筍 の俳句

筍 の俳句

筍 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22641450/


筍 補遺

いち早く筍その友も老いたりな 楠本憲吉 方壺集
いづこへも行かぬ竹の子藪の中 三橋敏雄
うるはしや竹の子竹になりおふせ 政岡子規 筍
お寺の竹の子竹になつた 種田山頭火 草木塔
けさの御饌筍二本摂社かな 飯島晴子
ここらしづか筍を煮るにほひのみ 山口青邨
この巨筍味上々の太鼓疣 百合山羽公 樂土以後
これは神これは仏の筍か 鷹羽狩行
さびしさは筍藪もなくなりし 高野素十
しづけさ、竹の子みんな竹になつた 種田山頭火 草木塔
しろがねの月山筍を噛みにけり 平井照敏 猫町
しわしわと梅雨竹の子の曇空 松村蒼石 雪
すゝしさや竹の子竹になりおふせ 政岡子規 筍
その墓を筍藪の中に見る 高野素十
たかんなに届く日筋のさだまりぬ 岸田稚魚
たかんなに繩切もなき庵かな 村上鬼城
たかんなに音なき竹のならびけり 百合山羽公 春園
たかんなのこむらなしたる淡暮かな 上田五千石『森林』補遺
たかんなのもとどりゆるぶ暁の露 石田勝彦 雙杵
たかんなの丈揺さぶりをかけて遺る 飯島晴子
たかんなの先を五重塔へ向け 鷹羽狩行
たかんなの光りて竹となりにけり 小林康治 四季貧窮
たかんなの危ふき夕べ過ぎゐたり 岸田稚魚 筍流し
たかんなの四五本目にてまなこ冷ゆ 岸田稚魚
たかんなの土出でてなほ鬱々と 山口誓子
たかんなの屈強どきをもはや越す 伊藤白潮
たかんなの影さへ見せず竹の奥 石川桂郎 高蘆
たかんなの影は竹より濃かりけり 中村草田男
たかんなの斜めに出でし本ぐもり 岸田稚魚
たかんなの日表に出し顔さびし 岸田稚魚 筍流し
たかんなの疾迅わが背越す日かな 石塚友二 方寸虚実
たかんなの短剣反りに出でしかな 鷹羽狩行
たかんなの竹のひまさす薄日かな 石川桂郎 高蘆
たかんなの背後油断のならぬあり 石川桂郎 高蘆
たかんなの葉耳のはじく木雨かな 石川桂郎 四温
たかんなの軒一寸をはづれけり 野澤節子 八朶集
たかんなの雨音に倦み法師の湯 角川源義
たかんなや学僧の眉一文字 大野林火 白幡南町 昭和三十年
たかんなや山草しげきかなたにも 飯田蛇笏 白嶽
たかんなや母を憶へば兄のこと 岡本眸
たかんなや百階蔵しなほ軟か 林翔
たかんなや隠岐に渡来の八百比丘尼 角川源義
たかんなや風出て竹の騒げるに 石川桂郎 四温
たかんなをさしかつぎしてつゆしげき 飯田蛇笏 山廬集
たかんなを掘つて来しかば尼汚る 飴山實 次の花
たかんなを掘り余花にあふ水無瀬山 飴山實 花浴び
たかんなを蹴つて山行はじまれり 上田五千石『森林』補遺
たなぞこに初筍ぞ躍るなる 相生垣瓜人 負暄
とみき居の筍大盛赤絵皿(藤江さん宅にて「風」婦人句会) 細見綾子
ならんで竹となる竹の子伸びてゆく雨 種田山頭火 自画像 落穂集
ならんで竹の子竹になりつつ 種田山頭火 草木塔
なんとよいお日和の筍をもらつた 種田山頭火 自画像 落穂集
はたゝ神筍竹になる夜哉 政岡子規 筍
はらはらと落て音あり竹の皮 政岡子規 筍
ひさびさもどれば筍によきによき 種田山頭火 草木塔
ひとりひつそり竹の子竹になる 種田山頭火 草木塔
ほきほきと筍ならぶすごさ哉 政岡子規 筍
まほろばと言ふ筍の地下までも 百合山羽公 樂土
みちのくの細き竹の子かなしび食ふ 山口青邨
みちのく女背なの筍掘り上げて(白河関跡) 細見綾子
むくつけき筍吉野山に売る 右城暮石 虻峠
むくつけき筍掘つて帰りけり 鷲谷七菜子 游影
もどり鴫筍藪の上越して 右城暮石 句集外 昭和七年
もんぺ縫ひ筍を煮て待たれゐし(静岡水見色) 細見綾子
わがために筍を掘るかたじけな 山口青邨
わが提げて筍よりも重き鍬 鷹羽狩行
三本の大筍の一つ描く 高野素十
京から竹の子はもらいうちの竹の子は竹にする 荻原井泉水
京よりの筍便の竹の籠 石塚友二 玉縄以後
人の丈越えて筍とは言へず 鷹羽狩行
人妻に筍もだえつつ煮られ 楠本憲吉 方壺集
人痩せて筍程の手足かな 政岡子規 筍
今春も焼筍の機を逸しけり 相生垣瓜人 明治草
体温や筍掘つて手を洗ふ 石川桂郎 四温
僧が子を連れ筍の山に入る 廣瀬直人
八月の筍あさる垣根かな 政岡子規 八月
出羽の筍銀座の路地に土こぼす 鈴木真砂女 紫木蓮
勤めらる初筍の生食を 相生垣瓜人 負暄
去年今年寒竹の子が軒抽いて 安住敦
去年買ひし筍売の来りけり 政岡子規 筍
口をしや春の筍水薬 政岡子規 春
号泣の子に筍の露ひとつ 藤田湘子
君が墓筍のびてニ三間 政岡子規 筍
味噌汁の月山筍のかをりかな 加藤秋邨
喰ひなれて筍くらふ異人哉 政岡子規 筍
土こびりつく筍を掘りし鍬 鷹羽狩行
土中より筍老いたる夫婦の財 橋本多佳子
垣無用筍藪を親しめり 阿波野青畝
城跡に茣蓙敷き筍たべにけり 細見綾子
塀の上に筍見えて明屋敷 政岡子規 筍
多摩も奥の初筍の掘られけり 星野麥丘人
夜が好きの雨のたかんな群がるや 岸田稚魚
夜が明くる太筍の黒あたま 西東三鬼
大木の相筍のままにせば 平畑静塔
大甕の覆へる筍ぐもりかな 桂信子 花影
大藪や筍のびて物すごき 政岡子規 筍
好かれて筍茄る間を待たされまして 中川一碧樓
孝行は筍よりも桜かな 政岡子規 桜
客ありて筍掘りの小提灯 高野素十
密猟者めく筍を掘つて出て 鷹羽狩行
寒竹の子や風鐸の天に鳴る 角川源義
寸ほどの筍買つて二月かな 鈴木真砂女 居待月
尖掴みゐし筍を取り落す 右城暮石 句集外 昭和五十四年
尾てい骨あるがごとくに筍坐す 鷹羽狩行
屈強や筍どきの根切鍬 百合山羽公 樂土
山女房大筍をころと掘る 百合山羽公 樂土以後
山里や筍に飽く麦の飯 政岡子規 筍
峡深き家筍の皮すてゝ 右城暮石 上下
嵯峨を行く筍藪の月夜哉 政岡子規 筍
庭先に笋ならぶ明家哉 政岡子規 筍
庭破る筍立てり金剛寺 百合山羽公 樂土
律寺あり筍藪は掃除され 阿波野青畝
御厚意の筍包み重くとも 星野立子
御沙汰あり大筍を奉る 高野素十
忌ごもりの筍なんど煮たりけり 鈴木真砂女 居待月
恋猫の声や竹の子上り中 岡井省二 明野
抱くほどの筍の皮母の忌日 細見綾子
拗ねてゐる筍藪に傾けり 山口誓子
掃除屋の長き筍くれにけり 政岡子規 筍
掘りあげし筍の疣鮮紅に 飯島晴子
掘り過てる悔い筍を横たへぬ 石川桂郎 高蘆
改札を出て筍の別れかな 飴山實 花浴び
散らばやと散る筍の皮ひとつ 桂信子 草影
新縄や筍にかけたのもしき 阿波野青畝
旅にして筍皮をぬぎしばかり(敦賀、色ヶ浜) 細見綾子
日の射して筍の穴いぢらしき 藤田湘子 てんてん
日曜雨竹の子を煮て蕗を煮て 安住敦
早汐の筍の皮逆立ちし 高野素十
早汐へ筍の皮向きを換ヘ 高野素十
明寺の笋ぬすむ女かな 政岡子規 筍
春の筍のこぼせし土匂ふ 鷹羽狩行
昼日中大釜据ゑて筍茹で 鈴木真砂女 居待月
昼日中大釜掘ゑて筍茹で 鈴木真砂女
時かけて初筍のひとり酒 石田波郷
時かけて掘るわが家の筍を 右城暮石 句集外 昭和四十八年
更衣しんかんと筍をむく 原裕 青垣
朝のうち掘りし筍寄せゐたり 右城暮石 声と声
朝堀りの筍といふ僧が土産 高浜年尾
朝掘りの竹の子の尻冷えまさり 石川桂郎 四温
梅天や筍竹にならんとす 原石鼎 花影
歯が抜けて筍堅く烏賊こはし 政岡子規 筍
残品の無き筍の糶り場掃く 右城暮石 散歩圏
母の忌の筍を煮る昆布敷き 細見綾子
汝までが筍狩に勢ふとは 中村汀女
活け花にせし筍の曲り来る 右城暮石 句集外 昭和五十年
淡竹の子折りて女が横抱きに 右城暮石 天水
熾んなる日の筍につるむ 原石鼎 花影
物いはず筍をむく背おそろし 西東三鬼
犬までも筍藪に雨いとふ 平畑静塔
生気なり筍藪に漲るは 相生垣瓜人 明治草抄
白砂を踏む音筍曇りなる 桂信子 花影
百合を掘り竹の子を掘る山路かな 杉田久女
百姓の筍くれし別れかな 高野素十
皮を脱ぐ筍青し腹へりぬ 加藤秋邨
真竹の子一節見せて折られけり 右城暮石 句集外 昭和五十九年
眼の前に立つ筍と丈くらべ 山口誓子
眼の前筍が出てゐる下駄をなほして居る 尾崎放哉 小浜時代
矛なして筍は蕗貫けり 阿波野青畝
石かけや筍横に生えてでる 政岡子規 筍
石垣や筍横に生えて出る 政岡子規 筍
祖谷険し筍掘りに行く道も 右城暮石 虻峠
神います山の筍掘りて売る 山口誓子
禅寺の筍を眼で掘り出せり 鷹羽狩行
禅寺の筍遅く出て来たる 右城暮石 句集外 昭和三十八年
禿倉荒れて筍細し庭の隅 政岡子規 筍
稿をつぐ筍のびること夜々に 山口青邨
窓にしたしく竹の子竹になる明け暮れ 種田山頭火 草木塔
竹となりゆく竹の子すなほなるかな 種田山頭火 自画像 落穂集
竹の子にかならずや根の一くねり 政岡子規 筍
竹の子のきほひや日々にニ三寸 政岡子規 筍
竹の子のごみつきあげるきほひ哉 政岡子規 筍
竹の子の一本にして重かりし 高浜年尾
竹の子の塔婆の丈に身を正す 古舘曹人 砂の音
竹の子の子もつどふ祝哉 政岡子規 筍
竹の子の玄きが玄き地を出でし 相生垣瓜人 負暄
竹の子の生えみだるゝに懸巣鳥(松田布兌子居) 細見綾子
竹の子の黒装束は折られたり 阿波野青畝
竹の子はのつぽとなつて呉れにけり 阿波野青畝
竹の子は仏而竹の子なりけり 阿波野青畝
竹の子も裸になつてあつさ哉 政岡子規 筍
竹の子も鳥の子も只やすやすと 政岡子規 筍
竹の子やむかしさだかに恋の言 齋藤玄 飛雪
竹の子や抱卵の鷺冷々と 渡邊水巴 白日
竹の子や文殊の智慧をいただきに 森澄雄
竹の子や襟元つくろひ育ちし妻 香西照雄 対話
竹の子や隣としらぬはえ処 政岡子規 筍
竹の子をこそつかせをる鹿の子かな 阿波野青畝
竹の子を世継のごとく愛しめり 後藤比奈夫
竹の子を掘りて山路をあやまたず 杉田久女
竹の子を掘る衰への脚に知れ 石川桂郎 四温
竹の子を盗み逃げしも汐見坂 石川桂郎 四温
竹の子竹となる明るい雨ふる 種田山頭火 自画像 落穂集
竹の子飯炊いてゐしかば子が来る 安住敦
竹奴夢に七賢と遊ひけり 政岡子規 筍
竹林竹の子、道のない道の近径と言う 荻原井泉水
竹籠に筍三ツ葉など入れぬ 政岡子規 筍
竹若に筍伸びぬ竹の秋 平畑静塔
竹藪は筍のためほの暗し 津田清子
竹藪を脱けて筍墓地に出づ 右城暮石 句集外 昭和四十七年
竹陰の筍掘りはいつ消えし 飴山實 花浴び
笋が顔出す垣も離宮道 村山故郷
笋の雲にとゞいて時鳥 政岡子規 時鳥
笋の頭の見ゆる若葉かな 前田普羅 普羅句集
笋はまた根ばかりの重さ哉 政岡子規 筍
笋や垣の横腹つんぬいて 政岡子規 筍
笋や御殿の椽のこぼれ土 政岡子規 筍
笋や行末はたが床柱 政岡子規 筍
筍がいたづらに伸び色が浜 細見綾子
筍が出て禅寺を豊かにす 右城暮石 句集外 昭和四十四年
筍が出る金色の尖見せて 右城暮石 虻峠
筍が描かしめでは措かぬなり 相生垣瓜人 負暄
筍が真夜のおどろの草の中 飯田龍太
筍きれいに剥いて水漬け妻眠りしや 楠本憲吉 方壺集
筍として大は大小は小 藤田湘子
筍と和尚の文と法華経と 政岡子規 筍
筍と老婆その影むらさきに 橋本多佳子
筍と鍬と笠とを画きけり 政岡子規 筍
筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子
筍に与ふ一打の指南かな 中村汀女
筍に出かかりし根の燕脂色 右城暮石 句集外 昭和五十四年
筍に向つて歩む数歩かな 山口青邨
筍に型嵌めて藪にぎやかに 右城暮石 一芸
筍に大勢客をする日かな 松本たかし
筍に嵯峨の山辺は曇りけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
筍に月の出の黄のちらつけり 大野林火 飛花集 昭和四十四年
筍に木の芽をあえて祝ひかな 政岡子規 筍
筍に楷子すべくもあらぬ哉 政岡子規 筍
筍に発句題して帰りけり 政岡子規 筍
筍に禪悦の味ありとせり 相生垣瓜人 明治草
筍に竹の落葉のたより降る 平畑静塔
筍に虫歯痛みて暮の春 政岡子規 春の暮
筍に雲もさはらぬ日和かな 政岡子規 筍
筍に音して雨や一夜庵 岡井省二 夏炉
筍に頭出したるうれしさよ 政岡子規 筍
筍のいただきのいとけなき黄よ 山口青邨
筍のうつつに苦し草城亡し 石田波郷
筍のお礼肥積む豚の糞 右城暮石 散歩圏
筍のこの重きこと旨きこと 鷹羽狩行
筍のこぼすいづこの土ならむ 鈴木真砂女 夕螢
筍のすうとのびけり五六間 政岡子規 筍
筍のたちまち浴びる瀧しぶき 飯田龍太
筍のへんてつもなく伸びにけり 政岡子規 筍
筍のまはりの土のやさしさよ 日野草城
筍のわらわらとある廃寺かな 藤田湘子
筍の一本生えぬ罌栗の畑 政岡子規 筍
筍の一本長し罌栗の畑 政岡子規 筍
筍の三つ並びたる一つ掘る 右城暮石 虻峠
筍の並ぶものなくのびにけり 政岡子規 筍
筍の光放つてむかれたり 渡邊水巴 白日
筍の出盛り竹は葉をふらす 平畑静塔
筍の切口を目に賛嘆す 加藤秋邨
筍の十丈にしてさみたるゝ 政岡子規 筍
筍の単純を食ひ了りけり 藤田湘子 神楽
筍の厚き胸ぐら剥がしけり 鷹羽狩行
筍の声か月下の藪さわぐ 西東三鬼
筍の少し味濃きさくらかな 鈴木真砂女 居待月
筍の左右へ手を出す梢哉 政岡子規 筍
筍の掘りすててあり芭蕉の道(室の八嶋) 細見綾子
筍の掘場移りは犬に従く 平畑静塔
筍の根が切れし音土の中 右城暮石 虻峠
筍の桶にたゝふる甘茶哉 政岡子規 筍
筍の機嫌ななめに出でにけり 鷹羽狩行
筍の毛深き頭祖霊廟 右城暮石 虻峠
筍の生え人ごゑの素通りす 岸田稚魚 紅葉山
筍の皮はみだしぬ京の路地 飴山實 花浴び
筍の皮妻の手に易々と散る 百合山羽公 寒雁
筍の皮棄つここには花も散りし 細見綾子 桃は八重
筍の眠り覚めざるまま掘られ 鷹羽狩行
筍の穴が地軸の暗さ見す 橋本多佳子
筍の穴埋めを犬見定めて 平畑静塔
筍の立夏の丈を目測す 相生垣瓜人 負暄
筍の竹にならんと谷音す 森澄雄
筍の竹になる四方の緑かな 渡邊水巴 白日
筍の籠と主と女房と 高野素十
筍の縄ゆるびたる途中哉 政岡子規 筍
筍の群立に夜の蟇 飯田龍太
筍の脂ぎつたる老い様や 相生垣瓜人 明治草
筍の色をも玄となすべきか 相生垣瓜人 負暄
筍の藪や俄に老いて入る 石川桂郎 高蘆
筍の裸が水に昼ふかし 藤田湘子 神楽
筍の誕生佛を掘り起す 森澄雄
筍の鋒(きっさき)高し星生る 中村草田男
筍の頭を出す奴に跼まさる 石川桂郎 高蘆
筍はまだ根ばかりの太さかな 政岡子規 筍
筍は尖に精気を凝らしたり 山口誓子
筍は掘りたて泥の重量感 林翔
筍は濃くして竹は淡かりき 相生垣瓜人 明治草
筍は雑草園をよろこべり 阿波野青畝
筍は黒き皮にて胸合はす 山口誓子
筍ふみ折つて返事してゐる 尾崎放哉 京都時代
筍も倨傲の時を経つつあり 相生垣瓜人 明治草抄
筍も柔かなりし昼餉かな 高野素十
筍も浦島草も旬のもの 平畑静塔
筍も虚子先生に供ふべし 高野素十
筍やずんずんとのびて藪の上 政岡子規 筍
筍や位申さば正一位 石塚友二 磊[カイ]集
筍や地にこもりゐる発破音 上田五千石 田園
筍や妻とくらべる観世縒 秋元不死男
筍や横筋かひに垣根より 政岡子規 筍
筍や田舎の叔母の来よといひし 政岡子規 筍
筍や目黒の美人ありやなし 政岡子規 筍



筍や糞りつつあるく寺の鶏 秋元不死男
筍や藪をはなれてニ三間 政岡子規 筍
筍や藪をはなれて小屋の前 政岡子規 筍
筍や雨粒ひとつふたつ百 藤田湘子
筍や鮓の五月となりにけり 政岡子規 筍
筍をぶらさげて消ゆ寺の門 飯田龍太
筍をもつともらしく提げにけリ 伊藤白潮
筍をもらひ老妻事しげく 山口青邨
筍をゆがく焔の快楽かな 飯島晴子
筍を一刀のもと海女部落 古舘曹人 能登の蛙
筍を三つも貰へば重かりし 山口青邨
筍を剥いて発句を題せんか 政岡子規 筍
筍を剥く繃帯の指立てて 岡本眸
筍を噛むぽつかりと胸に穴 石田勝彦 百千
筍を四五本つけてあやぎ売 政岡子規 筍
筍を地下より招く父の鍬 平畑静塔
筍を売れと言はるる庭の内 石川桂郎 高蘆
筍を小荷駄につけて土産哉 政岡子規 筍
筍を悉皆盗られ寝に帰る 石川桂郎 高蘆
筍を掘つて寄せをる朝の声 右城暮石 天水
筍を掘らんと盗み歩きせり 岸田稚魚
筍を掘りころがして掘り進む 右城暮石 天水
筍を掘りし直後の穴の土 右城暮石 句集外 昭和三十四年
筍を掘りたる跡も痛ましや 相生垣瓜人 明治草
筍を掘る終の日や友がらや 石川桂郎 高蘆
筍を掘る農夫婦声ひそめ 右城暮石 句集外 昭和三十八年
筍を掘る鍬借りて怖れなす 石川桂郎 高蘆
筍を撫して故人にあふこころ 山口青邨
筍を月夜の藪に掘り当てし 上村占魚
筍を煮るつくづくと妻の顔 石川桂郎 含羞
筍を糶る声作り声出して 右城暮石 一芸
筍を背負ひ香春の峰淡く 山口青邨
筍を辷り落ちたる小猫哉 政岡子規 筍
筍哉虞美人草の蕾哉 政岡子規 筍
筍掘り来てゐるらしき竹の奥 岸田稚魚 紅葉山
筍掘り魔羅石祀る明日香人 松崎鉄之介
筍掘るたけのこよりも襤褸を着て 鷹羽狩行
筍掘るとどめの音を土の中 鷹羽狩行
筍掘る俳人山口速の腰 鷹羽狩行
筍掘る授業のひまを一教師 伊丹三樹彦
筍炊く灰まで知られ山住ひ 松崎鉄之介
筍生まれ衆目の座に陣羽織 古舘曹人 能登の蛙
筍糶る人かたまりて移動せり 右城暮石 一芸
筍藪の外にかゝりて藤新芽 右城暮石 句集外 昭和七年
筍香を覚ゆべきなる散歩かな 相生垣瓜人 負暄
納骨や雨のたかんな八方に 岸田稚魚
絹皮といふ筍の使ひやう 後藤比奈夫
翠竹を遂に紫筍の圧しけり 相生垣瓜人 明治草
老僧の文と新茶と筍と 政岡子規 新茶
肉厚き京の竹の子今宵富者 石塚友二 曠日
肝膽をくらく筍掘の来る 飯島晴子
肩落し佇つたかんなの疾風かな 小林康治 四季貧窮
花の坊筍の坊その他の坊 高野素十
花咲て笋飯のさかりかな 政岡子規 花
苔寺のたかんな苔をしりぞけて 及川貞 夕焼
茶室あり筍藪の径清め 松本たかし
菜の花や筍掘りが山に行く 右城暮石 句集外 昭和四年
藪から鍋へ筍いつぽん 種田山頭火 草木塔
藪の中のわたしだちの道の筍 尾崎放哉 小浜時代
藪一つ大笋のけしき哉 政岡子規 筍
藪垣や筍出たる道のはた 政岡子規 筍
藪寺や筍のびる経の声 政岡子規 筍
藪色は金といふべし竹の子生る 香西照雄 対話
藪跡や筍生える薔薇の側 政岡子規 筍
蝶の舞うたかんなの頭の黒かりき 金子兜太
西隣陸の筍伸びにけり 政岡子規 筍
見えたりや筍掘りのマッチの火 山口青邨
討ち取つたりや床抜かむ筍を 石川桂郎 高蘆
買物に行かじ筍雨に掘り 及川貞 夕焼
辛く煮よや熱の昼餉に淡竹の子 石川桂郎 含羞
迷ひ箸などあらず筍大皿に 鈴木真砂女 居待月
迸筍に徒長の嫌ひあらむとす 相生垣瓜人 負暄
迸筍も既に威厳に充ちをれり 相生垣瓜人 負暄
迸筍も既に比例を失しけり 相生垣瓜人 負暄
迸筍を撫しつつ是を称へけり 相生垣瓜人 負暄
運び来し筍すこし四輪車 右城暮石 散歩圏
運搬車筍藪に突込めり 右城暮石 一芸
道に出て筍の秀よ蹈まれずに 日野草城
遥かなる筍掘の挙動かな 飯島晴子
酸鼻ともいふ筍の掘りし跡 能村登四郎
鉄槌の活筍をそこなはず 平畑静塔
鉢植の竹に筍見え初めし 政岡子規 筍
鍬二丁使ひ分けして筍掘る 右城暮石 句集外 昭和六十三年
門徒寺乱杭立ちに筍生ふ 松崎鉄之介
雨なれど来べし筍のびすぎぬ 及川貞 榧の實
雨の中筍堀りてくはせけり 政岡子規 筍
雨の日を正しくあるく筍掘 飯島晴子
雨を聴く竹の子の皮剥きながら 安住敦
雲ふかき筍黴雨の後架かな 飯田蛇笏 霊芝
霊山の筍の皮弥黒し 山口誓子
霧匂ふ月山筍を食ひをれば 加藤秋邨
青梅に筍高し明家敷 政岡子規 青梅
青鷺の鋭声に朝の筍汁(羽黒山) 細見綾子
風呂板を干し筍の藪の横 岡井省二 明野
飛鳥川に筍の皮流す春 細見綾子 桃は八重
飽き難し焼筍の記の簡にして 相生垣瓜人 負暄
馬の荷に筍長し麦の秋 政岡子規 麦秋
高曇筍掘の誘くる 飯島晴子
鬱勃として筍を掘つてをり 飴山實 花浴び
麦畑のあぶれ筍思春期か 平畑静塔

筍 続補遺

いつまでぞ竹の子まとふさねかづら 桜井梅室
うぐひすや竹の子見たる市戻り 建部巣兆
からき世や笋の皮落てより 蝶羽
こも僧は笋指てもどりけり 中川乙由
ひだるさよ竹の子風の窓の中 木節
ひと夜酒そも笋のそだつ時 鈴木道彦
ふとき細き並ぶや竹の子もち筋 林鹿 続山の井
ふる事や竹の子折て袖ぬれる 土芳
みな月の竹の子うれし竹生島 去来
わたり猪の竹の子につく山家哉 浪化
一本の笋に見る日あし哉 凉菟
下り舟竹の子盗むたよりかな 玄梅
夜のまじる竹の子汁やほとゝぎす 洒堂
寺山の竹の子雲やつらぬがむ 万子
山門に竹の子くふてふす猪哉 尚白
広袖に竹の子時の大工かな 朱拙
弓になる笋は別のそだち哉 去来
新麦や笋子時の草の庵 許六
新麦や笋時の草の庵 許六
殺生と我笋は思ひけり 三宅嘯山
法のため筍羹皿もかたミかな 其角
眠たさに竹の子をりに出にけり 井上士朗
竹の子にそるほどうれしむかし椀 許六
竹の子によばれて芥子の華見かな 吾仲
竹の子に傾かゝる葛屋かな 挙白
竹の子に光の陰を感じけり 三宅嘯山
竹の子に出るや藪蚊の小紋がた 許六
竹の子に呼れて坊のほとゝぎす 惟然
竹の子に手を差出スや五里三里 寂芝
竹の子に来て三井寺の夜の雨 風国
竹の子に申分あり窓の先 りん女
竹の子に目をさましけり鳥の声 りん女
竹の子に移る水鶏や初当話 洒堂
竹の子に竜の競ひや土ばなれ 朱拙
竹の子に粉糠簸がける女哉 釣壺
竹の子に行燈さげてまはりけり 長虹
竹の子に身をする猫のたはれ哉 許六
竹の子に追ひぬかれたり我腕 荻子
竹の子に黒木の華表ゆがみけり 三宅嘯山
竹の子のあぶなげはなし其行衛 露川
竹の子のきほひや人を待日数 李由
竹の子のこぼす雫も笹の露 桜井梅室
竹の子のその子の其子その子まで 中川乙由
竹の子のどうなるものかはたけ中 りん女
竹の子のひとよひとよと都かな 椎本才麿
竹の子のみちを失ふ五月哉 りん女
竹の子の一色見たし砂の物 荊口
竹の子の上る競や夜々の露 許六
竹の子の初夜たのもしき草まくら 土芳
竹の子の力を誰にたとふべき 凡兆
竹の子の合羽着て出る入梅哉 支考
竹の子の名残りや椀に節一ツ 野坡
竹の子の末は親仁に根はむす子 許六
竹の子の根を掘や海の側ながら 蝶羽
竹の子の竹にやならむ喰残し 土芳
竹の子の総領殿ハ御無事哉 吏全
竹の子の葉になる迄を涼ばや 中川乙由
竹の子の葎の雨をかつぎけり 白雄
竹の子の連におくるゝとまり哉 為有
竹の子の道をうしなふ五月哉 りん女
竹の子は医者のゆるしや更衣 野坡
竹の子は袴脱たる節供かな 中川乙由
竹の子は見まじ旅して朝あした 鈴木道彦
竹の子もひかれておそし時鳥 李由
竹の子もほど有らじ土のわれにけり 高桑闌更
竹の子やあまりてなどか人の庭 大伴大江丸
竹の子やいちご時には人で摺る 雪芝
竹の子やかたばみ草のとりついて 成美 成美家集
竹の子やさて~酒もちつとばか 舎羅
竹の子やそのあい~に目を付る りん女
竹の子やその日のうちにひとり立 千代尼
竹の子やのつと絵馬の後より 露川
竹の子やはたけ隣の悪太郎 許六
竹の子やひそかにぬけし垣の上 土芳
竹の子や一処にはえて長みじか 卓池
竹の子や上ハ皮なでる京の市 野坡
竹の子や中間共の丸合羽 紫道
竹の子や二本の笹の雫より 露川
竹の子や児の歯ぐきのうつくしき 服部嵐雪
竹の子や味噌の名所の径山寺 〔ブン〕村
竹の子や喰のこさるゝ後の露 李由
竹の子や四舞てもどる大工箱 朱拙
竹の子や大かた延て末なびく 苔蘇
竹の子や客に問れて雨の簑 建部巣兆
竹の子や小坊主くみの遠慮なし りん女
竹の子や嵐にしぶく雨の中 木導
竹の子や木も草からもうらやまれ 野紅
竹の子や牡丹にも此露はなし 成田蒼虬
竹の子や生レ立より雨用意 諷竹
竹の子や筧の通る路すがら 建部巣兆
竹の子や花ちるさとの男きれ 蓼太 蓼太句集初編
竹の子や茄子はいまだ痩法師 支考
竹の子や虎すみあらす人の跡 曽良
竹の子や見えた通の旅すがた 素覧
竹の子や身の毛ぞよだつ星明り 桜井吏登
竹の子や道筋とへば垣のほか 句空
竹の子や難所かゝえて坪の内 紫道
竹の子や雪隠にまで嵯峨の坊 鬼貫
竹の子や露と雨とをさしはさみ りん女
竹の子や風呂やの土のあたゝまり 許六
竹の子や魚鳥の名も立られず 野紅
竹の子をつかみあがるやぎやう~し 尾頭
竹の子をぬいてまはりし晴間かな 吏全
竹の子をはだかになして馳走かな 露川
竹の子を売て通るや精進日 許六
竹の子を残してなれも旅のそら 露印
竹の子を竹になれとて竹の垣 小西来山
竹の子を花活に切る安さかな 建部巣兆
竹の子を踏かあやしき玉子空 一笑(金沢)
笋(たかんな)は穂に出る雲の初音かな 鬼貫
笋ときほひ出ばや衣がえ 吾仲
笋に一月肉を忘れたり 三宅嘯山
笋に匂ひのあらば飽ふもの 木節
笋に垣して帰る屋主かな 角上
笋に追ぬかれたる榎かな 探志
笋のどこでかぬけて縄ばかり 支考
笋の力づき行しはりかな 猿雖
笋の勢にこけたり鮓の石 李由
笋の千代をかさねよのぼり竿 馬場存義
笋の好ミもなふてたま祭 中川乙由
笋の時よりしるし弓の竹 去来
笋の番してしたるうちはかな 木導
笋の皮と落けりかたつぶり 東皐
笋の蒔絵紛るゝあふひかな 中川乙由
笋の見立も上の五本かな 野坡
笋の露あかつきの山寒し 支考
笋の風に煩ふゆがみかな 斜嶺
笋の鮓を啼出せほとゝぎす 丈草
笋はすゞめの色に生ひ立ちぬ 素丸 素丸発句集
笋は棘も除ひて通しけり 露川
笋やあまり飛出て畑中 りん女
笋やうきふししげき親まさり 錦江女
笋やおもひもかけず宇津の山 炭太祇
笋やかり寝の床の隅よりも 嵐雪
笋やこちのうらにも五六本 紫貞女
笋やさ湯であしらふ寺小姓 朱拙
笋やしづかに見れば草の中 黒柳召波
笋やひとり弓射ル屋鋪守 露印
笋やひと夜にかづく八重葎 加藤曉台
笋やほりかけながらずんと切 桜井梅室
笋やほりつゝ行けばぬいた道 炭太祇
笋やよばれたうへに一かつぎ 卓池
笋や一皮はげて一世界 朱拙
笋や丈山などの鎗の鞘 其角
笋や堅固を祈る三法師 露川
笋や妙義の神巫が小風呂敷 鈴木道彦
笋や納所坊主の腰の鍵 三宅嘯山
笋や脚の黒子も七十二 黒柳召波
笋や藁取に行おとこども 朱拙
笋や重なる石を被き投 三宅嘯山
笋や露と松葉をさしはさみ りん女
笋を堀部弥兵衛や年の功 炭太祇
笋子や垣の中から切てゆく 万乎
笋子や小僧が九字になやまさる 許六
笋子や嵐にしぶく雨の中 木導
笋羹の嵯峨なつかしや一連中 露川
筍に括り添たりしやがの花 高井几董
筍のすへ筍や丈あまり 炭太祇
筍のふし見を春のひと夜かな 露印
筍も継目の耻や市の中 魯九
筍やからげてかつぐ手傘 木導
筍や児も和尚も鍬遺ひ 三宅嘯山
筍よ竹より奥に犬あらん 其角
筍を笈の小付けや行者連 野坡
筍子もひかれて遅し杜鵑 李由
藪寺や笋月夜ほとゝぎす 夏目成美
見立けり竹の子売も千代の門 野坡
陰あらん竹の子売の住所 万子
雨あれて筍をふむ山路かな 炭太祇
雨晴や笋藪のうすけぶり 三宅嘯山
雪間より鮨の竹の子生出けり 凉菟
頼豪も竹の子につく哀なり 許六

以上
by 575fudemakase | 2016-05-12 07:11 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25786921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

夏の湖 の俳句
at 2018-05-23 13:35
京鹿子 の俳句
at 2018-05-23 03:03
賀茂祭 の俳句
at 2018-05-17 07:24
夏の蛙 俳句あれこれ
at 2018-05-13 09:40
夏蛙 の俳句
at 2018-05-13 09:20

外部リンク

記事ランキング