新茶 の俳句

新茶 の俳句

新茶 古茶 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22579954/


新茶 補遺

いびつ餅荼筒に新茶あふれつつ 水原秋櫻子 玄魚
おのづから雲を見てゐる新茶かな 森澄雄
さびしらの新茶のこくを舌の上 上田五千石『風景』補遺
しぐるるや古茶に戻れる新茶の香 石川桂郎 四温
したゝかに新茶のみけり蛙の夜 政岡子規 新茶
しぼるてふ言こそ佳しや新茶くむ 林翔
しら雲のあたごは冷る新茶哉 挙白
つひの一滴のこきんと新茶かな 鷹羽狩行
なつかしき古茶に床しき新茶哉 露川
はらからに生きまさりける新茶かな 上田五千石 天路
ひとり新茶を汲めどホテルは独房か 楠本憲吉 方壺集
ふたり喫む妻ありてこそ新茶の香 森澄雄
ほととぎす新茶より濃声の色 椎本才麿
もてなしの新茶のあとの古茶の客 鷹羽狩行
もの忘れ母になかりし新茶かな 雨滴集 星野麥丘人
もよほして鳴く老鴬や新茶くむ 森澄雄
やすけさの老も芯なす新茶摘み 飯田龍太
ゆふぐれの目のきいてゐる新茶かな 森澄雄
よと河や宇治の新茶の流れかす 政岡子規 新茶
ジーキルが新茶ハイドが古茶愛す 林翔
ハンカチに新茶のこぼれ吸はしむる 野澤節子 未明音
一つ一つ新茶とどくに罌粟咲けり 松村蒼石 雁
一撮と瓜人のめでし新茶かな 百合山羽公 樂土以後
一服のあとの走り茶深く蔵す 林翔
一枝の牡丹酬ゆる新茶哉 政岡子規 牡丹
一滴の名残きびしき新茶かな 阿波野青畝
三河なる鳳来町の新茶かな 石塚友二 玉縄以後
二滴一滴そして一滴新茶かな 鷹羽狩行
京へ出る新茶の荷あり十団子 政岡子規 新茶
伊賀の壺八女の新茶を封じけり 阿波野青畝
住ならば新茶の匂ひ松の風 魯九
俳諧の虚実を見たり古茶新茶 政岡子規 新茶
僧達の袂を染る新茶哉 支考
八十八夜先づは退院新茶かな 百合山羽公 樂土以後
出在家の物なつかしき新茶哉 三宅嘯山
初摘みの新茶静岡水見色 細見綾子
初穂から呑でさしたる新茶哉 露川
古茶にあり新茶に未だ無きものが 相生垣瓜人 負暄
古茶を愛で同じく新茶譽めにけり 相生垣瓜人 負暄
古茶新茶一片の茶も摘まぬ吾 百合山羽公 樂土
古茶暗し則ち新茶明くして 相生垣瓜人 負暄
古茶深く新茶浅きに又似たり 相生垣瓜人 負暄
古茶黙し新茶或は燥ぎけり 相生垣瓜人 負暄
台湾の新茶届きぬ青からず 後藤比奈夫
吾妻はや媼さびたる新茶かな 上田五千石『天路』補遺
壺一つのりたる棚の新茶かな 阿波野青畝
大いなる僥のみどりはみな新茶 阿波野青畝
天目で新茶くれけり里祭 許六
天龍の切りたつ岸の新茶時 百合山羽公 故園
天龍の濁りみなぎる新茶かな 百合山羽公 故園
奥飛騨の新茶もめでよ朴葉鮨 水原秋櫻子 緑雲
宇治に似て山なつかしき新茶哉 支考
宗左の書新兵衛の陶新茶待つ 阿波野青畝
宿坊でたまふ御岳の新茶かな 細見綾子
宿~はみな新茶也麦の秋 許六
小包を解けば新茶のこぼれけり 政岡子規 新茶
山里や新茶の時の石秤 傘下
巨き掌を賜ひ新茶を賜ひけり 石田波郷
師が賞づる新茶は狭山賜ひけり 石田波郷
干庭の新茶に鳥の罪もなし 露川
強き古茶弱き新茶と比ぶべし 相生垣瓜人 負暄
後世ずきの朝起ずきの新茶哉 吾仲
手越酒阿部の新茶や江戸廻り 許六
放参のあとは新茶にあそびけり 阿波野青畝
新しき茶を煎じけり玉の露 政岡子規 新茶
新茶いれひとのよろこびごと妻と 山口青邨
新茶いれる能登のゆべしをうす切りに 細見綾子
新茶かと椀さし入るあぶら壺 芦角
新茶して五ケ国の王に居る身かな 村上鬼城
新茶して田植すませていとまあり(静岡、日本平) 細見綾子
新茶その他子に持たせやるもの少々 安住敦
新茶ぞと笈の掛子に一袋 宗波
新茶たのし宇治や狭山やとりどりに 山口青邨
新茶つぐしづくしづくの珠玉かな 鷹羽狩行
新茶とも古茶ともいはず茉莉花茶 後藤比奈夫
新茶には古茶に失せたるものありぬ 相生垣瓜人 負暄
新茶の酷(こく)メモに書かねば用忘る 秋元不死男
新茶の香一針二葉より走る 百合山羽公 寒雁
新茶の香収まるところに収まりし 桂信子「草影」以後
新茶よりはじまるけふの空腹か 加藤秋邨
新茶一滴残る胃に享け生き得たり 大野林火 月魄集 距和五十七年
新茶一罐届く病床たのしめり 高浜年尾
新茶入るゝ袋に古茶の名残哉 政岡子規 新茶
新茶出て古茶となるなり自ら 高野素十
新茶古茶さすがに新茶嵩ばれり 阿波野青畝
新茶古茶夢一とせをかたる日ぞ 加藤曉台
新茶古茶宇治はいそがし郭公 諷竹
新茶干し柿の木の根を水走る 右城暮石 句集外 大正十五年
新茶持たせて子をその母の許に返す 安住敦
新茶撰る僧と話すや小百姓 政岡子規 新茶
新茶時古茶時竝び来りけり 相生垣瓜人 負暄
新茶時薄れて行くが惜しまるる 相生垣瓜人 負暄
新茶汲んでまたもおのれに遠くゐる 森澄雄
新茶注ぎゐて残る生のはかりごと 鷲谷七菜子 一盞
新茶淹れしばらく心遊びけり 山口青邨
新茶淹れながら本陣物語 阿波野青畝
新茶淹れ父はおはしきその遠さ 加藤秋邨
新茶煮て此緑陰の石を掃ふ 内藤鳴雪
新茶煮る暁おきや仏生会 炭太祇
新茶積む馬も来て居る汽車場哉 政岡子規 新茶
新茶青く古茶黒し我れ古茶飲まん 政岡子規 新茶
旅人に昔がたりの新茶かな 中川乙由
旅僧をよびこむ庵の新茶哉 政岡子規 新茶
日焼せしことも言ひ添へ新茶かな 細見綾子 桃は八重
明日は立つ里の新茶の香になごむ 上村占魚 鮎
普賢寺観音いませる邑の新茶なり 水原秋櫻子 餘生
更衣狭山の新茶到来す 政岡子規 更衣
本郷も変りしといひ新茶買ふ(東大病院に谷口秋郷さんを見舞ふ) 細見綾子
杣の家の濃すぎて惜しき新茶かな 及川貞 夕焼
梅雨走り茶園の渦がまはり出す 古舘曹人 能登の蛙
機嫌よく新茶はいろに出でにけり 山田みづえ まるめろ
次韻して謝する新茶の絶句かな 政岡子規 新茶
渋紙や新茶干したる椽の先 政岡子規 新茶
湯上りに熱きもよくて新茶かな 森澄雄
潮舟の竝べてあはれ古茶新茶 相生垣瓜人 負暄
火縄銃黒き山家の新茶かな 百合山羽公 樂土
煤煙は駅のみ新茶の静岡市 百合山羽公 寒雁
牧の丘幾重越えきし新茶かな 上田五千石『天路』補遺
玉川の門に新茶の使哉 政岡子規 新茶
玉巻きし芭蕉ほどけし新茶かな 川端茅舎
瓦茸新茶の筒と枕べに 石川桂郎 四温
生前の話におよぶ新茶かな 鷹羽狩行
生甲斐の茶器ひとつある新茶かな 水原秋櫻子 蘆雁
癪起す人こりずまの新茶哉 東皐
白き花活けて新茶の客を待つ 政岡子規 新茶
白昼の茶舗の明燈新茶買ふ 百合山羽公 寒雁
白湯染めて新茶の味となりにけり 阿波野青畝
瞑目といふこと新茶ふふみけり 上田五千石『風景』補遺
紙切に包む手製の新茶哉 政岡子規 新茶
緑の日待たぬ新茶の香なりけり 百合山羽公 樂土以後
羊羹の甘きを好む新茶かな 政岡子規 新茶
老の目の紅にはさめず新茶哉 支考
老僧の文と新茶と筍と 政岡子規 新茶
耽読の額のあがる新茶かな 日野草城
花過ぎてゆふべ人恋ふ新茶かな 渡邊水巴 白日
茶どころに句碑建ち新茶接待を 山口青邨
茶所の友の情の新茶これ 山口青邨
茶経刷る紙の袋に新茶かな 阿波野青畝
茶袋に新茶と書きて吊したり 政岡子規 新茶
藁科川の赤石据ゑて新茶の香(勝山美枝さん居) 細見綾子
蜂蟻の忙に及ばず新茶酌む 上田五千石 琥珀
謡ヲ談シ俳句ヲ談ス新茶哉 政岡子規 新茶
走り茶のややさぶみどり淹れくれし 上田五千石『琥珀』補遺
走り茶の針のこぼれの二三本 石田勝彦 秋興
走り茶や八女の乙女の摘みにけむ 山口青邨
起~の心を宿の新茶かな 舎羅
送り来し新茶や一人占めにせむ 石川桂郎 高蘆
郭公はるかに蜀の新茶かな 椎本才麿
金色の壷は新茶よ身ほとりに 山口青邨
門前町すこし賑やか新茶買ふ 山口青邨
閉ぢ蓋の木目合せて古茶新茶 鷹羽狩行
関守もねさせぬ須磨の新茶哉 支考
関守も寐られぬ須磨の新茶哉 支考
霊前に新茶そゆるや一つまみ 浪化
露といふ新茶の銘を愛しみぬ 後藤比奈夫
風かほるはじめは山の新茶哉 露川
香ごめの考妣に今日新茶の香 林翔

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 04:11 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25786677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

木の葉蝶 の俳句
at 2018-08-15 06:36
トンネル の俳句
at 2018-08-12 07:10
浮輪 の俳句
at 2018-08-12 07:09
相模 の俳句
at 2018-08-08 09:07
猪独活 の俳句
at 2018-08-02 13:17

外部リンク

記事ランキング