夏草

夏草

あさ風に馬はなちけり夏の草 会津八一
いたちごつこの夏草を刈りにけり 成瀬桜桃子
いはんすべなし夏草に祈るのみ 米田双葉子
おしなべて夏草となり哀れなり 柏翠
ことばもたぬ守衛の孤独夏草に 栗林一石路
つかの間に夏草胸を没しけり 横光利一「横光利一全集」
でんでら野ただ夏草となりゐたり 毛塚静枝
なでしこや夏草滋る夢の跡 幸田露伴 谷中集
まことちさき花の草にも夏の蝶 原石鼎 花影以後
まなかひに海さわぐなり夏の草 佐野良太 樫
ゆさぶりて覚め夏草の夢違い 和田悟朗 法隆寺伝承
よく見れば朝露持ちぬ夏の草 江戸 登舟 五車反古
よく見れば朝露持ぬ夏の草 登舟
わが丈を越す夏草を怖れけり 三橋鷹女
わづか杉林の小暗く夏草も高からぬ日あたる窟 梅林句屑 喜谷六花
アスファルト罅に吹き出す夏の草 村本治美
一老人として夏草に囲まれる 北原志満子
一雨去り夏草の穂が力ぬく 蒼石
下駄脱ぎすて夏草の子となりゆけり 原田喬
乗り継いで乗り継いで夏草の駅 吉原文音
亀甲墓わづかに涼し夏草抜き 小林康治 玄霜
仕置場の題目塚や夏の草 鈴木虹原
伸びることのみに徹する夏の草 福田甲子雄「師の掌」
六尺の夏草を刈る女かな 夏草 正岡子規
兵営跡とこの子は知らず夏草に 栗林一石路
兵舎長屋夏草に燈ともし出航真際の船の如し 橋本夢道 無礼なる妻
冬虫夏草天寿というに空白し 和田悟朗
刈られたる夏草匂う立ち話 阿部秋水
君と子らを得たる腕よさはさはと朝の夏草かき抱きて刈る 河野裕子
吾を容れぬ夏草として生ひゐたり 徳永山冬子
園丁の鎌を夏草怖れけり 成瀬櫻桃子 風色
基地の島歩く 夏草の触感 冴え 伊丹公子 メキシコ貝
夏 草、 お 墓 を さ が す 山頭火
夏の草足もとてらす灯が動く 高木晴子 花 季
夏草がぐんぐん空を押し上げる 平井幸子
夏草が噴くわがうちの何が噴く 嶋田麻紀
夏草こそ崖の王冠雲湧くとき 楠本憲吉
夏草そこまで茂り母といる 橋本夢道 無禮なる妻抄
夏草となってしまひし蓬かな 相須ミヤ子
夏草となり枯れゆくは何ならむ 飴山實 少長集
夏草と溝の流れと娼婦の宿 鈴木しづ子
夏草と速度のみある夜の川 澁谷道
夏草にかかりて軽し布晒 西山泊雲 泊雲
夏草にかにつりぐさといふがあり 高澤良一 素抱
夏草にかばかり露のありにけり 虚子
夏草にかゝりて軽し布晒 西山泊雲 泊雲句集
夏草にしのび歩きの何を捕る 星野立子
夏草にぶちまけうぐひばかりなる 下田稔
夏草にまじりて早き桔梗哉 夏草 正岡子規
夏草にまだ夕暮の日の光 大西淳二
夏草にまだ見ぬ人の行へ哉 夏草 正岡子規
夏草にわりなき牛の乳房かな 佐藤紅緑
夏草にサーカス小屋の杭を打つ 小西魚水
夏草に下りて蛇うつ烏二羽
夏草に五月の雉子のたまごかな 飯田蛇笏
夏草に人かくれゆく薄暮かな 大橋櫻坡子 雨月
夏草に像は高田屋嘉兵衛かな 田中宮子(航標)
夏草に分け入り銀のオートバイ 稲葉南海子
夏草に加担し畳息をせる 佃 悦夫
夏草に含満ヶ淵のしぶき飛ぶ 山本絢子
夏草に土盛りあげて蟻の塔 西山泊雲 泊雲句集
夏草に埃の如き蝶の飛ぶ
夏草に埋れてをらむ遠き句碑 角川照子
夏草に富貴を飾れ蛇の衣 松尾芭蕉
夏草に延びてからまる牛の舌 高浜虚子「虚子全集」
夏草に愛慕濃く踏む道ありぬ 久女
夏草に投げれば花火爆発す 長谷川かな女 雨 月
夏草に抱かれて軽き女かな 長谷川かな女 雨 月
夏草に指切る痛み母郷とは 澁谷道
夏草に摶ちては消ゆる嵐かな 普羅
夏草に敗れし妻は人の蛇 攝津幸彦
夏草に杉苗溺る廃家跡 倉橋羊村
夏草に松の木やせる岡辺かな 曾良
夏草に枕の跡もとゝめ得ず 尾崎紅葉
夏草に気罐車の車輪来て止る 山口誓子(1901-94)
夏草に汽笛みじかき鉱滓線 穴井太 原郷樹林
夏草に汽缶車の車輪来て止る 山口誓子
夏草に汽罐車の車輪来て止る 誓子
夏草に沈みし兄は臼なりき 夏石番矢 神々のフーガ
夏草に沈みて風の五輪塔 沼田一老
夏草に沈む廃車の枯れ急ぐ 穴井太 原郷樹林
夏草に沈む捨墓離散せり 加藤かけい
夏草に沓脱石や余は空無 草田男
夏草に温泉宿はかくれけり 前田普羅 新訂普羅句集
夏草に潮の香こもる翁みち 吉澤卯一
夏草に熊野古道途切れては 美馬風史
夏草に犬糞多き小道かな 夏草 正岡子規
夏草に玉の緒絶えし女かな 長谷川かな女 雨 月
夏草に生く人見ゆる羨まし 長谷川かな女 雨 月
夏草に白き花咲く滝の道 夏草 正岡子規
夏草に糞まるここに家たてんか 佐藤鬼房「名もなき日夜」
夏草に紙飛行機をすべらせる 秋田牧女
夏草に綿の如くに山羊のをり 泰
夏草に脇指さして見せばやな 広瀬惟然
夏草に脚の埋まりし対州馬 岩橋玲子
夏草に血のあとところところ哉 夏草 正岡子規
夏草に蹄ぬれ来る子馬哉 石井露月
夏草に身をほめかれて旅の空 鬼貫「鬼貫句選」
夏草に身を沈めつゝ足る日あり 相生垣瓜人 微茫集
夏草に追はれながらに刈り急ぐ 引田逸牛
夏草に這ひ上りたる捨蚕かな 鬼城
夏草に這上がりたる捨蚕かな 村上鬼城
夏草に這上りたる捨蚕かな 村上鬼城
夏草に通ひ路つけし釣師かな 野村喜舟 小石川
夏草に隠し置くなる水棹かな 大橋櫻坡子 雨月
夏草に隠る梯子の一段目 鈴木節子(門)
夏草に雨オホツクに低気圧 高野素十
夏草に雨横なぐり五能線 高澤良一 石鏡
夏草に雲下りふして汽車疾し 会津八一
夏草に風の行方の別れかな 横山衣子
夏草に風を残して旅立ちぬ 有光米子
夏草に飛び込みし犬現れず 内藤吐天 鳴海抄
夏草に鶏一羽かくれけり 福田把栗
夏草に黄色き魚を釣り上げし
夏草のかげの礎石にたちくらみ(毛越寺) 原裕 『青垣』
夏草のかんばし牡鹿半島へ 小川軽舟
夏草のしげりのきはみ腐りゆく死者には墓石は重からむ 石井辰彦
夏草のしみじみ青く父母は亡し 山下麦秋
夏草のすこし剥げたる土俵かな 京極杞陽
夏草のそこのみ刈られイサム墓碑 小川濤美子「和紙明り」
夏草のひそかに暗く暁けにけり 阿部みどり女 笹鳴
夏草のひとり花ゆれ水鏡 上島鬼貫
夏草のぼうぼう雉子飼ひならす 松村蒼石 雪
夏草のまた生えくれば同じこと 高澤良一 暮津
夏草のよよと暮れゆく茅舎の忌 飯田龍太
夏草のウナギツカミといふを引く 高澤良一 燕音
夏草の丈なす皇居内ポスト 高澤良一 石鏡
夏草の丈に夫婦の息沈む 桂信子 黄 瀬
夏草の丈より高野歯朶むらさき 長谷川かな女 花寂び
夏草の上にたのしきおもひあり 椎橋清翠
夏草の上に砂利しく野道哉 夏草 正岡子規
夏草の上に雲あり倦める色 尾崎紅葉
夏草の上を船ゆく岬なり 那須乙郎
夏草の中に一軒建ちにけり 比叡 野村泊月
夏草の中に動かぬ白帆かな 夏草 正岡子規
夏草の中の週末始まりぬ 平野博之
夏草の中を一塁まで走る 深町一夫
夏草の人よせつけぬべんち哉 尾崎紅葉
夏草の光背なせる一墓あり 北澤瑞史
夏草の刈られ礎石の数あらは 山下幸子
夏草の利根堤男の息なせり 柴崎左田男
夏草の匂ひ残して刈られけり 角皆美代子
夏草の向かふに千木の一軒家 増田甲子
夏草の夕風少し子に寒し 阿部みどり女
夏草の夢の跡など見て来玉ヘ 寺田寅彦
夏草の奥なる一基久女に逢ふ 平井さち子 鷹日和
夏草の微かや椰子に亀もどす 小池文子 巴里蕭条
夏草の息吹きに色に負け籠る 占魚
夏草の数かぎりなき恨みかな 梅室「梅室家集」
夏草の星にしらみて子規 麦水
夏草の根元透きつつ入日かな 桂信子「月光抄」
夏草の根本透きつつ入日かな 桂信子
夏草の母校見てをりいま病めり 秩父
夏草の水が呑みたくなっただけ 沼尻玲子
夏草の波かと寄する椅子一つ 中島和昭
夏草の深きを走る筧かな 奈良鹿郎
夏草の溝越え茂る街汗す 横光利一
夏草の秋まつ程ぞ甘露玉 上島鬼貫
夏草の穂先くるくる回す風 高澤良一 素抱
夏草の花しろく妻みごもれる 川島彷徨子 榛の木
夏草の茂る大戸の関所跡 田島とく子
夏草の茫茫たるに額きぬ 高野素十「野花集」
夏草の蝶供華の朱へとびうつる 原田種茅 径
夏草の身を襲ひ来る青さかな 中島月笠 月笠句集
夏草の道踏み惑ひゐたらずや 大石悦子 群萌
夏草の那須野の道のおぼつかな 下村梅子
夏草の野の果までもよき日和 稲畑汀子
夏草の風の落ちつく剃髪塚 津田将也
夏草の香が身に迫り 絵葉書買う 伊丹公子 メキシコ貝
夏草の香にみどり児を抱きとりぬ 長谷川久々子「花香」
夏草は虫の日傘よ雨傘よ 野良(古志)
夏草へ戦後袋路みな消えて 公平
夏草へ鶏朦朧としてきたり 中田剛 竟日
夏草も一景をなす坊の庭
夏草やいくさやみたる竈の火 栗林一石路
夏草やうき世を覗く窓一ッ 松岡青蘿
夏草やここに*がん陀羅の名をとゞむ 楸邨
夏草やすめらみくにの墓の数 成田千空
夏草やところどころに鬼薊 山中北渚
夏草やなくなりそうに道つづく 池田澄子
夏草やはつかに白き何の花 夏草 正岡子規
夏草やひとりぼつちに吾子の墓 田子鴨汀
夏草やべースボールの人遠し 正岡子規
夏草やほのかに白き何の花 夏草 正岡子規
夏草やみ手をつなげる道祖神 土田初枝
夏草やハワイにて髪刈らせおり 田川飛旅子 花文字
夏草やベースボールの人遠し 正岡子規
夏草やホルンの雲に行く處なし 中原道夫
夏草や中に落ち居る煉瓦かな 会津八一
夏草や乗り放ちたる誰が馬 会津八一
夏草や事なき村の裁判所 夏草 正岡子規
夏草や人むれて堀る墓の穴 夏草 正岡子規
夏草や人通はねば消ゆる路 今橋眞理子
夏草や伸び盛りなる孫二人 佐藤倭子
夏草や俳壇に撒く除草剤 高澤良一 燕音
夏草や働く髪を小さく結ふ 大矢節子
夏草や兵どもがゆめの跡 松尾芭蕉
夏草や兵どもが夢のあと 芭蕉 (奥州高館にて)
夏草や兵どもが夢の跡 芭蕉「奥の細道」
夏草や兵共がゆめの跡 芭蕉(奥州高館にて)
夏草や兵舎の跡は空堀に 大宮良夫
夏草や凡庸の性あきらめず 渡部春水
夏草や匪賊が通ふ路を行く 楠目橙黄子 橙圃
夏草や吉次をねらふ小盗人 夏草 正岡子規
夏草や君わけ行けば風薫る 薫風 正岡子規
夏草や城門ありて城もなし 夏草 正岡子規
夏草や墓は母国の文字を彫る 野見山朱鳥
夏草や夕顔町の小家がち 蝶夢「草根発句集」
夏草や夜のさびしさは耐へがたき 中村汀女
夏草や夜明の雲の動きそめ 増田龍雨 龍雨句集
夏草や大石見ゆるところどころ
夏草や官幣大社富士浅間 尾崎迷堂 孤輪
夏草や宙に我が顔淡く見ゆ 永田耕衣 葱室
夏草や寮歌をもちて兵送る 岸風三楼 往来
夏草や射止むべき的たゞ一つ 殿村莵絲子 牡 丹
夏草や小石や下駄に喰ひ込んで 原子公平
夏草や少年黙し鎌を研ぐ 石澤達郎
夏草や山を見据ゑて女なり 小島千架子
夏草や山伏に出立つ間者あり 夏草 正岡子規
夏草や岬は船の消えやすし 深谷岳彦
夏草や嵯峨に美人の墓多し 正岡子規
夏草や巡守の車鄒に入る 寺田寅彦
夏草や後ろに消えし影法師 吉武月二郎句集
夏草や我先達ちて蛇狩らん 松尾芭蕉
夏草や所々にはなれ駒 闌更「半化坊発句集」
夏草や手ふれて見たき仏の朱 加藤楸邨「沙漠の鶴」
夏草や支那人馬を走らする 比叡 野村泊月
夏草や文弱どもに蚊蟻の跡 攝津幸彦 未刊句集
夏草や星濃くなれば人の来つ 林原耒井 蜩
夏草や森閑として塔ひとつ 北園克衛 村
夏草や死はことごとく奪ひ去る 長谷川櫂「虚空」
夏草や殺生石は見えぬまで 夏草 正岡子規
夏草や母親のみな衣黒し 中村汀女
夏草や河内にありし馬飼部 松崎鉄之介
夏草や海に傾く艀小屋 大野紫陽
夏草や海までつづく滑走路 宮下 幸
夏草や湖に声なき賤ケ岳 井口ひろ(獅子吼)
夏草や無用となりし木馬道 森定南楽
夏草や牛の嗅ぎよる馬若き 能村登四郎
夏草や甘露とかゝる御涙 夏草 正岡子規
夏草や畑の隈の小さき墓 倉田萩郎
夏草や看板の字は逆から書く 田川飛旅子 花文字
夏草や真昼の丈の逞ましき 小島政二郎
夏草や砲車の跡の縦横に 花の本聴秋
夏草や立ちよる水は金気水 一茶
夏草や立よる水は金気水 一茶 ■寛政年間
夏草や繭を作りて死ぬる蟲 村上鬼城
夏草や自転車の輪立犬の糞 夏草 正岡子規
夏草や薊を幽かなるものに 尾崎迷堂 孤輪
夏草や蛙銜へて出でし犬 比叡 野村泊月
夏草や詩人の妻のきつね貌 満田光生
夏草や議院門前人もなし 夏草 正岡子規
夏草や都邑かすんで時うつる 佐野良太 樫
夏草や野武士が持てる馬の数 大魯「蘆陰句選」
夏草や金網高き変電所 小長谷敦子
夏草や鎌でさぐりし馬の墓 竹内美枝子
夏草や阿闍梨ゆく道けものみち 秋山梅子
夏草や駄菓子を欲しと兵若き 松村蒼石 露
夏草や駅の木立に捨て車 飯田蛇笏 山廬集
夏草や黒き斑の散る牛の腹 佐藤勇奈男
夏草より煙突生え抜け権力絶つ 金子兜太 少年/生長
夏草をさつと払ひて起工式 武藤規子(阿蘇)
夏草をちぎれば匂う生きに生きん 細見綾子
夏草をちぎれば匂ふ生きに生きん 綾子
夏草をボーイスカウト走る走る 松井和恵
夏草を刈りているらし風匂ふ 上田成子
夏草を刈りて川音近くせり 内田八重子
夏草を刈り残したる面接日 秋本喜正
夏草を噛みても生きてあれと思ふ 岸風三楼 往来
夏草を子がゆき烟硝一箇鳴る 下村槐太 天涯
夏草を引きちぎっては歩むのみ 高澤良一 鳩信
夏草を手折り夏草摶ちゆけり 高澤良一 さざなみやつこ
夏草を打ちて沈めて山雨急 高木晴子 花 季
夏草を抜いてもぬいても日曜日 酒井十八歩
夏草を抜き満ち足りし日暮なり 君島京子
夏草を抽きみのつてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
夏草を抽けば穴よりけむりかな 河原枇杷男 定本烏宙論
夏草を掴みて上る千枚田 若井新一
夏草を摶ちては消ゆる嵐かな 前田普羅 新訂普羅句集
夏草を毟るトマトのほとりかな 前田普羅 新訂普羅句集
夏草を永久に食みゐる牛ひとつ 藤岡筑邨
夏草を薙ぎたるあとを辿るなり 中田剛 珠樹
夏草を踏み行けば雨意人にあり
夏草を這上りたる捨蚕かな 村上鬼城
夏草を這上りたる晝寝かな 村上鬼城
夏草刈り若人ゆゑに瞳の青き 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夏草子の足に猛くて花もつ シヤツと雑草 栗林一石路
大恵那の跼めばかくれ夏の草 耿陽
姫塚を訪ふ夏草の修羅を踏み 手塚美佐 昔の香
屋根草も夏草のうち復原棟 高澤良一 寒暑
山科はまだまだ田舎夏の草 高野素十
庭草もはや夏草の勢いを 高澤良一 暮津
怒濤見る崖や夏草掴みをり 桂樟蹊子
惟然寝たあとのぬくみや夏の草 夏草 正岡子規
我が前に夏木夏草動き来る
戦争が隠れている猛々しい夏草 渡野辺朴愁
戦場のあの夏草を今そこに 岡島伴郎(日矢)
投降せし日の夏草と思ひ嗅ぐ 増田三果樹
拾ひたるペン夏草の匂ひ持つ 牛島玲子
数本を枯らしつつ長け夏の草 依光陽子
木曽塚の夏草ひきし人のこと 星野石雀
未調査の街の古墳に夏の草 高橋恭子
朱ヶの月出て夏草の鋭さよ 川端茅舎
柵囲ひ夏草がこひ大師廟 山口速(狩)
根こそぎの夏草流れ日本海 下田稔
椋鳥駈けて夏草雨を催しぬ 内藤吐天 鳴海抄
歌舞島の夏草がくり恋の漁夫 皆川白陀
此処に触るな、この夏草の尖端に 津沢マサ子 空の季節
母と子のかくれあそびや夏の草 夏草 正岡子規
母なる太陽夏草に荷解く電信夫 磯貝碧蹄館 握手
母の死後道のおほかた夏草生ひ 榎本冬一郎
汐上げてくるお台場の夏の草 孝作
清澄寺の夏草刈ると鎌二丁 山下知津子
測量杭打てり夏草光る土手 おおにしひろし
湖に夏草を刈り落しけり 前田普羅 新訂普羅句集
潮しぶき夏草人を得てそよぐ 佐野良太 樫
濤おらぶ夏草藪とけぢめなし 中村草田男「火の島」
火山灰積みて夏草音もなかりけり 西村数
父の忌や夏草刈りし鎌かざる 萩原麦草 麦嵐
牛声で夏草うまき牛を追う 佐々木らん
生きのびて又夏草の目にしみる 徳田秋声
生命ありき日本と同じ夏草に 香西照雄 対話
真昼間の夏草のなか海へ行く 林桂「銅の時代」
真赤なるもの干しにけり夏の草
石の香や夏草赤く露あつし 松尾芭蕉
石の香や夏草赤く露暑し 松尾芭蕉
石室の魂はいづくに夏の草 甚上澤美
破れ傘まこと破れて夏の草 高野素十
磯馴松夏の草海ありにけり 尾崎迷堂 孤輪
空蝉も墓も夏草隠りかな 小林康治 玄霜
竜河洞深く夏草力無し 小川原嘘帥
美しき夏草の野よ八雲立つ 桜木俊晃
職工喫煙所夏草のあとを三和土とせり 細谷源二 鐵
膝をつめ並ぶ石仏夏の草 横山やす代
草の雨して夏草の匂ひけり 井上隆幸
菜種の実はこべらの実もくはずなりぬ 夏草 正岡子規
藤原の守の忌古し夏の草 長谷川かな女 雨 月
負の数の幾桁もあり夏の草 和田悟朗 法隆寺伝承
赤土に夏草戦闘機の迷彩 沢木欣一
遊ぶ子もなき夏草の花を見し 碧雲居句集 大谷碧雲居
野の寺の夏草深み隠れ猫 夏草 正岡子規
野天湯より見ゆ夏草の穂のすがれ 高澤良一 素抱
鉄板路隙間夏草天に噴き 沢木欣一 塩田
銹あらき鋳物の肌と夏草と 鈴木しづ子
長柄大鎌夏草を薙ぐ悪を刈る 西東三鬼「変身」
院宣や夏草夏木振ひ立つ 夏草 正岡子規
雲は飛ふ夏草の氈を払ふ時 尾崎紅葉
露しげき夏草の径を明日はゆく 西島麦南 人音
青梅雨の島で冬虫夏草得し 上原瑞子 『燈台草』
青芒たゞ夏草のたぐひかな 青薄 正岡子規
風吹けばそれ~夏の草になる 高木晴子 晴居
魂親し夏草根から吹かれてゐて 平井さち子 完流
麦稈はちらばりやすし夏草に 滝井孝作 浮寝鳥
龍彫りし陛の割目の夏の草

以上
by 575fudemakase | 2016-06-01 19:24 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25865985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

一匹ふくろふ❗
at 2018-12-13 07:45
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:17
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
背黒鶺鴒 の俳句
at 2018-12-12 06:49

外部リンク

記事ランキング