人気ブログランキング | 話題のタグを見る

更衣 の俳句

更衣 の俳句

更衣 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22721443/


更衣 補遺

いくばくの余命を得たり更衣 大野林火 月魄集 距和五十七年
いたつきを言へずの衣更へにけり 上田五千石 琥珀
うき人にあふて恥かし衣かへ 政岡子規 更衣
くらがりに富士の図白し更衣 山口青邨
ことし又或る時の妻更衣 山口青邨
この月の雨多き衣更へにけり 鈴木真砂女 生簀籠
これ以上齢かぞへず更衣 上田五千石『天路』補遺
さつこんは愛兄と呼びて更衣 飯田蛇笏 山響集
さみしさのひとしほ衣更へにけり 上田五千石『琥珀』補遺
しばらくは職なき衣更へにけり 鈴木真砂女 卯浪
しみじみと大樹ありけり更衣 廣瀬直人
そむきたる子の行末や更衣 鈴木真砂女 生簀籠
ぬれ髪を干す日や蜑の衣かへ 政岡子規 更衣
ひかり飛ぶ時間のひまの更衣 岡本眸
ひとまはりちがふ夫婦や更衣 鈴木真砂女 生簀籠
ふるさとに第二第三更衣 上田五千石『天路』補遺
ふんどしも白うなりけり衣がえ 政岡子規 更衣
まだ少し残る恙や更衣 高野素十
みづうみを朝日がすべる更衣 鷲谷七菜子 游影
やすんたる日より大工の衣かへ 政岡子規 更衣
やせたりといわれてをかし更衣 政岡子規 更衣
やはらかき手足還りぬ更衣 野澤節子 八朶集以後
わが家みな手を目立たしめ更衣 野澤節子 未明音
われのみと思ふ不幸や更衣 鈴木真砂女 生簀籠
をととひは問へぬ遠さに更衣 上田五千石 風景
バイブルの第一章や更衣 高野素十
ポケットに鍵入れる癖更衣 稲畑汀子
ミシン踏む足のかろさよ衣更 杉田久女
一咋日となりし昨日や更衣 高野素十
三々も五々もセーラー更衣 林翔
上ひとつぬぐやかたゐの更衣 政岡子規 更衣
久米の子ら更衣の野を焼ける見ゆ 後藤夜半 翠黛
乳の出ぬことが悲しき更衣 高野素十
人の国に来てぞ似つかぬ更衣 河東碧梧桐
人は皆衣など更へて来りけり 政岡子規 更衣
今日よりは帯も軽目や更衣 高浜年尾
今日生きて今日の木洩日更衣 岡本眸
似もつかぬ白装束の更衣 飯田蛇笏 山廬集
何吹くと定めぬ朝や衣かへ 政岡子規 更衣
何寺と聞きしが忘れ更衣 高野素十
俺と言ひわたしとも言ひ更衣 藤田湘子 てんてん
倖せはわがつくるもの更衣 鈴木真砂女 夏帯
其中に衣更へざる一人かな 政岡子規 更衣
内縁の妻の誠や衣更 日野草城
冬青の花こぼるゝ日なり更衣 高野素十
冷々と雲に根は無し更衣 渡邊水巴 白日
分限者の己が絵像や更衣 河東碧梧桐
別荘の花園の花や更衣 河東碧梧桐
勁かりし妻のいのちの更衣 能村登四郎
勢ひ書く返信二三ころもがへ 岡本眸
匂はしと思ふ今宵を更衣 高浜年尾
十年の病癒えけり更衣 政岡子規 更衣
去るものは去りたり衣更へにけり 鈴木真砂女 夏帯
去るものは日日に疎しや更衣 福田蓼汀 山火
口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子
句を書きし芸者の帯や衣更 山口青邨
吹き降りの旅に在りけり更衣 上田五千石『天路』補遺
咽喉元に置く溜息や衣がへ 石塚友二 光塵
坐りゐて心動くや更衣 森澄雄
塔頭マリアの視野で 登校の更衣 伊丹三樹彦
墨染に衣かへたり最明寺 政岡子規 更衣
大原女の大矢絣に更衣 高野素十
天竺の仏は何を衣かへ 政岡子規 更衣
女房等更衣して忌に籠る 高野素十
好きな着物男にもあり更衣 山口青邨
妹が腹すこし身にふり更衣 飯田蛇笏 白嶽
姉が織り妹が縫ふて更衣 政岡子規 更衣
娘とは嫁して他人よ更衣 星野立子
嫗にも風寄りやすし更衣 草間時彦 中年
子の苦労絶えまなき衣更へにけり 鈴木真砂女 生簀籠
学校の森を遠見のころもがへ 岡本眸
小ヂーキル即小ハイド衣更へて 中村草田男
小説のヒロイン死ぬや更衣 中村汀女
屋根にあやめ軒にすたれや衣かへ 政岡子規 更衣
山科はまだ~田舎更衣 高野素十
川べりを歩いてゐたる更衣 岡井省二 前後
己が手でひらきし運や更衣 鈴木真砂女 夏帯
庭石へ跣足で出たり衣かへ 政岡子規 更衣
庭竹の節くれだちて更衣 鷹羽狩行
志文芸になし更衣 高野素十
忙しき世やいそがしく更衣 桂信子 草影
忙中に更衣てふ閑ありて 鷹羽狩行
憂き世ともたのしき世とも衣更 日野草城
我が立志おそきに過ぎし更衣 有馬朗人 立志
我肌にほのと生死や衣更 原石鼎 花影
斑ある蕗底のおもてに衣更 山口青邨
是は是は醍醐の君の衣更かへ 政岡子規 更衣
更衣けふの釜殿恐ろしき 高野素十
更衣こころの山河ひとつ越え 鷹羽狩行
更衣したる心に粧へり高浜年尾
更衣してさとと云ひふみと云ひ 高野素十
更衣してメキシコの土曜朝 星野立子
更衣して一片の才もなく 高野素十
更衣して先斗町雨となる 高野素十
更衣して朝あり夕ベあり 高野素十
更衣して水色のシャツ着たし 細見綾子
更衣して洪庵の忌の話 高野素十
更衣して立ち上る身軽さよ 高浜年尾
更衣しんかんと筍をむく 原裕 青垣
更衣その心もて対しけり 高浜年尾
更衣ひとの煙草の香の来るも 中村汀女
更衣へて流離めく日の湖に雲 野見山朱鳥 愁絶
更衣一日は世もあたらしき 森澄雄
更衣七七日の忌も近し 高野素十
更衣下着の白のけぶらへり 能村登四郎
更衣世に逆はず虔ましく 福田蓼汀 山火
更衣二間つづきの母の部屋 波多野爽波 鋪道の花
更衣今日の晋山ありがたや 阿波野青畝
更衣地球儀青き夜を愛づる 飯田蛇笏 山響集
更衣城門の大鼓いさましき 政岡子規 更衣
更衣壮気しづかに満てゆけり 上田五千石『琥珀』補遺
更衣夏の姿見遺りけり 能村登四郎
更衣大方の恥忘じけり 藤田湘子 神楽
更衣天に抗ふ心無し 上野泰
更衣寄席へ行く日を胸づもり 藤田湘子 てんてん
更衣少し寒うて気あひよき 政岡子規 更衣
更衣尾長鳥といふを吾見たり 政岡子規 更衣
更衣年輪人をつくりけり 鈴木真砂女 夏帯
更衣恵心に勧められにけり 阿波野青畝
更衣故郷のたより届きけり 政岡子規 更衣
更衣此頃銭にうとき哉 政岡子規 更衣
更衣水にうつりていそぎつつ 橋本多佳子
更衣海おだやかに暮るゝかな 鈴木真砂女 卯浪
更衣無絃の琴を抱えけり 政岡子規 更衣
更衣爬蟲のいろに蜂腰 飯田蛇笏 山響集
更衣独りぐらしの言葉持たず 鈴木真砂女 夏帯
更衣狭山の新茶到来す 政岡子規 更衣
更衣畳の上をとりちらし 草間時彦
更衣目の高さにて*えりの海 岡井省二 山色
更衣知らぬ鳥鳴く庭の木に 政岡子規 更衣
更衣老妓を招く詩会かな 政岡子規 更衣
更衣胸の創痕うち裹む 石田波郷
更衣草の葉木の葉皆動く 政岡子規 更衣
更衣蜻蛉も吾になじめかし 政岡子規 更衣
更衣豆腹の豆負ひかへり 加藤秋邨
更衣退職辞令待つ身なる 松崎鉄之介
更衣雀の羽音あざやかに 橋本多佳子
更衣髪容よくゐ給へり 村山故郷
更衣麝香草にもふれにけり 百合山羽公 樂土以後
来る運を待つ気の衣更へにけり 鈴木真砂女 夏帯
松の木をかゝへて見たる衣かへ 政岡子規 更衣
栞して一書浩瀚更衣 石田勝彦 百千
極楽は衣も更へず仏だち 政岡子規 更衣
樹々なべて青き身ごもり更衣 岡本眸
母の忌に籠る夫婦の更衣 高野素十
気安さや五月になりて更衣 政岡子規 更衣
水盤の鷺草飛ばん更衣 渡邊水巴 白日
水音のする方に向くころもがへ 能村登四郎
永眺めして水底や更衣 藤田湘子
汐風の強きをいとへ更衣 鈴木真砂女 生簀籠
沖の帆の白さをもつて更衣 岡本眸
法帖の古きに臨む衣がへ 政岡子規 更衣
浴室の湯気が洩れゐる更衣 能村登四郎
海日々にまぶしさ増すや更衣 鈴木真砂女 生簀籠
深空より別の風来る更衣 飯田龍太
源氏名は何とかいひしころもがへ 日野草城
火の国の島原生れ更衣 高野素十
煎豆をかぞへかみつつ更衣 加藤秋邨
父母の声さすがに忘れ更衣 能村登四郎
現し世を日々大切に更衣 星野立子
瑞泉寺なりしと思ひ更衣 高野素十
田舎人の衣更へたる汽車場哉 政岡子規 更衣
男にも好みありけり更衣 山口青邨
番頭の衣更へたる出店かな 政岡子規 更衣
病来てやまひ去りけり更衣 藤田湘子 神楽
皺多き顔に眼は澄む衣更 山口誓子
相傅の病もひとつ更衣 百合山羽公 樂土
眷恋の妻にはありや更衣 齋藤玄 飛雪
眼前に楠の高さや更衣 森澄雄
着心や妹がしたての衣かへ 政岡子規 更衣
神仏もなくて庵や更衣 原石鼎 花影
翠黛の迫りくるなり更衣 鷹羽狩行
老いづくと思へぬ衣更へにけり 上田五千石『天路』補遺
老刀自の涙の新た更衣 高野素十
老夫婦二階住して更衣 富安風生
老夫婦更衣へ合ふすべもなし 後藤比奈夫
老斑を一つ明るく更衣 鷹羽狩行
老衣更へてそれでも気の済めり 飯島晴子
耳少し遠くなられし更衣 高野素十
胸いたき咳出てかなし更衣 村山故郷
胸板をつらぬく矢欲し更衣 桂信子 花影
船頭や陸へ出る日を衣がへ 政岡子規 更衣
花盛故郷や今衣がへ 政岡子規 花盛
若殿の立ちぎゝにくし衣かへ 政岡子規 更衣
草の葉に影の顕ちたる更衣 鷲谷七菜子 天鼓
藍褪せし衣更へても母亡かり 石川桂郎 高蘆
蝕める蕗の広葉や更衣 三橋鷹女
行脚する心に安し衣かへ 政岡子規 更衣
衣かへて再び来たり金の友 政岡子規 更衣
衣かへて愚庵を訪はん東山 政岡子規 更衣
衣かへて青空の色めづらしや 政岡子規 更衣
衣かへ能く似た人の通りけり 政岡子規 更衣
衣かへ鏡か浦を見に出たり 政岡子規 更衣
衣がへ日本服を着て来れ 政岡子規 更衣
衣がへ虱もいつしよに捨てる 種田山頭火 自画像 落穂集
衣がへ都見に出る男かな 政岡子規 更衣
衣冠をば脱ぎすてたりし更衣 阿波野青畝
衣更して宵までの鋸仕事 能村登四郎
衣更せし日も不断念仏かな 阿波野青畝
衣更て帯上赤し厨事 杉田久女
衣更ふますほの小貝拾はむと 飯島晴子
衣更へし腰のほとりや袴はく 原石鼎 花影
衣更へつ甲板に出て鱶を見る 政岡子規 更衣
衣更へてこののちとてもこのくらし 鈴木真砂女 夕螢
衣更へてこれからの世をすこし思ふ 能村登四郎
衣更へてたのしき手紙懐ろに 星野立子
衣更へてまづ目につきしものを処理 星野立子
衣更へて一つとなりし行李かな 原石鼎 花影
衣更へて人に溺るゝ齢でもなし 鈴木真砂女 夏帯
衣更へて光にさとくなりしかな 林翔
衣更へて出女門に出揃ひぬ 政岡子規 更衣
衣更へて去年より老いぬ筈はなし 鈴木真砂女 夕螢
衣更へて口紅指して店の貌 鈴木真砂女 紫木蓮
衣更へて夫のハンカチ子のハンカチ 星野立子
衣更へて女将たりまた家長たり 鈴木真砂女 夕螢
衣更へて奴の腋のあらはるゝ 政岡子規 更衣
衣更へて子の家を訪ふこととせむ 安住敦
衣更へて小店一つをきりまはし 鈴木真砂女 夕螢
衣更へて巣鴨とげぬき地蔵詣 安住敦
衣更へて愚庵を訪はん東山 政岡子規 更衣
衣更へて手足小さき女かな 鈴木真砂女 夏帯
衣更へて早や昼餉時妻一人 星野立子
衣更へて机に向ふうつし物 政岡子規 更衣
衣更へて来しかと見ゆる女弟子 村山故郷
衣更へて無用の電話子に掛けて 安住敦
衣更へて美人はいつも美人かな 星野立子
衣更へて老の構へのおのづから 能村登四郎
衣更へて腕の裏側やはらかし 林翔 和紙
衣更へて蹠さらりと立ち独り 鷲谷七菜子 銃身
衣更へて遠からねども橋ひとつ 中村汀女
衣更へて静かに翁さび住める 星野立子
衣更へて髭剃つて書生来りけり 政岡子規 更衣
衣更へて鼓をあぶる男かな 政岡子規 更衣
衣更へで飢に泣きたる女かな 政岡子規 更衣
衣更へ各々摩耶の仏母会へ 阿波野青畝
衣更へ身のなかなかに老すゝむ 能村登四郎
衣更乞食芭蕉の膝光る 山口誓子
衣更前もうしろも風に満ち 橋本多佳子
衣更着といふをうべなひ書き籠る 上田五千石『天路』補遺
衣更着や爺が紙衣の衣がへ 政岡子規 如月
衣更着や稍なまぬるき不二颪 政岡子規 如月
衣更老いまでの日の永きかな 橋本多佳子
衣更野人鏡を持てりけり 村上鬼城
衣更銀の夢の字目だちけり 阿波野青畝
衣更露坐仏のごと秘仏のごと 平井照敏 天上大風
衣更鼻たれ餓鬼のよく育つ 石橋秀野
袂には鼻紙もなし更衣 政岡子規 更衣
補聴器がぴいぴい衣更ふるときに 阿波野青畝
親はまだ衣更ふべくも見えざりき 政岡子規 更衣
赤い椅子えらびて掛けぬ更衣 山口青邨
起居にも心はずめり更衣 高浜年尾
身の細るほどの苦労や更衣 鈴木真砂女 生簀籠
身ほとりに風湧くおもひ更衣 鷹羽狩行
身やつれのかくせぬ衣更へにけり 上田五千石『風景』補遺
身受けせし傾城くやし衣かへ 政岡子規 更衣
軒下の菜畑晴れて更衣 村山故郷
遠き樹にひと日風立つ更衣 岡本眸
遠景ににはとり一羽ころもがへ 鷹羽狩行
野の果をずいと見渡す更衣 桂信子 緑夜
野猿見し旅しらじらと衣更へ 松村蒼石 雪
金平糖噛んでをりたる更衣 岡井省二 鯨と犀
金春や三味の袋も衣かへ 政岡子規 更衣
銀座ママ老いも若きも更衣 鈴木真砂女 紫木蓮
門前の流に遊ぶ更衣 政岡子規 更衣
雲の中にバラ色の雲更衣 大野林火 青水輪 昭和二十六年
雲はみな動きめぐるや更衣 加藤秋邨
頸にやゝおとろへ見せて更衣 能村登四郎
頼もしき母の二の腕更衣 香西照雄 素心
風まとひゆける身軽さ更衣 稲畑汀子
風吹て飛ばんとぞ思ふ衣かへ 政岡子規 更衣
飛石へはだしで出たり衣かへ 政岡子規 更衣
魁の色香ありける更衣 飯田龍太

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 02:53 | 夏の季語


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング