷
うららかや貝棲む安房の忘れ潮 鷹羽狩行
うららかや長居の客のごとく生き 能村登四郎
うららかや雀ひばりに鳴きまじり 能村登四郎
うららかや駅の歩廊の朝雀 村山故郷
うららかや鬼の茶屋とて休みの日 角川源義
うららかや魚拓を貼つて釣餌売る 上村占魚
うららにて雲雀はしれる鴉の前 水原秋櫻子 霜林
うらら日のこの刻々を意識せよ 相馬遷子 雪嶺
うらゝかささはりのあとのたへられぬ 政岡子規 麗か
うらゝかになりぬ舞ふ鳶鳴く鴉 政岡子規 麗か
うらゝかや女つれだつ嵯峨御室 政岡子規 麗か
うらゝかや岡に上りつ野に下りつ 政岡子規 麗か
うらゝかや氷の解けし諏訪の湖 政岡子規 麗か
うらゝかや牛の間の善光寺 政岡子規 麗か
うらゝかや空を見つめる病ミ上り 政岡子規 麗か
うらゝかや見つめる空も病み上り 政岡子規 麗か
けふ松の籟を怠る波うらら 上田五千石『風景』補遺
こんにやくとうららかな仮名大きかり 平井照敏 天上大風
しらかべに軒端の影のうらら濃し 伊丹三樹彦
つるるつるると鳴く鶴のうららうらら 荻原井泉水
てふてふうらうら天へ昇るか 種田山頭火 草木塔
とんからとんから何織るうららか 種田山頭火 草木塔
なんぼでも荷物のみこむやうららかな船 種田山頭火 自画像 落穂集
まじめに犬のからだを見てうららかな 中川一碧樓
みはらしのところにいでてうらうらと 岡井省二 五劫集
むすめ盥をあたまにうらうらあるく 種田山頭火 草木塔
よく食べて孔雀色する鳩うらら 百合山羽公 樂土
一舟の手がかりもなき沖うらら 富安風生
一門の墓うららかに春の山 山口青邨
三日うらら菫一輪かがみ見る 山口青邨
世に少し関はることもうららかに 岡本眸
丸窓の遠見の弥陀もうららかに 上村占魚
乳児機嫌母音うららに言ひすさび 上田五千石『天路』補遺
仏唇に朱の残りをりうららなり 林翔
佛門の牡丹婉麗日に媚びず 古舘曹人 砂の音
初日うらうら昭和元禄の花ふらし 山口青邨
初日うらうら草の戸落葉深きまま 山口青邨
初日うらうら賞与十円ほど残れり 日野草城
初日うらうら霜除の下紅粉花そだつ 山口青邨
吊革にぶらさがりてもうららかや 山口青邨
命うらら喜壽より見れば古稀若し 富安風生
噴水のふきあげし初日うらうらと 山口青邨
墓前うらら弟子等高声虚子忌かな 山口青邨
大いなる剪定鋏庭うらら 上村占魚 球磨
天うらら鵜縄知らずの川鵜ども 百合山羽公 樂土以後
太子像輿もうららに練りたまふ 水原秋櫻子 緑雲
子と遊ぶうらら木蓮数へては 種田山頭火 自画像 層雲集
寺を出てまた寺の門うららかや 鷲谷七菜子 一盞
岩を越すも越せぬも波のうららかに 鈴木真砂女 夕螢
幕揚り初日うらうら登場人物はいまだ 山口青邨
底なしの湖とや波はうららなれど 村山故郷
庭芝に軒滴もしばしうららなる 村山故郷
文箱より泛子ひとつ出てうららかに 飯田龍太
日うらうらと大丸太流れをり 岡井省二 鯛の鯛
日うらら埴輪と田螺親しめり 山口青邨
日と風にいのちの酔ふや庭うらら 秋元不死男
旦よりおのれを捨(お)けば春うらら 森澄雄
晴れの日のうらうら蓬餅濃しや 大野林火 飛花集 昭和四十六年
末黒なるあたりうららに水の見え 岸田稚魚 紅葉山
松の曲麗日雪に遍照(へんぜう)し 川端茅舎
棕梠の葉に雀二羽載る二羽うららか 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
橋杭の岩ひと列に海うらら 角川源義
武者の如くうらうら照りのうちに悶ゆ 渡邊白泉
海女うらら盥まはしに綱巻きぬ 阿波野青畝
淡路島鳥の眼で見るうららかに 山口青邨
深川のうららの昼をかくれ酒 上田五千石 天路
煙れるもさらぬも塩屋うららかに 松本たかし
狐の目狸の目見てうららかに 山口青邨
玉と呼び絹と称(い)ふ島波うらら 松本たかし
白雲にうらうらねむる松毛虫 飯田龍太
目玉焼に柄をつけてをりうららかに 山口青邨
眠らなむ妻来るまでの麗日を 大野林火 月魄集 距和五十七年
石動かしてうららかなり動かぬところ 荻原井泉水
石積みし身のうらうらと出湯の中 飯田龍太
磐梯へ雪後うららの野の起伏 上田五千石『琥珀』補遺
神武天皇憩ひしといふ石うらら 上村占魚
舟近づけり高岩の鵜らのうららかや 荻原井泉水
船橋の舟を数へてうららかな 川端茅舎
荒墳に春日うらうら照りもする 伊丹三樹彦
菊うらら遠き日の遺書裂きてをり 鷲谷七菜子 黄炎
虚子の忌に虚子の句講じうららなり 林翔
蜘蛛の糸絹刃ひらめかしつつうらら 山口青邨
行き合うてへだたる堤うららかな 中村汀女
貝に紐あり柱あり春うらら 鷹羽狩行
赤足鳥(ケイマフリ)水上滑走うららかに 角川源義
透くごとき麗日の中孫と逢ふ 能村登四郎
野の鳥として鸚哥来るうららかに 山口青邨
風はうららか風鈴の音もつつましく 種田山頭火 自画像 落穂集
飴玉を一つふくみぬうららかに 山口青邨
魚棚に蛤乾くうららかに 村山故郷
鹿島より旅うららなる春水記 飯田蛇笏 山廬集
麗かに呼びうららかに応ふるか 上田五千石『琥珀』補遺
麗日なり稿料二千円届く 日野草城
麗日の花鳥ちりばめ貝細工 鷹羽狩行
麗日や一気にひらく孔雀の羽根 飯島晴子
麗日や殊に草萌ゆ厠の根 日野草城
鼻の芸象何代目ただうらら 百合山羽公 樂土

以上
by 575fudemakase | 2016-04-07 17:25 | 春の季語


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング